TODAY SONGS

今日のうた

Ghost like girlfriend/言葉が出にくくなっていると反省する。

Ghost like girlfriend
言葉が出にくくなっていると反省する。

 2022年6月8日、兵庫県淡路島出身のシンガー・ソングライター・岡林健勝のソロプロジェクト“Ghost like girlfriend”がニューアルバム『ERAM』をリリースしました。今作には、先行配信曲「Flannel」のほか、2020年1月15日にデジタル・シングルとして配信された「光線」、同年10月14日に配信された「Birthday」、そのほか全11曲が収録。CDとしては、EP『2020の窓辺から』から約1年半ぶりの作品となります。    さて、今日のうたコラムでは、そんな最新作を放った“Ghost like girlfriend”の岡林健勝による歌詞エッセイを3週連続でお届け!今回が最終回です。「言葉が出にくくなっていると反省する」ことが増えてきたという今日この頃。だからこそ作り上げた、今作『ERAM』への想いや、そこに込めた願いを明かしてくださいました。歌詞と併せて、このエッセイを受け取ってください。 先日とある取材で「ポップスとは?」という質問を投げ掛けられた。   ポップスを作るぞとこれまで以上に意気込んで作ったアルバムだし上手く答えられる自信があったものの、長々と話し続けただけでまとまらず結局フェードアウト気味にQ&Aが終わっていった。     言葉が出にくくなっていると反省する。   情勢と制作とでコンスタントに人と会わなかったからか、「どうやって喋ってたっけ?」というのが誰と話すにもついて回って来てて、出させてもらったラジオだったりをタイムフリーで聞いてるとどれも空けたつもりのない間が出来ていて都度ショックを受けている。     そもそものこの自意識の根源が、喜怒哀楽を把握するのが人よりワンテンポ遅れてしまう自分の性質にあると感じている。子どもの頃から何かをされたりしてもらった時に感じる気持ちに、いつもラッピングが施されている感覚がするというか。毎回それを剥がしてやっとそこでどんな気持ちかを知るから、思った事をその時その場で言うのが凄く難しい。   近頃はその包装紙の頑丈さなのか枚数なのかが増していて、剥がすのにも更にひと苦労するようになっている。   このまま自分の気持ちを知るのにツーテンポスリーテンポと遅れて何も話せなくなる時が来てしまったら、そう考えただけで凄く怖くなるし寂しくなる(取り越し苦労ではあるのだけれど)。     誰かと久しぶりに会って、言葉が出づらいなりにテンポ良く話そうとすると要所要所の近況報告しか出来なくて、何気ない機微や出来事を話す寄り道がどんどん難しくなっていく。会話をしながら、「あれ話したいけど、でもな」と名残惜しく省いているとたまに、SMAPの「たいせつ」の<真実は 人の住む街角にある>という歌詞が思わず浮かぶ。   そういうどうでも良さの中にこそ暮らしがあって本質があって、色んなものが凝縮されていると感じる。だけどディティールをその場で上手く伝えられる自信がなかったり、そもそもどうでも良いなと思われる事が怖かったりして結局話すのを諦めてしまうのだ。   こないだ出したアルバムの歌詞は、誰かに話すのを諦めた事柄ばかり綴っている。   夜中のラーメンの話、コインランドリーに行った話、寝る際に聴いてるラジオの話。   音楽にする分にはどれだけ時間を掛けても、ディティールを詰め込んでもオーケーで、そのまるで待ってくれているかのような感じには今回随分と救われた。     聞いてもらいたいし、それを受けて始まる相手のどうでも良い話も凄く聞きたい。むしろ大事なのはそっちというか、誰が何を思ってどう生きているのかが凄く知りたい。   自分の気持ちを知る事と出す事が遅れることは、誰かの事を知れなくなるのと同義な気がして、今のうちだぞという声が制作期間中は日に日に胸にこだましていた。     そういう話を聞けるきっかけになりますようにと祈りながら今作は作っていたし、完成に近づくに連れて久しく会ってない人に出来上がったら連絡しようとやんわり考えたり、誰かと話すために作っている節が少しずつ増していた。   自分と誰かにとって、というのもそうだし、例えば、「これ聴いてみて」と誰かと誰かが話すきっかけにもなってくれればなという気持ちも膨らんで来て、それがより今作をポップなものにしてくれた。   これを聴いて、何かを食べたくなってくれれば、思い出した映画やラジオを振り返ってくれれば、リファレンスにした曲を知ってくれれば、そんな感じでアルバムとは全く関係のない時間に繋がってくれればなとずっと願っていた。     ポップスとはきっかけ、でしょうか。   思い浮かんだのは取材が終わる頃で、またしても遅れを取ってしまった。   胸にしまいかけたその言葉を、一緒に取材を受けた友人にどうかなと聞いてみたら、良いねと返って来た。   こういう時間の為にアルバムを作ったんだった。 <Ghost like girlfriend・岡林健勝> ◆2ndアルバム『ERAM』 2022年6月8日発売 UPCH-20621 ¥3,300(税込)   <収録曲> 1. ERAM 2. 光線 3. laundry 4. Rainof○○○ 5. 面影 6. 音楽 7. Highway 8. Midnight crusing 9. Birthday 10. Flannel 11. マリアージュ

BACK NUMBER

Uta-Net SELECT

歌ネット・セレクト

#わたし以外、全員、幸せそうに見える。 / +α/あるふぁきゅん。

#わたし以外、全員、幸せそうに見える。 / +α/あるふぁきゅん。

汚く卑怯でも眩しくてさ、全てに騙されて生きてる。愛、嘘、もういないひとへの思い…。超実力派女性歌い手が放つ全12曲!

もっと見る

失楽園 / ELAIZA

失楽園 / ELAIZA

君だけがくれるざわめきがほしい。個を見つめ、未来への希望と今の喪失を描く…。池田エライザ、ELAIZA名義による1stアルバム!

もっと見る

凸凹 / 吉岡聖恵

凸凹 / 吉岡聖恵

運命を少しかじっただけなのにもう忙しい。ソロ初のTVアニメOP曲は、緑黄色社会・長屋晴子が提供の王道ポップチューン!

もっと見る

lullaby / 由薫

lullaby / 由薫

声も涙も枯れて消えてく世界で。ONE OK ROCK・Toruプロデュース!映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』主題歌!

もっと見る

NEW ALBUM

アルバム・ピックアップ