周防泰臣編曲の歌詞一覧リスト  152曲中 1-152曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
152曲中 1-152曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おもいでグラスおおい大輔おおい大輔小山内圭おおい大輔周防泰臣男ごころに なぜ沁みる 夜更けて止まぬ 宵しぐれ 泣き泣き書いたか 滲んだ文字の 手紙を一通(ひとつ) 懐に 詫びて呷(あお)れば 泣ける酒  幼なじみに 恋をして 待たせたままの 春が逝(ゆ)く 男のやさしさ 忘れた俺か 倖せやれず 裏通り 酔えばグラスに 浮かぶ夜  純粋(うぶ)なおまえにゃ 辛かろう 苦労に苦労 かさねてる ゆきずり夜風が おしえてくれた 面影ゆれて 愛しいよ 薄い縁(えにし)か 遠い町
桜~愛しい人へ~井上慎之介井上慎之介舞鶴たかみ井上慎之介周防泰臣桜が今年も咲いた 桜に今年も会えた 車椅子(いす)を 押すたび おまえの背中に 感謝 人は生命(いのち)に 限りが ありがとう おまえ ありがとう あなたの好きな 桜の花を しっかり見てね 目に焼き付けて 小さくなった おまえの顔を そっと抱きしめ 涙がとまらない  大きな地球の中で 出会えたことさえ奇跡 うつら うつらの おまえの寝顔に 感謝 春風(かぜ)があなたを つつんだ ありがとう おまえ ありがとう 思い出数え 桜の下で ふたりで生きた 人生みつめ 愛しい人よ おまえの肩を そっと抱きしめ 涙がとまらない  あなたの好きな 桜の花を しっかり見てね 目に焼き付けて 小さくなった おまえの顔を そっと抱きしめ 涙がとまらない
愛に生きる井上慎之介&舞鶴たかみ井上慎之介&舞鶴たかみ舞鶴たかみ井上慎之介周防泰臣生きてることは 愛することなのね あなたに出会って 知りました 深い海へ 堕ちてくふたり それも人生 しあわせなこと ふたりは死ぬまで 一緒だよ 離れられない あなた おまえ ふたりは一緒だよ  たとえ世間を 敵にまわしても わたしがあなたを まもります 東京捨てても すべてを捨てても 愛をつらぬく ふたりです ふたりは死ぬまで 一緒だよ 離れられない あなた おまえ 愛を選びます  人の人生 それぞれいろいろあるさ あなたはわたしの 宝もの この世で一番 大切な人 愛の炎が ひとつになって ふたりは死ぬまで 一緒だよ 離れられない あなた おまえ ふたりは一緒だよ  ふたりは死ぬまで 一緒だよ 離れられない あなた おまえ ふたりは一緒だよ
友よ~夢の旅人~東京力車東京力車宮下康仁桧原さとし周防泰臣友よ 友よ 桜舞い散る故郷(ふるさと)を 体ひとつで旅立った 誰も 知らず ひとりぼっちのこの街で キセキみたいに出会ったな 寒い夜でも暖かい きっと心のそばにいた 傷つくことを恐れずに いつも一緒に走り続けた 友よ 友よ 熱い涙に出会うまで いつか描いたあの頃の 夢を 夢を 夢の続きを走ろうぜ まわる時代の旅人さ エイサーエイサーエイサー…  友よ 友よ 風が冷たいこんな夜は 昔みたいに会いたいぜ 夢や 愛を 語りあかしたあの頃は 今も心を熱くする 線路伝いの帰り道 傘もささずに歩いたな 止まぬ雨などありゃしない 明日(あす)は晴れると信じ合ったぜ 友よ 友よ 今も熱いぜこの胸は 走り続けたあの頃の 夢を 夢を 夢の続きを走ろうか まわる時代の旅人さ エイサーエイサーエイサー…  星も見えないこの空に こぶし突き上げ誓ったな 遠く果てない道だけど きっとまぶしい夢をつかむと 友よ 友よ 今も熱いぜこの胸は 走り続けたあの頃の 夢を 夢を 夢の続きを走ろうか まわる時代の旅人さ エイサーエイサーエイサー…
獅子になれ辰巳ゆうと辰巳ゆうと保岡直樹桧原さとし周防泰臣山あり谷あり 人生は 夢に真っすぐ 喰らいつけ 転げ落ちたら 爪を立て 天(そら)を睨んで 這い上がれ 今が勝負の 剣が峰 男は燃える 獅子になれ  時には蝶々と 戯れて 春に酔うのも いいだろう 恋は茨と 云うけれど 受けて立つ身の 心意気 雨よ嵐よ どんと来い 男は燃える 獅子になれ  わき目もふらずに 全力で 走る情熱 明日(あす)を呼ぶ 風にたてがみ なびかせて 希(のぞ)み千里の 道をゆく いのち雄叫び 高らかに 男は燃える 獅子になれ
泣き唄京太郎京太郎田久保真見杉本眞人周防泰臣子供の頃の 願いはひとつ 早く大人に なりたかった だけど大人に なると思う 子供に戻って やり直せたら  いつからか 泣いてないんだろう いつからか 心に嘘をつくように  泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 生まれたあの日のように 泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 全部 涙に変えて  子供の頃は 大人になれば 強くなれると 信じていた だけど大人に なると分かる 誰もが心で 泣いてるんだと  いつからか 夢を捨てたんだろう いつからか 心に嘘をつくように  泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 生まれたあの日のように 泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 全部 涙に変えて Oh  泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 生まれたあの日のように 泣いて泣いて泣いて 泣いてしまえ 全部 涙に変えて  泣いて泣いて… 泣いてしまえ あなたの胸を叩き 泣いて泣いて… 泣いてしまえ すごく 愛してますと
親不孝京太郎京太郎京太郎杉本眞人周防泰臣夕暮れにたそがれ ぼんやりと眺め 希望 出逢い そして別れ 涙よみがえる あの日の記憶 桜の花がひらり 風に舞うよな儚い命よ あなたは今日も 笑顔ですか サヨナラさえも 言えないまま 届かぬ想い 届けたくて 遠い空で いつか 逢えますか  あどけなく微笑(ほほえ)む アルバムの中の 瞳 キラリ 輝いてる 赤いランドセル 幼い私 あれから月日流れ 親より先に早く逝くなんて 私はきっと 親不孝ね 父さんどうか 叱らないで 届かぬ想い 届けたいの 子供たちを どうか 頼みます  あなたは今日も 笑顔ですか サヨナラさえも 言えないまま 届かぬ想い 届けたくて 遠い空で きっと 逢えますね
梅香径水田かおり水田かおり長山たかのり三原聡周防泰臣坂道白壁 聞こえてくるよ 梅の林に 鐘の音 学び先駆け 孔子廟(こうしびょう) 文武両道 教えは崇高(たか)く 誉れ水戸学 誉れ水戸学 弘道館  石段登れば 町並見える 夕陽輝く 散歩道 威風堂々 お社(やしろ)は 空にそびえて 吹く風清く 紋は葵の 紋は葵の 東照宮  二の丸本丸 この隅櫓(すみやぐら) 歴史伝える 大手門 思い浮かべる 武家屋敷 語り継がれる 黄門様に 会ってみたいな 会ってみたいな 水戸の街
ふるさと慕情葉月みなみ葉月みなみ渡辺なつみ桧原さとし周防泰臣雪が降る夜は 何故か寂しくて 送ってくれた荷をほどき 涙堪(こら)えます 負けないと胸を張り 家を出た寒い朝 元気ですか?お父さん 会いたい‥お母さん 遠い寒空 つのる越後の ふるさと慕情  桜咲く頃に 帰る渡り鳥 畦道摘んだふきのとう 春の匂いです 夏が過ぎ金色の 稲穂が実る頃 会いに行くよ、お父さん 待ってて、お母さん 夢よ叶えと 祈る新潟 ふるさと慕情  誰もその胸に 宝物がある 幼い頃に守られた 真白き愛がある かけがえのない日々が 明日(あす)の日を作るから 挫けませんお父さん 指切りお母さん ひとり唄うは 愛し越後の ふるさと慕情
満月の花みずき舞みずき舞朝比奈京仔弦哲也周防泰臣鏡月(かがみづき)にふれたくて 川に枝垂(しだ)れる夜桜は 冷たい水に 濡れて散っても 思い叶えばそれでいい 恋の怖(こわ)さ 知らないで 流れてきえた いちりんは 火の粉のような くれないの 天竺牡丹(てんじくぼたん)になりました チルチルチルル チルチルル 咲いて散る チルチルチルル チルチルル 満月の花 生まれ変わった わたしの命 後生一生(ごしょういっしょう) 恋のため  涙なんかこぼさない 天(そら)を見上げる曼殊沙華(まんじゅしゃか) 季節が変わり 風に散っても 思い叶えばそれでいい 冬の寒さ 知りながら どうにもならず ついてきた 春咲くはずの紅椿(べにつばき) ここで咲きます雪ん中 チルチルチルル チルチルル 咲いて散る チルチルチルル チルチルル 満月の夜 覚悟を決めて おんなの命 次の世までも 恋のため  チルチルチルル チルチルル 咲いて散る チルチルチルル チルチルル 満月の花 生まれ変わった おんなの命 後生一生 恋のため
七化けブギみずき舞みずき舞朝比奈京仔弦哲也周防泰臣一(ひと)め惚(ぼ)れして 二度三度 口説(くど)いてみても 無駄なこと ばったり逢ったと 隠しても 待ち撫せしたのは お見通し ブギウギ うきうき…おあいにく 花の振袖 町娘 七化(ななば)けお仙の七変化 七変化  四の五の言わずに とっといて 闇に小判の 雨が降る あれが噂の 白波(しらなみ)か 指をさす間に 早変わり ブギウギ うきうき…艶(あで)やかに 花の吉原 花魁(おいらん)は 七化けお仙の当たり役 当たり役  六でなしでも あの人は わたしが心底 惚れた人 七屋通いも なんのその 年貢おさめて 恋女房 ブギウギ うきうき…気質(かたぎ)だね どんでん返しの人生さ 七化けお仙はいい女 いい女
逢いたかったよ辰巳ゆうと辰巳ゆうと久仁京介四方章人周防泰臣春が来るのを 待ちきれないで 冬に散りゆく 花もある 逢いたかったよ どうしていたのかい 秋の風吹く 隅田のほとり 男同士の 屋台酒  惚れた女が 出来たと云って 離ればなれの この二年 逢いたかったよ どうしたあのひとは こころ破れて かかえた傷の 愚痴もわかるが もうよせよ  時代変われど 変わらぬものは おれとおまえと 空の月 逢いたかったよ 男の友情で 語り明かそう あしたは晴れる 夢は見なけりゃ 夢じゃない
酔えないお酒もいいじゃない山本譲二&松居直美山本譲二&松居直美北爪葵恩田涼平周防泰臣なんだなんだ 辛気臭いな いつもみたいに笑ってみろよ だってだって それはあなたが ずっと連絡くれないからよ  オンライン居酒屋 暖簾をくぐり 画面の向こう 一杯やろう 今時事情 恋事情  酔えないお酒もいいじゃない 逢えない 切ない 眠れない 酔えないお酒もいいじゃない 逢えない 逢いたい 愛したい  ちょっとちょっと むしろあなたが 今の時代に負けてるじゃない わるいわるい 好きな女(ひと)には たまに弱気になりたいものさ  オンライン居酒屋 つまみも少し ひとりじゃないが 手酌は寒い 今時事情 恋事情  哀しいお酒はダメじゃない 逃げない 泣かない 挫けない 哀しいお酒はダメじゃない 言えない 言いたい 離さない  酔えないお酒もいいじゃない 逢えない 切ない 眠れない 酔えないお酒もいいじゃない 逢えない 逢いたい 愛したい
春の宴花園直道花園直道名取沙紀南部直登周防泰臣春の風吹く一乗谷に 咲いた麗し山桜 朧月夜(おぼろづきよ)に誘われて 夢見るように花そよぐ 誰が吹くのか笛の音が 春の宴に花が舞う 喜びの里に 花よ舞え  春の流れのあすわの川に 桜舞い散る風まかせ 月のしずくに酔わされて 川面にゆらゆら 花遊ぶ 夢が花咲くふる里に 春の宴の花が舞う 幸せの春に花よ舞え  春の館の一本桜 白い薄絹まとうよに 風にあでやか舞姿 心いだいて花かおる 桜爛漫 花吹雪 春の宴に花が舞う 美しの国に花よ舞え
月影の宿渚ひろみ渚ひろみ坂口照幸宮下健治周防泰臣いいのよどんなに 遅れて来ても 墨絵に昏れゆく 山の宿 もしやあなたの 身の上に 何かあったか 気にかかる 悪い方へと 傾いて 胸が裂けそうな 月影の宿  いいのよ世間の そしりを受けて 誰にも知られず 袖しぐれ 追ってあなたを 困らせる 万に一つも ありません 窓をかがみに 化粧して 背伸びして待つ 月影の宿  いいのよ落葉の 優しさなのね 静寂(しじま)の中にも 音がある 踏んで悔いない 茨道 何処にこんなに 耐えられる 恋の烈(はげ)しさ あったやら あなた恋しい 月影の宿
硝子のタンゴ渚ひろみ渚ひろみ坂口照幸宮下健治周防泰臣あなたの中に 二人のあなたがいる 愛して止まないあなたと 影のあるあなた そして上手に その二人とも つき合えるほど器用じゃ 器用じゃない私 踏めば割れる硝子 胸の中の硝子 答え出せぬあなた 少しずるい私 硝子の硝子の 硝子のタンゴ  私の中に 二人の私がいる 別れに傾く私と そうでない私 そしてその手に 抱かれたときに もう一人の私が 私がまた消える 琥珀(こはく)色のお酒 黙りあって二人 答え出せぬあなた 少しずるい私 硝子の硝子の 硝子のタンゴ  踏めば割れる硝子 胸の中の硝子 答え出せぬあなた 少しずるい私 硝子の硝子の 硝子のタンゴ
あした古都清乃古都清乃いのうえ佳世桧原さとし周防泰臣幸せが見えないときは 光が差すほうへ 悲しみは忘れていいの 扉をひらきましょう 春が香り立つ 夏が手招いてる あたらしい風 あたらしい夢 あした あしたはきっと来る あなたの心に あなたの涙に  何気ないこの毎日を 抱きしめ歩きましょう 思い出をそうひとつずつ 灯してゆきましょう 秋が実りだす 冬の花がひらく あたたかい空 あたたかい愛 あした あしたはきっと来る あなたの強さに あなたの願いに  あたらしい日々 あたらしい道 あした あしたはきっと来る あなたの心に あなたの涙に
メトロ門倉有希門倉有希荒木とよひさ浜圭介周防泰臣地下鉄は夕陽の 寂しさなんか知らない ガラス車窓(まど)には たたずむ人々(ひと)の 過去を映すけど 心の悩みと 別れるならば 人生を乗り換える そんな駅がきっとある ララララ… いい事もある 生きてれば ララララ… 走れメトロよ 今日もまた  地下鉄は都会の 夜明けの空を知らない 人の心も 青空(そら)があると そんなことさえも 疲れた想い出 席を立っても 人生の途中下車 そんな駅はどこもない ララララ… 悲しみもある 生きてれば ララララ… 走れメトロよ 今日もまた  ララララ… いい事もある 生きてれば ララララ… 走れメトロよ 今日もまた
ど真中のブルース門倉有希門倉有希荒木とよひさ浜圭介周防泰臣心と身体の ど真中 まっ赤な花が 咲いている いくつになっても 女なら いくつになっても 抱かれたい ど真中の ど真中の ブルースよ  昨日と明日の ど真中 涙の花が 咲いている 生れてきたのが 女なら 生れてきたのを 恨まない ど真中の ど真中の ブルースよ  この世とあの世の ど真中 命の花が 咲いている 生きてる力が 女なら 生きてる限りに 恋したい ど真中の ど真中の ブルースよ  あばよとあばよの ど真中 あたしの花が 咲いている 霞を食べてる 女なら 霞になっても かまわない ど真中の ど真中の ブルースよ  ど真中の ど真中の ブルースよ
小江戸捕物帖水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-松岡弘一水森英夫周防泰臣小江戸川越 名物あげりゃ 祭りに芋菓子 蔵造り おっと忘れちゃ いませんか 鬼の三吉 目明かし稼業 父の形見の 十手くるくる 十手くるくる 腕が鳴る  お恋三吉 ほの字にほの字 相性はいいのか 悪いのか おっと忘れちゃ いませんか 御用提灯 早縄投げて 悪い奴から 今日も守るぞ 今日も守るぞ 川越を  謎が謎呼ぶ 辻斬り事件 三吉頭を 抱え込む おっと忘れちゃ いませんか 待ってましたと お恋が言えば 出たよまじない ちちんぷいぷい ちちんぷいぷい 名推理
青空気分小川みすず小川みすずもず唱平浜圭介周防泰臣風采で男の値打ち 決めちゃいけないと思うけど でもね ヨレヨレのジャンパーに くたびれ果てたハンチング まるでファッションご縁のない御仁(おひと) 行きずりに声かけた その訳は あなたが落した「中也」の詩集 ふるさとの青い空みつけた気分  コチトラも自慢じゃないが 故郷(くに)は雪深い田舎町 でもね 東京に来る時は おめかししたよ それなりに 馬鹿にされたくなかったからなのさ 行きずりに声かけた その訳は あなたの笑顔とズウズウ弁よ ふるさとの青い空みつけた気分  この巷(まち)の暮らしについて 何と答えたら好いのかな でもね 一つだけ云っとくわ 頭に入れてくれますか 夢と希望を 大事にして欲しい 行きずりに声かけた その訳は あなたに感じる純情一途 ふるさとの青い空みつけた気分
僕の好きな秋翠千賀翠千賀浜口庫之助浜口庫之助周防泰臣僕の好きな 秋がきた この北国に 秋がきた ポプラの梢(こずえ) そよぐ風 恋の思い出 つれてくる  紅葉(もみじ)のように 恋が燃えたのも あれは秋の日々だった その恋がまた落葉(おちば)のように 散ったのも秋 だから…。 思い出をつれてくる 秋が好きだ 好きなんだ  夏の終わりを 待つように 燃えはじめた あの恋 時計台に 時をせかせて 僕は君を 待っていた  秋の日の冷たいぬくもり あれが恋の色なのか 燃えたままで きえていった あれが秋の恋なのか…。 燃えたまま 去っていった 恋に僕はあいたい  秋の日の冷たいぬくもり あれが恋の色なのか 燃えたままで きえていった あれが秋の恋なのか…。 燃えたまま 去っていった 恋に僕はあいたい
もっとセレナーデ翠千賀翠千賀赤堀彰子・翠千賀後藤康二周防泰臣嗚呼(ああ) 恋が溶けてゆく 跡形もなく 氷のように そして あなたの面影 今も 探す私がいる  夢の中だけ あなたの手を 引き寄せて もう一度 愛したい  そして 真夜中のシルエット 秘め事のように 舞い散る花は紅く そう 今でも あなたのぬくもり 探すオンナの 今宵(こよい)も もっとセレナーデ  いっそ 壊(こわ)してしまいましょう 積木(つみき)を崩す子供のように そっと 流してしまいましょう 愛に変わる前に どうか…。  解(わか)っていたの 貴方には 帰る家庭(ばしょ)があるってこと  そして 重なるシルエット 焦らす唇 想いはさらに加速 まだ今なら もどれるはずなの 薄れる意識に 今宵(こよい)も もっとセレナーデ  そして 月日は流れる 去り行く春を求めるように 嗚呼(ああ) 醒(さ)めた目で見てよ こんなにも 馬鹿なあたしを…。  もしも願いが 叶うなら 「誰かのモノ」じゃない 貴方と もう一度 逢いたい…。  そして とまどうシルエット 熱いため息 寄り添う距離は甘く もう今さら もどりたくないわ 止まらぬせつなさ 今宵も もっとセレナーデ
~たびだち~翠千賀翠千賀松永安優美松永安優美周防泰臣風にふるえる光の中を 歩き始めた私の心を 止められはしない あなたへの愛も 心に残る想い出さえも  ぬぐいきれない 愛のぬくもりが とてもとても悲しいよ つらい言葉はやめてよ今は 見ないふりして私の涙を  雨を横切る光の様に 歩き始めた私の行く方を 変えられはしない たとえあなたの愛も あついあつい血のつながりさえも  心をいつわるわけじゃないけれど このままいるわけにいかない 忘れられないきっとあなたを それでもこれが私の人生  ある朝ふとふり返る時が来て あなたは何を想うでしょ 今はたがいに心は残さないで そうすることが幸せになる
失恋慕情望月琉叶望月琉叶小林元樋口義高周防泰臣この花は君のようだねと 駅前の花屋でそう言った 取り留めもない日常を失くして気づく 失恋慕情(しつれんぼじょう)  あなたがくれたシクラメン咲く 切なく風に揺れてます  もうすぐあなたと離れた日から 1年経とうとしています 今でもあなたが欲しいままです あの日の私を 恨みます  今日はただ君と居たいよと 住み慣れた部屋でそう言った 取り留めもない日常を失くして気づく 失恋慕情  一人の夜はいつも雨降り 散りゆけと言うのでしょうか  もうすぐ私が捨てられてから 1年経とうとしています 今でもあなたが欲しいままです あの日の私を 恨みます  また来ると頬を撫でている 面影はなぜか暗かった 取り留めもない日常を失くして気づく 失恋慕情  あなたの 傍(そば)で咲くこともない 写真も捨てられないまま  もうすぐあなたが去ってしまって 1年経とうとしています 今でもあなたが欲しいままです あの日の私を恨みます
昭和舟歌平たか子平たか子いではく遠藤実周防泰臣世間に背(そむ)き 義理に泣き 故郷(ふるさと)はなれた 遠い日々 舵とるおまえ おれが櫓(ろ)で ふたりで渡った 浮世川  涙の先に 明日(あす)を見て いい夢さがしに 流れ舟 肌刺す風と 月の夜は ふたりが唄った 船頭歌  結んだ縁(えにし) ふり向けば いまなら言えるさ ありがとう 今夜は飲めよ 熱い酒 ふたりの人生 たたえよう
帰ってこいよ水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-平山忠夫一代のぼる周防泰臣きっと帰って くるんだと お岩木山で 手を振れば あの娘(こ)は小さく うなずいた 茜の空で 誓った恋を 東京ぐらしで 忘れたか 帰ってこいよ 帰ってこいよ 帰ってこいよ  白いリンゴの 花かげで 遊んだ頃が なつかしい 気立てのやさしい 娘(こ)だったよ お前の嫁に 欲しかったねと おふくろ今夜も ひとりごと 帰ってこいよ 帰ってこいよ 帰ってこいよ  可愛いあの娘(こ)の 帰る日を お岩木山で 今日も又 津軽の風と 待っている 忘れはしまい あの約束の こんなにきれいな 茜空 帰ってこいよ 帰ってこいよ 帰ってこいよ
越後獅子の唄水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-西条八十万城目正周防泰臣笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児(みなしご) 街道ぐらし ながれながれの 越後獅子  今日も今日とて 親方さんに 芸がまずいと 叱られて 撥(ばち)でぶたれて 空見あげれば 泣いているよな 昼の月  打つや太鼓の 音さえ悲し 雁が啼く啼く 城下町 暮れて恋しい 宿屋の灯(あかり) 遠く眺めて ひと踊り  ところ変れど 変らぬものは 人の情(なさけ)の 袖時雨 ぬれて涙で おさらばさらば 花に消えゆく 旅の獅子
みちのくひとり旅水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-市場馨三島大輔周防泰臣ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの なぐさめ云って みちのく ひとり旅 うしろ髪ひく かなしい声を 背(せな)でたちきる 道しるべ 生きていたなら いつかは逢える 夢でも逢えるだろう  時の流れに 逆らいながら ひとりゆく身の 胸のうち 俺は男と つぶやきながら みちのく ひとり旅 月の松島 しぐれの白河 昨日と明日は ちがうけど 遠くなるほど いとしさつのる みれんがつのるだけ  たとえどんなに 恨んでいても たとえどんなに 灯りがほしくても お前が俺には 最後の女 俺にはお前が 最後の女  たとえどんなに つめたく別れても お前が俺には 最後の女 たとえどんなに 流れていても お前が俺には 最後の女
北の螢水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-阿久悠三木たかし周防泰臣山が泣く 風が泣く 少し遅れて 雪が泣く 女 いつ泣く 灯影(ほかげ)が揺れて 白い躰(からだ)が とける頃  もしも 私が死んだなら 胸の乳房を つき破り 赤い螢が 翔(と)ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の 胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨(うら)みを忘れて 燃えて行け  雪が舞う 鳥が舞う 一つはぐれて 夢が舞う 女 いつ舞う 思いをとげて 赤いいのちが つきる時  たとえ 遠くにはなれても 肌の匂いを 追いながら 恋の螢が 翔(と)ぶでしょう  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の 胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨(うら)みを忘れて 燃えて行け  ホーホー 螢 翔んで行け 恋しい男の 胸へ行け ホーホー 螢 翔んで行け 怨(うら)みを忘れて 燃えて行け
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
明日へ夢舞台辰巳ゆうと辰巳ゆうと保岡直樹桧原さとし周防泰臣つらい時こそ 背すじを伸ばし 前を見つめて 歩きたい 足踏みばかりの 青春だけど 挫けはしない 明日(あした)があるさ 男は度胸 拍手が聞こえる 人生は夢舞台  汗をぬぐった 拳の中に にじむあの娘の おもかげが 一人じゃないんだ つながる心 願いはひとつ 明日があるさ 男は浪漫 刻んだ足あと 人生は夢舞台  みんな違うさ 十人十色 どこかひと味 光りゃいい 見上げる夜空に 満天の星 みなぎる力 明日があるさ 男は勝負 根性ひとすじ 人生は夢舞台
路地裏のかおり音頭上杉香緒里上杉香緒里Wかおりプロジェクト阿部靖広周防泰臣(にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい! にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!) 路地裏のかおり音頭だ (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!)  1つ (ひとりと)一匹の 物語 2つ ふたりは 似ているの 3つ 耳は二つ お鼻は一つ 4つ しっぽは …にゃいけれど  (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい! にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!) 路地裏のかおり音頭だ (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!)  5つ (いつも) 見守ってくれるの 6つ ムチャぶり どんとこい 7つ なんでも 立ち向かう 8つ やんちゃにゃ 私のこと  (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい! にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!) 路地裏のかおり音頭だ (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!)  1(ひと)筋の光 あなたとの出会い 2人手を取り スポットライトは赤提灯 3歩進んで あれ?4歩下がってる? 5(ご)苦労どんとこい 6(ろ)地裏から2人 7色の空にいつか 8(は)ばたいてみせる 9つ 心一つに 七転八起(しちてんはっき) 10(とう)とう ふたりは 一心同体  (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!何と!にゃんこと) ニャンと私の 路地裏のかおり音頭だ (にゃっにゃっにゃっ そーれ よよいのよい!)
人生笑顔で神川しほ神川しほ高田ひろお杉本眞人周防泰臣追い求めたら しあわせ逃げる そんなときには 空をみる 白い雲を 眺めていると 心が大空に なれるから  しょうがないこと いっぱいあるさ 右も左も あふれてる 気にしないで 笑って生きる それがなにより なによりなのさ 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は  しあわせなんか 気まぐれだよと 心しずかに 空をみる 羽根をひろげ おおきな鳥が 急いでゆっくり 飛んでゆく  しょうがないこと いっぱいあるさ それがわたしの 人生よ 雨にうたれ 寒さに耐えて 晴れたら大空 抱きしめる 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は  しょうがないこと いっぱいあるさ 右も左も あふれてる 気にしないで 笑って生きる それがなにより なによりなのさ 人生は 悲しいとき つらいとき しょげるとき あるけれど 笑顔があれば それでいいのよ 人生は
桜咲くように 桜散るように神川しほ神川しほ高田ひろお杉本眞人周防泰臣これが浮世と いうものと あなたと別れ 知りました 見るものすべて ぼんやりと 心のなかは なにもない 桜咲くように 桜散るように 終わったの わたしの愛は さらさらと ひらひらと わたしの愛は  二年暮らした この部屋で いっぱい愛を あげたのに どうしてなのか わからない 悔やんでみたら 泣けてくる 桜咲くように 桜散るように おしまいなの ふたりの愛は さらさらと ひらひらと ふたりの愛は  ひとり決めたの 出直すと 誓った空から 涙雨 通りにでると 花びらが たくさん肩に まといつく 桜咲くように 桜散るように じっとみつめて わたしは歩く さらさらと ひらひらと わたしは歩く
アメリカ橋辰巳ゆうと辰巳ゆうと山口洋子平尾昌晃周防泰臣風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって アメリカ橋のたもと ふと通うぬくもり やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯り 石だたみ 石だたみ 想い出続く いつかいつか 熱かった青春  君は変わらない 月日は過ぎても 髪を切ったので 少し若くなった アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い 煙草やめたの いつからと それとなくきいて 眼をそらす 眼をそらす ガラスのむこう 遠い遠い かえらない青春  アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる そっとコートの衿たてた さり気なさおいて 人の群 人の群 誰もが他人 はるかはるか あの頃が青春
夢芝居辰巳ゆうと辰巳ゆうと小椋佳小椋佳周防泰臣恋のからくり 夢芝居 台詞ひとつ 忘れもしない 誰のすじがき 花舞台 行く先の 影は見えない 男と女 あやつりつられ 細い絆の 糸引き ひかれ けいこ不足を 幕は待たない 恋はいつでも 初舞台  恋は怪しい 夢芝居 たぎる思い おさえられない 化粧衣裳の 花舞台 かい間見る 素顔可愛い 男と女 あやつりつられ 心の鏡 のぞき のぞかれ こなしきれない 涙と笑い 恋はいつでも 初舞台  男と女 あやつりつられ 対のあげはの 誘い 誘われ 心はらはら 舞う夢芝居 恋はいつでも 初舞台
ソーラン渡り鳥森山愛子森山愛子石本美由起遠藤実周防泰臣津軽の海を 越えて来た 塒持たない みなしごつばめ 江差恋しや 鰊場恋し 三味を弾く手に 想いを込めて ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 唄う ソーラン ああ渡り鳥  故郷の港 偲んでも 夢も届かぬ 北国の空 愛嬌笑くぼに 苦労を隠し 越えた此の世の 山川幾つ ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 旅の ソーラン ああ渡り鳥  瞼の裏に 咲いている 幼馴染みの はまなすの花 辛いことには 泣かないけれど 人の情けが 欲しくて泣ける ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン 娘 ソーラン ああ渡り鳥
ひばりの佐渡情話森山愛子森山愛子西沢爽船村徹周防泰臣佐渡の荒磯の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋は…・つらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬ…・お人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとり しょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしも…・ひとりと いうて泣いた
大阪しぐれ森山愛子森山愛子吉岡治市川昭介周防泰臣ひとりで 生きてくなんて できないと 泣いてすがればネオンが ネオンがしみる 北の新地は おもいでばかり 雨もよう 夢もぬれます あゝ大阪しぐれ  ひとつや ふたつじゃないの ふるきずは 噂並木の堂島 堂島すずめ こんなわたしで いいならあげる なにもかも 抱いてください あゝ大阪しぐれ  しあわせ それともいまは 不しあわせ 酔ってあなたは曽根崎 曽根崎あたり つくし足りない わたしが悪い あのひとを 雨よ帰して あゝ大阪しぐれ
雨の宝殿駅ノンちゃんと七福人ノンちゃんと七福人平本憲孝平本憲孝周防泰臣小雨降る宝殿の ホームに佇む時は あの頃の僕達を いつも思い出すんだ 憧れと夢と希望を 胸いっぱい抱えて 君はいつも未来を 熱く語っていたね  雨の宝殿駅で あの日君を見送った 君は笑顔で言った 必ずここに帰ってくるわと あの日の宝殿駅は 人影も まばらで 君が去ったホームに ずっと立ち尽くしてた  時の流れはいつか 二人の人生を変えて 君は都会で自分の 道を切り開いた 君は二度と帰らなかった 僕が待つ故郷に 僕の愛より素敵な 夢を見つけたんだね  雨の宝殿駅は あの日と変わらぬままで 仕事帰りの人が 足早に家路をたどる 雨の宝殿駅に 君がいるはずがないのに 君によく似た人を いつも探してしまう  宝殿駅は君の 終着駅じゃなかった 君はもっと広い空 追いかけて飛び立っていった 宝殿駅に執着の 電車が着くことはないけれど 僕の青春の一ページ ここが終着駅さ ここが終着駅さ
青空ノンちゃんと七福人ノンちゃんと七福人平本憲孝平本憲孝周防泰臣夏が終わり 人も消えた 砂浜に 秋の風が 燃え尽きない 愛の炎 静かに吹き消していく  本当の 恋だから 後悔なんかしないさ 戯れの ゲームなら 忘れてしまえるけれど  大空よ 青空よ あの娘に伝えた欲しい 今僕は一人でも 夢を追いかけていると  風に聞いた あの娘のこと 幸せを見つけたって 本当は少し 心配してた 優しいあの娘のことを  労りと 微笑で 築いた二人の日々が 夢のように 消えてった 思い出だけを残して  大空よ 青空よ あの娘に伝えた欲しい 幸せを 祈ってる 誰より素敵な君の  大空よ 青空よ あの娘に伝えた欲しい 幸せを 見つけよう 二人それぞれの道で
今日もなみだの渡り鳥はやぶさはやぶさ旦野いづみ桧原さとし周防泰臣逢ったそばから 泣くのはおよし 可愛いまつ毛が 濡れている ~別れはいやよ 死んでもいやよ 駄々をこねても えええ 愛なのよ~ 花の都の 路地裏も 歩きゃ日なたに たどりつく 男ばかりが 鷹じゃなし 今日もなみだの 渡り鳥  もっと素直に あまえておいで 愛しいおまえに くちづけを ~恋は魔物ね 水をかけても 胸の炎が えええ 燃えあがる~ 膝を抱えて 月灯り 夢をみたのさ つかの間の 女ばかりが 蝶じゃなし 今日もなみだの 渡り鳥  憂き世ばかりが 花じゃなし 今日もなみだの 渡り鳥
麦畑はやぶさはやぶさ榎戸若子・補作詞:上田長政榎戸若子・補作曲:上田長政周防泰臣俺らと一緒に暮らすのは およね おめえだと ずーと前から決めていた 嫁っこさ来ておくれ やんだたまげたな 急に何言うだ 俺らも前から 松っつあんを 好きだと思ってた 鍬を持つ手が震えてる 鎌を持つ手も震えてる 二人の心は 沈む夕陽に 真赤っ赤に染められて 俺らでええのか 俺らおめえでええてば 愛の花咲く 麦畑  もしも嫌いと言われたら 俺ら なじょしたべ 生きる希望も夢もなく 一人で死んだべな あいやかわいそう 馬鹿なこと言うな 俺らも毎日 松っつあんの プロポーズ待っていた 交わす目と目が震えてる さわる手と手も震えてる 二人の心は 沈む夕陽に 真赤っ赤に染められて 俺ら信じてええのか 俺ら絶対嘘つかね 愛の花咲く 麦畑  俺らの嫁っこに来るってか およね えがったな うんと大事にすっからよ も少しこっちゃさこい やんだはずかしな ちっと気が早えな 俺らも一生 松っつあんを たよりにすっからよ 合わす口びる震えてる うれし涙も震えてる 二人の心は 沈む夕陽に 真赤っ赤に染められて 俺ら本当にハッピー 俺らも本当にハッピー 愛の花咲く 麦畑
めぐりあい紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美周防泰臣なぜ私が生まれてきたの それはあなたに出会うため いとしいあなたに 出会うため 生きていれば誰だって 人に言えない 悲しみが やがてだれかにすくわれて 涙を流す 流した涙は川になり 海に流れて泡になる 悲しみの向うから ひとすじの光 見えてくる 私が生まれてきたわけは いとしいあなたに出会うため  なぜ私が生まれてきたの それはあなたに唄うため いとしいあなたに 唄うため これでいいのよかったの 力いっぱいだきしめて 心あふれる思い出を 胸にしまって 落ち葉が舞う秋 ハラハラと 泣いて涙がかれるまで めぐりあうその日まで 春を待つ強い 花になる 私が生まれてきたわけは いとしいあなたに唄うため  冷たい風でも耐えている 雪の下でも芽吹いてる キラキラと輝いて 艶(あで)やかな色に 染めていく 私が生まれてきたわけは いとしいあなたに出会うため
男に生まれたら清水節子清水節子そうまはやと合田道人周防泰臣右にならへの 世の中が いつしか肌身に 染み付いた 黒と言われりゃ 白も黒 オセロみたいに 返される  刀を捨てた サムライの 行く末がこんなんじゃ 悲しすぎる  男に生まれたら サムライになれ 夢を捨てるなら 腹を切れ 男に生まれたら サムライになれ 情けない弱音を 切り捨てて  硬い地べたに 這いながら お役所仕事の 尻拭い うわべばかりの 紙のビル それが倒れぬ 国なのさ  鍬を掲げた 民(ひと)でさえ 命かけ戦いに 挑んだのに  男に生まれたら サムライになれ 酒に溺れたら 腹を切れ 男に生まれたら サムライになれ 錆びついた刃を 研ぎ澄まし  男に生まれたら サムライになれ 夢を捨てるなら 腹を切れ 男に生まれたら サムライになれ 情けない弱音を 切り捨てて
素敵なスキャンダル清水節子清水節子かず翼樋口義高周防泰臣いつでも女の胸に 可愛い悪魔がいるの 愛しすぎて 切なすぎて あなたを 奪いたくなるの 運命だと あきらめなさい 私に愛されて 逃げられないのよ そして二人 噂されて 素敵なスキャンダル  いつでもお希み通り 可愛い悪魔になるわ 贅沢など いらないから あなたの 心が欲しいの 他の恋に 揺れていないで 私に決めなさい あなた一筋よ 後ろ指を 差されるよな 素敵なスキャンダル  運命だと 信じているの あなたに逢うために 生きて来た私 そして二人 夢のような 素敵なスキャンダル  そして二人 夢のような 素敵なスキャンダル
百花繚乱~Blossom花園直道花園直道相田毅池毅周防泰臣咲き誇れ 例え散りぬれど この世の証(あか)しに 愛は咲く  人はひとひら めぐり逢い 運命(さだめ)を紡いで生きていく 浅き夢 つづれ織る 雨に負けない 花を見て 不浄の時を 忍びゆくよ 見上げれば 天になる  二度と 忘れられない日々さえ 二度と 戻らない過去の連なり  花の咲かない 春はないから 花の咲かない 夏はないと 花の咲かない 秋はないのさ 冬は雪の下 夢見る蕾が  咲き競え 今よ古(いにしへ)よ 全ての心に 花はある  人は誰でも 明日(あす)のこと 未来と名付け 生きる花よ 哀しみも 愛しさも  どんな 言の葉より美しく どんな 後ろ姿より気高い  花の咲かない 四季はないから 花の咲かない 歴史はない 花の咲かない 国はないのさ 争う心 癒して鎮める  咲き誇れ 例え散りぬれど この世の証しに 愛は咲く  二度と 忘れられない日々さえ 二度と 戻らない過去の連なり  花の咲かない 春はないから 花の咲かない 夏はないと 花の咲かない 秋はないのさ 冬は雪の下 夢見る蕾が  咲き誇れ 例え散りぬれど この世の証しに 愛は咲く この世の証しに 愛よ咲け
DENKIをください浅田あつこ浅田あつこ駒嶺守杉尾聖二周防泰臣あればあるのが 当たり前 そんな気持ちで 暮らしていたが 目の前から 消えた時に 気がつく愚かな わたしです  DENKIをください この街に 笑顔と涙を 思い出す DENKIを DENKIを 札幌に あなたの 私の 札幌に 夜空の星が こんなにきれい 皮肉なもんだね こんな時に  灯りがあれば 救われる 売り物なんか なくてもいいさ コンビニさえ 消えた時に いよいよなんだと 思い知る DENKIをください この街に 言葉も忘れた 北の夜 DENKIを DENKIを 少しでも あなたの わたしの この街に スマホ切れても 時計はまわる 早く来てくれ 明日の朝  DENKIをください DENKIをください GENKIをください 生きてく勇気が あるうちに DENKIを DENKIを DENKIを DENKIを GENKIをください あなたの 私の この街に 心はひとつ 願いは同じ 恵みのDENKIを 北の街に
哀愁の猪苗代岩崎愛子岩崎愛子岩崎愛子周防泰臣周防泰臣あなた追いかけ 鞄も持たず 乗り継ぐ電車は 北へと急ぐ 生きて添えない 二人だけれど 思い重ねる猪苗代 せめて今だけ 許して欲しい ひと時寄り添う 儚さよ  あなた今頃 どうしてますか 優しい瞳で 見つめる視線 思いだすたび 心ときめく ひとり達沢不動滝 早くあなたに 会えますように 手のひら合わせる 切なさよ  あなた恋しい 皐月の朝は 二人で歩いた 足跡たどる 忘れられない 女の未練 愛を覚えた猪苗代 せめても一度 温もり欲しい 唇噛んでる 悲しさよ
高幡雨情岩崎愛子岩崎愛子岩崎愛子周防泰臣周防泰臣傘の花咲く 石畳 若葉きらめく 不動尊 ひとりたたづみ 黄昏る  故郷離れて しみじみ染みた 家族の優しさ 温かさ 紫陽花見つめる 瞳が潤む あぁ 情け感じる 高幡雨情  菊の香りが 立ち込めて 秋が深まる 不動尊 沈む心に 灯がともる  ひとりで暮らして しみじみ知った 世間の厳しさ 冷たさを 奥歯を噛みしめ 夜空を仰ぐ あぁ 情け恋しい 高幡雨情  人でにぎわう 仁王門 枝垂れ梅咲く 不動尊 夢の花咲く 春をよぶ  あなたと出会って しみじみ思う 愛する尊さ 素晴らしさ そよ風吹き抜け 心が晴れる あぁ 情け溢れる 高幡雨情
美しき猪苗代岩崎愛子岩崎愛子岩崎愛子周防泰臣周防泰臣磐梯山の麓 残雪のぞみ咲いた 亀ヶ城跡の桜 栄華を偲ぶ春よ 蕎麦の花咲く季節 湖面に咲いたアサザ 遊覧船でめぐる 猪苗代湖の夏よ  あなたにも見せたいな あぁ 美しい この町を あなたにも教えたい あぁ 愛おしき 猪苗代  白い鳥居をくぐる 土津(はにつ)神社の楓 中津川渓谷が 紅く色づく秋よ 天神浜の木々が しぶき氷に震え シベリアを越えて来た 白鳥群れる冬よ  あなたにも見せたいな あぁ 美しい この景色 あなたにも教えたい あぁ 愛おしき 猪苗代  あなたにも見せたいな あぁ 美しい 故郷よ あなたにも 教えたい あぁ 愛おしき 猪苗代
花も嵐も・ふたり酒水田かおり水田かおり山根伍代三原聡周防泰臣昭和平成 連れ添いました あなた本当に ありがとう 他人(ひと)もうらやむ オシドリ夫婦 味曾と女房は 古さも味と 多く語らず 阿吽(あうん)の 花も嵐も ふたり酒  数え切れない ちいさな喧嘩 夫婦漫才 舞台裏 つらい時には 肩寄せ合って 苦労かけ算 割り算荷物 泣くも笑うも 涙も一緒 花も嵐も ふたり酒  百(ひゃく)の花より ひと足先に 雪を背負って 梅は咲く 夢を見るのも 人生だけど 身丈身幅(みたけみはば)の 出世で良いの 背伸びした分 転ばぬ杖で 花も嵐も ふたり酒
あなたがすべて~Only Love~門倉有希門倉有希荒木とよひさ杉本眞人周防泰臣あなたが好きで 心が痛い 若くはないけど 綺麗でいたい 目覚めた朝に あなたがいれば わたしの人生 それだけでいい Only love あなたが あなたがすべて Only love 生きてた中で あなたがすべて こんなに こんなに 愛していても 悲しくなるのは何故…何故…  抱かれていても 心が寒い 泣きたくなるほど 身体は熱い いつか別れが 待ち伏せしても わたしの人生 輝けばいい Only love あなたは あなたはわたし Only love 生きてた中で あなたはわたし こんなに こんなに 近くにいても 淋しくなるのは何故…何故…  Only love あなたが あなたがすべて Only love 生きてた中で あなたがすべて こんなに こんなに 愛していても 悲しくなるのは何故…何故…
雪に咲くみずき舞みずき舞朝比奈京仔弦哲也周防泰臣冬の朝 庭先に 白い水仙の花 花びらにとまって キラリきえた名残り雪 母が逝(ゆ)き一年 看取(みと)ることもできず 悔やんでも 悔やんでも 涙あふれるだけ  北国の春は遠く 木枯らし吹く日々も たずさえた手と手が かけがえのない絆 やさしさを ぬくもりを あなたを 忘れはしません わたしも 冬の花 明日(あした)こそ 雪に咲く  幼い日 二人して 植えた水仙の花 はしゃいでたわたしを ふいにぎゅっと抱きしめた あきらめた倖せ きっとあると思う 働いて 働いて みんなわたしのため  北国の女だから 木枯らし吹く日々も ささえあい灯した かけがえのないあかり 強いから いとしいと あなたが 愛した水仙 一輪 冬の花 真っ白な 雪に咲く  北国の春は遠く 木枯らし吹く日々も たずさえた手と手が かけがえのない絆 やさしさを ぬくもりを あなたを 忘れはしません わたしも 冬の花 明日(あした)こそ 雪に咲く
明日も愛して朝倉由美子朝倉由美子原田金五郎周防泰臣周防泰臣あなたと出会ったあの日から二人の愛が始まった いつもあなたは やさしくしてくれた そう、あなたは私だけのもの あなたの瞳はキラキラと私の心を虜にする  これが、私とあなたの永遠のちかい それとも、ただの気休め あなたを信じて歩いていける強い女になりたいと誓った日から 明日も私を信じてくれますか ねえ、あなた、ずっと私を愛してくれますか  あなたと暮らしたあの日から二人の愛が始まった あなたは「お前だけ」と言ってくれた それでも、朝が来るのが怖いの こんな幸せ夢ではないか?私の心を虜にする  これが、私とあなたの永遠のちかい それとも、ただの気休め あなたを信じて歩いていける強い女になりたいと誓った日から 明日も私を信じてくれますか ねえ、あなた、ずっと私を愛してくれますか  確かめたいの二度と聞かないから、明日も愛してくれますか 確かめたいの二度と聞かないから、明日も私を愛してくれますか 明日も私を信じてくれますか ねえ、あなた、ずっと私を愛してくれますか ねえ、あなた、ずっと私を信じてくれますか
自分をホメてやれ川倉浩輔川倉浩輔大野佑起杉尾聖二周防泰臣男の値打ちは 数字じゃないぜ 窮屈すぎるよ 世の中は アナログ時代が よかったと 叫んでナニが 悪いのか 月のロケット 見送りながら 笑ってこの道 歩いてやるさ 朝から晩まで アバウトだけど 生き方だけは 変わらない ホメてやれ ホメてやれ ブキヨナ男を ホメてやれ ホメてやれ ホメてやれ オマエを自分を ホメてやれ  むかしの女が 忘れられない ハートにぽっかり 穴がある 便利な時代に なったけど 空行く雲は 量れない 時代おくれと 勝手に云いな お先にこの世で 暴れるだけさ 大酒喰らって タップしたって 靴音ひとつ 外さない ホメてやれ ホメてやれ ユガンダ心を ホメてやれ ホメてやれ ホメてやれ オマエを自分を ホメてやれ  ホメてやれ ホメてやれ ブキヨナ男を ホメてやれ ホメてやれ ホメてやれ オマエを自分を ホメてやれ
たそがれ片道切符川倉浩輔川倉浩輔宮下志郎南乃星太周防泰臣忘れられない 遠い青春の あの日に帰る 一枚の切符 はじめて歌った 初恋の歌 ずっと心に 隠したままで こんな歌しか歌えない あの頃 こんな歌こそ歌いたい 今では ふりむけば人生 半分過ぎて 今日から本当の 自分でいたい 各駅停車で 終着駅へ たそがれ青春 片道切符  時の流れに 街は色褪せて 変わらぬものは あの夏の想い 日陰に座って ギターかかえて 歌うすべさえ 知らないままに もっと勇気があったなら あの頃 もっと勇気をぶつけたい 今では 偽りを重ねて 生きて来たけど 疲れた心は 隠せやしない 都会の街角 人波の中 たそがれ青春 片道切符  こんな歌しか歌えない あの頃 こんな歌こそ歌いたい 今では 後悔があるなら 逃げたりせずに 心を満たせる 何かを掴め ひとすじ流れる 夜空の星は たそがれ青春 片道切符
あずさ2号はやぶさはやぶさ竜真知子都倉俊一周防泰臣明日私は旅に出ます あなたの知らないひとと二人で いつかあなたと行くはずだった 春まだ浅い信濃路へ  行く先々で想い出すのは あなたのことだとわかっています そのさびしさがきっと私を 変えてくれると思いたいのです  さよならはいつまでたっても とても言えそうにありません 私にとってあなたは今も まぶしいひとつの青春なんです 8時ちょうどのあずさ2号で 私は 私は あなたから旅立ちます  都会のすみであなたを待って 私は季節にとり残された そんな気持ちの中のあせりが 私を旅に誘うのでしょうか  さよならはいつまでたっても とても言えそうにありません こんなかたちで終わることしか できない私を許してください 8時ちょうどのあずさ2号で 私は 私は あなたから旅立ちます  さよならはいつまでたっても とても言えそうにありません こんなかたちで終わることしか できない私を許してください 8時ちょうどのあずさ2号で 私は 私は あなたから旅立ちます
チャンピオンはやぶさはやぶさ谷村新司谷村新司周防泰臣つかみかけた 熱い腕を ふりほどいて 君は出てゆく わずかに震える 白いガウンに君の 年老いた悲しみを見た リングに向かう 長い廊下で 何故だか急に 君は立止まり ふりむきざまに 俺にこぶしを見せて 寂しそうに笑った やがてリングと 拍手の渦が ひとりの男を のみこんで行った (You're king of kings) 立ち上がれ もう一度その足で 立ち上がれ 命の炎燃やせ  君はついに 立ち上がった 血に染まった 赤いマットに わずかに開いた 君の両目に光る 涙が何かを語った 獣のように 挑戦者は おそいかかる 若い力で やがて君は 静かに倒れて落ちた 疲れて眠るように わずかばかりの 意識の中で 君は何を 考えたのか (You're king of kings) 立たないで もうそれで充分だ おお神よ 彼を救いたまえ  ロッカールームの ベンチで君は 切れたくちびるで そっとつぶやいた (You're king of kings) 帰れるんだ これでただの男に 帰れるんだ これで帰れるんだ Oh ライラライ ラライ…‥
祝い船はやぶさはやぶさ千葉幸雄中村典正周防泰臣晴れの門出の はなむけに 唄に踊りに 手拍子を 今日はめでたい 心の船出 辛いこの世の 荒波越えて ドンと漕ぎ出す 祝い船  今度港に 着くときは 子舟 孫舟 連れて来い 今日はめでたい 二人の船出 愛の積荷と しあわせ乗せて 鶴と亀との 祝い船  いまは名もない 舟だけど いつかなります 宝船 今日はめでたい 希望の船出 夢の帆柱 天までとどけ 舵を明日へ 祝い船
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
岸壁の母はやぶさはやぶさ藤田まさと・セリフ構成:室町京之介平川浪竜周防泰臣母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た とどかぬ願いと 知りながら もしやもしやに もしやもしやに ひかされて  「又引き揚げ船が帰って来たのに、今度もあの子は帰らない。 この岸壁で待っているわしの姿が見えんのか…。 港の名前は舞鶴なのに何故飛んで来てはくれぬのじゃ…。 帰れないなら大きな声で…」  呼んで下さい おがみます ああ おっ母さん よく来たと 海山千里と 言うけれど なんで遠かろ なんで遠かろ 母と子に  「あの子は今ごろどうしているでしょう。 雪と風のシベリアは寒かろう…。 つらかっただろうと命の限り抱きしめて… 温めてやりたい…」  悲願十年 この祈り 神様だけが 知っている 流れる雲より 風よりも つらいさだめの つらいさだめの 杖ひとつ  「ああ風よ、心あらば伝えてよ。 愛し子待ちて今日も又、怒濤砕くる岸壁に立つ母の姿を…」
雨、あがる城山みつき城山みつき坂口照幸徳久広司周防泰臣合縁奇縁の 人の世に ときには無情の 通り雨 いいのよひととき 身の上に どしゃぶり雨ほど 虹も出る 情けにふれたら 情けで返す 一生一路 雨、あがる  他人のしあわせ 不しあわせ 止(よ)しましょ自分と 計りっこ 花あるくらしの 憧れは 誰にもあります 女なら 情けにふれたら 情けで返す 一生一路 雨、あがる  「これだ」と思えば やりなさい 「違う」と思えば 変えなさい 母親ゆずりの 負けん気で 苦労を工夫の 試練坂 情けにふれたら 情けで返す 一生一路 雨、あがる
泉鏡花原作「天守物語」より 富姫城山みつき城山みつき北爪葵中西雄一周防泰臣その昔、姫路城の天守、最上階に富姫という美しい魔ものが棲み、 恐れられていました。 そこへやってくる若き鷹匠、図書之助(ずしょのすけ)との物語  姫路天守の 五重には 下界の人の 穢(けが)れは要らぬ 私の可愛い 亀姫へ 殿の白鷹(しらたか) あげましょう 真白き 真白き 真白き羽に 導かれるは 図書之助(ずしょのすけ)  片割月も見えぬ夜に 浮かぶはひとり、人の影 「誰(たれ)…」「殿の仰せで、戻らぬ鷹を探しに参りました」 「ここは人間の来る処ではない。命が惜しゅうないのか」 「既に鷹を逃した罪で切腹を仰せつかった身。 仰せのまま、命をもさし出します」 清き心で話し、惹かれ合う二人 「お勇ましい、凛々しいお方。お名が聞きたい」 「姫川図書之助(ひめかわずしょのすけ)と申します」 「私を見たとなれば救われるのか? 記念(しるし)にこの武田家代々秘蔵する兜(かぶと)を持ち帰りなさい」  兜(かぶと)盗んだ 罪人(ざいにん)と 図書(ずしょ)様追われ かくまう天守 霊力みなぎる 獅子の目を 追手刀(かたな)で 傷つける 見えない 見えない 見えない貴方(あなた) 闇にさまよう 天守閣  獅子頭(がしら)の霊力で守られていたものたちは、 目が見えなくなりました。 「姫君、どこにおいでなさいます。私は目が見えません」 「図書(ずしょ)様、私も目が…見えなくなっては、 また追手が来ると助けられない。堪忍して下さいまし」 「くやみません!姫君、あなたのお手に掛けて下さい」 「ええ、そのかわり私も生きてはおりません。 ただ貴方(あなた)のお顔が見たい、ただ一目(ひとめ)。 千歳(ちとせ)百歳(ももとせ)にただ一度、たった一度の恋だのに」  名工桃六(めいこうとうろく) 現れて 獅子の目直し 二人を救う 貴方(あなた)の眼差(まなざ)し その奥に 月の光が 見えました 愛(いと)しい 愛(いと)しい 愛(いと)しい人よ 心寄せ合う 白鷺城(はくろじょう)
宝塚のおんな神川しほ神川しほ田久保真見杉本眞人周防泰臣夢しかなくて むこうみず そんなあんたが 今でも好きや 別ればなしを 笑って聞いて 泣いたらあかん 泣くのはいやや 遠く武庫川(むこがわ)一文(いちもん)字(じ) 月に照らされて 恋を見送る 宝塚のおんな  七色ネオン 着飾って まるでおんなの 化粧のように 街は今夜も 淋しさ隠す 泣いたらあかん 泣くのはいやや 苦(にが)いお酒を飲み干して 胸の哀しみを そっと酔わせる 宝塚のおんな  鳥には空が 似合うもの かごに入れたり するのは無駄や あんたらしさを 忘れんといて 泣いたらあかん 泣くのはいやや 強い六甲おろしにも 心乱されず 凛とたたずむ 宝塚のおんな
木津川しぐれ神川しほ神川しほ田久保真見杉本眞人周防泰臣そっとあわせた 口唇で 心変わりを 知りました 追いかけるほど 逃げてゆく それが恋だと 知ってます… こんなにこんなに 好きだから 足手まといに なれません 泣いて泣いて 泣いて泣いて 上津屋橋(こうづやばし)を一人で渡る なみだ雨です 木津川しぐれ  好きな男が 出来たのと 嘘をついても いいですか きっとふたりは 潮時と 嫌な女を 演じます… あなたはあなたは ふり向かず 私を捨てて 行くでしょう 泣いて泣いて 泣いて泣いて 上津屋橋(こうづやばし)を一人で渡る 夢も泣きます 木津川しぐれ  こんなにこんなに 好きだから せめて別れて あげたいの 泣いて泣いて 泣いて泣いて 上津屋橋(こうづやばし)を一人で渡る なみだ雨です 木津川しぐれ
おーい中村君水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-矢野亮中野忠晴周防泰臣おーい 中村君 ちょいとまちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて 伝書鳩でも あるまいものを 昔なじみの 二人じゃないか たまにゃつきあえ いゝじゃないか 中村君  おーい 中村君 そりゃつれなかろう 入社当時は いつでも一緒 くぐりなれてた 横丁ののれん 可愛いえくぼの 看板娘 噂してるぜ いいじゃないか 中村君  おーい 中村君 心配するな どうせなれてる 貧乏くじにゃ みんなこっちが 悪者ですと 詫びの言葉は まかせておきな おくってゆくから いいじゃないか 中村君
潮来花嫁さん水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-柴田よしかず水時富士夫周防泰臣潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく 月の出潮を ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 人の噂に かくれて咲いた 花も十八 嫁御寮  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく 夢をいだいて ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 好きなあの人 東京育ち わたしゃ潮来の 水そだち  潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは 舟でゆく 花の都へ ギッチラ ギッチラ ギッチラコ 別れ惜しむか よしきりさえも 泣いて見送る 葦のかげ
関東春雨傘水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-米山正夫米山正夫周防泰臣関東一円 雨降るときは さして行こうよ 蛇の目傘 どうせこっちは ぶん流し エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ あとにゃ引かない 女伊達(だて)  花が散ります 桜の花が 太く短い 命なら 派手に行こうよ この啖呵(たんか) エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ こわいものなし 女伊達  女だてらに 朱鞘(しゅざや)を差して 罪でござんす ご時世が やくざ渡世(とせい)の 身の辛さ エー エー… エー抜けるもんなら 抜いてみな 斬れるもんなら 斬ってみな さあ さあ さあさあさあさあ 恋も知らない 女伊達
東京ブルース水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-水木かおる藤原秀行周防泰臣泣いた女が バカなのか だました男が 悪いのか 褪(あ)せたルージュの くちびる噛んで 夜霧の街で むせび哭(な)く 恋のみれんの 東京ブルース  どうせ私を だますなら 死ぬまでだまして 欲しかった 赤いルビーの 指輪に秘めた あの日の夢も ガラス玉 割れて砕けた 東京ブルース  月に吠えよか 淋しさを どこへも捨て場の ない身には 暗い灯(ほ)かげを さまよいながら 女が鳴らす 口笛は 恋の終わりの 東京ブルース
好きになった人水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-白鳥朝詠市川昭介周防泰臣さよなら さよなら 元気でいてね 好きな二人は いつでも逢える たとえ別れて 暮らしても お嫁なんかにゃ 行かないわ 待って 待って 待っているのよ 独りでいるわ さよなら さよなら 好きになった人  さよなら さよなら 指切りしてね 固い約束 忘れはしない 恋をしたのも 泣いたのも そうねあなたと このわたし 好きで 好きで 好きでいるのよ 愛しているわ さよなら さよなら 好きになった人  さよなら さよなら 泣いたらだめね つらい気持ちは あなたも同じ ひとり待ってる わたしには 倖せもって 帰ってね 早く 早く 早く帰って 笑ってみせて さよなら さよなら 好きになった人
兄弟船水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-星野哲郎船村徹周防泰臣波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は 親父のかたみ 型は古いが しけにはつよい おれと兄貴のヨ 夢の揺り籠さ  陸に上って 酒のむときは いつもはりあう 恋仇 けれども沖の 漁場に着けば やけに気の合う 兄弟鴎 力合わせてヨ 網を巻きあげる  たったひとりの おふくろさんに 楽な暮らしを させたくて 兄弟船は 真冬の海へ 雪の簾を くぐって進む 熱いこの血はヨ おやじゆずりだぜ
弥三郎節山本謙司山本謙司津軽民謡津軽民謡周防泰臣一(ひと)つぁえー 木造神田(きづくりしんでん)の下相野(しもあいの) 村(むら)の外(はんずれ)コの 弥三郎(やさぶろう)え (ヤリャ 弥三郎エー)  二(ふた)つぁえー 二人(ふたり)と三人(さんにん)と人頼(ひとたの)んで 大開(おびらき)の万九郎(まんくろう)から嫁(よめ)もらった (ヤリャ 弥三郎エー)  三(みっ)つぁえー 三(み)つもの揃(そろ)えて貰(もら)った嫁 貰ってみたどこぁ 気(き)に合(あ)わね (ヤリャ 弥三郎エー)  四(よっ)つぁえー 夜草(よくさ)朝草(あさくさ)欠(か)かさねども 遅(おそ)く戻(もど)ればいびられる (ヤリャ 弥三郎エー)  五(いつ)つぁえー いびられはじかれ睨(にら)められ 日(ひ)に三度(さんど)の口(くち)つもる (ヤリャ 弥三郎エー)
DESIRE-情熱-島津亜矢島津亜矢阿木燿子鈴木キサブロー周防泰臣Get up,Get up,Get up,Get up, Burning love  やり切れない程 退屈な時があるわ あなたと居ても 喋るぐらいなら 踊っていたいの今は 硝子のディスコティック  そう みんな堕天使ね 汗が羽のかわりに飛んでる 何にこだわればいいの 愛の見えない時代の 恋人達ね  まっさかさまに堕ちて desire 炎のように燃えて desire 恋も dance,dance,dance,danceほど 夢中になれないなんてね 淋しい Get up,Get up,Get up,Get up, Burning heart  腕を離してよ キスをされるのもごめん 気分じゃないの ヒールを脱ぎ捨て 感じているのよ 夜の孤独な長さ  そう 多分贅沢な悩み 分かっているわ これでも 何を信じればいいの スキャンダルさえ 時代のエクスタシィよ  ぶつかり合って廻れ desire 星のかけらを掴め desire 夢はそうよ 見る前に 醒めてしまったら 何にもならない Get up,Get up,Get up,Get up, Burning love  まっさかさまに堕ちて desire 炎のように燃えて desire 恋も dance,dance,dance,danceほど 夢中になれないなんてね 淋しい Get up,Get up,Get up,Get up, Burning heart  Get up,Get up,Get up,Get up, Get up,Get up,Get up,Get up, Burning love
Forever Love島津亜矢島津亜矢YOSHIKIYOSHIKI周防泰臣もう独りで歩けない 時代の風が強すぎて Ah 傷つくことなんて 慣れたはず だけど今は…  Ah このまま抱きしめて 濡れたままの心を 変わり続けるこの時代に 変わらない愛があるなら  Will you hold my heart 涙 受け止めて もう壊れそうな All my heart  Forever Love Forever Dream 溢れる想いだけが 激しく せつなく 時間を埋め尽くす Oh Tell me why  All I see is blue in my heart  Will you stay with me 風が過ぎ去るまで また 溢れ出す All my tears  Forever Love Forever Dream このままそばにいて 夜明けに震える心を抱きしめて Oh Stay with me  Ah 全てが終わればいい 終わりのないこの夜に Ah 失うものなんて 何もない 貴方だけ  Forever Love Forever Dream このままそばにいて 夜明けに震える心を抱きしめて  Ah Will you stay with me 嵐(かぜ)が過ぎ去るまで もう誰よりもそばに  Forever Love Forever Dream これ以上 歩けない Oh Tell me why Oh Tell me true 教えて 生きる意味を  Forever Love Forever Dream 溢れる涙の中 輝く季節が 永遠に変わるまで Forever Love
やさしいキスをして島津亜矢島津亜矢吉田美和中村正人周防泰臣あなたの一日が終わる時に そばにいるね 何も言わないで やさしいキスをして  そっと髪を撫でて 肩を抱いて そばにいるね あなたが眠るまで やさしいキスをして  電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから なにもかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから  報われなくても 結ばれなくても あなたは ただ一人の 運命の人  今日という一日が終わる時に そばにいられたら 明日なんていらない 髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで  この出会いに やさしいキスを これが運命なら
島津亜矢島津亜矢大橋卓弥・常田真太郎大橋卓弥・常田真太郎周防泰臣改札の前つなぐ手と手 いつものざわめき 新しい風 明るく見送るはずだったのに うまく笑えずに君を見ていた  君が大人になってくその季節が 悲しい歌で溢れないように 最後に何か君に伝えたくて 「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた  君の手を引くその役目が 僕の使命だなんてそう思ってた だけど今わかったんだ僕らならもう 重ねた日々がほら 導いてくれる  君が大人になってくその時間が 降り積もる間に僕も変わってく たとえばそこにこんな歌があれば ふたりはいつもどんな時も つながっていける  突然ふいに鳴り響くベルの音 焦る僕 解ける手 離れてく君 夢中で呼び止めて抱きしめたんだ 君がどこに行ったって僕の声で守るよ  君が僕の前に現れた日から 何もかもが違くみえたんだ 朝も光も涙も、歌う声も 君が輝きをくれたんだ  抑えきれない思いをこの声に乗せて 遠く君の街へ届けよう たとえばそれがこんな歌だったら ぼくらは何処にいたとしても つながっていける
First Love島津亜矢島津亜矢宇多田ヒカル宇多田ヒカル周防泰臣最後のキスは タバコの flavor がした ニガくてせつない香り 明日の今頃には あなたはどこにいるんだろう 誰を想ってるんだろう  You are always gonna be my love いつか誰かとまた恋に落ちても I'll remember to love You taught me how You are always gonna be the one 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで  立ち止まる時間が 動き出そうとしてる 忘れたくないことばかり 明日の今頃には わたしはきっと泣いてる あなたを想ってるんだろう  You will always be inside my heart いつもあなただけの場所があるから I hope that I have a place in your heart too Now and forever you are still the one 今はまだ悲しい love song 新しい歌 うたえるまで  You are always gonna be my love いつか誰かとまた恋に落ちても I'll remember to love You taught me how You are always gonna be the one まだ悲しい love song Now and forever
おんなの夜曲紅晴美紅晴美朝倉翔紅晴美周防泰臣あんな男と 背を向けた あんな男と あきらめた あんな男と 恨んでも あんな男と 泣く女  あなただけはと 信じたの あなただけはと 尽くしたの あなただけはと 今もなお あなただけはと 待つ女  恋に焦がれて 騙された 恋に焦がれて 捨てられた 恋に焦がれて 死ぬほどに 恋に焦がれて 散る女  愛をさがして 夢を見る 愛をさがして 泣きを見る 愛をさがして 身も心 愛をさがして 生きてゆく  ひとりせつなく 雨の夜 ひとりせつなく 誰を呼ぶ ひとりせつなく 唇で ひとりせつなく ブルースを
生きて候紅晴美紅晴美幸田りえ紅晴美周防泰臣泣くも笑うも 人の世は 泣くも笑うも 一度きり 吹けば飛ぶよな 命でも 吹けば飛ぶよな 夢がある 生きて候 生きて候 花も咲く  誰が唄うか ふるさとの 誰が唄うか 子守唄 二度と帰らぬ 流れ雲 二度と帰らぬ ちぎれ雲 生きて候 生きて候 泣きもする  咲いて散るのは 恋の花 咲いて散るのは 情け花 ままにならない 運命でも ままにならない 浮世でも 生きて候 生きて候 明日がくる
ひとりだけのカウントダウン清水節子清水節子あやこ松井タツオ周防泰臣あなたの笑顔 涙でたどり 横濱(ハマ)のホテルの 思い出ルーム カウントダウンの ドラが響く ふたりで 聞いた 去年を想う  赤いバラの花束 だまって渡し 雨の日曜日 あなたはそっと 出て行った  そう… 信じてたの 今も信じたい ふたりの愛は セピア色に なったのでしょうか 愛は… なぜ終わるの 終わるのでしょうか  愛してるよと それだけ 書いた 右肩上がりの あなたの 手紙 大桟橋の 客船(ふね)をながめ いつかは のろうと 話したことも  白いコーヒーカップ ふたりで選び 君が好きだよと だきよせられた 厚いむね  そう… 愛してたの 今も変わらない あなたはだれと 光る星を 見ているでしょうか 愛は… もどらないの 戻らないのですか  そう… 信じてたの 今も信じたい ふたりの愛は セピア色に なったのでしょうか 愛は… なぜ終わるの 終わるのでしょうか
願いの糸飛鳥とも美飛鳥とも美北爪葵桧原さとし周防泰臣数え切れない ひとがいて 出逢えた奇跡 信じます 願いの糸は 赤い糸 ずっと誰かを 探してた そっとぬくもり 手繰り寄せ あなたの指に 触れました  回り道した 人生も すべてがあって 今がある 願いの糸は 繋ぐ糸 きっと明日は 強くなる ほんの小さな 綻びを 優しく縫って くれました  ひとのご縁は 見えずとも 困った時は 助け合い 願いの糸は きずな糸 たとえ切れても 大丈夫 重ね合わせて 何度でも この手できつく 結びます
まごころ街道水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-関口義明水森英夫周防泰臣わたしの写真を 一枚入れた 交通安全 御守り袋 積荷は大事な 宝もの あの町で この町で 待つ人に 優しさと元気を 届けてね まごころ街道 あなたはどの辺り  あの頃父さん 走った道を あなたが今度は ハンドル握る 嬉しいえにしの 仕事なら あの町を この町を ひと巡り 疲れたら無理せず 休んでね まごころ街道 思いが追いかける  これから家路に つくところだと あなたの写メール 見てます母と 遠くに近くに 灯がともり あの町も この町も 夜になる おみやげは笑顔で 帰ってね まごころ街道 あなたにありがとう
ヨコハマ・サンライズ柾木祐二柾木祐二沖えいじ南乃星太周防泰臣浜風が 浜風が 時の流れのように 容赦なく 容赦なく 吹き抜けてゆく この店に 背を向けて あなた出て行くときが ふたりの ドラマの クライマックスね だから5分 せめて5分 このカクテルに 夢をみさせて 笑顔で別れる 勇気がほしい もうひとつ ヨコハマ・サンライズ 港町 涙町 そして別れ町 あとひとつ ヨコハマ・サンライズ  明日には 明日には 街を出て行くのなら 思い切り 思い切り 嫌いにさせて 困ってる 誰かには いつも優しいくせに オンナの ワガママ 聞き流さないで だから5分 せめて5分 イカしたセリフ 言わせてほしい もうすぐ夜明けね 最後の曲に 濡れている ヨコハマ・サンライズ 港町 涙町 そして別れ町 飲み干して ヨコハマ・サンライズ  だから5分 せめて5分 お酒に込めた 密かな想い 笑顔はむりやり つくれるけれど 伝えてよ ヨコハマ・サンライズ 港町 涙町 そして別れ町 これきりね ヨコハマ・サンライズ
ありがとう、お袋柾木祐二柾木祐二柾木祐二・沖えいじ柾木祐二周防泰臣お袋今ごろ どうしてる 天草(いなか)の潮風 寒かろな 遠く離れた 子供らに 今も希望を くれるひと そんな優しい 笑顔がうかぶ ありがとう お袋 ありがと お袋 長生きしろよ  幾つになっても 親だから 心配するのは わかるけど 歳を重ねて 気づくのは 深く尊い 母心 不肖息子の まぶたが濡れる すまないね お袋 すまない お袋 許してくれよ  まだまだひとりで 平気だと 電話の向こうで 笑う声 いつか必ず この俺が 春を届けに 帰るまで 無理をしないで 待ってておくれ 元気でな お袋 元気で お袋 大事にしろよ
帯屋町ブルース水雲-MIZMO-水雲-MIZMO-麻こよみ水森英夫周防泰臣一ヶ月(ひとつき)前には おまえを見たと 土佐の夜風が また笑う ひとりたたずむ 追手筋(おうてすじ) いつか噂も 行き止まり ばかだよ ばかだよ ばかだよ俺は おまえに会いたい…帯屋町ブルース  別れて一年 今さら知った 尽くすおまえの 真心を グリーンロードの 灯(ひ)も揺れて 追えば空似の うしろ影 ばかだよ ばかだよ ばかだよ俺は ひと言詫びたい…帯屋町ブルース  未練の灯(あか)りが 心に染みる きっとおまえを 探し出す 泣いちゃいないか 桂浜 抱いてやりたい 涙ごと ばかだよ ばかだよ ばかだよ俺は も一度会いたい…帯屋町ブルース
ありがとうの歌-2017-タケ・ウケタタケ・ウケタ宗形栄作田中博信周防泰臣ありがとう ありがとう たった五文字の この思い 感謝の気持ち いっぱいあるのに 言葉にならない ときがある ありがとう ありがとう 幸せになるために 生まれてきた あなたがくれた 励ましにありがとう  ありがとう ありがとう たった五文字の この思い 声に出したら 消えてしまうけど あなたに届くと 信じてる ありがとう ありがとう 幸せになるために 勇気をもてと あなたの言葉に ありがとうの花贈る  ありがとう ありがとう たった五文字の この思い うれしすぎて せつなくなって 思わず涙の ときがある ありがとう ありがとう 幸せになるために 元気になれと あなたの言葉に ありがとうの花贈る  ありがとう ありがとう 幸せになるために 生まれてきた あなたがくれた やさしさにありがとう  ありがとう ありがとう 幸せになるために 生まれてきた あなたの言葉に ありがとうの花贈る ありがとうの花贈る
がんばれ!赤胴鈴之助三山ひろし三山ひろし藤島信人金子三雄周防泰臣剣をとっては 日本一に 夢は大きな 少年剣士 元気いっぱい 一度や二度の 失敗なんかにゃ くじけない オー がんばれ 強いぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助  父のかたみの 赤胴つけて かける気合も 真空切りよ なんの負けるな 稲妻切りに 散らす火花の 一騎討ち オー がんばれ すごいぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助  山は夕やけ いちばん星は 母によく似た きれいな瞳 つらい時にも 勇気を出して 正しいことをやりとおす オー がんばれ たのむぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助 ヤー!!
残酷な天使のテーゼ三山ひろし三山ひろし及川眠子佐藤英敏周防泰臣残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来 めざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ 神話になれ
アンパンマンのマーチGOLD LYLIC三山ひろしGOLD LYLIC三山ひろしやなせたかし三木たかし周防泰臣そうだ うれしいんだ 生きる よろこび たとえ 胸の傷がいたんでも  なんのために 生まれて なにをして 生きるのか こたえられないなんて そんなのは いやだ! 今を生きる ことで 熱い こころ 燃える だから 君は いくんだ ほほえんで そうだ うれしいんだ 生きる よろこび たとえ 胸の傷がいたんでも ああ アンパンマン やさしい 君は いけ! みんなの夢 まもるため  なにが君の しあわせ なにをして よろこぶ わからないまま おわる そんなのは いやだ! 忘れないで 夢を こぼさないで 涙 だから 君は とぶんだ どこまでも そうだ おそれないで みんなのために 愛と 勇気だけが ともだちさ ああ アンパンマン やさしい 君は いけ! みんなの夢 まもるため  時は はやく すぎる 光る 星は 消える だから 君は いくんだ ほほえんで そうだ うれしいんだ 生きる よろこび たとえ どんな敵が あいてでも ああ アンパンマン やさしい 君は いけ! みんなの夢 まもるため
大ちゃん数え唄三山ひろし三山ひろし石本美由起市川昭介周防泰臣一ツ他人より 力もち 二ツふるさと 後にして 花の東京で 腕だめし 三ツ未来の大物だ 大ちゃん アッチョレ 人気者 てんてん てんかの いなかっぺ  四ツ弱気は 見せないで 五ツいつでも 猛稽古 きたえぬけぬけ 得意わざ 六ツむしゃくしゃするときは 大ちゃん ドバット 丸はだか てんてん てんかの いなかっぺ  七ツ七くせ 悪いくせ 八ツやっぱり なおらない 九ツ困った すびばせん 十でとうとうずっこけた 大ちゃん ポッチョレ いい男 てんてん てんかの いなかっぺ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
宇宙戦艦ヤマト三山ひろし三山ひろし阿久悠宮川泰周防泰臣さらば地球よ 旅立つ船は 宇宙戦艦ヤマト 宇宙の彼方 イスカンダルへ 運命背負い 今とび立つ 必ずここへ帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト  さらば地球よ 愛する人よ 宇宙戦艦ヤマト 地球を救う 使命を帯びて 戦う男 燃えるロマン 誰かがこれをやらねばならぬ 期待の人が俺たちならば 銀河をはなれ イスカンダルへ はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト
あしたのジョー三山ひろし三山ひろし寺山修司八木正生周防泰臣サンドバックに 浮かんで消える 憎いあんちくしょうの 顔めがけ たたけ! たたけ! たたけ! 俺らにゃ けものの血がさわぐ だけど ルルル…… あしたはきっとなにかある あしたはどっちだ  親のある奴は くにへ帰れ 俺とくる奴は 狼だ 吠えろ! 吠えろ! 吠えろ! 俺らにゃ 荒野がほしいんだ だけど ルルル…… あしたはきっとなにかある あしたはどっちだ  少年院の夕焼空が 燃えているんだ ぎらぎらと やるぞ! やるぞ! やるぞ! 俺らにゃ 闘う意地がある だけど ルルル…… あしたはきっとなにかある あしたはどっちだ
にっぽん昔ばなし三山ひろし三山ひろし川内康範北原じゅん周防泰臣坊やよい子だねんねしな いまも昔もかわりなく 母のめぐみの子守唄 遠いむかしの物語り  夢をたぐればほろほろと 花もほころぶかぐや姫 人のなさけがしあわせを そっと運んだ笠地蔵  一寸法師はどこにいる ぼくもわたしも鬼退治 勇気りんりん手をつなぎ 正義のための桃太郎  鶴のまことの恩返し たぬき分福茶をわかし うさぎ小亀とかけっくら 空じゃ天女が舞を舞う  坊やよい子だおっきしな 舌切り雀が飛んできた あれは花咲かお爺さん あれは浦島玉手箱 遠いむかしの物語り
鉄腕アトム三山ひろし三山ひろし谷川俊太郎高井達雄周防泰臣空をこえて ラララ 星のかなた ゆくぞ アトム ジェットのかぎり 心やさしい ラララ 科学の子 十万馬力だ 鉄腕アトム  耳をすませ ラララ 目をみはれ そうだ アトム 油断をするな 心ただしい ラララ 科学の子 七つの威力さ 鉄腕アトム  町かどに ラララ 海のそこに 今日も アトム 人間まもって 心はずむ ラララ 科学の子 みんなの友だち 鉄腕アトム
CHA-LA HEAD-CHA-LA三山ひろし三山ひろし森雪之丞清岡千穂周防泰臣光る 雲を突き抜け Fly Away(Fly Away) からだじゅうに 広がるパノラマ 顔を 蹴られた地球が怒って(怒って) 火山を爆発させる  溶けた北極(こおり)の中に 恐竜がいたら 玉乗り仕込みたいね  CHA-LA HEAD-CHA-LA 何が起きても気分は へのへのカッパ CHA-LA HEAD-CHA-LA 胸がパチパチするほど 騒ぐ元気玉…Sparking!  空を 急降下 Jet Coaster(Coaster) 落ちてゆくよ パニックの楽園(その)へ 景色 逆さになると愉快さ(愉快さ) 山さえ お尻に見える  悩む時間はないよ 何処かに潜む「ビックリ!」に逢いたいから  CHA-LA HEAD-CHA-LA 頭カラッポの方が 夢詰め込める CHA-LA HEAD-CHA-LA 笑顔ウルトラZで 今日もアイヤイヤイヤイヤイ  CHA-LA HEAD-CHA-LA 何が起きても気分は へのへのカッパ CHA-LA HEAD-CHA-LA 胸がパチパチするほど 騒ぐ元気玉…Sparking!
元祖天才バカボンの春三山ひろし三山ひろし赤塚不二夫渡辺岳夫周防泰臣枯葉散る 白いテラスの 午後三時 じっとみつめて ほしいのよ 特別の愛で ふるえてほしい 四十一才の春だから 元祖天才バカボンの パパだから 冷たい眼でみないで  粉雪舞う 青い窓辺の 午後三時 じっと耐えて ほしいのよ 特別の愛で 燃えてほしいの 四十一才の春だから 元祖天才バカボンの パパだから 冷たい涙流さないで
さんぽ三山ひろし三山ひろし中川李枝子久石譲周防泰臣あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  さかみち トンネル くさっぱら いっぽんばしに でこぼこじゃりみち くものすくぐって くだりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  みつばち ぶんぶん はなばたけ ひなたにとかげ へびはひるね ばったがとんで まがりみち  あるこう あるこう わたしはげんき あるくの だいすき どんどんいこう  きつねも たぬきも でておいで たんけんしよう はやしのおくまで ともだちたくさん うれしいな ともだちたくさん うれしいな
感じるままに私を抱いて安倍里葎子安倍里葎子北里浩・我入道隆北里浩周防泰臣夜の帳(とばり)が降りる 街の灯りがきらめいて 気取る止まり木の店 グラス傾ける べつに会話が欲しいと 言ってるわけじゃないけれど 流れるジャズが心 隙間に染みるの 絶え間なく無情の雨が 晴れ間だろうと 容赦なく降るの だからこそあなたが必要 たとえ束の間の 幻想(ゆめ)と消えても 愛しているって囁いて 嘘でも責めたりしないわ あなたの耳元 指先で ホントの愛などなくても 私に明日はくるのよ 一夜(ひとよ)のうたかた 感じるまま  追いかけたりはしない だからあなたも今夜だけ 悪い女と男 ふたり演じましょう 絶え間なく無情の雨が 晴れ間だろうと 容赦なく降るの だからこそ私を抱いて たとえ束の間の 幻想(ゆめ)と消えても 素敵な夢をみさせて あなたのリードにとけてく 他には何にも いらないわ ホントの愛などなくても 朝焼けが街を染めるの 一夜(ひとよ)の戯(たわむ)れ 感じるまま  I love you… I love you 迷わすまま… I love you… I love you あなたのそばに I love you… I love you 感じるまま… I love you… I love you 私を抱いて 
伊勢の女松阪ゆうき松阪ゆうき幸田りえ南乃星太周防泰臣愛した人に サヨナラは 言わない女で いたかった 涙まじりに 笑った顔が 別れ惜しんだ 千鳥ヶ浜の 波間に揺れる せつなく揺れる あゝ 伊勢の女  離れるなんて あの頃は 思わなかったよ ふたりとも 明日を誓った 自凋島(おのこじま)を ひとり歩けば 心に沁みる 夕陽に浮かぶ まぶたに浮かぶ あゝ 伊勢の女  迎えに来たよ 一言が ちぎれて舞い散る 二見浦 男心の 愚かさ弱さ 今も変わらぬ 面影抱いて 夜空に祈る しあわせ祈る あゝ 伊勢の女
さっぽろナイトインシゲ高木 with 佳山明生シゲ高木 with 佳山明生駒嶺守松永昂周防泰臣あなたに今夜も チェックイン 朝まで心を 預けます オシャレが似合う カクテルフロアー 愛がまどろむ 夜のサッポロ 素敵なあなたの お望みは 星かしら…(サッポロ) 雪かしら…(サッポロ) それとも 一夜の恋かしら…  明日も逢えるさ きっとね 涙は君には 似合わない ふたりを包む メルヘンパーク 愛のドラマの ここはサッポロ 泣かせるあなたを 酔わすのは 歌ですか…(サッポロ) 華ですか…(サッポロ) それとも 一夜の夢ですか…  愛がまどろむ 夜のサッポロ 素敵なあなたの お望みは 星かしら…(サッポロ) 雪かしら…(サッポロ) それとも 一夜の恋かしら…
ふられ女のひとり言白川ゆう子白川ゆう子岡田冨美子水森英夫周防泰臣あなたは あなたは 最高でした  ふられ女のひとり言 聞かせてあげましょか 誰にも言えないお話を 今夜はしゃべらせて 尽くしすぎると男って 浮気に走るのね すべてが欲しいとささやくと 愛が冷めるみたい… もしも私がかけひき上手なら 心をつかんでころがせたのに 未練かくして涙をこらえてる  私ともだち多いのに 毎日孤独なの 淋しいどうしが抱きあうと 疲れちゃうのかしら 別れてすぐにトランプで 占ってもらった 相性抜群この人が 最後の男だと… もしも私がかけひき上手なら 運命つかんで引き寄せたのに 二度と恋などできないのでしょうか  もしも私がかけひき上手なら 心をつかんでころがせたのに 未練かくして涙をこらえてる  もしも私がかけひき上手なら 運命つかんで引き寄せたのに 二度と恋などできないのでしょうか  あなたは あなたは 最高でした
ひとり舟ジェロジェロ鈴木紀代影山時則周防泰臣流されて 流されて ビルの谷間の なみだ川 立つ瀬なければ 浮かぶ瀬もない 寄る辺(べ)なくして 今日も又 あゝゝ木(こ)の葉みたいな ひとり舟(ぶね)  倖せは 倖せは 泣けば泣くほど 遠ざかる やっとつぼみの 夢一輪を 何でかき消す つむじ風 あゝゝどこへ流れる ひとり舟  人の世は 人の世は 嘘と真実(まこと)の 寄せ集め 愛にはぐれて 情けに飢(う)えて 寒さこらえる 夜(よる)の川 あゝゝ春はいつ来る ひとり舟
チャールストンをもう一度川倉浩輔川倉浩輔沖えいじ池毅周防泰臣熱い吐息をからめ こころ探っても リズム合わないまま 哀しそうなステップさ シャンパン色した夢が 泡とはじけてる 愛しき女神も 摩天楼から 消えちゃうの? ニューヨークは 回転扉 くるくる廻って また振り出しに もっと激しく 踊らせて あの日のよに チャールストンを ここでもう一度 キメてみないか  肩をすくめて笑い とんだ時代よと 嘘のリフレインが すまし顔であふれてる 遠く憧れていた 夢のステージも ジョーカーばかりの トランプタワー なぜなんだ? ニューヨークは 七色吐息 あがいて乱れて もうとまらない だから今すぐ 踊らせて みたことない チャールストンで いつか振り向いて ほしい女神よ  ニューヨークは 眩しく光り ますます深まる 影の虜さ どうか女神と 踊らせて しびれるよな チャールストンを ここでもう一度 きっと踊るさ  踊ろう 女神よ!
ながれぼし瀬生ひろ菜・佐藤慎也瀬生ひろ菜・佐藤慎也早戸亮矢野たかし周防泰臣街の灯り 数えきれなくなって 君はなにも 話さなくなったよね 時はとても 正直に過ぎるから なにか言うと サヨナラになりそうよ  長い髪をなびかせては 今にも泣き出しそな お別れするときには 約束したじゃない  流れ星よ そのまま ふたりだけに 微笑って 遠い宇宙(そら)の やさしい言葉 かけてほしい  夢の続き 聴かせてほしいから じっと月を 眺めていたけれど そんな君の 横顔がせつなくて 僕は月に ジェラシーを感じてた  運命と諦めないで 決めるには早すぎる 古い歌でそんな風に 聴いた気がするんだ  流れ星よ このまま 愛の灯り ともして みんな変える 夢の魔法 かけてほしい  流れ星よ そのまま ふたりだけに 微笑って 遠い宇宙(そら)の やさしい言葉 かけてほしい
TOKYOすとりーとみず来明姫みず来明姫紫詩織菊地幸央周防泰臣TOKYOの秋は淋しくて 哀しみ風が背中を押して TOKYOの街はせつなくて なくした時間探しているの ぬくもり求めさまよえば 渋谷の町の09明かり 流行の彼女(ひと)が通り過ぎます なくした恋の重さにつぶれ 拾った夢の遠さに気付き スクランブルの交差点に 変わらぬ愛をさがしに来たの 何も答えない…そしてつかめない 何かを求め続けるTOKYOすとりーと  TOKYOの街はせつなくて 春雷なってずぶぬれ心 TOKYOの街ははかなくて なくした未来探しているの 優しさ求めさまよえば 西口広場に哀しい歌が 聞こえてきます 池袋シティ なくした恋の真実(まこと)に泣けて 拾った希望(のぞみ)夢見ているの スクランブルの交差点に 変わらぬ彼氏(ひと)をさがしに来たの 何も答えない…そしてつかめない 何かを求め続けるTOKYOすとりーと  TOKYOの冬はつめたくて なくした過去がまた追ってくる TOKYOの街は哀しくて 逃げ足早い幸福(しあわせ)探す 真心求めさまよえば 銀座の街の並木通りは 私を拾ってくれないのです なくした恋のもろさに気付き それでも愛をつかまえたくて スクランブルの交差点に 夢見る明日さがしに来たの 何も答えない…そしてつかめない 何かを求め続けるTOKYOすとりーと
愛人星星星星荒木とよひさ三木たかし周防泰臣あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に 街を 歩けなくても この部屋にいつも 帰ってくれたら わたしは待つ身の 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時がふたりを 離さぬように 見つめて 寄りそって そして抱きしめて このまま あなたの胸で暮らしたい  めぐり逢い少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね わかっているわ 心だけせめて 残してくれたら わたしは見送る 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で眠りたい  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で暮らしたい
氷雨星星星星とまりれんとまりれん周防泰臣飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの あの部屋で そうよ 誰もいないわ 今では 唄わないで下さい その歌は 別れたあの人を 想い出すから 飲めばやけに 涙もろくなる こんな私許して 下さい  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから…  私を捨てた あの人を 今更悔やんでも 仕方ないけど 未練ごころ消せぬ こんな夜 女ひとり飲む酒 侘しい 酔ってなんかいないわ 泣いてない タバコの煙り 目にしみただけなの 私酔えば 家に帰ります あなたそんな 心配しないで  外は冬の雨まだやまぬ この胸を濡らすように 傘がないわけじゃないけれど 帰りたくない もっと酔う程に飲んで あの人を忘れたいから… 忘れたいから…
みちづれ星星星星水木かおる遠藤実周防泰臣水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜更けは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
空港星星星星山上路夫猪俣公章周防泰臣何も知らずに あなたは言ったわ たまには一人の旅もいいよと 雨の空港デッキにたたずみ 手を振るあなた 見えなくなるわ どうぞ帰って あの人のもとへ 私はひとり 去ってゆく  いつも静かに あなたの帰りを 待ってるやさしい 人がいるのよ 雨にけむった ジェットの窓から 涙をこらえ さよなら言うの どうぞもどって あの人のもとへ 私は遠い町へゆく  愛は誰にも 負けないけれど 別れることが 二人のためよ どうぞ帰って あの人のもとへ 私はひとり 去ってゆく
永遠の月光星星星星Yi Sun・日本語詞:ありそのみChing Chi Wong周防泰臣夜空に 浮かんだ 大きな月 暖かく 優しくて あなたそのもの 二人の 心は 月のように いつまでも 変わらない 愛が輝くわ ねえ、ねえ、あなたは 何を思うの Um Um 私は あなたと 未来(あした) 涙も 笑顔も 見せてきたわ ゆるぎない お互いの 愛を信じてる  ねえ、ねえ、あなたは 何を見てるの Um Um 私は あなただけ ずっと 遠くで 近くで 佇む月 さり気ない ぬくもりは 永遠の月光(あかり) いつまでも 輝いて 月光(つきあかり)…皓皓(hao hao)
迷い舟瀬口侑希瀬口侑希仁井谷俊也大谷明裕周防泰臣華やかで楽しげで 薄情なこの都会(まち)は もがくほど深くなる 底なしの海だった 夢に流され… どんぶらこ 恋に溺れて… どんぶらこ 舵をなくした 迷い舟 今じゃ帰れぬ 故郷(ふるさと)だけど こころには懐かしい あの川があの海が  街角のテレビには ふるさとのあの祭り 強がりを溶かすように 降りしきる涙雨 夢に流され… どんぶらこ 酒に溺れて… どんぶらこ はんぶん沈んだ 迷い舟 今じゃ遥かな あの町だけど 瞼にはいつの日も 父がいる母がいる  夢に流され… どんぶらこ 恋に溺れて… どんぶらこ 愛をなくした 迷い舟 今じゃ帰れぬ 故郷だけど 星空の彼方には あの駅舎(えき)があの山脈(やま)が
風鈴酒場水田かおり水田かおり東逸平伊藤雪彦周防泰臣店を開店(ひら)いた その年に 軒に吊した 風鈴ひとつ 新米ママです チンチリチン 消えたあの人 もしかして 顔で暖簾を 分けながら 覗きに来るよな 胸騒ぎ  味もなんとか 二年目は 苦労記念に 風鈴ふたつ 度胸がついたわ チンチリチン 肩の荷物を 下ろしたら 愚痴も聞きます コップ酒 ふるさと訛りは 許してね  仕舞い忘れた 三年目 誰が増やした 風鈴みっつ 情けがうれしい チンチリチン 外は秋風 ほろ寒さ 音色重ねる 虫の声 何度も乾杯 夜が更ける  チンチリチン… チンチリチン…
観音みさき水田かおり水田かおり東逸平三原聡周防泰臣愛した人は 戻らない いま頃 どこに暮らしてる 浦賀水道 もう一度 あの日のあなたに 会いたいあなた 灯台背にした 二人が浮かぶ 観音崎は 追憶(おもいで)みさき  祭りが好きな 人でした 法被(はっぴ)が似合う 人でした おけさ愛しや 柏崎 あの日のあなたに 会いたいあなた 波間に隠れる 夕日が憎い 聖(ひじり)ヶ鼻の 観音みさき  初めて会った 四国路は 二人を結ぶ 旅でした 肩をやさしく 抱き締めた あの日のあなたに 会いたいあなた 縋って泣きたい 戻ってほしい 夢見て祈る 観音みさき
八木節~あっぱれ三角野郎浅野祥浅野祥志賀大介群馬県民謡周防泰臣はあ~あゝ… チョイト出ました 三角野郎が 四角四画の この場を借りて 音頭とるとは お畏れながら 国の訛りや ことばの違い 許しなされば 文句にかかる おおいさね  はあ~あゝ… 親に貰った 五尺の体 伊達や酔狂で 言うのじゃないが 男 忠治の いのちの歌を 声と三味の音 力の限り 届けまするで お聞きのほどを おおいさね  はあ~あゝ… 俺に任せろ 日本の未来(あす)は 怖いものなし 三角野郎が ここにお見えの 皆々様の 永遠の幸せ 約束します 夢とまことの あっぱれ節よ おおいさね
永遠の月光浅田あつこ浅田あつこ孫儀・日本語詞:ありそのみ翁清渓周防泰臣夜空に 浮かんだ 大きな月 暖かく 優しくて あなたそのもの 二人の 心は 月のように いつまでも 変わらない 愛が輝くわ ねえ、ねえ、あなたは 何を思うの Um Um 私は あなたとの 未来(あした) 涙も 笑顔も 見せてきたわ ゆるぎない お互いの 愛を信じてる  ねえ、ねえ、あなたは 何を見てるの Um Um 私は あなただけ ずっと 遠くで 近くで 佇む月 さり気ない ぬくもりは 永遠の月光(あかり) いつまでも 輝いて 月光(つきあかり)…皓皓(hao hao)
別離~イビョル~浅田あつこ浅田あつこ吉屋潤吉屋潤周防泰臣時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう 青い月を見上げ 一人過ごす夜は 誓った言葉を繰り返し 逢いたくなるでしょう 山越え遠くに 別れても 海の彼方遥か 離れても 時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう  あなたの噂を風が 運んで来る夜は 寄せては返す淋しさに 心を揺らすでしょう 流れゆく月日が すべてを変えるでしょう たとえ二人の炎が 燃えつづけていても  山越え遠くに 別れても 海の彼方遥か 離れても 時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう  山越え遠くに 別れても 海の彼方遥か 離れても 時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう
私の彼は河内男浅田あつこ浅田あつこ早戸亮矢野たかし周防泰臣手先はそこそこ 器用なくせに 人付き合いは メチャ下手くそで 男はマエダの なんとかデスワ 私の彼は 河内男(カワチモン)  見た目は普通の オッサンやけど 喋りだしたら 笑かしまっせ しばくど おんどれ オンパレードや 私の彼は 河内男(カワチモン)  たまにはオシャレに きめたい言うては 黒タキシードが ダブルの喪服に なってまうから よぉ言わんワ 私の私の彼は 正真正銘の 河内男(カワチモン)  アンチもそうとう きてまっけどな このアンちゃんには かないまへんワ まわりのヤカラが ビビッてまうで 私の彼は 河内男(カワチモン)  酒なら焼酎 競輪好きで 女のほうは あかんたれでも 曲がったこととか 許せんたちよ 私の彼は 河内男(カワチモン)  イメージチェンジを してこましたろて 角刈りカットが パンチパーマかい ほんまあきれて よぉ言わんワ 私の私の彼は 筋金入りでっせ 河内男(カワチモン)  梅田のカフエで たのんだレイコー 姉ちゃんちょびっと チチ多しといて なんぼなんでも よぉ言わんワ 私の私の彼は 今どき居てまっか 河内男(カワチモン)
のぞみ花美月優美月優結城忍大船わたる周防泰臣やる気 負けん気 根性ひとつ 親にもらった 宝物 名前も知らない 小さな花が 冬の寒さに 耐えながら 愛と希望(きぼう)の 春を待つ  人にかくれて この胸叩き 弱音はきたい 時もある 情けを支えに 涙を拭いて どんな苦労も 負けないで 越えて行けます がまん坂  山の頂上(いただき) 流れる雲を 見れば優しい 母の顔 くちびる噛みしめ 心に誓う 受けたご恩の 温もりで 明日(あす)に咲かせる のぞみ花
おんな街道美月優美月優高千穂香大船わたる周防泰臣女の幸せ しみじみと 男まさりと 言われても 華あり 恋あり 涙あり 好きなあなたに 寄り添えば おんな街道 虹の橋  故郷(ふるさと)想えば 目がしらが 熱い心に ほろほろと 山あり 空あり 海があり 元気出せよと 風の声 おんな街道 登り坂  この世に生まれて 良かったわ 千の苦労も 愛嬌よ 人あり 夢あり 真(こころ)あり 天に誓って 今日もゆく おんな街道 まっしぐら
泣いたカラスの子守歌岩波理恵岩波理恵都城光人杉本眞人周防泰臣わかれ話は なれっこだから わたしのことなら 大丈夫 ちゃんと一人で 生きてゆけると 心にもない 嘘をつく バカみたい 無理して強がって うしろ姿 見送った バカみたい 今度も傷ついて ビルの谷間 都会の隅で 泣いた 泣いた また泣いた 泣いたカラスの 子守歌  人がいいのも そこまでゆくと あきれてモノが 言えないと 決まり文句を 耳にするたび お酒の量が また増える バカみたい あの日にすがっても 愛したひとは 帰らない バカみたい それでも会いたくて ビルの谷間 都会の隅で 泣いた 泣いた また泣いた 泣いたカラスの 子守歌  バカみたい 懲りずに夢をみて やさしい嘘 信じてた バカみたい 何度も傷ついて ビルの谷間 都会の隅で 泣いた 泣いた また泣いた 泣いたカラスの 子守歌
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
人生に恋をして岩波理恵岩波理恵かず翼杉本眞人周防泰臣過去に振り向けば 胸が切なくて 思い出は遠い 場所で輝いてる 心が傷つき 涙を流しても 信じたいの愛したいの 時は急ぎ足 人生に恋をして 夢追いかけて来た もう一度生まれても 私になりたい  今が一番の 素敵な季節よ 何歳になっても 咲く花はあるもの 心は不思議ね 少女のままだから 明日へ続くドアをいつも 探してしまうの 人生に恋をして 夢暖めて来た 少しだけ背伸びする 幸せ欲しくて  心はいつでも 自由でいたいから さよならさえ悪くないわ いつも始発駅 人生に恋をして 夢追いかけて来た もう一度生まれても 私になりたい
夢には夢を 花には花を佳山明生佳山明生夢ユメ子池毅周防泰臣長い坂道をたどり 気がつけば 心もカラカラ 空に眩しい太陽も 胸おどる風もない  秋が過ぎ 冬の匂い 流れ着く 岸辺に きらり輝いた ときめきのしずく ふたたびの 初恋  夢には夢を 花には花を 愛には愛を 分けあいながら この時に この場所で 出逢ったことは奇跡さ  あまくたおやかな調べ 酔いしれる せつないボサノバ 忘れかけてた胸騒ぎ いまここによみがえる  もしかして もしかしたら これまでの 旅路は 君と逢うために 神様がくれた 憎らしい イタズラ  夢には夢を 花には花を 愛には愛を 寄り添いながら これからは この先は 君とふたりで歩こう  夢には夢を 花には花を 愛には愛を 分けあいながら この時に この場所で 出逢ったことは奇跡さ 奇跡さ ララララ
大阪クライ岡田しづき岡田しづき鮫島琉星しまたくや周防泰臣タバコをやめると聴いたとき そろそろなんやと感じてた なんでも話せるあんたから 結局なんにも聴けなんだ 酒で覚えた恋もある 恋で覚えた酒もある 大阪 クライ クライ クライ 悲しいよ 大阪 クライ クライ クライ せつないよ あんたのいないこの街で ひとりグラスに泣いてるよ  あんたに教えてもろたんは 嬉しさ愚かさ情けなさ あれから目線も合わさんし 握った右手も冷たいね 酒で覚えた夢もある 夢で覚えた酒もある 大阪 クライ クライ クライ 淋しいよ 大阪 クライ クライ クライ 見えへんよ あんたのココロ遠いから 今はひとりで飲みたいよ  大阪 クライ クライ クライ 悲しいよ 大阪 クライ クライ クライ せつないよ あんたのいないこの街で ひとりグラスに泣いてるよ
うぬぼれジェロジェロ鈴木紀代影山時則周防泰臣愛されてると 信じてたのは 私一人の うぬぼれでした 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 死ぬまで離しは しないよと 言った男は どこの誰… 愛が行き場を 失くしてる  あなたのそばで 寝息を聞いて 寝つく私は 倖せでした 待って待って 又待って 又々待って 又待つ私 心の傷跡(きずあと) うずく夜(よる) つける薬は ないですか… 熱はいまだに 下がらない  喜びくれて 笑顔をくれて 罪なあなたは 涙もくれた 泣いて泣いて 又泣いて 又々泣いて 又泣く私 女に生まれて よかったと 言った私は バカですね… 恋はうぬぼれ 蜃気楼(しんきろう)
恋鈴みなみりさみなみりさみやび恵大谷明裕周防泰臣逢いに来てねの 約束は 椎葉の里の 鈴の音 百夜千夜(ももよせんや)を 鳴らしても 離れた心は 戻りはしない  あなたのせいよ あなたのせいよ やさしく 背中を 向けられて 嫌いになんて なれないわ 忘れてなんか あげないわ あげないわ  おかげ祭りの 大燈籠 追ってはだめと 塞ぐ道 ふたりはしゃいで 歌ってた ひえつき節さえ 哀しく響く  あなたのせいよ あなたのせいよ 涙の捨て場所 探せずに さよならなんて 言わないわ 待っててなんか あげないわ あげないわ  あなたのせいよ あなたのせいよ ひとりが寂しくなったのは 慰めなんて いらないわ 許してなんか あげないわ あげないわ
馬ヶ背しぐれ水田かおり水田かおり萱野勲夫萱野勲夫周防泰臣空に 空にそびえる 身がすくむ 岩肌削る 荒れる波 逢いに来ました 後追いかけて 女ごころの 鐘の音(ね)は 願いが叶う 恋なのに 風が泣いてる 馬ヶ背しぐれ  抱いて 抱いてください もう一度 夢でもいいの 甘えたい 日向灘(ひゅうがなだ)から 風吹くばかり いくら呼んでも 叫んでも 十文字(くるす)の海の カモメさえ 涙しぶきの 馬ヶ背しぐれ  白い 白い灯台 細島(ほそしま)よ 歴史が宿る 枇榔(びろう)島 船路(ふなじ)いじめる リアスの海に 日豊(にっぽう)海岸 陽は昇り 明日(あした)の行方 訪ねても 未練海鳴り 馬ヶ背しぐれ
郷愁水田かおり水田かおり萱野勲夫五代香蘭周防泰臣都会暮らしに 迷ったら 帰って来いよ 出直せと 宅配便に 走り書き 生まれ育った 東郷町は ぶっきらぼうな 親父のように デンと見守る デンと見守る 冠岳がある  夢を追いかけ 進む道 つまずき転ぶ 迷い坂 ふる里はるか 偲びます 熱き人情 東郷町は 一途に生きる お袋のように 清き流れの 清き流れの ああ美々(みみ)川がある  瞼閉じれば 山や川 夕陽に心 染められて 牧水唄い 花想う 遊び学んだ 東郷町は しみじみ今も 兄貴のように 語りあかせる 語りあかせる 心の友がいる
純情クミコクミコ友利歩未三木たかし周防泰臣どこかの町の どこかの路地で ふたり口ずさんだ「風に吹かれて」  血を吐くような 時代を越えて 変わらぬこの想い あたしの純情  抱きしめて 抱きしめて 抱きしめて ただ あなたがほしい 狂おしい 狂おしい 手にしたものすべて 失くしても 失くしても それでもかまわない 抱きしめて…  愛されて 愛されて 愛されて 死ぬならいいわ あたしの最期の男は ただひとりだけ それはあなた  嘲笑えばいいわ あたしのことを あなたの花になり 散ってゆきたい  愛していると 愛していると 心が叫んでる あたしの純情  抱きしめて 抱きしめて 抱きしめて ただ あなたがほしい 何度でも 何度でも ああ 命の限り 躰ごと 躰ごと 過去から未来から 連れ出して…  あの空へ あの空へ あの空へ 飛べたらいいわ あたしの最期の男は ただひとりだけ それはあなた  抱きしめて 抱きしめて 抱きしめて ただ あなたがほしい 狂おしい 狂おしい 手にしたものすべて 失くしても 失くしても それでもかまわない 抱きしめて…
恋猫門倉有希と宮本隆治(ユキ&リュウジ)門倉有希と宮本隆治(ユキ&リュウジ)友利歩未三木たかし周防泰臣逢いたくて 逢いたくて 夜をみつめて 泣いていた 空に 涙を 逃がして ごらん 今夜は まあるい お月さん 甘い言葉で 抱きしめないでよ ねんねこ ねこねこ 猫むすめ あなたの 背中に 爪たてた  どうして どうして ふたりは あしたが みえない まんまなの どうして どうして ふたりは 一緒に居るのに 孤独なの  恋しくて 恋しくて 闇に紛れて 忍び逢う 離れられない あなたと いたい 生きてる 世界が 違っても 黒い瞳に 引きこまれてゆく ねんねこ ねんねこ 猫むすめ 愛して いるのは 君だけさ  どうして どうして ふたりの 心に 冷たい 風が吹く どうして どうして この世は どうにもならない ことばかり  どうして どうして ふたりは あしたが みえない まんまなの どうして どうして ふたりは 一緒に居るのに 孤独なの
雨夜花飛鳥とも美飛鳥とも美周添旺・補作詞:信楽順三鄧雨賢周防泰臣雨の降る夜に 咲いてる花は 風にふかれて ほろほろ落ちる  白い花びら しずくにぬれて 風のまにまに ほろほろ落ちる  更けてさみしい 小窓の灯り 花を泣かせる 鼓弓の調べ  明日はこの雨 やむやもしれぬ 散るをいそぐな 可愛い花よ  雨夜花 雨夜花 受風雨吹落地 無人看見 毎日怨嗟 花謝落土不再回  雨の降る夜に 咲いてる花は 風にふかれて ほろほろ落ちる
プルメリアの涙伊藤咲子伊藤咲子京えりこ三木たかし周防泰臣夏が秋に 席をゆずる そんな夕暮れのカフェで ひとり 紅茶 飲んでいます 想い出は やさしい  プルメリアの涙 かなしき 白い花よ 愛 ひとつ のこせない人 だけど 好きでした あなたは あれからしあわせだと 風の噂から 知りました  若いころは 恋をすれば 愛をねだってばかりで 男のひと わかろうとする たしなみも 持たずに  プルメリアの涙 はかなき 白い花よ 愛 ひとつ のこしてくれた 雨もあたたかい あの日のふたりは 合わせ鏡 たがいの姿を 映してた  プルメリアの涙 女の胸の痛み 愛 ひとつ こぼれて落ちた だけど 愛おしい 私も 何とか やっています 風よ 伝えてね しあわせ…と しあわせ…と
みんな一緒に水元亜紀水元亜紀早戸亮矢野たかし周防泰臣笑った回数 1・2・3・4 涙の数ほど 多くはないから これから毎日 笑いましょ ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 皆さんご一緒に ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 笑って過ごしましょう  恋した回数 1・2・3・4 あきらめきれない 想い出ばっかり それならも一度 恋しましょ ワクワクドキドキ ルンルン気分で 皆さんご一緒に ワクワクドキドキ ルンルン気分で 恋して夢みましょう  ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 皆さんご一緒に ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 笑って過ごしましょう ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 皆さんご一緒に ワッハッハッハッ ウッフッフッフッ 笑って過ごしましょう
ボクサーFUJIKOFUJIKO早戸亮矢野たかし周防泰臣涙をみせたりなんて 今さら違うよな 夜空を見上げていても 頬を伝うのさ 長い長い道のりを 歩いてきたけれど 思いもつかないような 結末もあるのか 飲んで 飲んで 飲み疲れて ウー 酔って 酔って 酔いつぶれて ウー 昔のこと しがみついてる男は あまりにも惨めな ボクサー  おまえの悲しい瞳 気づいていたけれど 笑顔にしてやれるよな 歌も歌えない いつもいつも我儘に つきあわせてきたね 二人で目指した星は 輝いていたのに 飲んで 飲んで 飲み疲れて ウー 酔って 酔って 酔いつぶれて ウー 頼れるもの すべて失くした男は 恐いほど清しい ボクサー  飲んで 飲んで 飲み疲れて… 酔って 酔って 酔いつぶれて… 飲んで 飲んで 飲み疲れて ウー 酔って 酔って 酔いつぶれて ウー 傷ついても 夢を捨てない男は 世界一眩しい…  飲んで 飲んで 飲み疲れて ウー 酔って 酔って 酔いつぶれて ウー 傷ついても 夢を捨てない男は 世界一眩しい ボクサー
今を生きる~hoyFUJIKOFUJIKOFUJIKOFUJIKO周防泰臣hoy そちらの世界は hoy いかがですか? hoy 花鳥風月 hoy いかがですか?  目に浮かぶ あなたの微笑み 目に浮かぶ あなたの仕草 もっと もっと 話したかった もっと もっと 生きてほしかった シャララ シャララ シャラララー  hoy こちらの世界も hoy いろいろあるけど hoy 倖せ求めて hoy 唄うたいながら 今を生きる  ありがとう あなたの優しさ ありがとう 無償の愛を 今日は 今日は 洗濯日和です 今日は 今日は 何が食べたいですか? シャララ シャララ シャラララー  hoy 私の心に hoy 生き続けている hoy あなたと共に hoy 輝きながら 今を生きる 今を生きる 今を生きる
六本木海峡藤田恵美藤田恵美冬弓ちひろ杉本眞人周防泰臣お祭りさわぎが 終わったら 帰るところが みんなある 今夜はどこから かけてるの いつも最後は ひとりだね たいした話も ないくせに 先に切れない さびしんぼ 尖ってみせても 強がりが 氷みたいに 溶けてゆく  六本木海峡 ゆらゆら おぼれる前に 帰っておいで 六本木海峡 ゆらゆら おぼれかけてる 都会(まち)の魚は あんただけじゃない  ほんとに男が 強いなら だれも女は 泣きゃしない 泣かせた女の その膝で 最後は甘えて 眠りなよ ひとりがいいさと 言いながら 独りがこわい ろくでなし 今夜で終わりと 誓っても 知らず知らずに 許してる  六本木海峡 ふらふら 忘れたふりで 戻っておいで 六本木海峡 ふらふら 生きるの下手な 都会(まち)の魚は あんただけじゃない  六本木海峡 ゆらゆら おぼれる前に 帰っておいで 六本木海峡 ゆらゆら 寂しがりやの 都会(まち)の魚は あんただけじゃない
酒場にて藤田恵美藤田恵美山上路夫鈴木邦彦周防泰臣好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家にひとり帰る時が こわい私よ あのドアを開けてみたって あなたはいない 暗い闇が私を 待ってるだけよ また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  どうぞお店が 終る時まで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋
赤ちょうちんの詩藤田恵美藤田恵美荒木とよひさ中川博之周防泰臣おじさん 熱燗 飲ませてね ひとりぼっちに なったから つん つん つん つん つん つん 泣いたりなんか しないから いいね 演歌が こんな晩(よ)は おじさん 唄って あの唄を いまごろあの人 いまごろどこで 悲しくなるほど 逢いたいね 逢いたいよ  おじさん 今夜は 雪になる 外はみぞれに なったから しん しん しん しん しん しん 想い出ばなし 聴いてよね たった二年の 倖せが おじさん どこかへ 消えちゃった いっぱい泣いたよ いっぱい好きで 心が寒いよ 逢いたいね 逢いたいよ  夢がシャボンに なったから おじさん 飲ませて もう少し いまごろあの人 いまごろどこで 悲しくなるほど 逢いたいね 逢いたいよ
石狩挽歌藤田恵美藤田恵美なかにし礼浜圭介周防泰臣海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯を炊く あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か 今じゃ浜辺で オンボロロ オンボロボロロー 沖を通るは 笠戸丸 わたしゃ涙で にしん曇りの 空を見る  燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に 海は銀色 にしんの色よ ソ-ラン節に 頬そめながら わたしゃ大漁の 網を曳く あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も 今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロー かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る 
金沢 Cry Me a River藤田恵美藤田恵美冬弓ちひろ伊藤薫周防泰臣この川は どこへ行くの あの日のふたりが 水面に揺れる 天神橋から 梅の橋 ならんで見ていた 友禅流し  覚えてますか 忘れましたか どうにかなるさと あなた言ったこと  この川は どこへ行くの 黄昏の 浅野川 哀しみを 隠し流れる どこかわたしに似てるね 金沢 CryMe a River  小雨降る 主計町(かずえまち)の 紅殻格子(べんがらごうし)を 想い出濡らす 暗がり坂から あかり坂 あなたは上って 私は下りた  だからいいのよ うらんでいいの 忘れられるのは 寂しすぎるから  この川は どこへ行くの 宵闇の 浅野川 いとしさを 底に沈めた 女心に似てるね 金沢 Cry Me a River  この川は どこへ行くの 酔いどれて 浅野川 せつなさを 抱いて流れる どこかわたしに似てるね 金沢 Cry Me a River
忍冬藤田恵美藤田恵美ちあき哲也杉本眞人周防泰臣だっていつかこじれて 駄目になるより 恋の匂いさせずに そばにいたいわ たまに逢ってこうして飲めるだけでも 女として少しは 夢があるでしょ… 失くせない 人だから つづけるひと幕 友達芝居 だけど 忍ぶという字は 難しい 心に刃を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃が暴れるせいなのね  もっと楽な生き方 してもいいのに なぜかわざと淋しい 道をえらぶの…… 今日は今日の傷みが 胸をしめても ひとり席を立つまで 泣きはしないわ ばかなのね 古いのね 死ぬまでひそかに 愛するなんて だけど いとしい花なら 忍冬(すいかずら) 夏でも秋でも春の日も どうしてわたしの愛しさは 忍ぶという字がつきまとう  だけど… 忍ぶという字は 難しい 心に刃を乗せるのね 時々心がいたむのは 刃が暴れるせいなのね Lai Lai Lai… Lai Lai Lai…
ねぇ…あんた藤田恵美藤田恵美冬弓ちひろ杉本眞人周防泰臣淋しい恋を 捨てるなら 黄昏よりも 昼下がり 「じゃあね」と微笑って 背をむけりゃ 強がるあたしを 風が抱く  男には 聞こえない声で 女は泣くのです  ジリジリと 身を焦がし 胸を震わせ むせび泣く せつないよ ねぇ…あんた 言葉にならない 蝉しぐれ  頬杖ついて 部屋の隅 思い出たどる 子守唄 どの道終わりは 同じでも あたしはあんたが 好きだった  男には わからない嘘が 女は得意です  ひとり寝の 長枕 となりを空けて 眠る癖 恋しいよ ねぇ…あんた まぼろし抱いてる 夜明け前  うたかたの 羽をつけ 夢が遠くへ 飛んでゆく 行かないで ねぇ…あんた まぶたを閉じれば 蝉しぐれ
酔って候藤田恵美藤田恵美吉岡治杉本眞人周防泰臣笑っちゃいますか 浮気されて 笑っちゃいますか 涙ウルウル 許しちゃうのが女だと? 笑っちゃいますネ トコ兄さん 冷酒持ってこい  星の数ほど 男はいても 当り外れが 多すぎる それでも懲りずに アアア チョイト好きになり  怒っちゃいますか 浮気されて 殴っちゃいますか 涙ウルウル この指とまれ…… 笑っちゃいますネ トコ姉さん 今宵ふられて 酔って候  笑っちゃいますか けじめつけて 笑っちゃいますか 未練タラタラ 待っているのが女だと? 笑っちゃいますネ トコ兄さん 冷酒持ってこい  一度抱かれりゃ 二度目を待って 春の逃げ水 蜃気楼 それでも飽きずに アアア チョイト夢を見る  からんじゃいますか けじめつけて 捨っちゃいますか 未練タラタラ この指とまれ…… 笑っちゃいますネ トコ姉さん 今宵したたか 酔って候
演歌でワッショイ!谷本知美谷本知美杜広雪梅谷忠洋周防泰臣ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ!  北の町 港町 カモメ啼き 船が来りゃ ひと仕事終えた 男が口ずさむ 演歌でワッショイ 演歌でワッショイ こぶしまわして ハッ! ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ!  西の町 山車(だし)みこし 笛太鼓 町に来りゃ 浴衣の粋な 女も口ずさむ 演歌でワッショイ 演歌でワッショイ みんな揃って ハッ! ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ!  ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ!  じいさんも ばあさんも 歌につれ 孫を連れ 手をつなぎ踊り みんなで口ずさむ 演歌でワッショイ 演歌でワッショイ 声を合わせて ハッ! ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ! ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ! ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ 演歌でワッショイ! ワッショイ!
すきま風ジェロジェロいではく遠藤実周防泰臣人を愛して 人はこころひらき 傷ついて すきま風 知るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつかやさしさに めぐりあえる その朝おまえは 小鳥のように 胸に抱かれて 眠ればいい  夢を追いかけ 夢にこころとられ つまずいて すきま風 見るだろう いいさそれでも 生きてさえいれば いつかほほえみに めぐりあえる その朝おまえは 野菊のように 道のほとりに 咲いたらいい  いいさそれでも 生きてさえいれば いつかしあわせに めぐりあえる その朝おまえは すべてを忘れ 熱い涙を 流せばいい
歌一生佳山明生佳山明生清水秀夫南郷孝周防泰臣鳴かず飛ばずの 人生も あっという間に 年が過ぎ この頃 おふくろ夢にでる いい詩(うた) いい節 泣ける唄 歌い続けて 悔いはない 捨てちゃいないさ 夢の花舞台  昔ながらの 家並みが ビルの谷間に 変わるのに 大人に なれよと娘(こ)に言われ いい詩(うた) いい節 泣ける唄 汗をかくのは 苦にならぬ 負けちゃいないさ 道がある限り  「もう、娘が嫁ぐ日がきました。 腹が立つやら、悲しいやら…幸せになれよ。」  都会暮らしに 慣れたけど 生まれながらの 我がままで 無邪気に 泣いてみせるやつ いい詩(うた) いい節 泣ける唄 探し続けて 日本中 ぶれちゃいないさ 俺の生き方さ
純情花吹雪歌恋歌恋及川眠子つんく周防泰臣笑っちゃうくらい ダメなあんたに今 惚れたのが運命(さだめ) すべてうっちゃり 地獄の果てまでも 愛しい男(ひと) 腕ん中ぎゅっと抱きしめ つぼみのように大切に そうあたしが守ってあげるよ  純情花吹雪 可憐に色づいて どんな悲しい未来も 乗り越えて行くから ああ… ああ… ああ… 純情花吹雪 ひらひら咲き乱れ あんた この瞳の中 ねぇいつも笑って ああ… どうか  信じちゃうからね あんたの嘘でさえ 今どき貴重よ とびきり無垢で 一途な深情け 優しくして それだけであたしはいいの 冷たすぎる世間にも 覚悟決め耐えてみせるから  純情花吹雪 可憐に揺れながら 好きと言われなくてもね ただ一緒にいたくて ああ… ああ… ああ… 純情花吹雪 はらはら舞い落ちて きっとあんたのためなら この命もあげる ああ… どうぞ  純情花吹雪 可憐に色づいて どんな悲しい未来も 乗り越えて行くから ああ… ああ… ああ… 純情花吹雪 ひらひら咲き乱れ あんた この瞳の中 ねぇいつも笑って ああ… どうか
そして神戸ジェロジェロ千家和也浜圭介周防泰臣神戸 泣いてどうなるのか 捨てられた我が身が みじめになるだけ 神戸 船の灯りうつす 濁り水の中に 靴を投げ落とす そしてひとつが 終わり そしてひとつが 生まれ 夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ  神戸 呼んで帰る人か 傷ついた心が みにくくなるだけ 神戸 無理に足を運び 眼についた名もない 花を踏みにじる そしてひとつが 終わり そしてひとつが 生まれ 誰かうまい 嘘のつける 相手 捜すのよ 誰かうまい 嘘のつける 相手 捜すのよ
宗右衛門町ブルースジェロジェロ平和勝次山路進一周防泰臣きっと来てねと 泣いていた かわいあの娘は うぶなのか なぜに泣かすか 宗右衛門町よ さよなら さよなら 又来る日まで 涙をふいて さようなら  街のネオンも 消えてゆく うぶなあの娘も 消えてゆく なぜか さびしい 宗右衛門町よ さよなら さよなら うしろ姿も 夜霧にぬれて さみしそう  いちょう並木に 春が来る 君にも来るよ 幸せが なぜかかなしい 宗右衛門町よ さよなら さよなら もう一度だけ 明るい笑顔を みせとくれ
火焔樹ジェロジェロ及川眠子国安修二周防泰臣また夜がきて ただ眠れぬまま 指がぬくもりの残骸(かけら) ねぇ探しはじめるの もう忘れたい そう願うけれど いつもあきらめた頃に ドアを開けるから  悲しいだけの運命(さだめ)を呪い あなた うばう夢に酔う この胸の奥 愛という名の 花が燃えながら咲いてる  いま痛いほど 抱きしめてほしい どうか 何もかも捨てる 覚悟ないのなら  寂しいだけの時間(とき)を数えて わたし 憎む人がいる 焔(ほのお)のように 赤い花びら 闇を染めながら揺れてる  悲しいだけの運命を呪い あなた うばう夢に酔う この胸の奥 愛という名の 花が燃えながら咲いてる
演歌なんか歌えない歌恋歌恋平岡毬子市川昭介周防泰臣酒を飲めない女は可愛い 酒を飲んでる女は二度可愛い 金の苦労はさせないつもり 涙ひとつぶ泣かせない シワのひとつも 出来たなら 訳はさておき 俺の罪 女ひとり 幸せにもできなくて 演歌なんか歌えない なあ おまえ だから おまえ 俺の鏡になってくれ  唄を聞いてる女は可愛い 唄を歌ってる女は二度可愛い 上目使いの 笑顔が細い 過去があるから今日がある 雨もいつしか みぞれ空 熱い味噌汁 飲みたいね 女ひとり 守る事もできなくて 演歌なんか歌えない なあ おまえ だから おまえ 俺の鏡になってくれ  女ひとり 夢を見せてやれなくて 演歌なんか歌えない なあ おまえ だから おまえ 俺の鏡になってくれ
津軽平野ジェロジェロ吉幾三吉幾三周防泰臣津軽平野に 雪降る頃はヨ 親父ひとりで 出稼ぎ支度 春にゃかならず 親父は帰る みやげいっぱい ぶらさげてヨ 淋しくなるけど 馴れたや親父  十三みなとは 西風強くて 夢もしばれる 吹雪の夜更け ふるなふるなよ 津軽の雪よ 春が今年も 遅くなるよ ストーブ列車よ 逢いたや親父  山の雪どけ 花咲く頃はよ かあちゃんやけによ そわそわするネ いつもじょんがら 大きな声で 親父うたって 汽車から降りる お岩木山よ 見えたか親父
水茄子ブギ谷本知美谷本知美中尾精太郎朝月廣臣周防泰臣茄子 茄子 茄子 茄子 水茄子 茄子(なすび) 大阪泉州生まれです メタボじゃないわよ 自信があるわ 触れて 触って 確かめて ピカピカ ツルツル ツヤツヤなのよ お化粧なしです スッピンよ 畑のマドンナ 水茄子なすび そうよ あふれる 若さだわ  茄子 茄子 茄子 茄子 水茄子 茄子(なすび) 大阪泉州生まれです はちきれそうです 食べ頃なのよ 香る お色気 感じてよ ピチピチ プリプリ モテモテなのよ 煮物に焼き物 お漬け物 紫色です 水茄子なすび そうよ 美人よ 最高よ  茄子 茄子 茄子 茄子 水茄子 茄子(なすび) 大阪泉州生まれです 美味しいヌカ漬け 売り切れ御免 声を 掛けてね 今すぐに ワクワク ウキウキ ドキドキなのよ 狙っているわよ 玉の輿 夢見る乙女よ 水茄子なすび そうよ 貴方に 捧げるわ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Subtitle
  3. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  4. アイラブユー
  5. 川べりの家

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 女のはじまり
  2. New Day
  3. 恋
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. Judgement

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照