歌詞を

ヘルプ

麻こよみ作詞の歌詞一覧リスト

549 曲中 1-200 曲を表示
2020年1月22日(水)更新
並び順:
全3ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
涙の夜風新曲増位山太志郎麻こよみ宮下健治世間の噂にはらはらと
北国なみだ雨新曲増位山太志郎麻こよみ宮下健治あなたの噂を足跡を
丹後なみだ駅新曲椎名佐千子麻こよみ岡千秋ねぇ連れてってねぇ行かないで
徒情け新曲三山ひろし麻こよみ中村典正男のずるさと優しさが
度会橋小桜舞子麻こよみ弦哲也もしも世間に知れたなら
噂になりたい小桜舞子麻こよみ弦哲也ひとつの傘に寄り添えば
男の名刺秋岡秀治麻こよみ岡千秋男の名刺の裏側に涙と汗が
逢いたい夜秋岡秀治麻こよみ岡千秋理由も言わず雨の中に
燈台灯り三丘翔太麻こよみ水森英夫馬鹿な男と笑っておくれ
さすらい種次郎三丘翔太麻こよみ水森英夫風に吹かれて西東
女の夢航路丘みどり麻こよみ岡千秋一度心に決めたなら
あぁ人生峠木原たけし麻こよみ宮下健治来た道を振り向けばあっという
偲ぶ酒木原たけし麻こよみ宮下健治ひとりじゃ喧嘩も出来なくて
冬の月神野美伽麻こよみ岡千秋たとえ罪なら罪でいいふたり
シャンパン ナイト谷龍介麻こよみ大谷明裕星の数ほど男と女
海霧の町山内惠介麻こよみ水森英夫おまえの噂を隠すよに
恋紅葉恋川いろは麻こよみ岡千秋あなたの噂も途切れて消えて
焼け棒杭恋川いろは麻こよみ岡千秋あなたと並んで飲んでると
葉桜しぐれ沖田真早美麻こよみ徳久広司二人の終わりを告げるよに
津軽じょんからひとり旅沖田真早美麻こよみ徳久広司霙まじりの海鳴りしぶき
しょんぼり東京辰巳ゆうと麻こよみ影山時則小雨に濡れる仲見世通り
夕霧の宿福島はじめ麻こよみ徳久広司添えるはずない悲しい運命
あの日の雨福島はじめ麻こよみ徳久広司グラスの酒にしみじみ酔えば
潮鳴り岬藤野とし恵麻こよみ岡千秋北の果てまで逃れてみても
笑顔の向こうに水森かおり麻こよみ弦哲也夕焼け雲の優しさになぜだか
雨のたずね人島悦子麻こよみ三島大輔雨のしずくが淋しく胸に
三日月恋歌島悦子麻こよみ三島大輔あなたを涙で送った夜を
雨降り酒松原のぶえ麻こよみ弦哲也消したつもりの面影が
男心山内惠介麻こよみ水森英夫城跡残る北の町別れも告げず
おんな泣き港永井みゆき麻こよみ徳久広司船を乗り継ぎ噂を追って
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
蛍火哀歌岡ゆう子麻こよみ岡千秋綺麗とあなたに言われたい
青い瞳の舞妓さん川野夏美麻こよみ弦哲也桜の花びらがブロンドの髪に
口紅模様香西かおり麻こよみ都志見隆捨てずじまいの古い口紅
ハイヤが聞こえる港町なでしこ姉妹麻こよみ四方章人三ケ月たったら帰るよと
令和音頭北島三郎麻こよみ原譲二ハァー昇る太陽燦々と
里帰り北島三郎麻こよみ原譲二娘に甘い男親嫁いだ後も
須磨の雨瀬口侑希麻こよみ水森英夫ポツリポツリと女の胸に涙が
ごめんよ麗子増位山太志郎麻こよみ徳久広司窓に小雨がそぼ降る夜は
本気で惚れた人増位山太志郎麻こよみ徳久広司もしも私が見捨てたら
夕月波止場美里里美麻こよみ水森英夫汽笛桟橋あなたの船が出る
つばくろ情話美里里美麻こよみ水森英夫ひと雨来そうな昼下がり
尾曳の渡し森山愛子麻こよみ水森英夫棘ある噂に泣かされて
喜連川森山愛子麻こよみ水森英夫震える唇かみしめてこらえる
あなた雨大木あつし麻こよみ田尾将実あなたの匂いが今もまだ
待ちぼうけ港大木あつし麻こよみ田尾将実最終フェリー着いたのに
涙の鏡竹村こずえ麻こよみ徳久広司鏡をのぞき化粧を落とす
孫が生まれる竹村こずえ麻こよみ徳久広司娘が嫁いだその日から
罪の川若原りょう麻こよみ田尾将実つらい噂の飛沫に濡れて
露しぐれ若原りょう麻こよみ田尾将実あなたを思ってまた泣いて
惚れたがり氷川きよし麻こよみ水森英夫男を見る目がないよねと
まんさくの花山内惠介麻こよみ水森英夫改札口で手を振るあなた
恋散らしの雨真木ことみ麻こよみ徳久広司遠ざかるあなたの背中
愛染橋を渡ります美川憲一麻こよみ木村竜蔵つないだ手と手を隠すよに
にっぽん唄めぐり美川憲一麻こよみ木村竜蔵さぁさ皆さん歌いましょう
漁火街道椎名佐千子麻こよみ岡千秋恋しい面影かき消すように
北陸新湊椎名佐千子麻こよみ岡千秋愛をどんなに隠しても
最終出船山口ひろみ麻こよみ岡千秋裸足でつま先凍らせて
心の糸山口ひろみ麻こよみ岡千秋肩の荷物はあずけろと
最後の夜だから谷龍介麻こよみ大谷明裕人目に隠れ忍び逢い
ひとりじゃないよ谷龍介麻こよみ大谷明裕思い通りにならなくて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ひとり象潟花咲ゆき美麻こよみ新井利昌涙にかすんだ島影は
真心をありがとうつかさ学麻こよみ徳久広司茜に染まった日暮れ空
望郷ひとり旅木原たけし麻こよみ宮下健治風がガラス戸揺らすたび
おまえと木原たけし麻こよみ宮下健治明日のことさえわからぬままに
女の時雨福島はじめ麻こよみ徳久広司心に隠した淋しさを
夢屋台福島はじめ麻こよみ徳久広司屋台熱燗コップ酒風が行き交う
命ささげます秋山涼子麻こよみ松井義久あなたの浮いた噂なら
涙の雨秋山涼子麻こよみ三枝鈴実最後の恋と心に決めて
京都 ふたたび多岐川舞子麻こよみ徳久広司ひとつひとつと噂集めて
京都 別れ雨多岐川舞子麻こよみ徳久広司別れに涙見せへんわ
多度津 みなと町水森かおり麻こよみ宮下健治あなたが暮らす町の灯が
このみ音頭杜このみ麻こよみ宮下健治アソレハイソレ北の札幌後に
乙姫川青木美保麻こよみ岡千秋川面に震える水草と
男と女の港町青木美保麻こよみ岡千秋あんな男とつぶやけば
哀愁北岬服部浩子麻こよみ影山時則哀しい恋の傷跡に
女の裏通り服部浩子麻こよみ影山時則嘘も言います女です
霧雨川千葉一夫麻こよみ四方章人哀しい噂を逃れてふたり
別れのグラス千葉一夫麻こよみみちあゆむ愛してみても月日がたてば
明日への伝言川中美幸&ベイビー・ブー麻こよみ花岡優平思ったことの半分も
たそがれ哀愁川中美幸&ベイビー・ブー麻こよみ花岡優平二人の思い出並木道
北の港で待つ女浜博也麻こよみ岡千秋おまえに似合う男になって
おまえと俺と浜博也麻こよみ岡千秋おまえの瞳にあふれる涙
蜃気楼水森かおり麻こよみ大谷明裕涙色した哀しみを抱いて魚津の
岡崎旅情葵かを里麻こよみ影山時則朱い神橋たたずめば
ほろ酔い情話島悦子麻こよみ三島大輔あなたの形見の切り子のグラス
未練な女島悦子麻こよみ三島大輔消したつもりの面影揺れて
二度とない人生だから大泉逸郎麻こよみ大泉逸郎夢を見るのに年齢なんて
夢でいいからたくみ稜麻こよみ徳久広司雨の路地裏小走りに
恋物語part2たくみ稜麻こよみ徳久広司忘れたことはなかったよ
紫露草愛川まみ麻こよみ水森英夫こぼれる涙の水たまり
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
吉備路ひとり永井みゆき麻こよみ徳久広司罪な恋だと知りながら
七色ネオンは女の涙芳賀誠麻こよみ田尾将実最初は気まぐれ遊びの恋が
道端に咲く花芳賀誠麻こよみ田尾将実小雨に濡れて道端に
今日という日に感謝して山川豊麻こよみ徳久広司女の願いをひとつだけ
あなたの女です知里麻こよみ岡千秋泣いて泣いて泣いて泣き濡れて
いじめやんといて浅田あつこ麻こよみ鹿紋太郎ほんまにあんた来てくれた
桜のように木下あきら麻こよみ杉本眞人流れる歳月振り向けば
宵待ち灯り伍代夏子麻こよみ四方章人酔ってうたた寝あなたの頬に
袖しぐれ伍代夏子麻こよみ四方章人あふれる涙を蛇の目の傘に
春待ち坂美川憲一麻こよみ水森英夫夢につまずき転んでも
舞鶴おんな雨椎名佐千子麻こよみ岡千秋心尽くして愛しても
金沢茶屋街葵かを里麻こよみ影山時則愛する人の名前さえ
おぼえていますか小金沢昇司麻こよみ大谷明裕おぼえていますか雨の街角
愛犬子守歌花咲ゆき美麻こよみ宮下健治はじめて我が家に
白糸の滝桜井くみ子麻こよみ岡千秋無理を承知のしのび恋
新宿ブルームーン氷川きよし麻こよみ桧原さとし独り新宿歩道橋ヘッドライトの
愛のハンカチ純烈麻こよみ大谷明裕ほら涙を拭きなよ
雪の華真木ことみ麻こよみ徳久広司なんで女に生まれたか
いさり火本線真木ことみ麻こよみ徳久広司北へひたすら夜汽車は走る
花海棠青木美保麻こよみ岡千秋肩にはらはら花海棠の
おんな一輪演歌節青木美保麻こよみ岡千秋物の数より笑顔の数で
会津追分森山愛子麻こよみ水森英夫死ぬよりつらい別れの言葉
雨の信濃路森山愛子麻こよみ水森英夫泣かないと何度も決めた
波の花海岸服部浩子麻こよみ徳久広司岩に砕ける波の花
佐原雨情原田悠里麻こよみ岡千秋雨のしずくに濡れて咲く
帯屋町ブルース水雲-MIZMO-麻こよみ水森英夫一ヶ月前にはおまえを見たと
米~kome~海外バージョン水雲-MIZMO-麻こよみ水森英夫ツバメが飛んで田んぼを均し
新庄恋しや水田竜子麻こよみ水森英夫地図で見たならヨー
紫陽花みれん杜このみ麻こよみ徳久広司優しい瞳をしたあなたに負けて
手のひら鳥羽一郎麻こよみ田尾将実やれやれ一日終わったと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
風笛の町北野まち子麻こよみ岡千秋野面を渡る風の笛
そのうち一度帰ります北野まち子麻こよみ岡千秋たった四時間電車に乗れば
おまえがいたから俺がいる小金沢昇司麻こよみ徳久広司こんな男のどこがいい
赤いピアス小金沢昇司麻こよみ徳久広司あなたの甘いあの囁きを
哀愁流転桜井くみ子麻こよみ弦哲也弱い女は流される
花艶歌知里麻こよみ岡千秋凛と咲きます山桜
恋しずく矢吹春佳麻こよみ幸耕平はずした指輪の夢の跡
つりしのぶ矢吹春佳麻こよみ幸耕平日暮れの窓辺に震えて泣いて
宇和島 別れ波水森かおり麻こよみ弦哲也あなたが最後のひとになる
花の東京水森かおり麻こよみ弦哲也夢の銀座でお買い物
はぐれ花市川由紀乃麻こよみ徳久広司人の幸せふしあわせ
残んの月杜このみ麻こよみ徳久広司あてにならない約束なのに
想い出酒場山口瑠美麻こよみ四方章人窓辺に揺れる折り鶴さえも
おんなの花山口瑠美麻こよみ四方章人向かい風でも嵐でも
風花の女桜井はやと麻こよみ大谷明裕やっぱり一緒に行けないと
鹿児島慕情桜井はやと麻こよみ大谷明裕会いたさ見たさが今さらつのる
津軽の風徳永ゆうき麻こよみ水森英夫春は名ばかりひゅるひゅると
せつな川篁紗をり麻こよみ宮下健治添えるあてない哀しい恋と
命 まるごと篁紗をり麻こよみ宮下健治あんな男と言われても
紅しぐれ岩本公水麻こよみ岡千秋心変わりを疑いながら
雪の兼六園葵かを里麻こよみ影山時則別れの言葉も聞かないままで
涙の三番ホーム葵かを里麻こよみ影山時則泣かない約束してたのに
泣かせてつかさ学麻こよみ神野悠斗月日がたてばなおさらに
みちづれ川小金沢昇司麻こよみ徳久広司冷たい噂に追われるように
幾多の恩北島三郎麻こよみ原譲二右も左もわからずに
二人三脚、ふたり道北島三郎麻こよみ原譲二親と暮らした月日より
ぬくもり酒場三船和子麻こよみ岡千秋灯りがともる駅裏通
三歩下がってついて行く三船和子麻こよみ岡千秋世間知らずのこの私
秋燕青木美保麻こよみ岡千秋夏も終わりのこぬか雨
満天の星青木美保麻こよみ岡千秋明日のことさえ手探りで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
口紅未練秋山涼子麻こよみ松井義久泣かずに見送る約束なのに
ホテル サンタ・ローザ里見浩太朗麻こよみ徳久広司波打ち際を走る少年遠い自分に
雨待ち酒場大川ゆり麻こよみ堀慈肩を寄せ合いひとつ傘
長崎みれん雨大川ゆり麻こよみ堀慈愛をなくした哀しみを
雨の舟宿こおり健太麻こよみ田尾将実雨の舟宿忍び逢い胸に涙の
霧雨の街こおり健太麻こよみ田尾将実他の誰かと寄り添い歩く
白河の関山内惠介麻こよみ水森英夫身を引く女の哀しみ抱いて
夢路山内惠介麻こよみ水森英夫路地裏ひと間の薄灯り
露地裏しぐれ藤野とし恵麻こよみ水森英夫心に隠した恋の傷雨降る夜には
私をどうするの…藤野とし恵麻こよみ水森英夫檸檬ひと切れグラスに浮かべ
好きなのに島悦子麻こよみ影山時則一度も後ろを振り向かないで
函館慕情徳永ゆうき麻こよみ水森英夫たそがれ波音漁り火揺れて
手鏡上杉香緒里麻こよみ徳久広司ふたつに割れた手鏡に
なみだの川上杉香緒里麻こよみ徳久広司この世の中の哀しみを
春はもうすぐ小金沢昇司麻こよみ徳久広司せめて今夜は二人して
夕顔の坂山口瑠美麻こよみ四方章人淋しいですかと聞かれたら
行合橋山口瑠美麻こよみ四方章人日暮れて賑わう橋の上
忍び逢い竹島宏麻こよみ幸耕平ふたり窓辺に寄り添えば
東京紙芝居竹島宏麻こよみ幸耕平開店前に吸うタバコ
あなたの唇竹島宏麻こよみ幸耕平あなたに気のないふりをして
おんな舟松川未樹麻こよみ岡千秋人の優しさ沁み通る
天草みれん三丘翔太麻こよみ水森英夫ひとりたたずむ天主堂
五山の送り火葵かを里麻こよみ影山時則命さえかけて叶わぬ恋ならば
淋しい雨葵かを里麻こよみ影山時則どんなに心を閉ざしても
純情一本気中西りえ麻こよみ岡千秋よせとよせと言われりゃ
斜め松中西りえ麻こよみ岡千秋身体くの字の斜め松
女の残り火大江裕麻こよみ四方章人未練の残り火消せるでしょうか
泣きたい夜瀬川瑛子麻こよみ原譲二故郷からも見えるでしょうか
あなたのそばに瀬川瑛子麻こよみ原譲二笑顔がいいねとあなたに
涙のお酒出光仁美麻こよみ水森英夫どこへも行くなと抱きしめ
恋するふたり田中アキラ&占い師メイ麻こよみ森山慎也なぜか淋しい横顔
女もどり橋秋山涼子麻こよみ松井義久一夜あなたと過ごしたら
まだ見ぬ人へ岬光司麻こよみ西つよし茜色した日暮れ空そろそろ夏も
サヨナラが言えなくて岬光司麻こよみ西つよしにじむ黄昏ベイサイドテラス
手筒花火上杉香緒里麻こよみ宮下健治こんなはずではなかったと
女…泣く港三船和子麻こよみ岡千秋あの人の船が出る日暮れ桟橋
浮き草ふたり三船和子麻こよみ岡千秋渡るこの世の裏表流れ冷たい
北国夜行氷川きよし麻こよみ四方章人ひと駅ごとに逢いたさ募る
天草五橋水森かおり麻こよみ四方章人恋にはぐれた女の胸に
港しぐれ井上由美子麻こよみ岡千秋雨に滲んだ桟橋灯り
雪だより井上由美子麻こよみ岡千秋雪より冷たい別れの言葉
山吹の花こおり健太麻こよみ田尾将実もしも世間に知れたなら
風の道こおり健太麻こよみ田尾将実今は冷たい風さえも
女の残り火山口ひろみ麻こよみ四方章人未練の残り火消せるでしょうか
霧の港町山口ひろみ麻こよみ四方章人手紙ひとつであなたと別れ
今治みれん雨北野まち子麻こよみ徳久広司忘れたはずの人なのに面影
女みちのく別れ旅北野まち子麻こよみ徳久広司幸せ失くしたおんなの胸に
流れ星モングン麻こよみ松川秀幸北の最果て見上げる夜空
風岬神野美伽麻こよみ弦哲也海鳴り黒髪波しぶき風の痛さ
しあわせさん永井みゆき麻こよみ弦哲也ひとりぼっちの淋しさに涙
123>