歌詞を

ヘルプ

菅麻貴子作詞の歌詞一覧リスト

86 曲中 1-86 曲を表示
2020年11月27日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
母恋しぐれ新曲二見颯一菅麻貴子水森英夫ひとり夜更けの燗冷まし
カムイワッカ~湯の滝~水森かおり菅麻貴子桧原さとしあなたと過ごした三年よりも
ほろろん演歌村木弾菅麻貴子徳久広司遠いあの日のこの歌が
倖せ かくれんぼ島あきの菅麻貴子西つよし本気の恋です愛してる
俺の花松尾雄史菅麻貴子水森英夫風に吹かれて飛ばされた風花
北の旅立ち松尾雄史菅麻貴子水森英夫幸せになるんだよ俺など忘れ
播磨のおんな丘みどり菅麻貴子水森英夫胸に秘めてるこの恋も
未練の出船越川裕子菅麻貴子水森英夫あの日契った約束が
おけさ恋しや越川裕子菅麻貴子水森英夫街の夕陽が後れ毛染めりゃ
湯島慕情松尾雄史菅麻貴子水森英夫倖せをあげると誓ったあの女が
流氷挽歌キム・ヨンジャ菅麻貴子徳久広司ここは最果てオホーツク
春の蝉若山かずさ菅麻貴子水森英夫逢えない歳月の永さに耐えて
恋の舟瀬口侑希菅麻貴子水森英夫噂の風に逆らいながら
きよしのよさこい鴎氷川きよし菅麻貴子桧原さとし祭り囃子をよー聞くたびに
串本おんな節高橋キヨ子菅麻貴子新倉武茜に染まった夕空見れば
月草の宿黒川真一朗菅麻貴子水森英夫雨のしずくが窓辺をつたう
明日に乾杯黒川真一朗菅麻貴子水森英夫回り道だと誰かが嘲笑う
すず虫松尾雄史菅麻貴子水森英夫あふれる涙は拭えても
蛍月夜川野夏美菅麻貴子弦哲也せせらぎに河鹿鳴く夜の
おかめひょっとこ夫婦道美山京子菅麻貴子水森英夫苦労が積み荷のこの世の舟で
海の恋唄美山京子菅麻貴子水森英夫沖は朝焼け大漁旗を
花ふたたびキム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫やけぼっくいに火がついて
真心歌キム・ヨンジャ菅麻貴子水森英夫岩をも通すその一念で
あぁ地平線~君の待つ街へ~椋忠治郎菅麻貴子徳久広司追って来たけど男の夢を
風の町哀詩黒川真一朗菅麻貴子水森英夫風にちぎれて汽笛がひとつ
夢待ち酒場黒川真一朗菅麻貴子水森英夫泣いているやつ笑うやつ
失恋に乾杯!藤野とし恵菅麻貴子徳久広司てっきり彼氏としあわせ暮らし
俄か雨若山かずさ菅麻貴子田尾将実雨に打たれて誰かのもとへ
面影傘ん中高倉一朗菅麻貴子徳久広司街の灯りが連れてくる
男の鴎唄高倉一朗菅麻貴子徳久広司別離止まり木出船の汽笛
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
新宿はぐれ鳥竹村こずえ菅麻貴子杉本真人別れ話のいきさつは
振りむかないわ岩波理恵菅麻貴子杉本眞人振りむかないわ過去のことは
新宿はぐれ鳥すぎもとまさと菅麻貴子杉本眞人別れ話のいきさつは
蛍火の恋若山かずさ菅麻貴子田尾将実逢えて嬉しい枕を照らす
おとこの街道氷川きよし菅麻貴子桧原さとし揺れる陽炎さすらう旅は北の
鷹匠朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫飄々と何に逆らう訳じゃない
おとこ傘朝日奈ゆう菅麻貴子水森英夫傘をさしても心が濡れる
二人静の雨水森かおり菅麻貴子四方章人あの日の夢が寄り添うように
美子のダンチョネ節竹川美子菅麻貴子叶弦大三浦岬でドンと打つ波はネ
ふるさと慕情上杉香緒里菅麻貴子桧原さとし燃えて身を灼く恋じゃない
さすらい女節扇ひろ子菅麻貴子神代臣赤い夕陽に面影が揺れる涙の
女の日本海水田かおり菅麻貴子三原聡男ひとりも飼いならせずに
港のカナリア高倉一朗菅麻貴子徳久広司後ろへ回って目隠ししたら
さすらい挽歌高倉一朗菅麻貴子徳久広司雨降る夜更けは酒に酔い
夫婦桜金田たつえ菅麻貴子稲沢祐介お湯で焼酎割りました
湾岸列車氷川きよし菅麻貴子杜奏太朗岬廻れば君住む町か
氷見の旅水森かおり菅麻貴子徳久広司冬の番屋に降る雪に涙を
望郷月夜北見恭子菅麻貴子西つよし都会暮らしの寂しさに
新宿はぐれ鳥五条哲也菅麻貴子杉本眞人別れ話のいきさつは
港の女房朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則海があんたのいいひとならば
北越暮色朝日奈ゆう菅麻貴子影山時則桜花びらコートの袖に
呑んだくれ高倉一朗菅麻貴子徳久広司あの頃は生きてるだけで
春嵐氷川きよし菅麻貴子檜原さとし男は明日へ舵を取る恋は
炎の川服部浩子菅麻貴子岡千秋隠れ里緋色が揺れます
北列車走裕介菅麻貴子蔦将包窓に地吹雪汽笛が哭いて
月影のブギ谷本知美菅麻貴子田部由美子窓辺にほら月影こぼれる夜は
桜筏服部浩子菅麻貴子桧原さとしそうよおんなはこの胸で
明日への橋美川憲一菅麻貴子八木架壽人聞こえてくるわあの時代の歌が
大輪の花谷本知美菅麻貴子桧原さとし今がどんなにつらくとも
望郷しぶき氷川きよし菅麻貴子宮下健治波をかぶって朝陽を浴びて
泣き癖花咲ゆき美菅麻貴子新井利昌枕濡らした涙の音で
夢の約束八代亜紀菅麻貴子徳久広司煙草持つ手が似てたから
維新の華谷本知美菅麻貴子徳久広司誰が切れよか恋の糸
ひとひらの伝言(メッセージ)服部浩子菅麻貴子浅野佑悠輝春にはぐれ散る花哀し女ごころ
もしも涙になれたなら…森川つくし菅麻貴子杜奏太朗もしも私が涙なら真珠の涙に
哀しみのエアポート水田竜子菅麻貴子徳久広司あなたの出ない留守電に
三陸海岸水森かおり菅麻貴子杜奏太朗別れの言葉を告げずに去った
影ぼうし氷川きよし菅麻貴子桧原さとし心に刻んだ夢がある返しきれない
新宿はぐれ鳥内藤やす子菅麻貴子杉本真人別れ話のいきさつは
望郷の月氷川きよし菅麻貴子杜奏太朗北は今ごろ雪の中夢で帰れば
余花の雨服部浩子菅麻貴子浅野佑悠輝あなたをあなたをあなたを
浪花の月北見恭子菅麻貴子幸斉たけし今日の飯より明日の夢や
夜汽車氷川きよし菅麻貴子宮下健治あれは十九歳のよー春まだ遠い
玄海月夜氷川きよし菅麻貴子宮下健治胸に大きな希望を抱いて人は
おもかげ峠氷川きよし菅麻貴子杜秦太朗あかね雲あかね雲背中に背負って
恋のはまゆう鹿島ひろ美菅麻貴子野中雄一あなたの胸の苦しさつらさ
倖せ通りゃんせ服部浩子菅麻貴子桧原さとし雨降るこんな日は相合傘で
夜空の子守歌山川豊菅麻貴子杜奏太朗夢だ恋だと朝まで飲んで
あんたの酒服部浩子菅麻貴子影山時則土砂降り雨に頭から
東京 夢の街氷川きよし菅麻貴子桧原さとし君の涙を小指で拭けば
ふたり華山本譲二菅麻貴子琴五郎俺が選んだ明日の夢に
さくら さくら服部浩子菅麻貴子西條キロク女ですものこぼれた花を
花燃えて服部浩子&影山時則菅麻貴子影山時則花を手折ればこの指に
東京恋始発氷川きよし菅麻貴子桧原さとしドアが背中で閉まったら
ほたる川金田たつえ・聖川湧菅麻貴子聖川湧女がこころにともす灯を
夢螢金田たつえ菅麻貴子深谷昭季節はずれの螢がひとつ