黒川真一朗の歌詞一覧リスト  39曲中 1-39曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
39曲中 1-39曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大阪演歌 新曲なにはなくとも 宗右衛門町の 灯りを見なけりゃ 日は暮れぬ となり合わせた 止まり木の 苦労ばなしに 世話焼いて それが なにわの いいところ あぁ大阪 大阪演歌  裏もおもても 甲斐性(かいしょ)もなくて ないない尽くしの お人好し 出世ばかりの この浮き世 情けひとつで 歩きたい そんな なにわの 裏通り あぁ大阪 大阪演歌  風が吹こうが 時雨(しぐれ)て来よが 笑ってゆれてる 赤ちょうちんよ 今日の憂さなど みな呑んで 明日(あす)も一から やるだけや それが なにわの 心意気 あぁ大阪 大阪演歌 新曲黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也なにはなくとも 宗右衛門町の 灯りを見なけりゃ 日は暮れぬ となり合わせた 止まり木の 苦労ばなしに 世話焼いて それが なにわの いいところ あぁ大阪 大阪演歌  裏もおもても 甲斐性(かいしょ)もなくて ないない尽くしの お人好し 出世ばかりの この浮き世 情けひとつで 歩きたい そんな なにわの 裏通り あぁ大阪 大阪演歌  風が吹こうが 時雨(しぐれ)て来よが 笑ってゆれてる 赤ちょうちんよ 今日の憂さなど みな呑んで 明日(あす)も一から やるだけや それが なにわの 心意気 あぁ大阪 大阪演歌
東京灯り 新曲誰かが演歌を 歌ってる かなしい歌を 鼻唄で みんな似たよな さみしがり 泣いていいのさ 泣きたけりゃ あぁ東京 東京灯り  夜雨(よさめ)に寄り添う 傘の花 沁みるよ胸の 古傷に ろくな幸せ やれないと 泣いてゆずった 恋ひとつ あぁ東京 東京灯り  ネオンの眩しい 空だって 故郷につづく おなじ空 どこにいたって 出直せる ひとついいこと あればいい あぁ東京 東京灯り 新曲黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也誰かが演歌を 歌ってる かなしい歌を 鼻唄で みんな似たよな さみしがり 泣いていいのさ 泣きたけりゃ あぁ東京 東京灯り  夜雨(よさめ)に寄り添う 傘の花 沁みるよ胸の 古傷に ろくな幸せ やれないと 泣いてゆずった 恋ひとつ あぁ東京 東京灯り  ネオンの眩しい 空だって 故郷につづく おなじ空 どこにいたって 出直せる ひとついいこと あればいい あぁ東京 東京灯り
赤いランプの終列車白い夜霧の あかりに濡れて 別れせつない プラットホーム ベルが鳴る ベルが鳴る さらばと告げて 手を振る君は 赤いランプの 終列車  涙かくして ほほえみ合(お)うて 窓に残した 心の温(ぬく)み あの人は あの人は 何日(いつ)また逢える 旅路の人か 赤いランプの 終列車  遠い汽笛に うすれる影に 一人佇(たたず)む プラットホーム さようなら さようなら 瞼の奥に 哀しく消える 赤いランプの 終列車黒川真一朗大倉芳郎江口夜詩白い夜霧の あかりに濡れて 別れせつない プラットホーム ベルが鳴る ベルが鳴る さらばと告げて 手を振る君は 赤いランプの 終列車  涙かくして ほほえみ合(お)うて 窓に残した 心の温(ぬく)み あの人は あの人は 何日(いつ)また逢える 旅路の人か 赤いランプの 終列車  遠い汽笛に うすれる影に 一人佇(たたず)む プラットホーム さようなら さようなら 瞼の奥に 哀しく消える 赤いランプの 終列車
あかね雲「オーイ」  惚れたよ惚れたよ あの娘(こ)に惚れた 恋の痛みは 昨日(きのう)まで 他人事(たにんごと)だと 思ってた 寝ては夢 起きては現(うつつ)か幻(まぼろし)か 面影うかぶ 夕暮れは 切(せつ)なく燃える あかね雲  咲いたよ咲いたよ こころに咲いた 花にたとえりゃ 赤いバラ あの娘(こ)思えば ほんのりと 立てば百合 坐れば牡丹(ぼたん)か芍薬(しゃくやく)か 日毎(ひごと)につのる この胸は こがれて燃える あかね空  泣けたよ泣けたよ 思わず泣けた 街で見かけた ふたりづれ いいさ いいのさ片想い いつの日か 待ったら海路(かいろ)の日和(ひより)とか あの娘(こ)も見てる 秋空は 真赤に燃える あかね雲黒川真一朗いではく水森英夫蔦将包「オーイ」  惚れたよ惚れたよ あの娘(こ)に惚れた 恋の痛みは 昨日(きのう)まで 他人事(たにんごと)だと 思ってた 寝ては夢 起きては現(うつつ)か幻(まぼろし)か 面影うかぶ 夕暮れは 切(せつ)なく燃える あかね雲  咲いたよ咲いたよ こころに咲いた 花にたとえりゃ 赤いバラ あの娘(こ)思えば ほんのりと 立てば百合 坐れば牡丹(ぼたん)か芍薬(しゃくやく)か 日毎(ひごと)につのる この胸は こがれて燃える あかね空  泣けたよ泣けたよ 思わず泣けた 街で見かけた ふたりづれ いいさ いいのさ片想い いつの日か 待ったら海路(かいろ)の日和(ひより)とか あの娘(こ)も見てる 秋空は 真赤に燃える あかね雲
アケミという名で十八で波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で十八で おれと暮した 三日目に もとの男へ 行っちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロアパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って 消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛が むせぶだけ アケミという名の 変な娘(こ)が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ黒川真一朗西沢爽遠藤実只野通泰波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で十八で おれと暮した 三日目に もとの男へ 行っちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロアパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って 消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛が むせぶだけ アケミという名の 変な娘(こ)が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ
旭川あなた訪ねる 恋路の川は 見えぬ瀬もある 淵もある 湯の香せつない 高瀬舟 かがむ千鳥を 乗せてゆく あゝ 湯原 湯の街 旭川  行くも帰るも あと引く道に 明日の見えない 霧が立つ 頼りなさげな のれん風 なんで私を 迷わせる あゝ 神庭(かんば)  滝雨(たきさめ)  旭川  耐えて忍んだ 上弦の月 手籠ホタルが 身を焦がす 影を隠して 月見櫓(ろう) どうせ散るなら ふたり連れ あゝ 夢二 瀬戸内 旭川黒川真一朗松大地水森英夫南郷達也あなた訪ねる 恋路の川は 見えぬ瀬もある 淵もある 湯の香せつない 高瀬舟 かがむ千鳥を 乗せてゆく あゝ 湯原 湯の街 旭川  行くも帰るも あと引く道に 明日の見えない 霧が立つ 頼りなさげな のれん風 なんで私を 迷わせる あゝ 神庭(かんば)  滝雨(たきさめ)  旭川  耐えて忍んだ 上弦の月 手籠ホタルが 身を焦がす 影を隠して 月見櫓(ろう) どうせ散るなら ふたり連れ あゝ 夢二 瀬戸内 旭川
明日に乾杯回り道だと 誰かが嘲笑(わら)う 勝って泣いてる 人もいる いつも何かに 振りまわされて ちょいと気づけば 人生なかば そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る  雨の一滴(しずく)を 辿って行けば やがて輝く 海に出る 前も後ろも 見えない時にゃ 右か左か どっちもあるさ 道は一本 だけじゃない 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 冬のあとには 春が来る  そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る黒川真一朗菅麻貴子水森英夫石倉重信回り道だと 誰かが嘲笑(わら)う 勝って泣いてる 人もいる いつも何かに 振りまわされて ちょいと気づけば 人生なかば そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る  雨の一滴(しずく)を 辿って行けば やがて輝く 海に出る 前も後ろも 見えない時にゃ 右か左か どっちもあるさ 道は一本 だけじゃない 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 冬のあとには 春が来る  そうさこの世は 泣き笑い 明日(あした)は明日(あした)の 風が吹く 今日に乾杯! 明日(あした)に乾杯! 夜のあとには 朝が来る
落ち葉舟山に山霧 川知らず 川に川霧 山知らず 結ぶえにしの ないままに 思い通わす 旅の空 ひとり流れる 落ち葉舟  岸の尾花の 手招きを 受けて交わした 恋もある 今はあの娘(こ)も しあわせと うわさ淀(よど)みの 水すまし さだめ哀しい 落ち葉舟  いちど枝から 離れたら 戻りたくても 戻れない 流れ流れて まだ未練 意地が涙を 通せんぼ 明日(あす)を夢見る 落ち葉舟黒川真一朗志賀大介水森英夫蔦将包山に山霧 川知らず 川に川霧 山知らず 結ぶえにしの ないままに 思い通わす 旅の空 ひとり流れる 落ち葉舟  岸の尾花の 手招きを 受けて交わした 恋もある 今はあの娘(こ)も しあわせと うわさ淀(よど)みの 水すまし さだめ哀しい 落ち葉舟  いちど枝から 離れたら 戻りたくても 戻れない 流れ流れて まだ未練 意地が涙を 通せんぼ 明日(あす)を夢見る 落ち葉舟
男と女のお話恋人にふられたの よくある話じゃないか 世の中かわって いるんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいならこの僕が つきあってあげてもいいよ 涙なんかを みせるなよ 恋はおしゃれな ゲームだよ  ベッドで泣いてると 涙が耳に入るよ むかしを忘れて しまうには 素敵な恋を することさ  スマートに恋をして 気ままに暮して行けよ 悪い女と云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息ついているよ 夜が終れば さよならの はかない恋の くりかえし黒川真一朗久仁京介水島正和恋人にふられたの よくある話じゃないか 世の中かわって いるんだよ 人の心も かわるのさ  淋しいならこの僕が つきあってあげてもいいよ 涙なんかを みせるなよ 恋はおしゃれな ゲームだよ  ベッドで泣いてると 涙が耳に入るよ むかしを忘れて しまうには 素敵な恋を することさ  スマートに恋をして 気ままに暮して行けよ 悪い女と云われても それでいいのさ 恋なんて  男と女が ため息ついているよ 夜が終れば さよならの はかない恋の くりかえし
雄物川遠いあの日の しあわせは 今も岸辺に 咲いている 桜並木に 寄り添いながら 君と夢みた あの角館(かくのだて) 君に逢いたい ああ 雄物川  君の笑顔の 面かげは いつも心に あたたかい 想いだすたび ほのかに燃えた 清いふたりの 心の絆 君に逢いたい ああ 雄物川  風に誘われ 今日もまた 逢いに来ました 北の町 水にゆれてる 愛しい花は 女ごころか 流れて消えた 君に逢いたい ああ 雄物川 君に逢いたい ああ 雄物川黒川真一朗鈴川信也水森英夫南郷達也遠いあの日の しあわせは 今も岸辺に 咲いている 桜並木に 寄り添いながら 君と夢みた あの角館(かくのだて) 君に逢いたい ああ 雄物川  君の笑顔の 面かげは いつも心に あたたかい 想いだすたび ほのかに燃えた 清いふたりの 心の絆 君に逢いたい ああ 雄物川  風に誘われ 今日もまた 逢いに来ました 北の町 水にゆれてる 愛しい花は 女ごころか 流れて消えた 君に逢いたい ああ 雄物川 君に逢いたい ああ 雄物川
女の止まり木真っ直ぐ帰れば 帰れるものを 足が横丁に 向かってる 常連気取りで 今夜もひとり いつもの調子で 飲んでます 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は  今夜もお店で 流れる歌は 泣かせなみだの 演歌です あのひと今頃 知らない街の 知らない女と 一緒でしょ 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は  気楽でいいわよ 独りのほうが 二度と恋など したくない 夜風を相手の この強がりも いつまで通用 するでしょか 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は黒川真一朗志賀大介水森英夫蔦将包真っ直ぐ帰れば 帰れるものを 足が横丁に 向かってる 常連気取りで 今夜もひとり いつもの調子で 飲んでます 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は  今夜もお店で 流れる歌は 泣かせなみだの 演歌です あのひと今頃 知らない街の 知らない女と 一緒でしょ 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は  気楽でいいわよ 独りのほうが 二度と恋など したくない 夜風を相手の この強がりも いつまで通用 するでしょか 切ないね 空しいね あぁ 淋しいね 女の止まり木は
柿田川水清き 岸辺に立ちて この胸の想いを 想いを告げた 遠い思い出 せせらぐ柿田川 あの女(ひと)の 名前呼べど 還(かえ)らない 淡き初恋  カワセミが 浅瀬で遊び 夏の日は蛍を 蛍を追った 光るさざ波 寄せくる柿田川 あの友と 熱く語り 夜明けまで 酒を酌(く)みたい  富士の峰 振りむき見れば 夕映えが茜に 茜に染める こころやさしく 迎える柿田川 故郷(ふるさと)に 今も誓う 夢叶(かな)え いつか帰ると黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫前田俊明水清き 岸辺に立ちて この胸の想いを 想いを告げた 遠い思い出 せせらぐ柿田川 あの女(ひと)の 名前呼べど 還(かえ)らない 淡き初恋  カワセミが 浅瀬で遊び 夏の日は蛍を 蛍を追った 光るさざ波 寄せくる柿田川 あの友と 熱く語り 夜明けまで 酒を酌(く)みたい  富士の峰 振りむき見れば 夕映えが茜に 茜に染める こころやさしく 迎える柿田川 故郷(ふるさと)に 今も誓う 夢叶(かな)え いつか帰ると
風の町哀詩風にちぎれて 汽笛がひとつ あれはおまえの 呼ぶ声か 高瀬 山寺 男がひとり 夢じゃ抱けない… 旅の果て も一度逢いたい 風の町  つらい運命(さだめ)に 泣いてたおまえ ついて来いとも 言えないで 酒田 遊佐町(ゆざまち) 男がひとり 酒を相手に… 子守唄 グラスにつぶやく 風の町  湯の香せつなく この身に沁みる 風の噂じゃ 人の妻 蔵王 銀山 男がひとり 祈る幸せ… ひとつ星 涙でかすんだ 風の町黒川真一朗菅麻貴子水森英夫丸山雅仁風にちぎれて 汽笛がひとつ あれはおまえの 呼ぶ声か 高瀬 山寺 男がひとり 夢じゃ抱けない… 旅の果て も一度逢いたい 風の町  つらい運命(さだめ)に 泣いてたおまえ ついて来いとも 言えないで 酒田 遊佐町(ゆざまち) 男がひとり 酒を相手に… 子守唄 グラスにつぶやく 風の町  湯の香せつなく この身に沁みる 風の噂じゃ 人の妻 蔵王 銀山 男がひとり 祈る幸せ… ひとつ星 涙でかすんだ 風の町
家族八幡(はちまん)神社の 祭りの音が ひとりの部屋に 聞こえてきます ふるさと おふくろさん 離れて知った あたたかさ 目いっぱい がんばって ひと花咲かせたら それをみやげに 帰ります  都会のくらしに ようやく慣れた けれども寂しい 夕暮れ刻(どき)は 妹 おまえだけ たよりにしてる ごめんよな 目いっぱい がんばって 錦を飾る日が 来ると信じて 待ってくれ  いくつになっても 故郷(ふるさと)だけは 心の中に 住みついてます 時どき 酒好きな 父さんと飲んだ 夢をみる 目いっぱい がんばって たまには帰りたい 家族 笑顔が 支えです黒川真一朗いではく水森英夫伊戸のりお八幡(はちまん)神社の 祭りの音が ひとりの部屋に 聞こえてきます ふるさと おふくろさん 離れて知った あたたかさ 目いっぱい がんばって ひと花咲かせたら それをみやげに 帰ります  都会のくらしに ようやく慣れた けれども寂しい 夕暮れ刻(どき)は 妹 おまえだけ たよりにしてる ごめんよな 目いっぱい がんばって 錦を飾る日が 来ると信じて 待ってくれ  いくつになっても 故郷(ふるさと)だけは 心の中に 住みついてます 時どき 酒好きな 父さんと飲んだ 夢をみる 目いっぱい がんばって たまには帰りたい 家族 笑顔が 支えです
くれない酒場恋を忘れた 女がひとり 夢に疲れた 男がひとり 今さら泣いても 仕方がないね プッと嘲笑(わら)って 見つめれば ほのかに灯り くれない酒場  こんな女の 過去など聴いて あなた本気で 興奮(おこ)ってくれる 今さら泣いても 仕方がないね 酔ったふりして 甘えれば ほんのり染まる くれない酒場  二度としないと 誓ったくせに ダメな女の 悲しさつらさ 今さら泣いても 仕方がないね きっとまたねと 手を振れば 微笑みひとつ くれない酒場黒川真一朗みやび恵水森英夫南郷達也恋を忘れた 女がひとり 夢に疲れた 男がひとり 今さら泣いても 仕方がないね プッと嘲笑(わら)って 見つめれば ほのかに灯り くれない酒場  こんな女の 過去など聴いて あなた本気で 興奮(おこ)ってくれる 今さら泣いても 仕方がないね 酔ったふりして 甘えれば ほんのり染まる くれない酒場  二度としないと 誓ったくせに ダメな女の 悲しさつらさ 今さら泣いても 仕方がないね きっとまたねと 手を振れば 微笑みひとつ くれない酒場
グラスの氷ちょっと浮気で 調子がよくて そんな噂は 聞いたけど 好きになったら すべてを許し おなじ過ち 繰りかえす お酒よ今夜は 付き合って やさしく私を なぐさめて せめてグラスの 角氷 涙に溶けて しまうまで…  あんな男と 強がり言えば よけいみじめに なるばかり ひとり携帯電話(でんわ)の アドレス消せば 未練こぼれて また泣ける お酒よ今夜は 酔わせてよ いけない私を 叱ってよ そうよこころの 傷ならば いつかはきっと 忘れるわ…  たった三ヶ月(みつき)の しあわせ芝居 二度と逢う気は ないけれど 愛を失(な)くした ひとりの部屋に 帰りたくない もう少し お酒よ今夜は 抱きしめて 淋しい私を ささえてよ せめてグラスの 角氷 涙に溶けて しまうまで…黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫前田俊明ちょっと浮気で 調子がよくて そんな噂は 聞いたけど 好きになったら すべてを許し おなじ過ち 繰りかえす お酒よ今夜は 付き合って やさしく私を なぐさめて せめてグラスの 角氷 涙に溶けて しまうまで…  あんな男と 強がり言えば よけいみじめに なるばかり ひとり携帯電話(でんわ)の アドレス消せば 未練こぼれて また泣ける お酒よ今夜は 酔わせてよ いけない私を 叱ってよ そうよこころの 傷ならば いつかはきっと 忘れるわ…  たった三ヶ月(みつき)の しあわせ芝居 二度と逢う気は ないけれど 愛を失(な)くした ひとりの部屋に 帰りたくない もう少し お酒よ今夜は 抱きしめて 淋しい私を ささえてよ せめてグラスの 角氷 涙に溶けて しまうまで…
紺屋町ブルース待っていますと 泣きながら あの娘(こ)は小さく 手を振った どこか淋しい… どこか淋しい 紺屋町(こうやまち) いつか一緒に なる夢も 散って儚い 夜の風  嘘と真実(まこと)の すれ違い 男と女の かけ橋は どこかせつない… どこかせつない 紺屋町(こうやまち) きっと幸せ あげるよと 抱けば濡らした 白い頬  なにがあっても 笑い顔 あの娘(こ)は絶やしは しなかった どこか悲しい… どこか悲しい 紺屋町(こうやまち) めぐり逢えたら 今度こそ 離すものかよ 離さない黒川真一朗有島司水森英夫南郷達也待っていますと 泣きながら あの娘(こ)は小さく 手を振った どこか淋しい… どこか淋しい 紺屋町(こうやまち) いつか一緒に なる夢も 散って儚い 夜の風  嘘と真実(まこと)の すれ違い 男と女の かけ橋は どこかせつない… どこかせつない 紺屋町(こうやまち) きっと幸せ あげるよと 抱けば濡らした 白い頬  なにがあっても 笑い顔 あの娘(こ)は絶やしは しなかった どこか悲しい… どこか悲しい 紺屋町(こうやまち) めぐり逢えたら 今度こそ 離すものかよ 離さない
こぼれ灯袋小路(ふくろこうじ)の 紅(あか)い灯(ひ)が 風にこぼれる 水たまり 泣いちゃいないか あいつもひとり 羽根を痛めた 夢とんぼ 故郷(ふるさと)は 故郷(ふるさと)は母の姿… 心に見えるよ  辛(つら)い時には 思い出せ 昔遊んだ 山や川 にぎり拳(こぶし)で カツ入れながら 行くが人生 この俺の 故郷は 故郷は母の姿… 心に灯(とも)るよ  夜にはじけて また一つ 消えた希(のぞ)みの シャボン玉 嘘に傷つき 足踏みしても 後(あと)に引けない 道なかば 故郷(ふるさと)は 故郷(ふるさと)は母の姿… 心に見えるよ黒川真一朗関口義明水森英夫池多孝春袋小路(ふくろこうじ)の 紅(あか)い灯(ひ)が 風にこぼれる 水たまり 泣いちゃいないか あいつもひとり 羽根を痛めた 夢とんぼ 故郷(ふるさと)は 故郷(ふるさと)は母の姿… 心に見えるよ  辛(つら)い時には 思い出せ 昔遊んだ 山や川 にぎり拳(こぶし)で カツ入れながら 行くが人生 この俺の 故郷は 故郷は母の姿… 心に灯(とも)るよ  夜にはじけて また一つ 消えた希(のぞ)みの シャボン玉 嘘に傷つき 足踏みしても 後(あと)に引けない 道なかば 故郷(ふるさと)は 故郷(ふるさと)は母の姿… 心に見えるよ
ごめんよナさがしても この世のどこを たずねてみても もう居ない あんないい娘(こ)は 二人といない 別れた時から 男はいつも わがまま過ぎた 過去を追いかける ごめんよ ごめんよナ  胸の中 お酒が回す 舞灯籠(まいとうろう)の あれも夢 これもまた夢 儚(はかな)い虹よ 口紅色した 野あざみ咲いて 思い出づたい 春を告げる町 ごめんよ ごめんよナ  この手から 離して遠い しあわせの糸 今ごろは 誰と結んで 暮らすのだろか 遅れたやさしさ 届けるために 夜空にきみの 星を見つけたい ごめんよ ごめんよナ黒川真一朗関口義明水森英夫池多孝春さがしても この世のどこを たずねてみても もう居ない あんないい娘(こ)は 二人といない 別れた時から 男はいつも わがまま過ぎた 過去を追いかける ごめんよ ごめんよナ  胸の中 お酒が回す 舞灯籠(まいとうろう)の あれも夢 これもまた夢 儚(はかな)い虹よ 口紅色した 野あざみ咲いて 思い出づたい 春を告げる町 ごめんよ ごめんよナ  この手から 離して遠い しあわせの糸 今ごろは 誰と結んで 暮らすのだろか 遅れたやさしさ 届けるために 夜空にきみの 星を見つけたい ごめんよ ごめんよナ
下北慕情君を訪ねて 降り立つ駅は 線路も途切れた 海の町 古い小さな 酒場にいると 噂ひろって 汽車の旅… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 波も凍てつく 大湊(おおみなと)  抱いてあげたい この手のなかに 面影浮かべる 旅の空 俺の勝手で 別れたけれど 泣いていないか 細い肩… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 君に逢いたい 脇野沢(わきのさわ)  明日(あす)へ乗り継ぐ 列車もなくて 瞼を閉じれば 風ばかり もしも逢えたら 苦労も夢も 俺に預けろ これからは… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) ひとり涙の 尻屋崎(しりやざき)黒川真一朗菅麻貴子水森英夫竹内弘一君を訪ねて 降り立つ駅は 線路も途切れた 海の町 古い小さな 酒場にいると 噂ひろって 汽車の旅… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 波も凍てつく 大湊(おおみなと)  抱いてあげたい この手のなかに 面影浮かべる 旅の空 俺の勝手で 別れたけれど 泣いていないか 細い肩… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) 君に逢いたい 脇野沢(わきのさわ)  明日(あす)へ乗り継ぐ 列車もなくて 瞼を閉じれば 風ばかり もしも逢えたら 苦労も夢も 俺に預けろ これからは… 何処にいるのさ 下北の女(ひと) ひとり涙の 尻屋崎(しりやざき)
人生酒場今日があるから 明日がある 明日がなければ 今日はない 雨で涙を 隠すのさ 風は木枯らし 耐えるのさ 人生酒場は 悲しみ集め 男酒 女酒 そして二人酒  夜があるから 朝がある 朝がなければ 夜はない 上手くいっても 驕(おご)らない 駄目であっても 腐らない 人生酒場で この世は回る 男酒 女酒 そして二人酒  夢があるから 愛がある 愛がなければ 夢はない 別れ涙の その先に うれし涙が あるんだね 人生酒場は 幸せさがし 男酒 女酒 そして二人酒黒川真一朗さいとう大三水森英夫馬飼野俊一今日があるから 明日がある 明日がなければ 今日はない 雨で涙を 隠すのさ 風は木枯らし 耐えるのさ 人生酒場は 悲しみ集め 男酒 女酒 そして二人酒  夜があるから 朝がある 朝がなければ 夜はない 上手くいっても 驕(おご)らない 駄目であっても 腐らない 人生酒場で この世は回る 男酒 女酒 そして二人酒  夢があるから 愛がある 愛がなければ 夢はない 別れ涙の その先に うれし涙が あるんだね 人生酒場は 幸せさがし 男酒 女酒 そして二人酒
青春の谺生まれて初めて 恋をして 世間と云う字が 見えなくなった 居ても立っても 走っても あの娘で一杯 胸ん中 胸ん中 吐息がとんで 涙がとんで そうさ青春の 風はこだまする  勝っても負けても 友は友 忘れちゃならない やさしさだけは ケンカしたって その後に 絆が出来れば それでいい それでいい あいつも仲間 こいつも仲間 そうさ青春の 歌はこだまする  迷いの空から 手をふれば 遠くであの娘と 幸せが呼ぶ 何度つまずき ころんでも 見直し出直し やり直し やり直し こころが燃えて いのちが燃えて そうさ青春の 夢はこだまする黒川真一朗関口義明水森英夫蔦将包生まれて初めて 恋をして 世間と云う字が 見えなくなった 居ても立っても 走っても あの娘で一杯 胸ん中 胸ん中 吐息がとんで 涙がとんで そうさ青春の 風はこだまする  勝っても負けても 友は友 忘れちゃならない やさしさだけは ケンカしたって その後に 絆が出来れば それでいい それでいい あいつも仲間 こいつも仲間 そうさ青春の 歌はこだまする  迷いの空から 手をふれば 遠くであの娘と 幸せが呼ぶ 何度つまずき ころんでも 見直し出直し やり直し やり直し こころが燃えて いのちが燃えて そうさ青春の 夢はこだまする
雪花角館雪が別れを 惜しむのか 寄り添う肩に 降り積もる 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 白い夜汽車に 消えゆくあなた  ついて行けない 悲しさが なみだを誘う 武家屋敷 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 川のせせらぎ 面影ゆれる  桜の花びら 舞う頃は あなたのそばで くらしたい 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 紅く咲かせて 女の春を黒川真一朗鈴川信也水森英夫馬飼野俊一雪が別れを 惜しむのか 寄り添う肩に 降り積もる 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 白い夜汽車に 消えゆくあなた  ついて行けない 悲しさが なみだを誘う 武家屋敷 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 川のせせらぎ 面影ゆれる  桜の花びら 舞う頃は あなたのそばで くらしたい 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 紅く咲かせて 女の春を
それが女の道なのよあなたが世に出る その日まで わたしは支える 見届ける 夢は生きがい こころの化粧 生まれついての おんなの星よ 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ  わき目もふらずに 愛だけを 頼って信じて ひとすじに どこの誰にも ない優しさが 添えぬ人でも あなたの値うち 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ  あなたが輝き 増すころは わたしは流れて 消えて行(ゆ)く さだめ分けあう 夜空の隅で 涙ぐんでる おんなの星よ 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ黒川真一朗関口義明水森英夫前田俊明あなたが世に出る その日まで わたしは支える 見届ける 夢は生きがい こころの化粧 生まれついての おんなの星よ 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ  わき目もふらずに 愛だけを 頼って信じて ひとすじに どこの誰にも ない優しさが 添えぬ人でも あなたの値うち 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ  あなたが輝き 増すころは わたしは流れて 消えて行(ゆ)く さだめ分けあう 夜空の隅で 涙ぐんでる おんなの星よ 尽(つ)くせるだけ 尽(つ)くして 与(あた)えるだけ 与(あた)えて… それが女の道なのよ
旅しぐれちってくだけた 夢なんか 捨てて来たんだ あのまちへ 連れて… 連れて行ってと すがったひとの 涙がここまで 後追うような にわかひと雨 旅しぐれ  かくれ咲いてる 野の花に しのぶ面影 細おもて 山の… 山の向こうは つかのま晴れて むらさき茜の 空行く雁に 降るな濡らすな 旅しぐれ  意地があるんだ 男なら 春をこの手に つかむまで 今も… 今も帰りを 待ってるひとの 幸せ祈って 峠に立てば またも来そうな 旅しぐれ黒川真一朗関口義明水森英夫前田俊明ちってくだけた 夢なんか 捨てて来たんだ あのまちへ 連れて… 連れて行ってと すがったひとの 涙がここまで 後追うような にわかひと雨 旅しぐれ  かくれ咲いてる 野の花に しのぶ面影 細おもて 山の… 山の向こうは つかのま晴れて むらさき茜の 空行く雁に 降るな濡らすな 旅しぐれ  意地があるんだ 男なら 春をこの手に つかむまで 今も… 今も帰りを 待ってるひとの 幸せ祈って 峠に立てば またも来そうな 旅しぐれ
誰かあいつを知らないか街から駅へ 運河を渡り あの日ふたりは ゴンドラまかせ ため息橋で くちづけ交わし 愛を誓った 仲なのに 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  ふたつの影が 重なり合って 月と一緒に 水面で揺れた 異国の街の 匂いが沁みる あれは運河(かわ)沿い カフェテラス 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  名前はたしか “さちこ”と言って 笑うしぐさは 子供のようで カモメと鳩が 群がる広場 愛に疲れて 泣いていた 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか黒川真一朗菅麻貴子水森英夫伊戸のりお街から駅へ 運河を渡り あの日ふたりは ゴンドラまかせ ため息橋で くちづけ交わし 愛を誓った 仲なのに 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  ふたつの影が 重なり合って 月と一緒に 水面で揺れた 異国の街の 匂いが沁みる あれは運河(かわ)沿い カフェテラス 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか  名前はたしか “さちこ”と言って 笑うしぐさは 子供のようで カモメと鳩が 群がる広場 愛に疲れて 泣いていた 真っ赤なバラが 好きだと言った そんなあいつを 誰か 誰か 知らないか
津軽じょんがら流れ唄岬は今日も 海鳴りが さわいで風花 はこぶだろう 心にもなく 浜昼顔に 想いよせては ひとり泣く 津軽じょんがら流れ唄  海峡はるか 越えてゆく 船さえ哀しく めをよぎる 生木さくよに 別れて来たが 過去しのべば 今さらに 津軽じょんがら流れ唄  凍てつく海は 今もなお 冷めたい風雪 はこんでは 時の流れに むち打ち生きて 愛の涙を ちらすのか 津軽じょんがら流れ唄黒川真一朗飛鳥井芳朗佐義達雄岬は今日も 海鳴りが さわいで風花 はこぶだろう 心にもなく 浜昼顔に 想いよせては ひとり泣く 津軽じょんがら流れ唄  海峡はるか 越えてゆく 船さえ哀しく めをよぎる 生木さくよに 別れて来たが 過去しのべば 今さらに 津軽じょんがら流れ唄  凍てつく海は 今もなお 冷めたい風雪 はこんでは 時の流れに むち打ち生きて 愛の涙を ちらすのか 津軽じょんがら流れ唄
月草の宿雨のしずくが 窓辺をつたう 君の涙か 伊豆しぐれ あぁ 決めていたのか 最後の夜と いいの ひとりで 生きると言った… あの日別離(わか)れた 月草の宿  雨に打たれて 小さく揺れて すすり泣くよな つゆ草よ あぁ あれは女の つよがりなのか いいの ひとりで 生きると言った… 嘘が哀しい 月草の宿  雨に煙った 天城の里に 君のおもかげ 探す旅 あぁ 待って欲しいと そのひと言に いいの ひとりで 生きると言った… 俺を泣かせる 月草の宿黒川真一朗菅麻貴子水森英夫石倉重信雨のしずくが 窓辺をつたう 君の涙か 伊豆しぐれ あぁ 決めていたのか 最後の夜と いいの ひとりで 生きると言った… あの日別離(わか)れた 月草の宿  雨に打たれて 小さく揺れて すすり泣くよな つゆ草よ あぁ あれは女の つよがりなのか いいの ひとりで 生きると言った… 嘘が哀しい 月草の宿  雨に煙った 天城の里に 君のおもかげ 探す旅 あぁ 待って欲しいと そのひと言に いいの ひとりで 生きると言った… 俺を泣かせる 月草の宿
東京演歌夢にはぐれて 流されながら 上野 日暮里 北千住 ふる里便り 握りしめ 酔ってつぶれる 奴がいる どうにかなるさ 何とかなるさ ああ 誰が歌うか 東京演歌  恋の未練が うわさを拾う 小岩 亀戸 錦糸町 ネオンの色に 染まるなと 故郷(くに)へ帰した うぶな娘(やつ) 幸せだろか 忘れたろうか ああ 誰が歌うか 東京演歌  洒落にならない 身の上話 王子 赤羽 池袋 世渡り下手(べた)の 笑いじわ ガードくぐれば 月あかり どうにかなるさ 明日は来るさ ああ 誰が歌うか 東京演歌黒川真一朗さくらちさと水森英夫南郷達也夢にはぐれて 流されながら 上野 日暮里 北千住 ふる里便り 握りしめ 酔ってつぶれる 奴がいる どうにかなるさ 何とかなるさ ああ 誰が歌うか 東京演歌  恋の未練が うわさを拾う 小岩 亀戸 錦糸町 ネオンの色に 染まるなと 故郷(くに)へ帰した うぶな娘(やつ) 幸せだろか 忘れたろうか ああ 誰が歌うか 東京演歌  洒落にならない 身の上話 王子 赤羽 池袋 世渡り下手(べた)の 笑いじわ ガードくぐれば 月あかり どうにかなるさ 明日は来るさ ああ 誰が歌うか 東京演歌
なだめ酒浮世嵐に 今日もまた 押し流されて 西東 西東 あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って愚痴れば まぁまぁと なだめてくれる 心酒  好きな女にゃ 無視されて 嫌いな女(やつ)に 言い寄られ 言い寄られ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない そんなもんだよ まぁまぁと なだめてくれる 支え酒  みんな千切れて どこ行った 胸踊らせた 夢たちよ 夢たちよ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って落ち込みゃ まぁまぁと なだめてくれる 力酒黒川真一朗有島司水森英夫南郷達也浮世嵐に 今日もまた 押し流されて 西東 西東 あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って愚痴れば まぁまぁと なだめてくれる 心酒  好きな女にゃ 無視されて 嫌いな女(やつ)に 言い寄られ 言い寄られ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない そんなもんだよ まぁまぁと なだめてくれる 支え酒  みんな千切れて どこ行った 胸踊らせた 夢たちよ 夢たちよ あぁ 遣ってられない 呑まずにいられない 酔って落ち込みゃ まぁまぁと なだめてくれる 力酒
なみだ雨肩を寄せても おんなの傘じゃ 隠し切れない ふたりの恋よ 愛して尽くして 悔いない命 ほろほろほろと 湯けむりの 夜にこぼれる なみだ雨  忍ぶ旅路の 瀬音を聞いて 寒くないかと 気づかうあなた 明日(あした)と呼べない 夜明けが憎い ほろほろほろと その胸で せめて泣かせて なみだ雨  朝の始発に あなたを乗せて 次の汽車待つ 別れの駅よ 思い出ひと色 心を濡らす ほろほろほろと 残り香に 紅も哀しい なみだ雨黒川真一朗やしろよう水森英夫南郷達也肩を寄せても おんなの傘じゃ 隠し切れない ふたりの恋よ 愛して尽くして 悔いない命 ほろほろほろと 湯けむりの 夜にこぼれる なみだ雨  忍ぶ旅路の 瀬音を聞いて 寒くないかと 気づかうあなた 明日(あした)と呼べない 夜明けが憎い ほろほろほろと その胸で せめて泣かせて なみだ雨  朝の始発に あなたを乗せて 次の汽車待つ 別れの駅よ 思い出ひと色 心を濡らす ほろほろほろと 残り香に 紅も哀しい なみだ雨
一夜川重ねた命 心に結び 越えて行けない 一夜川 愛の重さは 変わりはしない たとえふたりが 添えなくたって 紅く 紅くもやして 生きてゆくのね  鵜飼いでじゃれて 遊んだ夏を 想い恋しい 湯の宿よ 川のせせらぎ 静かにしみる 風が紅葉に からんで揺れて なみだ なみだひと筋 頬をぬらして  夕日を背中(せな)に 翔びたつ鳥よ どこへ帰るの 啼きながら ひとり黒川 湯の里あたり 熱い夢抱き 女のみちを 紅く 紅くもやして 生きてゆくのね黒川真一朗鈴川信也水森英夫南郷達也重ねた命 心に結び 越えて行けない 一夜川 愛の重さは 変わりはしない たとえふたりが 添えなくたって 紅く 紅くもやして 生きてゆくのね  鵜飼いでじゃれて 遊んだ夏を 想い恋しい 湯の宿よ 川のせせらぎ 静かにしみる 風が紅葉に からんで揺れて なみだ なみだひと筋 頬をぬらして  夕日を背中(せな)に 翔びたつ鳥よ どこへ帰るの 啼きながら ひとり黒川 湯の里あたり 熱い夢抱き 女のみちを 紅く 紅くもやして 生きてゆくのね
ふるさと帰行汽笛がひと声 泣きながら 鉄橋わたれば ふるさとの秋 捨てる時より 戻る日が どんなに辛いか 男には 男には 希みも夢も 誓いも意地も いつか色褪せて 走る風の中  見送る言葉も 言えなくて おさげとコスモス ゆれてたあの日 車窓の向こうに 見る山の ふもとは静かに たそがれて たそがれて 萱ぶき屋根も 田んぼの道も 遠い思い出に つづく風の中  列車が着くたび 席が空き 淋しさなお増す 各駅停車 ゆれて近づく 里の灯に あふれる涙は なぜだろう なぜだろう 負けたんじゃない あきらめじゃない 都会のやさしさも 連れて風の中黒川真一朗関口義明水森英夫蔦将包汽笛がひと声 泣きながら 鉄橋わたれば ふるさとの秋 捨てる時より 戻る日が どんなに辛いか 男には 男には 希みも夢も 誓いも意地も いつか色褪せて 走る風の中  見送る言葉も 言えなくて おさげとコスモス ゆれてたあの日 車窓の向こうに 見る山の ふもとは静かに たそがれて たそがれて 萱ぶき屋根も 田んぼの道も 遠い思い出に つづく風の中  列車が着くたび 席が空き 淋しさなお増す 各駅停車 ゆれて近づく 里の灯に あふれる涙は なぜだろう なぜだろう 負けたんじゃない あきらめじゃない 都会のやさしさも 連れて風の中
抱擁頬をよせあった あなたのにおいが 私の一番 好きなにおいよ 目をとじて いつまでも 踊っていたい 恋に酔う心 泣きたくなるほど あなたが好きよ  もしもあなたから 別れの言葉を 言われたとしたら 生きてゆけない あなたしか 愛せない 女にいつか なってしまったの 泣きたくなるほど あなたが好きよ  夜よお願いよ さようなら言わせる 朝など呼ばずに じっとしていて 目をとじて 幸せを いついつまでも 恋に酔う心 泣きたくなるほど あなたが好きよ黒川真一朗荒川利夫山岡俊弘大崎五郎頬をよせあった あなたのにおいが 私の一番 好きなにおいよ 目をとじて いつまでも 踊っていたい 恋に酔う心 泣きたくなるほど あなたが好きよ  もしもあなたから 別れの言葉を 言われたとしたら 生きてゆけない あなたしか 愛せない 女にいつか なってしまったの 泣きたくなるほど あなたが好きよ  夜よお願いよ さようなら言わせる 朝など呼ばずに じっとしていて 目をとじて 幸せを いついつまでも 恋に酔う心 泣きたくなるほど あなたが好きよ
惚れほれ酒あんな男と 言わないで 聴けば なおさら 辛くなる 命からがら 掴んだ恋は どこのどなたと どの店あたり あゝ泣けるわね 惚れほれ酒よ  点けた灯りを 消さないで 暗い 人生 まっぴらよ 独りゆらゆら 出逢った恋は 影も吐息も 匂いも癖も あゝ愛しいね 惚れほれ酒よ  こんな私を 捨てないで きっと 最後の 男(ひと)だから 春のぬくもり 誓った恋は 嘘のつけない 女になれる あゝ泣けるわね 惚れほれ酒よ黒川真一朗みやび恵水森英夫南郷達也あんな男と 言わないで 聴けば なおさら 辛くなる 命からがら 掴んだ恋は どこのどなたと どの店あたり あゝ泣けるわね 惚れほれ酒よ  点けた灯りを 消さないで 暗い 人生 まっぴらよ 独りゆらゆら 出逢った恋は 影も吐息も 匂いも癖も あゝ愛しいね 惚れほれ酒よ  こんな私を 捨てないで きっと 最後の 男(ひと)だから 春のぬくもり 誓った恋は 嘘のつけない 女になれる あゝ泣けるわね 惚れほれ酒よ
円山 花町 母の町母になれても 妻にはなれず 小さな僕を 抱きしめて 明日におびえる 細い腕 円山 花町 母さんの 涙がしみた 日陰町  母の姿を 島田で隠し 病気の僕を 家におき 作り笑顔で 夜に咲く 円山 花町 母さんの 苦労がしみた 日陰町  母と言う名の 喜びさがし 静かに僕を 見る目には 縋り付くよな 夢がある 円山 花町 母さんの 願いがしみた 日陰町黒川真一朗神坂薫浜圭介大崎五郎母になれても 妻にはなれず 小さな僕を 抱きしめて 明日におびえる 細い腕 円山 花町 母さんの 涙がしみた 日陰町  母の姿を 島田で隠し 病気の僕を 家におき 作り笑顔で 夜に咲く 円山 花町 母さんの 苦労がしみた 日陰町  母と言う名の 喜びさがし 静かに僕を 見る目には 縋り付くよな 夢がある 円山 花町 母さんの 願いがしみた 日陰町
最上川残雪の きらめく峰を 仰ぐのは幾年(いくとせ) 幾年(いくとせ)ぶりか 流れ変わらぬ あの日の最上川 故郷(ふるさと)の 窓火(あかり)みれば 訳もなく 涙あふれる  城下町 大志(のぞみ)を抱いた 若き日の想い出 想い出いくつ 白い浮雲 浮かべた最上川 今もなお 胸を揺らす 初恋の 君は何処(いずこ)に  父母(ちちはは)の やさしき笑顔 声もなく頷(うなず)く 頷(うなず)くばかり 遠く虫の音(ね) 聴こえる最上川 この生家(いえ)で いのち安め 明日(あす)はまた 都(まち)に帰らん黒川真一朗仁井谷俊也水森英夫前田俊明残雪の きらめく峰を 仰ぐのは幾年(いくとせ) 幾年(いくとせ)ぶりか 流れ変わらぬ あの日の最上川 故郷(ふるさと)の 窓火(あかり)みれば 訳もなく 涙あふれる  城下町 大志(のぞみ)を抱いた 若き日の想い出 想い出いくつ 白い浮雲 浮かべた最上川 今もなお 胸を揺らす 初恋の 君は何処(いずこ)に  父母(ちちはは)の やさしき笑顔 声もなく頷(うなず)く 頷(うなず)くばかり 遠く虫の音(ね) 聴こえる最上川 この生家(いえ)で いのち安め 明日(あす)はまた 都(まち)に帰らん
山彦峠故郷(こきょう)の風に 吹かれたくって 夕陽の中を 遠まわり 遠まわり 木霊(こだま)もうれしい 山彦峠は オーイ 九十九折(つづらお)り 段々畑で 迎える母の 影が気になる やつれ肩  手おんぶされて この坂越えた 幼い頃の 村まつり 村まつり 思い出映(うつ)すか 山彦峠の オーイ 鏡月(かがみづき) 手料理自慢で 精出す母の 味に今夜は 舌つづみ  女手ひとつ 苦労の中を 育てて呉れた 人並に 人並に 木霊(こだま)もうれしい 山彦峠の オーイ 笠地蔵(かさじぞう) 弱音も吐(は)かずに 働く母の 達者(まめ)を祈って ひと拝み黒川真一朗木下龍太郎水森英夫故郷(こきょう)の風に 吹かれたくって 夕陽の中を 遠まわり 遠まわり 木霊(こだま)もうれしい 山彦峠は オーイ 九十九折(つづらお)り 段々畑で 迎える母の 影が気になる やつれ肩  手おんぶされて この坂越えた 幼い頃の 村まつり 村まつり 思い出映(うつ)すか 山彦峠の オーイ 鏡月(かがみづき) 手料理自慢で 精出す母の 味に今夜は 舌つづみ  女手ひとつ 苦労の中を 育てて呉れた 人並に 人並に 木霊(こだま)もうれしい 山彦峠の オーイ 笠地蔵(かさじぞう) 弱音も吐(は)かずに 働く母の 達者(まめ)を祈って ひと拝み
夢待ち酒場泣いているやつ 笑うやつ 馴染みの店です 常連すずめ 憂さの捨て場所 夢待ち酒場 肩(かた)膝(ひざ)ふれ合う 止まり木で 情けを酌(つ)ぎ足し おつかれさん  「生きていたかい」「元気かい」 いつでも仲間が 迎えてくれる 噂すずめの 夢待ち酒場 今夜も季節の 美味いもの 並べて乾杯 おつかれさん  浮くも沈むも 浮世(よ)のならい いつかは必ず いいことあるさ 呑んべぇ集まる 夢待ち酒場 ふるさと話で 夜(よ)も更けて 明日(あした)もよろしく おつかれさん黒川真一朗菅麻貴子水森英夫丸山雅仁泣いているやつ 笑うやつ 馴染みの店です 常連すずめ 憂さの捨て場所 夢待ち酒場 肩(かた)膝(ひざ)ふれ合う 止まり木で 情けを酌(つ)ぎ足し おつかれさん  「生きていたかい」「元気かい」 いつでも仲間が 迎えてくれる 噂すずめの 夢待ち酒場 今夜も季節の 美味いもの 並べて乾杯 おつかれさん  浮くも沈むも 浮世(よ)のならい いつかは必ず いいことあるさ 呑んべぇ集まる 夢待ち酒場 ふるさと話で 夜(よ)も更けて 明日(あした)もよろしく おつかれさん
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照