×

森進一の歌詞一覧リスト  207曲中 1-207曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
207曲中 1-207曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あゝ人恋し夜は誰でも みなし子で みかんむく手が 染まります 窓にかさかさ 舞い落ち葉 私いくつに なったのか あゝ人恋し 人恋し こころが すすり泣く  ぽたりぽたりと 便箋に 涙落として 書いてます 左手に持つ 赤い酒 私あいつに 惚れたのか あゝ人恋し 人恋し こころが しのび泣く  夏に抱かれた ひとこまも 秋の別れも 浮かびます 白い枕は びしょぬれで 私見る夢 どんな夢 あゝ人恋し 人恋し こころが むせび泣く森進一阿久悠浜圭介夜は誰でも みなし子で みかんむく手が 染まります 窓にかさかさ 舞い落ち葉 私いくつに なったのか あゝ人恋し 人恋し こころが すすり泣く  ぽたりぽたりと 便箋に 涙落として 書いてます 左手に持つ 赤い酒 私あいつに 惚れたのか あゝ人恋し 人恋し こころが しのび泣く  夏に抱かれた ひとこまも 秋の別れも 浮かびます 白い枕は びしょぬれで 私見る夢 どんな夢 あゝ人恋し 人恋し こころが むせび泣く
哀歌人を愛しては 傷ついてきたけど こんどだけは きっとちがうと感じた この世は愛だけで 生きてはゆけないと わかっていても やっぱり夢を見ていた だけど季節は過ぎ 愛がこわれてゆく なぜかこわれてゆく 心ただ うつろに  人はそれぞれに 生きるものだけれど あなたのいない 明日(あした)なんていらない 哀しみを笑顔で ごまかしたりせずに 泣いて後を追うわ 子供のように だけど いつかはきっと 愛は還(かえ)ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて  だけど いつかはきっと 愛は還ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて 待つわ ただ信じて森進一五木寛之三木たかし人を愛しては 傷ついてきたけど こんどだけは きっとちがうと感じた この世は愛だけで 生きてはゆけないと わかっていても やっぱり夢を見ていた だけど季節は過ぎ 愛がこわれてゆく なぜかこわれてゆく 心ただ うつろに  人はそれぞれに 生きるものだけれど あなたのいない 明日(あした)なんていらない 哀しみを笑顔で ごまかしたりせずに 泣いて後を追うわ 子供のように だけど いつかはきっと 愛は還(かえ)ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて  だけど いつかはきっと 愛は還ってくる きっと還ってくる 待つわ ただ信じて 待つわ ただ信じて
哀愁行路窓をたたき 泪ぐんでたおまえ こんな別離 許せないわと泣いた なにもいわずに俺は 片手をあげただけで 別れ別れになった 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが運命さ カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ  ベルが鳴って 汽車はホームをはなれ ひとつ残る 影もかすんで消えた いつかセピアに褪せる 笑顔の写真持って はなればなれに歩く 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが宿命さ どうせ根無し草の 気まぐれがいつかは 夢に疲れ果てて もどる日を 祈ってくれ  カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ森進一山口洋子平尾昌晃窓をたたき 泪ぐんでたおまえ こんな別離 許せないわと泣いた なにもいわずに俺は 片手をあげただけで 別れ別れになった 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが運命さ カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ  ベルが鳴って 汽車はホームをはなれ ひとつ残る 影もかすんで消えた いつかセピアに褪せる 笑顔の写真持って はなればなれに歩く 哀愁行路 愛しているというだけでは 生きられないさ それが宿命さ どうせ根無し草の 気まぐれがいつかは 夢に疲れ果てて もどる日を 祈ってくれ  カモメ舞うあの街 片すみのぬくもり 捨ててひとり旅に出る俺を 許してくれ
愛人あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に街を 歩けなくても この部屋にいつも 帰ってくれたら わたしは待つ身の 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時がふたりを 離さぬように 見つめて 寄りそって そして抱きしめて このまま あなたの胸で暮らしたい  めぐり逢い少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね わかっているわ 心だけせめて 残してくれたら わたしは見送る 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で眠りたい  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で暮らしたい森進一荒木とよひさ三木たかしあなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に街を 歩けなくても この部屋にいつも 帰ってくれたら わたしは待つ身の 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時がふたりを 離さぬように 見つめて 寄りそって そして抱きしめて このまま あなたの胸で暮らしたい  めぐり逢い少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね わかっているわ 心だけせめて 残してくれたら わたしは見送る 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で眠りたい  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で暮らしたい
哀の河女が死ぬほど つらいのは 愛しながらも 別れる恋よ 一緒に居たい それだけの 願いを世間が 許さない 逢いたい触れたい 抱かれたい あなたへ流れる 哀の河  気強く生きてた はずなのに 恋が寂しさ 教えていった あなたの名前 呼ぶ鳥を 窓から逃がした夜明け前 逢いたい触れたい 抱かれたい 心にあふれる 哀の河  この世の何処かで 呼び合って 愛し続ける さだめの恋よ 忘れられない その胸で むせんだ涙を ささやきを… 逢いたい触れたい 抱かれたい ひとりで溺れる 哀の河森進一かず翼四方章人女が死ぬほど つらいのは 愛しながらも 別れる恋よ 一緒に居たい それだけの 願いを世間が 許さない 逢いたい触れたい 抱かれたい あなたへ流れる 哀の河  気強く生きてた はずなのに 恋が寂しさ 教えていった あなたの名前 呼ぶ鳥を 窓から逃がした夜明け前 逢いたい触れたい 抱かれたい 心にあふれる 哀の河  この世の何処かで 呼び合って 愛し続ける さだめの恋よ 忘れられない その胸で むせんだ涙を ささやきを… 逢いたい触れたい 抱かれたい ひとりで溺れる 哀の河
愛のままで…小鳥たちは 何を騒ぐの 甘い果実が 欲しいのですか  他人(だれ)かと比較(くら)べる幸せなんて いらない あなたの視線が 愛しくあれば…  あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡 すべての偶然が あなたへとつづく そう 生きてる限り ときめきをなげかけて 愛が愛のままで 終わるように…  過ぎた日々を 飾ることより あなたと生きる これからの時間(きせつ)  後から感じる幸せよりも 今は 糸ひくような 接吻(くちづけ)しましょう  あぁ 生きてる意味を 求めたりしない ただ あなたの愛に つつまれながら そう キャンドルの灯(ひ)が いつか消える時まで 愛が愛のままで つづくように…  あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡 すべての偶然が あなたへとつづく そう 生きてる限り ときめきをなげかけて 愛が愛のままで 終わるように…森進一花岡優平花岡優平小鳥たちは 何を騒ぐの 甘い果実が 欲しいのですか  他人(だれ)かと比較(くら)べる幸せなんて いらない あなたの視線が 愛しくあれば…  あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡 すべての偶然が あなたへとつづく そう 生きてる限り ときめきをなげかけて 愛が愛のままで 終わるように…  過ぎた日々を 飾ることより あなたと生きる これからの時間(きせつ)  後から感じる幸せよりも 今は 糸ひくような 接吻(くちづけ)しましょう  あぁ 生きてる意味を 求めたりしない ただ あなたの愛に つつまれながら そう キャンドルの灯(ひ)が いつか消える時まで 愛が愛のままで つづくように…  あぁ この世に生まれ 巡り逢う奇跡 すべての偶然が あなたへとつづく そう 生きてる限り ときめきをなげかけて 愛が愛のままで 終わるように…
I LOVE YOUI love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に森進一尾崎豊尾崎豊I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
秋のホテル夏過ぎたホテルには ピアノがよく似合う 水割りを横に置き 女が弾いている ボロボロの心で タッチも荒くなる もういいだろう いいだろう 泣けるだけ泣けば 秋になる  よく晴れた空を見て ためいきつくひとを 海鳥がなぐさめて 翼を揺すってる ハラハラと泣いても 心は笑ってる ああよかったね よかったね 泣けるだけ泣けば 秋になる  泣きべそも 酔いどれも 孤独な旅人も 秋風が吹くたびに だんだんいなくなる ヨレヨレのコートの 襟まで立てている もう過去だろう 過去だろう 泣けるだけ泣けば 秋になる森進一阿久悠森進一夏過ぎたホテルには ピアノがよく似合う 水割りを横に置き 女が弾いている ボロボロの心で タッチも荒くなる もういいだろう いいだろう 泣けるだけ泣けば 秋になる  よく晴れた空を見て ためいきつくひとを 海鳥がなぐさめて 翼を揺すってる ハラハラと泣いても 心は笑ってる ああよかったね よかったね 泣けるだけ泣けば 秋になる  泣きべそも 酔いどれも 孤独な旅人も 秋風が吹くたびに だんだんいなくなる ヨレヨレのコートの 襟まで立てている もう過去だろう 過去だろう 泣けるだけ泣けば 秋になる
朝日のブルースあなたのようなやさしいひとと 出会えることがわかっていたら はんぱな恋などしないできたのに 神さまなんてつめたいものね 酔いどれぐらししている時に 一言教えてくれたらいいのに あなたの胸にだかれて泣いた 私を馬鹿だと 笑っておくれ 笑っておくれ  とろけたような朝日を見つめ 窓辺で煙草ふかしていたら しあわせなんだと思えて来たけど 私につきがまわって来たと 甘えていてもほんとにいいの どんでん返しはもうないでしょうね あなたの指にとまったような 私のしあわせ守っておくれ 守っておくれ  あなたの指にとまったような 私のしあわせ守っておくれ 守っておくれ森進一阿久悠川口真あなたのようなやさしいひとと 出会えることがわかっていたら はんぱな恋などしないできたのに 神さまなんてつめたいものね 酔いどれぐらししている時に 一言教えてくれたらいいのに あなたの胸にだかれて泣いた 私を馬鹿だと 笑っておくれ 笑っておくれ  とろけたような朝日を見つめ 窓辺で煙草ふかしていたら しあわせなんだと思えて来たけど 私につきがまわって来たと 甘えていてもほんとにいいの どんでん返しはもうないでしょうね あなたの指にとまったような 私のしあわせ守っておくれ 守っておくれ  あなたの指にとまったような 私のしあわせ守っておくれ 守っておくれ
あっという間瞼(まぶた) 閉じれば 遥か 故郷(ふるさと) 知らず 知らずに 涙があふれる  今日まで生きて来た 険しい道のりに 思い出だけが なぜか 目に染(し)みる  あっという間の 人生の途中 足を止めて ここらで休もうか? ああ 連れ添って来た 愛しき女(ひと)と 美しい黄昏を振り返ろうか?  涙拭った 俺の掌(てのひら) そっと 開けば 運命が見える  まだまだ 続いている 一本道の先 いつかは 今日も 遠い地平線  あっという間の 人生の途中 休む場所は どこでも遅くない ああ 話し相手の 愛しき女(ひと)と 懐かしい夢を今 聞いてあげようか?  あっという間の 人生の途中 足を止めて ここらで休もうか? ああ 連れ添って来た 愛しき女(ひと)と 美しい黄昏を振り返ろうか?森進一秋元康森進一瞼(まぶた) 閉じれば 遥か 故郷(ふるさと) 知らず 知らずに 涙があふれる  今日まで生きて来た 険しい道のりに 思い出だけが なぜか 目に染(し)みる  あっという間の 人生の途中 足を止めて ここらで休もうか? ああ 連れ添って来た 愛しき女(ひと)と 美しい黄昏を振り返ろうか?  涙拭った 俺の掌(てのひら) そっと 開けば 運命が見える  まだまだ 続いている 一本道の先 いつかは 今日も 遠い地平線  あっという間の 人生の途中 休む場所は どこでも遅くない ああ 話し相手の 愛しき女(ひと)と 懐かしい夢を今 聞いてあげようか?  あっという間の 人生の途中 足を止めて ここらで休もうか? ああ 連れ添って来た 愛しき女(ひと)と 美しい黄昏を振り返ろうか?
熱き心に北国の旅の空 流れる雲はるか 時に人恋しく  くちびるにふれもせず 別れた女(ひと) いずこ 胸は焦がれるまま  熱き心に 時よもどれ なつかしい想い つれてもどれよ  ああ 春には花咲く日が ああ 夏には星降る日が 夢を誘う 愛を語る  熱き心に きみを重ね 夜の更けるままに 想いつのらせ  ああ 秋には色づく日が ああ 冬には真白な日が  胸を叩く 歌を歌う 歌を  オーロラの空の下 夢追い人ひとり 風の姿に似て  熱き心 きみに森進一阿久悠大瀧詠一北国の旅の空 流れる雲はるか 時に人恋しく  くちびるにふれもせず 別れた女(ひと) いずこ 胸は焦がれるまま  熱き心に 時よもどれ なつかしい想い つれてもどれよ  ああ 春には花咲く日が ああ 夏には星降る日が 夢を誘う 愛を語る  熱き心に きみを重ね 夜の更けるままに 想いつのらせ  ああ 秋には色づく日が ああ 冬には真白な日が  胸を叩く 歌を歌う 歌を  オーロラの空の下 夢追い人ひとり 風の姿に似て  熱き心 きみに
あなたがいたからもう少し生きられる 最後のひとときまで 燃えて生きたい わが人生を 誰かひとりに そっと言われてみたい あなたがいたから たのしい人生だったと あたしのしてきたことは ローソクのあかりほどの小さな炎 あなたがいたから燃えつづけられた ありがとう ほんとうに ありがとう 燃えつきるまで 燃えて生きます ああ いのちよ  たそがれて また陽はのぼり 涙がかがやくまで めぐり めぐって みな美しい ただ ひたすら燃えて みずからのいのちけずって生きて来た あなたがいたから燃えつづけられた ありがとう ほんとうに ありがとう 燃えつきるまで 燃えて生きます ああ いのちよ森進一加藤日出男きくち寛もう少し生きられる 最後のひとときまで 燃えて生きたい わが人生を 誰かひとりに そっと言われてみたい あなたがいたから たのしい人生だったと あたしのしてきたことは ローソクのあかりほどの小さな炎 あなたがいたから燃えつづけられた ありがとう ほんとうに ありがとう 燃えつきるまで 燃えて生きます ああ いのちよ  たそがれて また陽はのぼり 涙がかがやくまで めぐり めぐって みな美しい ただ ひたすら燃えて みずからのいのちけずって生きて来た あなたがいたから燃えつづけられた ありがとう ほんとうに ありがとう 燃えつきるまで 燃えて生きます ああ いのちよ
あなたに抱かれて今夜は あなたのそばで このまま 抱かれていたい だめなの 背中むけないで 好きなの ひとりにしないで 私ひとりの あなたが命よ だからお願い そばに置いてね とても切ないの…… あなたに抱かれて 女になるの  この身を あなたにゆだね やさしく 愛してほしい あなたから 離れられない 夢なら さめないでほしい ずっと死ぬまで あなたが命よ あなたの香り あなたの吐息 胸が苦しいの…… あなたに抱かれる 女でいたい  ずっと死ぬまで あなたが命よ あなたの香り あなたの吐息 胸が苦しいの…… あなたに抱かれる 女でいたい森進一森進一森進一今夜は あなたのそばで このまま 抱かれていたい だめなの 背中むけないで 好きなの ひとりにしないで 私ひとりの あなたが命よ だからお願い そばに置いてね とても切ないの…… あなたに抱かれて 女になるの  この身を あなたにゆだね やさしく 愛してほしい あなたから 離れられない 夢なら さめないでほしい ずっと死ぬまで あなたが命よ あなたの香り あなたの吐息 胸が苦しいの…… あなたに抱かれる 女でいたい  ずっと死ぬまで あなたが命よ あなたの香り あなたの吐息 胸が苦しいの…… あなたに抱かれる 女でいたい
天城越え隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを殺していいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九(つづら)折り 浄蓮(じょうれん)の滝 舞い上がり 揺れ堕ちる 肩のむこうに あなた…山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径(みち) 小夜時雨(さよしぐれ) 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯(からだ)うらはら あなた…山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道(ずいどう) 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた…山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え森進一吉岡治弦哲也隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを殺していいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九(つづら)折り 浄蓮(じょうれん)の滝 舞い上がり 揺れ堕ちる 肩のむこうに あなた…山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径(みち) 小夜時雨(さよしぐれ) 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯(からだ)うらはら あなた…山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道(ずいどう) 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた…山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え
甘ったれ心が寒い からだが寒い 恋の行方(ゆくえ) 思えば寒い 悲しくなれば 二人で飲んで それですべて 忘れるだけの こんな愛なんか いつかこわれると 知りながら抱いてしまう 酒に踊らさせ バラに酔わされて 流れ行く ふたり 甘ったれ  涙がにがい 煙草がにがい 夢のつづき 思えばにがい 別れましょうと いうだけいって 昨日今日と おんなじ明日 せめて酒場では ピアノ弾きながら 楽しげに笑いころげ 愛や恋なんか どうせピエロだと ふざけ合う ふたり 甘ったれ  こんな愛なんか いつかこわれると 知りながら抱いてしまう 酒に踊らされ バラに酔わされて 流れ行く ふたり 甘ったれ森進一阿久悠Salvatore Adamo心が寒い からだが寒い 恋の行方(ゆくえ) 思えば寒い 悲しくなれば 二人で飲んで それですべて 忘れるだけの こんな愛なんか いつかこわれると 知りながら抱いてしまう 酒に踊らさせ バラに酔わされて 流れ行く ふたり 甘ったれ  涙がにがい 煙草がにがい 夢のつづき 思えばにがい 別れましょうと いうだけいって 昨日今日と おんなじ明日 せめて酒場では ピアノ弾きながら 楽しげに笑いころげ 愛や恋なんか どうせピエロだと ふざけ合う ふたり 甘ったれ  こんな愛なんか いつかこわれると 知りながら抱いてしまう 酒に踊らされ バラに酔わされて 流れ行く ふたり 甘ったれ
雨のふる日は 傘をさす 心の中がぬれるよう 愛よ 恋よ 思い出よ ふりむけばいつも ひとりきり  雨のふる日は 傘のなか 泣けばすべてが終るよね 無理に笑うこともなく とじこめた夢は あてもなく  雨のふる日は 傘をさす つめたい体 ふるわせて せめていまわ この雨に 流されていれば それでいい  せめていまは この雨に 流されていれば それでいい 森進一松山千春松山千春雨のふる日は 傘をさす 心の中がぬれるよう 愛よ 恋よ 思い出よ ふりむけばいつも ひとりきり  雨のふる日は 傘のなか 泣けばすべてが終るよね 無理に笑うこともなく とじこめた夢は あてもなく  雨のふる日は 傘をさす つめたい体 ふるわせて せめていまわ この雨に 流されていれば それでいい  せめていまは この雨に 流されていれば それでいい 
雨の空港ドアに挟んだ 別れのメモを 読んでいるはず いま頃は ごめんなさいね あなた こんな別れ方しか 出来なくて ひとり身を引く 女の旅は 空も泣いてる 雨の空港  いまは小いさな 年の差だけど いつか重荷に なるはずよ 初めて知ったの あなた 長さだけじゃないのね しあわせは 愛の残りと 想い出詰めた こころ重たい 雨の空港  遠く消えてく 灯火の中に ふたり暮した 部屋がある 捜しなさいね あなた 同じ夢を見られる いい女を 空に飛び立つ 翼の窓を 濡らす未練の 雨の空港 森進一木下龍太郎西條キロクドアに挟んだ 別れのメモを 読んでいるはず いま頃は ごめんなさいね あなた こんな別れ方しか 出来なくて ひとり身を引く 女の旅は 空も泣いてる 雨の空港  いまは小いさな 年の差だけど いつか重荷に なるはずよ 初めて知ったの あなた 長さだけじゃないのね しあわせは 愛の残りと 想い出詰めた こころ重たい 雨の空港  遠く消えてく 灯火の中に ふたり暮した 部屋がある 捜しなさいね あなた 同じ夢を見られる いい女を 空に飛び立つ 翼の窓を 濡らす未練の 雨の空港 
雨のくちびる雨に濡れてる くちびるに ふれたら別れが また延びる 夢にはぐれた 紅の傘 投げて走って ついてくる 死ぬまで女で いたいとすがる おまえのおまえの 情けに敗けてきた  眠るおまえを 見るたびに しあわせやろうと 思ったさ 夢をまさぐる 迷い鳥 飛べば果てない 闇の中 見せてはやれない いい夢ひとつ 惚れても惚れても 泣かせてしまうだけ  雨に濡れてる くちびるが 愛しているわと 泣き叫ぶ 夢をもとめる 可憐花(かれんばな) 汚せないのさ 俺の手で 無邪気なこころを どうすればいい おまえのおまえの あしたが気にかかる森進一久仁京介森進一雨に濡れてる くちびるに ふれたら別れが また延びる 夢にはぐれた 紅の傘 投げて走って ついてくる 死ぬまで女で いたいとすがる おまえのおまえの 情けに敗けてきた  眠るおまえを 見るたびに しあわせやろうと 思ったさ 夢をまさぐる 迷い鳥 飛べば果てない 闇の中 見せてはやれない いい夢ひとつ 惚れても惚れても 泣かせてしまうだけ  雨に濡れてる くちびるが 愛しているわと 泣き叫ぶ 夢をもとめる 可憐花(かれんばな) 汚せないのさ 俺の手で 無邪気なこころを どうすればいい おまえのおまえの あしたが気にかかる
雨の桟橋おまえは新しい 夢に生きてくれ おれなんか忘れて しあわせつかめと 雨の桟橋に 消えてゆく人よ 何もわかっちゃいないのよ 夢に生きろというなんて あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたがはじめての 恋じゃないけれど その胸に終りたい 命の恋なの 雨の桟橋に ドラが鳴りひびく 女心も知らないで 何が男のいたわりよ あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたの船が行く 雨は降りしきる 傘を抱き見送れば あふれる涙よ 雨の桟橋に 影がくずれたら それは女のなきがらよ あなた船から見えますか あなたと別れて しあわせになれましょうか森進一中山大三郎中山大三郎おまえは新しい 夢に生きてくれ おれなんか忘れて しあわせつかめと 雨の桟橋に 消えてゆく人よ 何もわかっちゃいないのよ 夢に生きろというなんて あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたがはじめての 恋じゃないけれど その胸に終りたい 命の恋なの 雨の桟橋に ドラが鳴りひびく 女心も知らないで 何が男のいたわりよ あなたと別れて しあわせになれましょうか  あなたの船が行く 雨は降りしきる 傘を抱き見送れば あふれる涙よ 雨の桟橋に 影がくずれたら それは女のなきがらよ あなた船から見えますか あなたと別れて しあわせになれましょうか
雨の夜あなたひとりに かけた恋 惚れておぼれた おんなの涙 つらい逢いたい 死ぬほどもえたのよ 今も残るぬくもり 心淋しい 雨の夜  傘にかくれた おもいでひとつ もえてはかない おんなの命 髪のしんまで あなたに抱かれたの せめて夢で逢いたい 心せつない 雨の夜  雨に泣いてる 私のこころ とどいていますか あなたの胸に せめて死ぬまで だましてほしかった 今もうかぶ面影 心悲しい 雨の夜森進一北川文化森進一あなたひとりに かけた恋 惚れておぼれた おんなの涙 つらい逢いたい 死ぬほどもえたのよ 今も残るぬくもり 心淋しい 雨の夜  傘にかくれた おもいでひとつ もえてはかない おんなの命 髪のしんまで あなたに抱かれたの せめて夢で逢いたい 心せつない 雨の夜  雨に泣いてる 私のこころ とどいていますか あなたの胸に せめて死ぬまで だましてほしかった 今もうかぶ面影 心悲しい 雨の夜
あるがままに生きる理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許した 噂も誤解も偽りも 心にあとを止めず… 言い訳をする気はない 愛する者を愛した 不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る  現在(いま)を支える思い出は 山のようにあるよ 喜び悲しみ数えれば 青春(はる)がよみがえるね… 耐えてきた痛み すべて 生きてる証拠(あかし)だからさ 不器用者なら黙っていよう 時間(とき)が癒すだろう 涙に似ているやさしいものが ふいに胸をみたす  この生命(いのち) いとおしみ あるがままに 生きる  不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る森進一森進一・補作詞:有馬三恵子森進一理不尽なことも呑み込み 曲がった嘘も許した 噂も誤解も偽りも 心にあとを止めず… 言い訳をする気はない 愛する者を愛した 不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る  現在(いま)を支える思い出は 山のようにあるよ 喜び悲しみ数えれば 青春(はる)がよみがえるね… 耐えてきた痛み すべて 生きてる証拠(あかし)だからさ 不器用者なら黙っていよう 時間(とき)が癒すだろう 涙に似ているやさしいものが ふいに胸をみたす  この生命(いのち) いとおしみ あるがままに 生きる  不器用者には似合いの土地を 向かい風に吹かれ 道端 花など祠(ほこら)に手向(たむ)け 母にだけは祈る
いきなやつ艶(あだ)は深川 勇みは神田 粋を売るのは 柳橋 そうさ男さ 決めたらやるさ なぐられ蹴られて ついてゆく 今日のがまんが 一生決める  ひとつ成せたと 思ったときが 次のひとつの 落とし穴 山の向うにゃ お山があって そのまた向うも 山ばかり それが修業さ 初心に帰れ  サヨリみたいに 容姿(ようす)が良いと ほめたつもりが 叱られた 妾(わた)しゃそんなに お腹の中が 黒くはないよと 流し目で 人は鏡さ 自分が映る森進一星野哲郎大野雄二艶(あだ)は深川 勇みは神田 粋を売るのは 柳橋 そうさ男さ 決めたらやるさ なぐられ蹴られて ついてゆく 今日のがまんが 一生決める  ひとつ成せたと 思ったときが 次のひとつの 落とし穴 山の向うにゃ お山があって そのまた向うも 山ばかり それが修業さ 初心に帰れ  サヨリみたいに 容姿(ようす)が良いと ほめたつもりが 叱られた 妾(わた)しゃそんなに お腹の中が 黒くはないよと 流し目で 人は鏡さ 自分が映る
十六夜舟乗せて下さい 十六夜舟に 月の岸辺に 葦(あし)の葉がゆれる 愛をためらう 心と心 いいの私は かまわない あなただけです この命  漕いで下さい 十六夜舟を 寄せるさざ波 情けの夜風 はなさないでね このままずっと 罪な女と いわれても あなたなしでは 生きられぬ  明日(あす)のあてない 十六夜舟に 霧にかすんだ はるかな灯り 遠くはなれて 泣くことよりも これでいいのよ なにもかも あなたひとすじ ついてゆく森進一白鳥園枝中村清一乗せて下さい 十六夜舟に 月の岸辺に 葦(あし)の葉がゆれる 愛をためらう 心と心 いいの私は かまわない あなただけです この命  漕いで下さい 十六夜舟を 寄せるさざ波 情けの夜風 はなさないでね このままずっと 罪な女と いわれても あなたなしでは 生きられぬ  明日(あす)のあてない 十六夜舟に 霧にかすんだ はるかな灯り 遠くはなれて 泣くことよりも これでいいのよ なにもかも あなたひとすじ ついてゆく
伊豆の女別れを承知で 始めから 恋をしたのが 悲しくて ひとり来ました 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人  二人でたずねた 思い出を 今は湯ぶねに 流したい ひとり涙で 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人  心に別れを ちかっても たった一夜を たえかねる いっそ死にたい 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人森進一佐々木ひろと・補作詞:中山貴美城美好別れを承知で 始めから 恋をしたのが 悲しくて ひとり来ました 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人  二人でたずねた 思い出を 今は湯ぶねに 流したい ひとり涙で 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人  心に別れを ちかっても たった一夜を たえかねる いっそ死にたい 雨の伊豆 いくら呼んでも すがっても 私のものには ならぬ人 ああ ならぬ人
愛しい人よなぜ君は 哀しくなるのか なぜいつも 自分をせめるの さびしさと せつなさで 時間のなかを 旅する人よ でも僕がこのままいるから もし永遠の 変わらぬ気持ちで 優しさと 温もりを 綺麗な君に 約束しよう  愛しい人よ 可愛い人よ もうだれにも もう何処へも もうはなしはしない 愛しい人よ 可愛い人よ 君は僕の恋人  なぜ君は大人になるのか なぜとても綺麗になるのか 髪形と着る服で 突然僕をハッとさせるね でも気分 少女のようだよ ほら嘘を ときどきつくけど 幼なさと いじわるが 変わらないのが 君らしいよね  寄り添う時も 甘える時も 愛すること 信じること あの夜空を駈けて 時間が流れ すべてを超えて 二人 星になるだろう  愛しい人よ 可愛い人よ もうだれにも もう何処へも もうはなしはしない 愛しい人よ 可愛い人よ 君は僕の恋人森進一魚住勉馬飼野康二なぜ君は 哀しくなるのか なぜいつも 自分をせめるの さびしさと せつなさで 時間のなかを 旅する人よ でも僕がこのままいるから もし永遠の 変わらぬ気持ちで 優しさと 温もりを 綺麗な君に 約束しよう  愛しい人よ 可愛い人よ もうだれにも もう何処へも もうはなしはしない 愛しい人よ 可愛い人よ 君は僕の恋人  なぜ君は大人になるのか なぜとても綺麗になるのか 髪形と着る服で 突然僕をハッとさせるね でも気分 少女のようだよ ほら嘘を ときどきつくけど 幼なさと いじわるが 変わらないのが 君らしいよね  寄り添う時も 甘える時も 愛すること 信じること あの夜空を駈けて 時間が流れ すべてを超えて 二人 星になるだろう  愛しい人よ 可愛い人よ もうだれにも もう何処へも もうはなしはしない 愛しい人よ 可愛い人よ 君は僕の恋人
命あたえてはなれていました 長いこと おんなひとり寝 眠られず 息ずく 乳房抱きしめながら なおさら 寂しい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  忘れてしまったわけじゃない 愛のぬくもり 欲しいけど 体が燃える 心が冷える 傷つきすぎた わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  はなれていました 長いこと 声をこらえる よろこびに とろけるほどの よろこびに 身悶えしたい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて森進一川内康範猪俣公章はなれていました 長いこと おんなひとり寝 眠られず 息ずく 乳房抱きしめながら なおさら 寂しい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  忘れてしまったわけじゃない 愛のぬくもり 欲しいけど 体が燃える 心が冷える 傷つきすぎた わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  はなれていました 長いこと 声をこらえる よろこびに とろけるほどの よろこびに 身悶えしたい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて
命かれてもGOLD LYLIC惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押え切れない 淋しさは 死ぬことよりも つらいけど なぐさめなんかは 欲しくない  みんなあんたが おしえてくれた 酒もタバコも うそまでも 泣かぬつもりで いたけれど 裏町ギターの あの唄に 今夜はしみじみ 泣かされる  こんどこそはと 命をかけて 惚れてみたけど 駄目だった 女の青春(はる)を唇を 返してくれとは 言わないが 死ぬまで愛して 欲しかったGOLD LYLIC森進一鳥井実彩木雅夫惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押え切れない 淋しさは 死ぬことよりも つらいけど なぐさめなんかは 欲しくない  みんなあんたが おしえてくれた 酒もタバコも うそまでも 泣かぬつもりで いたけれど 裏町ギターの あの唄に 今夜はしみじみ 泣かされる  こんどこそはと 命をかけて 惚れてみたけど 駄目だった 女の青春(はる)を唇を 返してくれとは 言わないが 死ぬまで愛して 欲しかった
今想えばもう君と 会わなくなって どれくらいたつだろうか 時々机の中から 君からの手紙だして読むことがあるよ  踏みきることが出来なかった あの頃の僕 この間 昔の仲間たちと 会って話したよ つまらないことさ 僕達のことが話にでて 君のこと幸せに暮らしていると 聞いた  もう君と 会わなくなって どれくらいたつだろうか 時々机の中から 君からの手紙だして読むことがあるよ  今想えば あの頃に戻れたら やさしくつつんであげる 消えてしまったはずの 愛のぬくもりが今もこの胸に熱く  古びた壁に君が書いた 僕のイニシャル もう君と 出会うこともないのに きざまれたイニシャルが とってもさびしい 笑って別れた二人なのに 今頃になってむなしさだけが 残る  今想えば あの頃に戻れたら やさしくつつんであげる 消えてしまったはずの 愛のぬくもりが今もこの胸に熱く森進一森進一森進一もう君と 会わなくなって どれくらいたつだろうか 時々机の中から 君からの手紙だして読むことがあるよ  踏みきることが出来なかった あの頃の僕 この間 昔の仲間たちと 会って話したよ つまらないことさ 僕達のことが話にでて 君のこと幸せに暮らしていると 聞いた  もう君と 会わなくなって どれくらいたつだろうか 時々机の中から 君からの手紙だして読むことがあるよ  今想えば あの頃に戻れたら やさしくつつんであげる 消えてしまったはずの 愛のぬくもりが今もこの胸に熱く  古びた壁に君が書いた 僕のイニシャル もう君と 出会うこともないのに きざまれたイニシャルが とってもさびしい 笑って別れた二人なのに 今頃になってむなしさだけが 残る  今想えば あの頃に戻れたら やさしくつつんであげる 消えてしまったはずの 愛のぬくもりが今もこの胸に熱く
妹よしらじらと明ける頃 びしょぬれで帰って来た 蒼(あお)ざめた顔をして 一言も話もせず 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけど傷つく君を 見たくはないんだよ 無邪気な笑顔が消えるのが つらいんだよ  もう少し見ないふり していてといった君の 悲しげなあの顔が 気になって仕方がない 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけどこんなにまでも せつなくさせるのは どういう男か知りたいと 思うんだよ  この部屋を捨てるのか 荷物までまとめている なぐりつけひきとめて やりたいと思うけれど 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけど夢からさめて さびしくなったなら 何(なん)にもなかった顔をして 帰るんだよ森進一阿久悠猪俣公章しらじらと明ける頃 びしょぬれで帰って来た 蒼(あお)ざめた顔をして 一言も話もせず 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけど傷つく君を 見たくはないんだよ 無邪気な笑顔が消えるのが つらいんだよ  もう少し見ないふり していてといった君の 悲しげなあの顔が 気になって仕方がない 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけどこんなにまでも せつなくさせるのは どういう男か知りたいと 思うんだよ  この部屋を捨てるのか 荷物までまとめている なぐりつけひきとめて やりたいと思うけれど 妹よ今は何もきくまい 君の好きにするがいい だけど夢からさめて さびしくなったなら 何(なん)にもなかった顔をして 帰るんだよ
ウイスキー色の街で西の空がウイスキー色に 染まってゆくこの街で しなやかな夢を飲みながら かすかないらだちを流そう 生き急ぐ人の流れの中で 俺は俺 こだわりは捨てないさ それでいいんだよ それでいいんだよ  想い出を並べながら ひとりで飲むのもいいさ ほろにがい別れもあった ときめく恋などもたまに 揺らめいて通り過ぎゆくものに 捧げよう 祝福と微笑みを 今も元気か 今も元気か  ざわめきの中で揉まれた 上着を今脱ぎ捨てて 帰ってゆく場所など忘れ 友よ今夜は飲もうか ふけてゆく夜の流れの中で 俺は俺 信じてる友がいる 俺に乾杯 君に乾杯森進一岡本おさみ細野晴臣西の空がウイスキー色に 染まってゆくこの街で しなやかな夢を飲みながら かすかないらだちを流そう 生き急ぐ人の流れの中で 俺は俺 こだわりは捨てないさ それでいいんだよ それでいいんだよ  想い出を並べながら ひとりで飲むのもいいさ ほろにがい別れもあった ときめく恋などもたまに 揺らめいて通り過ぎゆくものに 捧げよう 祝福と微笑みを 今も元気か 今も元気か  ざわめきの中で揉まれた 上着を今脱ぎ捨てて 帰ってゆく場所など忘れ 友よ今夜は飲もうか ふけてゆく夜の流れの中で 俺は俺 信じてる友がいる 俺に乾杯 君に乾杯
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
うさぎあの日はほんとに暑かった 村へと続く白い道 かげろうだけが揺れていた 夢中でぼくは 走ってた 母さん 待っててすぐ帰る 大事な仕事忘れてた  女手ひとつで ぼくたちを 育ててくれた母さんは 落した肩で うなずいて 遠くの村をみつめてた 貧しくひなびたあの村は 悲しく捨てた ふるさとさ  親子で荷物を持ちあって 真夏の道を港まで おさない末の弟は 疲れて泣いて しゃがみこむ おぶってやろうと思っても 許しておくれ 無理だった  「ようやく港に着いた時 突然ぼくは 思いだす 小学校の夏休みに うさぎの係をしてたこと このまま出かけてしまったら うさぎは餓えて死ぬだろう」  あわてて駆け出すぼくだった 今来た道を学校へ おなかを空かす つらさなら 誰よりぼくが知っている 待ちかねていた うさぎたち さし出すエサに飛んでくる  埃(ほこり)にまみれてたどり着く 港に船はもういない 今度の船が出るまでに どれだけ長く待つことか それでも母さん ひとことも 叱らずぼくに ほほえんだ  母さんなにより嬉しいよ こんなにつらい時でさえ やさしい心忘れない おまえは強い男の子 めったに泣かない母さんの まぶたが濡れて光ってた  あれから何年たったかな 苦しい時が来るたびに 白いうさぎを思い出す 母さんの目を思い出す いっしょうけんめい生きてます 母さんほめてくれますか いっしょうけんめい生きてます 母さん泣いてくれますか 母さん… 母さん… 母さん… 母さん…森進一保富康午猪俣公章あの日はほんとに暑かった 村へと続く白い道 かげろうだけが揺れていた 夢中でぼくは 走ってた 母さん 待っててすぐ帰る 大事な仕事忘れてた  女手ひとつで ぼくたちを 育ててくれた母さんは 落した肩で うなずいて 遠くの村をみつめてた 貧しくひなびたあの村は 悲しく捨てた ふるさとさ  親子で荷物を持ちあって 真夏の道を港まで おさない末の弟は 疲れて泣いて しゃがみこむ おぶってやろうと思っても 許しておくれ 無理だった  「ようやく港に着いた時 突然ぼくは 思いだす 小学校の夏休みに うさぎの係をしてたこと このまま出かけてしまったら うさぎは餓えて死ぬだろう」  あわてて駆け出すぼくだった 今来た道を学校へ おなかを空かす つらさなら 誰よりぼくが知っている 待ちかねていた うさぎたち さし出すエサに飛んでくる  埃(ほこり)にまみれてたどり着く 港に船はもういない 今度の船が出るまでに どれだけ長く待つことか それでも母さん ひとことも 叱らずぼくに ほほえんだ  母さんなにより嬉しいよ こんなにつらい時でさえ やさしい心忘れない おまえは強い男の子 めったに泣かない母さんの まぶたが濡れて光ってた  あれから何年たったかな 苦しい時が来るたびに 白いうさぎを思い出す 母さんの目を思い出す いっしょうけんめい生きてます 母さんほめてくれますか いっしょうけんめい生きてます 母さん泣いてくれますか 母さん… 母さん… 母さん… 母さん…
薄雪草鏡のなかで 何年ぶりに 忘れたわたしの 笑顔に逢えた 何故かいつでも しあわせ遠い こんな…こんな女でよかったら あなたのそばで そっと咲きたい 北の花です 薄雪草(うすゆきそう)  涙を咬んだ 女の意地は 素直になれずに 心も荒れた そんな飲み方 やめろと言って つよく…つよく叱った優しい手 あなたと二人 生きてゆきたい 北の花です 薄雪草  薄めの紅を 小指で描いて あなたに着物を 褒められたくて 遅い春でも 短いなりに 咲いて…咲いて乱れて夢うつつ あなたの愛に 散って嬉しい 北の花です 薄雪草森進一吉岡治森進一鏡のなかで 何年ぶりに 忘れたわたしの 笑顔に逢えた 何故かいつでも しあわせ遠い こんな…こんな女でよかったら あなたのそばで そっと咲きたい 北の花です 薄雪草(うすゆきそう)  涙を咬んだ 女の意地は 素直になれずに 心も荒れた そんな飲み方 やめろと言って つよく…つよく叱った優しい手 あなたと二人 生きてゆきたい 北の花です 薄雪草  薄めの紅を 小指で描いて あなたに着物を 褒められたくて 遅い春でも 短いなりに 咲いて…咲いて乱れて夢うつつ あなたの愛に 散って嬉しい 北の花です 薄雪草
うそつき私でよければ傍をはなれずに 尽くし捧げるはずでした あなただけにしあわせ願う 女ごころの一途な夢を あなた泣かせて 捨ててゆく 逃げてゆく  いまさら泣いても仕方ないけれど 悔しすぎるわこの涙 私だけがあなたの女 それを信じて抱かれた夢を あなたうそつき 捨ててゆく 逃げてゆく  どれほど好きでも追えばみじめです だからあなたを忘れます ふたりだけのちいさな生活 いつも欲しがる女の夢を あなた泣かせて 捨ててゆく 逃げてゆく 森進一たかたかし森進一私でよければ傍をはなれずに 尽くし捧げるはずでした あなただけにしあわせ願う 女ごころの一途な夢を あなた泣かせて 捨ててゆく 逃げてゆく  いまさら泣いても仕方ないけれど 悔しすぎるわこの涙 私だけがあなたの女 それを信じて抱かれた夢を あなたうそつき 捨ててゆく 逃げてゆく  どれほど好きでも追えばみじめです だからあなたを忘れます ふたりだけのちいさな生活 いつも欲しがる女の夢を あなた泣かせて 捨ててゆく 逃げてゆく 
うたかたの街夜の東京 夜の東京 盛り場さえも ネオンばかりが 赫々(あかあか)と ひとの匂いも 失くなって 見なくなったわ 酔いどれも ここであなたと 生きた春 どこへ流れた あゝうたかたの街  噂聞くたび 噂聞くたび 吐息も細る ましてあなたの 不しあわせ 逢ってどうする 今更に 逢わずどうする この時に いつかぶれます 想いまで 問わず語りの あゝうたかたの街  今もあなたに 今もあなたに 人恋う酒は 遠いあの日に つながって ひとは定かで ないものに そうよすがって 生きている 夢を賭けたい もう一度 あなたを呼んでる あゝうたかたの街森進一坂口照幸四方章人夜の東京 夜の東京 盛り場さえも ネオンばかりが 赫々(あかあか)と ひとの匂いも 失くなって 見なくなったわ 酔いどれも ここであなたと 生きた春 どこへ流れた あゝうたかたの街  噂聞くたび 噂聞くたび 吐息も細る ましてあなたの 不しあわせ 逢ってどうする 今更に 逢わずどうする この時に いつかぶれます 想いまで 問わず語りの あゝうたかたの街  今もあなたに 今もあなたに 人恋う酒は 遠いあの日に つながって ひとは定かで ないものに そうよすがって 生きている 夢を賭けたい もう一度 あなたを呼んでる あゝうたかたの街
内灘愁歌はるばると続く アカシアの丘に 海鳴りの 海鳴りの 音 とうとうと響く 夏の日の想い出を 訪ねてひとり 白い砂丘をゆけば 光る日本海 友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  ひゅうひゅうと歌う 潮風の浜に 面影は 面影は ただ ゆらゆらと揺れる あの頃は若すぎて 許す優しさも 愛も忘れてひとり 明日(あす)をみつめてた きみはどこに 夢はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ森進一五木寛之佐原一哉はるばると続く アカシアの丘に 海鳴りの 海鳴りの 音 とうとうと響く 夏の日の想い出を 訪ねてひとり 白い砂丘をゆけば 光る日本海 友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  ひゅうひゅうと歌う 潮風の浜に 面影は 面影は ただ ゆらゆらと揺れる あの頃は若すぎて 許す優しさも 愛も忘れてひとり 明日(あす)をみつめてた きみはどこに 夢はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ  友はどこに 歌はどこに 歳月(とき)はいま 流れて 燃える思い 熱い心 よみがえれ この胸に 内灘の海よ
移り香別れの理由は 言わないで それより 聞きたいことがある あなたをうばった 移り香の その女 きれいなひとですか…  忘れないわ今夜 旅立つひとよ きっと 愛したことも 忘れないわそして 憎んだことも 笑い話に してみせる  背中をむけた 幸福を やっぱり 心が追いかける あなたにしみてる 移り香は わたしの涙で 消せますか…  忘れないわ今夜 旅立つひとよ ふたり出逢ったことも 忘れないわそして 別れたことも 笑い話に してみせる  忘れないわ今夜 旅立つひとよ きっと 愛したことも 忘れないわそして 憎んだことも 笑い話に してみせる森進一やしろよう西谷翔別れの理由は 言わないで それより 聞きたいことがある あなたをうばった 移り香の その女 きれいなひとですか…  忘れないわ今夜 旅立つひとよ きっと 愛したことも 忘れないわそして 憎んだことも 笑い話に してみせる  背中をむけた 幸福を やっぱり 心が追いかける あなたにしみてる 移り香は わたしの涙で 消せますか…  忘れないわ今夜 旅立つひとよ ふたり出逢ったことも 忘れないわそして 別れたことも 笑い話に してみせる  忘れないわ今夜 旅立つひとよ きっと 愛したことも 忘れないわそして 憎んだことも 笑い話に してみせる
裏切り強く強く抱いて その気にさせてくやしい 誰があなたさがす こんな真夜中鳴る携帯  信じたくない私以外の女 嘘つきで裏切りで卑怯者 勝手な人だけど 逢えばだめなの 切り出せないの私から  追えば追えば逃げる 男はみんな同じね 何が男の夢よ 自分勝手なだけじゃないの  ふざけないでと震えてる涙声 嘘つきで裏切りで卑怯者 今すぐ出て行って 恋は終わりね 何度目かしらまたひとり  信じたくない私以外の女 嘘つきで裏切りで卑怯者 勝手な人だけど 逢えばだめなの 切り出せないの私から 森進一織愛弦哲也強く強く抱いて その気にさせてくやしい 誰があなたさがす こんな真夜中鳴る携帯  信じたくない私以外の女 嘘つきで裏切りで卑怯者 勝手な人だけど 逢えばだめなの 切り出せないの私から  追えば追えば逃げる 男はみんな同じね 何が男の夢よ 自分勝手なだけじゃないの  ふざけないでと震えてる涙声 嘘つきで裏切りで卑怯者 今すぐ出て行って 恋は終わりね 何度目かしらまたひとり  信じたくない私以外の女 嘘つきで裏切りで卑怯者 勝手な人だけど 逢えばだめなの 切り出せないの私から 
運河あなたほんとに いいのねこれで 別れはしかたが ないことですか つたえきれない 想いを浮かべ 運河(かわ)は流れる 橋の下 恋も流れる さだめのように  好きになっては いけない人を 愛してしまった わたしがわるい にごり水でも ネオンをうつす あなた信じて まよわずに ついてきました 心のままに  明日のしあわせ 祈っていると 言ったあなたの 言葉に泣ける ヘッド・ライトの 光の波に 消えるあなたの うしろ影 夢をみました 短い夢を…森進一たかたかし森進一あなたほんとに いいのねこれで 別れはしかたが ないことですか つたえきれない 想いを浮かべ 運河(かわ)は流れる 橋の下 恋も流れる さだめのように  好きになっては いけない人を 愛してしまった わたしがわるい にごり水でも ネオンをうつす あなた信じて まよわずに ついてきました 心のままに  明日のしあわせ 祈っていると 言ったあなたの 言葉に泣ける ヘッド・ライトの 光の波に 消えるあなたの うしろ影 夢をみました 短い夢を…
えにし風に散る散る 桜の花が 通う情けの 夢峠 かざした扇も 艶やかに 越えて行きます 運命なら 春の名残の 一人旅  花の絵姿 仄かに薫る 母の形見の 旅衣 愛しい恋しい 故郷へ 抱いて行きます 黒髪も 募る思いの 夢枕  肌に愛しと 心が揺れる 熱い思いの 胸の内 はかなき縁と 諦めて 秘めて行きます 面影を 見せぬ涙に 春の虹森進一新美正雄森進一風に散る散る 桜の花が 通う情けの 夢峠 かざした扇も 艶やかに 越えて行きます 運命なら 春の名残の 一人旅  花の絵姿 仄かに薫る 母の形見の 旅衣 愛しい恋しい 故郷へ 抱いて行きます 黒髪も 募る思いの 夢枕  肌に愛しと 心が揺れる 熱い思いの 胸の内 はかなき縁と 諦めて 秘めて行きます 面影を 見せぬ涙に 春の虹
襟裳岬GOLD LYLIC北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯めだよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮しはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて ああ おくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよGOLD LYLIC森進一岡本おさみ吉田拓郎北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯めだよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮しはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて ああ おくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ
狼たちの遠吠えささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわせの群れからはぐれても 俺は過去を素直に受け入れ つつましく我が道 旅に出る  赤い山並の上に 青白い三日月がかかる くたびれきった月の砂漠を トットッと行く  荒れ果て尽きた大地に突っ立ち この一本道どこへ流れ続くのか? ふと聞える 狼たちの悲しき遠吠え  銀色の牙をむき 雨を刺し 風を打ち 焼け焦げた魂を 引き裂いても  淋しくて 会いたくて 耐えきれず 泣きながら そして人は明日へ歩くのだ  君に聞こえるかな すきとおる瞳に届くかな 希望が西の果てに沈んでも ありったけの命で叫ぼう  今こそ叫んでみよう 大切な人の名を叫ぼう 胸の高鳴りさえぎらないで 一番大切な人の名を叫ぼう  荒れ果て尽きた大地に突っ立ち この一本道どこへ流れ続くのか? ふと聞える 狼たちの悲しき遠吠え  銀色の牙が折れ 雨がやみ 風がやみ 焼け焦げた太陽が 昇り来る頃  苦しくて 耐えきれず 泣きながら 駆け上がれ そして人は名もなき小さな花咲かせる  銀色の牙が折れ 雨がやみ 風がやみ 焼け焦げた太陽が 昇り来る頃  苦しくて 耐えきれず 泣きながら 駆け上がれ そして人は名もなき小さな花咲かせる森進一長渕剛長渕剛ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわせの群れからはぐれても 俺は過去を素直に受け入れ つつましく我が道 旅に出る  赤い山並の上に 青白い三日月がかかる くたびれきった月の砂漠を トットッと行く  荒れ果て尽きた大地に突っ立ち この一本道どこへ流れ続くのか? ふと聞える 狼たちの悲しき遠吠え  銀色の牙をむき 雨を刺し 風を打ち 焼け焦げた魂を 引き裂いても  淋しくて 会いたくて 耐えきれず 泣きながら そして人は明日へ歩くのだ  君に聞こえるかな すきとおる瞳に届くかな 希望が西の果てに沈んでも ありったけの命で叫ぼう  今こそ叫んでみよう 大切な人の名を叫ぼう 胸の高鳴りさえぎらないで 一番大切な人の名を叫ぼう  荒れ果て尽きた大地に突っ立ち この一本道どこへ流れ続くのか? ふと聞える 狼たちの悲しき遠吠え  銀色の牙が折れ 雨がやみ 風がやみ 焼け焦げた太陽が 昇り来る頃  苦しくて 耐えきれず 泣きながら 駆け上がれ そして人は名もなき小さな花咲かせる  銀色の牙が折れ 雨がやみ 風がやみ 焼け焦げた太陽が 昇り来る頃  苦しくて 耐えきれず 泣きながら 駆け上がれ そして人は名もなき小さな花咲かせる
男と女こころの海から船がでる いのちの港へ着く船が 恋とか愛とかいうけれど 言葉なんかは信じない  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける  なみだの海から船がでる 別れの岬(みさき)へ着く舟が 運とか縁(えん)とかいうけれど 宿命(さだめ)なんかは信じない  なみだをかくして女から男へ こころをかさねて男から女へ 船が着いたらきっと日が昇る  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける森進一五木寛之吉幾三こころの海から船がでる いのちの港へ着く船が 恋とか愛とかいうけれど 言葉なんかは信じない  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける  なみだの海から船がでる 別れの岬(みさき)へ着く舟が 運とか縁(えん)とかいうけれど 宿命(さだめ)なんかは信じない  なみだをかくして女から男へ こころをかさねて男から女へ 船が着いたらきっと日が昇る  汽笛を鳴らして男から女へ いのちを燃やして女から男へ 船が着いたらきっと夜が明ける
男の真情この命 この命 すててもいいと 泣きながらとりすがる お前のひとみ 世間のつらい噂を 背中にうけて 男の涙をかみしめる 幸せに生きてくれ いとしい女よ  人並に 人並に 暮らせるならば それだけで幸せと 言ってたお前 二人を遠くひきさく 運命がにくい 男の旅路のせつなさよ 許されるものならば 逢いたいけれど  別れても 別れても 心の絆 結ばれてとこしえに 解かれはしない お前と死んで行くまで 暮らしたかった 夜風にさすらう恋ごころ ひとり行くこの胸に 夕月あかり森進一白鳥園枝木村好夫この命 この命 すててもいいと 泣きながらとりすがる お前のひとみ 世間のつらい噂を 背中にうけて 男の涙をかみしめる 幸せに生きてくれ いとしい女よ  人並に 人並に 暮らせるならば それだけで幸せと 言ってたお前 二人を遠くひきさく 運命がにくい 男の旅路のせつなさよ 許されるものならば 逢いたいけれど  別れても 別れても 心の絆 結ばれてとこしえに 解かれはしない お前と死んで行くまで 暮らしたかった 夜風にさすらう恋ごころ ひとり行くこの胸に 夕月あかり
男ばなし俺らひとりが 抜けたって 月は昇るし 地球は廻る バラは夕陽に 匂うだろ 生きてるうちだぜ 身も花も 身の程知らずと 言われても 誰にもできない 一味を 求めて命を 燃やそうよ 男はどこかが 光りゃいい  物があふれて 場所をとり 義理や人情の 出番がないと 街の灯りも 泣いている 小っちゃな力を 束ねても どうなる世間じゃ ないけれど まかしてくんなと しゃしゃり出て 一緒に溺れる ドジも居て 泣き虫横丁は 花盛り  ドアを一枚 くぐるたび 借りが増えてく 人間稼業 それを楽しむ 男惚れ この世にゃ女と いうものが 楊枝の数ほど いるものを わきめもふらずに どこへゆく もったいないよな 恋月夜 たまにはしっぽり 濡れてみな森進一星野哲郎大野雄二俺らひとりが 抜けたって 月は昇るし 地球は廻る バラは夕陽に 匂うだろ 生きてるうちだぜ 身も花も 身の程知らずと 言われても 誰にもできない 一味を 求めて命を 燃やそうよ 男はどこかが 光りゃいい  物があふれて 場所をとり 義理や人情の 出番がないと 街の灯りも 泣いている 小っちゃな力を 束ねても どうなる世間じゃ ないけれど まかしてくんなと しゃしゃり出て 一緒に溺れる ドジも居て 泣き虫横丁は 花盛り  ドアを一枚 くぐるたび 借りが増えてく 人間稼業 それを楽しむ 男惚れ この世にゃ女と いうものが 楊枝の数ほど いるものを わきめもふらずに どこへゆく もったいないよな 恋月夜 たまにはしっぽり 濡れてみな
おふくろさんGOLD LYLICおふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしないGOLD LYLIC森進一川内康範猪俣公章おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない
おんな男のこわさと やさしさを 教えたあなたが悪いのよ もっと もっとよ 抱きしめて 小鳩のように ああ ああ 女って 女って あなたを待っている  あなたの接吻受けるたび 可愛いわたしに なったのよ まだよ まだなの 炎えさせて 涙の中で ああ ああ 女って 女って あなたがほしいのよ  女に生まれてよかったわ 死ぬまで一緒よ ねえ あなた いやよ いやなの よそ見しちゃ この手でいつも ああ ああ 女って 女って あなたにすがりたい森進一山口あかり城美好男のこわさと やさしさを 教えたあなたが悪いのよ もっと もっとよ 抱きしめて 小鳩のように ああ ああ 女って 女って あなたを待っている  あなたの接吻受けるたび 可愛いわたしに なったのよ まだよ まだなの 炎えさせて 涙の中で ああ ああ 女って 女って あなたがほしいのよ  女に生まれてよかったわ 死ぬまで一緒よ ねえ あなた いやよ いやなの よそ見しちゃ この手でいつも ああ ああ 女って 女って あなたにすがりたい
女がひとり旅人に似合いの 終着の駅からは 一人ずつ悲しい さだめ背負った ひとが降りる 女のいのち 一つにかけて 室蘭のこの町へ 荷物も持たず 私は来た  無茶をして馬鹿だと 口先で責めながら あのひとは私を ここでやさしく 抱いてくれた 女の夢は 小さいけれど 何よりもはげしくて はるばる遠い町まで来た  北国の室蘭 あのひとが住むところ 今日からは私も そっとあなたの そばで眠る 女の意地で つかんだ恋を いつまでもこわさずに 夜霧よどうか つつんでいて森進一阿久悠彩木雅夫旅人に似合いの 終着の駅からは 一人ずつ悲しい さだめ背負った ひとが降りる 女のいのち 一つにかけて 室蘭のこの町へ 荷物も持たず 私は来た  無茶をして馬鹿だと 口先で責めながら あのひとは私を ここでやさしく 抱いてくれた 女の夢は 小さいけれど 何よりもはげしくて はるばる遠い町まで来た  北国の室蘭 あのひとが住むところ 今日からは私も そっとあなたの そばで眠る 女の意地で つかんだ恋を いつまでもこわさずに 夜霧よどうか つつんでいて
女恋港波止場を出て行く 別れの出船 捨てちゃいやよと カモメが泣いた 汽笛鳴らして あなたを乗せて 船の無情が たまらない こらえきれない 女恋港(おなこいみなと)  涙があふれて あなたが見えぬ 声にならない さよならなんて 今も聞こえる あなたの声が 耳に残って はなれない 好きよ死ぬほど 女恋港(おなこいみなと)  私にゃ最後の 命の恋よ あなたいなけりゃ 生きてはゆけぬ ひとりぼっちに 私をさせて さだめの果てに 船は行く 未練せつない 女恋港(おなこいみなと) 森進一森進一森進一波止場を出て行く 別れの出船 捨てちゃいやよと カモメが泣いた 汽笛鳴らして あなたを乗せて 船の無情が たまらない こらえきれない 女恋港(おなこいみなと)  涙があふれて あなたが見えぬ 声にならない さよならなんて 今も聞こえる あなたの声が 耳に残って はなれない 好きよ死ぬほど 女恋港(おなこいみなと)  私にゃ最後の 命の恋よ あなたいなけりゃ 生きてはゆけぬ ひとりぼっちに 私をさせて さだめの果てに 船は行く 未練せつない 女恋港(おなこいみなと) 
女心たった一度の わたしの恋を あなたは冷たく 捨てるのね おまえにしあわせ あげるといって この肩を この肩を 抱いたひと 女を泣かせる あなたが憎い  別れちゃいやよと すがってみても あなたの背中は もう他人 着物姿が 似合うといって 抱きしめて 抱きしめて くれたひと 愛していました あなたは嘘つき  恋のなみだを お酒でうすめ 飲んでもこころは だませない 女のよろこび おしえてくれた わかれても わかれても 好きなひと 忘れられない あなたに逢いたい 森進一たかたかし弦哲也たった一度の わたしの恋を あなたは冷たく 捨てるのね おまえにしあわせ あげるといって この肩を この肩を 抱いたひと 女を泣かせる あなたが憎い  別れちゃいやよと すがってみても あなたの背中は もう他人 着物姿が 似合うといって 抱きしめて 抱きしめて くれたひと 愛していました あなたは嘘つき  恋のなみだを お酒でうすめ 飲んでもこころは だませない 女のよろこび おしえてくれた わかれても わかれても 好きなひと 忘れられない あなたに逢いたい 
女坂身丈の着物の私をつれて 母は黙って背負子(しょいこ)で歩く 山道いつも聞かされたのは 一つ覚えの夕焼け小焼け  何が生きてて しあわせか 母の顔では 知りかねた あの日けわしく思えた道を 今あなたとなら たどってみたい  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう  湯上り子供ら寝かせる声で やっとその日が終ったような 祭りも盆も変らぬ色の 絣(かすり)の柄まで覚えています  耐えることしかない母も 夢を見た日は あるのやら 強くかよわく やさしい背なは みな忘れたよと 答えるけれど  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう  何が生きてて しあわせか 母の顔では 知りかねた あの日けわしく思えた道を 今あなたとなら たどってみたい  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう森進一有馬三恵子猪俣公章身丈の着物の私をつれて 母は黙って背負子(しょいこ)で歩く 山道いつも聞かされたのは 一つ覚えの夕焼け小焼け  何が生きてて しあわせか 母の顔では 知りかねた あの日けわしく思えた道を 今あなたとなら たどってみたい  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう  湯上り子供ら寝かせる声で やっとその日が終ったような 祭りも盆も変らぬ色の 絣(かすり)の柄まで覚えています  耐えることしかない母も 夢を見た日は あるのやら 強くかよわく やさしい背なは みな忘れたよと 答えるけれど  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう  何が生きてて しあわせか 母の顔では 知りかねた あの日けわしく思えた道を 今あなたとなら たどってみたい  行く坂 はるかな女坂 私も母に似てきそう
女の愛男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ つらい時こそ 私の出番 あなたをかばって 身をよせる それが女の 愛なのよ 見えない心 感じて欲しいのよ…  男は惚れたがり 女はなんでも 知りたがり あなたいやです より道したら つれなくするから 尚もえる それが女の 愛なのよ 二つのからだ 命は一つです…  男の嘘なんて 女は解るの 初めから くやし涙を お酒に浮かべ 喧嘩をするのも 好きだから それが女の 愛なのよ ふたりの明日 信じて歩きたい… 森進一土田有紀弦哲也男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ つらい時こそ 私の出番 あなたをかばって 身をよせる それが女の 愛なのよ 見えない心 感じて欲しいのよ…  男は惚れたがり 女はなんでも 知りたがり あなたいやです より道したら つれなくするから 尚もえる それが女の 愛なのよ 二つのからだ 命は一つです…  男の嘘なんて 女は解るの 初めから くやし涙を お酒に浮かべ 喧嘩をするのも 好きだから それが女の 愛なのよ ふたりの明日 信じて歩きたい… 
女の恋あなたの匂いが 素肌にしみて 離れない あなたと私 何があろうとも 恋の深みを さまよいながら 燃えて 燃えて…散らした紅(べに)のあと  やさしいあなたの 吐息が熱い かまわない あなたとならば 命かけた恋 つらい噂に 震える体 泣いて 泣いて…どこまで闇の中  あなたの腕に この身を寄せて 夢ならば 夢でもいいの 今はこのままで 抱いて下さい 心もぬれる ふたり ふたり…きのうに戻れない森進一麻こよみ金田一郎あなたの匂いが 素肌にしみて 離れない あなたと私 何があろうとも 恋の深みを さまよいながら 燃えて 燃えて…散らした紅(べに)のあと  やさしいあなたの 吐息が熱い かまわない あなたとならば 命かけた恋 つらい噂に 震える体 泣いて 泣いて…どこまで闇の中  あなたの腕に この身を寄せて 夢ならば 夢でもいいの 今はこのままで 抱いて下さい 心もぬれる ふたり ふたり…きのうに戻れない
女の四季逢えばおわりと わかっていても 逢えぬ涙に ぬれる春 造り花さえ ほほえむものを 貴方一人に 泣いている 女の愛は 哀しいものね  着物姿が 似合うと云われ 待って明かして 泣いた夏 帯をといても 短かい夜は 線香花火の 夢が散る 女の恋は せつないものね  青い落葉に なりたくないと すがりついても 秋は秋 酒を飲んでも 酔えないわたし ひとり涙で かむグラス 女の道は はかないものね  うそに染まった 淡雪心 苦労ばかりが つもる冬 わたし一人に 冷たい浮世 明日と云う日を 信じてる 女の春は いつ又かえる森進一丹古晴己・村上千秋猪俣公章逢えばおわりと わかっていても 逢えぬ涙に ぬれる春 造り花さえ ほほえむものを 貴方一人に 泣いている 女の愛は 哀しいものね  着物姿が 似合うと云われ 待って明かして 泣いた夏 帯をといても 短かい夜は 線香花火の 夢が散る 女の恋は せつないものね  青い落葉に なりたくないと すがりついても 秋は秋 酒を飲んでも 酔えないわたし ひとり涙で かむグラス 女の道は はかないものね  うそに染まった 淡雪心 苦労ばかりが つもる冬 わたし一人に 冷たい浮世 明日と云う日を 信じてる 女の春は いつ又かえる
女のためいき死んでもお前を 離しはしない そんな男の 約束を 嘘と知らずに 信じてた 夜が 夜が 夜が泣いてる ああ 女のためいき  どうでもなるよに なったらいいと 思いなやんだ 時もある なににすがって 生きるのか 暗い 暗い 暗い灯影(ほかげ)の ああ 女のためいき  男と女の 悲しいさだめ なんで涙が つきまとう ほれているから 憎いのよ 未練 未練 未練一つが ああ 女のためいき森進一吉川静夫猪俣公章死んでもお前を 離しはしない そんな男の 約束を 嘘と知らずに 信じてた 夜が 夜が 夜が泣いてる ああ 女のためいき  どうでもなるよに なったらいいと 思いなやんだ 時もある なににすがって 生きるのか 暗い 暗い 暗い灯影(ほかげ)の ああ 女のためいき  男と女の 悲しいさだめ なんで涙が つきまとう ほれているから 憎いのよ 未練 未練 未練一つが ああ 女のためいき
女の波止場別れはしない はなれない 死ぬほど好きな 人だから あなたの名だけ 呼んでいる 船の汽笛も ああ 泣く波止場 可愛いかもめも貰い泣き  独りはつらい やるせない すがりもできぬ 淋しさは あなたが知って いるばかり 船がわたしを ああ 駄目にする 可愛いかもめも貰い泣き  流れの花の恋だから 真赤に咲いて 散るさだめ あなたをひとり 乗せてゆく 船の無情が ああ たまらない 可愛いかもめも貰い泣き森進一吉川静夫猪俣公章別れはしない はなれない 死ぬほど好きな 人だから あなたの名だけ 呼んでいる 船の汽笛も ああ 泣く波止場 可愛いかもめも貰い泣き  独りはつらい やるせない すがりもできぬ 淋しさは あなたが知って いるばかり 船がわたしを ああ 駄目にする 可愛いかもめも貰い泣き  流れの花の恋だから 真赤に咲いて 散るさだめ あなたをひとり 乗せてゆく 船の無情が ああ たまらない 可愛いかもめも貰い泣き
おんなの挽歌枯野にほほ笑む 月見草 風にふるえて 誰を待つ 愛は… 愛は 愛は… 信じた者ほど 傷つけて 足早に 秋はゆく 夢はかえらぬ おんなの挽歌  ひとりにしないで 行かないで 恋は幻 たわむれか 人は… 人は 人は… 優しさだけでは 愛せない 月日(とき)が経ち 色あせて こころ移ろう おんなの挽歌  花びらみたいな 春の雪 夜の静寂(しじま)に とけてゆく 消えて… 消えて 消えて… はかない運命(さだめ)の 淡雪が 絵のような 美しさ そうよ生きるの おんなの挽歌森進一土田有紀大谷明裕枯野にほほ笑む 月見草 風にふるえて 誰を待つ 愛は… 愛は 愛は… 信じた者ほど 傷つけて 足早に 秋はゆく 夢はかえらぬ おんなの挽歌  ひとりにしないで 行かないで 恋は幻 たわむれか 人は… 人は 人は… 優しさだけでは 愛せない 月日(とき)が経ち 色あせて こころ移ろう おんなの挽歌  花びらみたいな 春の雪 夜の静寂(しじま)に とけてゆく 消えて… 消えて 消えて… はかない運命(さだめ)の 淡雪が 絵のような 美しさ そうよ生きるの おんなの挽歌
女の真心みんながやめろと 言う恋を あきらめられない 私です 誰よりあなたが 好きだから つくし捧げる 真心を どこかで気づいて 欲しいのよ  他にもいいひと いるなんて うわさに聞くのは 辛いのよ 寂しくあなたを 待つ夜ふけ ひとり飲む酒 にがい酒 バカな女の 未練酒  あなたを失う くらいなら 死んでも悔いない 私です こんなにあなたが 好きなのよ 可愛い女と 言われたい いちずな女の 覚悟です森進一森進一森進一みんながやめろと 言う恋を あきらめられない 私です 誰よりあなたが 好きだから つくし捧げる 真心を どこかで気づいて 欲しいのよ  他にもいいひと いるなんて うわさに聞くのは 辛いのよ 寂しくあなたを 待つ夜ふけ ひとり飲む酒 にがい酒 バカな女の 未練酒  あなたを失う くらいなら 死んでも悔いない 私です こんなにあなたが 好きなのよ 可愛い女と 言われたい いちずな女の 覚悟です
女の岬恋のつらさに泣くよりも にげて にげて にげておいでと 呼んでる岬 海こえてゆく人を せめて一目と追いかける ああ 女の 女の 岬  それが二人のためならば 苦労 苦労 苦労なんかに 負けないつもり ひとときも忘れずに 赤い椿と待ちわびる ああ 女の 女の 岬  あなた頼りのいのちなら 胸に 胸に 胸に灯がつく 灯台岬 だれよりも好きにして 涙ばかりを流させる ああ 女の 女の 岬森進一吉川静夫猪俣公章恋のつらさに泣くよりも にげて にげて にげておいでと 呼んでる岬 海こえてゆく人を せめて一目と追いかける ああ 女の 女の 岬  それが二人のためならば 苦労 苦労 苦労なんかに 負けないつもり ひとときも忘れずに 赤い椿と待ちわびる ああ 女の 女の 岬  あなた頼りのいのちなら 胸に 胸に 胸に灯がつく 灯台岬 だれよりも好きにして 涙ばかりを流させる ああ 女の 女の 岬
女のワルツ胸にきざんだ まことの愛を さがしつづけて 私は生きる 好きと云われりゃ 恋だもの 命かけます 女のワルツ  髪のかたちも心の中も 変えてみたけど 逢えない夜は 飲めぬお酒にすがりつく 涙ばかりの 女のワルツ  憎い恋しい貴方のせいで 私ばかりか あの娘も泣いた つらい噂もきいたけど 思い切れない 女のワルツ  叶えられない幸せだって 夢を見るのは私の勝手 男なんかと云いながら 燃えて焦れる 女のワルツ森進一山口洋子猪俣公章胸にきざんだ まことの愛を さがしつづけて 私は生きる 好きと云われりゃ 恋だもの 命かけます 女のワルツ  髪のかたちも心の中も 変えてみたけど 逢えない夜は 飲めぬお酒にすがりつく 涙ばかりの 女のワルツ  憎い恋しい貴方のせいで 私ばかりか あの娘も泣いた つらい噂もきいたけど 思い切れない 女のワルツ  叶えられない幸せだって 夢を見るのは私の勝手 男なんかと云いながら 燃えて焦れる 女のワルツ
女もようかわいい女じゃ 生きてはゆけぬ 片意地はる目に 涙がゆれる ひとりぼっちに させられて すがりつくのは 思い出ばかり あなたの胸に この身を投げて おもいきり そうよ私 涙をながして みたい  はしゃいでみる程 心の傷は 痛みが増すもの 泣かせるものよ 淋しがりやの あなたには 重荷すぎたの 忍んだ恋は 離れてからは 生命をけずり 爪を噛み そうよ私 弱さをかくして 生きた  噂を聞くたび この身が細る 本当はだれより かよわい女 逢って恨みを ぶつけたら もっと気楽に 過ごせるものを 涙の分だけ 強がりみせて これからは そうよ私 待ってる女で いたい 森進一結城忍猪俣公章かわいい女じゃ 生きてはゆけぬ 片意地はる目に 涙がゆれる ひとりぼっちに させられて すがりつくのは 思い出ばかり あなたの胸に この身を投げて おもいきり そうよ私 涙をながして みたい  はしゃいでみる程 心の傷は 痛みが増すもの 泣かせるものよ 淋しがりやの あなたには 重荷すぎたの 忍んだ恋は 離れてからは 生命をけずり 爪を噛み そうよ私 弱さをかくして 生きた  噂を聞くたび この身が細る 本当はだれより かよわい女 逢って恨みを ぶつけたら もっと気楽に 過ごせるものを 涙の分だけ 強がりみせて これからは そうよ私 待ってる女で いたい 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
帰ってきて浮かれて騒いだ そのあとで はしゃぎ町から ベルが鳴る 声だけなんて あんまりみじめ 女にも心があること 知ってますか さびしくて さびしくて この胸がいたい おねがい おねがい 帰ってきて  電話を切られて 闇の中 泣きぐせだけを 身につけて 楽しいあの日が ぐるぐるまわる 女にも心があること 知ってますか 涙でて 涙でて この胸がいたい おねがい おねがい 帰ってきて森進一山本総一郎蘭世浮かれて騒いだ そのあとで はしゃぎ町から ベルが鳴る 声だけなんて あんまりみじめ 女にも心があること 知ってますか さびしくて さびしくて この胸がいたい おねがい おねがい 帰ってきて  電話を切られて 闇の中 泣きぐせだけを 身につけて 楽しいあの日が ぐるぐるまわる 女にも心があること 知ってますか 涙でて 涙でて この胸がいたい おねがい おねがい 帰ってきて
風の噂一度つまずきゃ 男でさえも 浮世苦労は つづくもの まして悲しい 噂であれば 微笑(わら)い流せず 眼を閉じる なんで独りで なんで独りで いるんだよ  あの日あの夜 この盃(さかずき)を 止めたその手が 今欲しい なってくれるな 不幸にだけは 何も恨まず 雨に咲く 花の素顔は 花の素顔は 寂しかろう  離れ離れの さだめを越えて せめてつぐない させてくれ 誰がいるのさ おまえのほかに いつかこの手で 抱きしめて 仰ぐ夜空も 仰ぐ夜空も もう明ける森進一坂口照幸四方章人一度つまずきゃ 男でさえも 浮世苦労は つづくもの まして悲しい 噂であれば 微笑(わら)い流せず 眼を閉じる なんで独りで なんで独りで いるんだよ  あの日あの夜 この盃(さかずき)を 止めたその手が 今欲しい なってくれるな 不幸にだけは 何も恨まず 雨に咲く 花の素顔は 花の素顔は 寂しかろう  離れ離れの さだめを越えて せめてつぐない させてくれ 誰がいるのさ おまえのほかに いつかこの手で 抱きしめて 仰ぐ夜空も 仰ぐ夜空も もう明ける
風のエレジーヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  つなぎ止めたいお方が居ても 私の足にも 重たい鎖 動く事すら ままならない 風に想いを託すだけ ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  飛んで行きたい 故郷(ふるさと)あれど 私の翼は 悲しみのため 力も尽きてただ悪戯(いたずら)に 空を掠(かす)めて 落ちるだけ ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  も一度会いたいお方のために 私が見つけた路傍(ろぼう)の花は その色故(ゆえ)に 心に染みる この世に咲いた 赤い花 真紅(くれない)の恋の華(はな) ヒューヒュルルルルルル  風の中で ゆれる華 ヒューヒュルルルルルル ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル森進一阿木燿子井上陽水ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  つなぎ止めたいお方が居ても 私の足にも 重たい鎖 動く事すら ままならない 風に想いを託すだけ ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  飛んで行きたい 故郷(ふるさと)あれど 私の翼は 悲しみのため 力も尽きてただ悪戯(いたずら)に 空を掠(かす)めて 落ちるだけ ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  も一度会いたいお方のために 私が見つけた路傍(ろぼう)の花は その色故(ゆえ)に 心に染みる この世に咲いた 赤い花 真紅(くれない)の恋の華(はな) ヒューヒュルルルルルル  風の中で ゆれる華 ヒューヒュルルルルルル ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル  ヒュルルヒュールル ヒュルルヒュールル ヒューヒュルルルルルル
語りかけそこにいる人どうしたの 今にも涙がこぼれそうだよ 俺にはそんなにちからはないが よければ事情をしてごらん  どうせこの世は火の車 泣きたきゃ泣きなよ胸のしこりを はき出しゃ少しは気が晴れる そして明日がやってくる  どうせこの世を吹く風は ときには冷たいこともあるが 心に太陽抱いていれば いつかは花咲くときがくる いつかは花咲くときがくる 森進一川内康範川内康範そこにいる人どうしたの 今にも涙がこぼれそうだよ 俺にはそんなにちからはないが よければ事情をしてごらん  どうせこの世は火の車 泣きたきゃ泣きなよ胸のしこりを はき出しゃ少しは気が晴れる そして明日がやってくる  どうせこの世を吹く風は ときには冷たいこともあるが 心に太陽抱いていれば いつかは花咲くときがくる いつかは花咲くときがくる 
悲しい歌が流行りますどうしたことでしょう この頃さびしい 悲しい歌が流行りそうです また 泣くのでしょうか ほろほろと 夜啼き鳥の 身悶える 夜ふけに ああ 私は女です どなたの手紙を読むのでしょうか 泣きぼくろ かくして  何でもないのよ 気持ちのせいでしょう 悲しい歌が流行りそうです ただ思うだけです カタカタと 窓を揺する 夜嵐に 怯えて ああ 私は女です どなたのノックを待つのでしょうか 膝小僧 かかえて  ヒタヒタと 通り過ぎる しあわせを 追いかけ ああ 私は女です どなたと夜明けを見るのでしょうか 微笑みを うかべて森進一阿久悠三木たかしどうしたことでしょう この頃さびしい 悲しい歌が流行りそうです また 泣くのでしょうか ほろほろと 夜啼き鳥の 身悶える 夜ふけに ああ 私は女です どなたの手紙を読むのでしょうか 泣きぼくろ かくして  何でもないのよ 気持ちのせいでしょう 悲しい歌が流行りそうです ただ思うだけです カタカタと 窓を揺する 夜嵐に 怯えて ああ 私は女です どなたのノックを待つのでしょうか 膝小僧 かかえて  ヒタヒタと 通り過ぎる しあわせを 追いかけ ああ 私は女です どなたと夜明けを見るのでしょうか 微笑みを うかべて
悲しいけれど悲しいけれど ふたりの暮し 終わりのみえた シネマのようね 出来ない約束 言ったら罪よ 自分の言葉に 酔ってるだけよ 悲しいけれど 若くないから 愛することに 疲れたみたい 憶病なのは きっとわたしね あなたが悪い 訳じゃない  泣いたりしたら おかしいわ いつかは忘れる 忘れる日がくるわ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは  悲しいけれど 終わりにしよう 本当は喧嘩 別れにしたい うぬぼれだけど あなたのことは わたしが一番 知ってるつもり 悲しいけれど ひとりにさせて あなたにふれたら 負けてしまうわ いつものわたしに 戻らぬ前に 心の迷い 断ち切るの  黙っていても きりがない 淋しさひきずる ひきずる それだけよ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは  泣いたりしたら おかしいわ いつかは忘れる 忘れる日がくるわ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは森進一荒木とよひさ三木たかし悲しいけれど ふたりの暮し 終わりのみえた シネマのようね 出来ない約束 言ったら罪よ 自分の言葉に 酔ってるだけよ 悲しいけれど 若くないから 愛することに 疲れたみたい 憶病なのは きっとわたしね あなたが悪い 訳じゃない  泣いたりしたら おかしいわ いつかは忘れる 忘れる日がくるわ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは  悲しいけれど 終わりにしよう 本当は喧嘩 別れにしたい うぬぼれだけど あなたのことは わたしが一番 知ってるつもり 悲しいけれど ひとりにさせて あなたにふれたら 負けてしまうわ いつものわたしに 戻らぬ前に 心の迷い 断ち切るの  黙っていても きりがない 淋しさひきずる ひきずる それだけよ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは  泣いたりしたら おかしいわ いつかは忘れる 忘れる日がくるわ もう過ぎたこと もう過ぎたこと 昨日までのことは
悲しみの器あふれるほどの 悲しみだから こぼしてしまえたら いいのに ひびわれすぎた ガラスの心 受け止めきれなくて 叫んでる  こんなに遠く離れているなんて こんなに強く愛していたなんて 儚ない夢よ 儚ない夢よ 僕を抱きしめて はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……  心はいつも 嘘をつかない 言葉は悲しいほど 愛を語れない  こわれた心 ひろい集めて 両手であたためて くれたら やさしい雨の降る あの丘に 静かに眠らせて くれないか  こんなに遠く離れているなんて こんなに強く愛していたなんて 儚ない夢よ 儚ない夢よ 僕を抱きしめて はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……  はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……森進一谷村新司谷村新司あふれるほどの 悲しみだから こぼしてしまえたら いいのに ひびわれすぎた ガラスの心 受け止めきれなくて 叫んでる  こんなに遠く離れているなんて こんなに強く愛していたなんて 儚ない夢よ 儚ない夢よ 僕を抱きしめて はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……  心はいつも 嘘をつかない 言葉は悲しいほど 愛を語れない  こわれた心 ひろい集めて 両手であたためて くれたら やさしい雨の降る あの丘に 静かに眠らせて くれないか  こんなに遠く離れているなんて こんなに強く愛していたなんて 儚ない夢よ 儚ない夢よ 僕を抱きしめて はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……  はじめて泣いた はじめて泣いた 僕は夢の中で……
悲哀のワルツ愛しておぼれて 捨てられて 酒と男を 知りました 意地をはっても ふてくされても 戻りゃしないさ 青春は 聞きたくないのよ なぐさめの そんな淋しい 歌なんて  仕方ないのさ なるよになれと 言ってみたのよ 強がりを いっそこのまま ばかになり 忘れたいのよ 何もかも いやなこの世で ひっそり生きる そんな女に なりたいの森進一鳥井実猪俣公章愛しておぼれて 捨てられて 酒と男を 知りました 意地をはっても ふてくされても 戻りゃしないさ 青春は 聞きたくないのよ なぐさめの そんな淋しい 歌なんて  仕方ないのさ なるよになれと 言ってみたのよ 強がりを いっそこのまま ばかになり 忘れたいのよ 何もかも いやなこの世で ひっそり生きる そんな女に なりたいの
汽車は八時に出る冬の日は落ちて 細い月が昇る 暗いあなたの目に そっと口づける 今は別れの時 二度と還らぬ夢 汽車は八時に出る  髪を短く切り 口紅も落として 黒い服を着るわ こころ閉ざして 今は別れの時 二度と還らぬひと 汽車は八時に出る  時は流れゆく 悲しみを重ねて 人は運命(さだめ)に泣く みなしごのように 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る森進一五木寛之ミキス・テオドラキス冬の日は落ちて 細い月が昇る 暗いあなたの目に そっと口づける 今は別れの時 二度と還らぬ夢 汽車は八時に出る  髪を短く切り 口紅も落として 黒い服を着るわ こころ閉ざして 今は別れの時 二度と還らぬひと 汽車は八時に出る  時は流れゆく 悲しみを重ねて 人は運命(さだめ)に泣く みなしごのように 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る 今は別れの時 二度と還らぬ愛 汽車は八時に出る
北上川愁いを胸に 秘めた男が さすらいの旅に ひとり出かけた 柳さやかな 岸辺に立てば 訳もなく泣けて来る 北上川よ  ひばりは空に 唄いやまない 浮雲よどこへ 旅に出かける 遠く別れた あの人しのぶ 草むらに咲いている 昼顔の花  流れにそって ひとり歩けば 夕月がいつか のぼる野末に 家をめざして 子供が帰る この旅も終えようか 北上川よ森進一山上路夫中村清一愁いを胸に 秘めた男が さすらいの旅に ひとり出かけた 柳さやかな 岸辺に立てば 訳もなく泣けて来る 北上川よ  ひばりは空に 唄いやまない 浮雲よどこへ 旅に出かける 遠く別れた あの人しのぶ 草むらに咲いている 昼顔の花  流れにそって ひとり歩けば 夕月がいつか のぼる野末に 家をめざして 子供が帰る この旅も終えようか 北上川よ
北航路冬に旅する女の哀れを あなたはきっと 知らないでしょう ことし初めて ちらつく雪に 頬をうたれて泣いてる私 寒いからお入りよと 人にすすめられ 部屋に入ったけど なお寒い心 私は北へ帰ります 北行く船で 帰ります  たった二行の 手紙を残して 二人のくらし 終らせたけど 心なんてそんなに急に 変るものでは ないと知った 夜明けには銀世界と 教えられたけど それを楽しむには 悲し過ぎる心 私は北へ帰ります 北行く船で 帰ります森進一阿久悠猪俣公章冬に旅する女の哀れを あなたはきっと 知らないでしょう ことし初めて ちらつく雪に 頬をうたれて泣いてる私 寒いからお入りよと 人にすすめられ 部屋に入ったけど なお寒い心 私は北へ帰ります 北行く船で 帰ります  たった二行の 手紙を残して 二人のくらし 終らせたけど 心なんてそんなに急に 変るものでは ないと知った 夜明けには銀世界と 教えられたけど それを楽しむには 悲し過ぎる心 私は北へ帰ります 北行く船で 帰ります
北の酒場で北の町は 鉛色の空におおわれ 人は肩をすぼめながら 風に追われる 流れついて二年あまり 土地の訛りも 身についたけど こんな季節は あなた恋しい わたしを探しに 早く来てよ… あなた  切れぬ恋を すてるために鞄一ツで 眠る街にあなた残し 汽車に乗ったの だけど今も 夢の中で 枕ぬらして あなたを呼ぶの お酒なければ 胸が凍える わたしを探しに 早く来てよ… あなた  寒いこころ のぞくように 客が今夜も お酒からめ甘いことば かけてくるけど だめよ今も あなたのこと 忘れられない 北の酒場で お酒なければ 胸が凍える わたしを探しに 早く来てよ… あなた森進一たかたかし岡千秋北の町は 鉛色の空におおわれ 人は肩をすぼめながら 風に追われる 流れついて二年あまり 土地の訛りも 身についたけど こんな季節は あなた恋しい わたしを探しに 早く来てよ… あなた  切れぬ恋を すてるために鞄一ツで 眠る街にあなた残し 汽車に乗ったの だけど今も 夢の中で 枕ぬらして あなたを呼ぶの お酒なければ 胸が凍える わたしを探しに 早く来てよ… あなた  寒いこころ のぞくように 客が今夜も お酒からめ甘いことば かけてくるけど だめよ今も あなたのこと 忘れられない 北の酒場で お酒なければ 胸が凍える わたしを探しに 早く来てよ… あなた
北のふるさと桜だよりが北へ向けば 白い大地が静かに動きはじめる おやじ今頃ストーブの 側で語らず酒酌む日々か せめて想いを夜汽車にのせたい あゝ わがふるさとへ  陽ざしまぶしく土も黒く 春が萌え立つやさしさ遠くに見える 友よ元気か嫁さんも おれもなんとか暮らしているさ 今度行ったらふたりで飲もうか あゝ わがふるさとで  雪どけ水が川にあふれ 花のつぼみや木の芽が日毎ふくらむ おやじ口には出さないが 涙にじんだ おふくろ便り おれの帰りを待ってるらしいと あゝ わがふるさとよ森進一いではく遠藤実桜だよりが北へ向けば 白い大地が静かに動きはじめる おやじ今頃ストーブの 側で語らず酒酌む日々か せめて想いを夜汽車にのせたい あゝ わがふるさとへ  陽ざしまぶしく土も黒く 春が萌え立つやさしさ遠くに見える 友よ元気か嫁さんも おれもなんとか暮らしているさ 今度行ったらふたりで飲もうか あゝ わがふるさとで  雪どけ水が川にあふれ 花のつぼみや木の芽が日毎ふくらむ おやじ口には出さないが 涙にじんだ おふくろ便り おれの帰りを待ってるらしいと あゝ わがふるさとよ
北の螢GOLD LYLIC山が泣く 風が泣く 少し遅れて 雪が泣く 女 いつ泣く 灯影(ほかげ)が揺れて 白い躰(からだ)がとける頃  もしも 私が死んだなら 胸の乳房をつき破り 赤い螢が翔(と)ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨(うら)みを忘れて 燃えて行け  雪が舞う 鳥が舞う 一つはぐれて 夢が舞う 女 いつ舞う 思いをとげて 赤いいのちがつきる時  たとえ 遠くにはなれても 肌の匂いを追いながら 恋の螢が翔ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨みを忘れて 燃えて行け  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨みを忘れて 燃えて行けGOLD LYLIC森進一阿久悠三木たかし山が泣く 風が泣く 少し遅れて 雪が泣く 女 いつ泣く 灯影(ほかげ)が揺れて 白い躰(からだ)がとける頃  もしも 私が死んだなら 胸の乳房をつき破り 赤い螢が翔(と)ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨(うら)みを忘れて 燃えて行け  雪が舞う 鳥が舞う 一つはぐれて 夢が舞う 女 いつ舞う 思いをとげて 赤いいのちがつきる時  たとえ 遠くにはなれても 肌の匂いを追いながら 恋の螢が翔ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨みを忘れて 燃えて行け  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨みを忘れて 燃えて行け
北港北の港に 汽笛がひびく 出船未練の 別れ唄 あの娘はどうして いるのかと うわさに聞いた この町へ たずねて来たよ 北港  古い酒場に 灯りがともる 窓のむこうに 雪が舞う 幸せつかんで いればいい 泣きぐせ 消えていればいい グラスに浮かぶ 細い影  風が泣いてる 海峡岬 カモメ呼んでる 面影ひとつ もう一度会えたら この胸で いとしい笑顔を 見せてくれ 旅路のはての 北港森進一森進一森進一北の港に 汽笛がひびく 出船未練の 別れ唄 あの娘はどうして いるのかと うわさに聞いた この町へ たずねて来たよ 北港  古い酒場に 灯りがともる 窓のむこうに 雪が舞う 幸せつかんで いればいい 泣きぐせ 消えていればいい グラスに浮かぶ 細い影  風が泣いてる 海峡岬 カモメ呼んでる 面影ひとつ もう一度会えたら この胸で いとしい笑顔を 見せてくれ 旅路のはての 北港
きみよ荒野へ男の淋しさ 埋めるものは たとえば女 男の淋しさ 埋めるものは たとえば熱い酒 男はみんな獣だった 志に燃えてた きみに今でも 荒野はあるか 命賭けているか さすらいたいと願い 長い旅にたっても おまえを捨てた わけじゃないのさ ひとりでいたいだけ  男までが 浮かれている そいつが哀しい 女はみんな 着飾っている そいつもなぜか哀しい 心のままに 生きようとして 傷つき倒れ 偽りさえも許すことに いつか慣れてしまった さすらいたいと願い 長い旅にたっても 死ぬまで淋しさ 満たせないだろ この身をさらすだけ 死ぬまで淋しさ 満たせないだろ この身をさらすだけ森進一岡本おさみ鈴木キサブロー男の淋しさ 埋めるものは たとえば女 男の淋しさ 埋めるものは たとえば熱い酒 男はみんな獣だった 志に燃えてた きみに今でも 荒野はあるか 命賭けているか さすらいたいと願い 長い旅にたっても おまえを捨てた わけじゃないのさ ひとりでいたいだけ  男までが 浮かれている そいつが哀しい 女はみんな 着飾っている そいつもなぜか哀しい 心のままに 生きようとして 傷つき倒れ 偽りさえも許すことに いつか慣れてしまった さすらいたいと願い 長い旅にたっても 死ぬまで淋しさ 満たせないだろ この身をさらすだけ 死ぬまで淋しさ 満たせないだろ この身をさらすだけ
旧友男が手紙を書く 苦しむ友のため おまえはいちばん あらくれだった 切なさなんかは 似合わない 秋は枯葉を運び 涙をさそうけど 友だちよ 友だちよ にがい酒など もう飲むな  男がアルバム見る セピアの想い出を 愛して恋して 喧嘩になって どちらも愚かに 傷ついた そんな映画のような おまえが懐しい 友だちよ 友だちよ ほかの誰にも ぐちるなよ  男に便りが来る みじかい走り書き 元気が出たから 心配するな これから人生 やり直す 風がはげしく泣いて 心に波が立つ 友だちよ 友だちよ 嘘をついても すぐわかる森進一阿久悠森進一猪股義周男が手紙を書く 苦しむ友のため おまえはいちばん あらくれだった 切なさなんかは 似合わない 秋は枯葉を運び 涙をさそうけど 友だちよ 友だちよ にがい酒など もう飲むな  男がアルバム見る セピアの想い出を 愛して恋して 喧嘩になって どちらも愚かに 傷ついた そんな映画のような おまえが懐しい 友だちよ 友だちよ ほかの誰にも ぐちるなよ  男に便りが来る みじかい走り書き 元気が出たから 心配するな これから人生 やり直す 風がはげしく泣いて 心に波が立つ 友だちよ 友だちよ 嘘をついても すぐわかる
京都去りがたし比叡(ひえい)おろしの吹く夕暮れは 仕方ないほど あゝ淋しくて ヒュルル ヒュルルと背中で泣いて 哀しい人のささやきになる  貧(まず)しい女やから あなた待つしかよう知らん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  祇園祭の宵山(よいやま)の夜 切ない鉦(かね)を素肌で聞いた 涙集めた時の川面(かわも)を 浴衣(ゆかた)の帯が流されてゆく  淋しい女やから 憎むことなどようできん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  心変りがないでもないと さんねん坂の部屋で待ちます ヒュルル ヒュルルと凍(こご)えた風が 春の遠さを告げて哀しい  貧しい女やから 思い出だけで温かい 京都 京都 あゝゝ去りがたし森進一売野雅勇森進一比叡(ひえい)おろしの吹く夕暮れは 仕方ないほど あゝ淋しくて ヒュルル ヒュルルと背中で泣いて 哀しい人のささやきになる  貧(まず)しい女やから あなた待つしかよう知らん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  祇園祭の宵山(よいやま)の夜 切ない鉦(かね)を素肌で聞いた 涙集めた時の川面(かわも)を 浴衣(ゆかた)の帯が流されてゆく  淋しい女やから 憎むことなどようできん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  心変りがないでもないと さんねん坂の部屋で待ちます ヒュルル ヒュルルと凍(こご)えた風が 春の遠さを告げて哀しい  貧しい女やから 思い出だけで温かい 京都 京都 あゝゝ去りがたし
金木犀よそばにいたかったけど 迷惑かかるから 気づかれないように このまま 消えます  置き手紙を読んだら あなたは怒るでしょう 私の旅立ちを きっと 叱るでしょう  金木犀よ 名残が惜しいよ 金木犀よ 匂いある限り  生まれ育った街へ 今さら帰れずに 2つ 手前の街 暮すつもりです  誰かが言っていたわ ふしあわせって奴は 慣れてしまった方が もっと ふしあわせ  私以外の誰か 泣かせたくはないの 涙を見るなら 流す方がいい  金木犀よ 覚えてて欲しい 金木犀よ 季節が 過ぎても……  どこかの風の中に  あなたがいるような なつかしい匂いを  ずっと 探すでしょう  金木犀よ 名残が惜しいよ 金木犀よ 匂いある限り  どこかの風の中に あなたがいるような なつかしい匂いを ずっと 探すでしょう森進一秋元康森進一そばにいたかったけど 迷惑かかるから 気づかれないように このまま 消えます  置き手紙を読んだら あなたは怒るでしょう 私の旅立ちを きっと 叱るでしょう  金木犀よ 名残が惜しいよ 金木犀よ 匂いある限り  生まれ育った街へ 今さら帰れずに 2つ 手前の街 暮すつもりです  誰かが言っていたわ ふしあわせって奴は 慣れてしまった方が もっと ふしあわせ  私以外の誰か 泣かせたくはないの 涙を見るなら 流す方がいい  金木犀よ 覚えてて欲しい 金木犀よ 季節が 過ぎても……  どこかの風の中に  あなたがいるような なつかしい匂いを  ずっと 探すでしょう  金木犀よ 名残が惜しいよ 金木犀よ 匂いある限り  どこかの風の中に あなたがいるような なつかしい匂いを ずっと 探すでしょう
銀座の女夢をなくして また拾い 明日は咲こうと する女 そして傷つき 泣きながら それでも夢を それでも夢を ああ 銀座  あなたわたしの 眼を見てよ 死んでもいいわと いう女 そしてなんども 裏切られ それでも虹を それでも虹を ああ 銀座  わたし好きなら 好きなよに 好きにしてよと いう女 いくども恋して ながされて それでも恋を それでも恋を ああ 銀座  夢を拾って またなくし 夜に咲こうと する女 明日の行方も わからずに それでも夢を それでも夢を ああ 銀座森進一川内康範曽根康明夢をなくして また拾い 明日は咲こうと する女 そして傷つき 泣きながら それでも夢を それでも夢を ああ 銀座  あなたわたしの 眼を見てよ 死んでもいいわと いう女 そしてなんども 裏切られ それでも虹を それでも虹を ああ 銀座  わたし好きなら 好きなよに 好きにしてよと いう女 いくども恋して ながされて それでも恋を それでも恋を ああ 銀座  夢を拾って またなくし 夜に咲こうと する女 明日の行方も わからずに それでも夢を それでも夢を ああ 銀座
くちべに怨歌あんな男は 誰でも逃げる あんな男に 私は惚れた かばうつもりは さらさらないが いいとこあったさ 一つや二つ  馬鹿な女と 世間のうわさ いいじゃないのと 笑った私 それみてごらんと 言われた通り ちょいと暮らして あっさり切れた  切れてよかった 男のはずが 切れる前より 夜風がしみる あんな奴でも 口惜しいけれど 居ると居ないで こんなにちがう  あんな男に 惚れるも女 こんな男に 泣くのも女 あんたもそうだよ いつかはきっと 何処かの誰かで 苦労をするわ森進一青山五平青山五平あんな男は 誰でも逃げる あんな男に 私は惚れた かばうつもりは さらさらないが いいとこあったさ 一つや二つ  馬鹿な女と 世間のうわさ いいじゃないのと 笑った私 それみてごらんと 言われた通り ちょいと暮らして あっさり切れた  切れてよかった 男のはずが 切れる前より 夜風がしみる あんな奴でも 口惜しいけれど 居ると居ないで こんなにちがう  あんな男に 惚れるも女 こんな男に 泣くのも女 あんたもそうだよ いつかはきっと 何処かの誰かで 苦労をするわ
暗闇坂ひたひたと 女の足音が 暗闇坂に 響きます 世間に知れたら 終る恋 わかっていながら 逢いたくて… 別れられない あなたとは 夜にまぎれて 逢いに行く  これきりと 別れを決めたって 抱かれりゃ心 裏返る あなたの吐息の ぬくもりに 小指の先まで 熱くなる… 思い一途な 紅化粧 息を秘(ひ)そめて 逢いに行く  はらはらと 女の愚かさが 暗闇坂に こぼれます この恋隠し 通せたら 許して下さい この罪を… 明日の逢瀬が 待てなくて 夜にまぎれて 逢いに行く森進一麻こよみ桧原さとしひたひたと 女の足音が 暗闇坂に 響きます 世間に知れたら 終る恋 わかっていながら 逢いたくて… 別れられない あなたとは 夜にまぎれて 逢いに行く  これきりと 別れを決めたって 抱かれりゃ心 裏返る あなたの吐息の ぬくもりに 小指の先まで 熱くなる… 思い一途な 紅化粧 息を秘(ひ)そめて 逢いに行く  はらはらと 女の愚かさが 暗闇坂に こぼれます この恋隠し 通せたら 許して下さい この罪を… 明日の逢瀬が 待てなくて 夜にまぎれて 逢いに行く
劇場の前うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月  「あの月を御覧なさい」と 二人はただうつむいて涙ぐむ  帯の模様も 苅萱の はかなき草の浅黄染  軒の灯も初秋の 恋ゆえ かなし 薄あかり  「若くいましょう」と 二人は またうつむいて涙ぐむ  恋は「廓の明烏」 「泣かされました」と 云って泣く  帯の模様も 苅萱の はかなき草の浅黄染  軒の灯も初秋の 恋ゆえ かなし 薄あかり  うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月  うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月森進一野口雨情浜圭介うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月  「あの月を御覧なさい」と 二人はただうつむいて涙ぐむ  帯の模様も 苅萱の はかなき草の浅黄染  軒の灯も初秋の 恋ゆえ かなし 薄あかり  「若くいましょう」と 二人は またうつむいて涙ぐむ  恋は「廓の明烏」 「泣かされました」と 云って泣く  帯の模様も 苅萱の はかなき草の浅黄染  軒の灯も初秋の 恋ゆえ かなし 薄あかり  うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月  うちだしの 太鼓が響く 初秋の 街の甍に 赤い月
恋せよ乙女何にもいらないの 幸せよ あなたを想うとき 夢の中 トキメク私の春 爛漫よ キュンキュンこの胸が 苦しいの 離れていても 心はひとつ 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 一途な乙女心が 止まらない  女はバカだなんて 言われても 男にゃわからない 乙女心 女が本当の恋 知ったなら キュンキュンこの胸が 苦しいの 明日のことより 今が大切 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 恋する乙女心が 踊る夜  離れていても 心はひとつ 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 一途な乙女心が 止まらない森進一森進一森進一何にもいらないの 幸せよ あなたを想うとき 夢の中 トキメク私の春 爛漫よ キュンキュンこの胸が 苦しいの 離れていても 心はひとつ 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 一途な乙女心が 止まらない  女はバカだなんて 言われても 男にゃわからない 乙女心 女が本当の恋 知ったなら キュンキュンこの胸が 苦しいの 明日のことより 今が大切 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 恋する乙女心が 踊る夜  離れていても 心はひとつ 好き好き大好き あなたが全て 今更男なんて 思っても 一途な乙女心が 止まらない
恋月夜あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんにもいらないよ ひとりじゃ寒かろ つらかろうと やさしい声が聞きたいよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 戻ってくれりゃいいよ あんたにはじめて 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜  終電あとの 踏切りは 女が越えるにゃ 寒すぎる 誰かにそっと 上着など かけてほしい 夜空だよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 顔だけ見れりゃいいよ まつげをふるわせ 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜  心じゃとうに 別れても 身体があんたを呼んでるよ 女は悲しい 生きものさ うそでも 夢に酔いたいよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 包んでくれりゃいいよ あんたにはじめて 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜森進一麻生香太郎西谷翔あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんにもいらないよ ひとりじゃ寒かろ つらかろうと やさしい声が聞きたいよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 戻ってくれりゃいいよ あんたにはじめて 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜  終電あとの 踏切りは 女が越えるにゃ 寒すぎる 誰かにそっと 上着など かけてほしい 夜空だよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 顔だけ見れりゃいいよ まつげをふるわせ 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜  心じゃとうに 別れても 身体があんたを呼んでるよ 女は悲しい 生きものさ うそでも 夢に酔いたいよ どこでどうしていたなんて いいよ そうさ 包んでくれりゃいいよ あんたにはじめて 抱かれたあの夜に ぼっち ぼっち 帰りたい おんな恋月夜
恋はぐれ身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束(つか)の間 炎の恋は 燃えて乱れて 焦がされて ぬけがらみたいな この私  想い出忘れる ために飲み 想い出かぞえて いる酒場 隣に座った 見知らぬ男(ひと)が 惚れた男(ひと)より あたたかい わびしさ抱えて 千鳥足  明日(あした)はあなたを 忘れたい むなしい口癖 くり返す あなたの足音 聞き分けられる 罪を今夜も くれた男(ひと) ぬけがらみたいな この私森進一鈴木紀代森進一身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束(つか)の間 炎の恋は 燃えて乱れて 焦がされて ぬけがらみたいな この私  想い出忘れる ために飲み 想い出かぞえて いる酒場 隣に座った 見知らぬ男(ひと)が 惚れた男(ひと)より あたたかい わびしさ抱えて 千鳥足  明日(あした)はあなたを 忘れたい むなしい口癖 くり返す あなたの足音 聞き分けられる 罪を今夜も くれた男(ひと) ぬけがらみたいな この私
恋ひとすじ一度こうだと 決めたなら 決めたとうりで どこまでも 恋に命を かけたなら 恋はひとすじ いつまでも いつまでも  恋のつれなさ 苦っぽさ いやというほど 知らされた 味気ない日の おもいでも なぜか今では なつかしい なつかしい  たまにゃしみじみ 泣くもよし 酒でなみだを 吹き飛ばし 膝をかかえて ふるさとの 歌をうたうも 味なもの 味なもの  遠い日暮れの はなれ雲 雲の中から 夢がわく 明日を信じて 生きようよ 夢が心に 灯をともす 灯をともす森進一藤田まさと猪俣公章一度こうだと 決めたなら 決めたとうりで どこまでも 恋に命を かけたなら 恋はひとすじ いつまでも いつまでも  恋のつれなさ 苦っぽさ いやというほど 知らされた 味気ない日の おもいでも なぜか今では なつかしい なつかしい  たまにゃしみじみ 泣くもよし 酒でなみだを 吹き飛ばし 膝をかかえて ふるさとの 歌をうたうも 味なもの 味なもの  遠い日暮れの はなれ雲 雲の中から 夢がわく 明日を信じて 生きようよ 夢が心に 灯をともす 灯をともす
神戸の夜あなたとわたしを 逢わせてくれた 元町通り 灯がともる お別れなんかしたくない ささやくような 泣くような ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜  メリケン波止場を 出てゆく船に 淋しく咲いた 花が散る やさしく抱いてくれそうな 有馬も須磨も 霧の中 ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜  あなたが男でわたしが女 情けひとつで 結ばれる 涙をながせ 生田川 夢さえあまく濡れそうな ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜森進一吉川静夫猪俣公章あなたとわたしを 逢わせてくれた 元町通り 灯がともる お別れなんかしたくない ささやくような 泣くような ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜  メリケン波止場を 出てゆく船に 淋しく咲いた 花が散る やさしく抱いてくれそうな 有馬も須磨も 霧の中 ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜  あなたが男でわたしが女 情けひとつで 結ばれる 涙をながせ 生田川 夢さえあまく濡れそうな ミナト神戸の ミナト神戸の 恋の夜
ここにいるからまたねと小さく手を振る君に 元気を出せよと見送って うつむきかげんの後ろ姿が 振り向かないこと願ってた  いつかきっと今の痛みが 明日を教えてくれる  泣けばいい 泣けばいい いやになるほど 何もかも 何もかも 忘れるほど  張り詰めている 心を少し許してごらん  誰でも悩みの一つや二つ 抱いているって言うけれど  形も痛みも深さも違う 一番いらない言葉だね  だけどきっと昔のように 笑えるときが来るから  待てばいい 待てばいい 生き急がずに 大丈夫 大丈夫 夜は明ける  人混みの中 まぎれる君の心に届け  泣けばいい 泣けばいい 何度でも言う 大丈夫 大丈夫 一人じゃない  振り向いた時 いつでも僕はここにいるから森進一木本慶子金田一郎またねと小さく手を振る君に 元気を出せよと見送って うつむきかげんの後ろ姿が 振り向かないこと願ってた  いつかきっと今の痛みが 明日を教えてくれる  泣けばいい 泣けばいい いやになるほど 何もかも 何もかも 忘れるほど  張り詰めている 心を少し許してごらん  誰でも悩みの一つや二つ 抱いているって言うけれど  形も痛みも深さも違う 一番いらない言葉だね  だけどきっと昔のように 笑えるときが来るから  待てばいい 待てばいい 生き急がずに 大丈夫 大丈夫 夜は明ける  人混みの中 まぎれる君の心に届け  泣けばいい 泣けばいい 何度でも言う 大丈夫 大丈夫 一人じゃない  振り向いた時 いつでも僕はここにいるから
こころの雫風の吹く日も 雨の日も がんばれ がんばれ がんばれと 自分をはげまし 生きてきました そんなわたしの 乾いた胸に あなたの 言葉がしみる 人はだれでも 泣きながら この世に生まれて きたんだよ たまには涙も ながしてごらん  いつもひとりで かたくなに 頼るな 頼るな 頼るなと 突っぱりとおして 生きてきました なのにいまごろ こころの奥に あなたの 言葉がしみる 花もいつかは 散るんだよ みんな還って 往くんだよ たまにはその手を 合わせてごらん  ながい冬にも 嵐にも 負けるな 負けるな 負けるなと こころを逆立て 生きてきました なぜか今夜は お酒のせいか あなたの 言葉がしみる とおい春でも いつかくる きっと待ってる 人もいる たまには笑顔で 甘えてごらん森進一五木寛之徳久広司風の吹く日も 雨の日も がんばれ がんばれ がんばれと 自分をはげまし 生きてきました そんなわたしの 乾いた胸に あなたの 言葉がしみる 人はだれでも 泣きながら この世に生まれて きたんだよ たまには涙も ながしてごらん  いつもひとりで かたくなに 頼るな 頼るな 頼るなと 突っぱりとおして 生きてきました なのにいまごろ こころの奥に あなたの 言葉がしみる 花もいつかは 散るんだよ みんな還って 往くんだよ たまにはその手を 合わせてごらん  ながい冬にも 嵐にも 負けるな 負けるな 負けるなと こころを逆立て 生きてきました なぜか今夜は お酒のせいか あなたの 言葉がしみる とおい春でも いつかくる きっと待ってる 人もいる たまには笑顔で 甘えてごらん
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
この世に人と生まれたからは海のいろ 青く こころを染める 赤いデイゴの 花影ゆけば いつの日か花を 咲かせてみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  春の風 吹けば こころも揺れる 涙がほろり 思い出ゆらり 真実の愛に出会ってみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  生まれて 咲いて 散るならば森進一五木寛之佐原一哉海のいろ 青く こころを染める 赤いデイゴの 花影ゆけば いつの日か花を 咲かせてみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  春の風 吹けば こころも揺れる 涙がほろり 思い出ゆらり 真実の愛に出会ってみたい この世に人と 生まれたからは  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  花は花 人は人 鳥は鳥 風は風 このいのち ひとすじに 生まれて 咲いて 散るならば  生まれて 咲いて 散るならば
今度生まれる時には暴れる吹雪の北の空港 最終便で愛を忘れるはずでした  何処(どこ)にも飛べぬ二人のように 燻る翼の白い影  今度生まれる時には 強い女(ひと)になってあなたを 抱きしめたい 愛し合いたい  夢の夢の夢のまた夢 窓に雪が積もる  笑顔でタラップ昇るはずでした きれいに思い出閉じて 手を振るつもりでした  名前ばかりの早春(はる)が巡る街 未練模様の白い空  今度生まれる時には もっと好きになっていいですか 別の誰かとあなたが出逢う 前に二人めぐり逢って 桜吹雪見たい  今度生まれる時には 強い女(ひと)になってあなたを 抱きしめたい 愛し合いたい 夢の夢の夢のまた夢 窓に夢が積もる森進一売野雅勇森進一暴れる吹雪の北の空港 最終便で愛を忘れるはずでした  何処(どこ)にも飛べぬ二人のように 燻る翼の白い影  今度生まれる時には 強い女(ひと)になってあなたを 抱きしめたい 愛し合いたい  夢の夢の夢のまた夢 窓に雪が積もる  笑顔でタラップ昇るはずでした きれいに思い出閉じて 手を振るつもりでした  名前ばかりの早春(はる)が巡る街 未練模様の白い空  今度生まれる時には もっと好きになっていいですか 別の誰かとあなたが出逢う 前に二人めぐり逢って 桜吹雪見たい  今度生まれる時には 強い女(ひと)になってあなたを 抱きしめたい 愛し合いたい 夢の夢の夢のまた夢 窓に夢が積もる
酒場舟苦労かけたね 身勝手だよね おまえばかりを やつれさせたね 愚痴もこぼさず ただひとすじに この日を待って 肩寄せて ゆらり ゆらゆら 酒場舟 男の数だけ ふるさとがある 男の数だけ 初恋がある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟  どんな小さな 街でもいいね 明日が視えれば それでいいよね 舵を漕ぐのは ひとりじゃないよ 男と女 いつの世も ゆらり ゆらゆら 酒場舟 女の数だけ ふるさとがある  女の数だけ かなしみがある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟  ついて来たのは おまえじゃないさ 俺の方だよ いつも今でも 溺れかかった この俺の手に  ほっとするよな 白い指 ゆらり ゆらゆら 酒場舟 夜明けの数だけ おもいでがある 夜明けの数だけ やすらぎがある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟 森進一麻生香太郎蘭世苦労かけたね 身勝手だよね おまえばかりを やつれさせたね 愚痴もこぼさず ただひとすじに この日を待って 肩寄せて ゆらり ゆらゆら 酒場舟 男の数だけ ふるさとがある 男の数だけ 初恋がある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟  どんな小さな 街でもいいね 明日が視えれば それでいいよね 舵を漕ぐのは ひとりじゃないよ 男と女 いつの世も ゆらり ゆらゆら 酒場舟 女の数だけ ふるさとがある  女の数だけ かなしみがある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟  ついて来たのは おまえじゃないさ 俺の方だよ いつも今でも 溺れかかった この俺の手に  ほっとするよな 白い指 ゆらり ゆらゆら 酒場舟 夜明けの数だけ おもいでがある 夜明けの数だけ やすらぎがある ヤレヤ エンヤラ 酒場舟 
盛り場ブルース咲いて流れて散って行く 今じゃ 私も涙の花よ どこにこぼした まことの涙 さがしたいのよ 銀座 赤坂 六本木  お酒飲むのも なれました むせるタバコに あなたを忍ぶ 小雪はらって 今夜もひとり 酔ってみたいの 洞爺 すすきの 定山渓  酔ってもえてる この腕に あなたならばと 瞳をふせる 想い出させる 七夕の夜 恋の細道 青葉 国分 一番町  泣けぬ私の 身がわりに ついだお酒が この手をぬらす 夜のお城の つれない風に 髪も乱れる 栄 今池 広小路  通り雨には すがれない いっそ 明日が来ないでほしい すがるこいさん 涙にぬれて 帰るあてなく 南 曾根崎 北新地  路地のひかげの 小石でも いつか 誰かがひろってくれる 願いをかけた チャペルの鐘が 今日もせつない 薬研 八丁 本通り  グラス片手に 酔いしれて 夢のあの日が お酒に浮かぶ ぐちも言います 人形だって 誰がなかせる 中洲 天神 柳町  流れたくない 流れたい 愛したくない 愛していたい 何を信じて 生きてく女 春はいつくる 渋谷 新宿 池袋森進一藤三郎村上千秋咲いて流れて散って行く 今じゃ 私も涙の花よ どこにこぼした まことの涙 さがしたいのよ 銀座 赤坂 六本木  お酒飲むのも なれました むせるタバコに あなたを忍ぶ 小雪はらって 今夜もひとり 酔ってみたいの 洞爺 すすきの 定山渓  酔ってもえてる この腕に あなたならばと 瞳をふせる 想い出させる 七夕の夜 恋の細道 青葉 国分 一番町  泣けぬ私の 身がわりに ついだお酒が この手をぬらす 夜のお城の つれない風に 髪も乱れる 栄 今池 広小路  通り雨には すがれない いっそ 明日が来ないでほしい すがるこいさん 涙にぬれて 帰るあてなく 南 曾根崎 北新地  路地のひかげの 小石でも いつか 誰かがひろってくれる 願いをかけた チャペルの鐘が 今日もせつない 薬研 八丁 本通り  グラス片手に 酔いしれて 夢のあの日が お酒に浮かぶ ぐちも言います 人形だって 誰がなかせる 中洲 天神 柳町  流れたくない 流れたい 愛したくない 愛していたい 何を信じて 生きてく女 春はいつくる 渋谷 新宿 池袋
嵯峨野さやさやひと汽車遅れて ひと眼をさけて ふたり来ました 古都の旅 嵯峨野さやさや 竹の道 罪な恋だと 云われても 好きな 好きなあなたと 別れて暮らせない  苔(こけ)むす庵(いおり)に 木漏(こも)れ日ゆれて 肩を抱く手の あたたかさ 嵯峨野さやさや 竹の里 ふたりこのまま 死にたいと 無理を 無理を言ったら あなたを困らせる  こころの迷いを 想い出草に 書いて見上げる おぼろ月 嵯峨野さやさや 竹の宿 今は倖せ 遠いけど めぐり めぐり来る春 あなたと待ちたいの森進一仁井谷俊也水森英夫ひと汽車遅れて ひと眼をさけて ふたり来ました 古都の旅 嵯峨野さやさや 竹の道 罪な恋だと 云われても 好きな 好きなあなたと 別れて暮らせない  苔(こけ)むす庵(いおり)に 木漏(こも)れ日ゆれて 肩を抱く手の あたたかさ 嵯峨野さやさや 竹の里 ふたりこのまま 死にたいと 無理を 無理を言ったら あなたを困らせる  こころの迷いを 想い出草に 書いて見上げる おぼろ月 嵯峨野さやさや 竹の宿 今は倖せ 遠いけど めぐり めぐり来る春 あなたと待ちたいの
桜坂君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ 愛は今も 愛のままで  揺れる木漏れ日 薫る桜坂 悲しみに似た 薄紅色 君がいた 恋をしていた 君じゃなきゃダメなのに ひとつになれず 愛と知っていたのに 春はやってくるのに 夢は今も 夢のままで  頬にくちづけ 染まる桜坂 抱きしめたい気持ちでいっぱいだった この街で ずっとふたりで 無邪気すぎた約束 涙に変わる 愛と知っていたのに 花はそっと咲くのに 君は今も 君のままで  逢えないけど 季節は変わるけど 愛しき人  君だけがわかってくれた 憧れを追いかけて 僕は生きるよ 愛と知っていたのに 花はそっと咲くのに 君は今も 君のままで  君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ 愛は今も 愛のままで森進一福山雅治福山雅治君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ 愛は今も 愛のままで  揺れる木漏れ日 薫る桜坂 悲しみに似た 薄紅色 君がいた 恋をしていた 君じゃなきゃダメなのに ひとつになれず 愛と知っていたのに 春はやってくるのに 夢は今も 夢のままで  頬にくちづけ 染まる桜坂 抱きしめたい気持ちでいっぱいだった この街で ずっとふたりで 無邪気すぎた約束 涙に変わる 愛と知っていたのに 花はそっと咲くのに 君は今も 君のままで  逢えないけど 季節は変わるけど 愛しき人  君だけがわかってくれた 憧れを追いかけて 僕は生きるよ 愛と知っていたのに 花はそっと咲くのに 君は今も 君のままで  君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ 愛は今も 愛のままで
酒無情恋が心の 花ならば 酒は心の 涙やら 好きなだけでは 結べない 運命の糸に あやつられ 添えぬ別れの 秋を知る  愛の深さを確かめて 肌に求めた 夢のかず 酒よわかるか聞いてくれ この世に生きているかぎり 胸の炎は燃え残る  酔えば淋しさ果てしなく 人の無情を噛みしめる 死ねばあの世で添えますか… 叶わぬ願い抱きながら 酒にみれんな独り言 森進一石本美由起船村徹恋が心の 花ならば 酒は心の 涙やら 好きなだけでは 結べない 運命の糸に あやつられ 添えぬ別れの 秋を知る  愛の深さを確かめて 肌に求めた 夢のかず 酒よわかるか聞いてくれ この世に生きているかぎり 胸の炎は燃え残る  酔えば淋しさ果てしなく 人の無情を噛みしめる 死ねばあの世で添えますか… 叶わぬ願い抱きながら 酒にみれんな独り言 
さざんか春に咲く 花よりも 北風に咲く花が好き そんな言葉を残して 出ていったね 別れのわけも 言わないで さざんかの花びらが 小さな肩先に こぼれていたよ  やさしさが ほしいのよ ほかには何もいらないの いつか涙をうかべて あまえたね 悲しいほどに いじらしく さざんかの花よりも かぼそい肩先が ふるえていたよ  春が逝き 夏が逝き 北風寒い冬が来た いまはどうしているのか しあわせか はぐれたときは おかえりよ さざんかの花びらが そろそろあの道に こぼれるころさ森進一中山大三郎猪俣公章春に咲く 花よりも 北風に咲く花が好き そんな言葉を残して 出ていったね 別れのわけも 言わないで さざんかの花びらが 小さな肩先に こぼれていたよ  やさしさが ほしいのよ ほかには何もいらないの いつか涙をうかべて あまえたね 悲しいほどに いじらしく さざんかの花よりも かぼそい肩先が ふるえていたよ  春が逝き 夏が逝き 北風寒い冬が来た いまはどうしているのか しあわせか はぐれたときは おかえりよ さざんかの花びらが そろそろあの道に こぼれるころさ
放浪船(さすらいぶね)別れ歌きく棧橋は 縁を切るひと すがるひと 世間が許さぬ 恋をして 石のつぶてを 受けるひと ああ わたし あてない なみだ船  傷の深さに 気がついて あとは女の ぬけがらよ お人形みたいに 抱(いだ)かれて 似てる面影 追っている ああ わたし あてない ながれ船  ここはどこやら 誰の胸 さめて悲しい 夜明けごろ うわさに追われた ふるさとへ 明日(あす)は帰ろか 明後日(あさって)か ああ わたし あてない かえり船森進一阿久悠猪俣公章別れ歌きく棧橋は 縁を切るひと すがるひと 世間が許さぬ 恋をして 石のつぶてを 受けるひと ああ わたし あてない なみだ船  傷の深さに 気がついて あとは女の ぬけがらよ お人形みたいに 抱(いだ)かれて 似てる面影 追っている ああ わたし あてない ながれ船  ここはどこやら 誰の胸 さめて悲しい 夜明けごろ うわさに追われた ふるさとへ 明日(あす)は帰ろか 明後日(あさって)か ああ わたし あてない かえり船
さらば青春の影よこらえきれない空よ 降り出す雪に 過去を 抱いていたい  遠い春に二人の 影が揺れる 何も いらなかった ただ 君がいるだけで  さらば青春の 影よ 夕映えに 君の存在 忘れないように 正解(こたえ)は今も 分からないけど ああ 僕らは 孤独を背負って… 旅は まだ 終わらない  演じきれない ふたり 月日はめぐる この胸 軋むように  闘うことで 心の穴を 埋めようとしていた ただ 君が 欲しかった  さらば青春の 影よ 遠い街に 君の存在 忘れないように 最初で最後の 見果てぬ夢よ 人生は だれの為にあるのか… 旅は まだ 終わらない  別れられないくせに ねじれた若さで 愛しきれずにいた  たとえこの瞳(みらい)が 見えなくなっても いつも 僕のそばで 笑ってる 君がいた  さらば青春の 影よ 愛し日々 君の存在 忘れないように 夕陽が落ちて 一日が終わり あの日から 孤独を背負って… 旅は まだ 終わらない森進一坂井泉水大野愛果こらえきれない空よ 降り出す雪に 過去を 抱いていたい  遠い春に二人の 影が揺れる 何も いらなかった ただ 君がいるだけで  さらば青春の 影よ 夕映えに 君の存在 忘れないように 正解(こたえ)は今も 分からないけど ああ 僕らは 孤独を背負って… 旅は まだ 終わらない  演じきれない ふたり 月日はめぐる この胸 軋むように  闘うことで 心の穴を 埋めようとしていた ただ 君が 欲しかった  さらば青春の 影よ 遠い街に 君の存在 忘れないように 最初で最後の 見果てぬ夢よ 人生は だれの為にあるのか… 旅は まだ 終わらない  別れられないくせに ねじれた若さで 愛しきれずにいた  たとえこの瞳(みらい)が 見えなくなっても いつも 僕のそばで 笑ってる 君がいた  さらば青春の 影よ 愛し日々 君の存在 忘れないように 夕陽が落ちて 一日が終わり あの日から 孤独を背負って… 旅は まだ 終わらない
さらば友よこのつぎの汽車に乗り遠くへ行くと あの人の肩を抱きあいつはいった お前にはこの恋を わかってほしいと くり返しそういって あいつは泣いた さらば友よ もう何もいわない ここでここで見送ろう うしろ姿を  打ち明けてくれたのがせめての救い 裏切りといえるけど許してもいい なにかしらいいたげな あの人の瞳に キラキラと光ってる 涙を見た さらば友よ もうあうこともない 胸で胸で音たてて 何かが消えた  ベルの音ききながらしみじみ思う ふたりともそれなりに悩んだだろう しあわせを祈るよと いいたいけれど なぜかしら素直には いえなかったよ さらば友よ もうふり向くじゃない 俺の俺のこの涙 知られたくない森進一阿久悠猪俣公章このつぎの汽車に乗り遠くへ行くと あの人の肩を抱きあいつはいった お前にはこの恋を わかってほしいと くり返しそういって あいつは泣いた さらば友よ もう何もいわない ここでここで見送ろう うしろ姿を  打ち明けてくれたのがせめての救い 裏切りといえるけど許してもいい なにかしらいいたげな あの人の瞳に キラキラと光ってる 涙を見た さらば友よ もうあうこともない 胸で胸で音たてて 何かが消えた  ベルの音ききながらしみじみ思う ふたりともそれなりに悩んだだろう しあわせを祈るよと いいたいけれど なぜかしら素直には いえなかったよ さらば友よ もうふり向くじゃない 俺の俺のこの涙 知られたくない
さわりは名調子うれし涙は 三日で渇く 悔やし涙は 一生つづく 割に合わない 涙を背負い 人はこりずに クジを引く なんだ なんだよ 沈んじゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子  惚れた数より ふられた数が 多くならない この世の仕組 それを承知で ふられた数を 涙ながらに 数えてる なんだ なんだよ こぼしちゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子  なんだ なんだよ 焦っちゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子森進一阿久悠森進一猪股義周うれし涙は 三日で渇く 悔やし涙は 一生つづく 割に合わない 涙を背負い 人はこりずに クジを引く なんだ なんだよ 沈んじゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子  惚れた数より ふられた数が 多くならない この世の仕組 それを承知で ふられた数を 涙ながらに 数えてる なんだ なんだよ こぼしちゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子  なんだ なんだよ 焦っちゃ駄目だよ なんだ なんだよ 生きて行くなら 惚れるなら いつも さわりは名調子
山谷ブルース今日の仕事はつらかった あとは焼酎をあおるだけ どうせどうせ山谷のドヤ住まい 他にやることありゃしねえ  一人酒場で飲む酒に かえらぬ昔がなつかしい 泣いてないてみたってなんになる 今じゃ山谷がふるさとよ  工事終わればそれっきり お払い箱のおれ達さ いいさいいさ山谷の立ちん坊 世間うらんで何になる  人は山谷を悪く言う だけどおれ達いなくなりゃ ビルもビルも道路も出来やしねえ 誰も分かっちゃくれねぇか  だけどおれ達泣かないぜ 働くおれ達の世の中が きっときっと来るさそのうちに その日にゃ泣こうぜうれし泣き森進一岡林信康岡林信康今日の仕事はつらかった あとは焼酎をあおるだけ どうせどうせ山谷のドヤ住まい 他にやることありゃしねえ  一人酒場で飲む酒に かえらぬ昔がなつかしい 泣いてないてみたってなんになる 今じゃ山谷がふるさとよ  工事終わればそれっきり お払い箱のおれ達さ いいさいいさ山谷の立ちん坊 世間うらんで何になる  人は山谷を悪く言う だけどおれ達いなくなりゃ ビルもビルも道路も出来やしねえ 誰も分かっちゃくれねぇか  だけどおれ達泣かないぜ 働くおれ達の世の中が きっときっと来るさそのうちに その日にゃ泣こうぜうれし泣き
しあわせ挽歌追えば逃げてく しあわせが 背中向ければ 呼んでいる どうせ駄目ねと うす笑い もしかしたらと 立ち止る 裏街 まよい灯 こぼれ酒  ひとりふたりと めぐり逢い 三つ四つと 消えた夢 いつか涙も 底を尽き 酒と仲良くする夜明け 裏街 とまり木 流し唄  ひとりぽっちにゃ 慣れたけど ひとりぽっちは さみしいね 吉と出ていた おみくじも 恨みたくなる この頃は 裏街 残り灯 すきま風  何かいいことありそうで 何もなかった昨日 今日 二度と倖せ 望まぬが 二度と不幸もなけりゃいい 裏街 あきらめ うすあかり森進一幸村リウ猪俣公章追えば逃げてく しあわせが 背中向ければ 呼んでいる どうせ駄目ねと うす笑い もしかしたらと 立ち止る 裏街 まよい灯 こぼれ酒  ひとりふたりと めぐり逢い 三つ四つと 消えた夢 いつか涙も 底を尽き 酒と仲良くする夜明け 裏街 とまり木 流し唄  ひとりぽっちにゃ 慣れたけど ひとりぽっちは さみしいね 吉と出ていた おみくじも 恨みたくなる この頃は 裏街 残り灯 すきま風  何かいいことありそうで 何もなかった昨日 今日 二度と倖せ 望まぬが 二度と不幸もなけりゃいい 裏街 あきらめ うすあかり
しのび逢い大阪夜霧が降りて 道頓堀に あなたとわたしの 恋の一夜(ひとよ)が うずきだす 抱けばやさしい くちびるが 燃えて燃えて燃えるほど わたし怖いの さよならが しのび逢いの大阪  ネオンがともる 宗右エ門町よ ここが出逢いの 憎い切ない 恋の町  不幸つづきの おんなには 夢が夢が散るばかり 明日もあなたに 抱かれたい しのび逢いの大阪  夜露(つゆ)にぬれる 心斎橋を 歩けばしあわせ 夢がもいちど よみがえる つくしたりなきゃ つくします ついてついてついて行く 離れられない あなたから しのび逢いの大阪森進一久仁京介森進一夜霧が降りて 道頓堀に あなたとわたしの 恋の一夜(ひとよ)が うずきだす 抱けばやさしい くちびるが 燃えて燃えて燃えるほど わたし怖いの さよならが しのび逢いの大阪  ネオンがともる 宗右エ門町よ ここが出逢いの 憎い切ない 恋の町  不幸つづきの おんなには 夢が夢が散るばかり 明日もあなたに 抱かれたい しのび逢いの大阪  夜露(つゆ)にぬれる 心斎橋を 歩けばしあわせ 夢がもいちど よみがえる つくしたりなきゃ つくします ついてついてついて行く 離れられない あなたから しのび逢いの大阪
しのび宿一緒になれない ひとだけど ほれてしまった せつなさよ 浮雲みたいな 恋ひとつ おぼれて悲しい いで湯町 夜にかくれて 逢いにゆく しのび宿  あなたのこころに すむひとを 今は忘れて くれますか ふたりで咲いても 罪の花 無情の夜風に 散る涙 声をころして 泣きじゃくる しのび宿  生まれてはじめて 知りました 好きでそえない 悲しさを この世のはかない まぼろしか いつかは消えゆく さだめでも 命もやして 抱きあった しのび宿森進一北川文化森進一一緒になれない ひとだけど ほれてしまった せつなさよ 浮雲みたいな 恋ひとつ おぼれて悲しい いで湯町 夜にかくれて 逢いにゆく しのび宿  あなたのこころに すむひとを 今は忘れて くれますか ふたりで咲いても 罪の花 無情の夜風に 散る涙 声をころして 泣きじゃくる しのび宿  生まれてはじめて 知りました 好きでそえない 悲しさを この世のはかない まぼろしか いつかは消えゆく さだめでも 命もやして 抱きあった しのび宿
終列車女の明日を 一枚の 切符に賭ける はずでした どうぞ叱って ねぇあなた ついて行けない 弱虫を なみだで送る 赤い灯は 乗るはずだった 終列車  私がもう少し 強ければ 捨てられました 世間まで どうぞ信じて ねぇあなた 嘘じゃないのよ いまだって 遊びの恋が できるほど 器用じゃないの 初めから  ひっそり生きてく この町で 夢から覚める その日から どうぞ忘れて ねぇあなた こんな女の いたことは 想い出ひとつ 置き去りに 瞼に消える 終列車 森進一木下龍太郎西條キロク女の明日を 一枚の 切符に賭ける はずでした どうぞ叱って ねぇあなた ついて行けない 弱虫を なみだで送る 赤い灯は 乗るはずだった 終列車  私がもう少し 強ければ 捨てられました 世間まで どうぞ信じて ねぇあなた 嘘じゃないのよ いまだって 遊びの恋が できるほど 器用じゃないの 初めから  ひっそり生きてく この町で 夢から覚める その日から どうぞ忘れて ねぇあなた こんな女の いたことは 想い出ひとつ 置き去りに 瞼に消える 終列車 
昭和最後の秋のこと貧しさも つらくない 四畳半にも 夢がある 嘘をつかない 約束で 肌を寄せあう 二人なら 死にましょうか 生きましょうか 生きましょう 生きましょう たがいに めぐり逢えただけ この世の神に 感謝して  昭和最後の秋のこと 雨にうたれる彼岸花 ふるえる愛が ふるえる愛がまだあった  飢えた日を 忘れない 痩せて目だけを 光らせた そんな時代の 子であれば 心だけでも 満たしたい 死にましょうか 生きましょうか 生きましょう 生きましょう 笑えることが ある限り 値打があると 信じつつ  昭和最後の秋のこと 時に晴れ間が ひろがって まぶしい恋が まぶしい恋がまだあった  昭和最後の秋のこと 山の紅葉に 照り映えて 色づく夢が 色づく夢がまだあった ふるえる愛が ふるえる愛がまだあった 森進一阿久悠阿久悠貧しさも つらくない 四畳半にも 夢がある 嘘をつかない 約束で 肌を寄せあう 二人なら 死にましょうか 生きましょうか 生きましょう 生きましょう たがいに めぐり逢えただけ この世の神に 感謝して  昭和最後の秋のこと 雨にうたれる彼岸花 ふるえる愛が ふるえる愛がまだあった  飢えた日を 忘れない 痩せて目だけを 光らせた そんな時代の 子であれば 心だけでも 満たしたい 死にましょうか 生きましょうか 生きましょう 生きましょう 笑えることが ある限り 値打があると 信じつつ  昭和最後の秋のこと 時に晴れ間が ひろがって まぶしい恋が まぶしい恋がまだあった  昭和最後の秋のこと 山の紅葉に 照り映えて 色づく夢が 色づく夢がまだあった ふるえる愛が ふるえる愛がまだあった 
昭和流れうた昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして どうして 忘れさせない 苦しむだけね わたしの愛は 今度は男に生れてきたい  昭和流れうた 女の涙 恋の苦しみ 死ぬよりつらい なんども なんども あなたの胸に 抱かれた夢で 枕がぬれる 今度は男に 生れてきたい  昭和流れうた どなたが唄う あなた恋しい 流しのギター どんなに どんなに うらんでみても いとしさすぐに こみあげ泣ける 今度は男に 生れてきたい森進一いではく遠藤実昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして どうして 忘れさせない 苦しむだけね わたしの愛は 今度は男に生れてきたい  昭和流れうた 女の涙 恋の苦しみ 死ぬよりつらい なんども なんども あなたの胸に 抱かれた夢で 枕がぬれる 今度は男に 生れてきたい  昭和流れうた どなたが唄う あなた恋しい 流しのギター どんなに どんなに うらんでみても いとしさすぐに こみあげ泣ける 今度は男に 生れてきたい
昭和・平成・令和を生きるひとつひとつの 時代を越えて 長い人生 生きてきた 浮世の風に さまよいながら 昭和 平成 令和を生きる 今日の日があることに 感謝して 笑顔で行こう  思い通りに 行かない人生 悔んでみても 仕方ない 何度もカベに ぶつかりながら 昭和 平成 令和を生きる 限りあるこの命 大切に 希望を胸に  誰でもみんな わずかなことで あとの人生 変わるのさ 波乱万丈 運命(さだめ)のなかで 昭和 平成 令和を生きる 涙あれ 笑いあれ 癒しあれ 我が人生に森進一森進一森進一ひとつひとつの 時代を越えて 長い人生 生きてきた 浮世の風に さまよいながら 昭和 平成 令和を生きる 今日の日があることに 感謝して 笑顔で行こう  思い通りに 行かない人生 悔んでみても 仕方ない 何度もカベに ぶつかりながら 昭和 平成 令和を生きる 限りあるこの命 大切に 希望を胸に  誰でもみんな わずかなことで あとの人生 変わるのさ 波乱万丈 運命(さだめ)のなかで 昭和 平成 令和を生きる 涙あれ 笑いあれ 癒しあれ 我が人生に
新宿・みなと町新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる辛さ 忘れて酒をくみかわす町 人を押しのけて生きてゆくより 安い酒に酔いたいね 新宿… 新宿… 新宿みなと町  新宿はみなと町 心焼き尽(つく)し 背中まるめ 見果てぬ夢を語りつぐ町 誰もさみしさが苦いのだろう 俺に似てるやつばかり 新宿… 新宿… 新宿みなと町  新宿はみなと町 旅に出たやつも 流れ者も いつかはふらり舞いもどる町 生きて行くことは上手(うま)くなくても どこか優しい仲間たち 新宿… 新宿… 新宿みなと町森進一麻生香太郎西谷翔新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる辛さ 忘れて酒をくみかわす町 人を押しのけて生きてゆくより 安い酒に酔いたいね 新宿… 新宿… 新宿みなと町  新宿はみなと町 心焼き尽(つく)し 背中まるめ 見果てぬ夢を語りつぐ町 誰もさみしさが苦いのだろう 俺に似てるやつばかり 新宿… 新宿… 新宿みなと町  新宿はみなと町 旅に出たやつも 流れ者も いつかはふらり舞いもどる町 生きて行くことは上手(うま)くなくても どこか優しい仲間たち 新宿… 新宿… 新宿みなと町
新地のおんなあなたおとこで わたしはおんな 理屈なんかは いらないわ 獣(けもの)みたいな 激しさで 強く愛して ほしいのよ いのちいのちを 愛してほしい ああ ああ 新地のおんな  恋に何度も 泣かされ泣いて 胸に隠した 傷の跡 なにが大事か ほんとかを 少し知ってる つもりです おんなおんなの まごころあげる ああ ああ 新地のおんな  うそはいらない まことがほしい 熱いくちづけ 信じたい おとこ心の 裏表 肌で知ってる わたしです ひとりひとりじゃ 生きられないの ああ ああ 新地のおんな森進一のまたくま・補作詞:麻こよみ森進一あなたおとこで わたしはおんな 理屈なんかは いらないわ 獣(けもの)みたいな 激しさで 強く愛して ほしいのよ いのちいのちを 愛してほしい ああ ああ 新地のおんな  恋に何度も 泣かされ泣いて 胸に隠した 傷の跡 なにが大事か ほんとかを 少し知ってる つもりです おんなおんなの まごころあげる ああ ああ 新地のおんな  うそはいらない まことがほしい 熱いくちづけ 信じたい おとこ心の 裏表 肌で知ってる わたしです ひとりひとりじゃ 生きられないの ああ ああ 新地のおんな
時代の河よ人の涙の ひとつぶが やがて集まり 河となる 過去の痛みは 流しても 流しちゃいけない 夢がある 時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 熱い涙の激流で 流れを変えろ  沈む木の葉も あるだろう 浮かぶ小石も あるだろう かたい頭を 捨てたなら 自由な明日が 見えるはず 時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 人の想いの一途さで 流れを変えろ  時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 遥か未来の海原を 目指して進め森進一田久保真見弦哲也人の涙の ひとつぶが やがて集まり 河となる 過去の痛みは 流しても 流しちゃいけない 夢がある 時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 熱い涙の激流で 流れを変えろ  沈む木の葉も あるだろう 浮かぶ小石も あるだろう かたい頭を 捨てたなら 自由な明日が 見えるはず 時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 人の想いの一途さで 流れを変えろ  時代の河よ どこへ行く 押し流されて どこへ行く 遥か未来の海原を 目指して進め
情炎好きならば奪ってと 泣いて叫びたい強く ぎりぎりのこの想い 分かって欲しい 身体熱く 血と骨で そうよあなたと 恋の薪(たきぎ) 火と燃やし 春夏秋冬 今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫(あか)い命のしずくを  目で語るさよならは 胸の中にまで刺さる つもる雪 しなる竹 男と女 同じ罪の 道を踏む そうよ其処(そこ)から 同じ夢を 見ていたい 最後のひととき 今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫い命のしずくを  今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫い命のしずくを森進一坂口照幸金田一郎好きならば奪ってと 泣いて叫びたい強く ぎりぎりのこの想い 分かって欲しい 身体熱く 血と骨で そうよあなたと 恋の薪(たきぎ) 火と燃やし 春夏秋冬 今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫(あか)い命のしずくを  目で語るさよならは 胸の中にまで刺さる つもる雪 しなる竹 男と女 同じ罪の 道を踏む そうよ其処(そこ)から 同じ夢を 見ていたい 最後のひととき 今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫い命のしずくを  今生のこの別れ 一番のきれいな姿 目の中に焼きつけて どうぞ忘れず 赫い命のしずくを
人生の並木路泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けばおさない 二人して 故郷をすてた かいがない  遠いさびしい 日暮の路で 泣いてしかった 兄さんの 涙の声を わすれたか  雪も降れ降れ 夜路のはても やがてかがやく あけぼのに わが世の春は きっと来る  生きてゆこうよ 希望に燃えて 愛の口笛 高らかに この人生の 並木路森進一佐藤惣之助古賀政男泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けばおさない 二人して 故郷をすてた かいがない  遠いさびしい 日暮の路で 泣いてしかった 兄さんの 涙の声を わすれたか  雪も降れ降れ 夜路のはても やがてかがやく あけぼのに わが世の春は きっと来る  生きてゆこうよ 希望に燃えて 愛の口笛 高らかに この人生の 並木路
人生ひたすらぽつんと夜空に 浮かんでる 月の蒼さよ 寂しさよ 人生ひたすら ひたすら生きてきた 優しい言葉も 覚えずに…  朝まで語った 青春の 夢の熱さよ はかなさよ 人生ひたすら ひたすら生きてきた あの日のお前は 今いずこ…  裏切れないから 裏切られ くちびるを噛む 砂を噛む 人生ひたすら ひたすら生きてきた 泣きたい夜には 酒を酌(く)み…  世間に踏まれて 咲いた花 耐えて忍んで 根をつけて 人生ひたすら ひたすら生きてきた 小さな光を 信じつつ…森進一田久保真見弦哲也ぽつんと夜空に 浮かんでる 月の蒼さよ 寂しさよ 人生ひたすら ひたすら生きてきた 優しい言葉も 覚えずに…  朝まで語った 青春の 夢の熱さよ はかなさよ 人生ひたすら ひたすら生きてきた あの日のお前は 今いずこ…  裏切れないから 裏切られ くちびるを噛む 砂を噛む 人生ひたすら ひたすら生きてきた 泣きたい夜には 酒を酌(く)み…  世間に踏まれて 咲いた花 耐えて忍んで 根をつけて 人生ひたすら ひたすら生きてきた 小さな光を 信じつつ…
切なくてこころに木枯らし 吹くような さびしい夜には 手枕で むかしのアルバム かけてます いつか一緒に きいた歌 小節(こぶし)のくせまで あざやかに おぼえているのが ああ また 切なくて  別れて三年 すぎたけど ふたりで暮らした あの部屋に 無口な女で 住んでます 髪を染めたり したけれど こころはすこしも 晴れません 変れぬ自分が ああ また 切なくて  朝だけ日のさす ベランダに あなたが育てた こでまりが 今年もきれいに 咲きました 白いちいさな 花影に あなたの笑顔が 揺れてます 月日のたつのが ああ また 切なくて森進一五木寛之徳久広司こころに木枯らし 吹くような さびしい夜には 手枕で むかしのアルバム かけてます いつか一緒に きいた歌 小節(こぶし)のくせまで あざやかに おぼえているのが ああ また 切なくて  別れて三年 すぎたけど ふたりで暮らした あの部屋に 無口な女で 住んでます 髪を染めたり したけれど こころはすこしも 晴れません 変れぬ自分が ああ また 切なくて  朝だけ日のさす ベランダに あなたが育てた こでまりが 今年もきれいに 咲きました 白いちいさな 花影に あなたの笑顔が 揺れてます 月日のたつのが ああ また 切なくて
瀬戸の花嫁瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁に行くの 若いとだれもが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの 段々畑と さよならするのよ 幼い弟 行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね  岬まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ 入江の向こうで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ森進一山上路夫平尾昌晃瀬戸は日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁に行くの 若いとだれもが 心配するけれど 愛があるから 大丈夫なの 段々畑と さよならするのよ 幼い弟 行くなと泣いた 男だったら 泣いたりせずに 父さん母さん 大事にしてね  岬まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ 入江の向こうで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ 島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてくわたし 瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ
セピアの雨セピア色にそまりゆく 二人が笑う 愛した分だけ 思い出くれたね おまえの居ないこの部屋 二度目の冬が来る  今日は窓辺に 悲しみの雨が降る おまえの姿 かき消すような 激しい雨が降る……  海沿いの国道に 車を止めて 二人で星を見上げていたね おまえはあの月になり あなたをまもると言った  今日は海辺に 悲しみの雨が降る 願いをかけた 夜空の星も 泣いているのだろう……  駅の改札口で カサを抱いて オレを見つけて 手をふり笑う 待つのは何時間でも平気よと 微笑んだ  今日は朝から 悲しみの雨が降る 改札口にいるはずもない おまえを探してた……  今日は朝から 悲しみの雨が降る 改札口にいるはずもない おまえを探してた……森進一BOROBOROセピア色にそまりゆく 二人が笑う 愛した分だけ 思い出くれたね おまえの居ないこの部屋 二度目の冬が来る  今日は窓辺に 悲しみの雨が降る おまえの姿 かき消すような 激しい雨が降る……  海沿いの国道に 車を止めて 二人で星を見上げていたね おまえはあの月になり あなたをまもると言った  今日は海辺に 悲しみの雨が降る 願いをかけた 夜空の星も 泣いているのだろう……  駅の改札口で カサを抱いて オレを見つけて 手をふり笑う 待つのは何時間でも平気よと 微笑んだ  今日は朝から 悲しみの雨が降る 改札口にいるはずもない おまえを探してた……  今日は朝から 悲しみの雨が降る 改札口にいるはずもない おまえを探してた……
千年純情愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  切なさも貧しさも 分け合っていたのに 最後まで幸せだけ 分け合えなかったね  どんな人と暮らそうとも 心だけは俺のものと ああ 泣いた女  愛し合って 傷つけ合って純情 帰らない時間がまぶしい 汚れ知らぬ 女のままでいてくれ ああ 千年純情   幸せになったよと 人伝てに聞いたよ 夢ばかり ああ見ていた 若さが哀しいね  胸に秘めた想いだけが 千の星を超えるだろう 命尽きても…  愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 千年純情森進一売野雅勇馬場孝幸愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  切なさも貧しさも 分け合っていたのに 最後まで幸せだけ 分け合えなかったね  どんな人と暮らそうとも 心だけは俺のものと ああ 泣いた女  愛し合って 傷つけ合って純情 帰らない時間がまぶしい 汚れ知らぬ 女のままでいてくれ ああ 千年純情   幸せになったよと 人伝てに聞いたよ 夢ばかり ああ見ていた 若さが哀しいね  胸に秘めた想いだけが 千の星を超えるだろう 命尽きても…  愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 千年純情
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
それは恋朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの 遠い果てから 呼びかけて 私をとらえ ひたすらの 愛の願い あふれさせたもの それは恋 私の恋  逢う時は 姿も見せず うつつなく けれど確かに 言葉なく 名前も告げず ひそやかに けれど確かに よみがえる 愛の誠を あふれさせたもの それは恋 私の恋  ある時は 心もとなく 疑いに 思い乱れて ある時は おそれにゆらぎ 悲しみに 我を忘れて その故に 愛の祈りを あふれさせたもの それは恋 私の恋森進一秋元松代猪俣公章朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ 夕もやの 遠い果てから 呼びかけて 私をとらえ ひたすらの 愛の願い あふれさせたもの それは恋 私の恋  逢う時は 姿も見せず うつつなく けれど確かに 言葉なく 名前も告げず ひそやかに けれど確かに よみがえる 愛の誠を あふれさせたもの それは恋 私の恋  ある時は 心もとなく 疑いに 思い乱れて ある時は おそれにゆらぎ 悲しみに 我を忘れて その故に 愛の祈りを あふれさせたもの それは恋 私の恋
たずねて小樽泣くなと言えば 尚更泣いて 夜の坂道 消えた影 遠く千切(ちぎ)れる 霧笛さえ お前のあの日の 声になる… アカシヤの アカシヤの 花に聞きたい夢のあと 旅の小樽は 霧が胸にふる  古びた酒場 運河のほとり 風のうわさが 知りたくて グラス持つ手の この指が お前の涙を 拭きたがる… アカシヤの アカシヤの 花と飲みたい夜明けまで 窓の向こうは 白い霧の街  若さの奢(おご)り 間違いばかり 詫びて許せる 過去じゃない 俺はいつでも ここにいる 苦労はするなよ もう二度と… アカシヤの アカシヤの 花に祈ろう倖せを 旅の小樽は 霧が雨になる森進一土田有紀大谷明裕泣くなと言えば 尚更泣いて 夜の坂道 消えた影 遠く千切(ちぎ)れる 霧笛さえ お前のあの日の 声になる… アカシヤの アカシヤの 花に聞きたい夢のあと 旅の小樽は 霧が胸にふる  古びた酒場 運河のほとり 風のうわさが 知りたくて グラス持つ手の この指が お前の涙を 拭きたがる… アカシヤの アカシヤの 花と飲みたい夜明けまで 窓の向こうは 白い霧の街  若さの奢(おご)り 間違いばかり 詫びて許せる 過去じゃない 俺はいつでも ここにいる 苦労はするなよ もう二度と… アカシヤの アカシヤの 花に祈ろう倖せを 旅の小樽は 霧が雨になる
旅路のはてに人の妻だと 噂にきいて 風の行方を たずねてみたが 水辺に映る 男がひとり 過去の貴女の 面影を 探し求めて 傷ついて 松江を歩く 旅のひと  別れいろした 夕日が沈む 松江大橋 行き交う人に どこか似ている 女がひとり 何時かかわした 約束も 湖の灯りが 消してゆく 松江に泣いた 旅のひと  お伽話に 出てくるような 街を見下ろす 千鳥ヶ城を 何処かで見てる 貴女の素顔 明日は上りの 汽車に乗る 恋の運命と 知りながら 松江をすてた 旅のひと森進一林春生馬飼野俊一人の妻だと 噂にきいて 風の行方を たずねてみたが 水辺に映る 男がひとり 過去の貴女の 面影を 探し求めて 傷ついて 松江を歩く 旅のひと  別れいろした 夕日が沈む 松江大橋 行き交う人に どこか似ている 女がひとり 何時かかわした 約束も 湖の灯りが 消してゆく 松江に泣いた 旅のひと  お伽話に 出てくるような 街を見下ろす 千鳥ヶ城を 何処かで見てる 貴女の素顔 明日は上りの 汽車に乗る 恋の運命と 知りながら 松江をすてた 旅のひと
月のエレジー眠れない夜は 窓辺に椅子を寄せて 遥かなふるさとまで 道のりをたどる 瞳を閉じれば 過去(きのう)が見える 忘れても忘れても 思い出す女(ひと) 春の風の音に 真夏の強い雨に 秋の夜長に 冬の静けさに あなたを想い 想い続けてる  東京ではきっと 私は暮らせない、と あなたの別れが今 優しさと分かる あれから何年 過ぎたのだろう 夢ばかり夢ばかり 追いかけた日々 泣いて叱る顔が 吐息が 白い指が 髪の香りが 淋しげな肩が 今でも胸を 胸をしめつける  春の花吹雪に 真夏の蝉時雨に 秋の嵐に 冬の粉雪に あなたを探し 探し続けてる森進一田久保真見金田一郎眠れない夜は 窓辺に椅子を寄せて 遥かなふるさとまで 道のりをたどる 瞳を閉じれば 過去(きのう)が見える 忘れても忘れても 思い出す女(ひと) 春の風の音に 真夏の強い雨に 秋の夜長に 冬の静けさに あなたを想い 想い続けてる  東京ではきっと 私は暮らせない、と あなたの別れが今 優しさと分かる あれから何年 過ぎたのだろう 夢ばかり夢ばかり 追いかけた日々 泣いて叱る顔が 吐息が 白い指が 髪の香りが 淋しげな肩が 今でも胸を 胸をしめつける  春の花吹雪に 真夏の蝉時雨に 秋の嵐に 冬の粉雪に あなたを探し 探し続けてる
つくり花命がけなら 命がけなら 惚れてもいいじゃない 紙でこさえて 紅で色づけ 恋のつくり花 咲いて弱い 散ってもろい あなた 気づかないでしょ 辛い辛いの そうよ私も女よ  たまにゃお酒に たまにゃお酒に 酔ってもいいじゃない 消すに消せない 治しようない 恋の痛み酒 無理にあおる 苦い味が あなた 分からないでしょ 憎い憎いの そうよ私も女よ  こらえきれずに こらえきれずに 泣いてもいいじゃない 右も左も 嘘と噂の 恋の行きどまり ひとりぐらいこんな馬鹿が あなた いてもいいでしょ 馬鹿よ馬鹿なの そうよ私も女よ森進一千家和也大野克夫命がけなら 命がけなら 惚れてもいいじゃない 紙でこさえて 紅で色づけ 恋のつくり花 咲いて弱い 散ってもろい あなた 気づかないでしょ 辛い辛いの そうよ私も女よ  たまにゃお酒に たまにゃお酒に 酔ってもいいじゃない 消すに消せない 治しようない 恋の痛み酒 無理にあおる 苦い味が あなた 分からないでしょ 憎い憎いの そうよ私も女よ  こらえきれずに こらえきれずに 泣いてもいいじゃない 右も左も 嘘と噂の 恋の行きどまり ひとりぐらいこんな馬鹿が あなた いてもいいでしょ 馬鹿よ馬鹿なの そうよ私も女よ
涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 誰も気付いてはくれない だから あなたの涙を僕は知らない  絶やす事無く 僕の心に灯されていた 優しい明かりは あなたがくれた理由なき愛の灯(あかし)  柔らかな日だまりが包む背中に ポツリ 話しかけながら いつかこんな日が来る事も きっと きっと きっと わかってたはずなのに  消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年も僕を待ってる 掌じゃ掴めない 風に踊る花びら 立ち止まる肩にヒラリ 上手に乗せて笑って見せた あなたを思い出す 一人  ビルの谷間に 埋もれた夢も いつか芽吹いて 花を咲かすだろう 信じた夢は咲く場所を選ばない  僕等 この街に落とされた影法師 みんな光を探して 重なり合う時の流れも きっと きっと きっと 追い越せる日が来るさ  風のない線路道 五月の美空は青く寂しく 動かないちぎれ雲 いつまでも浮かべてた どこにももう戻れない 僕のようだとささやく風に キラリ舞い落ちてく 涙  散り際に もう一度開く花びらは あなたのように 聴こえない頑張れを 握った両手に何度もくれた  消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる 今もまだ掴めない あなたと描いた夢 立ち止まる僕のそばで 優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に森進一小渕健太郎小渕健太郎涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ 誰も気付いてはくれない だから あなたの涙を僕は知らない  絶やす事無く 僕の心に灯されていた 優しい明かりは あなたがくれた理由なき愛の灯(あかし)  柔らかな日だまりが包む背中に ポツリ 話しかけながら いつかこんな日が来る事も きっと きっと きっと わかってたはずなのに  消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年も僕を待ってる 掌じゃ掴めない 風に踊る花びら 立ち止まる肩にヒラリ 上手に乗せて笑って見せた あなたを思い出す 一人  ビルの谷間に 埋もれた夢も いつか芽吹いて 花を咲かすだろう 信じた夢は咲く場所を選ばない  僕等 この街に落とされた影法師 みんな光を探して 重なり合う時の流れも きっと きっと きっと 追い越せる日が来るさ  風のない線路道 五月の美空は青く寂しく 動かないちぎれ雲 いつまでも浮かべてた どこにももう戻れない 僕のようだとささやく風に キラリ舞い落ちてく 涙  散り際に もう一度開く花びらは あなたのように 聴こえない頑張れを 握った両手に何度もくれた  消えそうに 咲きそうな 蕾が今年も僕を待ってる 今もまだ掴めない あなたと描いた夢 立ち止まる僕のそばで 優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に
露の恋あなたに逢えない 淋しさに こぼれる吐息も 涙色 世間隠(がく)れの つらい恋 消えて儚い 夜の露… いいの夢でも 逢えればいいの あなたは悪くない 私が悪い  本気になっては いけないと わかっていました はじめから 月に一度の 逢瀬でも 逢えば一ヵ月(ひとつき) 生きられる… いいの噂に 泣いてもいいの あなたは悪くない 私が悪い  震えるこの髪 後れ毛が 欲しがるあなたの 指の櫛 二人暮らせる 幸せは つかみきれない 夜の露… いいの明日が 失くてもいいの あなたが悪くない 私が悪い森進一麻こよみ森進一あなたに逢えない 淋しさに こぼれる吐息も 涙色 世間隠(がく)れの つらい恋 消えて儚い 夜の露… いいの夢でも 逢えればいいの あなたは悪くない 私が悪い  本気になっては いけないと わかっていました はじめから 月に一度の 逢瀬でも 逢えば一ヵ月(ひとつき) 生きられる… いいの噂に 泣いてもいいの あなたは悪くない 私が悪い  震えるこの髪 後れ毛が 欲しがるあなたの 指の櫛 二人暮らせる 幸せは つかみきれない 夜の露… いいの明日が 失くてもいいの あなたが悪くない 私が悪い
東京みなと夜の東京 海ならば 男はだれでも さすらい舟よ 右に左に ただよいながら ゆめを拾いに 今日もゆく 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと  かもめみたいな 胸をした 可愛い娘(こ)がいる ちいさな酒場 俺が好きかと しんみり聞けば 酔った目をして 好きと言う 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと  夜の東京 海ならば おんなの心は せつない霧笛 古い傷ある 体をあずけ ねむりたくなる ときもある 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと森進一原淳二市川昭介夜の東京 海ならば 男はだれでも さすらい舟よ 右に左に ただよいながら ゆめを拾いに 今日もゆく 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと  かもめみたいな 胸をした 可愛い娘(こ)がいる ちいさな酒場 俺が好きかと しんみり聞けば 酔った目をして 好きと言う 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと  夜の東京 海ならば おんなの心は せつない霧笛 古い傷ある 体をあずけ ねむりたくなる ときもある 男とおんな 惚れるもいいさ どうせ気まぐれ 東京みなと
東京物語今日からは赤い爪 あなたに見せない すき透る桜貝 あなたの好きな色 一日に二本だけ 煙草を吸わせて 珈琲の昼下がり あなたを待つ夜ふけ 群れからはなれた 男と女が 小羊みたいに 肌寄せあって どこかで忘れた青春のかざりもの さがしているような 東京物語  夏が過ぎ秋が来て もうすぐ木枯し この冬はあたたかい あなたがいてくれる 何もまだ約束は したわけじゃないが 春まではこのままで くらしていましょうね どこにもいるよな 男と女が ふとしたはずみで 声かけ合って たがいに似ている さびしげな目の色を 見つめているような 東京物語 東京物語森進一阿久悠川口真今日からは赤い爪 あなたに見せない すき透る桜貝 あなたの好きな色 一日に二本だけ 煙草を吸わせて 珈琲の昼下がり あなたを待つ夜ふけ 群れからはなれた 男と女が 小羊みたいに 肌寄せあって どこかで忘れた青春のかざりもの さがしているような 東京物語  夏が過ぎ秋が来て もうすぐ木枯し この冬はあたたかい あなたがいてくれる 何もまだ約束は したわけじゃないが 春まではこのままで くらしていましょうね どこにもいるよな 男と女が ふとしたはずみで 声かけ合って たがいに似ている さびしげな目の色を 見つめているような 東京物語 東京物語
遠い子守唄最終の汽車が出て行く あなただけを連れ去って この街に住めないなんて わかってはいたけれど  愛しさは線路の上 どこまでも続いている  男なんて 男なんて 遠い汽笛の子守唄  薄暗い駅後にして 私だけが1人きり 待っている誰かがいると 噂で聞いていたわ  悲しみに空を見上げ 変わらない愛を想う  女なんて 女なんて 月の灯りの子守唄  “できるだけ早く帰る”と 未練だけを残されて この胸のかすかな痛み 静かに動き出した  思い出はぬくもりの外 まだ寒い ベッドの中  男なんて 男なんて 遠い汽笛の子守唄森進一秋元康森進一最終の汽車が出て行く あなただけを連れ去って この街に住めないなんて わかってはいたけれど  愛しさは線路の上 どこまでも続いている  男なんて 男なんて 遠い汽笛の子守唄  薄暗い駅後にして 私だけが1人きり 待っている誰かがいると 噂で聞いていたわ  悲しみに空を見上げ 変わらない愛を想う  女なんて 女なんて 月の灯りの子守唄  “できるだけ早く帰る”と 未練だけを残されて この胸のかすかな痛み 静かに動き出した  思い出はぬくもりの外 まだ寒い ベッドの中  男なんて 男なんて 遠い汽笛の子守唄
年上の女だから分って ほしいのと そっとからんだ 白い指 放したくない つらいのよ だめよ だめだめ つらいのと 泣いてすがった 年上の女  髪の乱れの ひとすじに 甘い香りを 残してた 胸のしんまで もえたのよ だめよ だめだめ いけないと いのち燃やした 年上の女  燃えるせつなさ 苦しさを そっとおしえた 雨の夜 二度と逢っては いけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた 年上の女森進一中山貴美・補作詞:水沢たけし彩木雅夫だから分って ほしいのと そっとからんだ 白い指 放したくない つらいのよ だめよ だめだめ つらいのと 泣いてすがった 年上の女  髪の乱れの ひとすじに 甘い香りを 残してた 胸のしんまで もえたのよ だめよ だめだめ いけないと いのち燃やした 年上の女  燃えるせつなさ 苦しさを そっとおしえた 雨の夜 二度と逢っては いけないわ だめよ だめだめ つらいのと 涙で別れた 年上の女
止まり木のブルースだますつもりがだまされて 本気になった 恋の道 遊びに慣れてるふりしても 惚れたら最初の初心になる ひとに知られて困るのは 私の方じゃないけれど 他人の顔して すれ違い ひそかに小指をからませる 男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ  逃げるつもりの 男なら 逃がしておやり追わないで 愛したつもりが嘘ならば ふられたことさえ嘘になる 化粧変えたり濃くしたり 自慢の髪も カットして 昨日の私は 姉なのと くわえ煙草に火をつける 男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ  男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ森進一阿久悠三木たかしだますつもりがだまされて 本気になった 恋の道 遊びに慣れてるふりしても 惚れたら最初の初心になる ひとに知られて困るのは 私の方じゃないけれど 他人の顔して すれ違い ひそかに小指をからませる 男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ  逃げるつもりの 男なら 逃がしておやり追わないで 愛したつもりが嘘ならば ふられたことさえ嘘になる 化粧変えたり濃くしたり 自慢の髪も カットして 昨日の私は 姉なのと くわえ煙草に火をつける 男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ  男と女の とまり木は 一幕芝居 夢芝居 しゃがれた声のブルースよ
土俵の鬼男の器 は 背中の広さ もう後には引けない 意地の湯気が昇る  おまえは 土俵の鬼 ここで 押し出されるな 踏んばれ 土俵の鬼 夢に しがみついてろ  小さなこの丸い輪がおまえの人生さ 男の涙は 不覚の涙 握りしめた 拳 に次の神が宿る  おまえは 土俵の鬼 ここで 弱音を吐くな もいちど 土俵の鬼 今日から 稽古をつけろ  勝っても負けたとしても 明日は 鬼になれ おまえは 土俵の鬼 ここで 押し出されるな 踏んばれ 土俵の鬼 夢に しがみついてろ  勝っても負けたとしても 明日は 鬼になれ森進一秋元康後藤次利男の器 は 背中の広さ もう後には引けない 意地の湯気が昇る  おまえは 土俵の鬼 ここで 押し出されるな 踏んばれ 土俵の鬼 夢に しがみついてろ  小さなこの丸い輪がおまえの人生さ 男の涙は 不覚の涙 握りしめた 拳 に次の神が宿る  おまえは 土俵の鬼 ここで 弱音を吐くな もいちど 土俵の鬼 今日から 稽古をつけろ  勝っても負けたとしても 明日は 鬼になれ おまえは 土俵の鬼 ここで 押し出されるな 踏んばれ 土俵の鬼 夢に しがみついてろ  勝っても負けたとしても 明日は 鬼になれ
泣かせ雨あなたに夢で 逢えたらいいと 今夜も想う 雨の宿 いつか添えると 信じて待って 愛の季節の 花も散り 独(ひと)り淋しさ 抱きしめる 抱きしめる  男の恋は ひと夜の情け 女の恋は 死ぬ日まで 冬でなくても 心は寒い 見捨てないでと すがっても 揺れておもかげ 遠ざかる 遠ざかる  運命(さだめ)のままに ただ生きるのは 馬鹿よと泣いて 叱る雨 いまも好きです あなたの許(もと)へ 漕いで行きたい 夢小舟 熱い命火(いのちび) 届けたい 届けたい森進一石本美由起市川昭介あなたに夢で 逢えたらいいと 今夜も想う 雨の宿 いつか添えると 信じて待って 愛の季節の 花も散り 独(ひと)り淋しさ 抱きしめる 抱きしめる  男の恋は ひと夜の情け 女の恋は 死ぬ日まで 冬でなくても 心は寒い 見捨てないでと すがっても 揺れておもかげ 遠ざかる 遠ざかる  運命(さだめ)のままに ただ生きるのは 馬鹿よと泣いて 叱る雨 いまも好きです あなたの許(もと)へ 漕いで行きたい 夢小舟 熱い命火(いのちび) 届けたい 届けたい
流れのブルース川の流れの きまぐれに 逃げて行きます 幸せも こぼす涙が あと追うばかり 流れ流れの 釧路 札幌 雪の町  旅のお方と 知りながら 故郷のなまりの なつかしさ むせぶ瀬音に かくれてむせぶ 流れ流れの みぞれ 金沢 主計町  女命の かがり火は 燃えてこぼれて ただ一度 恋のやみ夜に 唇 かんで 流れ流れの 岐阜は 柳ヶ瀬 別れ町  酔いをさましに 出た頬を そっといとしむ 川柳 こんな情けが ひとにもあれば 流れ流れの 京都 木屋町 花の町  好きでせつない 人の名は 書いて流して 今夜から 酒場稼業の 浮草ぐらし 流れ流れの 博多中洲は 浮気町森進一保富康午城美好川の流れの きまぐれに 逃げて行きます 幸せも こぼす涙が あと追うばかり 流れ流れの 釧路 札幌 雪の町  旅のお方と 知りながら 故郷のなまりの なつかしさ むせぶ瀬音に かくれてむせぶ 流れ流れの みぞれ 金沢 主計町  女命の かがり火は 燃えてこぼれて ただ一度 恋のやみ夜に 唇 かんで 流れ流れの 岐阜は 柳ヶ瀬 別れ町  酔いをさましに 出た頬を そっといとしむ 川柳 こんな情けが ひとにもあれば 流れ流れの 京都 木屋町 花の町  好きでせつない 人の名は 書いて流して 今夜から 酒場稼業の 浮草ぐらし 流れ流れの 博多中洲は 浮気町
泣きむし東京泣きむし東京 棄てられた夜に 口をついて出た 讃美歌が 男星(おとこぼし)が悪いんだって 罪な男に 惚れるんだって 泣いて泣いて芝浦純情が命とり  泣きむし東京 雨の降るタワー あれは涙の 樹でしょうか 騙されても綺麗な気持 知っているから 憎めないから 泣いて泣いて飯倉 涙雨 虹の雨  泣きむし東京 夜のフェリーが 窓を横切る 部屋でした 忘れようとすればするほど いい男だと 懲りずに思う 泣いて泣いて天王洲(てんのうず) 純情が命とり 森進一売野雅勇森進一泣きむし東京 棄てられた夜に 口をついて出た 讃美歌が 男星(おとこぼし)が悪いんだって 罪な男に 惚れるんだって 泣いて泣いて芝浦純情が命とり  泣きむし東京 雨の降るタワー あれは涙の 樹でしょうか 騙されても綺麗な気持 知っているから 憎めないから 泣いて泣いて飯倉 涙雨 虹の雨  泣きむし東京 夜のフェリーが 窓を横切る 部屋でした 忘れようとすればするほど いい男だと 懲りずに思う 泣いて泣いて天王洲(てんのうず) 純情が命とり 
涙そうそう古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ 晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう  一番星に祈る それが私のくせになり 夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す 悲しみにも 喜びにも おもうあの笑顔 あなたの場所から私が 見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく  晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう 会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう森進一森山良子BEGIN古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ 晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう  一番星に祈る それが私のくせになり 夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す 悲しみにも 喜びにも おもうあの笑顔 あなたの場所から私が 見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく  晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠くあせても さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう 会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう
夏子ひとり夏子が手をふる 北の駅 未練がつないだ 汽車の窓 雨のホームに うずくまり 死んだみたいに 泣いている 夏子お前の はかない影が 捨てて行けない 恋にする  夏子がからめた 細い指 思い出させる 恋の夜 傷がつくほど 指をかみ 忘れないでと 痛くする 夏子 お前のいとしい声が 捨てて行けない 恋にする  汽車が夏子を 遠くする 雨が未練を かきたてる 夏子 お前のやさしい愛が 捨てて行けない 恋にする森進一阿久悠猪俣公章夏子が手をふる 北の駅 未練がつないだ 汽車の窓 雨のホームに うずくまり 死んだみたいに 泣いている 夏子お前の はかない影が 捨てて行けない 恋にする  夏子がからめた 細い指 思い出させる 恋の夜 傷がつくほど 指をかみ 忘れないでと 痛くする 夏子 お前のいとしい声が 捨てて行けない 恋にする  汽車が夏子を 遠くする 雨が未練を かきたてる 夏子 お前のやさしい愛が 捨てて行けない 恋にする
涙きらりそんな女に逢いたい夜は きざと嘘とを置いて行け たった二杯のほろ酔い酒と あとはまごころ見せるだけ 涙きらり きらきらきらり 女泣きます 酒場の隅で  惚れた想いが確かであれば 言葉少なにいうがいい 夜の終りに枯れない花は ずっと朝まで咲くだろう 涙きらり きらきらきらり 女泣きます 灯りの下で  灯り落とした 真夜中過ぎは 人の心の裏舞台 流れ流れて岸辺を歩く そんな男と女だけ 涙きらり きらきらきらり 女泣きます お前の腕で森進一阿久悠猪俣公章そんな女に逢いたい夜は きざと嘘とを置いて行け たった二杯のほろ酔い酒と あとはまごころ見せるだけ 涙きらり きらきらきらり 女泣きます 酒場の隅で  惚れた想いが確かであれば 言葉少なにいうがいい 夜の終りに枯れない花は ずっと朝まで咲くだろう 涙きらり きらきらきらり 女泣きます 灯りの下で  灯り落とした 真夜中過ぎは 人の心の裏舞台 流れ流れて岸辺を歩く そんな男と女だけ 涙きらり きらきらきらり 女泣きます お前の腕で
紐育物語スーツ・ケースに腰をおろして マイアミゆきのバスを待つのさ 小雨色した バスターミナル 自分の影を話相手に Manhattan in the rain 30年生きちまったね Manhattan in the rain 人生の残り半分 せめておまえと暮らしたいけど 夢さ…幻さ… 摩天楼に灯がともる  手の缶ビール 握りつぶして 負けた男は旅立つけれど 同情なんて投げないでくれ それが俺には一番辛い Manhattan in the rain あたたかいベットの中で Manhattan in the rain 眠れたらそれもいいけど 冷たい雨に濡れるのもいい 夢さ… 幻さ… 摩天楼に灯がともる  Manhattan in the rain 30年生きちまったね Manhattan in the rain 人生の残り半分 せめておまえと暮らしたいけど 夢さ…幻さ… 摩天楼に灯がともる森進一松本隆細野晴臣スーツ・ケースに腰をおろして マイアミゆきのバスを待つのさ 小雨色した バスターミナル 自分の影を話相手に Manhattan in the rain 30年生きちまったね Manhattan in the rain 人生の残り半分 せめておまえと暮らしたいけど 夢さ…幻さ… 摩天楼に灯がともる  手の缶ビール 握りつぶして 負けた男は旅立つけれど 同情なんて投げないでくれ それが俺には一番辛い Manhattan in the rain あたたかいベットの中で Manhattan in the rain 眠れたらそれもいいけど 冷たい雨に濡れるのもいい 夢さ… 幻さ… 摩天楼に灯がともる  Manhattan in the rain 30年生きちまったね Manhattan in the rain 人生の残り半分 せめておまえと暮らしたいけど 夢さ…幻さ… 摩天楼に灯がともる
ネオンごころほれちゃいけない 人だけど ほれておぼれて 死にたい気持 辛い逢いたい ただそれゆえに 酒と涙が ネオンごころを 濡らす夜  今日の化粧は 昨日とは かえてみたけど かわらぬつらさ 無理に私が 私をよわせ やけになりそな ネオンごころの たよりなさ  うそのまじらぬ 恋をして 一度燃えたい あなたの胸で 口に出したら 笑われそうで かくすわびしさ ネオンごころが 泣いている森進一村上千秋・水沢たけし城美好ほれちゃいけない 人だけど ほれておぼれて 死にたい気持 辛い逢いたい ただそれゆえに 酒と涙が ネオンごころを 濡らす夜  今日の化粧は 昨日とは かえてみたけど かわらぬつらさ 無理に私が 私をよわせ やけになりそな ネオンごころの たよりなさ  うそのまじらぬ 恋をして 一度燃えたい あなたの胸で 口に出したら 笑われそうで かくすわびしさ ネオンごころが 泣いている
眠らないラブソングねぇ あなたの今 ラブソングには 遠い昔の あの揺れる想いはあるかい?  そう 時が過ぎて 確かな愛 ぬくもりよりも 心に響く言葉 もらえたりして  世の中 色々あったね 生き様をつくらなきゃ いけないなんて  ベンチに肩並べ座って 昔よりも景色きらめく  遅くない まだ映画さえ やり直す 恋の話 多き時代さ  そう 僕らは今 ラブソングでは 主役さえも まだなれるよ  胸が苦しい 二人ならば ぬくもりよりも 心に響く言葉 抱きしめあって  喧噪逃れて向き合う 涼しさ気づかうゆとりもできた  きれいだと 口にせず 恥じらいが 昔よりも幼くなった  ねぇ あなたの今 ラブソングには 遠い昔の あの揺れる想いはあるかい?  そう 時が過ぎて 確かな愛 ぬくもりよりも 心に響く言葉 もらえたりして森進一小室哲哉小室哲哉ねぇ あなたの今 ラブソングには 遠い昔の あの揺れる想いはあるかい?  そう 時が過ぎて 確かな愛 ぬくもりよりも 心に響く言葉 もらえたりして  世の中 色々あったね 生き様をつくらなきゃ いけないなんて  ベンチに肩並べ座って 昔よりも景色きらめく  遅くない まだ映画さえ やり直す 恋の話 多き時代さ  そう 僕らは今 ラブソングでは 主役さえも まだなれるよ  胸が苦しい 二人ならば ぬくもりよりも 心に響く言葉 抱きしめあって  喧噪逃れて向き合う 涼しさ気づかうゆとりもできた  きれいだと 口にせず 恥じらいが 昔よりも幼くなった  ねぇ あなたの今 ラブソングには 遠い昔の あの揺れる想いはあるかい?  そう 時が過ぎて 確かな愛 ぬくもりよりも 心に響く言葉 もらえたりして
八甲田恥じないだけの 生き方したつもり 黙(もく)して語らぬ この旅を 吹雪く火の雪 八甲田 抱いてくれるか あの日のように 雄々(おお)しくて また遠く 凛々(りり)しくて また近く 雪よ おまえと 話しがしたい  つまずくたびに どうして来るのだろう この雪どこまで あたたかい ここにまた立つ 八甲田 生きる力を 誰よりくれる 男なら 強くあれ 労(いたわ)れる 人であれ 雪よ 帰ると 伝えておくれ  北の大地よ 八甲田 俺もも一度 出直せそうさ 雄々(おお)しくて また遠く 凛々(りり)しくて また近く 雪よ おまえと 話しがしたい森進一坂口照幸大谷明裕恥じないだけの 生き方したつもり 黙(もく)して語らぬ この旅を 吹雪く火の雪 八甲田 抱いてくれるか あの日のように 雄々(おお)しくて また遠く 凛々(りり)しくて また近く 雪よ おまえと 話しがしたい  つまずくたびに どうして来るのだろう この雪どこまで あたたかい ここにまた立つ 八甲田 生きる力を 誰よりくれる 男なら 強くあれ 労(いたわ)れる 人であれ 雪よ 帰ると 伝えておくれ  北の大地よ 八甲田 俺もも一度 出直せそうさ 雄々(おお)しくて また遠く 凛々(りり)しくて また近く 雪よ おまえと 話しがしたい
波止場女心を 引き裂いて 汽笛ひと声 泣く波止場 死ぬより哀しい 別れが来ると 知らずにいたのよ ばかでした ああ ああ 行かないで 私を残して 船が行く  恋の脆(もろ)さを 知りながら 今度こそはと 信じたの あなたの吐息の 波間に揺れた あの日の幸せ 返してよ ああ ああ 愛しても 男は気まぐれ 別れ船  あんな男と 言われても 思いきれない 憎めない あなたの身代(かわ)りに なる人なんて この世のどこにも いないのよ ああ ああ 連れてって 私を泣かせて 船が行く森進一梁田美和・麻こよみ森進一女心を 引き裂いて 汽笛ひと声 泣く波止場 死ぬより哀しい 別れが来ると 知らずにいたのよ ばかでした ああ ああ 行かないで 私を残して 船が行く  恋の脆(もろ)さを 知りながら 今度こそはと 信じたの あなたの吐息の 波間に揺れた あの日の幸せ 返してよ ああ ああ 愛しても 男は気まぐれ 別れ船  あんな男と 言われても 思いきれない 憎めない あなたの身代(かわ)りに なる人なんて この世のどこにも いないのよ ああ ああ 連れてって 私を泣かせて 船が行く
波止場女のブルースあなたの生命(いのち)の 半分に なってはなさず どこまでも 女ひとりが どうして生きる 情けあるなら 捨てないで  死んだ真似して ひき止めた 女心を 責めないで 一度でいいから 甘えたかった 波止場女の ブルースよ  他人同士に なるまえに せめて最後の くちづけを 嘘でもいいから 好きだと言って だましつづけて ほしいから  からむテープを ひきちぎり 叫ぶ汽笛の 別れ歌 泣けと言うのか 死ねと言うのか 波止場女の ブルースよ森進一なかにし礼城美好あなたの生命(いのち)の 半分に なってはなさず どこまでも 女ひとりが どうして生きる 情けあるなら 捨てないで  死んだ真似して ひき止めた 女心を 責めないで 一度でいいから 甘えたかった 波止場女の ブルースよ  他人同士に なるまえに せめて最後の くちづけを 嘘でもいいから 好きだと言って だましつづけて ほしいから  からむテープを ひきちぎり 叫ぶ汽笛の 別れ歌 泣けと言うのか 死ねと言うのか 波止場女の ブルースよ
波止場町肩で泣くような 別れなど したくないわと 言ったのに 海峡一つに 心を裂かれ 鴎死ぬように 恋も死ぬ 函館 函館 波止場町  夜の伊勢佐木 ブルースに にがい酒のむ 人もいる あなたひとりが 男じゃないと 酔った女が 泣く町は 横浜 横浜 波止場町  瀬戸は凪(な)いでも この胸は つらい未練の 風が吹く あなたがつけた あの夜の傷が 消える頃には 忘れましょう 高松 高松 波止場町  今度逢えたら 意地も捨て 燃えて何度も すがりたい 恋にめくらの 女がひとり 泣いてたずねて 来た町は 鹿児島 鹿児島 波止場町  函館 横浜 高松 鹿児島 恋と涙の 波止場町森進一阿久悠猪俣公章肩で泣くような 別れなど したくないわと 言ったのに 海峡一つに 心を裂かれ 鴎死ぬように 恋も死ぬ 函館 函館 波止場町  夜の伊勢佐木 ブルースに にがい酒のむ 人もいる あなたひとりが 男じゃないと 酔った女が 泣く町は 横浜 横浜 波止場町  瀬戸は凪(な)いでも この胸は つらい未練の 風が吹く あなたがつけた あの夜の傷が 消える頃には 忘れましょう 高松 高松 波止場町  今度逢えたら 意地も捨て 燃えて何度も すがりたい 恋にめくらの 女がひとり 泣いてたずねて 来た町は 鹿児島 鹿児島 波止場町  函館 横浜 高松 鹿児島 恋と涙の 波止場町
はな名も無い花に生まれ ひそかに生きている 大きなリボンで飾られなくて 誰かの胸にも抱かれなくて だけど花には花の心があるわ しあわせを しあわせを 朝な夕なに祈ってる  ひと夜の月を浴びて きれいに花開く しあわせなんかはこういうものね 何かと何かのめぐりあいなの だから路傍の花もうれしく歌う 愛されて 愛されて あとは涙になろうとも  流れる花もあれば しおれる花もある 運命だからとあきらめないで この世の時間を愛してごらん きっといいことばかりうかんでくるわ ありがとう ありがとう わかれ言葉はそれにして  悲しい時に想う 淋しい時に見る あなたの心で枯れない花は 一体どういう花なのかしら それは想い出だけに色づく花よ 捨てないで 捨てないで 夢と一緒に育ててよ森進一阿久悠宮川彬良名も無い花に生まれ ひそかに生きている 大きなリボンで飾られなくて 誰かの胸にも抱かれなくて だけど花には花の心があるわ しあわせを しあわせを 朝な夕なに祈ってる  ひと夜の月を浴びて きれいに花開く しあわせなんかはこういうものね 何かと何かのめぐりあいなの だから路傍の花もうれしく歌う 愛されて 愛されて あとは涙になろうとも  流れる花もあれば しおれる花もある 運命だからとあきらめないで この世の時間を愛してごらん きっといいことばかりうかんでくるわ ありがとう ありがとう わかれ言葉はそれにして  悲しい時に想う 淋しい時に見る あなたの心で枯れない花は 一体どういう花なのかしら それは想い出だけに色づく花よ 捨てないで 捨てないで 夢と一緒に育ててよ
花すみれ今のままでも 倖せですと 微笑(わら)う目許(めもと)が 何故濡れる 夢さえ凍える この街で 春を待とうよ ふたりして 花すみれ… 花すみれ… けなげに咲いてる おまえは花すみれ  触れた小指の その冷たさは 永い苦労の せいなのか やつれた横顔 なみだ癖 忘れさせるさ いつの日か 花すみれ… 花すみれ… 一途に咲いてる おまえは花すみれ  こんな私で ほんとにいいの 照れて羞(は)じらう いじらしさ 都会の小さな 陽だまりで ふたり暮らそう 肩寄せて 花すみれ… 花すみれ… 可憐に咲いてる おまえは花すみれ森進一仁井谷俊也水森英夫今のままでも 倖せですと 微笑(わら)う目許(めもと)が 何故濡れる 夢さえ凍える この街で 春を待とうよ ふたりして 花すみれ… 花すみれ… けなげに咲いてる おまえは花すみれ  触れた小指の その冷たさは 永い苦労の せいなのか やつれた横顔 なみだ癖 忘れさせるさ いつの日か 花すみれ… 花すみれ… 一途に咲いてる おまえは花すみれ  こんな私で ほんとにいいの 照れて羞(は)じらう いじらしさ 都会の小さな 陽だまりで ふたり暮らそう 肩寄せて 花すみれ… 花すみれ… 可憐に咲いてる おまえは花すみれ
花と蝶花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 女になりたい  花が咲くとき 蝶が飛ぶ 蝶が死ぬとき 花が散る 春を競って あでやかに どちらも どちらも 命を賭ける  花のいのちは 短いけれど 蝶のいのちも はかなくて 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 二人になりたい森進一川内康範彩木雅夫花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 女になりたい  花が咲くとき 蝶が飛ぶ 蝶が死ぬとき 花が散る 春を競って あでやかに どちらも どちらも 命を賭ける  花のいのちは 短いけれど 蝶のいのちも はかなくて 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 二人になりたい
花と涙愛のしとねに 身を横たえて 女は花になればいい 男は男は どんなに激しく想っても 口に出せない 口に出せない愛もある  花のほほ笑み 夢かぎりなく 女は明日を待てばいい 男は男は しあわせ あたえる その日まで つらさかくして つらさかくして 生きている  花の命は短かいものと 女は甘えてよりかかる 男は男は 涙の甘さを見せないが 愛をこころで 愛をこころでかみしめる森進一川内康範宮川泰愛のしとねに 身を横たえて 女は花になればいい 男は男は どんなに激しく想っても 口に出せない 口に出せない愛もある  花のほほ笑み 夢かぎりなく 女は明日を待てばいい 男は男は しあわせ あたえる その日まで つらさかくして つらさかくして 生きている  花の命は短かいものと 女は甘えてよりかかる 男は男は 涙の甘さを見せないが 愛をこころで 愛をこころでかみしめる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花のブルース夜に咲いても 花は花 朝に咲いても 花は花 ましてあなたの 胸で咲く 女ですもの 恋の花 熱い吐息に 吐息にとける花  愛を与えて 咲くも花 愛を奪って 咲くも花 つらい別れに 耐えかねて 風に吹かれて 咲くも花 泣いて一人の 一人のなみだ花  一度散っても 咲けば花 何度散っても 咲けば花 傷もあります 過去もある 女ですもの 夢もある きっと咲かすわ 咲かすわ夢の花森進一鈴木紀代森進一夜に咲いても 花は花 朝に咲いても 花は花 ましてあなたの 胸で咲く 女ですもの 恋の花 熱い吐息に 吐息にとける花  愛を与えて 咲くも花 愛を奪って 咲くも花 つらい別れに 耐えかねて 風に吹かれて 咲くも花 泣いて一人の 一人のなみだ花  一度散っても 咲けば花 何度散っても 咲けば花 傷もあります 過去もある 女ですもの 夢もある きっと咲かすわ 咲かすわ夢の花
花火風に吹かれて隅田川 夏の花火の淋しさは 星に旅立つ人たちの 笑い声など照らすから  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 妹や弟の 小さな手を引き あゝ母さん待ってた 優しい夕焼けの街角へ  寒い心の暗がりに あがる花火のあたたかさ 二度と逢えない人たちと 肩を並べて見あげてる  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 流れてく灯籠の 明かり伝いに あゝあなたが手を振る あゝ懐しい街角へ  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 妹や弟の 小さな手を引き あゝ母さん待ってた 優しい夕焼けの街角へ森進一売野雅勇森進一風に吹かれて隅田川 夏の花火の淋しさは 星に旅立つ人たちの 笑い声など照らすから  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 妹や弟の 小さな手を引き あゝ母さん待ってた 優しい夕焼けの街角へ  寒い心の暗がりに あがる花火のあたたかさ 二度と逢えない人たちと 肩を並べて見あげてる  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 流れてく灯籠の 明かり伝いに あゝあなたが手を振る あゝ懐しい街角へ  帰ろう 目を閉じ 思い出の街へ 妹や弟の 小さな手を引き あゝ母さん待ってた 優しい夕焼けの街角へ
挽歌の街から返せない指輪を そっと抱き あなたの知らない人と 旅に出ました 絵葉書にやっと 一行だけ 淋しい季節ですね…と 綴って泣いた 恨んで下さい 憎んで下さい あきらめさせてください さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません  これきりと 逢うたびこれきりと 思って一年が過ぎ そして一年… 抱きしめて一緒に行こうねと 約束した北の街 憶えてますか 叱って下さい 笑って下さい 哀しい女だと 私を さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません  恨んで下さい 憎んで下さい あきらめさせてください さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません森進一売野雅勇浜圭介返せない指輪を そっと抱き あなたの知らない人と 旅に出ました 絵葉書にやっと 一行だけ 淋しい季節ですね…と 綴って泣いた 恨んで下さい 憎んで下さい あきらめさせてください さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません  これきりと 逢うたびこれきりと 思って一年が過ぎ そして一年… 抱きしめて一緒に行こうねと 約束した北の街 憶えてますか 叱って下さい 笑って下さい 哀しい女だと 私を さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません  恨んで下さい 憎んで下さい あきらめさせてください さよなら…あゝさよなら 裏切るしか さよならが言えません
バーミリオン夜はくる しのび寄る 足音に 甦る きのうの夢よ 終りなき 愛の嵐 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  さまよって たどりつく 闇のふところ 夜はくる しじまが果てしなく きのうを 呼びもどす 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  さまよって たどりつく 闇のふところ 夜はくる しじまが果てしなく きのうを 呼びもどす 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢森進一三枝亮もんたよしのり夜はくる しのび寄る 足音に 甦る きのうの夢よ 終りなき 愛の嵐 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  さまよって たどりつく 闇のふところ 夜はくる しじまが果てしなく きのうを 呼びもどす 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢  さまよって たどりつく 闇のふところ 夜はくる しじまが果てしなく きのうを 呼びもどす 緋色に燃えた夜 緋色に燃える夢
引越しまたひとりになりました 何度目でしょうか 引越し荷物もそのままで 窓辺で紅茶を飲んでます 恋が終ったその後は 同じ部屋には住めないくせが 今ものこっているのです 私は駄目な女です  またひとりになりました 何度目でしょうか 想い出のこった品物が 段々少なくなってます 恋はここらでやめにして そっといようと考えるけど それもいつしか忘れます 私は駄目な女です  それもいつしか忘れます 私は駄目な女です森進一阿久悠馬飼野俊一またひとりになりました 何度目でしょうか 引越し荷物もそのままで 窓辺で紅茶を飲んでます 恋が終ったその後は 同じ部屋には住めないくせが 今ものこっているのです 私は駄目な女です  またひとりになりました 何度目でしょうか 想い出のこった品物が 段々少なくなってます 恋はここらでやめにして そっといようと考えるけど それもいつしか忘れます 私は駄目な女です  それもいつしか忘れます 私は駄目な女です
ひとすじの白い道わけもなく悲しみが 胸うつ夜は 思い出の数々が うかんで消える ふりむけば ひとすじの白い道だった 風に泣き 雨にぬれ ひたすら生きた 泣くのはよそう 笑って行こう 思い出に生きるなんて まだ早い  若さゆえ何回も 迷い子になった 男ゆえその度に 空みて泣いた あの人も あの人も はげましてくれた こころから感謝して 今日まで生きた これから先を みていてほしい それだけをたった一つ 伝えたい  ただとおい ひとすじの白い道がある 何がある 何が待つ ひたすら行こう 両手を広げ こころを広げ 愛だけを うたいながら どこまでも森進一中山大三郎中山大三郎わけもなく悲しみが 胸うつ夜は 思い出の数々が うかんで消える ふりむけば ひとすじの白い道だった 風に泣き 雨にぬれ ひたすら生きた 泣くのはよそう 笑って行こう 思い出に生きるなんて まだ早い  若さゆえ何回も 迷い子になった 男ゆえその度に 空みて泣いた あの人も あの人も はげましてくれた こころから感謝して 今日まで生きた これから先を みていてほしい それだけをたった一つ 伝えたい  ただとおい ひとすじの白い道がある 何がある 何が待つ ひたすら行こう 両手を広げ こころを広げ 愛だけを うたいながら どこまでも
瞳をとじて朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい  苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう 眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ  あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり 消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている  Your love forever 瞳を閉じて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても  いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな 今の痛み抱いて 眠る方がまだいいかな  あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は 瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる  I wish forever 瞳をとじて 君を描くよ それしか出来ない たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても  Your love forever 瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも  記憶の中に君を探すよ それだけでいい なくしたものを 越える強さを 君がくれたから 君がくれたから森進一Ken HiraiKen Hirai朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい  苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう 眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ  あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり 消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている  Your love forever 瞳を閉じて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても  いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな 今の痛み抱いて 眠る方がまだいいかな  あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は 瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる  I wish forever 瞳をとじて 君を描くよ それしか出来ない たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても  Your love forever 瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも  記憶の中に君を探すよ それだけでいい なくしたものを 越える強さを 君がくれたから 君がくれたから
ひとりぐらし頬のほくろに墨を入れ もっと不幸になれという そんな女が酔いどれて 歌う酒場の夜ふけ頃 ふたりぐらしは昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし  宵の曇りが真夜中は 先も見えない土砂降りで いっそ朝まで飲みたいと 細いうなじを傾ける ふたりぐらしは昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし  たった一人の弟が 所帯もったという便り なぜかひんやりする部屋で 雨をみつめて吸う煙草 ふたりぐらしは 昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし森進一阿久悠猪俣公章頬のほくろに墨を入れ もっと不幸になれという そんな女が酔いどれて 歌う酒場の夜ふけ頃 ふたりぐらしは昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし  宵の曇りが真夜中は 先も見えない土砂降りで いっそ朝まで飲みたいと 細いうなじを傾ける ふたりぐらしは昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし  たった一人の弟が 所帯もったという便り なぜかひんやりする部屋で 雨をみつめて吸う煙草 ふたりぐらしは 昨日まで 今日からひとり ひとりぐらし
ひとり酒場でひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  嘘で終わった 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい 男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる 今夜はとても 淋しいと そっとあの娘が 言っていた 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ森進一吉川静夫猪俣公章ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  嘘で終わった 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい 男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ  暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる 今夜はとても 淋しいと そっとあの娘が 言っていた 夜の銀座で飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ
ひとり静かよっぽど凄いよ 弱音を見せぬ そうさ変わらぬ その生き方が 長い不幸のまわり道 まわり道 傘を持つ手の かぼそさで ひとり静かに 待ってた女 おまえなぜ抱く 冬を抱く  なんで気遣う ここまで来ても 忘れさせたい 女の過去を 酔って恨みをぶつけなよ ぶつけなよ そっとうつむく 横顔に 嘘はいまでも 似合わぬ女 おまえ許して くれるのか  誰の祈りか 手向(たむ)けの花に 直す先から 風吹くものを うしろ姿に泣けてきて 泣けてきて そっとコートを 掛ける夜 ひとり静かの いとしい女 ここで花咲け 俺と咲け森進一坂口照幸四方章人よっぽど凄いよ 弱音を見せぬ そうさ変わらぬ その生き方が 長い不幸のまわり道 まわり道 傘を持つ手の かぼそさで ひとり静かに 待ってた女 おまえなぜ抱く 冬を抱く  なんで気遣う ここまで来ても 忘れさせたい 女の過去を 酔って恨みをぶつけなよ ぶつけなよ そっとうつむく 横顔に 嘘はいまでも 似合わぬ女 おまえ許して くれるのか  誰の祈りか 手向(たむ)けの花に 直す先から 風吹くものを うしろ姿に泣けてきて 泣けてきて そっとコートを 掛ける夜 ひとり静かの いとしい女 ここで花咲け 俺と咲け
人を恋うる唄露地にこぼれた 酒場の灯り しみてせつない 放浪れ唄 おまえがそこにいるならば リラの花咲く町もいい 汽笛きこえる 港もいい  夜にはぐれて ふりむきゃ俺も 酒のにがさが わかる歳 おまえがそこにいるならば 肌をあたため眠ろうか 明日の夢でも 語ろうか  北へ行こうか それとも西へ 風が背中を 吹きぬける おまえがそこにいるならば 二度とこの愛 はなさない 俺の旅路に 目もさそう 森進一たかたかし岡千秋露地にこぼれた 酒場の灯り しみてせつない 放浪れ唄 おまえがそこにいるならば リラの花咲く町もいい 汽笛きこえる 港もいい  夜にはぐれて ふりむきゃ俺も 酒のにがさが わかる歳 おまえがそこにいるならば 肌をあたため眠ろうか 明日の夢でも 語ろうか  北へ行こうか それとも西へ 風が背中を 吹きぬける おまえがそこにいるならば 二度とこの愛 はなさない 俺の旅路に 目もさそう 
火の女あなたの涙は 作った涙 ゆるしてくれよと 口先ばかり それであなたは すむのでしょう けれども わたしは忘れない 泣いたり しないわ 恋をする 火の女  あなたは戯れ わたしは真実 命の灯りを 消されたならば 赤い血潮は 枯れるでしょう けれども わたしは 生きている わたしは 泣かない 恋をする 火の女  あなたは はなれる わたしは とまる はじめて結んだ 二人の恋を あれも夢だと いうのでしょう けれども わたしは おぼえてる わたしは 死なない 恋をする 火の女森進一川内康範彩木雅夫あなたの涙は 作った涙 ゆるしてくれよと 口先ばかり それであなたは すむのでしょう けれども わたしは忘れない 泣いたり しないわ 恋をする 火の女  あなたは戯れ わたしは真実 命の灯りを 消されたならば 赤い血潮は 枯れるでしょう けれども わたしは 生きている わたしは 泣かない 恋をする 火の女  あなたは はなれる わたしは とまる はじめて結んだ 二人の恋を あれも夢だと いうのでしょう けれども わたしは おぼえてる わたしは 死なない 恋をする 火の女
悲恋夜明けに小雨が 残る頃 港で汽笛が むせぶ頃 どこへ行くのか 顔かくし 小さい荷物の 二人づれ 恋とよぶには 悲し過ぎ 声をかけるもつらくなる つらくなる  行く人来る人 空港の ロビーで二時間 待つ女 吸ったたばこが 目にしみて まだ来ぬ男に 涙ぐむ 恋とよぶには 悲し過ぎ うしろ姿を見るばかり 見るばかり  地の果て行きの 汽車に乗り 窓から想い出 捨てる人 短い手紙 二人して 何度も何度も 書き直す 恋とよぶには 悲し過ぎ 汽車にまかせて ゆれるだけ ゆれるだけ森進一阿久悠猪俣公章夜明けに小雨が 残る頃 港で汽笛が むせぶ頃 どこへ行くのか 顔かくし 小さい荷物の 二人づれ 恋とよぶには 悲し過ぎ 声をかけるもつらくなる つらくなる  行く人来る人 空港の ロビーで二時間 待つ女 吸ったたばこが 目にしみて まだ来ぬ男に 涙ぐむ 恋とよぶには 悲し過ぎ うしろ姿を見るばかり 見るばかり  地の果て行きの 汽車に乗り 窓から想い出 捨てる人 短い手紙 二人して 何度も何度も 書き直す 恋とよぶには 悲し過ぎ 汽車にまかせて ゆれるだけ ゆれるだけ
富士山桜の花が 咲いている 旅立ちのとき 胸あつく 遥かな空に 虹かける 仰げばそこに 富士の山  逆巻(さかま)く波が 打ち寄せる 真っ直ぐな道 曲り道 傷つくたびに 泣くたびに 「元気出せよ」と 富士の山  夕焼け雲が 燃えている ふるさとの山 光る河 父、母、幼友達の 歌が聞こえる 富士の山  白雪しんと 降りしきる さまざまなこと 思いだす 「よくやったね」と微笑(ほほえ)んで 春を夢見る 富士の山  「よくやったね」と微笑(ほほえ)んで 春を夢見る 富士の山森進一新井満新井満桜の花が 咲いている 旅立ちのとき 胸あつく 遥かな空に 虹かける 仰げばそこに 富士の山  逆巻(さかま)く波が 打ち寄せる 真っ直ぐな道 曲り道 傷つくたびに 泣くたびに 「元気出せよ」と 富士の山  夕焼け雲が 燃えている ふるさとの山 光る河 父、母、幼友達の 歌が聞こえる 富士の山  白雪しんと 降りしきる さまざまなこと 思いだす 「よくやったね」と微笑(ほほえ)んで 春を夢見る 富士の山  「よくやったね」と微笑(ほほえ)んで 春を夢見る 富士の山
ふたり坂つらい道でもあなたとならば かまわないのとついてきた おまえの指のぬくもりが おれの心に 灯をともし 歩きはじめた ふたり坂  傷も涙も 私で拭いて 夢を見るのもいっしょにと 顔をうずめた おれの胸 心ふたつが 燃えた夜 星が流れて ふたり坂  ひとつひとつの身を寄せ合って 越える浮世の 九十九折り おれに似合いの幸せは そうさおまえという女 心つないで ふたり坂森進一中村修二森進一つらい道でもあなたとならば かまわないのとついてきた おまえの指のぬくもりが おれの心に 灯をともし 歩きはじめた ふたり坂  傷も涙も 私で拭いて 夢を見るのもいっしょにと 顔をうずめた おれの胸 心ふたつが 燃えた夜 星が流れて ふたり坂  ひとつひとつの身を寄せ合って 越える浮世の 九十九折り おれに似合いの幸せは そうさおまえという女 心つないで ふたり坂
冬桜咲いて淋しい 一輪ざしを おまえのようだと 肩を抱く むすべない恋なら 生きる甲斐もない いっそあなた あなたに散りましょう どうせこの世は 短かいゆめ芝居  もえて悔いない 一夜(ひとよ)の夢を かんでも噛んでも 漏れる息 運命(さだめ)ゆえきれない 恋の糸ならば いっそ死んで 死んでどこまでも 堕ちてゆきたい あなたと身をからめ  こすに越せない 浮世の川を 流れてゆくしか ないのです 恋ゆえにせつない ゆれる命火よ もっとつよく つよく抱きしめて ふたり春には 咲けない冬桜森進一たかたかし三木たかし咲いて淋しい 一輪ざしを おまえのようだと 肩を抱く むすべない恋なら 生きる甲斐もない いっそあなた あなたに散りましょう どうせこの世は 短かいゆめ芝居  もえて悔いない 一夜(ひとよ)の夢を かんでも噛んでも 漏れる息 運命(さだめ)ゆえきれない 恋の糸ならば いっそ死んで 死んでどこまでも 堕ちてゆきたい あなたと身をからめ  こすに越せない 浮世の川を 流れてゆくしか ないのです 恋ゆえにせつない ゆれる命火よ もっとつよく つよく抱きしめて ふたり春には 咲けない冬桜
冬の桑港あなたの心から 旅立つなら 想い出さえ ついてこない 冬の桑港(シスコ) 見送る人もない 夜霧の空港 硝子(ガラス)窓のむこう側に 過去を残して あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから  あしたに悲しみを 連(つ)れてくなら 涙も凍らせてしまう 冬の桑港 身体(からだ)の淋しさを ワインで酔わせて 満ちたりてた あの日だけを 夢に誘って あゝ 優しくされた やきつく愛は深くて あゝ うしろ髪ひく 胸の慕(おも)い消せないけれど もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会に 捨ててゆくから  あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから 森進一荒木とよひさ杉本真人あなたの心から 旅立つなら 想い出さえ ついてこない 冬の桑港(シスコ) 見送る人もない 夜霧の空港 硝子(ガラス)窓のむこう側に 過去を残して あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから  あしたに悲しみを 連(つ)れてくなら 涙も凍らせてしまう 冬の桑港 身体(からだ)の淋しさを ワインで酔わせて 満ちたりてた あの日だけを 夢に誘って あゝ 優しくされた やきつく愛は深くて あゝ うしろ髪ひく 胸の慕(おも)い消せないけれど もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会に 捨ててゆくから  あゝ 泣き濡れるほど 今では若くないけど あゝ こんなに人を 痛いくらい愛したなんて もうふたりを つなぎとめる 心さえ この都会(まち)に 捨ててゆくから 
冬の旅ある日何かで これを読んだら 恋人あなたは わかってくれ 泣いて一生 無駄に暮らすな すぐにも幸せ さがしてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ  もしも誰かに たずねられたら あいつは駄目だと 話してくれ 女心も 知らぬ奴だと 話を合わせて けなしてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ  だからあなたも 部屋を片づけ 二年のくらしを 忘れてくれ 俺の匂いの 残るものなど 一つも持たずに 歩いてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ森進一阿久悠猪俣公章ある日何かで これを読んだら 恋人あなたは わかってくれ 泣いて一生 無駄に暮らすな すぐにも幸せ さがしてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ  もしも誰かに たずねられたら あいつは駄目だと 話してくれ 女心も 知らぬ奴だと 話を合わせて けなしてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ  だからあなたも 部屋を片づけ 二年のくらしを 忘れてくれ 俺の匂いの 残るものなど 一つも持たずに 歩いてくれ もうあなたのところへは 帰らないだろう ひとりひとり旅に発つ 雪の降る町へ
冬のリヴィエラGOLD LYLIC彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ  アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね  彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小壜さ  やさしさが霧のように シュロの樹を濡らしてる  冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる  皮のコートのボタンひとつ とれかけて サマにならない  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだねGOLD LYLIC森進一松本隆大瀧詠一彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ  アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね  彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小壜さ  やさしさが霧のように シュロの樹を濡らしてる  冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる  皮のコートのボタンひとつ とれかけて サマにならない  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね
故郷毛布にくるんだ からだを寄せて 何(なん)だか今夜は 安心と そっともらす 吐息だけで あなたをいじらしく 思う 何にもいらない あたたかさだけ 私は前から ほしかった 胸に強く 顔をうずめ あなたは泣きじゃくる ばかり 雪どけ時に帰ろう 同じ故郷だもの それまで土産(みやげ)だけでも そろえておきたいね  北国生まれの お酒の強さ あなたははしゃいで 歌ってる 紅(あか)い頬に なればいいと 心でしみじみと 思う いつしかからだを 丸めて眠る あなたの寝顔が あどけない 窓の外は 街の夜明け はぐれた小雀が 遊ぶ 雪どけ時に帰ろう 同じ故郷だもの 雪割る花が咲く道 歩いて行きたいね  雪割る花が咲く道 歩いて行きたいね森進一阿久悠大野克夫毛布にくるんだ からだを寄せて 何(なん)だか今夜は 安心と そっともらす 吐息だけで あなたをいじらしく 思う 何にもいらない あたたかさだけ 私は前から ほしかった 胸に強く 顔をうずめ あなたは泣きじゃくる ばかり 雪どけ時に帰ろう 同じ故郷だもの それまで土産(みやげ)だけでも そろえておきたいね  北国生まれの お酒の強さ あなたははしゃいで 歌ってる 紅(あか)い頬に なればいいと 心でしみじみと 思う いつしかからだを 丸めて眠る あなたの寝顔が あどけない 窓の外は 街の夜明け はぐれた小雀が 遊ぶ 雪どけ時に帰ろう 同じ故郷だもの 雪割る花が咲く道 歩いて行きたいね  雪割る花が咲く道 歩いて行きたいね
ふるさとのない秋りんごのにおいの人恋しさが 風吹く町をつつんでいるよ 真夏の狂った 約束のように プラタナス ほら散る あんたがたどこさ あんたがたどこさ  回転扉が止まって気付けば あなたの あなたのいない秋  潮騒みたいな夢恋しさが 人波の中 聞こえて来るよ 遠く行こうと 少年の頃の 僕が僕を ほら呼ぶ あんたがたどこさ あんたがたどこさ  夕焼け列車に飛び乗り損ねて ふるさとの ふるさとのない秋 ふるさとの ふるさとのない秋森進一山川啓介福田和禾子りんごのにおいの人恋しさが 風吹く町をつつんでいるよ 真夏の狂った 約束のように プラタナス ほら散る あんたがたどこさ あんたがたどこさ  回転扉が止まって気付けば あなたの あなたのいない秋  潮騒みたいな夢恋しさが 人波の中 聞こえて来るよ 遠く行こうと 少年の頃の 僕が僕を ほら呼ぶ あんたがたどこさ あんたがたどこさ  夕焼け列車に飛び乗り損ねて ふるさとの ふるさとのない秋 ふるさとの ふるさとのない秋
榾火雪はふる 榾火はもえる わたしは一人焔をみつめ 白い雪がふる 言葉なく 瞳はさえて いだきあい かわした口づけ 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る  雪はふる 榾火はもえる わたしは一人焔もきえて 白い雪がふる せつなさに またよみがえる とこしえに誓ったしあわせ 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る  人の世の 旅路のはてに ふぶき荒れ 心さまよう 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る森進一永田一郎曽根幸明雪はふる 榾火はもえる わたしは一人焔をみつめ 白い雪がふる 言葉なく 瞳はさえて いだきあい かわした口づけ 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る  雪はふる 榾火はもえる わたしは一人焔もきえて 白い雪がふる せつなさに またよみがえる とこしえに誓ったしあわせ 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る  人の世の 旅路のはてに ふぶき荒れ 心さまよう 過ぎさった 愛の夜 雪はふる 風は鳴る 涙は凍る
望郷女心の 故郷(ふるさと)は 忘れたはずの 男の胸よ 爪をかむのは 誰のため しのび泣くのは 誰のため 永遠に愛して 離さずに あなたに会いたい 遠い遠い ひとだけど  夜汽車にゆられ 幾時間 あなたみたくて 帰ってゆくの 甘えたいのよ いつの日も 見てて欲しいの いつだって 泣いて別れた 北国の 離ればなれの 遠い遠い ひとのため  幸せ薄い 私にも いつかくるのね 女の春が じっとこらえて 耐えるのも あなたがいると すがるのも 私ひとりを 待っている 涙の故郷 夢に夢に うかぶから森進一橋本淳猪俣公章女心の 故郷(ふるさと)は 忘れたはずの 男の胸よ 爪をかむのは 誰のため しのび泣くのは 誰のため 永遠に愛して 離さずに あなたに会いたい 遠い遠い ひとだけど  夜汽車にゆられ 幾時間 あなたみたくて 帰ってゆくの 甘えたいのよ いつの日も 見てて欲しいの いつだって 泣いて別れた 北国の 離ればなれの 遠い遠い ひとのため  幸せ薄い 私にも いつかくるのね 女の春が じっとこらえて 耐えるのも あなたがいると すがるのも 私ひとりを 待っている 涙の故郷 夢に夢に うかぶから
慕情~天草の女~送っちゃいやよと 強がって あなたと別れる 連絡船 この身が二つに 裂けるなら あなたに残して 行きたくて つらいのよ つらいのよ 天草の恋が散るとき  いつかは終わって しまうのね 男と女の 恋の旅 あしたを信じて いたけれど いまでは他人に なる二人 好きだった 好きだった 天草の恋が散るとき  二度と逢うまい すがるまい どうにもならない 恋だもの あなたと暮らした この島に 花は再び 咲くけれど 遠ざかる 遠ざかる 天草の恋が散るとき森進一山口あかり平尾昌晃送っちゃいやよと 強がって あなたと別れる 連絡船 この身が二つに 裂けるなら あなたに残して 行きたくて つらいのよ つらいのよ 天草の恋が散るとき  いつかは終わって しまうのね 男と女の 恋の旅 あしたを信じて いたけれど いまでは他人に なる二人 好きだった 好きだった 天草の恋が散るとき  二度と逢うまい すがるまい どうにもならない 恋だもの あなたと暮らした この島に 花は再び 咲くけれど 遠ざかる 遠ざかる 天草の恋が散るとき
待たせたねいたずらに時は過ぎ 気がつけばなにもない この心いやすのは お前ただ一人  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  幸せにさまよえば 人なみに流されて この心 あたためて くれる人がいる  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜はもうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と森進一松山千春松山千春いたずらに時は過ぎ 気がつけばなにもない この心いやすのは お前ただ一人  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  幸せにさまよえば 人なみに流されて この心 あたためて くれる人がいる  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜はもうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と
眉の月来ないあなたを 待ちわびて 西へ傾く 眉の月 あなたと私 夢の続きはあるのでしょうか 心変わりを 疑えば 涙がツツンと…こぼれます  夜に震える 襟足が 熱い吐息を 待ちわびる あなたと私 明日(あす)という日があるのでしょうか いつか待つのに 慣らされて 素肌がツツンと…痛みます  のぞく手鏡 口紅の 色も褪(あ)せます 眉の月 あなたと私 夢の続きはあるのでしょうか 思いきれない 口惜(くや)しさに 涙がツツンと…こぼれます森進一麻こよみ桧原さとし来ないあなたを 待ちわびて 西へ傾く 眉の月 あなたと私 夢の続きはあるのでしょうか 心変わりを 疑えば 涙がツツンと…こぼれます  夜に震える 襟足が 熱い吐息を 待ちわびる あなたと私 明日(あす)という日があるのでしょうか いつか待つのに 慣らされて 素肌がツツンと…痛みます  のぞく手鏡 口紅の 色も褪(あ)せます 眉の月 あなたと私 夢の続きはあるのでしょうか 思いきれない 口惜(くや)しさに 涙がツツンと…こぼれます
道標振り向けば 咲く想い出 ばかな事もしたと そう笑えるけど  つまずき、転んでは、立ち上がり あらがい、叫んで、乗り越えた 不器用だった、裸足の日々はいまも この胸に息づいてる  ああ 終わりなき 道の果てに答えがある そう信じて 一歩、一歩、歩いて来ました しあわせを探しながら  そう、心は あの日のまま 情熱の鼓動を 刻み続けてます  未来が見えないと嘆いては 誰もが肩を落とすけれど 明日も見えない場所にいた少年が まだここに暮らしてます  ああ 終わりなき 道の果てに見つけるのは 投げ出さずに 生きて、生きて、生きて来た標(しるし)  ああ 終わりなき 道の果てを目指しながら 胸を張って 一歩、一歩、歩いてゆきたい しあわせを探しながら森進一Kenn Kato小室哲哉振り向けば 咲く想い出 ばかな事もしたと そう笑えるけど  つまずき、転んでは、立ち上がり あらがい、叫んで、乗り越えた 不器用だった、裸足の日々はいまも この胸に息づいてる  ああ 終わりなき 道の果てに答えがある そう信じて 一歩、一歩、歩いて来ました しあわせを探しながら  そう、心は あの日のまま 情熱の鼓動を 刻み続けてます  未来が見えないと嘆いては 誰もが肩を落とすけれど 明日も見えない場所にいた少年が まだここに暮らしてます  ああ 終わりなき 道の果てに見つけるのは 投げ出さずに 生きて、生きて、生きて来た標(しるし)  ああ 終わりなき 道の果てを目指しながら 胸を張って 一歩、一歩、歩いてゆきたい しあわせを探しながら
港町ブルースPLATINA LYLIC背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港、港 函館 通り雨  流す涙で割る酒は だました男の味がする あなたの影を ひきずりながら 港、宮古 釜石 気仙沼  出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船 うしろ姿も 他人のそら似 港、三崎 焼津に 御前崎  別れりゃ三月 待ちわびる 女心のやるせなさ 明日はいらない 今夜が欲しい 港、高知 高松 八幡浜  呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く 海に涙の ああ愚痴ばかり 港、別府 長崎 枕崎  女心の残り火は 燃えて身をやく桜島 ここは鹿児島 旅路の果てか 港、港町ブルースよPLATINA LYLIC森進一深津武・なかにし礼猪俣公章背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたにあげた 夜をかえして 港、港 函館 通り雨  流す涙で割る酒は だました男の味がする あなたの影を ひきずりながら 港、宮古 釜石 気仙沼  出船 入船 別れ船 あなた乗せない帰り船 うしろ姿も 他人のそら似 港、三崎 焼津に 御前崎  別れりゃ三月 待ちわびる 女心のやるせなさ 明日はいらない 今夜が欲しい 港、高知 高松 八幡浜  呼んでとどかぬ人の名を こぼれた酒と指で書く 海に涙の ああ愚痴ばかり 港、別府 長崎 枕崎  女心の残り火は 燃えて身をやく桜島 ここは鹿児島 旅路の果てか 港、港町ブルースよ
モロッコスコッチをダブルで 氷浮かべてくれ この街もすっかり さびれてしまったね  この写真の女 心あたりないか? 何年も昔さ 面影も変わるね  窓の外は砂漠 椰子の上には青い月 あばずれだったけど オアシスみたいな女だった  バーテン もう一杯酒を 作ってくれないか  その女(こ)の夢を 不思議によく見るよ 人は夢の中じゃ 年をとらないもんさ  この先のホテルで 逢い引きしたけれど 今日訪ねてみたら 空地になってたよ  窓の外は砂漠 人の心と同じさ 歩けば歩くほど 砂を噛むように虚しいだけ  バーテン 湿っぽい話 聞かせちまったよね  窓の外は砂漠 椰子の上には青い月 あばずれだったけど オアシスみたいな女だった  バーテン 酔いつぶれたら 砂漠に投げてくれ バーテン 酔いつぶれたら 砂漠に投げてくれ森進一松本隆筒美京平スコッチをダブルで 氷浮かべてくれ この街もすっかり さびれてしまったね  この写真の女 心あたりないか? 何年も昔さ 面影も変わるね  窓の外は砂漠 椰子の上には青い月 あばずれだったけど オアシスみたいな女だった  バーテン もう一杯酒を 作ってくれないか  その女(こ)の夢を 不思議によく見るよ 人は夢の中じゃ 年をとらないもんさ  この先のホテルで 逢い引きしたけれど 今日訪ねてみたら 空地になってたよ  窓の外は砂漠 人の心と同じさ 歩けば歩くほど 砂を噛むように虚しいだけ  バーテン 湿っぽい話 聞かせちまったよね  窓の外は砂漠 椰子の上には青い月 あばずれだったけど オアシスみたいな女だった  バーテン 酔いつぶれたら 砂漠に投げてくれ バーテン 酔いつぶれたら 砂漠に投げてくれ
約束風が運んだ 噂ばなしに 笑みながら 涙がにじむ いいの いいのよ気にはしない 女ですもの 待つだけよ 約束はそのままに 季節はめぐり あなた今では ああ あなた今では 逢えない人ですか ひどい人よ  いつか小さな 店を持とうと 云ってくれたわ あの日のあなた それが あれから なしのつぶて 逢えるその日を 待つだけよ 約束はそのままに 心は冷えて あなた今では ああ あなた今では 幸せなのですか ひどい人よ  遠くなるほど 浮かぶ思い出 胸が痛むわ 雨降る夜は いいの いいのよ 私を棄(す)てた 罪な男は 忘れるわ 約束はそのままに ルージュもあせて あなた今では ああ あなた今では 別れる人ですか ひどい人よ森進一白鳥園枝森進一風が運んだ 噂ばなしに 笑みながら 涙がにじむ いいの いいのよ気にはしない 女ですもの 待つだけよ 約束はそのままに 季節はめぐり あなた今では ああ あなた今では 逢えない人ですか ひどい人よ  いつか小さな 店を持とうと 云ってくれたわ あの日のあなた それが あれから なしのつぶて 逢えるその日を 待つだけよ 約束はそのままに 心は冷えて あなた今では ああ あなた今では 幸せなのですか ひどい人よ  遠くなるほど 浮かぶ思い出 胸が痛むわ 雨降る夜は いいの いいのよ 私を棄(す)てた 罪な男は 忘れるわ 約束はそのままに ルージュもあせて あなた今では ああ あなた今では 別れる人ですか ひどい人よ
夜行列車ほんとにひと駅だけだぜ 夜行列車に君を乗せたよ 手のひらの冷たさは 君の生きてた街の冷たさ そんなそんな淋しげな 瞳(め)をするな わかったよ 兄貴づらなんか 似合わないっていうんだろ  ほんとは今でも分らない ここにいるのが自分なんだろかも 夏みかんむく指に 涙ひとつぶ落ちて光った いつかいつかくやんでも しらないぜ わかったよ もう泣くんじゃない みんなこっちを見ているよ  まだまだ遅くはないんだぜ 次の駅でもきっと帰れるさ 何もかも振り捨てた 君はとっても綺麗だけどさ そんなそんないじわるじゃ ないんだよ わかったよ 僕のひざ枕 朝まで眠っていいんだから 朝まで眠っていいんだから森進一喜多條忠吉田拓郎ほんとにひと駅だけだぜ 夜行列車に君を乗せたよ 手のひらの冷たさは 君の生きてた街の冷たさ そんなそんな淋しげな 瞳(め)をするな わかったよ 兄貴づらなんか 似合わないっていうんだろ  ほんとは今でも分らない ここにいるのが自分なんだろかも 夏みかんむく指に 涙ひとつぶ落ちて光った いつかいつかくやんでも しらないぜ わかったよ もう泣くんじゃない みんなこっちを見ているよ  まだまだ遅くはないんだぜ 次の駅でもきっと帰れるさ 何もかも振り捨てた 君はとっても綺麗だけどさ そんなそんないじわるじゃ ないんだよ わかったよ 僕のひざ枕 朝まで眠っていいんだから 朝まで眠っていいんだから
ゆうすげの恋ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に散る花 あなたは夜更けに来て朝帰る その度(たび)別れの匂いをおいてゆく さよならは 言わないで  初めての 恋じゃないけど あなたには 命がけなの やさしさだけ欲しいと言わないわ あなたと一緒に歩いてゆきたいの この思い わかってよ  山陰(やまかげ)に 咲いて散りゆく ゆうすげも 命ある花 あなたがただひとつの夢なのよ すべてを投げ出しつくしてみたいのよ いつまでも どこまでも森進一中山大三郎中山大三郎ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に散る花 あなたは夜更けに来て朝帰る その度(たび)別れの匂いをおいてゆく さよならは 言わないで  初めての 恋じゃないけど あなたには 命がけなの やさしさだけ欲しいと言わないわ あなたと一緒に歩いてゆきたいの この思い わかってよ  山陰(やまかげ)に 咲いて散りゆく ゆうすげも 命ある花 あなたがただひとつの夢なのよ すべてを投げ出しつくしてみたいのよ いつまでも どこまでも
夕べの雨好きだと言って欲しいと おまえが言う てれくさいじゃないかと おれは思う 出会ったあの頃は 激しく燃えたのに 抱きしめることにも もう慣れてしまった  冗談など言いながら 時の過ぎてゆくのが 物足らないのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る  雨ってゆううつねと おまえが言う 女なんだなと おれは思う あいつが別れたと 噂がきこえる 日々の繰り返しに 敗けたのかなと思う  愛しているよと吐いた 言葉の重ささえ 忘れたのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る  愛しているよと吐いた 言葉の重ささえ 忘れたのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る森進一岡本おさみ鈴木キサブロー好きだと言って欲しいと おまえが言う てれくさいじゃないかと おれは思う 出会ったあの頃は 激しく燃えたのに 抱きしめることにも もう慣れてしまった  冗談など言いながら 時の過ぎてゆくのが 物足らないのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る  雨ってゆううつねと おまえが言う 女なんだなと おれは思う あいつが別れたと 噂がきこえる 日々の繰り返しに 敗けたのかなと思う  愛しているよと吐いた 言葉の重ささえ 忘れたのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る  愛しているよと吐いた 言葉の重ささえ 忘れたのかい 会ったり 別れたりの 人の世の夕暮れに 雨が降る ああ 雨が降る
雪の華のびた人陰(かげ)を 舗道(ほどう)にならべ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい  風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる  今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間(とき)に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った  キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ  風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる  舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った  もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ  今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間(とき)に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える  この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと 想い出を描くよ これからもキミとずっと…森進一Satomi松本良喜のびた人陰(かげ)を 舗道(ほどう)にならべ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい  風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる  今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間(とき)に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミを愛してる 心からそう思った  キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ  風が窓を揺らした 夜は揺り起こして どんな悲しいことも ボクが笑顔へと変えてあげる  舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと 降りやむことを知らずに ボクらの街を染める 誰かのために何かを したいと思えるのが 愛ということを知った  もし、キミを失ったとしたなら 星になってキミを照らすだろう 笑顔も 涙に濡れてる夜も いつもいつでもそばにいるよ  今年、最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの瞬間(とき)に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ、キミとずっと このまま一緒にいたい 素直にそう思える  この街に降り積もってく 真っ白な雪の華 2人の胸にそっと 想い出を描くよ これからもキミとずっと…
雪よ おまえは北風が泣き始めると 君のこと想い出す 頭からかぶったマフラー 雪ん子のようだった 雪が降るたび 君に会いたい ただ歳月が会わせない どうして? どうして? どうして? 不倖せなら会うのはつらい 倖せならもっと会えない あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい  若いこと いいことにして 敵ばかり作ってた そんな俺 ひとりでかばって 淋しげな顔してた 雪よ お前は知っているのか このちっぽけな人生で めぐり逢う 哀しみを偽りを 不倖せなら会うのはつらい 倖せならもっと会えない あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい森進一喜多条恵中山大三郎北風が泣き始めると 君のこと想い出す 頭からかぶったマフラー 雪ん子のようだった 雪が降るたび 君に会いたい ただ歳月が会わせない どうして? どうして? どうして? 不倖せなら会うのはつらい 倖せならもっと会えない あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい  若いこと いいことにして 敵ばかり作ってた そんな俺 ひとりでかばって 淋しげな顔してた 雪よ お前は知っているのか このちっぽけな人生で めぐり逢う 哀しみを偽りを 不倖せなら会うのはつらい 倖せならもっと会えない あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい あのあどけない 疑いもない 笑顔がこわい
湯けむりの町若いくせして 山のふもとの 湯の町ひとりで たずねて来た 君と別れた かなしみを ここで忘れて しまえるかと 岩風呂 湯の中 目を閉じりゃ 谷川のせせらぎが 胸に胸にしみるよ 悲しみよけいに深くなる 湯けむりの町  何をしてるか 君は今頃 葉書出したら 来てくれるか はなればなれに なる前に 君と二人で 来りゃ良かった 三味の音 聞こえる どこからか この土地の歌だろうか 妙に妙にさびしい 明日は帰ろか君のもと 湯けむりの町  酒など飲んでも さびしいよ 山あいに昇る月 ひとりひとり見ている 明日は帰ろか君のもと 湯けむりの町森進一山上路夫小室等若いくせして 山のふもとの 湯の町ひとりで たずねて来た 君と別れた かなしみを ここで忘れて しまえるかと 岩風呂 湯の中 目を閉じりゃ 谷川のせせらぎが 胸に胸にしみるよ 悲しみよけいに深くなる 湯けむりの町  何をしてるか 君は今頃 葉書出したら 来てくれるか はなればなれに なる前に 君と二人で 来りゃ良かった 三味の音 聞こえる どこからか この土地の歌だろうか 妙に妙にさびしい 明日は帰ろか君のもと 湯けむりの町  酒など飲んでも さびしいよ 山あいに昇る月 ひとりひとり見ている 明日は帰ろか君のもと 湯けむりの町
湯の町別れうた潮風はあまく 黒髪をゆらす 霧雨は重く 肩先をぬらす ここは湯の町 しのび逢う町 死ぬほど悩んで 死ぬほど泣いて あなたは別れを ためらうばかり  私ならいいの このままでいいの 待ちわびていつか 逢えればいいの だけどあなたを 苦しめるなら 一生一度のこの恋だいて 私はひっそり 身を引くだけよ  あしたまでせめて 恋人でいましょ いそがなくたって さよならはできる ここは湯の町 夜更けて二人 こころもからだも 思い出づくり 明日は笑って 見送りましょう森進一中山大三郎猪俣公章潮風はあまく 黒髪をゆらす 霧雨は重く 肩先をぬらす ここは湯の町 しのび逢う町 死ぬほど悩んで 死ぬほど泣いて あなたは別れを ためらうばかり  私ならいいの このままでいいの 待ちわびていつか 逢えればいいの だけどあなたを 苦しめるなら 一生一度のこの恋だいて 私はひっそり 身を引くだけよ  あしたまでせめて 恋人でいましょ いそがなくたって さよならはできる ここは湯の町 夜更けて二人 こころもからだも 思い出づくり 明日は笑って 見送りましょう
指輪指にくいこむ 想い出よりも 今夜はやさしい あなたが欲しい 指輪 グラスに 投げ入れりゃ 抱いて抱いてと 浮き沈み きりもみしながら 身を焦(こ)がす  あの日私に めかくしさせて 指に通した おもいで指輪 涙ぐんだら 抱き寄せて とても似合うと うなずいた あなたを信じて 燃えた夜  思い切ろうと はずしたはずの 指輪にあなたが キラリと光る いっそ憎めりゃ 楽なのに 酔えば酔うほど 恋しくて この手に指輪を 戻すのよ森進一麻生香太郎森進一指にくいこむ 想い出よりも 今夜はやさしい あなたが欲しい 指輪 グラスに 投げ入れりゃ 抱いて抱いてと 浮き沈み きりもみしながら 身を焦(こ)がす  あの日私に めかくしさせて 指に通した おもいで指輪 涙ぐんだら 抱き寄せて とても似合うと うなずいた あなたを信じて 燃えた夜  思い切ろうと はずしたはずの 指輪にあなたが キラリと光る いっそ憎めりゃ 楽なのに 酔えば酔うほど 恋しくて この手に指輪を 戻すのよ
夢 ステファニー (ロマンティック・トリップ)いつも遠くを見つめている ステファニー 俺だけが知っている 夢さ 風に舞う 胸の痛み ステファニー お前がくちずさめば そうさ いつも優しい夜がくる  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  真珠いろの街彷徨よう ステファニー 俺だけに囁く夢さ 粉れて まためぐり逢う ステファニー お前と飲むシャンパーニュ そうさ 光に溶ける思い出  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  ああ 人生の裏も表も 抱きしめて旅に出る森進一安井かずみ加藤和彦いつも遠くを見つめている ステファニー 俺だけが知っている 夢さ 風に舞う 胸の痛み ステファニー お前がくちずさめば そうさ いつも優しい夜がくる  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  真珠いろの街彷徨よう ステファニー 俺だけに囁く夢さ 粉れて まためぐり逢う ステファニー お前と飲むシャンパーニュ そうさ 光に溶ける思い出  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  ロマンティックな お前と今 旅に出る おいで ステファニー 愛さずにはいられない ああ 人生の裏も表も 抱きしめて 旅に出る  ああ 人生の裏も表も 抱きしめて旅に出る
夢という名の女秋が傾き冬になり 人が人恋う黄昏に 思い出すのはみちのくの 雪にうもれた港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  窓に木枯し吹き荒れて 人の心のうそ寒さ 酒を入れても歌っても まぶたかすめる港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  酔ってつぶれてまどろんで とぎれとぎれの夢を見る 不幸つづきの女でも 抱いて眠らす港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という森進一阿久悠浜口庫之助秋が傾き冬になり 人が人恋う黄昏に 思い出すのはみちのくの 雪にうもれた港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  窓に木枯し吹き荒れて 人の心のうそ寒さ 酒を入れても歌っても まぶたかすめる港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という  酔ってつぶれてまどろんで とぎれとぎれの夢を見る 不幸つづきの女でも 抱いて眠らす港町 夢という名の あの女 夢もないのに 夢もないのに 何故か夢という
夢をかざって困らせないでよもうこれ以上 痩せてしまうわ惚れてる限り 夢を夢を夢を飾って生きてく為に あなた一途に信じてる 裏切らないで裏切らないで わたしの恋を  あなたが笑ったその横顔を 見れば心の傷みも解ける 夢を夢を夢を飾って一人で泣いた 涙いちりん口紅の色 みんな消えますみんな消えます 重ねた肌に  こうなる筈ではなかったけれど これでいいのよ私のいのち 夢を夢を夢を飾って歩いてゆくわ 花はこぼれて散ろうとも 離れはしない離れはしない もうあなたから森進一里村龍一猪俣公章困らせないでよもうこれ以上 痩せてしまうわ惚れてる限り 夢を夢を夢を飾って生きてく為に あなた一途に信じてる 裏切らないで裏切らないで わたしの恋を  あなたが笑ったその横顔を 見れば心の傷みも解ける 夢を夢を夢を飾って一人で泣いた 涙いちりん口紅の色 みんな消えますみんな消えます 重ねた肌に  こうなる筈ではなかったけれど これでいいのよ私のいのち 夢を夢を夢を飾って歩いてゆくわ 花はこぼれて散ろうとも 離れはしない離れはしない もうあなたから
夢をつづけて瞳とじれば みえてくる そっとほほえみ みつめる誰か 心の中に ぬくもりで ひとつの光 ともしてくれた  夢をつづけて とまどう私に 言わないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい  面影ゆれて ふりむけば そっとうつむき 去りゆく誰か はかなさゆえに いとおしい 生きる喜び 教えてくれた  明日をください こごえる私に いわないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい  夢をつづけて とまどう私に 言わないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい森進一荒木とよひさ・梶賀千鶴子三木たかし瞳とじれば みえてくる そっとほほえみ みつめる誰か 心の中に ぬくもりで ひとつの光 ともしてくれた  夢をつづけて とまどう私に 言わないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい  面影ゆれて ふりむけば そっとうつむき 去りゆく誰か はかなさゆえに いとおしい 生きる喜び 教えてくれた  明日をください こごえる私に いわないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい  夢をつづけて とまどう私に 言わないでほしい さよならだけは どうぞお願い 時間を止めて いつまでも そばにいてほしい
ゆらぎさよならは あまりにも突然で そのくせどこかで 覚悟を決めていた  もう失うものがなけりゃ 気楽に生きて行ける ゆらりゆらり揺らいでる心を 深く深く深くうずめて 眠らない 目覚めない 誰にも出逢わない  思い出を 忘却に委ねても 消えてはくれない 鮮やかな幻  もう傷つく場所がなけりゃ なんにも怖くはない ゆらりゆらり揺らぎだす心を 見ない見ない見ないふりして 許さない 許せない 誰かを愛さない  もう信じるものがなけりゃ 怯える夜も来ない ゆらりゆらり揺らぎだす心を いつもいつもいつも抑えて 叶わない 夢見ない 奇跡は起こらない森進一木本慶子金田一郎さよならは あまりにも突然で そのくせどこかで 覚悟を決めていた  もう失うものがなけりゃ 気楽に生きて行ける ゆらりゆらり揺らいでる心を 深く深く深くうずめて 眠らない 目覚めない 誰にも出逢わない  思い出を 忘却に委ねても 消えてはくれない 鮮やかな幻  もう傷つく場所がなけりゃ なんにも怖くはない ゆらりゆらり揺らぎだす心を 見ない見ない見ないふりして 許さない 許せない 誰かを愛さない  もう信じるものがなけりゃ 怯える夜も来ない ゆらりゆらり揺らぎだす心を いつもいつもいつも抑えて 叶わない 夢見ない 奇跡は起こらない
夜明けの空夜明けの空に 翔(と)びたつ鳩よ どこまで翔ぶのか 向かい風のなかを つばさがほしい あの鳩になれたなら 知らない世界へ はばたいてゆくのに きみとつばさをならべ あの空を翔ぶのに どこまでも 夜明けの空に ひとりで祈る いつか翔びたつ 明日がくるように  夜明けの空に ながれる雲よ 疲れたこころを そっと包むように 自由がほしい あの雲になれたなら きみがまっている あの街へいくのに 二度と離しはしない きみの愛信じて いつまでも 夜明けの空に ひとりでうたう いつか旅立つ 朝をまちながら いつか旅立つ 朝をまちながら森進一五木寛之弾厚作夜明けの空に 翔(と)びたつ鳩よ どこまで翔ぶのか 向かい風のなかを つばさがほしい あの鳩になれたなら 知らない世界へ はばたいてゆくのに きみとつばさをならべ あの空を翔ぶのに どこまでも 夜明けの空に ひとりで祈る いつか翔びたつ 明日がくるように  夜明けの空に ながれる雲よ 疲れたこころを そっと包むように 自由がほしい あの雲になれたなら きみがまっている あの街へいくのに 二度と離しはしない きみの愛信じて いつまでも 夜明けの空に ひとりでうたう いつか旅立つ 朝をまちながら いつか旅立つ 朝をまちながら
夜霧の第二国道つらい恋なら ネオンの海へ 捨てて来たのに 忘れてきたに バック・ミラーに あの娘の顔が 浮かぶ夜霧の ああ第二国道  花の唇 涙の瞳 想い出さすな 帰らぬ夢を ヘッド・ライトの 光の中に つづくはてない ああ第二国道  闇を見つめて ハンドル切れば サイン・ボードの 灯りも暗い 泣かぬつもりの 男の胸を 濡らす夜霧の ああ第二国道森進一宮川哲夫吉田正つらい恋なら ネオンの海へ 捨てて来たのに 忘れてきたに バック・ミラーに あの娘の顔が 浮かぶ夜霧の ああ第二国道  花の唇 涙の瞳 想い出さすな 帰らぬ夢を ヘッド・ライトの 光の中に つづくはてない ああ第二国道  闇を見つめて ハンドル切れば サイン・ボードの 灯りも暗い 泣かぬつもりの 男の胸を 濡らす夜霧の ああ第二国道
夜の再会「幸せです」と うそをつき あなたを安心させました 別れてからつづく 女の哀しみを かくした声も ふるえてしまう 涙ぐみ頬を そっとぬぐった そっとぬぐった 夜の再会  あふれるような まごころの あなたはやさしい人でした 別れること 何も私は知らないで 命の恋と あの頃 あの日 もう一度 胸に 抱かれたいよな 抱かれたいよな 夜の再会  つつじの白い 花かげに 女の運命を泣きました あなたにだけ 捧げつくした女には 二度とは恋を したくはないの 愛された頃に 帰りたいよな 帰りたいよな 夜の再会森進一白鳥園枝蘭世「幸せです」と うそをつき あなたを安心させました 別れてからつづく 女の哀しみを かくした声も ふるえてしまう 涙ぐみ頬を そっとぬぐった そっとぬぐった 夜の再会  あふれるような まごころの あなたはやさしい人でした 別れること 何も私は知らないで 命の恋と あの頃 あの日 もう一度 胸に 抱かれたいよな 抱かれたいよな 夜の再会  つつじの白い 花かげに 女の運命を泣きました あなたにだけ 捧げつくした女には 二度とは恋を したくはないの 愛された頃に 帰りたいよな 帰りたいよな 夜の再会
夜の無言友人がある時 あなたを悪い女性(ひと)と まるで決め付ける様な 噂話を連ねた  何を聞かされても この愛に変わりはなく 私だけが知ってる 瞳の奥の輝きを  過去や未来さえも 善も悪も 無意味な夜の無言  何が純粋なの 正解なの 答えを持つ愛は どこに あるの  止まりそうな時間 身も心もゆだねる ここに二人いること 誰も知りはしないでしょう  情熱の形に 唇を這(は)わすあなた 待ちわびた滴(しずく)には まるでためらいも映らず  理想や現実や 明も暗も 無意味な夜の無言  何に向かってるの 間違いなの 答えを持つ愛は どこに あるの  過去や未来さえも 善も悪も 無意味な夜の無言  何が純粋なの 正解なの 答えを持つ愛は どこに あるの あるの…森進一まことはたけ友人がある時 あなたを悪い女性(ひと)と まるで決め付ける様な 噂話を連ねた  何を聞かされても この愛に変わりはなく 私だけが知ってる 瞳の奥の輝きを  過去や未来さえも 善も悪も 無意味な夜の無言  何が純粋なの 正解なの 答えを持つ愛は どこに あるの  止まりそうな時間 身も心もゆだねる ここに二人いること 誰も知りはしないでしょう  情熱の形に 唇を這(は)わすあなた 待ちわびた滴(しずく)には まるでためらいも映らず  理想や現実や 明も暗も 無意味な夜の無言  何に向かってるの 間違いなの 答えを持つ愛は どこに あるの  過去や未来さえも 善も悪も 無意味な夜の無言  何が純粋なの 正解なの 答えを持つ愛は どこに あるの あるの…
夜の走り雨屋根を濡らして 雨が降る 夜の新宿 駅裏を 消えたネオンの 残り火うけて 傘もささずに 帰りを急ぐ 女泣かせの 女泣かせの走り雨  人がいぶかる 訳を聞く 捨てておいてと 酒の息 酔いがさめれば あの人想い 酔えばなおさら 忘れられない 鼻緒切らして 鼻緒切らして雨やどり  同じ雨でも 私には かわく間もない 酒場雨 裾の乱れは 心の乱れ 濡れた髪から しずくがひとつ 男ごころは 男ごころは通り雨森進一千家和也鈴木邦彦屋根を濡らして 雨が降る 夜の新宿 駅裏を 消えたネオンの 残り火うけて 傘もささずに 帰りを急ぐ 女泣かせの 女泣かせの走り雨  人がいぶかる 訳を聞く 捨てておいてと 酒の息 酔いがさめれば あの人想い 酔えばなおさら 忘れられない 鼻緒切らして 鼻緒切らして雨やどり  同じ雨でも 私には かわく間もない 酒場雨 裾の乱れは 心の乱れ 濡れた髪から しずくがひとつ 男ごころは 男ごころは通り雨
ライラ ライ高速の駐車帯に車をとめて ハンドルにしがみついて泣いている男を見た 街の明かりはいつものように 夜をかざってる 渋滞の果てには家族の小さな家  「ハワイに行ってみたいなぁ」 おふくろがつぶやいて いつでも連れてってやるよと 笑ってこたえた どんな海だって 青くきれいだよ 働いて 働いて いい人だったと悔やまれる  ライラ ライラ ライラ ライラ… 少し休んで また歩こうか  たばこも酒もやめたから いまはとても健康 結構まじめにしているやからはいつも得をする 誰が好きだとか嫌いとかで 何かを棒に振る 自分を元気にするものだけポケットにつめこんでる  ライラ ライラ ライラ ライラ… すこし休んで また歩こうか  高速の駐車帯に車をとめて ハンドルにしがみついて泣いている男を見た  ライラ ライラ ライラ ライラ…森進一須藤晃橘いずみ高速の駐車帯に車をとめて ハンドルにしがみついて泣いている男を見た 街の明かりはいつものように 夜をかざってる 渋滞の果てには家族の小さな家  「ハワイに行ってみたいなぁ」 おふくろがつぶやいて いつでも連れてってやるよと 笑ってこたえた どんな海だって 青くきれいだよ 働いて 働いて いい人だったと悔やまれる  ライラ ライラ ライラ ライラ… 少し休んで また歩こうか  たばこも酒もやめたから いまはとても健康 結構まじめにしているやからはいつも得をする 誰が好きだとか嫌いとかで 何かを棒に振る 自分を元気にするものだけポケットにつめこんでる  ライラ ライラ ライラ ライラ… すこし休んで また歩こうか  高速の駐車帯に車をとめて ハンドルにしがみついて泣いている男を見た  ライラ ライラ ライラ ライラ…
林檎抄ひとりの女が林檎をかじりながら 私の部屋にやって来たのは 灰色の長雨に くさくさしていた午後でした  不幸と土産とさびしく笑いながら ホットな酒をのんでいるのは その昔 少しだけ 心をかわしたひとでした  何も話すなよ 何も聞かないから 居心地がいいのなら いつまでもいるがいいよ  ひとりの女が林檎を一つ残し 私の部屋を出ていったのは 待ちわびた夏の陽がぎらぎら輝く朝でした  不幸が好きだと 唇ゆがめながら 男のもとへ去って行くのは 運命に流されて おぼれているよなひとでした  何も話すなよ 何も聞かないから ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ  何も話すなよ 何も聞かないから ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ森進一阿久悠川口真ひとりの女が林檎をかじりながら 私の部屋にやって来たのは 灰色の長雨に くさくさしていた午後でした  不幸と土産とさびしく笑いながら ホットな酒をのんでいるのは その昔 少しだけ 心をかわしたひとでした  何も話すなよ 何も聞かないから 居心地がいいのなら いつまでもいるがいいよ  ひとりの女が林檎を一つ残し 私の部屋を出ていったのは 待ちわびた夏の陽がぎらぎら輝く朝でした  不幸が好きだと 唇ゆがめながら 男のもとへ去って行くのは 運命に流されて おぼれているよなひとでした  何も話すなよ 何も聞かないから ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ  何も話すなよ 何も聞かないから ひからびた林檎だけ テーブルに置いておくよ
ワインレッドの心もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはその透き通った瞳のままで あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を持つあなたの願いが かなうのに  もっと何度も抱き合ったり ずーっと今夜をゆれ合ったり 哀しそうな言葉に 酔って泣いているより ワインをあけたら  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはただ恥らうよりてだてがなくて あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心をまだもてあましているのさ この夜も  今以上 それ以上 愛されるまで あなたのその透き通った瞳の中に あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を写しだしてみせてよ ゆれながら森進一井上陽水玉置浩二もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはその透き通った瞳のままで あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を持つあなたの願いが かなうのに  もっと何度も抱き合ったり ずーっと今夜をゆれ合ったり 哀しそうな言葉に 酔って泣いているより ワインをあけたら  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはただ恥らうよりてだてがなくて あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心をまだもてあましているのさ この夜も  今以上 それ以上 愛されるまで あなたのその透き通った瞳の中に あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を写しだしてみせてよ ゆれながら
別れの接吻霧が流れてる あなたは帰る 別れの朝 ゆれてる あなたの肩に 何かいいたい 何もいえない 誰をうらんだらいいと 涙ためながらいった それが あなたの くちぐせ たった一夜だけの 愛の終り  とめてやれぬ せつなさ わけを話せない 悲しさ こんな思いだけは 二度ともう させたくない いつかは この両手で あなたを 強く抱きしめ これが愛だといえる 雨になりそうな空を じっと見上げては思う  傘を持たない あなたが 濡れてとても可哀想に思う 追って行けば 間に合う 熱いくちづけもかわせる 誰が邪魔をしても ひきとめて 連れ戻せる いつかは この両手で あなたを 強く抱きしめ これが愛だといえる森進一阿久悠平尾昌晃霧が流れてる あなたは帰る 別れの朝 ゆれてる あなたの肩に 何かいいたい 何もいえない 誰をうらんだらいいと 涙ためながらいった それが あなたの くちぐせ たった一夜だけの 愛の終り  とめてやれぬ せつなさ わけを話せない 悲しさ こんな思いだけは 二度ともう させたくない いつかは この両手で あなたを 強く抱きしめ これが愛だといえる 雨になりそうな空を じっと見上げては思う  傘を持たない あなたが 濡れてとても可哀想に思う 追って行けば 間に合う 熱いくちづけもかわせる 誰が邪魔をしても ひきとめて 連れ戻せる いつかは この両手で あなたを 強く抱きしめ これが愛だといえる
わが故郷は心のふるさと友よ達者か 無事でくらすのか 炭鉱をおりても 元気でいるか 遠き都で ひとり見る夢は みどり色濃き 谷間の町よ  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと  橋を渡れば 軒に紅い灯が ゆれて誘った 雪どけの道 北へ流れた あの娘夜の花 今もやさしき瞳よ 君よ  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと  瞼とじれば 涙あふれくる 過ぎし歳月 変わらぬ町よ 花は咲いたか 鳥は囀るか 帰りつきたい 旅路の果てに  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと森進一たかたかし彩木雅夫友よ達者か 無事でくらすのか 炭鉱をおりても 元気でいるか 遠き都で ひとり見る夢は みどり色濃き 谷間の町よ  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと  橋を渡れば 軒に紅い灯が ゆれて誘った 雪どけの道 北へ流れた あの娘夜の花 今もやさしき瞳よ 君よ  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと  瞼とじれば 涙あふれくる 過ぎし歳月 変わらぬ町よ 花は咲いたか 鳥は囀るか 帰りつきたい 旅路の果てに  わが故郷は 心のふるさと わが故郷は 心のふるさと
わたしの愛憎らしい あなたの言葉に 傷ついた ふりしてるけど それは嘘 ほんとうは 大好きよ くやしいけれど だれよりも あなたの心に ながいこと 住んできたから なにもかも わかるの それが わたしの愛 ふたりで 暮らすということは なにかを 失うことだけど あなただけは 夢をすてずに 生きてほしいの ほら あの広い 空に流れる 自由な雲の ように また 強がりを 言ってるねと きっと 笑われ そうだけど  以前から 感じていたけど ときどき ふっと黙り込む さみしげな あなたが 気になるの 言わないけれど 何よりも あなたの気持ちを 大切に 生きてきたから なんとなく わかるの 年の差 なんかは気にせずに きょうまで 暮らしてきたけれど わたしだけが たぶんどこかで 無理をしてたのね そう これからは 自分を大事に それぞれの道 歩きましょう ほら ちょっぴり 涙も出るけど それが わたしの 愛だから森進一五木寛之西村由紀江憎らしい あなたの言葉に 傷ついた ふりしてるけど それは嘘 ほんとうは 大好きよ くやしいけれど だれよりも あなたの心に ながいこと 住んできたから なにもかも わかるの それが わたしの愛 ふたりで 暮らすということは なにかを 失うことだけど あなただけは 夢をすてずに 生きてほしいの ほら あの広い 空に流れる 自由な雲の ように また 強がりを 言ってるねと きっと 笑われ そうだけど  以前から 感じていたけど ときどき ふっと黙り込む さみしげな あなたが 気になるの 言わないけれど 何よりも あなたの気持ちを 大切に 生きてきたから なんとなく わかるの 年の差 なんかは気にせずに きょうまで 暮らしてきたけれど わたしだけが たぶんどこかで 無理をしてたのね そう これからは 自分を大事に それぞれの道 歩きましょう ほら ちょっぴり 涙も出るけど それが わたしの 愛だから
私の恋初めて抱かれた あの日から 幸せ約束 燃えたのよ 信じて明日(あした)を 待ったのに 何処かの誰かと 計りにかけて 捨ててゆくのね 私の恋を  素顔のおまえが 可愛いと 優しく強く 抱きしめた 惚れたら泣くのは わかっていても あきらめきれない あんたのことが 何処か似ている 今度の男  やっと掴(つか)んだ 幸せを じっと噛みしめ 甘えたの 世間が許さぬ 恋だけど 死ぬまで愛して 欲しいのよ 涙で見えない 私の恋よ森進一坂口照幸・蘭世四方章人初めて抱かれた あの日から 幸せ約束 燃えたのよ 信じて明日(あした)を 待ったのに 何処かの誰かと 計りにかけて 捨ててゆくのね 私の恋を  素顔のおまえが 可愛いと 優しく強く 抱きしめた 惚れたら泣くのは わかっていても あきらめきれない あんたのことが 何処か似ている 今度の男  やっと掴(つか)んだ 幸せを じっと噛みしめ 甘えたの 世間が許さぬ 恋だけど 死ぬまで愛して 欲しいのよ 涙で見えない 私の恋よ
わるいひと死ぬか生きるか 迷うよな 恋がしたくて あなたに惚れた はなれられない わるいひと わたし抱いてた 燃える手で 誰を抱いてる 今夜のあなた  身の上話を ながながと 話す女は 不幸なものよ 決めてください わるいひと 死ねと云うなら 死にもする 待てと云うなら 待ちますあなた  二年暮らせば 五年もつ 誰が云ったか 気休め文句 あとをひくのよ わるいひと 夢とお酒と 燃える手で 墜ちてゆきたい 今夜もあなた森進一久仁京介森進一死ぬか生きるか 迷うよな 恋がしたくて あなたに惚れた はなれられない わるいひと わたし抱いてた 燃える手で 誰を抱いてる 今夜のあなた  身の上話を ながながと 話す女は 不幸なものよ 決めてください わるいひと 死ねと云うなら 死にもする 待てと云うなら 待ちますあなた  二年暮らせば 五年もつ 誰が云ったか 気休め文句 あとをひくのよ わるいひと 夢とお酒と 燃える手で 墜ちてゆきたい 今夜もあなた
吾亦紅マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難(にく)い さらさら揺れる 吾亦紅 ふと あなたの 吐息のようで… 盆の休みに 帰れなかった 俺の杜撰(ずさん)さ 嘆いているか あなたに あなたに 謝りたくて 仕事に名を借りた ご無沙汰 あなたに あなたに 謝りたくて 山裾の秋 ひとり逢いに来た ただ あなたに 謝りたくて  小さな町に 嫁いで生きて ここしか知らない 人だった… それでも母を 生き切った 俺、あなたが 羨ましいよ… 今はいとこが 住んでる家に 昔みたいに 灯りがともる あなたは あなたは 家族も遠く 気強く寂しさを 堪(こた)えた あなたの あなたの 見せない疵(きず)が 身に沁みて行く やっと手が届く ばか野郎と なじってくれよ  親のことなど 気遣う暇に 後で恥じない 自分を生きろ あなたの あなたの 形見の言葉 守れた試しさえ ないけど あなたに あなたに 威張ってみたい 来月で俺 離婚するんだよ そう、はじめて 自分を生きる  あなたに あなたに 見ていて欲しい 髪に白髪が 混じり始めても 俺、死ぬまで あなたの子供…森進一ちあき哲也杉本眞人マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難(にく)い さらさら揺れる 吾亦紅 ふと あなたの 吐息のようで… 盆の休みに 帰れなかった 俺の杜撰(ずさん)さ 嘆いているか あなたに あなたに 謝りたくて 仕事に名を借りた ご無沙汰 あなたに あなたに 謝りたくて 山裾の秋 ひとり逢いに来た ただ あなたに 謝りたくて  小さな町に 嫁いで生きて ここしか知らない 人だった… それでも母を 生き切った 俺、あなたが 羨ましいよ… 今はいとこが 住んでる家に 昔みたいに 灯りがともる あなたは あなたは 家族も遠く 気強く寂しさを 堪(こた)えた あなたの あなたの 見せない疵(きず)が 身に沁みて行く やっと手が届く ばか野郎と なじってくれよ  親のことなど 気遣う暇に 後で恥じない 自分を生きろ あなたの あなたの 形見の言葉 守れた試しさえ ないけど あなたに あなたに 威張ってみたい 来月で俺 離婚するんだよ そう、はじめて 自分を生きる  あなたに あなたに 見ていて欲しい 髪に白髪が 混じり始めても 俺、死ぬまで あなたの子供…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 楓
  4. 紫苑
  5. 魔法のコトバ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. あなたに捧ぐ33のこと
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. Wish
  5. 445

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照