酒田カモメ唄

この曲の表示回数 1,188
歌手:


作詞:

喜多條忠


作曲:

聖川湧


酒田港(みなと)の 黄昏時は
白いカモメも 夕日に染まる
すねて甘えた 倖せが
海の向こうで 燃えてます
好きで 好きで 好きでたまらぬあの人を
カモメよ どこに運んだの

沖の飛島(とびしま) 海猫さえも
ぬくい塒(ねぐら)に 帰ってゆくに
帰る胸すら もう無くて
こころひゅうひゅう 泣いてます
泣いて 泣いて 泣いてどうなる弱虫と
カモメが そっと笑います

六角灯台 あかりがともる
海を照らして 想い出さがす
夢をつかの間 手渡して
なんでさみしく させますか
もっと もっと もっと抱いててほしかった
酒田の港 カモメ唄
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒田カモメ唄 歌手:羽山みずき

羽山みずきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:CRCN-8107
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP