菅麻貴子作詞の歌詞一覧リスト  105曲中 1-105曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
105曲中 1-105曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋春花羽山みずき羽山みずき菅麻貴子聖川湧石倉重信梅の香りに 包まれて あなたの胸で 見た夢よ 何を惜しんで 鳴く小鳥 声も哀しい 春霞 恋春花 恨んだりしません 時のいたずらを 恋春花 恨んだりしません 風のいたずらを  遠いあの日へ 誘うよな 胡弓の調べ 誰が弾く 水に散らした 花びらを 追えど明日(あした)は ないものを 恋春花 恨んだりしません 時のいたずらを 恋春花 恨んだりしません 風のいたずらを  風に吹かれて 梅の香が うなじを髪を 撫でてゆく いくつ季節が 巡ろうと 花は涙の 露に咲く 恋春花 恨んだりしません 時のいたずらを 恋春花 恨んだりしません 風のいたずらを
海峡浪漫山内惠介山内惠介菅麻貴子水森英夫流れつく 流木に 花は咲かぬと 人は言う 成らぬことでも 成し遂げる それが男の 男の浪漫 間宮海峡… 道はるか  最果ての 地の先に 夢も通さぬ 海がある 命あずけた 木(こ)っ端(ぱ)船 決めた男の 男の覚悟 間宮海峡… 怒涛(なみ)しぶき  ひゅるひゅると 風が啼く 凍る大地を 踏みしめる 土になろうと この身体 果たす男の 男の使命 間宮海峡… 夜が明ける
木更津みれん若山かずさ若山かずさ菅麻貴子水森英夫伊戸のりお港 桟橋 出てゆく船は 汽笛を残して 行くものを 今夜は泣いても いいですか あなた優しい ひと言を せめて私に 置いてって… 月もおぼろの…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん  いつも 男は 薄情かもめ 死ぬまで一緒と 抱いたのに 今夜は酔っても いいですか 港まつりの あの夜の 花火みたいに 散った恋… 涙ほろ酔い…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん  夜霧 大橋 酒場の灯り 最後のおちょこに 酌(つ)ぐお酒 今夜は甘えて いいですか 夢を追うのが 男なら 夢を見るのが 女です… ここで春待つ…(ヤッサイモッサイ…) 木更津みれん
冬子は蛍松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫石倉重信窓辺 粉雪 海辺のホテル 別れも言えずに 置手紙 ごめんよ 冬子 おまえは 雪蛍 俺を忘れて 飛んでゆけ ひゅるり ひゅるりと 飛んでゆけ  霧笛 波音 歩道のしぶき 横顔はかない 涙ぐせ ごめんよ 冬子 守って やれないで 男なみだが 風になる ひゅるり ひゅるりと 風になる  指輪 想い出 出て行く船よ 明日(あした)も見えない 俺だから ごめんよ 冬子 おまえは 雪蛍 俺の手のひら 消えてゆく ひゅるり ひゅるりと 消えてゆく
花絆野中さおり野中さおり菅麻貴子徳久広司南郷達也桜が咲くとき 雪のころ 笑顔と涙の 幾春秋(いくしゅんじゅう) あぁ 過ぎた日々 振り向けば 苦労の分も 優しくなれる 風はまだまだ 冷たいけれど 花のように 寄り添い生きる… 花絆  秋風吹くとき 花は散る 散ってもあとには 実をのこす あぁ 故郷(ふるさと)は あかね色 父(ちち)母(はは)暮らす 西空見上げ 風はまだまだ 冷たいけれど 花のように 心をかさね… 花絆  ひとりで生きてた つもりでも 支えてくれてた ひとがいる あぁ 人生の 山や川 見えない明日(あす)も また愛おしい 風はまだまだ 冷たいけれど 花のように 労わりあえる… 花絆
恋月野中さおり野中さおり菅麻貴子徳久広司南郷達也窓には三日月 寝化粧の 鏡の奥まで あなたが匂う 待ちくたびれて 恋やつれ 街の灯りも 夢やつれ 夢やつれ 「一緒になろう」と 口癖の 嘘に微笑む 不幸ぐせ  あの夜(よ)は新月 暗闇で 初めてあなたの 優しさ知った 愛して欲しい ほつれ髪 濡れたまんまの 洗い髪 洗い髪 何度も何度も もぐり込む 胸で一夜(ひとよ)の 舟になる  優しいあなたが 好きだけど 誰にも優しい あなたが嫌い 男は誰も 解らずや もっと女は 解らずや 解らずや 都会の川面に 砕け散る 月はおんなの 恋姿
寒すずめ松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博指と指とを からめたふたり 別れはいやだと すがったおまえ ごめんよ倖せ やれない俺さ か細いからだが 震えてた すずめ すずめ 寒すずめ 誰にはぐれた おまえも一羽  星も見えない 冬空だって 瞼を閉じれば おまえに逢える うなじの白さに そのはかなさに 心のつよさを 秘めていた すずめ すずめ 寒すずめ 雪に埋もれて 寒くはないか  雪が氷雨に 氷雨が小雨(あめ)に 必ず来る春 信じていたね 男のわがまま 勝手な仕打ち 恨んでくれたら いいものを すずめ すずめ 寒すずめ 泣いていないか 都会の隅で
ひとり横浜松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博あなたにすがった 私が馬鹿ね 雨の元町 とぼとぼと 優しい笑顔に このひとだけと かけてすべてを あげたのに さよならは さよならは ひどすぎる あゝ ひとり横浜  一途なおんなと わらわれたって 雨の伊勢佐木 傘のなか 諦めきれない あなたのことが 命まるごと 捧げたい さよならは さよならは つらすぎる あゝ ひとり横浜  あなたがいなけりゃ 生きられないわ 雨の馬車道 灯がゆれる 何度も信じて 泣かされたって 好きは好きです 変わらない さよならは さよならは まちがいよ あゝ ひとり横浜
冬岬花咲ゆき美花咲ゆき美菅麻貴子浜圭介西村真吾冬の夕日が 海に沈む時 だるまみたいに 見えるから だるま夕日と… 呼ばれるの  あの日と同じ… 冬岬 想い出を 辿る旅です 別れても 好きよと 叫ぶ声 潮風(かぜ)に 千切れる 落ちて行く 燃えながら ふたつの太陽が 重なって 消えてゆく 尽きてゆく… 冬の海  涙も凍る… 冬岬 この心 帰るあてなく あのひとに すべてを 投げ出して 生きてきたのに 抱かれても 寒いだけ ふたりの運命が 溶かされて この命 尽きてゆく… 冬の海  春ならそこに… 冬岬 待つことも 生きることです この足を 引きずり 辿りつく 白い 砂浜 何処までも ついて来る ふたつの太陽が 揺れながら 燃えさかる 尽きてゆく… 冬の海
オランダ坂に雨が降る松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一グラス持つ手も 甘い言葉も すべてが すべてが 好きでした ひと目逢いたい あのひとに 馬鹿です心が 欲しがるの ここは長崎 想い出の オランダ坂に 雨が降る  傘をさしても 濡れる面影 涙が 涙が じゃまをする 二年足らずの 倖せが 滲んで揺れてる 街あかり 噂ひろって 港町 オランダ坂に 雨が降る  霧笛啼く夜 そっとボトルに 名前を 名前を 書いたひと ひと目逢いたい あのひとに 今さら呼んでも 届かない 異人屋敷も たそがれて オランダ坂に 雨が降る
君のふるさと松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を育てた ふるさとは かすむ島並み 輝(ひか)る海 船をかすめて 低く飛ぶ はぐれ鴎も 呼びかける いつかふたりで 行きたいね 海風かおる 君の 君の 君の ふるさとへ  海と同(おんな)じ 色をした ホタルカズラの 花が咲く 丘へ登れば 見えてくる 赤い鉄橋 寄せる波 耳をすませば 潮騒が 響いてくるよ 君の 君の 君の ふるさとに  君を育てた ふるさとは 屋根が重なる 海辺町 君によく似た かあさんの 笑顔やさしい この写真 いつかふたりで 行きたいね 夕陽に染まる 君の 君の 君の ふるさとへ
茜雲三山ひろし三山ひろし菅麻貴子原譲二遠山敦ながれ雲 あかね雲 何処へゆく 故郷(くに)がおまえも 恋しいか おさな馴染みの あの山河(やまかわ)に いつか帰ると 別れを告げた 涙があふれる… 茜雲  ながれ旅 ひとり旅 人の世は 夢がみちづれ 汽車の旅 君は遠くへ 嫁いで行った 今が倖せ それならいいと 想えば西空… 茜雲  ながれ星 ひとつ星 何処へゆく 流れつく先 見つけたか ひとり降り立つ 小さな駅は 母が手を振り 迎えてくれる 笑顔がまぶしい… 茜雲
酔いあかりキム・ヨンジャキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫伊戸のりお泣いたり笑ったり 忙しいひとですね ほんとうによかったわ 結婚するんでしょ 波止場で霧笛が 凍える夜は 生きるの死ぬのと 言ってたあなた… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり  笑顔がいちばんよ 涙は似合わない しんちゃんやけんちゃんは がっかりするかもね 哀しみよろこび 行ったり来たり 男と女は 不思議なものね… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり  泣いたり笑ったり 忙しいひとですね 信じたり恨んだり いろいろあったけど 氷雨もあがれば もうすぐ春ね 掴んだ倖せ 離しちゃだめよ… 命しみじみ… 灯す 女の 酔いあかり
北の恋酒場松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫竹内弘一あゝ あのひと あゝ 気になる ここは馴染みの 北酒場 ちょっと好みの 男(ひと)がいて 今日もなんだか 帰れない グラスで氷が 溶けだして 外は粉雪 盛り場通り エエエー 灯がゆれる  あゝ あのひと あゝ 気になる 恋の予感の 北酒場 好きと言えない じれったい 言って恥かく こともある のれんを揺らして 風が吹く 春は遠いし お酒は苦い エエエー 夢はぐれ  あゝ あのひと あゝ 気になる 笑顔あつまる 北酒場 誰も仲間で いいひとで お故郷(くに)自慢に 花が咲く ふるさと何処だと 聞かれても 今日はひとりで 呑みたい気分 エエエー 恋酒場
千島海道山内惠介山内惠介菅麻貴子水森英夫伊戸のりお海が哭(な)く… 雲が飛ぶ 我(われ)の行く手を 怒涛(しぶき)が阻(はば)む 千島沖から 択捉(エトロフ)へ 胸に帆を張れ 意地を張れ 道は ひとすじ… 千島海道  故郷(ふるさと)を… 後にして 詫びて詫びれぬ 女房に子供 淡路 松前 箱館と 拓(ひら)く港の 夜(よ)は明ける 明日(あす)へ 羽ばたけ… 千島海道  風を吸い… 太陽(ひ)を浴びて ニシン昆布の 北前船は 汗で稼いだ 宝船 男一代 次の時代(よ)へ 夢は 幾千… 千島海道
昭和恋月夜二見颯一二見颯一菅麻貴子水森英夫竹内弘一塵(ちり)にまみれた 昭和の幻(ゆめ)と 他人(ひと)が笑おうと 気にしない 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす ついて来いとは 言えずにひとり 見上げる 昭和の恋月夜  頑固者でも あんたのことが 好きと言ってた 女(やつ)もいた 酒ごころ 酔いごころ 手酌の酒に 捨てたあの日の 面影ひとつ 浮かべる 昭和の恋月夜  愚痴のひとつも 言いたい時は 笑顔つくって 馬鹿になれ 意地ひとつ 道ひとつ 貫きとおす 夢を枕に 時代の片隅(すみ)で 見上げる 昭和の恋月夜
誰かあいつを知らないか黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫伊戸のりお街から駅へ 運河を渡り あの日ふたりは ゴンドラまかせ ため息橋で くちづけ交わし 愛を誓った 仲なのに 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  ふたつの影が 重なり合って 月と一緒に 水面で揺れた 異国の街の 匂いが沁みる あれは運河(かわ)沿い カフェテラス 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  名前はたしか “さちこ”と言って 笑うしぐさは 子供のようで カモメと鳩が 群がる広場 愛に疲れて 泣いていた 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか
下北慕情黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を訪ねて 降り立つ駅は 線路も途切れた 海の町 古い小さな 酒場にいると 噂ひろって 汽車の旅… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 波も凍てつく 大湊(おおみなと)  抱いてあげたい この手のなかに 面影浮かべる 旅の空 俺の勝手で 別れたけれど 泣いていないか 細い肩… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 君に逢いたい 脇野沢(わきのさわ)  明日(あす)へ乗り継ぐ 列車もなくて 瞼を閉じれば 風ばかり もしも逢えたら 苦労も夢も 俺に預けろ これからは… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) ひとり涙の 尻屋崎(しりやざき)
流れ舟松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫伊戸のりお川の水面に 浮き沈み 誰が流した 木の葉舟 いのちをひとつに 寄せ合いながら 涙で数えた 冬いくつ ふたり何処まで 流れ舟  夜霧(きり)にまぎれて しのび逢う 恋は運命(さだめ)か また夢か おまえの小さな その肩先に 行き交う蛍の 薄明かり 揺れて何処まで 流れ舟  水にゆらゆら 身を投げて 泣いているよな 木の葉舟 噂を逃れて この世の果てに 暮らせる倖せ あればいい ふたり何処まで 流れ舟
母恋しぐれ二見颯一二見颯一菅麻貴子水森英夫伊戸のりおひとり夜更けの 燗冷まし 手酌で乾したら 鳴く汽笛 遠い故郷(ふるさと) 母さんへ 書いた手紙も 出せずに二年 つらいこの胸 叩くな雨よ 窓辺に降ります 母恋しぐれ  星がまたたく 空の下 母さん今頃 冬支度 耳をすませば 聞こえます お国訛りの 北風夜風 夢を抱いても 心が寒い 寝返る隙間に 降る恋しぐれ  風が落ち葉を 転がせば 必ず明日は 晴れになる 世話になるより 世話をする そんな心が あなたの教え 夢で帰れば 枕が濡れる 想い出温める 母恋しぐれ
カムイワッカ~湯の滝~水森かおり水森かおり菅麻貴子桧原さとし南郷達也あなたと過ごした 三年よりも 別離(わか)れて三ヶ月(みつき)が ながすぎて ウトロの町から バスに乗り 心のけじめを つけにきた カムイワッカは 神の水 想い出しぶきが 肌を打つ  ホテルの灯りで 書いては破り 最後に吐息で 封をする 未練でしょうか この手紙 エゾヤマザクラが 窓に散る カムイワッカの あの瀬音 辿れば明日(あした)が 見えますか  知床連山 遠くに見れば 涙でかすんだ 残り雪 まっ赤な夕陽に 背中を押され うしろを向かずに 歩きます カムイワッカの 風の中 ひとりの旅路は まだつづく
ほろろん演歌村木弾村木弾菅麻貴子徳久広司杉村俊博遠いあの日の この歌が 俺の涙を 誘うのさ 店に流れる 昭和のギター ぼろろん ほろろん… 泣くんじゃないよ 心に沁みる なさけ この歌 路地づたい  都会ぐらしに 慣れたって 故郷(くに)が恋しい 時もある 知らぬ同士が 肩寄せあって ぼろろん ほろろん… 酒つぎ合えば 暖簾をくぐり 遠い 汽笛が 胸をうつ  肩を叩いて 笑い合う そうさみんなで 生きてきた 店に流れる 昭和のこころ ぼろろん ほろろん… ひとりじゃないよ 今夜も沁みる なさけ あの歌 路地づたい  今夜も沁みる なさけ あの歌 路地づたい
倖せ かくれんぼ島あきの島あきの菅麻貴子西つよし猪股義周本気の恋です 愛してる どちらが最初に 惚れたって 苦いお酒を ふたりで割って 愛を語って 肩寄せ合って 惚れて惚れられ かくれんぼ 倖せ しあわせ… この指とまれ  涙と笑顔が すれ違い 私の気持ちを 弄(もてあそ)ぶ 寒い夜空に 星降る時は ずっとあなたと 一緒にいたい 惚れて惚れられ かくれんぼ 倖せ しあわせ… この指とまれ  瞼を閉じれば 見えてくる あなたの心の 優しさが 他人(ひと)に騙され 傷つくけれど 嘘がつけない 似た者同士 惚れて惚れられ かくれんぼ 倖せ しあわせ… この指とまれ
俺の花松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博風に吹かれて 飛ばされた 風花みたいに 散った恋 男ひとりの 旅まくら 濡らす夜雨に おまえが浮かぶ 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け  忘れられない 淋しさを まぎらす夜更けの 旅の酒 馬鹿な男に 鷺草(さぎそう)の 白い花びら 静かに揺れる 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け   ほんの小さな 夢だって いいのとすがった 細い肩 純なお前が いじらしい どうか倖せ つかんで欲しい 俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け
北の旅立ち松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博幸せに なるんだよ 俺など忘れ 優しい笑顔と そのえくぼ 一生守って やりたいけれど こんなよごれた 男の胸じゃ おまえを抱けない… 北の旅立ち  鈍色(にびいろ)の 空の下 詫びてる俺に 降り積むこな雪 身を責める 明日なし夢なし 傘さえなくて 歩き疲れて 振り向く先に 面影揺れるよ… 北の旅立ち   ひとり来た 最果ては 骨まで凍る 別れることより 仕方(みち)がない おまえにゃ苦労を させたくなくて 馬鹿な男の 涙の糸で 未練を切るのさ… 北の旅立ち
播磨のおんな丘みどり丘みどり菅麻貴子水森英夫伊戸のりお胸に秘めてる この恋も 日暮れりゃ涙の 千ヶ峰(せんがみね) 空にすいすい 赤とんぼ 夕陽を背にして 何処までゆくの 私の片恋(こと)なら だいじょうぶ だいじょうぶ 播磨(はりま)育ちの おんなです  好きなおひとは 雲のうえ 諭(さと)しているのか 三室山(みむろやま) 風がひゅるひゅる 先を行(ゆ)く 追いつき追い越し 何処までゆくの 大きなこの夢 咲かすまで 咲かすまで 播磨育ちの おんなです  山の尾根から 見下ろせば みれんの波立つ 千種川(ちくさがわ) 川面(かわ)にゆらゆら 舟がゆく どなたを探して 何処までゆくの 私はこの道 ひとすじよ ひとすじよ 播磨育ちの おんなです
未練の出船越川ゆう子越川ゆう子菅麻貴子水森英夫伊戸のりおあの日契った 約束が かじかむ指先 こぼれて落ちる 追いかけて 追いかけて 出て行く連絡船(ふね)に… 飛び乗れば 鴎が 後(あと)追う 未練の出船  港灯りが 遠ざかり 凍える飛沫(しぶき)が この胸叩く 逢いたくて 逢いたくて 叫んでみても… 春遠く 霧笛が 背を押す 未練の出船  捨てるつもりの 面影を 捨てきれないのが 女のつらさ 追いかけて 追いかけて デッキに立てば… 散る涙 鴎が 見送る 未練の出船
おけさ恋しや越川ゆう子越川ゆう子菅麻貴子水森英夫伊戸のりお街の夕陽が 後れ毛染めりゃ 雲がちぎれて 北へ飛ぶ 佐渡の荒磯 岩ゆりの 花に誓った 夢ひとつ おけさ恋しや ふるさと恋し  路地に吹く風 赤ちょうちんが 揺れてせつない 里ごころ 今だ返せぬ 親の恩 詫びて今夜も 手酌酒 おけさ恋しや ふるさと恋し  世捨(よす)て小路(こうじ)を 抜けたらそこは かもめ舞い飛ぶ 日本海 どんと花火の 夏が逝き 裏山(うら)にゃアケビも なる頃か おけさ恋しや ふるさと恋し
湯島慕情松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博倖せを あげると誓った あの女(ひと)が 誰かと 倖せ つかんだ噂 湯島不忍(しのばず) おもかげ通り 揺れてせつない 水面の月が 男ごころに あぁ 沁みる夜  切通坂(きりどおし) いつもの茶店の 片隅で あの時 あの手を 離さずいたら 湯島不忍(しのばず) おもかげ通り 一生逢えない 女(ひと)だと知って 風も泣いてる あぁ おとこ坂  梅の香に 誘われ歩いた あの女(ひと)の 黒髪 襟あし 睫毛のしずく 湯島不忍(しのばず) おもかげ通り 歳月(とき)も流れて 変わらぬものは 水の青さと あぁ 泣く千鳥
流氷挽歌キム・ヨンジャキム・ヨンジャ菅麻貴子徳久広司前田俊明ここは最果て オホーツク 花も咲かなきゃ 恋唄(うた)もない 海の男にゃ 惚れるなと 風がひゅるひゅる 空で啼く 浜にゃ流氷 あんたは来ない 女は何待つ… 春を待つ  酒でくすりを 煽(あお)り飲み 飲めば一緒と 笑う男(ひと) 春が来るまで 帰らない 無事を祈って 手を合わす 浜にゃぽつんと おんぼろ船が 女は何待つ… あんた待つ  男やん衆 行く先は 何処の漁港(みなと)か 今ごろは 海が明けたら 腕ん中 きつく抱かれる 夢をみる 女は何待つ… 春を待つ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
春の蝉若山かずさ若山かずさ菅麻貴子水森英夫杉村俊博逢えない歳月(つきひ)の 永さに耐えて 痩せてゆくのね 三日月は 別れ決めたら 振り向かないで 女は明日(あした)へ 旅立つの あなた見えない 心の闇に 焦がれ鳴きする… 春の蝉  一緒になろうと あなたの言葉 無理と知りつつ 信じてた 夜風(かぜ)におびえて 寝返りうてば 優しくさしだす 腕まくら ふたり過ごした あの日のように しぼる命の… 春の蝉  淋しさいくつも こらえてゆけば いつか倖せ 見えますか 生まれ変わって ひとりになって 女は明日(あした)へ 旅立つの 乳房(むね)の隙間を 震わすように 咽び鳴きする 春の蝉
恋の舟瀬口侑希瀬口侑希菅麻貴子水森英夫石倉重信噂の風に 逆らいながら ひとり漕ぎ出す 女の小舟 好きだから 好きだから 儚い恋だけど 港しぐれが 降る夜は 枕濡れます あぁ 逢いたくて…  波間にそっと 名前を呼べば 灯影(ほかげ)ほのかに 寄りそう小舟 夢でした 夢でした 叶わぬ夢だけど 逢えば別れが くるものを 淡い残り香 あぁ いとしくて…  運命(さだめ)の波に 流されようと ついて行きたい 女の小舟 好きだから 好きだから 儚い恋だけど 霧笛ひと声 鳴く夜は ひとり手酌が あぁ せつなくて…
きよしのよさこい鴎氷川きよし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし伊戸のりお祭り囃子をよー 聞くたびに 好きなあの娘(こ)を 想い出す ちょっと薄めの 口紅(べに)をひき 恋を置き去り 桂浜 鴎みたいによ 飛んでった 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい よさこい鴎  涙もろくてよー 純(うぶ)な娘(こ)が ひとりぽっちじゃ つらかろう 薩摩おろしが そよと吹きゃ 鳴子踊りの 祭りだよ 波がどんと打つ この浜に 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい よさこい鴎  土佐の海原よー 背に受けて 纏(まとい)揺らせば 血がたぎる 俺は黒潮 育ちだよ きっと倖せ あげるから 都会暮らしによ けりつけて 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい 来い来い よさこい よさこい鴎
串本おんな節高橋キヨ子高橋キヨ子菅麻貴子新倉武伊戸のりお茜に染まった 夕空見れば 西へと流れる 浮雲ひとつ 夢と添い寝の 枕が濡れる ここは東京 ふるさと恋し 想い出あの町… 串本おんな節  水面に棹さし 愛しいひとへ 漕いでも着けない 都会の川じゃ さめて夢だと 気づいて涙 潮岬(しおのみさき)の カモメよ今も あのひと元気か… 串本おんな節  橋杭岩(はしくいいわ)から 昔も今も 朝陽が昇れば 耀く海よ 胸に刻んだ 決意(おもい)は遥か ここは東京 ふるさと恋し 明日(あした)に咲く花… 串本おんな節
月草の宿黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫石倉重信雨のしずくが 窓辺をつたう 君の涙か 伊豆しぐれ あぁ 決めていたのか 最後の夜と いいの ひとりで 生きると言った… あの日別離(わか)れた 月草の宿  雨に打たれて 小さく揺れて すすり泣くよな つゆ草よ あぁ あれは女の つよがりなのか いいの ひとりで 生きると言った… 嘘が哀しい 月草の宿  雨に煙った 天城の里に 君のおもかげ 探す旅 あぁ 待って欲しいと そのひと言に いいの ひとりで 生きると言った… 俺を泣かせる 月草の宿
明日に乾杯黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫石倉重信回り道だと 誰かが嘲笑(わら)う 勝って泣いてる 人もいる いつも何かに 振りまわされて ちょいと気づけば 人生なかば そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る  雨の一滴(しずく)を 辿って行けば やがて輝く 海に出る 前も後ろも 見えない時にゃ 右か左か どっちもあるさ 道は一本 だけじゃない 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 冬のあとには 春が来る  そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る
すず虫松尾雄史松尾雄史菅麻貴子水森英夫杉村俊博あふれる涙は 拭(ぬぐ)えても 今でも払えぬ おもかげひとつ 倖せやれない この俺だから 詫びているのさ 旅路のはてで すず虫 すず虫 もう泣くな  苦労のおもさに たえながら うらみもしないで 微笑みくれた あの頃おまえと ふたりで行った 祭ばやしが 聞こえてくるよ すず虫 すず虫 もう泣くな  自分のことなど あとにして かぼそいからだで 尽くしてくれた おとこの涙で にじんだ月を おまえ見てるか 都会のすみで すず虫 すず虫 もう泣くな
蛍月夜川野夏美川野夏美菅麻貴子弦哲也川村栄二せせらぎに… 河鹿(かじか)鳴く夜の 蛍狩り ひとり来ました 貴船川(きぶねがわ) 肩先に 風がひと鳴き 行き過ぎて 恋の焔(ほのお)が 燃え上がる 溺れたくない 溺れたい 今宵(こよい)叶わぬ この恋に  影ひとつ… 蛍出る間の 薄闇(うすやみ)を あなた偲んで 歩きます 暮れなずむ 空にまあるい 月が出て 遠く聞こえる 三味の音 偲(おも)いつのらす この胸に そっと蛍の 灯(ひ)をともす  今夜だけ… せめて一夜(ひとよ)と 来ぬ人を 待てばひとりの 朝がくる しののめの 露に濡れつつ 見上げれば 空にひとひら 白い月 一生一度の この恋を どうぞ叶えて 鞍馬山(くらまやま)
おかめひょっとこ夫婦道美山京子美山京子菅麻貴子水森英夫杉村俊博苦労が積み荷の この世の舟で ちょいと 出逢った エーエ 良い男 あんた ひょっとこ あたしは おかめ 浮世道中 似た者どうし 泣いて笑って しあわせ夫婦道  柱の傷あと 襖のしみに ちょいと 想い出 エーエ 夢さがし あんた ひょっとこ あたしは おかめ 揃い湯呑みに 揃いの浴衣 ふたり寄り添う しあわせ夫婦道  昭和街道 わき目もふらず ちょいと 不器用 エーエ そこが好き あんた ひょっとこ あたしは おかめ 笑う門には 必ず福が 明日(あす)は来る来る しあわせ夫婦道
海の恋唄美山京子美山京子菅麻貴子水森英夫杉村俊博沖は朝焼け 大漁旗を 待ってこがれて 浜に立つ 無事を祈って 半年過ぎた なんであんたは 帰らない あたしを泣かせて ひとりにさせた 憎い海だよ 北漁場  親の意見に 背いてまでも 浜の女房に なったのよ 声を嗄らして 叫んでみても 海風(かぜ)が夜空で 吼えるだけ あたしのからだは あんたのものよ 夢で今夜は 逢いに来て  命惜しんじゃ 漁師にゃなれぬ そんな男に 惚れたのに 海は気まぐれ あんたは一途 波の寝床は 冷たかろ あたしは唄うよ あんたのために 飛沫(しぶき)かぶって 恋唄を
花ふたたびキム・ヨンジャキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫石倉重信やけぼっくいに 火がついて あなたと一緒に なるなんて 思いもしなかった ごめんなさいね 白いカーテンを 身にまとい 花嫁衣装と ふざけてた そんな 無邪気な 私にも 花を ふたたび 咲かすのは… あなた  いろいろ過去(むかし)は あったけど 男と女は さまざまね あなたはいい人よ ごめんなさいね 路地の占いを はしごして 転んだ涙の 水たまり 越えて 数えた 夢いくつ 花を ふたたび 咲かすのは… あなた  いいことばかりじゃ ないけれど あなたの背中は あたたかい 私でいいかしら ごめんなさいね 生きてゆくのにも 疲れたら 小さなこの膝 甘えてね そうよ 春なら すぐそこに 花を ふたたび 咲かすのは… あなた
真心歌キム・ヨンジャキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫石倉重信岩をも通す その一念で 歌に命を 賭けてきた この夢を この愛を 貫きとおす 胸に明かりを 灯しつつ 歌う おんなの 真心歌(こころうた)  故郷を離れ 幾年月か 越えたいくつの 山や河 踏まれても 倒れても また立ち上がる 時代(とき)の流れに 身をゆだね 歌う おんなの 真心歌(こころうた)  心の雪は 涙で溶かす 溶けりゃ命の 川となる この夢を この愛を 貫きとおす まこと燃やして ひとすじに 歌う おんなの 真心歌(こころうた)
あぁ地平線~君の待つ街へ~椋忠治郎椋忠治郎菅麻貴子徳久広司猪股義周追って来たけど 男の夢を 辿り着くには あまりに遠い…北原野 旅の仕度に 手を貸して あの日涙を こらえていたね ごめんよ 苦労を ねぎらうような 笑顔ひとつが 瞼(め)に浮かぶ 帰ろうか 明日は 君の待つ街へ  泣いているよな 夕焼け空が 男ごころを 真っ赤に染める…地平線 北の最果て 身に沁みる 忘れられない ぬくもりひとつ ごめんよ も一度 出直す俺を 強く励ます 向かい風 帰ろうか 明日は 君の待つ街へ  詫びてすまない この俺だけど 君とこれから 二人で生きる…人生を つらい雨風 吹く日にも この手離さず 歩いて行こう ごめんよ 男の 我儘だった 真心(こころ)ひとつを ふところに 帰ろうか 明日は 君の待つ街へ
風の町哀詩黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫丸山雅仁風にちぎれて 汽笛がひとつ あれはおまえの 呼ぶ声か 高瀬 山寺 男がひとり 夢じゃ抱けない… 旅の果て も一度逢いたい 風の町  つらい運命(さだめ)に 泣いてたおまえ ついて来いとも 言えないで 酒田 遊佐町(ゆざまち) 男がひとり 酒を相手に… 子守唄 グラスにつぶやく 風の町  湯の香せつなく この身に沁みる 風の噂じゃ 人の妻 蔵王 銀山 男がひとり 祈る幸せ… ひとつ星 涙でかすんだ 風の町
夢待ち酒場黒川真一朗黒川真一朗菅麻貴子水森英夫丸山雅仁泣いているやつ 笑うやつ 馴染みの店です 常連すずめ 憂さの捨て場所 夢待ち酒場 肩(かた)膝(ひざ)ふれ合う 止まり木で 情けを酌(つ)ぎ足し おつかれさん  「生きていたかい」「元気かい」 いつでも仲間が 迎えてくれる 噂すずめの 夢待ち酒場 今夜も季節の 美味いもの 並べて乾杯 おつかれさん  浮くも沈むも 浮世(よ)のならい いつかは必ず いいことあるさ 呑んべぇ集まる 夢待ち酒場 ふるさと話で 夜(よ)も更けて 明日(あした)もよろしく おつかれさん
失恋に乾杯!藤野とし恵藤野とし恵菅麻貴子徳久広司南郷達也てっきり彼氏(あいつ)と しあわせ暮らし しているもんだと 思っていたわ 打ち明け話は 聞いたから 元気を出そうよ 泣かないで ふられ上手は 諦め上手 別れ上手は 想い出上手 乾杯! 乾杯! 笑ってさ… 過去(きのう)の恋に 乾杯しよう  他にもいい女(こ)が いることぐらい 解っていたでしょ よくあることよ 心の傷(いた)みを 分け合って 今夜はお酒で 癒そうよ ふられ上手は 諦め上手 別れ上手は 想い出上手 乾杯! 乾杯! 笑ってさ… 別れた男(ひと)に 乾杯しよう  ふられ上手は 諦め上手 別れ上手は 想い出上手 乾杯! 乾杯! 笑ってさ… 明日(あした)の恋に 乾杯しよう 明日(あした)の恋に 乾杯しよう
俄か雨若山かずさ若山かずさ菅麻貴子田尾将実伊戸のりお雨に打たれて 誰かのもとへ 消えたあなたを 憎めない ばかよね ばかよね 未練が邪魔をする 命ひとすじ 愛したひとなのに… 倖せ何処に もうすぐ春ですね 外は俄か雨  涙こぼせば あなたが困る 生きて添えない 恋だから ばかよね ばかよね 背中にさよならを 窓に稲妻 叶わぬ夢ならば… 振り向かないわ 寄り添うひともなく 外は俄か雨  いつも二人で 通った店で 今は寂しさ 紛らすの ばかよね ばかよね ひとりで生きてくわ 命きりりと 結べば雨あがり… 倖せそこに もうすぐ春ですね 外は俄か雨
面影傘ん中高倉一朗高倉一朗菅麻貴子徳久広司伊戸のりお街の灯りが 連れてくる 濡れた舗道に 想い出を わたし愛した あのひとは 今は何処(いずこ)か 遠い町 雨の雫は 恋の涙か 面影か くるりまわして 未練ふりきる 傘ん中  涙隠した 路地裏に 風が冷たく 吹きぬける 傘を持つ手が 似てるよで そっと振り向く 横顔に 想い破れて 一人ぽっちの 雨の夜 夢にすがれど 指も凍える 傘ん中  赤いネオンが 忍び込む 女ごころの 奥の奥 今じゃ逢えない あのひとの 笑顔滲んだ 水たまり 雨よ濡らすな 遠いあの日の ぬくもりを 頬の雫を 傘で隠した 傘ん中
男の鴎唄高倉一朗高倉一朗菅麻貴子徳久広司伊戸のりお別離(わかれ) 止まり木 出船の汽笛 俺の心に 沁みるのさ 沁みるのさ きれた煙草の 空箱(からばこ)ひとつ 握りしめれば 痛む胸 今も好きだよ 好きだよ 今も 涙道づれ 男の鴎唄  春を待とうよ 海鳥たちよ 冬の寒さを 恨むなよ 恨むなよ 惚れていながら 幸せやれず 男泣きして 空を見る 何処へさすらう さすらう 何処へ 月も淋しい 男の鴎唄  夜風 荒磯 飛ばない鴎 何を見つめて 岩の上 岩の上 ふたり生きるも 人生だけど 俺はひとりの 夢を行く 馬鹿な男さ 男さ 馬鹿な 風が冷たい 男の鴎唄
新宿はぐれ鳥竹村こずえ竹村こずえ菅麻貴子杉本真人別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩も できないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿 迷い鳥 想い出数えて いるのなら ここでも一度 ねぇ暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿 はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰のせいでも ねぇありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿 阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで最後に ねぇしたいのよ
振りむかないわ岩波理恵岩波理恵菅麻貴子杉本眞人振りむかないわ 過去(むかし)のことは ホラ!ね こころが 張り裂けそうなのよ 野に咲く花よ しあわせは どんな色 恋するひとを 待ちわびる 春の色 振りむかないわ 明日(あした)が逃げるから  たくさん涙 流したせいよ ホラ!ね こんなに 綺麗になったでしょう 夜空の星は 夜明けには 消えるけど 私の星は ただひとつ あなただけ 振りむかないわ 明日(あした)が逃げるから  流れる雲よ 悲しみは 風の中 愛することを 信じたい 今日からは 振りむかないわ このままそばにいて  私のそばにいて
新宿はぐれ鳥すぎもとまさとすぎもとまさと菅麻貴子杉本眞人佐藤和豊・杉本眞人別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩も できないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿迷い鳥 想いで数えて いるのなら ここで も一度 ねえ 暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰のせいでも ねえ ありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで最後に ねえ したいのよ
蛍火の恋若山かずさ若山かずさ菅麻貴子田尾将実丸山雅仁逢えて嬉しい 枕を照らす 蛍みたいな 雪を見る 今がしあわせ 恋一夜 死ぬほど愛した 男(ひと)だから 燃えて焦がれる 蛍火の恋  明日(あす)を欲しがる 女の夢は 胸にしまって 聞く寝息 今がしあわせ 恋一夜 悔やんでいません 悔やまない 肌も恥じらう 蛍火の恋  真心(こころ)たたんで あなたに渡す 受けてください 命ごと 今がしあわせ 恋一夜 あとには戻れぬ さだめゆえ あなたひとすじ 蛍火の恋
おとこの街道氷川きよし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし丸山雅仁揺れる陽炎 さすらう旅は 北の最果て 何処まで続く 空の青さを 心に映し 詫びているのさ 俺のわがままを… 沙留(さるる) 紋別… おとこの街道  遠く見えるは 最北フェリー 船を追いかけ 飛び交う鴎 あの日渡した 指輪のような 赤い夕陽が 泣いて身を責める… 宗谷 知床… おとこの街道  夜の数だけ 朝陽は昇る きっとこれから 泣かせはしない 俺の涙は 荒野に残し 花を一輪 せめて手土産に… 天塩(てしお) サロベツ… おとこの街道
鷹匠朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫蔦将包飄々(ひょうひょう)と… 何に逆らう 訳じゃない どんぶり幾つの 飯よりも たったひと粒 夢を喰う さくさくと さくさくと 鷹の翼が 吹雪(かぜ)をきる  雪山に… 空を睨んで 仰ぎ起つ 大地を無頼(ぶらい)の 友として 群れずひるまず 独り行く しんしんと しんしんと 鷹の温みを 腕に置く  山に生き… 山に死ねたら それでいい ブリキのバケツで 水を汲み いのち至福を 噛みしめる ひゅるひゅると ひゅるひゅると 鷹の背中を 吹雪(ゆき)が消す
おとこ傘朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫蔦将包傘をさしても 心が濡れる 世間という名の 荒波に 背中(せな)に背負った 宿命(さだめ)とやらを 幸運(うん)に変えるは 俺次第 それを信じて 生きて行くのさ… 人の道  一度この世に 生まれたからにゃ 果たさにゃならない 道理(こと)がある 親父なりゃこそ 我が娘(こ)の明日も 限りある身に 気にかかる まして夜風が 肩に冷たい… しぐれ路(みち)  他人様から 遠回りだと どんなに言わりょと 決めた道 意地のたすきを きりりと締めて 昭和街道 何処までも 涙ひと粒 傘に隠して… 俺は行く
二人静の雨水森かおり水森かおり菅麻貴子四方章人丸山雅仁あの日の夢が 寄り添うように 二人静の 花が咲く 泣いてあなたが 帰るなら 百夜千夜も 泣くものを… 恋を引き裂く 噂がつらい まよう心に 降りそそぐ雨  小雨に打たれ その身を揺らす 姿せつない 恋の花 待ってあなたに 逢えるなら 私待ちます 幾夜でも… 胸の奥まで 涙のしずく 染みて悲しい かりそめの雨  おびえたように 啼く山鳥が 二人静の 風に舞う 追ってあなたに 届くなら 翼ください 私にも… 明日が見えない 女の夢に 明かりさすよな 虹いろの雨
美子のダンチョネ節竹川美子竹川美子菅麻貴子叶弦大前田俊明三浦岬で ドンと打つ波はネ かわいお方のサ 度胸だめし ダンチョネ  泣いてくれるな 出船の時にゃネ 沖で櫓櫂がサ 手につかぬ ダンチョネ  あの日別れて 来た町の 潮の匂いが なつかしい あなた逢いたい こんな夜(よ)は 月が鏡に なれば良い  桜花びら 肩に散りゃ 胸の慕(おも)いが 舞い上がる 後ろふり向きゃ 朧月 ついて来るよな 春の夜  松になりたや 岬の松にネ 上り下りのサ 船を待つ ダンチョネ  一筆書いては ほろりと涙ネ どう書きゃまことがサ とどくやら ダンチョネ  赤い夕日に 陽はたそがれてネ かわいお方がサ 目に浮かぶ ダンチョネ
ふるさと慕情上杉香緒里上杉香緒里菅麻貴子桧原さとし燃えて身を灼(や)く 恋じゃない 焦がれて待つよな 愛じゃない 幼馴染みが この都会(まち)で 出逢って咲かせた… 夢ひとつ あの頃へ 帰りたい あの頃へ 帰ろうか 母さんゆずりの 手料理で 飲みましょ今夜は あなたと二人  早く見つけて 欲しくって 夕焼け小焼けの かくれんぼ 離れ離れに なった日の 指切りげんまん… 忘れない ふるさとへ 帰りたい ふるさとへ 帰ろうか 夢ならたくさん なくていい これからあなたが 私の宝  回り道など 人生に ないよとあなたの 瞳(め)がうるむ 今も元気な 父母の 笑顔がお酒に… 浮かぶ夜 あの頃へ 帰りたい あの頃へ 帰ろうか 路地裏わたって 吹く風に ふるさと行きの 汽笛が響く
さすらい女節扇ひろ子扇ひろ子菅麻貴子神代臣石倉重信赤い夕陽に 面影が 揺れる涙の 縄のれん 泣くな 路地裏 影ぼうし 明日(あす)に続いた 道がある  遠い故郷(ふるさと) 捨てた身を 酒に詫びてる ばちあたり 夜更け ほろ酔い 影ぼうし 窓で啼いてる 隠れ月  つらい過去なら 誰にでも あると言われて 酌(つ)ぐ酒に 浮かぶ 涙の 影ぼうし 他人(ひと)の情けに 泣ける夜  流れ流れた 最果ては 夢が棲むよな 街灯り 女 さすらい 影ぼうし 春は来ている すぐそこに  女 さすらい 影ぼうし 春は来ている すぐそこに  春は来ている すぐそこに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
女の日本海水田かおり水田かおり菅麻貴子三原聡岩上峰山男ひとりも 飼いならせずに あんたのボトルで 夢注(つ)ぐ私 すがって行きたい この恋なのに 冷たい海だよ あぁ 日本海 夜の波間に ちらちらと あれは未練か 想い火か  壁にもたれて 波音聞いて 優しい瞳(め)をして 飲む人だった はぐれ鴎が 船追いかける 暖簾の向こうは あぁ 日本海 女ごころも 知らないで 寄せてくるのは 波ばかり  恋の重ね着 脱ぎ捨てたって 二度とは戻れぬ 逢わない過去に 海と空との 境も見えず 氷雨が窓打つ あぁ 日本海 さする両手の すき間から 逃げた女の 春ひとつ
港のカナリア高倉一朗高倉一朗菅麻貴子徳久広司石倉重信後ろへ回って 目隠ししたら マジな顔して 怒ったあんた 夕焼けこやけで お腹がすけば 帰ってくるよね 港町 男の胸で 飼われた小鳥(とり)は ひとりじゃ大空 飛べなくて グラス片手に 恋唄歌うの 私はカナリア 今日も止まり木 鴎になれない 港のカナリア  ひとりの女に 落ち着くような 人じゃないとは わかっていたわ 束ねた黒髪 ぱらりと解けば あんたの香(におい)が してきたよ くれない色に くちばし染めて 夕陽の桟橋 見つめてる 店に流れる ジュークボックス 別れのメロディ うぶを気取って 涙をこぼせば 霧笛が嘲笑(わら)うわ  こんなにか細い 翼でさえも あんたの空なら 飛べたのに 涙ほろほろ お酒に浮かべて 私はカナリア 今日も止まり木 鴎になれない 港のカナリア
さすらい挽歌高倉一朗高倉一朗菅麻貴子徳久広司石倉重信雨降る夜更けは 酒に酔い 風吹く朝(あした)は 君を恋(こ)う 川に流れが あるように 時代の流れの 岸辺(きし)を行く 北のさいはて 北のさいはて… さすらい挽歌  吹雪に閉ざされ 道もなく 忍んで越えゆく 幾山河(いくさんが) 他人(ひと)と較(くら)べる こともなく 昭和の明かりを 灯しつつ 古い男の 古い男の… さすらい挽歌  見上げる夜空に 星ひとつ 訪ねる明日の 夢に似て 意地は通さず ぶれもせず 流氷枕の 北の旅 一人さいはて 一人さいはて… さすらい挽歌
夫婦桜金田たつえ金田たつえ菅麻貴子稲沢祐介前田俊明お湯で焼酎 割りました 今夜は呑みましょ ねぇ あなた 昭和の生まれが 寄り添いながら 苦労の重ね着 はらりと脱げば 窓に 窓にまあるい お月さん 夫婦桜は 今 花ざかり  二人三脚 疲れたら たまにはゆっくり ねぇ あなた ひと幕芝居の この人生を あなたがいたから 歩いて来れた 惚れて 惚れてほろ酔い ふたり酒 夫婦桜は 今 花ざかり  「おとうさん、ふたりの夢が綺麗に咲きましたね。 子供たちも一人前になったし… これからは私達の人生、 一歩一歩大切に歩いて行きましょうね…」  お酒まわれば この膝で 休んでください ねぇ あなた いいことづくしじゃ なかったけれど ないないづくしも 笑顔で越えりゃ 窓に 窓にまあるい お月さん 夫婦桜は 今 花ざかり
湾岸列車氷川きよし氷川きよし菅麻貴子杜奏太朗石倉重信岬廻れば 君住む町か 入江づたいを 汽車は行く 啼け 啼け 汽笛 夜空を駆けて ひとり来たんだ 逢いたくなって 霧が流れる 北の町  君の名前を デッキで呼べば 泣いているよな 窓の月 飛べ 飛べ カモメ 翼を広げ 俺に勇気が あの時あれば 君を奪った はずなのに  胸の鼓動に 車輪の音に 遠い想い出 駆け巡る 呼べ 呼べ 汽笛 帰らぬ日々を 夜明け間近の 改札ぬけりゃ 噂とぎれて 潮風(かぜ)ばかり
氷見の旅水森かおり水森かおり菅麻貴子徳久広司伊戸のりお冬の番屋に 降る雪に 涙を凍らせ 歩きます ふたり倖せ 夢見てた あの頃が 恋しくて 海の色も 変えないで 雪は波に 消えて行く 心変わりを したのはあなた 泣いてひとりの… 氷見の旅  白い息して 過ぎる旅人(ひと) あなたに空似の 背中(せな)を追う ふたつ寄り添う 虻(あぶ)が島 思い出が 空に舞う 波の華よ 届けてよ 寒い胸に 春の日を 雪の立山 遠くに眺め 過去に別れの… 氷見の旅  暮れて宿へ 辿る道 咲いた椿 紅の色 今はあなたの 倖せだけを 願う北陸… 氷見の旅  願う北陸… 氷見の旅
望郷月夜北見恭子北見恭子菅麻貴子西つよし石倉重信都会暮らしの 寂しさに みちのく津軽が 夢に出る 昔を語る 母さんの あの声恋しい こんな夜は 夜空(そら)を見上げりゃ まんまる月夜 今ごろふる里 雪ん中  お国訛りの 北風が 戻っておいでと 戸を叩く 囲炉裏火とろり 父さんは 達者で酒など 呑んでるか 窓の下行く 列車の屋根よ 故郷(こきょう)の匂いを 乗せて来い  今日をつなげば 明日(あす)になる 明日(あした)をつないで 生きて行く 路地裏通り 見上げれば まっ赤に染まった なみだ月 帰りたいけど まだ帰れない 今じゃふる里 夢ん中
新宿はぐれ鳥五条哲也五条哲也菅麻貴子杉本眞人田代修二別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩も できないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿 迷い鳥 想い出数えて いるのなら ここでも一度 ねぇ暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿 はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰のせいでも ねぇありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿 阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで最後に ねぇしたいのよ
港の女房朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則海があんたの いいひとならば 海と私は 恋がたき ここに放浪(なが)れて 一年三ヶ月(みつき) 潮の匂いに 慣れた頃 遠く聞こえる 追分節に ヤンサノエー 波がかぶさる 日本海 鴎群れ飛ぶ 海辺の町で 私あんたの ヤンサノエー 恋女房  口紅(べに)は薄めで 束ねた髪も いつか馴染んだ 港町 時化りゃあんたと 小さな酒場 夢を酌ぎ合う コップ酒 想い出すのは 生まれた町よ ヤンサノエー 何処か似ている 海の色 惚れてほろ酔い 暖簾の向う 荒れて霞んだ ヤンサノエー 鴎島  海の男を 好いたら最後 ヤンサノエー 一緒に大漁の 夢をみる 鴎群れ飛ぶ 海辺の町で 私あんたの ヤンサノエー 恋女房
北越暮色朝日奈ゆう朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則桜花びら コートの袖に ひとりで乗った 各駅停車 汽笛を鴎が 追いかける 私はあなたを 追いかけて 北へ行く… 線路の先は 日本海  胸の鼓動か 車輪の音か 寄せ来る波が デッキに迫る ふるさと越後が 遠くなる 港に灯りが 灯るころ 窓の外… ほおずき色に 暮れる海  あなた住む町 鳥海山の 裾野に桜(はな)は 咲いたでしょうか 優しい笑顔に 逢いに行く ふたりの明日(あした)に 逢いたくて 暮れなずむ… 海岸線は 春の海
呑んだくれ高倉一朗高倉一朗菅麻貴子徳久広司伊戸のりおあの頃は 生きてるだけで 倖せだった 何時(いつ)でもあんたが 傍にいた 空缶カラコロ 転がって 北風(かぜ)に震える 赤ちょうちん 呑んだくれ…飲んだくれ… あの日も同(おんな)じ 寒い夜 呑んだくれ…飲んだくれ 二人で朝まで 飲んだよね  三日月に 見とれていたら 電信柱 頭をぶつけて あやまって おっちょこちょいだね あんたって よそ見するのが たまにきず 呑んだくれ…飲んだくれ… 帰っておいでよ この街へ 呑んだくれ…飲んだくれ あんたの我儘 聞くからさ  呑んだくれ…飲んだくれ… 疲れたネオンの 街裏で 呑んだくれ…飲んだくれ も一度あんたと 飲みたいよ
春嵐氷川きよし氷川きよし菅麻貴子檜原さとし石倉重信男は明日(あした)へ 舵を取る 恋は二の次 春まだ遠く 男が命を 賭けるのは 鏡に映した その顔に 夢の一文字 刻むこと 春の嵐に 飛び散る飛沫 しゃくり泣くのも それもいい  あゝ 俺の人生 夢に向かって さすらう航路(たびじ)  見えない明日(あした)が 見たいなら 地球をささえて 逆立ちしよう 男が命を 燃やす時 生きるの死ぬのと 言う前に 夢の一文字 あればいい 春の嵐が 傷跡さえも 涙と一緒に 流すだろ  あゝ 俺の人生 終わることなく さすらう航路(たびじ)  あゝ 俺の人生 夢に向かって さすらう航路(たびじ)
炎の川服部浩子服部浩子菅麻貴子岡千秋前田俊明隠れ里… 緋色(べに)が揺れます 京友禅(ゆうぜん)の 川面(みず)に運命(さだめ)が 浮き沈み ゆらゆらと… 何処へ流れる 炎の川よ この命 欲しいと言えば 愛を叶えて くれますか  むらさきの… 夜に抱かれて 聞く瀬音 ふたり渡れぬ 向う岸 あかあかと… 闇を彩る 大文字山(だいもんじ) この縁(えにし) 結んでみても 恋は哀しい 迷い舟  黒髪に… 触れるその手に 振り向けば 肩のむこうに 満月(つき)が出る ゆらゆらと…燃えて流れる 炎の川よ この想い あなたにあずけ 明日を信じて 生きてゆく
北列車走裕介走裕介菅麻貴子蔦将包蔦将包窓に地吹雪 汽笛が哭いて 命ぬくめる 雪景色 俺は明日(あした)の 夢を追い おまえ過去(むかし)を 捨てに来た 北の列車の めぐり逢い  頬の火照りに 両手をあてて おまえ見ている 窓の外 涙こころに 閉じ込めて 微笑(わら)うしぐさが 愛しくて ふたり寄り添う 北列車  旅の途中の 小さな出逢い 心かよわす 膝と膝 明日(あす)は何処やら この恋は 軋む車輪の 揺れまかせ 春も間近い 北列車
月影のブギ谷本知美谷本知美菅麻貴子田部由美子多田三洋窓辺にほら 月影こぼれる夜は 心がときめいて しあわせ気分 シナリオなどいらない 夢見るままに 愛することって 素敵なことね 本気はダメよ 嘘ではイヤよ 恋は不思議ね わがままなのね 今夜は踊ろう ブギウギ あなたとふたり 何度もキスして ブギウギ 優しくブギウギ  氷がほら グラスでカランと鳴れば お別れしましょうか 約束なしで 優しいその吐息と コロンの香り リズムがふたりを 夢へと誘う 本気はダメよ 嘘ではイヤよ 恋はいつでも ゲームのようね 涙はいらない ブギウギ 笑顔のままで 何度もキスしてブギウギ 優しくブギウギ  本気はダメよ 嘘ではイヤよ 恋はいつでも ゲームのようね 涙はいらない ブギウギ 笑顔のままで 何度もキスしてブギウギ 優しくブギウギ 優しくブギウギ
桜筏服部浩子服部浩子菅麻貴子桧原さとし前田俊明そうよおんなは この胸で 蕾を大事に あたためる 花は咲き 花は散る 春風吹いて 舞い上がり 心の川に 降りつもれ 桜筏(はないかだ)  桜筏(はないかだ) 流れて 流れて 春よこい おんなの倖せ 連れてこい  風がめくった アルバムに 明日(あした)に続いた 道がある 雨の日も 晴れの日も 笑顔でいれば 降りかかる 心の橋に 夢ふぶき 桜筏(はないかだ) 桜筏(はないかだ) 流れて 流れて 春がゆく おんなの倖せ 乗せてゆけ  桜筏(はないかだ) 桜筏(はないかだ) 流れて 流れて 花になれ もいちど 綺麗な 花になれ 明日(あした)を彩る 花になれ
明日への橋美川憲一美川憲一菅麻貴子八木架壽人川村栄二聞こえてくるわ あの時代(ころ)の歌が ひとは時に過去(むかし)を振り返り 明日(あした)への旅 続けて行くのね あの日窓から 見上げた星は 絶望の谷間であなたがくれた 希望の灯り 涙の淵を歩いた時も 苦労の石につまずく時も 生きてゆけるわ あなたがいるから  教えてくれる あの時代の歌が ひとが知らず知らずに 失くしてた 夢のかけらが ここにはあるよと 思い起こせば都会の隅で 何時の日も私に命をくれた あなたの言葉 これから先も 夜空の星と 大きな愛に心をあずけ 生きてゆけるわ あなたがいるから  聞こえてくるわ あの時代の歌が ひとは時に過去を振り返り 明日への橋 渡って行くのね
大輪の花谷本知美谷本知美菅麻貴子桧原さとし多田三洋今がどんなに つらくとも 心に蕾の 夢を抱く 空にひとすじ 飛行機雲は 明日(あす)に続いた 道しるべ 頬の涙を 拳で拭い きっと咲かそう 大輪の花  生きるだけなら たやすいが 今日の恋より 明日(あす)の夢 長い坂道 転んだ時は 映す笑顔の 水たまり ひとつふたつと 幾つも越えて きっと咲かそう 大輪の花  上を向いても きりがない 下を向いたら 明日(あす)がない 前に向かって 歩いて行けば 肩に木漏れ日 暖かい 汗と涙で 耕す土に きっと咲かそう 大輪の花
望郷しぶき氷川きよし氷川きよし菅麻貴子宮下健治蔦将包波をかぶって 朝陽を浴びて 育った身体は 軟(やわ)じゃない 俺が選んだ 茨の道に きっと咲かせる 夢ひとつ 待って待っていてくれ 望郷しぶき  寄るな騒ぐな 未練の怒涛(なみ)よ 寄せれば決心(こころ)が 後戻り 両親(おや)にもらった でっかい恩を 返すその日が 来る日まで 握る握るこぶしに 男の涙  石につまずき 転んだ時も 石ころ支えに 立ち上がる 天空(てん)に向かって 笑顔を投げりゃ やがて花咲く 春が来る 待って待っていてくれ 望郷しぶき
泣き癖花咲ゆき美花咲ゆき美菅麻貴子新井利昌萩田光雄枕濡らした 涙の音で 夢から醒めて 泣きじゃくる 恋しいよ 淋しいよ 粉雪ひそひそ 窓辺に落ちて 言葉少なの ひとだったけど それがあなたの 優しさでした  別れ話に 悩んだあとは 少し大人に なれたのに 恋しいよ 淋しいよ 冷たい雪なら 春には解ける だけど寝返る 隙間に積もる 未練どうして 解かせばいいの  氷少しと お酒があれば うわべは生きて 行けるけど 恋しいよ 淋しいよ 部屋からあなたの 匂いも消えた 私この頃 変わったことは ひとり夜更けの 泣き癖ばかり
夢の約束八代亜紀八代亜紀菅麻貴子徳久広司煙草持つ手が 似てたから 思わず隣りの 客を見る ひとり 駅裏 居酒屋で 想い出数えて 飲むお酒 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた おまえが命と 言ったじゃないの  あんた飲んでる そのそばで いつでもわがまま 聞いていた それが 私の 幸せと 今さら遅いわ 気付いても 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 必ず帰ると 言ったじゃないの  涙拭くのは 嫌だから 頬づえついたら 手が濡れる どうぞ 戻って この胸に も一度しあわせ 探そうよ 何処にいるのよ ねぇ あんた 夢の約束 したじゃない 何処にいるのよ ねぇ あんた 死ぬまで一緒と 言ったじゃないの
維新の華谷本知美谷本知美菅麻貴子徳久広司南郷達也誰が切れよか 恋の糸 たぐり寄せれば あかね空 淡い初恋 あの方は いつかは時代を 変える人 ついて行けない 行かれない 肌に冷たい 肌に冷たい 土佐の風  空の雲さえ すれ違い まして浮世の 色恋は たとえ一緒に なれずとも 私はひとりを 守りぬく 女だてらの 剣さばき 泣いて見ている 泣いて見ている 江戸の月  維新海原 船出して 夢の途中で 死ぬもよし そんなあなたの 生き方に 連れ添う女の せつなさよ せめて二人の 肩に散れ 京都伏見の 京都伏見の 桜(はな)ふぶき
ひとひらの伝言(メッセージ)服部浩子服部浩子菅麻貴子浅野佑悠輝春にはぐれ 散る花哀(かな)し 女ごころ 去りゆく夢のよに この町で恋をして あなたと生きて 今ひとり歩く道に 舞う花ふぶき 涙を 涙を 流してもいい 生きろと あなたの 声が聴こえる  秋は暮れて 枯れ葉の夕べ 今は花の 舞い散るこの窓辺 宛てもなく書く便り 涙のしずく 溜息をつけばそっと 降る花しぐれ あなたの あなたの 吐息のように 生きろと 空から 花が舞います  心に 心に 雨降る夜は 生きろと あなたの 声が聴こえる 声が聴こえる
もしも涙になれたなら…森川つくし森川つくし菅麻貴子杜奏太朗伊戸のりおもしも私が 涙なら 真珠の涙に なるでしょう せつない思いの ひとしずく あなたの心へ 届けたい ほろり ほろほろ 届けたい ほろり ほろほろ 恋ごころ  もしも私が 雲ならば 真夏の空行く 雲になる あなたの住んでる あの町へ しあわせ訪ねて 行きたいの ふわり ふわふわ 行きたいの ふわり ふわふわ 夢きぶん  もしも私が 蕾なら 桜の蕾に なるでしょう 小さな小さな 命でも あなたに捧げて 咲きたいの はらり はらはら 咲きたいの はらり はらはら 恋ごころ
哀しみのエアポート水田竜子水田竜子菅麻貴子徳久広司あなたの出ない 留守電に 「サヨナラ」ひと言 告げたなら 人影まばらな 出発ロビー 想いで背にして 歩き出す  北国ゆきの 最終便 ふたり旅した あの街へ ひとりで飛び立つ ひとりで飛び立つ 北空路  「嫌い」と口で つぶやいた 「好きよ」と心が言い返す 時計の針だけ 戻してみても 愛した過去に 帰れない  北国ゆきの 最終便 指輪はずした くすり指 涙に濡れてる 涙に濡れてる ひとり旅  北国ゆきの 最終便 翼傷めて 舞い降りる 別れに似合いの 別れに似合いの 北空路 
三陸海岸水森かおり水森かおり菅麻貴子杜奏太朗伊戸のりお別れの言葉を 告げずに去った それはあなたの 優しさですか… 白い岩肌 浄土ヶ浜で 泣いているのは 鴎と私 三陸海岸 波しぶき 胸に想い出 打ち寄せる  遠くに霞むは 連絡船か 汽笛せつなく 心に響く… 久慈の港の 名も無い花に 恋の終りを 感じています 三陸海岸 行く手には 息を呑むよな 蒼い海  涙であなたを 待つことよりも ひとり笑顔で 生きてくつもり… バスで来ました 北山崎は 霧の中にも 面影浮かぶ 三陸海岸 風の中 空に明日(あした)の 夢を追う
影ぼうし氷川きよし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし南郷達也心に刻んだ 夢がある 返しきれない 恩もある ふたつ両手に ぶらさげて 俺はふるさと 後にした 母が手を振る 影ぼうし  転んで手をつき 知らされた 大地(つち)の優しさ 逞しさ 広い都会の 片隅で 今日もおまえと 二人連れ 泣いているのか 影ぼうし  日向を歩いて いる時にゃ 人の情けに 気付かない 暗い路地裏 吹く風に 肩を叩かれ 愛を知る いのち温める 影ぼうし
新宿はぐれ鳥内藤やす子内藤やす子菅麻貴子杉本真人別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩もできないが どうしているのよ こんな夜は あんた 新宿 迷い鳥 想い出数えて いるのなら ここで も一度 ねぇ 暮らそうよ  店の帰りに ふたりして 並んで放った お賽銭 合わせた両手の 隙間から いつしか倖せ 逃げていた ふたり 新宿 はぐれ鳥 沈んでばかりの 身の上は 誰の せいでも ねぇ ありゃしない  路地を吹く風 肩で切り 帰っておいでよ この街へ 遊びがすぎてた ひとだけど それでもあんたが 好きなのよ あたし 新宿 阿呆鳥 男を愛して 泣くなんて これで 最後に ねぇ したいのよ
望郷の月氷川きよし氷川きよし菅麻貴子杜奏太朗石倉重信北は今ごろ 雪の中 夢で帰れば あたたかい 幼な馴染みの あの海が 戻って来いと 呼ぶけれど 道も半ばの この俺の 心励ます 望郷の月  母の背中で 聞いた歌 今じゃ男の 子守歌 空で北風 泣いたって ねんねんころり 泣くものか 切符一枚 それだけで 帰る故郷(ふるさと) まだまだ遠い  空が真っ赤に 燃えるから 俺のこの胸 熱くなる 呑んで忘れる 過去があり 酒に浮かべる 夢もある ひとり見上げる 冬の空 明日を照らせよ 望郷の月
余花の雨服部浩子服部浩子菅麻貴子浅野佑悠輝前田俊明あなたを あなたを あなたを探している 舞い落ちる花びら あゝ 余花の雨…  今日も想い出たち 雨に散らされ ひとり歩く道に 積もるせつなさよ 涙を閉じ込め 旅立つならば あなたの あなたの 優しさ許せなくて 舞い落ちる花びら あゝ 逢いたくて…  恋は儚きもの 風に流され ふたり語り合った 夢は今何処(どこ)へ あなたの面影 抱き締めたなら あなたの あなたの 温もり許せなくて 舞い落ちる花びら あゝ 恋しくて…  あなたを あなたを 想って歩いてゆく ふと気付き見上げた 空に一輪  あなたを あなたを あなたを愛していた 舞い落ちる花びら あゝ 余花の雨…
浪花の月北見恭子北見恭子菅麻貴子幸斉たけし石倉重信今日の飯(めし)より 明日(あした)の夢や それがあんたの 口癖やもの その夢一緒に また追いかけて 肩を並べた 戎橋(えびすばし) あんたそびえる 通天閣や 私 寄り添う 月になる  何は無くとも ふたりをつなぐ 銭じゃ買えない 心の絆 想い出映した 道頓堀の 川に捨てたい 苦労でも 背負(しょ)って行きましょ あんたとならば 空に ひとひら 春の月  両親(おや)を泣かせて 一緒になって 汗と涙の 路地裏住まい 明日(あす)こそ必ず いい日と言うが 今のあんたも 一番や ほろり「ほ」の字の 浪花の空に 今日も 綺麗な 月が出る
夜汽車氷川きよし氷川きよし菅麻貴子宮下健治前田俊明あれは十九歳(じゅうく)のよー 春まだ遠い 星も凍てつく 北の駅 響く汽笛に 背中を押され 上り夜汽車に 飛び乗った 夢の切符を 握りしめ  旅の埃はよー はらえもするが なんではらえぬ 面影よ 白い林檎の 花咲く丘で 好きと言えずに 背を向けた 君は元気か 幸せか  晴れと思えばよー 雨降る夜更け 男ごころが また濡れる 呼んでいるよな 汽笛がひとつ 夢の夜汽車で 帰ろうか 遠いあの日へ ふるさとへ
玄海月夜氷川きよし氷川きよし菅麻貴子宮下健治蔦将包胸に大きな 希望(のぞみ)を抱いて 人は一度は 故郷(ふるさと)捨てる 空を見上げりゃ まん丸月だ 男ごころの 真ん中あたり のぞいているよな 玄海月夜  渡り鳥さえ 番(つが)いで鳴いて 翼広げて 旅立つものを 上りホームで 別れたあの娘(こ) 待っていてくれ 迎えに行くよ 島影はるかな 玄海月夜  ビルをまたいで 流れる星に 祈る願いは 両手にいくつ 夢で帰ろか 今夜はひとり いつか必ず 男になると 誓ったあの日の 玄海月夜
おもかげ峠氷川きよし氷川きよし菅麻貴子杜秦太朗南郷達也あかね雲 あかね雲 背中に背負(しょ)って 君が手を振る ふるさと峠 さよならが 声にならずに 汽笛遠くて 汽笛遠くて 聞えた町よ…… 今いずこ  想い出の 想い出の ページを破り 紙のヒコーキ 天まで飛ばそう あの日から 故郷(くに)を離れて 君の面影 君の面影 今夜も探す… 寂しさよ  あれから三年 君はどうしているんだろう 季節がいくつも通りすぎ、そしてまた春が来て……  青春は 青春は 帰らぬ日々か ひとり都で 夢追う身には 幸せに 嫁ぐ君へと 僕はこらえて 僕はこらえて 便りを綴る…… せつなさよ
恋のはまゆう鹿島ひろ美鹿島ひろ美菅麻貴子野中雄一野中雄一あなたの胸の 苦しさつらさ 別れて初めて 知りました 星の雫に その身を濡らし 泣いているよな 浜木綿よ はらはら はらと 波が散る はらはら はらと 想い出が 待つことだけの 女でいたら いつか倖せ 見えたでしょうか 面影が 降り積もる 海辺のホテル  窓辺に寄れば 漁り火燃えて 私の心が また揺れる 風に吹かれて 飛沫を浴びて 散って哀しい 浜木綿よ ゆらゆら ゆらと 幸せが ゆらゆら ゆらと 逃げて行く 誰かを抱いて いいのよなんて そんなつよがり おろかでしょうか 泣きながら 何処へ飛ぶ 鴎が一羽  はらはら はらと 白い花 はらはら はらと 夜に散る 残して行った あなたの癖を 抱いて眠れば 逢えるでしょうか 面影が 降り積もる 海辺のホテル
倖せ通りゃんせ服部浩子服部浩子菅麻貴子桧原さとし前田俊明雨降る こんな日は 相合傘で 風吹く 夕暮れは あなたの傍(そば)で 喜びも 哀しみも 行ったり来たり これからも この道を ふたりで歩く とおりゃんせ とおりゃんせ 倖せ通りゃんせ  土砂降り 雨の中 雨宿りして あなたと 差し向かい おちょこがふたつ 想い出を 数えたら 涙がいくつ これからも 長い坂 笑顔で越える とおりゃんせ とおりゃんせ 倖せ通りゃんせ  あなたの その胸の 大きな川に 抱かれて 夢を見る 私は小舟 虹色の 空の下 寄り添いながら これからも 人生を ふたりで生きる とおりゃんせ とおりゃんせ 倖せ通りゃんせ
夜空の子守歌山川豊山川豊菅麻貴子杜奏太朗南郷達也夢だ恋だと 朝まで飲んで ふらりよろけた 人生小路 明日にはぐれて 泣きたい時も 捨てちゃいけない 心まで 幼馴染みの おまえと俺は 遠い夜空の ふたつ星  「おまえ彼女が 好きか」と聞かれ すった煙草に 思わずむせた ふたり一緒に 愛した花は たった一輪 百合の花 抱いてやりたい その女だけど 遠い夜空の 星でいい  始発電車の 汽笛の音聞けば 思い出すのさ 喧嘩の数を 空に向かって 肩組み合って あの日歌った わらべ唄 裸同士で 語った夢が 遠い夜空で 星になる
あんたの酒服部浩子服部浩子菅麻貴子影山時則前田俊明土砂降り雨に 頭から 濡れてふたりで 駆け込んで 肩を並べて 飲むお酒 「おまえいたから 今がある」 そんな台詞で 泣かすひと 酔いたいよ 酔わせてね あんたの酒に  流行の歌を 口ずさみ 「じんとくるね」と 言うあんた 同じ運命に ついほろり すぐに酌ぎたす 熱燗に 涙拭く暇 ないじゃない 飲みたいよ 飲ませてね あんたの酒を  幸せなんて ヘンなもの 見えていいのは 少しだけ 全部見えたら 色褪せる 苦労しあわせ また苦労 ふたつあるのが 人生ね 酔いたいよ 酔わせてね あんたの酒に
東京 夢の街氷川きよし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし伊戸のりお君の涙を 小指で拭けば 街のネオンが のぞき込む 傘に隠れて 雨んなか 濡れて行こうか 外苑あたり 赤い灯が 青い灯が 舗道で揺れる 恋の花咲け 東京 夢の街  風がそよ吹く 銀座の柳 遠い故郷へ 続く道 ビルの隙間を 見上げれば はぐれ雀が ねぐらを探す 恋してる 二人なら 明日も逢える 影も寄り添う 東京 夢の街  指を折りつつ 数えた夢を 握る手と手で あたためる 雨に散りそな 夜桜を まわり道して 青山あたり いつまでも 何処までも 二人で歩く 春の風吹け 東京 夢の街
ふたり華山本譲二山本譲二菅麻貴子琴五郎前田俊明俺が選んだ 明日の夢に おまえは黙って ついてくる 真冬の陽射しの 薄さにも 心を温めて 生きるやつ いつかは 咲かそう あゝふたり華  雲が流れる 故郷の空へ 涙を焦がして 陽が落ちる おふくろみたいに 世話をやく おまえと帰ろう いつの日か ふる里 あの町 あゝ冬景色  街の灯りに 寄り添う影を 冷たく濡らすな 夜の雨 しあわせあげると つぶやけば 背中に甘えて 微笑んだ おまえと 咲かそう あゝふたり華
さくら さくら服部浩子服部浩子菅麻貴子西條キロク前田俊明女ですもの こぼれた花を 両手に包んで また散らす 惚れた数から ふられた数を ひいて私の 倖せいくつ  たったひとつの 人生だから ねぇ そうでしょ 男と女 空の青さに 心を染めて きっと綺麗な 花になる   さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ  別れ言葉を 背中で聞けば 面影濡らして 雨が降る 傘にひとひら 花びらのせて 歩くこの道 想い出いくつ  涙つづりの 人生だって ねぇ そうでしょ 男と女 逢って別れて 涙のあとに きっと綺麗な 花になる  さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ  さくらさくら 咲け咲け さくら 思いどおりに 咲いて散れ   思いどおりに 咲いて散れ
花燃えて服部浩子&影山時則服部浩子&影山時則菅麻貴子影山時則前田俊明(女)花を手折(たお)れば この指に (女)傷みがはしった 日暮れ坂 (女)逢いたい逢えない 曼珠沙華 (女)燃えて咲くのは 誰のため  (男)忘れられない ひとなのに (男)忘れたふりする 身がつらい (男)あなたと一緒に なれぬなら (男)くれた情けを 恨みます  (女)募る想いの 夕暮れは (女)泣かずにいようと 決めたのに (女)あなたの夢みて 目覚めれば (女)夜が涙を また誘う  (男)惚れた女の わがままか (男)今でもひとりで いて欲しい (男)化粧を落として 手鏡に (男)未練ごころを 映す夜  (男女)沈む夕陽に 身を灼いて (男女)夕べに夜露を 宿らせる (男女)命の限りに 咲いて散る (男女)花は女の 写し絵か
東京恋始発氷川きよし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし前田俊明ドアが背中で 閉まったら ふたりの恋の 始まりなのさ 始発電車の ベルの音 ルルル…ラララ… 淋しかないさ ルルル…ラララ… 一緒なら 雨が降ったら 雨の中 風が吹いたら 風の中 東京発 この恋は 何処へ(何処へ) 何処へ 行くんだろ  急にひとりで 走り出す 君の肩先 木洩れ陽揺れて 人の噂も 気にしない ルルル…ラララ… 愛しているよ ルルル…ラララ… いつまでも 照れて微笑った 君の瞳の 恋のシグナル 青になる 東京発 この恋は 明日は(明日は) 明日は どのあたり  ルルル…ラララ… 愛しているよ ルルル…ラララ… いつまでも そうさ二人は 戻れない 切符片道 ポケットに 東京発 この恋は 何処へ(何処へ) 何処へ 行くんだろ
ほたる川金田たつえ・聖川湧金田たつえ・聖川湧菅麻貴子聖川湧南郷達也(女)女がこころに ともす灯を (男)男が夜更けに 点けに行く (女)じらさないでね これ以上 (男女)命 命燃やして 身を焦がす (男女)ゆらり ゆらりと あゝ 蛍川  (男)男は過去に こだわって (女)女は明日を 知りたがる (男)恋はいつでも すれ違い (男女)聞いて 聞いて下さい 胸のうち (男女)ぽつり ぽつりと あゝ 都会川  (女)女は蛍火 胸に抱き (男)男は煙草に 火を点ける (女)ひとりぼっちに 慣れたころ (男女)夢で 夢で抱かれる 癖がつく (男女)ゆらり ゆらりと あゝ 蛍川 
夢螢金田たつえ金田たつえ菅麻貴子深谷昭季節はずれの 螢がひとつ そっとあなたに すがって生きる 「春をください」 この手のひらに 闇にはらはら 舞い散る雪は 女ごころの 夢追い螢  少し遅れて うしろを歩く そんな癖さえ ぬけない私 「明日をください」この手のひらに あなたのために 尽くせるならば 遅れた春を 悔やみはしない  窓に積もった運命の雪も やがて溶ければ 明日が見える 「夢をください」 この手のひらに 涙ひとすじ 夜霧に変えて 命を灯す しあわせ螢
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. あきらめてバイバイ
  3. Shake It Up
  4. 倖せに寄り添って
  5. 右肩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×