TODAY SONGS

今日のうた

Ran/まるで坂の上に好きな人がいるみたいで。

Ran
まるで坂の上に好きな人がいるみたいで。

 独自の言語表現を持ったシンガーソングライター“Ran”が、新作を4か月連続で配信リリース!2023年2月3日に第4弾「立春、坂道にて」をリリースしました。春を待つ思いを、好きな人が坂の上に居る状況と重ねて描かれた1曲。誰かや何かを“待ち遠しい”と思う気持ちを楽曲で感じながら、ご堪能ください…!    さて、今日のうたコラムでは、そんな“Ran”による歌詞エッセイをお届け!今回が第4弾、最終回です。綴っていただいたのは、新曲「 立春、坂道にて 」にまつわるお話。もうすぐ訪れる春にぴったりなこの曲。どのようにイメージを膨らませていったのか、どんな想いを込めたのか、ぜひ歌詞と併せてエッセイを受け取ってください。 以前、「せかい」「夜逃げ」のアレンジをしていただいた、宮田“レフティ”リョウさんとコライトしてできた曲です。レフティさんのスタジオに一緒に入り、最初にテーマとして、爽快感のある曲をかいてみたいという思いで生まれました。   その時できた音源はとてもシンプルで無駄なものがなく、どんな色にもなれるなと私は感じていました。   色のイメージはグレーと薄いピンク。 ちょっと粘り気のある視点で、そして春。   曲をかいているとき、こんな言葉が出てくるんだ と正直に驚きました。 曲ができるヒントはそこらじゅうに落ちていて。   身が入ってない本読み、坂道を登ることができなかった身体、外に出ることが億劫で雑になっていく身なり、胃に入っていなくても湧き上がる吐き気、面白いくらいこの曲の元とは思えない日常に、春を描いてみたくなりました。   これを読んでいる皆さんは、片思い したことありますか? 好きな人を思った時、胸が苦しくなりますか? その苦しさの種類は何ですか?   そんなことを考えていくと、この「立春、坂道にて」も一種の苦しさをうたった曲なのかもしれないと思いました。   1番難しかったことが、タイトル決めです。 今、とってあるメモで確認したところ16個候補がありました。 一日おいて曲を聴くと、坂が見えたんです。 掴めない袖も、吸う息が多くなるのも、まるで坂の上に好きな人がいるみたいで。   漠然とかきはじめにグレーと薄いピンクと思っていたのも、潜在的に春を選んでいたんですね。   面白いなぁとこの曲をかいていて思いました。 まだまだ自分でも自分の知らないことがあって、ひとつずつ形をつくっていく。   大半は妄想で、ほんとかうそかわからない。 その中でこんなにも愛おしくて、かわいい曲がかけました。   春を一緒に迎えましょう。 <Ran> ◆紹介曲「 立春、坂道にて 」 作詞:Ran 作曲:Ran・Miyata“Lefty”Ryo

BACK NUMBER

Uta-Net SELECT

歌ネット・セレクト

mixtape / Chilli Beans.

mixtape / Chilli Beans.

私なりの自由を求めて。一度聴いたら耳に残る…。巧みなコーラスワークで魅せる、3ピースバンドの全5曲入りEP!

もっと見る

紡ぐ / とた

紡ぐ / とた

ここで生きたいの、あなたとの幸せを諦めてないから。耳にスッと馴染む透き通った歌声…。SNSで公開されたShort ver.が話題に!

もっと見る

鼓動 / プッシュプルポット

鼓動 / プッシュプルポット

僕の歌で肩組みながらさ、転ばないように歩いて行こう。金沢発4ピース激熱ロックバンド!勢い詰まった全6曲入りミニアルバム!

もっと見る

CHERRY PIE / 甲田まひる

CHERRY PIE / 甲田まひる

確かめたいことはたくさんあるけど君を信じてる。蓮佛美沙子×トリンドル玲奈のドラマ『今夜すきやきだよ』オープニングテーマ!

もっと見る

NEW ALBUM

アルバム・ピックアップ