影山時則作曲の歌詞一覧リスト  103曲中 1-103曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
103曲中 1-103曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
花吹雪辰巳ゆうと辰巳ゆうといのうえ佳世影山時則運はめぐると 信じたら 時を待つのさ 時を待つ かたい蕾は まだまだ三分 晴れた空へと 願いこめ いつか咲かせる こころ満開 花吹雪  勘を味方に ひょうひょうと 風を呼ぶのさ 風を呼ぶ 咲くも咲かぬも 五分五分だろか 抜かりしくじり 糧にして あの日誓った 涙一粒 忘れない  傷も誇りと 思うとき 明日が来るのさ 明日が来る ひとつ香れば つぎつぎ香る 夢の景色が 色づいて きっと咲かせる こころ満開 花吹雪
諏訪の御神渡り葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則諏訪湖を渡って 吹く風が 冷たく頬打つ 肩を打つ 恋の通(かよ)い路(じ) 御神渡(おみわた)り あなたお願い 今すぐ 今すぐ逢いに来て 心変わりを 疑えば 涙しずくが 凍り付く  女の心に 幸せの 灯(あか)りを灯(とも)して くれた人 氷連(つら)なる 御神渡(おみわた)り せめてお願い 音信(たより)を 音信(たより)を届けてよ 鳴いて白鳥(しらとり) ただ一羽 群れにはぐれて 誰を待つ  今年は御柱祭(まつり)も あるものを なぜなぜ二人は 逢えぬまま 恋の通(かよ)い路(じ) 御神渡(おみわた)り あなたお願い 今すぐ 今すぐ抱きしめて 私いつまで 待てばいい 雪に埋もれて 立ち尽くす
下町銀座長山洋子長山洋子麻こよみ影山時則買い物客の 笑顔が揺れて 下町銀座の 日暮れ時 なぜかあなたに 会えそうで 似たよな姿を 探してしまう… もしかして 恋かしら この頃気になる あなたのことが  下町生まれ あなたと私 小さな縁さえ 嬉しくて 少しテレやで 一本気 恋にはウブな 野暮天(やぼてん)だから… この気持ち 気づいてよ やっぱり気になる あなたのことが  土曜の夜は 待ち伏せするの 下町銀座の 裏酒場 どこで今頃 雨宿り 誰かと肩寄せ 飲んでるかしら… もしかして 焼きもちね この頃気になる あなたのことが
浮世傘三山ひろし三山ひろしいではく影山時則傘でかくした 男の涙 誰が知ろうか やるせなさ 義理を通して 人情が負けて 曲がりくねった 世の中に 明日という日は どこにある  浮世雨風 斜めに受ける おれに想いを 寄せた女(やつ) 苦労承知と 言われてみても 性質(さが)は不器用 荷が重い 言わぬが花よの 別れ酒  右を立てれば 左がへこむ とかくこの世は 住みにくい 生まれついての 風来坊が 意地を通した いばら道 支えはこころの 浮世傘
ひとり貴船川葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あふれる涙の ひとしずく 小指で払えば 淋しさつのる 鳥居をくぐって 水占いに 願えばあなたが 戻るでしょうか 逢いたくて 逢いたくて ひとり貴船川  鞍馬の火祭り 篝火を 見上げたあなたが せつなく浮かぶ あの夜誓った 二人の愛が いつしか重荷に なったでしょうか 恋しくて 恋しくて ひとり貴船川  待ってて欲しいと 言った人 賑わう川床 せせらぎ沁みる 男が囁く 約束なんて 信じる女は 愚かでしょうか 逢いたくて 逢いたくて ひとり貴船川
ほたる火葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたの寝顔の 淋しさを 写すほたる火 蚊帳の中 つらいこの恋 続けたら きっとあなたが 駄目になる 忍び逢うのも 今日限り ひとり身を引く 夏の夜  すべてを断ち切り 二人して 暮らすことなど 夢でした ばかな女と 言われても 悔いはしません この恋を 滲む涙の ほつれ髪 恋も終わりの 夏が逝く  両手を開いて ゆっくりと 逃がす夜明けの 恋蛍 いいの三ケ月の 思い出が あれば一生 生きられる 眠るあなたに 触れてみる ひとり身を引く 夏の夜
浪花の花形辰巳ゆうと辰巳ゆうといのうえ佳世影山時則己の舞台 逃げ場はないで きばらなあかん あかんのや 甘えたグセは 十八歳(じゅうはち)で きっぱり捨てた 道頓堀(とんぼり)川に 裸一貫 夢一路 浪花 花形 晴れ姿  灯りがつくる 影さえ自分 極めなあかん あかんのや 繕(つくろ)うヘマも ご愛嬌 笑うてくれる 街やから 稽古一心 ひとすじに 男 根性 晴れ姿  千秋楽や おおきにやけど 泣いたらあかん あかんのや 通天閣を 見上げたら 明日(あした)へかかる 虹の橋 拍手喝采 千両の 浪花 花形 晴れ姿
雨の月ヶ瀬岡ゆう子岡ゆう子由梨恵子影山時則染めてください こころも肌も あなた好みの 炎(ひ)のいろに 霞(かす)むしぐれの 名張川(なばりがわ) このままふたりを 見のがして あゝ 逢えば 逢えば道行き 年に一度の 雨の月ヶ瀬(つきがせ)  遠くかすんだ 八幡橋(はちまんばし)も 今は一緒に 渡れない せめて今夜は 夢の中 あなたにまかせて 旅をする あゝ 堕ちて 堕ちて行きたい 湯の香流れて 雨の月ヶ瀬  谷で啼いてる 鳥たちさえも 春を待つのか 梅の里 明日(あす)のことなど 言わないで 命もこころも あげた人 あゝ 離れ 離れたくない 雪になりそな 雨の月ヶ瀬
しぐれ高山葵かを里葵かを里芳美知余影山時則あなたの後(あと)を 追いかけながら 傘もささずに 雨の中 濡れた小指に 絡みつく 髪の乱れは 心の乱れ 行かないで 行かないで 置いて行かないで しぐれ高山 さんまち通り  まるでからくり 人形みたい 恋の糸さえ たぐれずに ふたり寄り添い 見た祭り みんな思い出 儚い夢ね 切なくて 切なくて 追えば切なくて 赤い中橋(なかばし) たたずむ私  流れる水に 木(こ)の葉(は)を浮かべ 明日を占う 江名子川(えなこがわ) 思いきれない 人だから 胸にたためば こぼれる涙 忘れない 忘れない あなた忘れない しぐれ高山 朝市あとに
惚れて千両・無法松辰巳ゆうと辰巳ゆうと久仁京介影山時則酒と喧嘩は 度胸と意地で みがき鍛えた 車曳き 姓は富島 名は松五郎 何も持たずに 世に出た命 裸ひとつの 無法松  祇園太鼓を やぐらの上で たたきゃ怒涛の 勇み駒 恋し名を呼びゃ 涙か汗か 情けこがして 提灯ゆれて 夏のさかりを 山車がゆく  小倉雀が かついで騒ぐ おとこそのまた 男だと かつぎだされりゃ 命もかるい かつぎきれない 恋路はおもい 惚れて千両 無法松
しょんぼり東京辰巳ゆうと辰巳ゆうと麻こよみ影山時則小雨に濡れる 仲見世通り 男のため息 また滲む 便りも途絶えて 今頃は どうしているのか 元気でいるか 噂たずねて 浅草あたり 一人しょんぼり 雨の東京  改札口で 別れた君を 止めれば良かった あの時に 都会の暮らしを 夢に見て どうしているのか 泣いてはないか 傘の花咲く 道玄坂で 一人たたずむ 雨の東京  笑顔が揺れる ふたりの写真 も一度会えたら 離さない あきらめきれない 今もまだ どうしているのか 幸せなのか ビルの谷間の 新宿あたり 一人しょんぼり 雨の東京
雫の花温優温優温優影山時則あなた 覚えているかしら ふたり 歩いたこの小径 春の木漏れ日 浴びながら キラキラ輝る 花しずく 女は一人になると 強くなるけど 女は一人でいると もろくなる あなたの胸の 温もりが 欲しいと言えば わがままですか  あの日 叶えてくれたわね 遠い 故郷の冬の夜 どれがふたりの 愛の星 微笑って探す 夢しずく 女は一人になると 泣かないけれど 女は一人でいると 弱くなる ゆらゆら揺れる 道しるべ 川面に映る まぼろしですか  女は一人になると 強くなるけど 女は一人でいると もろくなる あなたの胸の 温もりが 欲しいと言えば わがままですか
大阪ふたり華影山時則&温優影山時則&温優温優影山時則この大阪で この日本(くに)で この世の中で 一番好きや 紅もささずに 可愛い笑顔 黙ってあとから ついてくる 幸せに そや幸せに するでするとも したるとも  優しいふりと 嘘つきと 口先だけの 男はイヤや いつも照れてる 恥ずかしがりの 大きな背中が 好きですよ 幸せに ええ幸せに してねふたりで なりましょね  大きなことは 言えんけど 言わんでええわ 私にだけは 砂を噛むよな 世間の波も 一緒に歩けば 華も咲く 幸せに そう幸せに なろね なろうな この先は
望み川岡ゆう子岡ゆう子由梨恵子影山時則つらい世間の 荒波も お前いたから 乗り切れた お酒に酔っては 本音をもらし わたしをほろりと させるひと 小さな借家(しゃくや)が ふりだしで 昭和を来ました 望み川  決めてよかった このひとに 尽くしたいのよ 支えたい 他人(ひと)にはわからぬ あんたの値打 わかっていますよ わたしには 笑いも涙も 分けあって 添わせてください ひとすじに  長い人生 これからと 結び直した 絆です 木枯し吹く日も ぬくもりよせて 春の来るのを 信じてる ふたりで咲かせる 夢だいて あしたに流れる 望み川
哀愁北岬服部浩子服部浩子麻こよみ影山時則哀しい恋の 傷跡に 潮風(かぜ)が飛沫(しぶき)が 沁みて行(ゆ)く なんで なんで私を 私を捨てた 憎い恋しい 面影を 抱いて最果て 北岬  あなたの胸の ぬくもりは 今も本当(ほんと)と 信じたい なんで なんで私を 私を抱いた せめて届けて この想い 哀し過ぎます 北岬  砕ける波に この命 散らすことさえ 出来なくて なんで なんで私を 私を捨てた 滲(にじ)む涙の 冷たさに ひとり哀愁 北岬
女の裏通り服部浩子服部浩子麻こよみ影山時則嘘も言います 女です 意地もあります 女です 渡る世間の 冷たさに 泣き泣き越えた 夜いくつ ひとり止まり木 裏通り  恋もしました 泣きました 夢も見ました 泣きました 連れて逃げてと 言えなくて 別れた人の 後ろ影 口紅(べに)が淋しい 裏酒場  情けあります 女です 望みあります 女です 明日が来ますね 私にも 心にそっと 言い聞かす 灯り優しい 裏通り
岡崎旅情葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則朱(あか)い神橋(しんきょう) たたずめば 揺れる水面(みなも)の 龍城堀(たつきぼり) いにしえ人の 面影を 胸に浮かべる 天守閣 歴史を彩る 岡崎の町  春は桜の 並木道 夏は花火の にぎやかさ 月日をたどる 乙川(おとがわ)の 流れ変わらぬ せせらぎよ むかしを訪ねる 岡崎の町  続く黒板(くろいた) 白い壁 歩く八丁(はっちょう) 蔵通り 石段のぼり 大樹寺(だいじゅじ)の 陽射(ひざ)し優しい 城下町 葵の風吹く 岡崎の町
人生夢灯り水田かおり水田かおりたきのえいじ影山時則涙しずくを 涙で洗う 洗うそばから 出る涙 口じゃ言えない 人生だけど 今じゃ笑える あの頃を 見えますよ 見えますね 指の向こうに 人生夢灯り  照る日 曇る日 雨風吹く日 耐えて四十路(よそじ)の 道なかば あれはたんぽぽ 人目につかず 背のびしないで 咲いている 泣かないわ 泣きません 我慢重ねて 人生夢灯り  苦労する為 生まれた人が どこにいますか 世の中に 汗でにじんだ この肩先の 肩の積み荷が 宝物 見えますよ 見えますね 明(あ)かりほのぼの 人生夢灯り
金沢茶屋街葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則愛する人の 名前さえ 口には出せない 哀しさつらさ 路地に聞こえる 三味(しゃみ)の音(ね)は 恋する女の しのび泣き 私に下さい あなたの心 金沢茶屋街(ちゃやがい) 華の町  逢えない夜の 淋しさを 化粧で隠せば なおさら淋し 軒(のき)の灯りが 揺れるたび あなたに逢いたさ つのります 私に下さい 一日(いちにち)すべて 金沢茶屋街(ちゃやがい) 石畳  あなたの色に 染められて 流れて行きます 友禅流し 浮かぶ面影 格子窓(こうしまど) 悔やんでいません この恋を 私に下さい あなたの心 金沢茶屋街(ちゃやがい) 華の町
あ~ら、ヤッチャッタ島悦子島悦子仁井谷俊也影山時則あ~ら、又また ヤッチャッタ またまたヤッチャッタ! 駄目よ駄目よね あ~ぁ ヤッチャッタ 何でもかんでも 引き受けて 皆んなにいい顔 したいけど 身体はひとつで 気持ちはあせる 最後は誰かに ゴメンナサイ  あ~ら、又また ヤッチャッタ またまたヤッチャッタ! 駄目よ駄目よね あ~ぁ ヤッチャッタ あなたにいい人 いるわよと お見合い話が 大好きで 両手じゃ足りない 仲人したが 我が家の息子は 忘れてた  あ~ら、又また ヤッチャッタ またまたヤッチャッタ! 駄目よ駄目よね あ~ぁ ヤッチャッタ お金は天下の 回りもの そのうちいっぱい 入るわと 特売・通販・日帰りツアー 気がつきゃ赤字よ 今月も  あ~ら、又また ヤッチャッタ またまたヤッチャッタ! 駄目よ駄目よね あ~ぁ ヤッチャッタ 子供に亭主に お舅(しゅうと)さん あれこれ用事を 頼まれる いつもは笑顔で やりくりしても その日の気分で 角(つの)が出る  あ~ら、又また ヤッチャッタ またまたヤッチャッタ! 駄目よ駄目よね あ~ぁ ヤッチャッタ
ひとり舟ジェロジェロ鈴木紀代影山時則流されて 流されて ビルの谷間の なみだ川 立つ瀬なければ 浮かぶ瀬もない 寄る辺(べ)なくして 今日も又 あゝゝ木(こ)の葉みたいな ひとり舟(ぶね)  倖せは 倖せは 泣けば泣くほど 遠ざかる やっとつぼみの 夢一輪を 何でかき消す つむじ風 あゝゝどこへ流れる ひとり舟  人の世は 人の世は 嘘と真実(まこと)の 寄せ集め 愛にはぐれて 情けに飢(う)えて 寒さこらえる 夜(よる)の川 あゝゝ春はいつ来る ひとり舟
雪の兼六園葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則別れの言葉も 聞かないままで 女は恋を 終われない 松の雪吊(ゆきづ)り 兼六園は 未練ちらちら 細雪(ささめゆき) これきりですか あなたとは ひと目逢いたい 金沢の空  雪より冷たい 女の肌を あなたの胸で あたためて 渡りきれない 雁行橋(がんこうばし)は 願い届かぬ 悲恋橋(ひれんばし) わたしでしょうか 悪いのは 理由(わけ)をおしえて 金沢の空  あなたの足跡 探してみても 降り積む雪が 邪魔をする 涙集めた 霞ケ池(かすみがいけ)に ことじ灯籠(とうろう) 誰を待つ これきりですか あなたとは 声が聞きたい 金沢の空
涙の三番ホーム葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則泣かない約束 してたのに やっぱり涙 こぼれます 元気でね 元気でね また会う日まで 別れ せつない 三番ホーム きっと きっと 忘れはしない あなたのことは  どんなに遠くに 離れても 心はひとつ いつまでも 待っててね 待っててね 必ず戻る 交わす 目と目の 三番ホーム きっと きっと 覚えていてね 私のことを  淋しい時には いつだって あなたの笑顔 思い出す ありがとう ありがとう また会う日まで ベルが 鳴る鳴る 三番ホーム きっと きっと 忘れはしない あなたのことは
涙の子守唄はやぶさはやぶさかず翼影山時則夢に見ました 今朝もまた 枕濡らして 目が覚めました 我が子の幸せ 祈って耐えて 可愛い盛りに 手放した あぁ母と名乗れぬ 宿命(さだめ)でも 歌ってやりたい 子守唄  あの娘にだけは幸せになって欲しい。 逢いたい、でも逢ってはいけない… せめて、あの子守唄だけは忘れないでいてくれますか…  そっとこの手に 抱き取った 母の喜び 忘れはしない 何歳(いくつ)になったと 指折り数え 逢えないつらさに 口ずさむ あぁ遠い夕暮れ 路地裏で 背中に聞かせた 子守唄  ある日のことでした。どこで聞いたのか、 あの娘が突然私を訪ねて来たんです。 びっくりして何一つ気の利いた言葉もかけてやれず、 それどころか邪険に追い返してしまいました…。 でも本当は、あの娘を抱きしめてこう言ってあげたかった。 「綺麗になったね。どうかこれからも、幸せにね…」  かげで見送る 晴れの日の 目にもまぶしい 花嫁姿 尊い育ての 両親(ふたおや)様に 涙で両手を 合わせます あぁこれが最後の 見納めと 心で歌った 子守唄
昭和人生ひとり歌越前二郎越前二郎星野哲郎影山時則風にゆれてる 赤ちょうちんを 嘲うネオンにゃ きこえまい 外れ酒のむ あの人も 忍び酒くむ あの人も みんな一節 もっている 人にゃゆずれぬ 人生ひとり歌  芸は売り物 心は自前 好きに生きなよ 人生は 花を咲かせて 帰る日を 母を迎えに 帰る日を 胸の灯りと 抱きしめて 生きる姿が 人生ひとり歌  行けど届かぬ 灯りがひとつ 今日も呼んでる ビルの谷 人を泣かせて 上るより 人にゆずって 下る坂 それでいいんだ それでこそ うたう男の 人生ひとり歌
ちゃっきり茶太郎橋幸夫橋幸夫鈴木紀代影山時則小夜(さよ)の中山 峠を越えて 草鞋(わらじ)の先を 東へ向ける 聞いてくれるな そのわけは あゝ 茶山茶どころ 茶の香り ちゃっきり茶太郎 故郷(ふるさと)恋しや 富士の山  愚痴(ぐち)と弱音は 得意じゃないが 泣きたい時は 俺にもあるさ 涙一粒(ひとつぶ) 振り払い あゝ 唄いだすのさ 茶摘(つ)み唄 ちゃっきり茶太郎 帰るに帰れぬ 牧之原  何里行(ゆ)けども 忘れはしない あの娘の声が 背中にからむ 何を隠そう 惚れていた あゝ 赤い襷(たすき)に 菅(すげ)の笠 ちゃっきり茶太郎 遠州はるかに 駿河湾
うぬぼれジェロジェロ鈴木紀代影山時則愛されてると 信じてたのは 私一人の うぬぼれでした 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 死ぬまで離しは しないよと 言った男は どこの誰… 愛が行き場を 失くしてる  あなたのそばで 寝息を聞いて 寝つく私は 倖せでした 待って待って 又待って 又々待って 又待つ私 心の傷跡(きずあと) うずく夜(よる) つける薬は ないですか… 熱はいまだに 下がらない  喜びくれて 笑顔をくれて 罪なあなたは 涙もくれた 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 女に生まれて よかったと 言った私は バカですね… 恋はうぬぼれ 蜃気楼(しんきろう)
好きなのに島悦子島悦子麻こよみ影山時則一度も後ろを 振り向かないで あの日冷たく 背中を向けた人 恨んでも 恨んでも 恨みきれない… 仕方ないのね 好きだから 今すぐこの胸を 抱きしめて  あなたにあれこれ 文句を並べ いつか忘れた 女の思いやり 悔やんでも 悔やんでも 悔やみきれない… 仕方ないのね つらいのよ 今すぐこの涙 あたためて  飲めないお酒を 無理して飲めば つのる淋しさ 心が震えます 諦めて 諦めて 諦めきれない… 仕方ないのね 好きだから 今すぐこの気持ち 抱きしめて
五山の送り火葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則命さえかけて叶わぬ 恋ならば いっそこの手で 散らせます 五山の送り火 赤々(あかあか)燃えて かすむ涙の 大文字(だいもんじ) 忘れて下さい わたしのことは 恋は儚(はかな)い 夢一夜  何もかも捨てて欲しいと すがったら きっとあなたが 困るだけ 五山の送り火 愛してみても ふたり幸せ つかめない わかって下さい 女のつらさ 運命(さだめ)哀しい 夢ひとつ  この指の先の先まで あなたです 二度としません 恋なんて 五山の送り火 赤々(あかあか)燃えて 未練残り火 また揺れる 忘れて下さい わたしのことは 恋は幻 夢一夜
淋しい雨葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則どんなに心を 閉ざしても あなたの面影 忍び込む 私をひとり 置いたまま 小雨の中に 消えた人‥‥ ばかですあなたに 冷たくされて 今夜も泣いてる 私です ひとりの部屋に しとしとと 淋しさばかり 降りしきる  離れた心も 気づかずに 幸せ続くと 信じてた 優しい腕の ぬくもりで 包んで欲しい もう一度 ばかですあなたの いいことばかり 今夜も数える 私です ひとりの部屋に しとしとと 思い出ばかり 降りしきる  ばかですあなたに 冷たくされて 今夜も泣いてる 私です ひとりの部屋に しとしとと 淋しさばかり 降りしきる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
哀愁酒場影山時則影山時則数丘夕彦影山時則お酒で忘れる 想い出よりも お酒が泣かせる 傷がある ひとりにしないで こんな夜(よ)は お願い心を 切らないで 飲めばせつない 哀愁酒場  となりにすわった 男の誘い 動いた心を 叱ってる 待ち人 約束 遅いだけ お酒が言わせた 嘘ひとつ 待てばせつない 哀愁酒場  化粧でかくした さみしい影も 瞳のみれんは かくせない いいことばかりを さがしても あなたの背中で 行き止まり 酔えばせつない 哀愁酒場
おとこ道影山時則影山時則数丘夕彦影山時則我が身にかかる 火の粉なら かぶる覚悟の おとこ道 お世話になった 皆々様に 筋の通らぬ 付け火には 真実(まこと)の心が 騒ぎだす 因果なものですね…  世間に闇に 笑われて ボランティアでも あるまいに お世話になった 皆々様に ご恩返しの 真似事は 茨の道さえ 厭(いと)わない 因果なものですね…  生きるも死ぬも 今更に 一度捧げた おとこ道 お世話になった 皆々様に 賭けた命の 賽の目は 一天地六の ライセンス 因果なものですね…
父娘鳥影山時則&山崎百桂影山時則&山崎百桂沖えいじ影山時則「父ちゃん…泣かないで」  どこまで行くの ねぇ父ちゃん 茜の空に カラスも鳴かぁ もう歩けない ねぇ父ちゃん 負ぶってやるさ あの灯りまで 父ちゃんが 悪かった 悪かった 父ちゃんは 悪くない 悪くない 目指すは雪の 妻籠宿 母をたずねて あゝ父娘鳥  逢いてな逢いて ねぇ父ちゃん 旅籠(はたご)の風も 震えてるよな 元気でいるさ ねぇ父ちゃん 泣かせるんじゃね 旅空夜空 父ちゃんが ダメなんだ ダメなんだ 父ちゃんは ダメじゃない ダメじゃない 木曽川越える 妻籠宿 母をたずねて あゝ父娘鳥  父ちゃんが 悪かった 悪かった 父ちゃんは 悪くない 悪くない 噂も絶えた 妻籠宿 母をたずねて あゝ父娘鳥
曽々木海岸水城なつみ水城なつみ麻こよみ影山時則荒磯(ありそ)に舞い散る 波の花 この手につかめぬ 幸せか あなたの指に 馴染(なじ)んだ髪を 切って北陸 能登の旅…… 命もくれると 言った人 曽々木(そそぎ)海岸 また涙  思い出荷物が 多すぎて ため息こぼれる 砂の上 かすむ窓岩(まどいわ) 面影揺れて にじむ涙が 凍りつく…… あきらめきれない 今もまだ 曽々木(そそぎ)海岸 波ばかり  垂水(たるみ)の滝の 水飛沫(しぶき) 女の心に 沁みて行く いつか私に 来るのでしょうか もとの笑顔に 戻る日が…… 今日であなたを 忘れます 曽々木(そそぎ)海岸 また涙
別れ月水城なつみ水城なつみ麻こよみ影山時則あなたに遅れて 歩いても 影が寄り添う 別れ月 今日で他人の その理由(わけ)は あなた なぜなの なぜですか 何も聞けずに うつむいて 唇 唇 かみしめる  抱かれた肩の 痛みさえ 幸せでした 私には あの日の瞳の 優しさは みんな 嘘なの 嘘ですか 涙見せない はずなのに 震えて 震えて 立ち尽くす  あなたの背中の 冷たさを 写す夜更けの 月明かり 待ってはいけない その理由(わけ)は あなた なぜなの なぜですか 何も言えずに ただひとり 見送る 見送る うしろ影
みちのく鳴子葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたと旅した 思い出たどり 終わりにします この恋を 白い湯煙り 面影が 揺れて涙を また誘う みちのく鳴子 女の未練 どうぞ流して 江合川(えあいがわ)  知らずにいました 別れが来ると ぷつりと切れた 心糸 こけし人形 うつむいて 誰を待つのか ただひとり みちのく鳴子 あなたの名前 呼べど答えぬ 宿灯り  離れてなおさら 逢いたさつのる この手に残る ぬくもりよ 白い湯煙り 襟元に 沁みて優しい 湯の香り みちのく鳴子 散りゆく紅葉 越えて行きます 鳴子峡
花板秋岡秀治秋岡秀治仁井谷俊也影山時則庖丁ひとつに 生命を賭けて おとこ道頓堀(とんぼり) 板修業 掴むぞきっと 浪速(なにわ)の味を 一人前に なるその日まで 許せおふくろ 親不孝  生活(くらし)が荒れたら 庖丁も荒れる ここが我慢の 正念場 喰道楽(くいどうらく)の 浪速の空に 評判(うわさ)の花を 咲かせるまでは 恋という字は 後まわし  賭けだし三年 脇板五年 夢の花板 まだ遠い 精神(こころ)と技を 磨けと云った 親方さんの 尊い教え 肝(むね)に刻んで 板場道(いたばみち)
人生春秋秋岡秀治秋岡秀治仁井谷俊也影山時則虎の威(い)をかる 狐には なりはしないさ いばら道 馬鹿に…馬鹿に… そうだよ なろうじゃないか 裸をさらして ぶつかって 初めてこころが 通うのさ  惚れた弱みに 付けこめば 待っているのさ 落とし穴 馬鹿に…馬鹿に… そうだよ なろうじゃないか 貰った情けを 返すから 倖せあとから ついてくる  顔や姿は 違っても 人に上下が あるものか 馬鹿に…馬鹿に… そうだよ なろうじゃないか 正々堂々 戦(たたか)えば 勝負の行(ゆ)くえも 見えてくる
二月堂葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則火の粉が舞い散る お水取り あの日の別れが また浮かぶ 必ず戻ると 消えた人 崩れそうです 淋しさに あなた今すぐ 抱きしめて 涙で苔生(こけむ)す 二月堂  三笠の山に 出(い)でし月 あなたもどこかで 見てますか ぬくもり恋しい この胸に しみて行きます 夜の風 いっそ忘れて しまいたい 面影揺れます 浮見堂(うきみどう)  髪のひとすじ 唇も ほかの誰にも 許さない 花の盛りの 短さよ たとえ散ろうと 悔いはない あなた今すぐ 抱きしめて 信じて待ちます 二月堂
誘惑サンバ葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則まぶしい太陽 ざわめく波に 心ウキウキ 恋する予感 髪をかきあげ ウインクすれば はにかむあなたが いい感じ サンバ サンバ 狙った恋は サンバ サンバ 逃がさない  運命(うんめい)なのよ 二人の出会い 心ドキドキ はじけるリズム ドレス揺らして ステップ踏めば あなたの瞳が きらめいて サンバ サンバ いつでも恋は サンバ サンバ 本気なの  火傷(やけど)をしそうな 熱い砂浜 心キュンキュン 恋する二人 赤い唇 投げキスすれば あなたは私に もう夢中 サンバ サンバ 狙った恋は サンバ サンバ 逃がさない
おんな川大川ゆり大川ゆり麻こよみ影山時則生きて行くのが 辛すぎる 胸にしみます せせらぎが こんなはずでは なかったわ はらりはらはら ほつれ髪 明日とゆう日が あるかぎり 流れて行きます おんな川  うしろ姿を 見送って ひとりつらさに 泣いた夜 捨てた面影 抱きしめて ほろりほろほろ 涙橋 恋の運命(さだめ)の すれ違い 流れてさ迷う おんな川  風に震える 葦の葉も 巡る季節の 春を待つ 消しはしません この胸に ゆらりゆらゆら 夢明り どこの岸辺に たどり着く 流れて行きます おんな川
思慕酒水田かおり水田かおり高橋直人影山時則あふれる涙は ぬぐえるけれど 未練は拭いても 消えないわ そんなに飲むなと 叱ってくれた あぁ あのひとに 逢いたいよ 手酌ほろ酔い 思慕酒  この世の寒さに こごえた心 ぬくもり分けあい 寄り添った 似たものどうしと 笑ったふたり あぁ あのひとに 逢いたいよ たどる思い出 思慕酒  花びらみたいに しあわせ薄い おんなの演歌が 身に沁みる 夢でもやさしく 抱かれてみたい あぁ あのひとに 逢いたいよ 雨の裏町 思慕酒
心妻HONEST・辻HONEST・辻こばやしみえこ影山時則さだめの川に 止まり木を あなたと浮かべ 暮らしたい 死ぬほど強く強く 抱きしめて 人目を気にする こともない 心の妻で 生きてゆきます  今夜は一緒 この命 ふたつに重ね 流したい 死ぬほど強く強く 抱きしめて 別れをこわがる ことはない 心の妻で 生きてゆきます  あなたの愛を 真心で 生活の仲に ともしたい 死ぬほど強く強く 抱きしめて つぼみも 花咲き 春が来る 心の妻で 生きてゆきます
あいつ ~男の友情~秋岡秀治秋岡秀治仁井谷俊也影山時則あいつと呑んでた この酒場(みせ)で 今夜もひとりで 呑んでいる お猪口に揺れてる あの顔が 笑って俺を 呼んでるようで… いい奴だったぜ あゝあいつ  ひとりの女に 惚れあって ふたりで一緒に 身を引いた 面影相手に 酔う酒は いい事ばかり 浮かんで消えて… こころが泣けるぜ しみじみと  いつでも仲間を 思いやり 自分のことなど 後まわし いい奴ばかりが 居なくなる 言いたいことは 山ほどあるが… そのうち逢えるさ あゝあいつ
平成水滸伝秋岡秀治秋岡秀治仁井谷俊也影山時則勝てば恨みを 背中に背負い 負ければ世間の 嗤(わら)い者 そんな時代に 歯を噛(く)いしばり 生きてゆくのも 人の道 おとこ平成 水滸伝  一度沈んで 初めてわかる 他人のこころの 裏表 遠い故郷の 父母偲び 握る拳に 意地がある 花の平成 水滸伝  急(せ)くなあせるな 迷うな引くな 誠実(まごころ)ひとつが 道しるべ 人の情けに 負(お)ぶさりながら 明日に向かって 突き進む 夢は平成 水滸伝
あなたとルンバ葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたの腕に 包まれながら 泣きたくなるほど 感じる幸せ ルンルン ルンバ 私だけ ルンルン ルンバ どうぞ見つめて 真珠のピアスが ゆらゆら揺れて 踊りましょうか あなたとルンバ  あなたが昔 愛した女(ひと)に 今でもちょっぴり 感じるジェラシー ルンルン ルンバ 譲れない ルンルン ルンバ 他の誰にも 見交わす瞳が 優しく揺れて 踊りましょうか あなたとルンバ  あなたと二人 頬寄せ合えば せつなくなるほど 感じるときめき ルンルン ルンバ 私だけ ルンルン ルンバ どうぞ見つめて ほのかな明かりが ゆらゆら揺れて 踊りましょうか あなたとルンバ
保津川ふたり葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則舞い散る落ち葉に 足跡隠し 越える山道 沢の道 心細さに つなぐ指 二度と戻れぬ 嵐山 生きて行けない 離れたら 見上げる吊橋 保津川 ふたり旅  山鳥なぜ泣く 情けがあれば どうぞ二人を 見逃して 船が見えます 川下り 岩に砕ける 水しぶき 生きて行けない 離れたら 流れに逆らい 保津川 どこまでも  私のものです あなたのすべて 決めてほどいた 女帯 たとえ明日(あした)が 遠くても 恋の運命(さだめ)を 信じたい 生きて行けない 離れたら 滝の音せつない 保津川 ふたり旅
西尾恋歌葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則胸に優しく せせらぎしみて 浮かぶ面影 矢作川(やはぎがわ) 西尾 抹茶(ちゃ)の町 流れる月日 ひとりたたずむ 米津橋(よねづばし)… どうしていますか あの人は  灯り赤々(あかあか) 大提灯(ちょうちん)まつり 屋台賑わう 夏の夜 西尾 城跡 返らぬ月日 巡る季節の 懐かしさ… どうしていますか 今頃は  かすむ佐久島 三ヶ根山(さんがねさん)に 遠い思い出 たどります 西尾 吉良(きら)の湯 過ぎ行く月日 指にこぼれる 白い砂… どうしていますか あの人は
港の女房朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則海があんたの いいひとならば 海と私は 恋がたき ここに放浪(なが)れて 一年三ヶ月(みつき) 潮の匂いに 慣れた頃 遠く聞こえる 追分節に ヤンサノエー 波がかぶさる 日本海 鴎群れ飛ぶ 海辺の町で 私あんたの ヤンサノエー 恋女房  口紅(べに)は薄めで 束ねた髪も いつか馴染んだ 港町 時化りゃあんたと 小さな酒場 夢を酌ぎ合う コップ酒 想い出すのは 生まれた町よ ヤンサノエー 何処か似ている 海の色 惚れてほろ酔い 暖簾の向う 荒れて霞んだ ヤンサノエー 鴎島  海の男を 好いたら最後 ヤンサノエー 一緒に大漁の 夢をみる 鴎群れ飛ぶ 海辺の町で 私あんたの ヤンサノエー 恋女房
北越暮色朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則桜花びら コートの袖に ひとりで乗った 各駅停車 汽笛を鴎が 追いかける 私はあなたを 追いかけて 北へ行く… 線路の先は 日本海  胸の鼓動か 車輪の音か 寄せ来る波が デッキに迫る ふるさと越後が 遠くなる 港に灯りが 灯るころ 窓の外… ほおずき色に 暮れる海  あなた住む町 鳥海山の 裾野に桜(はな)は 咲いたでしょうか 優しい笑顔に 逢いに行く ふたりの明日(あした)に 逢いたくて 暮れなずむ… 海岸線は 春の海
高遠ざくら三沢あけみ三沢あけみ麻こよみ影山時則「おひとり様ですか」 訊(き)かれて思わず 涙ぐむ 二人の思い出 高遠ざくら 今は葉桜 散るばかり 恋に区切りを つけたくて あなた忘れの 伊那の旅  「これきり別れよう」 あの日のあなたの 冷たさよ 遥かなアルプス 未練に霞む 信じられない 今もまだ 心配(こころくば)りの 足りなさを 悔やむ思いの 伊那の空  「幸せ祈ります」 言葉にするたび せつなくて 涙を集めた 天竜川に そっと面影 流します 後ろ髪引く 思い出を 捨てて明日へ 伊那の旅
福の神坂井一郎坂井一郎鈴木紀代影山時則縞(しま)のドテラに いがぐり頭 腕組みしながら ほほえむ男 何故かあんたの 行く先々で 笑いの渦(うず)が 巻き起こる あの店この店 暖簾(のれん)をくぐりゃ 商売繁盛 笑う門(かど)には 福の神  火の見櫓(やぐら)を 知らない人も あんたの事なら 誰でもわかる キレイドコロに 貢(みつ)がれるとは どうした風の 吹きまわし あの店この店 ふと立ち寄れば 千客万来 涙忘れて えびす顔  泣いて暮らすも 一生ならば 笑って暮らすも 一生一度 杜(もり)の都に 桜が咲けば 無邪気にあんた 踊り出す あの店この店 盃(さかずき)交(か)わす 仙台四郎 運ぶ幸せ 福の神
しぐれ酒岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則雨が濡らした 私の肩を 抱いたやさしい あなたはいない 今夜も雨ね 逢いたくて ひとり来ました 思い出酒場 胸の淋しさ… あゝしぐれ酒  夢を見たのと 諦めたのに なんで痛むの こころの傷が あなたの好きな このお酒 つげば面影 浮んで消える 泣けてくるのよ… あゝしぐれ酒  指で数えた 短い月日 とても私は 幸せでした 今夜も雨ね せつなくて ひとりあなたの まぼろし追えば 酔えば恋しい… あゝしぐれ酒
女の春岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則恋も涙も こころの川に 流して生きる せつなさを 誰がわかって くれるでしょうか たとえ明日が 辛くとも 歩いてゆきます ひとすじに 女の春が… 来る日まで  胸の谷間に いとしい人の 面影そっと 抱きしめて 耐える淋しさ わかるでしょうか 夢を追いかけ 夢に泣き わずかな幸せ 喜びを 女の春に… 賭けました  強いようでも 弱いの私 甘えるあなた ほしいのよ いつかわかって くれるでしょうか 未練ごころも 捨てました 涙の向うに きっとある 女の春が… 来る日まで
くれないの雨三門忠司三門忠司志賀大介影山時則雨が身をさす こころを砕く なみだも変る 血の色に 季節の色は 転がるけれど おれはおまえが 染めたまま 哀しい色だね くれないの雨  寂(さび)しがりやの おまえの胸を 温(ぬく)める春は いつ戻る おまえが付けた この爪痕が いまも雨降りゃ 疼くのさ 切ない色だね くれないの雨  入り損ねりゃ 出口が見えぬ 見えなきゃ夢も 行(ゆ)き止まり おとこの未練 見透かす様な 暗い無口な 露地あかり 淋(さみ)しい色だね くれないの雨
君恋酒三門忠司三門忠司志賀大介影山時則ごめん すまぬと 思いつつ 向けた背中が 遠くなる 泣くな泣くなと 旅路の雨が 俺のなみだを また誘う 白いおもかげ 連れて亦(また)飲む 君恋酒よ  思いどおりに ならないと 道に膝つく 夜もある 吹けば崩れる 積み木の様な 寒い暮らしは させられぬ 雨のとれもろ 胸に染みるぜ 君恋酒よ  夢のかけらを 集めても 元のふたりにゃ 戻れない ひとり身を引く おとこの心 いつか分かって くれるだろ 明日のしあわせ ねがう旅路の 君恋酒よ
鴨川なみだ雨葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたをどこかで 見かけても 声はかけない 約束でした 後ろ姿の 懐かしさ 心震える 大橋(はし)の上… 愛した人は あなただけ 頬にひとすじ 鴨川なみだ雨  飛び石渡って 向こう岸 二人暮らせる 夢みたわたし 願いかなわぬ つらい恋 泣いて別れた 祇園町… 信じた人は あなただけ にじむ思い出 鴨川なみだ雨  水鳥せせらぎ 流れ水 掬(すく)いきれない 幸せひとつ できることなら 今すぐに 追って行きたい すがりたい… 愛した人は あなただけ ひとり見送る 鴨川なみだ雨
恋してマンボ葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則きらめくライトに 紙吹雪 目と目が合えば ときめく心 ひとつステップ 踏むたびに 高鳴る胸が せつなくて 恋してマンボ あなたとマンボ ヒール鳴らして ひと踊り 夢見てマンボ 二人でマンボ 帰りたくない 今はまだ  カクテル飲みほし 寄り添えば 指先までも あなたに染まる 汗のしずくが 揺れるたび はじける笑顔 まぶしくて 恋してマンボ あなたとマンボ 髪に飾った 赤いバラ 夢見てマンボ 二人でマンボ 踊り明かすの 夜明けまで  恋してマンボ あなたとマンボ ヒール鳴らして ひと踊り 夢見てマンボ 二人でマンボ 帰りたくない 今はまだ
紅蓮酒三門忠司三門忠司志賀大介影山時則君を忘れる ために呑む おとこ未練の 紅蓮酒 遠くなるほど 近くなる おもかげ瞼に また連れて ひとり裏まち 雨酒場  紅く咲いても 水の花 どうせどうせの 紅蓮酒 いちど渡れば 戻れない 渡良瀬川だと 知りながら 泣いて渡った 他人橋  雨も燃えれば 火に変わる まして旅路の 紅蓮酒 俺が作った 泣きぼくろ 幸せぼくろに 変わったか なみだ縦縞(たてじま) 雨すだれ
兄弟流し三門忠司&影山時則三門忠司&影山時則志賀大介影山時則冬の木枯し 背に受けて 上りの夜汽車に 乗ったのさ あれから三年 路地裏暮らし ギター片手の 影ふたつ 頑張ろな 頑張ろな 今夜も夢追う 兄弟流し  店の女将に おふくろの おもかげ重ねて こんばんは 人情話しに まぶたを濡らす そんな兄貴が 俺は好き 頑張ろな 頑張ろな 歌道ひとすじ 兄弟流し  今日も二丁目 振り出しに ボロロン流して 参ります 苦労の蕾は あしたの花と 云って励まし くれた人 頑張ろな 頑張ろな 負けずに行こうよ 兄弟流し
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
木曽恋がらす丘みどり丘みどり峰崎林二郎影山時則今日は妻籠(つまご)か 奈良井(ならい)の宿(しゅく)か 仰ぐ御岳 涙でかすむ 惚れていながら 木曽恋がらす 夜更け木枯らし 聞くたびに 千里いとしさ 千里いとしさ 駆けめぐる  会って行(ゆ)きたい 会わずに行(ゆ)こか 摘んだ野菊を 似てると言った 忘れられない 木曽恋がらす 木曽の桟(かけはし) かずら橋 ほどく未練が ほどく未練が また絡む  わたし惚れれば 傷つくひとが なんでなれよう 不器用な性質(たち)で 未練断ち切り 木曽恋がらす 馬籠峠は 七曲り 後ろ髪引く 後ろ髪引く 鳥の声
浜の女葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則北の荒海 はるばる越えて あんた今頃 どのあたり 祈る大漁 大波小波 留守はしっかり 守りきる 浜の女は エンヤコラエー エー、エンヤコラエー 深情け  無理に持たせた 私の写真 それが命の 守り札 男度胸の 荒波細波 そんなあんたに ひと目惚れ 浜の女は エンヤコラエー エー、エンヤコラエー 一本気  夢で会いたい 鴎になって 波を寝床に 添い寝する 熱い思いの 大波小波 人生海原 どこまでも 浜の女は エンヤコラエー エー、エンヤコラエー 深情け
京都白川 おんな川葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたの姿が 遠ざかる 見送る八坂(やさか)神社の 石畳 愛し合っても この世には 想い届かぬ 夢がある 幸せでした あなたに逢えて 京都白川 おんな川  袂(たもと)にしまった 思い出を 揺らす未練の 川柳 きっとあなたが 困るから 追って行けない 巽橋(たつみばし) 幸せでした 二年の月日 祇園白川 恋の川  日暮れて華やぐ 町灯り 隠してください 涙顔 声も仕草も 何もかも 忘れられない 忘れない 幸せでした あなたに逢えて 京都白川 おんな川
哀愁酒場青戸健青戸健数丘夕彦影山時則お酒で忘れる 想い出よりも お酒が泣かせる 傷がある ひとりにしないで こんな夜(よ)は お願い心を 切らないで 飲めばせつない 哀愁酒場  となりにすわった 男の誘い 動いた心を 叱ってる 待ち人 約束 遅いだけ お酒が言わせた 嘘ひとつ 待てばせつない 哀愁酒場  化粧でかくした さみしい影も 瞳のみれんは かくせない いいことばかりを さがしても あなたの背中で 行き止まり 酔えばせつない 哀愁酒場
羽越本線岡ゆう子岡ゆう子関口義明影山時則優しさよりも 強さが欲しい… わがまゝでしょうか こんな私って ごめんなさいと 手紙を残し あなた発 こころ乗りかえて 羽越(うえつ)本線 越後平野を 北へ行く  心配性の 父さんだから 母さんしばらく 何も言わないで 女としての 生きがい 願い あなた発 みれん乗り継いで 羽越本線 闇に船の灯(ひ) 日本海  小雨がやんだ 列車の窓に ぼんやり酒田の 街が見えてくる きのうと違う 人生さがす あなた発 なみだ乗りすてて 羽越本線 どこに私の 駅がある
しぐれ酒吉村明紘吉村明紘馬場登代光影山時則暖簾がゆれてる 裏町通り 呼んでいるよで 逢いにきた 笑顔ふりまく 小さなお店 なぜかさみしい 横顔に 聞いていいかい 話してくれよ ぽつりぽつぽつ しぐれ酒  忘れていたよ 飲みかけボトル 二人きりだね 空けようか あの日あの時 昔の話 想い浮かべる グラスには おまえ泣かせた 涙のしずく 胸にちくちく しぐれ酒  苦労をしたよね おまえも俺も 路地をさまよう 影ぼうし まわり道した 二人だけれど 逢えた昔に またもどる 遅い春でも 許してほしい 心じんじん しぐれ酒
幸せありがとう石上久美子石上久美子鳥井実影山時則親舟小舟(おやぶねこぶね)が 孫舟(まごぶね)つれて それぞれ笑顔で 揃(そろ)った家族 孫を見つめて よく来たと じいちゃん ばあちゃん 涙ぐむ 今年も家族が ひとつになれた 幸せおみやげ ありがとう  苦労の嵐を 唇噛(くちびるか)んで 我慢(がまん)をしてきた 血がにじむほど 孫に手渡す お年玉(としだま) 握(にぎ)ったその手が ふるえてた じいちゃん ばあちゃん 元気(げんき)な声(こえ)で 家族で家族で 乾杯(かんぱい)を  今年(ことし)も最後(さいご)の 歌聞(うたき)きながら 感謝(かんしゃ)で頂(いただ)く 年越(としこし)そばを 旅(たび)の疲(つか)れか 孫娘(まごむすめ) 眠ったその顔 また可愛(かわい) 行く年来る年 しんしん更けて そのうち鳴(な)り出(だ)す 除夜(じょや)の鐘(かね)
桂川葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則あなたに逢えない 淋しさが 落ちてこぼれる 竹の径(みち) 風の嵯峨野路(さがのじ) ため息揺れて つらいこの恋 抱きしめる…… いいのです 今はこのままで 夢も濡れます 桂川  一夜(ひとよ)の短かさ この胸に 通うぬくもり 信じたい 日暮れ嵯峨野路 あなたの名前 そっと心で 呼んでみる…… いいのです 今はこのままで しみる鐘の音(ね) 桂川  震える指先 冷たさに 月も痩せます 渡月橋(とげつきょう) なみだ嵯峨野路 二人で暮らす 夢は捨てます せせらぎに…… いいのです 今はこのままで 恋は泡沫(うたかた) 桂川
花暦葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則桜蕾(つぼみ)が ひとひらみひら 咲いて嬉しい 春便(だよ)り 曲りくねった 浮き世坂 手を取りあなたと 越えて来た いろいろあるでしょ これから先も 月日重ねる 花暦  真面目(まじめ)ひとすじ あなたに惚れて 夢を重ねて 生きて来た つらい時には この胸に 愚痴などこぼして くださいね 何とかなるでしょ 元気でいれば 心ひとつに 花暦  苦労涙を 分け合いながら 結ぶ絆(きずな)も 強くなる まわり道でも 二人して 歩いて行きます どこまでも いい日が来るでしょ いつかはきっと かわす笑顔の 花暦
ふたりの人生岡ゆう子&影山時則岡ゆう子&影山時則三浦康照影山時則あなたの目を見て この人と 決めた女の 愛だから 悔いはしないよ 辛くとも 涙わけ合い 離れずに 生きて行こうよ 生きて行きましょう ふたりの人生  棘(いばら)の道でも ふたりなら 耐えて行けるさ 今日もまた いつも笑顔で 暮らそうと そばで私を 励ますの 熱いあなたの 熱いおまえの 言葉がうれしい  やさしく掌(てのひら) 重ね合い じっと春待つ 花のよに 明日もおまえと 幸せの 夢をこころに 抱きしめて 歩き続ける 歩き続ける ふたりの人生
おんな傘上杉香緒里上杉香緒里城岡れい影山時則なんて…あんたの背中はさ 淋しい分だけ 温かい 女が広げた 情けの傘は 夢見る男にゃ 狭すぎる 行って行って しまうのね 路地に転がる おんな傘  なんて…あんたのその瞳(め)はさ 悲しみ抱いても 綺麗なの 世間に隠れた 小さな傘で お酒と一緒に 雨やどり 酔って酔って しまいましょ 夜に濡れてく おんな傘  なんて…あんたの言葉はさ 不器用まじりで 優しいの 女が隠した こころの傘に 帰ってくる場所 空けておく 行って行って しまうのね 明日もしぐれか おんな傘
紅蓮の花上杉香緒里上杉香緒里城岡れい影山時則咲けば夜風に 散らされる 泣けば涙が 頬を焼く どうせあなたの 心には 住めるはずない 水の花 恋はうたかた 紅蓮の花よ  言えば誰かを 迷わせる 酔えば嵐が 胸に吹く 赤い夕陽が 落ちる頃 ひとり咲いてる 空(あだ)の花 逃げる幸せ 紅蓮の花よ  恋のなきがら 埋めるたび 胸に故郷の 雪が降る いつか都会の 濁り水 飲んで命も やせた花 夢はいつ咲く 紅蓮の花よ
追分岬水田かおり水田かおり中谷純平影山時則ひゅるひゅると…泣く風が 東京砂漠に とどくころ 北の江差は 冬支度 逢(あ)いたさが…背のびする 流れ旅した 日本海 追分岬の ヤンサノエー 恋おんな  ちらちらと…ビル灯(あか)り 漁り火みたいに ともるころ 風の江差は しぐれ空 逢いたさが…またつのる 白いカモメに よく似てた 時化待(しけま)ち止まり木 ヤンサノエー 恋酒場  しんしんと…雨しずく 新宿路地裏(はとば)を ぬらす朝 雪の江差は 夢ん中 逢いたさが…背のびする 膝も寒かろ 独(ひと)り寝(ね)は 追分岬の ヤンサノエー 恋おんな
惚れたよ大川栄策大川栄策久仁京介影山時則思い切る気が くじけるような 雨の酒場の ひとり酒 惚れたよ 惚れたよ 惚れぬいて 忘れられない 夢ばかり 足は千鳥で こころは鴎 飛ぶに飛べない まよい酒  のれん揺れれば おまえの顔が 酔いの向こうに 見えてくる 惚れたよ 惚れたよ 惚れたから 泣いて笑える 人生か 咲いて散っても なおまだ燃える 花もあるだろ 恋もある  ちょっと待ってが 口ぐせだった 抱かれながらも 口をつく 惚れたよ 惚れたよ このおれと いつか出直す 約束の 匂い袋を 忍ばす胸が やけに恋しい 夜の酒
夢追い笠長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則薩唾(さった)峠で ため息一つ 目指す興津(おきつ)は あと一里 あらいやだ ごめんね… 他人の空似(そらに) 惚れた弱みの 夢追い笠と わらう茜(あかね)の わらう茜(あかね)のヨー 東海道  大井川なら 晴れれば越すが 越すに越せない 恋の川 ねぇちょいと 聞いてよ… せつない話 夜(よる)は雑魚寝(ざこね)の しぐれの旅籠(はたご) せめて夢でも せめて夢でもヨー 見せとくれ  噂たどれば 一足(ひとあし)ちがい 苦労駿河の ひとり笠 あらいやだ しゃくだね… 女の涙 きっと明日(あした)は あんたに逢える つのる想いは つのる想いはヨー 富士の山
ふたりの人生岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則あなたの目を見て この人と 決めた女の 愛だから 悔いはしません 辛くとも 涙わけ合い 離れずに 生きて行きたい 生きて行きたい ふたりの人生  棘(いばら)の道でも ふたりなら 耐えて行けます 今日もまた いつも笑顔で 暮らそうと そばで私を 励(はげ)ますの 熱いあなたの 熱いあなたの 言葉がうれしい  やさしく掌(てのひら) 重ね合い じっと春待つ 花のよに 明日もあなたと 幸せの 夢のこころに 抱きしめて 歩き続ける 歩き続ける ふたりの人生
昭和あかり舟平和勝次平和勝次山田孝雄影山時則あの山越えたら 幸せがある 見てもないのに 嘘をつく 花を咲かせて 浮草が ゆらりゆらゆら 川面を渡る もしかして 行く岸に 昭和あかり舟  優しさ忘れた 世間が悪い そっと小さな 声で言う 人を信じる 生き様は 暗い夜空に 舞い散る桜 夢吹雪 花筏 昭和あかり舟  涙の彼方に 幸せがある だから泣いても いいんだよ 共に手を取り 助け合い 目指す人生 船頭小唄 もしかして あの舟が 昭和あかり舟
酒唄長保有紀長保有紀たきのえいじ影山時則思い断ち切る 酒なのに 飲めば心が 燃え盛る そばにあなたが いるだけで しあわせだったわ あの頃は 辛い 辛い 辛い 辛い 酒が今夜も 私を泣かす  聞かずじまいの 胸の内 せめて聞かせて 欲しかった 惚れた分だけ 後を引く 未練と憎さと 愛しさが 寒い 寒い 寒い 寒い 酒が今夜も 私を酔わす  ひとり手酌の 淋しさに 沁みるギターの 弾き語り 旅に出ようか 目を閉じて 逢えないあなたに 逢いにいく 辛い 辛い 辛い 辛い 酒が今夜も 私を叱る
たてがみ長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則駒(こま)の名前も その数(かず)も 何も知らない 私でも あなたの強さは わかります 勝って下さい これから先も 運(うん)と私が あなたの味方(みかた)  千を見通す ひらめきで 一を見直す こだわりで 輝くあなたに 惚れてます 負けた時にも 言い訳なしで ぐっとこらえる 男の姿  勝負終われば ただの人 抱いて抱かれる 明け方の たてがみみたいな 髪が好き 宇宙(そら)を駆(か)け翔(と)ぶ 獅子(ライオン)になり 夢をつかんで 二人の未来(あした)
独酌酒水田かおり水田かおり高橋直人影山時則灯(あか)りにじんだ 裏通り 人が恋しい 雨の夜 話し相手の お客もいない 肩を寄せあう あんたもいない あゝさみしいね…… 未練とまり木 独酌酒(ひとりざけ)  世話になったと 置手紙 どこへ流れて 行ったやら あんた十八番(おはこ)の 演歌が沁みる 隙間だらけの 心に沁みる あゝせつないね…… 偲ぶおもかげ 独酌酒(ひとりざけ)  なみだ拭いたら 思い出も すべり落ちそな 不幸指 ここで酔いどれ 帰りを待つわ 命あるまで あんたを待つわ あゝ逢いたいね…… 夢を抱きしめ 独酌酒(ひとりざけ)
夢追道中大木綾子大木綾子高橋直人影山時則香るそよ風 峠の茶屋で ちょいと一息 一休み あなた思えば 千里も一里 なんで遠かろ 恋の道 だってさ だって…… 胸がきゅきゅんと 逢いたくなってさ 江戸へ一筋 エー花街道  笠を持つ手を 振りながら 郷里を出たのは 三日前 父の 心配 うわのそら 母の涙も なんのその おんな心は ひらひらり 蝶に姿を 変えまして 遥か都へ 浮かれ旅  今朝も宿場で 見掛けた二人 肩を寄せあい 先を行く 嫉けてきちゃうね お地蔵さんよ つのる淋しさ 袖しぐれ だってさ だって…… 胸がきゅきゅんと 逢いたくなってさ ほの字みちづれ エー花街道  はずむ足取り 鼻緒の色に 染まる西空 茜雲 明日の今ごろ あの娘は着くと 便り届けて 山鳩よ だってさ だって…… 胸がきゅきゅんと 逢いたくなってさ 夢の道中 エー花街道
春風長山洋子長山洋子鈴木紀代影山時則風は春風 両国橋を カッタカッタと 下駄(げた)の音 初の白星 心もはずむ 熱いかけ声 背中に受けりゃ 明日の主役は この俺さ  夢の深さと 身体(からだ)のデカさ 髷(まげ)のつくりと 心意気 人の値打ちは 見た目じゃないよ 悔し涙を 払った指で 嬉し涙を ぬぐったのさ  負けて覚える 相撲もあるが 勝って身につく 技もある 西の小兵(こひょう)は 粘(ねば)りがいのち こらえこらえて 男になって 春の笑顔で 生きるのさ
いのち坂鏡五郎鏡五郎仁井谷俊也影山時則弱い身体(からだ)で 無理などするな 俺が今度は 尽くす順番(ばん) 惚れて 惚れて連れ添う ふたりじゃないか 死なせはしない ひとりでは 強く生きよう… いのち坂  少し痩せたな この指この手 苦労ばかりを させたから 離れ 離れられない ふたりじゃないか 今日から俺が 杖になる 情けかけあう… いのち坂  俺の宝さ おまえの笑顔 待てば花咲く 春が来る 同じ 同じ 運命(さだめ)の ふたりじゃないか 解(ほど)けはしない この絆 夢の陽が射す… いのち坂
うちの亭主(ひと)岡ゆう子岡ゆう子下地亜紀子影山時則嘘も言えなきゃ お世辞も言えぬ だけど笑顔が 誰より温かい 惚れたよあんた 惚れたよあんた 私の支え 宝もの 大事な 大事な うちの亭主(ひと)  夢を追いかけ 信じる道を 意地を通して 歩いていて欲しい 惚れたよあんた 惚れたよあんた 無理などせずに いつまでも 元気でいてよね うちの亭主  おまえ泣くなよ 心配するな 俺が守ると 肩抱きしめた人 惚れたよあんた 惚れたよあんた ふたりの春は すぐそこに 優しい 優しい うちの亭主
忍び傘鏡五郎鏡五郎仁井谷俊也影山時則三ヶ月(みつき)待たせて 逢うのはひと夜 口紅(べに)をさす手が 震えます 蛇(じゃ)の目…せせらぎ… 人恋しぐれ 私だけです 今夜の貴方 ひとり来ました… あゝ忍び傘  一度抱かれりゃ おんなは弱い 堕ちて溺れる 深い闇 吐息…黒髪… 人恋しぐれ 愛に泣いても 悔やみはしない いのち一途な… あゝ忍び傘  朝よこのまま 来ないで欲しい 憎い寝顔の 愛おしさ なみだ…残り香… 人恋しぐれ 添える明日は なくてもいいの 夢に生きます… あゝ忍び傘
長山洋子・影山時則長山洋子・影山時則鈴木紀代影山時則糸の半分 私が持つわ 残りの半分 俺が持つ 絆という字で 結ばれて おまえと俺は 生きて行く 離さないでね 離すもんかよ 心を重ね 命を重ね 二人は一緒 今日から一緒  流行(はや)りすたりの はげしい街で 一途な想いは 変わらない あなたを信じて ついて行く 悲しい過去は 忘れなよ 泣かさないでね 泣かすもんかよ ぬくもり抱いて ほほえみ抱いて 二人は一緒 明日も一緒  雨が降る夜 出逢った二人 今では他人に 戻れない 今夜は酔っても いいですか 甘えてくれよ この俺に 見捨てないでね 捨てるもんかよ 頬寄せ合って 肩寄せ合って 二人は一緒 死ぬまで一緒
この世で一番好きな人石原詢子石原詢子三浦康照影山時則お前は花なら 白ぼたん あなたに言われて うれしいわ この世で一番 好きな人 わがまま言ったら 叱ってね 可愛い女で いたいから ふたりは巷の 愛の花  たまには喧嘩も するけれど 甘えてみたいの わかってね この世で一番 好きな人 あなたの支えに なりたいの 今夜も幸せ 分け合って ふたりで飲むのよ 愛の酒  愛しているよと 耳許で 私を抱きしめ ささやくの この世で一番 好きな人 命を賭けても 儘します 涙の谷間を 歩いても ふたりは寄り添う 愛の花
おもいでの雨石原詢子石原詢子三浦康照影山時則むせび泣くよに 降る雨が 女の胸に しみるのよ ひとり手酌で 飲む酒に 今夜も淋しさ まぎらす私 酔えばなお更 恋しさが つのる旅路の 雨の宿  胸がしくしく 痛みます あなたがくれた 恋の傷 どうせふたりは はじめから 別れるさだめの 出逢いでしょうか ひとり雨音 聞きながら 夢で逢えるの 面影に  古い女で いたいから かくれた愛に 生きてます 雨よ私の せつなさを 流せるものなら 流してほしい 今日もあなたの おもいでに 泣いていました 旅の宿
夢盃岡ゆう子岡ゆう子下地亜記子影山時則夢の一文字 心に抱いて 門出嬉しい 夫婦雛 交わす契りの 三三九度に 浮かぶ笑顔の 祝い酒 めでためでたの 夢盃よ  苦労七坂 峠を超えて 育て咲かせた 紅の花 嫁ぐ娘の 花嫁姿 涙かくした 親ごころ 祝唄もめでたい 夢盃よ  夫婦若松 寄り添いながら 一生末代 睦まじく 祈る幸せ 末広がりに 枝は栄えて 天までも 縁めでたい 夢盃よ 
あんたの酒服部浩子服部浩子菅麻貴子影山時則土砂降り雨に 頭から 濡れてふたりで 駆け込んで 肩を並べて 飲むお酒 「おまえいたから 今がある」 そんな台詞で 泣かすひと 酔いたいよ 酔わせてね あんたの酒に  流行の歌を 口ずさみ 「じんとくるね」と 言うあんた 同じ運命に ついほろり すぐに酌ぎたす 熱燗に 涙拭く暇 ないじゃない 飲みたいよ 飲ませてね あんたの酒を  幸せなんて ヘンなもの 見えていいのは 少しだけ 全部見えたら 色褪せる 苦労しあわせ また苦労 ふたつあるのが 人生ね 酔いたいよ 酔わせてね あんたの酒に
恋女房鏡五郎鏡五郎仁井谷俊也影山時則昔かたぎの 気ままな俺に 愚痴もこぼさず 尽くしてくれた そんな女は お前だけ お前がひとり… 今は眸と眸で こころがわかる 俺の大事な 恋女房  出世なんかは 二の次ですと いつも笑顔で ささえてくれた そんな女は お前だけ お前がひとり… きっと返すぜ 苦労の借りは 俺にゃ過ぎてる 恋女房  夢があるから 倖せですと 傍に寄り添い 酌してくれる そんな女は お前だけ お前がひとり… ふたり歩こう これから先も 俺にゃ自慢の 恋女房
雨の修善寺宮史郎宮史郎仁井谷俊也影山時則あなたに濡れたら 風邪ひきますと 傘を斜めに さしかける 雨の修善寺 朱(あか)い橋 無理にねだった 旅だけど あなた今夜は… 私ひとりの ものですね  胸に甘えて お酒に酔って 罪と知りつつ 身をまかす 吐息 せせらぎ 湯の香り 一夜泊まりの 夢ならば 強く抱かれて… 死んでゆけたら いいものを  雨がやむまで 帰っちゃいやと 泣いてみたって 駄目なのね 伊豆の修善寺 竹の径(みき) 肩をならべて 歩いても 笹の葉ずれに… 明日の別れを 噛みしめる
いいから…日高正人日高正人いとう彩影山時則いいから いいから もう泣くな 何があったか 俺にはわかる 濡れてもいいのと 雨ん中 そんなおまえを 抱いてやりたい… いいから いいから もう泣くな  いつでも いつでも ここに居る 幼馴染みの おまえを見てる 一緒にならずに 生きる道 決めたあの日に 戻れないけど… いつでも いつでも ここに居る  いいから いいから 忘れちゃえ 今日を過ぎれば 明日があるさ いつかは倖せ きっと来る せめて笑顔を 俺に見せなよ… いいから いいから もう泣くな
母恋峠嶋三喜夫嶋三喜夫わたなべ泰彦影山時則雪の坂道 転げ坂 いつかは春と 越えてきた なんでどうして… この俺のこして 一人で逝った 泣けば なみだに 雲がながれる 母恋峠  遠いあの日の かえり道 背なかで聴いた 子守唄 今は聞けない… あなたを呼んでは 唇かんで 泣けば なみだに 心しぐれる 母恋峠  里の日暮れを 汽車が行く 在りしの母を 乗せて行く 秋はもうすぐ… 終わりの季節よ わら焼く煙り 泣けば なみだに 染まる夕日の 母恋峠
漁火の宿鏡五郎鏡五郎木下龍太郎影山時則わかれ盃 なみだで干して 返すお前の 移り紅 海に揺れてる 灯火(あかり)のように 燃えて死ねたら いいと言う 窓にちらちら 漁火の宿  肌を初めて 交わした夜も 同じ今夜の 宿枕 髪の乱れを 恥らいながら 梳(と)かすお前の 肩越しに 燃えてあかあか 漁火の宿  貸した手枕 お前は外し ひとり夜明けに 旅支度 わかれ化粧の 鏡の中に 映る灯火(あかり)は 残り火か 沖にゆらゆら 漁火の宿
島唄川島一成川島一成星野哲郎影山時則はぐれ鴎が 一声ないた あの娘恋しと かすれ声 はなれ小島の 磯うつ波の 荒れたしぶきが つらいのか しのぶ しのぶと 海を呼ぶ  島で生まれて 島しきゃ知らぬ うぶな娘は まだ十九 旅のお方の 口説きに負けて 幼ななじみに そむいたと 噂ばなしが 身を責める  誰が建てたか 渚の岩に 赤い鳥居と 石仏 はぐれ鴎が しぶきにぬれて 今日も一羽で ないている しのぶ しのぶと 幾声も
花燃えて服部浩子&影山時則服部浩子&影山時則菅麻貴子影山時則(女)花を手折(たお)れば この指に (女)傷みがはしった 日暮れ坂 (女)逢いたい逢えない 曼珠沙華 (女)燃えて咲くのは 誰のため  (男)忘れられない ひとなのに (男)忘れたふりする 身がつらい (男)あなたと一緒に なれぬなら (男)くれた情けを 恨みます  (女)募る想いの 夕暮れは (女)泣かずにいようと 決めたのに (女)あなたの夢みて 目覚めれば (女)夜が涙を また誘う  (男)惚れた女の わがままか (男)今でもひとりで いて欲しい (男)化粧を落として 手鏡に (男)未練ごころを 映す夜  (男女)沈む夕陽に 身を灼いて (男女)夕べに夜露を 宿らせる (男女)命の限りに 咲いて散る (男女)花は女の 写し絵か
わすれ傘服部浩子服部浩子わたなべ泰彦影山時則邪魔になったら 何処かに捨てて どうせお店の わすれもの 言って差しだし 差しかけて 駅まで送った その人が 夢で手をふる 港町 あなたに逢いたいの わすれ傘…  好きと言われて 抱かれた夜も 今夜みたいな 雨の夜 いまはどうして いるかしら あの日のお酒を 傾けて 酔えば遠くで なく霧笛 あなたに逢いたいの もう一度…  雨の止まり木 おんなの酒場 男ごころの うら表 知ったつもりで いたけれど 優しい言葉に また惚れた バカよバカバカ 港町 あなたに逢いたいの わすれ傘…
日本列島・さわやかONDO調子かをり調子かをり玉利要影山時則まるで改革 するために 生れ出たよな ライオン紳士 澄んだひとみで 清らな声で 話す言葉に 嘘はない 日本列島 さわやか ONDO あなたのために 私のために そしてそれそれ 皆んなのために  人の痛みが よくわかる 髪のかたちは ベートーベンか 名前出すほど ヤボではないが 純な恋です 命です 日本列島 さわやか ONDO あなたのために 私のために そしてそれそれ 皆んなのために  どんな苦労も 共にすりゃ ドンとよくなる ニホンの景気 官の心が まあるくなれば 民の心に 花が咲く 日本列島 さわやか ONDO あなたのために 私のために そしてそれそれ 皆んなのために
霧の湯布院宮史郎宮史郎仁井谷俊也影山時則阿蘇のやまなみ涙でみつめ ひとりで来ました山の宿 日暮れ湯布院湯のかおり 対の浴衣に眼をやれば 別れの決心がまた鈍る  膝を崩して淋しく酔って ふたりの想い出指で折る いで湯湯布院星月夜 今は添えない男だけど 倖せだったわあの頃は  浅い眠りに寝がえりうてば あなたが夜明けの夢にでる 旅の湯布院朝霧の海 胸の迷いが晴れたなら も一度あなたに帰りたい
お江戸の色女長山洋子長山洋子仁井谷俊也影山時則花のお江戸の 日本橋(にほんばし) 産湯(うぶゆ)つかった 絹の肌 粋(いき)な小紋(こもん)で 流し目送りゃ 下町すずめが 噂する 気障(きざ)な誘惑(せりふ)は まっぴらだけど 惚れりゃ一途の 深なさけ 鬢(びん)のほつれた うなじのあたり 年増盛りの 色気が匂う  月は十六夜(いざよい) 大川に 遠く聞こえる 三味の音 忍ぶ恋路の 八丁堀(はっちょうぼり)と ふたりで猪牙舟(ちょきぶね) 柳橋 野暮(やぼ)な男衆の やさしさよりも 惚れたあんたに 妬かれたい 酒にほんのり 目許(めもと)を染めて 仇(あだ)な仕草(しぐさ)が 男をそそる  筑波山にも 朝陽が当たりゃ そっと解(ほど)いた 腕まくら 浮気封じに あんたの胸に 紅(べに)で名を描(か)く 大江戸そだち
上州しぐれ三門忠司三門忠司里見優影山時則上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合いの いそぎ旅 なみだ雨かよ 残した女房(ひと)の 責めているよな 濡れススキ ああああ 赤城恋しや 里あかり  「お月さん、又、あっしに 仲のいい二人連れを見せつけるんでござんすかい… 手前の連れは影法師… 風がやけに身に沁みやす。」  すねて三年 追われて二年 たして五年の 流れぐせ 夫婦(めおと)雲とぶ 旅空みても どうせ浮世の ひとり独楽(ごま) ああああ 明日は何処(どこ)やら 風にきけ  草鞋(わらじ)止めた 筑波(つくば)の宿で どこか空似の ほつれ髪 泣いているよな 雨音きけば 思い切ない 三度笠 ああああ 赤城悲しや 里ごころ
日光街道鹿島ひろ美鹿島ひろ美松井由利夫影山時則野暮でござンす 男体颪(なんたいおろ)し かくす弱味にゃ なお沁みる 恋の滝壺 吹く風まかせ 糸のちぎれた 奴っこ凧 日光街道 夢も今市 紅緒笠  賽(さい)の目数は どう投げようと 裏と表は 同じ数 なるよになるのが なるよにならず 拗ねたあげくの 杉並木 日光街道 せめてこぼれ陽 道連れに  片手拝みの 権現(ごんげん)さまで 霧に抱かれりゃ 里ごころ 猫には木天蓼(またたび) 旅には草鞋 洒落じゃ通らぬ この渡世 日光街道 花が袖ひく 一里塚
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 男吉良常
  2. weeeek
  3. NANIWA'n WAY
  4. ウタカタララバイ
  5. ねぇバディ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. ベルベットの詩
  3. Scream
  4. Goes on
  5. 魔法のアト

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照