川内康範作詞の歌詞一覧リスト  115曲中 1-115曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
115曲中 1-115曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
流れの雲に三沢あけみ三沢あけみ川内康範渡久地政信流れの雲に きいてみた おいら明日は 何処へ行く そよ吹く風に きいてみた おいら明日は 何処へ行く  風がこたえた 雲にきけ 雲がこたえた 風にきけ どうせこの世の 寂しさを 知っていながら なぜにきく  どこで死のうと 生きようと 泣いてくれてが あるじゃなし 天上 天下 ただひとり 頼れる奴は おれひとり
この道橋幸夫橋幸夫川内康範猪俣公章明日(あす)があるから 明日(あした)のために ただそれだけを 創るため われらは選んだ この道を たとえどんなに 遠くても 歩いていこうよ この道を  風が吹くから 嵐のために ただそれだけを 防ぐため われらは選んだ この道を たとえどんなに つらくても 歩いていこうよ この道を  影があるから 光のために ただそれだけを 守るため われらは選んだ この道を たとえどんなに 遠くても 歩いていこうよ この道を
君こそわが命一条貫太一条貫太川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
愛は不死鳥松原健之松原健之川内康範平尾昌晃かぎりある 命の悲しさ 愛しても 愛しても つくしても つくしても つくしたりない 真実の こころとこころを 羽根にして 蒼空高く 舞い上がる ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  かぎりある この世の運命を おしかえし おしかえし 裂かれても 裂かれても 愛のこころを 寄せながら いくどもいくども よみがえり あなたを連れて 舞い上がる ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない
君こそわが命坂本冬美坂本冬美川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
おふくろさん福田こうへい福田こうへい川内康範猪俣公章おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨の降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔(いさ)ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない
骨まで愛して三山ひろし三山ひろし川内康範北原じゅん生きてるかぎりは どこまでも 探しつづける 恋ねぐら 傷つきよごれた わたしでも 骨まで 骨まで 骨まで愛して ほしいのよ  やさしい言葉に まどわされ このひとだけはと 信じてる 女をなぜに 泣かすのよ 骨まで 骨まで 骨まで愛して ほしいのよ  なんにもいらない 欲しくない あなたがあれば しあわせよ わたしの願いは ただひとつ 骨まで 骨まで 骨まで愛して ほしいのよ
逢わずに愛して真田ナオキ真田ナオキ川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど  夢の夢の かけらを せめて せめて こころに あゝ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある  鳥に鳥に なりたい そっと そっと こころで あゝ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる  何が何が あっても すがり すがり 生きぬく あゝ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
骨まで愛して坂本冬美坂本冬美川内康範北原じゅん生きてるかぎりは どこまでも 探しつづける 恋ねぐら 傷つきよごれた わたしでも 骨まで 骨まで 骨まで愛してほしいのよ  やさしい言葉に まどわされ このひとだけはと 信じてる 女をなぜに 泣かすのよ 骨まで 骨まで 骨まで愛してほしいのよ  なんにもいらない 欲しくない あなたがあれば しあわせよ わたしの願いは ただひとつ 骨まで 骨まで 骨まで愛してほしいのよ
にっぽん昔ばなし三山ひろし三山ひろし川内康範北原じゅん坊やよい子だねんねしな いまも昔もかわりなく 母のめぐみの子守唄 遠いむかしの物語り  夢をたぐればほろほろと 花もほころぶかぐや姫 人のなさけがしあわせを そっと運んだ笠地蔵  一寸法師はどこにいる ぼくもわたしも鬼退治 勇気りんりん手をつなぎ 正義のための桃太郎  鶴のまことの恩返し たぬき分福茶をわかし うさぎ小亀とかけっくら 空じゃ天女が舞を舞う  坊やよい子だおっきしな 舌切り雀が飛んできた あれは花咲かお爺さん あれは浦島玉手箱 遠いむかしの物語り
骨までしみる箱崎晋一郎箱崎晋一郎川内康範市川昭介どこからどこまで あなたなの どこからどこまで あたしなの 一ツに燃えて 一ツに溶けて どこがどこやら……死ぬわ死ぬわよ ああ 骨まで骨まで 骨までしみる 夜よこのまま 終わらないで  窓辺に咲いてる 紅の花 生きているのね ひとすじに まるであなたと あたしのように 命のかぎり……咲いて散るのね ああ 骨まで骨まで 骨までしみる 夜よこのまま 終わらないで  夢じゃないない あたたかい あなたに抱かれて あたたかい しあわせだから しあわせ色に どこがどこやら……死ぬわ死ぬわよ ああ 骨まで骨まで 骨までしみる 夜よこのまま 終わらないで
命あたえて箱崎晋一郎箱崎晋一郎川内康範猪俣公章はなれていました 長いこと 女ひとり寝 ねむられず 息ずく乳房 抱きしめながら なおさら淋しい 私の愛に 誰か 誰か 誰かおねがい 命あたえて  忘れてしまった 訳じゃない 愛のぬくもり 欲しいけど 体がもえる 心がひえる 傷つきすぎた 私の愛に 誰か 誰か 誰かおねがい 命あたえて  はなれていました 長いこと 声をこらえる よろこびに とろけるほどの よろこびに 身もだえしたい 私の愛に 誰か 誰か 誰かおねがい 命あたえて
誰よりも君を愛す秋元順子秋元順子川内康範吉田正誰にも云われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただ一すじ 誰よりも 誰よりも君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別離(わかれ)が待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも 誰よりも 君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日も生きられる ああ いく歳月 変ることなく 誰よりも 誰よりも 君を愛す
逢わずに愛して吉幾三吉幾三川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の夢の かけらを せめてせめて こころに あぁ 永(と)久(わ)にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に鳥に なりたい そっとそっと こころで あぁ 紅(べに)の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命(さだめ)におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が何が あっても すがりすがり 生きぬく あぁ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
君こそわが命フランク永井フランク永井川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなに どんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
伊勢佐木町ブルースフランク永井フランク永井川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木(いせざき)あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの……灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく……灯がともる  あなた馴染みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの……灯がともる
君こそわが命氷川きよし氷川きよし川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなに どんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
夜がわるい真奈尚子真奈尚子川内康範吉田正愛すると言ったのはあなた 愛されたのはわたし 抱きしめたのはあなたで 許したのはわたし 誰もわるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ  変わらぬと言ったのはあなた おぼえていたのはわたし 忘れたのはあなたで 泣かされたのはわたし 誰もわるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ  別れると言ったのはあなた さよならしたのはわたし 呼びとめたのはあなたで もどって来たのはわたし 誰もわるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ
逢わずに愛して八代亜紀八代亜紀川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめてせめて こころに ああ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっとそっと こころで ああ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがりすがり 生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
私のために死ねますか内田あかり内田あかり川内康範聖川湧(ナレーション) 現世(うつせみ)の命絶えても永遠(とこしえ)に われきみともに 愛かき抱く  あなた こたえてくださいな 愛して恋して 一緒になって 死ぬまでしあわせ 誰でもねがう 夢よりたしかな 証しが欲しい  私はいつでも 見せられます あなた あなたあなたは 私のために 私のために 死ねますか  あなた みつめてくださいな たがいの双眸(まなこ)に 宿した真実(まこと) 限りある命を 永久(とわ)にするため 生きた愛した 証しが欲しい  私はいつでも 見せられます あなた あなたあなたは 私のために 私のために 死ねますか  あなた こたえてくださいな たとえばこの世に 終わりがこようと 離しはしないと 云われるよりも 切って血の出る 証しが欲しい  私はいつでも 見せられます あなた あなたあなたは 私のために 私のために 死ねますか 私のために 私のために 死ねますか
伊勢佐木町ブルース徳永英明徳永英明川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あなた馴染みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる
おふくろさんGOLD LYLIC森進一GOLD LYLIC森進一川内康範猪俣公章おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない
花と蝶杉良太郎杉良太郎川内康範彩木雅夫花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 女になりたい  花が咲くとき 蝶が飛ぶ 蝶が死ぬとき 花が散る 春を競って あでやかに どちらも どちらも 命を賭ける  花のいのちは 短いけれど 蝶のいのちも はかなくて 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 二人になりたい
今日子橋幸夫橋幸夫川内康範大野正雄白い白い 雪より白い 木れんの花 匂う夜 始めて逢って 消えた人 ああ あの人の名は 今日子 今日子は 白い木れん 今日子よ 今日子 何処にいる  (セリフ) 「あれは夢か、いや、夢でなんかあるものか。 あの花の咲いていた、木の下で、僕はたしかに あの人と……、あの人と……。」  淡い淡い 想いを秘めて また逢う日まで この花のよに 清らかでいてと いった人 ああ あの人の名は 今日子 今日子の やさしい声 今日子よ 今日子 何処にいる  白い白い 雪より白い 木れんの花 涙を見せず 夜明けと共に 消えた人 ああ あの人の名は 今日子 今日子は 白い木れん 今日子よ 今日子 何処にいる
君こそわが命藤田まこと藤田まこと川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
心 ざんばら近藤真彦近藤真彦川内康範H∧Lざんばら バラバラ 心も体も ささくれ どぶ泥 息はしてても  かたちだけだよ 生きているのは 彼女(あいつ)なくして あれからあれから  古びた恋を ひきずり ひきずり ざんばら バラバラ 死ぬかもしれぬ  ざんばら バラバラ 死んでたまるか  ざんばら バラバラ 骨のずいまで わかっているのさ 息はしてても  呼吸の笛が 鳴ってるだけさ 未練の糸に ぶんぶら下がる  糸が切れたら 地獄へ地獄へ ざんばら バラバラ 堕ちてゆく  ざんばら バラバラ おちてゆく  ざんばら バラバラ 恋が砕けて ざんばら バラバラ 心が死んで  ざんばら バラバラ 鬼火が燃える ざんばら バラバラ 鬼火が燃える ざんばら バラバラ 鬼火が燃える
恋 ざんばら近藤真彦近藤真彦川内康範TSUKASAざんばら バラバラ 心も体も ささくれ どぶ泥 息はしてても  かたちだけだよ 生きているのは 彼女(あいつ)なくして あれからあれから  古びた恋を ひきずり ひきずり ざんばら バラバラ 死ぬかもしれぬ  ざんばら バラバラ 死んでたまるか ざんばら バラバラ 死んでたまるか  ざんばら バラバラ 骨のずいまで わかっているのさ 息はしてても  呼吸の笛が 鳴ってるだけさ 未練の糸に ぶんぶら下がる  糸が切(き)れたら 地獄へ地獄へ ざんばら バラバラ 堕ちてゆく  ざんばら バラバラ おちてゆく ざんばら バラバラ おちてゆく  ざんばら バラバラ 恋が砕けて ざんばら バラバラ 心が死んで  ざんばら バラバラ 鬼火が燃える ざんばら バラバラ 鬼火が燃える  ざんばら バラバラ 鬼火が燃える ざんばら バラバラ 鬼火が燃える  ざんばら…
ときめきワルツ山川豊山川豊川内康範遠藤実風がどこかで 寂しく歌う なんであんなに 寂しいのかと 問わず語りに 耳かたむけて あれは誰かが なくした恋の きっと切ない 想い出ワルツ お前はそんな やさしい人さ  花と蝶だわ 私とあなた 流行(はやり)歌さえ お前にとっちゃァ しあわせ育てる 夢子守歌 つらい季節の 涙に耐えて 笑顔忘れぬ 愛情ワルツ おれの心の ときめきなのさ  影と形だ お前とおれは たがいに寄り添い あたためあって なんとかしあわせ 守ってきたが お前があっての しあわせだから 二人あわせて ときめきワルツ お前はおれの 命をつくる お前はおれの 命をつくる
愛待草より山川豊山川豊川内康範遠藤実見知らぬ人から 便りが届いた 寂しいのですと書いてある 紅花(べにばな)すかしの便箋に 想い出抱いてと書いてある たぶん雪国みちのくあたり 身寄りのすくない女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある  おんなじ人から便りが届いた 逢いたいのですと書いてある 矢車すかしの便箋に いつかはきっとと書いてある たぶん旅路の消印ばかり 名前をなのれぬ女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある  いつもの人から 便りが届いた 淡雪とけたと書いてある 鈴蘭すかしの便箋に 命のかぎりと書いてある たぶん孤独の暮らしの中で 昔を夢見る女性(ひと)なのか 愛待草よりと 愛待草よりと書いてある
逢わずに愛して前川清前川清川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめて せめてこころに ああ 永久(とわ)にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっと そっとこころで ああ 紅(べに)の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがり すがり生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君こそわが命石原裕次郎石原裕次郎川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
ブルー・ブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助わたしのこころは 淋しい湖 ブルー・ブルー・ブルー どんなにどんなに 愛されて 幸福だいて いる時も わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース  わたしのこころは 悲しい湖 ブルー・ブルー・ブルー 夕陽が夕陽が 燃えてても あなたのいない 夜が来る わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース  わたしのこころは 冷たい湖 ブルー・ブルー・ブルー まぶしいまぶしい 幸福が どんなに赤く 咲いてても わたしのこころは ブルー・ブルー そうよそうなの ブルー・ブルー ひとりで唄う ブルー・ブルース
眠られぬ夜のブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助夜が化粧をはじめると 風もないのに 心がさわぐ あの人が訪ねてくるような ドアが気になる 気になる 気になる ひとり身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ  恋はこりごり 捨てたのに 胸が燃えるわ 想い出されて あの人が誘いに来るような 紅が気になる 気になる 気になる ひとりの身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ  眠るつもりで 枕べの 消した灯りの 暗さの中で あの人の電話があるような ベルが気になる 気になる 気になる ひとり身の ああ 眠られぬ夜のブルースよ
あなたとわたし青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助肌でおぼえた 恋の味 こころでそっと かみしめて なんにも知らない 顔してる あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ  花になりたい 夢がある あなたの胸に 咲きながら 女の命が 燃えている あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ  燃えるこころの つきるまで ふたりの愛は 変らない 風も知ってる あの時を あなたとわたしの 夜が更ける ああ…… ふたりだけの ふたりだけの ブルースよ
この恋なくしたら青江三奈青江三奈川内康範吉田正灯りがほしい 暗い夜 ひとり ひっそりキャンドル ともす しあわせうすい 夜の蝶 ようやく 探した恋だから この恋 なくしてしまったら あたしはとっても 生きてはゆけない  涙が出てくる 暗い夜 ひとり 淋しくキャンドル ともす しあわせうすい 夜の蝶 ようやく つかんだ恋だから この恋 なくしてしまったら あたしはとっても 生きてはゆけない  いくども迎えた 暗い夜 ひとり せつなくキャンドル ともす しあわせうすい 夜の蝶 ようやく 咲かせた恋だから この恋 散らしてしまったら あたしはとっても 生きてはゆけない
霧のハイウェー青江三奈青江三奈川内康範大野正雄誰がつけたか ドリームコース デイトが二人の 幸福なのよ 時間の限りを 寄り添いながら 恋のドライブ 夜を夜を明かして ああオレンジカラーの 夢を見る  汐の香りを 身に沁みこませ 今夜もあなたは 迎えに来たわ 恋のドライブ 瞳をよぎる 幸福色の 虹が虹が飛んでく ああ霧が流れる 高速道路(ハイウェー)  星があんなに 降る夜に近い 芦屋六甲 風さえ甘い オレンジカラーの 光を切って 恋のドライブ 時を時を忘れて ああ あなたの胸の 花になる
愛の執念八代亜紀八代亜紀川内康範北原じゅんおぼえていてよ ねえあなた わたしがもしも 死んだなら あなたの人生 なくなるわ わたしが愛しているかぎり わたしがおそばにいるかぎり あなたは誰をも愛せない  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んでも 愛だけは あなたの胸で 生きている あなたのいのちが枯れるまで 誰にもあなたを渡さない こころの妻はわたしだけ  おぼえていてよ ねえあなた わたしが死んだら その日から あなたの命に なるでしょう あなたが生きているかぎり わたしはあなたを呼ぶでしょう あの世で一緒になるまでは
伊勢佐木町ブルース中森明菜中森明菜川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜(よる)を 惜(お)しむよに 伊勢佐木(いせざき)あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あなた馴染(なじ)みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる
お父さん八代亜紀八代亜紀川内康範鈴木淳ある人が言った 「母の愛は歌になるが、父の愛はきびしすぎて歌にもならない」 そうかなあと思う。 目をつむれば、父の色々な顔が思い出されて来る。 まがった事がきらいで、だから厳しく海の様な厳しさで生きていた。 そのくせちょっぴり涙もろくて母よりももっと涙もろくて 困った人を見るとほっておけないそんな父を私は好きだった。 雨が降る風が吹く貧しさの中にあっても、 母も私も父の胸に抱かれて暖かった。 あゝお父さん、歌にならないと言われるあなたの歌を 八代亜紀まぎれもない あなたの娘が感謝をこめて歌います。  生まれたときからお父さん あなたはわたしの鬼だった 雨の降る日も 風の日も 我が子を守る 鬼だった この世に虹をかけるよな こころきれいな 花になれ しみじみ教えて 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう  生まれたときからお父さん わたしはあなたの夢だった 雨の降る日も 風の日も あなたを困らす 夢だった 泣き虫だから 手を焼いて どこかにすてると いいながら そのくせなおさら 抱きしめて 強い男の 鬼の眼に きらりと見せた 真珠の涙 ああ お父さん ありがとう
お母さん八代亜紀八代亜紀川内康範川内康範故郷(くに)をはなれて ひとりぼっち つらい悲しい めにあって やっとわかった 親ごころ 身にしみましたよ お母さん  お腹こわすな 風邪ひくな 雨が降る日は 傘になり 雪の降る日は ぬくもりを あたえてくれた お母さん  人のしあわせ うらやむな 人にしあわせ あげるよな 心に花が 咲くのだと おしえてくれた お母さん  空を見上げりゃ 空にある 海を眺めりゃ 海にある 涯(はて)も知れない やさしさの マリアのような お母さん
おふくろさん天童よしみ天童よしみ川内康範猪俣公章おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨の降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない
愛は不死鳥布施明布施明川内康範平尾昌晃かぎりある 命の悲しさ 愛しても 愛しても つくしても つくしても つくしたりない 真実の こころとこころを 羽根にして 蒼空高く 舞い上る ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  かぎりある この世の運命を おしかえし おしかえし 裂かれても 裂かれても 愛のこころを 寄せながら いくどもいくども よみがえり あなたを連れて 舞い上る ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない  ごらん不死鳥 愛は不死鳥 愛は 愛は 永遠に死なない
命あたえて森進一森進一川内康範猪俣公章はなれていました 長いこと おんなひとり寝 眠られず 息ずく 乳房抱きしめながら なおさら 寂しい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  忘れてしまったわけじゃない 愛のぬくもり 欲しいけど 体が燃える 心が冷える 傷つきすぎた わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて  はなれていました 長いこと 声をこらえる よろこびに とろけるほどの よろこびに 身悶えしたい わたしの愛に 誰か 誰か 誰かお願い 命あたえて
女の旅路水前寺清子水前寺清子川内康範浜圭介人の生涯 雨・嵐 ましてや女が 歩む一生 夢や青春 恋に酔い 気がつきゃ 悔やみの繰り返し それでも真実(ほんとう)の 愛だけを 求めて歩く 女の旅路  恋のほむらに 身を灼いて 命を賭ける 人と信じて 熱い思いを ひとすじに 祈りに 祈って きたけれど 愛しちゃいけない 壁がある 運命(さだめ)がつらい 女の旅路  女の願いは 果てしない 幸せ探して 歩くのよ どこまでつづくの いばら道 明日に生きる 女の旅路
よいしょ・こらしょ水前寺清子水前寺清子川内康範浜圭介夕日に映える あなたの笑顔 私を置き去りにして 行方も知れず 恋のつらさが わからないのね 結婚しようと 思っていたのに あれも夢 これも夢だといまさらに 胸を締め付ける夕食の トントン まな板 叩けば泣けてくる どこにあなたは いるのよ 好きな屋台の ラーメンすすり 人生なるよに なるしかならぬ  よいしょ こらしょ ほらきた どっこいしょ よいしょ こらしょ ほらきた どっこいしょ  小窓に街が ぼやけて見えて 窓打つ小雨が胸を しとしと濡らす あの日は夢ね まぼろしなのね このまま過ぎるのね ふたりの全ては この部屋の 残り香だけが 思い出と 涙引き連れて 泣けてくる トントンまな板 叩けばあの頃の やさしいあなたの微笑み そうよあの時 女になって すべてあなたに甘えていれば…  トントン まな板 叩けば泣けてくる どこにあなたは いるのよ 好きな屋台の ラーメンすすり 人生なるよに なるしかならぬ  よいしょ こらしょ ほらきた どっこいしょ よいしょ こらしょ ほらきた どっこいしょ
誰よりも君を愛す長山洋子長山洋子川内康範吉田正誰にも言われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただ一すじ 誰よりも誰よりも 君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別離(わかれ)が待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも誰よりも 君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日が生きられる ああ いく歳月 変ることなく 誰よりも誰よりも 君を愛す
誰よりも君を愛すGOLD LYLIC松尾和子&和田弘とマヒナスターズGOLD LYLIC松尾和子&和田弘とマヒナスターズ川内康範吉田正誰にも云われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただひとすじ 誰よりも 誰よりも君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から わかれが待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも 誰よりも君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日が生きられる ああ いく歳月 変ることなく 誰よりも 誰よりも君を愛す
伊勢佐木町ブルース渚ようこ渚ようこ川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜(よる)を 惜(お)しむよに 伊勢佐木(いせざき)あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あなた馴染(なじ)みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる
愛ひとすじ八代亜紀八代亜紀川内康範北原じゅん恋のあぜ道歩いてきたわ 風も見ました 雪も見ました こころの地獄を さまよいながら ほのかに燃やす 真実の 灯り一つに すがってる 愛することしか できないわ できないわたし  あんな男に望みをかけて どこがいいかと そしられようと 口じゃ云えない 愛だから 命のかぎり どこまでも なんの取得も ないけれど 愛することしか できないわ できないわたし  恋のめくらと 嗤われようと わたしにゃ見える あゝあの人の どろんこだらけの 人生に きらりと光る 真実が 誰にも見えない わたしだけ 愛することしか できないわ できないわたし
マンハントに行こう楠トシエ楠トシエ川内康範小川寛興空は青く 上天気 心わくわく マンハント あなたにしようか あなたにしようか それとも チョビひげ生やした 紳士もミリキね だけどやっぱり よわいのは ハンサムよ マンハント マンハント マンハント マンハント ルルルルルルル マンハント  ウインクを するときが 一番わたしは 最高よ あなたにしようか あなたにしようか それとも お金持ちの デブちゃんにしようか だけど グッとくるのは ハンサムよ マンハント マンハント マンハント マンハント ルルルルルルル マンハント  夜のまちに 灯(ひ)がともりゃ 心わくわく マンハント あなたにしようか あなたにしようか それとも男はみんな 並びなさいよ だけど やっぱりいかすのは ハンサムよ マンハント マンハント マンハント マンハント ルルルルルルル マンハント
君こそ我が命和田弘とマヒナスターズ和田弘とマヒナスターズ川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚(よご)れ汚れて傷ついて 死ぬまで逢(あ)えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹(にじ)を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行(い)くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
女の河内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ川内康範曽根康明あなた別れて それきり逢えず おんな涙の 昨日の河に 憎しみ抱いて 沈んだけれど 愛が 愛があるかぎり いつかまた逢う 縁(えに)しがあれば 愛の不思議を 見るでしょう  あなた別れて それきり逢えず よそにしあわせ さがしてみても 別れたあとで 気がつきました 愛が 愛があるかぎり いつかもどるわ 真実あれば 愛の不思議を 見るでしょう  愛が 愛があるかぎり いつかもどるわ 真実あれば 愛の不思議を 見るでしょう
花と蝶ちあきなおみちあきなおみ川内康範彩木雅夫花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 女になりたい  花が咲くとき 蝶が飛ぶ 蝶が死ぬとき 花が散る 春を競って あでやかに どちらも どちらも 命を賭ける  花のいのちは 短いけれど 蝶のいのちも はかなくて 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 二人になりたい
逢わずに愛してちあきなおみちあきなおみ川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の 夢のかけらを せめて せめてこころに あゝ永久に ちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に 鳥になりたい そっと そっとこころで あゝ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 愛がなおさら つよくなる 何が 何があっても すがり すがり生きぬく あゝ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
杉良太郎の君こそわが命杉良太郎杉良太郎川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたの命は 短くて 遠くはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
恋石火杉良太郎杉良太郎川内康範曽根幸明切りもせぬのに 血をふきあげる そんな恋には 二度とは逢えぬ そうだよいつかは 散る身じゃないか いいからそのまま 抱き合って 男花女花(おばなめばな)の 火柱あげりゃ 暗夜航路の 灯りになるさ  一緒にいなけりゃ 呼吸(いき)もできない できぬ証しを 見せろとせまる 世間のまなこを まっすぐうけて いいからしっかり 寄り添って 命ぎりぎり ぎりぎり燃えりゃ 暗夜航路の 灯りになるさ  あっという間に 時が流れる 季節季節の 春待つよりも 好いて好かれた 一ッ石(いし) いいからそのまま 動かずに 燃えて燃やして 石火になりゃァ 暗夜航路の 灯りになるさ
月光仮面(月光仮面は誰でしょう)GOLD LYLICハニー・ナイツGOLD LYLICハニー・ナイツ川内康範小川寛興どこの誰かは 知らないけれど 誰もがみんな 知っている 月光仮面の おじさんは 正義の味方よ よい人よ 疾風のように 現われて 疾風のように 去って行く 月光仮面は 誰でしょう 月光仮面は 誰でしょう  どこかで不幸に 泣く人あれば かならずともに やって来て 真心こもる 愛の歌 しっかりしろよと なぐさめる 誰でも好きに なれる人 夢を抱いた 月の人 月光仮面は 誰でしよう 月光仮面は 誰でしょう  どこで生まれて 育ってきたか 誰もが知らない なぞの人 電光石火の はやわざで 今日も走らす オートバイ この世の悪に 敢然と 戦い挑んで 去って行く 月光仮面は 誰でしょう 月光仮面は 誰でしよう
銀座の女森進一森進一川内康範曽根康明夢をなくして また拾い 明日は咲こうと する女 そして傷つき 泣きながら それでも夢を それでも夢を ああ 銀座  あなたわたしの 眼を見てよ 死んでもいいわと いう女 そしてなんども 裏切られ それでも虹を それでも虹を ああ 銀座  わたし好きなら 好きなよに 好きにしてよと いう女 いくども恋して ながされて それでも恋を それでも恋を ああ 銀座  夢を拾って またなくし 夜に咲こうと する女 明日の行方も わからずに それでも夢を それでも夢を ああ 銀座
火の女森進一森進一川内康範彩木雅夫あなたの涙は 作った涙 ゆるしてくれよと 口先ばかり それであなたは すむのでしょう けれども わたしは忘れない 泣いたり しないわ 恋をする 火の女  あなたは戯れ わたしは真実 命の灯りを 消されたならば 赤い血潮は 枯れるでしょう けれども わたしは 生きている わたしは 泣かない 恋をする 火の女  あなたは はなれる わたしは とまる はじめて結んだ 二人の恋を あれも夢だと いうのでしょう けれども わたしは おぼえてる わたしは 死なない 恋をする 火の女
あゝ特別攻撃隊橋幸夫橋幸夫川内康範吉田正誰にいわれたわけではないが 放っておけずに志願した 母さん黙って泣きながら お守り袋をくれたっけ 空に散るのかそれとも海か 故国よさらば俺は征く 征くぞ特別攻撃隊  愛しい人の祈りをこめた 千人針をしっかりと こころに痛く抱きしめて 思わず名前を叫んだっけ 雲の流れにそよ吹く風に 別れを告げて俺は征く 征くぞ特別攻撃隊  友よさいごの便りを書こう お前の顔を見せてくれ 今じゃ喧嘩もなつかしい どっちも似たような意地ッ張り 泣くな笑って行こうじゃないか 祖国よさらば俺は征く 征くぞ特別攻撃隊
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
この世を花にするために橋幸夫橋幸夫川内康範猪俣公章若いいのちは誰でもおなじ 空と海とが好きなのさ けれども街が暗いから この世を花にするために いのちを歌う機動隊  恋もなさけも人間らしく してもみたいさかけたいが それすら自由になりはせぬ この世を花にするために 鬼にもなろうさ機動隊  何を好んでそしりをうける 損はやめろと云われても 信じているんだ太陽を この世を花にするために 明日に生きる機動隊
あなたをつれて橋幸夫橋幸夫川内康範大野正雄あなたを連れて旅に出たい 体の弱い人だから きれいな空気をすわせて上げたい 夕陽ほのかな湖畔に立って あなたの肩を抱いて上げたい  あなたを連れて旅に出たい 貧しい僕のことだから ぜいたくなんぞは出来ないけれど ひばりさえずる野菊の丘で あなたの髪を撫でて上げたい  あなたを連れて旅に出たい 潮風頬にうけながら 乗合馬車にゆられて行きたい 星のふるよな渚に立って あなたに海を見せて上げたい
花と蝶森進一森進一川内康範彩木雅夫花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 女になりたい  花が咲くとき 蝶が飛ぶ 蝶が死ぬとき 花が散る 春を競って あでやかに どちらも どちらも 命を賭ける  花のいのちは 短いけれど 蝶のいのちも はかなくて 花が散るとき 蝶が死ぬ そんな恋する 二人になりたい
あのとき君は天使だった森田健作森田健作川内康範鈴木邦彦おぼえているかい あの日のことを 恋をなくして 傷ついて この世をすねていた僕に 生きる希望をあたえてくれた あのとき君は天使(エンジェル)だった  おぼえているかい あの日のことを 君に逢わずに いたならば いまはどうしているだろう だから一生はなしはしない あのとき君は天使だった  おぼえているかい あの日のことを たとえこの世が どうなろうと 明日があるよとこの僕に 虹の青春あたえてくれた あのとき君は天使だった
江戸の夜明け杉良太郎杉良太郎川内康範曽根康明明日があるよで ないよな運命(さだめ) 恋も人情も 世間の外で 赤い夕陽を背に浴びながら 江戸の夜明けの幕をひく 隠密同心 捜査網  花が咲くよに この世を生きて おれも人の子 散りたいけれど そうはいかない事件が起きる だから行くのだ江戸の街 隠密同心 捜査網  呼んでくれるな 愛しい人よ 命ひとつが ままにはならぬ 江戸の夜明けを静かに開けて 明日は何処かへ消えている 隠密同心 捜査網
嘘でもいいから奥村チヨ奥村チヨ川内康範筒美京平よそにいい人 いないから あなたを追うの よそにいい人 いないから 追うのよ いつまでも しつこいなんて いわないで 嘘でもいいから 笑顔になって 笑顔になって たまには頭を 撫で撫でしてよ  よそにいい人 あるのなら あなた忘れて よそにいい人 あるのなら 忘れて行きたいわ それでもいいさと いわないで 嘘でもいいから 真顔になって 真顔になって たまには あなたも妬き妬きしてよ  よそにいい人 でてきても あなたのほかには よそにいい人 でてきても ほかには 愛せない わかっているよと 笑わずに 嘘でもいいから 深刻ぶって たまには 涙で抱き抱きしてよ
月光仮面ザ・モップスザ・モップス川内康範星勝何処の誰だか 知らないけれど 誰もがみんな 知っている 月光仮面のおじさんは 正義の味方だ いい人だ 月光仮面は誰でしょう  何処の誰だか 知らないけれど 誰もがみんな 知っている 「バキューン」 弾丸よりも速く 「なんだ坂、こんな坂」 力は機関車よりも強く 「ピュッピュッ」 高いビルなどひとっとび 「アッ空を見ろ」 「鳥だ」 「飛行機だ」 「月光仮面だ」 そうです月光仮面です 月光仮面のおじさんは、遠い宇宙の彼方から この地球上に姿をあらわし、 水金地火木土天海冥 日夜正義の為に 戦い続けているのです 月光仮面のおじさんは いったい誰でありましょう。  疾風の様にあらわれて ほんでもってほれまた 疾風のように去ってゆく 月光仮面のおじちゃんは 正義の味方だ いい人だ 月光仮面は 誰でしょう
おとこ節植木等植木等川内康範猪俣公章かあちゃんぼやくな おれだって つらいいのちを生きている 思えばお前にいじめられ 可愛いわが子にゃさげすまれ  親父はずれてる なっちょらん ようやく学校へ行かせても 親のすねからこころまで 噛りに噛る面の皮  せめては想い出 ねんころり 花の初恋なつかしく そっとかくれて逢ったけど 昔の人はもういない  猫の目くるくる 世が変り 恋も人情も古ぼけた そこで浮気をしてみたが ソロバンカチャカチャ眠れない  泣いてくれるな わが友よ おれもお前も色あせた サムライ日本の生き残り せめて歌およ男節 男ナミダの物語り
ザ・モンスター~「コンドールマン」ベン・さいとうとザ・モンスターズベン・さいとうとザ・モンスターズ川内康範鈴木邦彦ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらの名前は ゼニクレージー ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ そんなに嫌うなおれさまは 銭に狂った 人間さまの こころが産んだ 欲の虫 ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらは化物 ゼニクレージー  ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらの名前は ヘドロンガー ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ もっともっと流せよ もっと汚せ いまに魚も 喰えなくなるさ そうすりゃ 地獄の鬼になる ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらは化物 ヘドロンガー  ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらの名前は ゴミゴンだ ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ どんどん汚せば おれ太る もっとやれやれ 人間さまが きたなくなれば おれ太る ウッヒヒ ウッヒヒ ウッヒヒのヒッ おいらは化物 ゴミゴンだ
七色仮面の歌キング小鳩会キング小鳩会川内康範小川寛興とけないなぞを さらりとといて このよにあだなす ものたちを デンデントロリコ やっつけろ デンデントロリコ やっつけろ 七つのかおの おじさんの ほんとのかおは どれでしょう  ゆめは七色 きれいなにじの みんなよんでる しあわせを デンデントロリコ もってくる デンデントロリコ もってくる 七つのこえの おじさんの ほんとのこえは どれでしょう  とけないなぞを さらりとといて このよにあだなす ものたちを デンデントロリコ やっつけろ デンデントロリコ やっつけろ 七つのかおの おじさんの ほんとのかおは どれでしょう  ゆめは七色 きれいなにじの みんなよんでる しあわせを デンデントロリコ もってくる デンデントロリコ もってくる 七つのこえの おじさんの ほんとのこえは どれでしょう
恍惚のブルース美空ひばり美空ひばり川内康範浜口庫之助女の命は 恋だから 恋におぼれて 流されて 死ぬほどたのしい 夢をみた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびよる 恍惚のブルースよ  あたしをこんなに したあなた ブルーシルクの 雨が降り こころがしっとり 濡れていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのび泣く 恍惚のブルースよ  あなたがこんなに したわたし ブルーパールの 霧が降り わたしは貝に なっていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またすすり泣く 恍惚のブルースよ
落日小林旭小林旭川内康範北原じゅんうらぶれこの身に 吹く風悲し 金もなくした 恋もなくした 明日の行方が わからないから ままよ死のうと 思ったまでよ  生まれた時から この世のつらさ 知っているよで なにも知らずに 落ちてはじめて 痛さを知って 恋にすがって また傷ついた  それでもこの身を つつんでくれる 赤い夕陽に 胸をあたため どうせ死ぬなら 死ぬ気で生きて 生きて見せると 自分に云った
誰よりも君を愛す加山雄三加山雄三川内康範吉田正誰にも云われず 互いに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが あヽ夢ではない たゞひとすじ 誰よりも 誰よりも君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別れが待っている あゝそれでもなお 命かけて 誰よりも 誰よりも君を愛す  あなたがなければ 生きては行けない あなたがあるから 明日も生きられる あゝいく歳月 変ることなく 誰よりも 誰よりも君を愛す
流れの雲に天知茂天知茂川内康範渡久地政信流れの雲にきいてみた おいら明日は 何処へ行く そよ吹く風に きいてみた おいら明日は 何処へ行く  風がこたえた 雲にきけ 雲がこたえた 風にきけ どうせこの世の寂しさを 知っていながら何故にきく  何処で死のうと 生きようと 泣いてくれてがあるじゃなし 天上天下 ただひとり 頼れる奴は 俺ひとり 頼れる奴は 俺ひとり
誰よりも君を愛す井上陽水井上陽水川内康範吉田正誰にも云われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただひとすじ 誰よりも 誰よりも君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別離(わかれ)が待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも 誰よりも君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日も生きられる ああ いく歳月(としつき) 変ることなく 誰よりも 誰よりも君を愛す
傷だらけの恋石川さゆり石川さゆり川内康範北原じゅん愛の歓び 花にして かぎりを知らぬ 夢を編み 天のおくつき しあわせ求めて 舞い上がり 燃える燃える 燃えながら 落ちる落ちる 涯もなく あぁ おどろおどろな 傷だらけの恋  おんなの涙 あなただけ しあわせ まどろみ 抱きしめて 永遠にこわさぬ 誓いを交わした 人なのに 変わる変わる 色あせて 朽ちる朽ちる とめどなく あぁ 夢も虚しい 傷だらけの恋  別れ哀しみ しりぞけて ひとりで生きるも 寂しくて 旅のつれづれ ゆきずり またもや 恋をして 燃える燃える 燃えつきる 冷める冷める ふりかえる あぁ 過去にたじろぐ 傷だらけの恋
花と涙森進一森進一川内康範宮川泰愛のしとねに 身を横たえて 女は花になればいい 男は男は どんなに激しく想っても 口に出せない 口に出せない愛もある  花のほほ笑み 夢かぎりなく 女は明日を待てばいい 男は男は しあわせ あたえる その日まで つらさかくして つらさかくして 生きている  花の命は短かいものと 女は甘えてよりかかる 男は男は 涙の甘さを見せないが 愛をこころで 愛をこころでかみしめる
死なず花山川豊山川豊川内康範五木ひろしごらんよ夜空の星でさえ あんなにたがいを呼んでいる もっとおよりよ世間は見るな おれとお前の あ…死なず花  おれのまなこを見てくれよ 言葉はいらない胸あわせ 死ぬも生きるも一緒なら きれいに咲こうよあ…死なず花  お前の 昔がどうあろと おれが見たのは愛だけさ 霜枯れ季節のつらさを越えて 永遠に生きようあ…死なず花
恋しぐれ藤原浩藤原浩川内康範遠藤実あなたのやさしさ知るまえに 別れてしまった 酒場まち ばかでした ばかでした 酒に涙をうすめても 逢いたさが つのるだけ 今夜も 恋しぐれ  おとこの時計を腕につけ いい人いるのと嘘をつく もう一度 もう一度 胸にすがって 詫びたいの 若すぎた春を恨み 今夜も 恋しぐれ  暮らしも荒れたと 指さされ 噂も冷たい 酒場まち 肩を抱き 肩を抱き ついて来いよと 言った日を 思い出し 思い出し 今夜も 恋しぐれ
語りかけ森進一森進一川内康範川内康範そこにいる人どうしたの 今にも涙がこぼれそうだよ 俺にはそんなにちからはないが よければ事情をしてごらん  どうせこの世は火の車 泣きたきゃ泣きなよ胸のしこりを はき出しゃ少しは気が晴れる そして明日がやってくる  どうせこの世を吹く風は ときには冷たいこともあるが 心に太陽抱いていれば いつかは花咲くときがくる いつかは花咲くときがくる 
夜がわるい松尾和子松尾和子川内康範吉田正愛すると言ったのは あなた 愛されたのは わたし 抱きしめたのは あなたで 許したのは わたし 誰も わるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ  変らぬと言ったのは あなた おぼえていたのは わたし 忘れたのは あなたで 泣かされたのは わたし 誰も わるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ  別れると言ったのは あなた さよならしたのは わたし 呼びとめたのは あなたで もどって来たのは わたし 誰も わるいんじゃない 夜が 夜がわるいのよ
逢わずに愛して藤圭子藤圭子川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の夢のかけらを せめてせめて こころに あゝ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に鳥になりたい そっとそっと こころで あゝ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 逢いがなおさら つよくなる 何が何があっても すがりすがり 生きぬく あゝ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
慟哭のブルース水原弘水原弘川内康範曽根幸明あなたを欲しい 欲しくてたまらない 誰にも渡せる 愛じゃない あなたのすべてが 好きだから あたしは死ぬほど 苦しんだ それでもこわれる 悲しさで ああ 心が裂ける 慟哭のブルース  あなたを欲しい 欲しくてたまらない 涙ですむよな 愛じゃない あなたに逢った あの日から あたしの命は すてていた 逢えない夜は 死ぬほどに ああ 心が裂ける 慟哭のブルース 心が裂ける 慟哭のブルース
君こそわが命GOLD LYLIC水原弘GOLD LYLIC水原弘川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
愛は惜しみなく園まり園まり川内康範宮川泰「あなたをなくしたら わたし きっと生きて行けない」  愛したからには 愛したように あなたひとりを 抱きしめて 愛して 愛して 愛しぬいて いのちのかぎり 惜しみなく ああ わたしは愛して 愛されたいの  あなたのすべてを 愛したからは あなたひとりに 燃えたいの 愛して 愛して 愛しぬいて 愛することに 惜しみなく ああ 女のいのちを なくしてみたい  はなれているのが とってもつらい あなたひとりに すがりつき 愛して 愛して 愛しぬいて 死ぬまで変らず 惜しみなく ああ わたしは愛して 愛されたいの
伊勢佐木町ブルースGOLD LYLIC青江三奈GOLD LYLIC青江三奈川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ジュビドゥビ ジュビドゥヴァ…… 灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ジュビドゥビ ジュビドゥヴァ…… 灯(ひ)がともる  あなた馴染みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ジュビドゥビ ジュビドゥヴァ…… 灯(ひ)がともる
気まぐれブルース青江三奈青江三奈川内康範曽根幸明あなたを愛した 愛したからには 死ぬまで変らぬ 誓って欲しい 女ごころを 知りながら 嘘と真実は 気まぐれなのさ うそぶきながらも 火をつける ああ ああ わるい人  お前を好きでも どうにもならない 生まれた時から こうしてきたと 女ごころを 知りながら 明日のことなど わかりはしない うそぶきながらも 抱きよせる ああ ああ わるい人  冷たくされると なおさら燃えるわ せめて嘘でも 信じていたい 女ごころを 知りながら 逢った運命が 気まぐれなのさ うそぶきながらも 惹きよせる ああ ああ わるい人
札幌ブルース青江三奈青江三奈川内康範曽根幸明すすきの町に 灯がともる ほのかな明るい 灯がともる 昨日おとして 今日またひろう 恋のかけらを 散りばめながら ああ わたしの札幌 あなたの札幌 夢呼ぶ街よ  アカシア並木は 雪化粧 北斗の星さえ 花の顔 けれどもあの娘は こころを粧う 熱い血潮で 夜明けを招く ああ わたしの札幌 あなたの札幌 夢呼ぶ街よ  鐘が鳴ります 時計台 月はまだかよ 藻岩山 風がより添い 羊が丘へ 恋の夕笛 さやかにわたる ああ わたしの札幌 あなたの札幌 夢呼ぶ街よ 
恋命青江三奈青江三奈川内康範川内康範一人で生きても命はいのち 二人で生きても命はいのち だから 賭けてるあなた一人に つまずき つまずきやっとのことに つかんだほんとの恋だから  どこで死んでも命はいのち どこで生きても命はいのち 会うも さだめよ別れもさだめ この世の きまりをのりこえて たがいに あずけた恋命  なんに散らそうと命はいのち なんに咲こうと命はいのち だから 悔いなく二人で燃えて いのち ひとつに溶けあって あなたと 揚げる恋花火 
恍惚のブルース青江三奈青江三奈川内康範浜口庫之助女の命は 恋だから 恋におぼれて流されて 死ぬほどたのしい夢をみた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびよる 恍惚のブルースよ  あたしをこんなにしたあなた ブルーシルクの雨が降り こころがしっとり濡れていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またしのびなく 恍惚のブルースよ  あなたがこんなにしたわたし ブルーパールの霧が降り わたしは貝になっていた あとはおぼろ あとはおぼろ ああ 今宵またすすり泣く 恍惚のブルースよ
君・星よりもはるかなり橋幸夫橋幸夫川内康範大野正雄~星よりもなおはるかなる君なりと 思えど悲し忘られなくて~  君、星よりもはるかなり 呼んでも呼んでもかえりはしない せめて想いとどけ 生まれてはじめて恋をした 僕の心の心の人よ あの人よ  君、星よりもはるかなり 忘れた忘れたはずなのに せつない祈りこめて 涙にじませ夢にみる 僕の心の心の人よ あの人  君、星よりもはるかなり とどけよわが声とどくなら せめて便りとどけ 生きるちからが欲しいのだ 僕の心の心の人よ あの人よ
座頭市ひとり旅勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明いやだいやだよ おてんとさん あんたが照っても くもっても おれに吹く風 やみはせぬ 何処へ行こうと 気まゝなはずが だんだん世間がせまくなる  ひとりぼっちで 旅をして ふるさと忘れた ふりをする なまじおぼえて いるよりは 想い出すまい 昨日のことは 誰にも見せない 涙顔  いつかまた逢う こともある ごらんの通りの 風来坊 かけた情が 仇になり どこで死のうと 生きよとまゝよ 誰にも知られぬ ひとり旅
座頭市勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明「俺たちゃな御法度の裏街道を歩く渡世なんだぞ。 いわば天下の嫌われもんだ」  およしなさいよ 無駄なこと 言って聞かせて そのあとに 音と匂いの 流れ斬り 肩も寂しい 肩も寂しい……  「ああ…いやな渡世だなあ」  親のある奴 どきやがれ いやだ いやだと よけながら 涙忍んで さかさ斬り 何処へ行くのか 何処へ行くのか……  「ハハハハ ああ 眼があきてえなあ」  おやめなさいよ 罪なこと 情け知らずの さげすみを 花を散らして みだれ斬り 夕陽を浴びる 夕陽を浴びる…… 夕陽を浴びる……
座頭市の唄勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明「手前のことを言うのは嫌でございますけどネ、 私は座頭という名前の通り、五年前までは、笛を吹いて 町を流していた按摩でさぁ 眼が見えねえばっかりに、ずいぶんいじめられもしました。 悔りもうけました。泣きはしないが、くやしかったね。 今に見ていろ眼あきの野郎ども、そう思っていじりはじめたのがこいつだ。 眼くらはね、針の修行をつんでも検校という高い位に昇れるんだ。 又、琴・三絃の師匠にもなれる。だが、そんなことは俺の性には 合わねえし、又、眼あきどもが眼玉ひんむいて驚くほどの事じゃねえやな。 そうでございましょう。皆さん方も立派な眼あきだが、 こんな事出来るかい」  およしなさいよ 無駄なこと 言って聞かせて そのあとに 音と匂いの 流れ斬り 肩も寂しい 肩も寂しい…… 「いやな渡世だなあ」  親のある奴 どきやがれ いやだいやだと よけながら 涙忍んで さかさ斬り 何処へ行くのか 何処へいくのか…… 「もう眼があきてえなあ」
あき子勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明風もないのに 花が散る 運命(さだめ)というには あまりにも ひどい仕打ちと 泣いていた あき子と言う名の人だった あゝ それっきり かえらない  雨も降らぬに 花が散る 一人ぢゃ駄目よと 言い乍ら 肩を寂しく ふるわせた あき子と言う名の人だった あゝ それっきり かえらない  人にかくれて 花が散る しづかにしづかに 恋をして 咲いて間もなく しぼんでた あき子と言う名の人だった あゝ それっきり かえらない
あれっきり勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明あれっきり おれとお前は 街で逢っても 知らぬ顔 雪降る夜だよ おれが買ってやった コートをコートを なぜ着ない  あれっきり おれとお前は 街で逢っても 知らぬ顔 風吹く夜だよ 声をかけなくても あの眼であの眼で なぜ見ない  あれっきり おれとお前は 逢わずに愛して 行く運命(さだめ) 雨降る夜だよ おれが買ってやった 傘を傘を なぜささぬ
どんとやれ勝新太郎勝新太郎川内康範曽根幸明なんだなんだなんだよ 男のくせに いのちいのちいのちを 惜しがって なにが出来るか 出来るまで 胸をたたいて どんとやれ  なんだなんだなんだよ 男のくせに これがこれがこれが 世のために なるときめたら 逃げ出すな どうせ二つと ないいいのち  なんだなんだなんだよ 男のくせに 恋に恋にいのちを 賭けるのも 義理にいのちを 賭けるのも おなじことなら どんとやれ
悲しみよとまれ伊藤咲子伊藤咲子川内康範川内康範みんなにやさしく迎えられ 今にも 今にも 親兄弟たちに 会える気がして やっとのことに お元気ですか と そっとそっと 呼びかけてみる  誰でも それぞれ それぞれに 他人(ひと)に言えない理由(わけ)があるでしょ 迷惑なんか かけはしません せめて名乗ってくれたなら このまま黙って帰ります  たとえば 親だとわかっても 育ての故郷(くに)への 愛が惜しまれる 自分一人じゃ 幸せになれない いくさはもうごめんです 今日限り 悲しみよ とまれ 今日限り 悲しみよ とまれ
おんな道美空ひばり美空ひばり川内康範船村徹めぐり逢えそで 逢えぬよな 夢もおぼろな 恋をして 涙いくたび 枯れもせず 明日があるから 生きてきた ああ いや果てのおんな道  風の噂に 傷ついた 疼(うず)くこころを 抱きしめて 凍(こお)る吹雪を 見ながらも 愛を信じて 生きてきた ああ いや果てのおんな道  人のそしりの 中にさえ どこかに真実 あるだろと つらい命に 花そえて 痛みに耐えて ちりばめた ああ いや果てのおんな道
別れの川美川憲一美川憲一川内康範北原じゅんふり向かないで そのまんま あたしに向けた 背中を見せて 別れの川を渡って行ってよ 男と女の別れの夜は 月もいらない 花もいらない サヨナラだけが あるだけよ  しあわせなんて 祈らずに 他人になった まなこを見せて 別れの川を 渡って行ってよ 男と女の 別れの夜は 夢も消えてる 情(じょう)も冷えてる サヨナラだけが あるだけよ  いまさら何を あたためる あたしに向けた 刃(やいば)を見せて 別れの川を 渡って行ってよ 男と女の 別れの夜は 明日もおぼろで 命おぼろで サヨナラだけが あるだけよ
逢わずに愛して内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ川内康範彩木雅夫涙枯れても 夢よ枯れるな 二度と咲かない 花だけど 夢の夢の かけらを せめて せめて こころに ああ 永久にちりばめ 逢わずに愛して いついつまでも  逢えば別れが つらくて泣ける 恋のねぐらは どこにある 鳥に鳥に なりたい そっとそっと こころで ああ 紅の命を 逢わずに愛して いついつまでも  はなればなれの 運命におかれ 逢いがなおさら つよくなる 何が何が あっても すがりすがり 生きぬく ああ 死にはしないわ 逢わずに愛して いついつまでも
愛の条件八代亜紀八代亜紀川内康範北原じゅんふりむけば どこかに おぼろな影がある 女ですもの 恋もしました 迷いもしたわ そんな昔があったとしても あなたへの愛が 変わるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのち真実 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたも 見せない影がある 男ですもの 誰かのために 生きもしたでしょ そんな昔が あったとしても わたしへの愛が 消えるわけじゃない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちしっかり 抱きしめて ほしい  ふりむけば あなたの 嫌いな影がある 女ですもの 理想の人を 探しそこねた そんな昔が あったとしても あなたへの愛が 汚れはしない もっともっと信じて もっと信じて いのち いのちぎりぎり 抱きしめて ほしい
にっぽん昔ばなしPLATINA LYLIC花頭巾PLATINA LYLIC花頭巾川内康範北原じゅん坊やよい子だねんねしな いまも昔も かわりなく 母のめぐみの子守唄 遠いむかしの物語り  夢をたぐればほろほろと 花もほころぶかぐや姫 人のなさけがしあわせを そっと運んだ笠地蔵  一寸法師はどこにいる ぼくもわたしも鬼退治 勇気りんりん手をつなぎ 正義のための桃太郎  鶴のまことの恩返し たぬき分福茶をわかし うさぎ小亀とかけっくら 空じゃ天女が舞を舞う  坊やよい子だおっきしな 舌切り雀が飛んできた あれは花咲かお爺さん あれは浦島玉手箱 遠いむかしの物語り
アラーの使者上高田少年合唱団上高田少年合唱団川内康範ジョージ・M・リードぼくらの知ってる あの人は みんなが苦しいときにくる 白いマントで 風を切り 正義の旗をなびかせて 嵐を呼んでやってくる ああ あの人は鉄の人 みんなに夢を運ぶ人 アラー アラー アラーの使者は 何処にいる  わたしの知ってる あの人は みんなが悲しいときにくる ギリシャの琴を かきならし この世の悪を憎む眼は 遠く宇宙の果てを見る ああ あの人は愛の人 みんなに光を運ぶ人 アラー アラー アラーの使者は 何処にいる
手のひらに何はなくとも峰悠二峰悠二川内康範ジョージ・M・リード「誰かが今日も呼んでいる」  誰かが今日も呼んでいる ここに不幸な人がある ここに悲しい人がある 捨てておけない人がある だから私はやってきた いや 手のひらに何はなくとも 心に太陽もっている  夢が欲しけりゃ夢を呼べ 苦しい時は我を呼べ まことの愛の花園は みんなの力でつくるのだ そうだみんなの力で ああ 手のひらに何はなくとも 心に太陽もっている
すべてを愛して内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ川内康範鈴木淳そんなに私を きれいに見ないで はじめて恋する わけじゃない つまずき つまずき ささくれた 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる  そんなに私の 昔を見ないで 隠して恋した わけじゃない 涙でよどんだ さすらいの 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる  そんなに私の 明日を見ないで それほど りこうな わけじゃない どこにもあるよな ありふれた 女の女の 真実の すべてを 愛してくれたなら 私はきっと あなたのために よみがえる
君こそわが命美空ひばり美空ひばり川内康範猪俣公章あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと 思っていたが けれどもようやく 虹を見た あなたのひとみに 虹を見た 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた この世にいないと 思ってた 信じるこころを なくしていたが けれどもあなたに 愛を見て 生まれてはじめて 気がついた 君こそ命 君こそ命 わが命  あなたをほんとは さがしてた その時すでに おそかった どんなにどんなに 愛していても あなたをきっと 傷つける だからはなれて 行くけれど 君こそ命 君こそ命 わが命
花と炎美空ひばり美空ひばり川内康範猪俣公章花は散るのが 運命だけれど どうせ咲くなら 恋の花 紅のいのちの舞扇 あなたを愛して 炎のように 燃えて散らない 花になりたい  夢をかくして 咲くのを待って 自分なくした 涙花 だけど女はかくせない あなたを愛して 炎のように 永却(とわ)に消えない 花になりたい  花は花でも 真実一路 どうせ咲くなら 曼陀羅華(いのちばな) 星に想いをつなぎとめ あなたを愛して 炎のように 燃えて死なない 花になりたい
熱祷(いのり)美空ひばり美空ひばり川内康範小野透愛しいあなたよ わたしが死んだら なきがらを 誰にも指を ふれさせず 頬にくちづけ してほしい それがわたしの しあわせなのよ  あなた私は幸せ こんなにしていただいて 何一つお返し出来ない私を お許しになって でも私は あなたの胸の中で きっとあなたを お守りしています いつまでも いつまでも  愛しいあなたよ わたしが死んでも 泣かないで この世にうすい 命でも 恋に燃えたわ かぎりなく それがわたしの しあわせなのよ
愛を探してザ・カーナビーツザ・カーナビーツ川内康範鈴木邦彦愛を探して 旅に出た ひとりひとりで 旅に出た どこに居るんだ しあわせは あの空よりも 遠すぎる 胸が痛いよ 泣けてくる どこまで行けば めぐり逢う アーアー アーアー めぐり逢う  愛を探して 帰って来た ひとりさみしく 帰って来た 生れ故郷の 湖に 姿うつして 泣いちゃった 僕の命が 泣いちゃった いつになったら しあわせに アーアー アーアー アーアー アーアー めぐり逢う
吹きだまり五木ひろし五木ひろし川内康範五木ひろしこの世の中の 吹きだまり そこにいる人 泣くのはおよし 石が浮かんで 木の葉が沈む 間違いだらけの人生に ああだこうだと 云いたかァないが 腹をたてても 身が細る  気まぐれ気ままに 見えながら がんじがらめの 掟をならべ 夢も虚しい 世の中だから どうでもなれよと いいたいけれど 鬼の世間に 仏をつくり 名前を告げぬ 人もある  この世の外に 夢求め 何処にしあわせ あるのやら あればさがして 行くものを めざめりゃ 冷たい風ばかり せめてみんなの 肩よせ合って 愛情ぬくもり 花になれ 
かあさん(マザー)関森れい・ミンツ関森れい・ミンツ川内康範川内康範母さん いついつまでもきれいでいてね 世界でいちばん  すてきな母さんやさしい母さん 父さんいつでも自慢にしてる きれいな母さん ぼくたち兄弟みんなのあこがれの やさしい母さん すてきな母さん  母さん いついつまでも長生きしてね 世界でいちばん すてきな母さんやさしい母さん 父さんうっかり怒ったときでも ニコニコ母さん ぼくたち大きくなるまで待っててよ やさしい母さん すてきな母さん  母さん いついつまでも元気でいてね 世界でいちばん すてきな母さん やさしい母さん 父さんとっても大事にしてる 夢呼ぶ母さん ぼくたちそのうち二人を招待しよう やさしい母さん すてきな父さん  やさしい母さん すてきな父さん やさしい母さん やさしい母さん やさしい母さん
ジャンケン ポンひまわりひまわり川内康範北原じゅんジャンケンポンよ ジャンケンポン ジャンケンポンよ アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー グーはパーより よわくって パーはチョキより よわくって チョキはグーより よわくって みんなでなかよく グーチョキパー 勝っても負けても アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー  ジャンケンポンよ ジャンケンポン ジャンケンポンよ アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー グーはチョキより つよくって チョキはパーより つよくって パーはグーより つよくって みんなでなかよく グーチョキパー 勝っても負けても アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー  勝っても負けても アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー   勝っても負けても アイコデショ グーチョキ グーチョキ グーチョキパー グーチョキパー
高校騎兵隊三田明三田明川内康範吉田正あいつとこいつとこの僕と いつか結んだ友情の 赤い血潮で染めぬいた 母校の名誉の旗じるし 文句があるならやって来い 僕等は高校騎兵隊  ひとりで悩むも二人で 泣くも笑うも同じなら みんなそろってスクラムを がっちり組もうぜ心意気 誰にも負けずに生きて行く 僕等は高校騎兵隊  お前がやるならこの僕も はじめて知った恋だけど 仲間のためなら捨てもしよ 悲しいけれどもおきてなら 涙にさよならたち上る 僕等は高校騎兵隊
悲恋内山田洋とクール・ファイブ内山田洋とクール・ファイブ川内康範中村泰士あゝいまさらどうにもならないわ どうにもならぬと 知りながら 心が疼いて 泣き出して 裸足で駈けたい 恋ごころ どこにいるの どこにいるの あなたはいない 恋といっしょに 恋といっしょに 消えてしまったの  あゝいまさらどうにもならないわ どうにもならぬと 知らされて うろたえながらも 意地を張り 涙を枯らして 気がついた どこにいるの どこにいるの あなたはいない 恋といっしょに 恋といっしょに 消えてしまったの  どこにいるの どこにいるの あなたはいない 恋といっしょに 恋といっしょに 消えてしまったの
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. REALISM
  3. 想い出ノラ
  4. しぐれの酒場
  5. 倖せはここに

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. ベルベットの詩
  3. Scream
  4. Goes on
  5. 魔法のアト

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照