長山洋子の歌詞一覧リスト  136曲中 1-136曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
136曲中 1-136曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛と背中に なぞった指が 昨夜(ゆうべ)の嘘を 伝えてる 肌が感じる やさしさは 男の罪の 裏返し いっそつれない つめたさで 今夜は抱いて ほしかった  あまりあなたが いい男(ひと)すぎて 信じていても 不安なの 熱いいとしい くちびるが かわいた胸に 火をつける 惚れた弱みの 倖せが いつまで続く はずもない  夢を涙を 女の意地を 占うような 夜(よる)の雨 愛があるから 燃えるのか 燃えれば愛と 言えるのか 愛をはかりに かけるより 死んでもいいと 思いたい長山洋子鈴木紀代西つよし愛と背中に なぞった指が 昨夜(ゆうべ)の嘘を 伝えてる 肌が感じる やさしさは 男の罪の 裏返し いっそつれない つめたさで 今夜は抱いて ほしかった  あまりあなたが いい男(ひと)すぎて 信じていても 不安なの 熱いいとしい くちびるが かわいた胸に 火をつける 惚れた弱みの 倖せが いつまで続く はずもない  夢を涙を 女の意地を 占うような 夜(よる)の雨 愛があるから 燃えるのか 燃えれば愛と 言えるのか 愛をはかりに かけるより 死んでもいいと 思いたい
愛 ありがとう晴れた朝も雨の夜にも 歩いた この道 明日からも ささやかだけど 花を咲かせたい 世の中は あぁ 世の中は しあわせさがし 転んでも あぁ 転んでも 包んでくれた  ありがとう ありがとう 心から あなたが そばで 微笑みくれた 照れくさくて 顔を上げては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 愛をありがとう  冬の風も 夏の日差しも 真っ直ぐに浴びて 昨日よりは さわやかな風 流れてくでしょう 世の中は あぁ 世の中は 涙がぽろり あきらめず あぁ あきらめず 信じてくれた  ありがとう ありがとう 伝えたい あなたが そばで 支えてくれた 照れくさくて 目をみつめては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 夢をありがとう  ありがとう ありがとう 心から あなたが そばで 微笑みくれた 照れくさくて 顔を上げては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 愛をありがとう  愛をありがとう長山洋子妻野洋子宮島律子晴れた朝も雨の夜にも 歩いた この道 明日からも ささやかだけど 花を咲かせたい 世の中は あぁ 世の中は しあわせさがし 転んでも あぁ 転んでも 包んでくれた  ありがとう ありがとう 心から あなたが そばで 微笑みくれた 照れくさくて 顔を上げては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 愛をありがとう  冬の風も 夏の日差しも 真っ直ぐに浴びて 昨日よりは さわやかな風 流れてくでしょう 世の中は あぁ 世の中は 涙がぽろり あきらめず あぁ あきらめず 信じてくれた  ありがとう ありがとう 伝えたい あなたが そばで 支えてくれた 照れくさくて 目をみつめては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 夢をありがとう  ありがとう ありがとう 心から あなたが そばで 微笑みくれた 照れくさくて 顔を上げては 言えない言葉も 歌にのせて 素直な気持ち 愛をありがとう  愛をありがとう
哀愁の瞳夢のスパンコール 渦まくわ フロア いれかわるパートナー 気づかない  不安な恋が 踊るわ この胸はそう? あなた…あなたなの  誰かが みてるわ ふたりの行方を あなたが昔 愛したひと… ここから 連れだしてよ わたしの恋を 傷つけないで…泣かせないで…Mm…  抱きよせられてく 瞳の中で 星がななめに すべりだすの  くちづけ めまいのあとは ときめくより ただ 怖くなるの なぜ?  テールライトさえ のみこむ街は 愛を揺さぶる 波のようね  誰かが みてるわ ふたりの行方を どこかで 別れが 待ちぶせしてる 誰も邪魔をしないで わたしの恋よ さよならなんて 言わせないで…Mm…長山洋子Don Was・Dave Was・日本語詞:森田由美Don Was・Dave Was夢のスパンコール 渦まくわ フロア いれかわるパートナー 気づかない  不安な恋が 踊るわ この胸はそう? あなた…あなたなの  誰かが みてるわ ふたりの行方を あなたが昔 愛したひと… ここから 連れだしてよ わたしの恋を 傷つけないで…泣かせないで…Mm…  抱きよせられてく 瞳の中で 星がななめに すべりだすの  くちづけ めまいのあとは ときめくより ただ 怖くなるの なぜ?  テールライトさえ のみこむ街は 愛を揺さぶる 波のようね  誰かが みてるわ ふたりの行方を どこかで 別れが 待ちぶせしてる 誰も邪魔をしないで わたしの恋よ さよならなんて 言わせないで…Mm…
逢いたくて逢いたくて愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけを してほしかったのだけど せつなくて 涙がでてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 言いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛(か)みながら 眠った夜(よる)の夢にいる こころの恋人 逢(あ)いたくて逢(あ)いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋(さみ)しくて 死にたくなっちゃうわ長山洋子岩谷時子宮川泰愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 すきなのよ すきなのよ くちづけを してほしかったのだけど せつなくて 涙がでてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 言いたかったのだけど はずかしくて 笑っていたあたし  愛されたいと くちびるに 指を噛(か)みながら 眠った夜(よる)の夢にいる こころの恋人 逢(あ)いたくて逢(あ)いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋(さみ)しくて 死にたくなっちゃうわ
愛の灯悔しかったのね つらかったのね あなたの涙を 初めて見たわ 世間の誰もが 背を向けたって 私迷わず ついて行く 愛の灯(ともしび) くれた男(ひと) いつまでも どこまでも 命の果てまで ついて行く  死ぬの生きるのと 困らせたけど 大きな心で すくってくれた あなたのその眸(め)は 変わっちゃいない 遠い幸せ 信じてる 愛の灯(ともしび) 赤々と いつまでも どこまでも この胸いっぱい 信じてる  長い道のりも ふたりで行けば 春夏秋冬(はるなつあきふゆ) あたたかくなる あなたの明日(あした)は 私の明日(あした) 何もいらない 女です 愛の灯(ともしび) あればいい いつまでも どこまでも 私はあなたの 女です長山洋子鈴木紀代桧原さとし悔しかったのね つらかったのね あなたの涙を 初めて見たわ 世間の誰もが 背を向けたって 私迷わず ついて行く 愛の灯(ともしび) くれた男(ひと) いつまでも どこまでも 命の果てまで ついて行く  死ぬの生きるのと 困らせたけど 大きな心で すくってくれた あなたのその眸(め)は 変わっちゃいない 遠い幸せ 信じてる 愛の灯(ともしび) 赤々と いつまでも どこまでも この胸いっぱい 信じてる  長い道のりも ふたりで行けば 春夏秋冬(はるなつあきふゆ) あたたかくなる あなたの明日(あした)は 私の明日(あした) 何もいらない 女です 愛の灯(ともしび) あればいい いつまでも どこまでも 私はあなたの 女です
青空青い空が心に 消えた時 出逢ったあなたが 光をくれた 飾り立てた言葉が ないだけに すべてを信じて いられます お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた  青い空が心に 戻ったら 笑顔も私に 戻って来たわ ありったけのこの愛 雲に乗せ あなたに届けて いいですか 夢見る時も 星座(ほし)見る時も あなたと私は 一緒一緒 見つけた 見つけた 何の鳥を 見つけた 青い鳥を 見つけた  お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた長山洋子鈴木紀代西つよし青い空が心に 消えた時 出逢ったあなたが 光をくれた 飾り立てた言葉が ないだけに すべてを信じて いられます お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた  青い空が心に 戻ったら 笑顔も私に 戻って来たわ ありったけのこの愛 雲に乗せ あなたに届けて いいですか 夢見る時も 星座(ほし)見る時も あなたと私は 一緒一緒 見つけた 見つけた 何の鳥を 見つけた 青い鳥を 見つけた  お茶する時も 旅する時も いつでもどこでも 一緒一緒 開いた 開いた 何の花が 開いた 恋の花が 開いた
紅い雪生きるも果てるも あなたと決めたの いのち半端(はんぱ)に 切り裂けないから 苦しみ悲しみ 恋にはつきもの 泣いて捨てたり 出来ない女です 紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(う)もれ あなたの影が 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…  あざむく男の 心の底には 愛という名の 魔物(まもの)が棲(す)んでる 恋する女の 孤独の渕(ふち)には 翹(はね)をもがれた 蝶々がうずくまる 月のしずく浴(あ)びて 銀の虹に抱かれ 女に変わる 吐息を殺す 燃える髪の私 闇にあえぐあなた 乱れて見る夢 あゝゝ…  紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(も)もれ あなたの影か 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…長山洋子鈴木紀代桧原さとし生きるも果てるも あなたと決めたの いのち半端(はんぱ)に 切り裂けないから 苦しみ悲しみ 恋にはつきもの 泣いて捨てたり 出来ない女です 紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(う)もれ あなたの影が 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…  あざむく男の 心の底には 愛という名の 魔物(まもの)が棲(す)んでる 恋する女の 孤独の渕(ふち)には 翹(はね)をもがれた 蝶々がうずくまる 月のしずく浴(あ)びて 銀の虹に抱かれ 女に変わる 吐息を殺す 燃える髪の私 闇にあえぐあなた 乱れて見る夢 あゝゝ…  紅(あか)い雪にかくれ 白い花に埋(も)もれ あなたの影か 浮かんで消える 追えば逃げる背中 指が宙(ちゅう)をつかむ はかなく散る夢 あゝゝ…
あずさ川あの世に届く 川ならば 愛するひとと 渡ります 朝もやの橋に ひとり立ち 心に決めた 梓川 あゝあゝ あなた どこにいるのよ  墨絵ぼかしの 立ち枯れに よりそう影の ふたりづれ ことばなど今は いらないと 水面に投げた 石ひとつ あゝあゝ ひとり 待っているのに  一緒に行こうと 微笑ったが ひとあし先に 着いたのか 流れゆくもみじ 追いかけて 旅立つ鳥は あかね雲 あゝあゝ あなた 連れていってよ長山洋子小田めぐみ小田めぐみあの世に届く 川ならば 愛するひとと 渡ります 朝もやの橋に ひとり立ち 心に決めた 梓川 あゝあゝ あなた どこにいるのよ  墨絵ぼかしの 立ち枯れに よりそう影の ふたりづれ ことばなど今は いらないと 水面に投げた 石ひとつ あゝあゝ ひとり 待っているのに  一緒に行こうと 微笑ったが ひとあし先に 着いたのか 流れゆくもみじ 追いかけて 旅立つ鳥は あかね雲 あゝあゝ あなた 連れていってよ
艶姿女花吹雪色は匂えど 散るさくら 残るさくらも 散るさくら 好きなら好きだと 何故言えぬ エー意気地(いくじ)なし おんなは惚れたら 止らない いまを盛りと チョイトチョイト花吹雪  顔を合わせりゃ 喧嘩して ネズミ花火か 音ばかり 野暮天(やぼてん) イカ天 ところ天 エーどうすんの 忍んでおいでよ 親の目を 月の光に チョイトチョイト花吹雪  さくら終われば 夏まつり いいさ待ちましょ 秋まつり おかめにひょっとこ テレツクと エー恋神楽(こいかぐら) 意地でもあんたと 世帯(しょたい)もつ 夢くれないの チョイトチョイト花吹雪長山洋子吉岡治市川昭介色は匂えど 散るさくら 残るさくらも 散るさくら 好きなら好きだと 何故言えぬ エー意気地(いくじ)なし おんなは惚れたら 止らない いまを盛りと チョイトチョイト花吹雪  顔を合わせりゃ 喧嘩して ネズミ花火か 音ばかり 野暮天(やぼてん) イカ天 ところ天 エーどうすんの 忍んでおいでよ 親の目を 月の光に チョイトチョイト花吹雪  さくら終われば 夏まつり いいさ待ちましょ 秋まつり おかめにひょっとこ テレツクと エー恋神楽(こいかぐら) 意地でもあんたと 世帯(しょたい)もつ 夢くれないの チョイトチョイト花吹雪
あなただったのねあなただったのね 胸のいたみは 恋をしてたのね 会ったその日から 出窓の洒落たあのカフェで いまごろ待っているあなた わたしはひとり指輪をはずしたわ 雨がきれたら 雨が途切れたら あなたが好きな ベージュに着替えるの  あなただったのね そっと叱って 愛をくれたのね ずるいわたしなの さえずる鳥に誘われて レースのカーテンあけましょう 日差しのなかに 心が駆け出すわ 肩に木漏れ日 濡れた木漏れ日が おちてもわたし 後ろはみないから長山洋子小田めぐみ水野有平あなただったのね 胸のいたみは 恋をしてたのね 会ったその日から 出窓の洒落たあのカフェで いまごろ待っているあなた わたしはひとり指輪をはずしたわ 雨がきれたら 雨が途切れたら あなたが好きな ベージュに着替えるの  あなただったのね そっと叱って 愛をくれたのね ずるいわたしなの さえずる鳥に誘われて レースのカーテンあけましょう 日差しのなかに 心が駆け出すわ 肩に木漏れ日 濡れた木漏れ日が おちてもわたし 後ろはみないから
姉崎音頭ハアー 磯の千鳥のヨ 鳴く音に明けてね ヨイトネ 白帆うれしや 白帆うれしや 姉ヶ崎 サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 桜花咲くヨ 椎津(しいづ)の山はね ヨイトネ 昔武田の 昔武田の 城の跡 サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 松の嫌いなヨ 明神様(みょうじんさま)のね ヨイトネ 夫婦(めおと)杉の木 夫婦(めおと)杉の木 縁結び サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 考子五郎(こうしごろう)にヨ 義僕(ぎぼく)の市兵衛(いちべえ)ね ヨイトネ 末の世までも 末の世までも 名は残る サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 願い掛けたやヨ 明神様にね ヨイトネ 主(ぬし)の大漁と 主(ぬし)の大漁と わが想い サアサよいとこ 姉ヶ崎長山洋子森田喜一郎細川潤一ハアー 磯の千鳥のヨ 鳴く音に明けてね ヨイトネ 白帆うれしや 白帆うれしや 姉ヶ崎 サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 桜花咲くヨ 椎津(しいづ)の山はね ヨイトネ 昔武田の 昔武田の 城の跡 サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 松の嫌いなヨ 明神様(みょうじんさま)のね ヨイトネ 夫婦(めおと)杉の木 夫婦(めおと)杉の木 縁結び サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 考子五郎(こうしごろう)にヨ 義僕(ぎぼく)の市兵衛(いちべえ)ね ヨイトネ 末の世までも 末の世までも 名は残る サアサよいとこ 姉ヶ崎  ハアー 願い掛けたやヨ 明神様にね ヨイトネ 主(ぬし)の大漁と 主(ぬし)の大漁と わが想い サアサよいとこ 姉ヶ崎
あの頃のなみだははなれた月日を 忘れたような ともだちのメッセージ さりげない声で ふちのかけた カップも ほほ笑んで ここにいる 時はながれて なみだは あたたかくなる ほろにがくなる いとおしくなるはずさ  ふたりで出掛けた 小劇場の いろあせたチケットを はさんだ手帳 借りたままの カセット あの頃の ラブソング 時はながれて なみだは やさしさになる よろこびになる しあわせになるはずさ  借りたままの カセット あの頃の ラブソング 時はながれて なみだは あたたかくなる ほろにがくなる いとおしくなるはずさ  やさしさになる よろこびになる しあわせになるはずさ長山洋子小田めぐみ樋口義高はなれた月日を 忘れたような ともだちのメッセージ さりげない声で ふちのかけた カップも ほほ笑んで ここにいる 時はながれて なみだは あたたかくなる ほろにがくなる いとおしくなるはずさ  ふたりで出掛けた 小劇場の いろあせたチケットを はさんだ手帳 借りたままの カセット あの頃の ラブソング 時はながれて なみだは やさしさになる よろこびになる しあわせになるはずさ  借りたままの カセット あの頃の ラブソング 時はながれて なみだは あたたかくなる ほろにがくなる いとおしくなるはずさ  やさしさになる よろこびになる しあわせになるはずさ
あの頃も 今も ~花の24年組~タブーなんてなかった 果てしない想い あっただけ 怖れなんてなかった 明日(あした)を ひたすら 信じてた  ああ 花よ 罪なき花よ 咲くがままに 咲くがいい ああ ああ 何もかも美しい あの頃の私達  駅の広場 ギターを 弾きながら 歌う若者に 迷いなんて なかった 世界を 変えようと 思ってた  ああ 友よ 流離(さすら)う夜は 風の歌を 聴くがいい ああ ああ 何もかも愛おしい あの頃の私達  夢を描(えが)き あなたと どこまでも 行(い)ける 気がするの 一度きりの 人生 ふたりが出逢えた この奇跡  ああ 風よ 翠(みどり)の風よ 翼広げ 行(ゆ)くがいい ああ ああ 何もかも変わらない あの頃も…今も長山洋子友利歩未桧原さとしタブーなんてなかった 果てしない想い あっただけ 怖れなんてなかった 明日(あした)を ひたすら 信じてた  ああ 花よ 罪なき花よ 咲くがままに 咲くがいい ああ ああ 何もかも美しい あの頃の私達  駅の広場 ギターを 弾きながら 歌う若者に 迷いなんて なかった 世界を 変えようと 思ってた  ああ 友よ 流離(さすら)う夜は 風の歌を 聴くがいい ああ ああ 何もかも愛おしい あの頃の私達  夢を描(えが)き あなたと どこまでも 行(い)ける 気がするの 一度きりの 人生 ふたりが出逢えた この奇跡  ああ 風よ 翠(みどり)の風よ 翼広げ 行(ゆ)くがいい ああ ああ 何もかも変わらない あの頃も…今も
あの夏の蝉しぐれ戦争は終わったけれど 町に灯りは 灯ったけれど この世に僕は もういない 記憶の中に 生きるだけ ただいまと 声に出しても 誰も僕には 気づきはしない 風を 風をみつめて 母だけが おかえりなさいと つぶやいた  大切な着物を売って わずかばかりの お米に変えて 戦地に向かう この僕に おむすびこさえ 持たす母 親よりも 先に死ぬなと 腕をつかんで 何度も言った 動き 動き始めた 汽車を追い 手をふる母が 滲んでく  あれから何年 たっただろう 昭和平成 時代は過ぎて 母さんあなたも もういない あの夏の あの夏の…蝉しぐれ  少年の心の声を 聴いて私は わが子を想う 平和を守り 生きて行く 子供が笑う あしたへと長山洋子友利歩未桧原さとし戦争は終わったけれど 町に灯りは 灯ったけれど この世に僕は もういない 記憶の中に 生きるだけ ただいまと 声に出しても 誰も僕には 気づきはしない 風を 風をみつめて 母だけが おかえりなさいと つぶやいた  大切な着物を売って わずかばかりの お米に変えて 戦地に向かう この僕に おむすびこさえ 持たす母 親よりも 先に死ぬなと 腕をつかんで 何度も言った 動き 動き始めた 汽車を追い 手をふる母が 滲んでく  あれから何年 たっただろう 昭和平成 時代は過ぎて 母さんあなたも もういない あの夏の あの夏の…蝉しぐれ  少年の心の声を 聴いて私は わが子を想う 平和を守り 生きて行く 子供が笑う あしたへと
アマリアあなたの指が奏でる音は 遥かな海の匂いがするわ ギターひとつ あればいい 愛のため息 煙草の煙 寂れた店の片隅で 私は歌う恋の歌  泣かないひとの涙の重さ 今夜この身で受けとめるから せめて今は 夢一夜 生きる哀しみ 心の吐息 小さな夜の陽だまりで 私は歌う恋の歌  ひとは誰でも 孤独なものよ あなたの腕のその中で 私は歌う恋の歌  ラララ… 私は歌う恋の歌長山洋子友利歩未ヤドランカあなたの指が奏でる音は 遥かな海の匂いがするわ ギターひとつ あればいい 愛のため息 煙草の煙 寂れた店の片隅で 私は歌う恋の歌  泣かないひとの涙の重さ 今夜この身で受けとめるから せめて今は 夢一夜 生きる哀しみ 心の吐息 小さな夜の陽だまりで 私は歌う恋の歌  ひとは誰でも 孤独なものよ あなたの腕のその中で 私は歌う恋の歌  ラララ… 私は歌う恋の歌
雨おんななぜかしら 私 雨おんな 大事な時には 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと出逢った あの夜(よる)も 二つの傘が 一つになって 肩寄せ歩いた 段葛(だんかずら) 二つの傘が 一つになって 私の恋は 始まった  なぜかしら 私 雨おんな 出かける間際(まぎわ)に 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと別れた あの夜(よる)も 一つの傘が 二つになって だまって歩いた 仮粧坂(けわいざか) 一つの傘が 二つになって 私の恋は 終わったの  一つの傘が 二つになって どの道行こうか 塔ノ辻 一つの傘が 二つになって 一人で歩く 雨あがり長山洋子鈴木紀代弦哲也なぜかしら 私 雨おんな 大事な時には 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと出逢った あの夜(よる)も 二つの傘が 一つになって 肩寄せ歩いた 段葛(だんかずら) 二つの傘が 一つになって 私の恋は 始まった  なぜかしら 私 雨おんな 出かける間際(まぎわ)に 雨が降る 不思議よね 私 雨おんな あなたと別れた あの夜(よる)も 一つの傘が 二つになって だまって歩いた 仮粧坂(けわいざか) 一つの傘が 二つになって 私の恋は 終わったの  一つの傘が 二つになって どの道行こうか 塔ノ辻 一つの傘が 二つになって 一人で歩く 雨あがり
雨がやんだら雨が止(や)んだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して 二度と開(あ)けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう 濡(ぬ)れたコートで 濡れた身体(からだ)で あなたは あなたは 誰に 誰に 逢(あ)いに行(ゆ)くのかしら 雨が止んだら あたしはひとり ドアにもたれて 泪(なみだ)にむせぶ  雨が止んだら 出て行(ゆ)くあなた 冷たい靴音 耳に残して あなたがつくった インクのしみを 花瓶(かびん)をずらして 隠しましょう 濡れたコートを 濡れた身体(からだ)を あなたは あなたは 誰に 誰に あたためてもらうの 雨が止んだら あたしはひとり あなたのガウンを まとってねむる長山洋子なかにし礼筒美京平雨が止(や)んだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して 二度と開(あ)けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう 濡(ぬ)れたコートで 濡れた身体(からだ)で あなたは あなたは 誰に 誰に 逢(あ)いに行(ゆ)くのかしら 雨が止んだら あたしはひとり ドアにもたれて 泪(なみだ)にむせぶ  雨が止んだら 出て行(ゆ)くあなた 冷たい靴音 耳に残して あなたがつくった インクのしみを 花瓶(かびん)をずらして 隠しましょう 濡れたコートを 濡れた身体(からだ)を あなたは あなたは 誰に 誰に あたためてもらうの 雨が止んだら あたしはひとり あなたのガウンを まとってねむる
嵐峡身丈に合った 人ではないと わかっていながら 恋をした 明日は朽ちても 私にとって 一生一度の 竹の花 雨よ叩けよ 風よ風よ吹け吹け 生かすも殺すも あなた次第… あゝこれでいいの? 性根をすえて 念仏寺  色づく紅葉 待ちきれないで 何故だかせかれる 恋でした ためらい傷さえ 焦れるままに 渡って懲りない 渡月橋 月よ照らせよ 雲よ雲よ切れてよ 行方が見えない 恋の闇路… あゝこれでいいの! 身を撃つ夜の 嵐峡長山洋子吉岡治市川昭介身丈に合った 人ではないと わかっていながら 恋をした 明日は朽ちても 私にとって 一生一度の 竹の花 雨よ叩けよ 風よ風よ吹け吹け 生かすも殺すも あなた次第… あゝこれでいいの? 性根をすえて 念仏寺  色づく紅葉 待ちきれないで 何故だかせかれる 恋でした ためらい傷さえ 焦れるままに 渡って懲りない 渡月橋 月よ照らせよ 雲よ雲よ切れてよ 行方が見えない 恋の闇路… あゝこれでいいの! 身を撃つ夜の 嵐峡
あんただけ女にゃ見えない 夢追って 男はこっそり 旅支度 行っちゃイヤです イヤですあんた 私を一人に させないで 夜明けに発つと 言うのなら だめだめ私 眠らないから  わがまま今日から 直します おしゃべり過ぎなら 黙ります 行っちゃイヤです イヤですあんた 私の夢を 消さないで きれいだなんて おだてても だめだめ私 離さないから  あんたの言葉を 真心を 信じて待って いたいけど 行っちゃイヤです イヤですあんた 私の倖せ とらないで あんたがもしも いなければ だめだめ私 暮らせないから  長山洋子麻こよみ水森英夫女にゃ見えない 夢追って 男はこっそり 旅支度 行っちゃイヤです イヤですあんた 私を一人に させないで 夜明けに発つと 言うのなら だめだめ私 眠らないから  わがまま今日から 直します おしゃべり過ぎなら 黙ります 行っちゃイヤです イヤですあんた 私の夢を 消さないで きれいだなんて おだてても だめだめ私 離さないから  あんたの言葉を 真心を 信じて待って いたいけど 行っちゃイヤです イヤですあんた 私の倖せ とらないで あんたがもしも いなければ だめだめ私 暮らせないから  
If We Hold On Together夕暮れが終るまで 私を抱きしめて 言葉はいつだって すれ違うから 寂しい心だけ 暖めたくて If We Hold On Together 幾千の涙も 見つめる瞳で 愛しさに 変わるのに…  眠れない夜更けは 吐息を散りばめて ふさいだ瞳には あなたが見える やさしい何もかも 確かめたくて If We Hold On Together 思い出を数えて あふれる想いは 明日へと 続くのに…  夜空を舞う星が 色あせても 愛する傷みは きっと熱い  If We Hold On Together 幾千の涙も 寄りそう二人で 抱きしめたい まぶしい明日へ…長山洋子James Horner・Will Jennings・さかたかずこJames Horner・Will Jennings夕暮れが終るまで 私を抱きしめて 言葉はいつだって すれ違うから 寂しい心だけ 暖めたくて If We Hold On Together 幾千の涙も 見つめる瞳で 愛しさに 変わるのに…  眠れない夜更けは 吐息を散りばめて ふさいだ瞳には あなたが見える やさしい何もかも 確かめたくて If We Hold On Together 思い出を数えて あふれる想いは 明日へと 続くのに…  夜空を舞う星が 色あせても 愛する傷みは きっと熱い  If We Hold On Together 幾千の涙も 寄りそう二人で 抱きしめたい まぶしい明日へ…
色づく旅路流れる雲は どこへ行くのだろう 風まかせ 運まかせ 気まぐれだけれど 涙と出会い 笑顔にふれあい 少しずつ重ねては やさしくなって いくでしょう  長い上り坂 迷い道 乗り越えたところに 朝日はのぼる  白いコスモス 風に揺れている あなたにも私にも 花が咲くように 群青の空 生まれる太陽に 負けまいと 今日もまた笑いながら旅をする ああ  これからの道 花咲く旅路 どれくらいたくさんの 人と出会うだろう? 1つ1つを 大切にしたい 意味のない 出会いなど 1つもないはずと 信じてる  しかってくれる人 やさしい人 見えない力に 支えられてる  私の心 色づくもみじ ぬくもりに ふれるたび 鮮やかになるの 薄紅の空 落ちてく太陽に 明日も笑って ああ いられますように ああ  長山洋子いしのだなつよ藤沢秀樹流れる雲は どこへ行くのだろう 風まかせ 運まかせ 気まぐれだけれど 涙と出会い 笑顔にふれあい 少しずつ重ねては やさしくなって いくでしょう  長い上り坂 迷い道 乗り越えたところに 朝日はのぼる  白いコスモス 風に揺れている あなたにも私にも 花が咲くように 群青の空 生まれる太陽に 負けまいと 今日もまた笑いながら旅をする ああ  これからの道 花咲く旅路 どれくらいたくさんの 人と出会うだろう? 1つ1つを 大切にしたい 意味のない 出会いなど 1つもないはずと 信じてる  しかってくれる人 やさしい人 見えない力に 支えられてる  私の心 色づくもみじ ぬくもりに ふれるたび 鮮やかになるの 薄紅の空 落ちてく太陽に 明日も笑って ああ いられますように ああ  
艶花意地で咲かせる この世の花は どんな花より 値打ちがあるさ 泣くなあせるな ゆく道一つ 苦い涙をかみしめて 耐えて女は 艶がでる 艶がでる  あなた男でわたしは女 五分と五分だよ 色恋沙汰は 媚はうらない お世辞もいわぬ そんな女の心意気 わかる人なら 惚れてやる 惚れてやる  雨が降るから木の芽はのびる つらいときこそ我慢でしのぐ 夢を肴に 注ぐこの酒を とめてくれるな野暮な人 明日は咲かせる 花の華 花の華長山洋子たかたかし弦哲也意地で咲かせる この世の花は どんな花より 値打ちがあるさ 泣くなあせるな ゆく道一つ 苦い涙をかみしめて 耐えて女は 艶がでる 艶がでる  あなた男でわたしは女 五分と五分だよ 色恋沙汰は 媚はうらない お世辞もいわぬ そんな女の心意気 わかる人なら 惚れてやる 惚れてやる  雨が降るから木の芽はのびる つらいときこそ我慢でしのぐ 夢を肴に 注ぐこの酒を とめてくれるな野暮な人 明日は咲かせる 花の華 花の華
嘘だといって嘘でしょあなたに いい彼女(ひと)いるなんて 嘘よね昨夜(ゆうべ)も 倖せくれたもの 疑い出したら 眠れない 涙が とまらない 泣かしちゃいや いじめちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…  嘘でしょ二人に さよなら来るなんて 嘘よね毎晩 電話をくれるもの どうして心の裏側を どうして 見せないの 泣かしちゃいや 離しちゃいや ここは乱橋(みだればし) 嘘でしょつれない ふりしないで欲しい…  本気にさせては はぐらかす ほんとに ずるい人 泣かしちゃいや じらしちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…長山洋子鈴木紀代桧原さとし嘘でしょあなたに いい彼女(ひと)いるなんて 嘘よね昨夜(ゆうべ)も 倖せくれたもの 疑い出したら 眠れない 涙が とまらない 泣かしちゃいや いじめちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…  嘘でしょ二人に さよなら来るなんて 嘘よね毎晩 電話をくれるもの どうして心の裏側を どうして 見せないの 泣かしちゃいや 離しちゃいや ここは乱橋(みだればし) 嘘でしょつれない ふりしないで欲しい…  本気にさせては はぐらかす ほんとに ずるい人 泣かしちゃいや じらしちゃいや 雨の岐(わか)れ道 嘘でしょあなたは 私のものなのに…
海に降る雪旅の終りの 宿に来て 海に降る雪 見ています 来ないあなたを 待ちながら 膝にころがす 毛糸玉 降っても 降っても 降っても 消える雪 それでも雪は 降りしきる  ここにあなたが いたならば 雪見酒だと 洒落れるでしょ 明日の別れに 目をつむり 夫婦きどりの 夢一夜(ひとと) 愛して 愛して 愛して やまぬ恋 はげしく恋は 降りしきる  女ごころを つくしても 海に降る雪 ぼたん雪 積ることない 淋しさを 波もやさしく 泣いてます 降っても 降っても 降っても 消える雪 それでも雪は 降りしきる長山洋子水木かおる南郷孝旅の終りの 宿に来て 海に降る雪 見ています 来ないあなたを 待ちながら 膝にころがす 毛糸玉 降っても 降っても 降っても 消える雪 それでも雪は 降りしきる  ここにあなたが いたならば 雪見酒だと 洒落れるでしょ 明日の別れに 目をつむり 夫婦きどりの 夢一夜(ひとと) 愛して 愛して 愛して やまぬ恋 はげしく恋は 降りしきる  女ごころを つくしても 海に降る雪 ぼたん雪 積ることない 淋しさを 波もやさしく 泣いてます 降っても 降っても 降っても 消える雪 それでも雪は 降りしきる
悦楽の園お許し下さい 悦楽の園におります いつ帰れるやら 心はあなたを想い からだはこの場を動きません 人間だからでしょうか 女であるからでしょうか  またたびを嗅いだ猫です バイオリンで金縛りです 悪い男が とても親切で 私を惑わせつづけます  今は秋 やがて冬 きっと冬は長く ここを出られません 春には戻ります  お忘れください 悦楽の園におります もう見知らぬひと この世はいつわりばかり 愛には嘘など混りません 溺れているのでしょうか はかない夢なのでしょうか  哀しみを捨てた鳥です ただ楽しく歌っています 悪い女が ここは天国と ささやきつづけているのです  今は秋 やがて冬 きっと冬は暗く 道に迷いそうで 春まで過します  今は秋 やがて冬 きっと冬は長く ここを出られません 春には戻ります長山洋子阿久悠さだまさしお許し下さい 悦楽の園におります いつ帰れるやら 心はあなたを想い からだはこの場を動きません 人間だからでしょうか 女であるからでしょうか  またたびを嗅いだ猫です バイオリンで金縛りです 悪い男が とても親切で 私を惑わせつづけます  今は秋 やがて冬 きっと冬は長く ここを出られません 春には戻ります  お忘れください 悦楽の園におります もう見知らぬひと この世はいつわりばかり 愛には嘘など混りません 溺れているのでしょうか はかない夢なのでしょうか  哀しみを捨てた鳥です ただ楽しく歌っています 悪い女が ここは天国と ささやきつづけているのです  今は秋 やがて冬 きっと冬は暗く 道に迷いそうで 春まで過します  今は秋 やがて冬 きっと冬は長く ここを出られません 春には戻ります
縁むすび紅くさやかに 実を結ぶ ここにいるよの ななかまど 胸の迷いは 季節の風に 遠くカモメと飛び立ちました ここが…あなたと 同じ…ふるさと 感じています 縁むすび  都会暮らしの かたすみで 忘れかけてた 故郷言葉 語るあなたの 笑顔のそばで ふいになみだがこみあげました これが…最初で これが…最後の めぐりあいです 縁むすび  背すじのばした 灯台に うそのつけない 青い空 あなたひとりを愛していると 海を見た時つぶやきました いつも…心に ずっと…心に 灯しています 縁むすび長山洋子小田めぐみ石山勝章紅くさやかに 実を結ぶ ここにいるよの ななかまど 胸の迷いは 季節の風に 遠くカモメと飛び立ちました ここが…あなたと 同じ…ふるさと 感じています 縁むすび  都会暮らしの かたすみで 忘れかけてた 故郷言葉 語るあなたの 笑顔のそばで ふいになみだがこみあげました これが…最初で これが…最後の めぐりあいです 縁むすび  背すじのばした 灯台に うそのつけない 青い空 あなたひとりを愛していると 海を見た時つぶやきました いつも…心に ずっと…心に 灯しています 縁むすび
お江戸の色女花のお江戸の 日本橋(にほんばし) 産湯(うぶゆ)つかった 絹の肌 粋(いき)な小紋(こもん)で 流し目送りゃ 下町すずめが 噂する 気障(きざ)な誘惑(せりふ)は まっぴらだけど 惚れりゃ一途の 深なさけ 鬢(びん)のほつれた うなじのあたり 年増盛りの 色気が匂う  月は十六夜(いざよい) 大川に 遠く聞こえる 三味の音 忍ぶ恋路の 八丁堀(はっちょうぼり)と ふたりで猪牙舟(ちょきぶね) 柳橋 野暮(やぼ)な男衆の やさしさよりも 惚れたあんたに 妬かれたい 酒にほんのり 目許(めもと)を染めて 仇(あだ)な仕草(しぐさ)が 男をそそる  筑波山にも 朝陽が当たりゃ そっと解(ほど)いた 腕まくら 浮気封じに あんたの胸に 紅(べに)で名を描(か)く 大江戸そだち長山洋子仁井谷俊也影山時則花のお江戸の 日本橋(にほんばし) 産湯(うぶゆ)つかった 絹の肌 粋(いき)な小紋(こもん)で 流し目送りゃ 下町すずめが 噂する 気障(きざ)な誘惑(せりふ)は まっぴらだけど 惚れりゃ一途の 深なさけ 鬢(びん)のほつれた うなじのあたり 年増盛りの 色気が匂う  月は十六夜(いざよい) 大川に 遠く聞こえる 三味の音 忍ぶ恋路の 八丁堀(はっちょうぼり)と ふたりで猪牙舟(ちょきぶね) 柳橋 野暮(やぼ)な男衆の やさしさよりも 惚れたあんたに 妬かれたい 酒にほんのり 目許(めもと)を染めて 仇(あだ)な仕草(しぐさ)が 男をそそる  筑波山にも 朝陽が当たりゃ そっと解(ほど)いた 腕まくら 浮気封じに あんたの胸に 紅(べに)で名を描(か)く 大江戸そだち
おけさ恋唄あしたの天気と 人生は 夜が明けなきゃ わからない ハアー 生きるこの世はヨー 切り紙細工 夢が 夢が欲しいね 路地裏灯り 昭和恋しや おけさ節  この指丸(まる)めて 覗(のぞ)いたら みんな倖せ さがしてる ハアー 口は建前ヨー 本音はつらい ひとり ひとりぽっちが 肩寄せ唄う 美空ひばりの 佐渡情話  雪解け水辺に 咲く福寿草(はな)も 冬に埋れて 耐えてきた ハアー 泣いてこのままヨー 終りはしない 逢いに 逢いに行(ゆ)きたい 祭りの頃に おけさ唄って しのぶ故郷(まち)  アリャサ アリャサ アリャアリャ アリャサ長山洋子里村龍一櫻田誠一あしたの天気と 人生は 夜が明けなきゃ わからない ハアー 生きるこの世はヨー 切り紙細工 夢が 夢が欲しいね 路地裏灯り 昭和恋しや おけさ節  この指丸(まる)めて 覗(のぞ)いたら みんな倖せ さがしてる ハアー 口は建前ヨー 本音はつらい ひとり ひとりぽっちが 肩寄せ唄う 美空ひばりの 佐渡情話  雪解け水辺に 咲く福寿草(はな)も 冬に埋れて 耐えてきた ハアー 泣いてこのままヨー 終りはしない 逢いに 逢いに行(ゆ)きたい 祭りの頃に おけさ唄って しのぶ故郷(まち)  アリャサ アリャサ アリャアリャ アリャサ
桶屋の八つぁんお江戸はエ 神田のエ こちとらチャキチャキサ 紺(こん)の半纏(はんてん)ひっかけて 富(とみ)くじ神だのみ 愉快だね 楽しいね ドンと当たれば千両箱(せんりょうばこ) オイオーイ どうしたんでぇーい 何があったの 桶屋(おけや)の八つぁん 困った時には お互いさまよ  紅屋(べにや)のエ 娘にエ とことん惚れてもサ 年季明けまでおあずけと しょんぼり小名木川(おなぎがわ) 愉快だね 楽しいね 初心(うぶ)な恋より花見酒 オイオーイ どうしたんでぇーい 元気出せ出せ 泣くなよ八つぁん 威勢(いせい)がいいのが 取り柄(え)じゃないか  三度のエ メシよりエ 無駄口(むだぐち)好きでもサ タガがはずれた風呂桶(ふろおけ)は 何とかならねぇか 愉快だね 楽しいね 狭いながらもこの長屋(ながや) オイオーイ どうしたんでぇーい 腕のいいのが 自慢の八つぁん お隣同士の 見習い稼業 長山洋子鈴木紀代石山勝章お江戸はエ 神田のエ こちとらチャキチャキサ 紺(こん)の半纏(はんてん)ひっかけて 富(とみ)くじ神だのみ 愉快だね 楽しいね ドンと当たれば千両箱(せんりょうばこ) オイオーイ どうしたんでぇーい 何があったの 桶屋(おけや)の八つぁん 困った時には お互いさまよ  紅屋(べにや)のエ 娘にエ とことん惚れてもサ 年季明けまでおあずけと しょんぼり小名木川(おなぎがわ) 愉快だね 楽しいね 初心(うぶ)な恋より花見酒 オイオーイ どうしたんでぇーい 元気出せ出せ 泣くなよ八つぁん 威勢(いせい)がいいのが 取り柄(え)じゃないか  三度のエ メシよりエ 無駄口(むだぐち)好きでもサ タガがはずれた風呂桶(ふろおけ)は 何とかならねぇか 愉快だね 楽しいね 狭いながらもこの長屋(ながや) オイオーイ どうしたんでぇーい 腕のいいのが 自慢の八つぁん お隣同士の 見習い稼業 
お嫁にもらってねあつい砂の上で あなたみているだけで あとは何にもいらないわ 心がときめくわ いつも夢をみてる こんなわたしだけれど この愛が届いたら お嫁にもらってね きみの幸せみつけたら いっしょになろうねと 言ったあなたに心から ついてゆきたい 舟がみえるころに 濡れた素肌のままで あなたへと駆けていく わたしを愛してね  ふたりきりの浜辺 星が降るよな夜に そっとわたしを抱きしめて くちづけくれたひと あなただけをみてる 純なおんなだけれど この愛を感じたら お嫁にもらってね きみの幸せ探すよと あなたは言うけれど ずっとおそばにいられたら それだけでいい 好きよ好きよ好きよ あなたせつないほどに 果てしない海よりも わたしを愛してね  お日様が笑ったら お嫁にもらってね長山洋子小田めぐみ水野有平あつい砂の上で あなたみているだけで あとは何にもいらないわ 心がときめくわ いつも夢をみてる こんなわたしだけれど この愛が届いたら お嫁にもらってね きみの幸せみつけたら いっしょになろうねと 言ったあなたに心から ついてゆきたい 舟がみえるころに 濡れた素肌のままで あなたへと駆けていく わたしを愛してね  ふたりきりの浜辺 星が降るよな夜に そっとわたしを抱きしめて くちづけくれたひと あなただけをみてる 純なおんなだけれど この愛を感じたら お嫁にもらってね きみの幸せ探すよと あなたは言うけれど ずっとおそばにいられたら それだけでいい 好きよ好きよ好きよ あなたせつないほどに 果てしない海よりも わたしを愛してね  お日様が笑ったら お嫁にもらってね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おんな炭坑節赤い煙突(えんとつ) 目あてに行けば 米のまんまが 暴(あば)れ食(ぐ)い 歌う戯(ぎ)れ歌 ボタ山暮らし もっこカンテラ ヘルメット 掘って掘って また掘って 惚れた男の 黒い汗  稼(かせ)ぐ日銭(ひぜに)は 一升ビンに 代えてさわいで カラにする 花も季節も ない地の底にゃ 泥(どろ)にまみれた 夢がある 掘って掘って また掘って 汽車を汽船を 走らせる  月の差し込む ハモニカ長屋 私ゃあんたの 腕の中 絹の布団(ふとん)に くるまるよりも 炭坑(やま)の男は あたたかい 掘って掘って また掘って 明日は地獄の 一丁目長山洋子鈴木紀代宮下健治赤い煙突(えんとつ) 目あてに行けば 米のまんまが 暴(あば)れ食(ぐ)い 歌う戯(ぎ)れ歌 ボタ山暮らし もっこカンテラ ヘルメット 掘って掘って また掘って 惚れた男の 黒い汗  稼(かせ)ぐ日銭(ひぜに)は 一升ビンに 代えてさわいで カラにする 花も季節も ない地の底にゃ 泥(どろ)にまみれた 夢がある 掘って掘って また掘って 汽車を汽船を 走らせる  月の差し込む ハモニカ長屋 私ゃあんたの 腕の中 絹の布団(ふとん)に くるまるよりも 炭坑(やま)の男は あたたかい 掘って掘って また掘って 明日は地獄の 一丁目
おんなの三度笠倒れながらも つかんだ泥の 中にきぼうの 星がある 嘘が七分で ほんとが三分 癪な浮世に 泣かされながら 明日を信じて 立ちあがる 意地が女の 女の三度笠  歩きたいのさ 自分の足で 義理の坂道 つづら折り 芸の修行に 終りはないが パッと一花 咲かせたならば 恋の嵐に 散ってゆく 花が女の 女の三度笠  こんな私を 生かしてくれた かぞえ切れない 人がいる 受けたご恩は 返さにゃならぬ それを済ませて 身もさばさばと 次は小鳥に 生れたい 夢が女の 女の三度笠長山洋子星野哲郎宮下健治倒れながらも つかんだ泥の 中にきぼうの 星がある 嘘が七分で ほんとが三分 癪な浮世に 泣かされながら 明日を信じて 立ちあがる 意地が女の 女の三度笠  歩きたいのさ 自分の足で 義理の坂道 つづら折り 芸の修行に 終りはないが パッと一花 咲かせたならば 恋の嵐に 散ってゆく 花が女の 女の三度笠  こんな私を 生かしてくれた かぞえ切れない 人がいる 受けたご恩は 返さにゃならぬ それを済ませて 身もさばさばと 次は小鳥に 生れたい 夢が女の 女の三度笠
女の花詞一つしかない 命を賭けて 花は吹雪の 中に咲く 私も女と 生まれたからにゃ 秘めた炎が 道しるべ いばらの道を 歩きたい  人を泣かせて 生きてはならぬ 誰が見てようと 見てまいと 鴎も通よわぬ 小島の磯に 咲いた椿の 心意気 私の胸に 飾りたい  何も残さず 死ぬのはいやよ それが女の 花詞 一日一善 つみあげながら 前へ進んで 散るときも ふり向かないわ 泣かないわ長山洋子星野哲郎岡千秋一つしかない 命を賭けて 花は吹雪の 中に咲く 私も女と 生まれたからにゃ 秘めた炎が 道しるべ いばらの道を 歩きたい  人を泣かせて 生きてはならぬ 誰が見てようと 見てまいと 鴎も通よわぬ 小島の磯に 咲いた椿の 心意気 私の胸に 飾りたい  何も残さず 死ぬのはいやよ それが女の 花詞 一日一善 つみあげながら 前へ進んで 散るときも ふり向かないわ 泣かないわ
この世に生まれたときは みなひとり さびしさに産声 あげるのよ 会いたくて 誰かに会いたくて こらえきれずそっと 歩きだすのよ 雨にも負けず 風にも負けず 愛という傘 広げたままで チムチムチェリー チムチムチェリー 恋しい人へ 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたのもとへ たどりつくのよ  そろわぬ編み目を指で ほどくたび 胸板の厚さを 思い出す 今度いつ あなたに逢えるのと ぽかりすきま空けた 心なだめて 雨にも負けず 風にも負けず 愛という傘 咲かせたままで チムチムチェリー チムチムチェリー いとしいひとへ 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたの胸に おりていくのよ  チムチムチェリー チムチムチェリー どこまでだって 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたの愛に 燃えていくのよ長山洋子小田めぐみ樋口義高この世に生まれたときは みなひとり さびしさに産声 あげるのよ 会いたくて 誰かに会いたくて こらえきれずそっと 歩きだすのよ 雨にも負けず 風にも負けず 愛という傘 広げたままで チムチムチェリー チムチムチェリー 恋しい人へ 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたのもとへ たどりつくのよ  そろわぬ編み目を指で ほどくたび 胸板の厚さを 思い出す 今度いつ あなたに逢えるのと ぽかりすきま空けた 心なだめて 雨にも負けず 風にも負けず 愛という傘 咲かせたままで チムチムチェリー チムチムチェリー いとしいひとへ 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたの胸に おりていくのよ  チムチムチェリー チムチムチェリー どこまでだって 飛んでいくのよ チムチムチェリー チムチムチェリー あなたの愛に 燃えていくのよ
門付け兄妹旅馬の背のよな 峠を越えて 三味線門付(かどづ)け 兄妹(ふたり)旅 今日も吹雪いて 空(か)ら唄続き 帰るふるさと 遠すぎる 米もなければ 寝る場所もない ないない尽(づ)くしの 日暮れ道  バチを持つ手が しびれる疼(うず)く ひもじさ堪(こら)えて 口説(くどき)節 泣くな妹よ 涙が凍(こお)る ついて行きます 兄さんに 地図もなければ 行くすべもない 兄妹(ふたり)の絆が 強くなる  たたく太棹(ふとざお) おやじの形見(かたみ) よされの唄声 母ゆずり 親にもらった 命の限り 夢にはぐれず 生きて行く あてもなければ 知る人もない まどろむ安宿(やすやど) 木賃宿(きちんやど)長山洋子鈴木紀代西つよし馬の背のよな 峠を越えて 三味線門付(かどづ)け 兄妹(ふたり)旅 今日も吹雪いて 空(か)ら唄続き 帰るふるさと 遠すぎる 米もなければ 寝る場所もない ないない尽(づ)くしの 日暮れ道  バチを持つ手が しびれる疼(うず)く ひもじさ堪(こら)えて 口説(くどき)節 泣くな妹よ 涙が凍(こお)る ついて行きます 兄さんに 地図もなければ 行くすべもない 兄妹(ふたり)の絆が 強くなる  たたく太棹(ふとざお) おやじの形見(かたみ) よされの唄声 母ゆずり 親にもらった 命の限り 夢にはぐれず 生きて行く あてもなければ 知る人もない まどろむ安宿(やすやど) 木賃宿(きちんやど)
悲しき恋人たち木枯らしに飽きて 夏の日差しが 恋しいと 嘆いてる季節 走るクルマ 窓 全開にして 指輪光る手をさしのべた 頬をつたう涙も こうしていると人は しあわせの合図だと思うわ  悲しき恋人たち この場所この時間 二人だけ知っている 秘めごとね 愛を語ることより もっと秘密めいてる 悲しみのサヨナラは あなたと私だけ通じる Key Word  凍えそう海辺 クルマを止めて 砂浜を離れて歩いた からだの距離 ためらいもつのって 変わる心 恋の法則 もし今 あなたの手が この肩抱けば人は しあわせな二人だと思うの  悲しき恋人たち ああ 今夜の出逢い 過去だけが知っている 秘めごとね 愛を語る言葉を なくしたエピローグ 悲しみのサヨナラは あなたと私に残された Key Word  悲しき恋人たち この場所この時間 二人だけ知っている 秘めごとね 愛を語ることより もっと秘密めいてる 悲しみのサヨナラは あなたと私だけ通じる Key Word長山洋子遠藤京子遠藤京子木枯らしに飽きて 夏の日差しが 恋しいと 嘆いてる季節 走るクルマ 窓 全開にして 指輪光る手をさしのべた 頬をつたう涙も こうしていると人は しあわせの合図だと思うわ  悲しき恋人たち この場所この時間 二人だけ知っている 秘めごとね 愛を語ることより もっと秘密めいてる 悲しみのサヨナラは あなたと私だけ通じる Key Word  凍えそう海辺 クルマを止めて 砂浜を離れて歩いた からだの距離 ためらいもつのって 変わる心 恋の法則 もし今 あなたの手が この肩抱けば人は しあわせな二人だと思うの  悲しき恋人たち ああ 今夜の出逢い 過去だけが知っている 秘めごとね 愛を語る言葉を なくしたエピローグ 悲しみのサヨナラは あなたと私に残された Key Word  悲しき恋人たち この場所この時間 二人だけ知っている 秘めごとね 愛を語ることより もっと秘密めいてる 悲しみのサヨナラは あなたと私だけ通じる Key Word
硝子坂「悲しいのでしょう」と夢の中 見知らぬ人の 問いかけに 声も出せずに うなずいて それは貴方が やっぱり好きだから  意地悪な貴方は いつでも坂の上から 手招きだけをくり返す 私の前には硝子坂 キラキラ光る硝子坂  「行けるのでしょうか」と夢の中 見知らぬ人に 尋ねては 涙こぼして 横向いて それも貴方が やっぱり好きだから  意地悪な貴方は いつでも坂の上から 手招きだけをくり返す 私の前には硝子坂 キラキラ光る硝子坂  「とうとう来たね」と夢の中 うれしいはずの 問いかけに 何故かすなおに なれなくて それは貴方の せいだと言えないわ  意地悪な貴方が 佇む坂に向って サヨナラの手をふるつもり キラキラ飛び散る硝子坂 キラキラ消えた硝子坂長山洋子島武実宇崎竜童「悲しいのでしょう」と夢の中 見知らぬ人の 問いかけに 声も出せずに うなずいて それは貴方が やっぱり好きだから  意地悪な貴方は いつでも坂の上から 手招きだけをくり返す 私の前には硝子坂 キラキラ光る硝子坂  「行けるのでしょうか」と夢の中 見知らぬ人に 尋ねては 涙こぼして 横向いて それも貴方が やっぱり好きだから  意地悪な貴方は いつでも坂の上から 手招きだけをくり返す 私の前には硝子坂 キラキラ光る硝子坂  「とうとう来たね」と夢の中 うれしいはずの 問いかけに 何故かすなおに なれなくて それは貴方の せいだと言えないわ  意地悪な貴方が 佇む坂に向って サヨナラの手をふるつもり キラキラ飛び散る硝子坂 キラキラ消えた硝子坂
木曽の翌檜木曽のナー 仲乗りさん 私ゃあんたに 一目惚れ 山には檜(ひのき) 黒檜(ねず) 椹(さわら) 胸には根気と いう名の木 あすなろ あすなろ 明日(あす)は倖せに あすなろ あすなろ きっと倖せに あんたの声が こだまする 翌檜(あすひ)の 筏(いかだ)で 川下り  木曽のナー 御嶽(おんたけ)さん 伸ばすこの手に 届かない 夢なら届く いつの日か あせらずたゆまず 諦(あきら)めず あすなろ あすなろ 今に春が来る あすなろ あすなろ 木曽に春が来る つめたい寒い 谷底(たにそこ)で あんたは背中に 水しぶき  あすなろ あすなろ 明日(あす)は泣かないで あすなろ あすなろ きっと泣かないで あんたの帰り 待つ私 雪解け間近(まぢか)の あかね空長山洋子鈴木紀代弦哲也木曽のナー 仲乗りさん 私ゃあんたに 一目惚れ 山には檜(ひのき) 黒檜(ねず) 椹(さわら) 胸には根気と いう名の木 あすなろ あすなろ 明日(あす)は倖せに あすなろ あすなろ きっと倖せに あんたの声が こだまする 翌檜(あすひ)の 筏(いかだ)で 川下り  木曽のナー 御嶽(おんたけ)さん 伸ばすこの手に 届かない 夢なら届く いつの日か あせらずたゆまず 諦(あきら)めず あすなろ あすなろ 今に春が来る あすなろ あすなろ 木曽に春が来る つめたい寒い 谷底(たにそこ)で あんたは背中に 水しぶき  あすなろ あすなろ 明日(あす)は泣かないで あすなろ あすなろ きっと泣かないで あんたの帰り 待つ私 雪解け間近(まぢか)の あかね空
雲にのりたい雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが風のように 消えたから  わたしの胸に つのる淋しさは 愛するあなたにも わからない どうしてみんな 恋しているんでしょう 果てない涙の中で だからひとりで  雲にのりたい やわらかな雲に 知らない街角を みたいから 雲にのりたい 温かい雲に きょうまた しあわせは来ないから  あなたといても 口づけをしても 悲しい風が吹く 胸の中 どうしてみんな 恋しているんでしょう 果てない涙の中で だからひとりで  雲にのりたい 温かい雲に だれにも逢わないで いたいから長山洋子大石良蔵・なかにし礼鈴木邦彦雲にのりたい やわらかな雲に のぞみが風のように 消えたから  わたしの胸に つのる淋しさは 愛するあなたにも わからない どうしてみんな 恋しているんでしょう 果てない涙の中で だからひとりで  雲にのりたい やわらかな雲に 知らない街角を みたいから 雲にのりたい 温かい雲に きょうまた しあわせは来ないから  あなたといても 口づけをしても 悲しい風が吹く 胸の中 どうしてみんな 恋しているんでしょう 果てない涙の中で だからひとりで  雲にのりたい 温かい雲に だれにも逢わないで いたいから
ゲンキ天国蒼い表情(かお)で 悩むより 灼けた太陽 抱きしめちゃえば? 軽いシューズに 心まで 疾走(はし)りだすの 気分最高!  (Aoio)そう、頭の芯(なか)を (Aoio)空っぽにしてネ (Aoio) I say 身体から目覚めさせてよ  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio  裸のまま 夏が Winkin' 細い夢は No, no, no, no thank you うかれハートで スキになったら すぐに天国 とんでゆけるよ  (Aoio)アブないビートなら (Aoio)どこかに捨てて (Aoio) I say 恋だってネ ゲンキじゃなくちゃ  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio (Wake up!)  きらめく瞳で (Hey now!) 自由にカゲキに (I say!) 心 尖らせて (All right!) そう ボディ・コンシャス Hey, hey, hey, I say  Come on ×2!  ホラ ゲンキがピクピクしてる…  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio  きらめく瞳で (Hey now!) 自由にカゲキに (I say!) 心 尖らせて (All right!) そう ボディ・コンシャス Hey, hey, hey, I say長山洋子E.Verhees・P.Maesson・日本語詞:森浩美E.Verhees・P.Maesson蒼い表情(かお)で 悩むより 灼けた太陽 抱きしめちゃえば? 軽いシューズに 心まで 疾走(はし)りだすの 気分最高!  (Aoio)そう、頭の芯(なか)を (Aoio)空っぽにしてネ (Aoio) I say 身体から目覚めさせてよ  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio  裸のまま 夏が Winkin' 細い夢は No, no, no, no thank you うかれハートで スキになったら すぐに天国 とんでゆけるよ  (Aoio)アブないビートなら (Aoio)どこかに捨てて (Aoio) I say 恋だってネ ゲンキじゃなくちゃ  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio (Wake up!)  きらめく瞳で (Hey now!) 自由にカゲキに (I say!) 心 尖らせて (All right!) そう ボディ・コンシャス Hey, hey, hey, I say  Come on ×2!  ホラ ゲンキがピクピクしてる…  Come on ×4! Aio Aio Come on ×4! Aio Aio  きらめく瞳で (Hey now!) 自由にカゲキに (I say!) 心 尖らせて (All right!) そう ボディ・コンシャス Hey, hey, hey, I say
恋酒場ランプがゆれる 馴染(なじ)みの店じゃ 噂ひろって あつくなる いつかはきっと 帰ってくるさ 惚れた ひとだもの くよくよしたって なみだがでるから 今夜も飲もうか ああ あちょこ酒 湯気(ゆげ)のれん 恋酒場  あいつがくれた かんざしつけりゃ くどき文句も 知らんぷり 今年はもっと いいことあると 酒をまわし飲む ほろほろ酔うたび なみだがでるから 朝まで飲もうか ああ 囲炉裏端(いろりばた) 流し唄 寒(かん)の月  くよくよしたって なみだがでるから 今夜も飲もうか ああ おちょこ酒 湯気(ゆげ)のれん 恋酒場長山洋子小田めぐみ樋口義高ランプがゆれる 馴染(なじ)みの店じゃ 噂ひろって あつくなる いつかはきっと 帰ってくるさ 惚れた ひとだもの くよくよしたって なみだがでるから 今夜も飲もうか ああ あちょこ酒 湯気(ゆげ)のれん 恋酒場  あいつがくれた かんざしつけりゃ くどき文句も 知らんぷり 今年はもっと いいことあると 酒をまわし飲む ほろほろ酔うたび なみだがでるから 朝まで飲もうか ああ 囲炉裏端(いろりばた) 流し唄 寒(かん)の月  くよくよしたって なみだがでるから 今夜も飲もうか ああ おちょこ酒 湯気(ゆげ)のれん 恋酒場
恋・三味線あんたにいっぱい 夢賭けて あんたにたくした 一の糸 夢は見るもの 食べるもの 一緒に居(い)れば それで良(い)い チョット待ってよ そこんとこ チョット待ってよ そこんとこ いつも悲しい アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)  あんたにいっぱい 恋をして あんたに賭けた 三の糸 恋はするもの 遊ぶもの 騙(だま)してくれれば それで良(い)い チョット待ってよ そこんとこ いつも切ない アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)  あんたにいっぱい 騙(だま)されて あんたに流した この涙 どうせ二人は 結ばれぬ 二の糸 邪魔する 奴がいる チョット待ってよ そこんとこ チョット待ってよ そこんとこ いつも泣いてる アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)長山洋子Q太ミネタカシ・補作曲:岡千秋あんたにいっぱい 夢賭けて あんたにたくした 一の糸 夢は見るもの 食べるもの 一緒に居(い)れば それで良(い)い チョット待ってよ そこんとこ チョット待ってよ そこんとこ いつも悲しい アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)  あんたにいっぱい 恋をして あんたに賭けた 三の糸 恋はするもの 遊ぶもの 騙(だま)してくれれば それで良(い)い チョット待ってよ そこんとこ いつも切ない アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)  あんたにいっぱい 騙(だま)されて あんたに流した この涙 どうせ二人は 結ばれぬ 二の糸 邪魔する 奴がいる チョット待ってよ そこんとこ チョット待ってよ そこんとこ いつも泣いてる アン アアンアンアン 涙の 恋・三味線(しゃみせん)
恋の津軽十三湖津軽伝説 三味の音聴けば 風のいたずら 心が軋(きし)む 嵐 地吹雪 雪舞う中に 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の湊は 恋湊 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖  岩木降ろしに 肌刺す風が こころ引き裂き 水面を走る 季節重ねて 思いは募る 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の川風 岩木川 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖  離れ離れは ふたりの運命(さだめ) 恨み言など 涙と枯れた 雪が舞うたび 風吹くたびに 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の海鳴り 日本海 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖長山洋子宮内たけし平川竜城津軽伝説 三味の音聴けば 風のいたずら 心が軋(きし)む 嵐 地吹雪 雪舞う中に 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の湊は 恋湊 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖  岩木降ろしに 肌刺す風が こころ引き裂き 水面を走る 季節重ねて 思いは募る 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の川風 岩木川 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖  離れ離れは ふたりの運命(さだめ) 恨み言など 涙と枯れた 雪が舞うたび 風吹くたびに 恋し…恋し…と 女が泣いて 恋し…恋し…と 鐘が鳴る 十三(とさ)の海鳴り 日本海 エーエーエー エエエエ エー 津軽十三湖
恋のバカンスため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ  金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス長山洋子岩谷時子宮川泰ため息の出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ  金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス  陽にやけた ほほよせて ささやいた 約束は 二人だけの 秘めごと ためいきが 出ちゃう ああ 恋のよろこびに バラ色の月日よ はじめて あなたを見た 恋のバカンス
恋のプラットホームじゃあね又ね 今度ねきっとね 見つめあう 目と目さえぎるように 発車合図で ドアーが閉まる あなたが逢いに 来れない時は 私が行くわ あなたの町へ  じゃあね又ね 今度ねきっとね 話してる 言葉聞こえなくても 口の動きで わかってくれる 愛しているわ 愛していてね 忘れちゃイヤよ 待っててあなた  じゃあね又ね 今度ねきっとね 離れたら 恋はおしまいなんて 聞きたくないわ 信じてないわ 淋しいけれど 泣いたらダメね すぐまた逢える 元気でいてね長山洋子鈴木紀代井上真之介じゃあね又ね 今度ねきっとね 見つめあう 目と目さえぎるように 発車合図で ドアーが閉まる あなたが逢いに 来れない時は 私が行くわ あなたの町へ  じゃあね又ね 今度ねきっとね 話してる 言葉聞こえなくても 口の動きで わかってくれる 愛しているわ 愛していてね 忘れちゃイヤよ 待っててあなた  じゃあね又ね 今度ねきっとね 離れたら 恋はおしまいなんて 聞きたくないわ 信じてないわ 淋しいけれど 泣いたらダメね すぐまた逢える 元気でいてね
心だけでも…あなたの為に 咲いている 名もない花に 気付いてますか 熱い思慕も 告げられず うしろ姿を 見つめています 心だけでも 心だけでも 傍にいたいの あなたの傍に たとえ今は愛されなくても 夢と呼んで いいですね  ちいさな胸の 憧憬が いつしか恋に変わったのです 涙もろさも ときめきも ひとり芝居と云うのでしょうか 心だけでも 心だけでも 染めてほしいの あなたの色彩に  せめて今は許されなくても 夢に生きて いいですね  心だけでも 心だけでも 傍にいたいの あなたの傍に たとえ今は愛されなくても 夢と呼んで いいですね長山洋子仁井俊也徳久広司あなたの為に 咲いている 名もない花に 気付いてますか 熱い思慕も 告げられず うしろ姿を 見つめています 心だけでも 心だけでも 傍にいたいの あなたの傍に たとえ今は愛されなくても 夢と呼んで いいですね  ちいさな胸の 憧憬が いつしか恋に変わったのです 涙もろさも ときめきも ひとり芝居と云うのでしょうか 心だけでも 心だけでも 染めてほしいの あなたの色彩に  せめて今は許されなくても 夢に生きて いいですね  心だけでも 心だけでも 傍にいたいの あなたの傍に たとえ今は愛されなくても 夢と呼んで いいですね
小指の想い出あなたが噛(か)んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い  あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ長山洋子有馬三恵子鈴木淳あなたが噛(か)んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの 私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い  あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる  あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ 誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ
金毘羅一段丸に赤色 金の字は 金毘羅(こんぴら)さんの 旗印(はたじるし) 願い 心に 石段を 登れば見える 讃岐富士(さぬきふじ) 人生 一段 一段ごとに 思いを踏みしめ 歩いて行こう 長いようでも 人の世は あっという間の 紙芝居 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 追手(おいて)に帆(ほ)掛(か)けて 人情の木に 花が咲く  四国名物 阿波踊り 踊る阿呆(あほう)に 見る阿呆(あほう) 同じ阿呆(あほう)なら ソレソレと 袖(そで)を引っ張る 温ったかさ 泣いて暮すも 一生ならば 笑って暮そよ いい事あるさ 親の意見と 茄子(なす)の花 先人(せんじん)たちの 心意気 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 三味線片手に 衿(えり)を正して 春を待つ  長い石段 登(のぼ)るには なくてはならぬ 杖(つえ)ひとつ おかげさまだと 気付く時 海の神様 微笑んだ つまずき 転んで 又立ち上がる いくつになっても 遅くはないさ 旅は道連れ 世は情け お天道(てんとう)さまは 付いてくる 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) にっこり誰かに 笑ってごらん 福が来る長山洋子さわだすずこ武市昌久丸に赤色 金の字は 金毘羅(こんぴら)さんの 旗印(はたじるし) 願い 心に 石段を 登れば見える 讃岐富士(さぬきふじ) 人生 一段 一段ごとに 思いを踏みしめ 歩いて行こう 長いようでも 人の世は あっという間の 紙芝居 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 追手(おいて)に帆(ほ)掛(か)けて 人情の木に 花が咲く  四国名物 阿波踊り 踊る阿呆(あほう)に 見る阿呆(あほう) 同じ阿呆(あほう)なら ソレソレと 袖(そで)を引っ張る 温ったかさ 泣いて暮すも 一生ならば 笑って暮そよ いい事あるさ 親の意見と 茄子(なす)の花 先人(せんじん)たちの 心意気 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 三味線片手に 衿(えり)を正して 春を待つ  長い石段 登(のぼ)るには なくてはならぬ 杖(つえ)ひとつ おかげさまだと 気付く時 海の神様 微笑んだ つまずき 転んで 又立ち上がる いくつになっても 遅くはないさ 旅は道連れ 世は情け お天道(てんとう)さまは 付いてくる 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) にっこり誰かに 笑ってごらん 福が来る
ゴールドウィンド幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド  甘い蜜を抱き寄せながら 飛んで火に入る夏が来る 街のかどではロマンスづくり 誰も彼もが  風が運んだ噂話に そっとのぞいた巻き毛の天使 お陽様の力を借りて ねらい灼きする  小麦娘が I Love You あなたの視線 Mellow Touch 青い地球の何処かで 何かが起こりそう  幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド  恋に戸惑う若者達の 口説き文句のゴロ合わせ 妙に言葉が光るのも 夏のおとずれ  出来ることならあなたの胸で 夏の予感にゆられてみたい そっと投げた愛のかけらが 色づいてゆく  秘密 秘密の I Love You 夢見心地の Mellow Touch 青い地球の何処かで 何かが起こりそう  幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド長山洋子飛鳥涼飛鳥涼幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド  甘い蜜を抱き寄せながら 飛んで火に入る夏が来る 街のかどではロマンスづくり 誰も彼もが  風が運んだ噂話に そっとのぞいた巻き毛の天使 お陽様の力を借りて ねらい灼きする  小麦娘が I Love You あなたの視線 Mellow Touch 青い地球の何処かで 何かが起こりそう  幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド  恋に戸惑う若者達の 口説き文句のゴロ合わせ 妙に言葉が光るのも 夏のおとずれ  出来ることならあなたの胸で 夏の予感にゆられてみたい そっと投げた愛のかけらが 色づいてゆく  秘密 秘密の I Love You 夢見心地の Mellow Touch 青い地球の何処かで 何かが起こりそう  幻のあの島で 麗しの美女が目覚めた さあ さあ 夏はこれから 生まれるよ 生まれるよ ゴールド ウィンド ゴールド ウィンド
SAKURA色貴方が 満ちて来る 優しい日差しが 射すように 大人の恋なのね 私が私で いられる人ね  愛するほどに ときめいて 私は SAKURA色 せつないほどの 幸せは どうして SAKURA色 貴方の愛が 嬉しくて しっとり SAKURA色  危ない 恋ですか このまま 見ていて下さいね 変わって行くかしら 少しは「女」を 語れるかしら…  苦しいほどに ときめいて 私は SAKURA色 戸惑うほどの 幸せは どうして SAKURA色 溢れる愛に 溺れても やっぱり SAKURA色長山洋子ありそのみひうら一帆貴方が 満ちて来る 優しい日差しが 射すように 大人の恋なのね 私が私で いられる人ね  愛するほどに ときめいて 私は SAKURA色 せつないほどの 幸せは どうして SAKURA色 貴方の愛が 嬉しくて しっとり SAKURA色  危ない 恋ですか このまま 見ていて下さいね 変わって行くかしら 少しは「女」を 語れるかしら…  苦しいほどに ときめいて 私は SAKURA色 戸惑うほどの 幸せは どうして SAKURA色 溢れる愛に 溺れても やっぱり SAKURA色
さだめ雪苦労(くろう)くの字に 小枝(こえだ)を曲げて 雪を着て咲く 梅の花 命かけなきゃ 花にはなれぬ そんな意気地が 香に匂う 戴くわ、その魂(こころ) 私も雪に 咲く女  くずだ ちょろだと 叱ってくれる 人が居たから 今日がある こんな私に 望みをかける こわい師匠の 親ごころ ありがとう しあわせよ 背中をおがむ 雪明かり  耐えた者ほど やさしく生きる しだれ紅梅 見て思う 春に先がけ 咲く一輪の 花の姿に 励まされ たおやかに 凛々(りんりん)と さだめの雪を 踏みしめる長山洋子星野哲郎岡千秋苦労(くろう)くの字に 小枝(こえだ)を曲げて 雪を着て咲く 梅の花 命かけなきゃ 花にはなれぬ そんな意気地が 香に匂う 戴くわ、その魂(こころ) 私も雪に 咲く女  くずだ ちょろだと 叱ってくれる 人が居たから 今日がある こんな私に 望みをかける こわい師匠の 親ごころ ありがとう しあわせよ 背中をおがむ 雪明かり  耐えた者ほど やさしく生きる しだれ紅梅 見て思う 春に先がけ 咲く一輪の 花の姿に 励まされ たおやかに 凛々(りんりん)と さだめの雪を 踏みしめる
さよならはダンスの後に何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後(あと)に してね ここはお馴染(なじ)みの クラブ いつものように 踊りましょう せめてキャンドルの下で 泣くのだけは やめて 誰にも負けず 深く愛してた 燃えるその瞳(め)もその手も これきりね 何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね  少しカクテルを ちょうだい 酔(よ)ったらまた 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね いまは懐(なつ)かしい クラブ 気のすむまで 踊りましょう せめて恋人の ままで やさしく肩を 抱いて 初めて聞いた 夜のささやきが たとえ短い夢でも 忘れない 少しカクテルを ちょうだい 酔ったらまた 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね  あなたがとても 好きなこの曲も 明日(あす)はどこかで独りで 聞くだけね 何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね長山洋子横井弘小川寛興何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後(あと)に してね ここはお馴染(なじ)みの クラブ いつものように 踊りましょう せめてキャンドルの下で 泣くのだけは やめて 誰にも負けず 深く愛してた 燃えるその瞳(め)もその手も これきりね 何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね  少しカクテルを ちょうだい 酔(よ)ったらまた 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね いまは懐(なつ)かしい クラブ 気のすむまで 踊りましょう せめて恋人の ままで やさしく肩を 抱いて 初めて聞いた 夜のささやきが たとえ短い夢でも 忘れない 少しカクテルを ちょうだい 酔ったらまた 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね  あなたがとても 好きなこの曲も 明日(あす)はどこかで独りで 聞くだけね 何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょう だってさよならは つらい ダンスの後に してね
倖せにしてね倖せにしてね 少しだけでいい 雨あがりの青い 空のように 平凡でいいの 小さな窓で あなたに手を振る そんな暮らし 涙の神様 どこかで見てるなら 目を閉じて 見逃して 最後の人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 悲しくなるほど あなたが遠い  可愛いと言って 少しだけでいい 想い出の傘を ささぬように ささやかでいいの 日暮れの駅で あなたを待ってる そんな姿 涙の神様 どこかで見てるなら 雲の上 遊んでて 大事な人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 泣きたくなるほど あしたが遠い  涙の神様 どこかで見てるなら 目を閉じて 見逃して 最後の人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 悲しくなるほど あなたが遠い長山洋子荒木とよひさ大谷明裕倖せにしてね 少しだけでいい 雨あがりの青い 空のように 平凡でいいの 小さな窓で あなたに手を振る そんな暮らし 涙の神様 どこかで見てるなら 目を閉じて 見逃して 最後の人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 悲しくなるほど あなたが遠い  可愛いと言って 少しだけでいい 想い出の傘を ささぬように ささやかでいいの 日暮れの駅で あなたを待ってる そんな姿 涙の神様 どこかで見てるなら 雲の上 遊んでて 大事な人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 泣きたくなるほど あしたが遠い  涙の神様 どこかで見てるなら 目を閉じて 見逃して 最後の人だから いろいろあって めぐり逢えたけど 悲しくなるほど あなたが遠い
下町銀座買い物客の 笑顔が揺れて 下町銀座の 日暮れ時 なぜかあなたに 会えそうで 似たよな姿を 探してしまう… もしかして 恋かしら この頃気になる あなたのことが  下町生まれ あなたと私 小さな縁さえ 嬉しくて 少しテレやで 一本気 恋にはウブな 野暮天(やぼてん)だから… この気持ち 気づいてよ やっぱり気になる あなたのことが  土曜の夜は 待ち伏せするの 下町銀座の 裏酒場 どこで今頃 雨宿り 誰かと肩寄せ 飲んでるかしら… もしかして 焼きもちね この頃気になる あなたのことが長山洋子麻こよみ影山時則買い物客の 笑顔が揺れて 下町銀座の 日暮れ時 なぜかあなたに 会えそうで 似たよな姿を 探してしまう… もしかして 恋かしら この頃気になる あなたのことが  下町生まれ あなたと私 小さな縁さえ 嬉しくて 少しテレやで 一本気 恋にはウブな 野暮天(やぼてん)だから… この気持ち 気づいてよ やっぱり気になる あなたのことが  土曜の夜は 待ち伏せするの 下町銀座の 裏酒場 どこで今頃 雨宿り 誰かと肩寄せ 飲んでるかしら… もしかして 焼きもちね この頃気になる あなたのことが
七人の侍~麒麟の如く~命の重さに 変わりはないが 泣きを見るのは 正直者(いいやつ)ばかり 地べたをはいずる 天空仰ぐ 七つの魂(くび)は名もない戦士  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 仁(じん)の一文字 胸に抱き 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 蹄(ひづめ)の音に かける夢  表と裏とで 成り立つこの世 倫(みち)が曲がれば 心も曲がる 正義の味方の 柄(がら)でもないが 七つの魂(くび)を 差し上げましょう  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 真愛(あい)を殺さず 邪悪(あく)を斬(き)る 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 雄たけびあげる 崖っぷち  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く長山洋子鈴木紀代桧原さとし命の重さに 変わりはないが 泣きを見るのは 正直者(いいやつ)ばかり 地べたをはいずる 天空仰ぐ 七つの魂(くび)は名もない戦士  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 仁(じん)の一文字 胸に抱き 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 蹄(ひづめ)の音に かける夢  表と裏とで 成り立つこの世 倫(みち)が曲がれば 心も曲がる 正義の味方の 柄(がら)でもないが 七つの魂(くび)を 差し上げましょう  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 真愛(あい)を殺さず 邪悪(あく)を斬(き)る 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 雄たけびあげる 崖っぷち  侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く 侍すなわち 麒麟(キリン)の如く
シベリアの涙泣いちゃダメ いけない… わかっているけれど 泣いちゃダメ どうして… 涙がにじむの あなたは今頃 はるかロシアの空の下 何も話してくれないで 熱い吐息(といき)は シベリアの涙  手紙さえ 届けば… 明日(あした)も見えるのに 噂さえ途絶(とだ)えて… 背中がふるえる 逢いたい逢えない 夜(よる)は私をダメにする 古い小さなカチューシャが 今もせつなく 思い出させるの  心から 愛した… あなたと居たかった 夢に見た 倖せ… はかなく消えるの 流氷に乗って はるかロシアに着けるなら… 恋はむなしく砕け散る 白いシベリア 遠すぎるあなた長山洋子鈴木紀代桧原さとし泣いちゃダメ いけない… わかっているけれど 泣いちゃダメ どうして… 涙がにじむの あなたは今頃 はるかロシアの空の下 何も話してくれないで 熱い吐息(といき)は シベリアの涙  手紙さえ 届けば… 明日(あした)も見えるのに 噂さえ途絶(とだ)えて… 背中がふるえる 逢いたい逢えない 夜(よる)は私をダメにする 古い小さなカチューシャが 今もせつなく 思い出させるの  心から 愛した… あなたと居たかった 夢に見た 倖せ… はかなく消えるの 流氷に乗って はるかロシアに着けるなら… 恋はむなしく砕け散る 白いシベリア 遠すぎるあなた
シャボンシャボン シャボン シャボン いつもの所で セゾン セゾン セゾン もう一度  シャボン シャボン シャボン 今の私には セゾン セゾン セゾン たそがれて  鳥がひとりで 鳴いている まるで 海辺が恋しそうに 夏によろめく 女には やがて グレイの思い出  とめどなく 流す涙で 江ノ島も 揺れる 口びるで 酔わされて 彼の行方は カモメのアン・ドゥ・トロワ  シャボン シャボン シャボン あの頃の メロディー セゾン セゾン セゾン 口づさみ  波の彼方に 誰かいる そして季節が よみがえる 彼がのこした 物語 濡れた ブルーのパラソル  待ちわびる人も ないのに 砂浜で 揺れる 夕立に あそばれて 抱かれたくなる 気持ちはアン・ドゥ・トロワ  シャボン シャボン シャボン いつもの所で セゾン セゾン セゾン もう一度長山洋子桑田佳祐桑田佳祐シャボン シャボン シャボン いつもの所で セゾン セゾン セゾン もう一度  シャボン シャボン シャボン 今の私には セゾン セゾン セゾン たそがれて  鳥がひとりで 鳴いている まるで 海辺が恋しそうに 夏によろめく 女には やがて グレイの思い出  とめどなく 流す涙で 江ノ島も 揺れる 口びるで 酔わされて 彼の行方は カモメのアン・ドゥ・トロワ  シャボン シャボン シャボン あの頃の メロディー セゾン セゾン セゾン 口づさみ  波の彼方に 誰かいる そして季節が よみがえる 彼がのこした 物語 濡れた ブルーのパラソル  待ちわびる人も ないのに 砂浜で 揺れる 夕立に あそばれて 抱かれたくなる 気持ちはアン・ドゥ・トロワ  シャボン シャボン シャボン いつもの所で セゾン セゾン セゾン もう一度
化粧で変わった わけじゃない 口紅ひとつの 色もそのまま 季節を彩る 花のよう 女の旬は 巡って来るのね もっと綺麗に もっと咲くのも どこかで愛に めぐり逢うのも 女ですもの 一人ですもの それはそれ いいじゃない 流されましょう  倖せ選びも いいけれど 私の明日は 誰も知らない 心の片隅 熱くして 女は旬に 入って行くのね 恋に憧れ 恋に泣いてた 夢見る頃は いつしか過ぎて 女らしさが 私らしさが 少しずつ 私を 変えたのでしょう  もっと綺麗に もっと咲くのも どこかで愛に めぐり逢うのも 女ですもの 一人ですもの それはそれ いいじゃない 流されましょう長山洋子ありそのみ樋口義高化粧で変わった わけじゃない 口紅ひとつの 色もそのまま 季節を彩る 花のよう 女の旬は 巡って来るのね もっと綺麗に もっと咲くのも どこかで愛に めぐり逢うのも 女ですもの 一人ですもの それはそれ いいじゃない 流されましょう  倖せ選びも いいけれど 私の明日は 誰も知らない 心の片隅 熱くして 女は旬に 入って行くのね 恋に憧れ 恋に泣いてた 夢見る頃は いつしか過ぎて 女らしさが 私らしさが 少しずつ 私を 変えたのでしょう  もっと綺麗に もっと咲くのも どこかで愛に めぐり逢うのも 女ですもの 一人ですもの それはそれ いいじゃない 流されましょう
精霊流し去年のあなたの思い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます 線香花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ回って 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が弾いてみました いつの間にさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って舟のあとを ついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに長山洋子さだまさしさだまさし去年のあなたの思い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのためにお友達も 集まってくれました 二人でこさえたおそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます 線香花火が見えますか 空の上から  約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう  私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ回って 精霊流しが華やかに 始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が弾いてみました いつの間にさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです  約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って舟のあとを ついてゆきましょう  人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに
白い着物惚れて悩んで 乱れて泣いて ひとり来ました 北の旅 女に生まれて よかったわ 命を燃やして よかったわ 白い着物に 身をつくろえば 雪がおいでおいでと 呼んでいます  つらいせつない 悲しい甘い 恋は涙と 裏腹(うらはら)ね あなたに出逢えて なかったら 愛してもらえて なかったら 生きるよろこび 知らないままで 今も笑いころげて いるのでしょう  山が瀬音(せおと)が 吹雪が風が 紅(あか)い血まめの 足を奪(と)る このまま倒れて しまっても 夢見てこごえて しまっても 白い着物の 私を抱いて あなた熱い口づけ くれるでしょう長山洋子鈴木紀代西つよし惚れて悩んで 乱れて泣いて ひとり来ました 北の旅 女に生まれて よかったわ 命を燃やして よかったわ 白い着物に 身をつくろえば 雪がおいでおいでと 呼んでいます  つらいせつない 悲しい甘い 恋は涙と 裏腹(うらはら)ね あなたに出逢えて なかったら 愛してもらえて なかったら 生きるよろこび 知らないままで 今も笑いころげて いるのでしょう  山が瀬音(せおと)が 吹雪が風が 紅(あか)い血まめの 足を奪(と)る このまま倒れて しまっても 夢見てこごえて しまっても 白い着物の 私を抱いて あなた熱い口づけ くれるでしょう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
白い蝶のサンバあなたに抱かれて わたしは蝶(ちょう)になる あなたの胸 あやしいくもの糸 はかないいのち さだめなの あなたに抱かれて わたしは蝶になる 涙をためくちづけ 受けるのよ あふれる蜜(みつ)に 酔(よ)いながらおぼれるの 恋は心も いのちもしばり 死んで行(ゆ)くのよ 蝶々のままで あなたに抱かれて わたしは蝶になる 気ままな夢忘れて 苦しむの はかないいのち 恋のため散らせるの  あなたに抱かれて わたしは蝶になる あなたの胸 あやしいくもの糸 はかないいのち さだめなの あなたに抱かれて わたしは蝶になる ふるえる羽はげしい 恋に灼(や)く 二度とは空に 帰れない夜(よる)に泣く 恋は心も いのちもしばり 死んで行くのよ 蝶々のままで あなたに抱かれて わたしは蝶になる 朝日の中うつろな 蝶は死ぬ はかないいのち 恋の火を抱きしめて長山洋子阿久悠井上かつおあなたに抱かれて わたしは蝶(ちょう)になる あなたの胸 あやしいくもの糸 はかないいのち さだめなの あなたに抱かれて わたしは蝶になる 涙をためくちづけ 受けるのよ あふれる蜜(みつ)に 酔(よ)いながらおぼれるの 恋は心も いのちもしばり 死んで行(ゆ)くのよ 蝶々のままで あなたに抱かれて わたしは蝶になる 気ままな夢忘れて 苦しむの はかないいのち 恋のため散らせるの  あなたに抱かれて わたしは蝶になる あなたの胸 あやしいくもの糸 はかないいのち さだめなの あなたに抱かれて わたしは蝶になる ふるえる羽はげしい 恋に灼(や)く 二度とは空に 帰れない夜(よる)に泣く 恋は心も いのちもしばり 死んで行くのよ 蝶々のままで あなたに抱かれて わたしは蝶になる 朝日の中うつろな 蝶は死ぬ はかないいのち 恋の火を抱きしめて
じょっぱり よされあんたでなけりゃ 女を棄てる 罪にあらがう 涙は二度と 流しはしない 七里長浜(しちりながはま) 人影もない 西風(かぜ)は凍(こご)えて 夜通(よどお)し騒ぐ 盗(と)る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない  津軽びいどろ ランプを灯し うぶ毛剃(そ)るたび 頬さえ痩せて くちびるを噛む 紅をさす指 逢いたさ急(せ)かす 波は牙むく 止(よ)しなと吠える たかが恋ごと されど命よ 三味線(しゃみ)の音(ね) 心 揺さぶる 泣かす じょっぱり よされ 死んでやる あんたでなけりゃ 生きている 意味がない  盗る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない長山洋子内藤綾子西つよしあんたでなけりゃ 女を棄てる 罪にあらがう 涙は二度と 流しはしない 七里長浜(しちりながはま) 人影もない 西風(かぜ)は凍(こご)えて 夜通(よどお)し騒ぐ 盗(と)る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない  津軽びいどろ ランプを灯し うぶ毛剃(そ)るたび 頬さえ痩せて くちびるを噛む 紅をさす指 逢いたさ急(せ)かす 波は牙むく 止(よ)しなと吠える たかが恋ごと されど命よ 三味線(しゃみ)の音(ね) 心 揺さぶる 泣かす じょっぱり よされ 死んでやる あんたでなけりゃ 生きている 意味がない  盗る気はないが 返す気もない 太棹 バチは 糸切る なじる じょっぱり よされ 死んでやる あんた以外は 欲しくない 譲らない
じょんから女節GOLD LYLIC雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾(もすそ)に まといつく 太棹(ふとざお)三味線 女の旅路 燃えるくすぶる はじける愚図(ぐず)る 離れられない 男(ひと)がいる じょんからじょんから わかって欲しい  バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんからじょんから 哭(な)かせて欲しい  鉛色(なまりいろ)した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹(ふとざお)たたけば 糸さえ切れる 憎いいとしい せつない辛(つら)い 指にからまる 女節 じょんからじょんから あんたが欲しいGOLD LYLIC長山洋子鈴木紀代西つよし雪は下から 舞い上がり 赤い裳裾(もすそ)に まといつく 太棹(ふとざお)三味線 女の旅路 燃えるくすぶる はじける愚図(ぐず)る 離れられない 男(ひと)がいる じょんからじょんから わかって欲しい  バチの乱れは 気の乱れ 別れ言葉は 言わせない 深みにはまった 女の弱み 男ごころは 風より軽い 月にかくれて されるまま じょんからじょんから 哭(な)かせて欲しい  鉛色(なまりいろ)した 空の色 春は私にゃ 遠すぎる 太棹(ふとざお)たたけば 糸さえ切れる 憎いいとしい せつない辛(つら)い 指にからまる 女節 じょんからじょんから あんたが欲しい
素顔のままで渚を飛び立つ カモメの様に 息づく気持に 気づいた私  夢を見させてね 今だけでいい 強くはないけど もう迷わないわ あなたにそっと 逢えるなら 何ひとつ こわくない  素顔のままで 愛されて 素顔のままで 愛したい  スポンジしみこむ 涙のように 哀しい恋でも 想いはつのる  名前呼ばせてね 今だけでいい 口ぐせなんかに なったりしないわ ジェラシーちょっと 感じても 誰よりも 仕合わせなのよ  素顔のままで 愛されて 素顔のままで 愛したい長山洋子佐藤順英花岡優平渚を飛び立つ カモメの様に 息づく気持に 気づいた私  夢を見させてね 今だけでいい 強くはないけど もう迷わないわ あなたにそっと 逢えるなら 何ひとつ こわくない  素顔のままで 愛されて 素顔のままで 愛したい  スポンジしみこむ 涙のように 哀しい恋でも 想いはつのる  名前呼ばせてね 今だけでいい 口ぐせなんかに なったりしないわ ジェラシーちょっと 感じても 誰よりも 仕合わせなのよ  素顔のままで 愛されて 素顔のままで 愛したい
捨てられてGOLD LYLICでもね あの人 悪くないのよ 噂信じた 私が悪い そうよ一人に なるのこわくて 尽くしすぎて捧げすぎて 捨てられたの どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよ  でもね あの人 憎めないのよ ひどい男と 言うのはやめて そうよ悲しい 嘘がなければ あの人よりやさしい人 いないはずよ どんな愛でもいい つめたくされても どんな愛でもいい そばにいられたら でもね大事な鍵(かぎ)も 鍵も返したの だから だから今夜は つき合ってよ  どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよGOLD LYLIC長山洋子鈴木紀代檜原さとしでもね あの人 悪くないのよ 噂信じた 私が悪い そうよ一人に なるのこわくて 尽くしすぎて捧げすぎて 捨てられたの どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよ  でもね あの人 憎めないのよ ひどい男と 言うのはやめて そうよ悲しい 嘘がなければ あの人よりやさしい人 いないはずよ どんな愛でもいい つめたくされても どんな愛でもいい そばにいられたら でもね大事な鍵(かぎ)も 鍵も返したの だから だから今夜は つき合ってよ  どんな愛でもいい すがれるものなら どんな愛でもいい やり直せるなら でもね帰れる部屋は 部屋はもうないの だから だから今夜は つき合ってよ
せせらぎ水面に映る 私の顔は 悲しみだけが 揺れている 焦がれる恋を 抱きしめながら 身を引くことも 知りました 心の風を 入れ換えましょう 優しく誰かを 愛せるように せせらぎを聴きながら 流されながら 穏やかな私に たどり着きたい せせらぎを聴きながら 流されながら  唇噛めば 寂しさ滲む はしゃぎすぎた 夢の色 愛した人を 恨んだ夜は 身体を震わせ 泣きました 心の風を 入れ換えましょう 過日(きのう)の涙を 乾かすように せせらぎを聴きながら 流されながら 穏やかに誰かと めぐり逢いたい せせらぎを聴きながら 流されながら  ルルル… ルルル… せせらぎを聴きながら 流されながら長山洋子ありそのみ円広志水面に映る 私の顔は 悲しみだけが 揺れている 焦がれる恋を 抱きしめながら 身を引くことも 知りました 心の風を 入れ換えましょう 優しく誰かを 愛せるように せせらぎを聴きながら 流されながら 穏やかな私に たどり着きたい せせらぎを聴きながら 流されながら  唇噛めば 寂しさ滲む はしゃぎすぎた 夢の色 愛した人を 恨んだ夜は 身体を震わせ 泣きました 心の風を 入れ換えましょう 過日(きのう)の涙を 乾かすように せせらぎを聴きながら 流されながら 穏やかに誰かと めぐり逢いたい せせらぎを聴きながら 流されながら  ルルル… ルルル… せせらぎを聴きながら 流されながら
瀬戸の晩夏ドキドキするからね… 杖つく母が すわり込んだ石段 瀬戸の海が光る 女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…  私の子だからね… 目を見りゃわかる 生きてりゃこそあるのさ 泣く日も笑う日も 母に手を引かれ 登ったあの日 何も云わずにいたけれど 胸のふるえを 指先で感じてた 似た者同士 母と娘は…  女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…長山洋子花岡優平花岡優平ドキドキするからね… 杖つく母が すわり込んだ石段 瀬戸の海が光る 女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…  私の子だからね… 目を見りゃわかる 生きてりゃこそあるのさ 泣く日も笑う日も 母に手を引かれ 登ったあの日 何も云わずにいたけれど 胸のふるえを 指先で感じてた 似た者同士 母と娘は…  女手ひとつで 育ててくれた 母の強さと優しさが しみる晩夏に 長い影が寄り添う 似た者同士 母と娘は…
たてがみ駒(こま)の名前も その数(かず)も 何も知らない 私でも あなたの強さは わかります 勝って下さい これから先も 運(うん)と私が あなたの味方(みかた)  千を見通す ひらめきで 一を見直す こだわりで 輝くあなたに 惚れてます 負けた時にも 言い訳なしで ぐっとこらえる 男の姿  勝負終われば ただの人 抱いて抱かれる 明け方の たてがみみたいな 髪が好き 宇宙(そら)を駆(か)け翔(と)ぶ 獅子(ライオン)になり 夢をつかんで 二人の未来(あした)長山洋子鈴木紀代影山時則駒(こま)の名前も その数(かず)も 何も知らない 私でも あなたの強さは わかります 勝って下さい これから先も 運(うん)と私が あなたの味方(みかた)  千を見通す ひらめきで 一を見直す こだわりで 輝くあなたに 惚れてます 負けた時にも 言い訳なしで ぐっとこらえる 男の姿  勝負終われば ただの人 抱いて抱かれる 明け方の たてがみみたいな 髪が好き 宇宙(そら)を駆(か)け翔(と)ぶ 獅子(ライオン)になり 夢をつかんで 二人の未来(あした)
旅鳥羽を痛めて 飛べない連れを 守って寄り添う 旅鳥よ 群れははるばる 南をめざし 先に行ったよ あの空を ちょいと お前さん 私が倒れたら 抱いて寝かせて くれるかえ 元の 身体に 戻るまで お酒を断って くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん  形(なり)はあんなに 小さいけれど 情けじゃ負けない 旅鳥よ 恥かしいけど 人間様も 教えられるね 生きざまを ちょいと お前さん 私が死んだなら やもめ通して くれるかえ 勝手知らない あの世でも  添い遂げさせて くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん  ちょいと お前さん 私が頼んだら 無理を叶えて くれるかえ 義理のしがらみ 断ち切って 世間を捨てて くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん長山洋子木下龍太郎宮下健治羽を痛めて 飛べない連れを 守って寄り添う 旅鳥よ 群れははるばる 南をめざし 先に行ったよ あの空を ちょいと お前さん 私が倒れたら 抱いて寝かせて くれるかえ 元の 身体に 戻るまで お酒を断って くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん  形(なり)はあんなに 小さいけれど 情けじゃ負けない 旅鳥よ 恥かしいけど 人間様も 教えられるね 生きざまを ちょいと お前さん 私が死んだなら やもめ通して くれるかえ 勝手知らない あの世でも  添い遂げさせて くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん  ちょいと お前さん 私が頼んだら 無理を叶えて くれるかえ 義理のしがらみ 断ち切って 世間を捨てて くれるかえ 旅鳥みたいに エー お前さん
たまゆら雲の切れ目が 縁の切れ目か うすい背中に 影が差す 恋の涼風 乱れ風 胸をゆさぶる もてあそぶ  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら  見栄も張ります 嘘もつきます 泣きも入れます 往生際  手練手管の 弁天も 化粧する術 ない心  人の心と 八重桜  赤に黄色の 花紅葉 表も裏も 見せて散る さて…紙吹雪 夢はたまゆら  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら長山洋子鈴木紀代円広志雲の切れ目が 縁の切れ目か うすい背中に 影が差す 恋の涼風 乱れ風 胸をゆさぶる もてあそぶ  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら  見栄も張ります 嘘もつきます 泣きも入れます 往生際  手練手管の 弁天も 化粧する術 ない心  人の心と 八重桜  赤に黄色の 花紅葉 表も裏も 見せて散る さて…紙吹雪 夢はたまゆら  女結びは 蝶結び 男結びは 片結び 解かぬが華の 謎と帯 さて…戯れ芝居 恋はたまゆら
誰よりも君を愛す誰にも言われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただ一すじ 誰よりも誰よりも 君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別離(わかれ)が待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも誰よりも 君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日が生きられる ああ いく歳月 変ることなく 誰よりも誰よりも 君を愛す長山洋子川内康範吉田正誰にも言われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが ああ 夢ではない ただ一すじ 誰よりも誰よりも 君を愛す  愛した時から 苦しみがはじまる 愛された時から 別離(わかれ)が待っている ああ それでもなお 命かけて 誰よりも誰よりも 君を愛す  あなたがなければ 生きてはゆけない あなたがあるから 明日が生きられる ああ いく歳月 変ることなく 誰よりも誰よりも 君を愛す
地図のない旅どこ行くあてもなく旅立つ時は 心のカバンに何を入れて行くだろう 風吹けば風吹くまま飛べる翼だろか 青い空の果てまで夢を描いてみたい 何が来ても逃げない 誰の後も追わない  そびえる山脈か あの海原か 心の足にまかせる 地図のない旅 雨降れば雨降るまま ぬれた夢をかかえ 自分らしく歩けば 陽も差す時が来る 何が来ても逃げない 誰の後も追わない 何が来ても逃げない 誰の後も追わない長山洋子鈴木紀代石山勝章どこ行くあてもなく旅立つ時は 心のカバンに何を入れて行くだろう 風吹けば風吹くまま飛べる翼だろか 青い空の果てまで夢を描いてみたい 何が来ても逃げない 誰の後も追わない  そびえる山脈か あの海原か 心の足にまかせる 地図のない旅 雨降れば雨降るまま ぬれた夢をかかえ 自分らしく歩けば 陽も差す時が来る 何が来ても逃げない 誰の後も追わない 何が来ても逃げない 誰の後も追わない
津軽タント節(和洋合奏)ハァ~ ひとつ唄いましょ 津軽の唄を 節もおなじみ タント節・タント節 コラ じっちゃんもばっちゃんも若返り どじょこもふなこも踊り出す 夜明けのお山もタントタント お月さんもうかれ出す その訳だんヨ  ハァ~ 義理と人情にせめたてられて 切るに切られぬ 三味の糸・三味の糸 コラ 人目を忍めばバチあたり 切れればあなたは はなれ駒 糸は三筋でタントタント 心は一筋 その訳だんヨ長山洋子青森県民謡青森県民謡ハァ~ ひとつ唄いましょ 津軽の唄を 節もおなじみ タント節・タント節 コラ じっちゃんもばっちゃんも若返り どじょこもふなこも踊り出す 夜明けのお山もタントタント お月さんもうかれ出す その訳だんヨ  ハァ~ 義理と人情にせめたてられて 切るに切られぬ 三味の糸・三味の糸 コラ 人目を忍めばバチあたり 切れればあなたは はなれ駒 糸は三筋でタントタント 心は一筋 その訳だんヨ
蒼月惚れた男の みる夢を 一緒に見るのが 女です あなたの無事を 晴れの日を 流れる星に 祈ります 満つる月夜は 鷹になれ 月が翳(かげ)れば 眠りゃいい あなたの満月(ゆめ)が 消えないかぎり 私は私は ついてゆく  川を渡って 吹く風は あなたの恋の 噂です 心の奥の 淋しさに キリリと髪を 結い直す 蒼い月夜は 花になれ 月が曇れば 遊びゃいい 誰かの胸に 寄り道しても あなたをあなたを 怨まない  満つる月夜は 鷹になれ 月が翳(かげ)れば 眠りゃいい あなたの満月(ゆめ)が 消えないかぎり 私は私は ついてゆく長山洋子麻こよみ水森英夫惚れた男の みる夢を 一緒に見るのが 女です あなたの無事を 晴れの日を 流れる星に 祈ります 満つる月夜は 鷹になれ 月が翳(かげ)れば 眠りゃいい あなたの満月(ゆめ)が 消えないかぎり 私は私は ついてゆく  川を渡って 吹く風は あなたの恋の 噂です 心の奥の 淋しさに キリリと髪を 結い直す 蒼い月夜は 花になれ 月が曇れば 遊びゃいい 誰かの胸に 寄り道しても あなたをあなたを 怨まない  満つる月夜は 鷹になれ 月が翳(かげ)れば 眠りゃいい あなたの満月(ゆめ)が 消えないかぎり 私は私は ついてゆく
築地川万年橋から 覗(のぞ)いても 涙を流す 川がない 何処へ行ったの 築地川 女ごころの 悲しさを 捨てにきたのに 捨てにきたのに ああ… ただひとり  この世に尽くして 棄てられて ふりむく人も 今はない どこか似ている 築地川 恋の女の 下町に 夢を浮かべて 夢を浮かべて ああ… 来たものを  潮の香まじりの 川風を 呼んでも昨日は 帰らない せめて今夜は 築地川 涙忘れて 帰ろうか 幼な馴染みの 幼な馴染みの ああ…あの頃へ長山洋子浅倉玲宮下晴源万年橋から 覗(のぞ)いても 涙を流す 川がない 何処へ行ったの 築地川 女ごころの 悲しさを 捨てにきたのに 捨てにきたのに ああ… ただひとり  この世に尽くして 棄てられて ふりむく人も 今はない どこか似ている 築地川 恋の女の 下町に 夢を浮かべて 夢を浮かべて ああ… 来たものを  潮の香まじりの 川風を 呼んでも昨日は 帰らない せめて今夜は 築地川 涙忘れて 帰ろうか 幼な馴染みの 幼な馴染みの ああ…あの頃へ
父さんの詩明日がいよいよ 最後ねと 冷たいビールを 父につぐ あなたが失くした 歳月と 心の山坂 知ってます ごめんネ父さん ご苦労さまと 贈る言葉は ありがとう  会話(ことば)が互いに 通じない 心を閉じては 荒れた日々 あなたの白髪(しらが)と 引き換えに 大人になった 気がします ごめんネ父さん あの頃のこと いまは素直に ありがとう  各駅停車に 乗り換えて のんびり旅でも して欲しい あなたが残した 花の種子 綺麗に娘が 咲かせます 元気で 父さん いついつまでも 贈る言葉は ありがとう  ありがとう父さん長山洋子吉岡治市川昭介明日がいよいよ 最後ねと 冷たいビールを 父につぐ あなたが失くした 歳月と 心の山坂 知ってます ごめんネ父さん ご苦労さまと 贈る言葉は ありがとう  会話(ことば)が互いに 通じない 心を閉じては 荒れた日々 あなたの白髪(しらが)と 引き換えに 大人になった 気がします ごめんネ父さん あの頃のこと いまは素直に ありがとう  各駅停車に 乗り換えて のんびり旅でも して欲しい あなたが残した 花の種子 綺麗に娘が 咲かせます 元気で 父さん いついつまでも 贈る言葉は ありがとう  ありがとう父さん
遠い街まさか別れが 来るなんて 誰が想像 したでしょう だって明日の 幸せを 信じて暮らして いた私 わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街  まさか遊びで 恋なんて してるつもりは なかったわ だって欲しいと 言われたら 私の命も 上げたのに 奪うことさえ 出来なくて… 与えることさえ 出来なくて… 今更泣いても もう戻れない 二人の街は二人の街は 遠い街  わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街長山洋子鈴木紀代井上真之介まさか別れが 来るなんて 誰が想像 したでしょう だって明日の 幸せを 信じて暮らして いた私 わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街  まさか遊びで 恋なんて してるつもりは なかったわ だって欲しいと 言われたら 私の命も 上げたのに 奪うことさえ 出来なくて… 与えることさえ 出来なくて… 今更泣いても もう戻れない 二人の街は二人の街は 遠い街  わるい女に なれてたら… かわいい女に なれてたら… 今でも愛して くれたでしょうか 夢見る街は夢見る街は 遠い街
遠野物語待ちます 耐えます 信じます あなた偲(しの)んで 見上げれば 早池峰(はやちね)の山は もう根雪 遠野の冬は 寒いけど 愛をつらぬく 女の胸は 胸はあたたかい  泣きます 責めます 恨みます いつか添い寝に 馴らされた 女にはつらい ひとり寝は いろいろ話 あるけれど どこの誰にも 私はこころ こころ許さない  呼びます 生きます 祈ります 姑(はは)の小言が つらい夜は 涙を洗う 仕舞(しま)い風呂 あなたの胸が 恋しくて 燃えるこの肌 遠野の雪に 雪に埋(うず)めたい長山洋子木下龍太郎船村徹待ちます 耐えます 信じます あなた偲(しの)んで 見上げれば 早池峰(はやちね)の山は もう根雪 遠野の冬は 寒いけど 愛をつらぬく 女の胸は 胸はあたたかい  泣きます 責めます 恨みます いつか添い寝に 馴らされた 女にはつらい ひとり寝は いろいろ話 あるけれど どこの誰にも 私はこころ こころ許さない  呼びます 生きます 祈ります 姑(はは)の小言が つらい夜は 涙を洗う 仕舞(しま)い風呂 あなたの胸が 恋しくて 燃えるこの肌 遠野の雪に 雪に埋(うず)めたい
瞬間はファンタジー日射しを集めて 海は青いプリズム 眩しい空映すから 心で光るの 素敵な笑顔に 出逢ったその日は 何かいい事が 起こりそう それがメッセージ Don't stop the magic この胸の 輝きが目印なのよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい  プラネタリウムで 名前を知った星座 この渚で見つけたの 夜空の宝石 果てない宇宙で 出逢った愛なら もっと大切な 宝物 そしてメッセージ  Don't stop the magic いつだって 輝いた瞳が好きよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい  Don't stop the magic この胸の 輝きが目印なのよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい長山洋子佐藤ありす水沢朱里日射しを集めて 海は青いプリズム 眩しい空映すから 心で光るの 素敵な笑顔に 出逢ったその日は 何かいい事が 起こりそう それがメッセージ Don't stop the magic この胸の 輝きが目印なのよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい  プラネタリウムで 名前を知った星座 この渚で見つけたの 夜空の宝石 果てない宇宙で 出逢った愛なら もっと大切な 宝物 そしてメッセージ  Don't stop the magic いつだって 輝いた瞳が好きよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい  Don't stop the magic この胸の 輝きが目印なのよ Don't stop the magic めぐりあい さがしに行きたい
夏ひとり一生日陰の恋でもいいと 心に決めて抱かれたけれど あなたの全部欲しがった 罪な愚かな 女です  あなたとの三年は喜びで そしてそして ああ悲しみで さややさやさや 竹の道 もう涙流さない…つもりです  世間に背いた恋ゆえですか 儚く散った 小さな命 木漏れ陽ゆれる 石段に 足を止めれば 滲む汗  あなたとの三年は夢をみて そしてそして ああ諦めて ゆらりゆらゆら 迷い道 もう私戻らない… つもりです  あなたとの三年は喜びで そしてそして ああ悲しみで さややさやさや 竹の道 もう涙流さない…つもりです長山洋子麻こよみ南郷孝一生日陰の恋でもいいと 心に決めて抱かれたけれど あなたの全部欲しがった 罪な愚かな 女です  あなたとの三年は喜びで そしてそして ああ悲しみで さややさやさや 竹の道 もう涙流さない…つもりです  世間に背いた恋ゆえですか 儚く散った 小さな命 木漏れ陽ゆれる 石段に 足を止めれば 滲む汗  あなたとの三年は夢をみて そしてそして ああ諦めて ゆらりゆらゆら 迷い道 もう私戻らない… つもりです  あなたとの三年は喜びで そしてそして ああ悲しみで さややさやさや 竹の道 もう涙流さない…つもりです
なみだ酒しあわせほしがる 女の胸を 路地のしぐれが また濡らす あなた 今夜はどの店あたり あんなにやさしく してくれたのに 夢のもろさに 泣ける夜  あなたをにくめぬ 悔しさつらさ せめて昔に もどれたら あなた 今夜はどの店あたり だれかが唄った 想い出歌に 女ごころが また泣ける  口紅拭いても みれんは残る まして雨降る こんな夜は あなた 今夜はどの店あたり ピアスをはずして とまり木迷子 つらい涙の 酒に酔う長山洋子たかたかし弦哲也しあわせほしがる 女の胸を 路地のしぐれが また濡らす あなた 今夜はどの店あたり あんなにやさしく してくれたのに 夢のもろさに 泣ける夜  あなたをにくめぬ 悔しさつらさ せめて昔に もどれたら あなた 今夜はどの店あたり だれかが唄った 想い出歌に 女ごころが また泣ける  口紅拭いても みれんは残る まして雨降る こんな夜は あなた 今夜はどの店あたり ピアスをはずして とまり木迷子 つらい涙の 酒に酔う
ぬけがらやせた煙草の 吸いがらを 朝の流しに 捨てにいく 命たたんで あのひとに 女まるごと あげたのが たったひとつのたったひとつの 春だった  嘘を怖がる 男には 夢となみだが 子守り唄 愛をなくした 女には 癒す唄など ないけれど せめて酔わせて せめて酔わせて ひぐれ酒  惚れてちぎれた この恋を 泣いてうらんで 何になる 買ってもらった 手鏡に ばかと小さく 笑いかけ ぜんぶ忘れて ぜんぶ忘れて 眠りたい長山洋子小田めぐみ徳久広司やせた煙草の 吸いがらを 朝の流しに 捨てにいく 命たたんで あのひとに 女まるごと あげたのが たったひとつのたったひとつの 春だった  嘘を怖がる 男には 夢となみだが 子守り唄 愛をなくした 女には 癒す唄など ないけれど せめて酔わせて せめて酔わせて ひぐれ酒  惚れてちぎれた この恋を 泣いてうらんで 何になる 買ってもらった 手鏡に ばかと小さく 笑いかけ ぜんぶ忘れて ぜんぶ忘れて 眠りたい
猫とくしゃみとバーボンとハーバーライトを サカナにしてさ ボトルにカチンと 乾杯するの ようやく自由に なれたんだから 気楽に夢みて 酔いたいわ アララ アララ 猫がキョトンと あたしを見てる 心はピンクの 旅立ちなのに ブルーになったら おかしいね  流行りのビートの ボリュームあげて スリッパ脱ぎ捨て 躍ってみるわ ひとりがこんなに 愉快だなんて 今夜は朝まで 眠らない アララ アララ 猫がクシュンと くしゃみをひとつ いかした女の 記念日なのに ブルーになったら おかしいね  アララ アララ 猫がキョトンと あたしを見てる 心はピンクの 旅立ちなのに ブルーになったら おかしいね長山洋子小田めぐみ樋口義高ハーバーライトを サカナにしてさ ボトルにカチンと 乾杯するの ようやく自由に なれたんだから 気楽に夢みて 酔いたいわ アララ アララ 猫がキョトンと あたしを見てる 心はピンクの 旅立ちなのに ブルーになったら おかしいね  流行りのビートの ボリュームあげて スリッパ脱ぎ捨て 躍ってみるわ ひとりがこんなに 愉快だなんて 今夜は朝まで 眠らない アララ アララ 猫がクシュンと くしゃみをひとつ いかした女の 記念日なのに ブルーになったら おかしいね  アララ アララ 猫がキョトンと あたしを見てる 心はピンクの 旅立ちなのに ブルーになったら おかしいね
博多山笠女節夜明け前 博多の男が 山笠舁(か)いてオィサッオィサッ 風になる 私ゃあんたの 赤手拭(あかてのごい)に 一年一度 惚れ直す ときめくざわめく 祭りの 女節  水法被(みずはっぴ) 舁(か)き縄(なわ)締め込み 男が謳(うた)うオイサッ オイサッ 晴れ姿 山笠(やま)が恋人 命をかける 妬(や)くほどあんた 山笠(やま)のぼせ ドキドキハラハラ ワクワク 女節  祝い目出度の 若松さまよ 若松さまよ  勢(きお)い水 一番山笠 太鼓の音でオィサッオィサッ 走り出す 廻り止(どめ)まで 気合いを抜くな 男の力 魅(み)せとくれ 凛々(りり)しいあんたに 捧げる 女節長山洋子鈴木紀代ジュン黛夜明け前 博多の男が 山笠舁(か)いてオィサッオィサッ 風になる 私ゃあんたの 赤手拭(あかてのごい)に 一年一度 惚れ直す ときめくざわめく 祭りの 女節  水法被(みずはっぴ) 舁(か)き縄(なわ)締め込み 男が謳(うた)うオイサッ オイサッ 晴れ姿 山笠(やま)が恋人 命をかける 妬(や)くほどあんた 山笠(やま)のぼせ ドキドキハラハラ ワクワク 女節  祝い目出度の 若松さまよ 若松さまよ  勢(きお)い水 一番山笠 太鼓の音でオィサッオィサッ 走り出す 廻り止(どめ)まで 気合いを抜くな 男の力 魅(み)せとくれ 凛々(りり)しいあんたに 捧げる 女節
花園しぐれ想い残しと 飲み残し イヤよ今夜は したくない 明日(あす)は遠くへ 行くあなた 涙は涙は バラ色ね 胸に降る降る 花園しぐれ  過去をたずねた こともない 傷をいじくる こともない 肩をやさしく 抱きしめて 倖せ倖せ くれたのね ぬれてせつない 花園しぐれ  そっと咲かせた 恋だもの 離れたくない 男(ひと)だもの 羽目をはずして 飲むお酒 未練は未練は いじわるね 夜明け間近(まぢか)の 花園しぐれ長山洋子鈴木紀代西つよし想い残しと 飲み残し イヤよ今夜は したくない 明日(あす)は遠くへ 行くあなた 涙は涙は バラ色ね 胸に降る降る 花園しぐれ  過去をたずねた こともない 傷をいじくる こともない 肩をやさしく 抱きしめて 倖せ倖せ くれたのね ぬれてせつない 花園しぐれ  そっと咲かせた 恋だもの 離れたくない 男(ひと)だもの 羽目をはずして 飲むお酒 未練は未練は いじわるね 夜明け間近(まぢか)の 花園しぐれ
花散る道を花散る道を 行くひとの 門出を祝う 春の日よ いつまでも いつまでも 曇ることなき その瞳(ひとみ) あなたの明日(あす)に 幸あらん  遠きあの日の 幼子も 今では母の 顔になる 泣かないで 泣かないで 哀しいことは あるけれど 嬉しいことは もっとある  いつか別れが あればこそ 今日という日が 愛(いと)おしい さよならは さよならは 未来へ続く 合言葉 遥かな夢を 追いかけて長山洋子友利歩未桧原さとし花散る道を 行くひとの 門出を祝う 春の日よ いつまでも いつまでも 曇ることなき その瞳(ひとみ) あなたの明日(あす)に 幸あらん  遠きあの日の 幼子も 今では母の 顔になる 泣かないで 泣かないで 哀しいことは あるけれど 嬉しいことは もっとある  いつか別れが あればこそ 今日という日が 愛(いと)おしい さよならは さよならは 未来へ続く 合言葉 遥かな夢を 追いかけて
花びら心中肌に咲いた この花は ゆうべあなたが 噛んだあと ほかの誰かに 抱かれても 燃えない身体に なりました ざんざりら…ざんざりら… くだけ散る 荒波に 裾洗う 鉄砲岬 ここから先は 浮き世を捨てる 月の輪くぐって あゝあなたと 花びら心中  こんなはずじゃ なかったと 胸をまさぐる 濡れ吐息 風に舟底 ゆれるたび 抱きしめあうから またゆれる ざんざりら…ざんざりら… 漕ぎ戻る 櫂もなく 流されて 呑まれる怒涛 あなたとここに 命を置いて 踏み出す波路は あゝいちめん 花びら心中  ざんざりら…ざんざりら… くだけ散る 荒波に 裾洗う 鉄砲岬 ここから先は 浮き世を捨てる 月の輪くぐって あゝあなたと 花びら心中長山洋子小田めぐみ武市昌久肌に咲いた この花は ゆうべあなたが 噛んだあと ほかの誰かに 抱かれても 燃えない身体に なりました ざんざりら…ざんざりら… くだけ散る 荒波に 裾洗う 鉄砲岬 ここから先は 浮き世を捨てる 月の輪くぐって あゝあなたと 花びら心中  こんなはずじゃ なかったと 胸をまさぐる 濡れ吐息 風に舟底 ゆれるたび 抱きしめあうから またゆれる ざんざりら…ざんざりら… 漕ぎ戻る 櫂もなく 流されて 呑まれる怒涛 あなたとここに 命を置いて 踏み出す波路は あゝいちめん 花びら心中  ざんざりら…ざんざりら… くだけ散る 荒波に 裾洗う 鉄砲岬 ここから先は 浮き世を捨てる 月の輪くぐって あゝあなたと 花びら心中
花巻の女旅立つひとに 背を向けて くちづけなんて できません ああ 汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で  東京のどこに 夢がある 東京のどこに 愛がある ああ ことばもなくし たそがれに 打たれるだけの 修羅の浜 みだれ尽きるか みだれ尽きるか この花巻で  =わたしゃ外山(そとやま)の 日陰のわらび 誰も折らぬで ほだとなる  汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で長山洋子小田めぐみ武市昌久旅立つひとに 背を向けて くちづけなんて できません ああ 汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で  東京のどこに 夢がある 東京のどこに 愛がある ああ ことばもなくし たそがれに 打たれるだけの 修羅の浜 みだれ尽きるか みだれ尽きるか この花巻で  =わたしゃ外山(そとやま)の 日陰のわらび 誰も折らぬで ほだとなる  汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で
春風風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄(げた)の音 初の白星 心もはずむ 熱いかけ声 背中に受けりゃ 明日の主役は この俺さ  夢の深さと 身体(からだ)のデカさ 髷(まげ)のつくりと 心意気 人の値打ちは 見た目じゃないよ 悔し涙を 払った指で 嬉し涙を ぬぐったのさ  負けて覚える 相撲もあるが 勝って身につく 技もある 西の小兵(こひょう)は 粘(ねば)りがいのち こらえこらえて 男になって 春の笑顔で 生きるのさ長山洋子鈴木紀代影山時則風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄(げた)の音 初の白星 心もはずむ 熱いかけ声 背中に受けりゃ 明日の主役は この俺さ  夢の深さと 身体(からだ)のデカさ 髷(まげ)のつくりと 心意気 人の値打ちは 見た目じゃないよ 悔し涙を 払った指で 嬉し涙を ぬぐったのさ  負けて覚える 相撲もあるが 勝って身につく 技もある 西の小兵(こひょう)は 粘(ねば)りがいのち こらえこらえて 男になって 春の笑顔で 生きるのさ
春はSA-RA SA-RAああ 桜並木で 風が ひと荒れしそうな 夕暮れ あなたは 帰り路を 私より 急いでいます  こんな日は SA-RA SA-RA 夢も SA-RA SA-RA 散りそうな 片想いです 花びらが SA-RA SA-RA 肩にふれる 好きですと言えなくて 春です  ああ かすむような 夕やみに 何もかも 見えなくなれば あなたが 他の誰と 通りすぎても 気づかない  春風に SA-RA SA-RA 髪も SA-RA SA-RA あなたへと なびく恋です 人知れず SA-RA SA-RA 見つめながら 好きですと言えない 私です  こんな日は SA-RA SA-RA 夢も SA-RA SA-RA 散りそうな 片想いです 花びらが SA-RA SA-RA 肩にふれる 好きですと言えなくて 春です長山洋子Raul Reiman・Jori Sivonen・日本語詞:竜真知子Raul Reiman・Jori Sivonenああ 桜並木で 風が ひと荒れしそうな 夕暮れ あなたは 帰り路を 私より 急いでいます  こんな日は SA-RA SA-RA 夢も SA-RA SA-RA 散りそうな 片想いです 花びらが SA-RA SA-RA 肩にふれる 好きですと言えなくて 春です  ああ かすむような 夕やみに 何もかも 見えなくなれば あなたが 他の誰と 通りすぎても 気づかない  春風に SA-RA SA-RA 髪も SA-RA SA-RA あなたへと なびく恋です 人知れず SA-RA SA-RA 見つめながら 好きですと言えない 私です  こんな日は SA-RA SA-RA 夢も SA-RA SA-RA 散りそうな 片想いです 花びらが SA-RA SA-RA 肩にふれる 好きですと言えなくて 春です
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
反逆のヒーローもう迷わない 哀しくても… この胸に 銃爪 あなたを今 追いかけてく 瞳の奥へ…  夜明けの風に 走りだすの 頬が Ah 熱いわ… 噛みしめる想い もうこれ以上 止められないから  I…I don't want to be a hero 愛になりたい I don't want to be a hero No…  そうかまわない 閉ざされても 涙の 国境線 荒野の果て 見つけたいの 違う私を…  見知らぬ夜を 旅してゆく 孤独な ソルジャー ガラスの夢なら 壊れるまで 輝きたいの…  I…I don't want to be a hero 愛になりたい I don't want to be a hero No…  Wow no no no…  地平線へ 燃え落ちる 赤い星の ようね… 明日は素顔で あなただけ 見つめているから…  I…I don't want to be a hero 愛になりたい… I don't want to be a hero Wow ho ho  I…I don't want to be a hero 愛に賭けたい… I don't want to be a hero Wow ho ho  I…I don't want to be a hero 愛になりたい…長山洋子Clark Datchler・篠原仁志Clark Datchlerもう迷わない 哀しくても… この胸に 銃爪 あなたを今 追いかけてく 瞳の奥へ…  夜明けの風に 走りだすの 頬が Ah 熱いわ… 噛みしめる想い もうこれ以上 止められないから  I…I don't want to be a hero 愛になりたい I don't want to be a hero No…  そうかまわない 閉ざされても 涙の 国境線 荒野の果て 見つけたいの 違う私を…  見知らぬ夜を 旅してゆく 孤独な ソルジャー ガラスの夢なら 壊れるまで 輝きたいの…  I…I don't want to be a hero 愛になりたい I don't want to be a hero No…  Wow no no no…  地平線へ 燃え落ちる 赤い星の ようね… 明日は素顔で あなただけ 見つめているから…  I…I don't want to be a hero 愛になりたい… I don't want to be a hero Wow ho ho  I…I don't want to be a hero 愛に賭けたい… I don't want to be a hero Wow ho ho  I…I don't want to be a hero 愛になりたい…
ハートに火をつけて渚のカーブ走る 横顔が少し遠い 黙ってどこまで行くの ガラスの靴のように 大切にしすぎないで 息がつまるのよ Safety zone  気まぐれに輝く 星たちはいたけど 初めてよ 今夜 恋におちてもいいの…  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタなら話せそうよ 私の本当の気持ち Take me to the star of love Take me to the star of love このままさらって Light my fire  ハートがシャープしてる シグナルが赤に変り ブレーキかけてるアナタ 隠されたキーワード お互いにわかり合えば 終わらないキャンドルになるわ  アクセルをふかして 戻れなくなるまで 決めたのよ 今夜恋に落ちてもいいの…  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタとなら届きそうよ 夜空に浮かべた夢に Take me to the star of love Take me to the star of love 迷わず さらって Light my fire  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタなら話せそうよ 私の本当の気持ち Take me to the star of love Take me to the star of love このままさらって Light my fire  Take me to the star of love長山洋子中原めい子中原めい子渚のカーブ走る 横顔が少し遠い 黙ってどこまで行くの ガラスの靴のように 大切にしすぎないで 息がつまるのよ Safety zone  気まぐれに輝く 星たちはいたけど 初めてよ 今夜 恋におちてもいいの…  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタなら話せそうよ 私の本当の気持ち Take me to the star of love Take me to the star of love このままさらって Light my fire  ハートがシャープしてる シグナルが赤に変り ブレーキかけてるアナタ 隠されたキーワード お互いにわかり合えば 終わらないキャンドルになるわ  アクセルをふかして 戻れなくなるまで 決めたのよ 今夜恋に落ちてもいいの…  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタとなら届きそうよ 夜空に浮かべた夢に Take me to the star of love Take me to the star of love 迷わず さらって Light my fire  抱きしめてもいいのよ Take me to the star of love アナタなら話せそうよ 私の本当の気持ち Take me to the star of love Take me to the star of love このままさらって Light my fire  Take me to the star of love
芭蕉布海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉(ばしょう)は情に 手を招く 常夏の国 我(わ)した島沖縄(うちなー)  首里(しゅり)の古城の 石だたみ 昔を偲ぶ かたほとり 実れる芭蕉 熟れていた 緑葉の下 我(わ)した島沖縄(うちなー)  今は昔の 首里天(しゅいてぃん)ぢゃなし 唐(とぅ)ヲゥーつむぎ はたを織り じょうのうささげた 芭蕉布 浅地紺地(あさじくんじ)の 我(わ)した島沖縄(うちなー)長山洋子吉川安一普久原恒勇海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉(ばしょう)は情に 手を招く 常夏の国 我(わ)した島沖縄(うちなー)  首里(しゅり)の古城の 石だたみ 昔を偲ぶ かたほとり 実れる芭蕉 熟れていた 緑葉の下 我(わ)した島沖縄(うちなー)  今は昔の 首里天(しゅいてぃん)ぢゃなし 唐(とぅ)ヲゥーつむぎ はたを織り じょうのうささげた 芭蕉布 浅地紺地(あさじくんじ)の 我(わ)した島沖縄(うちなー)
抜海の里寒い夜更けの 終着駅は 恋の未練も 凍てつくよ さいはて 連れあいに捨てられた 海鳥が 消えていく 消えていく 利尻富士 越えなきゃ 落ちると 鳴くはぐれ 私も泣きます 抜海の里  心変わりを 責められなくて 何で綺麗に 身を引いた 一人で ちりちりと 風に咲く 雪の花 馬鹿だよと 馬鹿だよと 頬を打つ このまま 流れて 礼文まで 私も果てたい 抜海の里  安物の指輪だよ 抜けないなんて 思い出が 思い出が つきまとう 二度とは 目覚めぬ 捨て場所へ 私も発ちます 抜海の里長山洋子合田恵井上真之介寒い夜更けの 終着駅は 恋の未練も 凍てつくよ さいはて 連れあいに捨てられた 海鳥が 消えていく 消えていく 利尻富士 越えなきゃ 落ちると 鳴くはぐれ 私も泣きます 抜海の里  心変わりを 責められなくて 何で綺麗に 身を引いた 一人で ちりちりと 風に咲く 雪の花 馬鹿だよと 馬鹿だよと 頬を打つ このまま 流れて 礼文まで 私も果てたい 抜海の里  安物の指輪だよ 抜けないなんて 思い出が 思い出が つきまとう 二度とは 目覚めぬ 捨て場所へ 私も発ちます 抜海の里
GOLD LYLIC生命(いのち)を燃やす 季節は短い まして女の 綺麗な時期(とき)は 夏の夕暮れ 人恋しさに 焦がれ鳴きする 蜩(せみ)のようです  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますか  こんなにあなた 愛しているのに 運命(こい)の垣根が 越えられません 夏の終わりを 惜しんで鳴いて 愛が掠(かす)れた 蜩のようです  ふたりで夢を 探せたら こころに夢を 描けたら ああ あなた 見つめることも 叶わぬ恋ですか 忘れることが 真実(ほんとう)の愛ですか  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますかGOLD LYLIC長山洋子仁井谷俊也徳久広司生命(いのち)を燃やす 季節は短い まして女の 綺麗な時期(とき)は 夏の夕暮れ 人恋しさに 焦がれ鳴きする 蜩(せみ)のようです  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますか  こんなにあなた 愛しているのに 運命(こい)の垣根が 越えられません 夏の終わりを 惜しんで鳴いて 愛が掠(かす)れた 蜩のようです  ふたりで夢を 探せたら こころに夢を 描けたら ああ あなた 見つめることも 叶わぬ恋ですか 忘れることが 真実(ほんとう)の愛ですか  言葉で愛を 語れたら 手紙に愛を 綴れたら ああ あなた 死んだら涙 流してくれますか 冷たい躰(からだ) 抱きしめてくれますか
密やかにときめいて…ああ あなたを もし嫌いになれたら ああ どんなに いいでしょう ああ 坂道 かたことのやりとりで 今日もまた さよなら  見かけほど 臆病じゃないと あなたに 伝えたい 洗い髪 ひとりきりの部屋 幼なさの裏側を 覗いて欲しい  会いたい会いたい あなたに会いたい 心はひそやかに ときめきます  ああ あなたを知るまでの 私には もう もどれはしないわ ああ ほのかな想い よせ合うよりも この窓を 叩いて…  気まぐれに 人を愛すほど 生きすぎてないから 乱れ髪 ため息でとかす 幼なさの裏側は 一途なんです  会いたい会いたい あなたに会いたい 心はひそやかに ときめきます長山洋子高橋研高橋研ああ あなたを もし嫌いになれたら ああ どんなに いいでしょう ああ 坂道 かたことのやりとりで 今日もまた さよなら  見かけほど 臆病じゃないと あなたに 伝えたい 洗い髪 ひとりきりの部屋 幼なさの裏側を 覗いて欲しい  会いたい会いたい あなたに会いたい 心はひそやかに ときめきます  ああ あなたを知るまでの 私には もう もどれはしないわ ああ ほのかな想い よせ合うよりも この窓を 叩いて…  気まぐれに 人を愛すほど 生きすぎてないから 乱れ髪 ため息でとかす 幼なさの裏側は 一途なんです  会いたい会いたい あなたに会いたい 心はひそやかに ときめきます
ひとひらの愛薄紅(うすべに)色の さくら草(そう) 震え震えて 咲いてます 命短い 運命(さだめ)の私 あなたの求愛(あい)に 咲けません… この命 尽きる時にあなた 一緒に死んで 欲しい 愚かな心を 詫びながら あなたに寄り添う 私です  残りの月日 数えれば 白い指先 凍えます せめて三年 もうあと二年 運命(さだめ)よ どうぞ見逃して… もう誰も 愛さないと あなた 今すぐ 誓って 欲しい あなたと今日しかないようで 心が乱れる 私です  この命 尽きる時に あなた 一緒に 死んで 欲しい 愚かな心を 詫びながら あなたに寄り添う 私です長山洋子麻こよみ桧原さとし薄紅(うすべに)色の さくら草(そう) 震え震えて 咲いてます 命短い 運命(さだめ)の私 あなたの求愛(あい)に 咲けません… この命 尽きる時にあなた 一緒に死んで 欲しい 愚かな心を 詫びながら あなたに寄り添う 私です  残りの月日 数えれば 白い指先 凍えます せめて三年 もうあと二年 運命(さだめ)よ どうぞ見逃して… もう誰も 愛さないと あなた 今すぐ 誓って 欲しい あなたと今日しかないようで 心が乱れる 私です  この命 尽きる時に あなた 一緒に 死んで 欲しい 愚かな心を 詫びながら あなたに寄り添う 私です
瞳の中のファーラウェイもしも 言葉のない時代なら もっとうまく見つめるのに 今は 風の向きが変わるたび 時の流れ もどかしいの 雨の朝には 虹を渡って 夜更けは 三日月の弓 引いて 熱い思いを届けたいのに あなたの瞳は So far away 果てしない 夢を映すよ まばたきもせず So far away さぁ 越えよう あなたの後を ついてゆくから  すべてわかりあうよろこびより みつからない 心が好き そっと こぼれる涙の数で やさしさなら 倍になるね たとえ暗い空で はぐれても 流星にまぎれ見失っても わたしだけには あなたの影が 光って見えるの So far away さざ波が 白い渚を染めてくように So far away さあ越えよう どんな場所でも そばにいるから  So far away 果てしない 夢を映すよ まばたきもせず So far away さぁ 越えよう あなたの後を ついてゆくから もうひとりでいる 自由なんて 欲しくない 二人なら長山洋子川村真澄石田正人もしも 言葉のない時代なら もっとうまく見つめるのに 今は 風の向きが変わるたび 時の流れ もどかしいの 雨の朝には 虹を渡って 夜更けは 三日月の弓 引いて 熱い思いを届けたいのに あなたの瞳は So far away 果てしない 夢を映すよ まばたきもせず So far away さぁ 越えよう あなたの後を ついてゆくから  すべてわかりあうよろこびより みつからない 心が好き そっと こぼれる涙の数で やさしさなら 倍になるね たとえ暗い空で はぐれても 流星にまぎれ見失っても わたしだけには あなたの影が 光って見えるの So far away さざ波が 白い渚を染めてくように So far away さあ越えよう どんな場所でも そばにいるから  So far away 果てしない 夢を映すよ まばたきもせず So far away さぁ 越えよう あなたの後を ついてゆくから もうひとりでいる 自由なんて 欲しくない 二人なら
ヴィーナス煌めく シャンパン・ライト 媚薬の夜ね 恋の女神に 生まれかわる  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 見つめて Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  サファイアの瞳 薔薇のクチビル じらしてあげる 夢のつづきを  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 落として Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 燃やして Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  煌めく シャンパン・ライト 素肌に飾り 恋の女神が 踊りだすわ  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 見つめて Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it長山洋子Robert.Leeuwan・訳詞:篠原仁志Robert.Leeuwan煌めく シャンパン・ライト 媚薬の夜ね 恋の女神に 生まれかわる  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 見つめて Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  サファイアの瞳 薔薇のクチビル じらしてあげる 夢のつづきを  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 落として Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 燃やして Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  煌めく シャンパン・ライト 素肌に飾り 恋の女神が 踊りだすわ  She's got it Yeah,baby,she's got it I'm your Venus I'm your fire 見つめて Well I'm your Venus I'm your fire At your desire  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it  Yeah,baby,she's got it Yeah,baby,she's got it
深川恋キツネ…コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  コンコンおいらは 深川稲荷 下町きっての いなせなキツネ 寄っておいきよ 遠慮はいらぬ 聞いてあげましょ 胸のうち お祈りしなしゃんせ お祈りしなしゃんせ 皆の衆 恋は桃色 江戸の華  …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  めんめん心を 打ち明けられて あんたもつらいが おいらもつらい 見ればおきゃんな 恋するこの娘 祈るしぐさも あどけなや うっかりしちゃってよ うっかりしちゃってよ 一目惚れ 長いおひげも きゅんとなる  …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  明けても暮れても 心は惚の字 笑ってくれるな 相棒キツネ しょせん叶わぬ 人待ち奉行 しっぽかくして 拝みたや 両手をあわせてなあ 両手をあわせてなあ ほろりとな 祈る向こうに 江戸の恋風長山洋子小田めぐみ樋口義高…コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  コンコンおいらは 深川稲荷 下町きっての いなせなキツネ 寄っておいきよ 遠慮はいらぬ 聞いてあげましょ 胸のうち お祈りしなしゃんせ お祈りしなしゃんせ 皆の衆 恋は桃色 江戸の華  …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  めんめん心を 打ち明けられて あんたもつらいが おいらもつらい 見ればおきゃんな 恋するこの娘 祈るしぐさも あどけなや うっかりしちゃってよ うっかりしちゃってよ 一目惚れ 長いおひげも きゅんとなる  …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ …コンコンきゅきゅ コンきゅきゅ  明けても暮れても 心は惚の字 笑ってくれるな 相棒キツネ しょせん叶わぬ 人待ち奉行 しっぽかくして 拝みたや 両手をあわせてなあ 両手をあわせてなあ ほろりとな 祈る向こうに 江戸の恋風
ふたたびの恋二度と恋はしないと 別れに思うの あなたは誰かと 愛に生きるのね 都会の灯りが 揺れる夜の窓 ああ 明日この部屋を 二人出て行くわ 二度と恋は 二度と恋はしない つもりよ…  泣いて涙涸れたら 忘れられそうよ 冷たい心じゃ 話も出来ない 私一人で 歩いて行けるわ もう 何も言わないで 背中向けましょう 泣いて涙 泣いて涙涸れて サヨナラ…  二度と恋はしないと 別れに泣いてた あの日の涙が 今日は嘘になる 弱い女ね 再び夢見て ああ きっと幸せに なると信じてる 二度と恋は 二度と恋はしない つもりが… 二度と恋は 二度と恋はしない つもりが…長山洋子ありそのみ桧原さとし二度と恋はしないと 別れに思うの あなたは誰かと 愛に生きるのね 都会の灯りが 揺れる夜の窓 ああ 明日この部屋を 二人出て行くわ 二度と恋は 二度と恋はしない つもりよ…  泣いて涙涸れたら 忘れられそうよ 冷たい心じゃ 話も出来ない 私一人で 歩いて行けるわ もう 何も言わないで 背中向けましょう 泣いて涙 泣いて涙涸れて サヨナラ…  二度と恋はしないと 別れに泣いてた あの日の涙が 今日は嘘になる 弱い女ね 再び夢見て ああ きっと幸せに なると信じてる 二度と恋は 二度と恋はしない つもりが… 二度と恋は 二度と恋はしない つもりが…
冬のタンゴあなたのコトバがトゲを刺す 氷の花みたい 出会ったことさえ それさえも罪のよう おとこは恋 恋  おんなは愛 愛 いつも夢のすれ違い うたかたの恋のために ねえ ねえ踊りましょう 狂おしく抱き合った 夜よいずこ… ああ きよならは微笑んで タンゴ タンコ ラスト・タンゴ  ききわけいい子で 可愛いくて お人形でした あなたが望めば心まで脱いできた おとこは恋 恋  おんなは愛 愛 いつも夢の勘違い うたかたの愛のために ねえ ねえ踊りましょう 淋しさを埋め合った 冬と共に… ああ きよならは酔いどれて タンゴ タンゴ ラスト・タンゴ長山洋子吉岡治市川昭介あなたのコトバがトゲを刺す 氷の花みたい 出会ったことさえ それさえも罪のよう おとこは恋 恋  おんなは愛 愛 いつも夢のすれ違い うたかたの恋のために ねえ ねえ踊りましょう 狂おしく抱き合った 夜よいずこ… ああ きよならは微笑んで タンゴ タンコ ラスト・タンゴ  ききわけいい子で 可愛いくて お人形でした あなたが望めば心まで脱いできた おとこは恋 恋  おんなは愛 愛 いつも夢の勘違い うたかたの愛のために ねえ ねえ踊りましょう 淋しさを埋め合った 冬と共に… ああ きよならは酔いどれて タンゴ タンゴ ラスト・タンゴ
ふられ酒手酌のお酒に 酔うよりも 酔って泣きたい やさしさに しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった 恋またひとつ ああ見送って 雨の居酒屋 ふられ酒  小さな嘘なら 見逃して 馬鹿ね暮らせば 良かったわ しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった しとしと雨が ああ降る夜は 弱い私に 逆もどり  二度あることなら 三度ある ついて悲しい ふられ癖 しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった 今夜はせめて ああ酔いたいの 雨の居酒屋 夜ふけ酒長山洋子麻こよみ宮下健治手酌のお酒に 酔うよりも 酔って泣きたい やさしさに しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった 恋またひとつ ああ見送って 雨の居酒屋 ふられ酒  小さな嘘なら 見逃して 馬鹿ね暮らせば 良かったわ しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった しとしと雨が ああ降る夜は 弱い私に 逆もどり  二度あることなら 三度ある ついて悲しい ふられ癖 しあわせやっぱり やっぱり逃げちゃった 今夜はせめて ああ酔いたいの 雨の居酒屋 夜ふけ酒
ふれ逢い橋枯れることなく流れる 小名木(おなぎ)川 ポツリポツリと水面を 叩く雨 幼な子をこの腕(て)に 抱きしめて 女捨て 涙すて 生きる女の しぐれ橋  みんな過去から逃れて この街へ 古い家並み連らなる 細い路地 住む人のやさしさ ぬくもりに いやされて 励まされ 暮らすふたりの さだめ橋  川は流れる今日も 人の世の 愁(うれ)い嘆(なげ)きを沈めて 街の谷 ささやかな倖せ 夢にみて 行く人も 来る人も 愛がふれ逢う 情け橋長山洋子たかたかし市川昭介枯れることなく流れる 小名木(おなぎ)川 ポツリポツリと水面を 叩く雨 幼な子をこの腕(て)に 抱きしめて 女捨て 涙すて 生きる女の しぐれ橋  みんな過去から逃れて この街へ 古い家並み連らなる 細い路地 住む人のやさしさ ぬくもりに いやされて 励まされ 暮らすふたりの さだめ橋  川は流れる今日も 人の世の 愁(うれ)い嘆(なげ)きを沈めて 街の谷 ささやかな倖せ 夢にみて 行く人も 来る人も 愛がふれ逢う 情け橋
星に願いを(Christmas Version)~When You Wish Upon A Star~すこし急ぎすぎて 迷いこんだだけなの たったひとりきりで 答えを出すつもりなの?  ね、街中のイルミネーション 消してあげるよ 泣きたい時は  遠い星は今夜も 名前のないままだけど 罪のない顔で 見つめて 信じるとつぶやけば…good night  夢という言葉で 表せない気持ちが いつも もどかしくて 怒ったふりしてしまう  天使たちのリクエストは 笑顔と愛と わかっていても  あなただけの優しさ 誰かが気づきはじめて 眠れない夜を かぞえる ヒツジたち どこ行くの…good night  遠い星は今夜も 名前のないままだけど 罪のない顔で 見つめて 信じるとつぶやけば…good night長山洋子竹花いち子羽場仁志・山川恵津子すこし急ぎすぎて 迷いこんだだけなの たったひとりきりで 答えを出すつもりなの?  ね、街中のイルミネーション 消してあげるよ 泣きたい時は  遠い星は今夜も 名前のないままだけど 罪のない顔で 見つめて 信じるとつぶやけば…good night  夢という言葉で 表せない気持ちが いつも もどかしくて 怒ったふりしてしまう  天使たちのリクエストは 笑顔と愛と わかっていても  あなただけの優しさ 誰かが気づきはじめて 眠れない夜を かぞえる ヒツジたち どこ行くの…good night  遠い星は今夜も 名前のないままだけど 罪のない顔で 見つめて 信じるとつぶやけば…good night
ほっとしてくださいほっとしてください それだけで嬉しい きっとその笑顔は 幸せのお守り  おかえりなさいと 灯す明かりが いつもあなたを待っているから  ちょっぴり先に飲んでたの ほんのり心をあたためて 愛しい心をあたためて  ほっとしていいでしょ ぬくもりは優しい だって月だけしか 今夜は見てないし  おかえりなさいと 寄り添う影は それは二人の約束だもの  ちょっぴり先に飲んでたの 話の続きをあたためて さみしい思いもあたためて 愛しい心をあたためて  ほっとしてください それだけで嬉しい長山洋子松井五郎大谷明裕ほっとしてください それだけで嬉しい きっとその笑顔は 幸せのお守り  おかえりなさいと 灯す明かりが いつもあなたを待っているから  ちょっぴり先に飲んでたの ほんのり心をあたためて 愛しい心をあたためて  ほっとしていいでしょ ぬくもりは優しい だって月だけしか 今夜は見てないし  おかえりなさいと 寄り添う影は それは二人の約束だもの  ちょっぴり先に飲んでたの 話の続きをあたためて さみしい思いもあたためて 愛しい心をあたためて  ほっとしてください それだけで嬉しい
望郷ひとり泣き男の運が 悪いのか 男を見る目が ないからか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  ちぎれた愛は 戻らない ちぎれた絆(きずな)は ほころびる 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 十三(とさ)の湊(みなと)の 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれ女(どり) よされよされと 望郷ひとり泣き  金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き長山洋子鈴木紀代西つよし男の運が 悪いのか 男を見る目が ないからか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  ちぎれた愛は 戻らない ちぎれた絆(きずな)は ほころびる 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 十三(とさ)の湊(みなと)の 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれ女(どり) よされよされと 望郷ひとり泣き  金木(かなぎ) 中里(なかさと) 五所川原(ごしょがわら) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き
望郷ひとり泣き(大陸篇)諦め切れない 人なのか 諦めたくない 夢なのか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  離れた心は 戻らない 離れた情けは 後を引く 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 長江(チャンジャン)下りの 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれどり 声を殺して 望郷ひとり泣き  巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き長山洋子鈴木紀代西つよし諦め切れない 人なのか 諦めたくない 夢なのか 昨夜(ゆうべ)も泣いて 今夜も泣いて 泣いてわかった よりどころ 巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き  離れた心は 戻らない 離れた情けは 後を引く 酔ってもひとり 醒(さ)めてもひとり ひとり見るのは 古い夢 長江(チャンジャン)下りの 汽笛さえ 聞けばみじめに なるばかり 捨てたつもりの はぐれどり 声を殺して 望郷ひとり泣き  巫山(ウーシャン) 奉節(フォンチエ) 瞿塘峡(チュータンシア) 何で今さら ふるさとが 涸(か)れた心に しみて来る 責(せ)めてくれるな 望郷ひとり泣き
松江舟唄松江お城の ぼんぼりが ひとつふたつと灯るころ 桜吹雪の石段を ふみしめふみしめ花に酔う ああ松江 掘と翠(みどり)の城下町  ここでちょっこしたばこして お茶を一服 どげねすか 茶の湯大名 不昧公(ふまいこう) お待ちかねです 明々庵(めいめいあん) ああ松江 掘と翠の城下町  江戸の香りにつつまれて 旧き町並み 歩くとき ふと目を閉じて 聞き入れば カラコロ橋の下駄の音 ああ松江 掘と翠の城下町  静かな朝靄(あさもや) 宍道湖(しんじこ)に 憩(いこ)う水鳥 ここかしこ 小舟ぐるぐる輪をかいて じょれんいっぱい しじみ採り ああ松江 掘と翠の城下町長山洋子廣田衣世・藤岡大拙杵屋五司郎松江お城の ぼんぼりが ひとつふたつと灯るころ 桜吹雪の石段を ふみしめふみしめ花に酔う ああ松江 掘と翠(みどり)の城下町  ここでちょっこしたばこして お茶を一服 どげねすか 茶の湯大名 不昧公(ふまいこう) お待ちかねです 明々庵(めいめいあん) ああ松江 掘と翠の城下町  江戸の香りにつつまれて 旧き町並み 歩くとき ふと目を閉じて 聞き入れば カラコロ橋の下駄の音 ああ松江 掘と翠の城下町  静かな朝靄(あさもや) 宍道湖(しんじこ)に 憩(いこ)う水鳥 ここかしこ 小舟ぐるぐる輪をかいて じょれんいっぱい しじみ採り ああ松江 掘と翠の城下町
ママの鏡「ねぇママ、せかいで いちばん きれいなの だあれ?」 「それはね…」  キララ キララキラリラ ルララ ルラリラ  鏡よ、鏡 世界でいちばん 綺麗な女性(ひと)に なりたくて 朝な夕なに 穴空くくらいに 見つめたものよ じぶんの姿  あなたが生まれて 鏡の前じゃ おしゃれもままならず 毎日 がむしゃらに来たけれど キララ キララキラリラ…  もしかしたら あなたは ママの鏡 ママの心の空を 映してくれるの 泣きたい時 あなたも 涙がぽろり あした 晴れるといいね あなたは、ママの鏡  鏡よ、鏡 世界でいちばん 幸せな親娘は 誰でしょう? あなたは私 私はあなたを 映し合っては 今日も笑うの  ふとした仕草や しゃべり方まで 似てるのがうれしい ちっちゃな私は おしゃまさん ルララ ルララルラリラ…  もしかしたら あなたは ママの鏡 ママに生まれてくれて ほんとにありがとう ふたりのペンダントに 笑顔刻んで いっしょに 輝こうね あなたは、ママの鏡  キララ キララキラリラ ルララ ルラリラ…長山洋子もりちよこバンバンバザール「ねぇママ、せかいで いちばん きれいなの だあれ?」 「それはね…」  キララ キララキラリラ ルララ ルラリラ  鏡よ、鏡 世界でいちばん 綺麗な女性(ひと)に なりたくて 朝な夕なに 穴空くくらいに 見つめたものよ じぶんの姿  あなたが生まれて 鏡の前じゃ おしゃれもままならず 毎日 がむしゃらに来たけれど キララ キララキラリラ…  もしかしたら あなたは ママの鏡 ママの心の空を 映してくれるの 泣きたい時 あなたも 涙がぽろり あした 晴れるといいね あなたは、ママの鏡  鏡よ、鏡 世界でいちばん 幸せな親娘は 誰でしょう? あなたは私 私はあなたを 映し合っては 今日も笑うの  ふとした仕草や しゃべり方まで 似てるのがうれしい ちっちゃな私は おしゃまさん ルララ ルララルラリラ…  もしかしたら あなたは ママの鏡 ママに生まれてくれて ほんとにありがとう ふたりのペンダントに 笑顔刻んで いっしょに 輝こうね あなたは、ママの鏡  キララ キララキラリラ ルララ ルラリラ…
真夜中のギター街のどこかに 淋(さみ)しがり屋がひとり いまにも泣きそうに ギターを奏(ひ)いている 愛を失(な)くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね ここへおいでよ 夜はつめたく永い 黙(だま)って夜明けまで ギターを奏こうよ  空をごらんよ 淋しがり屋の星が なみだの尾をひいて どこかへ旅に立つ 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを奏こうよ  愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを奏こうよ ギターを奏こうよ ギターを奏こうよ長山洋子吉岡治河村利夫街のどこかに 淋(さみ)しがり屋がひとり いまにも泣きそうに ギターを奏(ひ)いている 愛を失(な)くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね ここへおいでよ 夜はつめたく永い 黙(だま)って夜明けまで ギターを奏こうよ  空をごらんよ 淋しがり屋の星が なみだの尾をひいて どこかへ旅に立つ 愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを奏こうよ  愛を失くして なにかを求めて さまよう 似たもの同士なのね そっとしときよ みんな孤独でつらい 黙って夜明けまで ギターを奏こうよ ギターを奏こうよ ギターを奏こうよ
道しるべどんな別れが 待ってても 出逢いは避けて 通れない 好きだから ついてゆく あの北斗が あの北斗が 道しるべ 今は女の 幸せよりも あなたのものに なりきりたいの  人の前では 泣かないで 鏡の中で 泣きましょう 行き昏れて はぐれても この愛が この愛が 道しるべ 何をあなたが してほしいのか 目を見てわかる 女になるの  つくす女の よろこびが しみじみ胸を ぬらします 言葉より 何よりも ほほえみが ほほえみが 道しるべ ふたり一つの 夢追いかけて あなたの邪魔に ならないように長山洋子水木かおる南郷孝どんな別れが 待ってても 出逢いは避けて 通れない 好きだから ついてゆく あの北斗が あの北斗が 道しるべ 今は女の 幸せよりも あなたのものに なりきりたいの  人の前では 泣かないで 鏡の中で 泣きましょう 行き昏れて はぐれても この愛が この愛が 道しるべ 何をあなたが してほしいのか 目を見てわかる 女になるの  つくす女の よろこびが しみじみ胸を ぬらします 言葉より 何よりも ほほえみが ほほえみが 道しるべ ふたり一つの 夢追いかけて あなたの邪魔に ならないように
港町メルヘン鴎をつれて 岬の端を 船がそろそろ 入る頃 小葱を刻み 火を細め あとはあなたを 待つばかり まるで子どもの ままごと遊び 笑われてもいいの 似たもの同士 身を寄せて アーアーアー 港町メルヘン  秋味さげて 波止場通りの 五番倉庫を 曲がる頃 お天気なのに キラキラと 雪があなたの 肩に舞う 荒れた暮しの 過去もつ女 笑われてもいいの 涙で二度と はぐれない アーアーアー 港町メルヘン  積木細工の 倖せかもネ 倖せならいいの 似たもの同士 身を寄せて アーアーアー 港町メルヘン長山洋子吉岡治市川昭介鴎をつれて 岬の端を 船がそろそろ 入る頃 小葱を刻み 火を細め あとはあなたを 待つばかり まるで子どもの ままごと遊び 笑われてもいいの 似たもの同士 身を寄せて アーアーアー 港町メルヘン  秋味さげて 波止場通りの 五番倉庫を 曲がる頃 お天気なのに キラキラと 雪があなたの 肩に舞う 荒れた暮しの 過去もつ女 笑われてもいいの 涙で二度と はぐれない アーアーアー 港町メルヘン  積木細工の 倖せかもネ 倖せならいいの 似たもの同士 身を寄せて アーアーアー 港町メルヘン
むすばれたいのだってあなたに 似てたんだもの 旅で見つけた クマのキャンドル 愛と願いを 込めながら そっと灯すわ テーブルに 縁むすびになってね この世でひとつの 縁むすびになってね 真心ひとつの 愛を知った大人になって 女は少女になれるのね 目覚めれば恋しくて 泣きたくなっちゃうわ  ほうらとぼけた 面差しなんか あなたそっくり クマのキャンドル わたしの気持ち 知りながら くちづけひとつ くれないの 縁むすびになってね 意地悪しないで 縁むすびになってね お願い笑顔で 恋を知った大人になって 女は少女にかえるのね 好きなのと声あげて 泣きたくなっちゃうわ  縁むすびになってね 素敵なあなたと 縁むすびになってね せつないわたしの 愛を知った大人になって 女は少女になれるのね 恋しくて恋しくて 泣きたくなっちゃうわ長山洋子小田めぐみ檜原さとしだってあなたに 似てたんだもの 旅で見つけた クマのキャンドル 愛と願いを 込めながら そっと灯すわ テーブルに 縁むすびになってね この世でひとつの 縁むすびになってね 真心ひとつの 愛を知った大人になって 女は少女になれるのね 目覚めれば恋しくて 泣きたくなっちゃうわ  ほうらとぼけた 面差しなんか あなたそっくり クマのキャンドル わたしの気持ち 知りながら くちづけひとつ くれないの 縁むすびになってね 意地悪しないで 縁むすびになってね お願い笑顔で 恋を知った大人になって 女は少女にかえるのね 好きなのと声あげて 泣きたくなっちゃうわ  縁むすびになってね 素敵なあなたと 縁むすびになってね せつないわたしの 愛を知った大人になって 女は少女になれるのね 恋しくて恋しくて 泣きたくなっちゃうわ
めおと酒苦労かくごと おまえは笑って あとから黙って ついてきた かわいい女(やつ)さ おまえというやつ 倖せまだまだ 遠いけど 抱いてやりたい 細い肩  遅い帰りを 化粧も落とさず おまえは寝ずに 待っている かわいい女(やつ)さ おまえというやつ この俺を信じて いるんだね 明日ののぞみを 捨てないで  陰で流した おまえの涙を ごめんよ拭いても やれないで かわいい女(やつ)さ おまえというやつ 倖せまだまだ 遠いけど せめて飲もうよ めおと酒長山洋子たかたかし弦哲也苦労かくごと おまえは笑って あとから黙って ついてきた かわいい女(やつ)さ おまえというやつ 倖せまだまだ 遠いけど 抱いてやりたい 細い肩  遅い帰りを 化粧も落とさず おまえは寝ずに 待っている かわいい女(やつ)さ おまえというやつ この俺を信じて いるんだね 明日ののぞみを 捨てないで  陰で流した おまえの涙を ごめんよ拭いても やれないで かわいい女(やつ)さ おまえというやつ 倖せまだまだ 遠いけど せめて飲もうよ めおと酒
めぐり逢い過去のことなら 捨てました 記憶の糸も 切れたまま 霧の釧路の 居酒屋で いまさら渋谷が どうだとか 言いっこなしです めぐり逢い  なにもお構い できないが 地の酒ぐらい おごりましょ 霧の釧路の 居酒屋に 漂よい疲れて 落着いて エプロンすがたの おんなです  とうに廃れた 流行歌(はやりうた) 思い出つれて なぜ迷う 霧の釧路の 居酒屋で のれんをしまって 灯を消せば 今夜はやたらに 海が鳴る長山洋子吉岡治市川昭介過去のことなら 捨てました 記憶の糸も 切れたまま 霧の釧路の 居酒屋で いまさら渋谷が どうだとか 言いっこなしです めぐり逢い  なにもお構い できないが 地の酒ぐらい おごりましょ 霧の釧路の 居酒屋に 漂よい疲れて 落着いて エプロンすがたの おんなです  とうに廃れた 流行歌(はやりうた) 思い出つれて なぜ迷う 霧の釧路の 居酒屋で のれんをしまって 灯を消せば 今夜はやたらに 海が鳴る
もう一度…子守歌北向きの 枕で両手を 胸に組み そっとほほえみ 浮かべてる いつまで寝てるの お母さん 目を覚ましてよ お母さん… 背中で聞いた あの子守歌 歌って欲しい もう一度  ケイタイが 今でもつながる ベルの音 起きて来そうな お母さん あなたの代わりは ありません 亡(な)くした後で 気づくとは… 疲れた時は 肩をたたいて 喜ぶ顔が 見たかった  白い布 はずして欲しいと 困らせる 年端(としは)行かない 娘です わがまま気ままで 母さんを 私もきっと 困らせた… 子供を授(も)って 初めて知った 大きな愛を ありがとう長山洋子鈴木紀代桧原さとし北向きの 枕で両手を 胸に組み そっとほほえみ 浮かべてる いつまで寝てるの お母さん 目を覚ましてよ お母さん… 背中で聞いた あの子守歌 歌って欲しい もう一度  ケイタイが 今でもつながる ベルの音 起きて来そうな お母さん あなたの代わりは ありません 亡(な)くした後で 気づくとは… 疲れた時は 肩をたたいて 喜ぶ顔が 見たかった  白い布 はずして欲しいと 困らせる 年端(としは)行かない 娘です わがまま気ままで 母さんを 私もきっと 困らせた… 子供を授(も)って 初めて知った 大きな愛を ありがとう
やどり木夫婦もののはずみで ねェあなた 手に手をとって なァおまえ 三三九度の 盃も 駅の屋台の コップ酒 あれからいろいろあったけど 笑顔がうれしい やどり木夫婦  口が重くて ねェあなた 愛想のよさは なァおまえ なんとか鍋に とじ蓋の ふたり合わせて ひとつ鍋 あれからいろいろあったけど 苦労もうれしい やどり木夫婦  いつかあの娘も ねェあなた 花嫁御寮(ごりょう)か なァおまえ その日のために 一度きり 晴着をねだって いいですか あれからいろいろあったけど 涙がうれしい やどり木夫婦長山洋子吉岡治市川昭介もののはずみで ねェあなた 手に手をとって なァおまえ 三三九度の 盃も 駅の屋台の コップ酒 あれからいろいろあったけど 笑顔がうれしい やどり木夫婦  口が重くて ねェあなた 愛想のよさは なァおまえ なんとか鍋に とじ蓋の ふたり合わせて ひとつ鍋 あれからいろいろあったけど 苦労もうれしい やどり木夫婦  いつかあの娘も ねェあなた 花嫁御寮(ごりょう)か なァおまえ その日のために 一度きり 晴着をねだって いいですか あれからいろいろあったけど 涙がうれしい やどり木夫婦
ユア・マイ・ラヴ蒼い Angel 降りた 街は Paradise 虹色の Dance light 夜空を 染める Fantasy  ミラー・ボール キラめいている ガラスの夢に まわりだすの あなたが Feel Me Please  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 熱く… 甘く… 恋に抱かれて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 銀河で踊る トキメキのまま…  白い Mermaid 光る 真夜中は Fairy Tale 濡れた Moon Drops 浴びて 泳ぐ Ecstasy  ベネチアン・グラス飾る 白絹のバラを 彩づかせて今夜は Kiss Me Sweet  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 碧く… 紅く… 吐息ほどいて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 流星になるわ せつなさのまま…  ベネチアン・グラス飾る 白絹のバラを 彩づかせて今夜は Hear Me Say  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 熱く… 甘く… 恋に抱かれて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 銀河で踊る トキメキのまま…  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 碧く… 紅く… 吐息ほどいて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 流星になるわ せつなさのまま…長山洋子C.Hire・G.Rochel・篠原仁志C.Hire・G.Rochel蒼い Angel 降りた 街は Paradise 虹色の Dance light 夜空を 染める Fantasy  ミラー・ボール キラめいている ガラスの夢に まわりだすの あなたが Feel Me Please  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 熱く… 甘く… 恋に抱かれて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 銀河で踊る トキメキのまま…  白い Mermaid 光る 真夜中は Fairy Tale 濡れた Moon Drops 浴びて 泳ぐ Ecstasy  ベネチアン・グラス飾る 白絹のバラを 彩づかせて今夜は Kiss Me Sweet  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 碧く… 紅く… 吐息ほどいて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 流星になるわ せつなさのまま…  ベネチアン・グラス飾る 白絹のバラを 彩づかせて今夜は Hear Me Say  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 熱く… 甘く… 恋に抱かれて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 銀河で踊る トキメキのまま…  You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 碧く… 紅く… 吐息ほどいて… You're My Love You're My Life Everyday,Everynight 流星になるわ せつなさのまま…
ユア・マイ・ラヴユア・マイ・ラヴ 蒼い Angel 降りた 街は Paradise 虹色(にじ)の Dance light 夜空(そら)を 染める Fantasy  ミラー・ボール キラめいてる ガラスの 夢に まわりだすの あなたが Feel Me Please  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 熱く…甘く… 恋に 抱かれて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 銀河(ほしぞら)で 踊る トキメキのまま…  白い Mermaid 光る 真夜中(よる)は Fairy Tale 濡れた Moon Drops 浴びて 泳ぐ Ecstasy  ベネチアン・グラス 飾る 白絹(シルク)の バラを 彩(いろ)づかせて 今夜は Kiss Me Sweet  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 碧く…紅く… 吐息 ほどいて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 流星になるわ せつなさの まま…  ベネチアン・グラス 飾る 白絹(シルク)の バラを 彩(いろ)づかせて 今夜は Hear Me Say  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 熱く…甘く… 恋に 抱かれて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 銀河(ほしぞら)で 踊る トキメキのまま…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 碧く…紅く… 吐息 ほどいて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 流星になるわ せつなさの まま…長山洋子C.Hire・G.Rochel・訳詞:篠原仁志C.Hire・G.Rochelユア・マイ・ラヴ 蒼い Angel 降りた 街は Paradise 虹色(にじ)の Dance light 夜空(そら)を 染める Fantasy  ミラー・ボール キラめいてる ガラスの 夢に まわりだすの あなたが Feel Me Please  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 熱く…甘く… 恋に 抱かれて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 銀河(ほしぞら)で 踊る トキメキのまま…  白い Mermaid 光る 真夜中(よる)は Fairy Tale 濡れた Moon Drops 浴びて 泳ぐ Ecstasy  ベネチアン・グラス 飾る 白絹(シルク)の バラを 彩(いろ)づかせて 今夜は Kiss Me Sweet  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 碧く…紅く… 吐息 ほどいて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 流星になるわ せつなさの まま…  ベネチアン・グラス 飾る 白絹(シルク)の バラを 彩(いろ)づかせて 今夜は Hear Me Say  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 熱く…甘く… 恋に 抱かれて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 銀河(ほしぞら)で 踊る トキメキのまま…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 碧く…紅く… 吐息 ほどいて…  You're My Love, You're My Life Everyday, Everynight 流星になるわ せつなさの まま…
夕月の宿二人このまま 逃げようと 優しく私を 抱き寄せた 無理と知りつつ 嬉しさに その手にすがり 泣きました 暮れて寂しい 夕月の宿  二人見上げた この月を 忘れはしません 別れても あなたお願い それ以上 私のために 泣かないで 運命(さだめ)哀しい 夕月の宿  朝に消えゆく 月のように 抱かれてこのまま 消えたいの いいの今日まで 愛されて 一生分を 生きました 秋の終わりの 夕月の宿長山洋子円香乃市川昭介二人このまま 逃げようと 優しく私を 抱き寄せた 無理と知りつつ 嬉しさに その手にすがり 泣きました 暮れて寂しい 夕月の宿  二人見上げた この月を 忘れはしません 別れても あなたお願い それ以上 私のために 泣かないで 運命(さだめ)哀しい 夕月の宿  朝に消えゆく 月のように 抱かれてこのまま 消えたいの いいの今日まで 愛されて 一生分を 生きました 秋の終わりの 夕月の宿
雪解けあんたは誰に 似たのかね 母に冷たく言われると 幼い胸は 傷ついた 生まれて来なきゃ よかったの  十五になって 家を出て 帰るもんかと 叫んでも 都会に雪が 降る夜は ふるさと津軽 滲(にじ)んでみえる  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 歌って ほしかった ほんの ほんの 少しでいいの みんなが 知ってる 子守歌  母さんみたく ならないと いつも思って きたけれど 鏡を見れば あの頃の あなたに私 似てきたわ  男の運が 悪いのも きっと母親譲りなの それでもやっと 人並みに 幸せだけど 満たされてない  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 甘えて みたかった そんな そんな ちっちゃな夢は おとなに なっても 叶わない  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 微笑(わら)って ほしかった 遠い 遠い 瞳(め)をした母は 今では 私を わからない 母さん…私はあなたの娘だよ長山洋子友利歩未桧原さとしあんたは誰に 似たのかね 母に冷たく言われると 幼い胸は 傷ついた 生まれて来なきゃ よかったの  十五になって 家を出て 帰るもんかと 叫んでも 都会に雪が 降る夜は ふるさと津軽 滲(にじ)んでみえる  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 歌って ほしかった ほんの ほんの 少しでいいの みんなが 知ってる 子守歌  母さんみたく ならないと いつも思って きたけれど 鏡を見れば あの頃の あなたに私 似てきたわ  男の運が 悪いのも きっと母親譲りなの それでもやっと 人並みに 幸せだけど 満たされてない  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 甘えて みたかった そんな そんな ちっちゃな夢は おとなに なっても 叶わない  あのね あのね 私はずっと あなたに あなたに 微笑(わら)って ほしかった 遠い 遠い 瞳(め)をした母は 今では 私を わからない 母さん…私はあなたの娘だよ
夢追い笠薩唾(さった)峠で ため息一つ 目指す興津(おきつ)は あと一里 あらいやだ ごめんね… 他人の空似(そらに) 惚れた弱みの 夢追い笠と わらう茜(あかね)の わらう茜(あかね)のヨー 東海道  大井川なら 晴れれば越すが 越すに越せない 恋の川 ねぇちょいと 聞いてよ… せつない話 夜(よる)は雑魚寝(ざこね)の しぐれの旅籠(はたご) せめて夢でも せめて夢でもヨー 見せとくれ  噂たどれば 一足(ひとあし)ちがい 苦労駿河の ひとり笠 あらいやだ しゃくだね… 女の涙 きっと明日(あした)は あんたに逢える つのる想いは つのる想いはヨー 富士の山長山洋子鈴木紀代影山時則薩唾(さった)峠で ため息一つ 目指す興津(おきつ)は あと一里 あらいやだ ごめんね… 他人の空似(そらに) 惚れた弱みの 夢追い笠と わらう茜(あかね)の わらう茜(あかね)のヨー 東海道  大井川なら 晴れれば越すが 越すに越せない 恋の川 ねぇちょいと 聞いてよ… せつない話 夜(よる)は雑魚寝(ざこね)の しぐれの旅籠(はたご) せめて夢でも せめて夢でもヨー 見せとくれ  噂たどれば 一足(ひとあし)ちがい 苦労駿河の ひとり笠 あらいやだ しゃくだね… 女の涙 きっと明日(あした)は あんたに逢える つのる想いは つのる想いはヨー 富士の山
夢がらすおぎゃあと生まれて 地団駄踏んで なんで今頃 恋の春 忘れかけてた こころの火花 咲かすおまえに 惚れたのさ 捨てちまえ 過去なんか 俺が日の出を 見せてやる  流れて一匹 浮き草暮らし ボロも錦の 心意気 肌を射すよな 世間の風も おっとどっこい 跳ねかえせ 泣くがいい 思い切り 俺のでっかい この胸で  この手をはなすな 余所見はするな 信じあうのが ルールだぜ 絆ひとつで 夜明けも近い 啼いて知らせる 夢がらす 幸せを いつまでも 俺はおまえに 灯すのさ長山洋子小田めぐみ岡千秋おぎゃあと生まれて 地団駄踏んで なんで今頃 恋の春 忘れかけてた こころの火花 咲かすおまえに 惚れたのさ 捨てちまえ 過去なんか 俺が日の出を 見せてやる  流れて一匹 浮き草暮らし ボロも錦の 心意気 肌を射すよな 世間の風も おっとどっこい 跳ねかえせ 泣くがいい 思い切り 俺のでっかい この胸で  この手をはなすな 余所見はするな 信じあうのが ルールだぜ 絆ひとつで 夜明けも近い 啼いて知らせる 夢がらす 幸せを いつまでも 俺はおまえに 灯すのさ
洋子の…海海は荒波 潮風受けて 磯で砕けて 白く散る あゝこの淋しさは いつ消える あゝこのため息は いつとける 啼け啼け 鴎 声限り 飛べ飛べ 鴎 雲越えて  沖はしぐれて また日が差して 遠い島影 見えかくれ あゝあの日の人に いつ逢える あゝひそかな想い いつ届く 啼け啼け 鴎 日が落ちる 飛べ飛べ 鴎 夜もすがら  頬の涙は 小さな海か 辛(から)いせつない 塩の味 あゝあのほほえみは いつ戻る あゝあの幸せは いつかなう 啼け啼け 鴎 今日も又 飛べ飛べ 鴎 明日も又長山洋子鈴木紀代桧原さとし海は荒波 潮風受けて 磯で砕けて 白く散る あゝこの淋しさは いつ消える あゝこのため息は いつとける 啼け啼け 鴎 声限り 飛べ飛べ 鴎 雲越えて  沖はしぐれて また日が差して 遠い島影 見えかくれ あゝあの日の人に いつ逢える あゝひそかな想い いつ届く 啼け啼け 鴎 日が落ちる 飛べ飛べ 鴎 夜もすがら  頬の涙は 小さな海か 辛(から)いせつない 塩の味 あゝあのほほえみは いつ戻る あゝあの幸せは いつかなう 啼け啼け 鴎 今日も又 飛べ飛べ 鴎 明日も又
洋子の…新宿追分一雨来そうな 盛り場通り ふるさと恋しく させる街 右へ行こうか 左へ行こか まっすぐ行こうか 戻ろうか 夢が華やぐ 心がゆれる ここは新宿 新宿追分  夕焼け背にして 土手道はるか 輝く若葉が 目に浮かぶ 星も見えない 都会の隅で 情けに泣いたり すがったり ビルの谷間を 流されながら 夜の新宿 新宿追分  思い出横丁で 別れた男(ひと)の よく似た背中を さがしてる 北のはずれの 岬に行こか 南の花咲く 野に行こか 一人旅して 捨てたい未練 ここは新宿 新宿追分長山洋子鈴木紀代水森英夫一雨来そうな 盛り場通り ふるさと恋しく させる街 右へ行こうか 左へ行こか まっすぐ行こうか 戻ろうか 夢が華やぐ 心がゆれる ここは新宿 新宿追分  夕焼け背にして 土手道はるか 輝く若葉が 目に浮かぶ 星も見えない 都会の隅で 情けに泣いたり すがったり ビルの谷間を 流されながら 夜の新宿 新宿追分  思い出横丁で 別れた男(ひと)の よく似た背中を さがしてる 北のはずれの 岬に行こか 南の花咲く 野に行こか 一人旅して 捨てたい未練 ここは新宿 新宿追分
洋子の…名残月日暮れて鳥は 巣に帰り 瀬を行く魚は 岩の蔭 人は人ゆえ 人を恋い 人は人ゆえ 人に泣く 誰と語らん 秋の夜(よる) 旅寝(たびね)の空に 名残月  行方も告げず 吹く風は 梢(こずえ)をふるわせ 遠ざかる 花は花ゆえ 花と咲き 花は花ゆえ 花と散る 紅(くれない)燃ゆる 色香(かんばせ)も 移ろい行くは 世の運命(さだめ)  行く道はるか 山の端(は)に 夜ふけて流れる 星ひとつ 夢は夢ゆえ 夢を追い 夢は夢ゆえ 夢に酔う 汲(く)めど尽きせぬ 我が想い 旅路の果てに 名残月長山洋子鈴木紀代西つよし日暮れて鳥は 巣に帰り 瀬を行く魚は 岩の蔭 人は人ゆえ 人を恋い 人は人ゆえ 人に泣く 誰と語らん 秋の夜(よる) 旅寝(たびね)の空に 名残月  行方も告げず 吹く風は 梢(こずえ)をふるわせ 遠ざかる 花は花ゆえ 花と咲き 花は花ゆえ 花と散る 紅(くれない)燃ゆる 色香(かんばせ)も 移ろい行くは 世の運命(さだめ)  行く道はるか 山の端(は)に 夜ふけて流れる 星ひとつ 夢は夢ゆえ 夢を追い 夢は夢ゆえ 夢に酔う 汲(く)めど尽きせぬ 我が想い 旅路の果てに 名残月
洋子の…ふるさとバスを降りると 一本の 我が家に続く 細い道 心の中の アルバムを めくればいつでも よみがえる ふるさとは ふるさとは 泣きたい時に 行くところ  日差しいっぱい 浴びながら 渋柿むいて ぶらさげる いつも変わらぬ 父母の 笑顔が心を なごませる ふるさとは ふるさとは 逢いたい人の いるところ  桜吹雪の 木の下で 又逢う約束 してた男 胸を焦がした 初恋は 戻って来ないが 懐かしい ふるさとは ふるさとは 想い出話 咲くところ長山洋子鈴木紀代大谷明裕バスを降りると 一本の 我が家に続く 細い道 心の中の アルバムを めくればいつでも よみがえる ふるさとは ふるさとは 泣きたい時に 行くところ  日差しいっぱい 浴びながら 渋柿むいて ぶらさげる いつも変わらぬ 父母の 笑顔が心を なごませる ふるさとは ふるさとは 逢いたい人の いるところ  桜吹雪の 木の下で 又逢う約束 してた男 胸を焦がした 初恋は 戻って来ないが 懐かしい ふるさとは ふるさとは 想い出話 咲くところ
ヨコハマ・シルエット駄目よ できないの 忘れるなんて だって想い出も これからでしょう 駄目よ 言えないわ さよならなんて あなたしかいない 涙が出ちゃう フラフラ酔っても 甘える胸もない めそめそ泣いても 囁(ささや)く声もない 横浜 たそがれ シルエット 夜って嫌い…  いやよ できないの お利口なんて もっと悪い子に なってもいいもん いやよ 聞けないわ 理由(いいわけ)なんて あなたのせいでしょ ずるいんだから ツンツンしないで やさしく抱きしめて まだまだ子供と 思っているのでしょう 水割り カラコロ 今何時 夜って長い…  フラフラ酔っても 甘える胸もない めそめそ泣いても 囁(ささや)く声もない 横浜 たそがれ シルエット 夜って嫌い…長山洋子いとう彩檜原さとし駄目よ できないの 忘れるなんて だって想い出も これからでしょう 駄目よ 言えないわ さよならなんて あなたしかいない 涙が出ちゃう フラフラ酔っても 甘える胸もない めそめそ泣いても 囁(ささや)く声もない 横浜 たそがれ シルエット 夜って嫌い…  いやよ できないの お利口なんて もっと悪い子に なってもいいもん いやよ 聞けないわ 理由(いいわけ)なんて あなたのせいでしょ ずるいんだから ツンツンしないで やさしく抱きしめて まだまだ子供と 思っているのでしょう 水割り カラコロ 今何時 夜って長い…  フラフラ酔っても 甘える胸もない めそめそ泣いても 囁(ささや)く声もない 横浜 たそがれ シルエット 夜って嫌い…
よさこいソーラン女節惚れたあんたはョー 移り気だけど 泣いて退(ひ)くには はやすぎる 熱い想いを たぎらせて たぎらせて 今宵(こよい)とりこに してみせる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 鳴子(なるこ)両手で かき鳴らせ 北の大地の 女節  にしん来たかと 鴎に問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイ ヤサ エーエンヤーサーノドッコイショ  ヤン衆ゆずりのョー 度胸と意地が おんな心に 火をつける 抱かれたいなら 投げないで 投げないで やわな吐息が 邪魔になる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 夢のかけらを つかまえろ 夏の宴(うたげ)の 女節  ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 心こがして 華(はな)となれ これぞまっこと 女節長山洋子鈴木紀代浜浩二惚れたあんたはョー 移り気だけど 泣いて退(ひ)くには はやすぎる 熱い想いを たぎらせて たぎらせて 今宵(こよい)とりこに してみせる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 鳴子(なるこ)両手で かき鳴らせ 北の大地の 女節  にしん来たかと 鴎に問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイ ヤサ エーエンヤーサーノドッコイショ  ヤン衆ゆずりのョー 度胸と意地が おんな心に 火をつける 抱かれたいなら 投げないで 投げないで やわな吐息が 邪魔になる ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 夢のかけらを つかまえろ 夏の宴(うたげ)の 女節  ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン(ソーラン・ソーラン) ヤーレン・ソーラン よさこい祭り 心こがして 華(はな)となれ これぞまっこと 女節
夜桜ブルース花に誘われ 祇園 白川 あなたは あなたは どこへ消えたの  都をどりが はねて誰もが そぞろ行く 石畳  愛して 愛して 捨てられて 馬鹿ね 私は 桜 桜 夜桜 花が舞います  遊び上手で 別れ上手な あなたは あなたは 誰のものなの  うちを贔屓(ひいき)に してたくせして 優しさが 憎らしい  涙が 涙が 滲(にじ)むのを 蒼月(つき)が 見ていた 桜 桜 夜桜 春の宵(よい)です  八坂(やさか)神社の 花の吐息に 心が 心が 乱れそうなの  夢かうつつか 人を惑わす 花吹雪 恋吹雪  あしたは あしたは 遠い街 風に吹かれて 桜 桜 夜桜 恋が散ります長山洋子友利歩未桧原さとし花に誘われ 祇園 白川 あなたは あなたは どこへ消えたの  都をどりが はねて誰もが そぞろ行く 石畳  愛して 愛して 捨てられて 馬鹿ね 私は 桜 桜 夜桜 花が舞います  遊び上手で 別れ上手な あなたは あなたは 誰のものなの  うちを贔屓(ひいき)に してたくせして 優しさが 憎らしい  涙が 涙が 滲(にじ)むのを 蒼月(つき)が 見ていた 桜 桜 夜桜 春の宵(よい)です  八坂(やさか)神社の 花の吐息に 心が 心が 乱れそうなの  夢かうつつか 人を惑わす 花吹雪 恋吹雪  あしたは あしたは 遠い街 風に吹かれて 桜 桜 夜桜 恋が散ります
ロンリーグッドナイトgoodnight goodnight goodnight....  人が眠る夜なぜ私は 傷つきながら 街を彷徨うの  Let the night take the blame 月灯りは道を 照らすけど 愛だけが 見えない You and me Good-Night Good-Night Baby 信じれるものがあれば 今すぐ夢の鍵 外せるのに  強がって涙隠す度に 自分の哀しみさえ 見失うよ woo  Let the night take the blame 何が正しいかが 判らなくなる前に あなたに 会いたい Good-Night Good-Night Baby 愛せる人がいれば 今すぐ瞳を閉じて 眠れるのに そして I hope you love me Woo  goodnight goodnight.. goodnight goodnight..  woo 本当は弱くて 寂しがりや あなた見抜いてほしい 一言 say say say say say… ah  Let the night take the blame 哀しき I'm a lonely child もうひとりの私が 呼ぶから You and me Good-Night Good-Night Baby 信じる人がいれば 無邪気なあの頃へ 戻れるのに長山洋子J.V.Edwards・S.O'Donnel-C.Jennings・麻生圭子J.V.Edwards・S.O'Donnel-C.Jenningsgoodnight goodnight goodnight....  人が眠る夜なぜ私は 傷つきながら 街を彷徨うの  Let the night take the blame 月灯りは道を 照らすけど 愛だけが 見えない You and me Good-Night Good-Night Baby 信じれるものがあれば 今すぐ夢の鍵 外せるのに  強がって涙隠す度に 自分の哀しみさえ 見失うよ woo  Let the night take the blame 何が正しいかが 判らなくなる前に あなたに 会いたい Good-Night Good-Night Baby 愛せる人がいれば 今すぐ瞳を閉じて 眠れるのに そして I hope you love me Woo  goodnight goodnight.. goodnight goodnight..  woo 本当は弱くて 寂しがりや あなた見抜いてほしい 一言 say say say say say… ah  Let the night take the blame 哀しき I'm a lonely child もうひとりの私が 呼ぶから You and me Good-Night Good-Night Baby 信じる人がいれば 無邪気なあの頃へ 戻れるのに
別れ上手イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 大好きだけど 大嫌い  木(こ)の葉が秋に 舞い散るように 私の恋は 終わったの いつでも甘えて 夢見ていたわ あたたかだった あなたの胸で  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから あなたを今も 憎めない ダメね 口説(くど)き上手な男(ひと)なんだから すっかりその気に なったの私  ぽっかり空(あ)いた 心の穴は お酒なんかじゃ うまらない  言葉にならない 想いの丈(たけ)が 涙となって こぼれて落ちる  イヤね泣かせ上手な 男(ひと)なんだから 笑顔を私 忘れてた  ダメねおだて上手な 男(ひと)なんだから 燃えてる炎を お願い消して  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 爪あと一つ 残さない  ダメね 酔わせ上手な 男(ひと)なんだから  ほとぼり 冷(さ)めるの 待つしかないわ長山洋子鈴木紀代浜圭介イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 大好きだけど 大嫌い  木(こ)の葉が秋に 舞い散るように 私の恋は 終わったの いつでも甘えて 夢見ていたわ あたたかだった あなたの胸で  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから あなたを今も 憎めない ダメね 口説(くど)き上手な男(ひと)なんだから すっかりその気に なったの私  ぽっかり空(あ)いた 心の穴は お酒なんかじゃ うまらない  言葉にならない 想いの丈(たけ)が 涙となって こぼれて落ちる  イヤね泣かせ上手な 男(ひと)なんだから 笑顔を私 忘れてた  ダメねおだて上手な 男(ひと)なんだから 燃えてる炎を お願い消して  イヤね別れ上手な 男(ひと)なんだから 爪あと一つ 残さない  ダメね 酔わせ上手な 男(ひと)なんだから  ほとぼり 冷(さ)めるの 待つしかないわ
私が生まれて育ったところ私が生まれて 育ったところは どこにもあるような 海辺の小さな 港のある町よ かもめと遊んで かもめと泣いた 幼いあの頃に もどりたい もどりたい もう一度 男に捨てられた 泣かされた だまされた そんな私が そんな私が ばかに ばかに 見えるでしょう 大人の世界を知らない頃に 戻ってみたいけど むりかしら むりなのね いやになっちゃうわ  私が今度は 生まれてくる時 男に生まれたい 泣かずにいるだけ 得する話でしょう それでも女に 生まれたことが時々幸せと ひとなみに 感じるわ 夜明けの前に 男と女がめぐり逢い 愛しあい 嘘と真実(まこと)が 嘘と真実が いつもいつも裏表 大人の世界を知らない頃に 戻ってみたいけど むりかしら むりなのね 笑い話よね むりかしら むりなのね 笑い話よね長山洋子聖川湧聖川湧私が生まれて 育ったところは どこにもあるような 海辺の小さな 港のある町よ かもめと遊んで かもめと泣いた 幼いあの頃に もどりたい もどりたい もう一度 男に捨てられた 泣かされた だまされた そんな私が そんな私が ばかに ばかに 見えるでしょう 大人の世界を知らない頃に 戻ってみたいけど むりかしら むりなのね いやになっちゃうわ  私が今度は 生まれてくる時 男に生まれたい 泣かずにいるだけ 得する話でしょう それでも女に 生まれたことが時々幸せと ひとなみに 感じるわ 夜明けの前に 男と女がめぐり逢い 愛しあい 嘘と真実(まこと)が 嘘と真実が いつもいつも裏表 大人の世界を知らない頃に 戻ってみたいけど むりかしら むりなのね 笑い話よね むりかしら むりなのね 笑い話よね
ワッショイワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 祭りだ祭りだ それ行け ドンドンドン あの国この国 地球は一つ 太郎もメリーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 輪になれ輪になれ みんなで ドンドンドン あの山この山 地球は縁 明子もジミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 翔(はばた)け 翔(はばた)け 天まで ドンドンドン あの顔この顔 地球結ぶ 次郎もベティーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 神輿(みこし)だ 神輿(みこし)だ ドッコイ ドンドンドン あの夢この夢 地球を駆(か)ける 花子もトミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう長山洋子鈴木紀代岡千秋ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 祭りだ祭りだ それ行け ドンドンドン あの国この国 地球は一つ 太郎もメリーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 輪になれ輪になれ みんなで ドンドンドン あの山この山 地球は縁 明子もジミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 翔(はばた)け 翔(はばた)け 天まで ドンドンドン あの顔この顔 地球結ぶ 次郎もベティーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ イェイ イェイ イェイ イェイ イェーイ 神輿(みこし)だ 神輿(みこし)だ ドッコイ ドンドンドン あの夢この夢 地球を駆(か)ける 花子もトミーも ドキドキワックワク テレツクテンテン テレツクテンテン 手をつなごう
王さんのこと日雇い 日暮れて 日の出町 餃子のにおいに 誘われて のれんをくぐる 大晦日 地元じゃないねと 王さんに 慌ててうなずく 夜だったなぁ…  薄着じゃ表は 寒かろう ゆっくりしてけと 火をおとし 油を拭いた 酒のびん壜 祖国の話で 王さんに 今すぐ帰れと 叱られたなぁ…  何年ぶりだろ 裏通り 地酒を土産に 訪ねたが ぺんぺん草と 夢の跡 も一度逢いたい 王さんに 息子の話を 聞かせたいなぁ…長山洋子小金井一正宮下健治日雇い 日暮れて 日の出町 餃子のにおいに 誘われて のれんをくぐる 大晦日 地元じゃないねと 王さんに 慌ててうなずく 夜だったなぁ…  薄着じゃ表は 寒かろう ゆっくりしてけと 火をおとし 油を拭いた 酒のびん壜 祖国の話で 王さんに 今すぐ帰れと 叱られたなぁ…  何年ぶりだろ 裏通り 地酒を土産に 訪ねたが ぺんぺん草と 夢の跡 も一度逢いたい 王さんに 息子の話を 聞かせたいなぁ…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. ベルベットの詩
  3. Scream
  4. Move On
  5. 魔法のアト

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照