×

小林幸子の歌詞一覧リスト  85曲中 1-85曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
85曲中 1-85曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青空の破片私はかけている 心にひびがある  生まれおちた道で 破片(かけら)を探す  時に孤独を知り 時に悲しみに暮れ  欲望の果てに 逆らえぬ波の中  かけた心を何で埋めるの? 奪い合う街 帰る所はあなたにあるの? 灯る温もり 羨む事や妬む事から 何が生まれる? 誰かが決めた正義と悪は必要ないわ  あなたを愛してる あなたを愛してる  私はあなたの 最後の破片(かけら)  あなたが微笑むなら それが生きる証 暗い雲の上は 何処までも青空  あなたを愛してる あなたを愛してる  あなたが生まれた 心からありがとう小林幸子松岡充Marguerite Monnot私はかけている 心にひびがある  生まれおちた道で 破片(かけら)を探す  時に孤独を知り 時に悲しみに暮れ  欲望の果てに 逆らえぬ波の中  かけた心を何で埋めるの? 奪い合う街 帰る所はあなたにあるの? 灯る温もり 羨む事や妬む事から 何が生まれる? 誰かが決めた正義と悪は必要ないわ  あなたを愛してる あなたを愛してる  私はあなたの 最後の破片(かけら)  あなたが微笑むなら それが生きる証 暗い雲の上は 何処までも青空  あなたを愛してる あなたを愛してる  あなたが生まれた 心からありがとう
雨の屋台酒知らぬ同士が 肩よせて 心の木枯らし 聴いている 酔っていますよ 酔っていますよ あ~あんた 吐息まじりの ぐい飲みで 手酌がせつない 雨の駅裏 屋台酒  浮気虫なら 飛んでゆけ 迷子になっても 知らないぞ 口とうらはら 口とうらはら あ~あんた 惚れてつくした 人だもの あんたに逢いたい 雨の駅裏 屋台酒  待てば日和(ひより)も くるという おでんに人情も しみている 泣いちゃいないわ 泣いちゃいないわ あ~あんた 少しからしが きいただけ 灯りが濡れてる 雨の駅裏 屋台酒小林幸子吉岡治弦哲也知らぬ同士が 肩よせて 心の木枯らし 聴いている 酔っていますよ 酔っていますよ あ~あんた 吐息まじりの ぐい飲みで 手酌がせつない 雨の駅裏 屋台酒  浮気虫なら 飛んでゆけ 迷子になっても 知らないぞ 口とうらはら 口とうらはら あ~あんた 惚れてつくした 人だもの あんたに逢いたい 雨の駅裏 屋台酒  待てば日和(ひより)も くるという おでんに人情も しみている 泣いちゃいないわ 泣いちゃいないわ あ~あんた 少しからしが きいただけ 灯りが濡れてる 雨の駅裏 屋台酒
嵐嵐嵐がきてもほーやれほー×4  なにひとつ願い叶わぬさだめでも 願わずにいられない それが人の強さ  生まれ泣いて甘え笑って 老いて空へ帰る だから月よ 照らして欲しい 私たちの人生を  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ほーやれほー  名まえも知らない星が落ちる夜は 限りある人の命 抱きしめたくなる  いつかどこか生まれ変わって また会う日が来ると きらりきらり 星が語るよ それは希望の涙  嵐嵐嵐が去れば ひかり求めて進め 明日も心のままに  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ああ嵐に ほーやれほー すべてこわされて ほーやれほー ああ何度でも ほーやれほー やり直すだろう ほーやれほー小林幸子畑亜貴鈴木キサブローほーやれほー×4  なにひとつ願い叶わぬさだめでも 願わずにいられない それが人の強さ  生まれ泣いて甘え笑って 老いて空へ帰る だから月よ 照らして欲しい 私たちの人生を  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ほーやれほー  名まえも知らない星が落ちる夜は 限りある人の命 抱きしめたくなる  いつかどこか生まれ変わって また会う日が来ると きらりきらり 星が語るよ それは希望の涙  嵐嵐嵐が去れば ひかり求めて進め 明日も心のままに  嵐嵐嵐がきても いまは泣きながら進め 目指せ心のままに  ああ嵐に ほーやれほー すべてこわされて ほーやれほー ああ何度でも ほーやれほー やり直すだろう ほーやれほー
あれから一年たちました秋に別れの木枯し吹いて 燃えた紅色消してゆく あなた淋しくないですか 人のぬくもり恋しい季節 別れたあの日も寒い朝 あれから一年たちました  街にチラチラ粉雪舞って 人はコートの衿立てる あなた淋しくないですか いつも心に吹いてる風が あなたのせいだと知りました あれから一年たった今  白い吐息が行き交う中で 何故か人目を避けてます あなた淋しくないですか 二度と会えぬとわかっていても あなたの笑顔が浮かびます あれから一年たちました小林幸子いではく三条ひろし秋に別れの木枯し吹いて 燃えた紅色消してゆく あなた淋しくないですか 人のぬくもり恋しい季節 別れたあの日も寒い朝 あれから一年たちました  街にチラチラ粉雪舞って 人はコートの衿立てる あなた淋しくないですか いつも心に吹いてる風が あなたのせいだと知りました あれから一年たった今  白い吐息が行き交う中で 何故か人目を避けてます あなた淋しくないですか 二度と会えぬとわかっていても あなたの笑顔が浮かびます あれから一年たちました
いそしぎ泣かせて 少しだけ あとはお酒にまかせます かなしみ笑いに わたしなれてる 都会のいそしぎ ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 愛だとすぐ信じ ああ 馬鹿ですネ 別れりゃ ピーピーすぐ泣いて それでも 空を飛びたがる 哀しい いそしぎ  忘れて いい加減 二度や三度の恋じゃなし ひとりが似合いの ガラス細工の 都会のいそしぎ ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 女がさむざむと ああ 馬鹿ですネ 生きてることさえ 忘れそう あなたの空を 恋しがる 愛しい いそしぎ  ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 愛だとすぐ信じ ああ 馬鹿ですネ 別れりゃ ピーピーすぐ泣いて それでも 空を飛びたがる 哀しい いそしぎ小林幸子吉岡治弦哲也泣かせて 少しだけ あとはお酒にまかせます かなしみ笑いに わたしなれてる 都会のいそしぎ ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 愛だとすぐ信じ ああ 馬鹿ですネ 別れりゃ ピーピーすぐ泣いて それでも 空を飛びたがる 哀しい いそしぎ  忘れて いい加減 二度や三度の恋じゃなし ひとりが似合いの ガラス細工の 都会のいそしぎ ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 女がさむざむと ああ 馬鹿ですネ 生きてることさえ 忘れそう あなたの空を 恋しがる 愛しい いそしぎ  ああ 馬鹿ですネ 抱かれりゃ 愛だとすぐ信じ ああ 馬鹿ですネ 別れりゃ ピーピーすぐ泣いて それでも 空を飛びたがる 哀しい いそしぎ
イチマディン~永遠に…遙か続いている 地平線の果てに いつか見た天使の ゆりかごを探しに 月の光よ 照らしておくれ 悲しみの無い 夢の国まで 人は愛を信じ 故郷(ふるさと)を離れて 人は夢を無くし 故郷に帰る  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  君は自由という 羽をつけはばたき 思い出の宝石 ひとつずつ捨ててく 時の運命(さだめ)に 虹は消えても まぶた閉じれば 泡沫(うたかた)の夢 人は愛を信じ 母の胸を離れ 人は夢を無くし 母の胸に帰る  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティクワ ムデゥ ティ クゥ ワー  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティクワ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー小林幸子小林幸子小林幸子遙か続いている 地平線の果てに いつか見た天使の ゆりかごを探しに 月の光よ 照らしておくれ 悲しみの無い 夢の国まで 人は愛を信じ 故郷(ふるさと)を離れて 人は夢を無くし 故郷に帰る  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  君は自由という 羽をつけはばたき 思い出の宝石 ひとつずつ捨ててく 時の運命(さだめ)に 虹は消えても まぶた閉じれば 泡沫(うたかた)の夢 人は愛を信じ 母の胸を離れ 人は夢を無くし 母の胸に帰る  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティクワ ムデゥ ティ クゥ ワー  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティクワ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー
イチマディン2019~永遠に…遙か続いている 地平線の果てに いつか見た天使の ゆりかごを探しに 月の光よ 照らしておくれ 悲しみの無い 夢の国まで  人は愛を信じ 故郷(ふるさと)を離れて 人は夢を無くし 故郷(ふるさと)に帰る  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  君は自由という 羽をつけはばたき 思い出の宝石 ひとつずつ捨ててく 時の運命(さだめ)に 虹は消えても まぶた閉じれば 泡沫(うたかた)の夢  人は愛を信じ 母の胸を離れ 人は夢を無くし 母の胸に帰る  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティ クゥ ワー ムデゥ ティ クゥ ワー  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティ クゥ ワー ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  「故郷(ふるさと)へ戻っておいで…母の元へ戻っておいで…」小林幸子小林幸子小林幸子遙か続いている 地平線の果てに いつか見た天使の ゆりかごを探しに 月の光よ 照らしておくれ 悲しみの無い 夢の国まで  人は愛を信じ 故郷(ふるさと)を離れて 人は夢を無くし 故郷(ふるさと)に帰る  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  君は自由という 羽をつけはばたき 思い出の宝石 ひとつずつ捨ててく 時の運命(さだめ)に 虹は消えても まぶた閉じれば 泡沫(うたかた)の夢  人は愛を信じ 母の胸を離れ 人は夢を無くし 母の胸に帰る  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティ クゥ ワー ムデゥ ティ クゥ ワー  アンマー ティ アンマー ティ アンマー ティ クゥ ワー ムデゥ ティ クゥ ワー  ワァ ニン クァー ワァ ニン クァー ワァ ニン クァイ ムデゥ ティ クゥ ワー  「故郷(ふるさと)へ戻っておいで…母の元へ戻っておいで…」
一夜かぎり一夜と千夜を くらべてみて どちらを選ぶと たずねながら 桜の花が 散るのを見つめ こんどは 蛍のとき その日が過ぎて 紅葉の季節 やがては 雪の舞い 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり  すっかり馴染んだ 腕のまくら いい夢みたいと 願いながら 夜ふけの月が 雲るを眺め 夜風に ためいきつく もう朝なんだ あと一時間 あなたは 寝息だけ 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり  思えばはるかな 時の彼方 紡いだ愛さえ かぞえきれず 何度か髪の 形を変えて だんだん 短くなる そういうこころ あなたの胸に 少しは 響くでしょう 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり小林幸子阿久悠鄭豊松一夜と千夜を くらべてみて どちらを選ぶと たずねながら 桜の花が 散るのを見つめ こんどは 蛍のとき その日が過ぎて 紅葉の季節 やがては 雪の舞い 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり  すっかり馴染んだ 腕のまくら いい夢みたいと 願いながら 夜ふけの月が 雲るを眺め 夜風に ためいきつく もう朝なんだ あと一時間 あなたは 寝息だけ 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり  思えばはるかな 時の彼方 紡いだ愛さえ かぞえきれず 何度か髪の 形を変えて だんだん 短くなる そういうこころ あなたの胸に 少しは 響くでしょう 愛して つづいて 逢っていても そのとき そのとき 一夜かぎり
命しらずの渡り鳥斬った張ったに 命を賭ける やくざ渡世の 仁義だて 同じ死ぬなら 生きるなら 義理に賭けたい 男意気 馬鹿を… 馬鹿を承知で 見えを切る  生まれ故郷を やんちゃの末に 捨てた一羽の はぐれ鳥 西へ夕陽が 沈むたび うるむ瞼に 母の顔 涙… 涙みちづれ 旅がらす  情け無用が 大手を振って 肩で風切る 裏街道 今日も降る降る 脇差の雨 夢は千里の 旅の果て ここが… ここが勝負の 三度笠  小林幸子津城ひかる津城ひかる斬った張ったに 命を賭ける やくざ渡世の 仁義だて 同じ死ぬなら 生きるなら 義理に賭けたい 男意気 馬鹿を… 馬鹿を承知で 見えを切る  生まれ故郷を やんちゃの末に 捨てた一羽の はぐれ鳥 西へ夕陽が 沈むたび うるむ瞼に 母の顔 涙… 涙みちづれ 旅がらす  情け無用が 大手を振って 肩で風切る 裏街道 今日も降る降る 脇差の雨 夢は千里の 旅の果て ここが… ここが勝負の 三度笠  
天命燃ゆ風よ 生命が 欲しいと泣いた 北の空 生まれた日から 戦う男(ひと)を 守れるならば捧げます  水にはらはら 桜はらはら あなたへ流れたい 千曲川 胸にしんしん 女しんしん 抱いて散らされたい 仰げば天空(そら)に 真綿の雲が 駆け渡る 越後は春  瞳 閉じれば 霧の向こうに 信濃路が 男の夢を 知らずにいたら ただすがりつき泣きますか  酔いにほろほろ 涙ほろほろ 狂って乱れたい 春日山 情がひらひら 女ひらひら あなた行くのですか 大地に眠る 華があなたの 胸に咲く その日を待つ  添えぬ運命(さだめ)が 修羅の道なら 心を祈ります 毘沙門天(びしゃもんてん) 肌にじんじん 愛がじんじん あなた感じますか 仰げば天空(てん)に真綿の雲が 駆け渡る 越後は春小林幸子黒石ひとみ黒石ひとみ風よ 生命が 欲しいと泣いた 北の空 生まれた日から 戦う男(ひと)を 守れるならば捧げます  水にはらはら 桜はらはら あなたへ流れたい 千曲川 胸にしんしん 女しんしん 抱いて散らされたい 仰げば天空(そら)に 真綿の雲が 駆け渡る 越後は春  瞳 閉じれば 霧の向こうに 信濃路が 男の夢を 知らずにいたら ただすがりつき泣きますか  酔いにほろほろ 涙ほろほろ 狂って乱れたい 春日山 情がひらひら 女ひらひら あなた行くのですか 大地に眠る 華があなたの 胸に咲く その日を待つ  添えぬ運命(さだめ)が 修羅の道なら 心を祈ります 毘沙門天(びしゃもんてん) 肌にじんじん 愛がじんじん あなた感じますか 仰げば天空(てん)に真綿の雲が 駆け渡る 越後は春
茨の木耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  季節の変わり目の雨が降る 坂道(さか)の上は霧で見えない 母の夢を見た ただ笑ってた 坂道(さかみち)もいつか終わるよ  名も無い花などないように 喩え誰にも気づかれなくても 必ず花は咲く それでいいじゃない いつか花は咲く それでいい  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  季節を疑(うたぐ)る私がいるから 明日を疑(うたぐ)る時がある 母の夢を見た ただ笑ってた 季節もいつか変わるよ  頑張り過ぎない諦めない 夢だけは決して捨てない いつか明日は来る それで良いでしょう いつか明日は来る それでいい  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね小林幸子さだまさしさだまさし耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  季節の変わり目の雨が降る 坂道(さか)の上は霧で見えない 母の夢を見た ただ笑ってた 坂道(さかみち)もいつか終わるよ  名も無い花などないように 喩え誰にも気づかれなくても 必ず花は咲く それでいいじゃない いつか花は咲く それでいい  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  季節を疑(うたぐ)る私がいるから 明日を疑(うたぐ)る時がある 母の夢を見た ただ笑ってた 季節もいつか変わるよ  頑張り過ぎない諦めない 夢だけは決して捨てない いつか明日は来る それで良いでしょう いつか明日は来る それでいい  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね  耐えて 耐えて 耐えて 生きて 生きて 生きて それでも笑えたら良いね
色々あるけど会いたいよすれ違った香りのなかに 懐かしいひとがいた 時間が巻き戻されて でも声がでなかった  気づかずに通りすぎるのは 素顔の私のせい? 冷たいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは別れるなんて 教えてもきっと信じない  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  忘れはしないよ離れても 懐かしいひとの顔 時間は悲しいうそを やさしく眠らせて  色々あったと笑えるさ 強くなったよ私 飲みたいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは楽しかったね 戻りたいわけじゃないけど  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいね小林幸子畑亜貴鈴木キサブローすれ違った香りのなかに 懐かしいひとがいた 時間が巻き戻されて でも声がでなかった  気づかずに通りすぎるのは 素顔の私のせい? 冷たいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは別れるなんて 教えてもきっと信じない  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  忘れはしないよ離れても 懐かしいひとの顔 時間は悲しいうそを やさしく眠らせて  色々あったと笑えるさ 強くなったよ私 飲みたいねってつぶやく ああそんなもんだね  あのころは楽しかったね 戻りたいわけじゃないけど  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいよ  会いたいよ 会いたいよ もう一度ふたりで会いたいね
うしろかげあんなに憎い 人なのに 酔えば未練が またつのり 思い出すのは しみじみと なぜか 楽しい ことばかり あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 涙に浮かぶ うしろかげ  きまぐれだから ばかだから 忘れかけてた 人なのに 木戸が カラカラ あくたびに ハッと振り向く 暖簾ごし あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 思いはつのる うしろかげ  お酒に抱かれ 眠るより そっとあなたに 頬寄せて 胸の鼓動を ききながら せめてもいちど 甘えたい あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 心ににじむ うしろかげ小林幸子麻生香太郎たきのえいじあんなに憎い 人なのに 酔えば未練が またつのり 思い出すのは しみじみと なぜか 楽しい ことばかり あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 涙に浮かぶ うしろかげ  きまぐれだから ばかだから 忘れかけてた 人なのに 木戸が カラカラ あくたびに ハッと振り向く 暖簾ごし あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 思いはつのる うしろかげ  お酒に抱かれ 眠るより そっとあなたに 頬寄せて 胸の鼓動を ききながら せめてもいちど 甘えたい あなた今夜も 飲んでるの 体無理してないですか 心ににじむ うしろかげ
ウソツキ鴎嘘つき鴎に きょうもまた お船が来たよと だまされた お船は来たけど よその船 しょんぼり波止場に 背をむけて 私はホロリと…ホロリと 泣いちゃった  嘘つき鴎と よく似てる 小粋なジャケツの マドロスさん 花束かゝえて 手をふって 急いで帰ると それっきり 手紙もくれずに…くれずに もう三月  嘘つき鴎は 旅の鳥 まあるい地球を ひと廻り どこかであの人 見かけたら 私が毎日 泣いてると ほんとの話を…話を しておくれ小林幸子西沢爽古賀政男嘘つき鴎に きょうもまた お船が来たよと だまされた お船は来たけど よその船 しょんぼり波止場に 背をむけて 私はホロリと…ホロリと 泣いちゃった  嘘つき鴎と よく似てる 小粋なジャケツの マドロスさん 花束かゝえて 手をふって 急いで帰ると それっきり 手紙もくれずに…くれずに もう三月  嘘つき鴎は 旅の鳥 まあるい地球を ひと廻り どこかであの人 見かけたら 私が毎日 泣いてると ほんとの話を…話を しておくれ
越後情話数え七歳(ななつ)で 唄って泣いた 親にはぐれた 角兵獅子 酔えば泪の 泪の酒か 旅の夜風に 汽車の音が 越後 筒石 親不知  女ひとりの 浮草ぐらし 夢は都の 花舞台 恋も知らずの 知らずの千鳥 白い化粧の 悲しさよ 越後 深雪 柏崎  桴(ばち)を右手に 太棹(ふとざお)抱けば 芸が助ける 身の辛さ 春はいつ来る いつ来る春は 木綿絣に 雪が舞う 越後 荒海 佐渡ヶ島小林幸子荒木とよひさ弦哲也数え七歳(ななつ)で 唄って泣いた 親にはぐれた 角兵獅子 酔えば泪の 泪の酒か 旅の夜風に 汽車の音が 越後 筒石 親不知  女ひとりの 浮草ぐらし 夢は都の 花舞台 恋も知らずの 知らずの千鳥 白い化粧の 悲しさよ 越後 深雪 柏崎  桴(ばち)を右手に 太棹(ふとざお)抱けば 芸が助ける 身の辛さ 春はいつ来る いつ来る春は 木綿絣に 雪が舞う 越後 荒海 佐渡ヶ島
越後絶唱冬の越後は 涙も凍る まして子を持つ 女には あなたがいない 淋しさつらさ 泣いてるばかりじゃ 暮らせない がんばって がんばって つよく生きるのよ 吹雪く北風に 耐えて咲く 母子草(おやこぐさ)  わが身けずって 育ててくれた 母の苦労が わかります お腹をすかせ お乳をねだる 紅葉(もみじ)の手をした この命 泣かないで 泣かないで つよく生きるのよ 夢を胸に抱く 愛の花 母子草(おやこぐさ)  雪の重さに 身をしならせて 竹と女は 冬を越す 越後の里に 花咲く頃は この子も元気に 歩きだす がんばって がんばって つよく生きるのよ 春はきっと来る きっと来る 母子草(おやこぐさ)小林幸子たかたかし遠藤実冬の越後は 涙も凍る まして子を持つ 女には あなたがいない 淋しさつらさ 泣いてるばかりじゃ 暮らせない がんばって がんばって つよく生きるのよ 吹雪く北風に 耐えて咲く 母子草(おやこぐさ)  わが身けずって 育ててくれた 母の苦労が わかります お腹をすかせ お乳をねだる 紅葉(もみじ)の手をした この命 泣かないで 泣かないで つよく生きるのよ 夢を胸に抱く 愛の花 母子草(おやこぐさ)  雪の重さに 身をしならせて 竹と女は 冬を越す 越後の里に 花咲く頃は この子も元気に 歩きだす がんばって がんばって つよく生きるのよ 春はきっと来る きっと来る 母子草(おやこぐさ)
越後に眠る人にうしろ指を さされ追いつめられて 逃げるように 舞い込んだのが 雪の町 そしてあなたとめぐり逢い やがてあなたに愛されながら 悲しみがひとつずつ 雪の中に消えてゆく やすらぎに つつまれて 越後に眠る  人の物語は つらいことがつづくけど 終わりよけりゃ 生きてきたのも 無駄じゃない いつかあなたの優しさに ご恩返しをしたいと思う あなたから離れない 母のように愛したい 命なる ふるさとよ 越後に眠る  悲しみがひとつずつ 雪の中に消えてゆく やすらぎに つつまれて 越後に眠る 命なる ふるさとよ 越後に眠る小林幸子なかにし礼都志見隆人にうしろ指を さされ追いつめられて 逃げるように 舞い込んだのが 雪の町 そしてあなたとめぐり逢い やがてあなたに愛されながら 悲しみがひとつずつ 雪の中に消えてゆく やすらぎに つつまれて 越後に眠る  人の物語は つらいことがつづくけど 終わりよけりゃ 生きてきたのも 無駄じゃない いつかあなたの優しさに ご恩返しをしたいと思う あなたから離れない 母のように愛したい 命なる ふるさとよ 越後に眠る  悲しみがひとつずつ 雪の中に消えてゆく やすらぎに つつまれて 越後に眠る 命なる ふるさとよ 越後に眠る
大江戸喧嘩花月はおぼろに 川風夜風 浮かれ柳が 袖を引く お神酒一杯 ひっかけて そぞろ歩きの 河岸(かし)の道 おっと野暮だね お兄さん… 肩が触れたの 難癖(いちゃもん)かい やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 売られた喧嘩は 買ってやる  花は七分で 残りの三分 粋に咲かせて 粋に散る 線香花火の 強がりで 火傷したって 知らないよ おっとどうした お兄さん… 腰をひかずに 前へ出な やれるものなら やってみな サ サ サ サ… こうなりゃ後へは ひかないよ  女だてらに 度胸と意地で 染めて仕上げた 鉄火肌 江戸は由縁(ゆかり)の 助六の 伊達が命の こむらさき おっと強気な お兄さん… さわぐばかりじゃ 三社さま やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 区別(けじめ)はきっちり つけてやる小林幸子松井由利夫遠藤実月はおぼろに 川風夜風 浮かれ柳が 袖を引く お神酒一杯 ひっかけて そぞろ歩きの 河岸(かし)の道 おっと野暮だね お兄さん… 肩が触れたの 難癖(いちゃもん)かい やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 売られた喧嘩は 買ってやる  花は七分で 残りの三分 粋に咲かせて 粋に散る 線香花火の 強がりで 火傷したって 知らないよ おっとどうした お兄さん… 腰をひかずに 前へ出な やれるものなら やってみな サ サ サ サ… こうなりゃ後へは ひかないよ  女だてらに 度胸と意地で 染めて仕上げた 鉄火肌 江戸は由縁(ゆかり)の 助六の 伊達が命の こむらさき おっと強気な お兄さん… さわぐばかりじゃ 三社さま やれるものなら やってみな サ サ サ サ… 区別(けじめ)はきっちり つけてやる
おかあさんへこのごろとても お母さんのことを 懐かしく思い出す 町中で誰かが お母さんを呼んでる 羨ましいなと思う お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  町で子供が 道に迷っている お母さんどうか気づいて 早く助けてあげて お母さんにだけしか 救い出せない心 お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  あの時もっと 甘えたら良かった 叱られたことが愛しい 強く抱きしめたら 壊れそうだったあなたを もっと抱きしめればよかった お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  このごろとても お母さんのことを 懐かしく思い出す どこかで誰かが お母さんを呼んでる 羨ましいなと思う お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ小林幸子さだまさしさだまさしこのごろとても お母さんのことを 懐かしく思い出す 町中で誰かが お母さんを呼んでる 羨ましいなと思う お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  町で子供が 道に迷っている お母さんどうか気づいて 早く助けてあげて お母さんにだけしか 救い出せない心 お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  あの時もっと 甘えたら良かった 叱られたことが愛しい 強く抱きしめたら 壊れそうだったあなたを もっと抱きしめればよかった お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ  このごろとても お母さんのことを 懐かしく思い出す どこかで誰かが お母さんを呼んでる 羨ましいなと思う お母さん お母さん お母さん お母さん お母さん いつまでも大好きだよ
男と女のタンゴあなた 覚えて いますか 初めて 逢った あの日のことを  よーく 覚えているよ 君は まっ赤なコート着て 黒い ブーツを 履いていた  いいえ あの日は 夏よ 白い ブラウスを 着てたわ 何を 勘違い してるの おかしいわ  いや あの その…  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  それじゃ 機嫌を直して ちょっと一杯 行きますか  そうね 許して あげる あなたの 好きな 赤ワイン 久しぶりに 飲みたいわ  ちょっと 待ってよ 赤ワインだと? 俺の好みは 白ワインだぜ 何を 何を 勘違い しているの おかしいぜ  えー いや あの その アラ…  いいよ 俺のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  いつまでも そばに居て 男と女の タンゴ小林幸子さわだすずこたかしまあきひこあなた 覚えて いますか 初めて 逢った あの日のことを  よーく 覚えているよ 君は まっ赤なコート着て 黒い ブーツを 履いていた  いいえ あの日は 夏よ 白い ブラウスを 着てたわ 何を 勘違い してるの おかしいわ  いや あの その…  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  それじゃ 機嫌を直して ちょっと一杯 行きますか  そうね 許して あげる あなたの 好きな 赤ワイン 久しぶりに 飲みたいわ  ちょっと 待ってよ 赤ワインだと? 俺の好みは 白ワインだぜ 何を 何を 勘違い しているの おかしいぜ  えー いや あの その アラ…  いいよ 俺のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  いつまでも そばに居て 男と女の タンゴ
おもいで酒GOLD LYLIC無理して飲んじゃ いけないと 肩をやさしく 抱きよせた あの人 どうしているかしら 噂をきけば あいたくて おもいで酒に 酔うばかり  ボトルに別れた 日を書いて そっと涙の 小指かむ あの人 どうしているかしら 出船の汽笛 ききながら おもいで酒に 酔うばかり  いつかは忘れる 人なのに 飲めば未練が またつのる あの人 どうしているかしら くらしも荒れた このごろは おもいで酒に 酔うばかりGOLD LYLIC小林幸子高田直和梅谷忠洋無理して飲んじゃ いけないと 肩をやさしく 抱きよせた あの人 どうしているかしら 噂をきけば あいたくて おもいで酒に 酔うばかり  ボトルに別れた 日を書いて そっと涙の 小指かむ あの人 どうしているかしら 出船の汽笛 ききながら おもいで酒に 酔うばかり  いつかは忘れる 人なのに 飲めば未練が またつのる あの人 どうしているかしら くらしも荒れた このごろは おもいで酒に 酔うばかり
女の円舞曲好かれた男は ひとりだけ 好いた女が 切なくふたり 三つに割れない 幸せを 無理と知りつつ 望んだの ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 夢と嘘とを お酒に浮かべ ひとりで歌う なみだ歌 ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  昨日のあなたは 本気でも 今日のあなたは よその人 明日さめると 知りながら 夢の続きを 見ていたい ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 花で占う はかない恋を 涙で歌う わかれ歌 ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 届かぬ想い 抱きしめながら ひとりで踊る 恋歌を ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲小林幸子六本木まこと山崎稔好かれた男は ひとりだけ 好いた女が 切なくふたり 三つに割れない 幸せを 無理と知りつつ 望んだの ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 夢と嘘とを お酒に浮かべ ひとりで歌う なみだ歌 ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  昨日のあなたは 本気でも 今日のあなたは よその人 明日さめると 知りながら 夢の続きを 見ていたい ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 花で占う はかない恋を 涙で歌う わかれ歌 ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  ああ 悲しい三拍子 あなたと私と もうひとり 届かぬ想い 抱きしめながら ひとりで踊る 恋歌を ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲  ああ 悲しい三拍子 女の円舞曲
おんなの酒場肩に小雨が 沁みる夜は 暦も昔に 舞い戻る 思い切れない あの人を 逢わせておくれよ ねぇお酒 肌が淋しい おんなの酒場  ついて行きたい 行かれない 未練と今夜も さし向かい 辛い心が 判るなら 酔わせておくれよ ねぇお酒 忘れられない おんなの酒場  情けあるなら そばにきて 叱ってください 弱虫と 夜がくる度 恋しいと 伝えておくれよ ねぇお酒 ひとりつぎ足す おんなの酒場小林幸子たきのえいじ徳久広司肩に小雨が 沁みる夜は 暦も昔に 舞い戻る 思い切れない あの人を 逢わせておくれよ ねぇお酒 肌が淋しい おんなの酒場  ついて行きたい 行かれない 未練と今夜も さし向かい 辛い心が 判るなら 酔わせておくれよ ねぇお酒 忘れられない おんなの酒場  情けあるなら そばにきて 叱ってください 弱虫と 夜がくる度 恋しいと 伝えておくれよ ねぇお酒 ひとりつぎ足す おんなの酒場
母ちゃんのひとり言冬の山形 雪深い 日田(にった)  悪い事を するんじゃないよ きっと誰かが 見てるんだよ 天井も 壁も 柱もな 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  水あめのつぼに 指を入れて なめたら指が なくなるぞ いたずら笑顔の 母ちゃんに逢いたい  冬の山形 クリスマスの夜  こんな田舎に サンタは来ねぇな ほんとに来ると 思うなら 靴下つっとけ でっかいの 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  朝の日差しに 太った靴下 値札の付いた 駄菓子がいっぱい 綿入れ半纏(ばんてん) 母ちゃんに逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て 悔やむこと 思い出す ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て そっと写真 なでてみる ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい小林幸子さわだすずこ小六禮次郎冬の山形 雪深い 日田(にった)  悪い事を するんじゃないよ きっと誰かが 見てるんだよ 天井も 壁も 柱もな 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  水あめのつぼに 指を入れて なめたら指が なくなるぞ いたずら笑顔の 母ちゃんに逢いたい  冬の山形 クリスマスの夜  こんな田舎に サンタは来ねぇな ほんとに来ると 思うなら 靴下つっとけ でっかいの 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  朝の日差しに 太った靴下 値札の付いた 駄菓子がいっぱい 綿入れ半纏(ばんてん) 母ちゃんに逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て 悔やむこと 思い出す ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て そっと写真 なでてみる ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい
買物ブギー今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろに ブリにサバ 魚は取立とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン 鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に 白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど小林幸子村雨まさを服部良一今日は朝から私のお家は てんやわんやの大さわぎ 盆と正月一緒に来たよな てんてこ舞の忙しさ 何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず 何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら それがゴッチャになりまして わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ たまの日曜サンデーと言うのに 何が因果と言うものか こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず あるもの無いもの手当たり次第に ひとの気持も知らないで わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ  何はともあれ買物はじめに 魚屋さんへととびこんだ 鯛に平目にかつおにまぐろに ブリにサバ 魚は取立とび切り上等 買いなはれ オッサン買うのと違います 刺身にしたなら おいしかろうと思うだけ わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ とり貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ ワサビをきかせて お寿司にしたなら なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ  お客さんあんたは一体 何買いまんねん そうそうわたしの買物は 魚は魚でもオッサン 鮭の缶詰おまへんか わてほんまによう言わんわアホカイナ  丁度隣は八百屋さん 人参 大根にごぼうに蓮根 ポパイのお好きなほうれん草 トマトにキャベツに白菜に胡瓜に 白瓜ぼけなす 南瓜に東京ネギネギブギウギ ボタンとリボンとポンカンと マッチにサイダーにタバコに仁丹 ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ アアヤヤコシ  チョットオッサン今日は チョットオッサンこれなんぼ オッサンいますかこれなんぼ オッサンオッサンこれなんぼ オッサンなんぼでなんぼがオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン オッサンオッサン わしゃ 聞こえまへん わてほんまによう言わんわ わてほんまによう言わんわ ああしんど
影を慕いてまぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つつめば燃ゆる 胸の火に 身は焦がれつつ しのび泣く  わびしさよ せめて傷心(いたみ)の なぐさめに ギターをとりて 爪びけば どこまで時雨(しぐれ) ゆく秋ぞ トレモロ淋し 身は悲し  君故に 永き人生(ひとよ)を 霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ 我がさだめ 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚なき影よ 我が恋よ小林幸子古賀政男古賀政男まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つつめば燃ゆる 胸の火に 身は焦がれつつ しのび泣く  わびしさよ せめて傷心(いたみ)の なぐさめに ギターをとりて 爪びけば どこまで時雨(しぐれ) ゆく秋ぞ トレモロ淋し 身は悲し  君故に 永き人生(ひとよ)を 霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ 我がさだめ 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚なき影よ 我が恋よ
風といっしょに歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に たずねられて たちどまる  ひとつめの たいこ トクンとなって たったひとつの いのち はじまった  やがて なにかを もとめて ちいさな てのひらを ひろげ きみは すぐに みつけたね きみじゃない だれかを  誕生日祝う ローソクふえたけど たったひとつの ふるさと たびだった  いまも なにかを もとめて 大きな ひとみ かがやいて きみの ポケットの なかには きみじゃない だれかとの‥‥  いくつもの であい いくつもの わかれ まぼろしのような 思い出も すこし  歩きつづけて どこまで ゆくの? 風にたずねられて 空をみる  歩きつづけて どこまで ゆこうか 風と いっしょに また歩きだそう  大地ふみしめ どこまでも ゆこう めざした あの夢を つかむまで  大地ふみしめ どこまでも ゆこう めざした あの夢を つかむまで  ララララ‥‥小林幸子戸田昭吾たなかひろかず歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に たずねられて たちどまる  ひとつめの たいこ トクンとなって たったひとつの いのち はじまった  やがて なにかを もとめて ちいさな てのひらを ひろげ きみは すぐに みつけたね きみじゃない だれかを  誕生日祝う ローソクふえたけど たったひとつの ふるさと たびだった  いまも なにかを もとめて 大きな ひとみ かがやいて きみの ポケットの なかには きみじゃない だれかとの‥‥  いくつもの であい いくつもの わかれ まぼろしのような 思い出も すこし  歩きつづけて どこまで ゆくの? 風にたずねられて 空をみる  歩きつづけて どこまで ゆこうか 風と いっしょに また歩きだそう  大地ふみしめ どこまでも ゆこう めざした あの夢を つかむまで  大地ふみしめ どこまでも ゆこう めざした あの夢を つかむまで  ララララ‥‥
悲しみの帳ずっとそばにあると信じてた 夕影に微笑む幸せは よそ見してる間にいなくなって 時間が戻せるならと泣くばかり 残照を隠す闇のように 黒いビロードの悲しみは 心にかかり幸せの幕を 引くように思えるけど  一番星一つだけ見つけた 夕闇の空も いつか暮れて その光 小さくて見えずにいた 星屑が夜空に瞬くよ  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  失って初めて幸せに 気づいた時が私にもある 大事な事を知る時だったと 言えるようにと生きてきた  闇があるから星屑が輝ける 太陽があるから月が輝ける 同じように互いを助け合うために 私たちは一緒にいるの  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  一番星一つだけ見つけた 夕闇の空も いつか暮れて その光 小さくて見えずにいた 星屑が夜空に瞬くよ  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 一緒に幸せ探そう小林幸子槇原敬之槇原敬之ずっとそばにあると信じてた 夕影に微笑む幸せは よそ見してる間にいなくなって 時間が戻せるならと泣くばかり 残照を隠す闇のように 黒いビロードの悲しみは 心にかかり幸せの幕を 引くように思えるけど  一番星一つだけ見つけた 夕闇の空も いつか暮れて その光 小さくて見えずにいた 星屑が夜空に瞬くよ  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  失って初めて幸せに 気づいた時が私にもある 大事な事を知る時だったと 言えるようにと生きてきた  闇があるから星屑が輝ける 太陽があるから月が輝ける 同じように互いを助け合うために 私たちは一緒にいるの  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  一番星一つだけ見つけた 夕闇の空も いつか暮れて その光 小さくて見えずにいた 星屑が夜空に瞬くよ  悲しみはきっとあなたの心に 何か気付かせるために降りた帳 涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 私はそばにいる  涙を拭いて 横をむいてみて ほら あなたは一人じゃない 一緒に幸せ探そう
希望の歌去りゆく人の うしろ姿を 見送りながら 泣いている 心の中は もぬけの殻で 生きているのか いないのか  恋などしない 二度としない すべてに投げやりに なりながらも  別れた あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  別れた人の 写真を見つめ 人に隠れて泣いている 心の中は 涙の海で ひとりぼっちで 溺れそう  恋などしない 二度としない 果てない悲しみにくれながらも  今でも あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  恋などしない 二度としない すべてに投げやりに なりながらも  別れた あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  希望 希望を歌ってる小林幸子なかにし礼穂口雄右去りゆく人の うしろ姿を 見送りながら 泣いている 心の中は もぬけの殻で 生きているのか いないのか  恋などしない 二度としない すべてに投げやりに なりながらも  別れた あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  別れた人の 写真を見つめ 人に隠れて泣いている 心の中は 涙の海で ひとりぼっちで 溺れそう  恋などしない 二度としない 果てない悲しみにくれながらも  今でも あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  恋などしない 二度としない すべてに投げやりに なりながらも  別れた あなたの上に 幸あれかしと 祈るとき 私は知らないうちに 希望 希望を歌ってる  希望 希望を歌ってる
孔雀ひとりぼっちで歌ってた 郷里(くに)を離れた小さなアパートで 夕やけ空の窓の向こうに 涙でちぎれた母の顔 あれは桜が咲いていた アメリカ村の芝生の庭にも 兵隊さんの陽気なJAZZ(ジャズ)が 幼なごころに哀しかった 歌うことは 泣くことよりも 哀しいことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…倖せは…どこ?  ひとりぼっちで泣いていた 母の手紙を何度も読み返し 明日は帰ろう歌などやめて カバンにつめこむ赤い靴 あれは小雪が降っていた 見知らぬ町のさびれた小劇場(こや)で だるまストーブ抱えた指が 哀れなほどに真っ白だった 生きることは 死ぬことよりも 切ないことだと知ったけど それも昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 空を飛べない 孔雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…青空は…どこ?  舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…生き方だけど… ラララ…ラララ… ラララ…ラララ…小林幸子荒木とよひさ杉本眞人ひとりぼっちで歌ってた 郷里(くに)を離れた小さなアパートで 夕やけ空の窓の向こうに 涙でちぎれた母の顔 あれは桜が咲いていた アメリカ村の芝生の庭にも 兵隊さんの陽気なJAZZ(ジャズ)が 幼なごころに哀しかった 歌うことは 泣くことよりも 哀しいことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…倖せは…どこ?  ひとりぼっちで泣いていた 母の手紙を何度も読み返し 明日は帰ろう歌などやめて カバンにつめこむ赤い靴 あれは小雪が降っていた 見知らぬ町のさびれた小劇場(こや)で だるまストーブ抱えた指が 哀れなほどに真っ白だった 生きることは 死ぬことよりも 切ないことだと知ったけど それも昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 空を飛べない 孔雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…青空は…どこ?  舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…生き方だけど… ラララ…ラララ… ラララ…ラララ…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
孔雀~終止符~ひとりぼっちで歌ってた 郷里(くに)を離れた小さなアパートで 夕やけ空の窓の向こうに 涙でちぎれた母の顔 あれは桜が咲いていた アメリカ村の芝生の庭にも 兵隊さんの陽気なJAZZ(ジャズ)が 幼なごころに哀しかった 歌うことは 泣くことよりも 哀しいことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…倖せは何処(どこ)…  ひとりぼっちで泣いていた 母の手紙を何度も読み返し 明日は帰ろう歌などやめて カバンにつめこむ赤い靴 あれは小雪が降っていた 見知らぬ町のさびれた小劇場(こや)で だるまストーブ抱えた指が 哀れなほどに真っ白だった 生きることは 死ぬことよりも 切ないことだと知ったけど それも昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 空を飛べない 孔雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…青空は何処(どこ)…  ひとりぼっちで飲んでいた 海を見下ろすホテルの窓辺で 今度生まれてくるならきっと 恋など知らない白い雲 あれは真夏の砂浜で 彼の背中を追いかけながら 無邪気に甘えた私の姿 綺麗に咲いたひまわりだった 若いことは かげろうよりも 儚いことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 雲を食べてる 鴎(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 青春だけど ラララ…ラララ…あの人は何処(どこ)…  ひとりぼっちで眠ってた 長い夢から目覚めた病室(へや)は 白いベッドの窓の向こうに 枯葉が舞い散る朝だった あれは野菊を抱いていた 父と母が眠るお墓で もうすぐわたしも電車に乗って 子供の頃へ帰るから この世に生れ この世の別れ 倖せだったと知ったけど みんな夢ね 帰らぬ夢ね 抱きしめたいほど愛しい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 父母(おや)にはぐれた 雲雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 故郷(ふるさと)だけど ラララ…ラララ…想い出は何処(どこ)…  舞台(うた)はわたしの 人生だけど 父母(おや)にはぐれた 雲雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 故郷(ふるさと)だけど ラララ…ラララ…想い出は何処(どこ)…小林幸子荒木とよひさ杉本眞人ひとりぼっちで歌ってた 郷里(くに)を離れた小さなアパートで 夕やけ空の窓の向こうに 涙でちぎれた母の顔 あれは桜が咲いていた アメリカ村の芝生の庭にも 兵隊さんの陽気なJAZZ(ジャズ)が 幼なごころに哀しかった 歌うことは 泣くことよりも 哀しいことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 籠でさえずる 鶯(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…倖せは何処(どこ)…  ひとりぼっちで泣いていた 母の手紙を何度も読み返し 明日は帰ろう歌などやめて カバンにつめこむ赤い靴 あれは小雪が降っていた 見知らぬ町のさびれた小劇場(こや)で だるまストーブ抱えた指が 哀れなほどに真っ白だった 生きることは 死ぬことよりも 切ないことだと知ったけど それも昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 空を飛べない 孔雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 生き方だけど ラララ…ラララ…青空は何処(どこ)…  ひとりぼっちで飲んでいた 海を見下ろすホテルの窓辺で 今度生まれてくるならきっと 恋など知らない白い雲 あれは真夏の砂浜で 彼の背中を追いかけながら 無邪気に甘えた私の姿 綺麗に咲いたひまわりだった 若いことは かげろうよりも 儚いことだと知ったけど みんな昔 昔のはなし 抱きしめたいほど懐かしい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 雲を食べてる 鴎(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 青春だけど ラララ…ラララ…あの人は何処(どこ)…  ひとりぼっちで眠ってた 長い夢から目覚めた病室(へや)は 白いベッドの窓の向こうに 枯葉が舞い散る朝だった あれは野菊を抱いていた 父と母が眠るお墓で もうすぐわたしも電車に乗って 子供の頃へ帰るから この世に生れ この世の別れ 倖せだったと知ったけど みんな夢ね 帰らぬ夢ね 抱きしめたいほど愛しい 舞台(うた)はわたしの 人生だけど 父母(おや)にはぐれた 雲雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 故郷(ふるさと)だけど ラララ…ラララ…想い出は何処(どこ)…  舞台(うた)はわたしの 人生だけど 父母(おや)にはぐれた 雲雀(とり)じゃない 舞台(うた)はわたしの 故郷(ふるさと)だけど ラララ…ラララ…想い出は何処(どこ)…
くれない草紙あんたと はじめての出逢いが 二十八日 お不動様の ご縁日… 皮肉だねぇ… 切れた下駄の鼻緒が 縁のはじめだなんて… 粋で勇肌で ちょっと悪っぽくってさあ しゃくだけど そんなあんたに 一目惚れだよ  紅をひと刷毛 川面に散らし 月も未練な 十三夜 恋慕深川 こがれてみても 意地が邪魔して 口には出せぬ 情け片袖 江戸小紋  木場の細路地 お不動さまを 抜けりゃ二の橋 出会い橋 恋慕深川 糸ひく柳 東下駄には 素足が似合う そんな台詞が いのちとり  男勝りで通ったわたしが… なんてこったぁ 心にぽっかり穴があいてしまったような やるせない この気持ち… 態はないねぇ… 逢いたいよ あんたに  辰巳そだちにゃ 死んでも出来ぬ 芸の切り売り 小商売 恋慕深川 遠音の三味に 見栄も飾りも芸者も捨てて 泣いてすがろか 川千鳥  お月さん… 教えておくれよ どうすりゃいいのさ 心の始末を あぁ 惚れて惚れて 惚れぬいて それしかないのかねぇ… お月さま小林幸子松井由利夫遠藤実あんたと はじめての出逢いが 二十八日 お不動様の ご縁日… 皮肉だねぇ… 切れた下駄の鼻緒が 縁のはじめだなんて… 粋で勇肌で ちょっと悪っぽくってさあ しゃくだけど そんなあんたに 一目惚れだよ  紅をひと刷毛 川面に散らし 月も未練な 十三夜 恋慕深川 こがれてみても 意地が邪魔して 口には出せぬ 情け片袖 江戸小紋  木場の細路地 お不動さまを 抜けりゃ二の橋 出会い橋 恋慕深川 糸ひく柳 東下駄には 素足が似合う そんな台詞が いのちとり  男勝りで通ったわたしが… なんてこったぁ 心にぽっかり穴があいてしまったような やるせない この気持ち… 態はないねぇ… 逢いたいよ あんたに  辰巳そだちにゃ 死んでも出来ぬ 芸の切り売り 小商売 恋慕深川 遠音の三味に 見栄も飾りも芸者も捨てて 泣いてすがろか 川千鳥  お月さん… 教えておくれよ どうすりゃいいのさ 心の始末を あぁ 惚れて惚れて 惚れぬいて それしかないのかねぇ… お月さま
恋桜春 乱れる 夜の桜坂 あなたが好き やっぱり好きだから  はらはら 女 吹雪きます 今夜は嘘がつけません 隠しきれない帯の息 あなた 気づいてください あぁ  はらはら 女 吹雪きます 人に言えない恋ですか 二千年目の流星(ほし)が 降る あなたに散りたい  抱いてください 添えぬ運命(さだめ)でも あなたがいい 死ぬほど好きだから  しんしん 女 痛みます 月もこぼれる石畳 ちぎれるような肌の音 あなた 気づいてください あぁ  しんしん 女 痛みます 聞き分けのない恋ですか 二千年目の流星が降る あなたに散りたい  はらはら 女 吹雪きます 愛しすぎてもいいですか 二千年目の流星が降る あなたに散りたい  あなたに散りたい小林幸子くろべさき浅野佑悠輝春 乱れる 夜の桜坂 あなたが好き やっぱり好きだから  はらはら 女 吹雪きます 今夜は嘘がつけません 隠しきれない帯の息 あなた 気づいてください あぁ  はらはら 女 吹雪きます 人に言えない恋ですか 二千年目の流星(ほし)が 降る あなたに散りたい  抱いてください 添えぬ運命(さだめ)でも あなたがいい 死ぬほど好きだから  しんしん 女 痛みます 月もこぼれる石畳 ちぎれるような肌の音 あなた 気づいてください あぁ  しんしん 女 痛みます 聞き分けのない恋ですか 二千年目の流星が降る あなたに散りたい  はらはら 女 吹雪きます 愛しすぎてもいいですか 二千年目の流星が降る あなたに散りたい  あなたに散りたい
恋のかけひき男と女のかけひきの つもりが愛情からまわり 笑顔と涙のすきまから ポロリと本音がみえかくれ もう少し こちらとさそうなら 恋心 あなたにあげるのに そちらとこちら お互い様で…  言葉と心のまん中が 居心地いいねとこのままで 近くも遠くも感じてた 二人はそわそわどちらから そうなるでしょ あなたが言い出せば 恋心 すなおに出せるのに 気づかぬふりで いつものように…  男と女がみつめ合う そらすも心がそちらむき わかっているにもかかわらず 悩んでないのも知りながら 願い事 言葉に出せたなら 恋心 上手にわたしたい いつ頃でしょう 今すぐでしょう そちらとこちら お互い様で…小林幸子所ジョージ所ジョージ男と女のかけひきの つもりが愛情からまわり 笑顔と涙のすきまから ポロリと本音がみえかくれ もう少し こちらとさそうなら 恋心 あなたにあげるのに そちらとこちら お互い様で…  言葉と心のまん中が 居心地いいねとこのままで 近くも遠くも感じてた 二人はそわそわどちらから そうなるでしょ あなたが言い出せば 恋心 すなおに出せるのに 気づかぬふりで いつものように…  男と女がみつめ合う そらすも心がそちらむき わかっているにもかかわらず 悩んでないのも知りながら 願い事 言葉に出せたなら 恋心 上手にわたしたい いつ頃でしょう 今すぐでしょう そちらとこちら お互い様で…
恋のかけひき(セリフ入り)好きです…って、どんな時に言い出せばいいのでしょうか できることなら、そちらからそのきっかけを いただけないものでしょうか  男と女のかけひきの つもりが愛情からまわり 笑顔と涙のすきまから ポロリと本音がみえかくれ もう少し こちらとさそうなら 恋心 あなたにあげるのに そちらとこちら お互い様で…  言葉と心のまん中が 居心地いいねとこのままで 近くも遠くも感じてた 二人はそわそわどちらから そうなるでしょ あなたが言い出せば 恋心 すなおに出せるのに 気づかぬふりで いつものように…  好きですか?…って聞いてもいいでしょうか あなたの笑顔に水をさすようで怖いから… このままにしておきます  男と女がみつめ合う そらすも 心がそちらむき わかっているにもかかわらず 悩んでないのも知りながら 願い事 言葉に出せたなら 恋心 上手にわたしたい いつ頃でしょう 今すぐでしょう そちらとこちら お互い様で…  好きな気持ちと一緒になって 不安が追いかけてきます お互いさま だとしたら…へんなお話しですネ小林幸子所ジョージ所ジョージ好きです…って、どんな時に言い出せばいいのでしょうか できることなら、そちらからそのきっかけを いただけないものでしょうか  男と女のかけひきの つもりが愛情からまわり 笑顔と涙のすきまから ポロリと本音がみえかくれ もう少し こちらとさそうなら 恋心 あなたにあげるのに そちらとこちら お互い様で…  言葉と心のまん中が 居心地いいねとこのままで 近くも遠くも感じてた 二人はそわそわどちらから そうなるでしょ あなたが言い出せば 恋心 すなおに出せるのに 気づかぬふりで いつものように…  好きですか?…って聞いてもいいでしょうか あなたの笑顔に水をさすようで怖いから… このままにしておきます  男と女がみつめ合う そらすも 心がそちらむき わかっているにもかかわらず 悩んでないのも知りながら 願い事 言葉に出せたなら 恋心 上手にわたしたい いつ頃でしょう 今すぐでしょう そちらとこちら お互い様で…  好きな気持ちと一緒になって 不安が追いかけてきます お互いさま だとしたら…へんなお話しですネ
恋の曼珠沙華恋はくれない 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) あなたと歩いた 石だたみ きっと 迎えに来ると 抱きしめられて 泣いて別れた オランダ坂  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  小雨にけむった 天主堂 ビードロ細工の 頼りなさ 船はいつ帰る 浦上の鐘の音に 願い届けと 十字を切る  蝶々さん こんな私にも 蝶々さん 風はやさしく 蝶々さん 揺れる港の灯 明日も 蝶々さん 信じたい 愛したい  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  蝶々さん 蝶々さん小林幸子朝比奈佳・補作詞やしろようTAI恋はくれない 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) あなたと歩いた 石だたみ きっと 迎えに来ると 抱きしめられて 泣いて別れた オランダ坂  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  小雨にけむった 天主堂 ビードロ細工の 頼りなさ 船はいつ帰る 浦上の鐘の音に 願い届けと 十字を切る  蝶々さん こんな私にも 蝶々さん 風はやさしく 蝶々さん 揺れる港の灯 明日も 蝶々さん 信じたい 愛したい  蝶々さん 辛い運命です 蝶々さん 長崎は雨 蝶々さん いつもそうですね 女は 蝶々さん 泣かされて 待ちわびて  蝶々さん 蝶々さん
恋蛍煌めくライト 拍手の渦が 私の身体を 包みこみ 舞台の幕は 降りてゆく 終りの決まった 恋芝居 思いを寄せては いけない人に 叶わぬ夢の 恋螢  聞こえますか 私の声が 好きだと云ってる 私の台詞 気づいて下さい お願いだから 別れの待ってる 恋芝居  もうすぐ幕が 降りてゆく 涙があふれて とまらない 一度だけでも 貴方の妻を 演じて死んで ゆけるなら 抱かれて染まる 恋芝居 私はほたる 恋螢  聞こえますか 私の声が 愛しています 私の台詞 届いて下さい お願いだから 今夜限りの 恋芝居  聞こえますか 私の声が 好きだと云ってる 私の台詞 気づいて下さい お願いだから 別れの待ってる 恋芝居 別れの待ってる 恋芝居小林幸子小林幸子小林幸子煌めくライト 拍手の渦が 私の身体を 包みこみ 舞台の幕は 降りてゆく 終りの決まった 恋芝居 思いを寄せては いけない人に 叶わぬ夢の 恋螢  聞こえますか 私の声が 好きだと云ってる 私の台詞 気づいて下さい お願いだから 別れの待ってる 恋芝居  もうすぐ幕が 降りてゆく 涙があふれて とまらない 一度だけでも 貴方の妻を 演じて死んで ゆけるなら 抱かれて染まる 恋芝居 私はほたる 恋螢  聞こえますか 私の声が 愛しています 私の台詞 届いて下さい お願いだから 今夜限りの 恋芝居  聞こえますか 私の声が 好きだと云ってる 私の台詞 気づいて下さい お願いだから 別れの待ってる 恋芝居 別れの待ってる 恋芝居
この地球に生まれてこの地球(ほし)に 生まれた奇跡 この時代(とき)に 生まれた運命(さだめ) その偶然が 重なりあって あなたに めぐり逢えた  人って悲しいね つまらない事で 喧嘩(けんか)して 愛を信じ 人を信じて 素直な心 伝えてみよう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  倖せを 探せずにいた 人の倖せ よろこべなかった 心がいつか 固まりすぎて いつでも ひとりぽっち  人って 弱いよね 悲しくて 涙かくしても 明日(あす)を信じ 勇気をもって 笑顔忘れず 歩いて行こう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから小林幸子さわだすずこ小六禮次郎この地球(ほし)に 生まれた奇跡 この時代(とき)に 生まれた運命(さだめ) その偶然が 重なりあって あなたに めぐり逢えた  人って悲しいね つまらない事で 喧嘩(けんか)して 愛を信じ 人を信じて 素直な心 伝えてみよう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  倖せを 探せずにいた 人の倖せ よろこべなかった 心がいつか 固まりすぎて いつでも ひとりぽっち  人って 弱いよね 悲しくて 涙かくしても 明日(あす)を信じ 勇気をもって 笑顔忘れず 歩いて行こう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから
幸せ夢なら醒める ああいつかは醒める 見なけりゃよかったのにと言われても それでも夢が 醒めるまでのあいだ 見てたことを幸せと呼びたいわ あなたの町が 窓の向こうで 星のように遠ざかる電車で思います 幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね どちらもぜいたくね せんないね せんないね これからどうしよう 幸せになりたいね  旅の途中の ああ雪降る駅で なぜ降りてしまったのかわからない あなたは来ない 追いかけては来ない 当たり前ねと小さく笑います 急ぎ足では 遠ざかれない 雪の粒より小さな夢をまだ見てるわ 幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね どちらもぜいたくね せんないね せんないね これからどうしよう 幸せになりたいね  幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね せんないね せんないね 幸せになりたいね小林幸子中島みゆき中島みゆき夢なら醒める ああいつかは醒める 見なけりゃよかったのにと言われても それでも夢が 醒めるまでのあいだ 見てたことを幸せと呼びたいわ あなたの町が 窓の向こうで 星のように遠ざかる電車で思います 幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね どちらもぜいたくね せんないね せんないね これからどうしよう 幸せになりたいね  旅の途中の ああ雪降る駅で なぜ降りてしまったのかわからない あなたは来ない 追いかけては来ない 当たり前ねと小さく笑います 急ぎ足では 遠ざかれない 雪の粒より小さな夢をまだ見てるわ 幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね どちらもぜいたくね せんないね せんないね これからどうしよう 幸せになりたいね  幸せになる 道には二つある 一つめは願いごとうまく叶うこと 幸せになる 道には二つある もう一つは願いなんか捨ててしまうこと せんないね せんないね せんないね せんないね 幸せになりたいね
白いゆげの歌わたしが子供の頃に かあさんも唄ってた 杓文字のマイクを持って 白いエプロン台所 雪降る朝にも 星降る晩(よる)にも ホカホカごはんを 炊きたてのごはんを 白いゆげは しあわせの匂い かあさんの匂い 忘れないわ あの頃のこと ほらネ…かあさんの歌  わたしが子供の頃は 都会まで遠かった おにぎりをいくつも作り 汽車ポッポにゆられたの あの山あの川 涙出たけど 希望がいっぱい 夕やけに染めてた 白いゆげは 懐かしい匂い 思い出の匂い 忘れないわ 会いたい時は ほらネ…かあさんの空  白いゆげは 元気な匂い ふりかけの匂い 聴こえるでしょ おいしい音が ほらネ…かあさんの味  白いゆげは 懐かしい匂い 思い出の匂い 忘れないわ 会いたい時は ほらネ…かあさんの空小林幸子荒木とよひさ長崎正作わたしが子供の頃に かあさんも唄ってた 杓文字のマイクを持って 白いエプロン台所 雪降る朝にも 星降る晩(よる)にも ホカホカごはんを 炊きたてのごはんを 白いゆげは しあわせの匂い かあさんの匂い 忘れないわ あの頃のこと ほらネ…かあさんの歌  わたしが子供の頃は 都会まで遠かった おにぎりをいくつも作り 汽車ポッポにゆられたの あの山あの川 涙出たけど 希望がいっぱい 夕やけに染めてた 白いゆげは 懐かしい匂い 思い出の匂い 忘れないわ 会いたい時は ほらネ…かあさんの空  白いゆげは 元気な匂い ふりかけの匂い 聴こえるでしょ おいしい音が ほらネ…かあさんの味  白いゆげは 懐かしい匂い 思い出の匂い 忘れないわ 会いたい時は ほらネ…かあさんの空
しろくろましろ (小林ソロver)白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかないだろ?  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala 白を黒に 変えられても 真白に戻せ  時代が変わった ステージ変わった 救われぬ涙 戻らないあの日 どん底に生きて 生きて行けと 私にくれたあなたの詩  憎むべきものは 憎むしかなくて 叫ぶように生まれる このメロディは 涙に寄り添うから Ah  白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかないだろ?  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala 白を黒に 変えられても 真白に戻せ  ダレニデモ ビョウドウナ 24 ヤリノコセバ コウカイダケノ 今日 パパトママ アリガトウ thank you for ココカラガボクノ new days  ダレニデモ ビョウドウナ 24 ヤリノコセバ コウカイダケノ 今日 パパトママ アリガトウ thank you for ココカラガボクノ new days  ただがむしゃらに 前を 脇目も振らず 前を 支える為に 前を 笑顔の為に 前を 何も 無くなっても 誰も 消え去っても lala lala lala la  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala この声は 誰も消せない ラスボスは 私  白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかない  そして 立ち上がった 君に 君に幸あれ 君に幸あれ  wow woh woh woh wow woh woh woh  しろくろましろ しろくろましろ小林幸子松岡充松岡充白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかないだろ?  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala 白を黒に 変えられても 真白に戻せ  時代が変わった ステージ変わった 救われぬ涙 戻らないあの日 どん底に生きて 生きて行けと 私にくれたあなたの詩  憎むべきものは 憎むしかなくて 叫ぶように生まれる このメロディは 涙に寄り添うから Ah  白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかないだろ?  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala 白を黒に 変えられても 真白に戻せ  ダレニデモ ビョウドウナ 24 ヤリノコセバ コウカイダケノ 今日 パパトママ アリガトウ thank you for ココカラガボクノ new days  ダレニデモ ビョウドウナ 24 ヤリノコセバ コウカイダケノ 今日 パパトママ アリガトウ thank you for ココカラガボクノ new days  ただがむしゃらに 前を 脇目も振らず 前を 支える為に 前を 笑顔の為に 前を 何も 無くなっても 誰も 消え去っても lala lala lala la  君には 聴こえるかい? lala lala lala lala la lalala この声は 誰も消せない ラスボスは 私  白と黒と真白 lala lala lala lala la lalala 涙 うずくまった 後は 立つしかない  そして 立ち上がった 君に 君に幸あれ 君に幸あれ  wow woh woh woh wow woh woh woh  しろくろましろ しろくろましろ
時代屋の女房時代を売るから 時代屋と どこかの誰かが 言っていた 売ってください わたしにも あなたの心の 炎まで ふれもせで 色は匂へど 散りぬるを 花に嵐の その中を ふわりふわふわ ゆらゆらり ゆらりゆらゆら ふわふわり 陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた  時代を買うから 時代屋と どこかの誰かが ささやいた 買ってください わたしから あなたを愛する 炎まで ふれもせで 色は匂へど 散りぬるを もののあはれが 風に舞う ふわりふわふわ ゆらゆらり ゆらりゆらゆら ふわふわり 陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた  陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた小林幸子村松友視三木たかし時代を売るから 時代屋と どこかの誰かが 言っていた 売ってください わたしにも あなたの心の 炎まで ふれもせで 色は匂へど 散りぬるを 花に嵐の その中を ふわりふわふわ ゆらゆらり ゆらりゆらゆら ふわふわり 陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた  時代を買うから 時代屋と どこかの誰かが ささやいた 買ってください わたしから あなたを愛する 炎まで ふれもせで 色は匂へど 散りぬるを もののあはれが 風に舞う ふわりふわふわ ゆらゆらり ゆらりゆらゆら ふわふわり 陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた  陽炎みたいな このわたし だから抱きしめて あなた
雪泣夜「ああ…せつないねぇ」  藍染めの 暖簾を出せば 港町 やん衆が集う 涙 涙隠し 酒をつぐ 外は吹雪の 日本海 また今日も あんたは来ない 来ないせつなさ… 心に凍みる  「お客さん、お銚子一本 上がったよ」  寂しさを まぎらすために 知らぬ間に 覚えたお酒 あんた あんた どこでなにしてる きっと戻ると 言ったのに また今日も 夜更けに涙 涙ポトリと… グラスに落ちる  「今夜も面影と差し向かいだなんて せつなすぎるよ あんた… あんた…」  人肌が 恋しい夜は ひざっ小僧 抱えて眠る 雪が 雪が 窓を叩くたび もしやもしやと 目をさます また今日も あんたの夢に 夢に泣かされ… 枕を濡らす小林幸子津城ひかるあらい玉英「ああ…せつないねぇ」  藍染めの 暖簾を出せば 港町 やん衆が集う 涙 涙隠し 酒をつぐ 外は吹雪の 日本海 また今日も あんたは来ない 来ないせつなさ… 心に凍みる  「お客さん、お銚子一本 上がったよ」  寂しさを まぎらすために 知らぬ間に 覚えたお酒 あんた あんた どこでなにしてる きっと戻ると 言ったのに また今日も 夜更けに涙 涙ポトリと… グラスに落ちる  「今夜も面影と差し向かいだなんて せつなすぎるよ あんた… あんた…」  人肌が 恋しい夜は ひざっ小僧 抱えて眠る 雪が 雪が 窓を叩くたび もしやもしやと 目をさます また今日も あんたの夢に 夢に泣かされ… 枕を濡らす
存在証明いたずらに 溢れ出す言葉が 胸を締め付けるよ 窮屈な 時代の隅っこで 愛なんてどこにもないのかな?  モニタ越しに広がる日常 虚言に埋もれたニュース 信じ合える友に 会えないまま 生まれた意味さえも あしたの意義さえも ずっと見つけられずに  それでも キミはキミのままでいい 迷わずに歩けばいい 何かを 恐れたりしないで 自由な夢を描こう 夜はまた 朝が来て 存在証明は───── 光を放ち やがて繋がり 泣いたり笑ったり それが命  いつかもし 彗星が落ちれば この星も滅んで 悲しみの 涙さえ誰もが もう二度と落とさず済むんだね  ネット越しの支配者達が 仮面の下で笑ってる 悪意だけの拡散 見ないフリも 自分を騙せずに 息が苦しくなり ただ戸惑うばかり  誰もが 特別な存在だから いくつもの個性があり 否定の 検索に価値はない 真っ直ぐに今を進め この声は 届くかな? 存在証明は─────  それでも キミはキミのままでいい 迷わずに歩けばいい 何かを 恐れたりしないで 自由な夢を描こう 夜はまた 朝が来て 存在証明は───── 光を放ち やがて繋がり 泣いたり笑ったり それが命  You are my friend. どんなに遠くて 離れていても Our tomorrow. 同じ空の下 窓を開ければ 風が吹き抜ける ララ ララ ララ ララ小林幸子志倉千代丸志倉千代丸いたずらに 溢れ出す言葉が 胸を締め付けるよ 窮屈な 時代の隅っこで 愛なんてどこにもないのかな?  モニタ越しに広がる日常 虚言に埋もれたニュース 信じ合える友に 会えないまま 生まれた意味さえも あしたの意義さえも ずっと見つけられずに  それでも キミはキミのままでいい 迷わずに歩けばいい 何かを 恐れたりしないで 自由な夢を描こう 夜はまた 朝が来て 存在証明は───── 光を放ち やがて繋がり 泣いたり笑ったり それが命  いつかもし 彗星が落ちれば この星も滅んで 悲しみの 涙さえ誰もが もう二度と落とさず済むんだね  ネット越しの支配者達が 仮面の下で笑ってる 悪意だけの拡散 見ないフリも 自分を騙せずに 息が苦しくなり ただ戸惑うばかり  誰もが 特別な存在だから いくつもの個性があり 否定の 検索に価値はない 真っ直ぐに今を進め この声は 届くかな? 存在証明は─────  それでも キミはキミのままでいい 迷わずに歩けばいい 何かを 恐れたりしないで 自由な夢を描こう 夜はまた 朝が来て 存在証明は───── 光を放ち やがて繋がり 泣いたり笑ったり それが命  You are my friend. どんなに遠くて 離れていても Our tomorrow. 同じ空の下 窓を開ければ 風が吹き抜ける ララ ララ ララ ララ
誰かがそばにいる~「ほんまもん」より~人として生まれ 人として生きる どんな道が待っていても 自分だけの人生 哀しみ苦しみ たとえつらくても 夢を追い求める それが人の運命(さだめ)  母の手のぬくもり 父の横顔 くじけた心いやす 家族の愛よ  私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる  風の冷たさに 立ち止まる時も 勇気と希望わけあって ともに歩む人生 遠く離れても 逢えない時でも あなたのやさしさ いつも感じている  木漏れ日 せせらぎも 森の息吹も 疲れた心いやす 自然の愛よ  私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる 私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる小林幸子小林幸子千住明人として生まれ 人として生きる どんな道が待っていても 自分だけの人生 哀しみ苦しみ たとえつらくても 夢を追い求める それが人の運命(さだめ)  母の手のぬくもり 父の横顔 くじけた心いやす 家族の愛よ  私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる  風の冷たさに 立ち止まる時も 勇気と希望わけあって ともに歩む人生 遠く離れても 逢えない時でも あなたのやさしさ いつも感じている  木漏れ日 せせらぎも 森の息吹も 疲れた心いやす 自然の愛よ  私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる 私がゆく道 信じたこの道 一人ぼっちじゃない 誰かがそばにいる そうよ一人じゃない 誰かがそばにいる
雨月伝説惚れた女の なみだの糸か 未練しとしと 月夜雨 雨降りお月さん 泣いとくれ 私と一緒に 泣いとくれ 死ぬまでふたりと 誓ったこころ 忘れたあのひと 照らしておくれ  待っていろよと 言われた言葉 思い出します 日に三度 雨降りお月さん 雲の中 私のいいひと 雲隠れ お前とよばれて あなたと呼んで 暮らしたあのひと 捜しておくれ  悪い男に 騙され泣いた 馬鹿な女と 他人は言う 雨降りお月さん 聞いとくれ 私の願いを 聞いとくれ 何処かであのひと 見かけたときは 今でも好きだと 伝えておくれ 伝えておくれ小林幸子碓氷夕焼岡千秋惚れた女の なみだの糸か 未練しとしと 月夜雨 雨降りお月さん 泣いとくれ 私と一緒に 泣いとくれ 死ぬまでふたりと 誓ったこころ 忘れたあのひと 照らしておくれ  待っていろよと 言われた言葉 思い出します 日に三度 雨降りお月さん 雲の中 私のいいひと 雲隠れ お前とよばれて あなたと呼んで 暮らしたあのひと 捜しておくれ  悪い男に 騙され泣いた 馬鹿な女と 他人は言う 雨降りお月さん 聞いとくれ 私の願いを 聞いとくれ 何処かであのひと 見かけたときは 今でも好きだと 伝えておくれ 伝えておくれ
とまり木そぼふる雨なら 防げるけれど 冷たい心は 隠せない やせた女の とまり木に 背中をむけた にくい人 すがって行きたい あなたの後を  お酒でごまかす このさみしさを つまびく夜風が 目にしみる 枯れた女の とまり木を せめても一度 抱きしめて ひとりじゃさみしい 眠れない  離れて暮らせば 他人と同じ しあわせこぼした 身が悲し よわい女の とまり木を あなたその手で 包んでよ 他にはなんにも 欲しくない小林幸子たきのえいじたきのえいじそぼふる雨なら 防げるけれど 冷たい心は 隠せない やせた女の とまり木に 背中をむけた にくい人 すがって行きたい あなたの後を  お酒でごまかす このさみしさを つまびく夜風が 目にしみる 枯れた女の とまり木を せめても一度 抱きしめて ひとりじゃさみしい 眠れない  離れて暮らせば 他人と同じ しあわせこぼした 身が悲し よわい女の とまり木を あなたその手で 包んでよ 他にはなんにも 欲しくない
泣かせ雨あなたの心に 誰かいる 気づいた時には 遅すぎて 窓にしとしと そぼ降る雨よ 頬に時計の 跡つけて 酔ってうたた寝 夜の中  二ヶ月(ふたつき)泣いても まだ泣ける 痩(や)せた心に 酒を注ぐ 薄い灯りに とまり木酒場 どうせ朝には 覚(さ)めるのに 恋に未練の ひとり酒  つかんだつもりの 幸せが 指の空(す)き間(ま)に こぼれ散る にじむ涙よ そぼ降る雨よ 酒でなだめる 胸の傷 揺れて淋しい ほつれ髪小林幸子麻こよみ水森英夫あなたの心に 誰かいる 気づいた時には 遅すぎて 窓にしとしと そぼ降る雨よ 頬に時計の 跡つけて 酔ってうたた寝 夜の中  二ヶ月(ふたつき)泣いても まだ泣ける 痩(や)せた心に 酒を注ぐ 薄い灯りに とまり木酒場 どうせ朝には 覚(さ)めるのに 恋に未練の ひとり酒  つかんだつもりの 幸せが 指の空(す)き間(ま)に こぼれ散る にじむ涙よ そぼ降る雨よ 酒でなだめる 胸の傷 揺れて淋しい ほつれ髪
泣かせやがってこのやろういまもあいつが 好きだから おれは独りで いるんだと 逃げた女の エプロンを 掛けて炒飯(チャーハン) つくってくれる おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  あんな女は 忘れなと さとすつもりで きたけれど おれの心配 するよりも きみの盃 満たせと微笑う おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  持って行けよと ほろ酔いの 腰にねじこむ 車代 破れ蛇の目に 肩よせて 共に唄った 兄弟仁義 おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう小林幸子星野哲郎小林亜星いまもあいつが 好きだから おれは独りで いるんだと 逃げた女の エプロンを 掛けて炒飯(チャーハン) つくってくれる おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  あんな女は 忘れなと さとすつもりで きたけれど おれの心配 するよりも きみの盃 満たせと微笑う おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう  持って行けよと ほろ酔いの 腰にねじこむ 車代 破れ蛇の目に 肩よせて 共に唄った 兄弟仁義 おまえってやつは おまえってやつは 泣かせやがって このやろう
ねむり歌ねんねんころり お眠りなさい ねんねんころり よい子はねんね  夢見しあの日の 母の声 切なく 優しく この胸たたく  しとしと雨降れば 頬なでられて ひゅるひゅる風吹けば 手を握りしめる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  離れしあの日の 母の顔 切なく 優しく この目に残る  しとしと雨降れば 微笑みくれて ひゅるひゅる風吹けば 肩を抱きよせる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  しとしと雨降れば 頬なでられて ひゅるひゅる風吹けば 手を握りしめる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  ねんねんころり お眠りなさい ねんねんころり よい子はねんね  小林幸子忍坂美由紀竜崎孝路ねんねんころり お眠りなさい ねんねんころり よい子はねんね  夢見しあの日の 母の声 切なく 優しく この胸たたく  しとしと雨降れば 頬なでられて ひゅるひゅる風吹けば 手を握りしめる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  離れしあの日の 母の顔 切なく 優しく この目に残る  しとしと雨降れば 微笑みくれて ひゅるひゅる風吹けば 肩を抱きよせる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  しとしと雨降れば 頬なでられて ひゅるひゅる風吹けば 手を握りしめる  母の胸元で 聞いた歌を 何度も 何度も 口ずさんでた  ねんねんころり お眠りなさい ねんねんころり よい子はねんね  
ハイヒール坂道を下るには 高すぎる かかと その上に このわたし こんや 酔ってしまい せめて肩を 貸してくれる 親切が あなたにあったなら 真夜中の影法師 踏んで つまずかないわ  いい人と 悪い人 紙一重だから しあわせと ふしあわせ それも 裏と表 下手な嘘を 並べながら 二人して ここまで来たけれど ハイヒール 脱ぎすてて わたし 帰って行くわ  大人だから 泣きはしない 立ちどまり ふり向くこともない 酔いどれの 真似をして 笑い転げているわ  小林幸子阿久悠鄭豊松坂道を下るには 高すぎる かかと その上に このわたし こんや 酔ってしまい せめて肩を 貸してくれる 親切が あなたにあったなら 真夜中の影法師 踏んで つまずかないわ  いい人と 悪い人 紙一重だから しあわせと ふしあわせ それも 裏と表 下手な嘘を 並べながら 二人して ここまで来たけれど ハイヒール 脱ぎすてて わたし 帰って行くわ  大人だから 泣きはしない 立ちどまり ふり向くこともない 酔いどれの 真似をして 笑い転げているわ  
川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ  涙流れて どこどこ行くの 愛も流れて どこどこ行くの そんな流れを この内に 花として 花として 迎えてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ  花は花として 笑いもできる 人は人として 涙も流す それが自然の詩なのさ 心の中に 心の中に 花を咲かそうよ 泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ  泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ小林幸子喜納昌吉喜納昌吉川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ  涙流れて どこどこ行くの 愛も流れて どこどこ行くの そんな流れを この内に 花として 花として 迎えてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ  花は花として 笑いもできる 人は人として 涙も流す それが自然の詩なのさ 心の中に 心の中に 花を咲かそうよ 泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ  泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ
道(はないちもんめ)父の手に背伸びして歩いた道 叱られて泣きながら走った あの道 留守番に耐えかねて母を待った道 土産持つ祖母の胸に飛び込んだ あの道  今更に懐かしい あの頃を 今 遠い町でひとり想う まだ天使だった私を 道は 憶えているかしら  ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ  放課後に初恋を眼で追った道 草野球 夕焼け ともだち あの道 卒業の熱い胸冷ました道 胸張って町へ出る時 ふり返った あの道  今更に遠い空にひとり誓う 辛くとも 心だけは捨てない もっと 大きくなった私を 道よ 待っていておくれ  ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ小林幸子さだまさしさだまさし父の手に背伸びして歩いた道 叱られて泣きながら走った あの道 留守番に耐えかねて母を待った道 土産持つ祖母の胸に飛び込んだ あの道  今更に懐かしい あの頃を 今 遠い町でひとり想う まだ天使だった私を 道は 憶えているかしら  ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ  放課後に初恋を眼で追った道 草野球 夕焼け ともだち あの道 卒業の熱い胸冷ました道 胸張って町へ出る時 ふり返った あの道  今更に遠い空にひとり誓う 辛くとも 心だけは捨てない もっと 大きくなった私を 道よ 待っていておくれ  ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ ふるさと 離れて はないちもんめ ふるさと 恋しい はないちもんめ
母ひとり苦労した 母の手のひら 我が子らの 為だけに生きて 倖せと聞けば 倖せだよと 小さく うなずく 微笑(ほほえみ) いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  髪を梳(す)く 指の細さよ 愛おしく こみあげる涙 長生きをしてね 杖をついても 想い出 訪ねて 歩こう いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  アルバムの 若き写真を 自慢する あどけない姿 人生はいいよ 楽しかったと 遠くを見つめる 横顔 いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり小林幸子荒木とよひさ三木たかし苦労した 母の手のひら 我が子らの 為だけに生きて 倖せと聞けば 倖せだよと 小さく うなずく 微笑(ほほえみ) いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  髪を梳(す)く 指の細さよ 愛おしく こみあげる涙 長生きをしてね 杖をついても 想い出 訪ねて 歩こう いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  アルバムの 若き写真を 自慢する あどけない姿 人生はいいよ 楽しかったと 遠くを見つめる 横顔 いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり  いつまでも いつまでも 母ひとり いつまでも いつまでも 母ひとり
春蝉人の心は 変るというが いいえ逢うたび 好きになる 小枝だきしめ 啼く春蝉の 声を窓辺で ききながら わかる気がする 忍び宿  添えぬさだめと あきらめながら 人を恋する 身のつらさ はなればなれに 電車に乗って あなたくるかと 待ちわびる 宿の時計のおそいこと  思い叶わぬ 恋なら熱く いのち燃やして 終わりたい 逢えば一夜で 別れにゃならぬ 恋を恨んで ちぎり灯の かげで小夜着(さよぎ)の 帯が泣く小林幸子星野哲郎遠藤実人の心は 変るというが いいえ逢うたび 好きになる 小枝だきしめ 啼く春蝉の 声を窓辺で ききながら わかる気がする 忍び宿  添えぬさだめと あきらめながら 人を恋する 身のつらさ はなればなれに 電車に乗って あなたくるかと 待ちわびる 宿の時計のおそいこと  思い叶わぬ 恋なら熱く いのち燃やして 終わりたい 逢えば一夜で 別れにゃならぬ 恋を恨んで ちぎり灯の かげで小夜着(さよぎ)の 帯が泣く
ひと晩泊めてねひと晩 泊めてね 明日になれば このまま何処かに 旅に出るから 突然 ごめんね やっぱり私 淋しくなったら ここに 来るのね あの人今ごろ 手紙を見てる やさしい人には 翼があって 私のちからじゃ 縛っておけない 涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね  シャワーを 貸してね 部屋から出たら いきなり雨でしょ ついてないわね 昔のまんまね 洗濯ものは ついでがあったら 出しておいてよ 男と女は 不思議なものね いっしょに居るほど 見えなくなって 憎んだぶんだけ 愛していたのね 涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね  涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね小林幸子喜多條忠美樹克彦ひと晩 泊めてね 明日になれば このまま何処かに 旅に出るから 突然 ごめんね やっぱり私 淋しくなったら ここに 来るのね あの人今ごろ 手紙を見てる やさしい人には 翼があって 私のちからじゃ 縛っておけない 涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね  シャワーを 貸してね 部屋から出たら いきなり雨でしょ ついてないわね 昔のまんまね 洗濯ものは ついでがあったら 出しておいてよ 男と女は 不思議なものね いっしょに居るほど 見えなくなって 憎んだぶんだけ 愛していたのね 涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね  涙とあなたが 最後の友達 ひと晩 泊めてね
百花繚乱!アッパレ!ジパング!酒代ははずむから 車屋さんよ ひとっ走り神田まで やっとくれ! 万が一にも見逃したら 浅草の姐(あね)さんの名がすたる 日本橋 角力(すもう)取(と)り 歌舞伎に花魁(おいらん) 花火は両国 数えたらキリないが 江戸の自慢は祭りだよ  わんわんわんさか人の波 ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る 善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ あふれる笑顔が江戸の花  百花繚乱!アッパレ!ジパング!  絵に書いた日本晴れ 車屋さんよ 富士山の麓まで 行っとくれ! 年に一度は拝まなけりゃ この国に生きている甲斐がない 奈良京都 お伊勢さま 屋久島 知床 ねぶたは青森 数えたらキリないが 国の宝は富士の山  六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ 登れば真っ赤なご来光 善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす うれし涙の笑い顔  百花繚乱!アッパレ!ジパング!  この世のことなどはよー 笑いのめしてやるがいい 宇宙は大きいよ 命の歓喜も果てがない 十万億土(じゅうまんおくど)へ行かずとも 今の今が極楽だい!  わんわんわんさか人の波 ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る 善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ あふれる笑顔が江戸の花  六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ 登れば真っ赤なご来光 善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす うれし涙の笑い顔  百花繚乱!アッパレ!ジパング!小林幸子なかにし礼穂口雄右酒代ははずむから 車屋さんよ ひとっ走り神田まで やっとくれ! 万が一にも見逃したら 浅草の姐(あね)さんの名がすたる 日本橋 角力(すもう)取(と)り 歌舞伎に花魁(おいらん) 花火は両国 数えたらキリないが 江戸の自慢は祭りだよ  わんわんわんさか人の波 ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る 善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ あふれる笑顔が江戸の花  百花繚乱!アッパレ!ジパング!  絵に書いた日本晴れ 車屋さんよ 富士山の麓まで 行っとくれ! 年に一度は拝まなけりゃ この国に生きている甲斐がない 奈良京都 お伊勢さま 屋久島 知床 ねぶたは青森 数えたらキリないが 国の宝は富士の山  六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ 登れば真っ赤なご来光 善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす うれし涙の笑い顔  百花繚乱!アッパレ!ジパング!  この世のことなどはよー 笑いのめしてやるがいい 宇宙は大きいよ 命の歓喜も果てがない 十万億土(じゅうまんおくど)へ行かずとも 今の今が極楽だい!  わんわんわんさか人の波 ソイヤソイヤソイヤソイヤ山車(だし)が来る 善男善女(ぜんなんぜんにょ)は大はしゃぎ あふれる笑顔が江戸の花  六根清浄(ろっこんしょうじょう)と頂上へ 登れば真っ赤なご来光 善男善女(ぜんなんぜんにょ)が手を合わす うれし涙の笑い顔  百花繚乱!アッパレ!ジパング!
道化師のボレロブランコ乗りの 花形スターに サーカス一座の 道化師(ピエロ)が恋をした テントの空を 一緒に飛びたくて 登ってみたけど 飛ぶに飛べない だって 道化師(ピエロ)は高所恐怖症 足がすくんで 動けない 山高帽に 燕尾服 ペット片手に歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ  あの娘といつか ダンスパーティーに その日の姿を 道化師(ピエロ)は夢に見る ジンタの曲に ひとり乗りながら ステップ踏んでも 絵にはならない だって道化師(ピエロ)の 靴は破れ靴 タップダンスは 踊れない 素通し眼鏡に 赤い鼻 月の光に歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ  笑いを他人(ひと)に 振りまくけれど 涙が詰った 道化師(ピエロ)の胸ン中 町から町へ 一緒に旅しても 心の想いを 伝え切れない だって道化師(ピエロ)は いつもおどけ役 愛の言葉は 似合わない ダボダボシャツに 吊りズボン 破れテントで歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ…小林幸子木下龍太郎弦哲也ブランコ乗りの 花形スターに サーカス一座の 道化師(ピエロ)が恋をした テントの空を 一緒に飛びたくて 登ってみたけど 飛ぶに飛べない だって 道化師(ピエロ)は高所恐怖症 足がすくんで 動けない 山高帽に 燕尾服 ペット片手に歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ  あの娘といつか ダンスパーティーに その日の姿を 道化師(ピエロ)は夢に見る ジンタの曲に ひとり乗りながら ステップ踏んでも 絵にはならない だって道化師(ピエロ)の 靴は破れ靴 タップダンスは 踊れない 素通し眼鏡に 赤い鼻 月の光に歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ  笑いを他人(ひと)に 振りまくけれど 涙が詰った 道化師(ピエロ)の胸ン中 町から町へ 一緒に旅しても 心の想いを 伝え切れない だって道化師(ピエロ)は いつもおどけ役 愛の言葉は 似合わない ダボダボシャツに 吊りズボン 破れテントで歌う ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ ボレロ ボレロ ボレロ 道化師(ピエロ)のボレロ…
for you…涙をふいて あなたの指で 気付いたの はじめて あの頃の私 今日までの日々を 見ててくれたのは あなた  わがままばかりで ごめんなさいね 恋人と別れて あなたの部屋で 酔いつぶれてた そんな夜もあった  想い出せば 苦笑いね 淋しさも 悲しみも あなたのそばで 溶けていった いつも いつの日も  もしも 逢えずにいたら 歩いてゆけなかったわ 激しくこの愛 つかめるなら 離さない 失くさないきっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 心を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい  もしも 傷つけあって 夜明けに 泣き疲れても 激しくこの愛 見つけた日は 忘れない 失くさないきっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 私を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい小林幸子大津あきら鈴木キサブロー涙をふいて あなたの指で 気付いたの はじめて あの頃の私 今日までの日々を 見ててくれたのは あなた  わがままばかりで ごめんなさいね 恋人と別れて あなたの部屋で 酔いつぶれてた そんな夜もあった  想い出せば 苦笑いね 淋しさも 悲しみも あなたのそばで 溶けていった いつも いつの日も  もしも 逢えずにいたら 歩いてゆけなかったわ 激しくこの愛 つかめるなら 離さない 失くさないきっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 心を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい  もしも 傷つけあって 夜明けに 泣き疲れても 激しくこの愛 見つけた日は 忘れない 失くさないきっと  あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 私を あなたが欲しい あなたが欲しい 愛が すべてが欲しい
福寿草やさしさに 負けてはだめよ 花のある 男でなけりゃ ゆるしませんよと 叱ってみても ごめんなさいと 肩ふるわせる 娘の恋に 泣き負けて 淋しくうなづく その母の 心の色は 心の色は福寿草  おまえより 遠くが見える 母の目を 信じなさいと さとしてみても いまさら遅い 死んでもいいと 唇むすぶ 娘の愛に ほだされて ほろりとこぼれる その母の 涙の色は 涙の色は福寿草  辛らければ 戻っておいで がまんなど しなくていいと 見送る母に 手を振りながら ごめんなさいと 瞼をぬらす 娘の頬に 若き日の 自分をみつける その母の 吐息の色は 吐息の色は福寿草小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさに 負けてはだめよ 花のある 男でなけりゃ ゆるしませんよと 叱ってみても ごめんなさいと 肩ふるわせる 娘の恋に 泣き負けて 淋しくうなづく その母の 心の色は 心の色は福寿草  おまえより 遠くが見える 母の目を 信じなさいと さとしてみても いまさら遅い 死んでもいいと 唇むすぶ 娘の愛に ほだされて ほろりとこぼれる その母の 涙の色は 涙の色は福寿草  辛らければ 戻っておいで がまんなど しなくていいと 見送る母に 手を振りながら ごめんなさいと 瞼をぬらす 娘の頬に 若き日の 自分をみつける その母の 吐息の色は 吐息の色は福寿草
ふたたびのネオンの溶け合う 裏道で 偶然に あなた 三年ぶりだわ あの日から 恨みもしたわ うろたえた素振りには 昔の名残り 目くばせで読めたのよ あなたの心 ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら くみ交わすお酒 少しずつ 想い出 ほぐしてくれそう 照れた瞳 頬の感じ 変らない あなたがいる 負けそう恋心  少しやせたねと 言うあなた うなずいた私 ずるいじゃないのと 言う私 うなずくあなた グラス越し遠い日の ときめき映り 半分は許してる 女の弱さ ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら てのひら重ねた 瞬間に 抑えた想い こみ上げる 涙よりも 笑い顔で こたえたい 私だけど 負けそう恋心  ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら てのひら重ねた 瞬間に 抑えた想い こみ上げる 涙よりも 笑い顔で こたえたい 私だけど 負けそう恋心小林幸子来生えつこTAIネオンの溶け合う 裏道で 偶然に あなた 三年ぶりだわ あの日から 恨みもしたわ うろたえた素振りには 昔の名残り 目くばせで読めたのよ あなたの心 ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら くみ交わすお酒 少しずつ 想い出 ほぐしてくれそう 照れた瞳 頬の感じ 変らない あなたがいる 負けそう恋心  少しやせたねと 言うあなた うなずいた私 ずるいじゃないのと 言う私 うなずくあなた グラス越し遠い日の ときめき映り 半分は許してる 女の弱さ ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら てのひら重ねた 瞬間に 抑えた想い こみ上げる 涙よりも 笑い顔で こたえたい 私だけど 負けそう恋心  ふたたびの 夢はどうかしら ふたたびの 愛はあるかしら てのひら重ねた 瞬間に 抑えた想い こみ上げる 涙よりも 笑い顔で こたえたい 私だけど 負けそう恋心
ふたりはひとり俺と一緒に 生きるかと いわれてかすかに うなずいた きっとあなたの お荷物になる こんな私で いいですか ことばに出せず ことばにならず ふたりはひとり あなたの私  どんな花より 指輪より あなたの瞳を 信じたい やっとみつけた 女の夢を 熱い想いが 駈けてゆく 戻りはしない 戻れはしない ふたりはひとり あなたの私  なんのとりえも ない私 ほんとに私で いいですか たとえひとりで 生まれてきても あなた行く道 ふたりづれ 悔みはしない もう迷わない ふたりはひとり あなたの私小林幸子麻生香太郎中村泰士俺と一緒に 生きるかと いわれてかすかに うなずいた きっとあなたの お荷物になる こんな私で いいですか ことばに出せず ことばにならず ふたりはひとり あなたの私  どんな花より 指輪より あなたの瞳を 信じたい やっとみつけた 女の夢を 熱い想いが 駈けてゆく 戻りはしない 戻れはしない ふたりはひとり あなたの私  なんのとりえも ない私 ほんとに私で いいですか たとえひとりで 生まれてきても あなた行く道 ふたりづれ 悔みはしない もう迷わない ふたりはひとり あなたの私
不断草叱られながら 日暮坂 まつわりついた 母の膝 働き疲れた かたい手は それでもいつでも 暖かかった  ききわけのない 涙の跡が 沁みていそうな あなたの着物 丈をのばして 着ています 小さくなった あなたの肩を 抱けば両手に 伝わる歳月 やっぱりあなたは 不断草  宿命の雪に 埋もれながら みどり絶やさぬ 不断の苦労 こんな女の一生を おまえにだけはさせたくないと 明るく笑う あなたが好きよ いいのよ 私も不断草  手をひき ひかれ あゝ母子坂 おまえは私に似てくると 心配そうに のぞきこむ あなたの足跡 私もなぞる 浮世 耐草不断草 不断草小林幸子星野哲郎遠藤実叱られながら 日暮坂 まつわりついた 母の膝 働き疲れた かたい手は それでもいつでも 暖かかった  ききわけのない 涙の跡が 沁みていそうな あなたの着物 丈をのばして 着ています 小さくなった あなたの肩を 抱けば両手に 伝わる歳月 やっぱりあなたは 不断草  宿命の雪に 埋もれながら みどり絶やさぬ 不断の苦労 こんな女の一生を おまえにだけはさせたくないと 明るく笑う あなたが好きよ いいのよ 私も不断草  手をひき ひかれ あゝ母子坂 おまえは私に似てくると 心配そうに のぞきこむ あなたの足跡 私もなぞる 浮世 耐草不断草 不断草
冬化粧箸の袋に 恋文を 書けば涙の 文字になる 愚かですか 罪ですか 待ってるなんて 馬鹿ですか 重ね着しても 隠せない やがて心は 冬化粧  うしろ姿の しあわせを ひとり並べて 飲むお酒 出来るならば 叶うなら 戻して欲しい ふり出しに 乱れた髪も そのままに 酔えば切ない 冬化粧  仕掛け花火の 秋が過ぎ 冬に急かされ 花が散る 凍えそうな この胸を 包んで欲しい その腕で あなたに私 見えますか 紅も悲しい 冬化粧小林幸子たきのえいじ弦哲也箸の袋に 恋文を 書けば涙の 文字になる 愚かですか 罪ですか 待ってるなんて 馬鹿ですか 重ね着しても 隠せない やがて心は 冬化粧  うしろ姿の しあわせを ひとり並べて 飲むお酒 出来るならば 叶うなら 戻して欲しい ふり出しに 乱れた髪も そのままに 酔えば切ない 冬化粧  仕掛け花火の 秋が過ぎ 冬に急かされ 花が散る 凍えそうな この胸を 包んで欲しい その腕で あなたに私 見えますか 紅も悲しい 冬化粧
故郷夢破れ 生きることに疲れて 一人帰る 懐かし故郷 年老いた母の 胸にすがれば 変わらないぬくもり 心にしみいる  夕暮れの小道に 草ぶえ吹けば 遠い昔 よみがえる 想い 流れる星みつけ 願いをかけた けがれない瞳の あの日の私よ  朝つゆに光る 川のせせらぎ 心乗せて 浮かべた笹舟 汗をふきもせず 山に登れば 浮雲の向こうに 明日が見えそう 汗をふきもせず 山に登れば 浮雲の向こうに 明日が見えそう 変わらないぬくもり 心にしみいる小林幸子因幡晃因幡晃夢破れ 生きることに疲れて 一人帰る 懐かし故郷 年老いた母の 胸にすがれば 変わらないぬくもり 心にしみいる  夕暮れの小道に 草ぶえ吹けば 遠い昔 よみがえる 想い 流れる星みつけ 願いをかけた けがれない瞳の あの日の私よ  朝つゆに光る 川のせせらぎ 心乗せて 浮かべた笹舟 汗をふきもせず 山に登れば 浮雲の向こうに 明日が見えそう 汗をふきもせず 山に登れば 浮雲の向こうに 明日が見えそう 変わらないぬくもり 心にしみいる
星に抱かれてあなたは私の上に 流れ星のように ある日 突然降りてきた 胸は光に包まれた 私はもう 悩まない 私は今 考える 人生は美しい! 美しいはずだと ああ 星に抱かれて 永遠に この愛とともに 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。  あなたは私を連れて 流れ星のように 空へ 突然飛びたった どこへ行こうとかまわない 花は咲き 鳥は舞う 波は打ち寄せ返す 日は沈み 日は上る 私は生きている ああ 星に抱かれて 永遠に この愛とともに 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。  私はもう 悩まない 私は今 考える 人生は美しい! 美しいはずだと  星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。 ああ 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。 大空の 終わりの果てまで。小林幸子なかにし礼都志見隆あなたは私の上に 流れ星のように ある日 突然降りてきた 胸は光に包まれた 私はもう 悩まない 私は今 考える 人生は美しい! 美しいはずだと ああ 星に抱かれて 永遠に この愛とともに 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。  あなたは私を連れて 流れ星のように 空へ 突然飛びたった どこへ行こうとかまわない 花は咲き 鳥は舞う 波は打ち寄せ返す 日は沈み 日は上る 私は生きている ああ 星に抱かれて 永遠に この愛とともに 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。  私はもう 悩まない 私は今 考える 人生は美しい! 美しいはずだと  星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。 ああ 星に抱かれて 大空の 終わりの果てまで。 大空の 終わりの果てまで。
蛍前線桐の花が咲いて 閑(しず)かに季節が変わる 思い出作りのために 恋したわけじゃない  夢は夢 恋は恋 悲しみの中にいても 人は人 愛は愛 せつなくてせつなくて それでも生きる  蛍 蛍 迷い道を どうか照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる  桐の葉の向こうに 生まれたばかりの蛍 梅雨(つゆ)の雨は悲しみも 流してくれるだろう  夢は夢 恋は恋 苦しみの中にいても 人は人 愛は愛 思い出があるから 生きられる  蛍 蛍 遠い道を そっと照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる  夢は夢 恋は恋 悲しみの中にいても 人は人 愛は愛 せつなくてせつなくて それでも生きる  蛍 蛍 迷い道を そっと照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる 夢のように咲いてる小林幸子さだまさしさだまさし桐の花が咲いて 閑(しず)かに季節が変わる 思い出作りのために 恋したわけじゃない  夢は夢 恋は恋 悲しみの中にいても 人は人 愛は愛 せつなくてせつなくて それでも生きる  蛍 蛍 迷い道を どうか照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる  桐の葉の向こうに 生まれたばかりの蛍 梅雨(つゆ)の雨は悲しみも 流してくれるだろう  夢は夢 恋は恋 苦しみの中にいても 人は人 愛は愛 思い出があるから 生きられる  蛍 蛍 遠い道を そっと照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる  夢は夢 恋は恋 悲しみの中にいても 人は人 愛は愛 せつなくてせつなくて それでも生きる  蛍 蛍 迷い道を そっと照らしておくれ 蛍 蛍 暗闇に 花のように咲いてる 夢のように咲いてる
ほら、ひとりじゃないよひとりぼっちの時は 星を見てごらん いつでも あなたを照らしてるから ほら、ひとりじゃないよ  大人を長くやってるとさ 哀しい思い出も増えてゆくのが 人生さ でもさ、明日も生きたいと言いながら 星になってゆく人もいる  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ほら、ひとりじゃないよ  大人を長くやってるとさ たまには いいこともあるってのが 人生さ 今日も、明日も明後日も せいいっぱい 自分らしく生きてゆきたい  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ほら、ひとりじゃないよ  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ひとりぼっちの時は 星を見てごらん いつでも あなたを照らしてるから ほら、ひとりじゃないよ ずっとそばにいるよ ほら、ひとりじゃないよ小林幸子小林幸子浅野佑悠輝ひとりぼっちの時は 星を見てごらん いつでも あなたを照らしてるから ほら、ひとりじゃないよ  大人を長くやってるとさ 哀しい思い出も増えてゆくのが 人生さ でもさ、明日も生きたいと言いながら 星になってゆく人もいる  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ほら、ひとりじゃないよ  大人を長くやってるとさ たまには いいこともあるってのが 人生さ 今日も、明日も明後日も せいいっぱい 自分らしく生きてゆきたい  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ほら、ひとりじゃないよ  心のアルバムを開いてごらん 笑ってる自分が見つかるから ひとりぼっちの時は 星を見てごらん いつでも あなたを照らしてるから ほら、ひとりじゃないよ ずっとそばにいるよ ほら、ひとりじゃないよ
ポーカーフェイスにさよなら結果 いつも未練に なぜか 泣くのは男 女は 捨てた恋に 振り向きは しない  そうよ 貴方がすべて いつも 太陽だった だから 拝んで来たわ 昨日 までは  愛ならば 全部 置いてくわ どうぞ 好きなだけ あの娘に あげてね  ポーカーフェイス 涙 殺して 尽くすだけ 尽くしたわ ポーカーフェイス ABAYO さよなら もう 何も要らないの  だって 朝が来れば きっと 陽は昇るでしょ たとえ 曇ってたって 来ない朝は 無い  私 夕鶴だから 折れた羽根 広げて 夜明けの空に そっと 消えて 行くわ  信じてた 世界がうらやむ 愛し 愛された 固い 絆だと  ポーカーフェイス 笑顔美人の 私に 戻りたいだけ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 死ぬほど 愛したなんて  Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai  ポーカーフェイス 涙 殺して 尽くすだけ 尽くしたわ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 想い出に ありがとう  ポーカーフェイス 笑顔美人の 私に 戻りたいだけ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 想い出を ありがとう小林幸子湯川れい子山田直毅結果 いつも未練に なぜか 泣くのは男 女は 捨てた恋に 振り向きは しない  そうよ 貴方がすべて いつも 太陽だった だから 拝んで来たわ 昨日 までは  愛ならば 全部 置いてくわ どうぞ 好きなだけ あの娘に あげてね  ポーカーフェイス 涙 殺して 尽くすだけ 尽くしたわ ポーカーフェイス ABAYO さよなら もう 何も要らないの  だって 朝が来れば きっと 陽は昇るでしょ たとえ 曇ってたって 来ない朝は 無い  私 夕鶴だから 折れた羽根 広げて 夜明けの空に そっと 消えて 行くわ  信じてた 世界がうらやむ 愛し 愛された 固い 絆だと  ポーカーフェイス 笑顔美人の 私に 戻りたいだけ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 死ぬほど 愛したなんて  Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai Lai La Lai La Lai La Lai La Lai  ポーカーフェイス 涙 殺して 尽くすだけ 尽くしたわ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 想い出に ありがとう  ポーカーフェイス 笑顔美人の 私に 戻りたいだけ ポーカーフェイス ABAYO さよなら 想い出を ありがとう
迷い鳥ほほ打つ風に 髪は乱れても 燃える想いは 変わらない あなたを尋ねてひとすじ この町は 揉まれて はぐれて 迷い鳥 幸せ さえぎる 向い風 あなたに 逢いたい 尽したい  身近にいても 他人は他人 離れていても 恋は恋 あなたを尋ねてひとすじ 浮かぶのは 両手で つつんで くれたひと おまえが 可愛いと 云ったひと あなたに 逢いたい 甘えたい  ひとり旅する 寒いくちびるに 紅いハマナス 薄化粧 あなたを尋ねてひとすじ この町は 未練を 断ち切る 波しぶき それでも 傾く 恋ごころ あなたに 逢いたい 抱かれたい小林幸子麻生香太郎平尾昌晃ほほ打つ風に 髪は乱れても 燃える想いは 変わらない あなたを尋ねてひとすじ この町は 揉まれて はぐれて 迷い鳥 幸せ さえぎる 向い風 あなたに 逢いたい 尽したい  身近にいても 他人は他人 離れていても 恋は恋 あなたを尋ねてひとすじ 浮かぶのは 両手で つつんで くれたひと おまえが 可愛いと 云ったひと あなたに 逢いたい 甘えたい  ひとり旅する 寒いくちびるに 紅いハマナス 薄化粧 あなたを尋ねてひとすじ この町は 未練を 断ち切る 波しぶき それでも 傾く 恋ごころ あなたに 逢いたい 抱かれたい
万葉恋歌 ああ、君侍つとああ 君待つと わが恋ひおれば わがやどのすだれ すだれうごかし 秋のかぜ吹く  ああ 君が行き けながくなりぬ 山たづねたづね むかえか行かむ 待ちにか待たむ  ああ かくばかり恋ひつつ 恋ひつつあらずは ああたかやまの いわねしまきて 死なまし死なましものを  ああ 君なくは なぞ身よそはむ くしげなるつげの つげのをぐしも とらむともはず  ああ かくばかり恋ひつつ 恋ひつつあらずは ああたかやまの いわねしまきて 死なまし死なましものを  ああ ありつつも きみをば待たむ うちなびくなびく わが黒髪に 霜のをくまでに  ああ 君待つと わが恋ひおれば わがやどのすだれ すだれうごかし 秋のかぜ吹く 秋のかぜ吹く 秋のかぜ吹く小林幸子原作詞:額田王・磐姫皇后・播磨娘子・歌詞構成:新井満新井満ああ 君待つと わが恋ひおれば わがやどのすだれ すだれうごかし 秋のかぜ吹く  ああ 君が行き けながくなりぬ 山たづねたづね むかえか行かむ 待ちにか待たむ  ああ かくばかり恋ひつつ 恋ひつつあらずは ああたかやまの いわねしまきて 死なまし死なましものを  ああ 君なくは なぞ身よそはむ くしげなるつげの つげのをぐしも とらむともはず  ああ かくばかり恋ひつつ 恋ひつつあらずは ああたかやまの いわねしまきて 死なまし死なましものを  ああ ありつつも きみをば待たむ うちなびくなびく わが黒髪に 霜のをくまでに  ああ 君待つと わが恋ひおれば わがやどのすだれ すだれうごかし 秋のかぜ吹く 秋のかぜ吹く 秋のかぜ吹く
夫婦しぐれ風邪をひくよと 傘さしかけて かばう声さえ あたたかい 夫婦しぐれに もうこの胸が 痛くなるほど 好きなひと あゝあなた あなた あなたしかいない  酔ったふりして 負ぶさりながら 広い背中で 泣いた日よ 人の一生 いい日もくると 越えた涙の 水たまり あゝあなた あなた あなたしかいない  どこへ行っても 一つの屋根に 住めるしあわせ あればいい 夫婦しぐれに うなずきあって 肩であまえて ついてゆく あゝあなた あなた あなたしかいない小林幸子水木かおる四方章人風邪をひくよと 傘さしかけて かばう声さえ あたたかい 夫婦しぐれに もうこの胸が 痛くなるほど 好きなひと あゝあなた あなた あなたしかいない  酔ったふりして 負ぶさりながら 広い背中で 泣いた日よ 人の一生 いい日もくると 越えた涙の 水たまり あゝあなた あなた あなたしかいない  どこへ行っても 一つの屋根に 住めるしあわせ あればいい 夫婦しぐれに うなずきあって 肩であまえて ついてゆく あゝあなた あなた あなたしかいない
もう一度だけ七つ転んで 八つ目が 勝負なんだよ 男には おまえにゃ苦労を かけるけど 一生かけて 返すから やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  人のいやがる 泥沼に あるさ男の 宝島 傷つくことより つらいのは なんにもせずに 散ることさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  長い夢から さめたとき 帰る故郷も ないだろう 小じわに夕陽が 沁みたって 笑って空を 仰げるさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ小林幸子星野哲郎平尾昌晃七つ転んで 八つ目が 勝負なんだよ 男には おまえにゃ苦労を かけるけど 一生かけて 返すから やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  人のいやがる 泥沼に あるさ男の 宝島 傷つくことより つらいのは なんにもせずに 散ることさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ  長い夢から さめたとき 帰る故郷も ないだろう 小じわに夕陽が 沁みたって 笑って空を 仰げるさ やらせてくれよ もういちど もういちどだけ
もしかしてもしかして…もしかして 笑わないで くれるなら この気持ち 打ち明ける お酒の力を かりてでも もしかして…もしかして 貴方に ふられた時は お酒の席の ことだから 笑ってごまかせるわ 私 ねえ貴方 これから何処へ行くの 別にひきとめは しないけど よろしかったら 朝までずっと 私を そばに置いてね 今夜だけ ねえ 今夜だけ 私のわがままを 聞いて  なにげなく…なにげなく 時計を見る 横顔も 煙草をふかす 仕草にも 感じてしまうの 変かしら こんなにも…こんなにも お酒が おいしい理由(わけ)は 私が選んだ ネクタイを 結んできてくれたからなの ねえ貴方 占いは信じる人 私 占ってもらったの つくす女と 強い男で 幸福(しあわせ) つかめるそうよ 今夜こそ ねえ 今夜こそ 私のわがままを 聞いて  ねえ貴方 噂を気にしているのね なんでもなかった あの人とは 死ぬほど好きに なった女の 言葉を 信じてほしいわ 今夜こそ ねえ 今夜こそ 私のわがままを 聞いて小林幸子美樹克彦美樹克彦もしかして…もしかして 笑わないで くれるなら この気持ち 打ち明ける お酒の力を かりてでも もしかして…もしかして 貴方に ふられた時は お酒の席の ことだから 笑ってごまかせるわ 私 ねえ貴方 これから何処へ行くの 別にひきとめは しないけど よろしかったら 朝までずっと 私を そばに置いてね 今夜だけ ねえ 今夜だけ 私のわがままを 聞いて  なにげなく…なにげなく 時計を見る 横顔も 煙草をふかす 仕草にも 感じてしまうの 変かしら こんなにも…こんなにも お酒が おいしい理由(わけ)は 私が選んだ ネクタイを 結んできてくれたからなの ねえ貴方 占いは信じる人 私 占ってもらったの つくす女と 強い男で 幸福(しあわせ) つかめるそうよ 今夜こそ ねえ 今夜こそ 私のわがままを 聞いて  ねえ貴方 噂を気にしているのね なんでもなかった あの人とは 死ぬほど好きに なった女の 言葉を 信じてほしいわ 今夜こそ ねえ 今夜こそ 私のわがままを 聞いて
約束母の手にすがり乍ら 歩いたあの道を いつか私も同じように 歩きたいと思ってた 思い出はセピア色に いつも坂の途中 大きな樟の枝の向こう 遠く海が見えた  道ばたの名もない花 あなたに見えますか ある時母は振り向いて 約束しようと云った それぞれに人は誰も 自分の色で咲く いつか必ずしあわせに 咲くと約束してね  悲しみは棘に変わってく 甘えたら色は褪せてゆく 思いどおりには 生きられないけれど 一生懸命咲いてね  あなたの背中はいつも とてもあたたかだった どんな時でも私を 信じてくれた 憶えています必ず 約束は守ります あの人と二人きっと 笑顔で咲きます小林幸子さだまさしさだまさし母の手にすがり乍ら 歩いたあの道を いつか私も同じように 歩きたいと思ってた 思い出はセピア色に いつも坂の途中 大きな樟の枝の向こう 遠く海が見えた  道ばたの名もない花 あなたに見えますか ある時母は振り向いて 約束しようと云った それぞれに人は誰も 自分の色で咲く いつか必ずしあわせに 咲くと約束してね  悲しみは棘に変わってく 甘えたら色は褪せてゆく 思いどおりには 生きられないけれど 一生懸命咲いてね  あなたの背中はいつも とてもあたたかだった どんな時でも私を 信じてくれた 憶えています必ず 約束は守ります あの人と二人きっと 笑顔で咲きます
矢車日記うしろ姿の女の背中に 細い径がある 径をたどれば女の胸には 涙の谷がある 忘れてくれなんて 言うから忘れない 矢車の矢車の 花を一輪 もういち度夢ひとつ 咲かせてみたい  恋をなくした女の頬には 白い河がある 河をくでれば女の瞳に 涙の海がある 愛しすぎたことに どんな罪があるの 矢車の矢車の 花は乱れて 実らない恋ひとつ しおれて消えた  思い出さがす女の心に 暗い坂がある 坂をのぼれば女の棲む町 涙の町がある あなたが帰るまで 心に灯をともし 矢車の矢車の 花を一輪 あきらめたこの胸に 飾って待つわ小林幸子小谷夏中村泰士うしろ姿の女の背中に 細い径がある 径をたどれば女の胸には 涙の谷がある 忘れてくれなんて 言うから忘れない 矢車の矢車の 花を一輪 もういち度夢ひとつ 咲かせてみたい  恋をなくした女の頬には 白い河がある 河をくでれば女の瞳に 涙の海がある 愛しすぎたことに どんな罪があるの 矢車の矢車の 花は乱れて 実らない恋ひとつ しおれて消えた  思い出さがす女の心に 暗い坂がある 坂をのぼれば女の棲む町 涙の町がある あなたが帰るまで 心に灯をともし 矢車の矢車の 花を一輪 あきらめたこの胸に 飾って待つわ
破れた恋の繕(なお)し方教えます悲しきミッドナイト 庭を浸すよムーンライト 恋の魔力与えて  もう一度だけ彼を振り向かせて 離れかけた心を  アブダカダブラ バケツに月をうつして 指で混ぜながら呪文となえる あやしく立ちのぼった光は ニレの木を揺らし 激しく吹きすさんだ夜風は あのドアをたたく  アブダカダブラ 彼が脱ぎ捨てたシャツを 百回きざんで媚薬をかける グリーンの炎は燃え盛って 寝顔を照らし 揺らめく煙は夢の私 虹色に見せる  アブダカダブラ それでも効かないときは 永遠に恋はできなくなるけど どこかで一番鶏が鳴いて 空が白みだし 東の金星がゆっくりと昇り出す前に  悲しきミッドナイト 白く冷たいムーンライト 恋の魔力与えて小林幸子松任谷由実松任谷由実悲しきミッドナイト 庭を浸すよムーンライト 恋の魔力与えて  もう一度だけ彼を振り向かせて 離れかけた心を  アブダカダブラ バケツに月をうつして 指で混ぜながら呪文となえる あやしく立ちのぼった光は ニレの木を揺らし 激しく吹きすさんだ夜風は あのドアをたたく  アブダカダブラ 彼が脱ぎ捨てたシャツを 百回きざんで媚薬をかける グリーンの炎は燃え盛って 寝顔を照らし 揺らめく煙は夢の私 虹色に見せる  アブダカダブラ それでも効かないときは 永遠に恋はできなくなるけど どこかで一番鶏が鳴いて 空が白みだし 東の金星がゆっくりと昇り出す前に  悲しきミッドナイト 白く冷たいムーンライト 恋の魔力与えて
やんちゃ酒お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだら 喧嘩(やんちゃ)の 悪い癖 いいの いいのよ うれしい苦労 膝で 眠って 下さいな あたしが この人 ついていなければ  そばで 見てなきゃ 何も出来ず 心の 弱さに コップ酒 いいの いいのよ 惚れたのだから 少し お下がり 頂くわ あたしが この人 ついていなければ  涙もろくて 生き方 下手で 童子(こども)が 大きく なったまま いいの いいのよ あしたのことは 着物 売っても 飲ませるわ あたしが この人 ついていなければ小林幸子荒木とよひさ弦哲也お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだら 喧嘩(やんちゃ)の 悪い癖 いいの いいのよ うれしい苦労 膝で 眠って 下さいな あたしが この人 ついていなければ  そばで 見てなきゃ 何も出来ず 心の 弱さに コップ酒 いいの いいのよ 惚れたのだから 少し お下がり 頂くわ あたしが この人 ついていなければ  涙もろくて 生き方 下手で 童子(こども)が 大きく なったまま いいの いいのよ あしたのことは 着物 売っても 飲ませるわ あたしが この人 ついていなければ
やんちゃ酒(セリフ入り)お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだら 喧嘩(やんちゃ)の 悪い癖 いいの いいのよ うれしい苦労 膝で 眠って 下さいな あたしが この人 ついていなければ  「おまえさん そんなところで眠っちまったら ほら 風邪ひくよ」  そばで 見てなきゃ 何も出来ず 心の 弱さに コップ酒 いいの いいのよ 惚れたのだから 少し お下がり 頂くわ あたしが この人 ついていなければ  「おまえさん これで最後だよ もう一本つけるからさ」  涙もろくて 生き方 下手で 童子(こども)が 大きく なったまま いいの いいのよ あしたのことは 着物 売っても 飲ませるわ あたしが この人 ついていなければ小林幸子荒木とよひさ弦哲也お酒 飲まなきゃ いい人だけど 飲んだら 喧嘩(やんちゃ)の 悪い癖 いいの いいのよ うれしい苦労 膝で 眠って 下さいな あたしが この人 ついていなければ  「おまえさん そんなところで眠っちまったら ほら 風邪ひくよ」  そばで 見てなきゃ 何も出来ず 心の 弱さに コップ酒 いいの いいのよ 惚れたのだから 少し お下がり 頂くわ あたしが この人 ついていなければ  「おまえさん これで最後だよ もう一本つけるからさ」  涙もろくて 生き方 下手で 童子(こども)が 大きく なったまま いいの いいのよ あしたのことは 着物 売っても 飲ませるわ あたしが この人 ついていなければ
雪椿GOLD LYLICやさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿GOLD LYLIC小林幸子星野哲郎遠藤実やさしさと かいしょのなさが 裏と表に ついている そんな男に 惚れたのだから 私がその分 がんばりますと 背(せな)をかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿  夢にみた 乙女の頃の 玉の輿には 遠いけど まるで苦労を 楽しむように 寝顔を誰にも 見せないあなた 雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿  つらくても がまんをすれば きっと来ますよ 春の日が 命なげすて 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙 子供ごころに 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿
夢の涯て~子午線の夢~熱き心の 命ずるままに 大地を踏みしめ 風に吹かれて いのちの翼で 山河を越える 自由に大空 羽ばたくように 夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして  歩き疲れて 道に迷えば 星空見上げて おまえを想う 足踏みしてたら 明日は来ないと 変わらぬ笑顔が 勇気をくれる 愛を両手に 歩き続けよう 雨にも負けずに 風にも負けず 運命のいたずらに 試されながら いつかはおまえの 星になりたい  夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして小林幸子津城ひかる鈴木淳熱き心の 命ずるままに 大地を踏みしめ 風に吹かれて いのちの翼で 山河を越える 自由に大空 羽ばたくように 夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして  歩き疲れて 道に迷えば 星空見上げて おまえを想う 足踏みしてたら 明日は来ないと 変わらぬ笑顔が 勇気をくれる 愛を両手に 歩き続けよう 雨にも負けずに 風にも負けず 運命のいたずらに 試されながら いつかはおまえの 星になりたい  夢を訪ねて 歩き続けよう 見果てぬ荒野を 道なき道を 人生は地図のない さすらいの旅 ときめく想い 道連れにして
Ribbon青空の 匂いをつけた あの人は 名うての 遊び上手と 解ってた つもりで惚れて 半年のうかれ草 枯らしただけさ 綺麗だなんて 歯の浮く台詞(ことば) 三文芝居の 洒落にもならない あんな野郎(おとこ)なんか どこにもいるよ ひと山幾らの 林檎と同じ あんな野郎 (おとこ)なんか 小箱に積めて 贈ってあげるよ リボンをつけて  優しさを 巧(たく)みに使い この恋が最後だと 本気にさせて 心まで 裸になれば ふた股の罰(ばち)あたり どこでも行(ゆ)きな 仔猫みたいに 鈴までつけて 飼い慣らされたら 愚痴にもならない あんな野郎(おとこ)なんか 掃くほどいるさ くしゃみと一緒に 飛ばしてやるよ あんな野郎(おとこ)なんか カラスの餌に 包んであげるよ リボンをつけて  あんな野郎(おとこ)なんか どこにもいるよ ひと山幾らの 林檎と同じ あんな野郎(おとこ)なんか 小箱に積めて 送ってあげるよ リボンをつけて小林幸子荒木とよひさ都志見隆青空の 匂いをつけた あの人は 名うての 遊び上手と 解ってた つもりで惚れて 半年のうかれ草 枯らしただけさ 綺麗だなんて 歯の浮く台詞(ことば) 三文芝居の 洒落にもならない あんな野郎(おとこ)なんか どこにもいるよ ひと山幾らの 林檎と同じ あんな野郎 (おとこ)なんか 小箱に積めて 贈ってあげるよ リボンをつけて  優しさを 巧(たく)みに使い この恋が最後だと 本気にさせて 心まで 裸になれば ふた股の罰(ばち)あたり どこでも行(ゆ)きな 仔猫みたいに 鈴までつけて 飼い慣らされたら 愚痴にもならない あんな野郎(おとこ)なんか 掃くほどいるさ くしゃみと一緒に 飛ばしてやるよ あんな野郎(おとこ)なんか カラスの餌に 包んであげるよ リボンをつけて  あんな野郎(おとこ)なんか どこにもいるよ ひと山幾らの 林檎と同じ あんな野郎(おとこ)なんか 小箱に積めて 送ってあげるよ リボンをつけて
流氷哀歌流氷みたいに 流されて いつしか居着いた 北の果て どこで生きても 同(おんな)じと 煙草を吹かせば すきま風 霙(みぞれ)の夜は 客もなく 薬缶(やかん)がシュルシュルシュル 鳴るばかり  寝床で囁く 優しさを 本気にするのは あほう鳥 騙(だま)し騙(だま)され 泣かされて 気がつきゃやっぱり 一人きり それでもぬくもり 恋しくて 素肌がチリチリチリ 泣くばかり  小銭を貯めてる 酒の瓶 何(なん)にもあてなど ないけれど ひとり飲みほす 燗冷まし 苦さが躰に しみて行く 故郷なんかにゃ 帰らない 流氷ギシギシギシ 鳴るばかり小林幸子麻こよみ船村徹流氷みたいに 流されて いつしか居着いた 北の果て どこで生きても 同(おんな)じと 煙草を吹かせば すきま風 霙(みぞれ)の夜は 客もなく 薬缶(やかん)がシュルシュルシュル 鳴るばかり  寝床で囁く 優しさを 本気にするのは あほう鳥 騙(だま)し騙(だま)され 泣かされて 気がつきゃやっぱり 一人きり それでもぬくもり 恋しくて 素肌がチリチリチリ 泣くばかり  小銭を貯めてる 酒の瓶 何(なん)にもあてなど ないけれど ひとり飲みほす 燗冷まし 苦さが躰に しみて行く 故郷なんかにゃ 帰らない 流氷ギシギシギシ 鳴るばかり
Y字路どうしているかしら 気にかかるわ 急に思い出して あれからすでに 十年以上 過ぎてはいるけれど  昨日(ゆうべ)も夢で うなされたくらい 募る想い こみあげてきて 今すぐにでも あなたのそばに 行きたいわ!  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 誰もみな 人生のY字路で ああ 間違えるもの。  後戻りなんかは できはしない それは分かっている あなたはほかの女の人と 暮らしているでしょう  かなわぬ夢を かなわないままに 見つづければ もう上の空 また新しい 希望になるわ 生きている!  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 私たち 人生のY字路で ああ 間違えたけど。  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 誰もみな 人生のY字路で ああ 間違えるもの。小林幸子なかにし礼井上大輔どうしているかしら 気にかかるわ 急に思い出して あれからすでに 十年以上 過ぎてはいるけれど  昨日(ゆうべ)も夢で うなされたくらい 募る想い こみあげてきて 今すぐにでも あなたのそばに 行きたいわ!  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 誰もみな 人生のY字路で ああ 間違えるもの。  後戻りなんかは できはしない それは分かっている あなたはほかの女の人と 暮らしているでしょう  かなわぬ夢を かなわないままに 見つづければ もう上の空 また新しい 希望になるわ 生きている!  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 私たち 人生のY字路で ああ 間違えたけど。  人生のY字路で ああ 迷いに迷って 誰もみな 人生のY字路で ああ 間違えるもの。
別離(わかれ)恋が終って 鴎が泣いた 夕陽沈んで なみだが落ちた 運河(かわ)を背にした 二階の小部屋 どうにかなるわと つぶやいて わかれ歌など 聞いてる私  私 いくつと 指折りかぞえ だるい目をして 鏡をのぞく 旅に出ようか 四・五日ならば 手持ちのお金で たりるだろ なみだ歌など 似合っているわ  恋が終って 夜風がしみた 窓に腰かけ タバコにむせた たかが人生 女じゃないの どこかへ私も たどりつく はやり歌など うたって泣いた ラララララララ………小林幸子池田充男近江孝彦恋が終って 鴎が泣いた 夕陽沈んで なみだが落ちた 運河(かわ)を背にした 二階の小部屋 どうにかなるわと つぶやいて わかれ歌など 聞いてる私  私 いくつと 指折りかぞえ だるい目をして 鏡をのぞく 旅に出ようか 四・五日ならば 手持ちのお金で たりるだろ なみだ歌など 似合っているわ  恋が終って 夜風がしみた 窓に腰かけ タバコにむせた たかが人生 女じゃないの どこかへ私も たどりつく はやり歌など うたって泣いた ラララララララ………
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ミッドナイト・トレンディ
  4. 最愛
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照