試聴する

乙だね

この曲の表示回数 1,845
歌手:

成世昌平


作詞:

もず唱平


作曲:

聖川湧


空にひと筋 はぐれ雲
相棒どうした 淋しくないか
男やもめの このオレと
差しでいっぱいやって行かないか
乙だね 酒はワインのとって置き
肴はアイツの里(さと)のホッケのひらき
乙だね なんて云うのは痩せ我慢

馬鹿を承知で故郷(くに)を捨て
俄か思案の東京ぐらし
『惚れている』とも『好きだ』とも
たった一度もいわず仕舞いだよ
乙だね 古武士みたいに恰好よく
寡黙な男といつも女房に見せた
乙だね なんて云うのは痩せ我慢

北へ旅立つ渡り鳥
男心を伝えておくれ
今度生まれて来る時は
きっと愛していると云えるだろ
乙だね 窓の向こうの遠花火
ミュートを利(き)かせたように聴こえる太鼓
乙だね なんて云うのは痩せ我慢
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:乙だね 歌手:成世昌平

成世昌平の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/06/03
商品番号:CRCN-8338
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP