中森明菜の歌詞一覧リスト  391曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
391曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あゝ無情きれいでしょ ヒラヒラと いい女でしょ 見かけより 尽くすタイプね 優しさに棹さして 男はずるいわ 逃げてゆく 夜が明ける頃 涙は 塩っぱすぎるし 焼きもちは 汚い 好きにさせてよ  サングラス 外したら 吹きだしちゃうほど あどけない目をしてる あいつに弱いの 裏切りは 直らない 手錠をかけても 甘え上手に トドメ刺されて 街に霧が降る  ねえ、わたし 素敵でしょ ケバさがいいでしょ 悪いけど 良くモテてます あの人を捜しても 見えない夜更けは 思いきり おしゃれに酔うの 他の誰かにも 貴方 同じコトするのね 虚しすぎるわ  くちびるが 悲しみに つまづくたんびに 強がりが 出ちゃうけど 本気じゃないのよ 貴方しか 欲しくない 1000年先まで 本音をいえば 結婚したい まさか 愛してる  サングラス 外したら 吹きだしちゃうほど あどけない目をしてる あいつに弱いの 裏切りは 直らない 手錠をかけても 甘え上手に トドメ刺されて 街に霧が降る中森明菜湯川れい子NOBODYきれいでしょ ヒラヒラと いい女でしょ 見かけより 尽くすタイプね 優しさに棹さして 男はずるいわ 逃げてゆく 夜が明ける頃 涙は 塩っぱすぎるし 焼きもちは 汚い 好きにさせてよ  サングラス 外したら 吹きだしちゃうほど あどけない目をしてる あいつに弱いの 裏切りは 直らない 手錠をかけても 甘え上手に トドメ刺されて 街に霧が降る  ねえ、わたし 素敵でしょ ケバさがいいでしょ 悪いけど 良くモテてます あの人を捜しても 見えない夜更けは 思いきり おしゃれに酔うの 他の誰かにも 貴方 同じコトするのね 虚しすぎるわ  くちびるが 悲しみに つまづくたんびに 強がりが 出ちゃうけど 本気じゃないのよ 貴方しか 欲しくない 1000年先まで 本音をいえば 結婚したい まさか 愛してる  サングラス 外したら 吹きだしちゃうほど あどけない目をしてる あいつに弱いの 裏切りは 直らない 手錠をかけても 甘え上手に トドメ刺されて 街に霧が降る
哀愁のMidnightあなたの部屋に来たのに 不安な胸さわぎ  言葉も途切れたままで やりきれず目を閉じる  摩天楼から 見おろすライトはまるで ちぎれた首飾り  最初は気まぐれ Accident 二度目は危ない Love Affair ようやく本気になる頃に 別れが見える Midnight  その気もないなら二度と 誘ったりしないで  蒼い夜のせいじゃない 肩が冷えてゆくのは  こんな時間に 電話のベルが7回 続いて今切れた  男と女は Mystery 自分で傷つく Pessimist 今さら愛しているなんて 言えるはずない Midnight  最初は気まぐれ Accident 二度目は危ない Love Affair 私が本気になる頃に 終わりが見える Midnight中森明菜有川正沙子玉置浩二萩田光雄あなたの部屋に来たのに 不安な胸さわぎ  言葉も途切れたままで やりきれず目を閉じる  摩天楼から 見おろすライトはまるで ちぎれた首飾り  最初は気まぐれ Accident 二度目は危ない Love Affair ようやく本気になる頃に 別れが見える Midnight  その気もないなら二度と 誘ったりしないで  蒼い夜のせいじゃない 肩が冷えてゆくのは  こんな時間に 電話のベルが7回 続いて今切れた  男と女は Mystery 自分で傷つく Pessimist 今さら愛しているなんて 言えるはずない Midnight  最初は気まぐれ Accident 二度目は危ない Love Affair 私が本気になる頃に 終わりが見える Midnight
哀愁魔術交差点の 向う側から 腕時計を 反射させて 光の矢で 私のハート 射抜いてしまった 不思議なあなた  恋人達はフィルム・スタアね 落葉の街を あなたと泳げば それだけで 物語  はかなさがマジック 涙がひと粒 落ちればさめてく せつなさがマジック だからもっとして…して… 今夜もっと透明にして…  ウーロン茶の 飲めるカフェで クロスワード 解いてみるの 「甘いもので Kで始まる…」 答はあなたが 頬にくれたわ  きらめく愛は テクニカラーね 絵具が落ちて 想い出になるの 口づけも きりの中  はかなさがマジック 夢がかなうたび なぜだかこわいの せつなさがマジック だからもっとして…して 今夜もっと透明にして…  はかなさがマジック 涙がひと粒 落ちればさめてく せつなさがマジック だからもっとして…して… 今夜もっと透明にして…中森明菜森雪之丞小杉保夫交差点の 向う側から 腕時計を 反射させて 光の矢で 私のハート 射抜いてしまった 不思議なあなた  恋人達はフィルム・スタアね 落葉の街を あなたと泳げば それだけで 物語  はかなさがマジック 涙がひと粒 落ちればさめてく せつなさがマジック だからもっとして…して… 今夜もっと透明にして…  ウーロン茶の 飲めるカフェで クロスワード 解いてみるの 「甘いもので Kで始まる…」 答はあなたが 頬にくれたわ  きらめく愛は テクニカラーね 絵具が落ちて 想い出になるの 口づけも きりの中  はかなさがマジック 夢がかなうたび なぜだかこわいの せつなさがマジック だからもっとして…して 今夜もっと透明にして…  はかなさがマジック 涙がひと粒 落ちればさめてく せつなさがマジック だからもっとして…して… 今夜もっと透明にして…
Eyes on you(I can't let you go, can't get out of mind)  空想が rise up 感情は eyes on you 本当に wise'nough? to guide you inside me 瞬間は spiced up ほんの twice of dance 遭遇の price なんて dice 振るようで  (出会いはただ突然の閃光(フラッシュ)) 抗(あらが)えない 魅力(ちから)で (瞳は私を導く) 必然の恋は 'bout to start  聴こえてくる 極上のtrue ラブソング 広がるその先に あなたの手のひらがある  連れてって 世界へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 抱きしめてて ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind) 始まりは続くの(take the hand my sweet, take you to the moon) 包むその瞳で(I can't let you go, can't get out of my mind)  辛いが blinking 曖昧さえ dazzlin' me 運命は linking I'm easing そう feeling 感染の swingin' いつも travelin' 熱線はsinging uplifting くれる  (心にともったこの灯は) 永遠に輝いて (時間さえも貫いてく) 偶然の描くストーリー  例え星が 見えない夜でも 確かな温もりで 道は照らされてくから  誘い出して 宇宙(そら)へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 闇に光る 月へ(I can't let you go, can't get out of my mind) 暖かいその手を(take the hand my sweet, take you to the moon) 離さないで ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind)  連れてって 世界へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 抱きしめてて ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind) 始まりは続くの(take the hand my sweet, take you to the moon) 包むその瞳で(I can't let you go, can't get out of my mind)中森明菜AdyaURUURU(I can't let you go, can't get out of mind)  空想が rise up 感情は eyes on you 本当に wise'nough? to guide you inside me 瞬間は spiced up ほんの twice of dance 遭遇の price なんて dice 振るようで  (出会いはただ突然の閃光(フラッシュ)) 抗(あらが)えない 魅力(ちから)で (瞳は私を導く) 必然の恋は 'bout to start  聴こえてくる 極上のtrue ラブソング 広がるその先に あなたの手のひらがある  連れてって 世界へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 抱きしめてて ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind) 始まりは続くの(take the hand my sweet, take you to the moon) 包むその瞳で(I can't let you go, can't get out of my mind)  辛いが blinking 曖昧さえ dazzlin' me 運命は linking I'm easing そう feeling 感染の swingin' いつも travelin' 熱線はsinging uplifting くれる  (心にともったこの灯は) 永遠に輝いて (時間さえも貫いてく) 偶然の描くストーリー  例え星が 見えない夜でも 確かな温もりで 道は照らされてくから  誘い出して 宇宙(そら)へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 闇に光る 月へ(I can't let you go, can't get out of my mind) 暖かいその手を(take the hand my sweet, take you to the moon) 離さないで ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind)  連れてって 世界へ(take the hand my sweet, take you to the moon) 抱きしめてて ずっと(I can't let you go, can't get out of my mind) 始まりは続くの(take the hand my sweet, take you to the moon) 包むその瞳で(I can't let you go, can't get out of my mind)
愛染橋春一番が吹き荒れた後 花を敷いた路地へ 今日こそ返事聞かせてくれと 問いつめられそうで  あなた以上にやさしい人は いそうにもないけど 結婚なんて旧い言葉に 縛られたくなくて  橋の名は愛染橋 ほほえんで渡れば恋がかなう うつむけばそれきりとまどい橋  うちは淋しい女やからね 愛なんてよう知らん 時の流れも春のうららに 渡りたい 渡れない  髪の芯まで飽きられる日が 来ないとも限らず そしたらすぐに別れる勇気 ありそうでなさそで  橋の名は愛染橋 ただ一度渡ればもう戻れぬ 振り向けばそこから想い出橋  うちは愚かな女やからね 人生もよう知らん けれどあなたに手招きされて 渡りたい 渡れない中森明菜松本隆堀内孝雄千住明春一番が吹き荒れた後 花を敷いた路地へ 今日こそ返事聞かせてくれと 問いつめられそうで  あなた以上にやさしい人は いそうにもないけど 結婚なんて旧い言葉に 縛られたくなくて  橋の名は愛染橋 ほほえんで渡れば恋がかなう うつむけばそれきりとまどい橋  うちは淋しい女やからね 愛なんてよう知らん 時の流れも春のうららに 渡りたい 渡れない  髪の芯まで飽きられる日が 来ないとも限らず そしたらすぐに別れる勇気 ありそうでなさそで  橋の名は愛染橋 ただ一度渡ればもう戻れぬ 振り向けばそこから想い出橋  うちは愚かな女やからね 人生もよう知らん けれどあなたに手招きされて 渡りたい 渡れない
逢いたくて 逢いたくて愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていた わたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ中森明菜岩谷時子宮川泰千住明愛したひとは あなただけ わかっているのに 心の糸がむすべない ふたりは恋人 好きなのよ 好きなのよ くちづけをしてほしかったのだけど せつなくて 涙が でてきちゃう  愛の言葉も 知らないで さよならした人 たった一人のなつかしい 私の恋人 耳もとで 耳もとで 大好きと 云いたかったのだけど はずかしくて 笑っていた わたし  愛されたいと くちびるに 指を噛みながら 眠った夜の夢にいる こころの恋人 逢いたくて 逢いたくて 星空に 呼んでみるのだけど 淋しくて 死にたくなっちゃうわ
アイツはジョークアイツは いい加減 あきれはてた顔で 素直じゃないよと 云いすてる アイツの言葉は 当りすぎるからシャク 聞こえないふりで 紅茶を飲み干す  あきらめは 早いほう なぐさめは 嫌なほう ほっといて ほっといて アイツなんて 恋の相手じゃない  その時アイツは もう歩きだしてた アタシは グラスで遊び続けてた  一日伸ばしに しているそのうちに 謝るチャンスを なくしてた アイツの行く店 のぞいてみたけれど ざわめきの中は 見知らぬ顔だけ  きりかえは 早いほう くどいのは 嫌なほう 好きにして 好きにして アイツなんて 欲しい人にあげる  アイツの優しさ 時々はがゆくて ちょうどいい頃 退屈してたの  あきらめは 早いほう なぐさめは 嫌なほう ウソばかり ウソばかり アイツだけが 今も心占める アイツなんてジョーク 笑ったつもりでも 正直 鏡が涙みせつける中森明菜中里綴福島邦子アイツは いい加減 あきれはてた顔で 素直じゃないよと 云いすてる アイツの言葉は 当りすぎるからシャク 聞こえないふりで 紅茶を飲み干す  あきらめは 早いほう なぐさめは 嫌なほう ほっといて ほっといて アイツなんて 恋の相手じゃない  その時アイツは もう歩きだしてた アタシは グラスで遊び続けてた  一日伸ばしに しているそのうちに 謝るチャンスを なくしてた アイツの行く店 のぞいてみたけれど ざわめきの中は 見知らぬ顔だけ  きりかえは 早いほう くどいのは 嫌なほう 好きにして 好きにして アイツなんて 欲しい人にあげる  アイツの優しさ 時々はがゆくて ちょうどいい頃 退屈してたの  あきらめは 早いほう なぐさめは 嫌なほう ウソばかり ウソばかり アイツだけが 今も心占める アイツなんてジョーク 笑ったつもりでも 正直 鏡が涙みせつける
愛のうたもし君に ひとつだけ 願いが叶うとしたら 今君は 何を願うの? そっと聞かせて もし君が この恋を永遠と呼べなくても 今だけは 嘘をついて 淡い言葉で信じさせてみて  愛のうた 響き渡れば 灰色の夜空に光が射すよ ひとつずつ光をつないで 遠くの君のもとへと 届けよう  もし私 ひとつだけ 願いが叶うとしたら 夢の中でもいいからと 逢いたいと願う もし私 この恋が終わり迎えたとしたら ガラスのよう 砕けてもう戻れなくなる だけど愛してる  あいまいな関係でもいい いつもと変わらず優しくしていて 本当のことは言わないで 会えなくなるなんてもう 受け止められない  明日またいつものように 戻れる気がして 空を見上げてた さよならは 言わないでいて 今夜も夢の中へ落ちていく  愛のうた 響き渡れば 灰色の夜空に光が射すよ ひとつずつ光をつないで 遠くの君のもとへと 届けよう中森明菜倖田來未・森元康介森元康介鳥山雄司もし君に ひとつだけ 願いが叶うとしたら 今君は 何を願うの? そっと聞かせて もし君が この恋を永遠と呼べなくても 今だけは 嘘をついて 淡い言葉で信じさせてみて  愛のうた 響き渡れば 灰色の夜空に光が射すよ ひとつずつ光をつないで 遠くの君のもとへと 届けよう  もし私 ひとつだけ 願いが叶うとしたら 夢の中でもいいからと 逢いたいと願う もし私 この恋が終わり迎えたとしたら ガラスのよう 砕けてもう戻れなくなる だけど愛してる  あいまいな関係でもいい いつもと変わらず優しくしていて 本当のことは言わないで 会えなくなるなんてもう 受け止められない  明日またいつものように 戻れる気がして 空を見上げてた さよならは 言わないでいて 今夜も夢の中へ落ちていく  愛のうた 響き渡れば 灰色の夜空に光が射すよ ひとつずつ光をつないで 遠くの君のもとへと 届けよう
愛はかげろう窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を 細い指先で なぞってみる くもり とかして すべる 指先に 伝わる冷たさ 心にしみる 忘れ去られた 部屋の片隅 貴方の影 今もゆれてる  愛は かげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心をゆらして  別れ言葉を 口にする貴方は いつもとちがって やさしすぎた はき出すタバコの 煙の影が 教えてくれた 偽り言葉と あつく いだかれた日々を 倖せと言えば かなしい 愛は かげろう さめきった愛の 過ぎ去る後に残るものは いつも女の乾いた涙 さまよい歩く迷い子  愛は かげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心をゆらして中森明菜三浦和人三浦和人千住明窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を 細い指先で なぞってみる くもり とかして すべる 指先に 伝わる冷たさ 心にしみる 忘れ去られた 部屋の片隅 貴方の影 今もゆれてる  愛は かげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心をゆらして  別れ言葉を 口にする貴方は いつもとちがって やさしすぎた はき出すタバコの 煙の影が 教えてくれた 偽り言葉と あつく いだかれた日々を 倖せと言えば かなしい 愛は かげろう さめきった愛の 過ぎ去る後に残るものは いつも女の乾いた涙 さまよい歩く迷い子  愛は かげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心をゆらして
愛撫GOLD LYLIC絹の靴に金の刺繍糸 濡れた砂を駆け寄る はだけたシャツ 海は傾いて 指が肩にくいこむ  抱きしめてよ 不幸のかたちに 切り抜かれた心を 罪深さが炎を注いで 沈む夕陽 綺麗ね  愛さないでね 愛してないから 哀しい嘘がひとひら 戯れだっていくらだましても 眼差しは正直よ  Lonely Night 人は孤独な星 Lonely Night 瞬いて消える 短すぎる人生なら 眩しく燃えつきるまで生きたい Lonely Night 触れれば触れるほど Lonely Night 遠ざかる身体 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The Night  めぐり逢ってしまったんだもの 戻せないの 時間は あなたの手の時計を外して 海に投げて沈めた  許さないでね 許してないから 憎むくらいに見つめて 柔らかな髪 撫でていた爪が 優しさで染まってく  Lonely Night 人は孤独な波 Lonely Night 寄せて返すだけ 逆らうほど沈みそうで あなたの背中にしがみついてた Lonely Night 探せば探すほど Lonely Night 見失う未来 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The Night  Lonely Night 触れれば触れるほど Lonely Night 遠ざかる身体 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The NightGOLD LYLIC中森明菜松本隆小室哲哉小室哲哉絹の靴に金の刺繍糸 濡れた砂を駆け寄る はだけたシャツ 海は傾いて 指が肩にくいこむ  抱きしめてよ 不幸のかたちに 切り抜かれた心を 罪深さが炎を注いで 沈む夕陽 綺麗ね  愛さないでね 愛してないから 哀しい嘘がひとひら 戯れだっていくらだましても 眼差しは正直よ  Lonely Night 人は孤独な星 Lonely Night 瞬いて消える 短すぎる人生なら 眩しく燃えつきるまで生きたい Lonely Night 触れれば触れるほど Lonely Night 遠ざかる身体 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The Night  めぐり逢ってしまったんだもの 戻せないの 時間は あなたの手の時計を外して 海に投げて沈めた  許さないでね 許してないから 憎むくらいに見つめて 柔らかな髪 撫でていた爪が 優しさで染まってく  Lonely Night 人は孤独な波 Lonely Night 寄せて返すだけ 逆らうほど沈みそうで あなたの背中にしがみついてた Lonely Night 探せば探すほど Lonely Night 見失う未来 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The Night  Lonely Night 触れれば触れるほど Lonely Night 遠ざかる身体 だけどいいの 今はいいの 夜空を流れる流星になりたい  Touch Me, Touch Me, Touch Me Through The Night
I hope so乾いてた砂漠走り抜けて 潤った翼広げる場所へ すれ違ってくもの(事柄) たくわえながら  昨日より熱くなれる空に 輝ける退屈な夢はない 砂埃を上げて通り過ぎて行く この大地と  GET ANYPLACE…HOWEVER 羽広げて GET ANYPLACE…HOWEVER 見下ろせたらこぼれた 砂に埋めよう わかり得ない傷跡 蜃気楼と笑える今なら  ひび割れたお気にいりの靴は 何度でも縫い合わせて履いた 風に舞った地図は過去をはき捨て 明日を描く  GET ANYPLACE…FOREVER 羽広げて GET ANYPLACE…FOREVER 見下ろす今広がる空に投げよう 嘘ばかりの笑顔は 蜃気楼と消え去る未来へ Go ahead and tell us really mean  GET ANYPLACE…FOREVER 羽広げて GET ANYPLACE…FOREVER 見下ろす今広がる 空へと投げよう 誰の手も借りず  GET ANYPLACE…HOWEVER 羽広げて GET ANYPLACE…HOWEVER 見下ろせたらこぼれた 砂に埋めよう わかり得ない傷跡 蜃気楼と笑える今なら中森明菜中森明菜井上慎二郎・武部聡志武部聡志乾いてた砂漠走り抜けて 潤った翼広げる場所へ すれ違ってくもの(事柄) たくわえながら  昨日より熱くなれる空に 輝ける退屈な夢はない 砂埃を上げて通り過ぎて行く この大地と  GET ANYPLACE…HOWEVER 羽広げて GET ANYPLACE…HOWEVER 見下ろせたらこぼれた 砂に埋めよう わかり得ない傷跡 蜃気楼と笑える今なら  ひび割れたお気にいりの靴は 何度でも縫い合わせて履いた 風に舞った地図は過去をはき捨て 明日を描く  GET ANYPLACE…FOREVER 羽広げて GET ANYPLACE…FOREVER 見下ろす今広がる空に投げよう 嘘ばかりの笑顔は 蜃気楼と消え去る未来へ Go ahead and tell us really mean  GET ANYPLACE…FOREVER 羽広げて GET ANYPLACE…FOREVER 見下ろす今広がる 空へと投げよう 誰の手も借りず  GET ANYPLACE…HOWEVER 羽広げて GET ANYPLACE…HOWEVER 見下ろせたらこぼれた 砂に埋めよう わかり得ない傷跡 蜃気楼と笑える今なら
I MISSED THE SHOCKGOLD LYLIC夜が長い一日のせいで あなたがわからなくなっていた どんなシビアな小説よりも 心はふさぎこむ RAINY DAY  眠り過ぎた回路はいつしか 心だけを取り残して行く あの時の確かな口づけも 夢に消えてしまう SLOW DOWN  I MISSED “THE SHOCK” もう届かない 全てが壊れ始める I MISSED “THE SHOCK” 確かめられず 愛がもう取り残されるの SHOCK!  lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain  雨を恐がる孤独のせいで いつか寂しさに慣れてしまう 追いかけられたずっと昔に ぼんやり影を残して  疑う事より信じあえる 何かが今はかけてしまった せまる夜の重さに押されて 明日を占う JUST A DAY  I MISSED “THE SHOCK” もう判らない 未来を失くしてしまう I MISSED “THE SHOCK” 愛を試した 涙は誘われて行くの SHOCK!  lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain  何も見えない 見られないガラスごしの空 誰にも言えない 聞こえない涙のため息 きれいなだけじゃ 優しいだけじゃ 空しいだけじゃない  I MISSED “THE SHOCK” もう届かない 全てが壊れ始める I MISSED “THE SHOCK” 確かめられず 愛がもう取り残されるの SHOCK! SHOCK!…  WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” I MISSED “THE SHOCK SHOCK” I MISSED “THE SHOCK SHOCK SHOCK” I MISSED “THE SHOCK SHOCK” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” SHOCK WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK” 愛を試した 涙は誘われて行くの SHOCK!GOLD LYLIC中森明菜Qumico FucciQumico Fucci夜が長い一日のせいで あなたがわからなくなっていた どんなシビアな小説よりも 心はふさぎこむ RAINY DAY  眠り過ぎた回路はいつしか 心だけを取り残して行く あの時の確かな口づけも 夢に消えてしまう SLOW DOWN  I MISSED “THE SHOCK” もう届かない 全てが壊れ始める I MISSED “THE SHOCK” 確かめられず 愛がもう取り残されるの SHOCK!  lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain  雨を恐がる孤独のせいで いつか寂しさに慣れてしまう 追いかけられたずっと昔に ぼんやり影を残して  疑う事より信じあえる 何かが今はかけてしまった せまる夜の重さに押されて 明日を占う JUST A DAY  I MISSED “THE SHOCK” もう判らない 未来を失くしてしまう I MISSED “THE SHOCK” 愛を試した 涙は誘われて行くの SHOCK!  lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain lonely night in the rain  何も見えない 見られないガラスごしの空 誰にも言えない 聞こえない涙のため息 きれいなだけじゃ 優しいだけじゃ 空しいだけじゃない  I MISSED “THE SHOCK” もう届かない 全てが壊れ始める I MISSED “THE SHOCK” 確かめられず 愛がもう取り残されるの SHOCK! SHOCK!…  WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” I MISSED “THE SHOCK SHOCK” I MISSED “THE SHOCK SHOCK SHOCK” I MISSED “THE SHOCK SHOCK” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK!” SHOCK WOO I MISSED “THE SHOCK SHOCK” 愛を試した 涙は誘われて行くの SHOCK!
I LOVE YOUI love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に中森明菜尾崎豊尾崎豊鳥山雄司I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I love you 逃れ逃れ 辿り着いたこの部屋 何もかも許された恋じゃないから 二人はまるで 捨て猫みたい この部屋は落葉に埋もれた空き箱みたい だからおまえは小猫の様な泣き声で  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に  I love you 若すぎる二人の愛には触れられぬ秘密がある I love you 今の暮しの中では 辿り着けない ひとつに重なり生きてゆく恋を 夢みて傷つくだけの二人だよ 何度も愛してるって聞くおまえは この愛なしでは生きてさえゆけないと  きしむベッドの上で 優しさを持ちより きつく躰 抱きしめあえば それからまた二人は目を閉じるよ 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬ様に
I WANNA CHANCE別れの予感をかくし レンガの小径を歩く このまま霧に包まれていたい  いつもと違う口づけ 気持がはぐれていくの 私が言えばそこからさよなら  一人になる為なら 想い出つくれないわ 涙の夢が恐くて  I Wanna Chance ひき止めて欲しいの I Wanna Chance 指先で伝えて Don't Go Away Don't Go Away  心の旅立ちだから 泣かないつもりでいるの 気づかないうち 涙をふきたい  誰かを好きだと言って 夜空の重さをといて うそがつけない二人が悲しい  うしろを振り向いても この肩寒いだけね あなたの愛を教えて  I Wanna Chance 可愛いと笑って I Wanna Chance 熱い目でみつめて Don't Go Away  I Wanna Chance ひき止めて欲しいの I Wanna Chance 指先で伝えて Don't Go Away Don't Go Away中森明菜許瑛子鈴木キサブロー別れの予感をかくし レンガの小径を歩く このまま霧に包まれていたい  いつもと違う口づけ 気持がはぐれていくの 私が言えばそこからさよなら  一人になる為なら 想い出つくれないわ 涙の夢が恐くて  I Wanna Chance ひき止めて欲しいの I Wanna Chance 指先で伝えて Don't Go Away Don't Go Away  心の旅立ちだから 泣かないつもりでいるの 気づかないうち 涙をふきたい  誰かを好きだと言って 夜空の重さをといて うそがつけない二人が悲しい  うしろを振り向いても この肩寒いだけね あなたの愛を教えて  I Wanna Chance 可愛いと笑って I Wanna Chance 熱い目でみつめて Don't Go Away  I Wanna Chance ひき止めて欲しいの I Wanna Chance 指先で伝えて Don't Go Away Don't Go Away
逢えなくてポストに届いていた あなたからの絵ハガキ 癖のあるその文字に 遠いあの頃のこと 思い出すの  「元気ですか」の一言 低いあなたの声がする  もう二度と 逢えなくてもよかった 失った こころは何処へ行くの 一度だけ もう一度だけなんて 消え去ったはずの夢 逢えなくて  ドアにかけた最後の あなたへのプレゼント さよなら言うかわりに 伝えたかったの ただ「ありがとう」と  「君には僕しかいない」 口癖のように 言ってたね  もう一度 あの日に帰れるなら なんて夢 そこには戻れないの 一度だけ もう一度だけなんて 言えないわ もう二度と 逢えなくて  ねえ 見知らぬ街の中 独り彷徨って ふと振り向くと同じ あなたの腕に抱かれていたい  もう一度 あの日に帰れるなら なんて夢 そこには戻れないの 一度だけ もう一度だけなんて 言わないでいて ねえこれ以上  もう二度と 逢えなくてもいいのよ いつまでも あなたはわたしの人 一度だけ もう一度だけなんて 消え去ったはずの夢 逢えなくて中森明菜Ryohei Matsufuji新屋豊ポストに届いていた あなたからの絵ハガキ 癖のあるその文字に 遠いあの頃のこと 思い出すの  「元気ですか」の一言 低いあなたの声がする  もう二度と 逢えなくてもよかった 失った こころは何処へ行くの 一度だけ もう一度だけなんて 消え去ったはずの夢 逢えなくて  ドアにかけた最後の あなたへのプレゼント さよなら言うかわりに 伝えたかったの ただ「ありがとう」と  「君には僕しかいない」 口癖のように 言ってたね  もう一度 あの日に帰れるなら なんて夢 そこには戻れないの 一度だけ もう一度だけなんて 言えないわ もう二度と 逢えなくて  ねえ 見知らぬ街の中 独り彷徨って ふと振り向くと同じ あなたの腕に抱かれていたい  もう一度 あの日に帰れるなら なんて夢 そこには戻れないの 一度だけ もう一度だけなんて 言わないでいて ねえこれ以上  もう二度と 逢えなくてもいいのよ いつまでも あなたはわたしの人 一度だけ もう一度だけなんて 消え去ったはずの夢 逢えなくて
赤い鳥逃げた痛むのがいつでもやさしい心なら やさしさ どこに捨てましょうか あなたから教えて 遠い砂漠の国へと 夜明けに旅立つ それはあなたの旅です 止めはしないけど 涙があふれ出て 大きな背中にこのほほ沈めて どうして離れて生きるの? いつも同じ愛を さがしたのに  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして 赤い鳥が逃げた いつかふたりで見る 夢をさがして  さよならをあなたが心に隠すなら 眠りについた横顔に ささやいて行ってね ねえ蜃気楼の街 なにか見つけたら ひとつもムダにしないから 今度ほんとの愛を下さい  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして  いつもあなたに抱かれてた 右の肩が急に淋しい 星が涙になる前に わたしをもう1度 抱いてね  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして 赤い鳥が逃げた いつかふたりが住む 夢をさがして さがして さがして さがして 中森明菜康珍化松岡直也痛むのがいつでもやさしい心なら やさしさ どこに捨てましょうか あなたから教えて 遠い砂漠の国へと 夜明けに旅立つ それはあなたの旅です 止めはしないけど 涙があふれ出て 大きな背中にこのほほ沈めて どうして離れて生きるの? いつも同じ愛を さがしたのに  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして 赤い鳥が逃げた いつかふたりで見る 夢をさがして  さよならをあなたが心に隠すなら 眠りについた横顔に ささやいて行ってね ねえ蜃気楼の街 なにか見つけたら ひとつもムダにしないから 今度ほんとの愛を下さい  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして  いつもあなたに抱かれてた 右の肩が急に淋しい 星が涙になる前に わたしをもう1度 抱いてね  赤い鳥が逃げた Fly Away 愛のカゴをあけて 空へと 赤い鳥が逃げた Fly Away 銀の涙 翼ぬらして 赤い鳥が逃げた いつかふたりが住む 夢をさがして さがして さがして さがして 
赤い花ひとりきり すくいあげる 指のあいだ こぼれてゆく日々  あのひとが 残したのは 光さえも 呑み込む砂漠よ  あぁ 心は泣き叫ぶけれど こんな乾いた世界じゃ どんな声も響かない  風よ お願い さらわないで 二度と在り処を捜せぬように 深く埋めるから 朽ちるまで 思い 眠らせて  最後の涙をあげましょう 二度と咲かない花のために 赤いその色が 溶けるまで せめて 見届けさせて  めぐりあう偶然は 優しさにも ナイフにも変わる  耐えられぬ いたみでも どうしてなの 追いかけてしまう  ねぇ あたしをいっそ切り裂いて 何も感じないほどの 傷をつけて去っていってよ  今は お願い おしえないで すべてを捨てて行ける理由を 遠く輝いた 愛までも 嘘と 言わないで  最後の涙が落ちたなら 二度とあなたが見えないように 歩き続けるの どこまでも 錆びた 景色の中を  風よ お願い さらわないで 二度と在り処を捜せぬように 深く埋めるから 朽ちるまで 思い 眠らせて  最後の涙をあげましょう 二度と咲かない花のために 赤いその色が 溶けるまで せめて 見守りたいと…中森明菜KIM HYUNG SEOKKIM HYUNG SEOK武部聡志ひとりきり すくいあげる 指のあいだ こぼれてゆく日々  あのひとが 残したのは 光さえも 呑み込む砂漠よ  あぁ 心は泣き叫ぶけれど こんな乾いた世界じゃ どんな声も響かない  風よ お願い さらわないで 二度と在り処を捜せぬように 深く埋めるから 朽ちるまで 思い 眠らせて  最後の涙をあげましょう 二度と咲かない花のために 赤いその色が 溶けるまで せめて 見届けさせて  めぐりあう偶然は 優しさにも ナイフにも変わる  耐えられぬ いたみでも どうしてなの 追いかけてしまう  ねぇ あたしをいっそ切り裂いて 何も感じないほどの 傷をつけて去っていってよ  今は お願い おしえないで すべてを捨てて行ける理由を 遠く輝いた 愛までも 嘘と 言わないで  最後の涙が落ちたなら 二度とあなたが見えないように 歩き続けるの どこまでも 錆びた 景色の中を  風よ お願い さらわないで 二度と在り処を捜せぬように 深く埋めるから 朽ちるまで 思い 眠らせて  最後の涙をあげましょう 二度と咲かない花のために 赤いその色が 溶けるまで せめて 見守りたいと…
赤い薔薇が揺れたあなたが立ってた 遮断機の向こう側に 走る電車の隙間から見え隠れ 誰かと話してる  静寂が戻り街が動き始める ふたりの距離がみるみる近づくのは 神様がくれた運命  ねぇ気づいて 止まって 黙って そのあとどうなるかしら 過去のすべて 責めて欲しい? それとも 許して欲しい?  赤い薔薇が揺れた あなたと初めて強く接吻(クチヅケ)た香り わかった 忘れないと決めた気持ちさえ  いまはどこにもない  別れ話で憎しみに漫された 傷ついた顔見せられて悔しくて 捜したわ本当の私  そう泣いて 眠って 変わった いまの自分が好きだわ あなたがもう 触れることも できないところにいるの  遠く空が広い  男と女が巡り逢えるのは奇跡 そうね例えばいま頬を殴るのも  偶然みたいなもの  赤い薔薇が揺れた あなたが突然 見せるのは本音の顔 心さらけ出して擦れ違うときが さあふたりを襲う中森明菜夏野芹子渡辺未来玉置伸吾あなたが立ってた 遮断機の向こう側に 走る電車の隙間から見え隠れ 誰かと話してる  静寂が戻り街が動き始める ふたりの距離がみるみる近づくのは 神様がくれた運命  ねぇ気づいて 止まって 黙って そのあとどうなるかしら 過去のすべて 責めて欲しい? それとも 許して欲しい?  赤い薔薇が揺れた あなたと初めて強く接吻(クチヅケ)た香り わかった 忘れないと決めた気持ちさえ  いまはどこにもない  別れ話で憎しみに漫された 傷ついた顔見せられて悔しくて 捜したわ本当の私  そう泣いて 眠って 変わった いまの自分が好きだわ あなたがもう 触れることも できないところにいるの  遠く空が広い  男と女が巡り逢えるのは奇跡 そうね例えばいま頬を殴るのも  偶然みたいなもの  赤い薔薇が揺れた あなたが突然 見せるのは本音の顔 心さらけ出して擦れ違うときが さあふたりを襲う
赤い不思議扉を 叩く雨音が いつしか 雪に変わる頃 真っ白に 凍る窓に あなたの名前 何度 書いては 消したでしょう  あなたの つめたい背中に 不安な 心を重ねて 会えない時間を 悔んでも 狂おしいまま 夜は終わらない  うつろな鼓動が 赤く燃えるまで Mysteryな嘘 あげるわ 愛して 愛される程に 女は 嘘を覚えるの いとおしく 髪を撫でて あなたを 抱き寄せたわ 独りに しないでと  あなたの瞳に映った 真実(ほんと)の 私を見抜いて 少しずつ 色褪せてく人を 見送れるほど 強くはなれない  うつろな鼓動が 赤く燃えるまで Mysteryな嘘 あげるわ 情熱よりも 赤く染まった Mysteryな嘘 あげるわ中森明菜小坂明子小坂明子扉を 叩く雨音が いつしか 雪に変わる頃 真っ白に 凍る窓に あなたの名前 何度 書いては 消したでしょう  あなたの つめたい背中に 不安な 心を重ねて 会えない時間を 悔んでも 狂おしいまま 夜は終わらない  うつろな鼓動が 赤く燃えるまで Mysteryな嘘 あげるわ 愛して 愛される程に 女は 嘘を覚えるの いとおしく 髪を撫でて あなたを 抱き寄せたわ 独りに しないでと  あなたの瞳に映った 真実(ほんと)の 私を見抜いて 少しずつ 色褪せてく人を 見送れるほど 強くはなれない  うつろな鼓動が 赤く燃えるまで Mysteryな嘘 あげるわ 情熱よりも 赤く染まった Mysteryな嘘 あげるわ
茜色の風涙こぼれた 雲の隙間から 幾重の想いが 終わりを告げ ひとつ ひとつ ちぎれては舞い いつしか季節(とき)に 消えてく  ひとり丘に寄り添い 茜色の風 駆け抜けてく あの日に もう戻れないと 後の背中を そっと押すよに  ずっと信じてた この物語を 明日も綴っていくと  涙こぼれた 君の心に 誓った 約束 答えはなくて 君も 僕も 何処へ向かうと 風の行方に 訪ねて  白い息を弾ませ 月の光で ずっと話してた 頷き 見せた微笑み 心に凛と 咲いているよ  強がってみても 心はいまも 君の姿描く  涙こぼれた 星座の記憶から 繋がった軌跡は 光失い 数え切れない 後悔の渦 いつしか闇に溶け出す  ともに歩めない 未来なんだとしても せめて今夜だけは ただ逢いたくて 声が聞きたくて… ひとり  涙こぼれた 雲の隙間から ふたつの願いが 終わりを告げ ひとつ ひとつ ちぎれては舞い 風の行方に まかせて中森明菜新屋豊新屋豊涙こぼれた 雲の隙間から 幾重の想いが 終わりを告げ ひとつ ひとつ ちぎれては舞い いつしか季節(とき)に 消えてく  ひとり丘に寄り添い 茜色の風 駆け抜けてく あの日に もう戻れないと 後の背中を そっと押すよに  ずっと信じてた この物語を 明日も綴っていくと  涙こぼれた 君の心に 誓った 約束 答えはなくて 君も 僕も 何処へ向かうと 風の行方に 訪ねて  白い息を弾ませ 月の光で ずっと話してた 頷き 見せた微笑み 心に凛と 咲いているよ  強がってみても 心はいまも 君の姿描く  涙こぼれた 星座の記憶から 繋がった軌跡は 光失い 数え切れない 後悔の渦 いつしか闇に溶け出す  ともに歩めない 未来なんだとしても せめて今夜だけは ただ逢いたくて 声が聞きたくて… ひとり  涙こぼれた 雲の隙間から ふたつの願いが 終わりを告げ ひとつ ひとつ ちぎれては舞い 風の行方に まかせて
赤のエナメル女はいつでも 愛されていると 感じていたいの So won't you say you love me?  恋人だった頃の 赤のエナメル履いて 今宵あなたと二人 黄昏を歩けば 忘れかけた優しさ とり戻せる気がして 見つめたあなたの目に 私はいなかった なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない  コロンを変えただけで 気づく人だったのに ときめいた日のような 微笑みもくれない 足もとのエナメルが 色褪せて泣いていた もう一度振り向いて 愛をつなぎとめて あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず  なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず  なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず中森明菜竹内まりや竹内まりや女はいつでも 愛されていると 感じていたいの So won't you say you love me?  恋人だった頃の 赤のエナメル履いて 今宵あなたと二人 黄昏を歩けば 忘れかけた優しさ とり戻せる気がして 見つめたあなたの目に 私はいなかった なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない  コロンを変えただけで 気づく人だったのに ときめいた日のような 微笑みもくれない 足もとのエナメルが 色褪せて泣いていた もう一度振り向いて 愛をつなぎとめて あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず  なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず  なぜ もう 心かよわない でも まだ さよならは言えない あなたと私だけにしか 歩けない道がまだあるはず
秋はパステルタッチ街は パステルのスケッチで 軽く 風のタッチ 広がる  枯葉色染まる 秋も 二人にはポップで 恋だけ夢中  おしゃべりブレーキ とめられず 困ってる おしゃべりスクリュー 風まかせ  少し 軽いせつなさだけ 少し 胸をかすめてくけど  あなた遠い島 ひとり 男の自由と 夢 追う 旅に  心のブランク 今ならば 感じない 確かめた愛が ever, forever, be sure  ねえ 手をとって 人眼なら 気にしない 確かめた愛に kissin', forever ねえ 抱きしめて 前よりも もっと強く 確かめた愛に kissin', forever, be sure中森明菜来生えつこ高中正義高中正義街は パステルのスケッチで 軽く 風のタッチ 広がる  枯葉色染まる 秋も 二人にはポップで 恋だけ夢中  おしゃべりブレーキ とめられず 困ってる おしゃべりスクリュー 風まかせ  少し 軽いせつなさだけ 少し 胸をかすめてくけど  あなた遠い島 ひとり 男の自由と 夢 追う 旅に  心のブランク 今ならば 感じない 確かめた愛が ever, forever, be sure  ねえ 手をとって 人眼なら 気にしない 確かめた愛に kissin', forever ねえ 抱きしめて 前よりも もっと強く 確かめた愛に kissin', forever, be sure
悪女マリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あのこもわりと 忙しいようで そうそうつきあわせても いられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから中森明菜中島みゆき中島みゆき鳥山雄司マリコの部屋へ 電話をかけて 男と遊んでる芝居 続けてきたけれど あのこもわりと 忙しいようで そうそうつきあわせても いられない  土曜でなけりゃ 映画も早い ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない 帰れるあての あなたの部屋も 受話器をはずしたままね 話し中  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから  女のつけぬ コロンを買って 深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら 夜明けを待って 一番電車 凍えて帰れば わざと捨てゼリフ  涙も捨てて 情も捨てて あなたが早く私に 愛想を尽かすまで あなたの隠す あの娘のもとへ あなたを早く 渡してしまうまで  悪女になるなら 月夜はおよしよ 素直になりすぎる 隠しておいた言葉が ほろり こぼれてしまう 「行かないで」 悪女になるなら 裸足で 夜明けの電車で泣いてから 涙ぽろぽろ ぽろぽろ 流れて 涸れてから
AGAIN波の音さえ 抱きしめてしまう あなたの海が好きだった うす紫の空に I love you  西陽のテラスに潮風のにおい あなたの肩で夕焼け見てた 乾いたのどを潤おすように I love you, I love you  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 あなたの愛 すべてだったわ 戻れない切なさ 消えるまで燃えて 海へ 海へ 沈むまで  気紛れな夕立 ぬらされて砂浜 笑いながら雨やどり 冷たいからだ寄せ合って I love you, I love you  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 傷の痛み 思い出したわ くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで  Again, Love again そして二人 はなれてゆく 幻の夏をぬけて Again Again 出逢えてよかったあなた 命 命 重ねてく Ah~  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 傷の痛み 思い出したわ くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで  くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで Again Again Again……中森明菜あらい舞あらい舞中村哲波の音さえ 抱きしめてしまう あなたの海が好きだった うす紫の空に I love you  西陽のテラスに潮風のにおい あなたの肩で夕焼け見てた 乾いたのどを潤おすように I love you, I love you  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 あなたの愛 すべてだったわ 戻れない切なさ 消えるまで燃えて 海へ 海へ 沈むまで  気紛れな夕立 ぬらされて砂浜 笑いながら雨やどり 冷たいからだ寄せ合って I love you, I love you  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 傷の痛み 思い出したわ くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで  Again, Love again そして二人 はなれてゆく 幻の夏をぬけて Again Again 出逢えてよかったあなた 命 命 重ねてく Ah~  逆もどりしてゆく二人 過去を愛してゆく 夏の光 傷の痛み 思い出したわ くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで  くだけちる波のように 抱いてあなた 空へ 空へ とどくまで Again Again Again……
アサイラム砂埃りが舞う空に lonely kiss 届けましょうあなたに lonely kiss  ベッドの上起き上がる lonely boy 海を渡る白い手紙 lonely boy  愛してる いない 確かめたくって 旅に出た私 私の負けだわ  オアシスはもう あなたとわかった 私 あなたの 囚われ人 I love you… Forever…  絹のヴェールふるえる misty dream エスプレッソ甘く苦く misty dream  愛してる いない どうでもいいこと 今度だけ私 私の負けだわ  デスティニーはもう あなたとわかった 二人 お互い 囚われ人 I love you… Forever…  愛してる いない 確かめたくって 旅に出た私 私の負けだわ  オアシスはもう あなたとわかった 私 あなたの 囚われ人  デスティニーはもう あなたとわかった 二人 お互い 囚われ人  I love you… Forever…中森明菜三浦徳子玉置浩二砂埃りが舞う空に lonely kiss 届けましょうあなたに lonely kiss  ベッドの上起き上がる lonely boy 海を渡る白い手紙 lonely boy  愛してる いない 確かめたくって 旅に出た私 私の負けだわ  オアシスはもう あなたとわかった 私 あなたの 囚われ人 I love you… Forever…  絹のヴェールふるえる misty dream エスプレッソ甘く苦く misty dream  愛してる いない どうでもいいこと 今度だけ私 私の負けだわ  デスティニーはもう あなたとわかった 二人 お互い 囚われ人 I love you… Forever…  愛してる いない 確かめたくって 旅に出た私 私の負けだわ  オアシスはもう あなたとわかった 私 あなたの 囚われ人  デスティニーはもう あなたとわかった 二人 お互い 囚われ人  I love you… Forever…
アデューあの日 待ちつづけてたの ほんとよ しずむ夕陽の中 まさか同じこの街で あなたと 出逢うなんて 不思議ね  若くはないわ もう昔のように 心が揺れても きっととびこめはしない そうよ 違う人生を夢みた 二人だから哀しい  熱い言葉もなく今 私は告げる さよならアデュー そっとさしだすその手の ぬくもり あなただったあの日の  わかっているわ だから 何も言わないで このまま見送るわ あなたの後姿 深いさみしさに負けて あなたを 忘れたんじゃないのよ  若くはないわ でも昔のように 抱きしめられたら すべてを捨てた きっと あの日 待ちつづけてたの ほんとよ しずむ夕陽の中中森明菜庄野真代庄野真代千住明あの日 待ちつづけてたの ほんとよ しずむ夕陽の中 まさか同じこの街で あなたと 出逢うなんて 不思議ね  若くはないわ もう昔のように 心が揺れても きっととびこめはしない そうよ 違う人生を夢みた 二人だから哀しい  熱い言葉もなく今 私は告げる さよならアデュー そっとさしだすその手の ぬくもり あなただったあの日の  わかっているわ だから 何も言わないで このまま見送るわ あなたの後姿 深いさみしさに負けて あなたを 忘れたんじゃないのよ  若くはないわ でも昔のように 抱きしめられたら すべてを捨てた きっと あの日 待ちつづけてたの ほんとよ しずむ夕陽の中
あなたのポートレート軽くウェーブしてる 前髪がとても素敵 そっとぬすみ撮りしたの あなたのポートレート  あの日に ボートが ぶつかって 帽子を落として いなければ 他人のままで こんなときめきもない 恋は 信じられない偶然  軽くウェーブしてる 前髪がとても素敵 いとしげに眺めてる あなたのポートレート  噂じゃ なんだか 謎のひと 恋人いるよな いないよな 私を見ても ちょっと眼を伏せるだけ 少し 愛情分けて下さい  いとしげに眺めてる あなたのポートレート  軽くウェーブさせた 前髪がとても素敵 いとしげに眺めてる あなたのポートレート中森明菜来生えつこ来生たかお軽くウェーブしてる 前髪がとても素敵 そっとぬすみ撮りしたの あなたのポートレート  あの日に ボートが ぶつかって 帽子を落として いなければ 他人のままで こんなときめきもない 恋は 信じられない偶然  軽くウェーブしてる 前髪がとても素敵 いとしげに眺めてる あなたのポートレート  噂じゃ なんだか 謎のひと 恋人いるよな いないよな 私を見ても ちょっと眼を伏せるだけ 少し 愛情分けて下さい  いとしげに眺めてる あなたのポートレート  軽くウェーブさせた 前髪がとても素敵 いとしげに眺めてる あなたのポートレート
あの夏の日見上げる空にふわりと 流れる風の香りは 夏の日の残り香たち かすかにただよわせるの  はるかに遠く遠く 季節はうつろい 遠い遠い 過去になる  あなたが居た あの夏の日 空に咲く花火 散っていく 想い出とも あなたと観た 夏の星座 夜空を彩る 忘れない 隣にいた あなたの声  変わりゆく季節 変われない想い ずっと ずっと 永遠に  色あせるモノクローム 閉じ込めた真夏の空 赤焼けた思い出たち も一度胸を焦がすの  しずかにそっとそっと 月日は満たされ 深く深く 刻まれる  あなたが居た あの夏の日 校舎のらくがき 消えてゆく 想い出とも あなたと観た 海のあおさ 胸をやきつくす 忘れない 波打ち際 手のぬくもり  過ぎてゆく出会い 変われない想い ずっとずっと今も  あなたが居た あの夏の日 空に咲く花火 舞い上れ 想い出たち あなたと観た 夏の星座 夜空を彩る 忘れない 隣でみた あの日の夢  変わりゆく季節 変われない想い ずっと ずっと 永遠に  あの夏の軌跡 変わらない想い ずっと ずっと 今へ中森明菜エリコ市川淳市川淳見上げる空にふわりと 流れる風の香りは 夏の日の残り香たち かすかにただよわせるの  はるかに遠く遠く 季節はうつろい 遠い遠い 過去になる  あなたが居た あの夏の日 空に咲く花火 散っていく 想い出とも あなたと観た 夏の星座 夜空を彩る 忘れない 隣にいた あなたの声  変わりゆく季節 変われない想い ずっと ずっと 永遠に  色あせるモノクローム 閉じ込めた真夏の空 赤焼けた思い出たち も一度胸を焦がすの  しずかにそっとそっと 月日は満たされ 深く深く 刻まれる  あなたが居た あの夏の日 校舎のらくがき 消えてゆく 想い出とも あなたと観た 海のあおさ 胸をやきつくす 忘れない 波打ち際 手のぬくもり  過ぎてゆく出会い 変われない想い ずっとずっと今も  あなたが居た あの夏の日 空に咲く花火 舞い上れ 想い出たち あなたと観た 夏の星座 夜空を彩る 忘れない 隣でみた あの日の夢  変わりゆく季節 変われない想い ずっと ずっと 永遠に  あの夏の軌跡 変わらない想い ずっと ずっと 今へ
アバンチュール青い南の島で 素肌をこがし 汗のしずくが胸のVにキラリ  軽いサンバのリズムによって ウウ アバンチュールに あなたに抱かれ 踊るなんて しゃれた気分ね  キザなセリフ うつろにひびく 落したいの わかっているわ  ドライブしようと 彼が私を誘う うなずきながら私 カーテン閉じる  甘く危険な予感が香る ウウ アバンチュールに 流行のアロハ ペア―で着れば 恋人気分ね  キッスぐらい 許してあげる 気がかりは それからのこと  軽いサンバのリズムによって ウウ アバンチュールに あなたに抱かれ 踊るなんて しゃれた気分ね  キザなセリフ うつろにひびく 落したいの わかっているわ  水平線に沈む 真赤な夕日 二人の影が ゆれて ゆれて 消えてく ゆれて 消えてく中森明菜岡崎舞子森一海萩田光雄青い南の島で 素肌をこがし 汗のしずくが胸のVにキラリ  軽いサンバのリズムによって ウウ アバンチュールに あなたに抱かれ 踊るなんて しゃれた気分ね  キザなセリフ うつろにひびく 落したいの わかっているわ  ドライブしようと 彼が私を誘う うなずきながら私 カーテン閉じる  甘く危険な予感が香る ウウ アバンチュールに 流行のアロハ ペア―で着れば 恋人気分ね  キッスぐらい 許してあげる 気がかりは それからのこと  軽いサンバのリズムによって ウウ アバンチュールに あなたに抱かれ 踊るなんて しゃれた気分ね  キザなセリフ うつろにひびく 落したいの わかっているわ  水平線に沈む 真赤な夕日 二人の影が ゆれて ゆれて 消えてく ゆれて 消えてく
APPETITEベッドルームはファラオ気取る深紅の海 この部屋の男ったらキックボクサーでジゴロ あたしはベンジャミン インドの葉ぶりがセクシー  バーボンソーダと彼女抱き もつれ込む あいつの二酸化炭素が食べられる 荒い息づかい×××!  まわりだした地球儀には楽園の歌 身体は素直に燃えるエナジー 忘れないで あたしのためにメロディ 強く 甘くして  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに ため息を むさぼりあう こころ許せるまで  妖しい腰つきになったあたし見て この部屋南国より味がある 今夜も激しく×××!  別のタイプの宇宙が悲鳴をあげた 身体は意外に燃えるエナジー 名前を呼び間違えて ハリケーンが あたしを揺さぶる  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに 泣き叫ぶ 触れあいにも想い満たされるの  近頃物足りないわ牙もはえたし 身体はいつでも燃えるエナジー あいつがいとしすぎるの ジェラシーよ 食べてしまいたい×××!  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに 愛してよ あたしの肌熱いリラクゼーション 愛してる もっと近くにいつも感じたいわ 愛してる 強い男 あいつあたしのもの 愛してる もっと近くにいつも感じたいわ 愛してる 強い男 あいつあたしのもの中森明菜夏野芹子U-kiベッドルームはファラオ気取る深紅の海 この部屋の男ったらキックボクサーでジゴロ あたしはベンジャミン インドの葉ぶりがセクシー  バーボンソーダと彼女抱き もつれ込む あいつの二酸化炭素が食べられる 荒い息づかい×××!  まわりだした地球儀には楽園の歌 身体は素直に燃えるエナジー 忘れないで あたしのためにメロディ 強く 甘くして  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに ため息を むさぼりあう こころ許せるまで  妖しい腰つきになったあたし見て この部屋南国より味がある 今夜も激しく×××!  別のタイプの宇宙が悲鳴をあげた 身体は意外に燃えるエナジー 名前を呼び間違えて ハリケーンが あたしを揺さぶる  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに 泣き叫ぶ 触れあいにも想い満たされるの  近頃物足りないわ牙もはえたし 身体はいつでも燃えるエナジー あいつがいとしすぎるの ジェラシーよ 食べてしまいたい×××!  愛してよ 亜熱帯まで眠り誘うほどに 愛してよ あたしの肌熱いリラクゼーション 愛してる もっと近くにいつも感じたいわ 愛してる 強い男 あいつあたしのもの 愛してる もっと近くにいつも感じたいわ 愛してる 強い男 あいつあたしのもの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
危ないMON AMOURハイウェイ沿いの 潮風にあたりたいの 今あなたの車で 熱いビートのきいた夜の中へ連れて行って  心の中に住んでいる人がみえる ねぇ あなたの横顔 闇を照らすみたいに 胸の奥をみたいのよ  ふいに黙り込むから 何も言えなくなるの 恋の夜風が胸を密かに横切る  Mon Amour 危ない夜ね Heartは つなわたり Mon Amour 影ある瞳 やけどするほど…燃やして  オレンジ色の朝焼けをみつめながら 今あなたに本当は 白い子猫のように頬をうずめ甘えたい  わざと強がる癖も あなた見透かしている 煙草消す指先が私を迷わす  Mon Amour 危ない人ね Heartが つかめない Mon Amour 気になる恋ね やけどするほど…燃やして  ふいに黙り込むから 何も言えなくなるの 恋の夜風が胸を密かに横切る  Mon Amour 危ない夜ね Heartは つなわたり Mon Amour 影ある瞳 やけどするほど…燃やして中森明菜許瑛子鈴木キサブロー椎名和夫ハイウェイ沿いの 潮風にあたりたいの 今あなたの車で 熱いビートのきいた夜の中へ連れて行って  心の中に住んでいる人がみえる ねぇ あなたの横顔 闇を照らすみたいに 胸の奥をみたいのよ  ふいに黙り込むから 何も言えなくなるの 恋の夜風が胸を密かに横切る  Mon Amour 危ない夜ね Heartは つなわたり Mon Amour 影ある瞳 やけどするほど…燃やして  オレンジ色の朝焼けをみつめながら 今あなたに本当は 白い子猫のように頬をうずめ甘えたい  わざと強がる癖も あなた見透かしている 煙草消す指先が私を迷わす  Mon Amour 危ない人ね Heartが つかめない Mon Amour 気になる恋ね やけどするほど…燃やして  ふいに黙り込むから 何も言えなくなるの 恋の夜風が胸を密かに横切る  Mon Amour 危ない夜ね Heartは つなわたり Mon Amour 影ある瞳 やけどするほど…燃やして
雨音夜明け前の 暗い部屋で ガラス窓に 憂鬱を写す 腕組み 空 見上げ歌うの 朝を迎えるのが怖いだけよ  愛がないことわかっていても 求めてしまうわ いつでも このまま二人 光探して 暗い夜空を彷徨うの  マスカレード 闇に抱かれ 仮面に気持ち隠した 淋しさ隠すため 妖艶に踊る トワイライト 星が泣いて 乾いた心濡らした 優しい言葉ならいらないわ 雨音だけを聞かせて  茜色の 朝焼け雲 隣でまだ寝息たてるあなた 起きる前に 私は行くわ 冷たい女のままでいさせて  答えの出ない愛に焦がれて 当てもなく歩き続けた ため息さえも遠く聞こえる 出口も見つからないまま  ローズレッド 赤く染まる 横顔 目に焼き付けた さよなら告げないでドアを開ければ ムーンライト 月が泣いて 右の掌濡らした 優しい言葉なら言わないで 雨音だけを聞かせて  罪作りなの あなたはいつも キスを交わすたび色づく 私の気持ちなんて知らない そばにいるだけでいいのに  マスカレード 闇に抱かれ 仮面に気持ち隠した 淋しさ隠すため 妖艶に踊る トワイライト 星が泣いて 乾いた心濡らした 優しい言葉ならいらないわ 虚しいだけよ… いらないわ雨音だけを聞かせて中森明菜佐々木詩織宗本康兵宗本康兵夜明け前の 暗い部屋で ガラス窓に 憂鬱を写す 腕組み 空 見上げ歌うの 朝を迎えるのが怖いだけよ  愛がないことわかっていても 求めてしまうわ いつでも このまま二人 光探して 暗い夜空を彷徨うの  マスカレード 闇に抱かれ 仮面に気持ち隠した 淋しさ隠すため 妖艶に踊る トワイライト 星が泣いて 乾いた心濡らした 優しい言葉ならいらないわ 雨音だけを聞かせて  茜色の 朝焼け雲 隣でまだ寝息たてるあなた 起きる前に 私は行くわ 冷たい女のままでいさせて  答えの出ない愛に焦がれて 当てもなく歩き続けた ため息さえも遠く聞こえる 出口も見つからないまま  ローズレッド 赤く染まる 横顔 目に焼き付けた さよなら告げないでドアを開ければ ムーンライト 月が泣いて 右の掌濡らした 優しい言葉なら言わないで 雨音だけを聞かせて  罪作りなの あなたはいつも キスを交わすたび色づく 私の気持ちなんて知らない そばにいるだけでいいのに  マスカレード 闇に抱かれ 仮面に気持ち隠した 淋しさ隠すため 妖艶に踊る トワイライト 星が泣いて 乾いた心濡らした 優しい言葉ならいらないわ 虚しいだけよ… いらないわ雨音だけを聞かせて
天城越え隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを殺して いいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九折り 浄蓮の滝 舞い上がり 揺れ堕ちる 肩のむこうに あなた… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径 小夜時雨 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え中森明菜吉岡治弦哲也隠しきれない 移り香が いつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られる くらいなら あなたを殺して いいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九折り 浄蓮の滝 舞い上がり 揺れ堕ちる 肩のむこうに あなた… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと越えたい 天城越え  口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れ硝子 ふたりで居たって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ あたたかい わさび沢 隠れ径 小夜時雨 寒天橋 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え
Amar es creer真実の瞳 地平線の薔薇 強がるリズム絡めて 告げるアディオスは 悲しみのターン 後ろ髪を揺らすの  インディゴの空に眠る 情熱をいま 解き放て 刻む鼓動 熱い息吹 愛 またひとつ 舞う 心のまま  Amar es creer es creer 真夏の夢 Amar es creer es creer 抱きしめる いつまでも踊り続け 夜が沈むまで Amar es creer es creer あなたとまた Amar es creer es creer 恋をする 空を舞う風のように しなやかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しさに  哀愁のブレス 大地揺らすステップ かき消せない炎 高く燃ゆる 終わらない あなたの背中で 波音に揺れるアルマ  褐色のアンダルシア 塗り直す紅(べに) 口づけを もう戻れない 愛の嵐 夢 またひとつ 舞う 倒れるまで  Amar es creer es creer 渇いた日々 Amar es creer es creer 溺れてく いつまでも踊り続け 星が落ちるまで Amar es creer es creer あなたとまた Amar es creer es creer 旅にでる 運命(さだめ)弄ぶように 軽やかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しあい  Amar es creer es creer 真夏の夢 Amar es creer es creer 抱きしめる いつまでも踊り続け 夜が沈むまで 嗚呼 なんてなんて 罪な道 命尽きるまで 好きと言って 空を舞う風のように しなやかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しさに中森明菜新屋豊新屋豊新屋豊真実の瞳 地平線の薔薇 強がるリズム絡めて 告げるアディオスは 悲しみのターン 後ろ髪を揺らすの  インディゴの空に眠る 情熱をいま 解き放て 刻む鼓動 熱い息吹 愛 またひとつ 舞う 心のまま  Amar es creer es creer 真夏の夢 Amar es creer es creer 抱きしめる いつまでも踊り続け 夜が沈むまで Amar es creer es creer あなたとまた Amar es creer es creer 恋をする 空を舞う風のように しなやかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しさに  哀愁のブレス 大地揺らすステップ かき消せない炎 高く燃ゆる 終わらない あなたの背中で 波音に揺れるアルマ  褐色のアンダルシア 塗り直す紅(べに) 口づけを もう戻れない 愛の嵐 夢 またひとつ 舞う 倒れるまで  Amar es creer es creer 渇いた日々 Amar es creer es creer 溺れてく いつまでも踊り続け 星が落ちるまで Amar es creer es creer あなたとまた Amar es creer es creer 旅にでる 運命(さだめ)弄ぶように 軽やかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しあい  Amar es creer es creer 真夏の夢 Amar es creer es creer 抱きしめる いつまでも踊り続け 夜が沈むまで 嗚呼 なんてなんて 罪な道 命尽きるまで 好きと言って 空を舞う風のように しなやかに Te amo amo amo amo con todo mi corazon 愛しさに
雨が降ってた…こんないとしさに出逢うなんて 思いがけもしなかった 抱きしめる腕を Ah… 逃げるように 愛をすてたのは私  雨が 雨が降ってた あの日の場面が ここにある すこし傷んでる髪を 気にする指がふるえ… あなたが今 見つめてる  駐車場にできた水たまりに 小さな輪が生まれてる ふつうの女ね fu… 私なんて 誰かいなきゃ こわれそう  もっと素直になりたい あやまち それさえ おそれずに あなた ほほえんでくれた とまどうように 涙 あふれるよに  雨が 雨が降ってる あの日の場面が ここにある ゆるく たおれてゆくから 悲しいくらい 強く 激しく ただ 奪って中森明菜岩里祐穂上田知華こんないとしさに出逢うなんて 思いがけもしなかった 抱きしめる腕を Ah… 逃げるように 愛をすてたのは私  雨が 雨が降ってた あの日の場面が ここにある すこし傷んでる髪を 気にする指がふるえ… あなたが今 見つめてる  駐車場にできた水たまりに 小さな輪が生まれてる ふつうの女ね fu… 私なんて 誰かいなきゃ こわれそう  もっと素直になりたい あやまち それさえ おそれずに あなた ほほえんでくれた とまどうように 涙 あふれるよに  雨が 雨が降ってる あの日の場面が ここにある ゆるく たおれてゆくから 悲しいくらい 強く 激しく ただ 奪って
雨の日は人魚一日続いた雨の日に あなたに抱かれている 脱がされてほどける嘘 奥にある孤独  汗ばむ肌に溺れたら 波の音が聞こえた 街も空気も濡れてる 夜はいま海の底  何処に流れていくのかもわからなくていいから私  あなただけになりたい 身を投げて捕らわれて恋する人魚になる あなただけになりたい 激情に蝕まれ 囁きはうねりだす love you so forever 永遠の一瞬を love is truth everyday  舌でなぞる傷跡に 潮騒が戯れた 感じてしまう寂しさ そこまでさらけだした  荒れ狂う海の外など戻らなくていいのよ だから  愛だけをみているの 矛盾さえ泳げるわ 恋する人魚になる 愛だけをみているの 熱情を追い越して 限りなく果てしなく love you so forever  あなただけになりたい 身を投げて捕らわれて恋する人魚になる あなただけになりたい 激情に蝕まれ 囁きはうねりだす love you so forever 永遠の一瞬を love is truth everyday中森明菜夏野芹子松田博幸白川雅一日続いた雨の日に あなたに抱かれている 脱がされてほどける嘘 奥にある孤独  汗ばむ肌に溺れたら 波の音が聞こえた 街も空気も濡れてる 夜はいま海の底  何処に流れていくのかもわからなくていいから私  あなただけになりたい 身を投げて捕らわれて恋する人魚になる あなただけになりたい 激情に蝕まれ 囁きはうねりだす love you so forever 永遠の一瞬を love is truth everyday  舌でなぞる傷跡に 潮騒が戯れた 感じてしまう寂しさ そこまでさらけだした  荒れ狂う海の外など戻らなくていいのよ だから  愛だけをみているの 矛盾さえ泳げるわ 恋する人魚になる 愛だけをみているの 熱情を追い越して 限りなく果てしなく love you so forever  あなただけになりたい 身を投げて捕らわれて恋する人魚になる あなただけになりたい 激情に蝕まれ 囁きはうねりだす love you so forever 永遠の一瞬を love is truth everyday
雨の御堂筋小ぬか雨降る 御堂筋 こころ変わりな 夜の雨 あなた… あなたは何処よ あなたをたずねて 南へ歩く  本町(ほんまち)あたりに あなたはいると 風の知らせを 背中で聞いて こんな… 女がひとり 探していたことを 誰かつたえて  ああ降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて… 夜の  いちょう並木は、枯葉をおとし 雨の舗道は 淋しく光る あなた… あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く  ああ降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて… 夜の  梅田 新道(しんみち) 心斎橋と 雨の舗道は 淋しく光る あなた… あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く中森明菜ザ・ベンチャーズ・訳詩:林春生ザ・ベンチャーズ小ぬか雨降る 御堂筋 こころ変わりな 夜の雨 あなた… あなたは何処よ あなたをたずねて 南へ歩く  本町(ほんまち)あたりに あなたはいると 風の知らせを 背中で聞いて こんな… 女がひとり 探していたことを 誰かつたえて  ああ降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて… 夜の  いちょう並木は、枯葉をおとし 雨の舗道は 淋しく光る あなた… あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く  ああ降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて… 夜の  梅田 新道(しんみち) 心斎橋と 雨の舗道は 淋しく光る あなた… あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く
雨の物語化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかたないから 僕はまだ君を 愛しているんだろう そんなことふと思いながら 窓の外は雨 雨が降ってる 物語の終りに こんな雨の日 似合いすぎてる  誰もが物語 その1ページには 胸はずませて 入ってゆく 僕の部屋のドアに 書かれていたはずさ “とても悲しい物語”だと 窓の外は雨 あの日と同じ 肩を濡らした君が ドアのむこうに立っていたのは  窓の外は雨 雨が降ってる いく筋もの雨が 君の心のくもりガラスに中森明菜伊勢正三伊勢正三古池孝浩化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかたないから 僕はまだ君を 愛しているんだろう そんなことふと思いながら 窓の外は雨 雨が降ってる 物語の終りに こんな雨の日 似合いすぎてる  誰もが物語 その1ページには 胸はずませて 入ってゆく 僕の部屋のドアに 書かれていたはずさ “とても悲しい物語”だと 窓の外は雨 あの日と同じ 肩を濡らした君が ドアのむこうに立っていたのは  窓の外は雨 雨が降ってる いく筋もの雨が 君の心のくもりガラスに
雨のレクイエム銀杏の並木は人影もなくて 二つの傘がふるえてる 落葉のジュータン 爪先うずめて たたずむ私 おいていってね すぐに地下鉄の駅がある この場所でサヨナラをしたいから もしもあなたにあの日逢わなければ 涙など知らずにいられたのに  突然あなたが投げだした傘に 枯葉と雨が舞い落ちる 悲しみだけだね あげられたものは あなたの声がかすれているわ 私そんなに不幸じゃない こんなにも愛(いと)しさを知ったから ひとつの傘で寄りそって歩いた あの時のふたりにもどれないの 静かな雨はレクイエムのようね こらえてるくちびる ふるえそうよ中森明菜芹沢類玉置浩二萩田光雄銀杏の並木は人影もなくて 二つの傘がふるえてる 落葉のジュータン 爪先うずめて たたずむ私 おいていってね すぐに地下鉄の駅がある この場所でサヨナラをしたいから もしもあなたにあの日逢わなければ 涙など知らずにいられたのに  突然あなたが投げだした傘に 枯葉と雨が舞い落ちる 悲しみだけだね あげられたものは あなたの声がかすれているわ 私そんなに不幸じゃない こんなにも愛(いと)しさを知ったから ひとつの傘で寄りそって歩いた あの時のふたりにもどれないの 静かな雨はレクイエムのようね こらえてるくちびる ふるえそうよ
Amore誰よりも美しく 誰よりも儚く 時が止まるほどに 心を奪われていた  月の輝きあなたを照らしてと 願う私の気持ちは風に流れてく  世界が燃える炎につつまれても 二人だけは 消えないはずと信じていた  amore 嵐のように amore 愛に生きた 激しく 舞い踊るの その手を握りしめた 朽ち果てても あなたの 糧になって 想いよ 花を咲かせ 強く咲き誇れ 花  深い霧の中で 光探していた 張り裂けそうで傷だらけでも 歩いてきた  砕け散ったガラスの破片を隠して あなただけに見せていたの 想いのまま  amore あなたとなら amore 愛し合えた 身体は 軽くなって空を舞う鳥のように いつの日にか 叶えていくの強く すべては 一つになる 翼をひろげ 遥か  amore 嵐のように amore 愛に生きた 激しく 舞い踊るの その手を握りしめた 朽ち果てても あなたの 糧になって 想いよ 花を咲かせ 強く咲き誇れ 花中森明菜Carlos K.Carlos K.Carlos K.誰よりも美しく 誰よりも儚く 時が止まるほどに 心を奪われていた  月の輝きあなたを照らしてと 願う私の気持ちは風に流れてく  世界が燃える炎につつまれても 二人だけは 消えないはずと信じていた  amore 嵐のように amore 愛に生きた 激しく 舞い踊るの その手を握りしめた 朽ち果てても あなたの 糧になって 想いよ 花を咲かせ 強く咲き誇れ 花  深い霧の中で 光探していた 張り裂けそうで傷だらけでも 歩いてきた  砕け散ったガラスの破片を隠して あなただけに見せていたの 想いのまま  amore あなたとなら amore 愛し合えた 身体は 軽くなって空を舞う鳥のように いつの日にか 叶えていくの強く すべては 一つになる 翼をひろげ 遥か  amore 嵐のように amore 愛に生きた 激しく 舞い踊るの その手を握りしめた 朽ち果てても あなたの 糧になって 想いよ 花を咲かせ 強く咲き誇れ 花
嵐の中でcrash 稲妻が shake 聞こえてる あなたが守って 凶暴なものは嵐だけじゃない  why 微笑むの wait ずるい人 あなた誰かをあきらめてない でもここにいる  絡まる糸 風がさらう 愛はまだ危うくて 追い込まれた私をいま癒してほしい 償いがほしい  crash 黒い雲 shake 唸る雨 逃げないでずっと信じていけたら何処に辿り着く  絡まる糸 千切れるまで 愛はただ脅えるの? やさしいなら罪も傷も抱えてみせて 覚悟をみせて  絡まる糸 風がさらう 愛してる愚かにも 嵐の中ただひたすら手をのばしてる あなたにここで包んでほしい中森明菜夏野芹子ORIGA梁邦彦crash 稲妻が shake 聞こえてる あなたが守って 凶暴なものは嵐だけじゃない  why 微笑むの wait ずるい人 あなた誰かをあきらめてない でもここにいる  絡まる糸 風がさらう 愛はまだ危うくて 追い込まれた私をいま癒してほしい 償いがほしい  crash 黒い雲 shake 唸る雨 逃げないでずっと信じていけたら何処に辿り着く  絡まる糸 千切れるまで 愛はただ脅えるの? やさしいなら罪も傷も抱えてみせて 覚悟をみせて  絡まる糸 風がさらう 愛してる愚かにも 嵐の中ただひたすら手をのばしてる あなたにここで包んでほしい
ありふれた風景目覚めた時には 耳をすましたわ あなたの寝息 確かめて また夢に戻った日々  明日の約束何も出来ないと ポツリと一言つぶやき 抱きしめてくれた人  テーブル越しに 伸ばした手で 唇のはしに ついたパンを 拭いてくれた ささやかでも ありふれた 朝の風景  今もまだ 想い出なんて呼べない 風の音に振り向いては 一人を感じている  少しずつかげる 淋しい横顔 気付かぬふりで引き止める 言葉を探し続けた  からめた指を ひとつひとつ ほどいて背中を 向けて泣いた 涙の似合う 女の人 あなたが好きと 知ってて  今もまだ サヨナラなんて嘘だと ドアを開けてあなたが立つ その日を待っているの  目覚めた時には 手さぐりしてみる 一人のシーツ抱きよせて あなたを思う夏の日 ありふれた朝の風景……中森明菜小坂明子小坂明子井上鑑目覚めた時には 耳をすましたわ あなたの寝息 確かめて また夢に戻った日々  明日の約束何も出来ないと ポツリと一言つぶやき 抱きしめてくれた人  テーブル越しに 伸ばした手で 唇のはしに ついたパンを 拭いてくれた ささやかでも ありふれた 朝の風景  今もまだ 想い出なんて呼べない 風の音に振り向いては 一人を感じている  少しずつかげる 淋しい横顔 気付かぬふりで引き止める 言葉を探し続けた  からめた指を ひとつひとつ ほどいて背中を 向けて泣いた 涙の似合う 女の人 あなたが好きと 知ってて  今もまだ サヨナラなんて嘘だと ドアを開けてあなたが立つ その日を待っているの  目覚めた時には 手さぐりしてみる 一人のシーツ抱きよせて あなたを思う夏の日 ありふれた朝の風景……
AL-MAUJ ~アルマージ~GOLD LYLIC夢一途に愛されても 恋無惨に 流されても わたし悪魔 わたし天使 あなたのあいだで こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ 優しい囁きさえも 嘘になるのはどうして あなたから仕掛ける程 虚しさが 色になるの 別にわたし孤独なんか 愛しちゃいない 罪も罰も棘も蜜も 咲かせたいだけ あやつって あやつって 愛をヒ・ラ・ヒ・ラ 胸遥かに 乱されても 口移しに縛られても あなた刹那 あなた永遠 背中でわたしは こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ  出会う度 また二人は 吐息に誘われるけど ”傷つくのは あなたよ”と冷めた言葉がこぼれる 涙つなぐまごころさえ 見えないのなら 喜劇の夜 悲劇の街 うまく 泳ぐわ 惑わせて…惑わせて 愛をヒ・ラ・ヒ・ラ 夢一途に愛されても 恋無惨に 流されても わたし悪魔 わたし天使 あなたのあいだで こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ  胸遥かに 乱されても 口移しに縛られても あなた刹那 あなた永遠 背中でわたしは こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラGOLD LYLIC中森明菜大津あきら佐藤隆夢一途に愛されても 恋無惨に 流されても わたし悪魔 わたし天使 あなたのあいだで こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ 優しい囁きさえも 嘘になるのはどうして あなたから仕掛ける程 虚しさが 色になるの 別にわたし孤独なんか 愛しちゃいない 罪も罰も棘も蜜も 咲かせたいだけ あやつって あやつって 愛をヒ・ラ・ヒ・ラ 胸遥かに 乱されても 口移しに縛られても あなた刹那 あなた永遠 背中でわたしは こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ  出会う度 また二人は 吐息に誘われるけど ”傷つくのは あなたよ”と冷めた言葉がこぼれる 涙つなぐまごころさえ 見えないのなら 喜劇の夜 悲劇の街 うまく 泳ぐわ 惑わせて…惑わせて 愛をヒ・ラ・ヒ・ラ 夢一途に愛されても 恋無惨に 流されても わたし悪魔 わたし天使 あなたのあいだで こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ  胸遥かに 乱されても 口移しに縛られても あなた刹那 あなた永遠 背中でわたしは こ・こ・ろ ヒ・ラ・ヒ・ラ
アレグロ・ビヴァーチェ切り出していいのよ あの娘のことを 少し前から 知ってた  黒いドレス着た今日は大人 今がチャンスよ さよならするの………  ガラス越しに街が濡れてゆく 頬ずり グラスに Good-bye………  Dance again 今だけは Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 別れへと軽いステップ Dance again ほほえんで Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 涙なら あなたにあげる 渇きたい………  左手のブレスレット はずしてくわ あなたがくれた 甘いくちづけ  降りしきる雨がジェラシー 流してゆくのよ Good-bye…  Dance again あの頃に Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 戻りそう………弱い私ね Dance again 泣き虫ね Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 似合わない 今の私は 渇きたい……… Dance again 今だけは Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 軽やかに甘いステップ Dance again ほほえんで Dance again アレグロ・ビヴァーチェ もう二度と恋はしないわ 渇きたい………中森明菜三浦徳子後藤次利切り出していいのよ あの娘のことを 少し前から 知ってた  黒いドレス着た今日は大人 今がチャンスよ さよならするの………  ガラス越しに街が濡れてゆく 頬ずり グラスに Good-bye………  Dance again 今だけは Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 別れへと軽いステップ Dance again ほほえんで Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 涙なら あなたにあげる 渇きたい………  左手のブレスレット はずしてくわ あなたがくれた 甘いくちづけ  降りしきる雨がジェラシー 流してゆくのよ Good-bye…  Dance again あの頃に Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 戻りそう………弱い私ね Dance again 泣き虫ね Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 似合わない 今の私は 渇きたい……… Dance again 今だけは Dance again アレグロ・ビヴァーチェ 軽やかに甘いステップ Dance again ほほえんで Dance again アレグロ・ビヴァーチェ もう二度と恋はしないわ 渇きたい………
ALONE夕焼けの街は激しさを そっと忘れてる いつか見た空が僕の心を帰すよ どこかに  新しい暮らしにも 少しは慣れてきたけど 勝手な僕は 君を思い出す  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために  色付く舗道は懐かしい風の香り 誰もが胸の奥によく似た夕陽を持ってる  枯れることを知らない 涙の色は今でも 夢を語った あの頃と同じ  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために ALONE 空を見上げれば ひとり がむしゃらな 情熱がふわふわと 笑うよ  いつかいなくなるような そんな気がしてたけど 時代がまわり また君を見つけるだろう  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために ALONE 恋に落ちてゆけば ひとり 光にさらして この心焦がそう You're gone いつまでも 歌い続ける声は どこまで届くだろう 今 君に 逢いたい中森明菜稲葉浩志松本孝弘千住明夕焼けの街は激しさを そっと忘れてる いつか見た空が僕の心を帰すよ どこかに  新しい暮らしにも 少しは慣れてきたけど 勝手な僕は 君を思い出す  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために  色付く舗道は懐かしい風の香り 誰もが胸の奥によく似た夕陽を持ってる  枯れることを知らない 涙の色は今でも 夢を語った あの頃と同じ  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために ALONE 空を見上げれば ひとり がむしゃらな 情熱がふわふわと 笑うよ  いつかいなくなるような そんな気がしてたけど 時代がまわり また君を見つけるだろう  ALONE 僕らはそれぞれの花を 抱いて生まれた 巡り逢うために ALONE 恋に落ちてゆけば ひとり 光にさらして この心焦がそう You're gone いつまでも 歌い続ける声は どこまで届くだろう 今 君に 逢いたい
UNSTEADY LOVETwilight ドア・ミラーに映った影に あなたのいつわりを感じた今も  Don't Stop 愛を止めたくはないけれど お別れなのねきっと 走る車から見る街灯りは 出会いの時のまま変わらないのに  さよなら終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って  Good‐bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから  Last Night 夕べの電話だって そばに他の誰かがいたような気がしたわ Don't Say そんな事をとやかく言えば また同じ事 いつもそばにいたいのよ これが本音なの 強がるふりしてもせつないだけね  さよなら きりだす言葉は多分 私からの方がいいのね  Good‐bye My Love 今夜で終わりにしてあげる つらいけど あなたを困らせたくはないから  男はいつだって 子供のまま 無邪気な恋を ちらかすの だけどそこにひかれる女心のミステリー くやしいけど まだ I Love You  さよなら終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って  Good‐bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから中森明菜角松敏生角松敏生Twilight ドア・ミラーに映った影に あなたのいつわりを感じた今も  Don't Stop 愛を止めたくはないけれど お別れなのねきっと 走る車から見る街灯りは 出会いの時のまま変わらないのに  さよなら終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って  Good‐bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから  Last Night 夕べの電話だって そばに他の誰かがいたような気がしたわ Don't Say そんな事をとやかく言えば また同じ事 いつもそばにいたいのよ これが本音なの 強がるふりしてもせつないだけね  さよなら きりだす言葉は多分 私からの方がいいのね  Good‐bye My Love 今夜で終わりにしてあげる つらいけど あなたを困らせたくはないから  男はいつだって 子供のまま 無邪気な恋を ちらかすの だけどそこにひかれる女心のミステリー くやしいけど まだ I Love You  さよなら終わりにして欲しいならば 今すぐきらいと言って  Good‐bye My Love このままそばにいたら私 こわれそう あなたの心がつかめないから
unfixableYou put the pedal to the metal while I yank the hand-break Cos you gotta slow down Feel the fluid running through you while we take the fast lane, But I figured you out  You take a left i take a right Do you see the signs do you realise?  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable  Conversations, revelations now we're caught in the headlights Cos we moved to fast Indecision this collisions should have stopped at the red light to keep the life we had  You took a left I took a right Now you see the signs now you realise  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable  Picking up speed in the hotseat Cos I realise that I know now What I'm facing I'm the navigator I'm the instigator never look back I know now What I'm chasing  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable中森明菜Hilde Wahl・Anita Lipsky・Tommy Berre・Marietta ConstantinouHilde Wahl・Anita Lipsky・Tommy Berre・Marietta ConstantinouYou put the pedal to the metal while I yank the hand-break Cos you gotta slow down Feel the fluid running through you while we take the fast lane, But I figured you out  You take a left i take a right Do you see the signs do you realise?  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable  Conversations, revelations now we're caught in the headlights Cos we moved to fast Indecision this collisions should have stopped at the red light to keep the life we had  You took a left I took a right Now you see the signs now you realise  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable  Picking up speed in the hotseat Cos I realise that I know now What I'm facing I'm the navigator I'm the instigator never look back I know now What I'm chasing  Thought we had a life long guarantee, But all the warning signs indicate to me, Sparks are missing, no ignition This is un this is unfixable When did we stop being you and me? Where did we go so suddenly Sparks are missing no ignition But baby I'm baby I'm fixable
清教徒今夜だけアーミッシュ 嘘をやめて 短かすぎる夜のために 今夜だけアーミッシュ 嘘をやめて 言葉なんて もう いらない  射し込んだネオン この都会(まち)のため息 狭すぎるベッド 夢を邪魔してるね アンテナのさびた つまらない TV-SHOW 音だけを消して 世の中を見ていた  唇合わせれば 悲しいくせして 全てがわかってるフリしてた  今夜だけアーミッシュ 飾らないで きれいすぎる恋のために 今夜だけアーミッシュ 飾らないで 化粧なんて もういらない  繕(つくろ)ったことで 愛し方忘れて バス・ルームのミラー 自分を探してた  素顔を隠すのは嫌いじゃないけど 心がわからない ままだった  今夜だけアーミッシュ さわらないで 愛し合った日々のために 今夜だけアーミッシュ さわらないで 深いキスはもうできない  今夜だけアーミッシュ 飾らないで きれいすぎる恋のために 今夜だけアーミッシュ 飾らないで 化粧なんて もういらない  今夜だけアーミッシュ さわらないで 愛し合った日々のために 今夜だけアーミッシュ さわらないで 深いキスはもうできない中森明菜秋元康久保田利伸武部聡志今夜だけアーミッシュ 嘘をやめて 短かすぎる夜のために 今夜だけアーミッシュ 嘘をやめて 言葉なんて もう いらない  射し込んだネオン この都会(まち)のため息 狭すぎるベッド 夢を邪魔してるね アンテナのさびた つまらない TV-SHOW 音だけを消して 世の中を見ていた  唇合わせれば 悲しいくせして 全てがわかってるフリしてた  今夜だけアーミッシュ 飾らないで きれいすぎる恋のために 今夜だけアーミッシュ 飾らないで 化粧なんて もういらない  繕(つくろ)ったことで 愛し方忘れて バス・ルームのミラー 自分を探してた  素顔を隠すのは嫌いじゃないけど 心がわからない ままだった  今夜だけアーミッシュ さわらないで 愛し合った日々のために 今夜だけアーミッシュ さわらないで 深いキスはもうできない  今夜だけアーミッシュ 飾らないで きれいすぎる恋のために 今夜だけアーミッシュ 飾らないで 化粧なんて もういらない  今夜だけアーミッシュ さわらないで 愛し合った日々のために 今夜だけアーミッシュ さわらないで 深いキスはもうできない
いい日旅立ち雪解け間近の北の空に向い 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶとき 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり旅に出る  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに  岬のはずれに少年は魚つり 青いすすきの小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯木で書くつもり“さよなら”と  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 幸福をさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに中森明菜谷村新司谷村新司上杉洋史雪解け間近の北の空に向い 過ぎ去りし日々の夢を叫ぶとき 帰らぬ人達 熱い胸をよぎる せめて今日から一人きり旅に出る  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 夕焼けをさがしに 母の背中で聞いた歌を道連れに  岬のはずれに少年は魚つり 青いすすきの小径を帰るのか 私は今から 想い出を創るため 砂に枯木で書くつもり“さよなら”と  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 羊雲をさがしに 父が教えてくれた歌を道連れに  ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる  いい日 旅立ち 幸福をさがしに 子供の頃に歌った歌を道連れに
生きがい今あなたは目ざめ 煙草をくわえてる 早く起きてね バスが来るでしょう お茶さえ飲まないで とび出してゆくのね 体に毒よ いつもそうなの アア あなたと別れた今でも アア 私はあなたと生きているの いつの日も生きてるの  今たそがれの街 あなたは歩いてる どこへ急ぐの 人波の中 もしも私のこと 想い出したならば すぐに電話で 声を聞かせて アア あなたと別れた今でも アア 私はあなたと生きているの いつの日も 生きてるの いつの日も 生きてるの中森明菜山上路夫渋谷毅千住明今あなたは目ざめ 煙草をくわえてる 早く起きてね バスが来るでしょう お茶さえ飲まないで とび出してゆくのね 体に毒よ いつもそうなの アア あなたと別れた今でも アア 私はあなたと生きているの いつの日も生きてるの  今たそがれの街 あなたは歩いてる どこへ急ぐの 人波の中 もしも私のこと 想い出したならば すぐに電話で 声を聞かせて アア あなたと別れた今でも アア 私はあなたと生きているの いつの日も 生きてるの いつの日も 生きてるの
石狩挽歌海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯を炊く あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か 今じゃ浜辺で オンボロロ オンボロボロロ 沖を通るは 笠戸丸(かさとまる) わたしゃ涙で ニシン曇りの 空を見る  燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に 海は銀色 ニシンの色よ ソーラン節に 頬そめながら  わたしゃ大漁の 網を曳(ひ)く あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も 今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロ かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る中森明菜なかにし礼浜圭介海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯を炊く あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か 今じゃ浜辺で オンボロロ オンボロボロロ 沖を通るは 笠戸丸(かさとまる) わたしゃ涙で ニシン曇りの 空を見る  燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に 海は銀色 ニシンの色よ ソーラン節に 頬そめながら  わたしゃ大漁の 網を曳(ひ)く あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も 今じゃさびれて オンボロロ オンボロボロロ かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る
伊勢佐木町ブルースあなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜(よる)を 惜(お)しむよに 伊勢佐木(いせざき)あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あなた馴染(なじ)みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる中森明菜川内康範鈴木庸一あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば 花散る夜(よる)を 惜(お)しむよに 伊勢佐木(いせざき)あたりに 灯(あかり)がともる 恋と情けの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯(ひ)がともる  あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば 波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる 夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる  あなた馴染(なじ)みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘(こ)が泣いた 涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる 恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥヴァー 灯がともる
痛い恋をしたあなたの星座を いまでも気にかけてしまう そっとめくる 占いのページ 幸せなの? 呟けば なぜか胸の奥 不意にきしむ  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  優しい気持ちで いつでも抱いてくれてたね そんな風景(けしき) 憎しみに消され 思い出せずいたけれど いつか涙さえかわいてゆく  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  儚くて だけどこの心に 永遠(とわ)に残る恋をした もう逢えないから 愛しいまま  いまも揺れながら ひとり生きてるけど あの日痛い恋をした だから少しだけ 強くなれた 私は中森明菜及川眠子上田知華杉山卓夫あなたの星座を いまでも気にかけてしまう そっとめくる 占いのページ 幸せなの? 呟けば なぜか胸の奥 不意にきしむ  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  優しい気持ちで いつでも抱いてくれてたね そんな風景(けしき) 憎しみに消され 思い出せずいたけれど いつか涙さえかわいてゆく  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  儚くて だけどこの心に 永遠(とわ)に残る恋をした もう逢えないから 愛しいまま  いまも揺れながら ひとり生きてるけど あの日痛い恋をした だから少しだけ 強くなれた 私は
『いちご白書』をもう一度いつか君と行った 映画がまた来る 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では 涙ぐんでた 素直な横顔が 今も恋しい 雨に破れかけた 街頭のポスターに 過ぎ去った昔が 鮮かによみがえる 君もみるだろうか 『いちご白書』を 二人だけのメモリィー どこかでもう一度  僕は無精ヒゲと 髪をのばして 学生集会へも 時々出かけた 就職が決って 髪を切ってきた時 もう若くないさと 君に云い訳したね 君もみるだろうか 『いちご白書』を 二人だけのメモリィー どこかでもう一度  二人だけのメモリィー どこかでもう一度中森明菜荒井由実荒井由実山田正人いつか君と行った 映画がまた来る 授業を抜け出して 二人で出かけた 哀しい場面では 涙ぐんでた 素直な横顔が 今も恋しい 雨に破れかけた 街頭のポスターに 過ぎ去った昔が 鮮かによみがえる 君もみるだろうか 『いちご白書』を 二人だけのメモリィー どこかでもう一度  僕は無精ヒゲと 髪をのばして 学生集会へも 時々出かけた 就職が決って 髪を切ってきた時 もう若くないさと 君に云い訳したね 君もみるだろうか 『いちご白書』を 二人だけのメモリィー どこかでもう一度  二人だけのメモリィー どこかでもう一度
It's brand new dayTouch to the sky 広い空に抱かれて ただ密やかに眠りたい日もある 世界(ここ)は時に苦しくて 見えない糸は 絡み始め 言葉は何も語れずに 心が照らし出すまで  過ぎてゆく時 (must ehange) 変化(かわ)ってく色 (in time) 息をひそめてる未来 答えはstay as gray 探し続ける ここに生きてく意味を It's all inside youe soul ずっと 歩いてゆく brand new days  Cry for the truth 届かない声色(こわね)を 月の光が 穏かに包み込む エメラルドグリーン(みどり)に輝(ひか)るこの地球(ほし)で 閉ざされた空間(へや)の中で 抜け殻の信仰(いのり)は輝き 瞳を閉ざしたまま  暗やみの先 (You'll see) 差し込む光 (The light) 終わりなく続く「今」 立ち止まっていい 振り返ればいい そこに横たわる意味  And You'll see dawn of light (everytime) 自由への道 (everyday) 答えは Inside of your soul 始まるよ brand new days  brand new days...中森明菜AdyaAdyaTouch to the sky 広い空に抱かれて ただ密やかに眠りたい日もある 世界(ここ)は時に苦しくて 見えない糸は 絡み始め 言葉は何も語れずに 心が照らし出すまで  過ぎてゆく時 (must ehange) 変化(かわ)ってく色 (in time) 息をひそめてる未来 答えはstay as gray 探し続ける ここに生きてく意味を It's all inside youe soul ずっと 歩いてゆく brand new days  Cry for the truth 届かない声色(こわね)を 月の光が 穏かに包み込む エメラルドグリーン(みどり)に輝(ひか)るこの地球(ほし)で 閉ざされた空間(へや)の中で 抜け殻の信仰(いのり)は輝き 瞳を閉ざしたまま  暗やみの先 (You'll see) 差し込む光 (The light) 終わりなく続く「今」 立ち止まっていい 振り返ればいい そこに横たわる意味  And You'll see dawn of light (everytime) 自由への道 (everyday) 答えは Inside of your soul 始まるよ brand new days  brand new days...
ibizala costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  眩しい朝が やがて訪れても 終わらないカーニバル のぼりつめてゆく 高なるコドウのまま いつか憧れた 永遠のパラダイス あたし誘って  儚い情熱はとけだしても 溺れてく灼けどした肌 冷めないまま  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みせて  琥珀色に輝きだす beach 踊り続ける人波にもまれ 恋人達はそれぞれの場所へ 帰ってゆくでしょう 見慣れた空求め  とりのこされた silence 沈んだ陽も 焦がれた想いはまだ とけないまま  la costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みて  la costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みて中森明菜K-COURUURUla costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  眩しい朝が やがて訪れても 終わらないカーニバル のぼりつめてゆく 高なるコドウのまま いつか憧れた 永遠のパラダイス あたし誘って  儚い情熱はとけだしても 溺れてく灼けどした肌 冷めないまま  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みせて  琥珀色に輝きだす beach 踊り続ける人波にもまれ 恋人達はそれぞれの場所へ 帰ってゆくでしょう 見慣れた空求め  とりのこされた silence 沈んだ陽も 焦がれた想いはまだ とけないまま  la costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みて  la costa el ibiza 巨大な波にのまれてく party night たかめあうの 魂のリズム es paradis 乱れる水の中で kissをして 光あびた de la sirena  la costa el ibiza 未来が歓びであふれだすから たかまる魂はいつか1つに es paradis 時間を忘れて朝まで踊るの 終わりのない夢みて
異邦人子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿は きのうまでの何も知らない私 あなたに この指が届くと信じていた  空と大地が ふれ合う彼方 過去からの旅人を 呼んでる道  あなたにとって私 ただの通りすがり ちょっとふり向いて みただけの異邦人  市場へ行く人の波に 身体を預け 石だたみの街角を ゆらゆらとさまよう 祈りの声 ひづめの音 歌うようなざわめき 私を置き去りに 過ぎてゆく白い朝  時間旅行が 心の傷を なぜかしら埋めてゆく 不思議な道  サヨナラだけの手紙 迷い続けて書き あとは哀しみをもて余す 異邦人 あとは哀しみをもて余す 異邦人中森明菜久保田早紀久保田早紀千住明子供たちが空に向かい 両手をひろげ 鳥や雲や夢までも つかもうとしている その姿は きのうまでの何も知らない私 あなたに この指が届くと信じていた  空と大地が ふれ合う彼方 過去からの旅人を 呼んでる道  あなたにとって私 ただの通りすがり ちょっとふり向いて みただけの異邦人  市場へ行く人の波に 身体を預け 石だたみの街角を ゆらゆらとさまよう 祈りの声 ひづめの音 歌うようなざわめき 私を置き去りに 過ぎてゆく白い朝  時間旅行が 心の傷を なぜかしら埋めてゆく 不思議な道  サヨナラだけの手紙 迷い続けて書き あとは哀しみをもて余す 異邦人 あとは哀しみをもて余す 異邦人
INTO THE NIGHTHey! Pretty girl whatcha doin' tonight 恋の Beat で Dance All night long 金のシャンパン 夜空にこぼして 囁やくのさ Sweet love song  ネオンピンクのドレスひろげて 逃げるおまえはサンドリヨンさ バリーライトの虹が走るよ 乾きかけてた 俺の心に  INTO THE NIGHT oh-oh 時を止めて oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夢のなかへ… oh-oh  Hey! Pretty girl じらさないで 恋のシートは No-reservation 指で kiss を かわすおまえに 幕が開くよ Cerebration  シルクサテンの髪をほどいて 迷いこむのさ 星の回廊(コリドー) サザンブルーの風がおこるよ モノクロームの都会の空に  INTO THE NIGHT oh-oh 二人だけの oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夜に融けて… oh-oh  INTO THE NIGHT oh-oh 時を止めて oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夢のなかへ… oh-oh  INTO THE NIGHT oh-oh 二人だけの oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夜に融けて… oh-oh中森明菜M. De San Antonio・Pierre Michel Nigro・Mario Giuseppe Nigro・日本語詞:篠原仁M. De San Antonio・Pierre Michel Nigro・Mario Giuseppe NigroHey! Pretty girl whatcha doin' tonight 恋の Beat で Dance All night long 金のシャンパン 夜空にこぼして 囁やくのさ Sweet love song  ネオンピンクのドレスひろげて 逃げるおまえはサンドリヨンさ バリーライトの虹が走るよ 乾きかけてた 俺の心に  INTO THE NIGHT oh-oh 時を止めて oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夢のなかへ… oh-oh  Hey! Pretty girl じらさないで 恋のシートは No-reservation 指で kiss を かわすおまえに 幕が開くよ Cerebration  シルクサテンの髪をほどいて 迷いこむのさ 星の回廊(コリドー) サザンブルーの風がおこるよ モノクロームの都会の空に  INTO THE NIGHT oh-oh 二人だけの oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夜に融けて… oh-oh  INTO THE NIGHT oh-oh 時を止めて oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夢のなかへ… oh-oh  INTO THE NIGHT oh-oh 二人だけの oh-oh INTO THE NIGHT oh-oh 夜に融けて… oh-oh
Easy何故 叱りもしないで あきらめ顔のまま あなたらしい 理由(わけ) 聞かずにすませば それが痛みになる ルージュ引いてみたけど 偽物芝居 “愛してる” 妖しく尖るナイフのよう いらないわ いらないわ いらないわ Easy なのね そのへん あなたのやりかた 抱きかたが本気じゃない oh… Easy なのね そのへん 裏切られるのが 恐いから そのせい? わたしじゃあなたを変えられない  何故 くちびる塞がれ 逃げるふりもしない わたしらしい 理由(わけ) 解けない答えを 捜しちゃいけないと 誰に教えられたの 背中にまわす指先 毒を仕込むだけだなんて 悲しいわ 悲しいわ 悲しいわ Easy なのね そのへん わたしも同じね 偽りを求めてる Oh… Easy なのね そのへん 愛されることが 下手だから そのせい あなたじゃ わたしを変えられない  Easy なのね そのへん 夢も見ないのに 愛を捨てられない Oh… Easy なのね そのへん 裏切られるのが 恐いから そのせい 私も あなたも臆病なの中森明菜尾崎亜美尾崎亜美何故 叱りもしないで あきらめ顔のまま あなたらしい 理由(わけ) 聞かずにすませば それが痛みになる ルージュ引いてみたけど 偽物芝居 “愛してる” 妖しく尖るナイフのよう いらないわ いらないわ いらないわ Easy なのね そのへん あなたのやりかた 抱きかたが本気じゃない oh… Easy なのね そのへん 裏切られるのが 恐いから そのせい? わたしじゃあなたを変えられない  何故 くちびる塞がれ 逃げるふりもしない わたしらしい 理由(わけ) 解けない答えを 捜しちゃいけないと 誰に教えられたの 背中にまわす指先 毒を仕込むだけだなんて 悲しいわ 悲しいわ 悲しいわ Easy なのね そのへん わたしも同じね 偽りを求めてる Oh… Easy なのね そのへん 愛されることが 下手だから そのせい あなたじゃ わたしを変えられない  Easy なのね そのへん 夢も見ないのに 愛を捨てられない Oh… Easy なのね そのへん 裏切られるのが 恐いから そのせい 私も あなたも臆病なの
WithEverybody looks at me I'm so sexy 誰よりも輝いてるはず All you crazy people c'mon jump around 誰よりも胸 踊ってるの  do you feel the same do you feel my heart I'm searching 心解き放つ光  この瞬間を 永遠に変えて 抱きしめてみたい wish on a star our love  Baby, pumping up the volume with your beat 視線でわかるの 高鳴る気持ち Baby, you're with me you know what I sayin' Show me, tell me, your love Till the music is over  while the DJ keeps on spinnin' the cut ‘breaking' brand new beat 肌にささり Feel so good whispering in my ear 愛のしらべ 今夜は終わらないね you know  do you feel the same you belong with me I'm searching for かけがえのない未来を  この瞬間を 永遠に変えて 抱きしめていたい I don't wanna lose this feeling  Baby, pumping up the volume with your beat 出逢ったときから 導かれてる I must stick with you you know what I do Show me how you want it Till the music is over  Trust me, I don't want anybody else 心奪われ 鼓動は加速 I love the way that you hold me This time 感じる 強く感じる こんな気持ちは久しぶりなの Do you believe when I say? There's no no second chance  Baby, you're with me I must stick with you 必要なものは そろってるから Baby, you're with me you know what I sayin' Show me, tell me, your love Till the music is over中森明菜新屋豊新屋豊Everybody looks at me I'm so sexy 誰よりも輝いてるはず All you crazy people c'mon jump around 誰よりも胸 踊ってるの  do you feel the same do you feel my heart I'm searching 心解き放つ光  この瞬間を 永遠に変えて 抱きしめてみたい wish on a star our love  Baby, pumping up the volume with your beat 視線でわかるの 高鳴る気持ち Baby, you're with me you know what I sayin' Show me, tell me, your love Till the music is over  while the DJ keeps on spinnin' the cut ‘breaking' brand new beat 肌にささり Feel so good whispering in my ear 愛のしらべ 今夜は終わらないね you know  do you feel the same you belong with me I'm searching for かけがえのない未来を  この瞬間を 永遠に変えて 抱きしめていたい I don't wanna lose this feeling  Baby, pumping up the volume with your beat 出逢ったときから 導かれてる I must stick with you you know what I do Show me how you want it Till the music is over  Trust me, I don't want anybody else 心奪われ 鼓動は加速 I love the way that you hold me This time 感じる 強く感じる こんな気持ちは久しぶりなの Do you believe when I say? There's no no second chance  Baby, you're with me I must stick with you 必要なものは そろってるから Baby, you're with me you know what I sayin' Show me, tell me, your love Till the music is over
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨月どれだけ 紡いだんだろ 言葉にできない この想い 求めた答えは淡く 張りつめた夜に消えていく  風に聞く あなたの声 移ろう季節 伝えきれずにいた想い 置き忘れたまま 届けたいあなたに  泣きながらでも歩き続ける まだ息もできないほど苦しい愛 背負っていくと心に決めて 過ちも悲しみも まだ 影を落として  触れてたはずの光が 手のひらをいま溢れて もう一度だけ あなたの顔 触れたい 置き去りにされた愛  泣きながらでも笑い続けて あなたとの約束を抱きしめる 信じた愛の未来は何処に カタチある息吹を探してる  終わらない夜にそっと咲く 一輪の月の光さす  泣きながらでも歩き続ける まだ息もできないほど苦しい愛 重ねた想い未来に広げ 優しさも愛しさも いま 風の行方に中森明菜新屋豊新屋豊新屋豊どれだけ 紡いだんだろ 言葉にできない この想い 求めた答えは淡く 張りつめた夜に消えていく  風に聞く あなたの声 移ろう季節 伝えきれずにいた想い 置き忘れたまま 届けたいあなたに  泣きながらでも歩き続ける まだ息もできないほど苦しい愛 背負っていくと心に決めて 過ちも悲しみも まだ 影を落として  触れてたはずの光が 手のひらをいま溢れて もう一度だけ あなたの顔 触れたい 置き去りにされた愛  泣きながらでも笑い続けて あなたとの約束を抱きしめる 信じた愛の未来は何処に カタチある息吹を探してる  終わらない夜にそっと咲く 一輪の月の光さす  泣きながらでも歩き続ける まだ息もできないほど苦しい愛 重ねた想い未来に広げ 優しさも愛しさも いま 風の行方に
嘘つき君はとても強い心 持っているひとだねと あなたが言った日から 私、嘘つきになったのよ  何度も確かめてる 鏡に映してみる 私らしさを纏うための術 どんなに哀しい風が吹き荒れても 涙を鎮めて  私は揺れたりしない、傾いたりしないわ まっすぐ背を伸ばし なんでもないような顔で微笑み続けるから この嘘見破らないで…そばにいて  本当はただ私だけを ずっと見ていてほしい 心の中つぶやいては 素っ気なく手を振るの  まるで少女のような 思いを抱く夜更け 優しい一言にふるえながら こんなに乱れる胸を知らなかった あなたに逢うまで  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 嘘はもういらないよと抱きしめて  まるで少女のような 思いを抱く夜更け 優しい一言にふるえながら こんなに乱れる胸を知らなかった あなたに逢うまで  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 嘘はもういらないよと抱きしめて  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 真実の私を今…受けとめて中森明菜川江美奈子江上浩太郎君はとても強い心 持っているひとだねと あなたが言った日から 私、嘘つきになったのよ  何度も確かめてる 鏡に映してみる 私らしさを纏うための術 どんなに哀しい風が吹き荒れても 涙を鎮めて  私は揺れたりしない、傾いたりしないわ まっすぐ背を伸ばし なんでもないような顔で微笑み続けるから この嘘見破らないで…そばにいて  本当はただ私だけを ずっと見ていてほしい 心の中つぶやいては 素っ気なく手を振るの  まるで少女のような 思いを抱く夜更け 優しい一言にふるえながら こんなに乱れる胸を知らなかった あなたに逢うまで  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 嘘はもういらないよと抱きしめて  まるで少女のような 思いを抱く夜更け 優しい一言にふるえながら こんなに乱れる胸を知らなかった あなたに逢うまで  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 嘘はもういらないよと抱きしめて  私は揺れつづけてる、あなたに傾いてる まっすぐ歩けない 気づいてないようなふりでどうかすべて見抜いて 真実の私を今…受けとめて
うつつの花生乾きの 傷だろうに さみしくて剥がせば また紅い血が流れる  こころはなぜ あてもなしに ひとを思い迷う 醜い花の種を蒔く  欲しいなら奪うまで 誰だって手を汚す ひとつしか ないものもあるでしょう  泣いて泣いて泣いてどうする 脆いところばかり 愛と呼んでかばう 咲く花 はかない花 痣のように残るだけの 永い夢を見るだけ  水はとうに 涸れてるのに 彩だけは鮮やか そんな恋ほど身は染まる  ここにある幸せは どこかで不幸せ 神様は あやとりが下手でしょう  泣いて泣いて泣いてどうなる 痛いところばかり 見せて他人は嘲笑う 散る花 綺麗な花 そばにおいて手懐けても なにも応えないのに  見えない糸をたぐり ありもしない甘い日々を探りながら 消えない孤独だけを 深く胸に抱いて眠る 遠い夜明け待つだけ  中森明菜松井五郎マシコタツロウ武部聡志生乾きの 傷だろうに さみしくて剥がせば また紅い血が流れる  こころはなぜ あてもなしに ひとを思い迷う 醜い花の種を蒔く  欲しいなら奪うまで 誰だって手を汚す ひとつしか ないものもあるでしょう  泣いて泣いて泣いてどうする 脆いところばかり 愛と呼んでかばう 咲く花 はかない花 痣のように残るだけの 永い夢を見るだけ  水はとうに 涸れてるのに 彩だけは鮮やか そんな恋ほど身は染まる  ここにある幸せは どこかで不幸せ 神様は あやとりが下手でしょう  泣いて泣いて泣いてどうなる 痛いところばかり 見せて他人は嘲笑う 散る花 綺麗な花 そばにおいて手懐けても なにも応えないのに  見えない糸をたぐり ありもしない甘い日々を探りながら 消えない孤独だけを 深く胸に抱いて眠る 遠い夜明け待つだけ  
URAGIRI右の頬に隠したのは見慣れない女の影 エメラルドの傷のように深く光る  夜明け前のシャワーのあと左手で私を抱く 心とうらはらのちから 指が痛い  二人して御人好し演じてもドラマにはならない 過ぎた日を数えながら素知らぬ仕種(ふり)  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  想い出から哀しみだけ差し引けば夢が残る 貴方の知らない私にくやしがるわ  髪を挙げてルージュひいてアドレスをめくってゆく すれちがった男(ひと)の中に揺れる心  二人して別々の月光(つきあかり) 溺れてもいいのね 十字架 胸の上に指で切った  twilight 貴方に乱れ starlight 流されて moonlight 切なく燃えて midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny中森明菜松本一起井上大輔右の頬に隠したのは見慣れない女の影 エメラルドの傷のように深く光る  夜明け前のシャワーのあと左手で私を抱く 心とうらはらのちから 指が痛い  二人して御人好し演じてもドラマにはならない 過ぎた日を数えながら素知らぬ仕種(ふり)  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  想い出から哀しみだけ差し引けば夢が残る 貴方の知らない私にくやしがるわ  髪を挙げてルージュひいてアドレスをめくってゆく すれちがった男(ひと)の中に揺れる心  二人して別々の月光(つきあかり) 溺れてもいいのね 十字架 胸の上に指で切った  twilight 貴方に乱れ starlight 流されて moonlight 切なく燃えて midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny
Woman “Wの悲劇より”(LIVE ver.)もう行かないで そばにいて 窓のそばで腕を組んで 雪のような星が降るわ 素敵ね  もう愛せないと言うのなら 友だちでもかまわないわ 強がってもふるえるのよ 声が…  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく 横たわった髪に胸に 降りつもるわ星の破片(かけら)  もう一瞬で燃えつきて あとは灰になってもいい わがままだと叱らないで 今は……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく やさしい眼で見つめ返す 二人きりの星降る町  行かないで そばにいて おとなしくしてるから せめて朝の陽が射すまで ここにいて 眠り顔を 見ていたいの中森明菜松本隆呉田軽穂もう行かないで そばにいて 窓のそばで腕を組んで 雪のような星が降るわ 素敵ね  もう愛せないと言うのなら 友だちでもかまわないわ 強がってもふるえるのよ 声が…  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく 横たわった髪に胸に 降りつもるわ星の破片(かけら)  もう一瞬で燃えつきて あとは灰になってもいい わがままだと叱らないで 今は……  ああ時の河を渡る船に オールはない 流されてく やさしい眼で見つめ返す 二人きりの星降る町  行かないで そばにいて おとなしくしてるから せめて朝の陽が射すまで ここにいて 眠り顔を 見ていたいの
永遠の扉恋の予感なら 殺すことできる 嵐を避けたら Kissも穏やかね 強さを覚えて 素顔を隠した 守るための嘘 どうぞ飛び越えてね  心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して Um……Um…… ねえ  宝石のように 齢をまといたい 確かめる術は 愛をあげること あなたが見つけた 私の勇気を 育ててください 朝日昇るほどに  心を抱くわ 愛しく抱くわ 鼓動さえ あどけない始まり 私の 心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して  心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して この時 抱かれたままに あなたのままに 永遠と呼ばれたら 幸せ……中森明菜夏野芹子玉置浩二千住明恋の予感なら 殺すことできる 嵐を避けたら Kissも穏やかね 強さを覚えて 素顔を隠した 守るための嘘 どうぞ飛び越えてね  心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して Um……Um…… ねえ  宝石のように 齢をまといたい 確かめる術は 愛をあげること あなたが見つけた 私の勇気を 育ててください 朝日昇るほどに  心を抱くわ 愛しく抱くわ 鼓動さえ あどけない始まり 私の 心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して  心を抱いて あなたが抱いて 伝説を作るほど愛して この時 抱かれたままに あなたのままに 永遠と呼ばれたら 幸せ……
GOLD LYLIC見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車両に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやって来るGOLD LYLIC中森明菜竹内まりや竹内まりや見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車両に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやって来る
エキゾティカ時の海 漕いで行く 葦船に ゆられて 子供みたい ふざけながら 声あげて 抱き合う  お喋りね まなざしは 嘘つきが 下手なの 留守がちだわ心さえも 近頃の 貴方は  クリスマス・イヴ 賑わうパブで 三年たったと キスをしたけど  貴方の心の海に 浮かんでる 無人の島 見知らぬ花が咲いた 遥かな愛の影  缶ビール 飲みながら 本を読む 日曜 無口な人 好きなくせに 淋しいの この頃  紙切れひとつ 欲しいだなんて わたしの中にも ほら、エキゾティカ  重ね合う 愛の仕ぐさ 不思議に 虚しさだけ 何が違うと云うの 十八と今では  ふたりの心の海に 隠れてる 無人の島 海鳥が遊んでる 遥かな愛の影  貴方の心の海に 浮かんでる 無人の島 見知らぬ花が咲いた 遥かな愛の影  重ね合う 愛の仕ぐさ 不思議に 虚しさだけ 何が違うと云うの 十八と今では  ふたりの心の海に 隠れてる 無人の島 海鳥が遊んでる 遥かな愛の影中森明菜湯川れい子小林明子時の海 漕いで行く 葦船に ゆられて 子供みたい ふざけながら 声あげて 抱き合う  お喋りね まなざしは 嘘つきが 下手なの 留守がちだわ心さえも 近頃の 貴方は  クリスマス・イヴ 賑わうパブで 三年たったと キスをしたけど  貴方の心の海に 浮かんでる 無人の島 見知らぬ花が咲いた 遥かな愛の影  缶ビール 飲みながら 本を読む 日曜 無口な人 好きなくせに 淋しいの この頃  紙切れひとつ 欲しいだなんて わたしの中にも ほら、エキゾティカ  重ね合う 愛の仕ぐさ 不思議に 虚しさだけ 何が違うと云うの 十八と今では  ふたりの心の海に 隠れてる 無人の島 海鳥が遊んでる 遥かな愛の影  貴方の心の海に 浮かんでる 無人の島 見知らぬ花が咲いた 遥かな愛の影  重ね合う 愛の仕ぐさ 不思議に 虚しさだけ 何が違うと云うの 十八と今では  ふたりの心の海に 隠れてる 無人の島 海鳥が遊んでる 遥かな愛の影
EGOISTためらいがちな指先がいま 膝元から滑り込んでる 愛を囁く唇に なぜ 嘘だと知りながら感じる? 男はいつだって 思い遂げた後で そっと後悔する 求める時だけ愛をひけらかし  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返すから わかりあえずにすれ違うだけ  抱かれる前に愛があるほど いつもそんなに綺麗じゃない 肌を重ねて0になる瞬間 生まれ変われることもあるわ 女はいつだって 許したその後で 事実を切札に あきれるくらいに愛をねだるから  You can't say you love me You love what you're doin' to me そんな私もエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me 愛することが怖いけれど 愛されないと不安になるの  揺れて乱れて なお 限りなく醒めてる 愛はどこにあるの? 答が見えない 渇き癒せない  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返している  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返すから わかりあえずにすれ違うだけ中森明菜加藤健トン・ショウジ島田昌典ためらいがちな指先がいま 膝元から滑り込んでる 愛を囁く唇に なぜ 嘘だと知りながら感じる? 男はいつだって 思い遂げた後で そっと後悔する 求める時だけ愛をひけらかし  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返すから わかりあえずにすれ違うだけ  抱かれる前に愛があるほど いつもそんなに綺麗じゃない 肌を重ねて0になる瞬間 生まれ変われることもあるわ 女はいつだって 許したその後で 事実を切札に あきれるくらいに愛をねだるから  You can't say you love me You love what you're doin' to me そんな私もエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me 愛することが怖いけれど 愛されないと不安になるの  揺れて乱れて なお 限りなく醒めてる 愛はどこにあるの? 答が見えない 渇き癒せない  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返している  You can't say you love me You love what you're doin' to me 誰も悲しきエゴイストで I can't say I love you I love what you do to me ただわがまま繰り返すから わかりあえずにすれ違うだけ
X ladyキコエル knocking on door if ミツカレバ fighting pause 静寂に響く叫び once again 「hey, don't you know this beautiful lady?」  jumping up 歩道橋の上 「it's in vain」kick in out 中空に舞え 「call him now」有能な one shot sniper A but 嘲笑する微笑み babe  「hey, can you catch me? I'm here for you!」 baby 大胆不敵 again 「hey, can you catch me...?」  You want me? この高尚なstyle I know you want me でもfake fur a.a. I need you その妖艶なsmile X lady don't go  three. two. one でいない for good いつ消えたのか nobody knows 簡単なことよ like this! do it again 「why don't you know that she's called X?」  「hey, can you catch me? I'm here for you!」 baby 大胆不敵 again 「hey, can you catch me...?」  You want me? この高尚なstyle I know you want me でもfake fur a.a. I need you その妖艶なsmile X lady don't go中森明菜Ryohei MatsufujiRoxanne Smith・Rick Smith・Anna-Maria La Spinaキコエル knocking on door if ミツカレバ fighting pause 静寂に響く叫び once again 「hey, don't you know this beautiful lady?」  jumping up 歩道橋の上 「it's in vain」kick in out 中空に舞え 「call him now」有能な one shot sniper A but 嘲笑する微笑み babe  「hey, can you catch me? I'm here for you!」 baby 大胆不敵 again 「hey, can you catch me...?」  You want me? この高尚なstyle I know you want me でもfake fur a.a. I need you その妖艶なsmile X lady don't go  three. two. one でいない for good いつ消えたのか nobody knows 簡単なことよ like this! do it again 「why don't you know that she's called X?」  「hey, can you catch me? I'm here for you!」 baby 大胆不敵 again 「hey, can you catch me...?」  You want me? この高尚なstyle I know you want me でもfake fur a.a. I need you その妖艶なsmile X lady don't go
越冬つばめ娘盛りを 無駄にするなと 時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人 報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私 季節そむいた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりゃ 寒かろに ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です  絵に描いたような 幸せなんて 爪の先ほども 望んでません からめた小指 互いに噛めば あなたと痛み 分けあえますか 燃えて燃え尽き 冬のつばめよ なきがらになるなら それもいい ヒュルリ ヒュルリララ 忘れてしまえと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ 古い恋ですか 女です  ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です中森明菜石原信一篠原義彦娘盛りを 無駄にするなと 時雨(しぐれ)の宿で 背を向ける人 報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私 季節そむいた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりゃ 寒かろに ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です  絵に描いたような 幸せなんて 爪の先ほども 望んでません からめた小指 互いに噛めば あなたと痛み 分けあえますか 燃えて燃え尽き 冬のつばめよ なきがらになるなら それもいい ヒュルリ ヒュルリララ 忘れてしまえと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ 古い恋ですか 女です  ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼(な)いてます ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です
Everlasting Loveもしも誰かを 好きになる時が きたら私に かくさっず言って それが二人の 約束だから Love promises  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを  あなたとの日々 ふりかえらせて ひとりになって 歩いてみたい 傷つけあえば すべてなくすから lt fades away  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを中森明菜大貫妙子坂本龍一坂本龍一もしも誰かを 好きになる時が きたら私に かくさっず言って それが二人の 約束だから Love promises  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを  あなたとの日々 ふりかえらせて ひとりになって 歩いてみたい 傷つけあえば すべてなくすから lt fades away  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを  Everlasting Love 求めるでしょう My Everlasting Love 出会うことを
Angel Eyes青い夜明けを流れる あの雲の群れ どんな空へ たどり着くか知らない  まだ名前もない気持ち あふれる胸は たったひとつの 楽園を夢見る  なにかをはじめてごらん 愛と呼べる やさしさがかならず できるから  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつもいつも あなたをみつめてるAngel Eyes  手をのばせば 消えてゆく 想い出ばかり 追いかけても 微笑みは戻らない  心を信じてごらん 愛はけして むずかしくはないと わかるまで  Angel Eyes Angel Eyes 忘れないでほしい いつも いつも あなたのそばにいる Angel Eyes  Angel Eyes Angel Eyes 悲しみより強く いつもいつも あなたを守ってる  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつも いつも あなたをみつめてる Angel Eyes中森明菜松井五郎上田知華青い夜明けを流れる あの雲の群れ どんな空へ たどり着くか知らない  まだ名前もない気持ち あふれる胸は たったひとつの 楽園を夢見る  なにかをはじめてごらん 愛と呼べる やさしさがかならず できるから  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつもいつも あなたをみつめてるAngel Eyes  手をのばせば 消えてゆく 想い出ばかり 追いかけても 微笑みは戻らない  心を信じてごらん 愛はけして むずかしくはないと わかるまで  Angel Eyes Angel Eyes 忘れないでほしい いつも いつも あなたのそばにいる Angel Eyes  Angel Eyes Angel Eyes 悲しみより強く いつもいつも あなたを守ってる  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつも いつも あなたをみつめてる Angel Eyes
ENDLESSなぐさめてもらう為 涙をこぼさなかった いつまでも沈まない瞳を 信じてる My Dream  一人でいても 孤独じゃなかったわ 希望が私を抱いた  自分で決めた 譲れないこの道 気ままで 汚したくない  つよがりと呼ばれても 世間に甘えたくない  ただ 自分に負けたくない いつ 誤解をされても 貴方だけは 解ってくれてた そっと  長い夜から 青い空が生まれ 昨日は 過去に 消えてく  夢を夢みて 立ち止まりたくない 求める扉があった  足跡はイラナイわ 明日も す足で歩く  いま 貴方の胸の中に この ときめき伝える 愛し合った二人に嘘などないと  ただ 自分に負けたくない いつ 誤解をされても 貴方だけは 解ってくれてた そっと中森明菜松本一起大貫妙子井上鑑なぐさめてもらう為 涙をこぼさなかった いつまでも沈まない瞳を 信じてる My Dream  一人でいても 孤独じゃなかったわ 希望が私を抱いた  自分で決めた 譲れないこの道 気ままで 汚したくない  つよがりと呼ばれても 世間に甘えたくない  ただ 自分に負けたくない いつ 誤解をされても 貴方だけは 解ってくれてた そっと  長い夜から 青い空が生まれ 昨日は 過去に 消えてく  夢を夢みて 立ち止まりたくない 求める扉があった  足跡はイラナイわ 明日も す足で歩く  いま 貴方の胸の中に この ときめき伝える 愛し合った二人に嘘などないと  ただ 自分に負けたくない いつ 誤解をされても 貴方だけは 解ってくれてた そっと
Endless Life羽ばたく火の鳥のように 大地を飛び交えたなら 世界の果てだとしても 輝きに満ちるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を踊らせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動を呼び覚ます  不確かな現実には 何も答えなんてない 愛しいあの夜だって もう一度とは限らない 真っ白な壁に描く 永遠の約束さえ 時間が形を変えてく 想いを巡らせていく  光と影の狭間で 揺れ動いていたわ もう二度と同じ道を さまよい歩きはしない  羽ばたく火の鳥のように 大地を飛び交えたなら 世界の果てだとしても 輝きに満ちるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を踊らせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動を呼び覚ます  悲しみに出逢う度に 涙が溢れてしまう 運命に導かれて 幾重にも重なっていく 見えない傷を抱えて 痛みを知り尽くしても 求め合ってしまうのは 一人じゃ生きられないから  刹那に散りゆく花が 色づいていくわ もう二度と強い風に 惑わされたりはしない  羽ばたく火の鳥のように 自由に生きられたなら 世界の果てだとしても 輝きが溢れるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を奮わせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動が目を覚ます  ここから始まる 未来が始まる 解き放たれるの 今 空と海へ  Believe in yourself そう 情熱が沸きおこるの いま Believe in yourself そう 何時いつまでも You are not alone  ありのままに生きていく 全てを愛に変えるわ 目の前が見えなくても 何も恐れはしないの 羽ばたく火の鳥のように 大きな翼広げて 世界の果てだとしても 輝き出す Endless Life中森明菜中嶋ユキノkoshinkoshin羽ばたく火の鳥のように 大地を飛び交えたなら 世界の果てだとしても 輝きに満ちるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を踊らせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動を呼び覚ます  不確かな現実には 何も答えなんてない 愛しいあの夜だって もう一度とは限らない 真っ白な壁に描く 永遠の約束さえ 時間が形を変えてく 想いを巡らせていく  光と影の狭間で 揺れ動いていたわ もう二度と同じ道を さまよい歩きはしない  羽ばたく火の鳥のように 大地を飛び交えたなら 世界の果てだとしても 輝きに満ちるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を踊らせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動を呼び覚ます  悲しみに出逢う度に 涙が溢れてしまう 運命に導かれて 幾重にも重なっていく 見えない傷を抱えて 痛みを知り尽くしても 求め合ってしまうのは 一人じゃ生きられないから  刹那に散りゆく花が 色づいていくわ もう二度と強い風に 惑わされたりはしない  羽ばたく火の鳥のように 自由に生きられたなら 世界の果てだとしても 輝きが溢れるでしょう La Lai La La Lai La La Lai La Lai 心を奮わせて Lai Lai La La Lai La La Lai Lai 鼓動が目を覚ます  ここから始まる 未来が始まる 解き放たれるの 今 空と海へ  Believe in yourself そう 情熱が沸きおこるの いま Believe in yourself そう 何時いつまでも You are not alone  ありのままに生きていく 全てを愛に変えるわ 目の前が見えなくても 何も恐れはしないの 羽ばたく火の鳥のように 大きな翼広げて 世界の果てだとしても 輝き出す Endless Life
APRIL STARS「好きだよ」と恥ずかしそうな瞳で あなたは打ち明けてくれた あの日から 時の鼓動がもつ大切な音色が聞こえる  穏やかな陽溜りを包む光は 金色に髪の先飾って魅せて立ち止まる  心熱くする恋はやさしくて なんて素敵! 佇めば暖かな風が頬を撫でる あなただけと私は誓う  「ありがとう」それだけしか言えず うつ向いてしまった私 あの日から 新しい季節の扉が開いたと思ってる  緩やかに暮れていく4月の午後は 夜を待ちわびていた名も知らぬ星瞬いて  心熱くする澄んだ輝きに 愛が映る 佇めば暖かな風が頬を撫でる あなただけと私は誓う  エイプリル・スターズ 輝きは 二人だけのもの 永遠に!中森明菜吉田美奈子吉田美奈子「好きだよ」と恥ずかしそうな瞳で あなたは打ち明けてくれた あの日から 時の鼓動がもつ大切な音色が聞こえる  穏やかな陽溜りを包む光は 金色に髪の先飾って魅せて立ち止まる  心熱くする恋はやさしくて なんて素敵! 佇めば暖かな風が頬を撫でる あなただけと私は誓う  「ありがとう」それだけしか言えず うつ向いてしまった私 あの日から 新しい季節の扉が開いたと思ってる  緩やかに暮れていく4月の午後は 夜を待ちわびていた名も知らぬ星瞬いて  心熱くする澄んだ輝きに 愛が映る 佇めば暖かな風が頬を撫でる あなただけと私は誓う  エイプリル・スターズ 輝きは 二人だけのもの 永遠に!
おいしい水金色のグラスの残りを ひと息に飲みほしてたらいい 胸にこびりつく やさしい誰かの毒を流すように 思い出に酔うほど ウブじゃない なにもかも捨てるほど ヤボじゃない 窓をうつような雨音のせいで また眠れないだけ  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を ただの恋を  溶けだした氷をかきまぜ 意味もなく一人笑ったら 思うよりひどく部屋にひびくから また眠れなくなる  しあわせな日々も 不幸な時さえ いつまでも そのままじゃいられない 夏の太陽が 冬に凍るように 終わらない恋なんて ありえない それなのに求めている そんな夢を ただの夢を  一度でも口にしたら最後 二度とは忘れられないでしょう 愛されてもなお 苦しみは消えないと知ってても  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を  しあわせな日々も 不幸な時さえ いつまでも そのままじゃいられない 夏の太陽が 冬に凍るように 終わらない恋なんて ありえない  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を ただの恋を中森明菜岡部真理子朝本浩文朝本浩文金色のグラスの残りを ひと息に飲みほしてたらいい 胸にこびりつく やさしい誰かの毒を流すように 思い出に酔うほど ウブじゃない なにもかも捨てるほど ヤボじゃない 窓をうつような雨音のせいで また眠れないだけ  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を ただの恋を  溶けだした氷をかきまぜ 意味もなく一人笑ったら 思うよりひどく部屋にひびくから また眠れなくなる  しあわせな日々も 不幸な時さえ いつまでも そのままじゃいられない 夏の太陽が 冬に凍るように 終わらない恋なんて ありえない それなのに求めている そんな夢を ただの夢を  一度でも口にしたら最後 二度とは忘れられないでしょう 愛されてもなお 苦しみは消えないと知ってても  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を  しあわせな日々も 不幸な時さえ いつまでも そのままじゃいられない 夏の太陽が 冬に凍るように 終わらない恋なんて ありえない  愛し合うたびに また傷つけ合い 残るのは むきだしの心だけ 何も感じない女になれたら ときめきと引き換えて かまわない それなのに求めている そんな恋を ただの恋を
燠火細い肩 真白く華奢な手首 緩く巻く銀の腕環 脱すほど あなたの吐息 まるで夜明けの煙霧 束の間の物語りにしては 揺れている心に怯え 傷ついて羽根を休める 私 冬の白鳥  「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても もう呟いているから さよなら さよなら  天窓のある月夜の部屋で 絡み合う愛の幻影 解き明かす時間の流れに まるで堕落 白日の下に曝し出され 夢などと言えるはずもない 繰り返し寄せる思いに 私 夏の砂  「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても… 「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても もう呟いているから さよなら さよなら中森明菜吉田美奈子吉田美奈子細い肩 真白く華奢な手首 緩く巻く銀の腕環 脱すほど あなたの吐息 まるで夜明けの煙霧 束の間の物語りにしては 揺れている心に怯え 傷ついて羽根を休める 私 冬の白鳥  「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても もう呟いているから さよなら さよなら  天窓のある月夜の部屋で 絡み合う愛の幻影 解き明かす時間の流れに まるで堕落 白日の下に曝し出され 夢などと言えるはずもない 繰り返し寄せる思いに 私 夏の砂  「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても… 「愛している」だけは言わないで もうこれ以上… 愛 腕に崩れても もう呟いているから さよなら さよなら
October Storm −十月の嵐−冷えたエンジン 暖める間も 惜しむくらいに 踏むわアクセル あなたのそばにすぐ 行かなきゃ ダメになる 忘れないよと 途切れたテレフォン だれがあなたに 何を言ったの? 短い沈黙 僕がこのまま 身を引くよって 思いつめた声 Night 悲しい Fate ウワサが 引き裂くの ふたりを October Stormy Night October Stormy Night あらしの夜 踊るワイパー 肩を抱いてあげたい 誤解よと  ふたりに起る 出来事いつも すべて隠さず 話して来たわ どうしてひと言も 言わずに 自分だけ つらい心 痛めていたの? 切り込むように 割れるカーブに タイヤが泣いてる 愛のきずなは そんなにもろく 崩れるものなの? Night 心の Light 迷路に 行く道を教えて October Stormy Night October Stormy Night ボンネットを 雨がたたく いつも強く信じて 愛してる  October Stormy Night October Stormy Night この私の 心の中 全部見せてあげたい 今すぐに中森明菜康珍化林哲司冷えたエンジン 暖める間も 惜しむくらいに 踏むわアクセル あなたのそばにすぐ 行かなきゃ ダメになる 忘れないよと 途切れたテレフォン だれがあなたに 何を言ったの? 短い沈黙 僕がこのまま 身を引くよって 思いつめた声 Night 悲しい Fate ウワサが 引き裂くの ふたりを October Stormy Night October Stormy Night あらしの夜 踊るワイパー 肩を抱いてあげたい 誤解よと  ふたりに起る 出来事いつも すべて隠さず 話して来たわ どうしてひと言も 言わずに 自分だけ つらい心 痛めていたの? 切り込むように 割れるカーブに タイヤが泣いてる 愛のきずなは そんなにもろく 崩れるものなの? Night 心の Light 迷路に 行く道を教えて October Stormy Night October Stormy Night ボンネットを 雨がたたく いつも強く信じて 愛してる  October Stormy Night October Stormy Night この私の 心の中 全部見せてあげたい 今すぐに
男と女のお話恋人にふられたの よくある 話じゃないか 世の中 かわっているんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいなら この僕が つきあって あげてもいいよ 涙なんかを みせるなよ 恋はおしゃれな ゲームだよ  ベットで 泣いてると 涙が 耳に入るよ むかしを 忘れてしまうには 素敵な恋を することさ  スマートに 恋をして 気ままに 暮して行けよ 悪い女と 云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息 ついているよ 夜が終れば さようならの はかない恋の くりかえし中森明菜久仁京介水島正和村田陽一恋人にふられたの よくある 話じゃないか 世の中 かわっているんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいなら この僕が つきあって あげてもいいよ 涙なんかを みせるなよ 恋はおしゃれな ゲームだよ  ベットで 泣いてると 涙が 耳に入るよ むかしを 忘れてしまうには 素敵な恋を することさ  スマートに 恋をして 気ままに 暮して行けよ 悪い女と 云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息 ついているよ 夜が終れば さようならの はかない恋の くりかえし
乙女のワルツ好きといえばいいのに いつもいえぬままに 月が上る小道を 泣いて帰った 白く咲いてる野の花を つんで願いをかける どうぞ 愛があなたにとどくようにと  好きなひとはいつしか 他のひとをつれて 遠い町へ旅立つ 何も知らずに 駅のホームのはずれから そっと別れをいって それで 愛が悲しく消えてしまった  小雨降る日はせつなくて ひとり涙を流し つらいだけの初恋 乙女のワルツ中森明菜阿久悠三木たかし千住明好きといえばいいのに いつもいえぬままに 月が上る小道を 泣いて帰った 白く咲いてる野の花を つんで願いをかける どうぞ 愛があなたにとどくようにと  好きなひとはいつしか 他のひとをつれて 遠い町へ旅立つ 何も知らずに 駅のホームのはずれから そっと別れをいって それで 愛が悲しく消えてしまった  小雨降る日はせつなくて ひとり涙を流し つらいだけの初恋 乙女のワルツ
踊り子答えを出さずにいつまでも暮らせない バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから  何処かに行きたい 林檎の花が咲いてる 暖かい所なら 何処へでも行く  つまさきで立ったまま 君を愛してきた 南向きの窓から 見ていた空が 踊り出す くるくると 軽いめまいの後 写真をばらまいたように 心が乱れる  表紙のとれてる愛だから かくしあい ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き  坂道を駆ける子供達のようだった 倒れそうなまま二人 走っていたね  つまさきで立ったまま 僕を愛してきた 狭い舞台の上で ふらつく踊り子 愛してる 愛せない 言葉をかえながら かけひきだけの愛は 見えなくなってゆく  つまさきで立ったまま 二人愛してきた 狭い舞台の上で ふらつく踊り子 若すぎたそれだけが すべての答えだと 涙をこらえたまま つまさき立ちの恋中森明菜村下孝蔵村下孝蔵千住明答えを出さずにいつまでも暮らせない バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから  何処かに行きたい 林檎の花が咲いてる 暖かい所なら 何処へでも行く  つまさきで立ったまま 君を愛してきた 南向きの窓から 見ていた空が 踊り出す くるくると 軽いめまいの後 写真をばらまいたように 心が乱れる  表紙のとれてる愛だから かくしあい ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き  坂道を駆ける子供達のようだった 倒れそうなまま二人 走っていたね  つまさきで立ったまま 僕を愛してきた 狭い舞台の上で ふらつく踊り子 愛してる 愛せない 言葉をかえながら かけひきだけの愛は 見えなくなってゆく  つまさきで立ったまま 二人愛してきた 狭い舞台の上で ふらつく踊り子 若すぎたそれだけが すべての答えだと 涙をこらえたまま つまさき立ちの恋
オフェリアいい夢も 悪い夢もいらない 目を閉じて 羊数える  ひとの心が わからないのと わかりすぎてしまうのと どちらが幸せ  オフェリア 手を伸ばして そうよ窓の外は冷たい 痛みを感じられる 心だけが温かい Lady to be  誰もみな 薄氷の上で 気付かずに 息を止めてる  サボテンみたいに トゲを逆立てる 傷つくのは怖いから とても怖いから  オフェリア 大丈夫よ 何も怯えることはないの あなたも この私も ここにいていいのだから Lady to be  オフェリア 自分のこと 愛せる強さを身につけて 涙の川に墜ちて 還らぬ人にならないで  オフェリア 手を伸ばして そうよ窓の外は冷たい 痛みを感じられる 心だけが温かい Lady to be中森明菜下郷亜紀島野聡上出優之利いい夢も 悪い夢もいらない 目を閉じて 羊数える  ひとの心が わからないのと わかりすぎてしまうのと どちらが幸せ  オフェリア 手を伸ばして そうよ窓の外は冷たい 痛みを感じられる 心だけが温かい Lady to be  誰もみな 薄氷の上で 気付かずに 息を止めてる  サボテンみたいに トゲを逆立てる 傷つくのは怖いから とても怖いから  オフェリア 大丈夫よ 何も怯えることはないの あなたも この私も ここにいていいのだから Lady to be  オフェリア 自分のこと 愛せる強さを身につけて 涙の川に墜ちて 還らぬ人にならないで  オフェリア 手を伸ばして そうよ窓の外は冷たい 痛みを感じられる 心だけが温かい Lady to be
想い出まくらこんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取りあげて くれたっけ  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しずつ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう中森明菜小坂恭子小坂恭子市川淳こんな日は あの人の まねをして けむたそうな 顔をして 煙草をすうワ そういえば いたずらに 煙草をすうと やめろよと 取りあげて くれたっけ  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 小さな癖も ひとつずつ ひとつずつ 思い出しそう  こんな日は 少しずつ お酒をのんで あの人が 好きだった 詩をうたうワ ゆらゆらと 酔ったら うでに抱かれて 髪なんか なでられて 眠りたい  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠りましょ 眠りましょ 今夜も一人  ねエあなた ここに来て 楽しかった ことなんか 話してよ 話してよ  こんな日は あの人の 想い出まくら 眠るのが 眠るのが いいでしょう 眠るのが 眠るのが いいでしょう
面影いつかきた道 あの街角に ひとり求める 想い出いずこ ああ一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない かなうはずない 虚しい祈り さすらい歩く 悲しみの街  いつかの店の いつかの椅子で ひとりながめる 想い出の街 ああ 一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない 心に想い 面影たずねて 見はてぬ夢の ふりつもる街  別れ告げよう あの想い出に 別れ告げよう あの面影に ああ一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない 告げた別れが 涙ににじむ あすは何処か 旅立ちの街中森明菜佐藤純弥菊池俊輔いつかきた道 あの街角に ひとり求める 想い出いずこ ああ一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない かなうはずない 虚しい祈り さすらい歩く 悲しみの街  いつかの店の いつかの椅子で ひとりながめる 想い出の街 ああ 一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない 心に想い 面影たずねて 見はてぬ夢の ふりつもる街  別れ告げよう あの想い出に 別れ告げよう あの面影に ああ一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない 告げた別れが 涙ににじむ あすは何処か 旅立ちの街
Only youkissだけじゃ 解らないでしょ? ひとつに揺られて楽しみましょう 「お願い…」なんて言わないけど あいまいなポーズ焦らさないで  With me baby want you 誘って… 触れる肩に 爪を立てながら baby…  Only you 思うように あたしを感じて 熱い唇で 溶かして Danger Love  Only you 思うように 淫らに感じて スリルもてあそぶ 君を愛して Only you  kissだけで解ってしまう あても無い恋を楽しみましょう ただ 欲望に溺れながら 少しだけ 胸が痛がってる…  hold me baby want you 愛して… 私だけを 抱いて温めて baby…  Only you 思うままに 求める感情 自由なあたしを 満たして Danger Love  Only you 思うままに 捧げる感情 うずく指先で 君を指す just only you  Only you 思うように あたしを感じて 熱い唇で 溶かして Danger Love  Only you 思うように 淫らに感じて スリルもてあそぶ 吐息のLover  Only you 思うままに 欲しがる感情 全てを奪って 本気の Danger Love  Only you 思うままに 激しい感情 あたしが あたしでなくなるほどに Crazy for you中森明菜RieRiekissだけじゃ 解らないでしょ? ひとつに揺られて楽しみましょう 「お願い…」なんて言わないけど あいまいなポーズ焦らさないで  With me baby want you 誘って… 触れる肩に 爪を立てながら baby…  Only you 思うように あたしを感じて 熱い唇で 溶かして Danger Love  Only you 思うように 淫らに感じて スリルもてあそぶ 君を愛して Only you  kissだけで解ってしまう あても無い恋を楽しみましょう ただ 欲望に溺れながら 少しだけ 胸が痛がってる…  hold me baby want you 愛して… 私だけを 抱いて温めて baby…  Only you 思うままに 求める感情 自由なあたしを 満たして Danger Love  Only you 思うままに 捧げる感情 うずく指先で 君を指す just only you  Only you 思うように あたしを感じて 熱い唇で 溶かして Danger Love  Only you 思うように 淫らに感じて スリルもてあそぶ 吐息のLover  Only you 思うままに 欲しがる感情 全てを奪って 本気の Danger Love  Only you 思うままに 激しい感情 あたしが あたしでなくなるほどに Crazy for you
OH NO, OH YES!ひとつひとつ消えてゆく オフィス街の窓灯り ヒールの音もひそめて あなたに会うために 足早に歩くの  薬指のリングより 人目忍ぶ恋選んだ 強い女に見えても 心の中いつも 切なさに揺れてる  Oh no, 罪なふたりね But no, はなれられない Oh yes, このまま愛されたい Oh no, loving you is not right But no, don't take me home tonight Oh yes, so baby won't you hold me tight  さびれかけたテアトルや 扉を閉ざしてるファーマシー 通りを渡ればすぐに あなたの待つホテル でも戸惑っている……  道ゆく恋人達は なんて幸せそうなの いとしい胸に崩れて 遅すぎた出逢いを 涙でうめてゆく  Oh no, かなわぬ想い But no, 何もいらない Oh yes, あなたに抱かれるなら Oh no, it's not the way I planned But no, don't let it be “one-night-stand” Oh yes, so baby try to understand  Oh no, 罪なふたりね But no, はなれられない Oh yes, このまま愛されたい Oh no, loving you is not right But no, don't take me home tonight Oh yes, so baby won't you hold me tight  Oh no, it's not the way I planned But no, don't let it be“ one-night-stand” Oh yes, so baby try to understand中森明菜竹内まりや竹内まりやひとつひとつ消えてゆく オフィス街の窓灯り ヒールの音もひそめて あなたに会うために 足早に歩くの  薬指のリングより 人目忍ぶ恋選んだ 強い女に見えても 心の中いつも 切なさに揺れてる  Oh no, 罪なふたりね But no, はなれられない Oh yes, このまま愛されたい Oh no, loving you is not right But no, don't take me home tonight Oh yes, so baby won't you hold me tight  さびれかけたテアトルや 扉を閉ざしてるファーマシー 通りを渡ればすぐに あなたの待つホテル でも戸惑っている……  道ゆく恋人達は なんて幸せそうなの いとしい胸に崩れて 遅すぎた出逢いを 涙でうめてゆく  Oh no, かなわぬ想い But no, 何もいらない Oh yes, あなたに抱かれるなら Oh no, it's not the way I planned But no, don't let it be “one-night-stand” Oh yes, so baby try to understand  Oh no, 罪なふたりね But no, はなれられない Oh yes, このまま愛されたい Oh no, loving you is not right But no, don't take me home tonight Oh yes, so baby won't you hold me tight  Oh no, it's not the way I planned But no, don't let it be“ one-night-stand” Oh yes, so baby try to understand
鏡の中のJバス・ルームで見つけた 私のじゃないルージュ 思わず中を見れば ひどく濃い紫よ Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy  ノックの音覚えて あなたの部屋来始め 冷蔵庫の扉も 何げなく開けていた Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy こんなことも知らずに  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ  Vにあいた胸元 冷たい手すべり込む 身体中に見知らぬ ショックが走ってゆく Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy 急におどろくじゃない  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ中森明菜三浦徳子佐藤健萩田光雄バス・ルームで見つけた 私のじゃないルージュ 思わず中を見れば ひどく濃い紫よ Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy  ノックの音覚えて あなたの部屋来始め 冷蔵庫の扉も 何げなく開けていた Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy こんなことも知らずに  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ  Vにあいた胸元 冷たい手すべり込む 身体中に見知らぬ ショックが走ってゆく Oh…ジェイBoy Oh…ジェイBoy 急におどろくじゃない  別にあなただけが 男の人じゃない 強がり言っても ジェラシーのJ ジェラシーのJ 鏡の中のJ
覚悟の秋落葉焼く匂いだけが 部屋の中に流れ 目覚めても「おはよう」さえ 言う人もいない 母とする口げんかさえも 思えば楽しかった 貴方の声背中に聞き 出かけてた毎日 指先がかじかむ朝も 寒くは感じなかった  私を育てる為に 明るい笑顔だけで ひたすらに生き続けた それがつらかった 父の名も口にせずに 「いい人よ」と一言 その言葉を感じるだけ それが父の肖像 父もなく そして今日からは 一人の初めての朝  貴方の本のすき間から こぼれ落ちた写真に 思い出だけに 生きてゆける強さを知りました 私も貴方のように 強く生きてゆきます  私も貴方のように 強く生きてゆきます中森明菜谷村新司谷村新司落葉焼く匂いだけが 部屋の中に流れ 目覚めても「おはよう」さえ 言う人もいない 母とする口げんかさえも 思えば楽しかった 貴方の声背中に聞き 出かけてた毎日 指先がかじかむ朝も 寒くは感じなかった  私を育てる為に 明るい笑顔だけで ひたすらに生き続けた それがつらかった 父の名も口にせずに 「いい人よ」と一言 その言葉を感じるだけ それが父の肖像 父もなく そして今日からは 一人の初めての朝  貴方の本のすき間から こぼれ落ちた写真に 思い出だけに 生きてゆける強さを知りました 私も貴方のように 強く生きてゆきます  私も貴方のように 強く生きてゆきます
陽炎ひかる道 彼方 陽炎景色 愛しさを おいて 今は抜け殻ね 夢を追うことは 誰にも出来ると 強さで守った 笑顔 引きずってた  あんなに あなた 愛した私 幸せと 思えるの 今でも  Mm Mm… Mm…  かさねゆく 愛を 身に纏いながら 冷めた唇で 探す情熱を 滲むフォトグラフ 二人の笑顔 知る人もなくて 深い海の底へ  あんなに ふたり 子供のように あどけない 眼差しの 温もり  全てが輝やき 時を 愛した私 幸せと 思えるの 今でも Mm  Ah… Ah… 中森明菜中森明菜玉置浩二鳥山雄司ひかる道 彼方 陽炎景色 愛しさを おいて 今は抜け殻ね 夢を追うことは 誰にも出来ると 強さで守った 笑顔 引きずってた  あんなに あなた 愛した私 幸せと 思えるの 今でも  Mm Mm… Mm…  かさねゆく 愛を 身に纏いながら 冷めた唇で 探す情熱を 滲むフォトグラフ 二人の笑顔 知る人もなくて 深い海の底へ  あんなに ふたり 子供のように あどけない 眼差しの 温もり  全てが輝やき 時を 愛した私 幸せと 思えるの 今でも Mm  Ah… Ah… 
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
傘がない都会では自殺する若者が増えている 今朝来た新聞の片隅に書いていた だけども問題は今日の雨 傘がない  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ  つめたい雨が 今日は心に浸みる 君の事以外は考えられなくなる それはいい事だろう?  テレビでは 我が国の将来の問題を 誰かが深刻な顔をして しゃべっている だけども 問題は今日の雨 傘がない  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ  つめたい雨が僕の目の中に降る 君の事以外は何も見えなくなる それはいい事だろう?  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の家に行かなくちゃ 雨の中を  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 雨にぬれて行かなくちゃ 傘がない中森明菜井上陽水井上陽水千住明都会では自殺する若者が増えている 今朝来た新聞の片隅に書いていた だけども問題は今日の雨 傘がない  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ  つめたい雨が 今日は心に浸みる 君の事以外は考えられなくなる それはいい事だろう?  テレビでは 我が国の将来の問題を 誰かが深刻な顔をして しゃべっている だけども 問題は今日の雨 傘がない  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の家に行かなくちゃ 雨にぬれ  つめたい雨が僕の目の中に降る 君の事以外は何も見えなくなる それはいい事だろう?  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 君の家に行かなくちゃ 雨の中を  行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ 雨にぬれて行かなくちゃ 傘がない
飾りじゃないのよ涙はPLATINA LYLIC私は泣いたことがない 灯の消えた街角で 速い車にのっけられても 急にスピンかけられても恐くなかった 赤いスカーフがゆれるのを 不思議な気持ちで見てたけど 私泣いたりするのは違うと感じてた  私は泣いたことがない つめたい夜の真ん中で いろんな人とすれ違ったり 投げKiss 受けとめたり投げ返したり そして友達が変わるたび 想いでばかりがふえたけど 私泣いたりするのは違うと感じてた  飾りじゃないのよ涙は HA HAN 好きだと言ってるじゃないの HO HO 真珠じゃないのよ涙は HA HAN きれいなだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は HO HO HO…  私は泣いたことがない 本当の恋をしていない 誰の前でもひとりきりでも 瞳の奥の涙は隠していたから いつか恋人に会える時 私の世界が変わる時 私泣いたりするんじゃないかと感じてる きっと泣いたりするんじゃないかと感じてる  飾りじゃないのよ涙は HA HAN 好きだと言ってるじゃないの HO HO 真珠じゃないのよ涙は HA HAN きれいなだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は  飾りじゃないのよ涙は HA HAN かがやくだけならいいけど HO HO ダイヤと違うの涙は HA HAN さみしいだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は ラララ…PLATINA LYLIC中森明菜井上陽水井上陽水私は泣いたことがない 灯の消えた街角で 速い車にのっけられても 急にスピンかけられても恐くなかった 赤いスカーフがゆれるのを 不思議な気持ちで見てたけど 私泣いたりするのは違うと感じてた  私は泣いたことがない つめたい夜の真ん中で いろんな人とすれ違ったり 投げKiss 受けとめたり投げ返したり そして友達が変わるたび 想いでばかりがふえたけど 私泣いたりするのは違うと感じてた  飾りじゃないのよ涙は HA HAN 好きだと言ってるじゃないの HO HO 真珠じゃないのよ涙は HA HAN きれいなだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は HO HO HO…  私は泣いたことがない 本当の恋をしていない 誰の前でもひとりきりでも 瞳の奥の涙は隠していたから いつか恋人に会える時 私の世界が変わる時 私泣いたりするんじゃないかと感じてる きっと泣いたりするんじゃないかと感じてる  飾りじゃないのよ涙は HA HAN 好きだと言ってるじゃないの HO HO 真珠じゃないのよ涙は HA HAN きれいなだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は  飾りじゃないのよ涙は HA HAN かがやくだけならいいけど HO HO ダイヤと違うの涙は HA HAN さみしいだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は ラララ…
風と太陽涙がこぼれて 傷ついていたんだとはじめて思えた 足元の大地に花が咲いてた 千切れそうな花に私の涙は役立つのかしら ここから歩き出そう すべて忘れて  地球にてのひらをあてた 宇宙(そら)はいまも膨張(ひろ)がる  いのちある限り こころある限り 身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない 時は止まらない  誰かの心に触れるとわかるの 太陽を映した水平線をみんな 抱えていると 憧れは遠く 胸は痛むのに めざしてしまうね やめられもしないし わけもわからず  海を少し飲んでみたよ 宇宙を感じたかった  いのちある限り 勇気は枯れない 自分はいるのに自分を捜し続け迷ってしまう いのちある限り こころある限り 身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない リズムはやまない中森明菜Seriko NatsunoURUURU涙がこぼれて 傷ついていたんだとはじめて思えた 足元の大地に花が咲いてた 千切れそうな花に私の涙は役立つのかしら ここから歩き出そう すべて忘れて  地球にてのひらをあてた 宇宙(そら)はいまも膨張(ひろ)がる  いのちある限り こころある限り 身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない 時は止まらない  誰かの心に触れるとわかるの 太陽を映した水平線をみんな 抱えていると 憧れは遠く 胸は痛むのに めざしてしまうね やめられもしないし わけもわからず  海を少し飲んでみたよ 宇宙を感じたかった  いのちある限り 勇気は枯れない 自分はいるのに自分を捜し続け迷ってしまう いのちある限り こころある限り 身を焦がすほどの想いは生まれ続け 風はやまない リズムはやまない
風の果て風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない わたしを探して  嘘ばかりつく愛の詩 聴かされて目が眩む 夢の兆し まだ無垢なくちびるに刻むのは ためいきと愛しい名前 どうして形がないもの 愛と呼ぶのでしょう  流れる時を 逆らうことはぜずに 涙は涙 いま心があるまま  陽が射す空に鳥の群れ あれほどの自由なら手に入れたい さみしさから覚えたぬくもりは 腐るほど堕ちない果実 ふれても見えないものなど ないも同じでしょう  風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない 心を探して  流れる時を 逆らうことはぜずに 昨日は昨日 ただ心があるまま 風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない 心を探して  中森明菜松井五郎織田哲郎武部聡志風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない わたしを探して  嘘ばかりつく愛の詩 聴かされて目が眩む 夢の兆し まだ無垢なくちびるに刻むのは ためいきと愛しい名前 どうして形がないもの 愛と呼ぶのでしょう  流れる時を 逆らうことはぜずに 涙は涙 いま心があるまま  陽が射す空に鳥の群れ あれほどの自由なら手に入れたい さみしさから覚えたぬくもりは 腐るほど堕ちない果実 ふれても見えないものなど ないも同じでしょう  風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない 心を探して  流れる時を 逆らうことはぜずに 昨日は昨日 ただ心があるまま 風の標と ただ彷徨える雲と 誰のものでもない 心を探して  
風は空の彼方何故 風は気紛れ 灰色の街を出て行く また独り 独りきり 空を見る 雲のない夕暮れに 光る波にはしゃぐ思い出 ひとつ ひとつ数えて… 風は…  今も思うの 少女のように 乙女の心 風を追いかける またいつか いつかまた会える日を そっと夢見て眠る やがて蒼い月が優しく 愛を 愛をささやく やがて白い花 静かに 風に 風に舞い散る  また 風が吹く また 何処かで 風が… 風が… そして今日も暮れて行く その時 風は空の彼方 そして今日も暮れて行く その時 風は空の彼方… 風は…中森明菜Qumico FucciNick Wood何故 風は気紛れ 灰色の街を出て行く また独り 独りきり 空を見る 雲のない夕暮れに 光る波にはしゃぐ思い出 ひとつ ひとつ数えて… 風は…  今も思うの 少女のように 乙女の心 風を追いかける またいつか いつかまた会える日を そっと夢見て眠る やがて蒼い月が優しく 愛を 愛をささやく やがて白い花 静かに 風に 風に舞い散る  また 風が吹く また 何処かで 風が… 風が… そして今日も暮れて行く その時 風は空の彼方 そして今日も暮れて行く その時 風は空の彼方… 風は…
風を抱き締めて眠るあなた そっと頬に くちづけして エンジンかけ うちへ帰ろう はしゃいだ街 包みこんだ Morning Misty 窓を開けて アクセル踏かす  昔 聴いたあのバラード 不意にラジオから流れる いつも 涙こぼれたのに 今では 不思議ね 口ずさんでいる  新しい風がこころに咲いてくる きのうより 明日の私 好きになれるわ  緑 揺れる 街路樹抜け 光のShower 眩しいほど 満たされてゆく 目覚める街 ドアが開く Morning glow サイドミラー 流れていった  いつのまにか ハイヒールを脱げない生き方してたね だけど 今は 素顔のまま 裸足になっても 歩いてゆけるわ  新しい風が心に吹いてくる ゆるやかな時の流れを見つめてゆくの  きっとみんな ひとつの夢 心に抱いて 生きてる そして 空を見上げた時 愛は自由への扉を開くの  新しい風がこころに吹いてくる 抱き締めて 生まれ変わった私をそっと  新しい風がこころに吹いてくる きのうより 明日の私 好きになれるわ  I stand in the wind I stand in the wind中森明菜まつざきゆうこ島田昌典島田昌典眠るあなた そっと頬に くちづけして エンジンかけ うちへ帰ろう はしゃいだ街 包みこんだ Morning Misty 窓を開けて アクセル踏かす  昔 聴いたあのバラード 不意にラジオから流れる いつも 涙こぼれたのに 今では 不思議ね 口ずさんでいる  新しい風がこころに咲いてくる きのうより 明日の私 好きになれるわ  緑 揺れる 街路樹抜け 光のShower 眩しいほど 満たされてゆく 目覚める街 ドアが開く Morning glow サイドミラー 流れていった  いつのまにか ハイヒールを脱げない生き方してたね だけど 今は 素顔のまま 裸足になっても 歩いてゆけるわ  新しい風が心に吹いてくる ゆるやかな時の流れを見つめてゆくの  きっとみんな ひとつの夢 心に抱いて 生きてる そして 空を見上げた時 愛は自由への扉を開くの  新しい風がこころに吹いてくる 抱き締めて 生まれ変わった私をそっと  新しい風がこころに吹いてくる きのうより 明日の私 好きになれるわ  I stand in the wind I stand in the wind
片想いあなたの影に よりそうような 想いにも気づかず つれない人なの  あなたの胸に すがりつくような 涙にも気づかず 通りすぎてゆくのね  祈りをこめて 伝えたい 私の愛を 私のすべてを  あなたのそばに ひざまずくような 願いにも気づかず いつでもはるかな人なの  祈りをこめて 伝えたい 私の愛を 私のすべてを  あなたのために ねむれぬ夜の 星にさえ気づかず どこへ行く ひとりひとり中森明菜安井かずみ川口真千住明あなたの影に よりそうような 想いにも気づかず つれない人なの  あなたの胸に すがりつくような 涙にも気づかず 通りすぎてゆくのね  祈りをこめて 伝えたい 私の愛を 私のすべてを  あなたのそばに ひざまずくような 願いにも気づかず いつでもはるかな人なの  祈りをこめて 伝えたい 私の愛を 私のすべてを  あなたのために ねむれぬ夜の 星にさえ気づかず どこへ行く ひとりひとり
カタストロフィの雨傘雨音はピアニッシモ ひとつ覚えのように 銀色の坂道の 足跡さえ洗ってゆく めかくしをしたままで 100まで数えてるわ お願いそのあいだに 幻でも見ていたよに 消えて欲しい  最後のやさしさの 傘を抱きしめ 火照った頬伝たう 涙の味をかみしめてる あなたの言うこと なんでもきいてた 私なりのカタストロフィ……わかって……  雨音はフォルティシモ ふりむいたそのときに あなたがいたらなんて 悲しいほど望んでいた 濡れているマロニエが 鮮やかにうつすのは 知らない女物の 傘をまわししずくはじく 私だけね  二度とは返せない 愛をたたんで あびつづける雨に 記憶のすべて流したいの あなたのためなら 嘘さえつけるわ 私なりのカタストロフィ……わかって……中森明菜篠塚満由美和泉常寛雨音はピアニッシモ ひとつ覚えのように 銀色の坂道の 足跡さえ洗ってゆく めかくしをしたままで 100まで数えてるわ お願いそのあいだに 幻でも見ていたよに 消えて欲しい  最後のやさしさの 傘を抱きしめ 火照った頬伝たう 涙の味をかみしめてる あなたの言うこと なんでもきいてた 私なりのカタストロフィ……わかって……  雨音はフォルティシモ ふりむいたそのときに あなたがいたらなんて 悲しいほど望んでいた 濡れているマロニエが 鮮やかにうつすのは 知らない女物の 傘をまわししずくはじく 私だけね  二度とは返せない 愛をたたんで あびつづける雨に 記憶のすべて流したいの あなたのためなら 嘘さえつけるわ 私なりのカタストロフィ……わかって……
悲しい酒ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  ああ 別れたあとの心残りよ 未練なのね あの人の面影 淋しさを忘れるために 飲んでいるのに 酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よどうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの  酒よこころが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぽっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける中森明菜石本美由起古賀政男ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  ああ 別れたあとの心残りよ 未練なのね あの人の面影 淋しさを忘れるために 飲んでいるのに 酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よどうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの  酒よこころが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぽっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける
悲しい浪漫西悲しい浪漫西 それでも愛してる 悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない あなたの前で 醒めた愛を演じて 振り向かずに 店を出たの これから一人 何処へ行けばいいのか やり直せる道も 判らない Wait for you 待ちくたびれて 甘い罠に負けそうよ Say good-bye 腕を組んだら 人目を気にするあなたも 好きだった 悲しい浪漫西 涙が止まらない あなたの隠した 誰かの針に 心が痛いの  やさしい指が そっと髪を撫でたら あなたと比べてる 馬鹿ね 何処まで行けば 綺麗な華がさくの 焦がれて閉じたまま 枯れてゆく Wait for you 耳を押しあて なぞる文字が懐かしい Say good-bye 寝返りうって 両手に私を 包んでくれた人 悲しい浪漫西 あなたを忘れない 宇宙を飛び越え 再び逢えたら 一つになりたい  悲しい浪漫西 それでも愛してる 悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない中森明菜許瑛子都志見隆悲しい浪漫西 それでも愛してる 悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない あなたの前で 醒めた愛を演じて 振り向かずに 店を出たの これから一人 何処へ行けばいいのか やり直せる道も 判らない Wait for you 待ちくたびれて 甘い罠に負けそうよ Say good-bye 腕を組んだら 人目を気にするあなたも 好きだった 悲しい浪漫西 涙が止まらない あなたの隠した 誰かの針に 心が痛いの  やさしい指が そっと髪を撫でたら あなたと比べてる 馬鹿ね 何処まで行けば 綺麗な華がさくの 焦がれて閉じたまま 枯れてゆく Wait for you 耳を押しあて なぞる文字が懐かしい Say good-bye 寝返りうって 両手に私を 包んでくれた人 悲しい浪漫西 あなたを忘れない 宇宙を飛び越え 再び逢えたら 一つになりたい  悲しい浪漫西 それでも愛してる 悲しい浪漫西 あなたの他に なんにもいらない
CARIBBEANHold me 南の海であなたに 抱かれたいの やさしく今 私 しあわせなの Hold me 夕陽の海であなたに 見つめられて星になるわ 潮騒を聞きながら  二人の愛は小舟に揺られ 何処まで行くの 教えて 忘れないで輝く太陽 夏の日のめぐり逢いを 忘れないで夢の島々 魚たちも愛しあう海で あなたと生きていたいの  Hold me 入り江で歌う人魚は 青い月に思いをはせ 一人きり 涙ぐむ  つかれた日々を闇に捨てたら 夜明けの海が見えるわ 忘れないで輝く太陽 約束の熱いキスを 忘れないで夢の島々 小鳥たちと戯れる日々を あなたと生きていたいの  I wish this love to be forever To the end of the world I wish this love to be forever To the end of the world  そばにいて このままで いつまでも 忘れないで輝く太陽 夏の日のめぐり逢いを 忘れないで夢の島々 魚たちも愛しあう海で あなたと生きていたいの中森明菜大西美帆和泉一弥Hold me 南の海であなたに 抱かれたいの やさしく今 私 しあわせなの Hold me 夕陽の海であなたに 見つめられて星になるわ 潮騒を聞きながら  二人の愛は小舟に揺られ 何処まで行くの 教えて 忘れないで輝く太陽 夏の日のめぐり逢いを 忘れないで夢の島々 魚たちも愛しあう海で あなたと生きていたいの  Hold me 入り江で歌う人魚は 青い月に思いをはせ 一人きり 涙ぐむ  つかれた日々を闇に捨てたら 夜明けの海が見えるわ 忘れないで輝く太陽 約束の熱いキスを 忘れないで夢の島々 小鳥たちと戯れる日々を あなたと生きていたいの  I wish this love to be forever To the end of the world I wish this love to be forever To the end of the world  そばにいて このままで いつまでも 忘れないで輝く太陽 夏の日のめぐり逢いを 忘れないで夢の島々 魚たちも愛しあう海で あなたと生きていたいの
CarmesiI'll say goodbye I'll say goodbye  裁けない マグダラのlast song 悼んでる 悲恋歌(ひめうた) フェンヒーローラ 射しこむ赤 追憶はドアを閉ざす  変えられない軌跡を くり返し辿れば 無くなれない Pasion 燃え尽くすよに そう 躍って  咲く Carmesi 舞う恋花 私の想いすべて その重さの 挑む色が 映らないなら I'll say goodbye  I'll say goodbye I'll say goodbye  蒼白い カサレスの朝 虚心たちが さまよう por la noche 錆びついた抱擁(エンブレース) 沈黙は夢を奪う  満たされない心は はじけて過ぎる露 甘いだけのyour pride なら夜の霧に溶かして  咲く Carmesi 祈りの花 あなたに捧ぐすべて 2人の灯に定め繋ぐ 永遠預けていて 滲む街も 見えないほど その身委ねれるから あなたのかけら 分け合うような 花になるなら I'll say goodbye  Take all or leave me just give me abrazo, Ver estrella, you must do surrender  Move now or lose me forever sin falta, Completamente, y para siempre  Take all or leave me just give me abrazo, (ひざまずいて) Ver estrella, you must do surrender (今すぐに)  Move now or lose me forever sin falta, (永遠に) Completamente, y para siempre  咲く Carmesi 舞う恋花 私の想いすべて その重さの 挑む色が 散り去り ゆきし前に 凪(な)ぐ Carmesi 祈りの花 あなたに捧ぐすべて 2人の灯に定め繋ぐ 永遠預けていて 滲む街も 見えないほど その身委ねれるから あなたのかけら 分け合うような 花になるなら I'll say goodbye  I'll say goodbye I'll say goodbye I'll say goodbye I'll say goodbye中森明菜AdyaURUURUI'll say goodbye I'll say goodbye  裁けない マグダラのlast song 悼んでる 悲恋歌(ひめうた) フェンヒーローラ 射しこむ赤 追憶はドアを閉ざす  変えられない軌跡を くり返し辿れば 無くなれない Pasion 燃え尽くすよに そう 躍って  咲く Carmesi 舞う恋花 私の想いすべて その重さの 挑む色が 映らないなら I'll say goodbye  I'll say goodbye I'll say goodbye  蒼白い カサレスの朝 虚心たちが さまよう por la noche 錆びついた抱擁(エンブレース) 沈黙は夢を奪う  満たされない心は はじけて過ぎる露 甘いだけのyour pride なら夜の霧に溶かして  咲く Carmesi 祈りの花 あなたに捧ぐすべて 2人の灯に定め繋ぐ 永遠預けていて 滲む街も 見えないほど その身委ねれるから あなたのかけら 分け合うような 花になるなら I'll say goodbye  Take all or leave me just give me abrazo, Ver estrella, you must do surrender  Move now or lose me forever sin falta, Completamente, y para siempre  Take all or leave me just give me abrazo, (ひざまずいて) Ver estrella, you must do surrender (今すぐに)  Move now or lose me forever sin falta, (永遠に) Completamente, y para siempre  咲く Carmesi 舞う恋花 私の想いすべて その重さの 挑む色が 散り去り ゆきし前に 凪(な)ぐ Carmesi 祈りの花 あなたに捧ぐすべて 2人の灯に定め繋ぐ 永遠預けていて 滲む街も 見えないほど その身委ねれるから あなたのかけら 分け合うような 花になるなら I'll say goodbye  I'll say goodbye I'll say goodbye I'll say goodbye I'll say goodbye
感傷紀行名も知らぬ駅の 改札を抜ければ 胸は震える 心細さゆえ 雲は流れゆく 風に身をまかせて 人は旅に出る 何かを忘れる為  すれ違う子供達や “道”教える人の笑顔 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない  愛は唯ひとつ 夢も唯ひとつ 信じ込んでた 昨日までの私 人は何故に泣く 明日さえあるのに 戻れぬ時への つぐないの涙か  すれ違う子供達や 陽溜りに憩う老人 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない  すれ違う子供達や 遠くで聞こえた汽笛 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない 中森明菜谷村新司谷村新司名も知らぬ駅の 改札を抜ければ 胸は震える 心細さゆえ 雲は流れゆく 風に身をまかせて 人は旅に出る 何かを忘れる為  すれ違う子供達や “道”教える人の笑顔 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない  愛は唯ひとつ 夢も唯ひとつ 信じ込んでた 昨日までの私 人は何故に泣く 明日さえあるのに 戻れぬ時への つぐないの涙か  すれ違う子供達や 陽溜りに憩う老人 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない  すれ違う子供達や 遠くで聞こえた汽笛 閉じかけた心の扉を 開けてくれそうな一日 人は皆やさしいものと 信じれるかもしれない 
神田川貴方は もう忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が芯まで 冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の 身体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった  貴方は もう捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 巧く描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって きいたのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった中森明菜喜多条忠南こうせつ鳥山雄司貴方は もう忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が芯まで 冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の 身体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった  貴方は もう捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 巧く描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって きいたのよ 若かったあの頃 何も恐くなかった ただ貴方のやさしさが 恐かった
Carnaval湿った風が過ぎてく 歪んだ月を超えてく 鼓動は荒く弧を描く 狂った夢を抱いてく  そのmisty 芳(かぐわ)しき 仰(あお)ぐ深海の彩(いろ) 包まれ 溺れて 生きる情熱(あい)の園 止めないで やめないで 潜(くぐ)る 旋律に 踊って 眩(くら)んで 染まる 峡(かい)の青  カルナヴァル 果てなくゆく (fever in my soul) 心 雪(すす)ぐように鳴る ざわめき ジャスミンの放つ 香り (lost in time and space) 終焉は永遠へと  混乱も迷路もいっそ (melt into a thread) 実際も妄想も朽つ瞑想 遥かなるソレアのリズム (on forever more) 静かに奏で続く One and Thousand Nights  沈んだ砂を探してる くすんだ色をなぞってる 傾(かし)いだ船(ばしょ)を守ってる やがて明けるのを待ってる  注(つ)ぐ Asty 降る町に その横たう胸に 捕(とら)われ 絡まれ 流れ出(いで)る思惟(しい)を 静寂振りほどく 乾燥した呼吸に 守られ 救われ 辿り着く記憶  カルナヴァル 回り続く (freedom in our hands) 微(かす)かに燃ゆる ブーゲンヴィリアの赤 絶え間なく 走りつづく (sacred home of mine) 浮かぶ夕陽が私を満たす  Fly with me 時代さえも (remembering our dance) 混乱も迷路も紡(つむ)ぐ色相 ジャスミンの放つ 香り (lost in time and space) 実際も妄想も朽つ瞑想  カルナヴァル 果てなくゆく (fever in my soul) 心 雪(すす)ぐように鳴るざわめき 遥かなるソレアのリズム (on forever more) 静かに奏でる my own One and Thousand Nights中森明菜AdyaJUSTINJUSTIN湿った風が過ぎてく 歪んだ月を超えてく 鼓動は荒く弧を描く 狂った夢を抱いてく  そのmisty 芳(かぐわ)しき 仰(あお)ぐ深海の彩(いろ) 包まれ 溺れて 生きる情熱(あい)の園 止めないで やめないで 潜(くぐ)る 旋律に 踊って 眩(くら)んで 染まる 峡(かい)の青  カルナヴァル 果てなくゆく (fever in my soul) 心 雪(すす)ぐように鳴る ざわめき ジャスミンの放つ 香り (lost in time and space) 終焉は永遠へと  混乱も迷路もいっそ (melt into a thread) 実際も妄想も朽つ瞑想 遥かなるソレアのリズム (on forever more) 静かに奏で続く One and Thousand Nights  沈んだ砂を探してる くすんだ色をなぞってる 傾(かし)いだ船(ばしょ)を守ってる やがて明けるのを待ってる  注(つ)ぐ Asty 降る町に その横たう胸に 捕(とら)われ 絡まれ 流れ出(いで)る思惟(しい)を 静寂振りほどく 乾燥した呼吸に 守られ 救われ 辿り着く記憶  カルナヴァル 回り続く (freedom in our hands) 微(かす)かに燃ゆる ブーゲンヴィリアの赤 絶え間なく 走りつづく (sacred home of mine) 浮かぶ夕陽が私を満たす  Fly with me 時代さえも (remembering our dance) 混乱も迷路も紡(つむ)ぐ色相 ジャスミンの放つ 香り (lost in time and space) 実際も妄想も朽つ瞑想  カルナヴァル 果てなくゆく (fever in my soul) 心 雪(すす)ぐように鳴るざわめき 遥かなるソレアのリズム (on forever more) 静かに奏でる my own One and Thousand Nights
GAIA~地球のささやき~争うのは 歴史の欲望 砂漠の下 いい人が眠る 魂(ソウル)が響く 宇宙の惑星(かたすみ)で けしてこのままじゃない 未来は変えていける  投げやりにも 美意識があるわ 虹のような 嫉妬(ジェラシー)だとかね 消えてしまえば 傷つく人もない 刹那が似合う時代 心が叫びだした、そこの!  You can You can do! 誰のこともあなた愛してないでしょ そして Dance Dance ah! 私もそう でも自分のこと 愛しているわ  奇跡を待つ 見果てぬ欲望 光もとめ 地球はまわるの 大事なものは 躰が覚えてる 何をなくすにしても あきらめるのは違う  悲しむなら ボロボロまでいく 隠すものも 残さなくていい 感じすぎるね 弱いから強いの だけど孤独な時代 なにかを守れたなら 素敵!  You can You can do! 私のこと あなた愛してみたならわかる Dance Dance ah! かけがえない いま輝きたい 地球(じぶん)がいること中森明菜夏野芹子井上日徳奈良部匠平争うのは 歴史の欲望 砂漠の下 いい人が眠る 魂(ソウル)が響く 宇宙の惑星(かたすみ)で けしてこのままじゃない 未来は変えていける  投げやりにも 美意識があるわ 虹のような 嫉妬(ジェラシー)だとかね 消えてしまえば 傷つく人もない 刹那が似合う時代 心が叫びだした、そこの!  You can You can do! 誰のこともあなた愛してないでしょ そして Dance Dance ah! 私もそう でも自分のこと 愛しているわ  奇跡を待つ 見果てぬ欲望 光もとめ 地球はまわるの 大事なものは 躰が覚えてる 何をなくすにしても あきらめるのは違う  悲しむなら ボロボロまでいく 隠すものも 残さなくていい 感じすぎるね 弱いから強いの だけど孤独な時代 なにかを守れたなら 素敵!  You can You can do! 私のこと あなた愛してみたならわかる Dance Dance ah! かけがえない いま輝きたい 地球(じぶん)がいること
学生街の喫茶店君とよくこの店に 来たものさ 訳もなくお茶を飲み 話したよ 学生でにぎやかな この店の 片隅で聴いていた ボブ・ディラン あの時の歌は聴こえない 人の姿も変ったよ 時は流れた あの頃は愛だとは 知らないで サヨナラも言わないで 別れたよ 君と  君とよくこの店に 来たものさ 訳もなくお茶を飲み 話したよ 窓の外 街路樹が美しい ドアを開け 君が来る気がするよ あの時は道に枯葉が 音もたてずに舞っていた 時は流れた あの頃は愛だとは 知らないで サヨナラも言わないで 別れたよ 君と 君と……中森明菜山上路夫すぎやまこういち鳥山雄司君とよくこの店に 来たものさ 訳もなくお茶を飲み 話したよ 学生でにぎやかな この店の 片隅で聴いていた ボブ・ディラン あの時の歌は聴こえない 人の姿も変ったよ 時は流れた あの頃は愛だとは 知らないで サヨナラも言わないで 別れたよ 君と  君とよくこの店に 来たものさ 訳もなくお茶を飲み 話したよ 窓の外 街路樹が美しい ドアを開け 君が来る気がするよ あの時は道に枯葉が 音もたてずに舞っていた 時は流れた あの頃は愛だとは 知らないで サヨナラも言わないで 別れたよ 君と 君と……
garnetもっと もっと キスをして 全てを許して しまえるほどに 紅い 紅い 恋の花 あなたを思えば 抜けないトゲのようね  愛に縛られずに 生きるのが理想だと あなた 初めから 言い訳を準備した  右手で抱きしめて 左で裏切るような そんな 弱ささえ武器にする 狡(ずる)い人  やつれてしまうほど 切なくなれたらいい 裸の胸に したたる涙 それさえ証なの  痛い 痛い 恋をして 心に滲んだ情熱の色 紅く 紅く 咲いた花 あなたを包んで 燃え尽きてしまうまで  最初のときめきは 月日が盗むけれど 今も 指先が唇が 求めてる  思い出したように 優しさをくれるのね いつも 傷ついて この胸に 帰るのね  嫌いになれたなら 哀しみは終わるのに 時折見せる 子供みたいな 眼差しに 弱いの もっと もっと キスをして 全てを許して しまえるほどに 紅い 紅い 恋の花 あなたを思えば 抜けないトゲのようね  痛い 痛い 恋をして 心に滲んだ情熱の色 紅く 紅く 咲いた花 あなたを包んで 燃え尽きてしまうまで中森明菜田辺智沙田辺智沙藤原いくろうもっと もっと キスをして 全てを許して しまえるほどに 紅い 紅い 恋の花 あなたを思えば 抜けないトゲのようね  愛に縛られずに 生きるのが理想だと あなた 初めから 言い訳を準備した  右手で抱きしめて 左で裏切るような そんな 弱ささえ武器にする 狡(ずる)い人  やつれてしまうほど 切なくなれたらいい 裸の胸に したたる涙 それさえ証なの  痛い 痛い 恋をして 心に滲んだ情熱の色 紅く 紅く 咲いた花 あなたを包んで 燃え尽きてしまうまで  最初のときめきは 月日が盗むけれど 今も 指先が唇が 求めてる  思い出したように 優しさをくれるのね いつも 傷ついて この胸に 帰るのね  嫌いになれたなら 哀しみは終わるのに 時折見せる 子供みたいな 眼差しに 弱いの もっと もっと キスをして 全てを許して しまえるほどに 紅い 紅い 恋の花 あなたを思えば 抜けないトゲのようね  痛い 痛い 恋をして 心に滲んだ情熱の色 紅く 紅く 咲いた花 あなたを包んで 燃え尽きてしまうまで
傷だらけのラブ傷ついた2人の部屋 涙模様 さよならは この部屋で聞きたくないの ピリオドなら 優しくして 何も言わず 接吻けて  壁で揺れるポラロイドが悲しくなる 忘れないで青い季節 賭けた事を  最後のラブ この恋は 天使だけが 見ていたはず 傷だらけのストーリー  カフェテラス ポニーテールと楽しそうね ガラス越し あの頃の2人に見える だけど私 あなたが好き 何も言わず 出て行くわ  ポケットから ポラロイドを道に捨てる あざけるよに 街の風が愛を消すわ  これっきりラブ もう2度と 愛さないわ 悲しいから 傷だらけのストーリー  最後のラブ この恋は 天使だけが 見ていたはず 傷だらけのストーリー中森明菜伊達歩芳野藤丸萩田光雄傷ついた2人の部屋 涙模様 さよならは この部屋で聞きたくないの ピリオドなら 優しくして 何も言わず 接吻けて  壁で揺れるポラロイドが悲しくなる 忘れないで青い季節 賭けた事を  最後のラブ この恋は 天使だけが 見ていたはず 傷だらけのストーリー  カフェテラス ポニーテールと楽しそうね ガラス越し あの頃の2人に見える だけど私 あなたが好き 何も言わず 出て行くわ  ポケットから ポラロイドを道に捨てる あざけるよに 街の風が愛を消すわ  これっきりラブ もう2度と 愛さないわ 悲しいから 傷だらけのストーリー  最後のラブ この恋は 天使だけが 見ていたはず 傷だらけのストーリー
帰省 ~Never Forget~深い眠りの中 今は遠いあなた 古い愛の歌を とぎれず唄ってた 絶望の淵でも 眠れぬ夜でも その先の明日を信じ合えたはずなのに  雪を 雪を見たかった 真っ白な雪を 知らない二人  疲れを知らない 時間は駆け足 春と夏を過ぎて その先はない 輝いてたはずの 自由に迷うとき 都会の空の下 鳥は居場所なくしてた  叶わぬ夢 他の誰かじゃなく 今は背中 まだ見せないで 唄い続けてる限り 同じ道を歩いたあなたへ このかすれた声消えるまで  Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人いる限り せめて今を恥じないで 負けないで生きているだから 同じ夢過ごした日々を忘れない  今夜も眠れず 街は冷たい月 語り合った夢も ぬくもりもない うつろう昨日は 果てしない明日へ 抱きしめた体も 凍えてゆくばかり  折れた翼 もとに戻せるなら 二人の夢も また変わるのに 追いかけて行くから いつも微笑んでいたあなたを この曇った空 晴れるまで  Ah 遠く一人唄うの 雪が降る 誰もいないこの街で 過去じゃなく明日じゃなく 今を唄い続ける限り その瞳 歩いた道を忘れない  Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人がいる限り せめて今を恥じないで 負けないで生きているだから 同じ夢を過ごした日々を忘れない中森明菜atsuko・鈴康寛鈴康寛深い眠りの中 今は遠いあなた 古い愛の歌を とぎれず唄ってた 絶望の淵でも 眠れぬ夜でも その先の明日を信じ合えたはずなのに  雪を 雪を見たかった 真っ白な雪を 知らない二人  疲れを知らない 時間は駆け足 春と夏を過ぎて その先はない 輝いてたはずの 自由に迷うとき 都会の空の下 鳥は居場所なくしてた  叶わぬ夢 他の誰かじゃなく 今は背中 まだ見せないで 唄い続けてる限り 同じ道を歩いたあなたへ このかすれた声消えるまで  Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人いる限り せめて今を恥じないで 負けないで生きているだから 同じ夢過ごした日々を忘れない  今夜も眠れず 街は冷たい月 語り合った夢も ぬくもりもない うつろう昨日は 果てしない明日へ 抱きしめた体も 凍えてゆくばかり  折れた翼 もとに戻せるなら 二人の夢も また変わるのに 追いかけて行くから いつも微笑んでいたあなたを この曇った空 晴れるまで  Ah 遠く一人唄うの 雪が降る 誰もいないこの街で 過去じゃなく明日じゃなく 今を唄い続ける限り その瞳 歩いた道を忘れない  Ah 夢を愛を唄うの 祈りたい 届けたい人がいる限り せめて今を恥じないで 負けないで生きているだから 同じ夢を過ごした日々を忘れない
気絶するほど悩ましい鏡の中で口紅をぬりながら どんな嘘をついてやろうかと考えるあなたは 気絶するほど悩ましい  ふり向きながら唇をちょっとなめ 今日の私はとてもさびしいと目を伏せるあなたは 気絶するほど悩ましい  あゝまただまされると思いながら ぼくはどんどん堕ちて行く  うまく行く恋なんて恋じゃない うまく行く恋なんて恋じゃない  まつ毛に涙いっぱいにためながら あなただけはわかる筈なのと訴えるあなたは 気絶するほど悩ましい  あゝ嘘つき女と怒りながら ぼくは人生かたむける  うまく行く恋なんて恋じゃない うまく行く恋なんて恋じゃない中森明菜阿久悠梅垣達志鏡の中で口紅をぬりながら どんな嘘をついてやろうかと考えるあなたは 気絶するほど悩ましい  ふり向きながら唇をちょっとなめ 今日の私はとてもさびしいと目を伏せるあなたは 気絶するほど悩ましい  あゝまただまされると思いながら ぼくはどんどん堕ちて行く  うまく行く恋なんて恋じゃない うまく行く恋なんて恋じゃない  まつ毛に涙いっぱいにためながら あなただけはわかる筈なのと訴えるあなたは 気絶するほど悩ましい  あゝ嘘つき女と怒りながら ぼくは人生かたむける  うまく行く恋なんて恋じゃない うまく行く恋なんて恋じゃない
北ウイングPLATINA LYLICLove Is The Mystery わたしを呼ぶの 愛はミステリィ 不思議な力で  映画のシーンのように すべてを捨ててく Airplane 北ウイング 彼のもとへ 今夜ひとり 旅立つ  いちどはあきらめた人 心の区切りの Teardrops 都会(まち)の灯り ちいさくなる 空の上で 見降ろす  夢の中を さまようように 夜をよぎり 追いかけて 夜間飛行(ミッドナイトフライト) Love Is The Mystery 翼ひろげて 光る海を 越えるわ すこし不安よ  日付けが塗りかえてゆく 苦しいだけのきのうを あなたが住む 霧の街が 雲の下に 待つのね  恋の眠り 目覚めさせてく 見知らぬ空 夢色の 夜間飛行(ミッドナイトフライト) Love Is The Mystery 言葉をためて ふいに 胸に飛びこむ それが返事よ Love Is The Mystery あなたは呼ぶの 愛はミステリィ 不思議な力で Love Is The Mystery (We Are In The Heart Magic) Forever Mystery (I Can Hold You, Deep In My Heart)PLATINA LYLIC中森明菜康珍化林哲司Love Is The Mystery わたしを呼ぶの 愛はミステリィ 不思議な力で  映画のシーンのように すべてを捨ててく Airplane 北ウイング 彼のもとへ 今夜ひとり 旅立つ  いちどはあきらめた人 心の区切りの Teardrops 都会(まち)の灯り ちいさくなる 空の上で 見降ろす  夢の中を さまようように 夜をよぎり 追いかけて 夜間飛行(ミッドナイトフライト) Love Is The Mystery 翼ひろげて 光る海を 越えるわ すこし不安よ  日付けが塗りかえてゆく 苦しいだけのきのうを あなたが住む 霧の街が 雲の下に 待つのね  恋の眠り 目覚めさせてく 見知らぬ空 夢色の 夜間飛行(ミッドナイトフライト) Love Is The Mystery 言葉をためて ふいに 胸に飛びこむ それが返事よ Love Is The Mystery あなたは呼ぶの 愛はミステリィ 不思議な力で Love Is The Mystery (We Are In The Heart Magic) Forever Mystery (I Can Hold You, Deep In My Heart)
絹の靴下間違いはあの時生れた 私はがまんできない 上流の気どった生活 退くつ過ぎる毎日 もういや 絹の靴下は 私を駄目にする ああ抱いて 獣のように 裸の私に火をつけて  情熱をむりやりとじこめ 私はがまんできない 砂の上ころがる女が 何より似合う私よ もういや 絹の靴下は つめたく凍らせる ああ抱いて 嵐のように 心をゆさぶるくちづけを  ああ抱いて 嵐のように 心をゆさぶるくちづけを中森明菜阿久悠川口真間違いはあの時生れた 私はがまんできない 上流の気どった生活 退くつ過ぎる毎日 もういや 絹の靴下は 私を駄目にする ああ抱いて 獣のように 裸の私に火をつけて  情熱をむりやりとじこめ 私はがまんできない 砂の上ころがる女が 何より似合う私よ もういや 絹の靴下は つめたく凍らせる ああ抱いて 嵐のように 心をゆさぶるくちづけを  ああ抱いて 嵐のように 心をゆさぶるくちづけを
キャンセル!見せかけの強がりは 傷つくことが 誰より怖いだけ 心では 何もかも お好きなようにと つぶやいてる  あなたの言葉で 心裸にされ  このままじや 私立ってられない  崩れそうよ 崩れそうよ 好きだなんて 二度と言わないで 胸にかけた ブレーキが つま先から脱れてく  取り消してよ 取り消してよ 優しさはいつでも 罪つくり 触れた指が 罠になるわ そこから先は キャンセル!  スリルなら卒業よ 一瞬しのぎに見る夢 辛いだけ 知ってるわ 男の子 むやみに愛を 欲しがることも  それでもあなたの笑顔 淋しそうで 視線が外せない… 危険信号  崩れそうよ 崩れそうよ 軽い子だと 誰か叱って 瞳の奥 覗かないで 恥かしい私がいる  取り消してよ 取り消してよ 見た目よりも 純情だから 信じやすくできてるのよ そこから先は キャンセル!  崩れそうよ 崩れそうよ 好きだなんて 二度と言わないで 胸にかけた ブレーキが つま先から脱れてく  取り消してよ 取り消してよ 優しさはいつでも 罪つくり 触れた指が 罠になるわ そこから先は キャンセル!中森明菜売野雅勇伊豆一彦見せかけの強がりは 傷つくことが 誰より怖いだけ 心では 何もかも お好きなようにと つぶやいてる  あなたの言葉で 心裸にされ  このままじや 私立ってられない  崩れそうよ 崩れそうよ 好きだなんて 二度と言わないで 胸にかけた ブレーキが つま先から脱れてく  取り消してよ 取り消してよ 優しさはいつでも 罪つくり 触れた指が 罠になるわ そこから先は キャンセル!  スリルなら卒業よ 一瞬しのぎに見る夢 辛いだけ 知ってるわ 男の子 むやみに愛を 欲しがることも  それでもあなたの笑顔 淋しそうで 視線が外せない… 危険信号  崩れそうよ 崩れそうよ 軽い子だと 誰か叱って 瞳の奥 覗かないで 恥かしい私がいる  取り消してよ 取り消してよ 見た目よりも 純情だから 信じやすくできてるのよ そこから先は キャンセル!  崩れそうよ 崩れそうよ 好きだなんて 二度と言わないで 胸にかけた ブレーキが つま先から脱れてく  取り消してよ 取り消してよ 優しさはいつでも 罪つくり 触れた指が 罠になるわ そこから先は キャンセル!
CAN'T TAKE MY EYES OFF YOUYou're just too good to be true Can't take my eyes off of you You'd be like heaven to touch Oh, I wanna hold you so much At long last love has arrived And I thank God I'm alive You're just too good to be true I can't take my eyes off of you  Pardon the way that I stare There's nothin' else to compare The thought of you leaves me week There are no words left to speak But if you feel like I fool Wo, then let me know that it's real You're just too good to be true Can't take my eyes off of you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay And let me love you, baby Let me love you  You're just too good to be true Can't take my eyes off of you You'd be like heaven to touch Oh, I wanna hold you so much At long last love has arrived And I thank God I'm alive You're just too good to be true I can't take my eyes off of you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay And let me love you, baby Let me love you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay Oh, pretty baby Trust in me when I say  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay Oh, pretty baby Trust in me when I say中森明菜Bob Crewe・Bob GuedioBob Crewe・Bob GuedioKengo Sasaki aka"DJ cool-k"You're just too good to be true Can't take my eyes off of you You'd be like heaven to touch Oh, I wanna hold you so much At long last love has arrived And I thank God I'm alive You're just too good to be true I can't take my eyes off of you  Pardon the way that I stare There's nothin' else to compare The thought of you leaves me week There are no words left to speak But if you feel like I fool Wo, then let me know that it's real You're just too good to be true Can't take my eyes off of you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay And let me love you, baby Let me love you  You're just too good to be true Can't take my eyes off of you You'd be like heaven to touch Oh, I wanna hold you so much At long last love has arrived And I thank God I'm alive You're just too good to be true I can't take my eyes off of you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay And let me love you, baby Let me love you  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay Oh, pretty baby Trust in me when I say  I love you, baby And if it's quite all right I need you, baby To warm a lonely night I love you, baby Trust in me when I say Oh, pretty baby Don't bring me down, I pray Oh, pretty baby Now that I found you, stay Oh, pretty baby Trust in me when I say
綺麗誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ  痛みまで 知ることで 薔薇の 咲く意味がわかるわ 傷つける 勇気さえ なくて愛は守れないの 頼りあえば刺がささるわ お互いに そこがいいわ 誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ 乱れる心 いとしさ揺れて 私を変えていくの めぐり逢うのは 運命ね  悲しみを ありがとう 別れがくるなら言いたい 花びらは 散るときも 花であり続けるように 独り風にゆられながらも 明日への 夢を抱くわ 誰にだってある そばにずっとある 愛をなくし綺麗になる 思い出ならば 許せることが 少し切ないけれど 目覚める朝は すぐ来るわ  誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ 乱れる心 いとしさ揺れて 私を変えていくの めぐり逢うのは 運命ね中森明菜夏野芹子清岡千穂岩崎文紀誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ  痛みまで 知ることで 薔薇の 咲く意味がわかるわ 傷つける 勇気さえ なくて愛は守れないの 頼りあえば刺がささるわ お互いに そこがいいわ 誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ 乱れる心 いとしさ揺れて 私を変えていくの めぐり逢うのは 運命ね  悲しみを ありがとう 別れがくるなら言いたい 花びらは 散るときも 花であり続けるように 独り風にゆられながらも 明日への 夢を抱くわ 誰にだってある そばにずっとある 愛をなくし綺麗になる 思い出ならば 許せることが 少し切ないけれど 目覚める朝は すぐ来るわ  誰にだってある それはきっとある 愛を浴びて綺麗になれ 乱れる心 いとしさ揺れて 私を変えていくの めぐり逢うのは 運命ね
禁区GOLD LYLIC私からサヨナラしなければ この恋は終わらないのね ずるいひと…大人の手口(やりかた)ね ため息ひとつ また催眠(わな)かける ときめきが理性(こころ)に目隠しする これ以上進んだら自信がないわ  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ね  理由(わけ)もなく引かれてた陰(かげ)りさえ 今なら意味も分かるわ 「このあたり潮時…」とあなたは 思っているはず 横顔違う 謎めいた微笑み惑わされて 振り向けば 帰り道黄昏れの中 「平凡な愛でいい……」 心うらはら 危険(あぶ)な気(げ)なあなたしか もう愛せない 口唇でふさがれた 胸がつぶやく 私からサヨナラを 言わせるつもり…… それはちょっとできない相談ね  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ねGOLD LYLIC中森明菜売野雅勇細野晴臣私からサヨナラしなければ この恋は終わらないのね ずるいひと…大人の手口(やりかた)ね ため息ひとつ また催眠(わな)かける ときめきが理性(こころ)に目隠しする これ以上進んだら自信がないわ  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ね  理由(わけ)もなく引かれてた陰(かげ)りさえ 今なら意味も分かるわ 「このあたり潮時…」とあなたは 思っているはず 横顔違う 謎めいた微笑み惑わされて 振り向けば 帰り道黄昏れの中 「平凡な愛でいい……」 心うらはら 危険(あぶ)な気(げ)なあなたしか もう愛せない 口唇でふさがれた 胸がつぶやく 私からサヨナラを 言わせるつもり…… それはちょっとできない相談ね  戻りたい 戻れない 気持うらはら とまどいはもう愛ね ……そろそろ禁区 あそびならまだましよ 救われるから 他のひと愛せれば いいのだけれど…… それはちょっとできない相談ね
GIVE TAKE愛陰る瞬間を いつ how do I know? day by day 失う foundation we can start いつだって追憶の something like a butterfly  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart  意外に black なくせに U got a 巧妙な smile invitation だって it's love potion I got a 後悔は U can get 消える reason give it up その正体  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove And I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart中森明菜Ryohei MatsufujiPhilippe-Marc Anquetil・Chris Lee-Joe・Jasmine Denham愛陰る瞬間を いつ how do I know? day by day 失う foundation we can start いつだって追憶の something like a butterfly  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart  意外に black なくせに U got a 巧妙な smile invitation だって it's love potion I got a 後悔は U can get 消える reason give it up その正体  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart  try if U need my love 落ちそうな lonely night standing 偽っていくlove And I can't believe いないことで 何か change yourself?既に that's too late?  I can't GIVE リアクション like a girlfriend U can't TAKE 目線逸らす tension I can't GIVE 曖昧なwords フラッシュバック I'm just a girl 叫びたい of my heart
Give Me Upもっとシッカリしてよ ロマンチックへ 逃げ込まないで もし Heart Break しても 情けない瞳(め)で 甘えちゃだめよ  君が強くなくちゃ私 キュートな娘になれないでしょ? 「意気地なし」を直さないと ハート蹴とばしちゃうぞ  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo  もっとハッキリしてよ 私 フレント?? 恋人? どっち? また哀愁してさ すぐに抱きしめなきゃ 消えちゃうぞ  ラグビーボール抱え走る 君は輝いて見えるわ そんな時の 熱い瞳 忘れないで 恋して  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo中森明菜Mario Giuseppe Nigro・Pierre Michel Nigro・M. De San Antonio・日本語詞:森雪之Mario Giuseppe Nigro・Pierre Michel Nigro・M. De San Antonioもっとシッカリしてよ ロマンチックへ 逃げ込まないで もし Heart Break しても 情けない瞳(め)で 甘えちゃだめよ  君が強くなくちゃ私 キュートな娘になれないでしょ? 「意気地なし」を直さないと ハート蹴とばしちゃうぞ  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo  もっとハッキリしてよ 私 フレント?? 恋人? どっち? また哀愁してさ すぐに抱きしめなきゃ 消えちゃうぞ  ラグビーボール抱え走る 君は輝いて見えるわ そんな時の 熱い瞳 忘れないで 恋して  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo  Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo Give me up! woo woo woo woo Give me up! woo woo woo
銀河伝説教えてほしいです どこまで許したら 恋人になれますか 見つめあうだけの 恋なら卒業と あなたに 云われたけど 胸のホックがはずれたのは ふくらむ想い あなたのせい あなたのせい 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりとびのる 銀河列車に 秘密の胸騒ぎ  獅子座のうらないを 読みつくすほどに 乙女座はとまどうわ みっつの年の差が あなたをそれ以上 不思議にさせるのです  予感を秘めた ホロスコ-プ 見せてもいいわ あなたになら あなたになら 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりかさなる ひとつの空に 神話が生まれます  予感を秘めた ホロスコ-プ 見せてもいいわ あなたになら あなたになら 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりかさなる ひとつの空に 神話が生まれます中森明菜篠塚満由美佐瀬寿一教えてほしいです どこまで許したら 恋人になれますか 見つめあうだけの 恋なら卒業と あなたに 云われたけど 胸のホックがはずれたのは ふくらむ想い あなたのせい あなたのせい 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりとびのる 銀河列車に 秘密の胸騒ぎ  獅子座のうらないを 読みつくすほどに 乙女座はとまどうわ みっつの年の差が あなたをそれ以上 不思議にさせるのです  予感を秘めた ホロスコ-プ 見せてもいいわ あなたになら あなたになら 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりかさなる ひとつの空に 神話が生まれます  予感を秘めた ホロスコ-プ 見せてもいいわ あなたになら あなたになら 星が交わるとき 愛情のエピソ-ド ふたりかさなる ひとつの空に 神話が生まれます
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
CRYSTAL HEAVEN水晶の叫び声で 目醒めた朝は カブリオレ 乗り込み 海岸道路 飛ばすわ 灼けついた砂の上に躰を投げて 狂喜じみてる真夏に Love me do  せつないね 口説き文句 陳腐(ちんぷ)すぎてる 言葉より 男らしさ 見せてくれたら ホントの愛だと 信じたはずだわ  はしゃぎすぎた 街は蜃気楼 あなたも 私も 過去(きのう)の快楽主義者(エヒキュリアン) 熱い汗を 胸に 散りばめて 一人きりでも とびっきり 気紛れな 夢が見れそうよ Heaven(ヘヴン)!  突然の shower(シャワー) が今 渇いた喉を 癒(いや)してくれるなら 違う世界も見れるわ 束の間の夕暮れに 手をかざしたら 生まれ変われる ひとときの処女神(ディアナ)  耳元で 不埒(ふらち)なコト 囁かれても 純白の 涙 流し 縋(すが)りつくよな 恋はもう二度と したくはないから  灼けた肌は 太陽の愛撫 あなたに 火照(ほて)った 心のせいじゃない 夏が逝(い)けば すべて 消えるでしょう 今は一人 眠りに 抱(いだ)かれる 永遠のパラダイス Heaven(ヘヴン)!  はしゃぎすぎた 街は蜃気楼 あなたも 私も 過去(きのう)の快楽主義者(エヒキュリアン) 熱い汗を 胸に 散りばめて 一人きりでも とびっきり 気紛れな 夢が見れそうよ Heaven(ヘヴン)!中森明菜YUKO都志見隆水晶の叫び声で 目醒めた朝は カブリオレ 乗り込み 海岸道路 飛ばすわ 灼けついた砂の上に躰を投げて 狂喜じみてる真夏に Love me do  せつないね 口説き文句 陳腐(ちんぷ)すぎてる 言葉より 男らしさ 見せてくれたら ホントの愛だと 信じたはずだわ  はしゃぎすぎた 街は蜃気楼 あなたも 私も 過去(きのう)の快楽主義者(エヒキュリアン) 熱い汗を 胸に 散りばめて 一人きりでも とびっきり 気紛れな 夢が見れそうよ Heaven(ヘヴン)!  突然の shower(シャワー) が今 渇いた喉を 癒(いや)してくれるなら 違う世界も見れるわ 束の間の夕暮れに 手をかざしたら 生まれ変われる ひとときの処女神(ディアナ)  耳元で 不埒(ふらち)なコト 囁かれても 純白の 涙 流し 縋(すが)りつくよな 恋はもう二度と したくはないから  灼けた肌は 太陽の愛撫 あなたに 火照(ほて)った 心のせいじゃない 夏が逝(い)けば すべて 消えるでしょう 今は一人 眠りに 抱(いだ)かれる 永遠のパラダイス Heaven(ヘヴン)!  はしゃぎすぎた 街は蜃気楼 あなたも 私も 過去(きのう)の快楽主義者(エヒキュリアン) 熱い汗を 胸に 散りばめて 一人きりでも とびっきり 気紛れな 夢が見れそうよ Heaven(ヘヴン)!
Crazy LoveOh! Oh! Oh! So Happy Oh! Oh! Oh! So Sad  Flight…… ひらく扉 Tonight…… 翼みたい ふたり Fly! Fly! Fly! 飛び立つの Sky! I don't care 自由な空へ  どこのだれかも忘れて 愛を今 遊んじゃおう やがて脱ぎ去るものだけ 着込んで生きているから  Crazy Love 裸だって Crazy Love 輝ける Life in short, short and hard そんな自分でいたい  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 絶望と希望の Shout! Shout! The light…… all light me up!  Cool…… 熱い指ね No rule…… 弾けるの Boom……  みんなだれかになること そればかり考えて そしていらないものだけ Anytime 切り捨てるだけ  Crazy Love この顔も Crazy Love 私だよ Life in short, short and hard 愛だけが答えじゃない  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 欲望と失望の Shock! Shock! The light…… all light me up!  Oh! Yeah!…… My Crazy Love…… Yeah!…… It's my life……  Crazy Love つまずいて Crazy Love 立ち上がり Crazy Love またひとつ Crazy Love 手に入れる 私だけのカラー 自分自身の人生  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 絶望と希望のShout! Shout! The light…… all light me up!  Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 欲望と失望の Shock! Shock! The light…… all light me up!中森明菜遠藤幸三・Miran:MiranFredrik Bostrom・Anna Nordell・Calle KindbomOh! Oh! Oh! So Happy Oh! Oh! Oh! So Sad  Flight…… ひらく扉 Tonight…… 翼みたい ふたり Fly! Fly! Fly! 飛び立つの Sky! I don't care 自由な空へ  どこのだれかも忘れて 愛を今 遊んじゃおう やがて脱ぎ去るものだけ 着込んで生きているから  Crazy Love 裸だって Crazy Love 輝ける Life in short, short and hard そんな自分でいたい  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 絶望と希望の Shout! Shout! The light…… all light me up!  Cool…… 熱い指ね No rule…… 弾けるの Boom……  みんなだれかになること そればかり考えて そしていらないものだけ Anytime 切り捨てるだけ  Crazy Love この顔も Crazy Love 私だよ Life in short, short and hard 愛だけが答えじゃない  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 欲望と失望の Shock! Shock! The light…… all light me up!  Oh! Yeah!…… My Crazy Love…… Yeah!…… It's my life……  Crazy Love つまずいて Crazy Love 立ち上がり Crazy Love またひとつ Crazy Love 手に入れる 私だけのカラー 自分自身の人生  Now I'm Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 絶望と希望のShout! Shout! The light…… all light me up!  Oh! Oh! Oh! So Happy たまに Oh! Oh! Oh! So Sad 欲望と失望の Shock! Shock! The light…… all light me up!
黒薔薇脱いだハイヒール 思いきりあなたに投げて 桟橋にしゃがみこむ  別に振られて 泣くようなやわじゃないけど しみるよね 海の風  薔薇のような眼と おだてられてホロリ ついその気の 純情な捨て猫 爪立てるよ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ (Lonely Black Rose 恋さえ) 刺激的な遊びなの  今夜のために着飾った黒いドレスも この愛の喪服なの  Black Rose I'm a lonely Lonely Black Rose Black Rose a lonely Lonely Black Rose 翳りゆく 花のよう  ベッドの中では 娼婦にさえなれた 同じことを 教えたのあの娘に 棘よさされ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 都会の) 女だから (Lonely Black Rose 涙は) ひとしずくも出ない (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 都会の) 女だから (Lonely Black Rose 涙は) ひとしずくも出ない (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ中森明菜松本隆OSNY MELOOSNY MELO脱いだハイヒール 思いきりあなたに投げて 桟橋にしゃがみこむ  別に振られて 泣くようなやわじゃないけど しみるよね 海の風  薔薇のような眼と おだてられてホロリ ついその気の 純情な捨て猫 爪立てるよ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ (Lonely Black Rose 恋さえ) 刺激的な遊びなの  今夜のために着飾った黒いドレスも この愛の喪服なの  Black Rose I'm a lonely Lonely Black Rose Black Rose a lonely Lonely Black Rose 翳りゆく 花のよう  ベッドの中では 娼婦にさえなれた 同じことを 教えたのあの娘に 棘よさされ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 都会の) 女だから (Lonely Black Rose 涙は) ひとしずくも出ない (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ  (どうせ Lonely Black Rose 瞳は) 黒い薔薇のシャドウ (Lonely Black Rose 都会の) 女だから (Lonely Black Rose 涙は) ひとしずくも出ない (Lonely Black Rose 綺麗に) 咲いて散るわ
Close Your EyesClose your eyes 息をひそめて Close your eyes 恋を見つめて  生命のように光る街 冷たい私が ほどけてく  ふたりが逢える 時間さえ奪う 都会の日々 あなたのキャンセルこわくて 今日は受話器はずしたまま すごした  脱ぎ捨てられた キャミソール 月あかりだけが 動いてる  私が選んだ自由で 傷つくのは私 久しぶりだねと 微笑む あなたのこと本当は 縛りたい  Close your eyes 美しい瞬間 Close your eyes 見せてあげるわ  迷路のような舗道に また出てゆくふたり あなたの前だけ はだかに なれること この次は告げるから  Close your eyes 息をひそめて Close your eyes 愛に近づく Close your eyes 私の他は Close your eyes 何も見ないで Close your eyes中森明菜有川正沙子Osny S.MeloClose your eyes 息をひそめて Close your eyes 恋を見つめて  生命のように光る街 冷たい私が ほどけてく  ふたりが逢える 時間さえ奪う 都会の日々 あなたのキャンセルこわくて 今日は受話器はずしたまま すごした  脱ぎ捨てられた キャミソール 月あかりだけが 動いてる  私が選んだ自由で 傷つくのは私 久しぶりだねと 微笑む あなたのこと本当は 縛りたい  Close your eyes 美しい瞬間 Close your eyes 見せてあげるわ  迷路のような舗道に また出てゆくふたり あなたの前だけ はだかに なれること この次は告げるから  Close your eyes 息をひそめて Close your eyes 愛に近づく Close your eyes 私の他は Close your eyes 何も見ないで Close your eyes
Grace RainRainy Rainy 雨に濡れて 君は一人たたずみ Crazy Crazy 流す涙…  Baby Baby 雨はそっと… 傘もささず泣いてる 君のBlue heart 包み込む  ため息…消えるように 切なさを Graceの雨に流して  I want 愛を信じていれば I'll be there 全て力になれるものだと In my Dream 夢を描いていれば I believe 適えられるものだと信じて Grace Rain… Rain…  Rainy Rainy 雨は言った… プラスとマイナス=ゼロじゃない 涙の分だけ 強くなれる  Baby Baby 雨は上がり 空に星が咲く頃 君のBlue heart ほどけてく  優しい雨はきっと またいつか 誰かの涙 溶かして I wish 心の空に叫ぶ I'll be there 愛の水を与えて全てに In my Dream 夢ひらく花になれ I believe 恵みの雨よ降れ その胸に Grace Rain… Rain…  I want 愛を信じていれば I'll be there 全て力になれるものだと In my Dream 夢を描いていれば I believe 適えられるものだと信じて Grace Rain… Rain…中森明菜RieRieRainy Rainy 雨に濡れて 君は一人たたずみ Crazy Crazy 流す涙…  Baby Baby 雨はそっと… 傘もささず泣いてる 君のBlue heart 包み込む  ため息…消えるように 切なさを Graceの雨に流して  I want 愛を信じていれば I'll be there 全て力になれるものだと In my Dream 夢を描いていれば I believe 適えられるものだと信じて Grace Rain… Rain…  Rainy Rainy 雨は言った… プラスとマイナス=ゼロじゃない 涙の分だけ 強くなれる  Baby Baby 雨は上がり 空に星が咲く頃 君のBlue heart ほどけてく  優しい雨はきっと またいつか 誰かの涙 溶かして I wish 心の空に叫ぶ I'll be there 愛の水を与えて全てに In my Dream 夢ひらく花になれ I believe 恵みの雨よ降れ その胸に Grace Rain… Rain…  I want 愛を信じていれば I'll be there 全て力になれるものだと In my Dream 夢を描いていれば I believe 適えられるものだと信じて Grace Rain… Rain…
経験やめて 愛してないなら やめて くちづけするのは やめて このまま帰して あなたは わるい人ね わかってても あなたに逢うと いやと言えない ダメなあたしネ だから 今日まで たから 今日こそ きらいにさせて!離れさせて!  やめて 本気じゃないから やめて きつく抱かないで やめて そんな気やすめは あなたは ずるい人ね わかってても あなたの後を ついてゆきたい ダメなあたしネ だから なかせて だから ひとこと きらいにさせて!はなれさせて!中森明菜安井かずみ村井邦彦やめて 愛してないなら やめて くちづけするのは やめて このまま帰して あなたは わるい人ね わかってても あなたに逢うと いやと言えない ダメなあたしネ だから 今日まで たから 今日こそ きらいにさせて!離れさせて!  やめて 本気じゃないから やめて きつく抱かないで やめて そんな気やすめは あなたは ずるい人ね わかってても あなたの後を ついてゆきたい ダメなあたしネ だから なかせて だから ひとこと きらいにさせて!はなれさせて!
月華夜の果て ただ逢いたかった ひとりがつらくて きっと ひとときの 慰めが欲しいのでしょう  唇は夕月になった 見つめられながら そっと やさしさを ただあげられたらいいのに  抱きしめて 夢を見せて あなたの渇き 癒すまで 花のない 女でなど いたくない  抱きしめて 愛にふれて 名残り惜しさに 揺れるまで 幻で済ませるのも 覚悟して 眠るから  Ah 恋は Ah どこへ  長い髪 乱すほど もっと 涙も忘れる きっと 永遠に 気づかない幸せもいい  抱きしめて 夢を見せて 爪のさきまで なにもかも 別れ際 想い出まで 隠すから  抱きしめて 愛にふれて めまいのように一度でも 傷ついて苦しむほど 愛しさが 深くなる  Ah ふたり Ah どこへ  抱きしめて 夢を見せて 抱きしめて 愛にふれて さみしさに 夢を見せて ためいきで 愛にふれて  抱きしめて 夢を見せて 抱きしめて 愛にふれて さみしさに 夢を見せて ためいきで 愛にふれて中森明菜松井五郎梶原秀剛松本晃彦夜の果て ただ逢いたかった ひとりがつらくて きっと ひとときの 慰めが欲しいのでしょう  唇は夕月になった 見つめられながら そっと やさしさを ただあげられたらいいのに  抱きしめて 夢を見せて あなたの渇き 癒すまで 花のない 女でなど いたくない  抱きしめて 愛にふれて 名残り惜しさに 揺れるまで 幻で済ませるのも 覚悟して 眠るから  Ah 恋は Ah どこへ  長い髪 乱すほど もっと 涙も忘れる きっと 永遠に 気づかない幸せもいい  抱きしめて 夢を見せて 爪のさきまで なにもかも 別れ際 想い出まで 隠すから  抱きしめて 愛にふれて めまいのように一度でも 傷ついて苦しむほど 愛しさが 深くなる  Ah ふたり Ah どこへ  抱きしめて 夢を見せて 抱きしめて 愛にふれて さみしさに 夢を見せて ためいきで 愛にふれて  抱きしめて 夢を見せて 抱きしめて 愛にふれて さみしさに 夢を見せて ためいきで 愛にふれて
限界Lovers激しさを 胸に秘めて 何かを追いかけたい You are the No.1 信じてる 抱きしめる 腕の中で リアルな夢が見たい Keep me durnin' away 求めるまま  蒼ざめた瞳が 遠く を見つめる もう 戻れはしない 天使よりも 悪魔よりも 刺激的な 愛が欲しい 昨日よりも 明日よりも 火花散らす 今が欲しい Back to the fire  脱ぎ捨てた 嘘のドレス 偽る自分捨てて 我ままに 愛したい ビロードの 夜に抱かれ じれてる その瞳は 真実を 求めている 殺し文句よりも 素直な言葉で 今 愛を伝えて 天使の顔 悪魔の顔 繰り返して 生きているわ 優しさより 激しさより 感じたまま I don't wanna get down  限界まで 限界まで  諦めない Woo Oh Oh 天使よりも 悪魔よりも 刺激的な 愛が欲しい 昨日よりも 明日よりも 火花散らす 今が欲しい Back to the fire 天使の顔 悪魔の顔 繰り返して 生きているわ 優しさより 激しさより 感じたまま I don't wanna get down それでいいわ Back to the fire Back to the fire Back to the fire中森明菜安藤芳彦寺田恵子・五十嵐美貴西口明宏激しさを 胸に秘めて 何かを追いかけたい You are the No.1 信じてる 抱きしめる 腕の中で リアルな夢が見たい Keep me durnin' away 求めるまま  蒼ざめた瞳が 遠く を見つめる もう 戻れはしない 天使よりも 悪魔よりも 刺激的な 愛が欲しい 昨日よりも 明日よりも 火花散らす 今が欲しい Back to the fire  脱ぎ捨てた 嘘のドレス 偽る自分捨てて 我ままに 愛したい ビロードの 夜に抱かれ じれてる その瞳は 真実を 求めている 殺し文句よりも 素直な言葉で 今 愛を伝えて 天使の顔 悪魔の顔 繰り返して 生きているわ 優しさより 激しさより 感じたまま I don't wanna get down  限界まで 限界まで  諦めない Woo Oh Oh 天使よりも 悪魔よりも 刺激的な 愛が欲しい 昨日よりも 明日よりも 火花散らす 今が欲しい Back to the fire 天使の顔 悪魔の顔 繰り返して 生きているわ 優しさより 激しさより 感じたまま I don't wanna get down それでいいわ Back to the fire Back to the fire Back to the fire
原始、女は太陽だった恋に落ちて 私は燃え尽きて 孤独という氷河をさまよった 不幸に愛された運命はまた この心を手まねくけど  太陽が昇る 裸の胸に いま哀しみさえ 生きる力に変えてく  誰・誰・誰・誰・誰も恨んでないわ ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だから見つめて 揺るぎない私のすべてを  夢に迷い 心は血を流し 報われない想いにただれてた 朝をむかえるため 夜が在ること 教えたのは空と大地  原始に生まれた女のように ただありのままに 愛をもとめてゆきたい  誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて 抱きしめた私のすべてを  闇が溶けてく 風がざわめく 弱ささえ受けとめた私がいる  男に生まれてあなた 何がよかった ねぇ女に生まれて私 きっとよかった  あゝ誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて 抱きしめた私のすべてを 私のすべてを中森明菜及川眠子MASAKI岩崎文紀恋に落ちて 私は燃え尽きて 孤独という氷河をさまよった 不幸に愛された運命はまた この心を手まねくけど  太陽が昇る 裸の胸に いま哀しみさえ 生きる力に変えてく  誰・誰・誰・誰・誰も恨んでないわ ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だから見つめて 揺るぎない私のすべてを  夢に迷い 心は血を流し 報われない想いにただれてた 朝をむかえるため 夜が在ること 教えたのは空と大地  原始に生まれた女のように ただありのままに 愛をもとめてゆきたい  誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて 抱きしめた私のすべてを  闇が溶けてく 風がざわめく 弱ささえ受けとめた私がいる  男に生まれてあなた 何がよかった ねぇ女に生まれて私 きっとよかった  あゝ誰・誰・誰・誰・誰もなぐさめないで ねぇ誰・誰・誰・誰・誰か だけど感じて 抱きしめた私のすべてを 私のすべてを
幻惑抱いたまま眠る人よ 心も夢の中へ消えてしまった 私を愛していますか 冷たい肩に爪を立てて聞いた  I'm nuts about you 胸が騒ぐ You're just the right boy for me 離れられない I'm going to miss you 私が壊れていく 駄目になりそう  憎みながら求めてしまう やわらかすぎる腕の中  I'm nuts about you 悪びれずに You're just the right boy for me 飼い慣らされて I'm going to miss you 私が生まれ変わる 包み込まれて  憎みながら信じてしまう かさねるための唇 憎みながら求めてしまう やわらかすぎる腕の中  抱いたまま眠る人よ 抱いたまま眠る人よ 心はいま何処へ…中森明菜夏野芹子小林明子藤原いくろう抱いたまま眠る人よ 心も夢の中へ消えてしまった 私を愛していますか 冷たい肩に爪を立てて聞いた  I'm nuts about you 胸が騒ぐ You're just the right boy for me 離れられない I'm going to miss you 私が壊れていく 駄目になりそう  憎みながら求めてしまう やわらかすぎる腕の中  I'm nuts about you 悪びれずに You're just the right boy for me 飼い慣らされて I'm going to miss you 私が生まれ変わる 包み込まれて  憎みながら信じてしまう かさねるための唇 憎みながら求めてしまう やわらかすぎる腕の中  抱いたまま眠る人よ 抱いたまま眠る人よ 心はいま何処へ…
GAMEゆがむ陽炎 燃えるSunshine 反射するあなたの(奇妙なPride) サマにならない派手なサングラス ないがしろになってるの(私への態度) キザなBaby boy(Baby boy) なんにもわかってないわ(ダメなオトコ) あなたの視線に(Come on) 炎をつけて(Oh Ready) (Oh Ready and Love you)  愛のなんの言ってるけど 昼ドラマみたい いいからもっと情熱の 風を 起こして 狂おしい Fever all night  Oh Ready 待てない 息をとめて 感じるままワガママ どこまででもさらってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)  焼けた素肌も眩しそうに 汗ばむSummeer Girls(魅惑のStyle) 目立つ信号待ちに便乗って かっこつけすぎあなた(勘違いのSmile) バカなBaby boy(Baby boy) こっちを向いてよ さぁ(ダメなオトコ) 私の鼓動の(Bingo on)炎に触れて (On Ready) (On Ready and Love you)  なんだかんだ知ったふうに 口だけの男 いいからもっと情熱の 風をぶつけて 終わらない Fever all night  Oh Ready 待てない 全て魅せて 愛と言う謎さえも 解けるまで 踊ってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)  愛のなんの言ってるけど 昼ドラマみたい いいからもっと情熱の 風を 起こして 狂おしい Fever all night  Oh Ready 待てない 息をとめて 感じるままワガママ どこまででもさらってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Oh Ready 待てない 全て魅せて 愛と言う謎さえも 解けるまで 踊ってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)中森明菜工藤周林田健司上杉洋史・林田健司ゆがむ陽炎 燃えるSunshine 反射するあなたの(奇妙なPride) サマにならない派手なサングラス ないがしろになってるの(私への態度) キザなBaby boy(Baby boy) なんにもわかってないわ(ダメなオトコ) あなたの視線に(Come on) 炎をつけて(Oh Ready) (Oh Ready and Love you)  愛のなんの言ってるけど 昼ドラマみたい いいからもっと情熱の 風を 起こして 狂おしい Fever all night  Oh Ready 待てない 息をとめて 感じるままワガママ どこまででもさらってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)  焼けた素肌も眩しそうに 汗ばむSummeer Girls(魅惑のStyle) 目立つ信号待ちに便乗って かっこつけすぎあなた(勘違いのSmile) バカなBaby boy(Baby boy) こっちを向いてよ さぁ(ダメなオトコ) 私の鼓動の(Bingo on)炎に触れて (On Ready) (On Ready and Love you)  なんだかんだ知ったふうに 口だけの男 いいからもっと情熱の 風をぶつけて 終わらない Fever all night  Oh Ready 待てない 全て魅せて 愛と言う謎さえも 解けるまで 踊ってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)  愛のなんの言ってるけど 昼ドラマみたい いいからもっと情熱の 風を 起こして 狂おしい Fever all night  Oh Ready 待てない 息をとめて 感じるままワガママ どこまででもさらってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Oh Ready 待てない 全て魅せて 愛と言う謎さえも 解けるまで 踊ってよ Oh Ready そこから 夢みさせて さえぎる雲 切り裂いて 降りそそぐ夏も たじろぐほどに熱く  Feverが足りない(足りない) All night fever on my love(Baby Baby) すべてを焦がせ(Flashing Flashing)
愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短かい手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生れてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまづかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋中森明菜松山千春松山千春鳥山雄司愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短かい手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生れてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまづかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
恋路巻貝の 夢がたり ひとつの波ごと 思い出つぶやくような 海辺  さらさらと てのひらを 季節がこぼれる 砂の輝きはあなた そっと 頬を寄せる  もう一日だけ ここにいたいから のびやかな 風のよに 電話をするわ  心に季節を 持つひとは素敵 心に潮風 いつもそよがせて あなたと私 絆結んで 愛の距離は いつも同じよ  おだやかに 夜のそば あなたがいてくれ 星の言葉ほど 愛は 静か  潮騒が そんな日の 気配思い出す あなたの人柄ふれて 愛の 深さ知った  もうひとことだけ 声が聞きたくて 眠る前 夢の前 電話をするわ  いくつも季節を あなたと越えたい いくつも季節を 愛でみちびいて うわついてない あなたが好きよ 信じさせて 二人の旅路  心に季節を 持つひとは素敵 心に潮風 いつもそよがせて 離れていても 絆結んで 愛の距離は いつも同じよ中森明菜来生えつこ林哲司萩田光雄巻貝の 夢がたり ひとつの波ごと 思い出つぶやくような 海辺  さらさらと てのひらを 季節がこぼれる 砂の輝きはあなた そっと 頬を寄せる  もう一日だけ ここにいたいから のびやかな 風のよに 電話をするわ  心に季節を 持つひとは素敵 心に潮風 いつもそよがせて あなたと私 絆結んで 愛の距離は いつも同じよ  おだやかに 夜のそば あなたがいてくれ 星の言葉ほど 愛は 静か  潮騒が そんな日の 気配思い出す あなたの人柄ふれて 愛の 深さ知った  もうひとことだけ 声が聞きたくて 眠る前 夢の前 電話をするわ  いくつも季節を あなたと越えたい いくつも季節を 愛でみちびいて うわついてない あなたが好きよ 信じさせて 二人の旅路  心に季節を 持つひとは素敵 心に潮風 いつもそよがせて 離れていても 絆結んで 愛の距離は いつも同じよ
恋の季節忘れられないの あの人が好きよ 青いシャツ着てさ 海を見てたわ 私ははだしで 小さな貝の舟 浮かべて泣いたの わけもないのに 恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 死ぬまで私を 一人にしないと あの人が云った 恋の季節よ  恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと あの人が云った 恋の季節よ  恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと あの人が云った 恋の季節よ 恋の季節よ 恋の季節よ中森明菜岩谷時子いずみたく忘れられないの あの人が好きよ 青いシャツ着てさ 海を見てたわ 私ははだしで 小さな貝の舟 浮かべて泣いたの わけもないのに 恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 死ぬまで私を 一人にしないと あの人が云った 恋の季節よ  恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと あの人が云った 恋の季節よ  恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ 夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと あの人が云った 恋の季節よ 恋の季節よ 恋の季節よ
恋の奴隷あなたと逢った その日から 恋の奴隷に なりました あなたの膝に からみつく 子犬のように だからいつも そばにおいてね 邪魔しないから 悪い時は どうぞぶってね あなた好みの あなた好みの 女になりたい  あなたを知った その日から 恋の奴隷に なりました 右と言われりゃ 右むいて とても幸せ 影のように ついてゆくわ 気にしないでね 好きな時に 思い出してね あなた好みの あなた好みの 女になりたい  あなただけに 言われたいの 可愛い奴と 好きなように 私をかえて あなた好みの あなた好みの 女になりたい中森明菜なかにし礼鈴木邦彦村田陽一あなたと逢った その日から 恋の奴隷に なりました あなたの膝に からみつく 子犬のように だからいつも そばにおいてね 邪魔しないから 悪い時は どうぞぶってね あなた好みの あなた好みの 女になりたい  あなたを知った その日から 恋の奴隷に なりました 右と言われりゃ 右むいて とても幸せ 影のように ついてゆくわ 気にしないでね 好きな時に 思い出してね あなた好みの あなた好みの 女になりたい  あなただけに 言われたいの 可愛い奴と 好きなように 私をかえて あなた好みの あなた好みの 女になりたい
恋の予感なぜ なぜ あなたは きれいに なりたいの? その目を誰もが 見つめて くれないの? 夜は気ままに あなたを躍らせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ なぜ なぜ あなたは 「好きだ」と言えないの? 届かぬ 想いが 夜空に ゆれたまま 風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ 誰かを待っても どんなに待っても あなたは今夜も 星のあいだをさまよい流されるだけ 夢のつづきを またみせられるだけ  風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ中森明菜井上陽水玉置浩二千住明なぜ なぜ あなたは きれいに なりたいの? その目を誰もが 見つめて くれないの? 夜は気ままに あなたを躍らせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ なぜ なぜ あなたは 「好きだ」と言えないの? 届かぬ 想いが 夜空に ゆれたまま 風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ 誰かを待っても どんなに待っても あなたは今夜も 星のあいだをさまよい流されるだけ 夢のつづきを またみせられるだけ  風は気まぐれ あなたを惑わせるだけ 恋の予感が ただかけぬけるだけ
恋人のいる時間ゆっくりシャワーを浴びて ひとりで飲む モーニングコーヒー  ときどき遠くをみつめ 空の青さを 眼で追う  はじめて今 恋人のいる時間感じて  さりげなく髪をとき 少しだけ夢をみる  想い出もいらなくなって 素顔が好きになる  誰よりも幸せに想う きれいになれる瞬間(とき)…  ぼんやりショーウィンドーのぞき あなたに似合う服を見る  いつもの帰り道さえ どこかが違う サンセットロード  はじめて今 恋人を待つ気持ち 覚えて  なんとなく微笑んで 涼しげに風をみる  友達に会いたくなったり 素顔で街に出る  限りなく輝いて見える 不思議な心の色……  想い出もいらなくなって 素顔が好きになる  誰よりも幸せに想う きれいになれる瞬間(とき)…中森明菜SHOW神保彰ゆっくりシャワーを浴びて ひとりで飲む モーニングコーヒー  ときどき遠くをみつめ 空の青さを 眼で追う  はじめて今 恋人のいる時間感じて  さりげなく髪をとき 少しだけ夢をみる  想い出もいらなくなって 素顔が好きになる  誰よりも幸せに想う きれいになれる瞬間(とき)…  ぼんやりショーウィンドーのぞき あなたに似合う服を見る  いつもの帰り道さえ どこかが違う サンセットロード  はじめて今 恋人を待つ気持ち 覚えて  なんとなく微笑んで 涼しげに風をみる  友達に会いたくなったり 素顔で街に出る  限りなく輝いて見える 不思議な心の色……  想い出もいらなくなって 素顔が好きになる  誰よりも幸せに想う きれいになれる瞬間(とき)…
心もようさみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに 黒いインクがきれいでしょう?! 青いびんせんが悲しいでしょう?!  あなたの笑い顔を不思議なことに 今日は覚えていました 19才になったお祝いに 作った唄も忘れたのに  さみしさだけを手紙につめて ふるさとに住むあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中で埋もれてしまう  遠くで暮らす事が 二人に良くないのはわかっていました くもりガラスの外は雨 私の気持は書けません  さみしさだけを手紙につめて ふるさとに住むあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中で埋もれてしまう  あざやか色の春はかげろう まぶしい夏の光は強く 秋風の後 雪が追いかけ 季節はめぐりあなたを変える中森明菜井上陽水井上陽水鳥山雄司さみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに 黒いインクがきれいでしょう?! 青いびんせんが悲しいでしょう?!  あなたの笑い顔を不思議なことに 今日は覚えていました 19才になったお祝いに 作った唄も忘れたのに  さみしさだけを手紙につめて ふるさとに住むあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中で埋もれてしまう  遠くで暮らす事が 二人に良くないのはわかっていました くもりガラスの外は雨 私の気持は書けません  さみしさだけを手紙につめて ふるさとに住むあなたに送る あなたにとって見飽きた文字が 季節の中で埋もれてしまう  あざやか色の春はかげろう まぶしい夏の光は強く 秋風の後 雪が追いかけ 季節はめぐりあなたを変える
秋桜淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まりに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする  縁側でアルバムを開いては 私の幼い日の思い出を 何度も同じ話くりかえす 独言みたいに小さな声で  こんな小春日和の穏やかな日は あなたの優しさが浸みて来る 明日嫁ぐ私に苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと笑った  あれこれと思い出をたどったら いつの日もひとりではなかったと 今更乍ら我儘な私に 唇かんでいます  明日への荷造りに手を借りて しばらくは楽し気にいたけれど 突然涙こぼし元気でと 何度も何度もくりかえす母  ありがとうの言葉をかみしめながら 生きてみます私なりに こんな小春日和の穏やかな日は もう少しあなたの子供で いさせてください中森明菜さだまさしさだまさし千住明淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まりに揺れている 此頃 涙脆くなった母が 庭先でひとつ咳をする  縁側でアルバムを開いては 私の幼い日の思い出を 何度も同じ話くりかえす 独言みたいに小さな声で  こんな小春日和の穏やかな日は あなたの優しさが浸みて来る 明日嫁ぐ私に苦労はしても 笑い話に時が変えるよ 心配いらないと笑った  あれこれと思い出をたどったら いつの日もひとりではなかったと 今更乍ら我儘な私に 唇かんでいます  明日への荷造りに手を借りて しばらくは楽し気にいたけれど 突然涙こぼし元気でと 何度も何度もくりかえす母  ありがとうの言葉をかみしめながら 生きてみます私なりに こんな小春日和の穏やかな日は もう少しあなたの子供で いさせてください
鼓動薄紫色の朝焼けに 白い月悲しみを溶かしてく  愛しいもの見つければ心は あなたを強く感じるの 訳も無く涙があふれる  どんな辛い記憶も過去も きっと超えられるから 大切な絆は堅く胸の奥にある 心の扉開いたら 世界は光り始める 風に吹かれても 胸を張って歩けば 高鳴る鼓動 舞い上がる  キラキラ光る石はいらない あなたはこの星の欠片だから  最後のキスを あなたと交わしたら 心だけ持って旅立つ めぐり行く時を刻むのよ  偶然や奇跡の結晶 それはあなたの名前 何度でも呼びたくなる 永遠の響き かけがえないもの探して 心の目で見つけたの この手のひらに こぼれそうな幸せ 星の数ほど持っている  どんな辛い記憶も過去も きっと支えてくれる 大切な強さに変えて 掛けぬけて行く  まっすぐに夢を描いたら 世界は廻り始める あなたの笑顔はたった一つしかない 奇跡の星の夢になる中森明菜何茶李野井洋児薄紫色の朝焼けに 白い月悲しみを溶かしてく  愛しいもの見つければ心は あなたを強く感じるの 訳も無く涙があふれる  どんな辛い記憶も過去も きっと超えられるから 大切な絆は堅く胸の奥にある 心の扉開いたら 世界は光り始める 風に吹かれても 胸を張って歩けば 高鳴る鼓動 舞い上がる  キラキラ光る石はいらない あなたはこの星の欠片だから  最後のキスを あなたと交わしたら 心だけ持って旅立つ めぐり行く時を刻むのよ  偶然や奇跡の結晶 それはあなたの名前 何度でも呼びたくなる 永遠の響き かけがえないもの探して 心の目で見つけたの この手のひらに こぼれそうな幸せ 星の数ほど持っている  どんな辛い記憶も過去も きっと支えてくれる 大切な強さに変えて 掛けぬけて行く  まっすぐに夢を描いたら 世界は廻り始める あなたの笑顔はたった一つしかない 奇跡の星の夢になる
kodou涙はもう流さないわ 明日孤独に触れたとしても 何かが私の心を ずっと迷わせていたのだろう  赤く揺れて止まらない 情熱に見とれる度に 心の闇に渦巻く 氷が溶けて消えて行くわ  愛して 愛されて 生きて行く 鼓動 刻む音が聞こえるでしょう 失うものは これ以上ないから 瞬く光に導かれて 疼く身体を 今解き放つの 影を纏うこれまでの私に さよなら  涙はもう流れないわ 瞳の奥が熱を帯びても 埃かぶるレコードに 薔薇色の熱いキスをして  弾む指が止まらない 胸躍り高鳴る時間が 記憶さえ手繰り寄せて あの頃を蘇らせるの  愛して 愛されて 生きて行く 砕け散った銀の硝子を今 一つ 二つ 繋ぎ合わせるように 心が 遮られたとしても いつも 始まりは訪れるのよ 俯いてたこれまでの私に さよなら  愛して 愛されて 生きて行く 鼓動 刻む音が聞こえるでしょう 失うものは これ以上ないから 瞬く光に導かれて 疼く身体を 今解き放つの 影を纏うこれまでの私に さよなら中森明菜中嶋ユキノ宗本康兵宗本康兵涙はもう流さないわ 明日孤独に触れたとしても 何かが私の心を ずっと迷わせていたのだろう  赤く揺れて止まらない 情熱に見とれる度に 心の闇に渦巻く 氷が溶けて消えて行くわ  愛して 愛されて 生きて行く 鼓動 刻む音が聞こえるでしょう 失うものは これ以上ないから 瞬く光に導かれて 疼く身体を 今解き放つの 影を纏うこれまでの私に さよなら  涙はもう流れないわ 瞳の奥が熱を帯びても 埃かぶるレコードに 薔薇色の熱いキスをして  弾む指が止まらない 胸躍り高鳴る時間が 記憶さえ手繰り寄せて あの頃を蘇らせるの  愛して 愛されて 生きて行く 砕け散った銀の硝子を今 一つ 二つ 繋ぎ合わせるように 心が 遮られたとしても いつも 始まりは訪れるのよ 俯いてたこれまでの私に さよなら  愛して 愛されて 生きて行く 鼓動 刻む音が聞こえるでしょう 失うものは これ以上ないから 瞬く光に導かれて 疼く身体を 今解き放つの 影を纏うこれまでの私に さよなら
コモエスタ赤坂コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて みたいのよ 赤坂の夜 別れたひとに 逢えるような そんな気がして ならないの それが赤坂 赤坂 デル コラソン  コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて みたいのよ あなたとわたし これから恋が 生まれるような そんな気がして ならないの それが赤坂 赤坂 デル コラソン  コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて ふるえるの ろうそくの炎 ひとり暮らしの わたしには ここがいつもの 愛の部屋 それが赤坂 赤坂 デル コラソン中森明菜西山隆史浅野和典コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて みたいのよ 赤坂の夜 別れたひとに 逢えるような そんな気がして ならないの それが赤坂 赤坂 デル コラソン  コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて みたいのよ あなたとわたし これから恋が 生まれるような そんな気がして ならないの それが赤坂 赤坂 デル コラソン  コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ 酔いしれて ふるえるの ろうそくの炎 ひとり暮らしの わたしには ここがいつもの 愛の部屋 それが赤坂 赤坂 デル コラソン
これからNaturally見えすいた嘘をつくなと 云われても 手荒にされると ひねくれたくもなるわ 口裏を合わせた 訳じゃない あのひとはいいひとよ わるいけど そっとひとりにしておいて 半端な気持ちを 言葉にしたくないわ 素直になれない もどかしさ 大人まで あと一歩 まだまだ未完成 これからnaturally 結果論は メじゃないわ さよならyesterday これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい ジレンマ ジェラシー⇒ セノビズム⇒タブーの香り 引かれたレールは ゴメンだわ  手のひらを返したように 優し気に つくった笑顔で 微妙に 探り入れる 心底から 信じていないのね 言いわけは 黙秘権 まだまだ不安定 これからnaturally 80点じゃ 今イチね さよならロンリーガール これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい マニキュア⇒ ペディキュア⇒ シースルー⇒片耳ピアス 世間のルールじゃ ドングリよ  まだまだ未完成 これからnaturally 結果論は メじゃないわ さよならyesterday これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい ジレンマ ジェラシー⇒ セノビズム⇒タブーの香り 引かれたレールは ゴメンだわ中森明菜SEYMOUR三室のぼる若草恵見えすいた嘘をつくなと 云われても 手荒にされると ひねくれたくもなるわ 口裏を合わせた 訳じゃない あのひとはいいひとよ わるいけど そっとひとりにしておいて 半端な気持ちを 言葉にしたくないわ 素直になれない もどかしさ 大人まで あと一歩 まだまだ未完成 これからnaturally 結果論は メじゃないわ さよならyesterday これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい ジレンマ ジェラシー⇒ セノビズム⇒タブーの香り 引かれたレールは ゴメンだわ  手のひらを返したように 優し気に つくった笑顔で 微妙に 探り入れる 心底から 信じていないのね 言いわけは 黙秘権 まだまだ不安定 これからnaturally 80点じゃ 今イチね さよならロンリーガール これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい マニキュア⇒ ペディキュア⇒ シースルー⇒片耳ピアス 世間のルールじゃ ドングリよ  まだまだ未完成 これからnaturally 結果論は メじゃないわ さよならyesterday これからnaturally スイッチ・オンで 着がえたい ジレンマ ジェラシー⇒ セノビズム⇒タブーの香り 引かれたレールは ゴメンだわ
こんなにも…。帰る後姿を 追い続ける さっきまでのあなたも 夢のように  何気なく始まった 軽いつもりだったのに あの人から奪いたいほど 愛してた  あと少し 側にいて一秒でも その腕の中で ah やすらかに 眠りにつくまで もう少し 出会いさえ早ければ 苦しまずにすむの? ah こんなにも愛しているのに…  一人静かな部屋に 雨が揺れる そんな眠れぬ夜は あなたを待つ  重ねあう唇に 先は見えないのなら 「愛してる」と そう簡単に言わないで  何回も繰り返し 今度こそ決めたサヨナラも ah その胸に言葉も失う 愛すれば愛すほど 遠くなる せつなさの距離は ah こんなにも近くにいるのに…  あと少し 側にいて一秒でも その腕の中で ah やすらかに 眠りにつくまで もう少し 出会いさえ早ければ 苦しまずにすむの? ah こんなにも愛しているのに…  帰る後ろ姿に… 白い息がこぼれる… 帰る静かな部屋に…中森明菜atsuko前田克樹藤原いくろう帰る後姿を 追い続ける さっきまでのあなたも 夢のように  何気なく始まった 軽いつもりだったのに あの人から奪いたいほど 愛してた  あと少し 側にいて一秒でも その腕の中で ah やすらかに 眠りにつくまで もう少し 出会いさえ早ければ 苦しまずにすむの? ah こんなにも愛しているのに…  一人静かな部屋に 雨が揺れる そんな眠れぬ夜は あなたを待つ  重ねあう唇に 先は見えないのなら 「愛してる」と そう簡単に言わないで  何回も繰り返し 今度こそ決めたサヨナラも ah その胸に言葉も失う 愛すれば愛すほど 遠くなる せつなさの距離は ah こんなにも近くにいるのに…  あと少し 側にいて一秒でも その腕の中で ah やすらかに 眠りにつくまで もう少し 出会いさえ早ければ 苦しまずにすむの? ah こんなにも愛しているのに…  帰る後ろ姿に… 白い息がこぼれる… 帰る静かな部屋に…
今夜、流れ星終電車が出たホームに 迷い込んだ風 遠吠え  あなたの別れ言葉が 今ごろ胸に光る  準備していたわけではないけれど 衝撃さえ物語と受け止めてた  夜空が砕け散って星のないところに地球ができた 愛もそんなあらすじと あなたと重ねた温もりとかジュラシーや切れない気持ち それが今日の、流れ星  魂ふれあう感触 長すぎる夜 静か  苦しいときでもしあわせ 想い出をみて涙  傷も癒された後が 孤独でしょう 何のために別れたのか判りすぎて  夜空はあらゆる時を越えて逆らわず呼吸する そうよ凄く愛してた あなたに告げた約束や嘘 置き去りの恋心 すべて今夜、流れ星  夜空が砕け散って星のないところに地球ができた 愛もそんなあらすじと あなたと重ねた温もりとかジュラシーや切れない気持ち それが今日の、流れ星中森明菜夏野芹子宇都美慶子白川雅終電車が出たホームに 迷い込んだ風 遠吠え  あなたの別れ言葉が 今ごろ胸に光る  準備していたわけではないけれど 衝撃さえ物語と受け止めてた  夜空が砕け散って星のないところに地球ができた 愛もそんなあらすじと あなたと重ねた温もりとかジュラシーや切れない気持ち それが今日の、流れ星  魂ふれあう感触 長すぎる夜 静か  苦しいときでもしあわせ 想い出をみて涙  傷も癒された後が 孤独でしょう 何のために別れたのか判りすぎて  夜空はあらゆる時を越えて逆らわず呼吸する そうよ凄く愛してた あなたに告げた約束や嘘 置き去りの恋心 すべて今夜、流れ星  夜空が砕け散って星のないところに地球ができた 愛もそんなあらすじと あなたと重ねた温もりとかジュラシーや切れない気持ち それが今日の、流れ星
CALL MEColour me your colour, baby Call on me your call Colour me your colour, darling I know who you are I'm above your colour char I know where you're coming from  Call me,(call me) Come along and call me Call me any anytime Call me,(call me) MY love you can call me Any day or night Call me  Cover me with kisses, baby Cover me with love Roll me in desire's sheets I'll never get enough Emotions come I don't know why Cover up love's alibi  Call me,(call me) Come along and call me Call me any anytime Call me,(call me) I'm around, when you're ready We can share the wine Call me  Ooh it's such a lonely kind of love Ooh amore te amo te amo Ooh faire la motion avec moi Anytime, anyplace, anywhere, anyway Anytime, anyplace, anywhere, anyday  Call me,(call me) My love call me Call me any anytime Call me,(call me) My love call me Call me for some overtime  Call me,(call me) My love call me Call me in a sweet desire Call me, call me For your lover's, lover's alibi Call me,(call me) My love call me Call me any anytime  Call me, (call me) call me 中森明菜Giorgio Moroder・Deborah HarryGiorgio Moroder・Deborah HarryKengo Sasaki aka"DJ cool-k"Colour me your colour, baby Call on me your call Colour me your colour, darling I know who you are I'm above your colour char I know where you're coming from  Call me,(call me) Come along and call me Call me any anytime Call me,(call me) MY love you can call me Any day or night Call me  Cover me with kisses, baby Cover me with love Roll me in desire's sheets I'll never get enough Emotions come I don't know why Cover up love's alibi  Call me,(call me) Come along and call me Call me any anytime Call me,(call me) I'm around, when you're ready We can share the wine Call me  Ooh it's such a lonely kind of love Ooh amore te amo te amo Ooh faire la motion avec moi Anytime, anyplace, anywhere, anyway Anytime, anyplace, anywhere, anyday  Call me,(call me) My love call me Call me any anytime Call me,(call me) My love call me Call me for some overtime  Call me,(call me) My love call me Call me in a sweet desire Call me, call me For your lover's, lover's alibi Call me,(call me) My love call me Call me any anytime  Call me, (call me) call me 
Going homeI believe 確かなもの その瞳 In your eyes 変わらない色 あなたと来た道 この想い 褪せはしない cause I 何度も見失って 背中を向けるたび 迷わず ずっとそばにいて こころ繋いでいた  feel like going home いつでも あなたのやわらかな やさしさに触れるたびに 気づくから feel like going home かすかな 哀しみからも守る その気持ちが you are my home, love 帰る場所 you're home to me  「壊れそうな君の心 解きたい」と 積み上げた見せかけの強さ 静かにそっと 溶かしてく  And I'm going home いつでも あなたのやわらかな やさしさに触れるたびに 帰るから feel like going home こんなに 言葉に出来ないくら 温かくて So grateful to you ありがとう for being my home you're home to me中森明菜ADYA新屋豊I believe 確かなもの その瞳 In your eyes 変わらない色 あなたと来た道 この想い 褪せはしない cause I 何度も見失って 背中を向けるたび 迷わず ずっとそばにいて こころ繋いでいた  feel like going home いつでも あなたのやわらかな やさしさに触れるたびに 気づくから feel like going home かすかな 哀しみからも守る その気持ちが you are my home, love 帰る場所 you're home to me  「壊れそうな君の心 解きたい」と 積み上げた見せかけの強さ 静かにそっと 溶かしてく  And I'm going home いつでも あなたのやわらかな やさしさに触れるたびに 帰るから feel like going home こんなに 言葉に出来ないくら 温かくて So grateful to you ありがとう for being my home you're home to me
最後のカルメン魔がさしただけ? 違うでしょ アト退りするあなたの腕をつかんだ 傾く夕陽 夜になれば これで最後のカルナバルが始まるのよ  狂ってこそ恋だわ 黒髪に赤いバラ あなたの罪は私を愛したことね  人には言えない嘘も重ね ここまで来た 浮名を逆手に恐いものは 何んにもない Ah 炎のように Ah 風に煽られ Ah 悪事は千里走るけど Ah たとえすべてを Ah 闇に換えても Ah 燃え尽きるまで 愛し 愛し抜く  女は誰も最後の恋を捜して生きる 踊り子 競い合って 奪い合って 祭り上げるエナジー カルメン  お願いだから黙っていて 衣裳を選ぶことは真剣な儀式 どんな土地で捕まっても 女ならそう華で散りたいと願うわ  逃げても負けじゃない 眼差しは熱いバラ あなたの罪は私の罪でもあるわ  小さい頃から変わった娘だと言われてきた 何かに束縛されるならば 死ぬほうがいい Ah 炎のように Ah 風に煽られ Ah あなたに抱かれ昇ってく Ah たとえすべてを Ah 敵に換えても Ah 燃え尽きるまで 愛し 愛し抜く  女は誰も最後の恋を捜して生きる 踊り子 競い合って 奪い合って 祭り上げるエナジー カルメン中森明菜麻生圭子都志見隆椎名和夫魔がさしただけ? 違うでしょ アト退りするあなたの腕をつかんだ 傾く夕陽 夜になれば これで最後のカルナバルが始まるのよ  狂ってこそ恋だわ 黒髪に赤いバラ あなたの罪は私を愛したことね  人には言えない嘘も重ね ここまで来た 浮名を逆手に恐いものは 何んにもない Ah 炎のように Ah 風に煽られ Ah 悪事は千里走るけど Ah たとえすべてを Ah 闇に換えても Ah 燃え尽きるまで 愛し 愛し抜く  女は誰も最後の恋を捜して生きる 踊り子 競い合って 奪い合って 祭り上げるエナジー カルメン  お願いだから黙っていて 衣裳を選ぶことは真剣な儀式 どんな土地で捕まっても 女ならそう華で散りたいと願うわ  逃げても負けじゃない 眼差しは熱いバラ あなたの罪は私の罪でもあるわ  小さい頃から変わった娘だと言われてきた 何かに束縛されるならば 死ぬほうがいい Ah 炎のように Ah 風に煽られ Ah あなたに抱かれ昇ってく Ah たとえすべてを Ah 敵に換えても Ah 燃え尽きるまで 愛し 愛し抜く  女は誰も最後の恋を捜して生きる 踊り子 競い合って 奪い合って 祭り上げるエナジー カルメン
サウダージ私は私と はぐれる訳にはいかないから いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  嘘をつくぐらいなら 何も話してくれなくていい あなたは去っていくの それだけはわかっているから 見つめあった私は 可愛い女じゃなかったね せめて最後は笑顔で飾らせて  涙が悲しみを溶かして 溢れるものだとしたら その滴も もう一度飲みほしてしまいたい 凛とした痛み胸に 留まり続ける限り あなたを忘れずにいられるでしょう  許してね恋心よ 甘い夢は波にさらわれたの いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  時を重ねるごとに ひとつずつあなたを知っていって さらに時を重ねて ひとつずつわからなくなって 愛が消えていくのを 夕日に例えてみたりして そこに確かに残るサウダージ  想いを紡いだ言葉まで 影を背負わすのならば 海の底で物言わぬ貝になりたい 誰にも邪魔をされずに 海に帰れたらいいのに あなたをひっそりと思い出させて  諦めて恋心よ 青い期待は私を切り裂くだけ あの人に伝えて…寂しい…大丈夫…寂しい  繰り返される よくある話 出逢いと別れ 泣くも笑うも好きも嫌いも  許してね恋心よ 甘い夢は波にさらわれたの いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  あなたのそばでは 永遠を確かに感じたから 夜空を焦がして 私は生きたわ恋心と中森明菜ハルイチak.homma木下航志・名村武私は私と はぐれる訳にはいかないから いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  嘘をつくぐらいなら 何も話してくれなくていい あなたは去っていくの それだけはわかっているから 見つめあった私は 可愛い女じゃなかったね せめて最後は笑顔で飾らせて  涙が悲しみを溶かして 溢れるものだとしたら その滴も もう一度飲みほしてしまいたい 凛とした痛み胸に 留まり続ける限り あなたを忘れずにいられるでしょう  許してね恋心よ 甘い夢は波にさらわれたの いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  時を重ねるごとに ひとつずつあなたを知っていって さらに時を重ねて ひとつずつわからなくなって 愛が消えていくのを 夕日に例えてみたりして そこに確かに残るサウダージ  想いを紡いだ言葉まで 影を背負わすのならば 海の底で物言わぬ貝になりたい 誰にも邪魔をされずに 海に帰れたらいいのに あなたをひっそりと思い出させて  諦めて恋心よ 青い期待は私を切り裂くだけ あの人に伝えて…寂しい…大丈夫…寂しい  繰り返される よくある話 出逢いと別れ 泣くも笑うも好きも嫌いも  許してね恋心よ 甘い夢は波にさらわれたの いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ  あなたのそばでは 永遠を確かに感じたから 夜空を焦がして 私は生きたわ恋心と
咲きほこる花に…騒がしい季節と 静かな季節 めぐりめぐって今 あなた求めてる あわてずに恋を 見つめ直しているわ 意地を張らないで 戻ってきてよ  つぼみがふくらむ時に しおれる花 あるなんて そんなさみしいはなし作りたくはないわ  ささやかな季節の 明かるい兆 素直に受けとめて 愛を伝える あわてずに今は 過去を振り返るから 何もとがめない やり直したい  大事に育てた花が 胸の中で咲きほこる とってもあざやかだった あなたよみがえる日  あわてずに恋を 見つめ直しているわ 意地を張らないで 戻ってきてよ  想い出は時につれて いやなこともうすれて行く 愛情心づくし やさしさ ささげたい やさしさ ささげたい中森明菜来生えつこ来生たかお騒がしい季節と 静かな季節 めぐりめぐって今 あなた求めてる あわてずに恋を 見つめ直しているわ 意地を張らないで 戻ってきてよ  つぼみがふくらむ時に しおれる花 あるなんて そんなさみしいはなし作りたくはないわ  ささやかな季節の 明かるい兆 素直に受けとめて 愛を伝える あわてずに今は 過去を振り返るから 何もとがめない やり直したい  大事に育てた花が 胸の中で咲きほこる とってもあざやかだった あなたよみがえる日  あわてずに恋を 見つめ直しているわ 意地を張らないで 戻ってきてよ  想い出は時につれて いやなこともうすれて行く 愛情心づくし やさしさ ささげたい やさしさ ささげたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
サザン・ウインドPLATINA LYLICあいさつするのよ海風(うみかぜ)に 自然に体がリズム取る パナマ帽くるくると指でまわして  テーブル届いた果実酒は 見知らぬ人からメッセージ 背中越しとまどうわ強い視線に  白いチェアーに脚を組んで 頬づえつくのも気になるわ 映画的な気分で少し メランコリックに髪をかきあげて 危険なこころ  ココナツ葉かげのシルエット ほてった身体をひとやすみ 見えすいた視線なら無視してポーズ  誘惑しなれた男たち 目移りするわよシーサイド 思わずつられて手を振った 白いヨットの上の美少年 まぶしい瞳  誘惑しなれた男たち ホテルの窓にも声かける 洗いたての髪なびかせて いたずらぎみに一瞬ウインクを 危険かしらねPLATINA LYLIC中森明菜来生えつこ玉置浩二あいさつするのよ海風(うみかぜ)に 自然に体がリズム取る パナマ帽くるくると指でまわして  テーブル届いた果実酒は 見知らぬ人からメッセージ 背中越しとまどうわ強い視線に  白いチェアーに脚を組んで 頬づえつくのも気になるわ 映画的な気分で少し メランコリックに髪をかきあげて 危険なこころ  ココナツ葉かげのシルエット ほてった身体をひとやすみ 見えすいた視線なら無視してポーズ  誘惑しなれた男たち 目移りするわよシーサイド 思わずつられて手を振った 白いヨットの上の美少年 まぶしい瞳  誘惑しなれた男たち ホテルの窓にも声かける 洗いたての髪なびかせて いたずらぎみに一瞬ウインクを 危険かしらね
さよならじゃ終わらない悲しくて 泣いてるんじゃない この腕がとても あたたかくてうれしいだけ  さよならじゃ なにも終わらない わたし気がついてた あなたみたいな わがままなひと ひとりにしておけない  生意気な 女だったけど 誰よりもきっと あなたのこと見ていたかった  あきらめて あきらめきれずに つらくなるだけなら あなたの胸を 叩きながら いつでもそばにいたい  さよならだけじゃ 愛は終わらない わたし気がついてた 傷つくたびに 強くなりたい あなたに抱かれながら あなたに抱かれながら中森明菜松井五郎玉置浩二悲しくて 泣いてるんじゃない この腕がとても あたたかくてうれしいだけ  さよならじゃ なにも終わらない わたし気がついてた あなたみたいな わがままなひと ひとりにしておけない  生意気な 女だったけど 誰よりもきっと あなたのこと見ていたかった  あきらめて あきらめきれずに つらくなるだけなら あなたの胸を 叩きながら いつでもそばにいたい  さよならだけじゃ 愛は終わらない わたし気がついてた 傷つくたびに 強くなりたい あなたに抱かれながら あなたに抱かれながら
さよならね手も握らなくて 恋だと言えるの 深刻なだけじゃ じりじりするだけ  静かなあなたが とても好きだけど 時には はしゃいで 甘えてみたいわ  コーヒーだけ 飲みすぎて うつむくムードじゃ 物足りない  やさしさ売りものに するのはいいけれど やさしいだけならば テレビドラマだわ  見つめ合うだけで 恋だと言えるの シビアな都会で のどかすぎるわね  静かな瞳が とても好きだけど じれてる私に すこしは気付いて  このままなら さよならね 私の心は 染められない  やさしさは確かに 大事なものだけど 今の年頃なら 見せかけだけでしょ  やさしさは確かに 大事なものだけど やさしいだけならば きっとさよならね中森明菜来生えつこ来生たかお手も握らなくて 恋だと言えるの 深刻なだけじゃ じりじりするだけ  静かなあなたが とても好きだけど 時には はしゃいで 甘えてみたいわ  コーヒーだけ 飲みすぎて うつむくムードじゃ 物足りない  やさしさ売りものに するのはいいけれど やさしいだけならば テレビドラマだわ  見つめ合うだけで 恋だと言えるの シビアな都会で のどかすぎるわね  静かな瞳が とても好きだけど じれてる私に すこしは気付いて  このままなら さよならね 私の心は 染められない  やさしさは確かに 大事なものだけど 今の年頃なら 見せかけだけでしょ  やさしさは確かに 大事なものだけど やさしいだけならば きっとさよならね
さよならをするために過ぎた日の 微笑みを みんな 君にあげる ゆうべ 枯れてた花が 今は 咲いているよ 過ぎた日の 悲しみも みんな 君にあげる あの日 知らない人が 今は そばに眠る  温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために  昇る 朝陽のように 今は 君と歩く 白い 扉をしめて やさしい 夜を招き 今のあなたに きっと 判るはずは ないの 風に残した 過去の さめた 愛の言葉  温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために中森明菜石坂浩二坂田晃一山田正人過ぎた日の 微笑みを みんな 君にあげる ゆうべ 枯れてた花が 今は 咲いているよ 過ぎた日の 悲しみも みんな 君にあげる あの日 知らない人が 今は そばに眠る  温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために  昇る 朝陽のように 今は 君と歩く 白い 扉をしめて やさしい 夜を招き 今のあなたに きっと 判るはずは ないの 風に残した 過去の さめた 愛の言葉  温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために
SAND BEIGE −砂漠へ−GOLD LYLICサハラの夕日を あなたに見せたい さよならを私から 決めた別離の旅なのに 翼を広げて 火の鳥が行くわ 地の果ては 何処までか 答えてはくれないの  砂も風も乱れて 逢いたいあなた 愉しすぎた笑顔が Ah 月よりまぶしい これも愛なの?  星屑 私を抱きしめていてね アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE 涙のヴェールも 渇きつくしたら 神秘の顔立ち 崩れる私を 支えてお願い アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE このまま一人で 眠りについたら 無口な女になるわ  主を失くした ラクダがポツリと 草求め果てしなく 一人さまようその姿 焼けつく砂丘に 窓からマアッサラーマ 私には愛ひとつ 空に返せなかった  元気でねとひとこと くちづけ交わし 何度も振り返れば Ah あなたも泣いていた それも愛なの?  東へ行くのよ 唇かみしめ アナ アーウィズ アローホ NILE 夢に包まれた 子供に返って 笑ってみたいの 遠くであなたが 呼んでる気がする アナ アーウィズ アローホ NILE 破いた写真は 宙に舞い踊り 無くなってくだけなのに  星屑 私を抱きしめていてね アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE 涙のヴェールも 渇きつくしたら 神秘の顔立ち 崩れる私を 支えてお願い アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE このまま一人で 眠りについたら 無口な女になるわGOLD LYLIC中森明菜許瑛子都志見隆サハラの夕日を あなたに見せたい さよならを私から 決めた別離の旅なのに 翼を広げて 火の鳥が行くわ 地の果ては 何処までか 答えてはくれないの  砂も風も乱れて 逢いたいあなた 愉しすぎた笑顔が Ah 月よりまぶしい これも愛なの?  星屑 私を抱きしめていてね アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE 涙のヴェールも 渇きつくしたら 神秘の顔立ち 崩れる私を 支えてお願い アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE このまま一人で 眠りについたら 無口な女になるわ  主を失くした ラクダがポツリと 草求め果てしなく 一人さまようその姿 焼けつく砂丘に 窓からマアッサラーマ 私には愛ひとつ 空に返せなかった  元気でねとひとこと くちづけ交わし 何度も振り返れば Ah あなたも泣いていた それも愛なの?  東へ行くのよ 唇かみしめ アナ アーウィズ アローホ NILE 夢に包まれた 子供に返って 笑ってみたいの 遠くであなたが 呼んでる気がする アナ アーウィズ アローホ NILE 破いた写真は 宙に舞い踊り 無くなってくだけなのに  星屑 私を抱きしめていてね アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE 涙のヴェールも 渇きつくしたら 神秘の顔立ち 崩れる私を 支えてお願い アナ アーウィズ アローホ SAND BEIGE このまま一人で 眠りについたら 無口な女になるわ
Sunflowerああ キスをして 私にキスをして ああ…あなたの唇が触れれば私は花ひらく Sunflower in my heart. 光と恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる  ねぇ私達 遠まわりしていた 本当のことを何も口にださないまま もう この恋は咲かずに枯れそうと 或る日は、あなたのこと憎んでさえいたの  西風 空の果て サファリのように流れる 私も素直なままで あなたに会いたい  ああ 抱きしめて 私を抱きしめて もうあなたを拒まない 夢見つづけてた甘いキス Sunflower in my heart. 私は恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる  ねぇ 独りきり過ごした長い日々を 話せば「嘘でしょう?」と あなたは笑うはず 信じることができなくなっていたわ 皮肉なことにいつも 愛にはかたちが無い  これから二人きり 無人の島へと渡り 不安も時間も越えて暮らしてゆきたい  ああ この世へと生まれ落ちる時も ああ あなたに逢うために 光を求めて泣いていた Sunflower in my heart. 私は恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる中森明菜只野菜摘秋元薫杉山卓夫ああ キスをして 私にキスをして ああ…あなたの唇が触れれば私は花ひらく Sunflower in my heart. 光と恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる  ねぇ私達 遠まわりしていた 本当のことを何も口にださないまま もう この恋は咲かずに枯れそうと 或る日は、あなたのこと憎んでさえいたの  西風 空の果て サファリのように流れる 私も素直なままで あなたに会いたい  ああ 抱きしめて 私を抱きしめて もうあなたを拒まない 夢見つづけてた甘いキス Sunflower in my heart. 私は恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる  ねぇ 独りきり過ごした長い日々を 話せば「嘘でしょう?」と あなたは笑うはず 信じることができなくなっていたわ 皮肉なことにいつも 愛にはかたちが無い  これから二人きり 無人の島へと渡り 不安も時間も越えて暮らしてゆきたい  ああ この世へと生まれ落ちる時も ああ あなたに逢うために 光を求めて泣いていた Sunflower in my heart. 私は恋の花 もう何にも恐れない 哀しい呪文は、ここで終わる
The Heat~musica fiesta~暮れなずむ 黄金の 太陽(ひかり)浴びて 輝き始めてゆく 情熱のRhyme 目眩(めまい)さえ誘うような 灼熱のClime 失いかけていた 思い出の軌跡(あと)  落ちてく まほろば 貴方に 溶けてく 探していたものなら 目を閉じれば良い  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat  幾重にも刻まれて 漂いゆく 赤い月の言葉は 閉ざされたまま  静かに時を超え たゆとう水面(みなも)に 見えない行き先さえ 微笑んだまま  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat中森明菜AdyaURU暮れなずむ 黄金の 太陽(ひかり)浴びて 輝き始めてゆく 情熱のRhyme 目眩(めまい)さえ誘うような 灼熱のClime 失いかけていた 思い出の軌跡(あと)  落ちてく まほろば 貴方に 溶けてく 探していたものなら 目を閉じれば良い  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat  幾重にも刻まれて 漂いゆく 赤い月の言葉は 閉ざされたまま  静かに時を超え たゆとう水面(みなも)に 見えない行き先さえ 微笑んだまま  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat  Shala da la get on the viento 感じて musica fiesta 重なる鼓動の Bass beat 響くよ Rhythm of fhe heat
残酷な天使のテーゼ残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来め ざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知る ためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ神話になれ中森明菜及川眠子佐藤英敏koshin残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来め ざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知る ためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ神話になれ
色彩のブルース昨日の夢 オレンジ色の翳り 今日の夢 沈黙の気配示す アルコールの川をゆっくり渡る 長ぐつのリズム 心で酔いましょう  鉛の指から流れるメロディー 激しく染める光の渦 あかりの色が奏でるブルース やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて…  目に浮かぶ 裏通りの風景画 ひしめきあう しゃがれた声の洪水 モノクロームの中に封じ込めた姿を 遠い約束 リズムでかわしましょう  吐きだす言葉に 熱いメロディー 切なくよみがえる デジャブの香り 心を溶かす 色彩のブルース 甘くささやいた吐息が 眠るまで…中森明菜中納良恵森雅樹・中納良恵千住明昨日の夢 オレンジ色の翳り 今日の夢 沈黙の気配示す アルコールの川をゆっくり渡る 長ぐつのリズム 心で酔いましょう  鉛の指から流れるメロディー 激しく染める光の渦 あかりの色が奏でるブルース やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて…  目に浮かぶ 裏通りの風景画 ひしめきあう しゃがれた声の洪水 モノクロームの中に封じ込めた姿を 遠い約束 リズムでかわしましょう  吐きだす言葉に 熱いメロディー 切なくよみがえる デジャブの香り 心を溶かす 色彩のブルース 甘くささやいた吐息が 眠るまで…
シクラメンのかほり真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて過ぎてゆきました  うす紅色のシクラメンほどまぶしいものはない 恋する時の君のようです 木もれ陽あびた君を抱けば 淋しささえもおきざりにして 愛がいつのまにか歩き始めました  疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう  うす紫のシクラメンほど淋しいものはない 後ろ姿の君のようです 暮れ惑う街の別れ道には シクラメンのかほりむなしくゆれて 季節が知らん顔して過ぎてゆきました  疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう中森明菜小椋佳小椋佳古池孝浩真綿色したシクラメンほど清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて過ぎてゆきました  うす紅色のシクラメンほどまぶしいものはない 恋する時の君のようです 木もれ陽あびた君を抱けば 淋しささえもおきざりにして 愛がいつのまにか歩き始めました  疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう  うす紫のシクラメンほど淋しいものはない 後ろ姿の君のようです 暮れ惑う街の別れ道には シクラメンのかほりむなしくゆれて 季節が知らん顔して過ぎてゆきました  疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう
思秋期足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八  無口だけれどあたたかい 心を持ったあのひとの 別れの言葉抱きしめ やがて十九に  心ゆれる秋になって 涙もろい私 青春はこわれもの 愛しても傷つき 青春は忘れもの 過ぎてから気がつく  ふとしたことではじめての くちずけをしたあのひとは ごめんといったそれっきり 声もかけない  卒業式の前の日に 心を告げに来たひとは 私の悩む顔見て 肩をすぼめた  誰も彼も通り過ぎて 二度とここへ来ない 青春はこわれもの 愛しても傷つき 青春は忘れもの 過ぎてから気がつく  ひとりで紅茶のみながら 絵葉書なんか書いている お元気ですかみなさん いつか逢いましょう  無邪気な春の語らいや はなやぐ夏のいたずらや 笑いころげたあれこれ 思う秋の日中森明菜阿久悠三木たかし足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八  無口だけれどあたたかい 心を持ったあのひとの 別れの言葉抱きしめ やがて十九に  心ゆれる秋になって 涙もろい私 青春はこわれもの 愛しても傷つき 青春は忘れもの 過ぎてから気がつく  ふとしたことではじめての くちずけをしたあのひとは ごめんといったそれっきり 声もかけない  卒業式の前の日に 心を告げに来たひとは 私の悩む顔見て 肩をすぼめた  誰も彼も通り過ぎて 二度とここへ来ない 青春はこわれもの 愛しても傷つき 青春は忘れもの 過ぎてから気がつく  ひとりで紅茶のみながら 絵葉書なんか書いている お元気ですかみなさん いつか逢いましょう  無邪気な春の語らいや はなやぐ夏のいたずらや 笑いころげたあれこれ 思う秋の日
思春期いちばん綺麗な 私の季節を あなたに 切り取ってほしい 心の潮騒 春を告げるから 危ない夢も見れそう  跡切れた 言葉の後から 切なさだけ 伝わるのよ 息苦しいほど  あなたいいのよ したいのなら 甘えてもいいのよ したいなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ 私  恋の意味さえも 変えてく季節ね 不思議なめまい 覚えるの  抱きすくめられて 何も考えず あなたに 心預けたい  誰でも 女の子はそう いざとなると 他人まかせ あやふやを 装う  震えながら 揺れてる胸 自由にしていいわ あなたなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ私  あなたいいのよ したいのなら 甘えてもいいのよ したいなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ 私中森明菜売野雅勇芹澤廣明萩田光雄いちばん綺麗な 私の季節を あなたに 切り取ってほしい 心の潮騒 春を告げるから 危ない夢も見れそう  跡切れた 言葉の後から 切なさだけ 伝わるのよ 息苦しいほど  あなたいいのよ したいのなら 甘えてもいいのよ したいなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ 私  恋の意味さえも 変えてく季節ね 不思議なめまい 覚えるの  抱きすくめられて 何も考えず あなたに 心預けたい  誰でも 女の子はそう いざとなると 他人まかせ あやふやを 装う  震えながら 揺れてる胸 自由にしていいわ あなたなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ私  あなたいいのよ したいのなら 甘えてもいいのよ したいなら  目覚めさせて 少女から 後悔しないわ 私
したたる情熱指先もくちびるも あなただけを待っている 散り急ぐ花のように 命を燃やして  いつの日か 気まぐれな 恋に疲れたあなたが この腕にたどりつくと 信じている  偶然街で 見かけた姿に 駆けよる私 露骨にイヤな顔したね  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの  窓越しの流れ星 何度も願いをかける 叶わない夢なんて ないと思いたい  暗闇に怯えても 夜が明けるまでのこと 運命はこの想いの 味方をする  憎めばいいわ あなたの心に 私の愛が こびりついて消せないほど  どんなに背を向けても 追いかけてあげるから 簡単な幸せに 抱きしめられるより ぽとりぽとり またしたたる せつない涙を私は選びたい  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの中森明菜及川眠子服部隆之服部隆之指先もくちびるも あなただけを待っている 散り急ぐ花のように 命を燃やして  いつの日か 気まぐれな 恋に疲れたあなたが この腕にたどりつくと 信じている  偶然街で 見かけた姿に 駆けよる私 露骨にイヤな顔したね  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの  窓越しの流れ星 何度も願いをかける 叶わない夢なんて ないと思いたい  暗闇に怯えても 夜が明けるまでのこと 運命はこの想いの 味方をする  憎めばいいわ あなたの心に 私の愛が こびりついて消せないほど  どんなに背を向けても 追いかけてあげるから 簡単な幸せに 抱きしめられるより ぽとりぽとり またしたたる せつない涙を私は選びたい  どんなにきらわれても 愛さずにいられない どうしようもないのよ たとえ傷ついても ぽとりぽとり いましたたる この情熱さえ私の証しなの
シャット・アウトノックの音が 耳について ペディキュアが うまくぬれない 私は留守よ あきらめて いい加減で 帰ってよ  レコードでも かけてみれば この気分 抜け出せるのに 外のあなたに わかるから ベッドの上に なげたまま  こころシャットアウト あなたをシャットアウト 私のドアはもう開かない あなたの鍵も役に立たない  窓のむこうは 雨の気配 降りだす前に 行ってしまって 濡れても今日は 入れないわ 一度開けたら 水の泡  電話もくれず 放っといて 気まぐれに 現われるひと こうなったのも あなたのせい 気付いてみても 遅いのよ  こころシャットアウト あなたをシャットアウト 私のドアはもう開かない あなたの鍵も役に立たない  こころシャットアウト あなたをシャットアウト こころシャットアウト あなたをシャットアウト中森明菜有川正沙子国安わたる若草恵ノックの音が 耳について ペディキュアが うまくぬれない 私は留守よ あきらめて いい加減で 帰ってよ  レコードでも かけてみれば この気分 抜け出せるのに 外のあなたに わかるから ベッドの上に なげたまま  こころシャットアウト あなたをシャットアウト 私のドアはもう開かない あなたの鍵も役に立たない  窓のむこうは 雨の気配 降りだす前に 行ってしまって 濡れても今日は 入れないわ 一度開けたら 水の泡  電話もくれず 放っといて 気まぐれに 現われるひと こうなったのも あなたのせい 気付いてみても 遅いのよ  こころシャットアウト あなたをシャットアウト 私のドアはもう開かない あなたの鍵も役に立たない  こころシャットアウト あなたをシャットアウト こころシャットアウト あなたをシャットアウト
謝肉祭愛して 愛して 祭りが始まる 愛して 愛して 夜が始まる  のけぞる背中に 喝采の渦 男の視線が 突きささる あなたに放(ほお)った 真赤なバラは 今夜の気持と 受けとって 炎の中 くべた叫び 天をこがすわ  愛して 愛して 祭りは短かい 愛して 愛して 夜も短かい  人よりたくさん いい目に遭(あ)って 人よりたくさん 悲しんだ  ジプシー ジプシー 踊り疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 風の花で舞うだけね  タロット占い 別離(わかれ)のカード 二人の明日が 見えそうね 幸福(しあわせ)な日々に 憧れながら 心の潮騒 消せないの 流れ星が ひとつ消えて 暁の空 愛して 愛して 祭が終るわ 愛して 愛して 夜も終るわ  人よりたくさん 浮名を流し 人よりたくさん 血を流す  ジプシー ジプシー 歌い疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 篭の鳥で鳴くだけね  人よりたくさん 傷つけあって 人よりたくさん 夢を見た  ジプシー ジプシー 恋に疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 一人ぼっちで果てるだけ中森明菜阿木燿子宇崎竜童末松一人愛して 愛して 祭りが始まる 愛して 愛して 夜が始まる  のけぞる背中に 喝采の渦 男の視線が 突きささる あなたに放(ほお)った 真赤なバラは 今夜の気持と 受けとって 炎の中 くべた叫び 天をこがすわ  愛して 愛して 祭りは短かい 愛して 愛して 夜も短かい  人よりたくさん いい目に遭(あ)って 人よりたくさん 悲しんだ  ジプシー ジプシー 踊り疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 風の花で舞うだけね  タロット占い 別離(わかれ)のカード 二人の明日が 見えそうね 幸福(しあわせ)な日々に 憧れながら 心の潮騒 消せないの 流れ星が ひとつ消えて 暁の空 愛して 愛して 祭が終るわ 愛して 愛して 夜も終るわ  人よりたくさん 浮名を流し 人よりたくさん 血を流す  ジプシー ジプシー 歌い疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 篭の鳥で鳴くだけね  人よりたくさん 傷つけあって 人よりたくさん 夢を見た  ジプシー ジプシー 恋に疲れたらどうなるの ジプシー ジプシー 一人ぼっちで果てるだけ
Shangrila青い空 眩しくて星が見えない。  すれ違う人 笑顔だから他人に見えない。  わたしはここにいる。  わたしになるために ここにいる。  あなたはどこにいる?  わたしはここにいる。  風が呼んでいる 光あふれだす 生まれおちた幸せが 朝もやに虹を描く  愛が教えてる 星がみつめてる 命が夢をみるから 明日がくるとこを ……never end you are my love中森明菜夏野芹子岩崎文紀岩崎文紀青い空 眩しくて星が見えない。  すれ違う人 笑顔だから他人に見えない。  わたしはここにいる。  わたしになるために ここにいる。  あなたはどこにいる?  わたしはここにいる。  風が呼んでいる 光あふれだす 生まれおちた幸せが 朝もやに虹を描く  愛が教えてる 星がみつめてる 命が夢をみるから 明日がくるとこを ……never end you are my love
終着駅落葉の舞い散る 停車場は 悲しい女の吹きだまり だから今日もひとり 明日もひとり 涙を捨てにくる 真冬に裸足は 冷たかろう 大きな荷物は 重たかろう なのに今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる 一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は 最終列車が着く度に よくにた女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  肩抱く夜風の なぐさめは 忘れる努力の邪魔になる だから今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる 一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は 最終列車が着く度に よくにた女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる中森明菜千家和也浜圭介千住明落葉の舞い散る 停車場は 悲しい女の吹きだまり だから今日もひとり 明日もひとり 涙を捨てにくる 真冬に裸足は 冷たかろう 大きな荷物は 重たかろう なのに今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる 一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は 最終列車が着く度に よくにた女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる  肩抱く夜風の なぐさめは 忘れる努力の邪魔になる だから今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる 一度離したら 二度とつかめない 愛という名の あたたかい心の鍵は 最終列車が着く度に よくにた女が 降りてくる そして今日もひとり 明日もひとり 過去から逃げてくる
祝福最高に素敵 輝いてるわあなた ずっと前から 話してたよね 早く結婚したいって  風になびいてる ドレスがとても綺麗ね まるで自分のことみたい 心から祝福するわ  おめでとう よかったね 好きな人と 一緒になれたこと 幸せでいっぱいの 投げたブーケ 受け取ったわ ありがとう  最愛の人と 共に生きる幸せ 辛いときでも けんかをしても 手を離さないで絶対  この星に生まれて この星でめぐりあった それだけでも 奇跡なのよ 神様のプレゼントね  愛しあう人々の あふれそうな 笑顔見てるだけで 幸せになれるから 今の気持ち 一生忘れないでいてね  楽しみねどんなふうに としをとってゆくのかな  光に包まれてるチャペルの下 優しくキスをして 人生で一番の晴れ舞台を 私もいつか夢見ている 私もいつか夢見ている…中森明菜園田利隆アルベルト城間藤原いくろう最高に素敵 輝いてるわあなた ずっと前から 話してたよね 早く結婚したいって  風になびいてる ドレスがとても綺麗ね まるで自分のことみたい 心から祝福するわ  おめでとう よかったね 好きな人と 一緒になれたこと 幸せでいっぱいの 投げたブーケ 受け取ったわ ありがとう  最愛の人と 共に生きる幸せ 辛いときでも けんかをしても 手を離さないで絶対  この星に生まれて この星でめぐりあった それだけでも 奇跡なのよ 神様のプレゼントね  愛しあう人々の あふれそうな 笑顔見てるだけで 幸せになれるから 今の気持ち 一生忘れないでいてね  楽しみねどんなふうに としをとってゆくのかな  光に包まれてるチャペルの下 優しくキスをして 人生で一番の晴れ舞台を 私もいつか夢見ている 私もいつか夢見ている…
憧憬昔観た映画のように 時が漂いながれる 流星にはしゃぎながら この丘に立った  空見上げた瞳が まるで泣いているみたい…  その胸に深く抱えている傷み ずっと癒したくて いつも言葉探してた でも気付いた もう二人は 言葉より近いこと  遠回りしたことさえ 今は愛しく思える 何気ない日々の中に 答えはあるのね  あなたと出逢ったから 見えた風景があるわ  この胸を塞ぐ雲の翳を 私 他人のせいにしてた 不意に謎が解けてゆく 澄んだ気持ち 溢れ出して 月明かり仰いだ  決して 夢を縛ることはしたくないの でも今だけ ほんの一瞬 我が儘なこの心が願っている 変わらない永遠を中森明菜川江美奈子Zenkyu妹尾武昔観た映画のように 時が漂いながれる 流星にはしゃぎながら この丘に立った  空見上げた瞳が まるで泣いているみたい…  その胸に深く抱えている傷み ずっと癒したくて いつも言葉探してた でも気付いた もう二人は 言葉より近いこと  遠回りしたことさえ 今は愛しく思える 何気ない日々の中に 答えはあるのね  あなたと出逢ったから 見えた風景があるわ  この胸を塞ぐ雲の翳を 私 他人のせいにしてた 不意に謎が解けてゆく 澄んだ気持ち 溢れ出して 月明かり仰いだ  決して 夢を縛ることはしたくないの でも今だけ ほんの一瞬 我が儘なこの心が願っている 変わらない永遠を
少女APLATINA LYLIC上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があゝ熱いわ 鏡に向って 微笑(ほほえ)みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ… 他人(ひと)が言うほど ドライじゃないの 本当は臆病 分かってほしいのあなた……  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女APLATINA LYLIC中森明菜売野雅勇芹澤廣明上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ 思わせぶりに 口びるぬらし きっかけぐらいは こっちでつくってあげる  いわゆる普通の 17歳だわ 女の子のこと 知らなすぎるのあなた… 早熟なのは しかたないけど 似たようなこと 誰でもしているのよ  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  頬づえついて あなたを想えば 胸の高鳴り 耳があゝ熱いわ 鏡に向って 微笑(ほほえ)みつくる 黄昏れ時は 少女を大人に変える  素肌と心は ひとつじゃないのね ルージュの口びる かすかに震えてるわ… 他人(ひと)が言うほど ドライじゃないの 本当は臆病 分かってほしいのあなた……  じれったい じれったい 結婚するとか しないとかなら じれったい じれったい そんなのどうでも 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A  じれったい じれったい 何歳(いくつ)に見えても 私 誰でも じれったい じれったい 私は私よ 関係ないわ  特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A
精霊流し去年のあなたの想い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのために お友達も 集まってくれました 二人でこさえた おそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます せんこう花火が見えますか 空の上から 約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう 私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ廻って 精霊流しが華やかに始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が奏いてみました いつの間にかさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです 約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って 舟のあとを ついてゆきましょう 人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに中森明菜さだまさしさだまさし鳥山雄司去年のあなたの想い出が テープレコーダーから こぼれています あなたのために お友達も 集まってくれました 二人でこさえた おそろいの 浴衣も今夜は一人で着ます せんこう花火が見えますか 空の上から 約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう そしてあなたの舟のあとを ついてゆきましょう 私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎ廻って 精霊流しが華やかに始まるのです  あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が奏いてみました いつの間にかさびついた糸で くすり指を切りました あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅黄色 わずかの間に年老いて 寂しそうです 約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう そして黙って 舟のあとを ついてゆきましょう 人ごみの中を縫う様に 静かに時間が通り過ぎます あなたと私の人生を かばうみたいに
処女伝説シャワーを浴びたら あなたも男ね しぶきを散らして 私を射止める 裏窓が燃えて 夕日が落ちるわ このまま抱かれて 異邦人になれ  ア・ア・ア ここはどこ きっとギリシャね 海が近いわ 永遠(とわ)を祈るの 今二人は 愛の途中ね  あなたに逢った瞬間 からだが過去を無くしたの 懺悔(ざんげ)のキッス重ねて 罪深い身を清める 夏めいた素肌までが 口ずさむその歌は讃美歌  ラジオが知らない言葉を話すと 砂漠からの風 部屋にあふれだす  ア・ア・ア 夢千里 命ひとつね たどり着くまで すごいスピード 今二人は 愛の途中ね  私の中の悪女が 最後のパンを求める あやしい波が寄せると 胸にクロスがくい込む 女ごと生まれ変わり 口ずさむその歌は讃美歌  あなたに逢った瞬間 からだが過去を無くしたの 懺悔(ざんげ)のキッス重ねて 罪深い身を清める 夏めいた素肌までが 口ずさむその歌は讃美歌中森明菜FUMIKO原田真二シャワーを浴びたら あなたも男ね しぶきを散らして 私を射止める 裏窓が燃えて 夕日が落ちるわ このまま抱かれて 異邦人になれ  ア・ア・ア ここはどこ きっとギリシャね 海が近いわ 永遠(とわ)を祈るの 今二人は 愛の途中ね  あなたに逢った瞬間 からだが過去を無くしたの 懺悔(ざんげ)のキッス重ねて 罪深い身を清める 夏めいた素肌までが 口ずさむその歌は讃美歌  ラジオが知らない言葉を話すと 砂漠からの風 部屋にあふれだす  ア・ア・ア 夢千里 命ひとつね たどり着くまで すごいスピード 今二人は 愛の途中ね  私の中の悪女が 最後のパンを求める あやしい波が寄せると 胸にクロスがくい込む 女ごと生まれ変わり 口ずさむその歌は讃美歌  あなたに逢った瞬間 からだが過去を無くしたの 懺悔(ざんげ)のキッス重ねて 罪深い身を清める 夏めいた素肌までが 口ずさむその歌は讃美歌
白い迷い(ラビリンス)怖くなるわ突然 恋の強さには 自分の想いばかり あなたに押しつけて  電話を思いがけず 途中で切られて はじめて気づく私 迷惑なのですか  迷う心映し 白い雪が ふいに目の前を よぎって行く  あなたをこんなに愛して… なのに ひとりよがりなら 苦しくてつらすぎる  つぶやく声が細く 夜にふるえてる 恋心は叫びに 変わるほど熱くて  愛を私からは ねだらないわ 長い片思い それでもいい  あなたのすべてを 愛して今は 私のすべては 限りなくささげます あなたのすべてを愛して… 白く 降りしきる想い 雪ほどにきれいです 迷いだけ 舞うばかり中森明菜来生えつこ来生たかお怖くなるわ突然 恋の強さには 自分の想いばかり あなたに押しつけて  電話を思いがけず 途中で切られて はじめて気づく私 迷惑なのですか  迷う心映し 白い雪が ふいに目の前を よぎって行く  あなたをこんなに愛して… なのに ひとりよがりなら 苦しくてつらすぎる  つぶやく声が細く 夜にふるえてる 恋心は叫びに 変わるほど熱くて  愛を私からは ねだらないわ 長い片思い それでもいい  あなたのすべてを 愛して今は 私のすべては 限りなくささげます あなたのすべてを愛して… 白く 降りしきる想い 雪ほどにきれいです 迷いだけ 舞うばかり
SINGERワイングラスに 揺れる夜景 今日も最後の ダンスナンバー  wooh~ すましながら wooh~ 唄うけれど  あなただけには わかるはずね これが二人の ラストナンバー  wooh~ 目を閉じれば wooh~ 今も熱い  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 想い出を消して wooh Hold me tight 何も言わず… wooh  灯りを消し 踊った夜 見つめ合えばよかった“Baby, look at me!”  wooh~ あなただけに wooh~ 唄う私  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 哀しみを止めて wooh Hold me tight 少しでいい…… wooh  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 哀しみを止めて wooh Hold me tight 少しでいい…… wooh中森明菜ShowOsny S.Meloワイングラスに 揺れる夜景 今日も最後の ダンスナンバー  wooh~ すましながら wooh~ 唄うけれど  あなただけには わかるはずね これが二人の ラストナンバー  wooh~ 目を閉じれば wooh~ 今も熱い  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 想い出を消して wooh Hold me tight 何も言わず… wooh  灯りを消し 踊った夜 見つめ合えばよかった“Baby, look at me!”  wooh~ あなただけに wooh~ 唄う私  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 哀しみを止めて wooh Hold me tight 少しでいい…… wooh  Hold me tight さよならの前に wooh Hold me tight 哀しみを止めて wooh Hold me tight 少しでいい…… wooh
thinking of youBlue in the sky 何かが変わり 残された日々 I'm all alone Just you don't love me もう戻れない All my chances has gone when I miss you  Uoh baby call my name Uoh baby kiss me now もう一度だけと願う  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool いまでも I love you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  Say you're here to stay ただそれだけで Rainy days fade way すべてが My heart can't go on 解けない答え どうしたらいい It ain't workin'  Uoh baby care for me Uoh babe there for me もう一度だけと願う  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool 言わせて I hate you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  I could have said something 重ねた日々 In some way I could have done something, but Time has gone and passed And I know.... 戻せない わかってるけど I just can't seem to find a way…  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool いまでも I love you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  thinking of you It's be long time中森明菜新屋豊新屋豊Blue in the sky 何かが変わり 残された日々 I'm all alone Just you don't love me もう戻れない All my chances has gone when I miss you  Uoh baby call my name Uoh baby kiss me now もう一度だけと願う  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool いまでも I love you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  Say you're here to stay ただそれだけで Rainy days fade way すべてが My heart can't go on 解けない答え どうしたらいい It ain't workin'  Uoh baby care for me Uoh babe there for me もう一度だけと願う  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool 言わせて I hate you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  I could have said something 重ねた日々 In some way I could have done something, but Time has gone and passed And I know.... 戻せない わかってるけど I just can't seem to find a way…  My heart's still breaking, so I miss you even more and more 断ち切れない like a fool いまでも I love you もう耐えられないの ひとりに どうしても I can't stop thinking of you My heart's still breaking, so I miss you even more and more 笑った顔 Happiness いまでも missin' you まだ何を待ってるの いまさら 失った愛 I can't stop thinking of you It's true  thinking of you It's be long time
シングル・アゲインあなたを連れ去る あの女性(ひと)の影に 怯えて暮らした 日々はもう遠い 離れてしまえば 薄れゆく記憶 愛していたのかも 思い出せないほどよ また独りに返ったと 風の便りに聞いてから 忘れかけた想いが 胸の中でざわめく 私と同じ痛みを あなたも感じてるなら 電話ぐらいくれてもいいのに  変わり続けてく 街並のように もとには戻れない 若き日のふたり 彼女を選んだ 理由(わけ)さえ聞けずに ただ季節は流れ 見失った約束 もし再び出会って 瞳を探り合っても 隔てた時間(とき)を埋める すべは何ひとつない 手放した恋を今 あなたも悔やんでるなら やっと本当のさよならできる中森明菜竹内まりや竹内まりや千住明あなたを連れ去る あの女性(ひと)の影に 怯えて暮らした 日々はもう遠い 離れてしまえば 薄れゆく記憶 愛していたのかも 思い出せないほどよ また独りに返ったと 風の便りに聞いてから 忘れかけた想いが 胸の中でざわめく 私と同じ痛みを あなたも感じてるなら 電話ぐらいくれてもいいのに  変わり続けてく 街並のように もとには戻れない 若き日のふたり 彼女を選んだ 理由(わけ)さえ聞けずに ただ季節は流れ 見失った約束 もし再び出会って 瞳を探り合っても 隔てた時間(とき)を埋める すべは何ひとつない 手放した恋を今 あなたも悔やんでるなら やっと本当のさよならできる
Seashoreきっと あなたは 今夜変わる 雲の切れ間に覗く月 ずっと 見つからない鍵なら Just try changing the way 感傷なら いらない 今夜は  街をくぐり抜け 目指してく浜辺 月明かりにヒカル 黄金のsands  So let me go 古い地図は置いてくわ 途切れて 消えそうになる時はいつだって How far to go? 街の灯(ひ)はそばだから 甘えて 進めるだけ歩いてく seashore keep movin'on  「秘めた 想いなら 負けないわ」 そんな 弱気なways 忘れて たったひとつ 脱ぎ捨てるだけで You may find a way 残像なら いらない これ以上  かたくなにつぶった 瞳を開けば 夕闇に広がる 七色のwaves  So let it go 偶然吹いてくる風に 集めた 同じ色の「自分」を かざして and let all go 曖昧さ 振り分けたら 湧き出す 新しい朝 再開の seashore just startin'on  So let it go 偶然吹いてくる風に 集めた 同じ色の「自分」を かざして and let all go 曖昧さ 振り分けたら 湧き出す 新しい朝 再開の seashore just startin'on中森明菜Adya平田祥一郎きっと あなたは 今夜変わる 雲の切れ間に覗く月 ずっと 見つからない鍵なら Just try changing the way 感傷なら いらない 今夜は  街をくぐり抜け 目指してく浜辺 月明かりにヒカル 黄金のsands  So let me go 古い地図は置いてくわ 途切れて 消えそうになる時はいつだって How far to go? 街の灯(ひ)はそばだから 甘えて 進めるだけ歩いてく seashore keep movin'on  「秘めた 想いなら 負けないわ」 そんな 弱気なways 忘れて たったひとつ 脱ぎ捨てるだけで You may find a way 残像なら いらない これ以上  かたくなにつぶった 瞳を開けば 夕闇に広がる 七色のwaves  So let it go 偶然吹いてくる風に 集めた 同じ色の「自分」を かざして and let all go 曖昧さ 振り分けたら 湧き出す 新しい朝 再開の seashore just startin'on  So let it go 偶然吹いてくる風に 集めた 同じ色の「自分」を かざして and let all go 曖昧さ 振り分けたら 湧き出す 新しい朝 再開の seashore just startin'on
JEALOUS CANDLEJealousy ぬくもりを忘れかけた夜 逢いたい……涙燃える想いつのれば  Wowow 誰があなたの そばにいても変わらない Ah 私の愛は 流れる時間を超えて開いているの  Ah 夢を失くして彷徨う時も Ah 傷ついて辿り着くのは私の胸 そんな女性になりたい  Jealousy 少年の微笑い顔をして 愛する幸福を教えてくれたわ  Wowow 守っていたい 幻変えていつの日も Ah 淋しさ真紅く夜空に放ちながら  Wowow 抱きしめていて 切ないほど燃えあがる Ah 私の愛は 流れる時間を超えて開いているの中森明菜吉元由美小林明子Jealousy ぬくもりを忘れかけた夜 逢いたい……涙燃える想いつのれば  Wowow 誰があなたの そばにいても変わらない Ah 私の愛は 流れる時間を超えて開いているの  Ah 夢を失くして彷徨う時も Ah 傷ついて辿り着くのは私の胸 そんな女性になりたい  Jealousy 少年の微笑い顔をして 愛する幸福を教えてくれたわ  Wowow 守っていたい 幻変えていつの日も Ah 淋しさ真紅く夜空に放ちながら  Wowow 抱きしめていて 切ないほど燃えあがる Ah 私の愛は 流れる時間を超えて開いているの
ジプシー・クイーンGOLD LYLIC百二十五頁で 終わった二人 燃える愛の途中で Ah すべて  Wine色を染める 重い空に嘆(なげ)き アスファルトのBedに ため息こぼれる  貴方の胸で やせた ランプ灯(とも)し 終わりのない運命 踊っていたけど  男と女は謎 貴方は別の 女(ひと)を愛し 私は Ah 一人  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  夢みる女 一人眠る夜は 夢をさがす女が一人 目をさます  誰も見た事がない 時間(とき)にかくれて 愛は神のあやつる Ah 不思議  貴方との日々今は かくしてしまったから 以前(まえ)より悲しいけど 寒くない タロット・カード捨てて 夜明けを重ねてゆく 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーンGOLD LYLIC中森明菜松本一起国安わたる百二十五頁で 終わった二人 燃える愛の途中で Ah すべて  Wine色を染める 重い空に嘆(なげ)き アスファルトのBedに ため息こぼれる  貴方の胸で やせた ランプ灯(とも)し 終わりのない運命 踊っていたけど  男と女は謎 貴方は別の 女(ひと)を愛し 私は Ah 一人  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  夢みる女 一人眠る夜は 夢をさがす女が一人 目をさます  誰も見た事がない 時間(とき)にかくれて 愛は神のあやつる Ah 不思議  貴方との日々今は かくしてしまったから 以前(まえ)より悲しいけど 寒くない タロット・カード捨てて 夜明けを重ねてゆく 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン
十戒(1984)PLATINA LYLIC愚図ねカッコつけてるだけで 何もひとりきりじゃできない  過保護すぎたようね 優しさは軟弱さの言い訳なのよ  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられないかぎり 限界なんだわ 坊やイライラするわ  すぐに愛を口にするけど それじゃ何も解決しない  ちょっと甘い顔をするたびに ツケ上るの悪い習性だわ  優しいだけじゃもう物足りないのよ 今の男の子みんな涙見せたがり 甘えてるわ 止めて冗談じゃない  ちゃんとハッキリしてよ この辺で ギリギリよもどかしいわね  救いのない人ね 哀しくなるのよ 私好きならば方法あるはずよ でなきゃさよならね いいわ冗談じゃない  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられたら きっと 好きになれたはず…坊やイライラするわPLATINA LYLIC中森明菜売野雅勇高中正義愚図ねカッコつけてるだけで 何もひとりきりじゃできない  過保護すぎたようね 優しさは軟弱さの言い訳なのよ  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられないかぎり 限界なんだわ 坊やイライラするわ  すぐに愛を口にするけど それじゃ何も解決しない  ちょっと甘い顔をするたびに ツケ上るの悪い習性だわ  優しいだけじゃもう物足りないのよ 今の男の子みんな涙見せたがり 甘えてるわ 止めて冗談じゃない  ちゃんとハッキリしてよ この辺で ギリギリよもどかしいわね  救いのない人ね 哀しくなるのよ 私好きならば方法あるはずよ でなきゃさよならね いいわ冗談じゃない  発破かけたげる さあカタつけてよ やわな生き方を変えられたら きっと 好きになれたはず…坊やイライラするわ
条件反射ちょっと 写真うつり よかっただけ そして 人あたりも よかっただけ 追いかけるほど好きじゃないわ ひと晩 眠って忘れる  自動扉が 開いて閉じて 日暮れの街に あなた出てゆく 生意気涙が こぼれて落ちる 逆流 条件反射 目を 伏せたわ ぎりぎり意地くらべ 今 8ビート  どこか淋しそうと 感じてたから それを優しそうと 感じてたから 夢ではとっくに 抱かれてるのに あなたの強さに おびえた  たかがトラブル だから気がかり どっちつかずで 苛立つばかり あなたも今頃 迷ってるはず N.G 条件反射 青信号 通りを横切って あなたは消えてく  光る稲妻 急に夕立ち 胸の底まで どしゃ降りになる 生意気盛りに ピリオド打つわ 瞬間 条件反射 追いかけるわ 後悔の嵐は 今 8ビート中森明菜中里綴三室のぼるちょっと 写真うつり よかっただけ そして 人あたりも よかっただけ 追いかけるほど好きじゃないわ ひと晩 眠って忘れる  自動扉が 開いて閉じて 日暮れの街に あなた出てゆく 生意気涙が こぼれて落ちる 逆流 条件反射 目を 伏せたわ ぎりぎり意地くらべ 今 8ビート  どこか淋しそうと 感じてたから それを優しそうと 感じてたから 夢ではとっくに 抱かれてるのに あなたの強さに おびえた  たかがトラブル だから気がかり どっちつかずで 苛立つばかり あなたも今頃 迷ってるはず N.G 条件反射 青信号 通りを横切って あなたは消えてく  光る稲妻 急に夕立ち 胸の底まで どしゃ降りになる 生意気盛りに ピリオド打つわ 瞬間 条件反射 追いかけるわ 後悔の嵐は 今 8ビート
SWEET SUSPICIONシネマを巻き戻して 騒がしい場面流す 静寂に なるのが恐くて  見慣れぬ軽いシガレット 誰かの匂い 息がつまりそうになる 耳たぶの ピアスに 噛みつく  問い詰めたなら 壊れてしまいそう はかなく…  My Sweet Suspicion 疑惑に満ちた 唇 重ねる Mystery Night  自惚れた愛に溺れて 流されてゆくだけ…  □をつけることなく 冷めきったジャスミンティー  アルパムに のりそこねた写真  あなたの部屋から見る 街灯りは 淋しさを飽和させてく 胸の奥 あなたが見透かす  電話のコード 抜いてしまいたい 出来ない  My Sweet Labyrinth 彷徨いながら いつか本当の愛になる  一瞬の幸せでいい ずっと守リたくて…  Sweet Suspicion 疑惑に満ちた 唇 重ねる Mystery Night  自惚れた愛に溺れて 流されてゆくだけ…中森明菜久和カノン千沢仁迫田到シネマを巻き戻して 騒がしい場面流す 静寂に なるのが恐くて  見慣れぬ軽いシガレット 誰かの匂い 息がつまりそうになる 耳たぶの ピアスに 噛みつく  問い詰めたなら 壊れてしまいそう はかなく…  My Sweet Suspicion 疑惑に満ちた 唇 重ねる Mystery Night  自惚れた愛に溺れて 流されてゆくだけ…  □をつけることなく 冷めきったジャスミンティー  アルパムに のりそこねた写真  あなたの部屋から見る 街灯りは 淋しさを飽和させてく 胸の奥 あなたが見透かす  電話のコード 抜いてしまいたい 出来ない  My Sweet Labyrinth 彷徨いながら いつか本当の愛になる  一瞬の幸せでいい ずっと守リたくて…  Sweet Suspicion 疑惑に満ちた 唇 重ねる Mystery Night  自惚れた愛に溺れて 流されてゆくだけ…
SWEET DREAMS(ARE MADE OF THIS)Sweet dreams are made of this Who am I to disagree? I travel the world And the seven seas…… Everybody's looking for something.  Some of them want to use you Some of them want to get used by you Some of them want to abuse you Some of them want to be abused.  (Hold your head up…… Keep your head up…… MOVIN'ON)中森明菜Dave Stewart・Annie LennoxDave Stewart・Annie LennoxKengo Sasaki aka"DJ cool-k"Sweet dreams are made of this Who am I to disagree? I travel the world And the seven seas…… Everybody's looking for something.  Some of them want to use you Some of them want to get used by you Some of them want to abuse you Some of them want to be abused.  (Hold your head up…… Keep your head up…… MOVIN'ON)
SWEET RAINほんとはね ずっと 言えなかったことがあるの 駐車場の片隅で 傘もささないまま  いつもなら もっと 素直になれたのに 意地はって放した手 あなたは見えない  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに  いつもなら そっと 二人手を繋いで 歩くこの道さえも 今は悲しくて  優しい雨の 涙に包まれて もう二度と戻れないわけを 聞かせて ほしいの 優しい雨の 向こう側には あなたといた 日々が 今でも 映るよ  混み合う交差点 あなたの背中探してる 抱きしめて 今すぐに あの頃のように  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに中森明菜Ryohei Matsufuji河野圭河野圭ほんとはね ずっと 言えなかったことがあるの 駐車場の片隅で 傘もささないまま  いつもなら もっと 素直になれたのに 意地はって放した手 あなたは見えない  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに  いつもなら そっと 二人手を繋いで 歩くこの道さえも 今は悲しくて  優しい雨の 涙に包まれて もう二度と戻れないわけを 聞かせて ほしいの 優しい雨の 向こう側には あなたといた 日々が 今でも 映るよ  混み合う交差点 あなたの背中探してる 抱きしめて 今すぐに あの頃のように  優しい雨の 涙に包まれて 「これ以上側にいられない」 あなたと いたいの 優しい雨の 向こう側には 雨上がりの 空が 必ず あるのに
少しだけスキャンダル盗んでくちびる 秘密の香り… 少しだけ…スキャンダル  盗んでくちびる秘密の香りに 魅せられた様なショックが欲しい ドキッとするような視線あびせるアナタの胸に よろめいたふりでとび込みたいの  季節はずれの恋に… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…  奪ってくちびるみだらな香りに とける様な熱い胸さわぎ ふるえる肩にそっとアナタの指がふれたら 何にも言わずに瞳をとじる  夏が残した恋ね… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…  夏が残した恋ね… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…中森明菜盗んでくちびる 秘密の香り… 少しだけ…スキャンダル  盗んでくちびる秘密の香りに 魅せられた様なショックが欲しい ドキッとするような視線あびせるアナタの胸に よろめいたふりでとび込みたいの  季節はずれの恋に… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…  奪ってくちびるみだらな香りに とける様な熱い胸さわぎ ふるえる肩にそっとアナタの指がふれたら 何にも言わずに瞳をとじる  夏が残した恋ね… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…  夏が残した恋ね… こんなに燃えるなんて… 熱いシャワー浴びたら 心までとけそうヨ アナタ…
スタンダード・ナンバー時は忍び足で 心を横切るよ 何か話しかけてくれないか  あっけないKISSのあと ヘッドライトを消して 猫のように眠る月を見た  好きと言わない お前のことを 息を殺しながら考えてた  愛ってよくわからないけど 傷つく感じがいいね  泣くなんて馬鹿だな 肩をすくめながら 本気になりそうな俺なのさ  深入りしちゃだめさ つぶやきのリズムも 揺れる瞳見れば 乱れるよ  煙草がけむいわと 細めに開けた窓 潮の匂いだけが流れこむ  ドアを開いて 独り 海へ 歩くお前を車で見てたよ  愛ってよくわからないけど 傾く心がいいね  笑っちゃう泣かれて 口説くのも忘れた ほろ苦い男の優しささ 男の優しささ中森明菜松本隆南佳孝鳥山雄司時は忍び足で 心を横切るよ 何か話しかけてくれないか  あっけないKISSのあと ヘッドライトを消して 猫のように眠る月を見た  好きと言わない お前のことを 息を殺しながら考えてた  愛ってよくわからないけど 傷つく感じがいいね  泣くなんて馬鹿だな 肩をすくめながら 本気になりそうな俺なのさ  深入りしちゃだめさ つぶやきのリズムも 揺れる瞳見れば 乱れるよ  煙草がけむいわと 細めに開けた窓 潮の匂いだけが流れこむ  ドアを開いて 独り 海へ 歩くお前を車で見てたよ  愛ってよくわからないけど 傾く心がいいね  笑っちゃう泣かれて 口説くのも忘れた ほろ苦い男の優しささ 男の優しささ
STAR PILOT宇宙の果てから果て 飛んでる気分 うかつに抱かれてみた あの時からよ だってあなたは Star Pilot 無重力の恍惚(こうこつ)をくれるわ……… Star Pilot 喜劇にすぎないのね かまえたとこで 一枚あなたが上 主役をどうぞ そんな急いで Star Pilot 長い夜を 一瞬にしないで Star Pilot  ねぇ ここはどのあたり Tell Me ねぇ 顔をあげたら 堕ちてしまう Ah 高くもっと 高く Fly High 愛して欲しいと Baby 照れずに云えそう Baby  嵐にはがれてゆく 私のかけら 素直な女にして あなたの胸で そしてこのまま Star Pilot つれて行って 永遠の向うへ Star Pilot……  めまいとめまいの隙(すき) おぼろに見える 出逢いと出逢いの糸 たしかに真紅 多分あなたね Star Pilot 母(ママ)の中で あこがれていたのは……… Star Pilot  ねぇ そこにいるんでしょう Touch Me ねぇ 荒い息しか 聞こえないわ Ah 現世(うつつ)なんか こえて Fly High 愛しているって Baby こうすることなの Baby  嵐にはがれてゆく 私のかけら 素直な女にして あなたの胸で そしてこのまま Star Pilot つれて行って 永遠の向うへ Star Pilot Star Pilot つれて行って Star Pilot中森明菜ちあき哲也忌野清志郎・小林和生後藤次利宇宙の果てから果て 飛んでる気分 うかつに抱かれてみた あの時からよ だってあなたは Star Pilot 無重力の恍惚(こうこつ)をくれるわ……… Star Pilot 喜劇にすぎないのね かまえたとこで 一枚あなたが上 主役をどうぞ そんな急いで Star Pilot 長い夜を 一瞬にしないで Star Pilot  ねぇ ここはどのあたり Tell Me ねぇ 顔をあげたら 堕ちてしまう Ah 高くもっと 高く Fly High 愛して欲しいと Baby 照れずに云えそう Baby  嵐にはがれてゆく 私のかけら 素直な女にして あなたの胸で そしてこのまま Star Pilot つれて行って 永遠の向うへ Star Pilot……  めまいとめまいの隙(すき) おぼろに見える 出逢いと出逢いの糸 たしかに真紅 多分あなたね Star Pilot 母(ママ)の中で あこがれていたのは……… Star Pilot  ねぇ そこにいるんでしょう Touch Me ねぇ 荒い息しか 聞こえないわ Ah 現世(うつつ)なんか こえて Fly High 愛しているって Baby こうすることなの Baby  嵐にはがれてゆく 私のかけら 素直な女にして あなたの胸で そしてこのまま Star Pilot つれて行って 永遠の向うへ Star Pilot Star Pilot つれて行って Star Pilot
ステキな恋の忘れ方青くたそがれた頃 恋に気がついた夜 街がキラメクまでに 早く口づけを 遊びのように 終らせて  悪い大人の歌が あまく せつなく響く 恋がはなやかなうち 少し さみしそうに あなたのそばで 踊らせて  あなたに聞いてみたいのは ステキな恋の忘れ方 それとも愛は この胸に刻まれたの?  遠く流されてゆく 今はささやいて いつものように 眠らせて  風が夜空を走り 星をちりばめてゆく あなた 見とれてないで 強く抱きしめて 遊びのように 終らせて  あなたに聞いてみたいのは ステキな恋の忘れ方 それとも愛はこの胸に刻まれたの?  遠く流されてゆく 今はなにもかも 忘れるように 眠らせて 眠らせて中森明菜井上陽水井上陽水新屋豊青くたそがれた頃 恋に気がついた夜 街がキラメクまでに 早く口づけを 遊びのように 終らせて  悪い大人の歌が あまく せつなく響く 恋がはなやかなうち 少し さみしそうに あなたのそばで 踊らせて  あなたに聞いてみたいのは ステキな恋の忘れ方 それとも愛は この胸に刻まれたの?  遠く流されてゆく 今はささやいて いつものように 眠らせて  風が夜空を走り 星をちりばめてゆく あなた 見とれてないで 強く抱きしめて 遊びのように 終らせて  あなたに聞いてみたいのは ステキな恋の忘れ方 それとも愛はこの胸に刻まれたの?  遠く流されてゆく 今はなにもかも 忘れるように 眠らせて 眠らせて
ストライプ恋なら今はまどろんで 真昼の海もおだやかで 波風少し立つ日には 心も少し揺れるけど  あなたといる窓辺 肩を寄せては海を見る かけがえのないひととき  出逢いのハレーション そんなときめきもう一度 私感じているの  愛した時間だけわがままになるけど おだやかすぎるから横切るぜいたくね  恋さえ今はほどよくて カーテンのかげ涼しくて 光を横切るストライプ 心は少し縞模様  あなたの濡れた髪 乾く手前がいつも好き それは変わらないけど  出逢いのハレーション そんなときめきもう一度 あなた感じているの  愛した時間だけ季節も変わるけど おだやかすぎるから変化も欲しくなる  恋さえ今はほどよくて カーテンのかげ涼しくて 光を横切るストライプ 心は少し縞模様中森明菜来生えつこ来生たかお恋なら今はまどろんで 真昼の海もおだやかで 波風少し立つ日には 心も少し揺れるけど  あなたといる窓辺 肩を寄せては海を見る かけがえのないひととき  出逢いのハレーション そんなときめきもう一度 私感じているの  愛した時間だけわがままになるけど おだやかすぎるから横切るぜいたくね  恋さえ今はほどよくて カーテンのかげ涼しくて 光を横切るストライプ 心は少し縞模様  あなたの濡れた髪 乾く手前がいつも好き それは変わらないけど  出逢いのハレーション そんなときめきもう一度 あなた感じているの  愛した時間だけ季節も変わるけど おだやかすぎるから変化も欲しくなる  恋さえ今はほどよくて カーテンのかげ涼しくて 光を横切るストライプ 心は少し縞模様
Spicy Heart不器用な原石は ぶつかる 悩みから 行く先を 選んで とまらない 好奇心 その先を 知りたい ah I show you my spicy heart 自分を信じる I show you my spicy heart  絡みつく こだわりに さよなら しなやかな 弓のよに 生きれば  捨てるもの 捨てるたび だんだんと きれいに ah I show you my spicy heart スタイル見つけて I show you my spicy heart 未来を楽しむ  I shuffle my cards again 自分を愛せば No time for looking back 誰かも愛せる I show you my spicy heart 願いを叶える Spicy heart中森明菜真間稜宇野俊秀奈良部匠平不器用な原石は ぶつかる 悩みから 行く先を 選んで とまらない 好奇心 その先を 知りたい ah I show you my spicy heart 自分を信じる I show you my spicy heart  絡みつく こだわりに さよなら しなやかな 弓のよに 生きれば  捨てるもの 捨てるたび だんだんと きれいに ah I show you my spicy heart スタイル見つけて I show you my spicy heart 未来を楽しむ  I shuffle my cards again 自分を愛せば No time for looking back 誰かも愛せる I show you my spicy heart 願いを叶える Spicy heart
スローなブギにしてくれ(I want you)Want you 俺の肩を抱きしめてくれ 生き急いだ男の 夢を憐れんで  Want you 焦らずに知り合いたいね マッチひとつ摺って 顔を見せてくれ  人生はゲーム 誰れも自分を 愛しているだけの 悲しいゲームさ  Want you 弱いとこを見せちまったね 強いジンのせいさ おまえが欲しい  人生はゲーム 互いの傷を 慰め合えれば 答えはいらない  Want you I want you 俺の肩を抱きしめてくれ 理由なんかないさ おまえが欲しい おまえが欲しい中森明菜松本隆南佳孝千住明Want you 俺の肩を抱きしめてくれ 生き急いだ男の 夢を憐れんで  Want you 焦らずに知り合いたいね マッチひとつ摺って 顔を見せてくれ  人生はゲーム 誰れも自分を 愛しているだけの 悲しいゲームさ  Want you 弱いとこを見せちまったね 強いジンのせいさ おまえが欲しい  人生はゲーム 互いの傷を 慰め合えれば 答えはいらない  Want you I want you 俺の肩を抱きしめてくれ 理由なんかないさ おまえが欲しい おまえが欲しい
スローモーションPLATINA LYLIC砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び 振り向くと遠く人影 渚を駆けて来る  ふいに背すじを抜けて 恋の予感甘く走った  出逢いは スローモーション 軽いめまい 誘うほどに 出逢いは スローモーション 瞳の中 映るひと  ストライド 長い脚先(あしさき) ゆっくりよぎってく そのあとを駆けるシェパード 口笛吹くあなた  夏の恋人候補 現われたのこんな早くに  出逢いは スローモーション 心だけが 先走りね あなたの ラブモーション 交わす言葉に 感じるわ  出逢いは スローモーション 恋の景色 ゆるやかだわ 出逢いは スローモーション 恋の速度 ゆるやかに  砂の上 刻むステップ 今あなたと共にPLATINA LYLIC中森明菜来生えつこ来生たかお砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び 振り向くと遠く人影 渚を駆けて来る  ふいに背すじを抜けて 恋の予感甘く走った  出逢いは スローモーション 軽いめまい 誘うほどに 出逢いは スローモーション 瞳の中 映るひと  ストライド 長い脚先(あしさき) ゆっくりよぎってく そのあとを駆けるシェパード 口笛吹くあなた  夏の恋人候補 現われたのこんな早くに  出逢いは スローモーション 心だけが 先走りね あなたの ラブモーション 交わす言葉に 感じるわ  出逢いは スローモーション 恋の景色 ゆるやかだわ 出逢いは スローモーション 恋の速度 ゆるやかに  砂の上 刻むステップ 今あなたと共に
セカンド・ラブPLATINA LYLIC恋も二度目なら 少しは上手(じょうず)に 愛のメッセージ 伝えたい  あなたのセーター 袖口つまんで うつむくだけなんて  帰りたくない そばにいたいの そのひとことが 言えない  抱きあげて つれてって 時間ごと どこかへ 運んでほしい せつなさの スピードは高まって とまどうばかりの私  恋も二度目なら 少しは器用に 甘いささやきに 応(こた)えたい  前髪を少し 直すふりをして うつむくだけなんて  舗道に伸びた あなたの影を 動かぬように 止めたい  抱きあげて 時間ごと 体ごと 私をさらってほしい せつなさが クロスするさよならに 追いかけられるのイヤよ  抱きあげ てつれてって 時間ごと どこかへ 運んでほしい せつなさは モノローグ胸の中 とまどうばかりの私PLATINA LYLIC中森明菜来生えつこ来生たかお武部聡志恋も二度目なら 少しは上手(じょうず)に 愛のメッセージ 伝えたい  あなたのセーター 袖口つまんで うつむくだけなんて  帰りたくない そばにいたいの そのひとことが 言えない  抱きあげて つれてって 時間ごと どこかへ 運んでほしい せつなさの スピードは高まって とまどうばかりの私  恋も二度目なら 少しは器用に 甘いささやきに 応(こた)えたい  前髪を少し 直すふりをして うつむくだけなんて  舗道に伸びた あなたの影を 動かぬように 止めたい  抱きあげて 時間ごと 体ごと 私をさらってほしい せつなさが クロスするさよならに 追いかけられるのイヤよ  抱きあげ てつれてって 時間ごと どこかへ 運んでほしい せつなさは モノローグ胸の中 とまどうばかりの私
セクシャルバイオレット No.1うすい生麻に 着換えた女は くびれたラインがなお悲しいね ファッション雑誌を膝から落として 駆けよる心が たまらないほど  フッ・フッ・フッ 色っぽいぜ 男と女の長い道程 もう俺は迷わない You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  情熱の朱 哀愁の青 今、混ぜながら 夢の世界へ あー そこから先は You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  他の女を抱くより淋しい もらい泣きしても愛に溺れる  フッ・フッ・フッ 色っぽいぜ 女と男の回り道なら もう俺は迷わない You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  ときめきの赤 吐息の青 今、溶け出した夢の世界へ あー そこから先は You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1中森明菜松本隆筒美京平うすい生麻に 着換えた女は くびれたラインがなお悲しいね ファッション雑誌を膝から落として 駆けよる心が たまらないほど  フッ・フッ・フッ 色っぽいぜ 男と女の長い道程 もう俺は迷わない You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  情熱の朱 哀愁の青 今、混ぜながら 夢の世界へ あー そこから先は You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  他の女を抱くより淋しい もらい泣きしても愛に溺れる  フッ・フッ・フッ 色っぽいぜ 女と男の回り道なら もう俺は迷わない You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  ときめきの赤 吐息の青 今、溶け出した夢の世界へ あー そこから先は You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1  You make me feel good Sexual Violet, Sexual Violet Sexual Violet No.1
接吻長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに やけに色の無い夢を見る  ああ どこか物足りない今日は あなたの 濡れた眼差しが嬉しい  何時の間にか 枯れ葉色のtwilight 子供のように無邪気に欲しくなる  長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに 痩せた色の無い夢を見る  night flight 瞳 移ろうように甘く あなたの素肌 冷たすぎて苛立つ  焼けるような戯れの後に 永遠に独りでいることを知る  長く甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに 痩せた色の無い夢を見てた  甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに やけに色の無い夢が続く中森明菜田島貴男田島貴男竹上良成・鳥山雄司長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに やけに色の無い夢を見る  ああ どこか物足りない今日は あなたの 濡れた眼差しが嬉しい  何時の間にか 枯れ葉色のtwilight 子供のように無邪気に欲しくなる  長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに 痩せた色の無い夢を見る  night flight 瞳 移ろうように甘く あなたの素肌 冷たすぎて苛立つ  焼けるような戯れの後に 永遠に独りでいることを知る  長く甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに 痩せた色の無い夢を見てた  甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる前に fall in love きつく抱きしめるたびに やけに色の無い夢が続く
そして僕は途方に暮れる見慣れない服を着た 君が今 出ていった 髪型を整え テーブルの上も そのままに  ひとつのこらず君を 悲しませないものを 君の世界のすべてに すればいい  そして僕は 途方に暮れる  ふざけあったあのリムジン 遠くなる 君の手で やさしくなれずに 離れられずに 思いが残る  もうすぐ雨のハイウェイ 輝いた季節は 君の瞳に何を うつすのか  そして僕は 途方に暮れる  あの頃の君の笑顔で この部屋は みたされていく 窓を曇らせたのは なぜ  君の選んだことだから きっと 大丈夫さ 君が心に決めたことだから  そして僕は 途方に暮れる  見慣れない服を着た 君が今 出ていった中森明菜銀色夏生大沢誉志幸鳥山雄司見慣れない服を着た 君が今 出ていった 髪型を整え テーブルの上も そのままに  ひとつのこらず君を 悲しませないものを 君の世界のすべてに すればいい  そして僕は 途方に暮れる  ふざけあったあのリムジン 遠くなる 君の手で やさしくなれずに 離れられずに 思いが残る  もうすぐ雨のハイウェイ 輝いた季節は 君の瞳に何を うつすのか  そして僕は 途方に暮れる  あの頃の君の笑顔で この部屋は みたされていく 窓を曇らせたのは なぜ  君の選んだことだから きっと 大丈夫さ 君が心に決めたことだから  そして僕は 途方に暮れる  見慣れない服を着た 君が今 出ていった
SOLITUDEGOLD LYLIC25階の非常口で 風に吹かれて爪を切る たそがれの街 ソリテュード  だから好きとか嫌いの問題じゃなくて いつか馴れ合う 気安さがイヤなの うまく云えなくてごめんね ソリテュード 捜さないでね醒めちゃいないわ 誰よりも愛してる そう云い切れるわ だからなおさら ままごと遊び 男ならやめなさい そんな感じね Let's Play In Solitude  まるで巨大な怪獣のように 闇にそびえた ホテルに泊まる 目の下にはシティ・ライツ ソリテュード 決められたレイル・ロード 走ってゆくように 色あせた夢を見て 流されるなんて 誰もみな ストレンジャー初めは他人 想い出はいらないわ バッグひとつで I'm In a Solitude  I'm tellin' you いつか I will see you どこかで Because still I need you  捜さないでね醒めちゃいないわ 少し憎んで すぐ忘れてね 誰もみな ストレンジャー初めは他人  捜さないでね醒めちゃいないわ 少し憎んで すぐ忘れてね 誰もみな ストレンジャー初めは他人GOLD LYLIC中森明菜湯川れい子タケカワユキヒデ25階の非常口で 風に吹かれて爪を切る たそがれの街 ソリテュード  だから好きとか嫌いの問題じゃなくて いつか馴れ合う 気安さがイヤなの うまく云えなくてごめんね ソリテュード 捜さないでね醒めちゃいないわ 誰よりも愛してる そう云い切れるわ だからなおさら ままごと遊び 男ならやめなさい そんな感じね Let's Play In Solitude  まるで巨大な怪獣のように 闇にそびえた ホテルに泊まる 目の下にはシティ・ライツ ソリテュード 決められたレイル・ロード 走ってゆくように 色あせた夢を見て 流されるなんて 誰もみな ストレンジャー初めは他人 想い出はいらないわ バッグひとつで I'm In a Solitude  I'm tellin' you いつか I will see you どこかで Because still I need you  捜さないでね醒めちゃいないわ 少し憎んで すぐ忘れてね 誰もみな ストレンジャー初めは他人  捜さないでね醒めちゃいないわ 少し憎んで すぐ忘れてね 誰もみな ストレンジャー初めは他人
So MadSo Mad 瞳に仕込みナイフキラリ So Sad 心にあふれてくるロンリーメロディー  一夜だけあればいい Knock Me 刹那の真実 朝までが一時代 Knock You 歴史を重ねる  寂しいから 恋に恋をつなげて 傷ついても 孤独(ひとり)よりましと  So Mad あなたも同じ種類だから So Sad わかるね不器用な時間つぶしが  今日もまた優しげに Knock Me どうでもこりない みえみえで悲しいね Knock You 寄りそうしかない  寂しいから 恋と夢をすりかえ 強がるだけ ハラリ素顔見せてる  となり合わせた テーブルの指に魅せられ 投げたまなざし 感じてくれたら Love Woh Woh  愛し尽きたら こわしてしまっていいのに 出し惜しみして 希望をひきずる Dove  寂しいから 恋に恋をつなげて 傷ついても 孤独(ひとり)よりましと  寂しいから 恋と夢をすりかえ 強がるだけ ハラリ素顔みせてる  瞳にナイフ こころにはメロディー あなたも同じ かくしきれない  瞳にナイフ こころにはメロディー あなたも同じ かくしきれない中森明菜冬杜花代子関根安里So Mad 瞳に仕込みナイフキラリ So Sad 心にあふれてくるロンリーメロディー  一夜だけあればいい Knock Me 刹那の真実 朝までが一時代 Knock You 歴史を重ねる  寂しいから 恋に恋をつなげて 傷ついても 孤独(ひとり)よりましと  So Mad あなたも同じ種類だから So Sad わかるね不器用な時間つぶしが  今日もまた優しげに Knock Me どうでもこりない みえみえで悲しいね Knock You 寄りそうしかない  寂しいから 恋と夢をすりかえ 強がるだけ ハラリ素顔見せてる  となり合わせた テーブルの指に魅せられ 投げたまなざし 感じてくれたら Love Woh Woh  愛し尽きたら こわしてしまっていいのに 出し惜しみして 希望をひきずる Dove  寂しいから 恋に恋をつなげて 傷ついても 孤独(ひとり)よりましと  寂しいから 恋と夢をすりかえ 強がるだけ ハラリ素顔みせてる  瞳にナイフ こころにはメロディー あなたも同じ かくしきれない  瞳にナイフ こころにはメロディー あなたも同じ かくしきれない
SO LONG朝の光が まだ眠ってるあなたの顔 やさしく包んでる 今のうちに出てゆくわ  Ahー あなたほどの 愛をくれる人はいない Ohー 閉じたままの 心のドアたたいてくれた だけどごめんなさいあなた 私素直になれないの だからもう一度 一人にもどって やりなおしてみたい  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  置き手紙には さよならとだけ書いておくわ 目をさまさないように そっとほほに口づけを  Ahー ずっと二人 いられるほど強くないの Ohー まだ私は やりたいことがきっとあるわ  だから ごめんなさいあなた これが最後のわがままよ いつかもう一度 出会えるその日まで 忘れずにいたいから  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  二人の日々を忘れはしない きっと幸せになって欲しい そっとドアを閉めたあとでも きっと… I Love You  だから ごめんなさいあなた これが最後のわがままよ いつかもう一度 出会えるその日まで 忘れずにいたいから  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  Oh So Long, Oh So Long中森明菜角松敏生角松敏生朝の光が まだ眠ってるあなたの顔 やさしく包んでる 今のうちに出てゆくわ  Ahー あなたほどの 愛をくれる人はいない Ohー 閉じたままの 心のドアたたいてくれた だけどごめんなさいあなた 私素直になれないの だからもう一度 一人にもどって やりなおしてみたい  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  置き手紙には さよならとだけ書いておくわ 目をさまさないように そっとほほに口づけを  Ahー ずっと二人 いられるほど強くないの Ohー まだ私は やりたいことがきっとあるわ  だから ごめんなさいあなた これが最後のわがままよ いつかもう一度 出会えるその日まで 忘れずにいたいから  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  二人の日々を忘れはしない きっと幸せになって欲しい そっとドアを閉めたあとでも きっと… I Love You  だから ごめんなさいあなた これが最後のわがままよ いつかもう一度 出会えるその日まで 忘れずにいたいから  Oh Goodbye My Darling Good Luck I Say Goodbye My Beautiful Dream Oh So Long  Oh So Long, Oh So Long
たしかなこと雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で 哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ  時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか 空を見て考えてた 君のために 今何ができるか  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに 切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで  疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても なくしたもの探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ  君は空を見てるか 風の音を聞いてるか もう二度とこゝへは戻れない でもそれを哀しいと 決して思わないで  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  どんな時も きっとそばにいるから中森明菜小田和正小田和正宮澤宅雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で 哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ  時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか 空を見て考えてた 君のために 今何ができるか  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに 切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで  疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても なくしたもの探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ  君は空を見てるか 風の音を聞いてるか もう二度とこゝへは戻れない でもそれを哀しいと 決して思わないで  いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること  忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ  どんな時も きっとそばにいるから
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. SPECIALZ
  2. 唱
  3. 想望
  4. SUPER IDOL
  5. あわてんぼうのサンタクロース

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×