×

羽山みずきの歌詞一覧リスト  30曲中 1-30曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
30曲中 1-30曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛のさざなみこの世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくゝ くちづけしてね くり返すゝ さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かにゝ いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すゝ さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもゝ 思い出してね くり返すゝ さざ波のように さざ波のように羽山みずきなかにし礼浜口庫之助この世に神様が 本当にいるなら あなたに抱かれて 私は死にたい ああ湖に 小舟がただひとつ やさしくゝ くちづけしてね くり返すゝ さざ波のように  あなたが私を きらいになったら 静かにゝ いなくなってほしい ああ湖に 小舟がただひとつ 別れを思うと 涙があふれる くり返すゝ さざ波のように  どんなに遠くに 離れていたって あなたのふるさとは 私ひとりなの ああ湖に 小舟がただひとつ いつでもゝ 思い出してね くり返すゝ さざ波のように さざ波のように
あなたの妻と呼ばれたいお酒のしずくで つづけて書いた あなたの苗字と わたしの名前 愛しても 愛しても 愛したりない 女ごころは うるさいですか 今は夢でも いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい  あなたがうしろを ふりむくときを 今日まで待ったわ 爪かみながら これからも これからも 邪魔をしないで ついてゆきます 嫌わないでね 愛はひとすじ いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい  指環もお金も ほしくはないが かなえてあげたい あなたの夢は つくすだけ つくすだけ どうぞわたしの 今の生き甲斐 うばわないでね 何もいらない いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい羽山みずき水木かおる遠藤実お酒のしずくで つづけて書いた あなたの苗字と わたしの名前 愛しても 愛しても 愛したりない 女ごころは うるさいですか 今は夢でも いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい  あなたがうしろを ふりむくときを 今日まで待ったわ 爪かみながら これからも これからも 邪魔をしないで ついてゆきます 嫌わないでね 愛はひとすじ いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい  指環もお金も ほしくはないが かなえてあげたい あなたの夢は つくすだけ つくすだけ どうぞわたしの 今の生き甲斐 うばわないでね 何もいらない いつかあなたの 妻と 妻と呼ばれてみたい
いのち舟ひとりでなんて 渡れはしない 苦労うず巻く 世間川 逢えてよかった あなたに逢えて 運命(さだめ)も味方の いのち舟 ヨイショ ヨイショと 漕ぎながら わたし わたし見せます 片えくぼ  骨身に沁みる うわさが辛く 河岸で見ていた 遠花火 惚れてよかった あなたに惚れて 急がば回れの いのち舟 ヨイショ ヨイショの 掛け声も たまに たまに休んで 酒がたり  泣き言なんて 明日の邪魔よ だから言わない こぼさない 添えてよかった あなたに添えて 幸せ探しの いのち舟 ヨイショ ヨイショと 漕ぎながら ふたり ふたり越えます なみだ川羽山みずき横山賢一聖川湧ひとりでなんて 渡れはしない 苦労うず巻く 世間川 逢えてよかった あなたに逢えて 運命(さだめ)も味方の いのち舟 ヨイショ ヨイショと 漕ぎながら わたし わたし見せます 片えくぼ  骨身に沁みる うわさが辛く 河岸で見ていた 遠花火 惚れてよかった あなたに惚れて 急がば回れの いのち舟 ヨイショ ヨイショの 掛け声も たまに たまに休んで 酒がたり  泣き言なんて 明日の邪魔よ だから言わない こぼさない 添えてよかった あなたに添えて 幸せ探しの いのち舟 ヨイショ ヨイショと 漕ぎながら ふたり ふたり越えます なみだ川
いろは紅葉あの人と幸せに なれるでしょうか 赤い紅葉でも 世間に染まらずに 不器用なままの ふたりのあした  夢一文目 こころにも いろはにほへとと 降りしきる 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂  あの人と登るのは いろは坂ですね ここの紅葉には 七枚葉があって いろはにほへとと 数えてゆくの  夢一文目 てのひらに 大事な大事な たからもの 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂  夢一文目 こころにも いろはにほへとと 降りしきる 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂羽山みずき喜多條忠聖川湧あの人と幸せに なれるでしょうか 赤い紅葉でも 世間に染まらずに 不器用なままの ふたりのあした  夢一文目 こころにも いろはにほへとと 降りしきる 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂  あの人と登るのは いろは坂ですね ここの紅葉には 七枚葉があって いろはにほへとと 数えてゆくの  夢一文目 てのひらに 大事な大事な たからもの 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂  夢一文目 こころにも いろはにほへとと 降りしきる 恋紅葉 恋紅葉 いろは坂
鴛鴦道中堅気育ちも 重なる旅に いつか外れて 無宿者 知らぬ他国の 黄昏時は 俺も泣きたい ことばかり  染まぬ縁談(はなし)に 故郷をとんで 娘ざかりを 茶屋ぐらし 茶碗酒なら 負けないけれど 人情からめば もろくなる  かたちばかりの 鴛鴦姿 ならぶ草鞋に 風が吹く 浮世あぶれた やくざな旅は どこで散るやら 果てるやら  泣くも笑うも ふところ次第 資金(もとで)なくした その時は 遠慮要らずの 女房じゃないか 丁と張りゃんせ わしが身を羽山みずき藤田まさと阿部武雄堅気育ちも 重なる旅に いつか外れて 無宿者 知らぬ他国の 黄昏時は 俺も泣きたい ことばかり  染まぬ縁談(はなし)に 故郷をとんで 娘ざかりを 茶屋ぐらし 茶碗酒なら 負けないけれど 人情からめば もろくなる  かたちばかりの 鴛鴦姿 ならぶ草鞋に 風が吹く 浮世あぶれた やくざな旅は どこで散るやら 果てるやら  泣くも笑うも ふところ次第 資金(もとで)なくした その時は 遠慮要らずの 女房じゃないか 丁と張りゃんせ わしが身を
おめおめロックめっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 遠ぐさ 行がせねぇ おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ!  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  引っ込み思案で 控えめで おめの前では 口ごもる(シャイシャイ!) んだども 一人の部屋ならば 歌って 踊って やがましちゃ  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  今日もおめを 見づめでだ ささっと視線を そらさいだ(オイオイ!) もしや カノジョが…いだ、んだろ んでねや おいさ 気があんだ  妄想さ次ぐ 妄想で いつか この恋 んだね この恋 花が咲ぐ、ゴー!羽山みずきもりちよこ小杉保夫めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 遠ぐさ 行がせねぇ おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ!  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  引っ込み思案で 控えめで おめの前では 口ごもる(シャイシャイ!) んだども 一人の部屋ならば 歌って 踊って やがましちゃ  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  今日もおめを 見づめでだ ささっと視線を そらさいだ(オイオイ!) もしや カノジョが…いだ、んだろ んでねや おいさ 気があんだ  妄想さ次ぐ 妄想で いつか この恋 んだね この恋 花が咲ぐ、ゴー!
折鶴海峡海峡目がけて 折鶴を 飛ばした日暮れの 恋岬(こいみさき) 呼んでみたって 戻りはしない 船のあなたに もう一度 待っているわと 伝えてほしい  群れ飛ぶかもめに 負けないで 折鶴 あの人 追って行(ゆ)け 嬉し涙を 流してみたい きっと届けて この想い 待っているわと 伝えてほしい  飛沫(しぶき)に濡れるな 折鶴よ あなたへ向かって 風に乗れ いつか逢うまで 綺麗に生きて 叶うものなら ひとすじに 待っているわと 伝えてほしい羽山みずき横山賢一聖川湧海峡目がけて 折鶴を 飛ばした日暮れの 恋岬(こいみさき) 呼んでみたって 戻りはしない 船のあなたに もう一度 待っているわと 伝えてほしい  群れ飛ぶかもめに 負けないで 折鶴 あの人 追って行(ゆ)け 嬉し涙を 流してみたい きっと届けて この想い 待っているわと 伝えてほしい  飛沫(しぶき)に濡れるな 折鶴よ あなたへ向かって 風に乗れ いつか逢うまで 綺麗に生きて 叶うものなら ひとすじに 待っているわと 伝えてほしい
おんなの旅路夢という名の 積み荷を降ろし 北の港を 旅立つわたし 生きてくことが 旅ならば 明日はどんな 港町 霧が泣いてる 霧が泣いてる おんなの旅路  あなた愛した この町捨てて 愛の港を 旅立つわたし 幸せすぎた 罰だよと 心を波が 責め立てる 星が泣いてる 星が泣いてる おんなの旅路  涙こぼせば 涙も凍る 冬の港を 旅立つわたし イカ釣り船の 群れあかり 想い出白く 照らします 汽笛泣いてる 汽笛泣いてる おんなの旅路羽山みずき喜多條忠聖川湧夢という名の 積み荷を降ろし 北の港を 旅立つわたし 生きてくことが 旅ならば 明日はどんな 港町 霧が泣いてる 霧が泣いてる おんなの旅路  あなた愛した この町捨てて 愛の港を 旅立つわたし 幸せすぎた 罰だよと 心を波が 責め立てる 星が泣いてる 星が泣いてる おんなの旅路  涙こぼせば 涙も凍る 冬の港を 旅立つわたし イカ釣り船の 群れあかり 想い出白く 照らします 汽笛泣いてる 汽笛泣いてる おんなの旅路
からたち日記こころで好きと 叫んでも 口ではいえず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  幸福になろうね あの人は言いました わたしは小さく うなずいただけで 胸がいっぱいでした  くちづけすらの 思い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が 散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには 黄色の実がたくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして羽山みずき西沢爽遠藤実こころで好きと 叫んでも 口ではいえず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  幸福になろうね あの人は言いました わたしは小さく うなずいただけで 胸がいっぱいでした  くちづけすらの 思い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が 散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには 黄色の実がたくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして
京都慕情あの人の姿 懐かしい 黄昏の河原町 恋は 恋は 弱い女を どうして 泣かせるの 苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら あの人の言葉 想い出す 夕焼けの高瀬川  遠い日の 愛の残り火が 燃えてる嵐山 すべて すべて あなたのことが どうして 消せないの 苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら 遠い日は 二度と帰らない 夕やみの東山  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら 遠い日は 二度と帰らない 夕やみの桂川羽山みずき林春生ザ・ベンチャーズあの人の姿 懐かしい 黄昏の河原町 恋は 恋は 弱い女を どうして 泣かせるの 苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら あの人の言葉 想い出す 夕焼けの高瀬川  遠い日の 愛の残り火が 燃えてる嵐山 すべて すべて あなたのことが どうして 消せないの 苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら 遠い日は 二度と帰らない 夕やみの東山  苦しめないで ああ責めないで 別れのつらさ 知りながら 遠い日は 二度と帰らない 夕やみの桂川
恋は神代の昔から恋をしましょう 恋をして 浮いた浮いたで 暮しましょ 熱い涙も 流しましょ 昔の人は 言いました 恋はするほど 艶が出る 恋はするほど 艶が出る  無理も道理の ひとつです グッと握った 彼女の手 スキと言うまで 離しゃせぬ 昔の人は 言いました いやよ いやよも すきのうち いやよ いやよも すきのうち  想い想われ ふりふられ 恋はニキビの ようなもの ひとつ消えても またできる 昔の人は 言いました 恋は死ななきゃ なおらない 恋は死ななきゃ なおらない羽山みずき星野哲郎市川昭介恋をしましょう 恋をして 浮いた浮いたで 暮しましょ 熱い涙も 流しましょ 昔の人は 言いました 恋はするほど 艶が出る 恋はするほど 艶が出る  無理も道理の ひとつです グッと握った 彼女の手 スキと言うまで 離しゃせぬ 昔の人は 言いました いやよ いやよも すきのうち いやよ いやよも すきのうち  想い想われ ふりふられ 恋はニキビの ようなもの ひとつ消えても またできる 昔の人は 言いました 恋は死ななきゃ なおらない 恋は死ななきゃ なおらない
こころ町揃い浴衣で 夏祭り おみくじを引いたわ 冬は炬燵で 二人鍋 想い出そっと 数えます  泣かない私が 泣けるのは やさしいあなたの 胸しかないの  この町は こころ町 こころが あなたを待ちたがる あの人と 別れたと 噂で聞きました…  二人暮らした あの頃に 帰りたくなる日は もしやあなたに 逢えるかと 夕焼け空の 駅通り  一人で生きると 強がって 生きてはいけない 弱い私ね  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  遠い夢 明日の夢 こころ待ち  こころ待ち羽山みずきもりちよこ聖川湧揃い浴衣で 夏祭り おみくじを引いたわ 冬は炬燵で 二人鍋 想い出そっと 数えます  泣かない私が 泣けるのは やさしいあなたの 胸しかないの  この町は こころ町 こころが あなたを待ちたがる あの人と 別れたと 噂で聞きました…  二人暮らした あの頃に 帰りたくなる日は もしやあなたに 逢えるかと 夕焼け空の 駅通り  一人で生きると 強がって 生きてはいけない 弱い私ね  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  遠い夢 明日の夢 こころ待ち  こころ待ち
酒田カモメ唄酒田港(みなと)の 黄昏時は 白いカモメも 夕日に染まる すねて甘えた 倖せが 海の向こうで 燃えてます 好きで 好きで 好きでたまらぬあの人を カモメよ どこに運んだの  沖の飛島(とびしま) 海猫さえも ぬくい塒(ねぐら)に 帰ってゆくに 帰る胸すら もう無くて こころひゅうひゅう 泣いてます 泣いて 泣いて 泣いてどうなる弱虫と カモメが そっと笑います  六角灯台 あかりがともる 海を照らして 想い出さがす 夢をつかの間 手渡して なんでさみしく させますか もっと もっと もっと抱いててほしかった 酒田の港 カモメ唄羽山みずき喜多條忠聖川湧酒田港(みなと)の 黄昏時は 白いカモメも 夕日に染まる すねて甘えた 倖せが 海の向こうで 燃えてます 好きで 好きで 好きでたまらぬあの人を カモメよ どこに運んだの  沖の飛島(とびしま) 海猫さえも ぬくい塒(ねぐら)に 帰ってゆくに 帰る胸すら もう無くて こころひゅうひゅう 泣いてます 泣いて 泣いて 泣いてどうなる弱虫と カモメが そっと笑います  六角灯台 あかりがともる 海を照らして 想い出さがす 夢をつかの間 手渡して なんでさみしく させますか もっと もっと もっと抱いててほしかった 酒田の港 カモメ唄
知床旅情知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を 飲んで騒いで 丘にのぼれば はるかクナシリに 白夜は明ける  旅の情か 酔うほどにさまよい 浜に出てみれば 月は照る波の上(え) 今宵こそ君を 抱きしめんと 岩かげに寄れば ピリカが笑う  別れの日は来た 知床の村にも 君は出てゆく 峠をこえて 忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん 私を泣かすな 白いかもめを 白いかもめを羽山みずき森繁久弥森繁久弥知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を 飲んで騒いで 丘にのぼれば はるかクナシリに 白夜は明ける  旅の情か 酔うほどにさまよい 浜に出てみれば 月は照る波の上(え) 今宵こそ君を 抱きしめんと 岩かげに寄れば ピリカが笑う  別れの日は来た 知床の村にも 君は出てゆく 峠をこえて 忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん 私を泣かすな 白いかもめを 白いかもめを
大器晩々成不器用まるで 絵にかいた 言葉少ない あなたです 世間の人には 見えないが 私に見える あなたの明日 やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成  人生うまく 立ち廻る そんな風には なれなくて 損してばかり いるけれど 静かに笑う あなたが好きよ やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成  どん底おちた その底で 上を向いてた あなたです あなたが勝負の その時は 私の生命(いのち) 一緒に賭ける やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成羽山みずき浅木しゅん聖川湧不器用まるで 絵にかいた 言葉少ない あなたです 世間の人には 見えないが 私に見える あなたの明日 やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成  人生うまく 立ち廻る そんな風には なれなくて 損してばかり いるけれど 静かに笑う あなたが好きよ やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成  どん底おちた その底で 上を向いてた あなたです あなたが勝負の その時は 私の生命(いのち) 一緒に賭ける やっと出番が やって来た 大器晩成 その上を行く 天も味方の 晩々成
千曲川水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を 思い出させる 信濃の旅路(たび)よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙たなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音(ね)いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ羽山みずき山口洋子猪俣公章水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと 忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を 思い出させる 信濃の旅路(たび)よ  明日はいずこか 浮き雲に 煙たなびく 浅間山 呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ  一人たどれば 草笛の 音(ね)いろ哀しき 千曲川 よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯ともる 信濃の旅路よ
妻恋道中好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差(ながどす) 永の旅 怨むまいぞえ 俺らのことは またの浮世で 逢うまでは  惚れていながら 惚れない素振り それがやくざの 恋とやら 二度と添うまい 街道がらす 阿呆阿呆で 旅ぐらし  泣いてなるかと 心に誓や 誓う矢先に またほろり 馬鹿を承知の 俺らの胸を 何故に泣かすか 今朝の風羽山みずき藤田まさと阿部武雄好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差(ながどす) 永の旅 怨むまいぞえ 俺らのことは またの浮世で 逢うまでは  惚れていながら 惚れない素振り それがやくざの 恋とやら 二度と添うまい 街道がらす 阿呆阿呆で 旅ぐらし  泣いてなるかと 心に誓や 誓う矢先に またほろり 馬鹿を承知の 俺らの胸を 何故に泣かすか 今朝の風
南国土佐を後にして南国土佐を 後にして 都へ来てから 幾歳(いくとせ)ぞ 思い出します 故郷(こきょう)の友が 門出(かどで)に歌った よさこい節を 土佐の高知の はりやま橋で 坊さんかんざし 買うをみた  月の浜辺で 焚火(たきび)を囲み しばしの娯楽の 一時(ひととき)を わたしも自慢の 声張り上げて 歌うよ土佐の よさこい節を みませ見せましょ うら戸をあけて 月の名所は 桂浜  国の父さん 室戸の沖で 鯨釣ったと 言う便り わたしも負けずに 励んだ後で 歌うよ土佐の よさこい節を 言うたらいかんちゃ おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい羽山みずき武政英策武政英策南国土佐を 後にして 都へ来てから 幾歳(いくとせ)ぞ 思い出します 故郷(こきょう)の友が 門出(かどで)に歌った よさこい節を 土佐の高知の はりやま橋で 坊さんかんざし 買うをみた  月の浜辺で 焚火(たきび)を囲み しばしの娯楽の 一時(ひととき)を わたしも自慢の 声張り上げて 歌うよ土佐の よさこい節を みませ見せましょ うら戸をあけて 月の名所は 桂浜  国の父さん 室戸の沖で 鯨釣ったと 言う便り わたしも負けずに 励んだ後で 歌うよ土佐の よさこい節を 言うたらいかんちゃ おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい
波止場しぐれ波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内 土庄港(とのしょうみなと) 一夜泊りの かさね着が いつかなじんだ ネオン町  肩に重たい 苦労なら 捨てていいのよ 拾ってあげる ここは瀬戸内 土庄港 のんでおゆきよ もう一杯 浮世小路の ネオン酒  あれは高松 最終便 グラス持つ手に 汽笛がからむ ここは瀬戸内 土庄港 恋も着きます 夢もゆく 春も紅さす ネオン町羽山みずき吉岡治岡千秋波止場しぐれが 降る夜は 雨のむこうに 故郷が見える ここは瀬戸内 土庄港(とのしょうみなと) 一夜泊りの かさね着が いつかなじんだ ネオン町  肩に重たい 苦労なら 捨てていいのよ 拾ってあげる ここは瀬戸内 土庄港 のんでおゆきよ もう一杯 浮世小路の ネオン酒  あれは高松 最終便 グラス持つ手に 汽笛がからむ ここは瀬戸内 土庄港 恋も着きます 夢もゆく 春も紅さす ネオン町
ひとり鍋木枯しひゅるひゅる 泣いてます お鍋がフツフツ 煮えてます おひとりさまの お鍋です こころが寒く なる夜は なぜかお鍋に するのです  好きでした あなたのことは何もかも ちょっと淋しい横顔と あったかかった想い出と  あれから何度も 見ましたよ あなたの隣りに 居る夢を しあわせいつも 夢ン中 今夜はどこに いるかしら そっとたずねる あなた鍋  好きでした 今でもずっと好きですよ 涙かわいたあの日から ちょっぴり強くなれました  好きでした あなたのことは何もかも ちょっと淋しい横顔と あったかかった想い出と羽山みずき喜多條忠聖川湧木枯しひゅるひゅる 泣いてます お鍋がフツフツ 煮えてます おひとりさまの お鍋です こころが寒く なる夜は なぜかお鍋に するのです  好きでした あなたのことは何もかも ちょっと淋しい横顔と あったかかった想い出と  あれから何度も 見ましたよ あなたの隣りに 居る夢を しあわせいつも 夢ン中 今夜はどこに いるかしら そっとたずねる あなた鍋  好きでした 今でもずっと好きですよ 涙かわいたあの日から ちょっぴり強くなれました  好きでした あなたのことは何もかも ちょっと淋しい横顔と あったかかった想い出と
古いタイプの女ですみんながやめろと 言ったけど あなたと一緒になれました なんのとりえもありません 古いタイプの女です それでも愛してくれるなら ついてゆきます あなたの夢に  ふたりで向き合う ちゃぶ台で 湯呑みはいつでも右側に 茶碗左に置くような 古いタイプの女です わたしでよければ いつまでも 置いてください あなたのそばに  かなしいことなら 分けあって うれしいことなら 倍にする そんな言葉に涙ぐむ 古いタイプの女です 人生荒波覚悟です 乗せてください あなたの舟に羽山みずき喜多條忠聖川湧みんながやめろと 言ったけど あなたと一緒になれました なんのとりえもありません 古いタイプの女です それでも愛してくれるなら ついてゆきます あなたの夢に  ふたりで向き合う ちゃぶ台で 湯呑みはいつでも右側に 茶碗左に置くような 古いタイプの女です わたしでよければ いつまでも 置いてください あなたのそばに  かなしいことなら 分けあって うれしいことなら 倍にする そんな言葉に涙ぐむ 古いタイプの女です 人生荒波覚悟です 乗せてください あなたの舟に
ふるさとのはなしをしよう砂山に さわぐ潮風 かつお舟 はいる浜辺の 夕焼けが 海をいろどる きみの知らない ぼくのふるさと ふるさとの はなしをしよう  鳴る花火 ならぶ夜店に 縁日の まちのともしび 下町の 夜が匂うよ きみが生まれた きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう  今頃は 丘の畑に 桃の実が 赤くなるころ 遠い日の 夢の数々 ぼくは知りたい きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう羽山みずき伊野上のぼるキダタロー砂山に さわぐ潮風 かつお舟 はいる浜辺の 夕焼けが 海をいろどる きみの知らない ぼくのふるさと ふるさとの はなしをしよう  鳴る花火 ならぶ夜店に 縁日の まちのともしび 下町の 夜が匂うよ きみが生まれた きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう  今頃は 丘の畑に 桃の実が 赤くなるころ 遠い日の 夢の数々 ぼくは知りたい きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
紅花慕情紅花(べにばな)摘む指 痛むから そろそろ来るでしょ 酒田舟(さかたぶね) 想いを寄せても 届かぬと 判っていながら 背のびして 姉(あね)さんかぶりは エンヤコラ エンヤコラ 待ちたがる  花笠祭(はながさまつ)り 袖触れて 目と目を見つめた こともある あなたに逢えたら 今度こそ 身の上ばなしを 交わしたい わたしの見る夢 エンヤコラ エンヤコラ 神頼み  紅花積み荷の 舟が行(ゆ)く みれんの波立つ 最上川 甘えてこの身を 投げたなら あなたは助けて くれますか 呼ぶ声欲しさに エンヤコラ エンヤコラ 会いたがる羽山みずき横山賢一聖川湧紅花(べにばな)摘む指 痛むから そろそろ来るでしょ 酒田舟(さかたぶね) 想いを寄せても 届かぬと 判っていながら 背のびして 姉(あね)さんかぶりは エンヤコラ エンヤコラ 待ちたがる  花笠祭(はながさまつ)り 袖触れて 目と目を見つめた こともある あなたに逢えたら 今度こそ 身の上ばなしを 交わしたい わたしの見る夢 エンヤコラ エンヤコラ 神頼み  紅花積み荷の 舟が行(ゆ)く みれんの波立つ 最上川 甘えてこの身を 投げたなら あなたは助けて くれますか 呼ぶ声欲しさに エンヤコラ エンヤコラ 会いたがる
雪割り酒他人(ひと)の幸せ見るたびに 胸の中まで 雪が降る 風待ち 波待ち あなた待ち 北の港は 雪酒場 ハタハタつまみの手酌酒 夢も溶けゆく 雪割り酒よ  高いお山を境い目に あちら晴れても こちら雪 春待ち 花待ち サクラ待ち 今も逢いたい 逢いたいよ あなたの背中のぬくもりを 想い出させる 雪割り酒よ  幼なじみが嫁ぐ日は 胸に夜通し 雪が降る 恋雪 来な雪 せつな雪 こんな私もいつの日か 金襴緞子(きんらんどんす)が着れますか そっと教えて 雪割り酒よ羽山みずき喜多條忠聖川湧他人(ひと)の幸せ見るたびに 胸の中まで 雪が降る 風待ち 波待ち あなた待ち 北の港は 雪酒場 ハタハタつまみの手酌酒 夢も溶けゆく 雪割り酒よ  高いお山を境い目に あちら晴れても こちら雪 春待ち 花待ち サクラ待ち 今も逢いたい 逢いたいよ あなたの背中のぬくもりを 想い出させる 雪割り酒よ  幼なじみが嫁ぐ日は 胸に夜通し 雪が降る 恋雪 来な雪 せつな雪 こんな私もいつの日か 金襴緞子(きんらんどんす)が着れますか そっと教えて 雪割り酒よ
雪んこ風唄深い雪でも 春になれば消える なのに消えない 恋の傷あと 不意の別れは こころ変わりですか なにも言わずに 罪なひとです 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄  赤い炭火に 両手かざしながら 指をむすんだ 夜のかまくら それを恋だと 知ったあの日からは なぜか哀しい 夢をみました 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄  北で生まれて 北の町に生きる 飛んで行けない 恋はかげろう 遠くはなれて 終わるふたりですか きっとあなたも 辛いはずです 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄羽山みずき海老原秀元聖川湧深い雪でも 春になれば消える なのに消えない 恋の傷あと 不意の別れは こころ変わりですか なにも言わずに 罪なひとです 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄  赤い炭火に 両手かざしながら 指をむすんだ 夜のかまくら それを恋だと 知ったあの日からは なぜか哀しい 夢をみました 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄  北で生まれて 北の町に生きる 飛んで行けない 恋はかげろう 遠くはなれて 終わるふたりですか きっとあなたも 辛いはずです 雪んこ雪んこ 風になれ雪んこ雪んこ ひとり童歌 涙の子守唄
湯島の白梅湯島通れば 思い出す お鳶主税の 心意気 知るや白梅 玉垣に のこる二人の 影法師  忘れられよか 筒井筒 岸の柳の 緑むすび かたい契りを 義理ゆえに 水に流すも 江戸育ち  青い瓦斯燈 境内を 出れば本郷 切通し あかぬ別れの 中空に羽山みずき佐伯孝夫清水保雄湯島通れば 思い出す お鳶主税の 心意気 知るや白梅 玉垣に のこる二人の 影法師  忘れられよか 筒井筒 岸の柳の 緑むすび かたい契りを 義理ゆえに 水に流すも 江戸育ち  青い瓦斯燈 境内を 出れば本郷 切通し あかぬ別れの 中空に
弓ごころ目許(めもと)涼しい あなたの弓を そっと見つめる 恋でいい 狙えば揺れます 夢の的 きりりきりきり 残身の あなたの姿 遠く見て  弓を引くのに ちからは要らぬ こころ静かに 揺るがずに 自分のこころに 引けばいい きりりきりきり あなたの矢 わたしの胸を 射抜きます  人を恋した せつなさつらさ 弦(つる)のふるえで わかります ふたりの行く道 はなれても きりりきりきり 正直な あなたのままで いてほしい羽山みずき喜多條忠聖川湧目許(めもと)涼しい あなたの弓を そっと見つめる 恋でいい 狙えば揺れます 夢の的 きりりきりきり 残身の あなたの姿 遠く見て  弓を引くのに ちからは要らぬ こころ静かに 揺るがずに 自分のこころに 引けばいい きりりきりきり あなたの矢 わたしの胸を 射抜きます  人を恋した せつなさつらさ 弦(つる)のふるえで わかります ふたりの行く道 はなれても きりりきりきり 正直な あなたのままで いてほしい
りんどう峠りんりん りんどうの 花咲く頃サ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは 濃むらさき 姉サの小袖も 濃むらさき 濃むらさき ハイノ ハイノ ハイ  りんりん りんどうの 花咲く峠 姉サは馬コで あとふりかえる 姉サに行かれて なんとしょう いっしょに柴刈る ひとも無い ひとも無い ハイノ ハイノ ハイ  りんりん りんどうは 小雨にぬれる わたしゃ別れの 涙でぬれる りんりん鳴るのは 馬の鈴 姉サは峠に 消えてゆく 消えてゆく ハイノ ハイノ ハイ羽山みずき西條八十古賀政男りんりん りんどうの 花咲く頃サ 姉サは馬コで お嫁に行った りんりんりんどうは 濃むらさき 姉サの小袖も 濃むらさき 濃むらさき ハイノ ハイノ ハイ  りんりん りんどうの 花咲く峠 姉サは馬コで あとふりかえる 姉サに行かれて なんとしょう いっしょに柴刈る ひとも無い ひとも無い ハイノ ハイノ ハイ  りんりん りんどうは 小雨にぬれる わたしゃ別れの 涙でぬれる りんりん鳴るのは 馬の鈴 姉サは峠に 消えてゆく 消えてゆく ハイノ ハイノ ハイ
わたしの城下町格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に 誰が歌うのか子守唄 わたしの城下町 好きだとも云えずに 歩く川のほとり 往きかう人に なぜか目をふせながら 心は燃えてゆく  家並がとぎれたら お寺の鐘がきこえる 四季の草花が咲きみだれ わたしの城下町 橋のたもとにともる 灯りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの  橋のたもとにともる 灯りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの羽山みずき安井かずみ平尾昌晃格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に 誰が歌うのか子守唄 わたしの城下町 好きだとも云えずに 歩く川のほとり 往きかう人に なぜか目をふせながら 心は燃えてゆく  家並がとぎれたら お寺の鐘がきこえる 四季の草花が咲きみだれ わたしの城下町 橋のたもとにともる 灯りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの  橋のたもとにともる 灯りのように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ 気まずく別れたの
わたし舟あなたが好きで 漕ぎ出す舟に 乗りたいけれど すくむ足 一歩近づき 踵を返し この河 行こうか 行くまいか...  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  あなたが今夜 迎えに来たら 手に手を取って 舟に乗り 明けの明星 輝く空を 見上げて ふたりで どこまでも  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしを思い切る  さらりさらりら 夢見る河は 胸にあふれて 流れます はらりはらりら ほどいた髪を あなたに なびかせ わたし舟  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  ちょっと 焦らして わたし舟羽山みずきもりちよこ聖川湧あなたが好きで 漕ぎ出す舟に 乗りたいけれど すくむ足 一歩近づき 踵を返し この河 行こうか 行くまいか...  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  あなたが今夜 迎えに来たら 手に手を取って 舟に乗り 明けの明星 輝く空を 見上げて ふたりで どこまでも  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしを思い切る  さらりさらりら 夢見る河は 胸にあふれて 流れます はらりはらりら ほどいた髪を あなたに なびかせ わたし舟  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  ちょっと 焦らして わたし舟
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. 最愛
  4. ミッドナイト・トレンディ
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照