チャールストンをもう一度

この曲の表示回数 3,056
歌手:

川倉浩輔


作詞:

沖えいじ


作曲:

池毅


熱い吐息をからめ こころ探っても
リズム合わないまま 哀しそうなステップさ
シャンパン色した夢が 泡とはじけてる
愛しき女神も 摩天楼から 消えちゃうの?
ニューヨークは 回転扉
くるくる廻って また振り出しに
もっと激しく 踊らせて
あの日のよに チャールストンを
ここでもう一度 キメてみないか

肩をすくめて笑い とんだ時代よと
嘘のリフレインが すまし顔であふれてる
遠く憧れていた 夢のステージも
ジョーカーばかりの トランプタワー なぜなんだ?
ニューヨークは 七色吐息
あがいて乱れて もうとまらない
だから今すぐ 踊らせて
みたことない チャールストンで
いつか振り向いて ほしい女神よ

ニューヨークは 眩しく光り
ますます深まる 影の虜さ
どうか女神と 踊らせて
しびれるよな チャールストンを
ここでもう一度 きっと踊るさ

踊ろう 女神よ!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:チャールストンをもう一度 歌手:川倉浩輔

川倉浩輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-03-22
商品番号:TKCA-90888
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP