歌詞を

ヘルプ

久仁京介作詞の歌詞一覧リスト

147 曲中 1-147 曲を表示
2019年12月16日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
男の風雪鏡五郎久仁京介山崎剛昭逆ろうなさだめ受けとめ旅
長良川舟唄鏡五郎久仁京介山崎剛昭流れゆく川の水面に
おとこの純情辰巳ゆうと久仁京介徳久広司恋が破れりゃ誰でもつらい
稲荷町恋唄辰巳ゆうと久仁京介徳久広司訳もないのさあの別れ
力いっぱい演歌です辰巳ゆうと久仁京介徳久広司叶わぬ夢でも信じたい
島津亜矢久仁京介四方章人しんどいくらいでちょうどいい
晩夏島津亜矢久仁京介四方章人朝に真白き花をつけ
うだつ蒼彦太久仁京介徳久広司風にふるえて道端で
夢ほろほろと蒼彦太久仁京介徳久広司夢だ夢だよ夢ほろほろと
紺屋高尾真木柚布子久仁京介弦哲也花魁道中でございます
お江戸のさのさ氷川きよし久仁京介四方章人江戸の夜風に吹かれて恋の
熊本城水前寺清子久仁京介徳久広司黄金色づく晩秋の
人生これから水前寺清子久仁京介徳久広司陽が照るときも雨降りも
あなたは灯台三山ひろし久仁京介中村典正あなたに会えたあの時は
みれん船鏡五郎久仁京介山崎剛昭汽笛ひびけば波の瀬を
弥太郎鴉中村美律子久仁京介宮下健治道中双六江戸振り出しに
忠治旅鴉中村美律子久仁京介宮下健治小松五郎の刃にかけて
鈴鹿峠成世昌平久仁京介四方章人どうぞ忘れてくださいと
ふるさと銭太鼓成世昌平久仁京介四方章人花の匂いと風わたるふるさと
島津亜矢久仁京介岡千秋誰もほんとはないものねだり
恋花彩々島津亜矢久仁京介岡千秋色のいの字と命のいの字
蒼彦太久仁京介宮下健治つくりものほど綺麗に見える
白い夜霧の終列車蒼彦太久仁京介宮下健治行かせてそれでよかったか
津軽恋女水城なつみ久仁京介大倉百人津軽の海よ竜飛岬は吹雪に
はなびらの雪鏡五郎久仁京介山崎剛昭羽織った角巻寒かろと
下町純情辰巳ゆうと久仁京介徳久広司死ぬの生きるの泣いてた
赤羽ものがたり辰巳ゆうと久仁京介徳久広司夜霧にまぎれてあの娘は消えた
泣き虫増位山太志郎久仁京介花岡優平つらい思いで生きてくよりは
雪明かり藤原浩久仁京介徳久広司許しあってもあなたの背中
夜明けの子守唄藤原浩久仁京介徳久広司落葉しぐれかなみだの雨か
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
いごっそ魂三山ひろし久仁京介中村典正夢じゃ夢じゃと笑わば笑え
立山連峰三山ひろし久仁京介中村典正剱岳尊き峰の風をうけ
男と女のお話八代亜紀久仁京介水島正和恋人にふられたの
保津川恋唄中村美律子久仁京介叶弦大夕月映す保津川に
島津亜矢久仁京介岡千秋大事なものほど根っこのように
蒼彦太久仁京介宮下健治樹木はおのれのあるがまま
お富と与三蒼彦太久仁京介宮下健治いやさこれお富
つづれ織り中村美律子久仁京介弦哲也いくつも熱い火の輪をくぐり
鞆の浦情話中村美律子久仁京介弦哲也瀬戸の島影夕日がそめて
夜明けのカラス竹島宏久仁京介幸耕平女ひとり心の重荷外したくなる
スローバラード竹島宏久仁京介幸耕平一緒に歩けなくてごめんなさい
南部風鈴成世昌平久仁京介四方章人故郷おもえば店先の
お忍・恋やつれ成世昌平久仁京介四方章人惚れたあたしがわるいのか
北島三郎・島津亜矢久仁京介原譲二手と手を合わせて生きてる人の
阿吽の花島津亜矢久仁京介村沢良介紫陽花を紫陽花をひとまず
島津亜矢久仁京介四方章人陽射しを浴びて雨を吸い
南部蝉しぐれ最上川司久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
越前恋おんな竹村こずえ久仁京介西つよし越前荒海東尋坊今度ばかりは
東京・青森竹村こずえ久仁京介西つよし風に押され旅立つように
浮草ふたり菊地まどか久仁京介市川昭介髪のみだれもそのままに
春の夢菊地まどか久仁京介市川昭介寂しがりやがあなたと出逢い
長良川鵜情中村美律子久仁京介徳久広司鵜飼かがり火乱れて揺れて
素顔のままで中村美律子久仁京介徳久広司あなたの色になれなくて
ねずみ小僧蒼彦太久仁京介四方章人ひょいと小走り黒頭巾
天まであがれ蒼彦太久仁京介四方章人馬鹿をやるときゃ馬鹿になれ
こころ花キム・ヨンジャ久仁京介徳久広司情けかさねりゃ深みにはまる
津軽恋うたキム・ヨンジャ久仁京介徳久広司よされよされと風が吹く
津軽恋女真木ことみ久仁京介大倉百人津軽の海よ竜飛岬は
潮騒中村美律子久仁京介徳久広司憎さどころかいとしさばかり
とことん人生中村美律子久仁京介徳久広司苦労したこと自慢で云うな
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
佐渡のわかれ唄竹村こずえ久仁京介西つよし雪がひとひら落ちてくように
こずえのトラック野郎竹村こずえ久仁京介西つよし親にもらった女の身でも
くれないおけさ杜このみ久仁京介聖川湧おけさ袈裟懸け身を切る吹雪
独楽(こま)島津亜矢久仁京介岡千秋嘘とまことが絡み合い
男と女のお話大竹しのぶ×鬼龍院翔 (ゴールデンボンバー)久仁京介水島正和恋人にふられたの
おまえを離さない竜一樹久仁京介水島正和あの娘とおれがいい仲だって
男の慕情竜一樹久仁京介水島正和理由さえ云わずにつれなくし
雨の港町キム・ヨンジャ久仁京介徳久広司雨に煙ったオランダ坂で
八重洲の酒場蒼彦太久仁京介四方章人行く奴も来る奴もここは心の
いわし雲蒼彦太久仁京介四方章人死ぬほど逢いたい逢いたい
流れるままに中村美律子久仁京介花岡優平風が散らした桜が水に浮かんで
濡れつばめ織田みさ穂久仁京介竹田喬朝がきたなら別れるはずの
折れたルージュ織田みさ穂久仁京介竹田喬折れたルージュふたりの暮らし
上諏訪の女天野涼久仁京介四方章人あずさ号ドアが開く
男と女のお話中森明菜久仁京介水島正和恋人にふられたの
「品川心中」より お染島津亜矢久仁京介村沢良介江戸の頃品川は大層賑わって
逆さ月竹村こずえ久仁京介西つよし右から回ればしあわせなのに
能登の海鳴り竹村こずえ久仁京介西つよし秋が終れば半年ゃ冬よ
峠越えGOLD LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人先へ出すぎりゃ世間が叩く
南部のふるさと福田こうへい久仁京介四方章人よく来てくれたな南部の故郷へ
南部蝉しぐれ清水博正久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
はぐれ橋竹島宏久仁京介弦哲也身のほども知らないでおまえを
あの日も雨、今夜も雨竹島宏久仁京介弦哲也濡れたおまえの髪急いで
くちなしの雨竹島宏久仁京介弦哲也雨に降られて匂うのは
冬の蝉中条きよし久仁京介結城丈肩をならべて別れの契り
いのちの詩中条きよし久仁京介結城丈やさしさに背かれて傷ついた
酒ごころキム・ヨンジャ久仁京介徳久広司路地の灯りに情けがともる
しぐれの海峡立樹みか久仁京介徳久広司こぼれて落ちたあなたの嘘を
もみじ橋立樹みか久仁京介徳久広司懲りて覚えた酒なのに酔えば
北旅愁竹島宏久仁京介弦哲也曲がりくねった海岸線を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
勘太郎笠北島三郎久仁京介原譲二伊那を背にして天竜下りゃ
里恋がらす北島三郎久仁京介原譲二帰る故郷は伊那の里
男と女のお話黒川真一朗久仁京介水島正和恋人にふられたの
夜のブルース黒沢明とロス・プリモス久仁京介水島正和ナイト横浜霧にかくれて
南部蝉しぐれPLATINA LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
風やまず福田こうへい久仁京介徳久広司岩手山からのぞめば遥か
雨のくちびる森進一久仁京介森進一雨に濡れてるくちびるに
うたかたの風竹島宏久仁京介弦哲也別れの後の白い萩一つ
女ものがたり竹島宏久仁京介弦哲也春の雪が降りつつ融ける
別れの理由竹島宏久仁京介徳久広司言いかけて呑みこんだ
わるいひと森進一久仁京介森進一死ぬか生きるか迷うよな
男の絆西方裕之・徳久広司久仁京介徳久広司男の背中に人生がある
明日坂西方裕之・徳久広司久仁京介徳久広司そんなおまえじゃなかったはずだ
片恋しぐれ鏡五郎久仁京介山崎剛昭くじけちゃ駄目だと
惚れたよ大川栄策久仁京介影山時則思い切る気がくじけるような
港町北島三郎・鳥羽一郎久仁京介原譲二海の匂いは男の匂い
浜酒場大地誠久仁京介聖川湧まずはどうぞとそそぐ手の
北陸本線大地誠久仁京介聖川湧待っていたのにあなたは
北へ流れて鏡五郎久仁京介山崎剛昭北へ流れてこの酒場
津軽恋女ジェロ久仁京介大倉百人津軽の海よ竜飛岬は
生きて愛して竹島宏久仁京介幸耕平ひとりで見たよ
踊りましょッ!山本リンダ久仁京介水島正和何かが生まれ何かがはじまる
冷たい指先竹島宏久仁京介徳久広司冷たい指先離しはしないよ
恋にやぶれて竹島宏久仁京介徳久広司恋にやぶれて心傷ついて
忠治流れ旅北島三郎久仁京介原譲二赤城の山に別離のなみだ
ひとすじ北島三郎久仁京介原譲二花ならば春の初桜月なら秋の
風やまず西方裕之久仁京介徳久広司岩手山からのぞめば遥か
いいもんだ いいもんだ竹島宏久仁京介水森英夫想い出いっぱい胸に秘め
あなたが終着駅藤原浩久仁京介徳久広司わがままでした馬鹿でした
なやみ杉良太郎久仁京介遠藤実左の腕が今朝はしびれる
無法一代・恋しぐれ北島三郎久仁京介原譲二祇園祭りの太鼓がひびく
望郷ながれ唄木原たけし久仁京介村沢良介三味を泣かせて自分も泣いて
津軽恋女水森かおり久仁京介大倉百人津軽の海よ滝飛岬は吹雪に
陽のあたる場所竹島宏久仁京介中川博之古いアドレス帖からふいにおまえの
明日のために空を見る竹島宏久仁京介徳久広司かなしいときには空を見上げて
昼顔の花竹島宏久仁京介徳久広司愛していても救えない
男と女のお話日吉ミミ久仁京介水島正和恋人にふられたの
みなと終着駅竹島宏久仁京介中川博之終着駅列車を降りたそこは
札幌えれじぃ竹島宏久仁京介中川博之さっぽろさっぽろアカシアの街
秋の陽だまり竹島宏久仁京介徳久広司だけどおしまいお別れしましょう
津軽恋女GOLD LYLIC新沼謙治久仁京介大倉百人津軽の海よ竜飛岬は
函館哀愁竹島宏久仁京介徳久広司かもめ一羽が波に飛ぶ
薔薇いちりん立樹祐二久仁京介yutaka今日もきのうも迷っただけで
北のものがたり渥美二郎久仁京介岡千秋ついてくるのはやめときなよと
おまえとしあわせに渥美二郎久仁京介岡千秋血のにじむほど指をかみ
散る花に藤あや子久仁京介岩上峰山髪のほつれを指で巻きながら
面影しぐれ藤あや子久仁京介山口ひろし雨の匂いの港町濡れて歩けば
北島三郎久仁京介原譲二牙のない奴ぁ
しのび逢い大阪森進一久仁京介森進一夜霧が降りて道頓堀に
夢の浮き橋五木ひろし久仁京介岡千秋泣いて生きるか燃えつつ死ぬか
東京ロマン黒沢明とロス・プリモス久仁京介中川博之夜霧に咲いてる花が
燃える秋五木ひろし久仁京介岡千秋紅葉の紅を手ですくい
女のぐい呑み阿月夕子久仁京介竹野良抱いてあなたはその気にさせて
祝い酒荒波太郎久仁京介羽深誉士雄どうやら無事に人生半ば
はずし忘れた時計小金沢昇司久仁京介平尾昌晃はずし忘れた時計を
濡れて帰って竹島宏久仁京介宇川確濡れて帰って濡れて帰ったら
紅の酒南なみ子久仁京介西村幸輔憎さどころかいとしさばかり