歌詞を

ヘルプ

聖川湧作曲の歌詞一覧リスト

253 曲中 1-200 曲を表示
2020年1月23日(木)更新
並び順:
全2ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
夕月の花清水たま希坂口照幸聖川湧しあわせになる為の
花供養清水たま希坂口照幸聖川湧分かりますともひと目みて
偲び酒五島つばき峰崎林二郎聖川湧雨降る居酒屋でおんなの偲び酒
金原明善五島つばき一龍齋貞花聖川湧為せば成るよと諭しても
雪割り酒羽山みずき喜多條忠聖川湧他人の幸せ見るたびに
おんなの旅路羽山みずき喜多條忠聖川湧夢という名の積み荷を降ろし
大阪情話~うちと一緒になれへんか~朝花美穂もず唱平聖川湧人はこころや銭やない
恋待ち夜雨城之内早苗石原信一聖川湧雨が止みそで止まない日暮れ
音戸の恋唄成世昌平原文彦聖川湧ヤーレ鳶が空から魚をつかむヨ
只見線恋歌奥山えいじ槙桜子聖川湧会津の空は淡紅ぼかし
人生波止場奥山えいじ鈴木青児聖川湧春の夜更けに港を発った
出世男道谷島明世新條カオル聖川湧夜明けの前が一番寒い
故郷こころ唄谷島明世新條カオル聖川湧私の生まれたこの町が
荒くれ度胸船小田代直子新條カオル聖川湧船のデッキを雪空から叩く
ふるさとさんありがとう小田代直子新條カオル聖川湧朝日が海面にきらめいて
古いタイプの女です羽山みずき喜多條忠聖川湧みんながやめろと言ったけど
ひとり鍋羽山みずき喜多條忠聖川湧木枯しひゅるひゅる泣いてます
カワセミ瀬生ひろ菜麻生あかり聖川湧やさしいあなたがそばにいる
歌一輪牧村三枝子本橋夏蘭聖川湧北の大地で産声あげた
紅殻情話山口瑠美森坂とも聖川湧恋の柄杓で散らした水に
みかんの木陰山口瑠美森坂とも聖川湧瀬戸の夕凪ぎ尾を引く船は
深川浪花物語川中美幸もず唱平聖川湧浪花の生まれお転婆が
いなか侍川中美幸もず唱平聖川湧ふるさと捨てゝ悔いてると
酒田カモメ唄羽山みずき喜多條忠聖川湧酒田港の黄昏時は
いのち舟羽山みずき横山賢一聖川湧ひとりでなんて渡れはしない
雪国情歌五島つばきみやび恵聖川湧窓の外の氷柱砕き
長崎オロロンバイ五島つばきみやび恵聖川湧あなたとふたり写した写真
江の川成世昌平もず唱平聖川湧惚れていながら縁が切れた
雪んこ風唄羽山みずき海老原秀元聖川湧深い雪でも春になれば消える
大器晩々成羽山みずき浅木しゅん聖川湧不器用まるで絵にかいた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雪花浅田あつこ喜多條忠聖川湧あなたと別れて山里のらむぷの
たそがれ本線山本あき石原信一聖川湧あなた忘れる一人の旅は
寒すみれ山本あき石原信一聖川湧雨がみぞれにいつしか雪に
男一番船小田代直子新條カオル聖川湧怒涛の拳でヨー殴られながら
みちのく大漁旗小田代直子新條カオル聖川湧海海海の飛沫をかぶリアの夢
泣くな山ちゃんかつみ吾朗森田圭悟聖川湧思えばここまで来たんじゃないか
風だより~デュエット編~新川二朗&前田俊明聖川湧聖川湧この歳になってふるさとが
紅花慕情羽山みずき横山賢一聖川湧紅花摘む指痛むからそろそろ
折鶴海峡羽山みずき横山賢一聖川湧海峡目がけて折鶴を飛ばした
八尾しぐれ瀬口侑希たかたかし聖川湧心もからだも闇に溶け
相惚れ仁義松原のぶえ・坂井一郎もず唱平聖川湧お控えなすって手前生国は摂州
威風堂々秋岡秀治新本創子聖川湧山の者なら山に吼え
浪花獅子秋岡秀治新本創子聖川湧浪花のことは夢のまた夢
成世昌平もず唱平聖川湧あんずあんずあんずよい娘じゃ
納沙布岬北野都北野彩聖川湧霧のすき間を消えてゆく船の霧笛が
追分みなと杜このみ池田充男聖川湧沖の瀬の瀬に船影ひとつ
くれないおけさ杜このみ久仁京介聖川湧おけさ袈裟懸け身を切る吹雪
望郷おんな酒金田たつえ杉紀彦聖川湧瞼をとじりゃ灯りがみえる
雪の宿成世昌平もず唱平聖川湧雪が舞うはらはら脅えあなたと
甘えてエエねん成世昌平もず唱平聖川湧せっかく逃げて来たんやさかい
走れ!山ちゃんかつみ吾朗森田圭悟聖川湧近頃どうした弱腰でお前にゃ
酒唄かつみ吾朗森田圭悟聖川湧ひとり呑むこの酒は想い出を
月花香花咲ゆき美伊藤美和聖川湧この命終わるまであなたを想う
江差初しぐれ(江差追分入り)杜このみ志賀大介聖川湧あの雲がこの川が海に戻って
兄妹峠本城みのる仁井谷俊也聖川湧母の手ひとつで育てられ
七色坂五島つばきみやび恵聖川湧心突き刺す雨の中を帰る
ひまわりの譜パート2~今、咲き誇れ君達よ~五島つばき岩口和義聖川湧あなたの愛を信じたい
のぞみ酒杜このみ聖川湧聖川湧恋がからんでなみだからんで
初恋えんか節杜このみ志賀大介聖川湧おけさあいやと北前船で
哀愁線リアス成世昌平もず唱平聖川湧ひとりお酒を注ぎ足す毎に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
喜望峰成世昌平もず唱平聖川湧出合い頭に赤提灯で
河内おんなのバラッド浅田あつこもず唱平聖川湧生駒颪がガラス戸叩く
立山連峰木田俊之岬坊真明聖川湧高くそびえる山ゆえに深く
本州最北港駅木田俊之中嶋歩人聖川湧夜汽車にゆられて北国津軽
恋する大阪川中美幸&水谷千重子高田ひろお聖川湧水の都の大阪はそぞろあるきの
半分こ川中美幸&水谷千重子高田ひろお聖川湧あんたあんたたこ焼き
味恋酒瀬生ひろ菜岡みゆき聖川湧片口一本ねかせてクルリ
三味線わたり鳥杜このみ高田ひろお聖川湧だめでもともとええじゃないか
江差初しぐれ杜このみ志賀大介聖川湧あの雲がこの川が海に戻って
遠くを見ようよ北見恭子星野哲郎聖川湧聞こえてますかあの森の声
三つの涙野路由紀子荒川利夫聖川湧だまされた女は枯れてる花より
夜汽車が着いたら野路由紀子辻本茂聖川湧貴方と私は数えで十九私が
私が育った港町野路由紀子聖川湧聖川湧夜汽車のデッキに涙を捨てて
酔えなくて野路由紀子横山賢一聖川湧未練おさめの口吻受けて
高梁慕情井上由美子伊藤謙介・補作詩:下地亜記子聖川湧おぼろ月夜の桜咲く頃は
どこかでお逢いしましたね日野美歌藤公之介聖川湧どこかでお逢いしましたね
私のために死ねますか内田あかり川内康範聖川湧現世の命絶えても永遠に
女房どの−男の感謝状−(セリフ入りバージョン)池田一男たかたかし聖川湧めでためでたの酒杯で
新潟の女 partII松原のぶえ&池田一男たかたかし聖川湧恋はせつなく儚いものと
篝火挽歌美貴じゅん子田久保真見聖川湧惚れた男が死んだ日は
くもの糸美貴じゅん子田久保真見聖川湧ふたりの小指結ぶのは
八尾恋歌島津亜矢志賀大介聖川湧おわら編み笠群から離れ
コキリコの里成世昌平もず唱平聖川湧雪を戴く人形山に緑に浮かぶ
恋…一夜山本あき菊地勝・補作詞:石原信一聖川湧人目をひくよな花よりも
終われない夏山本あき高橋護・補作詞:石原信一聖川湧ひとり足が向く懐かしい小道
風待ち湊伍代夏子たかたかし聖川湧今朝はお立ちか風待ち湊
沖田総司鳥羽一郎千葉幸雄聖川湧指でさわれば傷つくだろう
北離愁五島つばき山田孝雄聖川湧雪雪が降り街には暖炉の灯
月の港五島つばき山田孝雄聖川湧夜の港は波音ばかりさざ波
いいじゃないか人生畠山みどり高橋直人聖川湧つらい時こそ傍らの
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ふたりの時計松原愛山田孝雄聖川湧長い針はあなたすれ違うけれど
東京枯れすすき松原愛・聖川湧山田孝雄聖川湧知らなかったよすすきの花は
なみだの海峡青木美保山田孝雄聖川湧カモメカモメカモメ何故鳴くの
女房どの−男の感謝状−池田一男たかたかし聖川湧めでためでたの酒杯で
新潟の女池田一男たかたかし聖川湧恋はせつなく儚いものと
大阪情話 ~うちと一緒になれへんか~中村美律子もず唱平聖川湧人はこころや銭やない
浜酒場大地誠久仁京介聖川湧まずはどうぞとそそぐ手の
北陸本線大地誠久仁京介聖川湧待っていたのにあなたは
ひとり娘三笠優子丹まさと聖川湧かわいい娘を残して逝った
ぐい呑み酒川中美幸石本美由起聖川湧好きで一緒になったのだから
女の帰郷香西かおり市川森一聖川湧帰りますふるさとへ
冬・七夕西方裕之木下龍太郎聖川湧貴方を迎える蛇の目の傘を
夫婦舟三笠優子荒川利夫聖川湧この川がどこに流れて
早稲田通り香西かおり里村龍一聖川湧この町に忘れられない人が
新湊慕情香西かおり里村龍一聖川湧好きで添えない二人なら
流恋草GOLD LYLIC香西かおり里村龍一聖川湧流す涙は乾いても
恋舟香西かおり里村龍一聖川湧いくら好きでも運命の川に
雨酒場GOLD LYLIC香西かおり里村龍一聖川湧おちょこにお酒つぐたびに
面影橋で五島つばき喜多條忠聖川湧アパートの下の柿の木の
あなたの出発五島つばき喜多條忠聖川湧あなたの出発には美しい花が
はまゆう哀花服部浩子たきのえいじ聖川湧人目ふれずに咲き誇る
あなたがいたから千花有黄下地亜記子聖川湧哀しみにうちひしがれて
さくら草千花有黄下地亜記子聖川湧涙で明日が見えないほどに
江戸の夕映え五木ひろし吉岡治聖川湧礼に始まり真義を学びそれで
居酒屋「敦賀」香西かおり里村龍一聖川湧外は雨です居酒屋「敦賀」
雨降橋香西かおり里村龍一聖川湧あなた遠くへ行きそうで
茜雲五木ひろし水木れいじ聖川湧佐原ばやしの太鼓もあんたが
佃かたぎ成世昌平もず唱平聖川湧逃げて来たのかこの江戸に
私が生まれて育ったところ野路由紀子聖川湧聖川湧私が生まれて育ったところは
酒とふたりづれ新沼謙治里村龍児聖川湧おまえが泣いて泣いている
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
涙の河を越えて山本あき石原信一聖川湧にじむ夕暮れなつかしい駅
信じています大月みやこ岡田冨美子聖川湧ぷかりぷかりといつもあなたが
屋台酒大地誠木下龍太郎聖川湧女は後を向かないが男は何度も
ふたりの絆川中美幸鳥井実聖川湧はなればなれは淋しいけれど
君への伝言五島つばき田久保真見聖川湧君が鳥なら私は風になろう
伊那節育ち成世昌平もず唱平聖川湧もどって来てはいけないか
おれの日本海新川二朗杉紀彦聖川湧北風は哭くものさ
流恋草島津悦子里村龍一聖川湧流す涙は乾いても淋しい心は
ノスタルジア椎葉成世昌平もず唱平聖川湧朝靄はるか深山の里の
お立ち唄島津亜矢志賀大介聖川湧箪笥長持宝船いのち華やぐ
比叡の雪上野さゆり秋浩二聖川湧紅葉の匂いを嗅ぎつけて
大寒小寒成世昌平もず唱平聖川湧ハァさても一座の皆様方よ
私が生まれて育ったところ長山洋子聖川湧聖川湧私が生まれて育ったところは
はぐれコキリコ竹川美子もず唱平聖川湧立山に両の掌合わせ
恋は女の命です香西かおり里村龍一聖川湧よせよと言われりゃなお燃える
蛍の海香西かおり里村龍一聖川湧恋の蛍か漁り火は闇夜の海を
博多しぐれ三笠優子松井由利夫聖川湧意地と人情の筑前絞り
貝殻恋唄成世昌平もず唱平聖川湧波の彼方に隠岐の島飛魚が
夢追い女川中美幸石本美由起聖川湧明日が見えないこの世でも
恋しくて山本あき小林晴美聖川湧霧雨ふる夜は心が乱れます
哀しみ模様山本あき麻こよみ聖川湧雨降る夜ふけは嫌いです
大阪ごころ大月みやこ秋田泰治聖川湧泣けばあなたが帰るなら
小春王将三笠優子石本美由起聖川湧勝つか負けるか勝負の読みは
人生太鼓三笠優子荒川利夫聖川湧一歩千金将棋の道と
大器晩成三笠優子石本美由起聖川湧花を咲かすが人生ならば
放浪歌香西かおり里村龍一聖川湧螢おまえはしあわせか
平成任侠伝Mr.中村半次郎松井由利夫聖川湧冷で一杯ひっかけ酒が
宵待しぐれ川中美幸もず唱平聖川湧何ひとつ欲しくはないと
関宿しぐれ成世昌平もず唱平聖川湧今日は関宿あしたは他国
坂東太郎成世昌平もず唱平聖川湧スイスイスイと番のつばめ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
二人の春日向しのぶ麻こよみ聖川湧そよ吹く風の優しさに
夢おぼろ長保有紀たかたかし聖川湧枕のあかりに身をさらし
ひまわりの譜五島つばき岩口和義聖川湧あなたの愛を信じたい
浪花の蛍紫艶いとう彩聖川湧勝っても負けても涙を流す
大阪恋港紫艶いとう彩聖川湧黙っていたって伝わらないわ
一二三(ひふみ)小唄坂本冬美松井由利夫聖川湧柳がくれの大川に紅い灯りが
宇治川の里西村亜希子たかたかし聖川湧夕にひらいて朝しぼむ
波止場服部浩子横山賢一聖川湧岬がくれの船の灯よりも
下北漁歌細川たかし松井由利夫聖川湧窓の氷柱を二つに折って酒に
鶴の舞橋成世昌平もず唱平聖川湧お岩木山に残る雪
不知火酒八代亜紀荒木とよひさ聖川湧ふらり降りて枕木踏めば
浪花の灯り大月みやこ秋田泰治聖川湧逢えば別れの浮世なら
大阪ふたり紫艶たかたかし聖川湧あんたおぼえとる千日前の
もどりゃんせ中村美律子もず唱平聖川湧駅裏の五丁目に小さなお店を
雄踏だより成世昌平もず唱平聖川湧ふるさとの四板が通り名
これからも夫婦舟三笠優子荒川利夫聖川湧この世に生まれて
陽だまりの詩石川さゆり吉岡治聖川湧頼りないのとしっかり女房
ふるさとだよお兄ちゃん西村亜希子千葉幸雄聖川湧ここから北国トンネル抜けて
夢を担いで天童よしみ横山賢一聖川湧花の都も裏から見れば
雪しぐれ恋しぐれ成世昌平もず唱平聖川湧みちのく湯の町育ちには
貝殻節考成世昌平もず唱平聖川湧波の彼方に隠岐の島
磯節キリキリ成世昌平もず唱平聖川湧氷雨が窓打つそのたびごとに
銀河航路大空亜由美鈴木玲子・結城忍聖川湧幸せを翼に乗せて明日の空に
夜の雨嘉納ひろし荒木とよひさ聖川湧ガキの頃からおまえと俺と
湊みれん西村亜希子水木れいじ聖川湧泣いて見送る桟橋は星もない
つれづれ草西村亜希子水木れいじ聖川湧酔ったあんたにこの肩貸して
はぐれコキリコ成世昌平もず唱平聖川湧立山に両の掌合わせ
みちのく炎歌金田たつえ石本美由起聖川湧今夜だけでも愛されたいと
うず潮西村亜希子水木れいじ聖川湧いとしさ憎さがぶつかりあって
夫婦舟松前ひろ子荒川利夫聖川湧この川がどこへ流れて
想い出飾り青木香織建石一聖川湧辛口のワインひと口ふくんで
流氷秋庭豊とアローナイツ松岡はじめ聖川湧流れつきない流氷の
ほろ酔い恋唄服部浩子池田充男聖川湧おんなにうまれてしあわせか
夏椿調子かをり小林晴美聖川湧夏の日の白い椿を知っていますか
こころ花山川豊里村龍一聖川湧花の咲かないこの俺に
お嫁小唄柳澤純子たきのえいじ聖川湧花と嵐の乙女坂
虹の花天童よしみ水木れいじ聖川湧女のいのちを賭けてこそ
夕立雨服部浩子山田孝雄聖川湧ひとりぼっちが淋しくて
御神火月夜服部浩子横山賢一聖川湧島の椿の 花影は
雨の宿服部浩子麻生香太郎聖川湧ついておいでと誘われ
ほたる川金田たつえ・聖川湧菅麻貴子聖川湧女がこころにともす灯を
幸せならばいいじゃない青木美保山田孝雄聖川湧嬉しい涙も哀しい涙も
女の夜汽車青木美保横山賢一聖川湧岬すぎても列車のあとを
情無川金田たつえ池田充男聖川湧わたしはあなたが生きがい
情念海峡青木香織建石一聖川湧離さないでその一言が
春の雪香西かおり里村龍一聖川湧背負う宿命のひと枝を
望郷十年香西かおり里村龍一聖川湧遠い夕陽に哭く木枯らしが
夕顔里見浩太朗高畠じゅん子聖川湧逢えただけでも幸せと
あや子の幸せ小唄藤あや子浅倉玲聖川湧富士と言ったら日本一
隅田秋暮色香西かおり里村龍一聖川湧日暮れに点る川あかり
12>