歌詞を

ヘルプ

荒川利夫作詞の歌詞一覧リスト

52 曲中 1-52 曲を表示
2019年9月19日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
沖縄哀歌金田たつえ荒川利夫稲沢祐介沈む夕日の海の色明日も
抱擁黒川真一朗荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたの
抱擁フランク永井荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたのにおい
ブランデーグラスフランク永井荒川利夫山岡俊弘これでおよしよそんなに
浮草慕情松前ひろ子荒川利夫山口ひろしこの目に見えない
大衆演劇旅一座金田たつえ荒川利夫花笠薫時の流れに役者で生きて
三つの涙野路由紀子荒川利夫聖川湧だまされた女は枯れてる花より
抱擁真木ひでと荒川利夫山岡俊弘頬を寄せあったあなたの匂いが
風鈴坂本冬美荒川利夫花笠薫風鈴の小さな音色が
夫婦舟三笠優子荒川利夫聖川湧この川がどこに流れて
お酒を抱いて千葉マリア荒川利夫保坂ひろし今日で忘れる諦める
泣いても好き千葉マリア荒川利夫千葉マリア消えたあなたの心の中に
命みちづれ森若里子荒川利夫山口ひろしあなたは私の故郷だから
人生太鼓三笠優子荒川利夫聖川湧一歩千金将棋の道と
抱擁中条きよし荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたのにおい
故郷わかれ津田文彦荒川利夫野崎真一親がおまえを叱っても
これからも夫婦舟三笠優子荒川利夫聖川湧この世に生まれて
雨夜酒藤あや子荒川利夫叶弦大あなたが消えた雨の中
涙に消える船小峰あずさ荒川利夫うと五郎おんなと遊ぶだけだと笑う
おれの人生始発駅鳥羽一郎荒川利夫鈴木淳前に広がるこの英虞湾の
夫婦舟松前ひろ子荒川利夫聖川湧この川がどこへ流れて
人生三笠優子荒川利夫岡千秋咲く花散る花 この世のままに
赤ちょうちん金田たつえ荒川利夫花笠薫赤提灯の もつやきの
夜霧の中で横浜一郎荒川利夫岩上峰山おまえの涙がすがるから
午前さま三船和子荒川利夫水森英夫まっすぐ帰って くるはずが
抱擁GOLD LYLIC箱崎晋一郎荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたのにおいが
故郷も雨ですか成田ふじ美荒川利夫曽根幸明故郷も雨ですかそんな電話を
落葉ものがたり藤洋介荒川利夫佐藤陽太郎季節はいつのまにか変ってゆく
涙と一緒藤あや子荒川利夫叶弦大夢で逢いたいあなたの胸に
別れ愛若山かずさ荒川利夫三木たかしこんなに惚れてもさよならね
おんな藤あや子荒川利夫叶弦大朝の湯舟で涙を洗う私を
娘の金屏風金田たつえ荒川利夫殿島周二女手ひとつで 育てた娘
夫婦川三笠優子荒川利夫聖川湧波の数ほどア苦労の数が
かもめ桟橋青島みどり荒川利夫聖川湧かもめを連れてくあの船に
かくれ傘金田たつえ荒川利夫保田幸司郎二人は夫婦に見えるでしょうか
抱擁中川明荒川利夫山岡俊弘頬をよせあったあなたの
俺は立つ新家誠荒川利夫飯嶋吉男夢を大きく持たなけりゃ
夫婦舟細川たかし荒川利夫聖川湧作この川がどこへ流れてゆこうと
夜の指輪高田和明荒川利夫水島正和俺のものだと私に云って
港 別れ風五木ひろし荒川利夫木村好夫この目閉じてもおまえが見える
おんな情話森若里子荒川利夫山口ひろし湯舟に身体を 沈めてみても
はぐれ雲八代亜紀荒川利夫聖川湧恋をあきらめ背中を向ける
漁火慕情八代亜紀荒川利夫聖川湧揺れる漁火ひとりで眺め
浮草情話森若里子荒川利夫山口ひろしこの目に見えない運命の嵐
花哀歌神野美伽荒川利夫市川昭介涙にゆれて生きるより花より
一緒道嶋ひさお荒川利夫酒田稔俺を選んだおまえのこころ
裏町川長良いずみ荒川利夫長沢ローネオン映して流れる川が
天城旅枕光川幸一荒川利夫高根大伊豆の夜雨を耳にして
雨の松島美波京子荒川利夫古葉弘女ごころの みれんが煙る
あんたの女房三船和子荒川利夫市川昭介うちはあんたの女房やないか
人生これから八樹らん子荒川利夫岩上峰山私を大事にするよって
ひとり浮雲八樹らん子荒川利夫岩上峰山あなたの背中にさよならが