馬飼野俊一編曲の歌詞一覧リスト  151曲中 1-151曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
151曲中 1-151曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ボク女だぞ松原愛松原愛大林宣彦佐瀬寿一馬飼野俊一これは真面目なお話よ おぼえていますか 明彦クン キミとボクの指きりは 大きくなったらおしゃれして ボクはキミのお嫁さん もうずっと長い間ふたりはともだち だから話してねボクに キミの恋人のこと さびしいけれど がまんするわ きっといいともだちになれるわね でもボクだって お見かけどおりよ ――ボク女だぞ  これは真面目なお話よ すてきだったわ 明彦クン 夕焼け空の帰り道 うらやましいのは立ったまま オシッコしてるキミだった もうずっと長い間ふたりはともだち だから聞かせてねボクに キミの恋のお話し さびしいけれど がまんするわ 涙なんか 見せはしないわね でもボクだって お見かけどおりよ ――ボク女だぞ  これは真面目なお話よ ボク見ちゃったわ 明彦クン とてもきれいなひとなのね キミと写真に写ってた 好きだわボクもあんなひと もうずっと長い間ふたりはともだち だからおしえてねボクに キミの恋の毎日 さびしいけれど がまんするわ いつまでも こどものふりしてるわね でもボクだって お見かけどおりよ ――ボク女だぞ
こころ町羽山みずき羽山みずきもりちよこ聖川湧馬飼野俊一揃い浴衣で 夏祭り おみくじを引いたわ 冬は炬燵で 二人鍋 想い出そっと 数えます  泣かない私が 泣けるのは やさしいあなたの 胸しかないの  この町は こころ町 こころが あなたを待ちたがる あの人と 別れたと 噂で聞きました…  二人暮らした あの頃に 帰りたくなる日は もしやあなたに 逢えるかと 夕焼け空の 駅通り  一人で生きると 強がって 生きてはいけない 弱い私ね  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  この町は こころ町 こころが あなたに逢いたがる この涙 もう一度 拭ってくれますか…  遠い夢 明日の夢 こころ待ち  こころ待ち
誰に愛されても山内惠介山内惠介売野雅勇水森英夫馬飼野俊一ささやかな人生が 灯る街灯り 人知れず哀しみや 涙が燃えてるようね せめてあと一夜 (ひとよ) せめてあと一秒 あなたに溺れていたい 運命に 引き裂かれて 時代に 虐(しいた)げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても  人様に誇るもの 何もないけれど 憧れで張り裂ける こころの悲鳴も聴いた なんで 儚いの なんで 切ないの あなたに見せられる夢 運命に はぐれたって 世間に はぶられても 不器用なりに ひたむきに 愛しあったね この命 捧げた人 誰と生きようと  運命に 引き裂かれて 時代に 虐げられ 流されてゆく 星屑の 魂だけれど まごころは あなたのもの 誰に愛されても
はるかの陽は昇る山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一はじめから 道などなく 人生はただ 荒れ地が続く 泣きながら 生まれた日を 悔やまぬように 涙をこらえ 人が儚い灯火(ともしび)だって ひとりひとつに燃えるもの 心 託して 行くのなら あゝはるかの陽は昇る 未だ道半ば 生きてこそ 夢よ 最果てはここじゃない  すれ違う 名もなき花 幸せはなぜ 縁(えにし)を迷う 抱きしめる 強さだけじゃ 守りきれない 明日もあるが 時にこの世が 残り火だって 一期一会を照らすもの 先を 信じて 行くのなら あゝはるかの陽は昇る 未だ道半ば 生きてこそ 愛よ 慰めはいまじゃない  未だ道半ば 生きてこそ 夢よ 最果てはここじゃない
わたし舟羽山みずき羽山みずきもりちよこ聖川湧馬飼野俊一あなたが好きで 漕ぎ出す舟に 乗りたいけれど すくむ足 一歩近づき 踵を返し この河 行こうか 行くまいか...  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  あなたが今夜 迎えに来たら 手に手を取って 舟に乗り 明けの明星 輝く空を 見上げて ふたりで どこまでも  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしを思い切る  さらりさらりら 夢見る河は 胸にあふれて 流れます はらりはらりら ほどいた髪を あなたに なびかせ わたし舟  恋する女は あまんじゃく わたしが わたしで なくなるの  さらりさらりら 流れる岸辺 時の小舟を 待たせては はらりはらりら こぼれる涙 ちょっと 焦らして わたし舟  ちょっと 焦らして わたし舟
おめおめロック羽山みずき羽山みずきもりちよこ小杉保夫馬飼野俊一めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 遠ぐさ 行がせねぇ おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ!  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  引っ込み思案で 控えめで おめの前では 口ごもる(シャイシャイ!) んだども 一人の部屋ならば 歌って 踊って やがましちゃ  こげだおいで いがったら いつか ままでも んだね ままでも ご一緒に、こー!  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!おめおめロック だめだめ 大好ぎ 止まらねぇ おいは おめさ 首ったげ  めっ!めっ!めっ!おめおめロック めっ!めっ!めっ!ぞっこんLOVE だめだめ 浮気は 許さいね おいは おめさ ぞっこんLOVE イェイ! イェイ イェイ イェイ!  今日もおめを 見づめでだ ささっと視線を そらさいだ(オイオイ!) もしや カノジョが…いだ、んだろ んでねや おいさ 気があんだ  妄想さ次ぐ 妄想で いつか この恋 んだね この恋 花が咲ぐ、ゴー!
星空のツイスト北川大介北川大介岡田冨美子叶弦大馬飼野俊一忘れられない彼女(あのこ)に似てる ゆれるまなざしいかしてる 恋に堕ちたらハート年令 20才(はたち)だぜ 薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  どこの生まれか 知らないけれど 海の匂いがするうなじ 彼氏いそうなあの指先を 奪いたい まるで初恋 胸キュン キュ・キュン キスを投げられ アッチッチ 誘惑の星空で からんだハートが 狂おしい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you  薔薇のくちびる 胸キュン キュ・キュン 見つめられたら アッチッチ どんな恋してきたの ボディーのくびれが 悩ましい shake shake shake shake shake shake 帰さないよ 帰らないで shake shake shake shake shake shake お嫁においでよ I love you
泣くんじゃないよ北川大介北川大介鈴木紀代叶弦大馬飼野俊一星を見上げて 泣いてたね 母さん恋しと 泣いてたね うぶで無邪気な 甘えんぼ そんなおまえに 惚れたんだ 一人じゃないよ 二人だよ 俺がいる 涙ふいたら明日は 泣くんじゃないよ  海を見つめて 言ってたね 倖せ欲しいと 言ってたね 一度散っても また開く 花をおまえと 咲かせたい 忘れてないよ あの時の 約束を 見せておくれよ笑顔を 泣くんじゃないよ  過去の傷なら 俺もある 未来(あす)はおまえと 歩きたい 二人で夢を つかもうよ いつの日か 俺に甘えていいんだ 泣くんじゃないよ
網走3番線ホーム山内惠介山内惠介鈴木紀代水森英夫馬飼野俊一君への電話も つながらないし 胸に不安が 又よぎる 願いは一つ ただ一つ はやく笑顔を 見せてくれ 発車まで あと五分 網走3番 3番線ホーム  一緒に釧路へ 行くはずだった 僕を一人に しないだろ 風さえ凍(こお)る 始発駅 生きる望みを くれた女(ひと) 今に来る きっと来る 網走3番 3番線ホーム  けたたましいほど 発車のベルが ひびき渡るよ 胸を刺す 僕から君を 失(な)くしたら 何がこの手に 残るのか 嘘だろう 嘘だろう 網走3番 3番線ホーム
緋恋花山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫馬飼野俊一恋のしくじり 緋恋花(ひれんばな) 別れるために また出会う 誰のものにも なりゃしない 残り香だけの 熱い肌 殺してほしい この愛を 馬鹿な出会いと 悔いたなら  嘘に刃(やいば)を 突き立てて 胸の芯まで 届くよう 欠けた刃先に こぼれ花 二度とは咲かぬ 緋(あか)い傷 殺してほしい この愛を ひどい言葉で 終わらせて  結びたくても 結ばれず 咲かせたときが 最後でも 咲かぬわけには ゆかないと じりじり焦げる 十八夜 殺してほしい この愛を 今日がこの世の 終わりでも
百日紅成世昌平成世昌平もず唱平聖川湧馬飼野俊一遠い遠い遠い日を 想いおこし泣いてる 好きだよと云えないで背を向けていたよ 「終りにしましょ 始まるものが何もないから」 そんな筈はないけれど 罪の重さ 深さに 頭(こうべ)垂れ 咲いていた百日紅 目に浮かぶ  今も今も今だって 忘れられず夢みる ふるさとの駅頭でサヨナラを云った 「元気でいてね たまには便り書いて下さい」 きっと出せと云いたげに 風に我が身揺らして 訴える八月の百日紅 目に浮かぶ  風に風に風に聴く 想い人の身の上 年嵩(かさ)を気にやんだあの人の噂 「ひとりで行って 私は嫁ぐ先があるから」 言葉信じ背を向けた 科(とが)のシッペ返しか 泣いている追憶の百日紅 目に浮かぶ
乙だね成世昌平成世昌平もず唱平聖川湧馬飼野俊一空にひと筋 はぐれ雲 相棒どうした 淋しくないか 男やもめの このオレと 差しでいっぱいやって行かないか 乙だね 酒はワインのとって置き 肴はアイツの里(さと)のホッケのひらき 乙だね なんて云うのは痩せ我慢  馬鹿を承知で故郷(くに)を捨て 俄か思案の東京ぐらし 『惚れている』とも『好きだ』とも たった一度もいわず仕舞いだよ 乙だね 古武士みたいに恰好よく 寡黙な男といつも女房に見せた 乙だね なんて云うのは痩せ我慢  北へ旅立つ渡り鳥 男心を伝えておくれ 今度生まれて来る時は きっと愛していると云えるだろ 乙だね 窓の向こうの遠花火 ミュートを利(き)かせたように聴こえる太鼓 乙だね なんて云うのは痩せ我慢
なごり歌市川由紀乃市川由紀乃吉田旺幸耕平馬飼野俊一オンボロロン ぼろぼろの ギター残して 行ったまま 帰らない あのひとを 涕(な)いてうらんだ 冬いくつ とつぜんあのひとの曲(うた)が 深夜ラジオのむこうから ようやく心にけりつけて 嫁いでゆこうと決めた日に 生きていてくれたのね いいの…いいのそれだけで  あのひとが曲を書き それを私が唄う夢 若かったあの頃は 夢だけ喰(た)べて生きられた おまえの曲だよと肩を 抱いて唄ってくれた曲 今夜もラジオのむこうから 想いで濡らして行きすぎる 戻れない戻らない あれは…青春(はる)のなごり歌  ようやく心にけりつけて 嫁いでゆこうと決めた日に 生きていてくれたのね いいの…いいのそれだけで  あれは…青春のなごり歌
砂の道原田悠里原田悠里伊藤美和徳久広司馬飼野俊一指宿(いぶすき)行(ゆ)きの 列車に揺られ 今日は切ない 一人旅 あなたと歩いた 知林ヶ島(ちりんがしま)の 縁(えにし)を結ぶ 砂の道 現在(いま)は涙の 満ち潮で 渡りたくても 渡りたくても 渡れない  小さな駅の 黄色いポスト どうか届けて この想い 出逢いと別れが ぶつかり合って 一期一会の 砂の道 愛の炎を 消せなくて 忘れられない 忘れられない 忘れない  錦江湾(きんこうわん)に 面影揺れて あなた恋しい 桜島 幸せ誓った 知林ヶ島の 絆を繋ぐ 砂の道 現在(いま)は未練の 満ち潮で 戻りたくても 戻りたくても 戻れない
思いのままに原田悠里原田悠里伊藤美和徳久広司馬飼野俊一明日のことなど わからない 現在(いま)を大事に 生きるだけ たったひとつの このいのち 女に生まれて きたからは 思いのままに 華やかに 恋の花を 咲かせたい  他人の噂は 気にしない 誰に文句も 言わせない 時の流れに ゆだねるも 抗(あらが)い生きても かまわない 誇りは高く のびやかに 夢の花を 咲かせたい  明日は明日の 風が吹く 今日の涙は 雨になれ 一度しかない 人生を 悔やまず生きたい これからは 思いのままに 艶(つや)やかに 愛の花を 咲かせたい
残照山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一どんな夢にも 涯(はて)がある ならば二人で 行くもいい なのにどうして すだれ雨 ふいに二人を引き裂いた  行くな 行くな 行かないで 花の彩(いろ)は 散らせない いまも ここに いまも あなたは いのちが涸れても 心を灯して  決してひとりに しないよと 固く結んだ 指と指 あの日 誓ったはずなのに 時は無情に 線を引く  なぜだ なぜだ なぜなんだ 抱いた からだ 儚くて 涙ばかり 後を追うのか いのちが涸れても 心を残して  何度名前を 叫んでも そこに応える 声はない 思い一途に 辿るほど 人は戻れる場所がない  行くな 行くな 行かないで こんな 別れ 許せない いまも 深く 残るぬくもり いのちが涸れても 心を灯して
浜木綿しぐれ門松みゆき門松みゆき石原信一藤竜之介馬飼野俊一浮かれ鴎の あの人は どこの港に いるのやら おんな心の 海峡を ひらり渡って それっきり 恋は一夜の 花火じゃないよ 肌にちりちり 未練が燃える 濡れて桟橋 浜木綿しぐれ  波の彼方に 消えたのか 風の噂も 途絶えがち あんな男と 思っても どんな暮らしか 気にかかる 化粧落とした 素顔が好きと 憎い言葉で 抱かれて泣いた 夢がそぼ降る 浜木綿しぐれ  沖のいさり火 帰るのに 海をながめて 待ちぼうけ 時化た夜には 想い出を ひとり肴(さかな)に 酔いしれる いいの名もない 港の花が やせてやつれて 一途に生きる 惚れた弱みの 浜木綿しぐれ
エゴイスト工藤あやの工藤あやの渡辺なつみ向井浩二馬飼野俊一Stop! これ以上 優しくするのはやめて 強い男は 優しいなんて 過去の時代のお話ね わかったような顔をして 何をするのも 何処へ行くのも 他人任せの 甘ったれ ごめんなさいね私 淋しがり屋のエゴイスト 好きになったら 全てが欲しい 心ぶつけて欲しいのよ 今日で終わりにしましょうか? そっちが決めて ぼうや…  Shock! もう二度と 悲しい恋などしない 我慢ばかりで いい子になって 結果自分を悔やんだわ 初めましてのまんまなら 分かり合えない やってられない キスの手前が 焦れったい お互い様ね誰も 愛を欲しがるエゴイスト 仮面を脱いで 見つめて欲しい 甘く泣かせて欲しいのよ はっきりさせて 行くの?帰るの? 恋の行方は どっち?  ごめんなさいね私 淋しがり屋のエゴイスト 好きになったら 全てが欲しい 心ぶつけて欲しいのよ 今日で終わりにしましょうか? そっちが決めて ぼうや… どっちがお好き? ぼうや…
やばいi山内惠介山内惠介桜木紫乃水森英夫馬飼野俊一明け方のまどろみに 愛を避けてる しぐさみつけて うそつきな舌の根が 乾かぬように くちびるを ふさいでた  酔いに逃げてる 不実なからだ 欲望 焦がして 傷つける  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi  昨日なら笑えたさ ぼくを避けてる ずるい瞳も うそつきなお互いに 気づいた零時 あともどり できたかい  愛に逃げない 覚悟を隠し 引き寄せ 壊して 傷つけた  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi  ここで逃げたら 恋はできない 本気を 盗んで 傷つくさ  だめだ だんだん 好きになる いやだ どんどん 嫌いになる やばいi
TOKYO迷子藤井香愛藤井香愛さくらちさと伊藤薫馬飼野俊一夜のしじまを すり抜けて 逢(あ)いにゆきたい 今すぐに 窓にもたれて 見下ろす街に 恋しさだけが 行(ゆ)き惑(まど)う  好きよ 好きよ くるおしく その胸に おぼれたい 指が 肌が ため息が 泣いて あなた 探す 逢えないままじゃ せつなくて わたし迷子ね TOKYO  好きになるほど 遠くなる すがりついたら 消えるのね どうぞ許(ゆる)して 抑(おさ)えきれずに わがまま言って 甘えたわ  雨に 濡れた 星屑(ほしくず)が 肩越(かたご)しに 揺(ゆ)れていた 抱いて 抱いて 抱きしめて あなた だけが すべて ひとりの夜は さみしくて わたし迷子ね TOKYO  好きよ 好きよ くるおしく その胸に おぼれたい 指が 肌が ため息が 泣いて あなた 探す 逢えないままじゃ せつなくて わたし迷子ね TOKYO
東京マスカレード藤井香愛藤井香愛さくらちさと伊藤薫馬飼野俊一傷ついて 泣かされて いまもまだ 好きよ ばかね 本気で愛してる  まやかしの街に 灯りが揺れて 誰もがみんな しあわせに見える  あてもなく 夜の中を さまよえば 涙がにじむ たまらなく 逢いたいの 素顔のわたしを 抱いて 愛をください 東京マスカレード  気まぐれな 甘い嘘 信じたわ わたし いいの だまして なんどでも  この手を伸ばして あなたを探す すり抜けてゆく まぼろしのように  ふりむいて 何も言わず こころまで 見つめてほしい たまらなく 逢いたいの あなたは誰と 寄りそう 愛が見えない 東京マスカレード  まやかしの街に 灯りが揺れて 誰もがみんな しあわせに見える  あてもなく 夜の中を さまよえば 涙がにじむ もういちど めぐり逢い 素顔のあなたを 見せて 愛をください 東京マスカレード 愛をください 東京マスカレード
どうすればいい山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一あっあっあっ どうすればいい こ・こ・ろ ちぎれそうだよ 愛が 愛が この身を焼き尽くす  あっあっあっ どうすればいい な・み・だ 溺(おぼ)れそうだよ せめて せめて あなたを救いたい  思いつめて 追い込まれて 苦しむだけ 苦しむだけ あなたが欲しいのに  あっあっあっ どうすればいい こ・こ・ろ 壊れそうだよ 夢が 夢が 二人を弄(もてあそ)ぶ  あっあっあっ どうすればいい か・ら・だ 凍えそうだよ もっと もっと ひとつになりたくて  誘い合って 迷い込んで さみしいだけ さみしいだけ あなたが欲しいのに  あっあっあっ どうすればいい こ・こ・ろ ちぎれそうだよ 愛が 愛が この身を焼き尽くす  あっあっあっ どうすればいい こ・こ・ろ 壊れそうだよ 夢が 夢が 二人を弄(もてあそ)ぶ この身を焼き尽くす
ありがとうが、降り積もる。山内惠介山内惠介もりちよこ水森英夫馬飼野俊一うたた寝してた 肩先に かけてくれた カーディガン 泣きたいことが あったのに 忘れてしまって あたたかい  「今夜も雪だね」 微笑むあなたは いつでも 幸せ 連れてくる  ありがとうが、降り積もる。 私のなかに しんしんと ありがとうが、降り積もる。 涙の足跡 消えてゆく  飾り気のない やさしさと そのぬくもりに 救われて 私は今日も 笑ってる どんなお礼が できるでしょう…  「一緒にずっとね」 あなたに呟き 十年 経っても 繰り返そう  ありがとうが、降り積もる。 私のなかで とけてゆく ありがとうが、降り積もる。 明日の足音 聞こえてる  ありがとうが、降り積もる。 私のなかに しんしんと ありがとうが、降り積もる。 涙の足跡 消えてゆく
唇スカーレット山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一抱きしめていたいんだ…  これが たとえ嘘でも くちづけは 覚えていたい いつか消える夢ほど 強く指を絡め合い  なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから  どこか 連れて行ってと 耳もとで 囁(ささや)くけれど 遠く ばかり見ていたら たぶん道に迷うもの  もしも 二人が もしも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから  蜜の甘さばかりを 幸せと思いたがるよ 棘の痛み忘れれば 花はどうせ枯れるのに  なにも いらない なにも 今夜 このまま 今夜 恋の色はスカーレット 唇スカーレット 君にあげるから きっとあげるから
雪恋華市川由紀乃市川由紀乃石原信一幸耕平馬飼野俊一愛することが なぜ罪になる 追われてふたりは 冬の旅 別れ言葉を ためらいながら 夜汽車にゆられて 北の果て 好きですと つぶやいて 見えぬ紅糸(べにいと) 断ち切れば 雪が散る散る 恋が散る 女の吹雪が 乱れ飛ぶ 心も躰も 粉々に もっと抱いてと しがみつく 戻りたい 戻れない 咲いても冷たい 雪の華  幸せよりも 欲しかったのは あなたの素肌の 温かさ この身引き裂く 氷の風か 涙もちぎれる 北の果て 海鳥が ただ一羽 うずく未練に 呼びかける 雪が散る散る 恋が散る 女の炎が 舞い上がり この指 この髪 この命 もっと燃え尽き 崩れ落ち 愛しても 愛しても 明日はひとりの 雪の華  雪が散る散る 恋が散る 女の吹雪が 声あげて 心も躰も 悲しみも もっと凍えて 砕け散れ 戻りたい 戻れない 咲いても冷たい 雪の華
泣かせてトーキョーファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一何も聞かない 何も言わないで どんな言葉も 過去の棘になる フロントガラスに 軋(きし)むワイパー ふたりの別離(わかれ)を 促すように 泣かせてトーキョー グレーの雨で 愛の記憶を 優しく消して  “誰も知らない 街で暮らそう”と たった一言 それで満たされた いつかは終わると 知っているのに 愛する心を 恨んでしまう 泣かせてトーキョー 街路樹かざる イルミネーション 涙に染みる  瞳閉じれば 夢は日々の泡 人をうらやむ 明日は欲しくない 青山通りの 夜に抱かれて 重ねた唇 忘れてあげる 泣かせてトーキョー グレーの雨が 愛のボサノバ 悲しく歌う  泣かせてトーキョー グレーの雨で 愛の記憶を 優しく消して
大阪レインファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一過去を消して 生まれ変わりたいよ この顔 この胸 この想い あんたが触れたすべて 誰かぬぐって 強く抱きしめて 冬枯れの 御堂筋 濡れてさまよえば… 大阪レイン 悲しいよ 死ぬほど好きやった 孤独な夜があたしを 心ポロポロ また泣かす  いつのまにか 自惚(うぬぼ)れ過ぎていた あたしはあんたの すべてやと 吐息がため息へと 変わる時さえ 気づきもしないで 嫌われて 捨てられて ひとり悔やんでも… 大阪レイン 泣かへんわ 仕方がないやない あんたの中のあたしは 雨に消された 過去やから  大阪レイン もういいよ 幸せやったから あたしの中のあんたに お別れするわ さようなら
あの日のひまわり藤原浩藤原浩田久保真見徳久広司馬飼野俊一どこまでも続く ひまわり畑が 列車の窓を ふと横切る 走り去る季節 まき戻せば 君と観た 映画を 思いだす 誰よりも 誰よりも 愛してた 一番 熱かった 青春 焼きすぎた素肌が 痛むように 今でも 胸が 胸が痛むよ  人生はきっと 列車のようだね 時々駅に 止まるたびに 走り去る季節 戻せないと 想い出を こころに 映すのさ 若かった 若かった ふたりとも 別れた 理由(わけ)など それだけ 太陽を見上げる ひまわりはそう あの日の 君に 君に似ている  誰よりも 誰よりも 愛してた 一番 熱かった 青春 焼きすぎた素肌が 痛むように 今でも 胸が 胸が痛むよ
北の三丁目藤原浩藤原浩田久保真見徳久広司馬飼野俊一北の酒場の カウンター ほおづえで こころ支える 女がひとり 人はさみしい 生き物だから お酒でごまかし 生きてゆくの ちょっと待って ちょっと待って 恋などしたくないのに ちょっと待って ちょっと待って あなたが気になるの 夢が見れそな 夜がある ここは ここは 北の三丁目  北の酒場の 裏通り 面影を グッと飲み干す 男がひとり 人はかなしい 嘘つきだから 平気な顔して 飲んでいるの ちょっと待って ちょっと待って 恋などしたくないのに ちょっと待って ちょっと待って あなたが気になるの 夢が見れそな 夜がある ここは ここは 北の三丁目  ちょっと待って ちょっと待って 恋などしたくないのに ちょっと待って ちょっと待って あなたが気になるの 夢が見れそな 夜がある ここは ここは 北の三丁目
さらせ冬の嵐山内惠介山内惠介松井五郎水森英夫馬飼野俊一ここで身を投げれば 海は泣きますか ゆうべ書いた手紙 風に散る岬  ろくでなしを好いただけ ひと思いの恋でした 百年先も 千年先も 悔いは無いけれど  さらせ冬の嵐よ さらせこの涙を 私は 私は 死にはしない  駅へいま戻れば どこか行けますね 生きていればいつか 花もまた咲いて  いくじなしに懲りただけ 踏み違えた夢でした 一寸先も 余程の先も 道は続くもの  さらせ冬の嵐よ さらせこの涙を 私は 私は 死にはしない  さらせ冬の嵐よ さらせこの涙を 私は 私は 死にはしない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
お楽しみはこれからだ!山内惠介山内惠介松尾潔水森英夫馬飼野俊一サハラ砂漠に雪が降り 太平洋が乾いても  ずっと変わらぬものがある ギュッとつかんで放さない  笑顔で始まるのが恋 ナミダで深まるのは愛  今のふたりはそのあいだ ルルル ルルル ルルル ルルル ル お楽しみはこれからだ  イグアスの滝で目をさまし マッターホルンで大あくび  ちょっとドキドキひと目惚れ グッときたんだはじめから  ウワサで広まるのがウソ 笑ってすませるのは罪  きみに出会って変わったよ ルルル ルルル ルルル ルルル ル お楽しみはこれからだ  夢に見てきた幸せと 違うかたちをしてるけど  もっとステキな幸せだ きっとコイツが本物さ  笑顔で始まるのが恋 ナミダで深まるのは愛  胸をいためて気がついた ルルル ルルル ルルル ルルル ル お楽しみはこれからだ
真昼の白い月ファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一それぞれ来た家路(みち)へ 帰りましょう 優しい秘密を 分け合いながら 真昼の白い月 冬の空に 居場所を失くして 雲間に消えた 春の訪れ 待つ花は 一途な心で 愛を咲かす サヨナラは揺るぎない 運命生きるため 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい  平凡すぎるのは 幸せでしょう あなたも同じね 気づいたのでしょ この指 その瞳 忘れないわ あなたがいたから 明日が見えた 何処へ帰るの 鳥たちは 翼を休めて 眠りなさい サヨナラを決めたのは あなたのせいじゃない 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい  春の訪れ 待つ花は 一途な心で 愛を咲かす サヨナラは揺るぎない 運命生きるため 私ひとりを 待つ人がいる それだけでいい
キスより優しくファン・カヒファン・カヒ内藤綾子西つよし馬飼野俊一こんな夜更けに 爪を切るのは おまえの悪い癖だよと 電話越しの 笑うその声に 眠り誘われる 街を白く染めてく 雪が距離を遠ざけても どんな離れていても 心は傍(そば)にある あなたのララバイ 温もりになる 夜更けのララバイ それは キスより優しく 届くから Good night 愛(いと)しい人  ワイングラスと ボトル抱えて あなたに会いに行きたいわ 冬の空は ダメね本当は すごく寂しくて 胸に秘めた想いが 時間(とき)を越えて愛を紡ぐ 誰も代わりはいない 絆を感じてる あなたにララバイ 私が歌う おやすみララバイ そっと キスより優しく 届けたい Good night 愛している  あなたのララバイ 温もりになる 夜更けのララバイ それは キスより優しく 届くから Good night 愛しい人
襟裳岬佳山明生佳山明生岡本おさみ吉田拓郎馬飼野俊一北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯目だよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮らしはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて ああ おくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ
ホテル上海白川ゆう子白川ゆう子岡田冨美子水森英夫馬飼野俊一窓を横切る 貨物船 海がキラキラ光るから 甘い古傷愛しくなって チャイナドレスが着たくなる Ah~あの店でラストダンス踊ったね 小指つねるとあなたに会える そんな気がして… 異国で過去のしあわせ捜すの ホテル上海  赤い扉に誘われて 酔えば淋しくなるけれど 忘れられない人がいるから ひとり旅でも楽しいの Ah~もういちどラストダンス踊らせて 抱きしめあうと若さが戻る そんな気がして… 異国の星を見ながら眠るの ホテル上海  Ah~あの店でラストダンス踊ったね 小指つねるとあなたに会える そんな気がして… 異国で過去のしあわせ捜すの ホテル上海
復活の天使菊地結人菊地結人さいとう大三北原じゅん馬飼野俊一一度は地獄を 見た僕に 明るい光が さしてきた 傷つき汚れた 心が 君を探してた 愛しい 愛しい 天使 アニタ! アニタ! 君の 愛の力 今日から 僕は生まれ変わる  一つの星さえ 見えぬ道 夜明けの空から 陽が昇る 涙で渡った 赤い河 君が待っていた 愛しい 愛しい 天使 アニタ! アニタ! 君は 愛をくれた 今日から 僕は生きて行ける  愛しい 愛しい 天使 アニタ! アニタ! 君の 愛の力 今日から 僕は生まれ変わる
愛が信じられないなら山内惠介山内惠介松尾潔水森英夫馬飼野俊一ため息のみ込む あなたの背中 うしろから抱いて 好きだよと言った 泣いている顔を 見せたくないから 灯りはつけずに このまま帰るよ 愛が信じられないなら 愛さなければいい 人が信じられないなら ひとりになればいい  あなたと出会えて 歓びを知り あなたを愛して 悲しみを知った 夜が深いほど おしゃべりになるね 朝が近いほど 臆病になるね 愛が信じられないなら 愛さなければいい 誰か信じていたいなら 片意地捨てりゃいい  もし今ふたりが 手を取りあって 地上の果てまで たどり着いたって 罪の痛みから 逃げられないから 僕たちはそれを しあわせと呼ぼう 愛が信じられないなら 愛さなければいい 愛のあかし欲しいなら 相手は僕がいい 愛が信じられないなら 愛さなければいい 人が信じられないなら ひとりになればいい
珈琲カップ山内惠介山内惠介松尾潔水森英夫馬飼野俊一初めての旅行で買った そろいの珈琲カップ いまどきペアなんて流行らない やめてくれよと照れるぼく これがいいのと あなたは譲らなかったね 持ち帰ったカップは ぼくの部屋には派手すぎて 声をあわせて笑ったよ 笑ったよ ふたりで飲んだカフェオレも ふたりで見てた夢さえも すべて すべて知ってる珈琲カップ  三度目のケンカで割った あなたの珈琲カップ カケラをかき集め泣いていた うしろ姿をおぼえてる どうせ割るなら ぼくのを割ればよかったね 捨てぜりふにあなたは 濡れた瞳をくもらせて 何も言わずに出ていった 出ていった ふたりじゃ狭いこの部屋も ひとりじゃ少し広すぎる ひとつ ひとつ残った珈琲カップ  同じカップを あれからずっとさがしてる 見つからないからこそ いまも心の中にある いまもあの日がつづいてる つづいてる あなたと飲んだあの味は 苦いだけではなかったよ ふたつ ふたつそろった珈琲カップ
さだめのように川は流れる杏真理子杏真理子阿久悠彩木雅夫馬飼野俊一その日 その日の川は眠そうに 暗い 都会をうつして流れてた さすらうふたり あーさみしいこころが求め合い あー誰でもいいよな恋だけど その日 その日の川は今日からの つらい さだめのように流れて行った  あーホテルの窓辺に身を寄せて あーことばもとぎれて見つめたら その日 その日の川はだるそうに さだめ さだめのように流れて行った
人生酒場黒川真一朗黒川真一朗さいとう大三水森英夫馬飼野俊一今日があるから 明日がある 明日がなければ 今日はない 雨で涙を 隠すのさ 風は木枯らし 耐えるのさ 人生酒場は 悲しみ集め 男酒 女酒 そして二人酒  夜があるから 朝がある 朝がなければ 夜はない 上手くいっても 驕(おご)らない 駄目であっても 腐らない 人生酒場で この世は回る 男酒 女酒 そして二人酒  夢があるから 愛がある 愛がなければ 夢はない 別れ涙の その先に うれし涙が あるんだね 人生酒場は 幸せさがし 男酒 女酒 そして二人酒
雪花角館黒川真一朗黒川真一朗鈴川信也水森英夫馬飼野俊一雪が別れを 惜しむのか 寄り添う肩に 降り積もる 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 白い夜汽車に 消えゆくあなた  ついて行けない 悲しさが なみだを誘う 武家屋敷 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 川のせせらぎ 面影ゆれる  桜の花びら 舞う頃は あなたのそばで くらしたい 燃えて 燃えて 雪花 角館 待ってます 待ってます 待ってます 紅く咲かせて 女の春を
トマム絶唱松尾雄史松尾雄史板橋雅弘水森英夫馬飼野俊一ラベンダーを おまえの髪に 短い季節 はかない香り 幸福(しあわせ)の駅 探してみても 錆びた線路に 列車は来ない トマムの夏に 去りゆく夏に なにを待つのか なにを待つのか なにを待つのか  草を燃やし ふたりを焦がし 夕陽が落ちる 風吹く大地 南を指して 渡る鳥たち 啼き声交わし 別れを告げた トマムの秋が もうすぐ冬が どこへ行こうか どこへ行こうか どこへ行こうか  黒い森で 伸ばした腕は 銀河の星を 掴めはしない しばれるからだ しばれるこころ しばりしばられ 身を寄せ合って トマムの冬が 終わらぬ冬が これでいいのか これでいいのか これでいいのか  トマムの春は 氷の下で だれを待つのか だれを待つのか だれを待つのか
ラストソング松尾雄史松尾雄史板橋雅弘水森英夫馬飼野俊一つないだ手と手 なぜだか離し 置き去りにした 砂の海 ありがとう ありがとう 愛おしい日々 ありがとう ありがとう 戸惑いの日々 捨て去ることは 叶わないまま 揺れる想いに 身をまかすなら ふたりのいまは 道の途中  わかれた道を 左と右で 意地張り合った 雨の秋 ありがとう ありがとう 抱き合った日々 ありがとう ありがとう 泣き濡れた日々 哀しい嘘は 語らないまま 互いの夢を 受け入れたなら ふたりのあとに 道はできる  ありがとう ありがとう 励ましの日々 ありがとう ありがとう 労わりの日々 切なさだけは 忘れないまま 愛する術を 手にする日まで ふたりの前に 道はつづく
港のリリー北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子樋口義高馬飼野俊一からっぽの胸の中 夕陽が染める あの人は バスに乗り 街に消えて行った しぶきに打たれ 私はひとり ワルだよね ワルだよね こんなに泣かせて セピア色の 波止場町 日が暮れて 銀の指輪 捨てられないで 握りしめるの 鴎と泣き濡れる 港のリリー  風のよに雲のよに 流されながら 悲しみを積み重ね 今日もひとり生きる これから誰を 頼りにするの バカだよね バカだよね こんなに愛して 忘れないわ あの笑顔 あの匂い 恋は不思議 いいことばかり 想い出させる 今夜も酔いしれる 港のリリー  セピア色の 波止場町 日が暮れて 銀の指輪 捨てられないで 握りしめるの 鴎と泣き濡れる 港のリリー
嵐嵐嵐がきても小林幸子小林幸子畑亜貴鈴木キサブロー馬飼野俊一ほーやれほー×4  なにひとつ願い叶わぬさだめでも 願わずにいられない それが人の強さ  生まれ泣いて甘え笑って 老いて空へ帰る だから月よ 照らして欲しい 私たちの人生を  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ほーやれほー  名まえも知らない星が落ちる夜は 限りある人の命 抱きしめたくなる  いつかどこか生まれ変わって また会う日が来ると きらりきらり 星が語るよ それは希望の涙  嵐嵐嵐が去れば ひかり求めて進め 明日も心のままに  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ああ嵐に ほーやれほー すべてこわされて ほーやれほー ああ何度でも ほーやれほー やり直すだろう ほーやれほー
色々あるけど会いたいよ小林幸子小林幸子畑亜貴鈴木キサブロー馬飼野俊一すれ違った香りのなかに 懐かしいひとがいた 時間が巻き戻されて でも声がでなかった  気づかずに通りすぎるのは 素顔の私のせい? 冷たいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは別れるなんて 教えてもきっと信じない  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  忘れはしないよ離れても 懐かしいひとの顔 時間は悲しいうそを やさしく眠らせて  色々あったと笑えるさ 強くなったよ私 飲みたいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは楽しかったね 戻りたいわけじゃないけど  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいね
あきらめの朝千昌夫千昌夫井沢満・補作詞:平尾昌晃平尾昌晃馬飼野俊一厚い硝子の 窓越しに 身ぶり手ぶりで 問いかける やっと通じた ひとことは 声の聞こえぬ 愛してる そのひとことが 聞きたくて 眠れぬ夜を 重ねてきたが 今朝は旅立つ さよなら列車  駅のベンチに 置いてきた 手紙の束は 捨てていく やっと通じる 言葉にも 心残るが もう遅い そのせつなさを 避けたくて 逢う日逢う日を 重ねて来たが 今朝は小雨の あきらめ列車  その真心が あるのなら 何とかなった 二人じゃないか 今朝は霜枯れ 裏切り列車
モトマチぶるうす千昌夫千昌夫福本義人平尾昌晃馬飼野俊一一つの傘で オランダ坂を 二人歩けば 船が出る しあわせすぎた 港の恋に 戸惑いながら 戸惑いながら あゝ長崎 モトマチ わかれ町  三月も前に なくした恋を 追ってすがった この波止場 いとしい人の 便りを抱いて 船を待つのよ 船を待つのよ あゝ神戸 モトマチ いつまでも  今日も泣いてる 港の灯り 一人みつめる カウンター 酒で占う 明日の行くへ 涙にうるむ 涙にうるむ あゝ横浜 モトマチ おんな町  雪の北国 別れを告げて あなた探して 旅に出る おもいで残る 連絡船の 汽笛に泣いて 汽笛に泣いて あゝ函館 モトマチ さようなら
矢車の花北原ミレイ北原ミレイ小谷夏中村泰士馬飼野俊一うしろ姿の女の背中に 細い径がある 径をたどれば女の胸には 涙の谷がある 忘れてくれなんて言うから 忘れない 矢車の矢車の 花を一輪 もう一度夢ひとつ 咲かせてみたい  恋をなくした女のほほには 白い河がある 河をくだれば女の瞳に 涙の海がある 愛しすぎたことに どんな罪があるの 矢車の矢車の 花は乱れて 実らない恋ひとつ しおれて消えた  思い出さがす女の心に 暗い坂がある 坂をのぼれば女の住む町 涙の町がある あなたが帰るまで 心に灯をともし 矢車の矢車の 花を一輪 あきらめたこの胸に 飾って待つわ
流されて北原ミレイ北原ミレイ金起表金起表馬飼野俊一腕に爪の傷あとを 胸に愛の傷あとを 過去は夢もひび割れて 暗い歌をうたう なぜに人はしあわせを つなぐことが出来ないの 綱が切れた舟のよう 遠く消えてしまう  流されて流れ流れ 今はもう逢えないけど ただひとつ胸の奥で 枯れない花がある  時はいつも悪戯を 人に仕掛けてばかりで 夏の夜が明けるよう すぐに夢をさます  流されて流れ流れ 哀しみも忘れたけど ただひとつふれただけで 泣きたい傷がある  流されて流れ流れ 想い出も見えないけど ただひとつまぶた閉じて たずねる人がいる  流されて流れ流れ 今はもう逢えないけど ただひとつ胸の奥で 枯れない花がある  流されて流れ流れ 哀しみも忘れたけど ただひとつふれただけで 泣きたい傷がある  流されて流れ流れ 想い出も見えないけど ただひとつまぶた閉じて たずねる人がいる
ジュリアに傷心細川たかし細川たかし売野雅勇芹澤廣明馬飼野俊一キャンドル・ライトが ガラスのピアスに反射けて滲む お前彼の腕の中踊る 傷心(ハートブレイク) Saturday Night 悲しいキャロルがショーウィンドウで 銀の雪に変わったよ so silent night ドア抜けてく俺を tears in your heart 頬濡らし見送ったひと… 俺たち都会で大事な何かを 失くしちまったね  Ol' My Jullia憶えてるかい 俺たち見てた夢…帰ろうぜあの街角へ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア  ラジオでRock'n'Roll 二人で聴いたねヒットパレード 夢の他に何もない部屋で 真夏のヴァケーション 切ないメモリー胸を焦がすよ 髪のリボンほどいたね my destiny 俺やり直したい forever you もう誰も愛せないから 最後の灯りを消したら終るね 二人の Teenage dream  Ol' My Julliaラストダンスは ひとりじゃ踊れない もう一度胸に帰れよ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア  Ol' My Jullia憶えてるかい 俺たち見てた夢…帰ろうぜあの街角へ Heartbreak Ol' my my my my ジュリア
カスバの女細川たかし細川たかし大高ひさを久我山明馬飼野俊一涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ ここは地の果て アルジェリア どうせカスバの 夜に咲く 酒場の女の うす情け  歌ってあげましょ 妾(わたし)でよけりゃ セイヌのたそがれ 瞼の都 花はマロニエ シャンゼリゼ 赤い風車の 踊り子の 今更かえらぬ 身の上を  貴方も妾も 買われた命 恋してみたとて 一夜の火花 明日はチュニスか モロッコか 泣いて手をふる うしろ影 外人部隊の 白い服
そして、神戸細川たかし細川たかし千家和也浜圭介馬飼野俊一神戸 泣いてどうなるのか 捨てられた我身が みじめに なるだけ 神戸 船の灯うつす 濁り水の中に 靴を投げ落す そして ひとつが終わり そして ひとつが生まれ 夢の続き 見せてくれる 相手 捜すのよ  神戸 呼んで帰る人か 傷ついた心が みにくく なるだけ 神戸 無理に足を運び 眼についた名もない 花を踏みにじる そして ひとつが終わり そして ひとつが生まれ 誰かうまい 嘘のつける 相手 捜すのよ  誰かうまい 嘘のつける 相手 捜すのよ
思案橋ブルース細川たかし細川たかし川原弘川原弘馬飼野俊一哭いているような 長崎の街 雨に打たれて ながれた ふたつの 心は かえらないかえらない 無情の雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース  呼んでくれるな 俺のなまえを もどりはしないさ 昔の 気ままな この俺 忘れてよ忘れてよ つれない雨よ ああ 長崎 思案橋ブルース  夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめ お前を 好きだと いってみたいってみた 冷たい雨に ああ 長崎 思案橋ブルース
トンガリ屋根の教会へ天地真理天地真理山上路夫森田公一馬飼野俊一あなたといつもの お店にすわり おしゃべりしている その時も 私はひそかに 夢を見るのよ ひとりで育てた 夢だけど トンガリ屋根の 教会へ いつかはあなたと 歩いてく その時鐘は 鳴りわたる 二人のために 鳴りわたる  明るい広場を 肩寄せゆけば 青空めざして 鳩がとぶ この道どこまで つづいているの あなたと歩いて ゆきたいの トンガリ屋根の 教会で いつかはあなたと 結ばれる その時鐘は 鳴りわたる 二人のために 鳴りわたる
女の十字路 ~あなたに迷いそうな夜~細川たかし細川たかし中山大三郎浜圭介馬飼野俊一だめよそこまで 近づいちゃ あなただけにあげる 恋だけど 過去があります 悲しい傷が だからあなた いそがないで 少し待ってよ ああ…… 女の十字路で あなたに 迷いそうな夜  とめてとまらぬ ふたりなら 行(い)けるところまでも 行(ゆ)くけれど こころ変(が)わりに 泣かされたから 信じたくて 信じられず 胸がいたいの ああ…… 女の合鍵(あいかぎ)を あなたに 渡しそうな夜  ここであなたを 帰したら ひとり眠る夢が 寒いでしょう だけどあなたを 引きとめたなら 同じような傷が一つ ふえるだけなの ああ…… 女の十字路で あなたに 迷いそうな夜 あなたに 迷いそうな夜
ドルフィンホテル北原ミレイ北原ミレイ紙中礼子花岡優平馬飼野俊一海風がしのびこむ 窓辺の部屋は 夕暮れが来るたび 孤独だけれど 魚じゃない 鳥でもない 陸にも棲めない この胸の 奥に生きる 激しい愛がある ドルフィンホテル 赤いベッド 眠らせた恋が 目覚める時間 忘れものばかりの 人生の最後に 拾いにゆきたい 夢がある  振り向けば臆病な 我楽多ばかり 捨てきれずいつしか 息もできない 魚じゃない 鳥でもない 陸にも棲めない 狂おしい 愛の命 居場所はここなのね ドルフィンホテル 灯りおとし かなわない恋の 扉を開ける あきらめてばかりの 人生の最後に もう一度会いたい ひとがいる  ドルフィンホテル 赤いベッド 眠らせた恋が 目覚める時間 忘れものばかりの 人生の最後に 拾いにゆきたい 夢がある
涙の翼北原ミレイ北原ミレイ下地亜記子樋口義高馬飼野俊一雨上がり街路樹が 涙を溜めている 肩を滴(しずく)に濡らし 歩くたそがれの街 想い出さがしているの… お馬鹿さんよね 私たち もしも涙に翼 あるならすぐに 逢いたい慕(おも)い どうぞ 伝えて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼  傷ついて傷つけて 別れた二人なら 今もこんなに好きで 泣いて苦しまないわ 大人の振りしていたの… お馬鹿さんよね 私たち もしも涙に翼 あるならすぐに 愛した日々を どうぞ 届けて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼  もしも涙に翼 あるならすぐに 逢いたい慕い どうぞ 伝えて欲しい あの人を 連れて来て 涙の翼
恋ゆずり中条きよし中条きよし荒木とよひさ杉本真人馬飼野俊一悪戯っぽい その目できっと 私の知らない 女(だれ)が泣かせてる 背広の襟の長い髪の毛が 別れの合図ね わかっているのよ  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう それでも芯から憎めないから 優しくしてあげて わたしのことよりも 綺麗な過去だけを その彼女(ひと)に  子供みたいな仕草でいつも 甘えるふりして 嘘をかくしてた 騙されていれば いつか目が覚めて 悪い癖直ると 信じていたのよ  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう 身体のすみまで知ってるけれど 別れてあげるから わたしのことよりも 小さな夢だけを その彼女に  あゝ駄目 駄目になるのね あゝ恋 恋どろぼう それでも芯から憎めないから 優しくしてあげて わたしのことよりも 綺麗な過去だけを その彼女(ひと)に
うしろ影中条きよし中条きよし荒木とよひさ杉本真人馬飼野俊一時計を左手に 帰りの仕度 朝までいれない あなたが悲しい 待つ身の女で かまわないけれど せめて心は せめて心は 置いていってね  窓の外は つめたい雨が 捨ててもいいからこの傘を 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 靴音淋しい うしろ影  身体にぬけない ぬくもりだけで 三日や四日は 安心できるわ わがままいえたら 朝の窓辺で そっと見送る そっと見送る ことができたら  窓の灯り 消さずにいるわ あなたがどこかで 眠るまで 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 雨音恋しい うしろ影  窓の外は つめたい雨が 捨ててもいいからこの傘を 帰したくないあなた 眠れやしないあなた 靴音淋しい うしろ影
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
あゝ北前船三波春夫三波春夫北村桃児浜圭介馬飼野俊一男命の 北前船は 宝運びの 心意気 心意気よ 海が時化たと弱音を吐くな 沖のかもめが笑うじゃないか 風は追風 帆を捲き上げろ 屋号染め抜くソレソレソレ 自慢船  春の海ゆく 北前船は 歌が流れて 帆が揺れる 帆が揺れるよ ハイヤ節でも 越後へ来れば あの娘見染めて おさけに変わる 信濃追分け 港で仕入れ 江差 松前ソレソレソレ 蔵が建つ  冬の海ゆく 北前船は 可愛い女子も 乗せられぬ 乗せられぬよ お主ァ東か 儂ァ西廻り 北の海幸 南へ運びゃ やがて 花咲く嬉しい春だ おっとドッコイ ソレソレソレ 面舵よ
心のとびらアグネス・チャンアグネス・チャン松本隆平尾昌晃馬飼野俊一ノックしても やさしい声 かえってこない 今 さそいに来て ひとり 帰る日曜日なの 耳をすましてみても ひびくのは胸さわぎ 今 どこに行ったの 誰と一緒にいるのでしょうか  あなたの心のドアは 閉じたまま でもそれを開ける 愛の鍵に 私 なりたい  私のこと あなたはどう思ってるかしら 今 鍵穴から 風になって 忍び込みたい あなたの部屋の日記 何が書いてあるかな そのページめくる 風になって のぞいてみたい  あなたの心のドアは 閉じたまま でもそれを開ける 愛の鍵に 私 なりたい
襟裳岬PLATINA LYLIC森進一PLATINA LYLIC森進一岡本おさみ吉田拓郎馬飼野俊一北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由(わけ)のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした 歳月(としつき)を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です  君は二杯めだよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね 捨てて来てしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして 通りすぎた 夏の匂い 想い出して 懐かしいね 襟裳の春は 何もない春です  日々の暮しはいやでも やってくるけど 静かに笑ってしまおう いじけることだけが 生きることだと 飼い馴らしすぎたので 身構えながら 話すなんて ああ おくびょう なんだよね 襟裳の春は 何もない春です  寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ
桜の如く坂本冬美坂本冬美たかたかし徳久広司馬飼野俊一どんな試練が 待ちうけようと 夢はつらぬく さいごまで 楽に生きてく 近道なんて あると思うな 人生に だから自分と 勝負する  決めた道なら 迷いはしない 牙を琢いて 明日を待つ 口惜し涙を 心のばねに 不惜身命 ひとすじに 行くが人生 人の道  希望(のぞみ)すてずに 歩いて行けば きっと光が 見えてくる 花の命は 短いけれど 急(せ)かずあせらず 粛々と 桜の如く 道を行く
北ごころ澤木和雄澤木和雄二木葉子澤木和雄馬飼野俊一北へ群れ飛ぶ 渡りの鳥よ 江差の荒海 鉛の色か きっと今頃 お袋さんよ 背中丸めて 冬支度 電話かけよか 今夜こそ 愛がじんじん 愛がじんじん 北ごころ  風の追分 心に聞けば 遠くで揺れるよ あの娘の笑顔 北の大地で 幸せだろうか 赤い浜茄子 おさげ髪 忘れられない 思い出が 胸にじんじん 胸にじんじん 北ごころ  かもめ ヤン衆ニシンの海を 語った親父の 男の匂い 負けちゃいないよ 北海育ち 薄い情けの 都会でも 一人手酌の スルメ酒 飲めばじんじん 飲めばじんじん 北ごころ
波 静かなれ澤木和雄澤木和雄荒木とよひさ馬飼野俊一馬飼野俊一波 静かなれ 落日の海原よ 過ぎてゆく夏の 肩先見送れば 砂浜を駆けぬける まぶしき少年よ 帰らざる遠き日の 我が身を映すけど まだ遅くない 秋が来ても そして 冬の日が来ても 青春という 忘れ物 この胸の中に あるから  陽よ また昇れ 悠久(ゆうきゅう)の時を越え 天の川 宙(そら)を その掌(て)で包んでも 草枕寝ころべば あふれる涙星 寂しさは 何処(いずこ)かと 我が身に問いかける まだ遅くない 白き髪も たとえ 年老いていても 青春という 忘れ物 この胸の中に あるから  まだ遅くない 秋が来ても そして 冬の日が来ても 青春という 忘れ物 この胸の中に あるから
トワイライトレイン夏川玲夏川玲山口洋子櫻田武男馬飼野俊一ワイシャツのボタン 上から三つ はずしたところに くちびるをあてる 可愛い女だなんて 他人行儀な言いかたは きらいよきらい いいえ好き 一緒にいられる時計の針が 愛を刻む 命を刻む たそがれを刻む ああ ブラインドのむこう 街はセピアのトワイライントレイン レイン レイン  女ものの傘が 不思議に似合う あなたの背中が なぜかしら遠い 話のわかる女性(おとな)だなんて ごまかすような言いかたは きらいよきらい いいえ好き ほっと小さなため息つけば 夢が溶ける ドラマが溶ける さよならが溶ける ああ ガラス窓を走る 恋のしずくも トライライトレイン レイン レイン  ほっと小さなため息つけば 夢が溶ける ドラマが溶ける さよならが溶ける ああ ガラス窓を走る 恋のしずくも トライライトレイン レイン レイン
おんなの神輿森山愛子森山愛子やしろよう水森英夫馬飼野俊一ガマンしないで涙 どしゃ降りになれ 泣くだけ泣いたら 心も晴れる どうせ人生 まつりじゃないか 空をごらんよ 微笑み月夜 夢をもう一度 夢をもう一度 肩に担いで おんなの神輿  生きているから人の 痛みがわかる あっちへぶつかり こっちで転び どうせ人生 まつりじゃないか ここへおいでよ 支えてあげる 明日へ一歩ずつ 明日へ一歩ずつ のぼる坂道 おんなの神輿  汗が飛び散る素顔 キラリと光る 紅さす目もとが キリリと燃える どうせ人生 まつりじゃないか 咲いてみようよ 力の限り ドンと大空へ ドンと大空へ 花は大輪 おんなの神輿
はじめは片想い錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一君は僕を愛しているかい 僕は君をとてもとても愛しているけど もしも君が他の人を 愛していたら 僕の恋は片想いだね はじめは片想い 僕だけ片想い それはいやだ いつかきっと 僕の愛で君も僕を 好きにさせてみせるさ  僕の心知ってるかい 僕は君を恋人だと思ってるけど 君が僕をなんでもない 友達だと思ってたら ちょっと淋しいぜ はじめは片想い 悲しい片想い いつか君に僕の気持 わかったとき 君も 僕を 好きになってくれるさ  はじめは片想い 僕だけ片想い それはいやだ いつかきっと 僕の愛で君も僕を 好きにさせてみせるさ
夕陽が泣いている錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一夕やけ 海の夕やけ 真赤な別れの色だよ 誰かに恋をして はげしい恋をして 夕陽が泣いている 僕の心のように 夕陽も泣いているのだろう  真赤な 唇のような 夕やけの空と海の色 あの娘の唇が 真赤な唇が 僕を呼んでいる 夕やけ 海の夕やけ 大きな夕陽が泣いている 真赤な夕陽が泣いている 夕やけ 夕やけ
星のフラメンコ錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一好きなんだけど 離れてるのさ 遠くで星を見るように 好きなんだけど だまってるのさ 大事な宝 かくすように 君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 好きなんだけど 離れてるのさ 好きなんだけど だまってるのさ  とどかぬ星を 恋した僕の 心をうたう 星のフラメンコ 輝け星よ 君の夜空で 歌えよ涙 僕の心で 君は僕の 心の星 君は僕の 宝 こわしたくない なくしたくない だから 歌うよせめて 心の歌を ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ
夜霧よ今夜もありがとう錦野旦錦野旦浜口庫之助浜口庫之助馬飼野俊一しのびあう恋を つつむ夜霧よ 知っているのか 二人の仲を 晴れて逢える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧 僕らはいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう  夜明けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ いつか二人で つかむしあわせ 祈っておくれ 夜霧 夜霧 僕らはいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう
お水取り原田悠里原田悠里木下龍太郎三木たかし馬飼野俊一いつかあなたに 着せたいのです 母の形見の 結城(ゆうき)つむぎを 裄(ゆき)も着丈(きたけ)も 同じなら きっと似合うと 思います 笑顔のきれいな あなたのように それはやさしい 母でした 寒がりだった この僕に 母はきまって 言ったものです 二月堂の お水取りが 済んだから 春はそこまで 来ていると  いつもあなたに 見つけるのです 若いあの日の 母の姿を 小首かしげて ものを聴く 何気ないよな しぐさにも きっとあなたと 並んだならば 姉妹(しまい)みたいに 見えたでしょう 母が愛した 大和(やまと)路(じ)を 一緒に歩いて くれませんか 二月堂の お水取りが 済んだから 春をさがしに そこらまで 春をさがしに そこらまで
恋草子森山愛子森山愛子里村龍一水森英夫馬飼野俊一さくら三月 弥生の頃は 胸に涙の 花吹雪 ああー遠い町 逢いたい人は 忘れるはずの あなたの電話 今でも指が 忘れない  さんさ時雨か 別れがつらい 月も傘差す 神無月 ああーあの人よ 想い出つのる 長男だから 跡継ぎだよと 私を置いて 行ったひと  風は霜月 もうすぐ冬だ 母が帰って 来いと泣く ああー夢なかば 心が揺れる このまま終わる 二人でしょうか 涙が咲かす 恋草子
東京挽歌森山愛子森山愛子里村龍一水森英夫馬飼野俊一逢いに帰ろか 祭りの前に 帰りゃ近いが 心に遠い 今の私じゃ じいちゃんも 肩をもましちゃ くれないね ハアア エエエー 茜空 涙ひと拭き 東京挽歌  墨絵ぼかしに 夕焼け小焼け 汽笛哭かして 鉄橋列車 いつかやるよと 言い聞かす 胸に積もった 夢落葉 ハアア エエエー 恋しいね お酒ちょっぴり 東京挽歌  白い夕顔 かんぴょうの花 雨に震えて 咲いてる頃か 夢を支えに ひとりゆく 意地が明日の 一里塚 ハアア エエエー せつないね 負けてたまるか 東京挽歌
放浪記瀬口侑希瀬口侑希星野哲郎櫻田誠一馬飼野俊一束ねた髪に ほこりをためて 一皿五銭の 菜(さい)を買う 灯りさざめく 帝劇も 宵の銀座の にぎわいも 知らぬ知らぬ他国の うつし絵か 青い青い秋刀魚(さんま)の 目に涙  なんにも無けりゃ 男も逃げる しかたがないのは わかっても 露地に蚊放(かや)り火 焚(た)くころは 恋のみれんに 鳴子坂 憎い憎いあいつの 唇の 匂い匂い呑み消す 香り酒  斜めにしいた せんべい蒲団(ぶとん) 疲れたネオンが のぞきこむ 情けひとすじ 義理みすじ 明日は下谷(したや)か 日暮里か ―人一人重ねた 放浪(さすらい)の 破れ破れ畳を 引きむしる
愛の方舟山本リンダ山本リンダ中谷純平馬飼野俊一馬飼野俊一なにげなく見送る 海辺の黄昏(たそがれ)も セピア色に染まる カモメも絵の中 きょうという日は帰らぬ 流れ星ね 人はこの世をさすらう 時空(じくう)の旅人 永遠(えいえん)の生命(いのち)が あるなら なにも こわくはないけど あなたしか 見えない… 愛のために生まれ 愛のために生きる ふたりは銀河(ぎんが)の 方舟(はこぶね)にのって…  なにげなく見上げる 夜空の彼方にも かぞえきれぬ数の よろこび哀(かな)しみ あすという日の扉(とびら)を あけるために 人は出逢いと青空 信じて旅する 永遠(えいえん)の生命(いのち)を 紡(つむ)いで 絆(きずな) 結んでください あなたしか いらない… 愛のために生まれ 愛のために生きる ふたりはとこしえ 方舟(はこぶね)にのって  愛のために生まれ 愛のために生きる ふたりは銀河(ぎんが)の 方舟(はこぶね)にのって…
さよならをするために本田路津子本田路津子石坂浩二坂田晃一馬飼野俊一過ぎた日の 微笑みを みんな 君にあげる ゆうべ 枯れてた花が 今は 咲いているよ 過ぎた日の 悲しみも みんな 君にあげる あの日 知らない人が 今は そばに眠る 温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る想い出と さよならをするために  昇る 朝陽のように 今は 君と歩く 白い 扉をしめて やさしい 夜を招き 今のあなたに きっと 判るはずはないの 風に残した 過去の さめた 愛の言葉 温かな 昼下がり 通りすぎる 雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る想い出と さよならをするために
太陽がくれた季節本田路津子本田路津子山川啓介いずみたく馬飼野俊一君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れた眸で 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは ぼくらの仲間 とびだそう 青空の下へ  君は何を今 待ちつづけるの 街の片すみで ひざをかかえて とどかないあの手紙 別れた夢 君も今日からは ぼくらの仲間 とび込もう 青春の海へ  青春は 太陽がくれた季節 君も今日からは ぼくらの仲間 燃やそうよ 二度とない日々を
秋でもないのに本田路津子本田路津子細野敦子江波戸憲和馬飼野俊一秋でもないのにひとこいしくて 淋しくて黙っていると だれか私に手紙を書いて書いているような ふるさともない私だけれど どこかにかえれるそんな気もして  秋でもないのにひとりぼっちが 切なくてギタ-を弾けば 誰か窓辺で遠くをながめ 歌っているような 恋人もない私だけれど 聴かせてあげたいそんな気もして  秋でもないのに沈む夕陽に 魅せられて街に出ると 誰か夕陽を悲しい顔で 見ているような 空に 瞳があるならば あかね雲さえ泣いているだろう
らんぷの宿で川中美幸川中美幸阿久悠三木たかし馬飼野俊一らんぷの宿は 海のそば 波を枕に 眠ります 心きずつけ やせ細り 恋にやつれた 女にも 眠れと歌う 子守唄 能登は冬です  手酌で酒を 飲みほして 海の幸にも 箸をつけ あとはランプを ひき寄せて 長い手紙を書きましょう 泣くなと歌う 子守唄 能登は冬です  抱かれた夜の 想い出を 波に語って 夢見ます 細いランプの 灯の下で 流す涙は何のため 恋せと歌う 子守唄 能登は冬です
燃える恋人本郷直樹本郷直樹阿久悠中村泰士馬飼野俊一この日を待ちくたびれて 二度も三度も逢った この世の時計をとめて 愛し合うふたり 気分をだして目をとじて 誰も気がねしないで ララ ラララ ラララ ララ ラララ ラララ 抱いてもいい もえてもいい ふたりの夜だから  さよならする日が来ても とてもはなれられない たがいに心をつなぎ 感じ合うふたり 気分を出して目をとじて 誰も気がねしないで ララ ラララ ラララ ララ ラララ ラララ すべてが好き 何より好き 愛した夜だから ララ ラララ……
愛さずにいられない野口五郎野口五郎阿久悠馬飼野俊一馬飼野俊一だからもう つらい過去など いわないで うつむいたままで 暮して何になる  好きならば すべて投げ出し 来るがいい 傷ついた胸も いつかは いえるだろう  たとえ誰が 指をさして 悪いうわさ たてていても 強く抱きしめて 抱きしめて 君を愛さずに いられない  許してと君は いつでも いうけれど もう二度とそんな 言葉はやめてくれ  火のように燃えた くちづけ受けながら なぜそんな 暗い瞳をしてるんだ  たとえどんな つらいことも 耐えて行くと 誓いあって 強く抱きしめて 抱きしめて 君を愛さずに いられない  君を愛さずに いられない  君を愛さずに いられない  君を 君を愛さずに…いられない
君が美しすぎて野口五郎野口五郎千家和也馬飼野俊一馬飼野俊一美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が恐い 何故君はこんな時 僕の近くに 現われたのか 睫を伏せて 何を待つの 背中を向けて 何をするの 何故君は こんなにも 僕の魂 苦しめるのか  僕の心を乱さないで 君を不幸にするだけ 僕の泪を 誘わないで 間違いが おこりそうさ  美しすぎて 君が恐い 美しすぎて 愛が恐い 何故君は こんな時 僕の近くに 現われたのか 裸足になって どこへ行くの 鏡の中で 何を見るの 何故君は こんなにも 僕の祈りを うち砕くのか  僕の心を乱さないで 君を不幸にするだけ 僕の泪を 誘わないで 間違いが おこりそうさ
ざんげの値打ちもない北原ミレイ北原ミレイ阿久悠村井邦彦馬飼野俊一あれは二月の 寒い夜 やっと十四に なった頃 窓にちらちら 雪が降り 部屋はひえびえ 暗かった 愛というのじゃ ないけれど 私は抱かれて みたかった  あれは五月の 雨の夜 今日で十五と 云う時に 安い指輪を 贈られて 花を一輪 かざられて 愛と云うのじゃ ないけれど 私は捧げて みたかった  あれは八月 暑い夜 すねて十九を 越えた頃 細いナイフを 光らせて にくい男を 待っていた 愛と云うのじゃ ないけれど 私は捨てられ つらかった  そしてこうして 暗い夜 年も忘れた 今日のこと 街にゆらゆら 灯りつき みんな祈りを するときに ざんげの値打ちも ないけれど 私は話して みたかった
不如帰瀬口侑希瀬口侑希星野哲郎桜田誠一馬飼野俊一命二つを 結ぶ糸 ちぎれて哀し 相模灘 あなた あなた あなた… この世の次の 次の世は 私のために 下さいと 泣いて血を吐く ほととぎす  添えぬ運命(さだめ)が すれ違う 京都の駅は 涙雨 いいえ いいえ いいえ… あなたと生きた 一(ひと)とせは 千万年と 同じです 夢を宝を ありがとう  思い続けて 死ぬことの しあわせ知った 逗子の海 そうよ そうよ そうよ… あなたの船の 丸窓で 夜啼く鳥が いたならば それは私の ほととぎす
ふりむいた君あおい輝彦あおい輝彦阿部敏郎阿部敏郎馬飼野俊一やっと見つけた 風のようにさわやかで 通り過ぎるのが惜しい そんなあなただから 思わず声かけて つのる想いを告げたよ 光の中でふりむいてくれたその笑顔 それだけでもう僕は恋のとりこさ もう何も考えないで あなた愛して どこまでも歩いて行くのさ  やっと見つけた 鳥のように自由過ぎて そばに置かないとこわい そんなあなただから 思わず抱きしめて 熱いくちづけあげたよ 光の中へ駆け込んで行くその姿 いつのまにあなたまで 恋のとりこさ もう全て脱ぎ捨てていい 僕を信じて この胸に飛び込んでおいでよ  光の中に溶け込んで行くこの心 ふたりとも燃えあがる恋のとりこさ もう二度とめぐり逢えない あなた離さず いつまでも歩いて行くのさ
バラの渚あおい輝彦あおい輝彦中里綴長戸大幸馬飼野俊一波打つ 髪を編みながら 優しく君は 身を寄せる 溢れるような 星屑に 思いだすよ 去年のこと Baby! I love you I need you tonight  君は燃えるバラ 僕の指先に散るバラ 好きだよ 誰よりも このまま抱いて 抱いていたいよ あゝ遠く光る 流れ星 二人の秘めごと 乗せて走る  小指を そっと絡ませて 耳打ち 熱い囁きは 死ぬまで ついてくると言う そんな君が いじらしいよ Baby! I love you I need you tonight 月は燃えるバラ 赤く砂浜に散るバラ 見つめて 結ばれて ひとつに溶けて 溶けてゆきたい あゝ遠く光る 流れ星 二人の秘めごと 乗せて走る Baby! I love you I want you tonight  君は燃えるバラ 僕の指先に散るバラ 好きだよ 誰よりも このまま抱いて 抱いていたいよ あゝ遠く光る 流れ星 二人の秘めごと 乗せて走る
サマー・エンジェルあおい輝彦あおい輝彦麻美一希麻美一希馬飼野俊一青い渚で陽ざしを受け止めて はしゃぐ君が好きだよ サーフボードうねりに揺られながら 夏に煌いている  COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT OH YEAH  抜ける碧さと光の中で夢見るよ SEASIDE ANGEL NIGHT  波を素足で浜辺に縫いとめた 君は真夏の女神 髪に囁く眩しい風の中 胸はときめいてる COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT OH YEAH 言葉じゃなくて燃える気持が AH 誘う SEASIDE ANGEL NIGHT  白い帆影が沖の鳥のように滑る 夕凪の海 肩を抱きしめ触れた唇が 甘く震えていた  COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT COME ON TONIGHT OH YEAH 二人渚で一つに溶けて AH 熱い SEASIDE ANGEL NIGHT
面影平野藤圭子藤圭子阿木燿子宇崎竜童馬飼野俊一女一人の住まいにしては 私の部屋には色がない 薄いグレーの絨毯の上 赤いお酒をこぼしてみよか 波紋のように足許に 涙のあとが広がって 酔えないよ 酔えないよ 六畳一間の 面影平野  私一人が眠るにしては 大きなベットは邪魔なだけ 緑に腰かけ背中を丸め 過ぎた月日をひも解いている 足の踏み場もないほどに 悲しみばかり散らかって 危ないよ 危ないよ 六畳一間の 面影平野  最後の夜に吹き荒れてった いさかいの後の割れガラス 修理もせずに季節がずれた 頬に冷たいすきま風 虫の音さえも身に染みる 思い出ばかり群がって  切ないよ 切ないよ 六畳一間の 面影平野  切ないよ 切ないよ 六畳一間の 面影平野
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
なのにあなたは京都へゆくのチェリッシュチェリッシュ脇田なおみ藤田哲朗馬飼野俊一私の髪に 口づけをして 「かわいいやつ」と私に言った なのにあなたは京都へ行くの 京都の町は それほどいいの この私の 愛よりも  静かによりそい やさしく見つめ 「愛する人」と私を呼んだ なのにあなたは京都へ行くの 京都の町は それほどいいの この私の 愛よりも  燃える腕で だきしめて 「とわの愛」を私に誓った なのにあなたは京都へ行くの 京都の町は それほどいいの この私の 愛よりも……
美しかった場所弘田三枝子弘田三枝子山上路夫村井邦彦馬飼野俊一愛の影が今も残る この街のどこにも 二人別れ 時は流れ過ぎたけれど 街の店に二人すわり 空を見あげていた わけもなくて鳩の行方 二人見ていた 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛つないでみたいの あなたとやり直したい  灯りともる街の中を 肩寄せ歩いてた わけもなくて車ひろい 港に行った 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛 つないでみたいの あなたとやり直したい
恋はフィーリング弘田三枝子弘田三枝子山上路夫村井邦彦馬飼野俊一愛していれば二人には言葉はいらない 目と目たがいに見つめていれば 心の中までわかる  恋する時は突然に感じるものなの それは心と心の出逢い 言葉などはない世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界 ララ……………
私夢を見るの和田アキ子和田アキ子石津善之石津善之馬飼野俊一私夢を見るの とても不思議な夢よ…… この世にあなたと二人きり 他に誰れも居ないの 空には小鳥が遊び 虹が二人を包む…… 手をとり二人で野原をかける きれいな夢よ  あなたを好きなのに 逢えるのは夢の中だけ…… あなたは私のホホに そっと口づけしたの そしてほほえみそのまま消えた 不思議な夢よ……  あなたを好きなのに 逢えるのは夢の中だけ…… あなたは私のホホに そっと口づけしたの そしてほほえみそのまま消えた 不思議な夢よ……  私夢を見るの
口紅えれじいちあきなおみちあきなおみ吉田旺浜圭介馬飼野俊一生まれた星が 悪いのか すねてるあたしが 悪いのか いのちまでもと 溺れた恋も みんなみんな陽炎 水の泡沫  つくせるかぎり つくしても おんなのしあわせ なぜうすい 化粧おとした 目尻に二つ 取って取って捨てたい 泣きぼくろ  信じることの むなしさを 知らずにいた日が なつかしい 想いだすまい 昔のことは どうせどうせ夜空の 遠花火  淋しさだけで 抱かれても 心は通わぬ 仮の宿 なんでおんなに おんなになんか 生んで生んでくれたの お母さん
誘い水ちあきなおみちあきなおみ吉田旺浜圭介馬飼野俊一人が遠くに見える日は 酒に抱かれてみたくなる 嘘…… 呑めもしないのに…… ひとりですかと 聞かないで それを忘れに それを忘れに来たわたし  ふたり通ったこの店が 今は吐息のつきどころ 嘘…… 憂さの捨てどころ…… 見ないふりして ほしいのよ 溶けためばりの 溶けためばりの汚点のあと  雨がパラつく夜更け頃 生きているのもつらくなる 嘘…… 誰がこうさせた…… 淋しがり屋が 呑む酒は しょせんなみだの しょせんなみだのさそい水
恋慕夜曲ちあきなおみちあきなおみ吉田旺浜圭介馬飼野俊一ひとりぼっちでのむ酒は 他人の情が欲しくなる 未練ごころぬぐって のむ酒は 流しギターが よく似合う あんな男となじっても なじるそばから恋しくて 褪せたルージュかみしめ のむ酒は 知らず知らずに 目が濡れる  のめるふりしてのむ酒は 持ったグラスが重くなる 背の人目気にして のむ酒は 砂をかむよな 味気なさ 二度と夢など見ないよと うそぶきながらせつなくて 無理に笑顔つくって のむ酒は 落ちる雫で 薄れがち  恋にはぐれてのむ酒は 逢えぬつらさがまたつのる 酒に酒におぼれていなければ 冷たすぎます世の中は
恋挽歌ちあきなおみちあきなおみ吉田旺浜圭介馬飼野俊一弥生 夜桜 紅させど ふたりの春は かくれんぼ 背中あわせの 春ならば 背中あわせの 春ならば せめて咲かそか 水中花  広い世間を せまくして 袂ぬらすも 恋のため ふたりいてさえ うら悲し ふたりいてさえ うら悲し 暗い都の 夜半の雨  たどる恋路に 吹く風は 憂き世木枯し うす情け いっそふたりで あの世へと いっそふたりで あの世へと 堕ちてゆこうか 恋挽歌
禁じられた恋の島ちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士馬飼野俊一約束の時間に 紙のフクロぶらさげ 桟橋にきたけど あなたはまだこない 潮騒を遠ざけ ドラが鳴るわ出船の この旅に私は かけてきたのいのちも もう…もどれないわ あ…あの町には いまさらナミダつれて ナミダつれて もう…もどれないわ あ…あの家には 手紙を残してきたから 残してきたから  霧のような小雨に さむいこころぬらして こないわけ知ったの 来月結婚するのね 電話さえできない 禁じられたしあわせ どうしろというの ここまできた私に もう…もどれないわ あ…あの町には いまさらこんな気持ちで こんな気持ちで もう…もどれないわ あ…あの家には みんなに背いてきたから 背いてきたから
マニキュアがかわくまでちあきなおみちあきなおみ吉田旺中村泰士馬飼野俊一マニキュアが かわくまで こたえをだすのは 待ってて このモヤモヤが 晴れるまで でて行くそぶりは みせないで 今日がふたりの 最後の朝になるなんて 信じられないの 信じられないの マニキュアが かわくまで こたえをだすのは 待ってて このモヤモヤが 晴れるまで でて行くそぶりは みせないで  マニキュアが かわくまで 時計をみはるのは やめて あゝほゝえみが できるまで 私をのこして 行かないで これが最初で 最後の恋になるでしょう 私きめたのよ 私きめたの マニキュアが かわくまで 時計をみるのは やめて あゝほゝえみが できるまで 私をのこして 行かないで
不思議うふふTARAKOTARAKO石原信一馬飼野俊一馬飼野俊一ねェ 不思議と思う うふふふ… 感じ合えれば ミラクルテレパシー びっくり どっきり ひっくりかえって 大人になるの  真っ赤な心 こつんとノック お目覚めいかが マイスイートハート もうときめきが 止められないわ 見知らぬ世界 連れてって  そよ風が 涙さらって 悲しみは グッバイメモリー びっくり どっきり ひっくりかえって 大人になるの  やりたいことが めちゃくちゃあるの 眠っちゃいやよ マイスイートハート 危険もちょっと わるくはないわ 欲ばりなんて 言わないで  太陽をクルクルまわる 地球ごと ファンタスティック びっくり どっきり ひっくりかえって 大人になるの  ねェ 不思議と思う うふふふ… 感じ合えれば ミラクルテレパシー びっくり どっきり ひっくりかえって 大人になるの
それでなくても辛いのに日野美歌日野美歌千家和也小林正二馬飼野俊一たそがれに 春の雨 ひとりみつめる 店の外 とまり木に 身を置いて 来ないあなたに うらみごと それでなくても 辛いのに あなたいなけりゃ なおのこと すこし大きな ぐい呑みで 冷やのお酒を いただくは あなたのほかに誰ひとり 目にはいらない こんな女のことは お忘れかしら  触れもせず 抱きもせず これも恋なら 寂しいわ 女から そうしてと 言えぬ心の 苦しさよ それでなくても 辛いのに あなたいなけりゃ なおのこと 酔ってとりだす 手鏡に うつるせつない 泣きぼくろ あなたのためにこれほどに やわ肌そめる こんな女のことは お忘れかしら  それでなくても 辛いのに あなたいなけりゃ なおのこと すこし大きな ぐい呑みで 冷やのお酒を いただくは あなたのほかに誰ひとり 目にはいらない こんな女のことは お忘れかしら  こんな女のことはお忘れかしら
あなたの名残り日野美歌日野美歌有馬三恵子四方章人馬飼野俊一レースのカーテン細く開けて 街角見つめるだめな癖 待ってみたって誰も来ない 来ないのよ ばかね きっとあなたに似合ったはずの 手編みセーター 今は編みもほどきもできずにいたり つらい私 涙もろいのも あなたの名残り  ぬれてる舗道をひとり行けば かすかに流れるはやり歌 熱いあの日を思い出して涙がでそう ばかね 傘をかたむけ車を止める 仕草するたび いつも家へ送ってくれてた頃の 愛がしみる 外で飲む癖も あなたの名残り  ばかね 酔って哀しみごまかしたって さめりゃもともと そっと頬にグラスを押しあてたまま 泣いているの 夜が好きなのも あなたの名残り
想い出グラス日野美歌日野美歌荒木とよひさ浜圭介馬飼野俊一忘れられないの あなた淋しくて 今夜も別れ歌を 酒場でさがすわ 憶えたお酒を あなた許してね 酔えば 逢いたくなって 泣いてしまうのに  死ぬほど 好きでいても これが運命(さだめ)だと 想い出グラス 飲みほせば あなた明日は いらないわたし  今頃どこで あなた飲んでるの くわえ煙草で いつもそばにいてくれた あの日のように ここで待ってるわ あんなにやさしかった 面影さがして 白い指輪のあとが 今じゃ恋しくて 想い出グラス ゆらしても 夢のつづきが 見えないわたし  死ぬほど 好きでいても これが運命(さだめ)だと 想い出グラス 飲みほせば あなた明日は いらないわたし
大阪恋めぐり増位山太志郎・日野美歌増位山太志郎・日野美歌幸村リウ小林正二馬飼野俊一雨の大阪御堂筋 別れられない戎橋(えびすばし) ネオンも揺れてせつない 道頓堀よ あなた次第よ 私のこころ お前ひとりで 帰せない 泣きたくなるほど 好きだから 酔わせてゆらゆら 愛してゆらゆら 雨がうれしい 雨がうれしい 大阪恋めぐり  いつもお前がいることは 飲みに来る度知っていた あなたの熱い視線は 感じていたわ 一度出逢って 二度目で話し 三度四度で 寄り添った 心を寄せあう 傘の中 酔わせてゆらゆら 愛してゆらゆら 雨がうれしい 雨がうれしい 大阪恋めぐり  好きになるのが恐いから 嘘をついたの許してね 世間の噂なんかに 泣くのはよしな 風に飛ばされ 重なり合った 落ち葉みたいな 俺達さ 終りにしたいね この恋で 酔わせてゆらゆら 愛してゆらゆら 雨がうれしい 雨がうれしい 大阪恋めぐり
愛はそのまま西尾夕紀西尾夕紀西條みゆき岡千秋馬飼野俊一ダメねいくら泣いても 心変りが虚しくて ふたりはいつから すれ違い 愛しすぎた 私が悪い あなたの重荷に なっていたの 甘い唇重ねた 愛しい日々を 嘘にしたくないの ああ 好きなままで だからお願いあなた 今日でお別れあなた だけど愛に 満ちた 時期(とき)を 忘れないで  そっと別れ告げずに ひとりこの部屋出て行くわ ホントは前から 知っていた  今日は誰を 右手に抱いて やさしい笑顔を 見せているの もしもからだで全てを 許していても 心までは無理よ ああ 戻らないの 哀しすぎるわあなた だけど好きなのあなた だから愛は 今も ここに 置いて行くわ  甘い唇重ねた 愛しい日々を 嘘にしたくないの ああ 好きなままで だからお願いあなた 今日でお別れあなた だけど愛に 満ちた 時期(とき)を 忘れないで… あの日のまま…
秘密をもった少女山口百恵山口百恵安井かずみ馬飼野俊一馬飼野俊一月の明りに そっとかくした わたしだけの 恋の秘密 日記のページは あの人のことよ  忘れな草を はさんでめくる わたしだけの 小さな歴史 日記のページに あふれる想いが  そっと 大人になるの 誰にも 知られないで あの人のやさしさに いつも 守られながら  月の明りに 指をかざして 願うことは この愛から わたしを 迷子に させないで おねがい  そっと 大人になるの 一すじの涙から あの人をみつめると 好きなことが わかるの  月の明りに 映し出された わたしだけの 恋の秘密 日記のページは あの人のことだけ
放課後山口百恵山口百恵有馬三恵子馬飼野俊一馬飼野俊一芝生には 夕暮れ 図書館も おしまい 制服を ぬいだら 私 鳥のように 自由なの つばさひろげ 窓をぬけて 飛んでしまう心があるの 私にしろ もてあますわ こんな羽ばたく 胸のそのわけ  友だちと ここまで 街かどの ざわめき 誰からも ときはなされて ひとり前の 大人なの あれもこれも 刺激される 待ちきれない心があるの 私にしろ もてあますわ あてなくもえてる 胸のそのわけ
恋のニュース山口百恵山口百恵安井かずみ馬飼野俊一馬飼野俊一今、知ったの 友達から 今、聞いたのうれしいことを あの人から 誘われたの 夢がついに叶う スキップしたくてララ、風吹く街を 何を見ても素敵 まるで別の世界 生きているわ わたし―  今、胸に虹がかゝる 今、空を飛べるみたいよ あの人から 「好きだ」なんて 片想いじゃないの 思わず歌えばララ、並木の道を 何を見てもきれい 生まれたての気持 生きているわ わたし―  何を見てもきれい 生まれたての気持 生きているわ わたし―
夢の恋人山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一馬飼野俊一羽のような綺麗な指で 私を招いてる 夢の中で逢えるあのひと 誰かに似ているけれど 風のようなやさしい声で 私を呼んでいる 朝になると消えるあのひと 私の恋人よ 名前を聞かせてほしい せめて頭文字を もしかしたらこれが恋の 前ぶれなのでしょう  雨のようなうるんだ瞳 私を見つめてる 胸にそっと触れたあのひと どこかで逢ってるけれど 花のような可愛い顔で 私に笑ってる 好きになると逃げるあのひと 私の恋人よ 心を教えてほしい せめて窓の色を もしかしたらこれが恋の 前ぶれなのでしょう
さよならの季節山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一馬飼野俊一あのひとこの頃 何だか変わったわ 私を見る眼の色 冷たいみたい 私のどこかが 嫌われたのかしら けれども心あたり 何にもないの 甘えて泣いたり ふざけてすねたり 今ではふたりは 前に戻れないの 季節が変わると 心も変わるのね あのひと私のもと 離れてゆくの  あのひとこの頃 何だか変わったわ 私と逢うのさえも 避けてるみたい 知らない誰かを 恋してるのかしら いけない噂をする 友達もいる 電話も鳴らない 手紙も着かない このままふたりは 遠いひとになるの 季節が変わると 心も変わるのね あのひと私のもと 離れてゆくの
おっぱいがいっぱいGOLD LYLICぶんけかなGOLD LYLICぶんけかな冬杜花代子三木たかし馬飼野俊一ぼくがのんで いもうとものんだのに ちっちゃくならない ママのおっぱい おふろのなかで さわらせてもらったら 空気(くうき)たりない ゴムマリみたい  ぼくがのんで いもうとものんだから おっぱいがでない ママのおっぱい あまかったのか おもいだせない たくさんのんだはずなのに へんね  おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい うれしいな さわりたい  ぼくがのんで いもうとものんだのに おっきなままだね ママのおっぱい ひとさしゆびで ちょこんとおしたら びっくりするほど やわらかだった  ぼくがのんで いもうとものんだから おっぱいがでない ママのおっぱい もひとり赤(あか)ちゃん うまれるときは またでるようになるのかな ふしぎ  おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい きれいだな だいすきさ  おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい おっぱいがいっぱい きれいだな だいすきさ
漁歌北原ミレイ北原ミレイ山田孝雄浜圭介馬飼野俊一俺が網を引っとはよ 可愛い女房(おまい)と子供によ 腹一杯飯を食わすい ためやっど 坊の岬に桃ん花咲く頃 今年も鰹が鰹が来るぞ はまらんかい きばらんかい 東支那海は男ん海よ  俺が海で死んだらよ 可愛い女房と子供なよ どげんして生きっと嵐にゃ 負くいもんか 夫婦鶯裏山で鳴く頃 今年も鰹が鰹が来るぞ はまらんかい きばらんかい 薩摩丸が行く水平線へ  女子鴎が変な声出す時 今年も鰹が鰹が来るぞ はまらんかい きばらんかい 沖は荒海男ん海よ
告白野口五郎野口五郎千家和也馬飼野俊一馬飼野俊一何をためらうの 僕を前にして 愛のあやまちは 誰にもあることさ 細い指先を 胸におしあてて 君は眼を閉じて 僕に近づく 僕は僕は この指で 君を君を 壊しそう たとえそれで 傷ついても 君に罪はないのさ 僕が悪いからさ こんなにおびえて  何をおそれるの 僕を前にして 愛は美しく 悲しいものなのさ 長い黒髪を そっと噛みしめて 君は泣いている 僕のかわりに 僕は僕は この指で 君を君を 壊しそう 人に悪く いわれようと 君に罪はないのさ 僕が悪いからさ こんなにおびえて
愛ふたたび野口五郎野口五郎山上路夫佐藤寛馬飼野俊一ここにいると 聞いて来たよ 港の小さなお店  君はなぜ何も言わずに 別れていった  どんな過去が 君にあろうと 僕ならかまいはしない あの日君を強く抱いて 誓ったろ 僕の愛を  どうしてそれを忘れて 別れたの 僕を残して 君の姿はなくて 汽笛だけ悲しくひびく  泣いているの ひとり君は もどっておいでよ早く 僕のこの胸の中へ 帰っておいでよ  どうして僕と幸せ 探すのを君は恐れる 君の姿はなくて 灯りだけ波間にゆれる  泣いているの ひとり君は もどっておいでよ早く 僕のこの胸の中へ 帰っておいでよ
青いコーヒー・カップ麻丘めぐみ麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一馬飼野俊一青いコーヒーカップに 涙がひとつぶ ぽつり小さな また輪をつくる 今も遠いあの人を 想い出してる 海の見えるあの店で 私はひとり そうよ何もかもが 昔と同じよ あとはほほえむ あなたがいれば  誰もいない浜辺を ひとりで歩けば 波が時々 足跡消した 今もそっと目をとじて 想い出すたび 何故か知らず この頬に涙が落ちる それは愛の言葉 交わさず二人に 消えてしまった ひとつぶの恋
夏の終りに来た手紙麻丘めぐみ麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一馬飼野俊一夏の終りのあのお手紙は さよならだったのね 怖くて私は読んでいません どことなくあなた 違ってたから あなたが いなくなってから 私の目には 涙だけ さよならの理由(わけ)は きっとそれにしるしてあるわ やさしいあなたの事だから  夏の終りのあの横顔は さよならだったのね あの日はやっぱり気づかいでしょう 理由もなくだから 笑ったのでしょう 口では言えぬ やさしさが あなたの目には あふれてる さよならの理由を 今はとても知りたいけれど 私は怖くて読めません 私は怖くて読めません
かえりの港松村和子松村和子豊田一雄豊田一雄馬飼野俊一島へ寄らずに このままゆこか 沖の鴎よ 情あるならヨー 伝えておくれ 愛しあの娘は 愛しあの娘は かえりの港  海の男は 情に弱い 俺もお前も 島で育ったヨー 鴎じゃないか 逢ってゆきたい 逢ってゆきたい かえりの港  赤い夕日が 岬に昏れて 幼馴染の 島の燈台灯がヨー 恋しゅてならぬ 久し振りだね 久し振りだね かえりの港
妖精の詩(うた)アグネス・チャンアグネス・チャン松山猛加藤和彦馬飼野俊一風の吹く草笛の さわやか青い草原を 染めあげる妖精の 姿をいつか見かけたら  春がめぐり来た しるしです 恋にめぐり合う しるしです 季節の扉のすきまから 水晶の絵具箱 そっと開くと恋の色  太陽のガス燈を 星の靴はく少年が 磨き出す今日からが あたたか色に変わるのは  春がめぐり来た しるしです 恋にめぐり合う しるしです 季節の扉のすきまから 水晶の絵具箱 そっと開くと恋の色  春がめぐり来た しるしです 恋にめぐり合う しるしです 季節の扉のすきまから 水晶の絵具箱 そっと開くと恋の色
はだしの冒険アグネス・チャンアグネス・チャン松本隆平尾昌晃馬飼野俊一水しぶきをあげて ほほえむあなたに 波に沈むふりをして 今しがみついた うそじゃないほんとよ 手がはなれてたら 私ひとり 悲しみにさらわれそうなの  愛は水の中に きらめいてる太陽よ ふたりぶんの手のひらなら すくいとれるのに  はだしで熱い砂 駆けてゆく私 早く早くつかまえて ふるえる気持を ふりむかなくたって 背中でわかるの ほらもうすぐ 幸せが私に追いつく  愛は水の中に きらめいてる太陽よ ふたりぶんの手のひらなら すくいとれるのに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
星に願いをアグネス・チャンアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃馬飼野俊一「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」  わたしの気持ちがうまく あなたに伝わるかしら? 書きかけ 手紙のはじに いま ハートの絵をかいた  心に思うはんぶんも 言えないことが心配なの  やさしい あなたの事を いろいろ 思い出す時 窓辺にもたれて ひとり また ギターを弾きだした  「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」  あなたに この次会える その日を数えて待てば 小さな灯りが胸に さあ元気を出しなさい  心に思う はんぶんも 言えないことが心配なの  風よ あのひとのとこに わたしは泣いていないと 明るく伝えてほしい ホラ 涙とさようなら  「好きなひとに どうぞ会わせて 愛の星に 願いをかける」
草原の輝きGOLD LYLICアグネス・チャンGOLD LYLICアグネス・チャン安井かずみ平尾昌晃馬飼野俊一い眠りしたのね いつか 小川のせせらぎ きいて レンゲの花を 枕に 今 目がさめた  恋しい気持ちが 夢で 逢わせてくれた あの人 君は元気かと 聞いた 手を振りながら  今 涙をかくして風の中 ひとりゆけば はるかな 私の好きな 草原  知らずに 遠くまで来た 野イチゴ探して ホント 手かごに持ちきれなくて ポケットに入れた  あの人が 帰る時を 指おり数えて 待てば いつのまにか 夕焼に あたりは そまる  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原  ふと涙が出そうよ 風の中 こだまに呼ぶ 名前は あなたの好きな 草原
記念樹森昌子森昌子阿久悠森田公一馬飼野俊一ひゅるひゅると風が吹く校庭に 若い日の記念樹を植えました あの人もこの人も見つめるうちに なぜかしらその胸を 熱くする さよなら初恋 さよならともだち また逢いましょう この樹の下で そっとその目で話します そっと約束かわします  ひゅるひゅると風が舞う校門で 今植えた記念樹を見つめます 指きりをかわしたりサインをしたり 手をふって急ぎ足 帰ります さよなら初恋 さよならともだち また逢いましょう この樹の下で そして別れて行くのです そしてひとりになるのです
そんな鴎の港町北川大介北川大介荒木とよひさ中川博之馬飼野俊一男には心に 風の港が そして別れた ?が一羽 女には背中を 染める夕陽が そしてはぐれた ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ さよなら上手と 棄てられ上手 小樽 函館 稚内 そんな?の…北の港町  男には心に 古い酒場が そして詫びたい ?が一羽 女には過去(きのう)を ゆらす水割り そして涙の ?が一羽 あゝ 男もカモメ 女もカモメ 嘘つき上手と 騙され上手 釧路 室蘭 苫小牧 そんな?の…北の港町  あゝ 男もカモメ 女もカモメ やさしさ上手と 強がり上手 根室 網走 船泊 そんな?の…北の港町
北の五番町細川たかし細川たかし二宮康弦哲也馬飼野俊一チラチラ雪が 降る夜は あいたいあいたい あの人に 路地に流れる歌も凍(しばれ)る 北の五番町  気立て良しだよ お嬢さん ハメをはずして お嬢さん 美人揃いの北の国 恋の予感がトキメクよ  ビッグになったら 乾杯と あの日交わした 約束さ 飲み明かそう 花を両手に はねて笑って メチャクチャに  ドキドキもんさ この町は 出逢いも別れも 絵になるよ 旅のお方もちょいとお寄りよ 北の五番町  愛想良しだよ お嬢さん 涙もろいね お嬢さん 情け深いね北の国 恋の予感がにぎわいさ  おんなじ女を 捕りあった 若いあの頃 なつかしい 飲み明かそう 夢を肴に はねて踊って ハチャメチャに  チラチラ雪が 降る夜は あいたいあいたい あの人に 路地に流れる歌も凍(しばれ)る 北の五番町  チラチラ雪が 降る夜は あいたいあいたい あの人に 路地に流れる歌も凍(しばれ)る 北の五番町
北の終着駅北川大介北川大介荒木とよひさ中川博之馬飼野俊一俺の小指を噛んで ここで死んでもいいと 声にならない言葉が 胸に痛くて愛しい 二度ともどれぬ恋に 過去の暮らしは捨てて 北の何処(どこ)かへ流れ 生命(いのち)の限りに生きよう  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて  俺と出逢ったことは きっと苦しみばかり ついてくるなと叱れば もっとお前は傷つく どんなことにも耐えて 愛に生きたいならば 北の夜汽車でふたり この世の果てまで逃げよう  たとえ春を知らずに 報(むく)われる日がこなくても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 微笑(ほほえ)みうすい 微笑みうすい お前を連れて  たとえそれが貧しく 帰るところを無くしても 悲しみがついてこない 終着駅ならば 倖せうすい 倖せうすい お前を連れて 
青い日曜日野口五郎野口五郎大日方俊子馬飼野俊一馬飼野俊一何もしたくない 淋しい日曜日 ギターも弾かない 歌もいらない ひとりの部屋で 壁を見つめて 泣きたいような ぼくだけれど きみは知らない こんなぼくを それがいちばん それがいちばん 悲しいの  何をすればいい ひとりの日曜日 電話も鳴らない 本も読めない 扉の鍵を そっとはずして 誰にも言わず 外へ出かけ バスに乗ったら 何処へ行こう きみをさがしに きみをさがしに 何処までも  ラララ…ラララ…
北斗星山川豊山川豊やしろよう浜圭介馬飼野俊一街の灯りは天の川 泣いて女の 未練が走る 別れの涙が乾くその日を 待てと言うの できないわ あなたできないわ 噂のかけら 追いかけて 北へ北へ北へひとすじ 北斗星  霧にけむった 途中駅 車窓に映して口紅をひく さよならでもいい何かひとこと もうひとこと 聞かせてよ あなた聞かせてよ 引き返せない 戻れない 恋に恋に恋にひとずじ 北斗星  夜の向こうは 冬景色 燃える想いが 海峡越える 熱いその胸に溶けて行きたい 雪のように もう一度 あなたもう一度 最後の夢を 抱きしめて 北へ北へ北へひとすじ 北斗星
橋幸夫橋幸夫遠藤実遠藤実馬飼野俊一いくつかの悩み 越えてきて 涙の河を 渡ってく 生きるって 生きるって 淋しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 優しさを連れてくる 歌がある  人には笑顔で 行き過ぎて 心の痛み 誰も持つ 生きるって 生きるって 厳しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 故里(ふるさと)を浮かばせる 歌がある  青春の季節 いちどだけ 愛する翼 広げよう 生きるって 生きるって 嬉しいものですね だから歌がある 夢が湧く だから歌がある 幸福(しあわせ)になろうと 想い出がよみがえる 歌がある 歌がある 歌がある
夜叉のように山本譲二山本譲二阿久悠幸耕平馬飼野俊一海を渡った蝶もいる 冬にまたたく螢さえ… ましてや女の情念は いちずな愛を追いつづけ からだがやせても あかあかと 燃えるいのちに赤く染まって ああこの胸に激しい鬼がいる 惚れたあなたに 辿りつくまで 乱れた紅のまま  便りみたいに花が飛び 夢が運んで風が吹く… ひとり寝する夜の呼びかけは あなたの胸につき刺さり 言葉は涸れても ひたひたと 満ちる想いに 心ひたして ああひとすじの悲しい鬼がいる きめた運命(さだめ)に出会う時まで 色ずく肌のまま  ああこの胸に激しい鬼がいる 惚れたあなたに 辿りつくまで 乱れた紅のまま
群衆の中でオフコースオフコース山上路夫BETTY DEAN馬飼野俊一人波どこへながれる 日ぐれの街 どうして人は生きてる こたえてくれぬ 今日もひとり街の中 あても知らず行く 郊外行きのバスが 急いでゆく だれでも人はそれぞれ 生きているの  今日も生きるこたえを ひとり探すの 今ごろどこの家にも 灯りがつく だれでも人はそれぞれ 生きているの
青春ランナウェイ山本譲二&森昌子山本譲二&森昌子吉岡治小林亜星馬飼野俊一走れ走れ ランナウェイ 走れ走れ ながい道はつづく ファイト! ファイト! 苦しくても ファイト! 力かぎり 燃えることが 美しい ダッシュ! 汗を虹にかえて あーあー キラリと光れ  ふりむくな 昨日の街は にぎり拳で 消したはず ついてゆく あなたのあとを きっとステキな 明日がある  走れ走れ ランナウェイ 走れ走れ ながい道はつづく ファイト! ファイト! 苦しくても ファイト! 力かぎり 燃えることが 美しい ダッシュ! 汗を虹にかえて あーあー キラリと光れ  しあわせは 捜すものだよ 待っていたって 来やしない 思いきり 跳ねてとんだら とおいなにかも 見えるのね  走れ走れ ランナウェイ 走れ走れ いつも夢を追って ファイト! ファイト! 迷いながら ファイト! ゴールめざし 挑むことが すばらしい ダッシュ! 時代(とき)を熱く駆けて あーあー キラリと光れ  走れ走れ ランナウェイ 走れ走れ ながい道はつづく ファイト! ファイト! 苦しくても ファイト! 力かぎり 燃えることが 美しい ダッシュ! 燃えていまがヒーロー あーあー キラリと光れ
上海しのび逢いロス・プリモスロス・プリモス志賀大介平尾昌晃馬飼野俊一紅いくちびる 夜霧に溶けて 溶けて外灘の 華になる うしろ髪引く 想い出たちが 咽び泣いてる 豫園商城 恋ひと夜 夢ひと夜 二人の上海 夜霧のしのび逢い  指輪ひとつも 飾らぬ指に 指に未練の 霧が降る いっそこの侭 オールドジャズに タイムスリップ 南京東路 肩寄せて 頬寄せて 歩いて行こうよ 想い出四馬路まで  時よこのまま 止まっておくれ 霧に抱かれた 黄浦江 恋ひと夜 夢ひと夜 二人の上海 上海しのび逢い
北桟橋上杉香緒里上杉香緒里里村龍一弦哲也馬飼野俊一命を賭けた 恋ならば 別れに愚痴など 言うもんか 汽笛よ叫ぶな 未練じゃないよ 沖の彼方に 船影消えりゃ あなたあばよと 目をつぶる 北の桟橋は 風が涙を 拭く港  男が夢に 生きる時 女はまっ赤な 花になる 淋しさ辛さに 泣いたら負けさ 今はあなたの 後追うよりも 愛を信じて 待っている 北の桟橋は 明日に二人を つなぐ橋  心の痛さ 分かるから 何んにも言わずに 背を向ける 女の情けは 海より深い あなた男に なるためならば 恋はそれまで おあずけさ 北の桟橋は 別れ夕陽が 泣く港 
別れて明日半田浩二半田浩二五輪真弓五輪真弓馬飼野俊一遠ざかる季節をおしむ様に君は恋の終りに泣いてすがった それは切ないだろう僕にはいとし涙  けれど今は何も聞かずにいかせておくれ 振り向けば幸せな日々がふたりにあると想い出すからこのままゆく 未練心[みれんごころ]をもてば明日は昨日になる だから今は涙をふいて笑っておくれ それは切ないだろう僕にはいとし涙  けれど今は情けを捨ててひとり旅にでる 
恋満月真木ことみ真木ことみたきのえいじ岡千秋馬飼野俊一忘れなければ だめですか 追って行くのも 罪ですか 焦がれる想い 断ち切れず 手持ち無沙汰に 紅を引く  抱いて 抱いて 抱いて 私を抱いて 満ちてくるのは 月ばかり 窓辺にささる 海鳴りも やがてあなたの 声になる  たった一言 聞きだせば 胸の迷いも 消えるけど 今では それも 無理なこと 問わず語りを するばかり  寒い 寒い 寒い 心が寒い あなた恋しと 胸が哭く 心をゆする 海鳴りが 女ごころを また乱す  辛い 辛い 辛い 心が辛い あなた背中を 向けないで おもいでばかり 巻きつけて ひとり暦を まためくる 
春風のいたずら山口百恵山口百恵千家和也都倉俊一馬飼野俊一喧嘩して 泣きながら あなたと別れて 帰る道 夕暮れの 街の中 私は迷子に なりそうよ  女の子の 胸の中 なんにも分かって くれないの 知らない誰かが 声かける 恐いわ 恐いわ 恐いわ こんな時こそ あなたに居てほしい  振り向いて 人混みに あなたの姿を 捜す道 つまづいて よろめいて 私は今にも 倒れそう  女の子の 淋しさを 少しも察して くれないの 紙クズ飛ばして 風が吹く 寒いわ 寒いわ 寒いわ こんな時こそ あなたに居てほしい  女の子の 淋しさを 少しも察して くれないの 紙クズ飛ばして 風が吹く 寒いわ 寒いわ 寒いわ こんな時こそ あなたに居てほしい
泣いた数だけ倖せに小林旭小林旭中村泰士中村泰士馬飼野俊一おまえの心の 小さな花びらが ほのかに 女の香りをつけて 疲れた この胸 いやす 紅ひく 仕草が 絵になる こんな夜 おまえは 空行く 雲になれ 俺は名もない 春の風 泣いた数だけ 倖せに なれるじゃないか  妬くのは およしよ やさしいおくれ毛に そっと触れたら 笑っておくれ えくぼが 可愛いい おまえ  心にぬくもりあるから 生きられる おまえは 旅ゆく 船になれ 俺は静かな 海になる 泣いた数だけ 倖せに なれるじゃないか  心にぬくもりあるから 生きられる おまえは 旅ゆく 船になれ 俺は静かな 海になる 泣いた数だけ 倖せに なれるじゃないか
遠い灯り細川たかし細川たかし東海林良徳久広司馬飼野俊一夜汽車にゆられ 深酒してる 何処行くあてない 旅ふたり もうすぐ消えそうな 愛だと知っても 思いきれない 私です  窓の外には 日本海 遠く見つめる あなた見て ああ このまま あなたを 離したくない  風の音にも 心が濡れる おそらく最後の 旅ふたり わがまま許してと 今さら詫びる 馬鹿な私が 哀れです  あれは烏賊釣り 漁火か 瓦の屋根も 染まります ああ このまま あなたを 離したくない  佐渡が見えれば 越後線 乗換えなしで 北へ行く ああ このまま あなたを 離したくない
おんなの春細川たかし細川たかし中山大三郎八木架寿人馬飼野俊一あなた教えて 私の行く道を いまのままで ついて行けば 明日が来ますか  ききたいこと おねがいごと いろいろあるわ  きけないのよ 言えないのよ 何一つ ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた 女の春を信じたい  なにもいらない あなたがいるだけで たとえいつか 別れようと いまがすべてよ  さよならする その時には つめたくすてて  なぐさめなど 言いわけなど 言わないで ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた みじかい春を生きるだけ  ききたいこと おねがいごと いろいろあるわ  もうすぐ来る 別れが来る 気がするの ばかな女と 人は言うけど あなたに賭けた 悲しい夢にすがるだけ
人生航路細川たかし細川たかしなかにし礼中村泰士馬飼野俊一風が舞う 雲が飛ぶ 荒波を 波止場にのがれ 女の胸に 顔を埋めたまま 哀しく甘く ながす男の涙 お前は港 俺は旅ゆく船 心いやして そして旅立つ 人生航路 愛という名の帆を立てて 生きてゆこうじゃないか  嵐との 闘いに 傷ついた 男を抱いて 女が唄う 大人の子守歌 男は眠る しばし痛みを忘れ お前は光 俺は旅ゆく船 夜の波間を 照らしておくれ 人生航路 夢という名の風うけて 生きてゆこうじゃないか  お前は生命 俺の勇気の歌 二人出逢えた 歓びの歌 人生航路 めざす幸せまっしぐら 生きてゆこうじゃないか
うかれ節細川たかし細川たかしなかにし礼杉本真人馬飼野俊一人の心は紙風船 破れやすくて カラッポで 空気入れられ ふくらんでお尻たたかれ右左 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  男と女の関係は あまり深くは考えない 上になったり下になったり 白い蝶々の つがい飛び ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  先のことやら 明日のこと あまり深くは考えない つもるつもりがつもらない夢ははかないぼたん雪 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  せめて今ある幸せは あまり深くは考えない ため息一つでタンポポの 綿毛みたいに飛んでゆく ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  運が良ければ そりゃいいが あまり深くは 考えない つかめそうでもつかめない 水に浮かんだ おぼろ月 ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節  人のいのちは 日めくりの 暦みたいに 減ってゆく 暦ちぎって投げてみりゃ軽いいのちが宙に舞う ふわふわ ふわふわ ふわふわ ふわふわ うかれ節
チョー・ヨンピルチョー・ヨンピル谷村新司谷村新司馬飼野俊一汽車の窓辺に 寄り添う人を 遠くから見つめてる 声もかけないまま 張り裂ける胸 抱きしめ乍ら 死ぬことのかわりにも 人は旅をする 永遠に散ることのない花を 人は愛してくれるでしょうか 優しい雨にうたれて落ちる  儚(はか)なさゆえ 人は愛するのでしょう  惜別(せきべつ)の時 心静かに 振返るその肩に やさしい春の雨 頬を流れる 涙こらえず  想い出のつきるまで 佇(たたず)めばいい 永遠に散ることのない花を 人は愛してくれるでしょうか 優しい雨にうたれて落ちる  儚(はか)なさゆえ 人は愛するのでしょう  花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う 花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る  花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに舞う 花は花よ ひたすら咲く 花は花よ ひたすらに散る
想いで迷子GOLD LYLICチョー・ヨンピルGOLD LYLICチョー・ヨンピル荒木とよひさ三木たかし馬飼野俊一愛に溺れて あなたに疲れ 生きることにも ため息ついて ひとり口紅 ふきとるだけの 生き方だけなら 淋しい こんな夜には 少しお酒で 泪の相手しましょう そしてぬけがらパジャマあなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる  夢のつづきを 誰かに見ても 若くないから あしたが恐い 綺麗ごとなら 愛するだけで 本当は何んにも いらない だから鏡に映るわたしに 想い出ばなし しましょう そして枕を抱いて あなたのかわりに 時はあなたの移り香だけを 今もこの部屋残しているから  こんな夜には 少しお酒で 泪の相手しましょう そしてぬけがらパジャマあなたのかわりに 時はあしたを連れてくるけど 過去のどこかで迷子になってる
夢海峡松村和子松村和子たきのえいじ金子裕則馬飼野俊一みぞれに背中を 叩かれながら 鳴いてもがいて 飛ぶカモメ 一夜で秋も 冬になり 淋しさばかり まき散らす  ここに来て あなた 昔の様に 抱きしめて 寒い 寒い ひとりじゃ寒い 雪もまじりの 夢海峡  涙の向こうに あなたが見える まして木枯らし 吹く夜は ひとりでお酒 つぎ足して 港の汽笛を 聞くばかり  逢いに来て あなた 恋しさばかり こみあげる 辛い 辛い 心が辛い 恋もうたかた 夢海峡  ここに来て あなた 昔の様に 抱きしめて 寒い 寒い ひとりじゃ寒い 雪もまじりの 夢海峡
私の先生榊原郁恵榊原郁恵橋本淳井上忠夫馬飼野俊一先生 私 憶えてますか 手編みのセーター 着てますか ところで先生 17才は 大人でしょうか 子供でしょうか パジャマ姿で ウロウロするな 突然 兄貴に しかられました 螢の光に泣きながら すがってしまった先生は やっぱり 私の初恋ですか  先生 愛は 心でしょうか クラスで うわさの種でした なにか ふたりに 秘密があると 休み時間に 責められました 先生 今でも独身ですか 遊びにいっても かまいませんか ひと恋しくて灼けるような うちあけ話 あるのです こんな私は 大人でしょうか  先生 今でも独身ですか 遊びにいっても かまいませんか ひと恋しくて灼けるような うちあけ話 あるのです 先生 私は大人でしょうか  
冬物語チョー・ヨンピルチョー・ヨンピル荒木とよひさ三木たかし馬飼野俊一枯葉の散る街は 黄昏が似合うけど 恋の終りに人は誰でも 心の冬支度 映画を観てたよな あなたとの物語り ラストシーンのひとコマさえも いまでは映せない 時間よ戻れわたしのこの胸に そしてあなたを過去から連れてこい あの日のままで 優しいままで わたしのそばに  指輪の白い跡 見つめれば悲しくて あれは八月夏の終りに 私を置きざりに 過ぎゆく時だけが あしたを急ぐけど このわたしには冷たい冬が 窓辺に待っている 時間よ戻れ わたしのこの部屋に そして想い出 過去から連れてこい あの日のままで 優しいままで わたしのそばに  あの日のままで 優しいままで わたしのそばに 
心ボロボロチョー・ヨンピルチョー・ヨンピル荒木とよひさ三木たかし馬飼野俊一またひとつ 恋をして またひとつ 涙のおまけ お人好しの癖なんて なおりはしない 女に生まれて よかったけれど 誰かがいなけりゃ 生きてゆけない 憎まない あの人を なたまない しあわせを 憎まない あの人を いまは心 ボロボロだけど  またわたし 身なし子に またわたし 涙の名札 悲しみには慣れっこに なってしまった 夢だけ食べてりゃ 生きれるけれど 淋しさだけなら 明日はいらない  忘れたい あの人を すがらない しあわせを 忘れたい あの人を いまは心 ボロボロだけど  忘れたい あの人を すがらない しあわせを 忘れたい あの人を いまは心 ボロボロだけど
涙のナイトイン東京日野美歌・葵司朗日野美歌・葵司朗魚住勉馬飼野康二馬飼野俊一小雨の夜のネオンの河に咲く ナイトクラブの可愛い 小さな花よ 甘いささやき 嘘だとわかっても 好きなタイプに おんなは弱いのよ お名まえは お名まえは お名刺を お名刺を 教えてね 聞かせてね 電話するから だめよ だめよ そこまでは いやよ いやよ 浮気なら 真実の恋がしたいの  男と 男と 女の 女の 涙のナイトイン東京  昔のことなど 忘れさせてくれる 私好みの背広の似合う男 はじめて逢っても なんだか愛しくて 別れた女によく似た 見つめる瞳 今夜だけ 今夜だけ 酔わせてね 酔わせてね 連れてって 許してね 邪魔しないから だめよ だめよ そこまでは 私 私 だめになる 真実の愛がほしいの  男と 男と 女の 女の 涙のナイトイン東京  だめよ だめよ そこまでは だけど だけど 好きなのよ あなたに抱いてほしいの  男と 男と 女の 女の 涙のナイトイン東京
夜の指輪高田和明高田和明荒川利夫水島正和馬飼野俊一俺のものだと 私に云って 耳にやさしく ささやいて なんにも見えない あなたしか 閉じるこの目が ぬれるほど 好きよこんなに 好きよこんなに ああ夢の中まで…。  胸にあまえる おんなの涙 きっと朝まで 乾かない 俺と暮らして いいのかと もしも云われりゃ頷くわ 好きよ明日も 好きよ明日も ああここで逢いたい…。  夜の指輪を 右から左 移し変えたい この人に 揺れて揺られて フロアーで 身体あずけて 踊りたい 好きよこんなに 好きよこんなに ああ夢の中まで…。
天国のかけら北原ミレイ北原ミレイ荒木とよひさ加藤登紀子馬飼野俊一愛が死んでしまったわ もう息もしていない 優しすぎたあの日だけを このベットに残して 窓に夜明け差しこめば またいつもの暮しね 髪をとかし服を選ぶ それだけの毎日 ぬけがらの心に もう一度 あなたの青空を 翔びたつ 鳩のように わたしを 泳がせて 時は何にも知らないで ただ過ぎてゆくけれど 胸に刺る愛のかけら 消せはしない  愛が死んでしまったわ もう天国へ行ったの 面影さえ映らないわ この鏡の中には 少しお酒飲ませてよ この煙草も吸わせて いまは叱る人はいない それだけの真夜中 やせてゆく昨日に もう一度 あなたの ぬくもりを 波打つ 夢の中で わたしを 眠らせて 人は何にも知らないで ただもらい泣きしても 胸に残る愛の傷み わからないわ  愛が死んでしまったわ もう息もしていない 優しすぎたあの日だけを このベットに残して
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 銀色 暗号
  2. Subtitle
  3. Boom Boom Back
  4. Farewell
  5. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照