冬化粧

小林幸子

冬化粧

作詞:たきのえいじ
作曲:弦哲也
発売日:1998/04/25
この曲の表示回数:20,768回

冬化粧
箸の袋に 恋文を
書けば涙の 文字になる
愚かですか 罪ですか
待ってるなんて 馬鹿ですか
重ね着しても 隠せない
やがて心は 冬化粧

うしろ姿の しあわせを
ひとり並べて 飲むお酒
出来るならば 叶うなら
戻して欲しい ふり出しに
乱れた髪も そのままに
酔えば切ない 冬化粧

仕掛け花火の 秋が過ぎ
冬に急かされ 花が散る
凍えそうな この胸を
包んで欲しい その腕で
あなたに私 見えますか
紅も悲しい 冬化粧

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 2:00

  1. EXILE

  2. 明日の行方

    SMILE

  3. 愛するキモチ!

    岩崎宏美

  4. EMOTION

    ミーア・キャンベル(田中理恵)

  5. 夜に駆ける

    YOASOBI

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成