歌詞を

ヘルプ

浜圭介作曲の歌詞一覧リスト

649 曲中 1-200 曲を表示
2019年11月22日(金)更新
並び順:
全4ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
哀しみ本線 日本海氷川きよし荒木とよひさ浜圭介何処へ帰るの海鳥たちよ
北の旅路永井裕子荒木とよひさ浜圭介愛の終りに旅するならばあなた
五右衛門の恋永井裕子荒木とよひさ浜圭介石川五右衛門カックンカックン
猫のファド~あしたも生きるあさっても~秋元順子阿久悠浜圭介迷い子の子猫を片手で
石狩挽歌柴田淳なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
心凍らせて加納ひろし荒木とよひさ浜圭介あなたの愛だけは
哀しみ本線日本海加納ひろし荒木とよひさ浜圭介何処へ帰るの海鳥たちよ
舟唄前川清阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
すずめの涙山口かおる荒木とよひさ浜圭介世の中であんたが一番好きだった
大阪暮色山口かおる浜圭介浜圭介西陽でやけたたゝみの上
真夜中のシャワー山口かおる岡田冨美子浜圭介真夜中に熱いシャワーを浴びて
酔いどれて山口かおる吉岡治浜圭介ひとり口紅拭きとりながら
永遠にサランヘヨパク・ジュニョン数丘夕彦浜圭介夕暮れせまる空誰かが叫んだよ
海鳴りパク・ジュニョン坂口照幸浜圭介海鳴りあれはおまえの声
風の丘パク・ジュニョン坂口照幸浜圭介生きてゆこうね負けないで
令和夢追い太鼓松阪ゆうき渡辺なつみ浜圭介西か東か南か北か
遠い空松阪ゆうきやしろよう浜圭介まぶた閉じてみても
望郷じょんから瀬口侑希里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
大阪暮色丘みどり浜圭介浜圭介西陽でやけたたたみの上
恋は女の命の華よ丘みどりたかたかし浜圭介海鳴りないて荒れる夜は
折鶴市川由紀乃安井かずみ浜圭介誰が教えてくれたのか
舟唄市川由紀乃阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
雨の慕情上沼恵美子阿久悠浜圭介心が忘れたあのひとも
ねんごろ酒永井裕子荒木とよひさ浜圭介荒海が鳴くから暖簾も泣いて
永井裕子荒木とよひさ浜圭介櫻の花よ倖せですか
愛は腕の中パク・ジュニョン大津あきら浜圭介胸騒ぎ抱きとめて
あなたの愛に包まれながら森昌子紙中礼子浜圭介雨の日も風の日も
家族写真森昌子渡辺なつみ浜圭介久しぶり集まった
そして神戸加山雄三千家和也浜圭介神戸泣いてどうなるのか
ブリキの玩具パク・ジュニョン松井五郎浜圭介霧雨の街角あなたは来ない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
逃がさない…渡せない…パク・ジュニョン松井五郎浜圭介じゃれるだけじゃ
涙からムーンライトパク・ジュニョン松井五郎浜圭介テールランプ流れる橋を
最後の乾杯森昌子紙中礼子浜圭介ありがとうこれ以上
港の月森昌子紙中礼子浜圭介晴れのち曇りよ人生は
俺の空松阪ゆうきやしろよう浜圭介遠く果てない夢追いかけて
千年駅松阪ゆうき渡辺なつみ浜圭介津軽恋しやもうすぐ春が
母なる大地の子守唄松阪ゆうき渡辺なつみ浜圭介もう泣くのはおよしふるさとが
折鶴永井裕子安井かずみ浜圭介誰が教えてくれたのか
心凍らせて永井裕子荒木とよひさ浜圭介あなたの愛だけは
酔っぱらっちゃった永井裕子千家和也浜圭介飲めるわよ酒ぐらい
酔いどれて永井裕子吉岡治浜圭介ひとり口紅拭きとりながら
望郷じょんから永井裕子里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
女の十字路西方裕之中山大三郎浜圭介だめよそこまで近づいちゃ
悲しいけれどパク・ジュニョン浜圭介浜圭介もう終わりにしましょう
サイレントムーン奥村チヨ渡辺なつみ浜圭介Silent Moon I love you
別離の讃美歌奥村チヨ千家和也浜圭介教えてあなた別れの訳を
何かありそうな西銀座奥村チヨ千家和也浜圭介鼻歌まじりの西銀座
バスが来たら奥村チヨ千家和也浜圭介バスが来たらお別れ
海猫挽歌永井裕子荒木とよひさ浜圭介窓を開ければ海鳴りが
浮橋情話永井裕子荒木とよひさ浜圭介恋の浮橋あなたと渡る
心凍らせてエドアルド荒木とよひさ浜圭介あなたの愛だけは
京都一人早瀬ひとみ鈴木紀代浜圭介鐘の音がする小雨降る夜だった
石狩挽歌パク・ジュニョンなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
南部酒福田こうへい荒木とよひさ浜圭介酒を飲むなら肴はいらぬ
石狩挽歌福田こうへいなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
舟唄浜田真理子阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
心凍らせて白川裕二郎(純烈)荒木とよひさ浜圭介あなたの愛だけは
雨の慕情坂本冬美阿久悠浜圭介心が忘れたあのひとも
涙の流星パク・ジュニョン石原信一浜圭介今夜も君の声が夜空を
旅立ちの酒場パク・ジュニョン石原信一浜圭介忘れてしまえる恋なんて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
東京…愛愁パク・ジュニョンいとう彩浜圭介窓ガラス曇るほど
別れ上手長山洋子鈴木紀代浜圭介イヤね別れ上手な男なんだから
北の駅ハン・ジナ荒木とよひさ浜圭介この駅にひとり立てば
石狩挽歌(スタジオライブバージョン)神野美伽 with 古市コータロー+クハラカズユキなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
石狩挽歌竹村こずえなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
舟唄竹村こずえ阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
舟唄北原ミレイ阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
街の灯り北原ミレイ阿久悠浜圭介そばに誰かいないと
望郷じょんからティーナ・カリーナ里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
大阪暮色パク・ジュニョン浜圭介浜圭介西陽で焼けたたたみの上
そして、神戸パク・ジュニョン千家和也浜圭介神戸泣いてどうなるのか
円山・花町・母の町パク・ジュニョン神坂薫浜圭介母になれても妻にはなれず
南風 ~美ら海Ver.~大城バネサ松井由利夫浜圭介波で濡らした人さし指を
マイ・フレンドパク・ジュニョン石原信一浜圭介夜明けに残る街の灯は
石狩挽歌岩佐美咲なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
Be With You−あなたに逢えた−奥村チヨ渡辺なつみ浜圭介いつも探してた何処へ行けば
慕麗路浜圭介松本一起浜圭介カモメが一羽群れにはぐれて
石狩挽歌坂本冬美なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
舟唄坂本冬美阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
夜桜銀子 with 憂歌兄弟+Lyn大西ユカリ浜圭介浜圭介生きてることが嫌だとは
羽田発パク・ジュニョン石原信一浜圭介別れたはずのあの人を
追憶のブルースパク・ジュニョン石原信一浜圭介飲んではしゃいで涙を隠す
青春花火新沼謙治渡辺なつみ浜圭介雨が止み雲が湧き夏が来る
待ちわびてテレサ・テン水木れいじ浜圭介あなたのやさしい腕まくら
石狩挽歌水城なつみなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
哀しみ本線日本海水城なつみ荒木とよひさ浜圭介何処へ帰るの海鳥たちよ
舟唄大江裕阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
泥の中の蛍テツandトモ渡辺なつみ浜圭介愛さなければ良かったなんて
おんなじ空の下テツandトモ渡辺なつみ浜圭介ふいに溜息が出る頑張り過ぎだ
原宿竹下通りパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介いつかおまえと暮らした街は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
街の灯りパク・ジュニョン阿久悠浜圭介そばに誰かいないと
紅い落葉パク・ジュニョン浜圭介浜圭介愛が愛が命だなんて
ひとり旅五条哲也吉田旺浜圭介見知らぬ町の古い居酒屋で
役者五条哲也荒木とよひさ浜圭介愛の幕切れは涙の数だけ
酔っぱらっちゃった五条哲也千家和也浜圭介飲めるわよ酒ぐらい
望郷じょんから最上川司里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
円山 花町 母の町黒川真一朗神坂薫浜圭介母になれても妻にはなれず
心は哀しいものですね森昌子松井五郎浜圭介あの日の海へ続く道
たそがれ三番地森昌子松井五郎浜圭介落ち葉が溜まる路地の裏
風の守唄小林旭さくらちさと浜圭介鴎も飛べない海風に
夢の切符小林旭さくらちさと浜圭介おまえの寝顔を今夜は
夜桜哀歌山本譲二田久保真見浜圭介産まれた時代が悪いのか
俺の花山本譲二渡辺なつみ浜圭介真っ赤なバラにこぼれる雨
舟唄花見桜こうき阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
河口湖パク・ジュニョン石原信一浜圭介覚えてますか別れの涙
順子の夜パク・ジュニョン石原信一浜圭介泣いてあいつを忘れるまで
ふたりのギターパク・ジュニョン友利歩未浜圭介お客の帰った店の奥
舟唄真木ことみ阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
哀愁の札幌松坂慶子&浜圭介渡辺なつみ浜圭介時計台の鐘が包む夕暮れは
愛の法則松坂慶子&浜圭介岡田冨美子浜圭介夜更け過ぎにひとり
石狩挽歌角川博なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
演歌みたいな夜ですね三田明喜多條忠浜圭介演歌みたいな夜ですね
雨の人北原ミレイさいとう大三浜圭介あなたは雨の人だから今夜は
舟唄研ナオコ阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
石狩挽歌藤田恵美なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
酔っぱらっちゃった竹村こずえ千家和也浜圭介飲めるわよ酒ぐらいたかが
ひき潮ハン・ジナ門谷憲二浜圭介いそしぎが鳴く砂浜に
心凍らせてエンレイ荒木とよひさ浜圭介あなたの愛だけは
愛の法則パク・ジュニョン岡田冨美子浜圭介夜更け過ぎにひとり
酔っぱらっちゃったパク・ジュニョン千家和也浜圭介飲めるわよ酒ぐらいたかが
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
おんな道パク・ジュニョン浜圭介浜圭介生まれた時からみなし子で
OKOME ROCK港アケミ渡辺なつみ浜圭介オコメオコメオコメオコメ
独鈷の鉄五郎港アケミ星野哲郎浜圭介おーい信公口紅のついた上衣は
漁歌永井裕子山田孝雄浜圭介俺が網を引くのはよ
石狩挽歌泉ピン子なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
街の灯り比嘉栄昇阿久悠浜圭介そばに誰かいないと沈みそうな
ほろ酔いブルーステツandトモ渡辺なつみ浜圭介新橋駅の黄昏は帰りたくない
君とこのふるさとでテツandトモ野上宗也・補作詞:渡辺なつみ浜圭介久慈の流れに移る夕焼け
花に降る雨瀬口侑希渡辺なつみ浜圭介あなたが座ってた白い椅子に
或る女のいる酒場瀬口侑希渡辺なつみ浜圭介あんな男なんてさとうに
別離~さよなら~早瀬ひとみ渡辺なつみ浜圭介そんな目をしないで顔を
知ったかぶり早瀬ひとみ渡辺なつみ浜圭介どうしてもどうしても憎み
哀愁の雨パク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介雨に濡れて想うことは今も
望郷じょんから葵かを里里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
漁歌華かほり山田孝雄浜圭介俺が綱を引っとはよ
街の灯り小野リサ阿久悠浜圭介そばに誰かいないと沈みそうな
あなたとラブ・レイン太川陽介 with 香坂みゆき渡辺なつみ浜圭介こんな出逢いが待ってた
街の灯り由紀さおり阿久悠浜圭介そばに誰かいないと沈みそうな
そして、神戸細川たかし千家和也浜圭介神戸泣いてどうなるのか
雨の慕情なかの綾阿久悠浜圭介心が忘れたあのひとも
街の灯り岩崎宏美阿久悠浜圭介そばに誰かいないと沈みそうな
望郷じょんから杜このみ里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
命燃ゆ瀬口侑希渡辺なつみ浜圭介あなたの苦労は何だったのと
ふたりはふたり浜圭介&瀬口侑希渡辺なつみ浜圭介ビルに隠れた月が顔を出す
漁歌岩本公水山田孝雄浜圭介俺が網を引っとはよ可愛い
大阪暮色北原ミレイ浜圭介浜圭介西陽でやけたたゝみの上
女の十字路 ~あなたに迷いそうな夜~細川たかし中山大三郎浜圭介だめよそこまで近づいちゃ
離さないパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介抱きしめるとあなたは
黄昏のバラードパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介抱きしめたいもう一度忘れる
空が笑ってるパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介隠れ煙草を叱られて窮屈だよと
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
パク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介可愛い女と言われてみたい鏡に
東京HOLD ME TIGHTパク・ジュニョン大津あきら浜圭介ガードレールにもたれて
桜前線テツandトモ渡辺なつみ浜圭介厚いコート脱がすように私の胸
故郷ばんざいテツandトモ渡辺なつみ浜圭介赤い夕陽が照らすのは故郷
人形(おもちゃ)ハン・ジナ荒木とよひさ浜圭介あなたが愛したのはわたしじゃ
ひまわりハン・ジナ荒木とよひさ浜圭介あんたなんかどこでも行きな
雨の慕情山内惠介阿久悠浜圭介心が忘れたあのひとも
昭和最後の秋のこと五条哲也阿久悠浜圭介貧しさもつらくない四畳半にも
残心八代亜紀渡辺淳一浜圭介あなたを愛してはいるの
美濃の眉月笹みどりもず唱平浜圭介桜舞い散る春の夜の弥生三日の
嘆きの雨パク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介泣かない女はいない別れは
たかが恋、されど愛パク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介あなた浮かべる星灯り
街の灯り研ナオコ阿久悠浜圭介そばに誰かいないと沈みそうな
酔っぱらっちゃった椎名佐千子千家和也浜圭介飲めるわよ酒ぐらいたかが
終着駅椎名佐千子千家和也浜圭介落葉の舞い散る停車場は
ふるさとよ都はるみ荒木とよひさ浜圭介遥かなる山よ河よこの瞳
マラケシュの人形芝居石井聖子松本一起浜圭介愛してると言葉で言ったけど
しゃっこいね石井聖子浜圭介浜圭介泣くことないしょあいつに
ホテルテレサ・テンなかにし礼浜圭介手紙を書いたら叱られる
はぐれどり森昌子さわだすずこ浜圭介海に浮かべた笹舟さえも
メモ用紙森昌子胡沙まりも浜圭介一人暮らしも慣れたよなんて
望郷じょんから福田こうへい里村龍一浜圭介津軽は雪ん子舞い飛ぶ頃よ
チャラパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介あなたが欲しいと思うとき
あなたしか欲しくないパク・ジュニョン渡辺なつみ浜圭介もっとそばにいてと何故言うの
望郷切々朝倉由美子鳥井実浜圭介声をかけたら振りむきそうな
たけくらべ北岡ひろし水木れいじ浜圭介僕のお嫁になりたいと君が
挽歌内田あかり千家和也浜圭介やはりあのひとは私を送りに
終着駅ジュディ・オング千家和也浜圭介落ち葉の舞い散る停車場は
大阪海峡松永ひとみ山田孝雄浜圭介六時ちょうどの宮崎行きは
舟唄水田竜子阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
あなたから歩いて森昌子山上路夫浜圭介わたし話すことは何もなくなった
人生に乾杯森昌子浜圭介浜圭介誰かが誰かを愛してる
赤いマニキュア淡谷のり子なかにし礼浜圭介マニキュアの匂いが嫌やだと
折鶴川中美幸安井かずみ浜圭介誰が教えてくれたのか
石狩挽歌八代亜紀なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
ロビーの隅に由紀さおり千家和也浜圭介時刻は丁度午後十時
終着駅水森かおり千家和也浜圭介落葉の舞い散る停車場は
想い出案内人にしきこうじ荒木とよひさ浜圭介夕昏泣きぐれ酔いぐれて
石狩挽歌内田あかりなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
ウヰスキー木下結子高畠じゅん子浜圭介雪は雪は降る降り積む雪よ
再会の街で木下結子高畠じゅん子浜圭介石畳枯葉が踊る
折鶴井上由美子安井かずみ浜圭介誰が教えてくれたのか
舟唄~ダンチョネ節入り~神野美伽阿久悠浜圭介泣いているのか夜更けて
昭和最後の秋のこと神野美伽阿久悠浜圭介貧しさもつらくない
石狩挽歌石川さゆりなかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
石狩挽歌吉村明紘なかにし礼浜圭介海猫が鳴くからニシンが来ると
祖谷のむすめ美空ひばり西沢爽浜圭介山の娘が別れに泣いたよ
舟唄吉幾三阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
運命~やっと天使がこっちを向いた~島津亜矢阿久悠浜圭介天使がそっぽ向いてる限り
恋はまぼろし~Te amo~石井聖子なかにし礼浜圭介見知らぬ街の片隅で
1234>