男の絆

この曲の表示回数 12,202

男の背中に 人生(みち)がある
そろそろ俺たち 時代のど真ん中
夢の途中で 迷いもしたが
歩いて来たんだ だから 今がある
今日が越せずに 明日はないと
惚れながら 身を引いた 恋もある
つまづいて 膝すりむいて
生きるということ 覚えたよ

遥かな夢へと 故郷(くに)を出た
孤独を道づれ あの日は雨ン中
旅の重さに 押し潰れても
勝つしかなかった だから 今がある
たった一度の この人生にゃ
振り向けば あやまちも あるけれど
いつだって 情けは欲しい
自分が自分で ある限り

思い通りに ならない時も
男ゆえ 心だけ 真っすぐに
こだわりと 浪漫を抱いた
足跡がひとつ 残りゃいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男の絆 歌手:西方裕之・徳久広司

西方裕之・徳久広司の新着情報

  • 明日坂 / ♪そんなおまえじゃなかったはずだ

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-10-06
商品番号:KICM-30307
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP