×

売野雅勇作詞の歌詞一覧リスト  543曲中 1-200曲を表示

全3ページ中 1ページを表示
543曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あなたを想うたび涙が止まらない 新曲山内惠介 新曲山内惠介売野雅勇伊秩弘将上杉洋史好きだと言えたら こんなに苦しまない ホームを出てく列車の 窓 手を振って 好きで好きでたまらないと 心が叫び続けてる  愛しちゃいけないと 分かっているけれど あなたを想うたび 涙が止まらない my love  誰もがあなたに似て見えるよ 街角 叶わぬ恋が見せる 酷(むご)い まぼろしが やるせなくて 苦しすぎて どんなに好きか分かるかい  初めて本物の 恋をした罰さ あなたが恋しくて 涙が止まらない my love  あなたの真っ直ぐな 生き方 まぶしくて あなたを想うたび 涙が止まらない my love
Dang Dang 気になる上坂すみれ上坂すみれ売野雅勇林哲司堀内孝平街角を行く 人波が跡切れると 月明かりさえ まぶしいねこんな日は  Ah…気持ちの先がときめきの 境界線からちょっとはみ出しそう そばにいると  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…  ワープロをほら 叩いてた指先が 愛というキーに 触れたまま止まってる  Ah…去年写したグループの写真(ふぉとぐらふ)のキミ 気づかずいたけど 淋しそうね  Dang Dang 気になる! 優しくしないところが Dang Dang 知らない想いを 隠してたでしょ… Dang Dang 涙が Dang Dang あふれる ねえキミから好きだと 言いなさい  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…
P.S.抱きしめたい金澤豊金澤豊売野雅勇林哲司大谷靖夫夜明けの引き潮さ 紫の砂浜 はぐれた海鳥が 空見上げ鳴いたね  「楽しかった...。」と君は肩を震わせたね 小さな幸福 選んでゆくこと責めてと  愛する他には何もできなくて 街のショーウィンドウ 白いドレスに いつも眼を伏せた 知らない誰かと 君が暮らしても 寄せる想いは変わらないだろう You Were Just Teenagedream For Me  夢しかなかったね ガレージの屋根裏 二人でいるだけで幸福になれたね  細い指環 イニシャルさえ刻めなくて 哀しかったのさ 笑顔がにじんだ想い出  何度も振り向く背中切ないよ 君がいちばんつらかったねと 抱いてあげたいよ 幸福の岸に 君乗せた舟が たどり着くよう深く祈るよ 夏も終わりだね  棄てた愛のために一生を Ah つらい女で過ごさないでくれ  サヨナラで終わる 悲しい手紙は 君の名前が空白のまま P.S.抱きしめたい
DANG DANG 気になる武藤彩未武藤彩未売野雅勇林哲司街角を行く 人波が跡切れると 月明かりさえ まぶしいねこんな日は  Ah…気持ちの先がときめきの 境界線からちょっとはみ出しそう そばにいると  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…  ワープロをほら 叩いてた指先が 愛というキーに 触れたまま止まってる  Ah…去年写したグループの写真(フォトグラフ)のキミ 気づかずいたけど 淋しそうね  Dang Dang 気になる! 優しくしないところが Dang Dang 知らない想いを 隠してたでしょ… Dang Dang 涙が Dang Dang あふれる ねえキミから好きだと 言いなさい  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…
明日はもっといい日伊藤蘭伊藤蘭売野雅勇IKEZOIKEZO・佐藤準素敵がいっぱい いつもWeekendみたいに 東京タワーが見えるDance Town  指笛を鳴らせば あの頃に戻れる バーガーインからカーディナルへ 駆けておいで (駆けておいで)  泣きたい時の親友みたいに 想い出は涙をふいてくれる  恋をしているあなたが好き 夢に夢中なあの頃の 声がする 真夏の影 揺らす風のように  (街角の) あなたが微笑う (天使たち) ただそれだけで 生まれてきた意味さえわかった 泣かないで 明日はもっといい日だよ  純情少女も 不良っぽい子たちも みんながヒーローだった頃の  あんな気持ちをずっと失くさないでいてね キサナドゥからAREAまで 騒いだ胸の(騒いだ胸の)  ひとりきりでは幸せになれないと あの日々が教えてくれたじゃない  踊り明かして始発電車 待っていたね 居眠りして 誰だって淋しいから 人を愛せるのよ  (星のように)素敵なことが (輝いて)誰にもいっぱい 起こりますようにさあ 祈ろう 踊ろうよ 明日はもっといい日だよ  恋をしているあなたが好き 夢に夢中なあの頃の 声がする 真夏の影 揺らす風のように  (星のように)素敵なことが (輝いて)誰にもいっぱい 起こりますようにさあ 祈ろう 踊ろうよ 明日はもっといい日だよ いい日だよ
情熱ミ・アモール!山内惠介山内惠介売野雅勇林田健司オルドニェス薫羽飾りのエンジェルのパレードだよ 灼けた素肌 サルサのビートで輝く  恋しちゃうね 眼差しの 優しさに 光る汗が揺れてる 胸元も悩ましい  君が微笑うたび心が キュンとするんだ サンタマリア 友だちじゃ切ないね  踊ればみんなアモール 燃える真夏のカーニバル なぜ口説かせてくれないの? キラリ片目閉じて かわすのさ  踊ればみんなアモール 恋は命のカーニバル ステップごとに色っぽい シャイなハート 近づいてくね  情熱アモール 人魚みたいな腰つきで 情熱かきたてるのさ ミ・アモール  髪揺らして カリブから風が吹くよ 今日は誰も天使に逢える日なんだ ほら遠くで教会の鐘が鳴る 隠さないで 心の傷口をさらせよ  君のことで胸がいっぱい 星に混じって 空を埋める 虹色の花火さ  踊ればみんなアモール 恋が生まれるカーニバル 踊れよキスしてアモール もっともっと サンバ・チャチャ・ルンバ  踊ればみんなアモール 夜空から降るナイアガラ キャンドルライトも濡らす キラリ光る 涙の流星  情熱アモール 人魚みたいな腰つきで 情熱アモール 恋の炎を煽(あお)る女(ひと) 情熱アモール 愛で運命変えてくれ 情熱かきたてるのさ ミ・アモール
風のノー・リプライ森口博子 with 寺井尚子森口博子 with 寺井尚子売野雅勇筒美京平北島直樹No Reply 琥珀(きん)の砂時計 人はこぼれた砂よ Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね  夢よりも鮮やかに 愛よりも密やかに 見えない意志(こころ)がささやく 星屑が眠る海  金色の無言(しじま)に生命(いのち)の花びら 指でそっと触れたひとは誰(だあれ)……  No Reply 宇宙(そら)の迷(ま)い子たち 胸に抱いてあげたい Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね  夢よりも不思議だわ 人………そしてめぐり逢い  未知(みしら)ぬ意志(ちから)が糸引く 愛道しるべにして  流星が降るたびに生命(いのち)が生まれる 誰も胸に永遠(とお)い星を宿し  No Reply 琥珀(きん)の砂時計 人はこぼれた砂よ Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね
夏のクラクションさかいゆうさかいゆう売野雅勇筒美京平海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終る… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女(ひと)に 甘えていたのさ  傷口に注ぐGINのようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺り起すように…  海沿いのカーブを二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と泣いたままの君が 波間で手を振る  傷跡に触れたまるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone(So lonely summer days)  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓(つまず)きそうな僕を振り返り
愛は心の仕事です降幡愛降幡愛売野雅勇和泉常寛本間昭光愛は心の仕事よ……she got it 孤独(ロンリネス)救える力ね 生きることの 人は天才よ 恋した時気づくの  愛がいちばん!いつでも……Bang Bang Bang 何をおいても Ichi-Bang-Bang 青春のね取り柄って言えば 人を好きになること……  I-My-Me-Mine, My Boy 憧れや優しさが この地球(ほし)きらめかせるエナジーよ  I tell you now……My mind game You, Your, Yours……Answer is Love 'Cause baby……I know I've got it  愛は元気の素(もと)だね……get it on Broken heart 励ます Healthy Music 夢見がちな優しい眼差しに 触れてごらん……熱いわ  I-My-Me-Mine, My Boy ビルの谷間の空に 口笛吹いて君は虹を呼ぶ  So What is Love?My Love 淋しさが答えるわ It's love, Your love 愛さずにはいられない……  I-My-Me-Mine, My Boy 決してあきらめないで…… My Boy, My Girl 愛は君の聖職(しごと)だわ
リメンバー河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平大村雅朗髪を切ったら あなたへの燃える想いが 消せるでしょうか 口づける鏡の冷たさ あなたはいないわ…  二人で過ごしたあの夏が いまでは嘘のようだわ  初めて愛したひとだから あなたは素肌に消えないまま  心の破片(かけら)でもいいから 私に置いてって……remember ……夢で口づけてね…ah  渚の風さえ色を変え 切なさつのらせるけど  この髪触れればまだあなた 優しく私にささやいてる  心の片隅にあなたも 私を憶えてて……remember  この次もいちど生まれても あなたをまた愛したい  サヨナラひとつぐらいでは この愛消せないわ……I love you  remember me I miss you so darlign, still I, I love you so……
八月のバレンタイン河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平大村雅朗口にしなけりゃ 恋は壊れないけど つのる想いは もう限界に来てる……  背中にあなたの口びる感じて 夢から醒めれば やっぱりひとりね  波の音だけが切ないテラス 星屑 瞳で涙に変わる  女の子から 愛を切り出すのは 二月でなけりゃ いけないことなのかしら……  海岸通りであなたと出逢った 真夏のバカンス もうすぐ終りよ  あせるこの気持 嵐の夜に 波間で 揺れてる 迷い子の小舟  Moonlight キャンドルに 胸元 隠して 瞳を 閉じたら 素肌で 受けとめて  友だちじゃいや 妹じゃいや どうぞ叱らないで 八月のバレンタイン  海岸通りであなたと出逢った 真夏のバカンス もうすぐ終りよ  あせるこの気持 嵐の夜に 波間で 揺れてる 迷い子の小舟  瞳を閉じたら 素肌で受けとめて  遠い海鳴りのララバイ私に お願い聴かせて あなたの胸で
六本木純情派Ms.OOJAMs.OOJA売野雅勇吉実明宏Futoshi Kawashima・JiNYou've broken my heart 雨の高速で クルマを飛び出したの Parking Area  Just get down the night 街のピンナップボーイが 飽きもせずに傘さしかけるわ  優しくしないで 振り向いたら泣き出しそうなの  Who are you… 迷子たちの六本木 胸のすき間涙でうめてる  Who are you… 遊び馴れた六本木 純情ゆらすのよ Boogie Woogie  What wonderful night 閉じたシャッターに 知らない子と並んでもたれた  I'm crazy about you かなり嘘くさい 甘いささやき ちょい泣かせるね  どこかあのひとに ワル気(げ)な瞳(め)が 似てるのよ あなた  Who are you… 涙声で六本木 私 見かけだおしで ごめんね  Who are you… ほろりさせて六本木 あなた いいひとだね Lonesome Boy  優しくしないで 振り向いたら泣き出しそうなの  Who are you… 迷子たちの六本木 胸のすき間涙でうめてる  Who are you… 遊び馴れた六本木 純情ゆらすのよ Boogie Woogie
Again菊池桃子菊池桃子売野雅勇林哲司林哲司涙いくつ落とせば 悲しい夜が終わるの 生きる意味が霞んで 見えない夜の果てには  嵐が過ぎた空に 虹が 輝くよ 誰にも  Again 心が折れても 吹く風に立ち上がれ  Again 逃げ出したくても もう夢を裏切らない  この歌を捧げたい この愛を捧げたい 心に誓う Again  胸の大切なもの 守りたくても守れず 誇りさえ見失いかけた日だって あるけど  奇蹟待つより 一歩だけでも 前に進めばいい  Again 泣き出したい日々も ただひたむきに生きて  Again その愛は弱さ もし 言われても 愛して  流した涙だけが 私たちの本当の 味方だからAgain  Again 心が折れても 吹く風に立ち上がれ  この歌を捧げたい この愛を捧げたい 心に誓うAgain
水の中のAnswer(ロングバージョン)杉山清貴杉山清貴売野雅勇杉山清貴松下誠マリーナのプールサイド写真(フォトグラフ) 時間(とき)が君だけ消したね  色褪せたアロハシャツにプカシェル 遠い真夏の出来事  哀しいね…大人の生き方 僕ひとりが選んだのさ  Blue Summer Day Far Distance 珊瑚礁 きらめく水の中で 口づけをしたね  It's Faraway Summer Dream 渚飛ぶセスナの窓で君が 手を振る蒼い幻  ラジオから波のニュース聞いて 海へ駆けてく背中に  夢だけじゃ生きてゆけないさと あの日 言い訳をしたよ  愛だけが変えられなかった 遅すぎたね気づく時が  Blue Summer Day Far Distance 優しさが僕たちの探してた 「答え」と知ったよ  It's Faraway Summer Dream 陽に灼けた君は 今 しあわせと まぶしい風の噂さ  遠去る夏の距離 白いシャツに着がえた  Blue Summer Day Far Distance 珊瑚礁 きらめく水の中で 口づけをしたね  Blue Summer Day Far Distance 優しさが僕たちの探してた 「答え」と知ったよ  Blue Summer Day Far Distance 珊瑚礁 きらめく水の中で 口づけをしたね  It's Faraway Summer Dream 渚飛ぶセスナの窓で君が 手を振る蒼い幻
永遠に青春ペペル伴ペペル伴売野雅勇ペペル伴Deep寿故郷のように想い出す たったひとりの人がいる 昭和の日々の愛しさは あなたを抱いたまぶしさか  あゝ青春は永遠(とわ)の正夢 あゝあこがれで魂よ燃え尽きろ  人生変える恋をした 季節が人の真夏なら 残暑程度の太陽は 秘かにここに 抱えてる  あゝ永遠にあゝ青春さ あゝ あこがれで魂よ燃え尽きろ  あなたが消えた星空に つきせぬ想い 駆け巡る 昭和の日々の愛しさは あなたを愛せた誇りだろう  あゝ永遠にあゝ青春さ あゝ愛だけで魂よ燃え尽きろ あゝ愛だけで魂よ燃え尽きろ
My Destiny稲垣潤一稲垣潤一売野雅勇林哲司林哲司黄昏の街で 不意に足を止めたよ 帰らぬ真夏の 輝き想い  出逢いと別れを 繰り返す人生で 狂おしい恋して 溺れた日もある  Lonely Days Lonely Nights 愛を見送るたび Lonely Days Lonely Nights 生きる意味も知った  想い出の中に天使は棲む 傷跡に触れ 優しく微笑む  いつしかこの星 去る日が来ても 悔やむことなど ひとつもないよ My Destiny  ささやか過ぎて 想い出とも呼べない 仕草や眼差し すべてが愛しい  ひたむきに生きた あの頃がささやくよ 夢見る時間が 命なのだと  Holy Days Holy Nights 人の貴さにも Holy Days Holy Nights 気づき 涙もした  星の片隅に刻まれてる 僕らが生きて愛した証しが  なんて素晴らしい人生だろう 誇りに思う 愛したことを My Destiny
誰に愛されても山内惠介山内惠介売野雅勇水森英夫馬飼野俊一ささやかな人生が 灯る街灯り 人知れず哀しみや 涙が燃えてるようね せめてあと一夜 (ひとよ) せめてあと一秒 あなたに溺れていたい 運命に 引き裂かれて 時代に 虐(しいた)げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても  人様に誇るもの 何もないけれど 憧れで張り裂ける こころの悲鳴も聴いた なんで 儚いの なんで 切ないの あなたに見せられる夢 運命に はぐれたって 世間に はぶられても 不器用なりに ひたむきに 愛しあったね この命 捧げた人 誰と生きようと  運命に 引き裂かれて 時代に 虐げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても
ピンクのダイヤモンド望月琉叶望月琉叶売野雅勇浜圭介坂本昌之ザワザワと憧れで 夜が騒いでる 行きずりみたいな 恋の予感  キラキラと夜空には 桜吹雪降る 2丁目のキスは 切なし ヤらしい  恋は ピンクのダイヤモンド いなせに輝くが花 私 ピンクのダイヤモンド ダイヤモンド 惚れてもらいます あなたには あなたには  仁義なら通します 見かけと違って 曲がったことだけ 許しません  人情にほだされて 痛い目みたって 泣きごと言うのは 女々しし ヤらしい  恋は ピンクのダイヤモンド 小粋に光る真心 私 ピンクのダイヤモンド ダイヤモンド 泣いてもらいます あなたには あなたには  恋は ピンクのダイヤモンド いなせに輝くが花 私 ピンクのダイヤモンド ダイヤモンド 惚れてもらいます あなたには あなたには
家族写真望月琉叶望月琉叶売野雅勇浜圭介坂本昌之新しい家族ですと 笑顔が3つ並んだカードが 雨の午後に不意に届いた  あの街に帰ったのね 案内されて あなたと歩いた 一度きりの夏から風が吹く  別々の幸せがあるなんて あの時 知らなかった 運命がすれ違う十字路が 煙って揺れてる 優しい 優しい家族写真  クリスマスツリーの下 小さな命 抱いたあなたの シャツの色で暮らしも見える  家路へと急ぐ影が 夕陽の橋を肩寄せて行くね あれはまるであの日の私たち  別々の未来へとたどり着く 淋しい心たちが めぐり逢い ひたむきに 愛しあい もがいて 生きてる さよならの さよならの街角で  別々の幸せがあるなんて あの時 知らなかった 運命が隠してた悲しみが ツリーできらめく まぶしい まぶしい家族写真
夏のクラクションクレイジーケンバンドクレイジーケンバンド売野雅勇筒美京平Masao Onose・Park・Ken Yokoyama海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終る…… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女(ひと)に 甘えていたのさ  傷口に注ぐ GIN のようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺り起こすように…  海沿いのカーブを二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と泣いたままの君が 波間で手を振る  傷跡に触れたまるで KNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone (So lonely summer days)  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓(つまず)きそうな僕を振り返り
あなたを愛で奪いたい山内惠介山内惠介売野雅勇織田哲郎上杉洋史あなたを愛で奪いたい 変わらぬ愛の真心捧げよう  風にシャツが音を立てる 夏の夕涼み 好きな人はいないの?って 目を伏せたね  吐息のように 触れあった指が さり気なく出逢いを結ぶ 前触れもなく 不意に  あなたを愛で奪いたい 夢見るように あなたを愛したい あなたを愛で奪いたい 夢見たままの あなたをもう一度  女の 恋は いつも 切ない 初恋なのねと 青い心抱いた少女みたいに言った  あなたといると 優しくなるんだ 帰れない遠い真夏に めぐり逢えたように  あなたを愛で奪いたい 変わらぬ愛の真心捧げよう あなたを愛で奪いたい 変わらぬ想い 夜空に誓いたい  あなたを愛で奪いたい 夢見るように あなたを愛したい あなたを愛で奪いたい 夢見たままの あなたをもう一度
夢のまにまに藤あや子藤あや子売野雅勇南こうせつ斎藤ネコ真夏の蛍火を 身体(からだ)に宿すように 秘かな稲妻が 瞬(またた)く夜更けもある  薄紅色(うすべにいろ)に艶(つや)めいた 裸の気持ち 見せましょう  涼しい顔をして ゆらゆら燃えている  空蝉(うつせみ)の人恋し 素肌 夢のまにまに 抱いて  うなじに運命が 背を向け潜(ひそ)むように 見えない花吹雪 あなたを連れてくるの  桜に 衣(きぬ)に ひぐらしに あなたの声が聴こえる  あふれて とめどなく はらはら果てしなく  苦しさは愛しさの証し 夢のまにまに 抱いて  あふれて とめどなく はらはら果てしなく  空蝉(うつせみ)の人恋し 素肌 夢のまにまに 抱いて
夏のクラクション氣志團氣志團売野雅勇筒美京平海沿いのカーブを 君の白いクーペ 曲がれば夏も終る… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女に 甘えていたのさ  傷口に注ぐ GINのようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺り起すように…  海沿いのカーブを 二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と 泣いたままの君が 波間で手を振る  傷跡に触れた まるで KNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓きそうな僕を振り返り
さよならの果実たち氣志團氣志團売野雅勇筒美京平軟派少女の真似して 口笛吹き ほどいたポニーテール  午前4時のビルの谷間 ガラスの天使たちがいっぱい  Bye Bye My Boyfriends 行きずりのキスしたり 踊ったり ひと夏のさよならの果実たち 二度とNever Fall in Love  始発電車のターミナル 悲しいほど綺麗な空ね  摩天楼の街の上に 消えかけた銀色の Paper Moon  Bye Bye My Boyfriends 淋しくて泣きたくて 泣けなくて 友だちのままでいればよかった 馬鹿ね Can't Stop Fall in Love  Bye Bye My Boyfriends 行きずりのキスしたり踊ったり  ひと夏の青い嵐のように みんな生きてたね ひと夏のさよならの果実たち 二度と Never Fall in Love
聖なる人木山裕策木山裕策売野雅勇鈴木キサブロー愛する人たちを守るあなたがいた 最後の時まで マイクに声が尽きるまで  そんな美しい心が僕らを撃つ 悲しみに架かる希望の虹のように  空に旅立った人のやりきれぬ悔しさを悼み Newsで聴いたその声に 生き方を問われてるようだ  あなたに届きますか 僕らの歌う声が 命もそっと差し出した 真心に応えたい  Holy Love 忘れかけた Holy Love 生きる意味を Holy Love 深い悲しさと気高さで教えてる  Say me たったひとりでは幸せになれないんだ 人は Say you 人のため闘う生き方は美しくないか  誰かに届けるんだ 心にあふれてくる 想いを それは愛と呼ぶ真心のことなんだ  Holy Heart 人は誰も Holy Heart 聖なる人 Holy Heart たとえ醜さで覆われた心でも  あなたに届きますか 僕らの歌う声が 命もそっと差し出した 真心に応えたい  Holy Love 忘れかけた Holy Love 生きる意味を Holy Love 深い悲しさと気高さで教えてる
崇高な果実さかいゆうさかいゆう売野雅勇さかいゆう戦火の街を 逃れ国境を越える 人の群れがゆく 惑星の片隅で  離れ離れになった 家族の名前 叫ぶ少女の 声がKNIFE 君に投げる  死ぬのはいつでも他人と思ってる 僕らの生き方を問う 虐げられた人がいることに 目をそらす心を裁くよう wow  海岸沿いに 点る窓の灯りが 群れ飛ぶ蛍みたいに 揺れて届く  死をまだ知らない少女の眼差しの 天使の気配も届く やるせなく優しげな音楽が 魂に触れるように  虐げられた人の悔しさを想え 失くした誇りを想え 愛してると言うときに その胸に問えよ 崇高な果実に 真実の声で 愛だけが 愛を 知ってる
神様の贈り物山内惠介山内惠介売野雅勇林田健司金子隆博神様の贈り物だよ 世界中の誰より天使に似ている あなた  聖夜の街に 雪が降る 夢で 華やぐ人がすれ違う  讃美歌 聴こえてくる 風に吹かれ 愛しかない男だけど あなたの人生を 僕に預けてくれ  クリスマスに生まれ変わろう 抱きしめると 涙が 涙が 止まらない  神様からの贈り物だよ そんな綺麗な心に 初めて出逢えた あなた あなた  粉雪止んだ夜空には 銀の 星屑たちを散りばめて  恋とは 目覚めて見る 夢のことさ 僕のものになればいいよ いちばん素敵な 夜に連れて行こう  クリスマスに生まれ変わろう この指環に口づけして 未来を誓って  神様からの贈り物だよ 世界中の誰より天使に似ている あなた あなた
アクアマリンのままでいてレイザーラモンRGレイザーラモンRG売野雅勇和泉常寛斉藤伸也(kill me girl with your eyes) 夕映え映すビルの上空(そら)に 消え残る Pacific Blue 君も都会(まち)も同じ色だね 溜息で揺れる  Ah! 二人違う道を歩き始めたね あの時から 思い出すとつらいねって 夏の陽射しよりも熱い眼をした  キスが上手くなるたびに 君は君を傷つけてる  通り過ぎる男たちで きらめいてゆく女(ひと) せめて僕を殺す時だけ アクアマリンのままでいい  Sad... 愛だけを信じて生きていた頃に 帰れないと 銀のピアスを隠したね 夢がひきかえに残した傷さ  甘い蜜を吸うたびに 君が君を裏切ってく  もしも聖母(マドンナ)の微笑み 男から憶えても 愛は君の生きる答えさ アクアマリンのままでいて  love is you inochi to ai made moyashita kageri dasu natsuni good bye what should I do for you than lovin' you so much
失くさないで、忘れないで唐橋ユミ唐橋ユミ売野雅勇林哲司最後まで好きだと言えなかった 純粋すぎて まぶしかったの  何もない自分が恥ずかしくて よくからかったね その生き方  あゝ夢のように あゝ電車の窓 風に散ってく花びら  失くさないで 忘れないで 名画座の隅で 流した涙を  失くさないで 忘れないで あの日の綺麗な 気持ちのまま 生きてね  哀しさにつぶされそうな夜は あなたのことを想い出すんだ  少年のような歩き方や 照れくさそうにしゃべる癖を  あゝ夏空から あゝ野球場の 遠い歓声も聴こえる  失くさないで 忘れないで 黄金みたいに輝くこころを  失くさないで 忘れないで 誰にも似てない 気高い人 わたしの  あなたが好き いまでも好き 秘かに恋する こころは痛いね  失くさないで 忘れないで あの日の綺麗な 気持ちのまま 生きてね
サイレント・ヴォイス森口博子 with 寺井尚子森口博子 with 寺井尚子売野雅勇芹澤廣明北島直樹星が降りしきるペントハウスで 空のオルゴールひとり聴いてた  ガラスのロープを目隠しで渡る みんな淋しいサーカスの子供さ  ひとりぼっちの哀しみに 軋(きし)んだ綱が 心で揺れてる…  Silent Voice, Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes, Silent Eyes ささやいてくれよそばにいるよって… サイレント・ヴォイス  人という文字をそっと涙で 手のひらに書くと胸が熱くて  あきらめるたびにあきらめ切れずに 途方に暮れる気の弱いピエロさ  拍手鳴らない星空で 玉乗りたちが 両手をあげるよ  Silent Voice, Silent Voice 優しさ街に降り積もる夜は Silent Eyes, Silent Eyes 本当のことが言える気がするね サイレント・ヴォイス  Silent Voice, Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes, Silent Eyes ささやいてくれよそばにいるよって… サイレント・ヴォイス
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Rainbow Planet杉山清貴杉山清貴売野雅勇宮野弦士宮野弦士埠頭離れてく船(ボート)の 君にそっと手を振った  最後の僕たちの夏から 風が 雪の欠片(かけら) 連れて吹くよ  クリスマスのオーナメントに まじり 君が忘れてった  ピアスが片方だけきらめいてる 叶わなかった夢たちを 悼(いた)むよに  君が首を振って微笑った 未来の片隅で 君を愛しているよ  虹が架かる奇跡の惑星で つのる想いは いまもあの日のままだよ  波の音に耳澄まして 星の鼓動みたいねと  微笑み含んだその声を聴くと 生きることの神秘に触れた気がしたよ  君の他に君はいないさ そんな簡単なことに 不意に途方に暮れる  虹が消える間際の青空は 魔法のように 君のタマシイと繋がる  君が首を振って微笑った 未来の片隅で 君を愛しているよ  虹が架かる奇跡の惑星で つのる想いは いまもあの日のままだよ
グラマーGuy (12inch‐Single Version)鈴木雅之鈴木雅之売野雅勇井上大輔派手好きな奴さ Hey Girl! Keep you co cool グラマーな夜は Hey Girl! Keep you co cool  濡れた腰つき 恋をそそるよ 悩ましい男さ 上眼づかいに視線からめりゃ 蕩(とろ)けるよ女は  愛してあげるその気なら 爪の先までそっと口づけて ちょっと見よりも危険さ 甘い気持ちで惚れたら 一度だけじゃ済まなくなるぜ  今夜も女が騒ぐよ グラマー Guy  派手好きな奴さ Hey Girl! Keep you co cool グラマーな夜は Hey Girl! Keep you co cool  愛したらとことん Hey Girl! Keep you co cool グラマーな奴さ Hey Girl! Keep you co cool  浮いた噂で夜はもちきり 艶っぽい男さ 瞳の翳り ちょいと訳あり その先は聞くなよ  優しいだけじゃ愛せない 傷つくだけさ I miss you, lonely night tonight 忘れられない誰かに 抱いててほしい夜だね さみしいのはお互いさまさ  女は罪だね 涙のグラマー Guy  派手好きな奴さ Hey Girl! Keep you co cool グラマーな夜は Hey Girl! Keep you co cool  愛したらとことん Hey Girl! Keep you co cool グラマーな奴さ Hey Girl! Keep you co cool
少女A新井ひとみ新井ひとみ売野雅勇芹澤廣明青木ケビン上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があ熱いわ 鏡に向って 微笑みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ 他人(ひと)が言うほど ドライじゃないの 本当は臆病 分かってほしいのあなた  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A
ウタキの丘で松原健之松原健之売野雅勇塩入俊哉塩入俊哉かすかに夏の気配が 海風にもまじると ひとつまたひとつと今年も 蛍が集まる  戦火にまみれた島で 幼い日々送った ふたりが手をつなぎ登った あの丘の森に  あなたの 声が する方へ飛ぶ 青いちいさなひかりがわたし 幾千の青にまじって  ウタキの丘で また逢いましょう あの頃のように 笑い転げて ウタキの丘で また逢いましょう 命果てても 約束どおり  あなたが私の名前を 石で刻んだ幹に お母さんやお父さんに似た 蛍が飛び交う  星屑みたいに森をうずめて 夢も知らず恋も知らず逝く くやしさを鎮めるように  ウタキの丘で また逢いましょう あの頃のように 笑い転げて ウタキの丘で また逢いましょう 命果てても 約束どおり  いくつ夏が過ぎて行っても  ウタキの丘で また逢いましょう 約束どおり また逢いましょう  ウタキの丘で 命果てても
水の星へ愛をこめてSUGIZO feat. コムアイ(水曜日のカンパネラ)SUGIZO feat. コムアイ(水曜日のカンパネラ)売野雅勇ニール・セダカ蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯(とも)すひとよ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う…… 波間さすらう難波船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためにそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたびに宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと
それは、私じゃない内田彩内田彩売野雅勇後藤次利ebaどこに惚れたの? 私の何が好きなの? スジだけ通して生きてる子よ  野望なんて偉そうに言わないで 隠れた不良で 私はいい I'm-a only bad girl I'm-a lonely bad girl  夢がなけりゃ 生きてく資格がないみたいに 息苦しいマントラ合唱して 恥ずかしくないの?  可憐な女の子で生きてる時もあるさ それも嘘じゃないけど 本当でもないんだ  私の正体を愛せるかな 不安ね あなたが恋して見つめている それは、私じゃない  イメージとか タイプだとか 理想とか ひとつも心と関係ないよ  I'm not a sad girl I'm just-a girl in love  隠してても あなたの ズルさもセコさも みんな 許せるのよ 半分嫌いでもね 惚れたら最後  優しいだけじゃないよ 夢見ないわけでもない 心が汚れてると感じる時もあるよ  私の正体を見つめる勇気あるの あなたが愛したつもりでいる それは、私じゃない  可憐な女の子で生きてる時もあるさ それも嘘じゃないけど 本当でもないんだ  私の正体を愛せるかな 不安ね あなたが恋して見つめている それは、私じゃない
Clowntime Berlin木村昴木村昴売野雅勇馬飼野康二黒須克彦雨の鋪道ににじむ ネオンSignの暗号で 行き先決めて 夜更けの長距離バスで 街を出てくオレを 憐れむがいい  Vinylのディスクだけ後で送ってくれ 書き置き(を)読んだとき 泣き出してくれるかい  Clowntime Berlin 出逢った頃 バカにして 笑ってた 奴らに似てきた Clowntime Berlin オレたちは 魂まで やさぐれて どこまで行くんだ?  知らない街の灯が 窓辺でマッチを灯すみたいに 初めてシャツを脱いだ 夜の笑顔や涙を照らす  夜空に教会の鐘が鳴る聖夜に 偽りまみれの人生を裁けよ  Clowntime Berlin 初めから結ばれるはずのない 忘れられぬ人 Clowntime Berlin この命 捧げてもいいよって いえば笑うかい?  Clowntime Berlin Time to say goodbye  Clowntime Berlin Time to say goodbye  Clowntime Berlin 出逢った頃 バカにして 笑ってた 奴らに似てきた Clowntime Berlin オレたちは 魂まで やさぐれて どこまで行くんだ?
メランコリーのダイアモンドさゆりカノンさゆりカノン売野雅勇コモリタミノル鈴木Daichi秀行だから抱いて からだ抱いて アフロダイテたち 夜のラジオから 宇宙(そら)が騒いでる  少年時代は 桜の花盛り 不吉な美しさが  君のタマシイが手に負えそうにない 気配がする青空  私の名前を呼んで 誰かの別の名前で  そっと抱いて 夢で抱いて アフロダイテたち 星空みたいに こころがさざめく  だから抱いて からだ抱いて アフロダイテより 愛で息をする メランコリーの果実  青いあこがれで こころはいっぱい 嘘がつけないくらい  悲しい気持ちより 哀しいひとが好き メランコリーのダイアモンド  孤独を愛していると 孤独に愛されるのさ  だから抱いて からだ抱いて アフロダイテたち 夜のラジオから 宇宙が騒いでる  そっと抱いて 夢で抱いて アフロダイテより 愛で息をする メランコリーの果実
あなたの淋しさは、愛田所あずさ田所あずさ売野雅勇筒美京平小林俊太郎あの桜が散る校庭に いまもまだあなたがいるようで 息を切らしペダル漕ぐの 涙が止まらない日は  もう もうあんなに純粋に 二度と人に恋もしないでしょう 誰も理解できなかった あなたの淋しさが好き  遠くにいても ずっと私を 分かってくれる そんな気がする おんなじ孤独 分けあう人のように Ah  ねえ あなたのただひたむきな Wow wow 生き方が切なくて あんな気持ちでもう人を 想って泣くこともない  どんな場所で暮らしてても 闘いつづけるでしょう  生きてくことは 自分のこころ 汚してくこと そう知ってて なんでまぶしい ままでいれたの ずっと Ah  もう もうあんなに純粋に 二度と人に恋もしないでしょう 誰も理解できなかった あなたの淋しさは 愛
ワンダフォー!仲村宗悟仲村宗悟売野雅勇コモリタミノル白戸佑輔空は 空は 天使のように美しい 退屈なんか知らない 永遠の子供  夏に 夏に 恋して 大人だったこと 忘れちまおうぜ 渚の魔法で  泣きたいのは みんな一緒だから 泣いちゃ終わりさ 笑顔で行こう wow  It's so wonderful, wonderful, wonderful 生きてることは 素晴らしすぎるじゃない  It's so wonderful, wonderful, wonderful 人生万歳!恋して万歳! 夢見るために 生まれてきた What a wonderful world  愛は 愛は 心の炎さ 本能さ 誰か好きになるのに 理由(わけ)はいらないさ  夢は 夢は 未来が届けたメッセージ ひとりよりふたりなら 遠くまで行ける  魂がずっと綺麗なのは 神様の棲家すみかだからさ wow  It's so wonderful, wonderful, wonderful 生まれたことは 素敵すぎる奇蹟  It's so wonderful, wonderful, wonderful 人生最高!恋して最高! 愛することが 生きること What a wonderful world  It's so wonderful, wonderful, wonderful 生きてることは 素晴らしすぎるじゃない  It's so wonderful, wonderful, wonderful 人生万歳!恋して万歳! 夢見るために 生まれてきた What a wonderful world
すべての愛しきRunaways野島健児野島健児売野雅勇井上大輔黒須克彦世界はそれでも美しいと 肩を抱いてくれるのかい 街角はエレジー  胸にダイアモンドで 傷を引くように 氷の風に吹かれながら  自分のことを吹き消すみたいに バースデー・キャンドルを消すのさ ah ah ah ah ほんと 真実のことをRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy 感じないRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy これはぼくと きみの話だぜ  さすらうことしかできないのさ 生まれたままの魂で 星屑にまぎれて  天使の優雅さで 踏み切り台を蹴って 涙の気配も見せないでいよう  愛していると誰かがささやいている 耳もとで 遠くから ah ah ah ah けが 穢れることはRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy かんたんさRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy きみひとりが 気づかないだけさ  真実のことをRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy 感じないRun Run Runaway Boy Just Runaway Boy I'm a Runaway Boy これはぼくと きみの話だぜ
ヨコハマ粋森川智之森川智之売野雅勇井上大輔小林俊太郎横浜から横須賀まで カッコつけさせてよ これっきりのドライブnight  カタギじゃない気分で オレ そっちに恋してた 気が触れるギリギリまで  港町なら 相場は流れ者(もん) 惚れちゃっちゃ 野暮じゃん  浮き名流してナンボ そんな男が 桜吹雪みたいな 夢が見れた お前に抱かれ ヨコハマ 粋  めぐり逢いは渡り鳥さ 男も女も 目隠しの運命game  オレにはもう何にもない 人生のすべて 賭けたから クリフサイド  可憐な人の いじらし涙に 泣いちゃっちゃ ダメじゃん  不良ごっこの果てに こんな天使が いるなんて知らなくて 愛してもらう 資格がもうない 本牧者(もん)  港町なら 相場は流れ者(もん) 惚れちゃっちゃ 野暮じゃん  浮き名流してナンボ そんな男が 桜吹雪みたいな 夢が見れた お前を抱けば ヨコハマ 粋
東京PARADISE山寺宏一山寺宏一売野雅勇芹澤廣明やしきん好きとささやく声のようさ 街灯りがきらきら揺れ ひとりぼっちのあなたに 聖夜みたいな 風が吹く  誰かが あなたを 見つめて いるのさ こころが震える 憧れを抱きしめ  Tokyo Paradise 誰もが恋する楽園 Babylon Paradise タワーに夢見る雪が降る Tokyo Paradise あなたが想っているより Babylon Paradise 世界は今夜も美しい パラダイス  目には見えない星の影が 青空には隠されてる 本当(ほんと)の優しさに まだ あなたが気づかないように  出逢いと 別れを こころは 重ねて 運命の人を 探してる 夜更けまで  Tokyo Paradise 泣きたい時は微笑んで Babylon Paradise 明日はきっといい日が来る Tokyo Paradise あなたが生きているだけで Babylon Paradise 世界は今夜も美しい パラダイス  恋をせずにいられない 悪魔でも 天使でも 誰かを愛した時に 未来はもう始まってるのさ  Tokyo Paradise 誰もが恋する楽園 Babylon Paradise タワーに夢見る雪が降る Tokyo Paradise あなたが想っているより Babylon Paradise 世界は今夜も美しい パラダイス
男と女は十時半山寺宏一&内田彩山寺宏一&内田彩売野雅勇馬飼野康二奈良悠樹表参道に星屑が灯る 最初の日 神社まで歩いたら 2人結ばれるらしいね  冬の夜桜を見上げるみたいに 目を細め 人波に揺れて 恋に落ち 歳の差も超えて  天使たちが 鳴らすベルが 聴こえるようさ キスも上手い 口も上手い 顔もそこそこ 運命なら 流されよか 青山通り  愛しくて 愛しくて ひとりきりじゃもういられない 嘘つきで 淋しがり そんな心にも奇蹟が降る 男と女は十時半  想いの熱さが白い息になり あふれるね 少年みたいに大人が恋する 星の魔法  代々木公園に風が吹くだけで 胸騒ぎ 不倫じゃないのに うしろめたくなる 甘い予感  愛に生きて この人生 棒に振ろうか おシャレもいい マナーもいい あとはほどほど 週末だけ 不良になる 外苑通り  くちづけて 夢を見て ひとりきりじゃもう帰れない オーロラが 見えるまで 燃える魂は 止められない 真冬の夜の十時半  愛しくて 愛しくて ひとりきりじゃもういられない 嘘つきで 淋しがり そんな心にも奇蹟が降る 男と女は十時半  真冬の夜の十時半
桜の闇のシナトラ feat.John Scofield, Steve Swallow, Bill Stewartさかいゆうさかいゆう売野雅勇さかいゆうシナトラが旧いラジオを不意に鳴らし 窓から桜の花びらは舞いこむ  宵闇は騒ぐ ゆきずりの恋人たちが 海の底に横たわる電線を真似るように  桜の闇の Night New York Night New York 甘く不吉な 夢を見ているようさ  まるで友人たちの浮気な愛人みたいに 触れそで触れない 肌 傷跡ひとつもない肌  桜の闇のシナトラ 誰だシナトラ 気が触れそうな 白い摩天楼  宝石を泥で汚しても汚れぬように 魂だけは僕らの部品じゃない 別の星さ  優雅な絶望 Night New York Night New York 桜吹雪にwow魅惑されて 上の空の人生
Baby don't cry ~神様に触れる唇~BeverlyBeverly売野雅勇コモリタミノルコモリタミノル抱きしめてそばにいるから 子供のように眠ればいいよ  折れそうなその翼を わたしに預け 夢を見ていて  わがままな唇にキスしましょう まるで神様に触れてるみたいに  My baby don't cry I don't care about nothing but you wow 泣きたいくらい 愛しくて  My baby don't cry Na na na Night and day,giving you all my soul 運命感じる 世界でたったひとりの wow あなたが好き  流星が出逢うように 幾億のこころたちが  窓にそっと 幸せを祈るみたいに 灯りを灯すよ 星空の下で  My baby don't cry Wanna let you know anything in my heart, wow 愛って こんなに あたたかい  My baby don't cry Na na na Nothing more I need but you wow 少年みたいに あこがれを話している wow あなたが好き  叶えてあげたい その夢を  My baby don't cry Na na na Night and day,giving you all my soul 生きる意味に 気づかせてくれたひと wow あなたが好き  My baby don't cry Wanna let you know anything in my heart, wow 愛って こんなに あたたかい  My baby don't cry Na na na Nothing more I need but you wow 優しい声が 真夜中の青い空を wow 見上げている
Celebration布施明布施明売野雅勇船山基紀船山基紀夕映えから君の影を探して待つ 駅前の広場 ときめきに似た照れくささに タイの結び目なおす ショーウィンドウに映して  手を振りながら駆け寄る君の 笑顔が不意にこの胸を打つ  腕を組みながら華やぐ夕闇を急ぐよ キャンドル灯して待つ店へ セレブレーション  「ありがとうね…」とささやく声が つれて行くよ あの20歳の日々 運命だとは まだ知らぬふたりが ここで出逢い ここで恋に落ちたね  レイトショーでもあの頃のように 観ようかなんてふとつぶやく  君の華やいだ横顔きれいだね 重ねた時間は君の宝石だよ セレブレーション  手を振りながら駆け寄る君の 笑顔が不意にこの胸を打つ  腕を組みながら華やぐ夕闇を急ぐよ キャンドル灯して待つ店へ セレブレーション
哀愁のブエノスアイレスKinKi KidsKinKi Kids売野雅勇林哲司船山基紀カテドラルの鐘が鳴る 夕映えの街角 聖歌隊の少年の声も風になる  もう二度と帰らぬ 宝石の日々から 君の影が石畳を駆けてくるよ  時の河を流されてゆく まぶしすぎる心たちさ 愛に生きる怖さ知らぬ まぶしい青いダイヤモンド  もうあんなに人を切なく 想って泣くこともないよ あれがたったひとつきりの 愛さ 最初で最後の 哀愁ブエノスアイレス  夏が見せる夢も消え ありふれた男に 変わり果てるこの頬を そこから打ちなよ  街の灯(ひ)って 涙 燃やしてるみたいさ 悲しさとか くやしさとか 集めながら  叶わぬ夢ばかり見てたよね いまもあの日の声がする 星の下の窓明かりの 哀しい色が瞳(め)にしみるよ  君の名前そっと呼ぶのさ 天使たちに訊くみたいに 汚れ知らぬ頃の恋が 僕に生き方を問う 哀愁ブエノスアイレス  時の河を流されてゆく まぶしすぎる心たちさ 愛に生きる怖さ知らぬ まぶしい青いダイヤモンド  もうあんなに人を切なく 想って泣くこともないよ あれがたったひとつきりの 愛さ 最初で最後の 哀愁ブエノスアイレス
太陽のカリシア渡辺真知子渡辺真知子売野雅勇松岡直也松岡直也La Caricia, Lio Como Es Qui?... Mi Delirio 太陽だけが知ってる El Dorado  La Erotica, Lio 刹那の恋をする 人生は夢...誰もが異邦人  Quiereme, Te Quiero Mucho 焼け付くキスをして Te Quiero, Quiereme Mucho 真昼のバルコニー  想い出は消えても 消えない炎を 私に刻みつけて  La Caricia, Lio Vida Mia, Mi Delirio 汗のダイアを背中に散りばめて  Quiereme, Te Quiero Mucho あなたが誰でもいい Te Quiero, Quiereme Mucho 私は女でいい  過去も未来もない あるのは切ない吐息と黄エルドラド金郷  Mi Vida Rica, De Lo Sueno 夢で殺して優しく心を Mi Vida, Ole!, De Lo Sueno 甘く殺して真夏の真下で Mi Vida Rica, De Lo Sueno 次の真昼が来るまで愛して Mi Vida, Ole!, De Lo Sueno 名前聞かずに体を愛して  Si, La Vida Estlo Es Sueno Mirame, Mi Alma, Mirame Como La Ramera, Oh Oh Oh Ole! Si, La Vida Estlo Es Sueno Mirame, Mi Alma, Mirame Como La Ramera, Oh Oh Oh Ole!  Hacia Caricia, Querida Erotica 夢の中でも私抱きなさい Hacia Caricia, Querida Erotica どんな口づけしてもいいから  青空から星空まで 抱かれながら見上げている  La Habana O, Rio, Jose O Mario Anonimo Rico, Desconocido  Vida Anonimo, Desconocido Rica Erotica, Rico Erotico  Rio De, Rio De, Rio De, Rio De Caricia
楽園渡辺真知子渡辺真知子売野雅勇松岡直也松岡直也夜更けのプールでAmor 夏の恋に溺れながら シュロの並木が赤く燃えて騒ぐ 迷い込んだ夢の最果て  汗ばむ吐息でAmor 生きることも忘れさせて 抱かれるために生まれて来たのでしょう きっとここが天国なのでしょう  Besame Besame Barbaro Te Amo Te Amo Diablo 何度愛し合っても もっと愛したい  絹のキャミソールで 目隠しされながら 濡れた果実に変わるよ  愛の嵐にただ 激しく揺れながら Amorio De Verano, Te Amo  あふれる涙はAmor 愛しすぎて泣くParaiso 風が砂丘に残す波のように 愛の形シーツが憶えてる  Besame Besame Barbaro Te Amo Te Amo Diablo 胸の尖もあなたの 唇の形  絹のキャミソールの 目隠しをほどけば 窓辺を月が横切る  夏が過ぎるままに 切なさに急かされ Amorio De Verano, Te Amo  Besame Besame Barbaro Te Amo Te Amo Diablo 何度愛し合っても もっと愛したい  愛の嵐にただ 激しく揺れながら Amorio De Verano, Te Amo
ブルーベリー・ナイト原宿青野美沙稀青野美沙稀売野雅勇真崎修Osamu Masakiピンクドラゴン ネオン灯れば 恋の予感 週末の夜だよ Paradise night モンロー・ウォーク決めてウラハラ ラスト・チーク終わるまでの夢に Crazy love  切なさの涙(を)止めるルージュは あのネオン色さ 星を照らすビビアン・ピンク  Shake it Shake it Shake it Shake it 誰もが Baby Baby Baby Baby 誰かに 恋をしてなきゃ いられない  Shake it Shake it Shake it Shake it 眠れぬ Baby Baby Baby Baby 想いを 抱え 原宿 Blueberry Night  ロカビリーみたいなララバイで Rock You せつなさはブルーベリー 天使たちが Rock You  危ない子って 言われてナンボ このSoul は嵐の前触れ Rock' n' Roll Life 言うだけ言って 裸のこころ 見せあうのがロマンスの掟 Singapore Night  やりきれないのは ソッチだけじゃない 火遊びは卒業 子供じみてイラつくよ  Shake it Shake it Shake it Shake it 涙に Baby Baby Baby Baby 隠した 愛って飾りじゃないでしょう  Shake it Shake it Shake it Shake it 誰でも Baby Baby Baby Baby 眠れない Baby blue 原宿 Blueberry Night  Blueberry Rock You Blueberry I Love You  Shake it Shake it Shake it Shake it 誰もが Baby Baby Baby Baby 誰かに 恋をしてなきゃ いられない  Shake it Shake it Shake it Shake it 眠れぬ Baby Baby Baby Baby 想いを 抱え 原宿 Blueberry Night  ロカビリーみたいなララバイで Rock You せつなさはブルーベリー 天使たちが Rock You
涙のバケーション青野美沙稀青野美沙稀売野雅勇真崎修Osamu Masakiwoo 夏が終わるよ 波打ち際で woo クリスマスには逢えるといって 最後のキスをして 泣かせてよ やさしい夏の嘘で泣かせたね  パームトゥリーのアロハシャツから あの日の風が吹く コパトーンの 甘い想い出が忘れられなくて wow wow 帰りたい 涙の woo バケーション  星屑にまぎれて消えてく Jet Plane 砂浜に寝転び眺めてた 誰に恋して ねえ いるの?って ワナをかけ訊いてみたの  Bad Boy 移り気だと知っていたのに バカね恋しちゃって Falling Love 二度とあんな恋はできないでしょう 何万回生まれても  夏の写真見ると切なくて 星空みたいに胸が震える  あんなにもう誰か 愛せやしない(かも) 涙の意味も変わる Twenty One, Two, Three クリスマスには逢えるっていって wow wow 泣かせたね 涙の woo バケーション God Bless You! Good Vibration 忘れない  Sunset 知らないキスをされた On the beach おなじ渚から送った あなたを乗せた夜間飛行の赤い翼の灯り  あれから3度目の Christmas Holiday あなたは新しい恋人と あの想い出の部屋で過ごしてるの? 私なんて忘れて  窓を叩く白い妖精が 悲しい心に鈴を鳴らす
Runaway Boy青野美沙稀青野美沙稀売野雅勇真崎修Osamu Masaki何から逃げたかったの? キミはひとりきり 夕焼けの観覧車の上で訊いてみる 想い出の数だけ灯が 街に灯ってく 純粋さがまぶしくて恋してた Sweet Heart  不良だった私のこと不良だった→or 悪いコだった 真剣に叱ってくれた Downtown Boy, My Love  You're Lonely Runaway Boy キミは壊れそうなこころを 誰にぎゅっと強く 抱いてほしかったの?  Sweet Lonely Runaway Boy 透明なこころが哀しいね 誰も二度と愛せないほど 好きだった Lonely Runaway Boy  Only Lonely Love Baby Only You Only Lonely boy  妹だぜと微笑うだけで 唇にも触れないまま ずっと愛してくれたんだね バカね  海に向かってそっとクラクション 鳴らしたの 風に吹かれて Bye Bye Bye, My Love  Sweet Lonely Runaway Boy 透明なこころが哀しいね 誰も二度と愛せないほど 好きだった Lonely Runaway Boy  You're Lonely Runaway Boy キミは壊れそうなこころを 誰にぎゅっと強く 抱いてほしかったの?  Sweet Lonely Runaway Boy 透明なこころが哀しいね 誰も二度と愛せないほど 好きだった Lonely Runaway Boy  Only Lonely Love Baby Only You Only Lonely boy Only Lonely Love
ミスターU.S.A.GOLD LYLIC安室奈美恵GOLD LYLIC安室奈美恵売野雅勇小森田実Minoru KomoritaDo You Remember Surf Side U.S.A. 南風が消した Tiny Rainbow ビーチサイドのアメリカ  Do You Remember Seaside U.S.A. 涙の虹が降る Ai Yai Yai Yai 遠い日の Love Affair  砂の上のラジオで夢が鳴ってた Tenderly 白いフェンスの向こうのビーチクラブ  他人(ひと)のキャデラック磨く汗が染みてるユニフォーム 君が心に秘めてた誇りと 青い夢でまぶしかった…  Do You Remember Surf Side U.S.A. 真夏の少年は Ai Yai Yai Yai 遠い虹を渡れたの  The Picture You Had, Big Pink Cadillac 想い出すと今も Dream-Made Rainbow 胸が熱くなる  フェンス越しに二人で ジミーの映画を観た シアターのあたり ぽつんと Palm Tree… 地図から消えた天国さ  When Listen To The Tunes Of The U.S.A. 南風に煙る Ai Yai Yai Yai ビーチサイドのアメリカ  Do You Remember Seaside U.S.A. 夢ささやきながら Who Do You Love 誰とダンスしてるの…  Do You Remember Surf Side U.S.A. Do You Recall The Girl You Loved Like A Rainbow 遠い虹を渡れたの  The Picture You Had, Big Pink Cadillac 想い出すと今も Dream-Made Rainbow 胸が熱くなる
PARADISE TRAIN安室奈美恵安室奈美恵売野雅勇中西圭三Takao KonishiGo Paradise Train 真夏が降る青い(Planet)惑星(Blue) Sweet Summertime Train 南の風が煽る One Way Train  燃える原色の果実たち 海のある星にあふれると  この夏も天国の Wow Wow 扉が開くのさ 永遠に一度しかない日々  臨時列車から降りて来る 人波に君をまた探す  好きな人いることを Wow Wow 何故隠していたの あの夏が終るまで Just Summer Affair  Go Paradise Train 幾千夏が来ても Woo Summertime Train もうあの夏は来ない One Way Train  防波堤こえる波音に 濡れるシャツの胸かばうように  大切な事だから声にしないのさ…それは 永遠に君だけの言葉さ  Go Paradise Train どうして愛したの 辛い Destiny 知っていたのに… あの夏 君は  Go Paradise Train 破片(かけら)の青空で Woo Summertime Rain 心が痛い It's Only Lonely Love  Go Paradise Train 幾千夏が来ても たったひとつきりだよ夏は It's One Way Paradise Train  Go Paradise Train どうしてキスしたの 辛い Destiny 知っていたのに… It's One Way Heartbreak Train
2017年のBABY BLUE伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次ペイパーバックの裏表紙に色褪せた 走り書きの“I Love You”切ない Time Machine  素晴らしい時代を生きた僕たちが あのカーブを曲がると見えてくるSeaside  未来から波が届く 真夏のふたりに ah ah  あの日の BABY BLUE 素敵なことは 何ひとつ変わらない 君がささやくよ  あの日の BABY BLUE 叶わなかった ほろ苦い夢さえも やさしくきらめく  週末ごとシトロエンで繰り出して 街角から世界への投げキスのRainbow  夢に見た未来に立つ僕から あのビーチの僕たちに そっというよIt's Alright  君に逢えた人生は 僕だけの宝石 ah ah  あの日の BABY BLUE 大切なもの 失くすこと恐れてた 僕を抱きしめた  あの日の BABY BLUE 君の預言が 当たったね よろこびも悲しみもわかちあえるよと  あの日の BABY BLUE 素敵なことは 何ひとつ変わらない 君がささやくよ  あの日の BABY BLUE 君の預言が 当たったね よろこびも悲しみもわかちあえるよと  It's Only You Baby Blue
涙が止まらない伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次涙が止まらない 心がゆれるから 恋しくてたまらない ずっと  人影まばらな北風が吹くスタジアム 懐かしい声さ 不意に  “覚えてるかな?”と微笑みも変わらないね 首かしげて訊く癖も  いつか君を残し 部屋を出た 君のせいじゃないさ ah  涙が止まらない 心がゆれるから 時間はもどらない きっと  涙が乾かない 心がゆれるから 恋しくてたまらないずっと  “ひとりで来たの?”と謎かけるように訊いたね 冬の青空を見上げ  君を読んだ声に振り向けば 君に似てる 優しい笑顔  涙が止まらない も一度 抱きしめたい あの日の 思影を ずっと  言葉じゃ言えなくて 心がゆれるから 恋しくてたまらない ずっと  涙が止まらない 心がゆれるから 時間はもどらない きっと  涙が乾かない 心がゆれるから 恋しくてたまらないずっと
週末のVoyagerミズノマリ(paris match)ミズノマリ(paris match)売野雅勇松本俊明林有三悲しい世界をなぐさめるように 誰かの歌がラジオを鳴らす  夏の最後の風が吹くのを見てる この宇宙のかたすみ  ふたり運命隠しあうように目配せして こころだけで そっと触れてみるの シャツの下のタマシイ  あなたがいないと人生にならない気がしている  淡いシトラスの香りみたいに生きてくことが 優雅な人生  サクラ アカシア ダリア カメリア 美しさしか信じない  儚いものを愛せるやさしさに魅せられてる 唇からあふれそうな甘く揺れるソプラノの吐息  週末過ごすと気づくの ふたりは星のVoyager  悲しい世界をなぐさめるように 誰かの歌がラジオを鳴らす  夏の最後の風が吹くのを見てる この宇宙のかたすみ  Repeat
夏のクラクション伊藤俊吾(キンモクセイ)伊藤俊吾(キンモクセイ)売野雅勇筒美京平小倉泰治海沿いのカーブを 君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる 悪いのは僕だよ 優しすぎる女に 甘えていたのさ 傷口に注ぐ GINのようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Babyもう一度 鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺りおこすように  海沿いのカーブを 二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と 泣いたままの君が 波間で手を振る 傷跡に触れたまるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Babyもう一度 鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone  夏のクラクション Babyもう一度 鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓きそうな 僕を振り返り
真夏のイノセンス杉山清貴杉山清貴売野雅勇林哲司新川博夏の影が通り過ぎた 波打ち際から 叶わなかった夢たちが 騒ぐようさ  風にシャツがなびくたびに あなたがいないと 生きられないとささやいた 声がするよ  二度とは逢えない人になった 夏の妖精  偽りだらけの街で 生きる術(すべ)も覚えて あんなに怖がっていた 普通の男になってく心にも 消えないイノセンス  夏はずっと終わらないと 泣いた横顔に 愛したわけも 愛された意味も眠る  誰かに呼び止められたように 足を止めて  真夏の少年たちが 見上げている青空 あの日の青いかけらが 心に刺さっているのさ いまでも 真夏のイノセンス  あこがれがいちばん 美しい気持ちと もういちどささやいてくれよ  真夏の少年たちが 見上げている青空 あの日の青いかけらが 心に刺さっているのさ いまでも 真夏のイノセンス
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
最後のHoly Night武田カオリ武田カオリ売野雅勇杉山清貴小倉泰治ビルの影を蒼く映した 銀色の氷のリンクに Christmas Carolが流れるTwilight Time 「まだ好き?」と急に見上げたね 昨日着いた君のカード 謎かけるように想い出の夏の写真さ  Last Christmas Eve for You 本当に好きなひとと 最後のイヴは過ごしたい……と書いたね First Christmas Eve for Two キャンドル消して君は 忘れられない夜になると背中で 髪を解いた  夜空埋める鈴の音だね 粉雪が静かに降りてく… 細い指輪窓辺にかざし 大切にすると泣いてたね 君が夏に見てた夢に いま答贈れない僕が悲しかったのさ  Last Sweet Summer Memories 君のドレスにSouthern Wind 光るシャンペングラス 左手に踊ったね Just Sweet Summer Dream for Two 裸のままの言葉 話してくれよ 僕を傷つけること こわがらずに  Last Christmas Eve for You 本当に好きなひとと最後のイヴは 過ごしたいと言ったね Your Last Dance for Silent Night この夜が明ける頃 大人のドレス 着替えると知ってたよ I'm so sorry, babe…  Last Christmas Eve for You 小さな影が街に消えて行くまで 窓辺でそっと見てる… First Christmas Eve for Two 新しいそのドレス とても似合うね まぶしさに眼を細め So Merry Christmas to You
シンデレラたちへの伝言中島愛中島愛売野雅勇八田雅弘新川博草原に寝転んだ君 長い髪に Stardust 天使が降りる 口づけで恋の飛行船 ロープほどいて 夜空に二人浮かぶ  “好き”とそっと片目閉じささやく 永遠い(とおい)銀河に虹架けながら  Sweet love my love, Make you dream 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは  虹色に銀河染めあげて 誰か 今夜も 夢の気球飛ばす  ガラスの靴はいた君がステキさ 真夜中過ぎのシンデレラたち  You dream, your dream, Promise me 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは  You dream, your dream, Promise me 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは  君だけは
禁区なかの綾なかの綾売野雅勇細野晴臣小倉泰治私からサヨナラしなければ この恋は終わらないのね ずるいひと…大人の手口(やりかた)ね ため息ひとつ また催眠(わな)かける ときめきが理性(こころ)に目隠しする これ以上進んだら自信がないわ  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね …そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと 愛せれば いいのだけれど… それはちょっとできない相談ね  理由(わけ)もなく引かれてた陰(かげ)りさえ 今なら意味も分かるわ 「このあたり潮時…」とあなたは 思ってるはず 横顔違う 謎めいた微笑み惑わされて 振り向けば 帰り道黄昏れの中  「平凡な愛でいい…」 心うらはら 危険(あぶ)な気なあなたしか もう愛せない 口唇でふさがれた 胸がつぶやく 私からサヨナラを 言わせるつもり… それはちょっとできない相談ね  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね …そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと 愛せれば いいのだけれど… それはちょっとできない相談ね
Say Yes!ナツ・サマーナツ・サマー売野雅勇林哲司林有三空にSay Yes! 悲しいことがあっても いつもSay Yes! 君を信じていてね  愛にはぐれたり 淋しさが涙に負けそうな時は 思い出してみんな ひとりきりじゃないと  夕陽が舗道に落とす影のように そっと首傾げ誰かがキミのこと 優しく見つめている  勇気を出して翔んでね 怖がらなくて平気よ 夢の重さ支えあえば走れるわ  空にSay Yes! Vのサインを挙げて OK Say Yes! 涙を吹き飛ばして  もっとSay Yes! 力の限り遠く それはSay Yes! 青春へのメッセージ… 生きるのがとても好き 世界中がキミを待ってる  悩みを話して ひとりで泣かないで 心を閉じたら 明日が見えなくて 夢も道に迷うわ  大事な気持ち伝える 言葉は探せなくても 泣き止むまで背中に手を触れてるわ  空にSay Yes! 悲しいことがあっても いつもSay Yes! 君を信じていてね  空にSay Yes! Vのサインを挙げて OK Say Yes! 自分宛のメッセージ… 青春がとても好き 世界中がみんな待ってる
愛は心の仕事です一十三十一一十三十一売野雅勇和泉常寛新川博愛は心の仕事よ…She Got It 孤独(ロンリネス)救える 力ね 生きることの 人は天才よ 恋した時 気づくの  愛がいちばん! いつでも Bang Bang Bang 何をおいても Ichi-Bang -Bang 青春のね 取り柄って言えば 人を好きになること…  I-My-Me-Mine, My Boy 憧れや 優しさが この地球(ほし) きらめかせる エナジーよ  愛は元気の素(もと)だね Get it on Broken heart 励ます Healthy music 夢見がちな 優しい眼差しに 触れてごらん…熱いわ  I-My-Me-Mine, My Boy ビルの谷間の 空に 口笛吹いて 君は 虹を呼ぶ  Boy, My Boy ポケットに手を入れて この街 愛をきっと探してね  I-My-Me-Mine, My Boy 憧れや 優しさが 君たち きらめかせるエナジーよ  So what is love?My love 淋しさが 答えるわ It's love, your love 愛さずにはいられない  I-My-Me-Mine, My Boy 決してあきらめないで My boy, My Girl 愛は君の聖職(しごと)だわ
アクアマリンのままでいてミズノマリ(paris match)ミズノマリ(paris match)売野雅勇和泉常寛新川博夕映え映(うつ)すビルの上空(そら)に 消え残るPacific Blue 君も都会(まち)も同じ色だね 溜息(ためいき)で揺れる  Ah! 二人違う道を歩きはじめたね あの時から 思い出すとつらいねって 夏の陽射しよりも熱い眼(め)をした  キスが上手くなるたびに 君は君を傷つけてる  通り過ぎる男たちで きらめいてゆく女(ひと) せめて僕を殺す時だけ アクアマリンのままでいい  Sad…愛だけを信じて生きていた頃に 帰れないと 銀のピアスを隠したね 夢がひきかえに残した傷さ  甘い蜜を吸うたびに 君が君を裏切ってく  もしも聖母(マドンナ)の微笑み 男から憶えても 愛は君の生きる答えさ アクアマリンのままでいて
星屑のステージ光永亮太光永亮太売野雅勇芹澤廣明林有三胸に頬をうずめ 泣いていたねあの日 星空からささやくひと Cry, Cry, Crying…帰らない  俺の歌届くかな お前のその空へ Spot Light 哀しみ隠して 最後まで夢だけは あきらめないでねと お前が心に告げる  流星が綺麗だね お前流した涙のようさ 口笛で応えなよ あの頃のように  星屑のStage 涙をしきつめて 約束だね この歌 俺 Cry, Cry, Crying 歌うよ  暗がりにひとつだけ 空のシート光る お前が愛した場所さ  星空で手をたたく お前の拍手だけ聴こえない 想い出は夏のまま 時を止めたね  星屑のStage 涙をしきつめて 約束だね この歌 俺 Cry, Cry, Crying 歌うよ  歌うよ forever
2億4千万の瞳RioRio売野雅勇井上大輔林有三見つめ合う視線のレイザー・ビームで 夜空に描く色とりどりの恋模様 この星の片隅2億の瞳が 素敵な事件(こと)を探してるのさ  胸の花びら震わせる 色は移ろいやすくても 人は愛の夢を見ずにいられない…誰も  出逢いは億千万の胸騒ぎ まばゆいくらいに エキゾチック・ジャパン 出逢いは億千万の胸騒ぎ 生命(いのち)のときめき エキゾチック エキゾチック ジャパン ジャパン  愛し合う瞳が火花を散らすよ 恋人たちを乗せた青い飛行船 抱きしめて男を女をハーフを 生きてるだけじゃ淋しいよ  ひとり密かにつのらせた 想い涙になる夕暮れ 海が色をそっと変えて あふれ出す…今日も  出逢いは億千万の胸騒ぎ まばゆいくらいに エキゾチック・ジャパン 出逢いは億千万の胸騒ぎ 生命(いのち)のときめき エキゾチック エキゾチック ジャパン ジャパン  出逢いは億千万の胸騒ぎ 生命(いのち)のときめき エキゾチック エキゾチック ジャパン ジャパン
Boys in love芹澤廣明芹澤廣明売野雅勇芹澤廣明芹澤廣明傷だらけだね boys in love  同じ人に恋したね 皮肉だと微笑(わら)っても 痛いほどに分るのさ……淋しさ  黙り込んだ横顔に夕映(ゆうば)えの影 静かに降りてく  想いつのるほどに二つの胸 傷が深くなるね 悲しみにも愛は似て  Wow wow wow 優しささえ棄(す)てられたら 苦しまずにすむと 口笛吹き空を見上げた Boys in love  俺のことは構うなよ 彼女大事にしてくれ 一つだけの愛だから 降りるよ  風のスタジアムで見た幻なのさ 短い夏だね  いつか笑いながら振り返えれる 時が来るさ二人 たち切れない絆だよ  Wow wow wow 優しすぎるからさきっと 心泣き出すのは 俺たち ああ 傷だらけだね Boys in love  想いつのるほどに二つの胸 傷が深くなるね 悲しみにも愛は似て  Wow wow wow 優しささえ棄(す)てられたら 苦しまずにすむよ 俺たち ああ 傷だらけだね Boys in love
Respect すべての祝福されたSoulたちMax LuxMax Lux売野雅勇中西圭三田原伸浩街路樹のスターダストたちが 悲しげなSoulのように 報われぬブルーなキミの タマシイ甘く揺らし  Respect Respect Yourself やさしいキャロルのように Respect Your Soul ささやくのさ  世界中の Make it alright (世界中の) 孤独たちを Make it alright (孤独なSoul) 抱きしめて Make it alright Come on ×4 Bless you キスして  世界中の Baby don't cry (世界中の) 涙より Baby don't cry (Diamond Soul) 輝いて Baby don't cry Come on ×4 その誇りで  街角を漂流する 真夜中のVoyager たち 暗い夜がなければ 星も見つからない  Respect Respect Yourself すべての祝福された Respect Your Soul タマシイたち  世界中の Make it alright (世界中の) 孤独たちを Make it alright (孤独なSoul) 抱きしめて Make it alright Come on ×4 Bless you キスして  世界中の Baby don't cry (世界中の) 涙より Baby don't cry (Diamond Soul) 輝いて Baby don't cry Come on ×4 その誇りで  世界中の Make it alright (世界中の) 孤独たちを Make it alright (孤独なSoul) 抱きしめて Make it alright Come on ×4 Bless you キスして  世界中の Baby don't cry (世界中の) 涙より Baby don't cry (Diamond Soul) 輝いて Baby don't cry Come on ×4 その誇りで  wow wow wow wow wow-oo wow respect respect respect respect wow-oo wow
聖なる人Max LuxMax Lux売野雅勇鈴木キサブロー田原伸浩愛する人たちを守るあなたがいた 最後の時まで マイクに声が尽きるまで  そんな美しい心が僕らを撃つ 悲しみに架かる希望の虹のように  空に旅立った人のやりきれぬ悔しさを悼(いた)み Newsで聴いたその声に 生き方を問われてるようだ  あなたに届きますか 僕らの歌う声が 命もそっと差し出した 真心に応えたい  Holy Love 忘れかけた Holy Love 生きる意味を Holy Love 深い悲しさと気高さで教えてる  Say me たったひとりでは幸せになれないんだ 人は Say you 人のため闘う生き方は美しくないか  誰かに届けるんだ 心にあふれてくる 想いを それは愛と呼ぶ真心のことなんだ  Holy Heart 人は誰も Holy Heart 聖なる人 Holy Heart たとえ醜さで覆われた心でも  あなたに届きますか 僕らの歌う声が 命もそっと差し出した 真心に応えたい  Holy Love 忘れかけた Holy Love 生きる意味を Holy Love 深い悲しさと気高さで教えてる
涙のリクエストカントリー・ガールズカントリー・ガールズ売野雅勇芹澤廣明平田祥一郎涙のリクエスト 最後のリクエスト  最後のコインに 祈りをこめて Midnight D.J ダイヤル回す あの娘に伝えて まだ好きだよと トランジスタのヴォリューム上げて 初めて二人 踊った曲さサヨナラなんて 冷めたすぎるね ヒドイ仕打ちさ  オレの送った 銀のロケット 今では違う 誰かの写真 イイサそいつと 抱き合いながら 悲しい恋を 笑ってくれよ  涙のリクエスト 最後のリクエスト 涙のリクエスト 最後のリクエスト for you  波間に消える まぶしい夏さ 引き際せめて カッコつけるぜ あのメロディ 口笛にして もしも あいつに ふられた時は 同じ歌を ダイヤルしろよ 夜中の街を おまえをむかえに 駆けて行くから  愛を誓った メモリーリング 曲に合わせて 海に投げるよ サヨナラがわり 二人に送る 悲しい恋のリクエストだよ  涙のリクエスト 最後のリクエスト 涙のリクエスト 最後のリクエスト for you
夜空に中村雅俊中村雅俊売野雅勇鈴木キサブロー大森俊之美し過ぎた日々 振り向けばそこに 不器用な俺たちが 肩寄せ生きてる woo かばいあうように 都会の片隅 名画座のオールナイトが 贅沢だったよね 街に点る灯り ゆれるたびに泣くよ あの頃のふたりがいまも 夢を語りあう 笑い声だよ 夜空に 俺たちによく似た 少年と 白い 野球ボール投げ合う それが夢だった woo 忘れかけていた 生き方が未来の 扉を叩きながら 君の名を叫ぶ 時は過ぎ去っても 変わらない心が 街角を駆け出してく 君が待つバス停 まだ君がいる 気がして 君に何千回ありがとうといっても いい尽くせぬこの想い 人は愛と呼ぶ 出逢えたことを 誇りに
キスは少年を浪費する -Rearranged ver.-東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール売野雅勇小室哲哉江口亮・沼能友樹嵐の去った真昼のように 嬉しい気持は路地にはびこる  少年たちは不幸に映える 綺麗な素足をベランダに干す  幸せすぎると心は汚れる なりゆきまかせの堕落も忘れ  私は君の罌粟(けし)の実だから 真夏が過ぎても夜更けに逢える  素敵な人より憂ウツなまんまの 冴えない誰かにそっと捧げたい  少年たちの宝物には 他人(ひと)には見えない傷がついてる  優しかった夏が終るよ 君を残して  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の青にはにかむ 嘘の好きな僕らが キスで浪費している 少年  どこから来たの? どこまで行くの? 心を舗道にひきずりながら  夕焼けの頃ひぐらしたちが 神様の声を上手に真似る  微笑みすぎると切なくなるのは どこかで出逢ってサヨナラしたせい  君の胸には星の樹がある 両手で揺すると星が流れる  正しい人より悔しい涙で 穢された君を愛しく思う  少年たちの綺麗な脚は 虹よりまぶしい傷がついてる  優しかった夏を見送る 君の眼差し  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の下で微笑む キスの好きな僕らが キスで浪費している 少年  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の下で微笑む キスの好きな僕らが キスで浪費している 少年
人生は美しい -Voyagers-麻倉未稀麻倉未稀売野雅勇杉浦哲郎杉浦哲郎遠い潮騒のように 胸の奥深くで やさしく ささやく声がする  懐かしい人たちが 風で 夏草や街の灯 ゆらして 帰ってくるように  魂というVoyagerたちが 瞳に 美しさのエール送るよ 生きてくことは苦しすぎると泣いた 悲しい心に  この胸にあふれる愛しさで この星に生きている意味を知るのよ 人生は生きてく価値がある 人生は美しい 命のかがやき  青空 深く目にしみる 青がこの星の色 悲しい出来事で深さ増す  星を横切るVoyagerたちが そっと 見えない手を振る 空から 涙で曇るきみの未来を指して 負けないでねって  この胸にあふれる愛しさで この星に生きている意味を知るのよ 人生は生きてく価値がある 人生は美しい すべてのかがやき  この胸にあふれる愛しさで この星に生きている意味を知るのよ 人生は生きてく価値がある 人生は美しい 命のかがやき  人生は美しい
好きで好きでたまらない山内惠介山内惠介売野雅勇水森英夫伊戸のりお両国橋を眺める部屋から 真夏の花火 何度見たでしょう 日曜ごとの 淋しさ それさえ 愛の強さを 試して思えた  さよなら さよなら さよなら 一生あなたを 遠くで愛して 生きると決めても 好きで 好きで たまらない 好きで 好きで 好きで 好きで ああ たまらない  両国橋を東へ渡れば ほんとにこれで 逢えなくなるのね 電話するよと 嘘でもいいのに 言えない人が なおさら愛しい  ごめんね ごめんね ごめんね 一生あなたを 哀しく愛して 生きてもいいでしょう 好きで 好きで たまらない 好きで 好きで 好きで 好きで ああ たまらない  さよなら さよなら さよなら 一生あなたを 遠くで愛して 生きると決めても 好きで 好きで たまらない 好きで 好きで 好きで 好きで ああ たまらない
少女ASplit BoBSplit BoB売野雅勇芹澤廣明上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があゝ熱いわ 鏡に向って 微笑(ほほえみ)みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ… 他人(ひと)が言うほど ドライじゃないの 本当は臆病 分ってほしいのあなた……  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A
Respect ~すべての祝福されたSoulたち~TENGUYTENGUY売野雅勇中西圭三田原伸浩街路樹のスターダストたちが 悲しげなSoul のように 報われぬブルーなキミの タマシイ甘く揺らし 報われぬ  Respect Respect Yourself やさしいキャロルのように Respect Your Soul ささやくのさ  世界中の Make it alright 世界中の 孤独たちを Make it alright 孤独なSoul 抱きしめて Make it alright Come on x4 Bless you キスして  世界中の Baby don't cry 世界中の 涙より Baby don't cry Diamond Soul 輝いて Baby don't cry Come on x4 その誇りで  街角を漂流する 真夜中のVoyager たち Voyager 暗い夜がなければ 星も見つからない  Respect Respect Yourself すべての祝福された Respect Your Soul タマシイたち  世界中の Make it alright 世界中の 孤独たちを Make it alright 孤独なSoul 抱きしめて Make it alright Come on x4 Bless you キスして  世界中の Make it alright 世界中の 孤独たちを Make it alright 孤独なSoul 抱きしめて Make it alright Come on x4 Bless you キスして  wow wow wow wow wow-oo wow respect respect respect respect wow-oo wow
ブエノスアイレス Buenos AiresTENGUYTENGUY売野雅勇中西圭三田原伸浩ソプラノのアリアだけが 真夜中の劇場から聴こえる 運命に流される 人生のオペラを歌うように  カテドラルから 追憶の鳥の群れが あなたの列車 追いかけて飛び発つよ  あんなに(も) 愛した人はいない 奪われたのは 心か それともこの人生か ah Buenos Aires  エルネスト・ゲバラのように 生きてと言った眼差しが いまも この胸をつらぬく 死ぬ日まで抜けない黄金(きん)の矢さ  情熱という優しさがあると知った 愛しさと呼ぶ悲しみも教わった  あんなに(も) 愛した人はいない 奪われたのは 心か それともこの人生か ah Buenos Aires  カテドラルから 追憶の鳥の群れが あなたの列車 追いかけて飛び発つよ  あんなに(も) 愛した人はいない 奪われたのは 心か それともこの人生か  美しいソプラノが 天国から降る街 奪われたのは 心か それともこの人生か ah Buenos Aires
1/2の神話PENICILLINPENICILLIN売野雅勇大沢誉志幸秘密だと念おされ あなたにうなずけば クールな私に戻る……いつも  カラカラに乾いてる 態度とうらはらに 心じゃ まだ夢みてる……純ね  半分だけよ 大人の真似 あとの残り 純粋なまま それでもまだ 私悪くいうの いいかげんにして  誰も私 解ってくれない ちょっと見よりか いい子なのに  心まで汚れたら 少しは気も楽ね なんにも 悩まず済むわ……きっと  あなたへのこの想い 私に重すぎて 時々 泣きたくなるわ……純ね  退屈顔の 大人よりも よっぽど私 生きてるつもり それでもまだ うしろ指をさすの いいかげんにして  誰も私 解ってくれない 他人(ひと)より少し 淋しいだけ  半分だけよ 大人の真似 あとの残り 純粋なまま それでもまだ 私悪くいうの いいかげんにして
六本木界隈・夢花火山内惠介山内惠介売野雅勇水森英夫伊戸のりお十五の春に家を出て 盛り場暮らしで夢も枯れ とうに失くした純情の ぼろぼろ最後のひとかけら  あなたに捧げていいですか あなたを愛していいですか  タワーの灯りで涙が燃える あああ 夢の花火か 六本木  人は誇りを失くしても 生きてくだけならできるけど 真心までも棄てたなら 人ではなくなる気がします  あなたは信じてくれますか 見かけと違うと嫌ですか  タワーの灯りで涙が燃える あああ 夢の花火か 六本木  銀座 赤坂 六本木 盛り場擦れしているけれど あなたの気配するだけで 泣きむし少女に戻ります  あなたは笑ってくれますか ばかだとキスしてくれますか  タワーの灯りで涙が燃える あああ 夢の花火か 六本木
それでも世界は美しい塩ノ谷早耶香塩ノ谷早耶香売野雅勇Han Sang Wonこの世で最後の夕焼けみたいに 家路を急ぐんだ 君が待つ部屋  偽りだらけの街さえ 不意に 愛しく見えて 20歳の老人みたいに 泣いた  Dream of you oh, Dream of you それでも 世界は 美しいと言って Dream of you oh, Dream of you 悲しいNews で 埋めつくされた この惑星の片隅で  夜空の彼方で燃え尽きた星が 夜間飛行の灯を かすめて光る  虐げられてる人がいるのに 知らん顔して ありきたりの夢を煽る 街に  Dream of you oh, Dream of you それでも 世界は 美しいと言って Dream of you oh, Dream of you 君になりたいくらい愛してる 優しさで闘うひと  その魂が傷つかないように 抱きしめてたい 青いイノセンス  Dream of you oh, Dream of you それでも 世界は 美しいと言って Dream of you oh, Dream of you 悲しいNews で 埋めつくされた この惑星の片隅で
ジュリアに傷心細川たかし細川たかし売野雅勇芹澤廣明馬飼野俊一キャンドル・ライトが ガラスのピアスに反射けて滲む お前彼の腕の中踊る 傷心(ハートブレイク) Saturday Night 悲しいキャロルがショーウィンドウで 銀の雪に変わったよ so silent night ドア抜けてく俺を tears in your heart 頬濡らし見送ったひと… 俺たち都会で大事な何かを 失くしちまったね  Ol' My Jullia憶えてるかい 俺たち見てた夢…帰ろうぜあの街角へ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア  ラジオでRock'n'Roll 二人で聴いたねヒットパレード 夢の他に何もない部屋で 真夏のヴァケーション 切ないメモリー胸を焦がすよ 髪のリボンほどいたね my destiny 俺やり直したい forever you もう誰も愛せないから 最後の灯りを消したら終るね 二人の Teenage dream  Ol' My Julliaラストダンスは ひとりじゃ踊れない もう一度胸に帰れよ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア  Ol' My Jullia憶えてるかい 俺たち見てた夢…帰ろうぜあの街角へ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア
星の旅人みやぎ健太郎みやぎ健太郎売野雅勇カンケたったひと粒の 砂にも似た 人生でも オーロラを 放つ ダイヤの輝きさ  生まれて来た意味を 探す旅が 生きること 魂の声が導くままに  ひとりぼっちの 悲しい夜にも 涙に炎えて 果実は実る  星の旅人たちさ誰も 愛に咲く夢だけを 命の糧に 何も求めない愛だけを 捧げたい人がいる この星の片隅  この世でいちばん 美しいものを 知っているかい? 人知れずそっと輝く虹たちを  世間に染まらない 心がまぶしい そんな 男に 女に なれよ  星の旅人たちさ誰も 岸辺へと寄せ返すさざ波に似て 何も求めない愛だけを 捧げたい人がいる この星のどこかに
人生の宝石みやぎ健太郎みやぎ健太郎売野雅勇鈴木キサブロー叶わなかった夢のほろ苦さたちが いまのあなたを素敵にしてるのに 過ぎた日を振り返り ままならぬ想いに ため息をつくのはもうやめなよ おれには分かるんだよ 可愛い人よ 涙が刻んだ目尻の皺さえ 泣きながら夢見て それでも夢見て 精一杯生きてきたその証しだと すれ違った愛のやるせなさを残し 人の真夏は足早に逝くけど まごころが照り映える 秋の陽の優しさで あなたは輝いていると知りなよ おれには分かるんだよ 可愛い人よ 涙が刻んだ目尻の皺さえ 泣きながら夢見て それでも夢見て 精一杯生きてきたその証しだと あなたに降り積もる 人生の時間は 喜びも悲しみも あなたの宝石 果てなく降り積もる この星の時間は 神様も奪えない あなたの宝石 Your Life Is Beautiful Your Life Is Beautiful いまあなたに贈ろう この歌を Your Life Is Beautiful Your Life Is Beautiful いまあなたに歌おう この歌を
風のノー・リプライ(30th Anniversary Version)鮎川麻弥鮎川麻弥売野雅勇筒美京平No Reply 琥珀(きん)の砂時計 人はこぼれた砂よ Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね  夢よりも鮮やかに 愛よりも密やかに 見えない意志(こころ)がささやく 星屑が眠る海  金色の無言(しじま)に生命の花びら 指でそっと触れたひとは誰(だあれ)…… No Reply 宇宙(そら)の迷い子たち 胸に抱いてあげたい Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね  夢よりも不思議だわ 人………そしてめぐり逢い 未知(みしら)ぬ意志(ちから)が糸引く 愛道しるべにして  流星が降るたび生命が生まれる 誰も胸に永遠(とお)い星を宿し No Reply 琥珀(きん)の砂時計 人はこぼれた砂よ Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね  No Reply 宇宙(そら)の迷い子たち 胸に抱いてあげたい Say Mark II 優しさが生きる答えならいいのにね
サイレントヴォイス玉置成実玉置成実売野雅勇芹澤廣明レフティーモンスターP星が降りしきる ペントハウスで 空のオルゴールひとり聴いてた  ガラスのロープを目隠しで渡る みんな淋しいサーカスの子供さ  ひとりぼっちの哀しみに 軋(きし)んだ綱(つな)が 心で揺れてる……  Silent Voice, Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes, Silent Eyes ささやいてくれよ そばにいるよって… サイレント・ヴォイス  人という文字をそっと涙で 手のひらに書くと胸が熱くて  あきらめるたびに あきらめ切れずに 途方に暮れる気の弱いピエロさ  拍手鳴らない星空で 玉乗りたちが 両手をあげるよ  Silent Voice, Silent Voice 優しさ街に降り積もる夜は Silent Eyes, Silent Eyes 本当のことが言える気がするね サイレント・ヴォイス  Silent Voice, Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes, Silent Eyes ささやいてくれよ そばにいるよって… サイレント・ヴォイス
切なくてほのかに甘い運命姫carat姫carat売野雅勇藤末樹角田崇徳抱いて 抱いて もっと 抱いて 抱きしめて 好きで 好きで 好きで もう たまらない 人を愛するときめきは 切なさに似て 泣きそうになる  街に夏の気配 そっと 匂う頃 何を見ても キミのことを 想い出す 秘密めくほど 夜のキスは 涙出るほど 胸が騒ぐ  Ah...どうしてふたり この街で めぐり逢ってしまったの? Ah...世界でたったひとりだけ 何で私を選んだの?  抱いて 抱いて もっと 抱いて 抱きしめて 好きで 好きで 好きで もう たまらない 夏が始まる街角で 風に吹かれる 優しいDestiny 切なくて ほのかに甘い Destiny  もっと もっと 強く もっと 愛されたい 愛が 愛が 愛が もう 止まらない キミが微笑む それだけで 心がゆれて 泣きそうになる  ひとりきりで生きて ずっと 来たから 淋しさとか 悲しさとか よくわかる 少年ぽさが残る脚 ずっと見てたい 初めての人  Ah...どうしてふたり この街で めぐり逢ってしまったの? Ah...世界でたったひとりだけ 何で私を選んだの?  抱いて 抱いて もっと 抱いて抱きしめて 好きで 好きで 好きで もう たまらない 夏が始まる街角で 風に吹かれる 優しいDestiny 切なくて ほのかに甘い Destiny
ダイヤモンドは傷つかない -Rearranged ver.-東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール売野雅勇小室哲哉江口亮街にあふれる街に転がる 涙みたいなダイヤモンド みんな天使の口笛を吹く 誰かのキスを探しながら  ラッシュの地下鉄(メトロ)の駅で 冬服着た天使を見た くすんだ胸が涙で 洗われた  優しい少年だった 誰より懐かしいキミが 息を切らせて階段駆けてゆく  ありふれた日に隠されている 生きてく意味に触れた気がした  街にあふれる街に転がる 名も無いただのダイヤモンド ささやかだけど他の誰にも 真似のできない虹を放ち  ささいな事で笑えた 夢見る頃がもし過ぎても 誰かの靴にもし踏まれても ダイヤモンドは傷つかない  天使が消えた街には ニュースの文字が降ってくる 少年の言葉みたく まぶしいよ  みんな流されてくけど 本当にたどり着きたい 場所ならたどり着けると 言ったよね  淋しいなんて思う気持ちを 自分の心に許さないと  胸にあふれる涙に見える 肩で息するダイヤモンド 誰かの靴にまた踏まれても キミの勇気は傷つかない  街にあふれる街に転がる 涙みたいなダイヤモンド みんな天使の口笛を吹く 誰かのキスを探しながら  悲しくなんかないのに 時々胸が潰れそうで 誰かの声に励まされてる それが自分の声と知らず  ささいな事で笑えた 夢見る頃がもし過ぎても 誰かの靴にもし踏まれても ダイヤモンドは傷つかない
夏のクラクション太田裕美太田裕美売野雅勇筒美京平海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女(ひと)に 甘えていたのさ 傷口に注ぐGINのようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺り起こすように…  海沿いのカーブを二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と泣いたままの君が 波間で手を振る 傷跡に触れた まるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone  夏のクラクション Baby もう一度 鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓きそうな 僕を振り返り
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
センチ・メタル・ボーイキララとウララキララとウララ売野雅勇井上大輔井上大輔水・金・地・火・木・土・天・海・冥 水・金・地・火・木・土・天・海・冥  鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール 鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール ツー・ツー!  1.41421356 (ヒトヨ・ヒトヨ・ニ・ヒトミゴロ) 一夜一夜に夢見がち ウツツ抜かした美少年 この世のヒトと思えない 青い眼差し冷たいね 燃える心も凍らせる 空の涙ね流星は 銀河を滑る片想い  ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ 胸のモールス信号 乱れ打ち ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ だけどあなたの心に届かない 鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール 鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール ツー・ツー!  2.2360679 (フジ・サンロク・ニ・オオムナク) 見つめるたびに涙ぐむ 銀のアロハが悲しいね テレパシーさえ弾くから 少し私に振り向いて 1秒でいい話してよ どうやら私 降りる星 間違えたのね ドジだわね  ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ 胸のモールス信号 乱れ打ち ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ ツー・ツー・ツー・ツ・トー・ツ・ツー・ツ だけどあなたの心に届かない 鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール 鉄のハートね Woo-Woo- センチ・メタル・ボール ツー・ツー!  水・金・地・火・木・土・天・海・冥 水・金・地・火・木・土・天・海・冥 ツー・ツー!
Dang Dang 気になる小阪ちひろ starring 阿澄佳奈小阪ちひろ starring 阿澄佳奈売野雅勇林哲司街角を行く 人波が途切れると 月明かりさえ まぶしいねこんな日は  Ah…気持ちの先がときめきの 境界線からちょっとはみ出しそう そばにいると  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心を隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…  ワープロをほら 叩いてた指先が 愛というキーに 触れたまま止まってる  Ah…去年写したグループの写真(フォトグラフ)のキミ 気づかずいたけど 淋しそうね  Dang Dang 気になる! 優しくしないところが Dang Dang 知らない想いを 隠してたでしょ… Dang Dang 涙が Dang Dang あふれる ねえキミから好きだと 言いなさい  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心を隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…
避暑地の消印石田ひかり石田ひかり売野雅勇芹澤廣明海辺(うみべり)のリゾートにいます… 走り書き装ったPostcard 何べんも書き直ししたわ 眠れないまま  手紙出す口実なかったから 夏休みずっと待っていたの さり気なく心を伝えたくて 選んだの 避暑地の消印  陽炎の踏切で揺れる ときめきがポストへと急ぐ 恋しさは淋しさと同じ 感情(きもち)なんだね  時間(とき)の線路(レール)の上に 少女たちは 悲しみの小石を並べてる ひとりぼっちの恋に 気付いてねと ため息が 誰かを呼ぶの…  好きなの…いけないかな…  時間(とき)の線路(レール)の上に 少女たちは 悲しみの小石を並べてる ひとりぼっちの恋に 気付いてねと ため息が 誰かを呼ぶの…
ボディ・ロカビリー姫carat姫carat売野雅勇田原伸浩角田崇徳チャラチャラしてるのは見せかけだけさ 髪までロカビリーの血が流れてる あの子は帰らぬダウンタウン・ボーイ  札付きの不良さ それでもいいのかい? キスした夜言ったね 魂(こころ)は似てても 住む世界 違いすぎるぜって  なんにも怖くなかった あなた失う他に  あの綺麗な気持は どこ行ったの あなたの生き方が大好きだった あの日の  誰にも媚び売らない 誰にも支配されない 誰より傷だらけのBody & Soul Oh ロカビリー  15のバースデーに拾った子犬 抱きしめると自分が恥ずかしくなる 昔のもう私じゃない  夏草に寝転んで誘いかけた 私を本気で叱ってくれたね 宝石のままでいてくれって  あんな素敵な言葉は聴いたことがなかった  人混みの中で今日も流されてく 私の耳元でささやいてよ もいちど  誰にも媚び売らない 誰にも支配されない 孤独な魂(たましい)がまぶしい Body ロカビリー  人混みの中で今日も流されてく 私の耳元でささやいてよ もいちど  誰にも媚び売らない 誰にも支配されない 孤独な魂(たましい)がまぶしい Body ロカビリー
LINE中村由真中村由真売野雅勇林哲司プラットホームに滑り込んだ 流れる窓辺に見つけたひと…  夕闇が降りる乗り換え駅 影でもあなたはすぐに分る  声掛けずにただ見送るわ 昨日と同じよう…  Love is Pain 人波に Love is Pain まぎれてく 一瞬のまぼろしに 心が痛かった Just One Line ひとつだけ Just One Line あなたには 永遠に聴こえない言葉がある 「好きよあなたが…」  夕映えの橋にこの電車が さしかかる頃にあなたもまた  都会(まち)を流れてる別の川を なんにも知らずに渡ってゆく  幸せにいつか出逢えても それはあなたじゃない…  Love is Pain 終着の Love is Pain 駅の灯(ひ)が 文字の書かれていない 伝言板を照らす Just One Line あらかじめ Just One Line 未来から 切り取られた言葉をそっと読んだ 「好きよあなたが…」  Love is Pain 人波に Love is Pain まぎれてく 一瞬のまぼろしに 心が痛かった Just One Line ひとつだけ Just One Line あなたには 永遠に聴こえない言葉がある 「好きよあなたが…」
51%プラトニック姫carat姫carat売野雅勇田原伸浩江上浩太郎・Justin Moretz・角田崇徳見せたい景色があるなんて 甘い口実で バイクを降りた夜の川岸  「怖いからもう戻ろ」って 足を止めるたび 風に草むらがあやしく騒ぎだす  やらしい気持を確かめるみたいな キスはやめて  Stop! Baby Stop! Stop! Baby Stop! 恋してなけりゃ生きてる意味がないけど なしくずしは 趣味じゃない  Don't Hurry Love, Don't Hurry Love 愛されるのはいいけど 半分ちょっと プラトニックなままでいて 51(Fifty One)…Platonic  シャツのボタンを自分から外すまで待って モラルじゃなくて美意識だからさ  少年ぽさが好きだから 壊さないでイメージ エアポート飛び発つ星を指差す人  初めてなんだよ こんなに誰かを 愛したのは  Stop! Baby Stop! Stop! Baby Stop! 淋しさってさ退屈と同じ言葉ね キミに逢えて解ったよ  Don't Hurry Love, Don't Hurry Love 愛されるのはいいけど 半分ちょっと プラトニックなままでいて  Stop! Baby Stop! Stop! Baby Stop! 恋してなけりゃ生きてる意味がないけど なしくずしは 趣味じゃない  Don't Hurry Love, Don't Hurry Love 愛されるのはいいけど 半分ちょっと プラトニックなままでいて 51(Fifty One)…Platonic 51(Fifty One)…Platonic
十戒(1984)朴路美朴路美売野雅勇高中正義愚図ねカッコつけてるだけで 何もひとりきりじゃできない  過保護すぎたようね 優しさは軟弱(きよわ)さの言い訳なのよ  発破(はっぱ)かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられないかぎり 限界なんだわ 坊やイライラするわ  すぐに愛を口にするけど それじゃ何も解決しない  ちょっと甘い顔をするたびに ツケ上がるの悪い習性(クセ)だわ  優しいだけじゃもう物足りないのよ 今の男の子みんな涙見せたがり 甘えてるわ 止(や)めて冗談じゃない  ちゃんとハッキリしてよこの辺で ギリギリよもどかしいわね  救いのない人ね哀しくなるのよ 私好きならば方法あるはずよ でなきゃさよならね いいわ冗談じゃない  発破(はっぱ)かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられたら きっと 好きになれたはず… 坊やイライラするわ
BABY BLUE伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次わかっていたよ 初めから 君しかいないはずなのに 夢見る瞳を ブルーにしたのは 僕さ 悲しいよ  震える君の肩ごしに 街の灯り、かすんでく…… 夢を消したのは、ブルーなyesterdays とぎれとぎれの やさしいmemories  Baby blue, Oh Baby blue 誰にも 二度と渡さないさ They call you Baby blue, Oh Baby blue 夜空を虹が染めていくよ You're no more Baby blue  悲しみに濡れる、瞳も 僕の胸で、かわくだろう ほほえみながら いつかのように 君の、その夢を、映してくれ  Baby blue, Oh Baby blue 誰にも 二度と渡さないさ They call you Baby blue, Oh Baby blue 星くず街を照らしだすよ You're no more Baby blue  Baby blue, Oh Baby blue 誰にも 二度と渡さないさ They call you Baby blue, Oh Baby blue 二人を 愛が抱きしめるよ  Baby blue, Oh Baby blue……
SHADE OF SUMMER伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次最後のシャッター切る指 震るえていたよ シトロエンで微笑む 君がブレてる  Small light だけで走る 都会の twilight time ダウンしそうな時はいつも この通りを流す…  「淋しい大人にならないでね」と 隣りで君が… 「あの日の輝き忘れないでね」と いまも心に 囁いてる  押し寄せる時の波 君を見失い いつか僕もクールな 大人になってた  哀しい君の笑顔 寄せる波のように 変わらないこの街並に 僕をつれ戻すのさ…  「淋しい大人にならないでね」と いまでも 君が… 「あの日のキラメキ失くさないでね」と 遠くで僕に 囁いてる  遠去かる夏の影 まぶしい想い出 君の祈りに似て 胸にしみる…  「淋しい大人にならないでね」と 隣りで君が… 「あの日の輝き忘れないでね」と いまも心に 囁いてる
まっ赤なビキニのサンタクロース伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次Tappin', Tappin' and Clappin' Tappin', Tappin' and Clappin' Tappin', Tappin' and Clappin' Tappin'  Tappin' and Clappin', Cracker is crackin' Jingle bells in my heart まっ赤なビキニの baby 素敵な真夏のSanta Claus  Tappin' and Clappin', Looking for you darlin' Don't Jingle my bell お前のせいさ Midsummer X'mas tonight  お前が連れて帰るよ あの素敵な Ol' happy summer days 白いセスナで手を振る it's you! yes, it's you! お前が消えた Wow Wow Woo… 渚で、この日を夢見てたのさ  波間にゆれる moonlight candle 過ぎた日々を照らすよ 懐かしのアストリンゼン so sweet, when we kiss 古いトランヂスタで Wow Wow Woo… ロッカバラード みんな昔のままだよ  Tappin' and Clappin', Cracker is crackin' Jingle bells in my heart まっ赤なビキニの baby 素敵な真夏のSanta Claus  Tappin' and Clappin', Looking for you darlin' Don't Jingle my bell お前のせいさ Midsummer X'mas tonight  離れ離れじゃ二人は 暮らしていけないのさ あの日見た同じ夢 for two, dream for two もう二度とお前 Wow Wow Woo… はなさない みんな昔のままだよ  Tappin' and Clappin', Cracker is crackin' Jingle bells in my heart まっ赤なビキニの baby 素敵な真夏のSanta Claus  Tappin' and Clappin', Looking for you darlin' Don't Jingle my bell お前のせいさ Midsummer X'mas tonight お前のせいさ Midsummer X'mas tonight お前のせいさ Midsummer X'mas tonight
恋のリーズン伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次おかしな気分さ まるで僕は迷子 Wrong or right 教えてほしいのさ Wrong or right 恋に理由(わけ)でもあるのなら  瞳の翳り のぞくのも怖いのさ Night or day 君のことだけ, wonder why Night or day 空回りするばかりの, joke  白いVW(ビートル)で二人 ホロ上げて聴いた曲さ Remember again 悲しい恋のスーベーニール  だから Tell me why…… 微笑んでおくれよ だから Tell me why…… 出逢った頃のようにもう一度 Say you love me この涙が The reason why I love……  黙ったままじゃ 何も解らないよ Leave or stay 他に誰か好きなの Leave or stay 君のハートが気にかかる  初めての口づけ sunset beach ポニーテイル 風に揺れてた Remember again 切ない恋のダイアリー  だから Tell me why…… 微笑んでおくれよ だから Tell me why…… 出逢った頃のようにもう一度 Say you love me この涙が The reason why I love……  だから Tell me why…… 微笑んでおくれよ だから Tell me why…… 出逢った頃のようにもう一度 Say you love me この涙が The reason why I love…… The reason why I love The reason why I love The reason why I love
Night Pretenders伊藤銀次伊藤銀次売野雅勇伊藤銀次君を抱きしめてないと “Feel so lonely tonight” Midnight T.V. 終って街は眠る  まるで夏の終りのようさ Hello! Stardust city! 優しい気分で素敵にして  Night Pretenders 二人は淋しいだけさ Night Pretenders 恋するフリしているだけさ 'Cause we are lonely  朝が来れば消えてしまう 一瞬の夏(ユメ)でも いいから君のこと愛していたい  街角のフィービーたちが 二人に手を振る 大人になれない悲しい angels  Night Pretenders 二人は淋しいだけさ Night Pretenders 恋するフリしているだけさ 'Cause we are lonely  口笛がアスファルトを走る 微笑み途切れ立ちすくむ影 灯り消えた show windowに二人 風を見ている……  Night Pretenders 二人は淋しいだけさ Night Pretenders 恋するフリしているだけさ 'Cause we are lonely  Night Pretenders ホントは「君が欲しい」 Night Pretenders それだけ言いたかったのさ 'Cause we are lonely
ル・ジタン香坂みゆき香坂みゆき売野雅勇芹澤廣明無理してつくる笑顔 あなたぎこちないのよ 別れはいつもそうね 肌で分るわ……  胸が寒い 胸が寒い いくら抱かれていても 言い訳はいらないわ  強がり 言わせて それが優しさなら 涙を見せたら ドアを出てく足 鈍るでしょう  男から女へと 素肌を重ねて 淋しさ教えるのね いつも 男から女へと 唇重ねて 夢見ること 憶えさせるの Ah…… 罪だわ 罪だわ  髪に手を触れないで 心が崩れそうよ 口先で言うほどに 強くはないわ……  胸が寒い 胸が寒い 誰かあたためてよ ひとりじゃ淋しいよ  女は誰でも夢見たがりなの 男は淋しさ ちょっといやせばそれで済むけれど  またひとつ終ってく 愛を見送れば 悪女と噂が立つのね この涙 乾くまで 本当はあなたに 私のそばにいてほしい Ah…… あなた あなた  男から女へと 素肌を重ねて 淋しさ教えるのね いつも 男から女へと 唇重ねて 夢見ること 憶えさせるの Ah…… 罪だわ 罪だわ
PRIVATE RED岡田有希子岡田有希子売野雅勇山川恵津子鏡の中 不思議な旅に出るの 恋をしてる切ない胸の黄昏れ時 時計仕掛け 金の林檎の陰から 誰なの 名前を呼ぶひと  ルージュを引く指先 震えて背中に 遠い視線 感じているの  PRIVATE あどけなさは まだ 昨日のまま PRIVATE 唇だけ ああ 少し違う とまどうほど綺麗な赤よ  青い鳥が羽根に触れたら消えた 振り向く空 あなたの声が遠去かるの 約束して ずっとそばにいると 不安な私を抱きしめ  初めてなの この恋 知らない世界よ あなたなしじゃ 迷子になるわ  PRIVATE 夢見がちな きっと女の子は PRIVATE 鏡の国 ああ 愛に出逢う 微笑みから「少女」が消えて  PRIVATE あどけなさは まだ 昨日のまま PRIVATE 唇だけ ああ 少し違う  PRIVATE 夢見がちな きっと女の子は PRIVATE 鏡の国 ああ 大人になる 唇から「少女」を消して
永遠に好きと言えない酒井美紀酒井美紀売野雅勇林哲司十川知司夕日が射す渡り廊下 楠の影ゆらし風が吹く ひとりきりの音楽室 あの人が帰るまで帰れない  ブラスバンドの列から あなたの音 聴き分けた…  切なくて切なくて あなたの書いた五線紙抱くの 親友の恋人に 片想いした罪を悔やんで  「がんばってね…」彼女に告げ Vサイン出したあと駆け出した あなただけは幸福にね 友情って涙より重いから  正直に生きることが いちばん難しいのね  つらくてもつらくても もう永遠に好きと言えない 青春って嫌いだな 大切な時嘘をつくから  土手をふたつ走ってく 自転車の影に泣いた  切なくて切なくて あなたの書いた五線紙抱くの つらくてもつらくても もう永遠に好きと言えない
文化祭に誰を呼んだの酒井美紀酒井美紀売野雅勇林哲司西脇辰弥文化祭のポスターにらんでたら 泣きたい気持ちになった  体育館から響くホイッスルで 振り向く空も高くて  どうしているの? 夏の絵葉書 今年なかったけど  誰を呼んだの? もうすぐやって来る 初めての文化祭に  誰と歩くの? 制服が私と おんなじ人だといちばん悲しいな  夕焼け空の下の野球場が 見えるよ 土手の上から  汚れたユニフォームの選手たちが あなたにみんな思える  何があったの? つぶやくたびに 夕闇が近づく  誰を呼んだの? その時迷ったの? はにかむ笑顔の言葉  誰が聴いたの? 運命の受話器で 少年らしさが残るその声を  誰を呼んだの? もうすぐやって来る 初めての文化祭に  誰が聴いたの? 運命の受話器で 少年らしさが残るその声を
八月のジプシー石川秀美石川秀美売野雅勇小田裕一郎ヨットの白い帆を まっ赤に染めて夏が A-ha-ha 終るよ 短い恋 ねえサヨナラかしらと聞いた  好きと言えば キリがないねと つぶやいたひと  九月になったら 普通の子になるけど A-ha-ha 今だけ 激しい 恋する女でいたい  好きよ……抱きしめていてね あゝゝ……夢なら醒めずに  バラ色のマニキュア噛み 夏のドア叩く 青いヴァケイション 少女たちは 八月のジプシー  何処へと帰るの ロープの切れた舟は A-ha-ha アソビに できたら 苦しまないのに二人  好きよ……媚薬をさされた あゝゝ……心の花びら  愛だけが生きることの 多分答えでしょう 恋が醒めるのが怖くなるわ 八月のジプシー  バラ色のマニキュア噛み 夏のドア叩く 青いヴァケイション 少女たちは 八月のジプシー
ウインター・リポート石川秀美石川秀美売野雅勇芹澤廣明雪の花びらを 敷きつめてゆく 白い海岸を 歩いたの……… ひとりで見るには 美しすぎて 手紙に したためてます  涙をそっと ペン持つ指で 優しさに変え 伝えてみたい あなたがいない 悲しみより 深い白ですと書いた 海辺の町から Winter Report  ふたりのイニシャル 編んだマフラー 迷惑でしょうね 贈ったら ひとりでするには 大きすぎたの 鏡に 映して泣いた  最後の言葉 心で避けて 風景の裏 想い隠すの 長い手紙に なりそうです ペンを置くことが怖い さよなら書けない  波間に雪は 消えても愛は 花びらのよに はらはら積る あなたがいない 悲しみより 深い白ですと書いた さよならにかえて Winter Report
RAIN GLASS石川秀美石川秀美売野雅勇林哲司ビルの街角(まち)に並んだ街路樹が 雨上りにきらめく夕暮れね  傘たたむ人波に 聞き憶えのある声が 振り向けば懐かしい笑顔に 涙が あふれそうになった  あれは学生時代の恋 ずっと片想いしてた 昔の話をする あなたがつらいわ  初めて飲むカクテルの名前を どんな時も忘れはしないでしょう  紺色のスーツの横顔が 疲れて見える まぶしくて近寄りがたかった頃より 悩んでるみたいね  声にならない つのる想い 切なく 瞳(め)を伏せ 友だちの名を借りて告げる 恋に気づいてね  夢で輝いたひとでいて つらいことがもしあれば いつでも呼び出してね 心で祈った  遠くあなたが描く夢の いちばん近くに そっと 寄りそって生きてたい 夢の影に似て
素敵な勇気石川秀美石川秀美売野雅勇高橋研少年の頃の話聞かせて 涼しい眼差しになると あなたは草の匂いがする  チョークで落書きした夢は ねえ何だったの 続いているの  あなたのそばにいると とても優しくなれる 乾きそうな心も きっと優しくなれる  生きてゆく勇気を ありがとう…… やっと出逢えたね  自分を嫌いになりかけた時 静かにあなたを思うの 子供の頃に戻れるから  心に棲んでた神様が あなたの声で ささやくのよ  あなたと生きていると 希望が湧いてくるの つまずきそうな夢を 愛で支えてくれる  私にはあなたが 何よりも 素敵な勇気よ  あなたのそばにいると とても優しくなれる 乾きそうな心も きっと優しくなれる  あなたと生きていると 夢が叶う気がする あなたと生きていると とても優しくなれる
デス・トラップ石川秀美石川秀美売野雅勇NOBODYハイヒールを選んだのは クールに Good By 響くよう 瞬間(とき)の中で 乾く都会(まち)が 涙を欲しがらないように  ごめんね…… あなたを今でも好きだわ 口づけしないで 泣いてしまうから  Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues クーペのルーフに並べたグラスに Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues 優しい星が積るまで そばにいて  別の女(ひと)になりたかった…… サヨナラのそれがすべて いい女になることより 自分と出逢ってみたかった  嫌いになれたら 救われるのにね あなたを卒業してもいい頃ね  Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues 涙は優しすぎるからつらいの Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues あなたの愛は罠だね Sweet Death Trap  Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues 涙は少し重すぎる明日に Woo Baby, Tokyo Woo Bay Blues あなたの愛は罠だね Sweet Death Trap
少女A吉川友吉川友売野雅勇芹澤廣明MSR上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があ 熱いわ 鏡に向かって 微笑みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ… 他人(ひと)が言うほどに ドライじゃないの 本当は臆病 分かってほしいのあなた…  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A
Go! Go! Rock'n'Roll戸田恵子戸田恵子売野雅勇林哲司恋をするなら Hot Rod ウィスキーなら Rock 刺激がなけりゃ No No Life 人生じゃない アンモナイト  波乱をはらんだ My Way 眠れぬヘヴィな日々も くぐり抜けました Pipeline 波乗りジョニーみたいに  ロックンロールで行こうぜ 女の血を騒がせて 止まらない Go! Go! Rock'n'Roll  目覚めるたびに Brand-new Day 人は想うままに 生まれ変われる Rolling Stone 運命なんか Don't Be Afraid  清く正しくて ちょっと 不良なくらいが最高 可愛い女の それが レシピっていうやつ Com'on  ロックンロールで恋して ロマンチックにキスして 生きてゆく Go! Go! Rock'n'Roll  だけど恋は謎のまま 何度人を愛しても 夢の隅で花開く 夜桜のせつなさ  清く正しくて ちょっと 不良なくらいが最高 可愛い女の それが レシピっていうやつ Com'on  ロックンロールで行こうぜ 女の血を騒がせて 止まらない Go! Go! Rock'n'Roll  だけど恋は謎のまま 何度人を愛しても 夢の隅で花開く 夜桜のせつなさ  ロックンロールで恋して ロマンチックにキスして 生きてゆく Go! Go! Rock'n'Roll  ロックンロールで行こうぜ 女の血を騒がせて 止まらない Go! Go! Rock'n'Roll
Lonely Liar早見優早見優売野雅勇和泉常寛枯葉の街が心に痛くて 眼を伏せて恋する夕暮れ  この胸責める恋のときめきと 悲しみはひとつのものね  とても大事なひとを裏切ることが 私の愛ですか  Heart is lonely liar one falls in love 甘い媚薬を盛られた Heart is lonely liar 心は恋したがりの嘘つきだから 秘密の鍵そっと回す  いけないことをささやくのは誰 深い泉の水底(みなぞこ)で  いくら耳塞(ふさ)いでも あなたの声のまぼろしが消えない  Heart is lonely liar one falls in love つのる想い断ち切れず Heart is lonely liar 二つに引き裂かれてく涙で愛の 息の根止め眠らせて  Deep, deep inside of me I hear someone whispering Girl is like a lonely liar Never love me, never love you…  Heart is lonely liar one falls in love 甘い媚薬を盛られた Heart is lonely liar 心は恋したがりの嘘つきだから 秘密の鍵そっと回す
少女・熱風・天然色石田ひかり石田ひかり売野雅勇芹澤廣明避暑地の図書館の陰で キスをさせたわ 出逢ってからまだ日も浅い子に  夏はみんな不良っぽい恋をするのよ 天使の顔した少女たちも…  愛…愛してるって ささやくひと笑ってたわ 夏…去年の夏が 胸責めるの  湖へと降りる坂で時間が止まる あの日のほら二人がボート漕ぐ  薄いシャツの胸のカーブ 風の形になるよう あなたに向けて見せた  夏…夏休みには また逢えると思ってたの 恋…恋は淋しい夢なんだね  夏…唇に夏 また逢えると思ってたの 恋…恋って淋しい なぜ悲しい…  夏…唇に夏 小さな傷 残して逝く 愛…愛していると もう言えない…  ああ 遅いね
Dang Dang 気になる中村由真中村由真売野雅勇林哲司街角を行く 人波が跡切れると 月明かりさえ まぶしいねこんな日は  Ah…気持ちの先がときめきの 境界線からちょっとはみ出しそう そばにいると  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…  ワープロをほら 叩いてた指先が 愛というキーに 触れたまま止まってる  Ah…去年写したグループの写真のキミ 気づかずいたけど 淋しそうね  Dang Dang 気になる! 優しくしないところが Dang Dang 知らない想いを 隠してたでしょ… Dang Dang 涙が Dang Dang あふれる ねえキミから好きだと 言いなさい  Dang Dang 気になる! 気のない振りしてるのが Dang Dang 涙が 心に隠しきれずに Dang Dang 切なく Dang Dang 淋しく 好きなの?って訊けたら いいのにね…
涙が止まらない星本エリー星本エリー売野雅勇鈴木キサブロー宮崎慎二涙が止まらない あなたのことを 想い出すたび 夜空に 翼の灯り ちらちら にじんで 星の海に 沈む 涙が止まらない 愚かな女だったね あたし やんちゃな時代を 生き急ぐまま 愛にも ずっと 気づかなかった あの頃は 若過ぎて 見えなかった 人の優しさが 胸にしみて 痛い 好きだって 口にせず 分かってて くれたよね 淋しさも 夢も あなただけは 悲しいくらいに…  涙が止まらない 幸せすぎて 怖くなるほど 夢なら このまま 眠りつづけて あなたの 胸に 抱かれながら あの頃は 若過ぎて 浮いた噂を 流し いたずらに あなた 傷つけた 泣きながら 雨の街 逃げて来た あたしを 抱きしめてくれた 何も訊かず 悲しいくらいに…  あの頃は 若過ぎて 逃げて来た あたしを 抱きしめてくれた 何も訊かず 悲しいくらいに…
こんなに悲しい夜が待っていても星本エリー星本エリー売野雅勇鈴木キサブロー宮崎慎二桟橋の尖まで 最後に歩いて 幸せな頃の 話をしながら  笑ったら涙が あふれてくるのに 肩を震わせて ずっと笑ってたい  さよなら さよなら 出逢った頃に 戻れたら こんなに悲しい恋を あなたは しないでしょう  さよなら さよなら 出逢った頃に 戻れても きっと もう一度 あなたのことを好きになる こんなに悲しい夜が 待っていても  街の灯りを見ながら 話してくれたね アカシヤの街で 暮らしていこうと  叶わぬ約束と わかっていたけど あなたの気持が ただうれしかった  さよなら さよなら 好きになるって 運命を 自分で変えてくことでしょう つらくても  さよなら さよなら 悔やんでいるかと 訊くけれど あんなに幸せだった ことなどないんだよ こんなに悲しい夜が 待っていても  さよなら さよなら 悔やんでいるかと 訊くけれど あんなに幸せだった ことなどないんだよ こんなに悲しい夜が 待っていても
美貌の青空大貫妙子 & 坂本龍一大貫妙子 & 坂本龍一売野雅勇坂本龍一眼差しの不実さと 気高さに溺れていた  狂おしい夏だった 青空も 声も 小さな死のように  これ以上愛さない 禁じる愛おしさで 瞳は 傷口と知る魂の  別々の惑星に 僕たちは棲む双生児さ  野獣の優雅さで 沈黙を舌で味わう 罌粟のように  切なさで胸を傷めながら 君の 可憐な 喉笛から あふれ出した 虹の涯は 美貌の青空  狂おしい夏だった 手に触れる すべて 欠片の死のように  君の血が透き通る 野蛮な 瞳 見ては 途方に暮れる 真夏の楽園
ジェラス・トレイン河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平Don't go away Jealous guy Don't call me Jealous girl Why oh why Let us back Taking a Jealous train  いけない事だと 解ってたけれど あなた追いかけて 西へ行く列車に乗ったの ah…  4月のハイウェイ クーペ飛ばしあなた 助手席にあの娘連れて 海辺の町 誰か止めてよ 浮気な恋も今なら間に合う 二人がキスする前に  Jealus train Let us back jealus train Hurry up  Touch me 切なさがこみあげ「愛してる…」と 何度も何度も言うわ  Don't go away Jealous guy Don't call me Jealous girl Why oh why Let us back Taking a Jealous train  夕陽のコテージ 泣き顔を隠し 目の前過ぎてく二人…背中向けた やめて悪いジョークもう 心傷つくだけだわ サヨナラ嘘だと言って  Jealus train Let us back jealus train Hurry up  Touch me 連れてって二人が昔(もと)いた場所 ひとりじゃひとりじゃいやよ  Don't go away Jealous guy Don't call me Jealous girl Why oh why Let us back Taking a Jealous train Jealus train Let us back Jealus train Hurry up  Touch me 連れてって二人が昔(もと)いた場所 One way ticket,one way ticket Jealous train  Don't go away Jealous guy Don't call me Jealous girl Why oh why Let us back Taking a Jealous train
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
唇にナイフRATS&STARRATS&STAR売野雅勇後藤次利キッスマーク月明かりに ほのかに浮かんだよ お前を抱く指がほどけ 眼を伏せた 「愛してる」と 腕をからませ 口づけをねだる 視線がいいね Hold me 惚れてる弱味だね Kiss me 今夜は妙に綺麗さ  唇に銀のナイフ ムーンライト反射き 男の弱いとこグサリと刺すね No No No No 唇に光るナイフ 殺し文句さ 淋しい夜だから 「抱・い・て」とつぶやくよ  サヨナラって言いかければ 切なく片目閉じ ドアを抜けて冬の渚 誘ったね ハイヒール砂につまづき 抱きよせた瞳 濡れてたお前 Hold me 口笛吹く時は Kiss me 決って俺の負けだよ 唇に銀のナイフ 俺がいなけりゃ 生きてはいけないと 胸熱くさせ No No No No 唇に光るナイフ 殺し文句さ 「嫌いになれるまで 抱・い・て」とささやくよ  お前しかない俺だよ 知っているだろ… 浮気な女だけど お前涙をふけば 今度俺が泣く番さ  唇に銀のナイフ ムーンライト反射き 男の弱いとこグサリと刺すね No No No No 唇に光るナイフ 殺し文句さ 淋しい夜だから 「抱・い・て」とつぶやくよ
Let It Green岩崎良美岩崎良美売野雅勇芹澤廣明Light house project草原の飛行場跡に 単発機(プロペラ)が眠る コックピットに滑り込むと 風が聴こえた 午后はホテルにも帰らずに ここにいたいね 今日までで いちばん優しい キスをあげる Green Green Green 緑に燃える星に とても大切なひとがいる あなたきっと私の奇蹟 Green Green Green 見えない糸に導(ひ)かれ 同じ時代(じかん)に生まれたこと 大事にしていたいの 愛を Let It Green  今は錆びついて動かない 磁石が指(さ)していた 宝島へ私を抱いて 連れて行ってね 夢を話す時のあなたが 大好きだから 明日(これから) 何が起っても 怖くないわ Green Green Green あなたがそばにいれば まるで少女(こども)の頃のように 奇蹟さえも手のひらの中 Green Green Green 生命の色を映す 美しい星の片隅に あなたといることが 「幸福(しあわせ)」だね  Green Green Green 緑に燃える星に とても大切なひとがいる あなたきっと私の奇蹟 Green Green Green 見えない糸に導(ひ)かれ 同じ時代(じかん)に生まれたこと 大事にしていたいの 愛を Let It Green 大事にしていたいの 愛を Let It Green
砂に埋めたダイアリー岩崎良美岩崎良美売野雅勇芹澤廣明芹澤廣明キャンドルかざしながら 踊ったね 去り行く 二人の夏を 渚で見送って 想い出の花びらをそっとつないだ さよならのレイ 波間に 浮かべ 千切れるほど 腕を振って 祈った 二度と悲しい恋 しないように Darling please don't say (I) Love you (any more) It's a sin telling a lie Because To never forget all of you Leave me million tears and loneliness  月影の浜辺から聴こえるわ 耳にあてた 貝殻に あなたのハーモニカ 頬にかかる涙が指のキャンドル 消さないようにあなたの 白いシャツに顔を埋めラストページの 日記に綴ったの 忘れないと 想い出の花びらをそっとつないだ さよならのレイ 添えたの 好きと書いて砂に 埋めた 愛のダイアリー 二度と あなたに恋しない……But I love you…
スーパーラジオ1960岩崎良美岩崎良美売野雅勇芹澤廣明芹澤廣明オールナイトのムーヴィ・ハウスで 恋を失くして泣いている誰かに I love you! ベイ・シティから愛を込めて kiss you アイ・ヤイ・ヤイ・ヤイ 赤い稲妻夜空を走るよ 街の片隅淋しいあなた探して You alright? さきやくのよ TOKIO ROSE 1960 RADIO Be-Bap-A-Lu-La You'er my baby Honey Honey Say “I NEED YOU. TOO” Through the night チューン合わせて踊ろ Rock'n' Roll オールディーズ・ビートの Twist & Shout 朝までダンスは誰にも止められないよ Tonight RADIO Boogie Woogie 淋しくなったら ヤイ・ヤイ・ヤイ・ヤイ・ヤイ いつでもここは Weekend! スーパーステーション  夜のビーチへあの子と G.T. 飛ばすハイウェイ 流れたナンバー Remember マイクロフォンがスパークしそうな night ヤイ・ヤイ・ヤイ ジャンとディーンと4人のビートル ペトラ・クラーク ダイアン・リィオイ and C.C.R. みんな誰かのこと愛してる 1960 RADIO Sha-na-na la ma, Ding Dong Ding. Doo Wap Chu-chu Train “HURRY UP!”  Come tonight チューン合わせて聴いて Rock'n' Roll リヴァプールのcrazy boy ママには内緒で教えてあげたい if ya hold me tight RADIO Boogie Woogie 星も泣きそなcry ry ry ry ry 悲しい夜は R&B  チューン合わせて踊ろ Rock'n' Roll オールディーズ・ビートの Twist & Shout 朝までダンスは誰にも止められないよ Tonight RADIO Boogie Woogie 淋しくなったら ヤイ・ヤイ・ヤイ・ヤイ・ヤイ いつでもここは Weekend! スーパーステーション
センチメンタル逃避行岩崎良美岩崎良美売野雅勇芹澤廣明芹澤廣明傷をつけた 二人並ぶ 夏の写真 あなたひとりだけを切って 持って行くわ Ah 霧が出ると 閉鎖(とじ)てしまう 北の空港(エアポート) 晴天(はれ)と告げた機内放送(アナウンス) 戻れる言い訳 最後に賭けた… あなたを忘れる さよならの旅 センチメンタル Run Run Runaway ひとりきり 逃避行 枯葉につまずく 街角 舗道 落ちた長い影 淋しさがピンを打ち 身動きできずに 泣いている センチメンタル・ランナウェイ  秋の夕陽 スコアボード 斜めに切る 並ぶゼロを マウンドから 振り返っても Ah… ボール握るあなた きっと気づかないね 私 そこに いないこと 飛行機雲が 掠(かす)れた空を 背負った あなたを ラジオで聴いた センチメンタル フォトグラフ ちぎれたら 想い出は ひとりで 振り向くしかない 半分だけ 置いてきた  決めかねた さよならの 未練のサインに あなたは 首を真横に 振るでしょう  哀しみを隠せない旅人が 枯葉につまずく 街角 舗道 落ちた長い影 淋しさがピンを打ち 身動きできずに 泣いている センチメンタル・ランナウェイ
ジャスミンの頃岩崎良美岩崎良美売野雅勇大村雅朗大村雅朗サヨナラより つらいことよ あなたが優しさ忘れてしまうのは‥‥ 口びる噛む懐しさね あなたを見かけた街は雨 通り過ぎた愛は一度だけ 振り向いてささやくわ 同じ時代(とき)を生きた夢だけを 抱きしめて ‥‥ジャスミンの頃  自分だけを責めないでね 心に淋しさつくったのは 私‥‥ 手を触れたら 壊れそうな 青い季節の忘れもの 通り過ぎた愛は いつの日か まぶしさも消えるけど 同じ時代(とき)を生きた夢だけは 変わらない ‥‥ジャスミンの頃  サヨナラよりつらいことよ 二人があの頃忘れるのは
気分はモノクローム岩崎良美岩崎良美売野雅勇Nobody鷺巣詩郎伏せ眼がちな気分はモノクローム 色づいた街並うらはらに あなたのことまだ好きだから 微笑みの翳りに気づかないで 別の人と 過ごしたヴァケーション あれは夏のセンチメンタルね  mm…Secret Love 背中の白い影に mm…Secret Love 秋風が切ない 口づけね  ドレスの紐 指先重ね おたがいに視線を読みあってる  黄昏れがち気分はモノクローム いたずらな季節の忘れ物ね 悪い人ね 誘わないからよ あなた忘れ恋に落ちたのも……  mm…I'm in Love 白い影に隠れた mm…I'm in Love いけない想い出ごと抱きしめて  悪い人ね 誘わないからよ あなた忘れ恋に落ちたのも……  mm…I'm in Love 白い影に隠れた mm…I'm in Love いけない想い出ごと抱きしめて mm…Secret Love 短い夏の恋と mm…Secret Love あなたの口づけを比べてる…… 
レイン岩崎良美岩崎良美売野雅勇馬飼野康二馬飼野康二Rain……窓から雨のプール 水を切るあなた ひとり見てる 止まないで Rain…… 淋しさ少し前のセンチメンタルを 楽しんでる 二人ともいま 「寒い夏になるわ……」 折れた淡いLipstick 口唇から落ちた 言葉に気づいて 瞳閉じれば まだ海の碧さね 去年のまま Rain……ため息 素肌そして幻(ゆめ) あなたに抱かれて 波を見てた 想い出 横切る  Rain……煙った海岸線 ワイパーが見せる 絵はmonotone 切なさ誘う 寒い夏になると ノイズまじりのRadio 「このままでは恋もできない…あなたのせいよ サヨナラ 聞くためと 言い訳して戻るわ」 Rain……八月 迷い子そしてTwilight 口笛が水面 揺らすたびに 心も濡れる  凍えそうよ Too late Rain……皮肉ねこんな雨を 去年の二人は ずっと待って いたはずなのに
風の影岩崎良美岩崎良美売野雅勇鈴木キサブロー後藤次利あなたひとり 悲しみに昏れる時に 想い出して 二人あの日見た同じ夢で ほほをふいてあげる 私が愛したあなたは いつも夢だけを 追いかけていたわ どうか忘れずいてね 二人離れても 私はいつもそばにいる あなたのことだけ 見守るように  時の波に 流されるまま いつか見失った 胸に残る 悲しみの影に 愛を教わるのね 私が愛した あなたのままでいつまでも 夢をつかまえて どうぞあの日のように もしももう二度と 違えないとしてもお願い 瞳の輝き 失くさずにいて  私が愛したあなたは いつも夢だけを 追いかけていたわ どうか忘れずにいてね 二人離れても 私はいつもそばにいる あなたを見守る 風の影のように
Sugar days岩崎良美岩崎良美売野雅勇井上鑑井上鑑微笑みで 心躱しながら love songで踊り続けてた あの頃 優しさのヘアピン・カーブさえ いたずらに恋はスピードをあげて ただ 時間(とき)の針 回したね Sugar days, Sugar day's dream キャンドルを ひとつずつ 消すたびに Sugar days, Sugar day's dream 淋しさに ひとつずつ 気づいてゆくのね …Sugar days  一瞬(ひととき)の恋に 胸奪われ love songが聴こえなかったわ あの時 想い出は いま あなたの腕で 抱きしめるように愛に変わるのね half bitter pretenders 瞳(め)を閉じる… Sugar days, Sugar day's dream キャンドルは またひとつ 消えるけど Sugar days, Sugar day's dream 読みかけの ペイジから 誰かがささやく… Sugar days, Sugar day's dream キャンドルを ひとつずつ 消すたびに Sugar days, Sugar day's dream 優しさに 少しだけ 気づいてゆくのね …Sugar days
Epilogue(Sugar Windを待ちながら)岩崎良美岩崎良美売野雅勇井上鑑井上鑑Sugar days, Sugar day's dream Sugar days, Sugar day's wind なつかしい色をした風 待ちながら……  遠い浅橋の灯りづたいに 通りすぎた 微笑みが にじんでく 想い出の波打ちぎわ つま先に白い波たち Sugar days, Sugar day's dream Sugar days, Sugar day's wind もう一度 今の私で 逢いたいな  流されるままに 夢を見ながら 恋をしてた ほろ苦い夏の時代(とき) 淋しさの正体(いみ)も知らず 傷ついた 愛に手を振った Sugar days, Sugar day's dream Sugar days, Sugar day's wind もう一度 今の私で 逢いたいな  Sugar days, Sugar day's dream Sugar days, Sugar day's wind もう一度 今の私で 逢いたいな You were the Sugar wind
優しい関係岩崎良美岩崎良美売野雅勇鈴木キサブロー後藤次利いいわ 今のままで シャレた関係だから 素敵な大人の時間さえ 過ごせれば  都会(まち)のセンチメンタル 好きよ 黄昏れ時 あなたの背中でShow window シネマ映す  唇重ねるたびに Ah…私 綺麗になってく 激しささえいつか 優しさに変わるのね 瞳に Twilight……  あなた見つめてると とても優しくなれる 夏の終る頃 渚にも似てるわね  腕に抱かれたまま 夜が街に降りる あなたの素肌にさざめきも 消えてくわ  過ぎていった恋 二人 それぞれに 想い出せば お互いの優しさ胸にしみ 愛しくて…… 瞳に Twilight……  唇重ねるたびに Ah…私 綺麗になってく 激しささえいつか 優しさに変わるのね 瞳に Twilight……  優しい光りね  瞳に Twilight…… 
唇に夢の跡岩崎良美岩崎良美売野雅勇亀井登志夫大村雅朗あなたのせいよ 素敵すぎて 理由もなく 今朝は淋しい…… ハイビスカスのジャムのように どこかしら センチメンタル 朝の光を飲み込むと 初めて恋の味がした… 唇に同じ夢の跡 あなたも今頃 もう一度 唇に同じ夢の跡 こんなに優しい気持ちで…  分ってたのね 引かれてたって そうなること ずっと待ってた うなじに触れた あなたの指が 踊るたび 熱くなったわ 指先残るほろ苦さ いけない恋の味に似て… 唇に同じ夢の跡 囁き仄かに風に消え 切なさ残して 夢の跡 たどれば あなたに続くわ…  唇に同じ夢の跡 あなたもどこかで ひそやかに なぞっていてくれるでしょうか こんなに優しい気持ちで…  唇に同じ夢の跡 囁き仄かに 風に消え 切なさ残して 夢の跡 たどればあなたに続くわ…  唇に同じ夢の跡 あなたもどこかでひそやかに なぞっていてくれるでしょうか こんなに優しい気持ちで…
クリスマスまで待てない岩崎良美岩崎良美売野雅勇梅垣達志大村雅朗「理由(わけ)はいま聞かないで 水着の跡 クリスマスまで残したくない……」  避暑地から誘ったのは あなた次第で サヨナラになる気がしてたからよ  草の香る風 雨運ぶ風よ あなたはまだ気づかない  恋人がひとりじゃない 恋はいけないことかしら… 友だちのこと装って たずねるわKissの後で 例外もあるかしらと……  答えはいいのよ Good bye きっと  つらいのは同じこと 大人の振り クリスマスまで本当はいたい……  草原のサヨナラは 雨の日にして どこか他人の出来事に見える  バルコニーの雨はいつも天気雨 あなたはまだ気づかない  恋人がひとりじゃない 恋はいけないことかしら…… 背中に向けてtell me why 恋人があなただけじゃない恋は 許さないの 答えが恐いわ“Good bye”?  恋人がひとりじゃない 恋はいけないことかしら… 友だちのこと装って たずねるわKissの後で 例外もあるかしらと……  答えはいいのよ Good bye きっと きっと Good bye……
時さえ色あせるほどに岩崎良美岩崎良美売野雅勇亀井登志夫大村雅朗髪に触れたあなたの指先で 夢見たのね サヨナラの夏が 舟の帆をたたむのも忘れ……  波間消える星屑 物語も終(おしま)いね  想い出は蒼い波だわ 私をさらってく 岸辺から手を振るあなた 遠去かる  好きと呼べば あなたはもういちど微笑むだけ  日付け消えた渚で 二人は今も踊るわ  その胸に頬あずければ 涙も乾くから あなたに愛されたことは 忘れない  好きよあなた いまでも 二度ともう逢えなくても  時さえ色あせるほど…  時さえ色あせるほど…
波にさらわれた恋岩崎良美岩崎良美売野雅勇小田裕一郎大村雅朗素肌で恋をしたいのに あなたは きずかないふりね 波に心うばわれて いつも私のことなんて 目に入らないの  素敵な恋が口笛で 焼けた背中誘うよ アフタヌーン マリンドライブ 南風 あなたそわそわ するかしら やかせてみたい  Take your heart Take me away Take a chance tonight Take your heart 誰かにさらわれてもいいのね Take your heart Take me away Take me back to you Take your heart あなたに好きと言わせたいのよ  わかってる 愛されてること だけど試したい あなたを ジャジャ馬気どり 少しだけ Love me more 心配させたいの いけない娘かしら  それがあなたのやり方だわ 白い歯で微笑むだけ 恋のかけひき one-sided game いつも私の負けないのね あなたしかない……  Take your heart Take me away Take a chance tonight Take your heart 暗くなるまで もう待てないわ Take your heart Take me away Take me back to you Take your heart お願いだから ずっとそばにいて
Dreamin' Kids日高のり子日高のり子売野雅勇芹澤廣明夏のパラシュートを青空に 広げた少年たちが手を振り まぶしい7月を抱きしめて グランドに降りて来る  白線で描くダイヤって その汗で輝くね キミたちここで見ているわ 夏が終るまで  大人になんてねえならないで このままで時を止めてたいな  時間の線路(レール)に耳あてれば あの歌聴こえる今も……  日暮れまで遊んだ原っぱに 小さな夢の十字架埋めたね 楡の樹の日時計が止まってる 終りない夏の日で  消えてく影が哀しくて 泣き出した耳もとに どこにもみんな行かないと言った 夢の頃  夏の斜面を少年たちが 口笛吹きながら駆けてくよ  変わらないでそばにいてね 煌(きら)めく瞳のDreamin' Kids  大人になんてねえならないで このままで時を止めてたいな  時間の線路(レール)に耳あてれば 口笛聴こえる…… Dreamin' Kids
ひとりぼっちのデュエット後藤邑子後藤邑子売野雅勇芹澤廣明河合英嗣人影みえない教室で ハモニカ吹いてみた ひとり 好きだと言えないままだった 君のいた席に座り  涙が悲しいキーでハモるよ 頬寄せた机の傷さ 指先かすれた文字を読んだよ あゝ僕の名前が刻(ほ)ってあった  どこかで逢えるといいねって 右手を差し出した 君が 廊下にたたずみ言いかけた 言葉ベルに消されたね  見えない君がピアノ弾いてる 放課後の音楽室さ 二つの想いが重ならないね あゝ壊れたデュエットみたく  涙が切ないコード叩くよ 好きだよとハミングしても 二つの想いが重ならないね  あゝひとりぼっちのデュエット 哀しいだけさ
水の星へ愛をこめて橋本みゆき橋本みゆき売野雅勇二ール・セダカ鈴木マサキ蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯す人よ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う…… 波間さすらう難波船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためにそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと
サイレント・ヴォイスyozuca*yozuca*売野雅勇芹澤廣明鈴木マサキ星が降りしきるペントハウスで 空のオルゴール ひとり聴いてた ガラスのロープを目隠しで渡る みんな淋しいサーカスの子供さ ひとりぼっちの哀しみに 軋んだ綱が心で揺れてる… Silent Voice,Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes,Silent Eyes ささやいてくれよ そばにいるよって… サイレント・ヴォイス  人という文字をそっと涙で 手のひらに書くと胸が熱くて あきらめるたびに あきらめ切れずに 途方に暮れる気の弱いピエロさ 拍手鳴らない星空で 玉乗りたちが 両手をあげるよ Silent Voice,Silent Voice 優しさ街に降り積もる夜は Silent Eyes,Silent Eyes 本当のことが言える気がするね サイレント・ヴォイス  Silent Voice,Silent Voice 優しい瞳(め)をした誰かに逢いたい Silent Eyes,Silent Eyes ささやいてくれよ そばにいるよって… サイレント・ヴォイス
涙の宝石鶴田さやか鶴田さやか売野雅勇谷脇仁美岩本正樹飾らない言葉で 不器用な生き方を語る ひとが好き  愛しさがこみあげて がんばってきたのねと もらい涙  疲れ過ぎた心を 私だけに預けて 子供のように眠りなさい  世界中の誰にも たとえ価値がなくても あなたはたったひとつの 私の宝石  失ってきた愛の せつなさで 真実(ほんとう)の愛が見える街  ありふれたひとなのに 何もかも特別なひとに変わる  灯り点す窓辺の あたたかさに似ている 優しい最後の恋なのね  遊び馴れたひとより 遊び知らずのひとの KISSは ぎこちなさまで 涙の宝石  疲れ過ぎた心を 私だけに預けて 子供のように眠りなさい  世界中の誰にも たとえ価値がなくても あなたはたったひとつの 私の宝石
千年純情森進一森進一売野雅勇馬場孝幸愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  切なさも貧しさも 分け合っていたのに 最後まで幸せだけ 分け合えなかったね  どんな人と暮らそうとも 心だけは俺のものと ああ 泣いた女  愛し合って 傷つけ合って純情 帰らない時間がまぶしい 汚れ知らぬ 女のままでいてくれ ああ 千年純情   幸せになったよと 人伝てに聞いたよ 夢ばかり ああ見ていた 若さが哀しいね  胸に秘めた想いだけが 千の星を超えるだろう 命尽きても…  愛し合って 傷つけ合って純情 ひたむきに二人生きてたね 夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 胸が痛い  夢のように 過ぎた日々を想えば ああ 千年純情
最愛のひとパク・ヨンハパク・ヨンハ売野雅勇筒美京平Motoki FunayamaMiss lonely heart, Miss lonely heart 世界の誰よりも愛しいひとに Miss lonely heart, Yes my treasure 言えない愛がある せつない愛がある 星に降る奇蹟  もう泣くなよ 届かぬ想い隠せば 風も雪の気配さ  名も知らぬ草の花にも似てるね どこへ行くの?僕たちは  淋しくてたまらない ひとりきりで生きることは  Miss lonely heart, Miss lonely heart 願いが叶うなら生まれ変わって Miss lonely heart, Yes my treasure あなたに もう一度 逢いたい もう一度 最愛のひとよ  この街で出逢いと別れ重ねて 人の河は流れてく  つらくても夢見て 哀しくても恋に落ちて  Miss lonely heart, Miss lonely heart 世界の誰よりも愛しいひとに Miss lonely heart, Yes my treasure 言えない愛がある せつない愛がある 雪の降る街に  Miss lonely heart, Miss lonely heart 願いが叶うなら生まれ変わって Miss lonely heart, Yes my treasure あなたに もう一度 逢いたい もう一度 最愛の 最愛のひとよ
ジュリアに傷心Acid Black CherryAcid Black Cherry売野雅勇芹澤廣明Noriyoshi Matsushitaキャンドル・ライトが ガラスのピアスに反射けて滲む お前彼の腕の中踊る 傷心Saturday Night 悲しいキャロルがショーウィンドウで 銀の雪に変わったよ  so silent night ドア抜けてく俺を tears in your heart 頬濡らし見送ったひと……  俺たち都会で大事な何かを失くしちまったね  Ol' My Jullia 憶えてるかい 俺たち見てた夢…… 帰ろうぜあの街角へ Heartbreak ol' my my my my ジュリア  ラジオでRock'n' Roll 二人で聴いたねヒットパレード 夢の他に何もない部屋で 真夏のヴァケーション 切ないメモリー胸を焦がすよ 髪のリボンほどいたね  my destiny 俺やり直したい forever you もう誰も愛せないから  最後の灯りを消したら終るね二人のTeenage dream  Ol' My Jullia ラストダンスは ひとりじゃ踊れない もう一度胸に帰れよ Heartbreak ol' my my my my ジュリア  Ol' My Jullia 憶えてるかい 俺たち見てた夢…… 帰ろうぜあの街角へ Heartbreak ol' my my my my ジュリア
悲しみもオシャレだわ…森尾由美森尾由美売野雅勇佐久間正英銀色の雫をあげて 真冬の海が寝返りを打つ 思い出はガラスの船ね あなたの笑顔岸辺へ運ぶ  センチメンタルを少しだけ エーゲの碧に染めてみたくて… サヨナラは口実ね  センチメンタルを少しだけ 振られて多分正解みたい 悲しみもオシャレだわ BLUE GUIDE TO THE AEGEAN BLUE  ペン先で時を止めても 真夏の船は還らないのね 人影が消えた海岸 壊れたままのオルゴールだね  メランコリーだけ心もち エーゲの碧さ映してるから 爪先も涙声  メランコリーだけ心もち 本当はまだ愛してるのね 泣くつもりオシャレして… BLUE GUIDE TO THE AEGEAN BLUE
イパネマの雨森尾由美森尾由美売野雅勇佐久間正英IPANEMA 海岸通りは雨 「BON dia! ユミへ」 Airmail 青い星の裏側 TOKIO from RIO 懐かしいヒトからのメッセージ届いたの そこはまだ夏ね  AMIGO! ひとりぼっちのキミへ darlingシャクね Long good-by 意外に平気 私 nao nao 嘘ね カーナバルは終わったよと さりげなく告げている やっぱり冬だわ  サヨナラしたの 私のミスよ この恋は手遅れ? ねぇ あなた教えてよ  淋しい自分に宛てた手紙 今さらついても…もう一度淋しい  IPANEMA 遅い返事を書くわ 「BON dia! ユミよ」 AMIGO! 恋を失くしたキミへ retum to sender はげましの絵ハガキも無駄みたい もういいわ ともかく アリガト  私の恋はいつでもそうね 作戦が裏目ね 深読みをしすぎたわ  淋しい自分に宛てた手紙 今さらついても…もう一度淋しい  淋しい自分に宛てた手紙 今さらついても…もう一度淋しい
シンデレラの夜森尾由美森尾由美売野雅勇馬飼野康二ダメよ!口唇狙ってるでしょ あなた ゆれる視線 風邪をひいた ルビーのようだね キッス覚悟で期待まじりのランデブー 騒ぐ胸は冬のカモメ 乙女のピンチネ  ディスコティック…スローバラードで ロマンティック…外はハーバーライト  時の流れ 夢をあずけ 心だけを つれて行って 12時になったら ひとりきり帰るわ シンデレラ・ナイト  ごめん!今夜のアリバイ9時までなの ガラスのくつ爪先から半分 消えたね キッスしながら隠した時計のぞく あせる気持ち 冬のスミレ どこかがチグハグ  ファンタスティック…あなた触れるたび リップスティック…銀のラメが散る  時の波にほほをうずめ 消える星を数えながら 迷い込んだ恋は すてきすぎる迷路  時の流れ 夢をあずけ 心だけを つれて行って 12時になったら ひとりきり帰るわ シンデレラ・ナイト
夏のクラクションKAIKAI売野雅勇筒美京平海沿いのカーブを 君の白いクーペ 曲がれば夏も終る… 悪いのは僕だよ 優しすぎる女に 甘えていたのさ 傷口に注ぐ GINのようだね 胸がいたい 胸がいたい 夏のクラクション Babyもう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 跡切れた夢を 揺り起こすように…  海沿いのカーブを 二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と 泣いたままの君が 波間で手を振る 傷跡に触れた まるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる 夏のクラクション BABYもう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone  夏のクラクション Babyもう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように きかせてくれ 躓きそうな僕を振り返り
艶桜フジヤマ・ナデシコはるな愛はるな愛売野雅勇磯崎健史勝又隆一罪な男に弱いね 尽くすタイプにつけ込む‥‥ 遊び上手なキスまで 泣かせるよね  色っぽいでしょ 飾り涙が メッちゃメッちゃ鈍情でしょ 愛したら  フジヤマ・ナデシコ 涙色の艶桜 フジヤマ・ナデシコ 女よりも女です 命がけで Geisha しましょう 惚れてゴメンね  キスの途中で気づいた 振られ予感におびえる 恋は泣き虫(の)情熱 愛は病い  生きてることは なぜ切ないの‥‥ ワッショイ!ワッショイ!馬鹿言ってないで 尽くしましょ  フジヤマ・ナデシコ 恋は女の 晴れ姿 フジヤマ・ナデシコ 見栄を切って溺れます 大和魂 サクラ・フジヤマ 散って何ぼよ  フジヤマ・ナデシコ 涙色の艶桜 フジヤマ・ナデシコ 女よりも女です  フジヤマ・ナデシコ 恋は女の 晴れ姿 フジヤマ・ナデシコ 見栄を切って溺れます 大和魂 サクラ・フジヤマ 散って何ぼよ
京都去りがたし森進一森進一売野雅勇森進一比叡(ひえい)おろしの吹く夕暮れは 仕方ないほど あゝ淋しくて ヒュルル ヒュルルと背中で泣いて 哀しい人のささやきになる  貧(まず)しい女やから あなた待つしかよう知らん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  祇園祭の宵山(よいやま)の夜 切ない鉦(かね)を素肌で聞いた 涙集めた時の川面(かわも)を 浴衣(ゆかた)の帯が流されてゆく  淋しい女やから 憎むことなどようできん 京都 京都 あゝゝ去りがたし  心変りがないでもないと さんねん坂の部屋で待ちます ヒュルル ヒュルルと凍(こご)えた風が 春の遠さを告げて哀しい  貧しい女やから 思い出だけで温かい 京都 京都 あゝゝ去りがたし
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
キスは少年を浪費する東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール売野雅勇小室哲哉嵐の去った真昼のように 嬉しい気持は路地にはびこる  少年たちは不幸に映える 綺麗な素足をベランダに干す  幸せすぎると心は汚れる なりゆきまかせの堕落も忘れ  私は君の罌粟の実だから 真夏が過ぎても夜更けに逢える  素敵な人より憂ウツなまんまの 冴えない誰かにそっと捧げたい  少年たちの宝物には 他人(ひと)には見えない傷がついてる  優しかった夏が終るよ 君を残して  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の青にはにかむ 嘘の好きな僕らが キスで浪費している 少年  どこから来たの? どこまで行くの? 心を舗道にひきずりながら  夕焼けの頃ひぐらしたちが 神様の声を上手に真似る  微笑みすぎると切なくなるのは どこかで出逢ってサヨナラしたせい  君の胸には星の樹がある 両手で揺すると星が流れる  正しい人より悔しい涙で 穢された君を愛しく思う  少年たちの綺麗な脚は 虹よりまぶしい傷がついてる  優しかった夏を見送る 君の眼差し  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の下で微笑む キスの好きな僕らが キスで浪費している 少年  キスはキスは哀しく 君を浪費してゆく 嘘の好きなダイヤは 涙よりも輝く  キスはキスは哀しく 空の下で微笑む キスの好きな僕らが キスで浪費している 少年
ダイヤモンドは傷つかない東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール売野雅勇小室哲哉街にあふれる街に転がる 涙みたいなダイヤモンド みんな天使の口笛を吹く 誰かのキスを探しながら  ラッシュの地下鉄(メトロ)の駅で 冬服着た天使を見た くすんだ胸が涙で 洗われた  優しい少年だった 誰より懐かしいキミが 息を切らせて階段駆けてゆく  ありふれた日に隠されている 生きてく意味に触れた気がした  街にあふれる街に転がる 名も無いただのダイヤモンド ささやかだけど他の誰にも 真似のできない虹を放ち  ささいな事で笑えた 夢見る頃がもし過ぎても 誰かの靴にもし踏まれても ダイヤモンドは傷つかない  天使が消えた街には ニュースの文字が降ってくる 少年の言葉みたく まぶしいよ  みんな流されてくけど 本当にたどり着きたい 場所ならたどり着けると 言ったよね  淋しいなんて思う気持ちを 自分の心に許さないと  胸にあふれる涙に見える 肩で息するダイヤモンド 誰かの靴にまた踏まれても キミの勇気は傷つかない  街にあふれる街に転がる 涙みたいなダイヤモンド みんな天使の口笛を吹く 誰かのキスを探しながら  悲しくなんかないのに 時々胸が潰れそうで 誰かの声に励まされてる それが自分の声と知らず  ささいな事で笑えた 夢見る頃がもし過ぎても 誰かの靴にもし踏まれても ダイヤモンドは傷つかない
80'S東野純直東野純直売野雅勇東野純直電話線だけで二人が繋がる 時が来るなんて思ってなかった  憶えているかい? 海の駐車場 よくCDの情報ヘッドライトで読んだ  夢がラジオを鳴らした あれは いちばん目の夏 いちばん目の夏  僕らが出逢えた軌跡 汚れたりしないものが あると信じてた 通り過ぎた80'S 君に大切なものは みんなそこにある 憧れも優しさも 未来も  思い出の前で淋しくならない 人などいないさ 耳に君の声  なくした気持が眩しく輝く アルバムのなかの夏の日みたいに  誰も本当の弱さを きっと 知らずにいたんだ 知らずにいたんだ  僕らが出逢えた奇跡 誰と生きてても 君が 悲しいときには 振り向けよ80'S この肩に顎をのせた あの少女にまた 戻ればいい そこにある未来へ  僕らが出逢えた軌跡 汚れたりしないものが あると信じてた 青空の80'S 君に大切なものは 壊れやすいから 抱きしめて 抱きしめて その手で あの日汚れたりしないものが あると信じてた 通り過ぎた80'S 君に大切なものは みんなそこにある 憧れも優しさも 未来も 
冷たくされたい薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子売野雅勇林哲司一度ぐらいキッスをされただけで馬鹿ね 信じやすい性格だから 冷たくされたい  ずっとひとりぼっちで心閉じてたから 馴れてないの愛されること 優しさが怖い  冗談だよと笑って言って 今なら多分泣かずに済むわ  悲しいね素直になれなくてごめんね 他の誰かを好きだと言うわ 冷たくされたい  恋も上手(うま)くないし涙似合う方よ あきらめなら上手(じょうず)なつもり 想い出で済むから  受話器持つ指震えてたこと あなたはきっと知らないでしょう  悲しいね素直になれなくていちばん 好きなあなたに今はいちばん 冷たくされたい  悲しいね素直になれなくていちばん 好きなあなたに今はいちばん 冷たくされたい
水の中のイエスタデイ~再会物語~薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子売野雅勇宮川泰砂に並んだ炬火(キャンドル)の灯(ひ)が波打際 打ち寄せられた 夏のボートの年代(もじ)を読んだ  水時計に雫(おち)る生命(いのち) 青いままのすい星  記憶の隅軋(きし)んだ風の音(いろ) 頬にささやく幻が 遠い九月をつれてくる 瞳濡らし  淡い想いの行く先を 恋と知らない少年が 秘密だよって見せてくれた 夢砂の城 朽ちたボートであなたが あの日のままで眠る  星座(ほし)が糸引く海岸線に迷い込んだ 人のさざめき 誰も少年(あなた)のこと知らない  冷たい指握られてた 見覚えあるブローチ  名前のない気持ちを伝えたくて 薄紅(あか)い貝殻(ユリア)の胸飾り そっと外して差し出せば 微笑(ほほえ)んだね  あなたひとりが時を止め 同じ想いでいたんだね 青い水面(みなも)を震わせながら  肩を抱きしめ 見知らぬ大人(ひと)が 私の名前を呼(よ)んでいるわ
オシャレに Kiss me岩崎良美岩崎良美売野雅勇山川恵津子When you kiss me When you love me 瞳閉じずに 口づけしても いいでしょ………  秋風が 黄金色に染めあげた街角 枯葉踏む ヒールの高さも 恋してる  夏の日の恋と違う おシャレして出かけるわ 黄昏が不思議ね なぜだかまぶしい  お気に召すまま 愛していいわ あなた次第 今夜は 恋のゆくえを 占うから  When you kiss me When you love me 瞳閉じずに あなた見つめていたい………  「愛してる?」答えないで せっかくの夜だから 唇を微笑み走れば 充分  お気に召すまま 愛していいわ こんな夜は いつでも 時は急ぎ足で ゆくから  When you kiss me When you love me Honey, don't close your eyes Because the time to go ………  When you touch me When you feel me Honey, don't close your eyes Because the time to go ………  When you kiss me When you love me 瞳閉じずに あなた見つめていたい………
水の星へ愛をこめて米倉千尋米倉千尋売野雅勇ニール・セダカ蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯(とも)す人よ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う…… 波間さすらう難破船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと
LA VIE EN ROSE大澤誉志幸大澤誉志幸売野雅勇大澤誉志幸エメラルドのカクテルに 消える光のあわ 飲みほして You say“I LOVE YOU” 聞こえないふり  短い夏の日の恋と 思っていたのさ だけど君 不思議だね 飽きさせないのさ  HOLD YOU AGAIN 西風が 優しすぎる プールサイド LAZY LAZY LAZY アフタヌーン  La vie en rose La vie en rose 何も欲しくない君さえここにいれば La vie en rose La vie en rose 何もしたくない 夢見ることも忘れるよ なんて危険な退屈だろう  聴きたくもない音楽が 君を踊らせる 眼を細めため息で リズムを取るよ  明日のことなど誰にも 解からないのさ 時を止め 君だけを抱きしめていたい  CLOSE MY EYES 夏の日に 身を任せた プールサイド LAZY LAZY LAZY アフタヌーン  La vie en rose La vie en rose 何も欲しくない君さえここにいれば La vie en rose La vie en rose 何もしたくない 夢見ることも忘れるよ なんて危険な退屈だろう
六本木レイン研ナオコ研ナオコ売野雅勇吉田拓郎背中に指文字 好きだと書いて 名前が変わると 嘘をついたわ 唇が冷たいね あなたより正直ね ありがとうって 言えなくなるのよ 笑っちゃうほど 哀しい嘘は せめて明るさ 救いになるでしょ  六本木レイン… いい女でいさせてよ 私のかわりに 泣いておくれよ 六本木レイン… いい女になりたけりゃ 振られ上手になることね あゝ …私 泣いてないよ 泣いてないよ  負け札 自分で引いたようだね 最後の賭けだと思っていたの ブラウスが膝の上 淋しいと言いそびれ 引き止められる1秒が永い 嘘でいいから やり直そうと お人好しだね まだ待っているわ  六本木レイン… 最後のマッチ すらないで あなたも 涙を見たくないでしょ 六本木レイン… 次の誰か 逢うまでは あなたのことを 好きでいいわね あゝ……すぐに忘れるけど  六本木レイン… 最後のマッチ すらないで あなたも 涙を見たくないでしょ 六本木レイン… 次の誰か 逢うまでは あなたのことを 好きでいいわね あゝ……すぐに忘れるけど忘れるけど
恋のプラネット・サーカス稲垣潤一稲垣潤一売野雅勇木戸やすひろマティーニのスロープを 滑って星屑が街に降りて来たら 誰もがfall in love  アスファルトのワンダーランド 窓辺のクラクションで 恋が目覚めるdown townさあ出ておいで  夜空に虹架ける 君のささやきで 舞いあがるよ fly me to the moon 踊ろよbaby, baby, I. I love you  恋のShow time プラネット・サーカス 琥珀(きん)のmoonlight magic highlight 流星さ誰も今夜は FLASH & SPARK! Rock'n Roll  恋のShow timeプラネット・サーカス 空の上でときめきの タイトロープ渡るPlanet Circus tonight  まるでハリウッド・ムーヴィ シネマハウスでrolling みんなステキさholly night boogie woogie weekend night  三日月に腰かけた 恋のシンデレラたち この街のどこかで誰かがcalling you  星屑を浮かべた グラス 銀の海 胸の波打ちぎわから 叫ぶよbaby, baby, I. I love you  恋のShow timeプラネット・サーカス メリーゴーランドcan't stop go round 彗星のように二人は FLASH & SPARK! Rock'n Roll  恋のShow timeプラネット・サーカス フィナーレまで帰さないよ ロマンティックなレビューさ Planet Circus tonight  夜空に虹架ける 君のささやきで 舞いあがるよ fly me to the moon 踊ろよbaby, baby, I. I love you  恋のShow time プラネット・サーカス 琥珀(きん)のmoonlight magic highlight 流星さ誰も今夜は FLASH & SPARK! Rock'n Roll  恋のShow timeプラネット・サーカス 空の上でときめきの タイトロープ渡るPlanet Circus tonight  恋のShow timeプラネット・サーカス フィナーレまで帰さないよ ロマンティックなレビューさ Planet Circus tonight
週末ララバイ竹本孝之竹本孝之売野雅勇甲斐祥弘海岸通りのこの店で 初めてお前と恋に落ち 片手に握ったコインから 切ないバラード流れたね  都会の暮らしは華やかな 夢だけ見させてソッポ向く 淋しい男と女だね 聴きなよ weekend ララバイさ  部屋から見えたね港の灯(ハーバーライト) 他には何もないけれど 優しい寝顔見つめてる 初めてつかんだ愛だった  都会の暮らしは華やかで 二人に似合いの場所がない 淋しさあたため合いながら 聴いたね weekend ララバイさ  サイレン鳴ってた桟橋で 冷たいお前を抱きあげた 二度とは帰らぬ微笑みに 最後の口づけつらすぎた  都会の暮らしは華やかな 夢だけ見させてソッポ向く 淋しい男と女だね 聴きなよ weekend ララバイさ  海岸通りのこの店じゃ とっくに噂も消えたけど コインをジュークに落とすたび お前が今でも歌ってる  都会の暮らしは華やかで 夢の分だけ影も濃い 淋しい男が聴いてるよ 土曜日ごとのララバイさ 淋しい男が聴いてるよ 土曜日ごとのララバイさ
ヴァージン・ロード新妻聖子新妻聖子売野雅勇Kim Hyung SukKim Hyung SukAh 祝福の鐘の音 響く教会の中庭 拍手の雨を潜り抜けた 花嫁がブーケ 高く放る  にぎやかに未来を奪いあうみたいな 輪の中に 彼女はもういない  誰もがまだ幼さが抜けない あの頃からひとりだけ違う 夢を見て 街を出て行った あなたの想い出を みんなが もしも忘れても わたしは忘れない  Ah 噂も途切れた頃 美術雑誌で写真を見た その眼が知らない世界を見ているようで まぶしかった  そして3年前 外国の街から 名前しかないカードが来た  どんなメッセージ伝えたかったの 自分で描(か)いたチャペルと青空 あの空へ帰る日を予感 あなたはしていたの 最後の息を吐きながら 誰を呼んだの  笑顔の下の孤独や涙 誰に分かってほしかったの  その空まで教会の鐘が聴こえるでしょう あなたが愛した親友と恋人を 今日は そこから祝って あなたが歩くはずだった運命のVirgin Road
愛のひと新妻聖子新妻聖子売野雅勇望月衛介米山拓巳予報通り降り出した雨に 家路急ぐ傘の群れもかすみ どんな背中もあなたに見える 不意に降りた 私鉄駅  幼過ぎたのと言い訳をして 世間知らずのせいにしたら あきらめきれると思ってた あなたのことをワルモノにして  いたずらに若さが あの頃 過ぎ去ってゆくのが怖がった  初めてで最後の 真実(ほんと)の 愛と知っていたら別の 答え出せたのかな  ショーウィンドの純白のドレス(に) 自分の影 無意識に重ねる 自然な癖がいまでも消えない 悲しすぎて笑うだけ  めぐり逢うはずじゃなかったふたり まだ運命に借りがあるの? 涙や痛みでつぐなうのは 愛の人になる試練なの?  あなたを愛せたら それでいい 愛されることさえ求めない  もしやり直せたら 約束も 冠もいらない 裸の愛でいい  いたずらに若さが あの頃 過ぎ去ってゆくのが怖かった  初めてで最後の 真実(ほんと)の 愛と知っていたら別の 答え出せたのかな
背中からI love you西城秀樹西城秀樹売野雅勇後藤次利唇で乾いてく 夏のシェリーのようさ 西風が吹くまでの 束の間の恋でいいと ささやきで口づけて 切なさを教えたね  髪を右手で束ね 白いうなじの細さ 真夏が忘れかけた 愛にどこか似てるね 振り向かないでくれよ このままが好きだから  生命まで酔わせてよ もう一度抱きしめて 走り過ぎる時間を 肌に止めてくれないか  Oh baby baby baby 深入りなら危険よと そっと眼差し交(から)めて 妖し気な罠張るよ  Oh baby baby baby 火傷(やけど)しそうな恋だけが 夏の生きてる証しと 耳を噛んでささやく  夜の闇 まぎれて 背中から抱きしめ I love you  胸にその頬当てて 遠い幻(ゆめ)をみたまま 潮騒に消えそうな 俺を煽るつぶやき 月の蒼い雫が 君の髪染めてるよ  淋しさで酔わせるね ときめきに擦り替わり 愛してると聴いても 風が答えるだけだよ  Oh baby baby baby 赤く光る指先で君は グラスを弾いて サヨナラを告げるのか  Oh baby baby baby 聞き訳ない男だよ俺は 素敵な悪魔(エロス)の 虜になりたいのさ  夜の闇 まぎれて 背中から愛してやるさ  Oh baby baby baby 深入りなら危険よと そっと眼差し交(から)めて 妖し気な罠張るよ
名もなき花Rin'Rin'売野雅勇柳沢英樹胸に秘めた想いを 誰かに告げたくなる 紫の空の色 移ろう日の名残り  せつなくて せつなくて 涙がとまらない 逢いたくて 逢いたくて 夕映えをながめてる  花染めの人の恋 儚き声にもせず あなたを想いだけで 千歳さえ夢一夜  人知れず夕闇に咲く 名もなき花たちよ むくわれる日が来なくても そんなふうに愛したい  気配だけであなたが 薫りのようにわかる 木揺らす月の跡 こだまする愛しさ  せつなくて せつなくて 涙がとまらない 逢いたくて 逢いたくて 夕映えに立ちすくむ  人知れず夕闇に咲く 名もなき花たちよ むくわれる日が来なくても そんなふうに愛したい
千年の虹Rin'Rin'売野雅勇柳沢英樹桜の花が はらはら空に 散りゆくように 真夜中の粉雪 こころに積もる 人恋しさが 雪のひとひら 青き蛍に変える 幻  逢えぬ人のもとへ翔べ 翔べ 声にならぬ想い焦がしながら  愛しさは千年の虹 いにしえに美しい 目覚めても見る めくるめく夢 たましいの火を つなぐ河のように 流れゆくのは 気高き想い  桐の葉 藤の紫 人を愛する心の色 まごころの色  その身焦がす蛍にも似て 雪に咲いた月影の空蝉  恋しさは千年の虹 いにしえに変わらぬ 漣の鎖の絵巻を解き 彼の紫のゆかりの夢に酔う 千年の虹 くぐるように  千年の虹 いにしえに美しい 目覚めても見る めくるめく夢 たましいの火を つなぐ河のように 流れゆくのは 気高き想い  恋しさは千年の虹 いにしえに変わらぬ 漣の鎖の絵巻を解き 彼の紫のゆかりの夢に酔う 千年の虹 くぐるように
夏のクラクションゴスペラーズゴスペラーズ売野雅勇筒美京平井上鑑海沿いのカーブを君の白いクーペ 曲がれば夏も終わる 悪いのは僕だよ 優しすぎる女(ひと)に 甘えていたのさ  傷口に注ぐGINのようだね 胸がいたい 胸がいたい  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように 聴かせてくれ 跡切れた夢を 揺り起すように  海沿いのカーブを二つの夏過ぎて 今年もひとりきりさ 「夢をつかまえて」と泣いたままの君が 波間で手を振る  傷跡に触れたまるでKNIFEさ 瞳閉じる 瞳閉じる  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション 風に消されて もう聴こえない Leave Me Alone (So lonely summer days)  夏のクラクション Baby もう一度鳴らしてくれ In My Heart 夏のクラクション あの日のように 聴かせてくれ 躓きそうな僕を振り返り
Virgin少年に接吻を生稲晃子生稲晃子売野雅勇後藤次利ごめんなさい… 眼を伏せ Ziri Ziri-Izi Iziして 純情でしょ… 心が Doki Doki-Odo Odoする  「少し 寒い…」 夕闇に隠れ スタジアムの芝生で 時間を忘れてたね  横目でにらんで スカートについてる 枯草を払ったの マニキュアは赤  Va Va Va Virgin 少年 恥らうみたいに 小指の形に 波打つ胸元 でもね Virgin 少年  キスも知らなくて 淋しく ねぇ ないの? 不良させて あげたいな  (純情が) Zkki Zkkiする (くちびるで) Zkki Zkkiする 勇気 出しなさい… あぁ ふたつのVirgin Heart  可愛いひと… 噂に 尾ヒレとメシベをつけ 触れるだけの 優しく悲しくいけないキス  切なくなる 君を見ていると 学園祭に招待だ ふたつ年下の子  誘惑してたの 胸のラインが出る 小さめのセーターを 故意と 選んで  Va Va Va Virgin 少年 他人が陰口を叩いているけど 君は素敵だわ 好きよ Virgin 少年 キャンドルの数の 接吻あげたいな 次の君の バースデイ  星空が(Zin Zinする) ブラウスで(Zin Zinする) 今日の出来事 思い出さないでね  Va Va Va Virgin 少年 心の蒼さは いちばん素敵な 君の誇りだわ でもね Virgin 少年 夢を見るだけで 淋しく ねぇ ないの? 不良させて あげたいな  純情が (Zkki Zkkiする) くちびるで (Zkki Zkkiする) (星空が) Zkki Zkkiする (ブラウスで) Zkki Zkkiする いざとなったら あぁダメな子でしょう
Shadow of Palm Tree生稲晃子生稲晃子売野雅勇後藤次利(Sweet Twilight time) 西風吹く (Still I'm in love) 海岸線 止めたクーペの屋根に 掠れた 夏が 揺れた… (Shadow of Palm tree)  (Sweet lonely days) 通り過ぎた (Still you are here) 光と影 閉じ込めてるね 鍵がかかった 夏の名画座  硬い椅子に 愛がぽつんと 座ってるね 夢を見て 今も  (Forgive me, boy) 勇気がなかった (Nothin' but love) 私のこと まだ恨んでる…? (Forgive me, boy) 親友の恋人に (So sad my love) 密かに恋をしてた罰だね All alone  (Cry in the wind) はがれかけた (Still I'm in love) ポスターへと 想い出たちが 影を落とす 日時計 見てた… (Shadow of Palm tree)  (Just memories) 青く煙る (Still you are there) 防波堤で 肩車して“好き…”と ささやいてるわ あなたが  愛さずには いられなかった 叶わないと 知っていたけれど  (Remember you) 陽に灼けた 横顔が (It makes me cry) 泣きたいほど まぶしかったわ (Remember you)  親友の恋人じゃ (Dreamin' of you) ねえ なかったらよかったのにね All alone  (Forgive me, boy) 三人が背を向けて (Around the love) 座っている 夏の名画座 (Forgive me, boy) パーム トゥリーの影が (So sad my love) いま 私だけ 静かに 消してゆく…  (Sweet Twilight time) (Still I'm in love)
Japanese Girl生稲晃子生稲晃子売野雅勇後藤次利すだれ越しに 祭り囃 夕涼みの 人の影が ガラスの風鈴 鳴るたび 増えますね  長い梅雨が 明けた夜に 浴衣に袖 通したなら 日本のああ夏が 始まりますね  (Japanese Girl Japanese Dream) 風流でしょう… 白いうなじも (Japanese Girl Japanese Dream) 螢狩りに出かけませんか 夏祭り  流れ星を素肌に集め 天の川を 渡りましょう 花火 夜店 七夕飾り 日本夏紀行  青い麻の蚊帳の中に 金と銀の 螢放し あなたの声する方へと歩く  (Japanese Girl Japanese Dream) 月を雲が横切る隙に (Japanese Girl Japanese Dream) 静かなキス指にください 涼風に  夢の岸を離れた船が 橋をひとつくぐるたび もっと好きになってゆきます 切なさを曳いて…  夏祭り  笹の舟に想いを預け 天の川を渡りましょう 花火 夜店 七夕飾り 日本夏紀行  水芭蕉にああ蝉時雨 夏が橋をくぐるたび もっと 好きになってゆきます 日本夏紀行
夕映えの橋生稲晃子生稲晃子売野雅勇後藤次利家路急ぐ人が 私鉄電車に乗り換える ラッシュアワーの駅で 心が 懐しい痛みに凍った  俯いて歩く癖も昔と あなたは少しも変わらないね  声にならない切なさだけが ホームを走り 人波を分けて あなたの後をついてく  同じ川に架かる 二つの夕映えの橋を やがて二人を乗せた列車が 渡るわ 違った街へと  あの部屋で今も暮しているの? どんな子に夢を話しているの?  知らない事が増えてくことが さよならなのね… 泣き出さぬように 本の頁を開いた  同じホームで別の列車を 待っていたのね 運命にそっと目隠しされ  今も二つの影が並んで 腕を組んでる… 夕闇に煙る 青春っていうホームで
ラストダンスには早過ぎる岩崎良美岩崎良美売野雅勇上久保純ジョークなら もういいわ 淋しさだけ つのるから 知ってるの 振られると 悪いの あなたじゃない  消えそうなキャンドル・ライト 抱いてて ずっと ラスト・ダンスにはもう少し hold me darling 早すぎるわ  あなたの夢 つかまえて 私なら もう平気だから  なのに涙が頬に… 笑ってよ like old days ラスト・ダンスになれば hold me darling 泣きやむから…  それぞれに 若過ぎて 同じ夢の すれ違い アルバム ため息で あなたが もう見えない  重ね合った唇 凍えるのは何故 ラスト・ダンスにはもう少し hold me darling 早すぎるわ  夏の光 まぶしくて そっと一人 シェード下ろす  愛されても消せない 淋しさ Something wrong 最後の曲が二人 あの夏に 閉じ込めるわ  なのに涙が頬に… 笑ってよ like old days ラスト・ダンスになれば hold me darling 泣きやむから…
約束高井麻巳子高井麻巳子売野雅勇八田雅弘あゝ さよならの手紙の 短かさに 返事書きあぐね 文字と文字の間に 愛を探したの…  華やぐ都会の暮らしに馴れても 変わらないと あなたが ささやいた言葉 宝石のように 大切にして来たのよ  約束したから誰にも心を 約束守って許してはいないの  あゝ あなたにしてみたら あゝ 何でもない想い出でも 私にとって愛は 生きることだから…  新しい恋人を悲しませないで 大事にしてあげてね だけどもしいつか愛にはぐれたら 帰って来て下さい  約束あなたが忘れたとしても 約束守っていつまでも待ちます  あゝ 最後にひとつだけ お願いをきいてくれますか あゝ あなたはあの頃の ままでずっといて…  あゝ さよならの手紙に 一行だけ返事書きます あなたは ただひとつの 私の夢でした…
シンデレラたちへの伝言高井麻巳子高井麻巳子売野雅勇八田雅弘草原に寝転んだ君 長い髪に Stardust 天使が降りる  口づけで恋の飛行船 ロープ ほどいて 夜空に二人浮かぶ 「好き…」とそっと片目閉じささやく 永遠い銀河に虹架けながら Sweet love my love, Make you dream 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは  虹色に銀河染めあげて 誰か 今夜も 夢の気球 翔ばす… ガラスの靴はいた君がステキさ 真夜中過ぎのシンデレラたち You dream your dream, Promise me 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは  You dream your dream, Promise me 夢見たままで 大人になっておくれよ 君だけは 君だけは
風のサザン・カリフォルニア堀ちえみ堀ちえみ売野雅勇高中正義ヒールを空に投げたよ 西へと伸びてくフリーウェイで 花時計の甘い香りが 時を刻む街角へ帰るわ あなたが必要と気づいた 風に吹かれて… California 抱きしめて California in the wind  懐かしい歌が聴こえる 地平に風のAh… 蜃気楼(ミラージュ) 摩天楼の街が忘れた 空の色は瞳(め)にしみるブルーよ もいちどその胸で あの日の夢の続きを…  California 優しさが California 好きよ  花時計の甘い香りが 時を刻む街角が近いわ 窓辺に降りてくる黄昏 愛はすぐそこ… California 抱きしめて California City Light California 抱きしめて California in the wind
夢千秒堀ちえみ堀ちえみ売野雅勇鈴木キサブロー鏡に接吻(くちづ)けて あなたを呼び出すの 夢に浮かべた愛の切ない小舟で  水面(みなも)に割れた月影(つき) 手のひらすくうたび 好きと告げたら恋も壊れるでしょうか  髪をほどく細い指が もつれ あゝ泣き笑顔 好きよ 好きよ そっと抱いて 声が聴きたい  私の素肌は綺麗でしょうか あなた 雪割草より綺麗でしょうか あゝ  誰にも気づかれず 静かに降り積る 草原(くさ)は処女雪の白…哀しい色です  紅をさした指を噛んで 祈る あゝ逢いに来て 夢で重ね合った肌の 熱さ愛(いと)しい  私の素肌は綺麗でしょうか あなた 金銀明星(みょうじょう) 鏡集め聞くの  夢は千里 駆けてあなた 連れて来る まぼろしを 好きよ 好きよ そっと抱いて 声が聴きたい  私の素肌は綺麗でしょうか あなた 雪割草より綺麗でしょうか あゝ
夢見るように愛したい岩崎宏美岩崎宏美売野雅勇林哲司夢見る頃を過ぎても 変わらぬものが ひとつあるね 初めて恋をした日の 震える空の 青さに似て  愛って 祈りをささやくように 人を想うこと  夢見るようにあなたを愛したい その微笑みが愛しくて  夢見るようにあなたを愛したい この命が尽きる時も  青春そんな綺麗な 名前で呼んだ 淋しさって 心の弱さだけが やがて出逢える 愛だったのね  不揃いの夢が 求め合うたび ひとつになってゆく  愛は優しさと淋しの振子を 二つ揺らして深くなる  夢見るようにあなたを愛したい 夢見る頃が遠く過ぎても  夢見るようにあなたを愛したい その微笑みが愛しくて  夢見るようにあなたを愛したい あなたに逢えてとてもよかった
汚れた脚中谷美紀中谷美紀売野雅勇坂本龍一どんな未来もまだ始まらない 特別な時間が静けさで輝いてる  白い夏服着た笑顔たちの 透明な哀しみが並ぶ写真  もうその日付に込められてた 意味も日々に薄れて もう遠い夏の呼ぶ声も 森に響かない  ねえ誰のこと愛してたの 密やかに君は  二度とあんなに誰かを切なく 求めることもない街角から訊いてみる  あれが最後の本当の恋と 消えてゆく内気さの欠片で知る  Ah 君の気配するだけで 胸が痛かった  Ah 運命の柵を越え 羊たちが行く  どんな未来もまだ始まらない 特別なひと夏 優しさで輝いてる  いつかどこかで君を見かけても 恥じらわず立ち止まる汚れた脚  真夏の最後の風のひと吹きで 散ってゆく幻がなんて綺麗
WHERE THE RIVER FLOWS中谷美紀中谷美紀売野雅勇坂本龍一坂本龍一星とすれ違う翼の赤い灯が 旅立つあなたの孤独(さびし)さに見える  少年の頃のあなたに逢いたくて 訪ねた川辺の街にも夕映え  さよなら さよなら 悲しくなるから いいのに そんなにも 手を振らなくても  そこから見えるの? 香水工場や キャッチボールしていた川原や貯水池  小さなあなたの夏の影が歩く 私と逢う日に近づいて行くの  さよなら さよなら 未来のどこかで さよなら もう一度 私を見つけて  SOMETIME, SOMEWHERE, SOMETIME, SOMEWHERE, 流れの岸で  想い出の中でひぐらしが鳴き止む 振り向くあなたが少年に変わる  さよなら さよなら 悲しくなるのに そんなに手を振ると 泣きたくなるのに  さよなら さよなら 未来のどこかで あなたはもう一度 私を見つけて  SOMETIME, SOMEWHERE, SOMETIME, SOMEWHERE, あの日のように  SOMETIME, SOMEWHERE, SOMETIME, SOMEWHERE, SOMETIME, SOMEWHERE, THE RIVER FLOWS
六本木慕情鈴木雅之鈴木雅之売野雅勇筒美京平MAESTRO-T20歳の夏が聴こえてくるようだね 東京タワーに灯りが点く頃  ふたり乗りのバイク 飛ばして来たね 霧にかすむ未来 切り開くみたいに  世界があんなきらきら 映ったこころで 愛したい  かなわぬ夢の多さに せつなくなるけど my heart 恋した20歳のまま  XANADUも消えバーガーインさえない 青春なんて言葉がしみるよ  からたちの花より可憐な気持ち 預けてくれた人を幸せにできたかい?  悔やんでないかい? この愛選んで歩いた日々  そのままでいい あこがれつづける少女で woo baby 20歳の面影(かげ)は消えても  woo I love you I love you woo I love you I love you  世界があんなきらきら 映ったこころで 愛したい  かなわぬ夢の多さに せつなくなるけど my heart 恋した20歳のまま  woo I love you I love you woo I love you I love you
ラヴェンダー・リップス河合奈保子河合奈保子売野雅勇林哲司優しく steal my lips 抱きしめて steal my heart  霧が流れて 秋 薄紫に濡れた前髪 触れた吐息に瞳閉じたの うつむいて揺れるコスモス  キッスしてもいいのよ ボート漕ぐ手を止めて ときめきが苦しいの  優しく steal my lips ささやいて steal my heart あなたをずっと待ってたの  綺麗に steal my lips 咲きたいの steal my heart 秋風に震えてる ラヴェンダー・リップス  雲の切れ間に moon light 金のさざ波 湖埋めて 窓にもたれた蒼い影から こぼれたね銀の雫(しずく)が  他の誰より好きよ 私ひとりと言って 美しい女(ひと)にして  奇蹟の steal my lips 星屑に steal my heart 二人引かれて出逢ったの  綺麗に steal my lips 咲きたいの steal my heart ひそかに燃える秋 ラヴェンダー・リップス  優しく steal my lips 抱きしめて steal my heart
刹那の夏河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平恋した女は綺麗な夏の野性(けもの) 平和(しずか)な仮面(かお)して愛さえ裏切れる 哀愁祝祭(カーニバル) 碧(あお)く燃える海が 白い街角に火を放つ窓辺で 男と女 口移しの夢に 咲き乱れる紅い刹那の花のようね 真昼に抱きしめられて あゝ唇も壊れそうよ いけない子ね 勝手になさい  妖しい媚薬で酔わせる夏の接吻(キス)は 愛した恋人(ひと)より未知(しら)ない男(ひと)がいい 哀愁祝祭(カーニバル) テラスで振り向いて 素肌にレースの手袋がひとつよ 男と女 夏の罠におちて 生きることも甘く気怠(けだる)い幻(ゆめ)のようね 真昼に抱きしめられて あゝ陽が海に沈んでくわ いけない子ね 勝手になさい  甘美(あま)い口移しの夢に 咲き乱れる人は刹那の花弁(はなびら) 哀愁祝祭(カーニバル) 短い命より 長い接吻(くちづけ)をあゝ誰かください
エトワール幼稚園園歌河合奈保子河合奈保子売野雅勇千住明このほしは きみがいるほし きらきらきみの ひとみのように まぶしいほし あかるいきみの わらいごえが きこえる エトワール  エトワール エトワール幼稚園  このほしは ゆめをみるほし やさしいひとの えがおのように うれしいほし ただしいことを しんじつづける ゆうきのエトワール  エトワール エトワール幼稚園  このほしは おもいでのほし わくわくしている こころのままで おおきくなれ だいじなものは みんなここに あるんだ ずっと  エトワール エトワール幼稚園  このほしは あおぞらのほし はながさくほし うみがあるほし そしてきみの やさしいことばが まごころから あふれるエトワール  エトワール エトワール幼稚園
デビュー ~Fly Me To Love~河合奈保子河合奈保子売野雅勇林哲司Fly me to love 珊瑚礁まで 波の銀河を滑り Fly me to you 燃える想いが 南の島へ飛ぶわ  八月の飛行機(つばさ)から 窓の下のぞくたび海が その碧(あお)さ変えてゆく…… もうすぐよ待っててね 心だけあなたの もう腕の中  あなたなしじゃいられないと 気づいた愛が 夏へいま帰る  Fly me to love 珊瑚礁まで 波の銀河を滑り Fly me to you 愛をもういちど 夏空のステージで  淋しさに肩抱かれ 西風を見ていたわ去年 また逢える約束の 口づけも忘れたね 陽に灼けた背中に 夕陽痛くて  離れるほど好きになる あなたのことを もう放さないで  Fly me to love 珊瑚礁まで 波の銀河を滑り Fly me to you 燃える想いが あなたの海へ帰る
唇のプライバシー河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平私なら多分例外だって 信じてるはずだわね あなたも  針で刺すような 口づけの後 窓の外 気まずさを逃したの  あゝ愛って いつだって いちばん切ない絆 あゝあなたの知らない 私を愛せるかしら  初めてだけど 初めてじゃない 瞳だけじゃ伝わらないでしょ 唇のプライバシー  ひとつだけあなた 聴かないことが ふたつの胸 ガラスの棘(とげ)刺す  好きじゃないひとを 愛したことも あるけれど ただ口が硬いだけ  あゝ愛っていつだって いちばん哀しい絆 あゝ密(ひそ)かな昨日さえ 告白(つげ)たくなるから危険  愛しすぎたら 嫌われそうよ 自信ないわ抱かれたとき あ…あ 唇のプライバシー  届かない 届かない 届かない この気持が  あゝ愛って いつだって いちばん切ない絆 あゝあなたの知らない 私を愛せるかしら  初めてだけど 初めてじゃない 瞳だけじゃ伝わらないでしょ 唇のプライバシー
UNバランス河合奈保子河合奈保子売野雅勇筒美京平うなじに触れた西風(あき)の切なさ あなたの背中思わず抱いた  青い感じの息苦しさね 振り返らずに海を見ていて 恥ずかしい……  熱がある胸元よ シャツ越しに伝わるはず  愛しさは淋しさの別の名前ね 「愛してる…」 それだけじゃ何か足りない バランスが危うくて さざめく素肌 ah 唇で鎮めて あなた  「帰りたくない…」 風につぶやく 聴こえない振りお願いやめて  言葉の隅に息をひそめた 恋する気持ちおどろくぐらい 向こう見ず  手のひらに爪をたて 横目して瞳覗く  恋しさはどこかしら苦しみめいて 情熱がブレーキを外しにかかる バランスが崩れそう 騒ぐ心は ah 自分でももう止められない  おとなしい子じゃいられないほど あなたが好きよ…  愛しさは淋しさの別の名前ね 「愛してる…」 それだけじゃ何か足りない バランスが危うくて さざめく素肌 ah 唇で鎮めて あなた
妖精ポピンズポピンズポピンズ売野雅勇井上大輔金色の粉をピンクの魔法のつえで 空に振りまいて逢いに来たのよ  PiPiPaPiPo...それが合言葉 壊れたシャボン玉から 虹の階段をそっと滑って  夢の中であなたと恋をしてた 白い羽根の女の子です 口づけ憶えてますか  PiPiPaPiPo…夏が来て逢えるかな パイナップルの風が街角を 染める頃逢いたいなもいちど  夏の日が近づくと 恋したくなるのはそのせいよ  PiPiPaPiPo…妖精のポピンズ レエスのパラソル広げて舞い降りたいな 緑の煙突 越えてあなたに  PiPiPaPiPo…夢のテレパシー 送って探してるの 優しく応答えて  愛の呪文で…思い出してほしいの   甘い香りしてた葡萄畑 隠れてキスしたあの日の夢を  PiPiPaPiPo…忘れないと あなたが抱きしめてくれた時 青空ほうき星が流れて行ったね  PiPiPaPiPo…夏が来て逢えるかな パイナップルの風が街角を 染める頃逢いたいなもいちど  夏の日が近づくと 恋したくなるのは(PiPiPaPiPo…) 私たち妖精ポピンズ
パープル・ライト芦部真梨子芦部真梨子売野雅勇財津和夫ひとりきりじゃ 淋(さみ)しすぎて つまずきそうになると 誰か呼ぶの ここへ私 風のささやきに似て  海岸線煙らせてく 薄紫の光り 言葉よりも 確かなもの そっと教えているわ  いつかきっと めぐり逢える 遠くPurple Cape Light 頬に触れた 夢の熱さ あなたのようよ  桟橋から 消える灯り 悲しみ連れてゆくわ 見えない手で 抱きしめるの あなたが そこにいるわ  ひとりきりじゃないね 私 胸にPurple Cape Light 風で涙ぬぐいながら あなたが微笑(わら)う  いつかきっと めぐり逢える 遠くPurple Cape Light 頬に触れた 夢の熱さ あなたのようよ
ガラスの仮面芦部真梨子芦部真梨子売野雅勇つのごうじ照明(あかり)の消えたステージ 浮んだ蒼い影たち Dancin' round 拍手を聞くように 耳を澄ますのよ 見えない tomorrow 誰もが夢という名の 星屑胸に散りばめ Stage light 輝く一瞬に 流星になるわ この都会(まち) ガラス細工だね 心の花びら…Shinin' dream  You can do it, if you want it 愛を抱きしめ 涙の向う側で 微笑む人がいるわ You can do it, If you want it 胸につのる想い 消さないで keep on run and run…Someday  あなたの頬の汗が 時々涙に見える Hold on tight 二度と泣かないでね いつの日かきっと Dream come true ガラス細工だね 都会の淋しさ…Lonely night  You can do it, if you want it 夢は姿変え 震える肩を誰か優しく抱きしめるよ You can do it, if you want it 振り向いたらきっと 消えてゆくわ keep on run and run…Someday  You can do it, if you want it 愛を抱きしめ 涙の向う側で 微笑む人がいるわ You can do it, if you want it 胸につのる想い 消さないで keep on run and run…Someday  You can dream, if you dream You've got chance, if you want it  You can dream, if you dream You've got chance, if you want it
ジュリアに傷心CHiYOCHiYO売野雅勇芹澤廣明長澤孝志キャンドル・ライトが ガラスのピアスに反射けて滲む お前彼の腕の中踊る 傷心Saturday Night 悲しいキャロルがショーウィンドウで 銀の雪に変わったよ  so silent night ドア抜けてく俺を tears in your heat 頬濡らし見送ったひと  俺たち都会で大事な何かを失くしちまったね  Ol' My Julia 憶えてるかい 俺たち見てた夢…… 帰ろうぜあの街角へ Heartbeak ol' my my my ジュリア  ラジオで Rock'n Roll 二人で聴いたねヒットパレード 夢の他に何もない部屋で  真夏のヴァケーション 切ないメモリー胸を焦がすよ 髪のリボンほどいたね  my destiny 俺やり直したい forever you もう愛せないから  最後の灯りを消したら終るね 二人の Teenege dream  O'l My Jullia ラストダンスは ひとりじゃ踊れない もう一度胸に帰れよ Heartbeak ol' my my my ジュリア  Ol' My Julia 憶えてるかい 俺たち見てた夢…… 帰ろうぜあの街角へ Heartbeak ol' my my my ジュリア
ルネサンス−優しさで変えて−中森明菜中森明菜売野雅勇細野晴臣とり乱してるわ私 いつもと感じ違う あなたの眼差しのせい あんまり優しすぎる 危うく涙出そうで ソッポを向いた……  どちらかと言えば 他人に合わせて生きられない 初めてよ 今度立場逆ね あなた次第…… 女の子ならいつかしら そんなひと出逢う  好きなように 変えて私を 愛されたいの 悪いとこがあればしかって 直すから もしもだめなら 仕方ないわ なかったことにするわ  ひたむきにあなただけを みつめてついてゆくわ 忘れていたぬくもりがしみるわ 胸に深く 閉ざした心 優しく抱きしめられて  誰にも見せたことまだない 本当の私 あなたならばいいわ 素直になれる もしもだめなら どうでもいいわ なかったことにしてよ  好きなように 変えて私を 愛されたいの 悪いとこがあればしかって 直すから もしもだめなら 仕方ないわ なかったことにするわ
モナムール(グラスに半分の黄昏)中森明菜中森明菜売野雅勇細野晴臣長いヴァカンス終えた街は どこかあなたのため息のようね  読みかけの詩集膝で閉じて ペリエに映り込む黄昏見つめてる  あなたと最後に交した 言葉の重さを静かに 私の胸 優しさに変えパリはいま秋… solitude  ガラスの向う急ぎ足で 恋人たちが夜を運ぶのね  あなたのかわり空いた席で 淡い淋しさだけ微笑みかけてくるわ  グラスに残った黄昏… 二人の愛にも似てるわ 飲み干さずに 素敵なままお別れねもう sentimental  mon amour 胸の想いも 連れ去ってあなた サヨナラもさり気なく…  心の距離が測れず 温もりそれだけ信じた 悲しみさえ 優しさに変えパリはいま秋… solitude  グラスに残った黄昏… 二人の愛にも似てるわ 飲み干さずに 素敵なままお別れねもう sentimental  mon amour 胸の想いも 連れ去ってあなた サヨナラもさり気なく…
少女APLATINA LYLIC中森明菜PLATINA LYLIC中森明菜売野雅勇芹澤廣明上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があゝ熱いわ 鏡に向って 微笑(ほほえ)みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ… 他人(ひと)が言うほど ドライじゃないの 本当は臆病 分かってほしいのあなた……  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A
十戒(1984)PLATINA LYLIC中森明菜PLATINA LYLIC中森明菜売野雅勇高中正義愚図ねカッコつけてるだけで 何もひとりきりじゃできない  過保護すぎたようね 優しさは軟弱さの言い訳なのよ  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられないかぎり 限界なんだわ 坊やイライラするわ  すぐに愛を口にするけど それじゃ何も解決しない  ちょっと甘い顔をするたびに ツケ上るの悪い習性だわ  優しいだけじゃもう物足りないのよ 今の男の子みんな涙見せたがり 甘えてるわ 止めて冗談じゃない  ちゃんとハッキリしてよ この辺で ギリギリよもどかしいわね  救いのない人ね 哀しくなるのよ 私好きならば方法あるはずよ でなきゃさよならね いいわ冗談じゃない  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられたら きっと 好きになれたはず…坊やイライラするわ
禁区GOLD LYLIC中森明菜GOLD LYLIC中森明菜売野雅勇細野晴臣私からサヨナラしなければ この恋は終わらないのね ずるいひと…大人の手口(やりかた)ね ため息ひとつ また催眠(わな)かける ときめきが理性(こころ)に目隠しする これ以上進んだら自信がないわ  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ね  理由(わけ)もなく引かれてた陰(かげ)りさえ 今なら意味も分かるわ 「このあたり潮時…」とあなたは 思っているはず 横顔違う 謎めいた微笑み惑わされて 振り向けば 帰り道黄昏れの中 「平凡な愛でいい……」 心うらはら 危険(あぶ)な気(げ)なあなたしか もう愛せない 口唇でふさがれた 胸がつぶやく 私からサヨナラを 言わせるつもり…… それはちょっとできない相談ね  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ね
1/2の神話GOLD LYLIC中森明菜GOLD LYLIC中森明菜売野雅勇大沢誉志幸秘密だと 念おされ あなたにうなずけば クールな私に戻る……いつも  カラカラに乾いてる 態度とうらはらに 心じゃ まだ夢見てる……純ね  半分だけよ 大人の真似 あとの残り 純粋なまま それでもまだ 私悪くいうの いいかげんにして  誰も私 解ってくれない ちょっと見よりか いい子なのに  心まで汚れたら 少しは気も楽ね なんにも 悩まず済むわ……きっと  あなたへのこの想い 私に重すぎて 時々 泣きたくなるわ……純ね  退屈顔の 大人よりも よっぽど私 生きてるつもり それでもまだ うしろ指をさすの いいかげんにして  誰も私 解ってくれない 他人より少し 淋しいだけ  半分だけよ 大人の真似 あとの残り 純粋なまま それでもまだ 私悪くいうの いいかげんにして
17CLUBP.J & Cool RunningsP.J & Cool Runnings売野雅勇筒美京平Natty natty beat おいでよここにステキだよ Oh yeah Natty natty beat 一度覗けば病みつきだよ Oh yeah  淋しさも let's jammin', hey Jammin' 吹っ飛ぶぜ let's jammin', hey Jammin' 夢を見るたび裏切るこの都会(まち) 牙をむくのさ あざ笑うように  泣かないで brother, 抱きしめて your soul Never, never never give up 君をさらいに連れに来たよ to the Club Seventeen  Natty natty beat おいでよここにステキだよ oh yeah Natty natty beat 秘密の扉いま開くよ oh yeah  優しさは it's a magic, bad magic 危険だね it's a magic, bad magic 時々胸で爪跡に変わる 微笑みながら明日を消すのさ  泣かないで brother, 愛し合い get on Never, never never give up 君の夢を叶えたいな at the Club Seventeen  Natty natty beat 誰にも心渡さないよ oh yeah Natty natty beat たとえ夢まで奪われても oh yeah  夢を見るたび裏切るこの都会(まち) 牙をむくのさ あざ笑うように  泣かないで brother, 抱きしめて your soul Never, never never give up 君をさらいに連れに来たよ to the Club Seventeen  Natty natty beat おいでよここにステキだよ oh yeah Natty natty beat 秘密の扉いま開くよ oh yeah
愛のソルジャー影山ヒロノブ影山ヒロノブ売野雅勇井上大輔藤田大土約束しよう 君のためなら 体投げうち戦うぜ  もしもこの命さしだして 君の夢守れるなら 何も惜しくはないのさ あゝ愛のソルジャー マスクマン あゝ愛のソルジャー マスクマン 君と出逢えてよかった 燃えるオーラのマスクマン  信じてごらん 人は誰でも 優しさだけで生きれると  君の夢がいま明日(あした)へと 虹の橋架けてゆくよ 空の花園渡って あゝ愛のソルジャー マスクマン あゝ愛のソルジャー マスクマン 君を守りに来たのさ 燃えるオーラのマスクマン  もしもこの命さしだして 君の夢守れるなら 何も惜しくはないのさ あゝ愛のソルジャー マスクマン あゝ愛のソルジャー マスクマン 君と出逢えてよかった 燃えるオーラのマスクマン
地球戦隊ファイブマン鈴木けんじ鈴木けんじ売野雅勇小杉保夫山本健司1・2・3・4・5 ファイブマン 危険にいま 命を張れ! 地球が危ない…! 銀河でただひとつきりの 虹の降る星 奇跡の 絆で結ばれた 熱い熱い 熱い 炎をあげろ  Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 救えよ 美しい 星の 命を Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 守れよ その愛で 大切な人を 大切な人の未来を Wow wow wow 1・2 3・4・5 地球戦隊ファイブマン  1・2・3・4・5ファイブマン 人は愛と勇気というナイフを持った 戦士だから 戦わずに生きてゆけない 心で誰かが君を呼ぶ 燃える燃える燃える 炎のように  Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 救えよ 美しい 星の 命を Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 守れよ その愛で 大切な人を 大切な人の未来を Wow wow wow 1・2 3・4・5 地球戦隊ファイブマン  Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 救えよ 美しい 星の 命を Wow wow wow wow マイ・ブラザー Wow wow wow wow マイ・シスター 守れよ その愛で 大切な人を 大切な人の未来を Wow wow wow 1・2 3・4・5 地球戦隊ファイブマン
Love Song中西圭三中西圭三売野雅勇中西圭三小西貴雄ずっと心を偽っていたよ 孤独な日々に目隠しをされて  愛されることばかり 願っていたよ…君に出逢うまで 正直に愛したい… 探していた答えに気づいたよ  愛は君の微笑みの陰の 痛みや淋しさを想うこと 愛は君の見えない涙を ぬぐってやること To Live Is To Love You, To Love You  君を静かに思うたび僕は 自分にやっと逢えた気がしてる  魂の気高さも 人の弱さも分りかけている 愛しさも切なさも 愛に試されている優しさと…  愛は君の言葉の透き間で 震える気持を感じること 君を愛してることが 僕の生きてく勇気さ To Live Is To Love You, To Love You
全3ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. パジャマパーティーズのうた
  4. オレンジ
  5. 3月9日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Parade
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. Eye's Sentry
  4. Party!!
  5. May

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×