歌詞を

ヘルプ

喜多條忠作詞の歌詞一覧リスト

315 曲中 1-200 曲を表示
2019年10月15日(火)更新
並び順:
全2ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
たそがれ坂の二日月秋元順子喜多條忠杉本眞人たそがれ坂の先っちょに
暑中お見舞い申し上げます民謡ガールズ喜多條忠佐瀬寿一暑中お見舞い申し上げます
雪割り酒羽山みずき喜多條忠聖川湧他人の幸せ見るたびに
おんなの旅路羽山みずき喜多條忠聖川湧夢という名の積み荷を降ろし
風は旅びと湯原昌幸喜多條忠湯原昌幸旅する風が見たものは
雪雀渚ひろみ喜多條忠宮下健治赤い茶碗に飯よそい
望郷山河三山ひろし喜多條忠中村典正見上げる山にくらべれば
春ッコわらしみちのく娘!喜多條忠宮川彬良冬の冬のコートを脱ぎ捨てて
やさしい悪魔水雲-MIZMO-喜多條忠吉田拓郎あの人は悪魔私をとりこにする
古いタイプの女です羽山みずき喜多條忠聖川湧みんながやめろと言ったけど
ひとり鍋羽山みずき喜多條忠聖川湧木枯しひゅるひゅる泣いてます
ただいま故郷坂本冬美喜多條忠叶弦大ひと目百万香りは十里
おふくろ えれじぃ静太郎喜多條忠蔦将包夕暮れの町に灯がともりゃ
孔雀の純情川野夏美喜多條忠弦哲也歩いて歩いて港のあかり
親父の手紙村木弾喜多條忠船村徹息子よ元気でやってるか
北のひとり星走裕介喜多條忠蔦将包北の夜風は粉雪まじり
夫婦人情石川さゆり喜多條忠岡千秋通天閣まで泣き出すような
淋代海岸瀬口侑希喜多條忠大谷明裕涙こらえた私のように
ポン太の日記帳長谷川真吾喜多條忠叶弦大パパを見上げてワンワン
酒田カモメ唄羽山みずき喜多條忠聖川湧酒田港の黄昏時は
酔月夜城之内早苗喜多條忠岡千秋港の酒場でほどよく呑んで
おはぐろとんぼ城之内早苗喜多條忠岡千秋やせてやせてやせて
望郷五木くずしみうら晶朗喜多條忠水森英夫故郷はどんなにどんなに
恋は火祭り純烈喜多條忠徳久広司恋は火祭り港のあかりが
望郷五木くずし花京院しのぶ喜多條忠水森英夫故郷はどんなにどんなに
メランコリー一青窈喜多條忠吉田拓郎緑のインクで手紙を書けば
おんな夢北見恭子喜多條忠田尾将実忘れることができない人は
わすれ花香西かおり喜多條忠弦哲也ひとりになった淋しさは
やっかいもの香西かおり喜多條忠弦哲也あいつの生まれは深川あたり
情小路のなさけ雨市川由紀乃喜多條忠山下俊輔雨がシトシト泣く夜は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛でしばりたい白川裕二郎(純烈)喜多條忠徳久広司だからだから愛で
かぼちゃの花中村美律子喜多條忠叶弦大きれいな花にはトゲがある
恋亭主中村美律子喜多條忠叶弦大かなわぬあんたの
出さない手紙を書いてますあさみちゆき喜多條忠岡千秋三軒茶屋から引っ越しました
雨の木屋町丘みどり喜多條忠愛田健二雨の木屋町あなたは来ない
肱川あらし伍代夏子喜多條忠船村徹非の打ちどころの
夢待ち港伍代夏子喜多條忠船村徹汽笛がひとつ鳴るたびに
からたちの小径藤あや子喜多條忠南こうせつなつかしいうたを
豆桜城之内早苗喜多條忠岡千秋富士のふもとに咲く花は
気がつけばいつでも夕陽城之内早苗喜多條忠岡千秋気がつけばいつでも夕陽
おふくろよすぎもとまさと喜多條忠杉本眞人海にひとりで来るたびに
星あかりの夜山内惠介喜多條忠水森英夫星あかりの夜だから君を
雪花浅田あつこ喜多條忠聖川湧あなたと別れて山里のらむぷの
恋しゅうて石川さゆり喜多條忠杉本眞人男はいつも嘘をつくのが
十六夜円舞曲石川さゆり喜多條忠杉本眞人季節を幾つ重ねても
二度泣き橋氷川きよし喜多條忠大谷明裕北の寒さに襟立てて駅に降り
恋まくら小田純平喜多條忠小田純平あなたのために髪まで伸ばし
250パーセントの愛でつつんで小田純平喜多條忠小田純平僕を駅まで送ってゆく時の
おとこの酒よ北島三郎・大川栄策喜多條忠原譲二なんだかんだといいながら
想い出の彼方に山内惠介喜多條忠水森英夫想い出の彼方に君がいる
あなたの港市川由紀乃喜多條忠山下俊輔夜の浜辺の舟小屋で
蜃気楼の町から山川豊喜多條忠叶弦大いつか魚津の港から
北の男旅村木弾喜多條忠船村徹男の旅のなぐさめはたとえば
女人荒野石川さゆり喜多條忠杉本眞人だってなにが哀しいかって
ふられ酒石川さゆり・すぎもとまさと喜多條忠杉本眞人ねえどうしたの久しぶりだね
ひとり越前~明日への旅~松原のぶえ喜多條忠晃正げんぺい雪の越前東尋坊であなたの
島津亜矢喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚へだてて
越佐海峡浜博也喜多條忠伊藤雪彦フェリーと同じ速さに合わせ
面影グラス浜博也喜多條忠伊藤雪彦あんなやさしい人がなぜ
石割り桜氷川きよし喜多條忠蔦将包冬の長さに耐えながら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
横濱の踊り子北川大介喜多條忠叶弦大港ヨコハマ日は落ちて
哀愁の街北川大介喜多條忠叶弦大港長崎なつかしい出島あたり
元気でね南こうせつ喜多條忠南こうせついろんなことがあったけど
演歌みたいな夜ですね三田明喜多條忠浜圭介演歌みたいな夜ですね
あなたのとなりにはオルリコ喜多條忠田尾将実星がきらめくこんな夜は遠い
あんじょうやりや 2015オール巨人喜多條忠BORO灯りをつけたら部屋の中
やなわらばー喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚隔てて
夕陽しぼり坂大石まどか喜多條忠西つよし祭りの山車にはからくり人形
かたくりの花北山たけし喜多條忠平尾昌晃夢をかなえる人よりも
涙のカウンター北山たけし喜多條忠平尾昌晃こころに雨の降る夜は
幸子のボトルたけうち信広喜多條忠徳久広司今までほんとにありがとう
スポットライトGOLD LYLIC山内惠介喜多條忠水森英夫若さという名の舞台には
美都子山内惠介喜多條忠水森英夫美しい都の子と書いて
ペテン師西郷輝彦喜多條忠伊勢正三その男は恋人と別れた
坂本冬美喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚隔てて今
合掌街道松原のぶえ喜多條忠小田純平雪の白さにあなたとの
アホやなあ都はるみ喜多條忠岡千秋握りしめてる手の中は
しぐれ旅鳥羽一郎喜多條忠叶弦大いつのまにやらこわれちまった
野郎酒鳥羽一郎喜多條忠叶弦大ひとりしみじみ飲む酒さみし
男達のメロディー怒髪天喜多條忠ケーシー・ランキン走り出したら何か答えがでる
風鈴横丁南こうせつ喜多條忠南こうせつあなたと暮らした下町の
伊豆の国音頭北川大介・竹川美子喜多條忠叶弦大どんな国こんな国伊豆の国
愛鍵秋元順子喜多條忠花岡優平プラットホームに人があふれ
ごめんよ、おやじ静太郎喜多條忠船村徹海が時化ても酒呑むだけで
あんじょうやりやオール巨人喜多條忠BORO灯りをつけたら部屋の中
ひとり越前~明日への旅~大月みやこ喜多條忠晃正げんぺい雪の越前東尋坊であなたの
白鷺の宿城之内早苗喜多條忠弦哲也涙紅筆手鏡素顔化粧ほつれ毛
ランタンまつり城之内早苗喜多條忠弦哲也ギヤマンレッドの夕焼けが
愛の橋伍代夏子喜多條忠水森英夫あの町を捨てたからもう
メランコリー八代亜紀喜多條忠吉田拓郎緑のインクで手紙を書けば
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
流氷波止場市川由紀乃喜多條忠幸耕平あなたどうしてわたしを捨てた
紫蘭の花石川さゆり喜多條忠崎久保吉啓軒端の鉢植え紫蘭の花は
おおつごもり(大晦日)石川さゆり喜多條忠崎久保吉啓おおつごもりの年の瀬に
忘れるもんか山本譲二&城之内早苗喜多條忠弦哲也忘れるもんか今夜のお前
京都夜曲山本譲二&城之内早苗喜多條忠弦哲也枝垂れ桜とぼんぼりが
通りすがりの大阪で沢井明喜多條忠美樹克彦ワイングラスに涙が落ちて
無口なバーテン沢井明喜多條忠沢井あきら二間つづきのカウンター
流星エアポート岩波理恵喜多條忠杉本眞人シートベルト締める音が
吹雪の宿松原のぶえ喜多條忠弦哲也夢の糸ならちぎれてもふたりで
朝霧みなと城之内早苗喜多條忠弦哲也額あじさいの咲く路地を
佐渡炎歌城之内早苗喜多條忠弦哲也これだけ男と女がいてさ
千日前ラプソディーPARTII水木ケイ喜多條忠水森英夫夢にはぐれてひとり
浜町傾げ傘氷川きよし喜多條忠水森英夫雨の浜町明治座の帰り
さよならによろしく秋ひとみ喜多條忠中山大三郎乾杯さよならさん乾杯
キャンパスの想い出秋ひとみ喜多條忠中山大三郎学生時代の思い出は
シーサイド・ファラウェイ秋ひとみ喜多條忠小杉保夫銀色の星キラキラまぶたに
雪の細道水田竜子喜多條忠水森英夫雪の細道平泉なみだ雪降る
北上川恋唄水田竜子喜多條忠水森英夫青き流れに桜の花が
女のかがり火大月みやこ喜多條忠大沢浄二おんなならおんななら
四季桜大月みやこ喜多條忠大沢浄二四季咲きの桜が庭に咲きました
男達のメロディー河口恭吾喜多條忠ケーシー・ランキン走り出したら何か答が出る
なみだ川小桜舞子喜多條忠岡千秋北の窓から見えるのは
おんなの四季小桜舞子喜多條忠岡千秋春は薄紅花吹雪夏は朝顔
北国街道・日本海走裕介喜多條忠蔦将包人を愛したかなしみは海に
赤いレンガの港町走裕介喜多條忠蔦将包北の寒さにかじかむその手に
エリカの花の咲く頃に都はるみ喜多條忠弦哲也青い空の向こうにはしあわせ
雪割りの花北川大介喜多條忠叶弦大一度死んだと思って生きりゃ
北の町 みなと町北川大介喜多條忠叶弦大カモメ泣け泣け泣くだけ泣けば
恋夜雨伍代夏子喜多條忠若草恵生まれたばかりの嬰児は
やさしいダイヤモンド梶光夫喜多條忠合田道人パーティーが終わって
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
旅立たずにはいられない西田敏行喜多條忠山崎一稔ビルや人の流れにクルリ
追憶の面影橋八代亜紀喜多條忠鈴木淳やさしい人と暮らしています
柳川わかれ青児と夏美喜多條忠弦哲也明日お前は街を出るちいさな
伊万里の母池田輝郎喜多條忠水森英夫大きな愛とやさしさの母は
くんちのぼせ池田輝郎喜多條忠水森英夫今日は宵山赤獅子は
やさしい悪魔ORANGE CARAMEL喜多條忠吉田拓郎あの人は悪魔私をとりこにする
北国フェリー走裕介喜多條忠蔦将包この胸に顔を埋めて泣いた人
松山しぐれ城之内早苗喜多條忠弦哲也途切れた恋をひとひらの
恋して 伊予城之内早苗喜多條忠弦哲也あの人を忘れるための旅に出て
渋谷川山本譲二&城之内早苗喜多條忠弦哲也並木橋から渋谷まで
夢でも愛して山本譲二&城之内早苗喜多條忠弦哲也キャンドルライトのちいさな炎
石見のおんな永井裕子喜多條忠水森英夫海に添い寝の鳴り砂も
石見銀山ひとり坂永井裕子喜多條忠水森英夫別れの朝に愛されるほど
湘南の男たち宮原彩喜多條忠加瀬邦彦スパンコールのきらめきは
一番星よ こんばんは氷川きよし喜多條忠蔦将包一番星よこんばんはそこから
おまえのことが…北島三郎喜多條忠船村徹ひとつ男は生き抜くために
神田川吉幾三喜多條忠南こうせつ貴男はもう忘れたかしら
その昔吉幾三喜多條忠杉本眞人その昔恋をしていた
旅のあかり西郷輝彦喜多條忠都志見隆旅の町あかりにはさみしさが
島立ちの春光岡洋喜多條忠叶弦大波のしぶきでこのツラ洗う
ふたりの港町光岡洋喜多條忠叶弦大夜の港の舟だまり
みちのく北川大介喜多條忠叶弦大涙がひとつ涙がふたつ
胸に汽笛が響く町北川大介喜多條忠叶弦大火の見やぐらや駅前の
海峡の宿伍代夏子喜多條忠若草恵人をだましたこともない
こころ こわれそう岩波理恵喜多條忠杉本眞人夜を走る船があれほど
男 安兵衛・喧嘩花出光仁美喜多條忠水森英夫火事と喧嘩はお江戸の華よ
暑中お見舞い申し上げますC-android喜多條忠佐瀬寿一暑中お見舞い申し上げます
やさしい悪魔C-android喜多條忠吉田拓郎あの人は悪魔私をとりこにする
アン・ドゥ・トロワC-android喜多條忠吉田拓郎あなたの胸に耳を当てれば
いっぽんの松千昌夫喜多條忠船村徹波がさらった七万本の
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
俺の故郷千昌夫喜多條忠蔦将包俺の故郷はよオ来てみりゃ
角館・想い人岩本公水喜多條忠田尾将実しんしんきらきら雪が舞う
あなたのことが好きでした南こうせつ喜多條忠南こうせつ夜の波音こわいのは
南こうせつ喜多條忠南こうせつ旅の宿窓を開ければ
神田川小柳ルミ子喜多條忠南こうせつ貴方はもう忘れたかしら
蛍火の宿岩本公水喜多條忠四方章人我が身焦がして闇に舞う
泣きむし橋岩本公水喜多條忠四方章人生まれた時から決まってた
望郷あいや節花京院しのぶ喜多條忠榊薫人あいやああああー
望郷さんさ時雨花京院しのぶ喜多條忠榊薫人遠い恋でも想い出傘は
西馬音内 盆唄城之内早苗喜多條忠田尾将実彦三頭巾のその裏は夜叉か
遠い花火城之内早苗喜多條忠田尾将実ひとり暮らしの東京に花火の
男酔い吉幾三喜多條忠杉本眞人男だ女だ言う気はないが
砂漠の都会(まち)に真田広之喜多條忠吉田拓郎もしも淋しさに名前があるなら
ときめきカフェテラス西田あい喜多條忠平尾昌晃初めてあなた出逢った海辺
赤い雪小村美貴喜多條忠水森英夫人で生まれたはずなのに
夢色ラプソディーコロムビア・ガールズ・コレクション喜多條忠水森英夫アカシア揺れてる散歩道
ふたりの恋あかりコロムビア・ガールズ・コレクション喜多條忠水森英夫はらりはらはら桜の花びら
一本道出光仁美喜多條忠水森英夫人の歩いた道よりも俺が
花街しぐれ出光仁美喜多條忠水森英夫扇逆手に差し出して舞えば
おんな夜景伍代夏子喜多條忠水森英夫船のあかりや灯台の港夜景が
霧笛橋伍代夏子喜多條忠水森英夫胸におさめたはずなのに
久しぶり MY LOVE田辺靖雄・九重佑三子喜多條忠美樹克彦久しぶりだねすこしやせたね
玄海 恋太鼓永井裕子喜多條忠岡千秋風が出る波が立つ玄界灘に
お別れ出船水木ケイ喜多條忠水森英夫もういちどもういちど
大阪ふたり雨都はるみ喜多條忠弦哲也肩が濡れるよ車が通る
女満別から走裕介喜多條忠蔦将包雪がやんだ女満別の空港に
神田川坂本冬美喜多條忠南こうせつ貴方はもう忘れたかしら
寒立馬(かんだちめ)氷川きよし喜多條忠大谷明裕津軽海峡越えて来た吹雪に
阿修羅海峡松原のぶえ喜多條忠弦哲也灯ともし頃の海峡を哀しみ
東京こおろぎ大月みやこ喜多條忠幸耕平遠いうわさを聞くたびこころに
花言葉はもういらない大月みやこ喜多條忠幸耕平あなたがそばにいて微笑み
博多恋橋鳳しん也喜多條忠蔦将包たとえ体ははなれても
神田川荻野目洋子喜多條忠南こうせつ貴方はもう忘れたかしら
泣き砂 海風城之内早苗喜多條忠田尾将実黙切り裂き海鳥翔べば
涙かわくまでこゆり喜多條忠和田ひろお荒びてる海の家風に吹かれて
恋一夜静太郎喜多條忠船村徹湯舟につづく道ぞいに
人情横丁・笑顔町静太郎喜多條忠蔦将包お隣り同士で味噌醤油
焼けぼっくい八代亜紀喜多條忠杉本眞人手にはあなたのぬくもりが
ペテン師かぐや姫喜多條忠伊勢正三その男は恋人と別れた
かぐや姫喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚隔てて今
赤ちょうちんかぐや姫喜多條忠南こうせつあのころふたりのアパートは
マキシーのために南こうせつとかぐや姫喜多條忠南こうせつマキシーそれがお前のあだ名さ
この秋に南こうせつとかぐや姫喜多條忠南こうせつ君と別れて三度目の秋
神田川GOLD LYLIC南こうせつとかぐや姫喜多條忠南こうせつ貴方はもう忘れたかしら
西方裕之喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚へだてて今
見返り橋まで浅田あつこ喜多條忠大谷明裕宿からつづく山つつじ
おんな七厘・神楽坂出光仁美喜多條忠水森英夫三味線の弦なら
月様小唄出光仁美喜多條忠水森英夫月様月様どちらまで
恋のドンパン節水木ケイ喜多條忠水森英夫ドンドンパンパア
橋場の渡し弦哲也喜多條忠弦哲也蝉は三日で蛍は二十日
12>