歌詞を

ヘルプ

黒川真一朗の歌詞一覧リスト

30 曲中 1-30 曲を表示
2018年6月22日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
赤いランプの終列車黒川真一朗大倉芳郎江口夜詩白い夜霧のあかりに濡れて
あかね雲黒川真一朗いではく水森英夫惚れたよ惚れたよあの娘に
アケミという名で十八で黒川真一朗西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
旭川黒川真一朗松大地水森英夫あなた訪ねる恋路の川は
落ち葉舟黒川真一朗志賀大介水森英夫山に山霧川知らず川に川霧
男と女のお話黒川真一朗久仁京介水島正和恋人にふられたの
雄物川黒川真一朗鈴川信也水森英夫遠いあの日のしあわせは
女の止まり木黒川真一朗志賀大介水森英夫真っ直ぐ帰れば帰れるものを
柿田川黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫水清き岸辺に立ちて
風の町哀詩黒川真一朗菅麻貴子水森英夫風にちぎれて汽笛がひとつ
家族黒川真一朗いではく水森英夫八幡神社の祭りの音が
くれない酒場黒川真一朗みやび恵水森英夫恋を忘れた女がひとり
グラスの氷黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫ちょっと浮気で調子がよくて
こぼれ灯黒川真一朗関口義明水森英夫袋小路の紅い灯が風にこぼれる
ごめんよナ黒川真一朗関口義明水森英夫さがしてもこの世のどこを
人生酒場黒川真一朗さいとう大三水森英夫今日があるから明日がある
青春の谺黒川真一朗関口義明水森英夫生まれて初めて恋をして
雪花角館黒川真一朗鈴川信也水森英夫雪が別れを惜しむのか
それが女の道なのよ黒川真一朗関口義明水森英夫あなたが世に出るその日まで
旅しぐれ黒川真一朗関口義明水森英夫ちってくだけた夢なんか
津軽じょんがら流れ唄黒川真一朗飛鳥井芳朗佐義達雄岬は今日も海鳴りが
なみだ雨黒川真一朗やしろよう水森英夫肩を寄せてもおんなの傘じゃ
一夜川黒川真一朗鈴川信也水森英夫重ねた命心に結び越えて
ふるさと帰行黒川真一朗関口義明水森英夫汽笛がひと声泣きながら
抱擁黒川真一朗荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたの
惚れほれ酒黒川真一朗みやび恵水森英夫あんな男と言わないで
円山 花町 母の町黒川真一朗神坂薫浜圭介母になれても妻にはなれず
最上川黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫残雪のきらめく峰を仰ぐのは
山彦峠黒川真一朗木下龍太郎水森英夫故郷の風に吹かれたくって
夢待ち酒場黒川真一朗菅麻貴子水森英夫泣いているやつ笑うやつ

黒川 真一朗(くろかわ しんいちろう、1972年8月29日-)は静岡県静岡市葵区出身の演歌歌手である。2003年徳間ジャパンコミュニケーションズよりデビュー。本名は賤機 利家。 wikipedia