竹内弘一編曲の歌詞一覧リスト  192曲中 1-192曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
192曲中 1-192曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
磐越西線 津川駅永井みゆき永井みゆき麻こよみ宮下健治竹内弘一山の緑を 縫うように あなたを乗せた 汽車が来る そんな夢見て 目覚めた朝は 心なおさら せつなくて 磐越西線 津川駅 私いつまで いつまで待てばいい  そっと私を 抱きしめて 迎えに来ると 言った人 沁みる川風 待つだけ無駄と 騒ぐかわせみ 阿賀野川(あがのがわ) 磐越西線 津川駅 追えば良かった あなたをあの時に  霞む山並み 麒麟山(きりんざん) 季節もいつか ふた廻り ひとりたたずむ 日暮れのホーム 戻る約束 忘れたか 磐越西線 津川駅 あなた待ちます 待ちますこの町で
雨の桟橋永井みゆき永井みゆきのどかけん佐々木立竹内弘一雲をちりばめ 打つ波の しぐれる海峡 寒い冬 雨の桟橋 呼ぶのです 愛しているのよ 戻ってよ 湧いて渦巻く 潮の音  うねる紫 果てしなく はぐれてカモメよ どこへ行く 雨の桟橋 泣きながら 恨んでいないわ 帰ってよ 雨は涙と 降りしきる  風に押されて 振り返る 霧笛の遠吠え 夜明け前 雨の桟橋 呼ぶのです 傍にいてよね 戻ってよ 夢かうつつか 銀の雨
城端 曳山祭葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則竹内弘一あなたに似てる 後ろ姿に おもわず駆け寄る 石畳 女の未練の 哀しさよ 賑わう城端(じょうはな) 曳山祭(ひきやままつり) 誰を泣かすか 庵唄(いおりうた)  どの女(ひと)よりも 私が先に 出会いたかった あなたとは 身を引くつらさに 涙して 別れたあの日の 蔵回廊(くらかいろう)よ 軋(きし)む ぎゅう山 胸を打つ  あなたと二人 玉繭(たままゆ)のよに 寄り添い暮らす 夢を見た 未練の残り火 また燃えて 揺(ゆ)らめく提灯(ちょうちん) 曳山祭(ひきやままつり) 沁みる笛の音 なみだ月
人生花結び北川大介北川大介高畠じゅん子叶弦大竹内弘一風が 立ちはじめたね なんとか ここまで 生きてきた 君の笑顔に すくわれて あれこれ 人生 花結び 何度もほどけて 何度も結ぶ ふたりの先には 明るいあしたが  それは 道なき道さ 歩けば 自分の 道になる 君と手をとり 支え合う あれこれ 人生 花結び 咲くのも 散るのも 約束される 春には芽を出す ちいさな種から  さがし 続けていたよ しあわせ 見えずに いたんだよ 君が寄り添う ここにある あれこれ 人生 花結び 何度もほどけて 何度も結ぶ ふたりの想いを ひとつにかさねて
千日紅の愛北川大介北川大介高畠じゅん子叶弦大竹内弘一夜汽車が 哭いて 動きだす 自分から 捨ててきた しあわせを 心は 今も 今も ゆれている 千日紅の 花も ゆれている 散らないままで 変わらぬままで 逢える日がきっと きっとあるだろう  目覚めて 気づき 泣くだろな ありがとう それだけの メモを書き 男は 酒に 酒に 過去を注ぐ 女は 今日の 今日の 空をみる ふとしたことで 振りむくけれど 寂しげな風が 風が吹くだけさ  小雨の中を 赤い傘 そんなわけ ないはずと みつめてる 心は 今も 今も ゆれている 千日紅の花も ゆれている 笑顔がうかぶ 泣き顔うかぶ 愛してるそうさ そうさ愛してる
私は私…田中あいみ田中あいみ小田和奏小田和奏竹内弘一愛されたいけど私 誰かの代わりじゃ嫌なのよ あなたは笑ったけれど ほんとの心はどこにあるの あなたのいない国際線は 心変わりな雨模様 肩を寄せ合う人波の中 私はもう縋(すが)らないの 誰も知らない私は私 あなたの望む女(ひと)じゃない 行方知れずの私も私 あぁ染まらない色を纏うのよ  愛されたいけど私 言葉じゃ伝わりきらないの 駆け引きなんていらない 私はいつでもここにいるの ひとりでくぐる搭乗ゲート どこかへ向かう人の群れ ここに来たことその意味だけを 私はまた噛みしめるの 明日(あす)を知らない私は私 縋ったままの女(ひと)じゃない 愛され下手(べた)な私も私 あぁこのまま独りでもいいわ  目をそらすのはいつも私で 夢はいつでもそこにある ほどけた髪を結び直して 私は今私になる 誰も知らない私は私 あなたの望む女(ひと)じゃない 行方知れずの私も私 あぁ染まらない色を纏うのよ
噂ばなし田中あいみ田中あいみかず翼西つよし竹内弘一寝返りうっても あんたはいない 片手で捜して 夢から覚める 戻って来るのか 来ないのか 最後のけんかの 理由(わけ)も忘れたよ 馴染みの店では 別れたなんて 言ってるそうね それならそれで いいからさ あんた… あんた… 荷物のひとつも 取りに来い  おまえが最後の 女だなんて 男の言葉(せりふ)は 羽根より軽い 戻って来るのか 来ないのか 鍵さえ替えずに 待っているのにさ いいヤツだったと しみじみひとり 飲んでるそうね それならそれで いいからさ あんた… あんた… 別れ話(はなし)をきっちり つけに来い  ちかごろ噂じゃ きれいな彼女 連れてるそうね それならそれで いいからさ あんた… あんた… さよならぐらいは 言いに来い
北上川旅情水森かおり水森かおりさくらちさと弦哲也竹内弘一かなしみ何処(どこ)に 捨てたらいいの 春まだ浅い 旅の空 ふらりと降りた 見知らぬ駅は 雪の匂いの 残る町 戻らない しあわせなんて 流してしまえ 涙 涙で 遠く振り向く 岩手山 やさしく流れる 北上川よ  水鳥たちが 夕陽に染まる 羽(は)ばたく明日(あす)を 夢に見て あなたのすべて 恋しくなるの 忘れたいのと 思うほど 待ちわびた せつなさなんて 流してしまえ 涙 涙に いつか黄昏(たそがれ) 舞い降りて しずかに流れる 北上川よ  しずかに流れる 北上川よ
龍泉洞水森かおり水森かおり麻こよみ弦哲也竹内弘一やっぱりあなたを 許せない ばかな恋です 女です 誰が流した 涙を集め 青くきらめく 龍泉洞 哀しみ捨てに 来たものを 恋の傷跡 なおさら痛い  見ていたはずです 同じ夢 どこで心は すれ違い どうか教えて わたしの道を 両手合わせる 地蔵岩 恨みはしない 悔やまない 思うそばから 涙が落ちる  形の見えない 幸せを なんで欲しがる 追いすがる 未練さざ波 水面(みなも)に揺れて 巡る地底湖 龍泉洞 思い出捨てに 来たものを 浮かぶ面影 逢いたさつのる
会津なみだ橋津吹みゆ津吹みゆかず翼四方章人竹内弘一会津なみだ橋… あの日の別れ橋 待っててほしいと 言いながら 遠い目をした 旅の人 せめてもう一度 逢いに来て 岸の柳も 切なくぐずり泣く  夢は笹の舟… 流れてどこへ行く 知りたくなかった ぬくもりが 胸を哀しく うずかせる せめてもう一度 逢いに来て 越後街道 消えゆく後ろ影  会津なみだ橋… 渡れぬさだめ橋 女の幸せ 不幸せ みんな教えた 恋ひとつ せめてもう一度 逢いに来て 湯川(ゆがわ)水面(みなも)に 面影また揺れる
恋は女の晴れ舞台津吹みゆ津吹みゆかず翼四方章人竹内弘一広いこの世で めぐり逢う それが二人の 筋書きならば 命を懸けても あなたと生きる 役に不足は ありません 恋は 恋は女の 晴れ舞台  紙の吹雪も 桜(はな)になる 惚れた同士の 道行(みちゆき)だから 台詞(せりふ)はなくても 目と目でわかる かわす契りは 堅結び 恋は 恋は女の 晴れ舞台  暗い夜道は 手を取って 雨の降る日は 相合い傘で 浮世の花道 情けの荷物 ついて行きます どこまでも 恋は 恋は女の 晴れ舞台
さだめの海瀬口侑希瀬口侑希本橋夏蘭蔦将包竹内弘一背伸びしたって 見えぬ明日(あす) ふたりの暦(こよみ)は 捲(めく)れない 宿命(さだめ)と云う名の あなたの海に 心もからだも 投げ出したのは 霧に霞んだ 夜でした  幸せそれとも 不幸せ どうして世間が 決めるのか 宿命(さだめ)と云う名の あなたの海で 燃えてもだえて 溺れるほどに 思慕(おもい)なおさら 深くなる  離れられない 離れない この世で添えない ふたりなら 宿命(さだめ)と云う名の あなたの海を 小舟に揺られて 抗(あらが)いながら たどり着きたい 次の世へ
シリエトク瀬口侑希瀬口侑希朝倉翔大谷明裕竹内弘一船が切り裂く 氷の先に あなたの愛は あるのでしょうか ここは最果て シリエトク 思い切れない 未練を抱いて 追って 追って 追って どこまで 恋の断崖 オホーツク  愛し過ぎたら 苦しくさせた わかっています 別れの理由(わけ)は 波も凍てつく シリエトク すすり泣いてる 海鳥一羽 飛んで 飛んで 飛んで どこまで 涙 捨てたい エトピリカ  雪の岸辺に 番屋がポツリ 置き去りですね 私のように ここは地の果て シリエトク 戻るしかない 運命(さだめ)と知って あなた あなた あなた どこまで 呼んで答えぬ 羅臼岳(らうすだけ)
大川くだり出光仁美出光仁美さくらちさと水森英夫竹内弘一ちょいとごらんよ 三日月さまが 舟の後ろを ついてくる 好いて好かれて その気になって 人目忍んで ゆらゆらゆらり 濡れてみたさの エェ~大川くだり  差しつ差されつ 着物の裾も いつか乱れて 宵灯り とめておくれよ 浜町河岸に いっそ朝まで ゆらゆらゆらり 浮き世捨てましょ エェ~大川くだり  いやだいやだよ 別れるなんて 帯もとかずに このまんま 清州橋から 永代橋へ 夢も流れて ゆらゆらゆらり ほんにせつない エェ~大川くだり
釧路発5時35分根室行き三丘翔太三丘翔太さくらちさと水森英夫竹内弘一あの娘の白いマフラーを 濡らした霧が今日も舞う 風のうわさを追いかけて 夜明けも待てず挽歌の駅へ 釧路発5時35分根室行き  幸せそうに手を振って 別れて行った雪の朝 あれは哀しい芝居だね ひとりで何を想って暮らす 釧路発5時35分根室行き  朝日に煙る雪原の 最後のカーブ汽車は行く 泣いているのは流氷か あの娘が遠く呼んでるような 釧路発5時35分根室行き
捨てられないの三丘翔太三丘翔太さくらちさと水森英夫竹内弘一女のしあわせ くれました 甘い涙も くれました あなたの嘘には 夢がある 芯から泣かせる 夢がある ばかねばかね 信じたの あなたは私を 捨てたけど 捨てられないの あなたがすべて  背中のホクロは 深情け 指でなぞって 言ったひと 兄さんみたいに やさしくて 弟みたいに 可愛(かわい)くて 好きよ 好きよ 今も好き あなたは私を 捨てたけど 捨てられないのあなたがすべて  あなたと拾った迷い猫 今はヒロシと呼んでます 七色十色(なないろといろ)ねおもいでは 遠くになるほどいとおしい 好きよ好きよ今も好き あなたは私を捨てたけど 捨てられないのあなたがすべて
浮世がらす蒼彦太蒼彦太久仁京介水森英夫竹内弘一あまい嘘には 人が寄る 苦い真実(まこと)にゃ そっぽ向く これが世間と 嘆くじゃないよ 俺はやりたい ことをやる 夢を抱えて 三度笠 浮世がらすの 意地っ張り  ~長い坂道 荷物を背負(しょ)って 登っていくのが 人生だとよ ゆっくり行こうさ これから峠だ  二足草鞋(にそくわらじ)は はやりでも 苦手なんだよ 不器用(ぶきよ)もの 人にゃ云わない 本音も嘘も 俺は行きたい 道をゆく ごめんなすって おくんなせぇ 空に陽気な 揚げひばり  向かい風吹きゃ それも良し 決めた道なら それで良し 歩くしかない 能なし野郎 俺はやりたい ことをやる 夢とあの娘(こ)と 三度笠 浮世がらすの 意地っ張り
灯台蒼彦太蒼彦太久仁京介水森英夫竹内弘一逢いたいひとに 逢えないつらさ おれには続く 旅がある 船が岸壁 はなれたら 雨も嵐も 波間も越える 夢は果てなく 遠いから 灯台あかり 照らしておくれ  朝日が映える 夕日が燃える 大海原と あの砂丘 人にかつがれ 世の中を 生きるからには 苦労を花に きっと咲かせて みたいから 灯台あかり 照らしておくれ  海原はるか 乗り越えたとき まだ見ぬおれに 出会うだろう 一度しかない 人生の 生きた証は 我慢のこころ おれの旅路の 終わりまで 灯台あかり 照らしておくれ
肥後の盆こおり健太こおり健太みやび恵桧原さとし竹内弘一金と銀との 金燈籠(かなとうろう) あなた呼んでる よへほ節 逢いたくて 逢えなくて 笑顔の写真 見つめて呑んで ひとり芝居で 恨み言 山鹿(やまが)恋歌 肥後の盆  いつか帰って 来るようで あなた待ってる 窓明かり 逢いたくて 逢えなくて 泣いてるわたし 叱って欲しい ひとりぼっちに させないで 山鹿恋歌 肥後の盆  たどりつけない 面影が 千の灯りと 消える夜 逢いたくて 逢えなくて あなたの胸に 抱かれたはずの 夢はぬくもり くれなくて 山鹿恋歌 肥後の盆
哀傷歌鳥羽一郎鳥羽一郎久仁京介水森英夫竹内弘一ひとつどうぞと そそぐ手に 過ぎた昔の 影がある 傷を隠さぬ 薄化粧 わかっているさ 俺しかいない 優しい夜を やれるのは  昼と夜とが あるように 恋に表と 裏がある 未練なみだは 今日かぎり わかっているさ 俺しかいない 孤独のつらさ 分けるのは  追えば逃げてく ものばかり 夢の名残(なご)りが やるせない 逃げちゃいけない つらくても わかっているさ 俺しかいない 明日(あした)をともに 歩くのは
風を起こせ鳥羽一郎鳥羽一郎保岡直樹西つよし竹内弘一風が吹くのを 当てにして 人生のんびり 寝て待つな 今日でおさらば 風待ち港 天は苦労に 味方する 船だせ 漕ぎだせ 走りだせ 風は自分で 起こすもの  惚れた女を 遠くから 眺めるだけでは 甲斐がない 網を打たなきゃ 魚は獲(と)れぬ 嵐 覚悟で ぶつかれよ 船だせ 漕ぎだせ 走りだせ 愛は激しく 奪うもの  目先の波を 追いかけて 船酔いしている 奴ばかり はるか未来に 心を向けりゃ 見ろよ希望の 陽が昇る 船だせ 漕ぎだせ 走りだせ 夢は自分で 掴むもの
はぐれ落葉三門忠司三門忠司久仁京介宮下健治竹内弘一情け知らずよ おまえと別れ ひとり盛り場 ひとり酒 いいよ いいんだ 忘れておくれ 見せてやれない いい夢ひとつ はぐれ落葉か あゝ 風にとぶ 風にとぶ  花の都と 世間じゃ云うが 夢の花さえ はぐれさす 莫迦よ 莫迦だよ いい奴だった 今度ばかりは 真からつらい はぐれ落葉か あゝ 風に泣く 風に泣く  こころ曇れば 下世話な愚痴が いつか身につく 口をつく なんだ なんだよ 人生模様 どこで違えた なみだになった はぐれ落葉の あゝ 泣きっ面 泣きっ面
気張らなあかん三門忠司三門忠司久仁京介宮下健治竹内弘一気張らなあかん なめたらあかん 夫婦なりゃこそ あんたに賭ける 噂に負けずに 惚れました 器量の深さに 二度惚れました 離さない 離れない この絆 ふたりづれ  通天閣は 浪花の灯り 浴びて育った 嬉しいふたり 季節はときどき いたずらな 嵐を吹かせて 迷わすけれど 夢がある 明日がある この絆 ふたりづれ  気張らなあかん 負けたらあかん 夢をつらぬく あんたの背中 合縁奇縁で 惚れました 死ぬまで一緒と 相惚れでした 離さない 離れない この絆 ふたりづれ
愛をこめてありがとう大江裕大江裕円香乃大谷明裕竹内弘一今日の日は あなたに伝えたい 愛をこめて ありがとう  ライトに照らされて 今日も僕がいる 優しい笑顔が 僕を包む 雨や風の 冷たさに 泣きたい時も あるけれど ここにいれば 歌があれば ひとりじゃ ないから ありがとう… ありがとう… 今日まで育てて くれたあなたに 愛をこめて 思いをこめて ありがとう  拍手のその中に 今日も僕はいる あの頃夢見た 舞台の上 みんな胸に 淋しさを 抱えて生きて いるけれど ここにいれば 歌があれば 元気に なるから ありがとう… ありがとう… いつも支えて くれるあなたに 愛をこめて 思いをこめて ありがとう  ありがとう… ありがとう… いつもどこでも ずっとあなたに 愛をこめて 思いをこめて ありがとう  今日の日は あなたに伝えたい 愛をこめて ありがとう
港酒キム・ヨンジャキム・ヨンジャ岸快生水森英夫竹内弘一何で泣かせる わたしのことを 夢見ていいのね もういちど 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 霧笛がひとつ 港酒  言っちゃいけない 思いと決めて しまってきたのよ 胸のなか 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 似た者どうし 港酒  泣いているのが 答えと聞かれ 何にも言えずに うなずいた 俺といっしょに ならないか 飲み過ぎよ バカみたい 灯りがぽつり 港酒
オメ-お母さん-キム・ヨンジャキム・ヨンジャ呉在浩・日本語詞:もりちよこ鄭京千竹内弘一オメ オメ お母さん 教えてくれますか  か細い その姿 かげろうみたいで いいこと 何もない 貧しい 暮らしで なぜ私を、産んだの?  オメ オメ お母さん 教えてくれますか  オメ オメ お母さん 悔やんでないですか  苦労するために 生きたような人生 しあわせ 遠すぎて 死ぬには 若いのに なぜ私を、産んだの?  オメ オメ お母さん 教えてくれますか  オメ オメ お母さん なぜ私を、産んだの?
あなた探して港町青山新青山新麻こよみ水森英夫竹内弘一忘れて欲しいと あなたの電話 船の汽笛が 聞こえてた 嫌よ 嫌よ このまま これきりなんて たずねる函館 港町  あなたにいつでも 甘えてばかり どうぞ許して わがままを せめて せめて ひと言 謝りたくて たたずむ今治(いまばり) 港町  あきらめちゃいなと カモメが騒ぐ 潮風(かぜ)が噂を 消してゆく 他の 他の 誰かと 幸せですか 日暮れの長崎 港町
哀しみのエゴイストファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし竹内弘一ひとひら ふたひら 花びらが散る 孤独な心の 写し絵みたい 泣けばすむと思う女と 言葉足らずの男の 恋ほど 哀しい生き物はない こわれてゆく あなたと私 下手な生き方ね こわれてゆく 自分勝手な 愛を忘れたエゴイスト  “人生” 素敵な 言葉だけれど この頃上手に 生きられなくて 風の歌が聴こえた頃は もっと優しく微笑(わら)えた 恋ほど 素敵な明日はないと こわれてゆく あなたと私 愛がはぐれてる こわれてゆく 自分勝手な 似た者どうしエゴイスト  こわれてゆく あなたと私 下手な生き方ね こわれてゆく 自分勝手な 愛を忘れたエゴイスト
最愛ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし竹内弘一言い訳する濡れた睫毛 あの頃の私ね 見知らぬ女性(ひと) 駅のベンチ 自分の姿 重なる 消せはしない過ち あなたを傷つけ 愛されてた 幸せも全て 壊したの私 ないものねだりのブルース 泣き方なら忘れたけど あなたのことだけ 今でも 忘れられずに 生きてる  もう無理だと言われた時 信じたくなかった 震えていた あなたの声 ナイフの様に 刺さった 何処にいるのあれから 何年たったの ただ会いたい こんな雨の夜(よ)は 余計恋しくて ないものねだりのブルース も一度やり直せるなら あなたのことだけ 死ぬまで 愛し続けて 生きてく  ないものねだりのブルース 泣き方なら忘れたけど あなたのことだけ 今でも 忘れられずに 生きてる
郡上しぐれて津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一あなたに会って 知りました 恋の苦しさ もどかしさ 郡上おどりの 下駄の音 聞けばあの日が また浮かぶ 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 袖しぼる  手鏡のぞき 口紅(べに)引けば 胸の奥まで 熱くなる どうかひとりに させないで 思い断ち切る 術(すべ)もない 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 山が泣く  想い出揺れる 長良川 涙ばかりを また誘う きっと帰ると 云ったのに やがて暦も ひと回り 抱きしめて 抱きしめて… 郡上しぐれて 身も細る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
母子草津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一胸にしまった 苦労の数が やせた背中に 書いてある 母の姿が 私の鏡 明日(あした)に続く 道しるべ 雨に打たれて 色づいて 咲いてひそかな 母子草  歳を重ねて あなたが判る 辛い時ほど なおさらに 骨身(ほねみ)削って なり振り捨てて 育ててくれた その思い 無駄にしません この命 咲いて愛しい 母子草  弱音吐いたら 幸せだって 逃げて行きます 両手から 母の言葉を かみしめながら うつむかないで 生きて行く 夢がひとひら 風に舞う 咲いて嬉しい 母子草
夜まかせ謝鳴&椋忠治郎謝鳴&椋忠治郎木下龍太郎水森英夫竹内弘一見えないようだね 待ち人あなたも 塞がらないのね 貴方の隣りも 降られ同士の 関係(あいだ)なら このまま別れちゃ 行けないね 女は酸っぱい リンゴより 完熟トマトよ 食べるなら 北の男と 南の女で 名前どうでも いいじゃない 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ  どうするつもりよ 私を酔わせて とってもきれいさ 酔ってる女は これじゃ車に 乗れないし つき合う他には ないみたい 男はボジョレ ヌーボーより 熟成ワインさ 呑むのなら 北の男と 南の女で 後を引くよな 野暮はなし 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ  港が見えるよ ホテルの部屋から 一杯飲ませて 酔い覚めお水を 船の霧笛を 聴きながら 踊って過ごすも 悪くない 夜明けのコーヒー 飲むなんて 本当に何年 ぶりかしら 北の男と 南の女で 秘密持つのも いいじゃない 大人の恋は 大人の恋は 成り行きまかせ 夜まかせ
愛々傘椋忠治郎椋忠治郎木下龍太郎水森英夫竹内弘一良いことだけの 一生ならば この世に苦労の 二字はない 片袖濡れても 肩寄せ合えば 凌げる冷たい 冬時雨 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の こころ傘  見た目は野暮な 番傘だけど 畳めば明日の 杖になる 一人じゃ気付かず つまずく溝(どぶ)も 二人で避けてく 水たまり 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の きずな傘  信じて待てば いつかは晴れる 二人の人生 空模様 この世の長雨 上った後も 日傘の代りに 差して行く 愛々傘は 愛々傘は 貴方と私の いのち傘
居酒屋 夢あかり松前ひろ子松前ひろ子かず翼弦哲也竹内弘一暖簾を出すたび 空へと祈る あなた今夜も 見ていてくださいね 苦労を重ね あなたとふたり やっと開いた お店です 私ひとりで これからは 笑顔でともす 恋あかり夢あかり  色気も愛想(あいそ)も ない店だけど あなた残した この味守ってる 細腕だけど まごころ込めて 作る手料理 並べます どうぞ皆さま ご贔屓(ひいき)に 笑顔でともす 恋あかり夢あかり  暖簾をしまって ひと息つけば 湯気の向こうに 面影浮かびます 一日今日も 頑張りました 明日(あす)もいい日が きっと来る ほろり涙が にじんでも 笑顔でともす 恋あかり夢あかり
待雪草松前ひろ子松前ひろ子さくらちさと弦哲也竹内弘一つらいときほど 笑ってみせる 黙ってそばに いてくれる 惚れた惚れたよ その笑顔 待雪草の 花に似た おまえと おまえと生きて行く  ろくでなしだと 悔やんでないか しあわせやれぬ この俺を 不甲斐ないぜと また呑めば 朝まで寝ずに 待っている おまえに おまえに詫びている  何もいらない 夫婦(めおと)だものと はにかむ頬(ほほ)の いじらしさ 遠い雪解け 夢に見る 待雪草の 花のよに ふたりで ふたりで生きて行く
一里塚二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一天に届けと この手をのばし 夢のしっぽを 掴むのさ 故郷(ふるさと)出てから はや幾年(いくとせ)か 旅はまだまだ 一里塚… おっと弱音は やめときな わき目ふらずに 明日へ進め  すがるあの娘に 背中を向けた 胸のつらさを 誰が知ろ 面影こころに 宿したままで 旅はまだまだ 一里塚… おっと未練は やめときな 俺を忘れて 幸せ探せ  空を染めてる 真っ赤な夕日 俺の闘志が また燃える おふくろすまない 待ってておくれ 旅はまだまだ 一里塚… おっと涙は やめときな めざせてっぺん いつかは昇る
青空みたいな男です二見颯一二見颯一保岡直樹水森英夫竹内弘一つらい涙も 笑顔にかえて いつも心は 日本晴れ 声もしぐさも くちびるも みんな好きだよ 可愛いよ きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です  時の流れは 雲より疾(はや)い 今日を大事に 生きたいね カッコつけずに 俺らしく 燃える想いは いつまでも きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です  愛のことばを 弾ませながら 歌で春風 とどけるよ きみが小鳥(とり)なら 俺は空 夢よ羽ばたけ この胸で きみにぞっこん 惚れました 青空みたいな 男です
吉野 千本桜葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則竹内弘一私を優しく 抱きしめながら 連れては行けぬと 詫びる人 離れたくない 嫌ですと 言えぬ別れの 吉野山 女の涙か はらはらと 花びら散ります 千本桜  愛され暮らした 思い出あれば 生きて行けます 一人でも 足手まといに ならぬよに 泣いて身を引く 吉野山 あなたを愛して 悔いはない 儚(はかな)く散ります 千本桜  両手を合わせて 吉水(よしみず)神社 あなたのご無事を 祈ります 追って行けない 後ろ影 一目(ひとめ)千本(せんぼん) 吉野山 あなたの足跡 隠すよに 淋しく散ります 千本桜
冬航路瀬口侑希瀬口侑希坂口照幸筑紫竜平竹内弘一こんな夜更けに 吹雪の中を おひとりですかと 宿のひと 言葉少なに うなずけば 海が哭(な)いてる 波止場町 過去をふり切る 冬航路  いいの器用に なれなくたって ひとりの男に 惚れて死ぬ うなじあたりに すきま風 思い出させる 恋の息 一夜(いちや)泊りの 冬みなと  もしも夜啼く 鴎なら 想いを届けに 行(ゆ)けますか こころ変わりを 責めるより 涙ちぎって 渡る海 北へ逃れる 冬航路
ふたりの絆道瀬口侑希瀬口侑希かず翼筑紫竜平竹内弘一ほんの目立たぬ 花でいい あなたの隣りで 咲けるなら 幸せは 幸せは 世間が決める ものじゃない 愛の形は おぼろでも ついて行きます ふたりの絆道  今日の愁いは 今日限り お酒で流して 忘れましょう ほろ酔いの ほろ酔いの 瞼ににじむ 路地灯り 苦労かけると 肩抱かれ 情愛(なさけ)沁みます ふたりの絆道  夢がどんなに 遠くても あなたの背中に 明日(あす)がある 女なら 女なら 命を懸ける 恋ひとつ 離れたくない 離れない 一歩ずつです ふたりの絆道
女のはじまり青山新青山新田久保真見水森英夫竹内弘一もっと優しい 男がいると あなたは背中を 向けるけど やめてやめてやめてよ 倖せよりも あなたのために 泣きたいの ああ 女の 女のはじまり  胸がほんとに 張り裂けること あなたが教えて くれたのよ あたしあたしあたしは 死ぬほど抱かれ 女の気持ち 知りました ああ 女の 女のはじまり  どんな優しい 男がいても 冷たいあなたが 好きなのよ 欲しい欲しい欲しいの あなたのすべて 宿命(さだめ)の中に 身を投げる ああ 女の 女のはじまり
どうにもならない恋だもの青山新青山新田久保真見水森英夫竹内弘一どうにもならない 恋だもの 泣いてさけんで 恨んでみても どうにもならない 恋なのに 何故かあきらめ 切れないあたし 男がひとり 女がふたり もつれもつれた 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 捨ててしまえば 良かったけれど どうにかこうにか したくって そっと夜更けに 待ちぶせしたの 男は迷い 女は決める たぐり寄せたい 恋の糸  どうにもならない 恋だもの 惚れて許して 信じるだけね どうにもならない 恋だから 腹をくくって 覚悟を決める あなたがひとり あたしがひとり こころ結んだ 恋の糸
ロマンチック熱海稲葉やすひろ稲葉やすひろ円香乃大谷明裕竹内弘一土曜の夜だから 二人で出掛けよう ちょっとお洒落して 腕組みながら 浜町通りを 歩こうか それとも渚町(なぎさ)で乾杯を 夜空に咲いた 花火がゆらり 君の瞳に 揺れている ロマンチックな ロマンチックな ロマンチック熱海  綺麗な朝だから 二人で出掛けよう ちょっと早起きの カモメが呼んでいる 永遠(とわ)の幸せ 来宮(きのみや)  恋の神社に 手を合わす お宮の松に フラリと寄って 波とルンバを 踊ろうか ロマンチックな ロマンチックな ロマンチック熱海  いで湯の街巡り 二人で出かけよう 揃いの浴衣で 寄り添いながら 熱海桜が 咲く頃に 連れて行ってね 初島に 約束してと からめた小指 君のすべてが 愛おしい ロマンチックな ロマンチックな ロマンチック熱海
心のきず稲葉やすひろ稲葉やすひろ阿久悠三木たかし竹内弘一夜にまぎれて 船が出る 傷をかくした 人が乗る 惚れた惚れたお前を 抱けもせず 意地で身をひく 馬鹿も乗る 北の海峡 ひゅるひゅると 風が泣き泣き 別れ唄  夢に何度か 起される 胸のいたみに 責められる たったたった一度の 想い出を 酒にうかべて 朝を待つ 北の海峡 海鳥が 一羽はぐれて しのび唄  赤い夕日が とろとろと 溶けて間近に 夜が来る 抱いて抱いて寝たいと この腕が 捨てたお前を 恋しがる 北の海峡 口笛が 未練ひきずり 恋の唄
女のなみだ川松前ひろ子松前ひろ子かず翼宮下健治竹内弘一愛する誰かに 出逢えたならば この世に生まれた 甲斐がある 母の言葉が 今さらに 沁みてあなたに 尽くして生きる つらい時にも 笑顔で隠し 女の心に流れゆく なみだ川  あなたがどこかで 道草しても 信じて待ちます ひとすじに お酒なんかに 逃げないで どんなことでも 話してほしい 泣いて幸せ 離れぬように 女の心に流れゆく なみだ川  あなたの苦労を 私に分けて 背中を押します 支えます 夢が遠くに あるならば 九十九(つづら)坂でも 一緒に上(のぼ)る 照る日曇る日 嵐の日にも 女の心に流れゆく なみだ川
ホイホイ節黒谷兄弟withさおりママ黒谷兄弟withさおりママ志賀大介吉幾三竹内弘一ホーイホイ! と調子良く ホーイホイ! と行きましょう 今日も地球に 花が咲く そうさ そうだよ そうなんだ 月夜も闇夜も 朝になる あっち向いてホイ! こっち向いてホイ! 人生ホイホイ ホイホイ節だョ  ホーイホイ! と世の中は ホーイホイ! と渡るもの 雨も降るだろう 風も吹く そうさ そうだよ そうなんだ 空気を吸うにも 銭がいる あっち向いてホイ! こっち向いてホイ! 人生ホイホイ ホイホイ節だョ  あっち向いてホイ! こっち向いてホイ! 人生ホイホイ ホイホイ節だョ  あっち向いてホイ! こっち向いてホイ! 人生ホイホイ ホイホイ節だョ
君恋列車二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一あの日別れた 小雪のホーム 今日は小雨が 見送(おく)ってくれる ひとりで残され 初めて知った 心の隙間は 埋まらない 走れ 走れ 走れ…君恋列車 君のふるさと 青森行きの  胸のポケット 潜(ひそ)めた指輪 そっとさわれば 勇気をくれる 冷たい噂に 泣いてた君を 命を懸けても 守りたい 走れ 走れ 走れ…君恋列車 次駅(つぎ)は盛岡 面影乗せて  二度とこの愛 離しはしない 夢を探そう ふたりの夢を 別れのつらさに 背中を押され 迎えに来たんだ 逢いに来た 走れ 走れ 走れ…君恋列車 遠く見えるは お岩木山か
ふるさと暮色二見颯一二見颯一かず翼水森英夫竹内弘一夕焼けトンビが ピーヒョロロ あの娘が摘(つ)んだ 野菊の花を 辻の地蔵に 供えて祈る うなじの白さが まぶしくて あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色  林檎の花びら ハラハラリ 今でも浮かぶ 田毎(たごと)の月よ 細いあぜ道 ふたりで歩き 別れがつらいと 気づいた日 あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色  祭りの太鼓が ドンドコドン 夕闇せまる 鎮守の森で 浴衣姿の あの娘を見かけ 突然騒いだ 胸の奥 あれが恋とも 知らないで… 思い出暮れなずむ ふるさと暮色
おんなの嵯峨野路津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一指折り二年の 歳月(としつき)は 長すぎました 私には あきらめません 捨てません 恋の成就が 叶うまで あなた恋しと 胸が啼く 嵯峨野 薄墨(うすずみ) 竹の道  嵯峨野を捨てては 生きられぬ 一途な私 女です 宛先のない この手紙 誰か届けて あの人に 熱い思いが 清滝(きよたき)の 水に打たれて 竜になる  この世で添えたら もういいの 次の世なんて いりません 焦がれてやせた この身体(からだ) せめて夢でも 抱きしめて 風があなたの 声になる 嵯峨野 祇王寺(ぎおうじ) 石畳
縁酒津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一波乱万丈 七坂八坂(ななさかやさか) 越えてはじめて 華も咲く 苦労重ねた その先に 明日(あす)と云う日が 待っている ふたり重ねる 縁酒  夢の積み荷を 背負って歩く 無駄にするまい この命 惚れていりゃこそ よく判る 言葉なくても 目を見れば 生きて甲斐ある 縁酒  縁(えん)を結んだ か細い糸も やがてでっかい 綱(つな)になる 今日は大安 晴れ姿 笑う門(かど)には 福がくる 交わす盃 縁酒
発車のベルが長すぎる三丘翔太三丘翔太岸快生水森英夫竹内弘一乗ってくるひと 降りるひと どこへゆくのか 帰るのか 俺はいったい どこへゆく おまえと別れ どこへゆく すがるなみだに 背を向けて 仕方ないさと 別れたけれど 発車のベルが 長すぎる  横に流れる 窓の雨 駅に着くたび 縦になる 遠くなるほど 胸を刺す おまえのなみだ 胸を刺す 理由(わけ)も言わずに 背を向けた 俺を許せる はずなどないが 発車のベルが 長すぎる  待っているのか 今ならば 駅のベンチで 泣きながら だけど戻れる はずがない 戻ってゆける はずがない ドアが開(あ)くたび 降る雨が 胸に吹きこみ こころを揺らす 発車のベルが 長すぎる
しあわせのうた三丘翔太三丘翔太水森英夫・補作詞:岸快生水森英夫竹内弘一さぁ みんなで歌おうよ しあわせのうたを 笑顔と笑顔が ぼくたちをつなぐ  どんなにいやなことも どんなにつらいことも しあわせのうたを歌えば 未来の君がいる  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ  さぁ みんなで歌おうよ しあわせのうたを 昨日と明日を あのうたがつなぐ  どんなにいやなことも どんなにつらいことも しあわせのうたを歌えば 未来の君がいる  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ  La La La Sing a Song La La La Sing a Song さぁ みんなで歌おうよ
大阪なみだ雨レイジュレイジュ高畠じゅん子田尾将実竹内弘一とても優しくされたから 未練がのこる 北の新地の夕暮れは 悲しいばかり あなたの気持ちが 離れた今も わたしは この街 大好きだから あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨  レモン色した御堂筋 枯れ葉も濡れる 想い出すのは温かな あなたの胸よ 愛しちゃだめだと 言い聞かせても 抱かれてしまった 女のよわさ あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨  にごり水でも淀川は 流れて海へ 夢をみたのよ幸せな ひとときでした あしたがあるよと はやりの唄が 背中を押すから うつむかないわ あぁ雨 雨 なみだ雨 大阪なみだ雨
人生はひまわりのようにレイジュレイジュ高畠じゅん子田尾将実竹内弘一わたしは辛いことから 目をそむけずにきたよ わたしはどんなことにも 誠をつくしたわ すべての過去を想うと 涙が止まらないよ けれども歌があるから 歩くよこの道 ふるさとに感謝を忘れない 離れていても 同じ空の下 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように  わたしは壁にぶつかり 自信を無くしかけた わたしは暗い時代も 経験してきたわ やるべきことの半分も できてはいないけれど あしたに夢を託して 進むよこの道 ふるさとはいつでも温かい 両手を広げ 抱いて抱きしめる 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように  ふるさとに感謝を忘れない 離れていても 同じ空の下 母がいる 父がいる 友がいる そして今 あなたがいるのよ 太陽をあびて 大地に根をはる 人生はひまわりのように
千里の酒秋岡秀治秋岡秀治岸快生水森英夫竹内弘一いつか一緒に おまえとふたり 夫婦(めおと)になって 飲める日が 信じていれば きっとくる きっとくる きっとくる その日を夢に がまんの酒は おまえも同じ 千里の酒さ  ずっとやまない 雨などないさ 虹さえかかる 晴れた日が ふたりの空に きっとくる きっとくる きっとくる その日のために 涙をためて 今夜もひとり 千里の酒さ  誰に遠慮も しなくていいさ ひなたの道を ふたりして 歩けるときが きっとくる きっとくる きっとくる 心と心 引きよせあえば 思いは一里(いちり) 千里の酒さ
俺はやっぱり演歌だぜ秋岡秀治秋岡秀治岸快生水森英夫竹内弘一照れて口には 出せないけれど 夫婦春秋(めおとしゅんじゅう) ありがたさ ともに白髪の 背中に向かい 胸でつぶやく ありがとう 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  覚悟している つもりでいたが 娘持つ親 さびしさよ 妻に何度も たしなめられて やっとひとこと おめでとう 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  肩を組むのは 柄ではないが 旧(ふる)い友情 変わりなし ともに過ごした 学び舎(や)さえも 今はないなと 酒を飲む 演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ  演歌だぜ 演歌だぜ 俺はやっぱり 演歌だぜ
あした絆坂美山京子美山京子峰崎林二郎水森英夫竹内弘一春は小さな つぼみに隠れ 冬がひっそり 連れてくる あなた来ますよ ふたりの春も 桜咲く日を 指折り数え これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂  永い人生 雨 風 あらし 辛い苦労は 分け合って たまのけんかも 一本付けて 向かい酒です 注がれて注いで これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂  雪の重さに 折れそな枝も 耐えて桜は 春を待つ 支えられたり 支えてあげて どこか似ている あなたとわたし これからも よろしくね お願いします 並んで見上げる 絆坂
面影酒よ美山京子美山京子峰崎林二郎水森英夫竹内弘一酒で未練が 消せない夜は 誰かに甘えて みたくなる 忘れたいのに 注ぐ酒に あなたが浮かんで 憎らしい 面影酒よ  尽くし足りずに 別れたひとの やさしさ強さを 思い出す 酒よ女の さみしさを 分っているなら 止めないで 面影酒よ  こぼれ涙で 別れた人の 名前を何度も 書いて消す おんなひとりで 飲む酒は こころの底まで 沁み透る 面影酒よ
柴又暮色水森かおり水森かおり小野塚清一桧原さとし竹内弘一春の日に さくらが舞って 過ぎし日の 思い出誘う 肩寄せ 歩いた 江戸川の辺(ほとり) 面影が ぬくもりが この胸に よみがえる 帝釈天(おてら)の参道(みち)に 鐘が鳴り響く あゝ もう一度 もう一度逢いたい…  渡し舟 ひとりで乗れば 花冷えの 川風寒い 一途(いちず)に 愛した あの人はいない 信じてた 夢見てた 倖せは 帰らない 帝釈天の参道に 鐘が鳴り響く あゝ 人もない 人もない夕暮れ…  忘れたい 忘れない ひとりきり 合掌(て)をあわす 帝釈天の参道に 鐘が鳴り響く あゝ もう一度 もう一度逢いたい…
大隅半島水森かおり水森かおり伊藤薫伊藤薫竹内弘一風は海風 佐多岬(さたみさき) 髪が乱れる 身体が凍る 時の流れと こぼれた水は どんなに待っても 戻りはしない 大隅半島 愛は…愛は消えました 夢も希望も 未来も連れて  潮の香りの 志布志湾(しぶしわん) 駅の向こうで 線路が果てる 同じ歩幅で 歩いたはずが 気づけば隣に あなたがいない 大隅半島 愛が…愛が見えません 一人きりでは 明日も迷子  霧の向こうに 桜島 時に雄々しく 優しく強く 言葉少なで 静かな笑顔 浮かんで消えては 涙がにじむ 大隅半島 愛は…愛はどこにある 誰かお願い 教えてほしい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋無情田中あいみ田中あいみかず翼西つよし竹内弘一泣いて忘れて しまえるような ハンパな恋じゃ なかったわ 命… 命かけてた あの人の 心変わりが つらすぎて 夜にさまよう 恋無情  憎むことさえ できないならば 未練はどこへ 捨てりゃいい 夢を… 夢を見たのが 悪いのか 夢を見させた やさしさが 傷にしみます 恋無情  街の灯りは 偽(いつわ)りの海 小舟のような このあたし こころ… こころきれいに 生きてれば いつか着けるさ 幸せに 涙ひとすじ 恋無情
GOOD BYE FOREVER田中あいみ田中あいみかず翼西つよし竹内弘一Good bye forever 驚かないで 悲しいニュースを あなたにあげる  ねぇあなた しっかり聞いて 一度だけしか 言わないけれど ねぇあなた 別れましょう 嫌いになる その前に  あなた優しい 人だから 過ぎた遊びも 許せるわ けれど何日 帰らない 寂しい時間に 疲れたの…  街の灯りが 夜を連れて来る Good bye forever さよなら さよなら ねぇあなた…  ねぇあなた 思い出すのは 可愛い寝顔と 憎めぬ嘘と ねぇあなた 時がたてば ふたりのことも 過去になる  もしも百まで 生きた時 あなたの名前を 口にして 閉じた瞳に 一粒の 雫がこぼれる 夢を見る…  窓にいつしか 雨の砂時計 Good bye forever ごめんね ごめんね ねぇあなた…  あなた涙は おかしいわ 人生終わった わけじゃない どこかに似合いの 人がいる 誰かが必ず 待っている  街の灯りが 夜を連れて来る Good bye forever さよなら さよなら ねぇあなた…  Good bye forever 驚かないで 悲しいニュースを あなたにあげる
北国街道長保有紀長保有紀日野浦かなで宮下健治竹内弘一愛にはぐれた 女の胸に 雨が冷たい 宿場町 北国街道 ここが追分 分かれ道 未練みちづれ 面影追えば 雲の向こうに ああ浅間山  肩を抱かれた ぬくもりひとつ 忘れられない 夢あかり 北国街道 雁木(がんぎ)造りの 塩の道 憎みきれない 笑顔が今も 胸にあふれる ああ城下町  弥彦過ぎれば 新潟湊(みなと) はぐれ鴎が 啼く夜更け 北国街道 旅も終わりの 浜酒場 未練飲み干す 女がひとり 波もつよがり ああ日本海
惚れてトコトン長保有紀長保有紀はずき宮下健治竹内弘一好きになったら この私 あばたもえくぼの 悪いくせ 誰が止めても うわの空 貴方好みに 変わります もえもえもえて 又もえて 惚れてとことん 命がけ (トコトントントコトントコトン)  夢に今夜は 飛び込んで 恋する呪文を 唱えましょ そして願いが 叶ったら 貴方ひとすじ 尽くします もえもえもえて 又もえて 惚れてとことん 命がけ (トコトントントコトントコトン)  切れぬ小指の 赤い糸 私に結んで 欲しいのよ 待ってひとつき もうみつき 貴方恋しさ つのります もえもえもえて 又もえて 惚れてとことん 命がけ (トコトントントコトントコトン)
大阪ロンリネス田中あいみ田中あいみさくらちさと西つよし竹内弘一あんたが残した 悪い癖 眠りつくまで 腕まくら そんな女や ないはずやのに 忘れられへん 眠れへん 水に映った 月の欠片(かけら)を 追いかけてるよな ひとやけど 好きやねん 好きやねん 好きやねん 好きやねん どないしようも あらへんねん… 私(うち)はあんたに心を 抱かれたんやね 道頓堀がにじんでる 大阪 大阪ロンリネス  流れるこの川 あんたなら 海になりたい 私(うち)やねん 今は背中を 見送るけれど いつか帰って この街に 酔ってつぶれて あんたそれでも 少年みたいに 夢抱いて 好きやねん 好きやねん 好きやねん 好きやねん どないしようも あらへんねん… きっと男も女も 哀しいんやね 通天閣が綺麗やわ 大阪 大阪ロンリネス  好きやねん 好きやねん 好きやねん 好きやねん どないしようも あらへんねん… 私(うち)はあんたに心を 抱かれたんやね 道頓堀がにじんでる 大阪 大阪ロンリネス
雪折れ竹成世昌平成世昌平かず翼堀慈竹内弘一竹がナー 竹が 竹がポンと鳴りゃ 夢から覚める あれは裏山 雪折れ竹よ 夜更けに浮かべる 面影は 遠い都会の あなたの姿… 北風に背中丸めて いやせぬか 人生(みち)に迷って いやせぬか オーホホイ  竹はナー 竹は 竹は一途な 女の想い つらくないのか 雪折れ竹よ 必ず迎えに 来るからと 今も聞こえる あなたの言葉… つまずいて明日を失くして いやせぬか 酒に溺れて いやせぬか オーホホイ  竹もナー 竹も 竹も泣くのか さだめの雪に 恋は哀しい 雪折れ竹よ 淋しく見送る 冬いくつ ここで春待つ 女がひとり… 華やかな街に染まって いやせぬか わたし忘れて いやせぬか オーホホイ
三味線波止場成世昌平成世昌平かず翼堀慈竹内弘一女の未練は トチチリチン 涙払って チントンシャン エー切ないね  沈む夕陽に カモメの影絵 噂たよりに 着いた港まち 逢ってどうなる ものでもないが 三味線(しゃみ)を抱いての 探し旅 「お客さん 一曲いかがです」 流して歩く エー面影波止場  海の男の ぶ厚い胸で 知ったぬくもり 忘れられなくて せめて教えて 別れの理由(わけ)を 三味線(しゃみ)も泣いてる 演歌節 「お客さん 一曲いかがです」 潮風(かぜ)さえむせぶ エー面影波止場  夢をつないで 明日(あした)も生きる 三味線(しゃみ)は 私の守り神 「お客さん 一曲いかがです」 あなたが浮かぶ エー面影波止場
長崎の夜二見颯一二見颯一日野浦かなで水森英夫竹内弘一愛しながらも 別れたひとを 思い出させる 夜(よる)もある けむる小雨の 思案橋 忘れきれない 女がひとり 滲むネオンの あぁ 長崎の夜  人目偲んだ オランダ坂を そぞろ歩けば 夜(よ)が更ける ポツリ灯した 恋あかり 浮世(かぜ)に吹かれりゃ なおさら燃えて 夢も儚い あぁ 長崎の夜  薄いビードロ 南蛮硝子(なんばんがらす) 割れりゃ淋しい うす縁(えにし) 何を祈ろうか 天主堂 どうせ添えない 悲しい運命(さだめ) 響く鐘の音(ね) あぁ 長崎の夜
オランダ坂に雨が降る松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一グラス持つ手も 甘い言葉も すべてが すべてが 好きでした ひと目逢いたい あのひとに 馬鹿です心が 欲しがるの ここは長崎 想い出の オランダ坂に 雨が降る  傘をさしても 濡れる面影 涙が 涙が じゃまをする 二年足らずの 倖せが 滲んで揺れてる 街あかり 噂ひろって 港町 オランダ坂に 雨が降る  霧笛啼く夜 そっとボトルに 名前を 名前を 書いたひと ひと目逢いたい あのひとに 今さら呼んでも 届かない 異人屋敷も たそがれて オランダ坂に 雨が降る
君のふるさと松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を育てた ふるさとは かすむ島並み 輝(ひか)る海 船をかすめて 低く飛ぶ はぐれ鴎も 呼びかける いつかふたりで 行きたいね 海風かおる 君の 君の 君の ふるさとへ  海と同(おんな)じ 色をした ホタルカズラの 花が咲く 丘へ登れば 見えてくる 赤い鉄橋 寄せる波 耳をすませば 潮騒が 響いてくるよ 君の 君の 君の ふるさとに  君を育てた ふるさとは 屋根が重なる 海辺町 君によく似た かあさんの 笑顔やさしい この写真 いつかふたりで 行きたいね 夕陽に染まる 君の 君の 君の ふるさとへ
若狭夕焼け日本海水森かおり水森かおりかず翼桧原さとし竹内弘一おなじ夢見た はずなのに なぜに心は 遠ざかる 誰が鳴らすか 幸せの鐘 日暮れてせつない 三方五湖(みかたごこ) 若狭夕焼け 日本海 海鳥(とり)も寄り添い 行(ゆ)くものを… みれん涙に にじんだ水面(みなも) 月も五つに 割れて散る  ふたり歩いた ひとつ道 今はひとりの 迷い道 一夜(いちや)泊まりの つもりのはずが 気づけば三日の みさき宿 若狭夕焼け 日本海 蘇洞門(そとも)めぐれば 風の中… どうか今すぐ 迎えにきてと 呼べどこたえぬ 波ばかり  若狭夕焼け 日本海 瓜割(うりわり)過ぎれば 水の森 いつかあなたの 幸せ祈る 健気(けなげ)な女に なれますか
愛のさざなみ羽山みずき羽山みずきなかにし礼浜口庫之助竹内弘一この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくゝ くちづけしてね くり返すゝ さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かにゝ いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すゝ さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもゝ 思い出してね くり返すゝ さざ波のように さざ波のように
壇ノ浦恋歌津吹みゆ津吹みゆたきのえいじ四方章人竹内弘一潮の流れが ぶつかり合って 岩を削って 渦を巻く 生きるか死ぬかの 恋をして 面影浮かべて 夜が更ける 女の命 まるごとあげる 心が燃える 壇ノ浦 本気で惚れて いるのなら 海峡渡って 抱きに来い  月の明かりが 火の粉になって 闇を切り裂き 舞い落ちる ひとりの寝床は 寒すぎて 枕を抱えて いるばかり あんたの他に なんにもいらん 焦がれて燃える 壇ノ浦 浜辺で切った 足の指 ひと月過ぎても うずき出す  女の命 まるごとあげる 心が燃える 壇ノ浦 眠れぬ夜は なおさらに この手がその胸 恋しがる
竜のまつり津吹みゆ津吹みゆ本橋夏蘭四方章人竹内弘一日本列島 竜の国 遍(あまね)く命の 守り神 秋の実りの 稲穂のように なれと教わり 生きてきた 学び一生 奢(おご)らずに 今日の恵(めぐ)みに 感謝して そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 五穀豊穣(ごこくほうじょう) 雨乞いじゃ そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 祈りを込めて 雨乞いじゃ  日本列島 竜の国 尊(とうと)い命を ありがとう おとこ一家の 大黒柱(だいこくばしら) 陰で支える 恋女房 笑顔なみだも 分け合えば そうさ日々是(ひびこれ) 好日(こうじつ)さ そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 古来伝統(こらいでんとう) 雨乞いじゃ そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 願いを込めて 雨乞いじゃ  そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 五穀豊穣(ごこくほうじょう) 雨乞いじゃ そ~れそ~れ水あぶせ 竜に水あぶせ 祈りを込めて 雨乞いじゃ
諏訪の御神渡り葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則竹内弘一諏訪湖を渡って 吹く風が 冷たく頬打つ 肩を打つ 恋の通(かよ)い路(じ) 御神渡(おみわた)り あなたお願い 今すぐ 今すぐ逢いに来て 心変わりを 疑えば 涙しずくが 凍り付く  女の心に 幸せの 灯(あか)りを灯(とも)して くれた人 氷連(つら)なる 御神渡(おみわた)り せめてお願い 音信(たより)を 音信(たより)を届けてよ 鳴いて白鳥(しらとり) ただ一羽 群れにはぐれて 誰を待つ  今年は御柱祭(まつり)も あるものを なぜなぜ二人は 逢えぬまま 恋の通(かよ)い路(じ) 御神渡(おみわた)り あなたお願い 今すぐ 今すぐ抱きしめて 私いつまで 待てばいい 雪に埋もれて 立ち尽くす
とちぎの女丘なる実丘なる実金石洋介もりいずみ竹内弘一優しく微笑み 話せば 訛(なま)りの あの娘(こ)と この男(ひと) 夢待ち人 流れる月日に 恋もした 真岡(もおか) 下野(しもつけ) 宇都宮 あぁ あぁ とちぎの女(ひと)  雷様(らいさま)轟(とどろ)く あの日の 出会いは 二人の 心に 火を灯(とも)して 静かに咲いたよ 夢ひとつ 小山(おやま) 塩原 烏山(からすやま) あぁ あぁ とちぎの女  季節に合わせて 咲く花 綺麗に いつでも どこでも この人はと 笑顔でひとこと ありがとう 日光 足利 大田原(おおたわら) あぁ あぁ とちぎの女
夫婦道 ~2022年バージョン~丘なる実&金石洋介丘なる実&金石洋介三上悌次三上悌次竹内弘一巡り合わせは 人の世の 目には見えない 赤い糸 何時(いつ)か知らずに 手を取り合って あなた おまえと 今日まで来たが 人生街道 まだ道途中(なか)ば まだまだ何やら ありそうね 力合わせて これからも 一緒に歩こう 夫婦道 あなた おまえ 夫婦道  広いこの世で 巡り合い 好いて好かれて 結ばれて 長い月日を 手を取り合って あなた おまえと 歩いて来たが 我がまま通せば 天気も変わる 怒れば台風 吹き荒れる 笑えば春風 花も咲く この頃どうにか 見えて来た あなた おまえ 夫婦道  人生街道 まだ道途中ば まだまだ何やら ありそうね 力合わせて これからも 一緒に歩こう 夫婦道 あなた おまえ 夫婦道
告白瀬口侑希瀬口侑希朝倉翔大谷明裕竹内弘一今夜だけは 帰らないで 指をからめてみるけど 愛の後の 甘い言葉 気まぐれと 笑われるの あなたなんか 遊びだって 軽い気持ちでいたのに 腕の中で 瞳とじて なぜかしら 震えてるわ あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ大人の恋のはずが 心に 嘘はつけない… 今夜だけは 帰らないで このまま夢を見させて  そして一人 酔ってみるの あなた残した お酒で 扉閉めて 帰る背中 ため息で 追いかけたい こんな夜を 重ねながら 胸に隠した告白 〈恋〉じゃなくて〈暮らし〉だから その女(ひと)が 大事なのね あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ覚悟の恋のはずが せつなく 今は苦しい… だから一人 酔っているの このまま夢で泣かせて  あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ秘密の恋のはずが 涙で 何を願うの… 他になにも 欲しくないの このまま夢を見させて
なでしこの花松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一人目ふれずに 小雨に打たれ 咲いて哀しい うす紅の花 ごめんよ幸せ やれなくて 秋もあれから ひと回り なでしこの花 なでしこの花 誰に思いを 告げて咲く  いつも淋しい 目をして笑う そんなおまえの 笑顔が浮かぶ 逢うのが遅いと 悔やんでた 今も心に 突き刺さる なでしこの花 なでしこの花 抱いてやれない 身がつらい  逃げた幸せ 追う事よりも 夢を捜して 暮らしておくれ 寄り道ばかりを させながら 何もお返し してやれず なでしこの花 なでしこの花 泣いているのか なでしこも
北の恋酒場松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一あゝ あのひと あゝ 気になる ここは馴染みの 北酒場 ちょっと好みの 男(ひと)がいて 今日もなんだか 帰れない グラスで氷が 溶けだして 外は粉雪 盛り場通り エエエー 灯がゆれる  あゝ あのひと あゝ 気になる 恋の予感の 北酒場 好きと言えない じれったい 言って恥かく こともある のれんを揺らして 風が吹く 春は遠いし お酒は苦い エエエー 夢はぐれ  あゝ あのひと あゝ 気になる 笑顔あつまる 北酒場 誰も仲間で いいひとで お故郷(くに)自慢に 花が咲く ふるさと何処だと 聞かれても 今日はひとりで 呑みたい気分 エエエー 恋酒場
孤独の歌姫田中あいみ田中あいみたかたかし西つよし竹内弘一怨みを言ったら きりがない 身の上話せば 長くなる 流れて来たのは 五年前 トランクひとつ 引き摺って ここは新宿 歌舞伎町 夜霧にかすんだ 場末の酒場 今夜もあたしは 歌ってる  ジョージは墓場で 眠ってる ヨーコは今頃 塀の中 未来(あした)を信じて 走ってた 純情(うぶ)な時代は 夢ン中 ここは新宿 歌舞伎町 あいつの形見の 腕時計(とけい)が今も 想い出チクタク 刻んでる  ここは新宿 歌舞伎町 暗い瞳(め)をした 女がひとり 今夜もブルース 歌ってる  ここは新宿 歌舞伎町 夜霧にかすんだ 場末の酒場 今夜もあたしは 歌ってる
シニカル・レイン田中あいみ田中あいみたかたかし西つよし竹内弘一あきらめ上手に なれたなら お酒も楽しく 飲めるのに 氷を手づかみ グラスに放れば しょっぱい涙が あふれだす レイン レイン… シニカル・レイン 外はどしゃ降り 雨ン中 こんな夜には 男の胸で 汗をながして 眠りたい  深夜の電話が 鳴るたびに あいつじゃないかと 胸さわぎ どれほどあいつを 憎んでみても こころの扉は 半開き レイン… レイン… シニカル・レイン 思いびしょ濡れ 闇ン中 やっぱり独りじゃ やりきれないよ ダブルのベッドが 広すぎる  レイン… レイン… シニカル・レイン そっと目を閉じ お眠りよ 今日がどんなに 悲しくたって 眠ればあしたの 夢をみる
酒場のママさん黒谷兄弟withさおりママ黒谷兄弟withさおりママ伊藤雪彦伊藤雪彦竹内弘一酒場のママさん おひとよし 酔えばお客に すぐ惚れて あっちむいて こっちむいて 耳もとで 他のお店に行っちゃダメよ 明日もお仕事 頑張ろね  お酒呑む人 みんな好き 酔ってくだ巻きゃ もっと好き 私と乾杯 もう一杯 朝まで介抱 してあげる 明日もお仕事 頑張ろね  酒場のママさん 寂しがり 暖簾たためば ひとりぼっち 涙ポロリと 流しても グイと飲みほす 茶碗酒 明日もお仕事 頑張ろね  どうせこの世は こんなとこ 男と女の ばかし合い お前と死ぬまで 暮らそうよ あんた奥さん いるじゃないの 明日もお仕事 頑張ろね 明日もお仕事 頑張ってね
雨の宿新田晃也新田晃也新田晃也新田晃也竹内弘一ひと夜(よ)限りの いで湯の恋は 咲いて儚(はかな)い 一夜花(いちやばな) つぎの逢瀬(おうせ)を 交(か)わせぬままに すがる背中が 愛(いと)おしい おんな心に 降り注(そそ)ぐ むせび泣くよな ア~雨の宿  枕せせらぎ ほのかに灯(とも)る 影に解(ほど)ける 名古屋帯 隠す恥(はじ)らい 流れにまかせ 揺れて静かに 笹の舟 おんな心に 降りしきる すすり泣くよな ア~雨の宿  後髪(うしろがみ)ひく 別れの夜明け みれん残り香(が) やるせない 思い切れない さだめの川に 浮かぶ面影 夢のあと おんな心に 降り止(や)まぬ しのび泣くよな ア~雨の宿
忘れじの恋新田晃也新田晃也新田晃也新田晃也竹内弘一秋の夕暮れ そぼふる雨に 濡れて佇(たた)ずむ 空似(そらに)の女(ひと)よ 丁度(ちょうど)二年か 別れの頃を 思い出させる か細い肩に 忘れたはずの 恋なのに  冬の閑(しず)けさ ひとりの寒さ 白い彼方(かなた)に 時間(じかん)が止まる 今はまぼろし 面影ひとつ 何処へ去(い)ったか 過去(むかし)を抱いて 忘れたはずの 恋なのに  春に咲く花 雪割草(ゆきわりそう)に 涙ひとひら 心のしずく 風に震えて 散る花びらも 夜に迷って 泣いてはせぬか 忘れたはずの 恋なのに 忘れたはずの 恋なのに
瑠璃色の地球水森かおり水森かおり松本隆平井夏美竹内弘一夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた  悩んだ日もある 哀しみに くじけそうな時も あなたがそこにいたから 生きて来られた  朝陽が水平線から 光の矢を放ち 二人を包んでゆくの 瑠璃色の地球  泣き顔が微笑みに変わる 瞬間の涙を 世界中の人たちに そっとわけてあげたい  争って傷つけあったり 人は弱いものね だけど愛する力も きっとあるはず  ガラスの海の向こうには広がりゆく銀河 地球という名の船の誰もが旅人  ひとつしかない 私たちの星を守りたい  朝陽が水平線から 光の矢を放ち 二人を包んでゆくの 瑠璃色の地球 瑠璃色の地球
おかあさん水森かおり水森かおり神坂薫遠藤実竹内弘一やせたみたいね おかあさん ふざけて おぶって 感じたの 泣き虫だったわ ごめんなさいね 明かるい娘に なりました なやみがあったら 私にも 今度は下さい おかあさん  びっくりしたでしょ おかあさん 思わず起して しまったの 二度とその目が あかないようで 寝顔をみてたら 泣けたのよ 優しく笑った 顔をみて 安心しました おかあさん  感謝をしてます おかあさん たまには肩もみ しましょうね 花嫁衣裳を 着るそれまでは だいじょうぶなんて 云わないで 長生きしてね いつまでも きれいな空です おかあさん
長月の宿若山かずさ若山かずさかず翼水森英夫竹内弘一思い出たどれば 悲しいだけと 分かっていても もう一度 あなたに抱かれた この部屋で 今日も聞いてる 虫時雨… ひとり手酌の 未練酒です 未練酒です 長月の宿  あの日が最後の 逢瀬だなんて 会えなくなって 知りました あなたと渡った 赤い橋 添えぬ仲でも よかったの… 忘れられずに 未練旅です 未練旅です 長月の宿  茜に染まった 夜明けの空を 山鳥さえも 二羽でゆく あなたは今では 遠いひと なんでぐずるか 残り火よ… 朝の湯船で 未練流した 未練流した 長月の宿
なさけ舟唄岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介竹内弘一ゆらり流れる 川もある 石ころばかりの 川もある こんな小さな 舟だけど 流れてゆきます ふたりして 命つないだ 舫(もや)い舟 絆結んで なさけ舟唄  桜舞い散る 川もある 木枯らし泣いてる 川もある 悔いはしません 悔やまない あなたがいるから 辛くない 夢の水棹(みざお)に 手を添えて 心重ねて なさけ舟唄  瀬音やさしい 川もある 深くて淀(よど)んだ 川もある 木(こ)の葉みたいな 舟だけど あなたとふたりで どこまでも 水に浮かべた 花のよに 明日(あす)へ流れる なさけ舟唄
VIVA VIVA 演歌岩本公水岩本公水瀬戸内かおる岸本健介竹内弘一聴いてください このひと節を 夢と希望を お届けします 愚痴をこぼせば きりないこの世 後ろ振り向きゃ 夢がない VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌(うた)があるから 頑張れる ガンバれる  雨に打たれて 草木も伸びる 苦労しなけりゃ 明日は来ない 涙ふり捨て 歩いて行こう 雨が上がれば 虹も出る VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌があるから 頑張れる ガンバれる  生きてゆくのは しんどいけれど ここが我慢の しどころですよ 歌で繋がる 心と心 そうよ絆を 大切に VIVA VIVA 演歌 VIVA VIVA 演歌 VIVA 演歌 演歌があるから 頑張れる ガンバれる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
昭和恋月夜二見颯一二見颯一菅麻貴子水森英夫竹内弘一塵(ちり)にまみれた 昭和の幻(ゆめ)と 他人(ひと)が笑おうと 気にしない 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす ついて来いとは 言えずにひとり 見上げる 昭和の恋月夜  頑固者でも あんたのことが 好きと言ってた 女(やつ)もいた 酒ごころ 酔いごころ 手酌の酒に 捨てたあの日の 面影ひとつ 浮かべる 昭和の恋月夜  愚痴のひとつも 言いたい時は 笑顔つくって 馬鹿になれ 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす 夢を枕に 時代の片隅(すみ)で 見上げる 昭和の恋月夜
大江戸辻売り小唄二見颯一二見颯一円香乃水森英夫竹内弘一「てェへんだ~ てェへんだ~」  聞いておくんな 見てくんな 瓦版(かわらばん)なら このオイラ そこの旦那に 女将さん こいつ読まなきゃ 大損だ エー大損だ  お江戸 八百八町(はっぴゃくやちょう)なら 蟻の穴でも お見通し だけど見えない ものがある 好いたあの娘(こ)の 胸の内 エー胸の内  話三分(さんぶ)の 辻売りは 嘘が売りモン 調子モン 寝ずに綴(つづ)った 恋文(こいぶみ)も どうせあの娘にゃ 只の紙 エー只の紙  聞いておくんな 見てくんな ビッグニュースだ 号外だ そこの旦那に 女将さん 好いたあの娘が 嫁に行く エー嫁に行く
風の旅人三山ひろし三山ひろし宮下康仁大谷明裕竹内弘一あなたと歩くこの道に 桜 紫陽花 月見草 幾つの年を 数えたか ほんのり苦い酒を飲み 涙で明けた朝もある それでも春は 桜咲く 愛しい風に 旅する二人  あなたと暮らす この街で スイカ ひまわり カキ氷 小さな幸せ かみしめた 夜空に浮かぶ尺玉に 勇気(ちから)をもらい歩く道 さみしい夜は 手をつなぎ 愛しい道を 旅する二人  ふるさと遠く 夢遥か すすき 秋桜 寒椿 幾つの風に 吹かれたか 遠い汽笛に くるまって 母の笑顔に 泣いた夜 今では それも懐かしく 愛しい道を 旅する二人
しぐれの酒場池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫竹内弘一どこか影ある 男に似合う 雨に滲んだ 露地あかり ままよ火の酒 あおろうと 酒じゃ洗えぬ 傷もある 何を今さら しぐれの酒場  やけに沁みるぜ 流行りの歌が つれに逸(はぐ)れた 身の上に どんな苦労を してるやら まさか独りじゃ あるまいに 酒と泣く泣く しぐれの酒場  俺は生きたい あいつと二人 出来るものなら もう一度 肩をすぼめて 差す傘の 足もちどりの 夜更けごろ 晴れる日もあろ しぐれの酒場
夢恋酒池田輝郎池田輝郎坂口照幸水森英夫竹内弘一からだに毒だよ 飲むのは止(よ)せと いらぬお世話よ 放(ほ)っといて あなた忘れる ひとり酒 酒場すずめの お節介 肩に置く手を ふり切って バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒(ゆめこいざけ)と  おそらくどこかに いい女(ひと)いるわ そんな勘(かん)ほど 当たるもの タバコ買うように 雨の夜 プイと出てって それっきり あなた今頃 どのお店 バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒と  どのみち私を 棄(す)てるのならば もっと巧(うま)い手 あったはず 空のボトルに 一輪を 差して面影 探しても 今じゃ涙の 誘い水 バカなのね バカなのよ いっそ泣きたい 夢恋酒と
伏見十石舟北岡ひろし北岡ひろし本橋夏蘭岡千秋竹内弘一乗るか乗らぬか 乗らぬか乗るか 知らぬ同士の 東男(おとこ)と京女(おんな)  「乗ってみますか 良かったら」 「乗ってみまひょか ご一緒に」 船頭さんの 空の上 ぐるり鳶が 輪を描いて 竿でトトンと 岸をつきゃ 伏見十石 舟が出る 舟が出る  「もしやあなたは 土地のひと」 「生まれ育ちも 京都どす」 酒蔵 柳 であい橋 揺れて触れ合う 肩と肩 しぶき八の字 飛び跳ねて 伏見十石 舟が行く 舟が行く  「ひとり旅です この先も」 「うちが案内 致しやす」 千年前に 逢ってたと こころ惹かれる 懐かしさ 何処へ流れる ふたりして 伏見十石 舟は行く 舟は行く
三つの氷北岡ひろし北岡ひろし南波洸岡千秋竹内弘一いつもお酒を 飲むときは 氷三つと 決めていた そんなあなたの こだわりも とても愛しい日々だった 三つの氷が 溶けるころ 私はあなたの腕の中 腕の中… 今もぬくもり 消えなくて ひとり淋しい 想い酒 想い酒  ひとつふたつと 積み重ね 夢がはじけた 三年目 今もあなたの 面影を 暮れゆく街に 探してる 三つの氷が 溶けるころ 私はあなたの腕の中 腕の中… 涙ポロポロ ポロポロリ こころ淋しい 想い酒 想い酒  三つの氷が 溶けるころ 私はあなたの腕の中 腕の中… 今もぬくもり 消えなくて ひとり淋しい 想い酒 想い酒
月影のセレナーデ水森かおり水森かおりかず翼桧原さとし竹内弘一青い瓦斯塔(ガスとう) 灯ともし頃は あなたに逢えそな 石だたみ 名前も知らない 人なのに あの日の微笑み 忘れられなくて… ひとりきり帰り道 淡い月影 胸も切ない セレナーデ  紅いお酒の ギヤマングラス かざせば面影 浮かびます 心に芽生えた この気持ち 本当の愛(いと)しさ 淋しさを知った… ひとりきり窓辺には 淡い月影 揺れて切ない セレナーデ  命みじかし 恋せよなんて 夜風のビオロン ささやいた 夢でもいいのよ 醒めないで ひと夜のときめき 包まれていたい… ひとりきりバルコニー 淡い月影 胸も切ない セレナーデ
明日への扉水森かおり水森かおり麻こよみ大谷明裕竹内弘一いつの日か また逢うために しばしの別れが あるのでしょう 元気でいましょう 瞳とじれば いつでもあなたに 逢えるから… 泣かないで 泣かないで あなたは誰より 笑顔が似合う ありがとう ありがとう 今日の出会いを 忘れない  さよならの 扉が開(あ)けば 明日(あした)の出会いが 待っている 季節が巡って 花は散っても ふたたび芽を吹く 春が来る… 離れても 離れても ひとつに結んだ 心と心 元気でね 元気でね 今日の優しさ 忘れない  泣かないわ 泣かないわ 涙であなたが 見えなくなるわ ありがとう ありがとう 今日の幸せ 忘れない  ありがとう ありがとう 今日の幸せ 忘れない
星空の酒松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一月のしずくが 一滴二滴(いってきにてき) おちょこにこぼれて 渦を巻く 君の涙か 呼ぶ声か 今も心を しめつける 別れて一年 もう二年 逢いたい逢えない 星空の酒  ひとり手酌の 淋しさ辛さ 背広で隠して やせ我慢 ビルの谷間の 吹きおろし やけに今夜は 身に沁みる 叱っておくれよ この僕を 逢いたい逢えない 星空の酒  夢を追う程 遠くへ逃げる 追わなきゃ この手でつかめない 君を迎えに 帰る日は いつになるやら 叶うやら 忘れやしないよ 約束は 逢いたい逢えない 星空の酒
君の瞳松尾雄史松尾雄史たきのえいじ水森英夫竹内弘一路地の酒場が 逢わせてくれた 君と云う名の 宝物 ついておいでよ 今日からは きっと幸せ つかむから 君の瞳に 明日が映る ふたりをそっと 呼んでいる  こんな都会に 山などないが 辛い苦労の 山がある 越えてきたのか 人知れず ちゃんとその目に 書いてある 君の瞳は 笑顔が似合う 泣いたら夢も かくれんぼ  命ふたつを ひとつに結ぶ 赤い血潮の 糸がある 何があっても 離れない 何があっても 離さない 君の瞳に 約束するよ 誰にも愛は 負けないと
ひとり貴船川葵かを里葵かを里麻こよみ影山時則竹内弘一あふれる涙の ひとしずく 小指で払えば 淋しさつのる 鳥居をくぐって 水占いに 願えばあなたが 戻るでしょうか 逢いたくて 逢いたくて ひとり貴船川  鞍馬の火祭り 篝火を 見上げたあなたが せつなく浮かぶ あの夜誓った 二人の愛が いつしか重荷に なったでしょうか 恋しくて 恋しくて ひとり貴船川  待ってて欲しいと 言った人 賑わう川床 せせらぎ沁みる 男が囁く 約束なんて 信じる女は 愚かでしょうか 逢いたくて 逢いたくて ひとり貴船川
もう一度喧嘩まいて高橋孝志高橋孝志荒木とよひさ岡千秋竹内弘一背中にかついだ 看板を 心の井戸に ぶん投げりゃ 忘れかけてた 根性と 裸の俺が 浮いてくる あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ 人生語るにゃ まだ早い まだ早い  天秤(はかり)にかけてた 生き方に 心の岩を 乗っけたら 失くしかけてた 純情が ただのおやじと 笑ってる あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ 背中を見せるにゃ まだ早い まだ早い  あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ あヽあヽ もう一度 喧嘩(ごろ)まこうぜ 人生語るにゃ まだ早い まだ早い 人生語るにゃ まだ早い まだ早い
飛ばせ昭和のシャボン玉高橋孝志&岩波理恵高橋孝志&岩波理恵荒木とよひさ岡千秋竹内弘一男はお酒で 心をゆらし 女はお酒で 涙をゆらす (シュワー) 若くはないけど 寄り添いながら 倖せだったら いいじゃない ああ 飛ばせ シャボン玉 昭和生まれの シャボン玉 ああ 飛ばせ 飛ばせ シャボン玉 男と女の シャボン玉  女は抱かれて 菜の花になり 男は抱きしめ 浮雲になる (シュワー) 身体とこころが ひとつになれば 明日は明日 いいじゃない ああ 飛ばせ シャボン玉 時代遅れの シャボン玉 ああ 飛ばせ 飛ばせ シャボン玉 男と女の シャボン玉  ああ 飛ばせ シャボン玉 昭和生まれの シャボン玉 ああ 飛ばせ 飛ばせ シャボン玉 男と女の シャボン玉
遠い別れ町川野夏美川野夏美本橋夏蘭大谷明裕竹内弘一ふたり暮らした 町の名は 遠い別れと 書くのです 必ず戻るの 言葉を残し あなたは夢追い 旅立った 遠く遠く遠く 別れても 面影抱いて 待ってる私です 三年五年と 月日を数え 気づけば片手が 過ぎました  命燃やした この愛を あなた忘れる はずがない 噂のひとつも 届けてカモメ 涙に滲んだ 利尻富士 遠く遠く遠く 別れても 約束信じ 待ってる私です 七(なな)年九(く)年と 月日を数え 両手で足りなく なりました  遠く遠く遠く 別れても 心で祈り 待ってる私です 夕陽が水面(みなも)を 茜(あかね)に染めて 女の今日が 終わります
下北慕情黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を訪ねて 降り立つ駅は 線路も途切れた 海の町 古い小さな 酒場にいると 噂ひろって 汽車の旅… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 波も凍てつく 大湊(おおみなと)  抱いてあげたい この手のなかに 面影浮かべる 旅の空 俺の勝手で 別れたけれど 泣いていないか 細い肩… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 君に逢いたい 脇野沢(わきのさわ)  明日(あす)へ乗り継ぐ 列車もなくて 瞼を閉じれば 風ばかり もしも逢えたら 苦労も夢も 俺に預けろ これからは… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) ひとり涙の 尻屋崎(しりやざき)
居酒屋「昭和」GOLD LYLIC八代亜紀GOLD LYLIC八代亜紀中山正好・補作詞:八代亜紀八代亜紀・大谷明裕竹内弘一ひと筋入った 横丁で 昭和を覗いて みませんか 男の背中にゃ 色気(いろ)があり 女の背中にゃ 艶がある そんな時代が ここにある 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 出会い酒  お洒落な肴は ないけれど 昭和の味なら 揃います 幸い今夜は 雨模様 飲んで行ってよ もう少し しぶい演歌(うた)など 唄いましょう 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の ほろり酒  令和にはぐれた 路地裏に 昭和の心が 灯ります 涙も嘆きも ため息も 恋の痛手も 捨てに来て 情けみつけに 来ませんか 居酒屋「昭和」の 居酒屋「昭和」の 癒やし酒
豊後水道水森かおり水森かおり阿久悠三木たかし竹内弘一背のびした恋破れ なぐさめる人もなく 信じていたのに あなたはもう来ない やせた女の旅路には やさし過ぎるわ 春の海 こぼれ散る紅椿 流れにひきこんで 何を急ぐか 豊後水道  この海が 銀河なら 逢(お)う瀬もあるけれど 近くて 遥かね あなたと私には 岬巡れば また入江 人の情に出会えそう 辛口の地の酒を 海辺の宿で飲み 何を歌うか 豊後水道  爪の色 変えたのも 心が晴れたから 一人の旅でも 泣かないひとになる 春は何日早かった 風もうららで甘かった 海猫の棲む島を ぐるりと一まわり 何を想うか 豊後水道
中央フリーウェイ水森かおり水森かおり荒井由実荒井由実竹内弘一中央フリーウェイ 調布基地を追い越し 山にむかって行けば 黄昏(たそがれ)がフロント・グラスを 染めて広がる 中央フリーウェイ 片手で持つハンドル 片手で肩を抱いて 愛してるって言ってもきこえない 風が強くて  町の灯(ひ)が やがてまたたきだす 二人して 流星(りゅうせい)になったみたい 中央フリーウェイ 右に見える競馬場 左はビール工場 この道は まるで滑走路 夜空に続く  中央フリーウェイ 初めて会った頃は 毎日ドライブしたのに このごろは ちょっと冷いね 送りもせずに 町の灯が やがてまたたきだす 二人して 流星(りゅうせい)になったみたい 中央フリーウェイ 右に見える競馬場 左はビール工場 この道は まるで滑走路 夜空に続く 夜空に続く 夜空に続く
風の盆恋歌水森かおり水森かおりなかにし礼三木たかし竹内弘一蚊帳の中から 花を見る 咲いてはかない 酔芙容(すいふよう) 若い日の 美しい 私を抱いて ほしかった しのび逢う恋 風の盆  私あなたの 腕の中 跳ねてはじけて 鮎になる この命 ほしいなら いつでも死んで みせますわ 夜に泣いてる 三味の音  生きて添えない 二人なら 旅に出ましょう 幻の 遅すぎた 恋だから 命をかけて くつがえす おわら恋唄 道連れに
愛染橋水森かおり水森かおり松本隆堀内孝雄竹内弘一春一番が吹き荒れた後 花を敷いた路地へ 今日こそ返事聞かせてくれと 問いつめられそうで あなた以上にやさしい人は いそうにもないけど 結婚なんて旧(ふる)い言葉に 縛られたくなくて 橋の名は愛染橋 ほほえんで渡れば恋がかなう うつむけばそれきりとまどい橋 うちは淋しい女やからね 愛なんてよう知らん 時の流れも春のうららに 渡りたい 渡れない  髪の芯まで飽きられる日が 来ないとも限らず そしたらすぐに別れる勇気 ありそうでなさそで 橋の名は愛染橋 ただ一度渡ればもう戻れぬ 振り向けばそこから想い出橋 うちは愚かな女やからね 人生もよう知らん けれどあなたに手招きされて 渡りたい 渡れない
北のれん鳥羽一郎鳥羽一郎本橋夏蘭大谷明裕竹内弘一噂追いかけ ここまで来たよ 小雪舞い散る 港町 北のはずれの 縄のれん 二重(ふたえ)黒髪 片えくぼ おまえの面影 うかんで消える  テトラポットに 海鳥一羽 沖を見つめて なに思う 北のはずれの 縄のれん 遠く聞こえる あの霧笛 おまえがどこかで 呼ぶ声なのか  誰か待つ者 待たせる者と 夢か希望か 諦めか 北のはずれの 縄のれん 抱いてやりたい もう一度 おまえは今頃 どの町あたり
望郷ながれ歌松村和子松村和子たきのえいじ岡千秋竹内弘一針を刺すよな 地吹雪が 帰ってこいよと 吹き荒れる 親を亡くして 二十と五年 どこにあります ふるさとが 津軽 函館 長万部(おしゃまんべ) はじく太棹 流れ旅  はぐれカモメに 見送られ 神威岬(かむいみさき)を 越えてゆく 人の情けを たもとにしまい 麻の帯ひも しめ直す 風がゆさぶる 身を削る 指も凍える 流れ旅  海は明けても 明けやせぬ 春はいつ来る いつ巡る ひとり焚き火で 体をぬくめ 切れた二の糸 張り替える 余市 夕張 女満別(めまんべつ) 明日はどこやら 流れ旅
明日咲く松村和子松村和子かず翼岡千秋竹内弘一つらい時には 泣いたらいいさ 涙は笑顔を 連れて来る こころ正しく 生きてるならば 天は自分を 見捨てはしない 今日はまだまだ 蕾(つぼみ)でも 明日咲く きっと咲く 花は咲く  雨も降るだろ 嵐も吠える いいことばかりじゃ ないけれど 弱音吐いても 弱気になるな 落ちて沈むな 浮かんで上がれ 今日は二分(にぶ)でも 三分(さんぷ)でも 明日咲く きっと咲く 花は咲く  そうさ人生 坂道だらけ 登って下(くだ)って また登る 親にもらった 命の限り 悔いは残すな 前へと進め 夢はまだまだ 遠くても 明日咲く きっと咲く 花は咲く
黄昏のカフェ三ツ屋亜美三ツ屋亜美円香乃大谷明裕竹内弘一偶然入った 黄昏のカフェ 窓側の席 あなたがいるわ 読みかけの本と ブラックコーヒー まるで時間が 戻ったみたい 「久しぶりね」と さりげなく 声をかけたけど 変わらない眼差しに 心が揺れる あなたはいつも そうだったけど 私が出て行く 最後まで 優しかったから…  春色ハンカチ 真っ白なシャツ 薬指には 指輪が光る 当たり前のこと あれから三年 違う誰かが 待ってるはずね 過ぎた時間は 戻せない 知っているけれど 手離した幸せに 心が騒ぐ 忘れたはずの 想い出たちが 後から後から 溢れ出て 泣いてしまいそう…  「それじゃ元気で」 そう言って そっと席を立つ もう少し話したら 心が戻る ドアから出たら 振り向かないで 静かな時間が 待つ家へ ひとり歩くだけ…
熱海で逢えたら三ツ屋亜美三ツ屋亜美円香乃大谷明裕竹内弘一きっとあなたは来ないのでしょう 二人くらした 熱海の海に 「五時にも一度 長浜で…」 あの日誓った 約束を 波が 波が 消してゆく 人の心は儚くて もろく壊れて しまうけど それでも熱海で逢えたなら  季節はずれの 海岸線に 訪ね来るのは 海鳥だけね 今日も変わらず 長浜の 海は優しく 穏やかで 時を 時を 止めたよう 募る思いと 同じだけ 砂に伸びてく 影法師 も一度熱海で 逢えたなら  「いつも待たせて ごめんね」と 今にあなたが 来るようで バカね バカね 動けない 強く私を 抱きしめた 忘れられない あの人と 夢でも熱海で 逢えたなら
まかせんね黒木姉妹黒木姉妹麻こよみ桧原さとし竹内弘一人に頼まれ 嫌とは言えぬ あんひと やっぱり お人好し そんな男に 惚れたんやから 苦労も笑顔で 引き受ける まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  外で恥など かかないように 小遣い こっそり 渡します 口じゃ強がり 言うひとやけど ホントはテレ屋で 淋しがり まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ  「何(なん)もできない おまえがいなきゃ」 あんひと ほろ酔い ひとり言 きっと離れず これから先も 四の五の言わずに ついて行(ゆ)く まかせんね まかせんね うちにまかせんね あんひとのためなら ヨイコラショ
べっぴんさん黒木姉妹黒木姉妹黒木美佳桧原さとし竹内弘一吹き荒れて つらい浮世の荒波に 負けないあんた 誰より強い 土に種蒔きゃ 芽が出るさ 前を向いてりゃ 花咲き実る ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん  辛くても 見せぬ涙を汗に変え 青空見上げ かあちゃん想う 背負いすぎるな 無理するな 実る稲穂が ほほえみかける ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん 強い女は <女は> べっぴんさん  どんな時でも 願うのは 家内安全 商売繁盛 ハァー <ハァー> 心も笑顔もべっぴん これがホントの <ホントの> べっぴんさん
LOVE IS FOREVER ~愛は永遠に~光岡亮光岡亮光岡亮新沼謙治竹内弘一あなたの憎しみが 愛に変わってゆく… 私の思いが あなたの胸に 強く突き刺さる 浮気心を 揺さぶって 愛を貫く 二人で思いを すべて抱きしめ 愛は永遠に 今はもう愛の 愛の 炎(ひ)が灯る LOVE IS FOREVER  愛の灯が 愛には愛と 重ねゆくたびに 貴女と二人 燃えあがり 天までとどく どんな運命(さだめ)が 待ち受けようとも 愛は永遠に 今はもう愛の 愛の 炎(ひ)が灯る LOVE IS FOREVER  浮気心を 揺さぶって 愛を貫く 二人で思いを すべて抱きしめ 愛は永遠に 今はもう愛の 愛の 炎(ひ)が灯る LOVE IS FOREVER
愛があれば年の差なんて光岡亮光岡亮光岡亮新沼謙治竹内弘一あなたの色気に眩しさを 感じてしまう 男と女の 出逢いはInspiration(インスピレーション) あなたの素敵な笑顔と やさしさを 肌で感じてしまう 星の煌めきが祝うかのように 二人は限りない 喜びを一途に 愛があれば 愛があれば 年の差なんて 愛があれば  愛の喜びに幸せを 感じてしまう あなたと私の 絆は忍冬(すいかずら) 年の差なんてナンセンス 二人の愛は とても美しすぎる 星の煌めきが祝うかのように 人生はバラ色 悔いのない人生 愛があれば 愛があれば 年の差なんて 愛があれば  二人は限りない 喜びを一途に 愛があれば 愛があれば 年の差なんて 愛があれば
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
香港熊谷真実熊谷真実吉幾三吉幾三竹内弘一涙で別れた 霧雨香港 背中に抱きついて… また会う約束したでしょう 冬の夜(よ) あの港 過去持つ男と 過去ある女が わずかに過ごした日 あれから 貴方が恋しくて 逢いたい 今すぐに… 月見て泣いて 星見て泣いて ふたり過した お部屋で泣いて 夢見て泣いて 出会えた夢を…昨夜 夜空を見れば あなたの笑顔 浮かんでは消える 夜の香港  お便りだけでは 不安が募(つの)るの 優しい人だから… もうすぐ逢えると 思っても やきもちやきだから 夢持つ男と 恋捨てた女 雨の夜(よ) つらくなる… あなたが 私のこの部屋に 残した シャツ羽織り… 窓見て泣いて 窓開け泣いて ふたり座った ベンチで泣いて ドア閉め泣いて カーテン開けて…今夜 写真を見れば エアポートの写真 涙があふれて 夜の香港  ひとりで歩く ビクトリア街(まち) ふたりで来たネ あの店いつか 更けゆく夜も 気にせず朝を…待って どうして涙 出てきてしまうの 明日逢えるのに 夜の香港
おもかげフェリー水森かおり水森かおりかず翼伊藤薫竹内弘一こころの扉を 叩くよに 風がデッキを 渡ります 恋の終わりを 知ったとき 黙ってひとりで 旅に出た あぁ見上げれば 満天の星 あなたの面影 どこまでついて来る 瀬戸内フェリー 思い出つれて 私は明日へ 旅立つの  あなたの隣で 見た夢は 海の泡より はかなくて… 遠い島影 せつなくて 灯りが涙で にじみます あぁ振り向けば 夢を見た街 ふたりの暮らしが 波間に遠ざかる 瀬戸内フェリー 思い出つれて 片道切符の 航路です  あぁ過ぎ去った 幸せの季節(とき) あなたの面影 忘れはしないけど 瀬戸内フェリー 思い出つれて 私は明日へ 旅立つの
おけさ恋歌瀬口侑希瀬口侑希水木れいじ岡千秋竹内弘一命までもと 誓った恋を 捨てに来ました 四十九里(しじゅうくり)越えて 小木(おぎ)は夕凪 両津(りょうつ)は荒磯(しぶき) 男ごころの 裏表… 遠く聞こえる おけさの節に みれんあとひく 佐渡の海  涙ひとつぶ 手酌の酒に 落ちて面影 ゆらして消える 夢の昔と あきらめようか 思うそばから 恋しがる… 窓をあければ いさり火ひとつ 燃えてせつない 佐渡の夜  あてはあるのか 寒くはないか 群れにはぐれた 一羽の朱鷺(とき)よ どこか似ている 哀しい運命(さだめ) 明日を探して 風に泣く… はるか岬の 灯台あかり 夢をかえして 佐渡の海
佐渡の浜百合瀬口侑希瀬口侑希高畠じゅん子大谷明裕竹内弘一朱鷺(とき)が舞う 夕空を 朱鷺色に 染めて舞う 両津(りょうつ)の港のおけさ丸 あの人いるかと 駆けてきた わたし浜百合 風に 風にふるえてる  待ちわびて ただひとり 姫崎(ひめさき)の 灯台よ 夢で逢えても この身体 ぬくもり欲しいと せがみます わたし浜百合 夜に 夜にしのび泣く  寄り添って 夫婦岩(めおといわ) 赤々と 陽が沈む 忘れられても 忘れない 日毎にやせては 欠ける月 わたし浜百合 風に 風にふるえてる
福島のおんな丘なる実丘なる実丘まり子もりいずみ竹内弘一いつも夢見て 思い出す 夜空に咲いてた 花火(はな)のよに 心照らして くれた人 会津 須賀川(すかがわ) 郡山 会いたいよ 会いたいな ルララ… 福島のおんな  明日を信じて 飛ぶカモメ 風を味方(みかた)に 空を舞う 負けるもんかよ 負けないよ 相馬 富岡 浪江町(なみえまち) 会いたいよ 会いたいな ルララ… 福島のおんな  硬いつぼみの シャクナゲも 嵐乗り越え 華と咲く いつか幸せ きっと来る いわき 白河 二本松 会いたいよ 会いたいな ルララ… 福島のおんな
ふたりのHoly Night水森かおり水森かおり伊藤薫伊藤薫竹内弘一Merry christmas. にぎわう街は 恋人たちのテラス あふれる笑顔 舗道を包む いつのまにか黄昏  Merry christmas. 去年は静かに 一人過ごしたイブだけど 今年は揺れる 灯りの中で 二人きり  だけどこの恋は 生まれたて 手を離したら 消えそうな あなたのマフラーに 指を絡めて そのぬくもりを 感じてる Um~ ふたりのHoly Night  Merry christmas. 星が降って来た いいえそれは白い雪 あなたの肩に 私の髪に 降り積もる  初めての恋じゃ ないけれど 胸のときめき 止まらない あなたが追いかける 大きな夢を ずっと近くで 見ていたい Um~ ふたりのHoly Night  だけどこの恋は 生まれたて 手を離したら 消えそうな あなたのマフラーに 指を絡めて そのぬくもりを 感じてる Um~ ふたりのHoly Night
雪國水森かおり水森かおり吉幾三吉幾三竹内弘一好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少しで 今年も終りですね 逢いたくて恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて少しでも 話を聞いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて… 雪國  窓に落ちる 風と雪は 女ひとりの部屋には 悲しすぎるわ あなた 酔いたくて泣きたくて ふるえる唇 そばに来て少しでも わがまま聞いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて… 雪國  好きな人はいるの あなた バカね バカな女ね 意地をはってた私 逢いたくて夜汽車乗る デッキの窓に とめどなく頬伝う 涙のあとを 追いかけて 追いかけて 追いかけて… 雪國  逢いたくて恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて少しでも 話を聞いて 追いかけて 追いかけて 追いかけて… 雪國
水森かおり水森かおり竹内まりや竹内まりや竹内弘一見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車輌に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になって あなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ 愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやって来る
笑顔の向こうに水森かおり水森かおり麻こよみ弦哲也竹内弘一夕焼け雲の 優しさに なぜだか涙が こぼれて落ちる くよくよ悩んで いることなんて 小さな事に 思えるわ くじけそうな時… 心が折れた時… 支えてくれた 人がいるから 笑顔の向こうに 希望の道がある 笑顔の向こうに 幸せがある  夜空の星に 祈ります 明日が良い日に なりますように ひとりじゃ 何(なんに)も 出来ないけれど あなたとならば 頑張れる 愚痴を言った時… 弱音をはいた時… 叱ってくれた 人がいるから 笑顔の向こうに 希望の道がある 笑顔の向こうに 幸せがある  ため息つく時… あきらめかけた時… 元気をくれた 人がいるから 笑顔の向こうに 希望の道がある 笑顔の向こうに 幸せがある  笑顔の向こうに 希望の道がある 笑顔の向こうに 幸せがある
笑顔で遠まわり水森かおり&萬みきお(サンドウィッチマン・伊達みきお) with 富澤たけし(サンドウィッチマン)水森かおり&萬みきお(サンドウィッチマン・伊達みきお) with 富澤たけし(サンドウィッチマン)かず翼桧原さとし竹内弘一笑顔で 笑顔で 笑顔で 遠まわり  いろいろあるよね 生きてる限り ルルルー ほんとはいつでも 笑っていたいルルルー 涙をもしも 流すなら ルルルー うれしい涙 流したい でこぼこ でこぼこ 道でも 道でも 歩いて行きましょう 心で 心で 夢を 夢を 暖めながら 幸せ少し まわり道 ゆっくりもいいもんだ 笑顔で遠まわり  笑顔で 笑顔で 笑顔で 遠まわり  あれこれ思って 心配するけど ルルルー 忘れちゃダメだよ 大事なことを ルルルー みんなをいつも 思いやる ルルルー やさしい心 あればいい 時には 時には 迷って 迷って 疲れてしまっても あなたの あなたの 夢を 夢を あきらめないで 幸せひとつ ささやかな 毎日があればいい 明日があればいい  小鳥も 小鳥も 歌うよ 歌うよ 青空見上げれば そこには そこには 夢が 夢が 輝いている 幸せ少し まわり道 ゆっくりもいいもんだ 笑顔で遠まわり 笑顔で遠まわり
プラットホームの人々加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一過去という名の 黄昏の駅舎 コートの襟に 汽笛が泣いてる 二度とは逢えない人も 二度とは帰れぬ街も プラットホームに 滑りだす 見知らぬ女 見知らぬ男 少しの不幸にもたれて 目を閉じるけど 倖せだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく  明日という名の 希望の切符 心のままに 何度も乗り換え 隣りに想い出連れて 隣りに淋しさ連れて 昔の自分を 探すけど 名もない女 名もない男 いい事ばかりを心に 言い聞かせてる 悲しみだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく  見知らぬ女 見知らぬ男 少しの不幸にもたれて 目を閉じるけど 倖せだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく
愛に罪はない加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一こんな歳してさ 君が離れない 出逢ったあの日の 雨の晩(よる)から 忍び逢う恋じゃなく 心の奥に 忘れてた何かが 生れかけている 雨よ雨よ 降れ降れ 最後の人生に 黄昏が切なさで 濡れていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 愛に罪はない 傷つけた倖せを 想い出にしても  どんな星空も いつも涙空 寄り添う窓辺の 雨が恋しく 逢う度に深くなる 慕(おも)いのすべて 打ち開けてしまえば 辛さふえるけど 雨よ雨よ 降れ降れ ふたつの人生に あしたがどこかに 逃げていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 過去に罪はない 生きてきた今日までを 想い出にしても  雨よ雨よ 降れ降れ 最後の人生に 黄昏が切なさで 濡れていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 愛に罪はない 傷つけた倖せを 想い出に
唐津のおんな野村美菜野村美菜森田いづみ水森英夫竹内弘一涙でしょうか… そぼ降る雨は 虹の松原 こころも濡れる ねぇ あなた… 行かないで 行かないで 追えば逃げてく いとしい背中 肥前唐津は 別れのみなと  未練でしょうか… 女のこころ 滝の流れも 細くせつない ねぇ あなた… 抱きしめて 抱きしめて くんち宵卑山(よいやま) ひとりの今宵 肥前唐津は 夜明けが遠い  逢えるでしょうか… 祈りを胸に 待てど帰らぬ 連絡船(ふね)が恋しい ねぇ あなた… 淋しいの 淋しいの 浮かぶ三日月 呼子(よぶこ)の橋よ 肥前唐津は 別れのみなと
さよならのエアポート瀬口侑希瀬口侑希冬弓ちひろ大谷明裕竹内弘一今夜私は 旅に出る 最終便で ひとりきり 出発ロビーの アナウンス 遠い異国の 名を告げる 愛しあっても 同じ未来描けない そんな恋も あるから… 搭乗ゲートを くぐったら あなたの胸には 戻れない さよならのエアポート 愛しさふりきって 星空へ飛び立つ 別れの翼  ふたり暮らした あの街が 星屑みたいに 遠ざかる 青く輝く 滑走路 そっと見下ろす 窓の外 銀の翼 夜の海を越えたなら すべて過去に なるのね 地球のどこでも いいのです 私は私を 歩くから さよならのエアポート せつなさ抱きしめて 昨日から旅立つ 別れの翼  明日の見えない この恋を 断ち切るための 夜間飛行(ミッドナイトフライト) さよならのエアポート 涙を道づれに あなたから飛び立つ 別れの翼
あんたの大漁船中村悦子中村悦子あかぎはるなあかぎはるな竹内弘一沖を目ざして 船を出す ついてゆきたい 私だけれど 足手まといの 身がつらい 無事を祈って 港に立てば 波の 波の飛沫が 涙に変わる  船は波間に 見えかくれ 遠くなるほど 思いはつのり 幼な子しっかり 抱きしめる 声のかぎりに 叫んでみても 風に 風に消されて 散ってゆく  今度いつまた 帰るのか 早く逢いたい 戻ってくれと 言わず心で 願う日々 祝い御膳の 支度をしてさ 待ってる 待ってるあんたの 大漁船
いのちの愛レイジュレイジュ羽場仁志羽場仁志竹内弘一あなたしか愛せない この心 この身体 二度はない人生を あなたにすべてあげましょう いくつかの恋をして いくつかのお別れも あなたに逢うための まわり道だった この愛は いのちの愛は ときめくための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…  あなたしか見えないの 今日の日も あすの日も 恋をした若き日は 想い出ならばいいでしょう そばにいて暮らすより そばにいて生きること あなたを痛いほど いつも感じてる この愛は いのちの愛は 抱き合うための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…  この愛は いのちの愛は ときめくための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…
がんばれオヤジレイジュレイジュ荒木とよひさ柴田耕二竹内弘一男の値打ちは背中さ 黄昏が似合うから 無口な横顔だけで 女は魅かれる 例え髪が白くなっても 素敵よ 夢を胸に秘めた少年 愛おしくなるの がんばれオヤジ 若さは敵じゃない がんばれオヤジ 人生は一度だけ …たった一度だけ  男の重さは心さ 生き方は下手だけど 無器用くらいなとこに 女はついてく 例え過去に何かあっても いいじゃない 星を胸に抱いた少年 守りたくなるの 輝けオヤジ 未来は歳じゃない 輝けオヤジ 今日の日は一度だけ …たった一度だけ  がんばれオヤジ 若さは敵じゃない がんばれオヤジ 人生は一度だけ …たった一度だけ
霧の碓氷峠水森かおり水森かおり旦野いづみ桧原さとし竹内弘一愛の名残りは いつの日消える 季節はいくつも 過ぎたのに 碓氷峠は 霧の中 まぶた閉じれば あの夏の 麦わら帽子が 風に舞う  どんな道でも あなたとならば 歩いてゆけたわ どこまでも 碓氷峠は 霧の中 叶うはずない 夢をみた わたしに似ている 車百合  やがて霧積(きりづみ) なみだをぬぐい 心に刻んだ 頭文字 碓氷峠は 霧の中 胸の痛みは 消えぬまま 明日(あした)の希望(のぞみ)を 追いかける
あなたにメリークリスマス水森かおり水森かおりかず翼大谷明裕竹内弘一街に少しだけ 雪が降りだせば いつもより早く 灯りが点り出す 通り過ぎて行く 季節引き止めて あなたとの時間(とき)を まだ過去にしないで 胸がときめく夜 夢があふれる夜 出逢ったことさえも 奇跡に思えるの 素敵な恋になる そんな予感がするのよ 愛をあなたに贈る メリー メリークリスマス  街で一番の ツリー見上げたら 教会の鐘と キャロルが聞こえるの そっと祈ったわ だってロマンスは 始まったばかり 守って天使たち 胸がときめく夜 夢があふれる夜 寄り添い歩く道 このままどこまでも 素敵なプレゼント それは二人でいること だからあなたに贈る メリー メリークリスマス  胸がときめく夜 夢があふれる夜 今夜は世界中 幸せ届けたい 素敵な恋になる そんな予感がするのよ 愛をあなたに贈る メリー メリークリスマス
その時携帯が鳴っちゃって加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ鈴木キサブロー竹内弘一愛だとか 恋だとか ただの男と女 抱き合えば 背中に 電気が突き抜け 何度でも 繰り返す ベッドの波にのまれ 真夜中の 底まで 堕ちてゆくけれど 今度の彼女は何かが違う マジに惚れた 嘘じゃなく その時携帯が 鳴っちゃって その時マナーも 揺れちゃって 留守電にしてた はずなのに またまた携帯が 鳴っちゃって またまたマナーも 揺れちゃって 寝たふりしても バレている 誰か…助けてよ  愛だとか 恋だとか ただのスポーツだよと 割り切れば それでも 悪くはないはず 美しい 薔薇でさえ いつか飽きてくるから 別れ方 心に 隠していたけど 今度の彼女は 何かが違う 命捨てて いいくらい その時携帯が 鳴っちゃって その時マナーも 揺れちゃって 電源は 切ったはずなのに またまた携帯が 鳴っちゃって またまたマナーも 揺れちゃって しかとしてても 気づいている 誰か 助けてよ  その時携帯が 鳴っちゃって その時マナーも 揺れちゃって 留守電にしてた はずなのに またまた携帯が 鳴っちゃって またまたマナーも 揺れちゃって 寝たふりしても バレている 誰か…助けてよ
夢色トレイン水森かおり水森かおりかず翼大谷明裕竹内弘一哀しい恋に さよならを告げて 振り向けば夕陽が 染める街 今度も傷つき 終ったけれど ひとつ大人に なれたから ポケットを 探してみれば 明日への 切符一枚 札幌始発の「すずらん」で 旅立とう 幸せを探しに  心の隅に あの人がいても 少しずつ忘れる つもりです 本気で愛して 終った恋は きっと何かを くれたはず トランクに 希望を詰めて 始発に 間に合うように 地球岬へと 続く道 幸せの あの鐘を鳴らそう  ポケットを 探してみれば 明日への 切符一枚 それは幸せの 指定席 旅立とう 夢色の列車で
小樽運河水森かおり水森かおり都はるみ吉岡治竹内弘一精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あったねと… 四十路半ばの 秋が逝き セピア色した 雨が降る イエスタデイを聴きながら ふたり歩いた あァ小樽運河  誰のせいでも ないけれど これで終わるの 始まるの あなたほんとの 男なら わたし独りに させないわ イエスタデイを抱きしめて ゆらぐガス燈(ライト) あァ小樽運河  上りのディーゼル 待ちながら やっぱり明日も 漂って 傘はあなたに 貸したまま セピア色した 雨が降る イエスタデイをもう一度 窓の向うに あァ小樽運河  イエスタデイをもう一度 窓の向うに あァ小樽運河
燕三条 雨が降る水森かおり水森かおりさいとう大三佐瀬寿一竹内弘一思い出少し 鞄に入れて 東京棄てて 私は行くわ 悲しいくらいに 夢を見たのよ ばかでした 終着駅に もうすぐ着くわ 恋が終わります 燕三条 雨が降る 思い出流れてゆくわ 燕三条 雨が降る みんな みんな 流れてしまうわ  私の肩を 優しく抱いて 何度も嘘を あなたはついた 嘘でもよかった そんな暮らしも 好きだった 終着駅で 降りたらそこで ひとり暮らします 燕三条 雨が降る 夢まで流れてしまう 燕三条 雨が降る どこへ どこへ 流れてゆくのよ  終着駅は晴れたらいいな 生まれ変わります 燕三条 雨が降る さよならさよならあなた 燕三条 雨が降る 愛が 愛が 静かに終わるわ
なみだ恋水森かおり水森かおり悠木圭子鈴木淳竹内弘一夜の新宿 裏通り 肩を寄せあう 通り雨 誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす しあわせを 一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋  夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る 悲しい運命を 占う二人 何故か今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋
ふりむけばヨコハマ水森かおり水森かおりたきのえいじ猪俣公章竹内弘一夢の続きはおしまいですか 全て白紙にかえるのですか もしも叶うなら この体投げだして ついて行きたい 閉じたまぶたにあなたが映る 別れ話を打ち消すように 汗がにじむ程 もう一度抱きしめて 映画のように 恋はいつも 背中合わせ 追えば追うほど 手の平返す ふりむけば ヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけば ヨコハマ 置いてきぼりね  港離れる外国船を ひとり見送るホテルのロビー あなたここに来て おもいではいらないわ 悲しすぎるわ めぐり逢わせのいたずらなんて それで終わりにしないで欲しい そばに居るだけで 華やかなひとときを 生きてゆけるわ 窓を叩く 雨のしずく たぶんあなたも 旅人なのね ふりむけば ヨコハマ あなたしか見えない ふりむけば ヨコハマ 肌が恋しい  ふりむけば ヨコハマ くちびるが淋しい ふりむけば ヨコハマ 置いてきぼりね
長崎の夜はむらさき水森かおり水森かおり古木花江新井利昌竹内弘一雨にしめった 讃美歌の うたが流れる 浦上川よ 忘れたいのに 忘れたいのに おもいださせる ことばかり ああ 長崎 長崎の 夜はむらさき  誰かあなたを 見たと言う 噂話が 泣かせる波止場 おもいこがれて おもいこがれて 待てばやせます ひがみます ああ 長崎 長崎の 夜はなみだ  霧にうるんだ 眼鏡橋 そっとのぞけば あなたが見える そんな気がして そんな気がして ひとり渡れば 胸いたむ ああ 長崎 長崎の 夜はむらさき
輝きなさいJunJun荒木とよひさ柴田遊竹内弘一夢から生れ 夢で終る それが生きる 答えなら ひとりで悩み かかえるより 私は私の ままでいい 悲しみで 歩く道 迷った時も 涙で 青空が 見えない時も 輝きなさい 私らしく 一度だけの 人生 輝きなさい 身も心も 今が一番 美しいから  恋するたびに 恋に染まり 痛いほどに 切なくて ひとりで背伸び することより 私は私の ままでいい さよならと めぐり逢い 若くないけど ときめく 明日が 待っているから 輝きなさい 私らしく 一度だけの 人生 輝きなさい 身も心も 今が一番 美しいから  輝きなさい 私らしく 一度だけの 人生 輝きなさい 身も心も 今が一番 美しいから
夢子と夢男の恋物語りJun&シャンゴーJun&シャンゴー荒木とよひさ柴田遊竹内弘一男はきっと いつも恋して 夢から生れた 不思議な生き物 淋しがり屋で 甘えん坊で いくつになっても わんぱく坊やね love song 君が最後の人さ love song 口説き文句を 並べたて もう一度青春を 若くないけど 心が 心が ときめくままに もう一度稲妻を RARARA 今夜も 夢子と 夢男の 恋物語り  女もそうよ いつも愛され 花から生れた 綺麗な生き物 涙上手で ちょっぴり恐くて いくつになっても 扱いづらいね love song これが最後の恋よ love song 甘い言葉で 誘うけど もう一度青春を いまが人生 心が 心が 輝くままに もう一度稲妻を RARARA 今夜も 夢子と 夢男の 恋物語り  もう一度青春を 若くないけど 心が 心が ときめくままに もう一度稲妻を RARARA 今夜も 夢子と 夢男の 恋物語り
春雷瀬口侑希瀬口侑希小野塚清一桧原さとし竹内弘一恋の焔(ほのお)が あかあかと もつれて 燃える 外は稲妻 抱かれて すがる夢情け 悔やみはしない 戻れない 罪を承知の ひと夜に 身を焦がす 行かないで 傍(そば)にいて この手離さない ため息を かき消して 鳴りひびく 春雷よ  青い迷い火 めらめらと 闇夜に 燃えて 爪の先まで あなたの 色で染まります 波打つ肌は 騙せない そうよ確かな 絆が 欲しいのよ 行かないで 傍にいて この手離さない 寝顔見て 愛しさが また募る 春雷よ  悔やみはしない 戻れない 罪をしかるか 弥生の 走り雨 行かないで 傍にいて この手離さない 明日(あした)への 希望(のぞみ)の灯(ひ) 消さないで 春雷よ
花鏡鳳城朋美鳳城朋美荒木とよひさ新沼謙治竹内弘一椿の花より 綺麗でしょうか あなたに逢う日の 赤い紅(べに) 女に生まれた 倖せは 明日はいらない 夢化粧 惚れて 惚れてね 何度でも この身がちぎれて しまうほど  遣らずの雨なら 恨みましょうか この髪解いて 忘れ櫛 添えない運命(さだめ)の この恋は 帯も届かぬ むこう岸 馬鹿よ 馬鹿よね また泣いて この世が涙で 霞むほど  選んだ着物は 似合でしょうか 片袖通した 花鏡 ときめく心を 静めても 焦らす窓辺の 十三夜 好きよ 好きなの どこまでも いのちの身代わり 出来るほど
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
鳳城朋美鳳城朋美やました貴美KAY竹内弘一花のつぼみが 微笑んで 甘い香りが 身体(み)を包み 愛されて 愛されて また愛されて めぐり逢わせの すてきな縁 からめた指先 温かい 逢うたび 満たされ 知るほどに 惹かれてゆく 縁日毎に 育(はぐく)んで 生きてゆく明日(あした) 迷わない 迷わない  水に桜の 花明かり 二つ並んだ 笹舟(ふね)がゆく 恋しくて 恋しくて もう恋しくて 側にいるのに せつない慕(おも)い からめた指先 温かい 逢うたび 満たされ 知るほどに 惹かれてゆく 縁ふたりの 宝物 生きてゆく明日(あした) 迷わない 迷わない  からめた指先 温かい 逢うたび 満たされ 知るほどに 惹かれてゆく 縁日毎に 育(はぐく)んで 生きてゆく明日(あした) 迷わない 迷わない
蜃気楼水森かおり水森かおり麻こよみ大谷明裕竹内弘一涙色した 哀しみを 抱いて魚津(うおづ)の 港町 消えた面影 また揺れて まるであなたは 蜃気楼(しんきろう) あゝ 後ろ髪引く 波ばかり  肩を寄せ合い 海鳴りを 聞いたあの日の 富山湾 心変わりも 気づかずに 恋は儚(はかな)い 蜃気楼(しんきろう) あゝ 罪なだけです 優しさは  遠いあなたが 恋しくて 命ふるえる 日本海 なんでこの手に つかめない まるで幸せ 蜃気楼(しんきろう) あゝ 別れせつない 波しぶき
黄昏ワルツ宍戸マサル宍戸マサルやしろよう大谷明裕竹内弘一薄紫の 帷(とばり)が降りて 強がる心も 人恋し こっちを向いて 笑顔を見せて 俺でよければ そばにいるよ 散る花 咲く恋 黄昏ワルツ  小指の先の 棘さえ疼く ましてや痛むさ 胸の傷 哀しいことを 忘れるように 生きてみないか そばにいるよ ため息 口笛 黄昏ワルツ  春には桜 冬には雪を 移ろう季節も 二人なら 陽だまりほどの 温もりでいい どんな時でも そばにいるよ 吹く風 降る夢 黄昏ワルツ
情熱の夜宍戸マサル宍戸マサルやしろよう大谷明裕竹内弘一バラの素肌に 情熱まとい 愁いの靴を 脱ぎ捨ててくれ 愛されたい 愛したい 永遠でも 刹那でも 踊れ 踊れ 女は太陽 燃えて 燃えて 男は夜 燃え尽きてこの胸に あぁ沈むまで  濡れた瞳に 光を集め 迷いを射抜く 女神(ヴィーナス)になれ 乱されたい こわしたい 運命ごと 未来ごと 踊れ 踊れ 女は太陽 燃えて 燃えて 男は夜 心まで溶け合って あぁ眠るまで  愛されたい 愛したい 永遠でも 刹那でも 踊れ 踊れ 女は太陽 燃えて 燃えて 男は夜 心まで溶け合って あぁ眠るまで
北手紙桜井くみ子桜井くみ子朝比奈京仔岡千秋竹内弘一前略と書きかけて 震える指に どれほどの悲しみを 略すのでしょう 華やかなこの街で 幸せ‥と書きました いいことばかりで 埋め尽くす手紙の ピリオドが ほんの少しゆがんで あゝ 寒い胸に焼きついた  何もない北の町 雪はしんしんと 夜汽車だけ 一筋のともしびだから 待ちわびてお前だと 信じてしまいます かな釘文字の 母からの手紙を 握りしめ 都会(まち)でひとり初めて あゝ 声を上げて 泣きました  故郷(ふるさと)を出たときは 春まだ浅く 消え残る雪景色 目にしみました 夜汽車には乗りません 始発で帰りたい 過ちばかりの 東京のくらしを うちあけた 自分宛の手紙を あゝ 胸の奥に 抱きしめて…
観音霊水永遠に西川晶西川晶河守俊行西川晶竹内弘一雨の日も風の日も 皆の想いを背負って進む 山道を 走る車の快音が 響くこだまで勇気づく 今日もまた来た 南信州遠山郷 すべてを見てきた 龍淵寺 気が出る霊木親子杉 観音様に手を合わせ いただく水の ありがたさ 永遠に 永遠に 観音霊水永遠に  雪の日も凍る日も 皆の想いを背負って進む 山道を 友の宿命(さだめ)を負いながら 握るハンドル我が想い 今日もまた来た ゼロ磁場街道遠山郷 すべてを知ってる 龍淵寺 遠山温泉かぐらの湯 観音様に手を合わせ 命の水の ありがたさ 永遠に 永遠に 観音霊水永遠に  南信州遠山郷 観音菩薩の龍淵寺 静かに静かに目を閉じて 永遠に 永遠に 観音霊水永遠に
あんたが命やった竹村こずえ竹村こずえ紙中礼子西つよし竹内弘一真っ赤な月が 泣いている 星も見えない この町やけど ときめく涙 くれたよね 憎んで愛したひと あんたが命やった オンボロの人生も あんたに抱かれて いい女に 少しは なれたやろうか お金で 買えんものがある それを愛と 言うのならば やっとわかった気がする…  何度も地獄 見たくせに ダメな男に やっぱり惚れた 幼いころの 胸の傷 おんなじ匂いのひと あんたが命やった 希望とか夢やとか あんたがいたから 描(えが)けたのに 涙で 消したくないよ 初めて うちを抱きしめた あんなぬくい 居場所なんか きっとどこにも ないはず…  あんたが命やった ポンコツの純情が あんたを失くして 叫んでいる しあわせ なりたかったよ 心が ずっと立ち止まる 何を見ても 何を聴いても ひとめ逢いたいもう一度…
真っ赤なユニフォーム鈴木みのり鈴木みのり鈴木みのり・補作詞:野澤清久mico竹内弘一Everytime(エブリタイム) Everyday(エブリデイ) Everything(エブリシング) 「愛」があふれてる  近くにいても 気づかない ぬくもりって あるよね 何だかすぐに 言えなかった 君の親切 ありがとう 真っ赤なユニフォーム みんなで着たら 不思議なチカラが キラ キラ (集まって) 笑顔の数だけ キラ キラ “さあみんな 手をつないでね!” あの日からわたし たくさんの 「愛」に 包まれている ゴールを決めたら 告白するんだ 恋へキックオフ (Yey!)  Everytime(エブリタイム) Everyday(エブリデイ) Everything(エブリシング) 「夢」があふれてる  秘密の話 君のこと いつもいつも 話したよ どんな時でも 見ていてくれた さびしい夜も 大丈夫 真っ赤なスタジアム 情熱ウェーブ 不思議な気持ちが ドキ ドキ (高まって) チャンスの数だけ ドキ ドキ “もう 誰も とめられないよ!” あの日からわたし たくさんの 「夢」を 背負っている ゴールを決めたら 告白するんだ 君へロングシュート (Yey!)  Everytime(エブリタイム) Everyday(エブリデイ) Everything(エブリシング) 「夢」があふれてる  Everytime(エブリタイム) Everyday(エブリデイ) Everything(エブリシング) 「愛」があふれてる
チャージ鈴木みのり鈴木みのり鈴木みのり・補作詞:野澤清久mico竹内弘一今日もいろいろあったけど 本気と勇気で乗り切れた 少し泣いたりしたけれど ぜんぶ明日のエネルギー “がんばるもん!” “がんばるもん!” あの夏のミルクロード 彼とのドライブ ブルースカイブルー 途中の牧場の 最高に デリシャスな ソフトクリーム 思い出せば 元気がチャージ  悩みもいろいろあるけれど 家族の笑顔で乗り切れる 少し喧嘩もするけれど ぜんぶ答えはそばにある “すきだけん!” “すきだけん!” 光る海 見わたす丘 漁船のシルエット イエローサンセット 記念写真には とびきりで ハッピーな みんなのスマイル 思い出せば 元気がチャージ  明日(あす)もいろいろあるけれど 元気とやる気で乗り切れる スポットライトに照らされた 道を信じて歩くだけ  “てぇつながん?” “てぇつながん?” クリスマスの イルミネイション ともだちと乗った レッドフェリスウィール いつかの約束 阿蘇に 広がる ミルキーウェイ 思い出せば 元気がチャージ 思い出せば 元気がチャージ
雪哭き津軽清水まり子清水まり子近藤しげる井上慎之介竹内弘一撥(ばち)をたたけば 血を噴く指を 口にくわえて くれた人 雪が吠えれば ただ恋しくて こころ弘前 大間崎 よされじょんから 雪哭(ゆきな)き津軽  時の流れに 三味(しゃみ)弾き捨てて 宿の女将も 馴れました 一夜(ひとよ)泊りの 空似(そらに)の人は もしや十和田か 八戸か よされじょんから 雪哭(ゆきな)き津軽  親の顔など 知らないけれど 人の情けは よく分かる 辛い世間の 吹雪に耐えて 生きる黒石 鶴ヶ坂(つるがさか) よされじょんから 雪哭(ゆきな)き津軽
紫レイ紫レイ中島みゆき中島みゆき竹内弘一なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語 縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない  なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ 夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中 縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない  縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます
空港紫レイ紫レイ山上路夫猪俣公章竹内弘一何も知らずに あなたは言ったわ たまにはひとりの 旅もいいよと 雨の空港 デッキにたたずみ 手をふるあなた 見えなくなるわ どうぞ帰って あの人のもとへ 私はひとり 去ってゆく  いつも静かに あなたの帰りを 待ってるやさしい 人がいるのよ 雨に煙った ジェットの窓から 涙をこらえ さよなら言うの どうぞ戻って あの人のもとへ 私は遠い 町へゆく  愛は誰にも 負けないけれど 別れることが 二人のためよ どうぞ帰って あの人のもとへ 私はひとり 去ってゆく
蒼き星に生まれて紫レイ紫レイ荒木とよひさ濱田金吾竹内弘一花は悩まずに 花は迷わずに 季節の移ろい感じ 咲くけれど 人間は傷つけて 人間は傷ついて 悲しみを抱いて みんな生きている 誰かを愛して 誰かに愛されても…きっと 答えのない しあわせ捜す 欲ばりな生き物 花にはなれなくて  海は広すぎて 海は深すぎて すべての生命を そこに生んだけど 人間は裏切って 人間は裏切られ いつの日か罪の 重さ気付くはず 誰かを許して 誰かに許されても…きっと 夢を食べて 永遠捜す ちっぽけな生き物 海にはなれなくて  誰かを愛して 誰かに愛されても…きっと 答えのない しあわせ捜す 欲ばりな生き物 花にはなれなくて
心凍らせて紫レイ紫レイ荒木とよひさ浜圭介竹内弘一あなたの愛だけは 今度の愛だけは 他の男(ひと)とはちがうと 思っていたけど 抱かれるその度に 背中が悲しくて いつか切り出す 別れの言葉が恐くて  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないように  綺麗な愛じゃなく 子供の愛じゃなく 生命(いのち)すててもいいほど 慕(おも)っていたけど あなたのその胸は いつでも遠すぎて きっと理想の誰かを 宿して生きてる  心 流されて 愛に流されて 今も想い出 つかまりながら 心 流されて 夢に流されて あなたの右手と はぐれぬように  心 凍らせて 愛を凍らせて 今がどこへも 行かないように 心 凍らせて 夢を凍らせて 涙の終りに ならないように
私には歌がある紫レイ紫レイ荒木とよひさ都志見隆竹内弘一いつも心に歌があるから 花のように 風のように いつもあなたの 愛があるから 私は…ここにいる たとえ哀しみで たとえ苦しみで 胸の涙が あふれても 今日のむこう側 ふたり手を取って 強く生きられる 歌があるから 愛があるから 私の人生に  いつも心に歌があるから 虹のように 星のように いつもあなたの 愛があるから 私は…ここにいる たとえつまずいて たとえ傷ついて 見上げる空を 忘れても 愛は永遠の かたい約束と 強く信じてる 歌があるから 愛があるから 私の人生に  愛は永遠の かたい約束と 強く信じてる 歌があるから 愛があるから 私の人生に
リンゴ追分紫レイ紫レイ小沢不二夫米山正夫竹内弘一リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に月夜に そっと えーー つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああ――  つがる娘は ないたとさ つらい別れを ないたとさ リンゴの花びらが 風に散ったよなー ああ――
サヨナラは…あなたから紫レイ紫レイ荒木とよひさ五木ひろし竹内弘一あなたの優しさに 知らない過去がある 乗り換える駅のホーム 待ってる人がいる ふたりを愛してる あなたのその心 痛いほどわたしは 解っているから サヨナラはあなたから 黄昏の街で サヨナラはあなたから ひとり身を引くわ 想い出にまたひとつ 貸しが出来ても わたしの人生は わたしのものだから  あなたの寂しさを 支える影がある 落葉降る並木径を 寄り添う人がいる ふたつの顔をした あなたのその背中 声かけてしまえば 重荷になるから サヨナラはあなたから 黄昏の街で サヨナラはあなたから ひとり身を引くわ 倖せをまたひとつ 失くしたけれど わたしの生き方は わたしのものだから  サヨナラはあなたから 黄昏の街で サヨナラはあなたから ひとり身を引くわ 思い出にまたひとつ 貸しが出来ても わたしの人生は わたしのものだから
硝子の愛紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一あなたの優しさに 心が傷つき 上手な別れは ずるさが残るだけ ひとりで生きてく 覚悟はするけど 綺麗な思い出 今すぐには消せない あなたに染められ あなたに従い 死ぬことそれさえも 怖くなかった 出口の見えない 迷路にひとり佇み 助け呼んで あなたの名前をつぶやく 壊れた硝子の愛は 元には戻れない  あなたはいい人 恨めば悲しい 涙の半分 返して欲しいだけ 心が身体が 昨日を探して 窓辺の黄昏 あの日だけがそのまま あなたに染められ あなたにより添い 出逢えたことだけで 神を信じた 光の差さない 迷路に今は残され 助け呼んで あしたを手さぐりするけど 飛び散る硝子の愛は 元には戻れない  あなたに染められ あなたに従い 死ぬことそれさえも 怖くなかった 出口の見えない 迷路にひとり佇み 助け呼んで あなたの名前をつぶやく 壊れた硝子の愛は 元には戻れない
いっそベッサメ・ムーチョニーウンニーウンジョン・イン・ソン、日本語詞:リー・ケイ、前田たかひろジョン・イン・ソン竹内弘一ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ 言葉にしてごらん 聞いててあげる 素直におなり 愛してあげるよ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ 愛を隠した 熱いキミよ さぁそばにおいで 愛が燃える 罪の香り もう狂っていいよ キミのすべてに キスしてあげるから ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ 今夜私に 熱い心で 愛を教えてよ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ  ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ さらけ出してごらん 見ないふりして 見ていてあげる 愛してあげるよ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ 愛が溢れ 熱いキミは もうもどれないよ 燃える肌は バラの香り 私にキスよ 真っ赤な愛で 生きたいキミだもの ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ 今夜はキミの 心壊して 愛を伝えなよ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ  今夜私に 心激しく 愛を伝えてよ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ ベッサメ、ベッサメ・ムーチョ
四季の歌菅原やすのり菅原やすのり荒木とよひさ荒木とよひさ竹内弘一春を愛する人は 心清き人 すみれの花のような ぼくの友達  夏を愛する人は 心強き人 岩をくだく波のような ぼくの父親  秋を愛する人は 心深き人 愛を語るハイネのような ぼくの恋人  冬を愛する人は 心広き人 雪をとかす大地のような ぼくの母親  ラララ…
東北道杉本和也杉本和也仁井谷俊也大谷明裕竹内弘一夜更けの高速を 北へ向かえば 思い出の街の灯(ひ)が 過去へと遠ざかる あの都会(まち)で起きたことなど みんな忘れて ふたりで出直すんだ 雪解けの町で 涙ぬぐって 肩にもたれなよ 俺と俺とおまえの…東北道  ライトの向こうには 今も揺れてる 懐かしい父母(ちちはは)が あの日のあの友が 悲しみに沈むその胸 誰もやさしく 迎えてくれるだろう かわらない笑顔(かお)で つなぐ指先 愛を離すなよ 星が星がまたたく…東北道  あの都会で起きたことなど みんな忘れて 幸せ掴もうよ コブシ咲く町で 夜が明ければ ふるさとの海だ 夢は夢は遥かな…東北道
約束の場所杉本和也杉本和也杉本和也・補作詞:RIE大谷明裕竹内弘一駆け出しの理由(わけ)も 続けてく意味も 勇気さえ 何もなくて 打ち砕かれた夢が希望にすがりつく 今この全てを そっと受け入れる 君にずっとこれから こんな僕の心を 癒して支えて欲しい あぁ…約束の場所に 戻りたい あの約束の場所に 帰りたい だから今は 見守って欲しい  叶えたい夢を 抱きしめて強く 明日から 旅に出るよ 涙を溶かし もっと心で歌いたい 今でも思いは ずっと変わらない そんな笑顔で僕の 弱い心は羽ばたき 未来へ進んで行ける あぁ…約束の場所が 霞んでる あの約束の場所が 遠くなる だけど今は 側にいて欲しい  あぁ…約束の場所に 戻りたい あの約束の場所に 帰りたい だから今は 見守って欲しい  だから今は 見守って欲しい
瞼の母桂竜士桂竜士坂口ふみ緒沢しげと竹内弘一軒下三寸 借りうけまして 申しあげます おっ母さん たった一言 忠太郎と 呼んでくだせぇ 呼んでくだせぇ たのみやす  “おかみさん、今何とか言いなすったね 親子の名のりが したかったら 堅気の姿で尋ねて来いと言いなすったが 笑わしちゃいけねぇぜ 親にはぐれた子雀が ぐれたを叱るは 無理な話よ 愚痴じゃねぇ 未練じゃねぇ おかみさん 俺の言うことを よく聞きなせぇ 尋ね 尋ねた母親に 伜と呼んで もらえぬような こんなやくざに 誰がしたんでぇ”  世間の噂が 気になるならば こんなやくざを なぜ生んだ つれのうござんす おっ母さん 月も雲間で 月も雲間で もらい泣き  “何を言ってやんでぇ 何が今更、忠太郎だ 何が伜でぇ 俺にゃおっ母は、いねぇんでぇ おっ母さんは 俺の心の底に居るんだ 上と下との瞼を合わせりゃ 逢わねぇ昔の やさしい おっ母の面影が浮かんでくらぁ 逢いたくなったら 逢いたくなったら 俺ァ瞼をつむるんだ”  逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ これが浮世と いうものか 水熊横丁は 遠灯り 縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る  “おっ母さーん”
さよならから出光仁美&ビューティーこくぶ出光仁美&ビューティーこくぶ森田いづみ水森英夫竹内弘一人影のない 静かな駅に 愛する気持ちを 置いてゆく 各駅停まりの 電車に揺られて あなたを 忘れるの 別れの朝に 微笑み合えば 明日も会えそな 気がするよ 背中をあわせた 別れのホームに 電車が 滑り込む  恋の終着駅に 秋風巡る さよなら さよなら 愛してる (愛しているよ) 忘れることなど 出来ないわ (このまま…) 時が過ぎ (愛が) 思い出に (変わる) その日が 来るまでは  別れの理由(わけ)が 季節に溶けて 今でも一人の 暮らしなら あの日の君を 迎えに行くのさ 涙を 拭うため 知らない街の 暮らしに慣れて 一人で生きると 決めたけど ふとした瞬間 あの日に戻って あなたを 感じてる  恋の終着駅に 春風巡る も一度 も一度 出逢いたい (その日を待つわ) いくつも 季節を 繰り返し (何度も) 過ぎた日の (愛の) 思い出が (今も) 優しく 駆け巡る  あの日の終着駅は 今日の始発駅 止まった時間が 動き出す (遅くはないさ) ホームに響いた ベルの音 (抱きしめ) さよならの (後に) 訪れる (出逢い) も一度 始めよう
人生山河日高正人日高正人たきのえいじ杉本眞人竹内弘一華やか過ぎず 貧しくもなく 雨のち晴れの 半世紀 夕焼けこやけが 似合う通りで ひとり忍ぶ あの頃 男はみんな ヒーローだった 憎まれ口を きいていた頃 山あり谷あり 人生山河 もう少し生きて いいですか  鞄の中に 入れ忘れてた 幸せという 宝もの 渡しに行きたい 出来ることなら 少しだけど あなたに 女は誰も ヒロインだった 夜通し愛に 飢えていた頃 まぶたを閉じたら 人生山河 これからも好きで いいですか  男はみんな ヒーローだった 憎まれ口を きいていた頃 山あり谷あり 人生山河 もう少し生きて いいですか  もう少し生きて いいですか
ぼっけもんわらべ唄日高正人日高正人岩川徹・補作詩:RIE中本精慈竹内弘一幼き姿 そのままに 夢を楽しむ やんちゃ者 今を生き抜き 突き進む 続く道のり 我武者羅に いっぺこっぺ さあいつまでも いっぺこっぺ さあ歩こうよ 今日も元気に ぼっけもんわらべ唄  心の友と 肩を組み 夢を追いかけ 走りたい 激しい試練も なんのその 負けてたまるか いばら道 いっぺこっぺ さあ迷わずに いっぺこっぺ さあ走ろうよ 明日も頑張れ ぼっけもんわらべ唄  笑顔の太陽 微笑んで 夢の光を 降り注ぐ 豊かな心で 助け合い 絆支えて 流れ星 いっぺこっぺ さあこれからも いっぺこっぺ さあ歌おうよ 皆(みんな)一緒に ぼっけもんわらべ唄
つぐない紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一窓に西陽が あたる部屋は いつもあなたの 匂いがするわ ひとり暮らせば 想い出すから 壁の傷も 残したまま おいてゆくわ  愛をつぐなえば 別れになるけど こんな女でも 忘れないでね 優しすぎたの あなた 子供みたいな あなた あすは他人同志になるけれど  心残りは あなたのこと 少し煙草も ひかえめにして 過去に縛られ 暮らすことより わたしよりも可愛い人 探すことよ  愛をつぐなえば 重荷になるから この町を離れ 暮らしてみるわ お酒飲むのも ひとり 夢を見るのも ひとり あすは他人同志になるけれど  愛をつぐなえば 別れになるけど こんな女でも 忘れないでね 優しすぎたの あなた 子供みたいな あなた あすは他人同志になるけれど
愛人紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一あなたが好きだから それでいいのよ たとえ一緒に 街を 歩けなくても この部屋にいつも 帰ってくれたら わたしは待つ身の 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時がふたりを 離さぬように 見つめて 寄りそって そして抱きしめて このまま あなたの胸で暮らしたい  めぐり逢い少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね わかっているわ 心だけせめて 残してくれたら わたしは見送る 女でいいの  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で眠りたい  尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日がふたりを こわさぬように 離れて 恋しくて そして会いたくて このまま あなたの胸で暮らしたい
時の流れに身をまかせ紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一もしも あなたと逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか 平凡だけど 誰かを愛し 普通の暮し してたでしょうか  時の流れに 身をまかせ あなたの色に 染められ 一度の人生それさえ 捨てることもかまわない だから お願い そばに置いてね いまは あなたしか 愛せない  もしも あなたに嫌われたなら 明日(あした)という日 失してしまうわ 約束なんか いらないけれど 想い出だけじゃ 生きてゆけない  時の流れに 身をまかせ あなたの胸に より添い 綺麗になれたそれだけで いのちさえもいらないわ だから お願い そばに置いてね いまは あなたしか 見えないの  時の流れに 身をまかせ あなたの色に 染められ 一度の人生それさえ 捨てることもかまわない だから お願い そばに置いてね いまは あなたしか 愛せない
スキャンダル紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一あなたの背広の移り香は きっとどこかの綺麗な人でしょう 三茶 下北 それとも 吉祥寺 子供のように はしゃいでいたのね  スキャンダルなら 男の勲章 迷子にならずに 帰ってきてね お酒もいいの 噂もいいの 私のことを忘れていないなら  あなたの好みのお相手は 髪を肩まで伸ばした人でしょう 恵比寿 十番 それとも 西麻布 夢人みたいに 時間を忘れて  スキャンダルなら 男のロマンス 夜明けの前には 帰ってきてね お酒もいいの 噂もいいの 私のことを忘れていないなら  スキャンダルなら 男の勲章 迷子にならずに 帰ってきてね お酒もいいの 噂もいいの 私のことを忘れていないなら
冬のひまわり紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一冬に咲かない ひまわりの花 きっと かなわぬ 恋を見すぎていた くもり空なら グレーのコート それが私に 似合っているけれど  もういまは 愛がない この手のひらの中 陽だまりのかけらさえ 何も残さず 冬のひまわり  冬に咲かせる 花があるなら それは 帰らぬ 想い出のかた隅 いつかあなたの そばで住めると 心弾ませ 夢を見てたけど  もうここに 愛がない あなたの胸の中 ぬくもりのかけらさえ 何も残さず 冬のひまわり  もういまは 愛がない この手のひらの中 陽だまりのかけらさえ 何も残さず 冬のひまわり
決心奈央奈央岡田冨美子大谷明裕竹内弘一約束の時間には遅れない人だから 早めに支度して部屋を出たのに なぜか急(せ)かされる 二人っきりで会うのはこれで何度めかしら 傷つきたくなくて深くなること 拒んでたけど……… 予感が降りてくる 背中が騒ぎだす 私をしばっていた 鎖がとけて行く……… そうよあなた以上にずっと求めていたの いつかと同じ間違い 二度としたくない………  黄昏のにぎわいが答え出してくれそう あなたのやさしさが押し寄せてくる 胸が熱くなる 今日はどんなお店でどんな話をするの? 会えばきっとすぐに何か違うと 気付くでしょうね……… 今夜結ばれるの 人生を変えるの 私をしばっていた 鎖がとけて行く……… 約束の時間まで歩き続けていたい 涙が止まらなくなる こころ決めたから………  今夜結ばれるの 人生を変えるの 私をしばっていた 鎖がとけて行く……… 約束の時間まで歩き続けていたい 涙が止まらなくなる こころ決めたから……… こころ決めたから………
告白奈央奈央朝倉翔大谷明裕竹内弘一今夜だけは 帰らないで… 指をからめてみるけど 愛の後の 甘い言葉 気まぐれと 笑われるの あなたなんか 遊びだって 軽い気持ちでいたのに 腕の中で 瞳とじて なぜかしら 震えてるわ あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ大人の恋のはずが 心に 嘘はつけない… 今夜だけは 帰らないで このまま夢を見させて  そして一人 酔ってみるの あなた残した お酒で 扉閉めて 帰る背中 ため息で 追いかけたい こんな夜を 重ねながら 胸に隠した 告白 〈恋〉じゃなくて〈暮らし〉だから その女(ひと)が 大事なのね あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ覚悟の恋のはずが せつなく 今は苦しい… だから一人 酔っているの このまま夢で泣かせて  あなたのすべて 欲しいけれど 打ち明けたなら 壊れるでしょう そうよ秘密の恋のはずが 涙で 何を願うの… 他になにも 欲しくないの このまま夢を見させて
ね…。~お母さんの桜~冨田麗香冨田麗香荒木とよひさ荒木とよひさ竹内弘一ねねね… ねねね… ねねね… ねねね… ねねね… 忘れないでね ねねね… 忘れないでね  前略 お父さん お元気で暮してますね お酒も少しひかえめに 晩酌ぐらいにして下さいね 約束の禁煙も 破らずに続けてますね 一年に一度だけの 人間ドックもして下さいね 電話の声を聞けば 帰りたくなりますね 手紙ならこの都会でも 頑張ることが出来ますね 母さんは天国で もう三度目の春ですね 一緒にお墓参りに 今年は行けずにごめんなさいね お茶飲み友だちと カラオケだけならいいですね でもね…お仏壇の写真にお花をね… ねねね…忘れないでね  前略 お父さん 味噌汁は作ってますね 千切り大根 油あげ おネギもいっぱい入れて下さいね 洗濯機回すとき 柔軟剤も忘れないでね お掃除は三日に一度でいいから 綺麗にして下さいね 電話で話したなら 会いたくなりますね 手紙なら ベソをかいても 頑張ることが出来ますね 母さんは天国で もう三度目の桜よね 仕事にあれこれかこつけて 今年は帰れずごめんなさいね ガールフレンドと お花見だけならいいですね でもね…お仏壇に朝晩お線香ね ねねね…忘れないでね  ねねね… ねねね… ねねね… ねねね… ねねね… 忘れないでね ねねね… 忘れないでね
愛の岸辺山口かおる山口かおる荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一生まれてこなければ あなたを 知ることもなく たとえば花に たとえば鳥に 身を変えて いたでしょう あゝ抱かれたら その度に 愛が愛が降りてくる 乳房(むね)の奥に 深く深く この世の果てまで あなたの他に もう愛せない ふたつの生命(いのち) 重ねてしまえば  逢えなくなったなら わたしは 死んだと同じ たとえば過去も たとえば未来(あす)も ぬけ殻に なるでしょう あゝ求め合う 激しさに 愛が愛が突き刺さる 指の先が 熱く熱く 時間を殺して あなたの他に もう愛せない 心ひとつに 解かしてしまえば  あゝ抱かれたら その度に 愛が愛が降りてくる 乳房の奥に 深く深く この世の果てまで あなたの他に もう愛せない ふたつの生命 重ねてしまえば
染められて 乱されて山口かおる山口かおる荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一心染められて 愛に乱されて 綺麗になってゆく 自分が解る 幾つか恋もしたけれど 今度の人は何かがちがう 堕ちゆく場所の 深さが違う もう止められなくて もう引き返せない たとえ不幸が どこかで待ってても  心染められて 愛に乱されて 一秒も忘れない 自分が怖い 抱かれる時も嬉しくて 涙で終わる予感がしない 淋しさひとつ 残りはしない もうわたしの中の もう生命(いのち)と同じ たとえ人生が このまま終わっても  もうわたしの中の もう生命と同じ たとえ人生が このまま終わっても
飲むほどに 酔うほどに里見浩太朗里見浩太朗荒木とよひさ竹内弘一竹内弘一独りでぐらりと 酔ったとき 思い出すのは ガキの頃 チンチン電車に 原っぱに 小便(しょんべん)くさい 映画館 時代遅れの男たち どこへ帰ろかもどろうか 秋刀魚(さんま)の煙が 煙が目に沁(し)みる あゝ 飲むほどに 酔うほどに 昭和の昔が 遠くなる あゝ 飲むほどに 酔うほどに あの日の青春(ゆめ)が 遠くなる  女将(おんな)に片惚(かたぼ)れ したときも 不器用者と 諦(あきら)める 懐メロ一曲(ひとつ)と ぬる燗と 最終電車と 影法師 路地裏横丁の男たち どこへ帰ろかもどろうか ぽつりと小雨(こさめ)が 小雨が降り出した あゝ 飲むほどに 酔うほどに 昭和の昔が 遠くなる あゝ 飲むほどに 酔うほどに あの日の青春(ゆめ)が 遠くなる  あゝ 飲むほどに 酔うほどに 昭和の昔が 遠くなる あゝ 飲むほどに 酔うほどに あの日の青春(ゆめ)が 遠くなる
元気と勇気と微笑みと保科有里保科有里荒木とよひさ柴田遊竹内弘一悲しみは 希望の始まりさ 雨の日も いつかは虹になる 今日の日が 涙で濡れたなら この空を 見上げるのみんなで  元気と勇気と微笑みと きっと心にあふれてくる だから大きな声を かけ合って 歩いて行こう 足を高く上げて 両手をふって 胸を張って 歌を唄って 歩いて行こう 悲しみを いま乗り越えて  悲しみは 希望の手招きさ 寒い日も いつかは晴れになる 今日の日が 切なくふるえたら 青空を 掴もうよみんなで  元気と勇気と微笑みと きっと心がふくらむはず だから優しさをいま わけ合って 歩いて行こう 夢をいつも抱いて 明日(あした)を信じ 胸を張って 歌を唄って 歩いて行こう 出来ること いま考えて  だから大きな声を かけ合って 歩いて行こう 足を高く上げて 両手をふって 胸を張って 歌を唄って 歩いて行こう 悲しみを いま乗り越えて  悲しみを いま乗り越えて
テレサの羽根紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一あなたは青空に 心を遊ばせ 今でも微笑みを 投げかけている 風より優しい 姿に身を変えた 歌声この手に乗せれば すぐそばにあなたはいる テレサの羽根は 追憶(おもいで)だけじゃなくて 天国(そら)から降りる 切なさだから テレサの羽根は 悲しみだけじゃなくて 愛より深い 心の答え  あなたは青空を 時には曇らせ 生きてるそれだけで人間(ひと)は悲しむ 花より綺麗に 生れても今では 言葉の雫(しずく)を残して 胸の中歌いかける テレサの羽根は 永遠だけじゃなくて 授かる生命(いのち)の 愛(いと)しさだから テレサの羽根は 優しさだけじゃなくて 愛より深い 涙の答え  テレサの羽根は 追憶(おもいで)だけじゃなくて 天国(そら)から降りる 切なさだから テレサの羽根は 悲しみだけじゃなくて 愛より深い 心の答え
時の流れに身をまかせ~パート2~紫レイ紫レイ荒木とよひさ三木たかし竹内弘一あなたのことは 忘れはしない 今のわたしは 倖せだけれど 若いあの頃 想いだすたび 心の隅が 切なくなるの 時の流れに 身をまかせ あなたと同じ この空 ちがった人生 歩いて 逢えることも ないけれど せめてお願い 忘れないでね 遠いさよならを していても  あなたもきっと どこかの街で 愛する人と 暮らしていますか 元気でいれば それだけでいい 過去(むかし)のままの あなたでいれば 時の流れに 身をまかせ あなたと同じ 黄昏 二つの人生 染めても 帰る家庭(ばしょ)が あるけれど せめてお願い 忘れないでね 遠いさよならを していても  時の流れに 身をまかせ あなたと同じ この空 ちがった人生 歩いて 逢えることも ないけれど せめてお願い 忘れないでね 遠いさよならを していても
夢見る夢子中条きよし中条きよし荒木とよひさキダ・タロー竹内弘一不幸が似合う いい女はね だまされ上手で お別れ上手 男運(うん)が悪いと 寝たふりしても 三ケ月(みつき)もたてば また恋をする この指とまれ 坊やよとまれ トンボも蝶々も あの人も 夢見る夢子と 言われても 惚れた数だけ 綺麗になるから  涙が似合う いい女はね ほだされ上手で くどかれ上手 心開けば 身体(からだ)も開き 爪の先まで 尽くしてしまう この手で泳げ 坊やよ泳げ めだかも金魚も あの人も 夢見る夢子と 言われても 惚れた数だけ 綺麗になるから  男運が悪いと 寝たふりしても 三ケ月もたてば また恋をする この指とまれ 坊やよとまれ トンボも蝶々も あの人も 夢見る夢子と 言われても 惚れた数だけ 綺麗になるから
いつか夜汽車で…すずき円香すずき円香荒木とよひさ井上現竹内弘一北へ逃げてく夜汽車で それがわたしの答えと 部屋に残した写真に 折れた口紅投げつけ 男を愛した激しさを 若さだけだと言うなら  あなた あなた… 死んでもいい 胸を切り裂き 見せても 何故に 何故に…生まれたの 悲しいだけの この世に  何処か見知らぬ岬で それが過去の捨て場所 手紙ひとつも残さず そんな別れが出来たら 男に抱かれた温もりを それを未練と言うなら  あなた あなた… 次ぎの世まで 恋し続ける 命が 何故に 何故に…契ったの 悲しみだけを 宿して  あなた あなた… 死んでもいい 胸を切り裂き 見せても 何故に 何故に…生まれたの 悲しいだけの この世に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ファタール
  3. 新しい恋人達に
  4. シカ色デイズ
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 伏線回収
  5. 図鑑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×