TODAY SONGS

今日のうた

idom/選択できなかった未来はいつだって美しい。

idom
選択できなかった未来はいつだって美しい。

 2022年9月7日に“idom”がニューシングル「GLOW」をリリースしました。タイトル曲は、フジテレビ月9ドラマ『競争の番人』の主題歌として起用された楽曲。シングルには同曲に加え「i.d.m.」、「Savior」、「HELLO」、「GLOW -Instrumental-」の全5曲が収録されております。    さて、今日のうたコラムでは、そんな最新作を放った“idom”による歌詞エッセイを3週連続でお届け。今回は第2弾。綴っていただいたのは、今作の収録曲「 i.d.m. 」にまつわるお話です。このタイトルは一体何を意味するのか…。大切なひととの別れを、忘れよう、思い出として消化しようと、今もがいているあなたへ。この歌詞とエッセイが届きますように。 忘れられない君との思い出。   夢から現実へのグラデーションの間で揺れ動かされているようなあの感覚。過ぎ去った日々は、年月を重ねる毎に美化されていく。嫌だったこと、ツラかったこと、悲かったこと…、確かにあったはずのそれらの記憶は忘却の彼方へと押しやられ、気づけば「あぁ、あの日々は楽しかった」なんて思いに支配されているものだ。   二度と手に入れることが出来ないからこそ、 選択できなかった未来はいつだって美しい。   君との日々を忘れられない「俺(この曲の主人公)」は、「今の自分は君にどう見えているのだろう」などと思いを馳せながら新たな道を探している。デビューEP収録曲「i.d.m.」ではそんな美しき日々を思い返し、それを失う現実を何とか受け入れようとする人物を描いた。   I'm singin' Lonely あの街で歌ってるよ Call me   君はあの日々のことも忘れて先に進んでいるというのに、「俺」は未だに君との思い出の中に囚われて過ごしている。あの場所で君からの連絡を待ち続けて…。   なんと滑稽なことか。ただ当の本人は至って真剣なのだ。失って初めて後悔し、いつまで経っても頭にこびり付いて離れない。悲しいかな、男とはそんな生き物なのである…(笑)。   少し話は変わるが、約2年半前の楽曲制作を始めた頃、僕は「idm」という名前で活動していた。   1年ほど経ったタイミングで、「idom」という名前にアップデートしたのだが、この曲は僕がまだ「idm」だった頃に書いていた曲だ。そんな活動初期の遺産を掘り起こし、デビューEPに収録できたことは本当に良かった。日々変わりゆく僕の音楽性の変化を、EP内で少しでも感じてもらいたかったのだ。   薄々お気づきかもしれないが、本文のテーマ『i.d.m.』のタイトルは、自分のアーティスト名になぞらえて付けたもの、そして何度も出てくるフレーズ“I don't mind”を略したものだ。   “I don't mind”を直訳すると 「私は気にしない」といった意味になる。   この曲の「俺」は、未だに相手に惹かれていることや、過去の美しい思い出を散々語ってはいるものの、結局その想いは実らないことを理解している。だから何とか最後の強がりで自分に言い聞かせているのだ。   I don't mind if you go away  (君が遠く離れても気にしないよ)   人生を送るなかで、こういった別れというものは付き物なのかもしれない。だが誰もがそれらを忘れようとしたり、思い出として消化したりしている。今、この瞬間を美しき日々とするために。   idom ◆紹介曲「 i.d.m. 」 作詞:idom 作曲:idom

BACK NUMBER

Uta-Net SELECT

歌ネット・セレクト

中吉 / 私立恵比寿中学

中吉 / 私立恵比寿中学

しわくちゃになっても僕ら変わんない馬鹿な暮らしをしたいだけだ。メジャーデビュー10周年の軌跡を辿ったアリバーサリーアルバム!

もっと見る

帝国喫茶 / 帝国喫茶

帝国喫茶 / 帝国喫茶

寝つけない夜が増えるほど、優しく誰かを思ってる。初期衝動と疾走感を持ち合わせたポップなロックを届ける新星4人組バンド!

もっと見る

PRISMATICS / TENDRE

PRISMATICS / TENDRE

わたしもあなたもこの世の一部。ベースやギター、鍵盤、サックスも演奏するマルチプレイヤー“河原太朗”ソロプロジェクト!

もっと見る

adieu 3 / adieu

adieu 3 / adieu

失う時が来るとして、わたしこの運命だけでいい。女優・上白石萌歌が“表現者”として創り出す世界…。全6曲入りミニアルバム!

もっと見る

NEW ALBUM

アルバム・ピックアップ