西沢爽作詞の歌詞一覧リスト  123曲中 1-123曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
123曲中 1-123曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ひばりの佐渡情話森山愛子森山愛子西沢爽船村徹周防泰臣佐渡の荒磯の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋は…・つらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬ…・お人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとり しょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしも…・ひとりと いうて泣いた
星空に両手を小沢あきこ・妻吹俊哉小沢あきこ・妻吹俊哉西沢爽神津善行山田年秋星空に 両手をあげて この指を 星で飾ろう 君に可愛い あの星を あなたに青い あの星を 宝石なんて なくっても こころは夢の エメラルド 星空に 両手をあげて この指を 星で飾ろうよ  星空に 両手をあげて 想い出を そっとさがそう 消えた花火か あの星は 母さんの歌 あの星は 幼い頃が ひとつずつ あんなに遠く 光ってる 星空に 両手をあげて 想い出を そっとさがそうよ  星空に 両手をあげて 思ってることを 話そう 二人のことを あの星に 未来のことを あの星に あの星空が しあわせな あしたをきっと つれてくる 星空に 両手をあげて 思ってることを 話そうよ
からたち日記市川由紀乃市川由紀乃西沢爽遠藤実山田年秋こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣(ひとえ)の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  「このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした」  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  「いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして」
ひばりの佐渡情話嶺陽子嶺陽子西沢爽船村徹船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋は…つらいと いうて 泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬ…お人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとり しょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしも…ひとりと いうて泣いた
ひばりの佐渡情話天童よしみ天童よしみ西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿(か)の子の 百合の花 花を摘み摘み なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海(あらうみ)に ひとりしょんぼり 離れ島 袂(たもと)だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて泣いた
からたち日記羽山みずき羽山みずき西沢爽遠藤実伊戸のりおこころで好きと 叫んでも 口ではいえず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  幸福になろうね あの人は言いました わたしは小さく うなずいただけで 胸がいっぱいでした  くちづけすらの 思い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が 散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには 黄色の実がたくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして
女の爪あと箱崎晋一郎箱崎晋一郎西沢爽猪俣公章竜崎孝路おれのこの手の 小さな傷は おまえがつけた 爪のあと 夜風がしみる いたみより 別れないでと 泣く声が おれの背中に おれの背中に つきささる  すがるおまえを 抱きしめながら 涙が胸に ふきあげる おまえがほしい 幸福(しあわせ)の かけらも一つ 残せない おれは死ぬほど おれは死ぬほど つらかった  ひとり爪あと 唇あてゝ 男がいまは むせび泣く おまえの細い 指さきに こめた女の 悲しみが おれの心に おれの心に 痛むから
ひばりの佐渡情話氷川きよし氷川きよし西沢爽船村徹石倉重信佐渡の荒磯(あらそ)の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて エーエ 泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人と いうて エーエ 泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて エーエ 泣いた
アケミという名で十八で黒川真一朗黒川真一朗西沢爽遠藤実只野通泰波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で十八で おれと暮した 三日目に もとの男へ 行っちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロアパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って 消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛が むせぶだけ アケミという名の 変な娘(こ)が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ
涙の谷間に太陽を伊藤咲子伊藤咲子西沢爽和田香苗佐伯亮ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ 心に燃えている 若いいのちを 信じよう 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  こがらしの道 つらくても ひとりじゃないぞ 負けないぞ あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を
港は別れてゆくところ美空ひばり美空ひばり西沢爽船村徹船村徹白いお船が 着くたびに もしやと 港に行ったっけ そしてね…… そしてしょんぼり 涙ぐんでは 戻ってくるの あゝ あの人は 外国航路の マドロスだった  死ぬほど愛した ふたりでも 港は 別れてゆくところ だからね…… だからいまさら 泣いてみたって 仕方がないさ あゝ 夢だもの 誰でも一度は 見る夢だもの  手紙がいっぺん あったきり あの人 あの船なぜ来ない いつもね…… いつもひとりで 海を見ている 風見の鳥よ あゝ 汐風が 噂をしてたら 聞かせておくれ
母さんギター美空ひばり美空ひばり西沢爽船村徹船村徹娘ざかりを お前だけ 苦労させると 泣いた母 そっとなぐさめ 来たものゝ 小雨つめたい 露路裏は なぜか なぜか 泣けちゃう ギターひき  酔うたお客が くれた花 散らずおくれと 頬よせる ひとりさみしく 待ちわびる 寝ついたまんまの 母さんにゃ 花は 花は せめての 夢だもの  好きな人さえ あきらめた 弱いむすめと せめないで いのちみじかい 母さんを ギターつまびく 細い手で 抱いて 抱いて あげたい 夜なのに
別れ町千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実只野通泰愛しても 愛しても 愛し足りない 抱きしめりゃ 溶けそうな君だった 会わなきゃよかった なぜ会った はかない別れになる恋ならば  さよならを さよならを 言っちゃいけない この想い 夢になる別れ町 涙でふりむく その顔が 見えなくなっても心で見てるよ  この世では この世では 二人は他人 名を呼んで 夜が明ける陽が沈む いまでは遥かな 人の妻 この手にゃ抱けない君だと知っても
港と女と子守唄千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実只野通泰捨てた女を 誰かゞひろう 港は男の 通り道 遊びのつもりの おれなのに ベッドのはしに 腰かけて おまえがうたった 子守唄 ねんねこ ねやしゃんせ 寝た子には よゥ 買うてあげよか 笛太鼓 笛太鼓よ  思い出すのか 子供の頃を うつろな目をして うたう唄 いくども男に 背かれた おまえの過去に つまされて グラスを片手に 聞いていた  窓をしめなよ 夜霧がふかい 船なら港を 出て行った さよならしないさ 明日から おまえのそばに 居てやるぜ 泣かずにうたいな 子守唄 ねんねこ ねやしゃんせ 寝た子には よゥ 買うてあげよか 笛太鼓 笛太鼓よ
おんな歌千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実斉藤恒夫別れなければ いけないと 知ってなおさら 燃えるのよ バカな私と 裏町小路 一分刻みの 未練にまけて 酒につぶやく おんな歌  人を泣かせて 添うたとて いつか私が 泣かされる そんな運命が 悲しい夜は 夫婦揃いの 湯呑を買って あなたいるよに お茶をつぐ  花をさまよう 蝶のよに 泣いてはかない 女でも 虹をおとして 素顔のままで 惚れて惚れたい 男がひとり それが死ぬほど つらいのよ
おさらば故郷さん杜このみ杜このみ西沢爽和田香苗花の都で せつないときは いつも偲(しの)んだ 山川なれど さらばおさらば ふるさとさん 逢(あ)いに来てみりゃ 風吹く村よ いまじゃ いまじゃ いまじゃ甘える ああ 親もない  手紙おくれと 叫んだ人の 心変りを うらみはせぬが さらばおさらば ふるさとさん 野菊こぼれる 谷間の駅に せめて せめて せめて涙を ああ 置土産(おきみやげ)  片手ふりふり あとふりかえりゃ ホロリ灯(あか)りが 見送る村よ さらばおさらば ふるさとさん つらくされても 生まれた土地にゃ 逢って 逢って 逢って泣きたい ああ 夢がある
ひばりの佐渡情話杜このみ杜このみ西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて エーエ 泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人と いうて エーエ 泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて エーエ 泣いた
哀愁のからまつ林岩本公水岩本公水西沢爽船村徹涙あふれて はり裂けそうな 胸を両手で 抱きしめる みえないの みえないの 背のびをしても ああ あの人は 行ってしまった からまつ林  せめてもいちど 恋しい人の 腕に甘えて 縋(すが)れたら それだけで それだけで 死んでもいいの ああ 弱虫と 風が叱るわ 日暮の風が  あとも見ないで 別れていった 男らしさが 哀しさが 燃えるよな 燃えるよな 夕やけ小焼 ああ 帰りましょう 影を踏み踏み 落葉の道を
からたち日記クミコクミコ西沢爽遠藤実フェビアン・レザ・パネこころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  「このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中に消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした」  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  「いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして」
女優笹みどり笹みどり西沢爽米山正夫小杉仁三薔薇を 一輪 唇に 恋に 身を灼く カルメン役も 化粧 おとせば 楽屋の鏡 生きていながら 死んでいる うつろな 女の 顔が浮く  罪に 追われた カチューシャも 愛の両手に 抱かれたものを 花の 日比谷の帝国劇場 恋と 舞台に 生きること 教えた あなたは もういない  疲れましたわ なにもかも 眠りたいのよ あなたのそばで 大正八年 一月五日 女優 須磨子の 幕切れは すこし 濃目の 死化粧
十円ぽっちでごめんなさい都はるみ都はるみ西沢爽遠藤実イヤよ すぐ来て すぐ逢って 会社なんかは ほっといて あのねモシモシ 赤電話 おかげで あの人 サット サット しかけて帆かけてとんで来る アラわるいわネ 十円ぽっちで ごめんなさい ノサイサイ  娘ごころの ありったけ 好きなの 好きだわ 愛してる あとは たのむわ この手紙 郵便切手を ソット ソット しかけて帆かけてはりつける アラわるいわネ 十円ぽっちで ごめんなさい ノサイサイ  イカス おかたと バスの中 目と目があうたび 胸が鳴る 夢を見るよな このチャンス 乗り越ししますわ チョイト チョイト しかけて帆かけて車掌さん アラわるいわネ 十円ぽっちで ごめんなさい ノサイサイ
札幌にリラは薫れど能沢佳子能沢佳子西沢爽船村徹夢みただけで しあわせと あきらめながら あゝ 札幌に リラは薫れど あなたは いない 煉瓦道 泣いて 私の 影ひとつ  別れて ひとり 住む街の むなしい姿 あゝ 札幌に リラは薫れど うす紫の その花を 髪に かざれば ただ涙  花咲く 街も 愛なくば 砂漠の街よ あゝ 札幌に リラは薫れど うつろな 空に 思い出を 今日も 数える 時計台
相惚れ道中花村菊江花村菊江西沢爽古賀政男俺とお前は 振分け荷物 紐で結んだ 二人連れ ねぐらさだめぬ やくざの旅にゃ チョイト変だぜ おい どうする気  眉毛おとして おはぐろつけて いっそ他国で 新世帯 夢に見ました 丸髷すがた こんな気持を ねえ どうする気  雨がふるときゃ 旅人合羽 二人一緒に 入(へえ)ってく 人が見てるぜ 勝手にしやがれ きょうの泊りは おい どうする気  風に吹かれる 股旅がらす 風の吹きよが 悪いのさ 野暮じゃないかえ お天道様も 好いた同志を ねえ どうする気
恋づかれ花村菊江花村菊江西沢爽相内定道星野進あなたの あなたの あなたの あなたの 目を見りゃわかる つめたい つめたい つめたい つめたい 心が映る 見捨てられても うらむまい じっとうつむく 涙の頬に 髪がひとすじ ああ 恋づかれ  しあわせ しあわせ しあわせ しあわせ 嘘でもほしい 女が 女が 女が 女が あなたに会った うすい情けの ネオン町 せめてこんどの その女(ひと)だけは どうぞ愛して ああ 恋づかれ  わたしの わたしの わたしの わたしの ことなどいいの いつかは いつかは いつかは いつかは いい日もあるわ そっとあなたの てのひらに 指輪かえして 悲しい過去は 夢にしましょう ああ 恋づかれ
木更津くずし美空ひばり美空ひばり西沢爽やまだ寿夫木更津照るとも お江戸は曇れ…… 晴れて添えねば 雨になれ 切られ与三郎 私ゆえ 三十四ヶ所の 刀きず あだな お富の ヤッサイ モッサイ ヤレコノ ドッコイ コリャ コリャ 涙雨  しがねえ恋が 情の仇(あだ) 命の綱(つな)の 切れたの どうとりとめてか 木更津から めぐる月日も 三年(みとせ)越し  三年(さんねん)逢わなきゃ 女は変る…… 髪は櫛巻 薄化粧 粋な立膝(たてひざ) 長煙管(ながぎせる) うぶな私が こうなって 泣いて暮らすも ヤッサイ モッサイ ヤレコノ ドッコイ コリャ コリャ 誰の罪  憎くて別れた 二人じゃないさ…… いやさ お富と 切る啖呵 いつか とだえて 玄冶店(げんやだな) 三味の音色(ねいろ)も しっぽりと 濡れて お江戸の ヤッサイ モッサイ ヤレコノ ドッコイ コリャ コリャ 夜が更ける
天竜母恋い笠美空ひばり美空ひばり西沢爽遠藤実おさらばヨー 泣かずにおくれよ ほとゝぎす 泣いてはれよか 泣いてはれよか 谷間の霧が 一目逢いたい おふくろさんに 逢えぬつらさを 乗せてゆく 天竜 天竜下りの 三度笠  おふくろさん ご機嫌よろしうも 胸のうち なんで見せらりょ なんで見せらりょ 長脇差(どす)すがた 伊那は七谷 灯ともし頃を ひとり細々 糸を繰る 丸い 丸い背中が 目にうかぶ  おさらばヨー 両手をあわせて ふりかえる 生れ在所は 生れ在所は あの山むこう 天竜ながれろ しぶきで洗え 江戸の土産の何よりも 母へ 母へ詫びてる この涙
串本ぞめき美空ひばり美空ひばり西沢爽古関裕而ヤンレーナー 海は荒海 男は度胸 わしのしょらさん 岬の沖で 波に揺られて鰹釣る 汐の岬は ざんざ ざんざよ 波の高さに 虹が立つよ  ヤンレーナー 船が帰るぞ 朝日に波だ わしのしょらさん 大漁旗立てた わしを抱くよな ふり見せた 汐の岬は ざんざ ざんざよ 風がしぶきを 巻き上げるよ  ヤンレーナー 浜は祝い酒 踊りだ唄だ わしのしょらさん赤銅の肌よ 娘みとれる わしゃやける 汐の岬は ざんざ ざんざよ 波の太鼓が 空に鳴るよ
祖谷のむすめ美空ひばり美空ひばり西沢爽浜圭介山の娘が 別れに泣いたよ 祖谷のつりはし ゆらゆらかずら橋 霧がふる 霧がふる 谷の瀬がむせぶ 粗朶刈りと 言って家を出た さよならを せめて言いたくて 旅のあなたに 旅のあなたに なんでこうまで ひかされた  山の娘は 二十と一だよ 花を一枝 ゆらゆらかずら橋 紅がちる 紅がちる 祖谷の岩つつじ 恋はいや あとがつらいもの 咲いたとて わしも むだの花 峠こえたら 峠こえたら 思いだすまい だされまい  山の娘は さみしい娘よ 帰るつりはし ゆらゆらかずら橋 あとをむく あとをむく 影に日がかげる 粉引き唄うまい 娘だったよ いい嫁になって お暮らしよ 平家かなしや 平家かなしや 祖谷は谷間の かくれ里
有田音頭 (チロリン節)美空ひばり美空ひばり西沢爽古賀政男ハア 有田皿山 ヨイショチロリント どこから明けるヨ ソラアケルヨ 窯の炎で 夜が明ける 技をみがいて 四百年の 意気が燃え立つ ネチョイト 有田焼 アソレ グイチョ グイチョと 有田へござれ 有田チロリン 皿の音 皿の音 チロリン チロリン  ハア 白い素肌に ヨイショチロリント 一筆染めてヨ ソラ染めてヨ 胸のおもいを 色にだす 花の赤絵に 頬ずりすれば 可愛いダミ娘の ネチョイト 声がする アソレ グイチョ グイチョと 有田へござれ 有田チロリン 皿の音 皿の音 チロリン チロリン  ハア 呉須の山々 ヨイショチロリント 赤絵の桜ヨ ソラ桜ヨ 窯のけむりが ぼかし染 有田うれしや 銀杏の木さえ 空に寿の字の ネチョイト 枝を張る アソレ グイチョ グイチョと 有田へござれ 有田チロリン 皿の音 皿の音 チロリン チロリン  ハア 陶器市には ヨイショチロリント 手拍子いらぬヨ ソラいらぬヨ 皿のひびきが 音頭とる 鐘ヶ江三兵衛さんに 見せたいものは 有田繁昌の ネチョイト 人の波 アソレ グイチョ グイチョと 有田へござれ 有田チロリン 皿の音 皿の音 チロリン チロリン
花風の港美空ひばり美空ひばり西沢爽猪俣公章赤い珊瑚の 波散る島を なんであなたは 捨ててゆく 出船ほろほろ 花風の港 紅の手拭を 前歯でかんで 忍び泣くのも 恋のため  白く尾を曳く ひめゆり丸の 船が残した 澪の糸 切れずおくれよ 花風の港 切れてしまえば 別れていつか 逢える夢さえ ない二人  誰も怨まず 哀しい胸を 抱いて見送る 青い海 背のび爪だち 花風の港 恋に死ぬのが 女であれば 石になっても 待ちましょう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ひばりの佐渡情話GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじよして泣いた 島の娘は なじよして泣いた 恋はつらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじよして泣いた 島の娘は なじよして泣いた 逢えぬお人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじよして泣いた 島の娘は なじよして泣いた わしもひとりと いうて泣いた
未練ごころこまどり姉妹こまどり姉妹西沢爽遠藤実死ねといわれりゃ 死にもしょう それほどあなたが 大好きでした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね 忘れたいのに 今日もまた 夢であなたに 逢いました  待てというなら 待ちもしょう さみしい恋でも 忍ぶ気でした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね すがりつくほど 遠くなる 男ごころを 知りました  泣いてすむなら 泣きもしょう 涙じゃ洗えぬ 思い出でした 私はやっぱり だめなのね あゝ だめなのね きれぬ未練の 糸切歯 じっと唇 かみました
ひばりの佐渡情話島津亜矢島津亜矢西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿(か)の子の 百合の花 花を摘み摘み なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海(あらうみ)に ひとりしょんぼり 離れ島 袂(たもと)だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて泣いた
松の木小唄三島敏夫三島敏夫西沢爽不詳お山の松の木ゃ なにをまつ まんまるお月さん 出るをまつ 私しゃ誰まつ 胸でまつ 今夜もあなたの 来るをまつ  手紙の返事も ナシの花 高嶺の花だと あきらめた どうせあの娘は 人の花 そっと涙を フキの花  あなたは私の 宝物 なんにもほかには ほしくない ダイヤモンドが あなたなら ほかの男は 砂利の石  九千万人 いるなかで しんそこ惚れたは あなただけ 雷さんが 鳴ったとて つないだこの手が 離さりょか  あなたの背中へ 指でかく 好きと云う字を カナで書く 読んで頂戴 さかさまに 女ごころの なぞだもの
あゝ青春の胸の血はGOLD LYLIC舟木一夫GOLD LYLIC舟木一夫西沢爽遠藤実溢れる若さ あればこそ 未来に向い われら立つ 海の太陽 山の雲 輝け命の 歌声に ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの  親しき友の かなしみを 励ます言葉 尽きるとも 光れ銀河よ 友情の 涙を夜空に ちりばめて ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの  瞼にあわき 花すみれ ゆきずりの君 今いずこ 虹は消えても 若き日の はかなき思い出 忘るまじ ああ 青春の胸の血は 夢ひとすじに 燃えるもの
こんな別れが一つある小金沢昇司小金沢昇司西沢爽原譲二前田俊明男は唇 かんだまま すがる目をした 女が残る 惚れていりゃこそ 傷つきあった 夜霧の巷の どこかに 今日も こんな別れが 一つある  あなたに逢うため 生まれたの 声にならない 女の叫び ビルの谷間に 男の影が 夜霧にむせんだ 口笛 消えた こんな別れが 一つある  枯れ葉が ひらひら 風に舞い 恋は終った 女も消えた 明日は互いに 名を呼びあって 未練に泣くだろ 逢うこともなく こんな別れが 一つある こんな別れが 一つある
青春の城下町氷川きよし氷川きよし西沢爽遠藤実石倉重信流れる雲よ 城山に のぼれば見える 君の家 灯りが窓に ともるまで 見つめていたっけ 逢いたくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  白壁坂道 武家屋敷 はじめてふれた ほそい指 ひとつちがいの 君だけど 矢羽根の袂が 可愛いくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  どこへも 誰にも 嫁(い)かないと 誓ってくれた 君だもの 故郷に 僕が 帰る日を 待っておくれよ 天守閣 ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町
絵草紙若衆勝新太郎勝新太郎西沢爽古賀政男娘ざかりが あれあのように 広いお江戸は 恋の風 むこう通るは 絵草紙若衆 憎や素顔を なぜ見せぬ  粋でいなせな 口三味線も まゝよこの世の かくれ蓑 姿かたちは 浮かれていても 錆はせぬぞえ 落し差し  花の小袖に 蝶々が二つ またも白刃に もつれ飛ぶ 恋が斬れよか 絵草紙若衆 浮名辰巳の 川風に
春を待つ少女安達明安達明西沢爽遠藤実雪割草に くちづけて はるかな山を 見る少女 ひとりぼっちは さみしいけれど ほら ほら すぐに花咲く春が 青い 青い あの尾根に ほら ほら 君の瞳にも  手編みの 白いセーターに 包んでいるは どんな夢 そっと誰かを 想っていたら ほら ほら きっとみどりの風が 甘い 甘い さゝやきが ほら ほら 君のこゝろにも  悲しいなんて 泣いたなら なおさらつらく なるだけさ 春を待とうよ 肩よせあって ほら ほら 光る陽ざしの春が 若い 若い 太陽が ほら ほら 君のえくぼにも
おさらば故郷さん島津亜矢島津亜矢西沢爽和田香苗花の都で せつないときは いつも偲(しの)んだ 山川なれど さらばおさらば ふるさとさん 逢(あ)いに来てみりゃ 風吹く村よ いまじゃ いまじゃ いまじゃ甘える ああ 親もない  手紙おくれと 叫んだ人の 心変りを うらみはせぬが さらばおさらば ふるさとさん 野菊こぼれる 谷間の駅に せめて せめて せめて涙を ああ 置土産  片手ふりふり あとふりかえりゃ ホロリ灯(あか)りが 見送る村よ さらばおさらば ふるさとさん つらくされても 生まれた土地にゃ 逢って 逢って 逢って泣きたい ああ 夢がある
おさらば故郷さん西尾夕紀西尾夕紀西沢爽和田香苗丸山雅仁花の都で せつないときは いつも偲んだ 山川なれど さらばおさらば ふるさとさん 逢いに来てみりゃ 風吹く村よ いまじゃいまじゃいまじゃ 甘える あゝ 親もない  手紙おくれと 叫んだ人の 心変りを うらみはせぬが さらばおさらば ふるさとさん 野菊こぼれる 谷間の駅に せめてせめてせめて 涙を あゝ 置土産  片手ふりふり あとふりかえりゃ ホロリ灯りが 見送る村よ さらばおさらば ふるさとさん つらくされても 生れた土地にゃ 逢って逢って逢って 泣きたい あゝ 夢がある
女の爪あと藤田まこと藤田まこと西沢爽猪俣公章おれのこの手の 小さな傷は おまえがつけた 爪のあと 夜風がしみる いたみより 別れないでと 泣く声が おれの背中に おれの背中に つきささる  すがるおまえを 抱きしめながら 涙が胸に ふきあげる おまえがほしい 幸福(しあわせ)の かけらも一つ 残せない おれは死ぬほど おれは死ぬほど つらかった  ひとり爪あと 唇あてゝ 男がいまは むせび泣く おまえの細い 指さきに こめた女の 悲しみが おれの心に おれの心に 痛むから
東京ワルツ井上ひろし井上ひろし西沢爽服部レイモンド燃える夜空の ネオンは移り気 すてられた花束が 泣き濡れて 七色の雨にうたう あゝ東京ワルツよ メトロで帰った君よ 君よさようなら  ビルの谷間の 小さな陽だまり 頬よせて君と見た 青い空 あの窓の想い出は あゝ東京ワルツよ 広場に散る散る夢の 夢の露道  みんな誰かを 愛しているのよ キャバレーの虹の灯を うるませて ためいきの青いもや あゝ東京ワルツよ 夜更けの並木は明日の 明日の星空
青い落葉の街神戸一郎神戸一郎西沢爽船村徹青い青い落葉が 散ったのは 風が風がつめたい からなのさ 夜をくぐって ただひとり あの娘のいない 街をゆく 僕も似たよな 身の上さ  好きで好きで別れた 恋のよに 枯れも枯れもしないに 散る落ち葉 なにかしみじみ わかったよ あの娘のいない 僕なんて どうせ落葉と おんなじさ  弱い弱いものだけ 消してゆく 風を風をうらんで 何になる 胸の涙が 夜霧なら あの娘のいない 淋しさを そっと濡らして くれるだろ
瀬戸の恋唄神戸一郎神戸一郎西沢爽船村徹キャビンの窓を すぎてゆく 夜風にのせた ふたりの歌よ あゝあゝ瀬戸はなつかし ほのかに青い 月が出る  鴎がつけて いったのか はてなくつづく 小鳥の灯り あゝあゝ瀬戸はなつかし きらめく夢の 海のいろ  プランを立てて 待ちわびた 可愛い君と 旅ゆく汐路 あゝあゝ瀬戸はなつかし ほほえみのせて 船はゆく
リンゴちゃん神戸一郎神戸一郎西沢爽狛林正一リンゴちゃんって 言うのはネ ちょっとオデコで 可愛いくて いつも街ですれちがうすれちがう 娘さん 恋をしている 訳ではないけれど 通りすぎたあとに いつもリンゴの匂いがした  リンゴちゃんって 呼んだらネ 首をかしげて 不思議そに 丸い目玉くるくるとくるくると まわしたよ わからないのは 当り前なのさ それは僕のほかに 誰も知らないアダ名なのさ  リンゴちゃんに 逢うたびネ 遠い故郷を おもいだす 赤いリンゴいっぱいにいっぱいに 実る村 母とおんなじ 名前じゃないだろか 急に僕の胸に 甘いすっぱい匂いがする
蓼科エレジー神戸一郎・青山和子神戸一郎・青山和子西沢爽遠藤実離れられない 二人なら 一緒に散って しまおうよ あゝ蓼科の 高原の 若い いのちの はかなさよ  ごきげんよろしゅう 八ヶ岳 流れる雲も 見ておくれ あゝ鈴蘭の 花敷いて しずかに眠る ほゝえみを  天国なんて なくっても 一緒にゆこう どこまでも あゝ蓼科の 湖に 二人を偲べ 郭公鳥
ずいずいずっころばし北原謙二北原謙二西沢爽船村徹街に灯りが つく頃は いまでもあの唄 思いだす ずいずいずっころばし ごまみそずい 僕が七つで あの子は五つ うたって帰った 影法師  あの子泣き虫 女の子 ひとりじゃお家へ かえれない ずいずいずっころばし ごまみそずい いつも一緒に 送っていった 一丁 二丁 三丁目の 街あかり  いまじゃあの子も ハイテーン 素敵な娘になっただろ ずいずいずっころばし ごまみそずい 僕のことなど 忘れたろうが おぼえているかよ あの唄は ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん とっぴんしゃん とっぴんしゃん
ひとりぼっちのガキ大将北原謙二北原謙二西沢爽遠藤実こども時代は ガキ大将 えらくなる夢 抱いていた いまじゃ名も無い 男だが ケチな背広と 笑うなよ 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将  ビルの谷間に しずむ陽も 燃えて明日は また昇る 今日は落葉に 埋もれても これで終りに なるものか 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将  見てろ家来を 引連れて きっと登るぞ 山の上 泣きはしないぜ この胸にゃ あすを夢見る 血がさわぐ 俺はね ひとりぼっちの ガキ大将
霧のわかれ石川さゆり石川さゆり西沢爽浜圭介武沢豊別れの しるしに あなたの 手のひらに 白いハンカチ のせました もうなにも 言うことはありません さよならを するのに 似合います 冬枯れの 街の木立に ひえびえと 霧が 霧がふります  可愛い ひとなの あなたの 好きなひと だけど 聞くのは 悲しくて もうなにも 言うことはありません 愛してた あなたを ただみつめ まばたきを しない私の 目の中に 霧が 霧がふります  思い出 半分 あなたに 返します ひとり 抱くのは 重すぎる もうなにも 言うことはありません 追いかけて すがって みたいけど あの影は あとも見ないで 私だけ 霧が 霧がふります
ひばりの渡り鳥だよ岡林信康岡林信康西沢爽狛林正一じれったいほど あの娘のことが 泣けてきやんす ちょいと三度笠 逢うに逢えぬと 思うほど 逢いたさつのる 旅の空 ほんになんとしょ 渡り鳥だよ  投げて占や あの娘のもとに 飛んで帰れと ちょいと賽の数 惚れた弱味の うらの裏 賽の目までが お見通し ほんになんとしょ 渡り鳥だよ  雪の佐渡から 青葉の江戸へ 恋を振り分け ちょいと旅合羽 意地と喧嘩にゃ 負けないが あの娘がおれの 泣きどころ ほんになんとしょ 渡り鳥だよ
アケミという名で十八で西方裕之西方裕之西沢爽遠藤実波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で 十八で おれと暮らした 三日目に もとの男へ行っちゃった 蹴とばせ 波止場の ドラムカン やけで唄った 浪曲節 ああ さびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロ アパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪曲節 ああ さびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛が むせぶだけ アケミという名の 変な娘が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場の ドラムカン やけで唄った 浪花節 ああ さびしいぜ
青春の城下町GOLD LYLIC梶光夫GOLD LYLIC梶光夫西沢爽遠藤実流れる雲よ 城山に のぼれば見える 君の家 灯りが窓に ともるまで 見つめていたっけ 逢いたくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  白壁坂道 武家屋敷 はじめてふれた ほそい指 ひとつちがいの 君だけど 矢羽根の袂が 可愛いくて ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町  どこへも 誰にも 嫁かないと 誓ってくれた 君だもの 故郷に 僕が 帰る日を 待っておくれよ 天守閣 ああ 青春の 思い出は わが ふるさとの 城下町
みれん町美川憲一美川憲一西沢爽米山正夫命までもと 思ったひとは 遠い他人に なりました 恋にすがって 捨てられて 恋をうらんで またすがる むせぶ夜霧の ああ 盛り場は…… しょせん女の しょせん女の みれん町  酒の好みも 煙草のくせも 知らず似るように なりました こんど女に 生れたら もしもあなたに 逢ったなら 愛したくない ああ 愛したい…… しょせん女の しょせん女の みれん町  酔ったはずみと 別れに言った 男ごころに 泣きました バカな私が かなしくて 指でおさえた ほつれ髪 いいえあなたが ああ 憎めない…… しょせん女の しょせん女の みれん町
恋しているんだもん島倉千代子島倉千代子西沢爽市川昭介小指と小指 からませて あなたと見ていた 星の夜 地球も小っちゃな 星だけど 幸福いっぱい 空いっぱい だって だって 私は 恋しているんだもん  仲よしゲンカ して通る いつもは楽しい 散歩道 ごめんなさいねと 言えないで 涙がいっぱい 胸いっぱい だって だって あなたに 恋しているんだもん  デイトのたびに ひとつずつ 思っていたこと 思うこと 素敵な言葉の 寄せ書も ノートにいっぱい 夢いっぱい だって だって ふたりは 恋しているんだもん
からたち日記GOLD LYLIC島倉千代子GOLD LYLIC島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと 叫んでも 口では言えず たゞあの人と 小さな傘を かたむけた あゝ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花  「幸せになろうね あの人は言いました わたしは 小さくうなずいただけで 胸がいっぱいでした」  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣(ひとえ)の袖を かみしめた あゝ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花  このまま 別れてしまってもいいの でもあの人は さみしそうに目をふせて それから 思いきるように 霧の中へ消えてゆきました さよなら初恋 からたちの花が散る夜でした  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく あゝ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花  いつか秋になり からたちには黄色の実が たくさんみのりました 今日もまた 私はひとりこの道を歩くのです きっとあの人が帰ってきそうな そんな気がして
星空に両手を島倉千代子・守屋浩島倉千代子・守屋浩西沢爽神津善行星空に 両手をあげて この指を 星で飾ろう 君に可愛い あの星を あなたに青い あの星を 宝石なんて なくっても こころは夢の エメラルド 星空に 両手をあげて この指を 星で飾ろうよ  星空に 両手をあげて 想い出を そっとさがそう 消えた花火か あの星は 母さんの歌 あの星は 幼い頃が ひとつずつ あんなに遠く 光ってる 星空に 両手をあげて 想い出を そっとさがそうよ  星空に 両手をあげて 思ってる ことを話そう 二人のことを あの星に 未来のことを あの星に あの星空が しあわせな あしたをきっと つれてくる 星空に 両手をあげて 思ってる ことを話そうよ
初恋マドロス美空ひばり美空ひばり西沢爽遠藤実霧のむこうの 桟橋で やがて出船の ドラが鳴る 泣くだけお泣き 泣くだけお泣き 一夜かぎりの マドロスだもの 泣いて 泣いて忘れて くれるならヨー  「さあ 涙をふきなよ ちょっとだけでも笑顔を見せておくれ ほら 俺だって笑ってるじゃないか 惚れてんなら、笑顔で別れるもんだって 誰かがいってたぜ でもなあ、テープの最後の一本が ぷっつりと切れたときは 想わず海にとび込みそうになったぜ あの娘がいじらしくってなァ」  海でそだてば 鴎さえ 海へ帰るが 本当さ 忘れちまいな 忘れちまいな 別れテープが ちぎれるように もとにゃ もとにゃ戻らぬ 二人ならヨー  波や嵐は 平気だが 恋の涙にゃ 弱かった せつないもんさ せつないもんさ そっと降りなよ 港の夜霧 つらい つらいこころが わかるならヨー
アケミという名で十八で千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実波止場でひろった 女の子 死にたいなんて 言っていた アケミという名で 十八で おれと暮らした 三日目に もとの男へ行っちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ  ごめんなさいって 走り書き 女の匂いが 残るだけ 一間のオンボロ アパートを どんなつもりか 知らないが 花を飾って消えちゃった 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ  夜霧の波止場にゃ 影もない 遠くで霧笛がむせぶだけ アケミという名の 変な娘が もしもどこかで 泣いてたら 待っているぜと 言ってくれ 蹴とばせ 波止場のドラムカン やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ
女の爪あと矢吹健矢吹健西沢爽猪俣公章松井忠重おれのこの手の 小さな傷は おまえがつけた 爪のあと 夜風がしみる いたみより 別れないでと 泣く声が おれの背中に おれの背中に つきささる  すがるおまえを 抱きしめながら 涙が胸に ふきあげる おまえがほしい 幸福の かけらも一つ 残せない おれは死ぬほど おれは死ぬほど つらかった  ひとり爪あと 唇あてゝ 男がいまは むせび泣く おまえの細い 指さきに こめた女の 悲しみが おれの心に おれの心に 痛むから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
仲間たち舟木一夫舟木一夫西沢爽遠藤実歌をうたって いたあいつ 下駄を鳴らして いたあいつ 思い出すのは 故郷の道を みんな一緒に はなれずに ゆこうといった 仲間たち  帽子まるめて いるあいつ リンゴ噛って いるあいつ 記念写真は とぼけていても 肩をならべた ツメエリにゃ 夢をだいてた 仲間たち  手紙よこせと いうあいつ あばよあばよと いうあいつ 口じゃ元気に どなったくせに ぼくが故郷を たつ朝は 涙ぐんでた 仲間たち
アキラのズンドコ節小林旭小林旭西沢爽不詳・補作曲:遠藤実街のみんなが ふりかえる 青い夜風も ふりかえる 君と僕とを ふりかえる そんな気がする 恋の夜 散歩しようか 踊ろうか 一緒に言いましょ アイ・ラヴ・ユウ グット・ナイトと 二人に ウインクしている 街あかり  グラスならべて もういちど 君の笑顔を もういちど 僕におくれよ もういちど とてもいのちが 燃える夜 一年前には 知らなんだ 半年前にも 知らなんだ 若い二人が いつの間に こんなになるとは 知らなんだ  街の夜更けを ただひとり 君と別れて ただひとり 恋のせつなさ ただひとり だいて戻れば 星がふる 今夜もあの娘(こ)を 夢で見る 逢いたい見たいと 夢で見る 夢を見なけりゃ なんで見る 見るまで一日 寝て暮らす
アキラのダンチョネ節小林旭小林旭西沢爽遠藤実逢いはせなんだか 小島の鴎 可愛あの娘(こ)の 泣き顔に いやだ やだやだ 別れちゃやだと いまも聞こえるサ この胸に ダンチョネ  赤い椿が ほろりと散った 旅のお方の 恋しさに 沖の 瀬の瀬で どんと打つ波は なぜに出船をサ 押し戻す ダンチョネ  別れ風だよ やませの風だ 俺をうらむな 風うらめ 忘れまいぞと あとふりむいて ダンチョうたえばサ また涙 ダンチョネ
ギターを持った渡り鳥小林旭小林旭西沢爽狛林正一赤い夕陽よ 燃えおちて 海を流れて どこへゆく ギターかかえて あてもなく 夜にまぎれて 消えてゆく 俺と似てるよ 赤い夕陽  汐の匂いのする町が どこも俺には ふるさとさ ひとりぼっちの さみしさも ギターおまえを つま弾けば 指にからむよ 汐の匂い  別れ波止場の 止り木の 夢よさよなら 渡り鳥 俺もあの娘(こ)も 若いから 胸の涙も すぐかわく 風がそよぐよ 別れ波止場
おさらば故郷さん氷川きよし氷川きよし西沢爽和田香苗南郷達也花の都で せつないときは いつも偲んだ 山川なれど さらばおさらば ふるさとさん 逢いに来てみりゃ 風吹く村よ いまじゃいまじゃいまじゃ 甘える ああ 親もない  手紙おくれと 叫んだ人の 心変りを うらみはせぬが さらばおさらば ふるさとさん 野菊こぼれる 谷間の駅に せめてせめてせめて 涙を ああ 置土産  片手ふりふり あとふりかえりゃ ホロリ灯りが 見送る村よ さらばおさらば ふるさとさん つらくされても 生れた土地にゃ 逢って逢って逢って 泣きたい ああ 夢がある
おさらば故郷さん加賀城みゆき加賀城みゆき西沢爽和田香苗花の都で せつないときは いつも偲んだ 山川なれど さらばおさらば ふるさとさん 逢いに来てみりゃ 風吹く村よ いまじゃ いまじゃ いまじゃ 甘える ああ… 親もない  手紙おくれと 叫んだ人の 心変りを うらみはせぬが さらばおさらば ふるさとさん 野菊こぼれる 谷間の駅に せめて せめて せめて 涙を ああ… 置土産  片手ふりふり あとふりかえりゃ ホロリ灯りが 見送る村よ さらばおさらば ふるさとさん つらくされても 生れた土地にゃ 逢って 逢って 逢って 泣きたい ああ… 夢がある
ウソツキ鴎小林幸子小林幸子西沢爽古賀政男佐伯亮嘘つき鴎に きょうもまた お船が来たよと だまされた お船は来たけど よその船 しょんぼり波止場に 背をむけて 私はホロリと…ホロリと 泣いちゃった  嘘つき鴎と よく似てる 小粋なジャケツの マドロスさん 花束かゝえて 手をふって 急いで帰ると それっきり 手紙もくれずに…くれずに もう三月  嘘つき鴎は 旅の鳥 まあるい地球を ひと廻り どこかであの人 見かけたら 私が毎日 泣いてると ほんとの話を…話を しておくれ
ひばりの佐渡情話五木ひろし五木ひろし西沢爽船村徹佐渡の荒磯の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて泣いた
波止場だよ、お父つぁん美空ひばり美空ひばり西沢爽船村徹古い錨が 捨てられて ホラ 雨に 泣いてる 波止場だよ 年はとっても 盲でも むかし 鳴らした マドロスさんにゃ 海は 海は 海は恋しい……ねー お父つぁん  岬まわった あの船の ホラ 遠い 汽笛が きこえるね きょうも あたいに 手を引かれ 通う 港の三本マスト 見たい 見たい 見たいだろうよ……ねー お父つぁん  白髪 めっきり ふえたけど ホラ 縞のジャケツは まだ似合う せめて あたいが 男なら 親子 二代の マドロスなのに 泣けて 泣けて 泣けてきちゃった……ねー お父つぁん
さすらいGOLD LYLIC小林旭GOLD LYLIC小林旭西沢爽補作曲:狛林正一狛林正一・山田良夫夜がまた来る 思い出つれて おれを泣かせに 足音もなく なにをいまさら つらくはないが 旅の灯りが 遠く遠くうるむよ  知らぬ他国を 流れながれて 過ぎてゆくのさ 夜風のように 恋に生きたら 楽しかろうが どうせ死ぬまで ひとりひとりぼっちさ  あとをふりむきゃ こころ細いよ それでなくとも 遥かな旅路 いつになったら この淋しさが 消える日があろ 今日も今日も旅ゆく
波止場通りなみだ町森昌子森昌子西沢爽遠藤実女は頬杖ついていた 窓に港の霧が降る 霧の彼方を船が出る あゝ またしあわせが逃げちゃった 波止場通りはなみだ町 涙ひとすじ糸をひく  女は演歌を口ずさむ 夕べ男が唄ってた 歌と気がつき爪をかむ あゝ またしあわせが逃げちゃった 波止場通りはおんな町 未練ごころの弾き語り  女は煙草に火をつける マッチ一本燃え尽きる 燃えてはかない運命でも あゝ またしあわせが逃げちゃった 波止場通りは別れ町 生きてりゃいいことあるでしょう
黒髪梶光夫梶光夫西沢爽狛林正一狛林正一逢えなくなった あのひとと 名残り 惜しんだ 花散る木影 黒髪 くろかみ あのひとの くろかみの 甘い薫りを 偲べば 泣ける  大きく夢を 持つのよと 僕を叱った さみしい笑顔 黒髪 くろかみ あのひとの くろかみに 別れの風が むせんだ あの日  幸福だろか 僕のこと たまにゃ 思って くれるだろうか 黒髪 くろかみ あのひとの くろかみを いまも かなしく 忘れはしない
この街を出てゆこう高木たかし高木たかし西沢爽狛林正一狛林正一この街を でてゆこう でてゆこう 街にいたなら あの娘のことを 思いだすのが つらいから 俺は…別れて きたんだよ  この街を でてゆこう でてゆこう いまもあの娘が 待ってるように 灯影さみしい 街の角 俺は…泣くのが きらいだよ  この街を でてゆこう でてゆこう あてはないけど 知らない土地で そっとかくれて 生きようぜ 俺は…ひとりに なりたいよ
困るのことヨ都はるみ都はるみ西沢爽遠藤実安藤実親甘い言葉と 知りながら うれし涙が ポーロポロ なんとかしてよ ネエ 娘ごころの この涙 あなたが とめなきゃ チョイト とまらない アラ 私だって だって 困るのこと ヨ  月がきれいと 肩よせりゃ 影が一つに ユーラユラ なんとかしてよ ネエ お顔見るだけ 逢うだけじゃ いやよと すねてる チョイト 裏のうら アラ 私だって だって 困るのこと ヨ  若いふたりを 笑うよに 街の灯りが チーカチカ なんとかしてよ ネエ 別れられない 別れ道 つないだ 手と手が チョイト はなれない アラ 私だって だって 困るのこと ヨ
初恋りんごっこ都はるみ都はるみ西沢爽市川昭介市川昭介逢いにお出でよ 津軽の山にヨ 遠い東京の あの人よ わたしゃ初恋 りんごっこ 白いりんごの 花散る夜は なぜかほろりと ほんに ほろりと エー泣けまする  雪はとけても 愁いはとけぬヨ 離ればなれに 暮そとも わたしゃ初恋 りんごっこ 人の恋しさ 初めて知った 胸にほろりと 花がほろりと エー散りまする  赤いりんごに 涙を添えてヨ 送りましょうか あの人に わたしゃ初恋 りんごっこ 頬をおさえた 絣の袖に 露がほろりと いつかほろりと エー濡れまする
レモン月夜の散歩道都はるみ都はるみ西沢爽市川昭介市川昭介レモン月夜の 散歩道 ゆら ゆら ゆれて ゆきましょう ふたりが 好きと 言った道 甘く今夜も 散る花は 忘れられない あの言葉 月の並木を ゆれて ゆら ゆら ゆきましょう  レモン月夜の 影法師 ゆら ゆら ゆれて ゆきましょう ふたりは 恋の 魚なの 青い木立は 海のよに 月の光が 素晴らしい 腕くみながら ゆれて ゆら ゆら ゆきましょう  レモン月夜の 散歩道 ゆら ゆら ゆれて ゆきましょう 夜風が胸に くすぐったい 夢を見るよな 夜だもの なにを話せば いゝかしら 恋の小道を ゆれて ゆら ゆら ゆきましょう
ちあきの夢は夜ひらくちあきなおみちあきなおみ西沢爽曾根幸明田辺信一恋の遊びの 夜が明けて 白い車は 消えたけど 消えぬ あなたの おもかげに 夢は夜ひらく  来ないあなたと 知りながら 二つコーヒー とりました 雨の夜更けの 喫茶店 夢は夜ひらく  髪を染めても ただうつろ 爪を染めても ただうつろ 夜の鏡に 涙ぐむ 夢は夜ひらく  愛を知らない 女より たとえ泣いても 悔んでも ひとを愛した 思い出に 夢は夜ひらく  きっとなれます しあわせに そんなカードの 占いの 嘘を信じて 待ちましょう 夢は夜ひらく 夢は夜ひらく
慕情の桟橋美空ひばり美空ひばり西沢爽船村徹船村徹白い船が 灯りを消して ひっそりねむる 月の夜の桟橋 逢えないの もう逢えないの 読んだとて もう逢えないの  とめどなく 涙のように さざ波よせる 思い出の桟橋 好きなのに あゝ 好きなのに あの人を あゝ好きなのに  切ないの たゞ 切ないの 生きる身が たゞ切ないの
やさしい愛の歌美空ひばり美空ひばり西沢爽佐伯亮佐伯亮灯りを消しましょ 星があるもの きかせて‥‥やさしい 愛の歌  今夜はあなたと 二人だけ 素敵なギターに 目をとじて 夢見る小鳩に なりたい私  私はあなたの 歌が大好き きかせて‥‥やさしい 愛の歌  どんなに私が 可愛いの ふたりがはじめて 逢ったとき どっちが夢中に なったのかしら  涙がでるのよ 甘い涙が きかせて‥‥やさしい 愛の歌  この世に終りが 来るときも あなたはうたって くれるわね その手で私を 抱きしめながら
雨の隅田河岸美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫福田正傘をかしげて ふとすれちがう 柳ちる夜の 隅田河岸 えゝ 別れた頃より しあわせそうな 憎い 恋しい‥‥ 人がゆく  男ごゝろも 隅田の水も いちど流れりゃ かえりゃせぬ えゝ 未練とおもえば 口惜しいけれど もとは 他人じゃ‥‥ ないお人  むせぶ「ながし」の あの三昧の音も 雨に消えゆく 隅田河岸 えゝ 勝気といわれた 女がひとり 泣いて おります‥‥ しみじみと
悲しい事は忘れましょう美空ひばり美空ひばり西沢爽原六朗原六朗青い夜霧に 手をふって あの娘が消えてく ターミナル 恋をしていりゃ サヨナラも 胸にやさしい オルゴール あゝ 青春 ミッドナイト 悲しい事は 忘れましょう  ちょっとドライで 泣き虫で あの娘は可愛いい お嬢さん 甘い夜風に ハミングが とけてたのしい 並木路 あゝ 青春 ミッドナイト 悲しい事は 忘れましょう  若い口笛 吹きながら あの娘を夢みる シルエット いつか咲くだろ アパートの 窓に二人の 愛の花 あゝ 青春 ミッドナイト 悲しい事は 忘れましょう
哀愁のからまつ林島倉千代子島倉千代子西沢爽船村徹船村徹涙あふれて はり裂けそうな 胸を両手で 抱きしめる みえないの みえないの 背のびをしても あゝ あの人は 行ってしまった からまつ林  せめてもいちど 恋しい人の 腕に甘えて 縋れたら それだけで それだけで 死んでもいいの あゝ 弱虫と 風が叱るわ 日暮の風が  あとも見ないで 別れていった 男らしさが 哀しさが 燃えるよな 燃えるよな 夕やけ小焼け あゝ 帰りましょう 影を踏み踏み 落葉の道を
アキラのソーラン節小林旭小林旭西沢爽不詳・補作曲:遠藤実ヤーレン泣くのは およしよ 涙は苦手だ およしよ 鳥もかよわぬ 荒波こえて 女乗せない この舟なれど つれていきたやエー どこまでもよ  ヤーレンアネコだ アネコだ 浜では娘は アネコだ 惚れてごらんよ 鰊場アネコ 汐でみがいた 荒海そだち 色は黒いがエー 深なさけよ  ヤーレン ソーラン ソーラン も一つ おまけだ ソーラン 天下取るより なりたや船頭 大漁旗たて どぶろく飲んで 鰊枕にエー 高いびきよ
焼けぼっくいに火がついた千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実おれが故郷を 捨てたとき 泣いてすがった 娘っ子 きれいになったぜ 見違えた 花の東京のど真ん中 ばったり お前と 会うなんて… あゝ エー焼けぼっくいに火がついた  まさかお前が あとを追い 道をはさんだ 盛り場の 女でいるとは 知らなんだ おれも毎日 ビルの屋根 わかれた お前を 呼んでいた… あゝ エー焼けぼっくいに火がついた  惚れて別れて また会えば 惚れた度合いも 倍になる 今夜は酔おうぜ 二人きり 恋の苦労の 泣き笑い うれしい 涙の 味がする… あゝ エー焼けぼっくいに火がついた
ほんとのアケミを知らないか千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実函館生れと 聞いたから 津軽の海まで 越えてみた 函館みなとの 桟橋で 鈴蘭売る娘が よく似てた アケミという名で 十八で ほんとの アケミは いなかった  神戸に居るって 耳にした 行ったらこんどは 長崎だ 小さなバーまで 突きとめて 扉をそおっと 押す気持 抱きしめたいのに 泣けるのに ほんとの アケミと ちがってた  男と一緒か 別れたか 帰って来たなら 叱るまい 波止場でひろった おまえなら どこかの港に いそうだが アケミという名が 多すぎる ほんとの アケミを 知らないか
ゆうべの女によろしくな千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実女が寝返り 打ったとき おれはだまって 部屋を出た 小粋な別れと 言いたいが 曉けの出船を 追うように みれん雨ふる 港町… ゆうべの女に よろしくな  こうして眠れば しあわせと おれの片手を 抱きしめて 幼い頃には 母さんの 指をにぎって 寝たのよと いった女の 片えくぼ… ゆうべの女に よろしくな  今ごろうらんで いるだろな おれはやっぱり だめな奴 だました男の ぬくもりに むせぶ背中が 目にうかぶ 雨の海峡 わかれ船… ゆうべの女に よろしくな
つばなの小径美空ひばり美空ひばり西沢爽古賀政男古賀政男ハア………… 涙ぬぐって あとふりむけば 遠くうすれる 入日雲 どうぞ御無事で さようなら 呼んでみたけど つばなの野づら 花がこぼれて いるばかり  ハア………… 娘ひとりが たよりの親を なんで捨てらりょ 山暮し 縁がなかった あの人と 道をうずめた つばなの花を 泣いて踏んでく 影法師  ハア………… 淡い思い出 うつしたような 花の白さが 暮れのこる 駅についたろ 今ごろは 汽車の灯りか 野づらの果で うるむ夜空に 月がでる
宴のあと石原裕次郎石原裕次郎西沢爽北原じゅん高田弘帰るのね こんな夜更けに あの女が 待っているのね 愛された 宴のあとは アパートの 扉をあけて 遠くなる 遠くなる あなたのこころ  花を買い グラス飾って 待ちわびた 夜の終りは さよならの キッスも忘れ 街角に 車が消えて 涙ぐむ 涙ぐむ 私が残る  好きだから ひとのあなたの 幸福を こわしたかった それなのに 今夜も負けて 燃える手に 乳房をつつみ ふりしきる ふりしきる 雨に泣くのよ
鳶ヒョロヒョロ燕がスイ美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫旅の娘が ちらりと笑くぼ 乙な気持で すれちがう とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ せめてもいちど エゝ 顔見たや  寄っていこうか 渋茶に団子 茶屋のあねさん 手で招く とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ 先で待つ娘が エゝ いるじゃなし  一人旅でも 青空見れば 胸も晴れます 唄もでる とろり とろりや とんとろり 鳶 ヒョロヒョロ 燕がスイ 駕籠でゆくほど エゝ 野暮じゃない
涙の谷間に太陽を島倉千代子島倉千代子西沢爽和田香苗森岡賢一郎ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ 心に燃えている 若いいのちを 信じよう 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  愛されないと 泣くよりも 愛してゆこう どこまでも あなたよ この世を嘆くまい 空の青さは 誰のもの 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  こがらしの道 つらくても ひとりじゃないぞ 負けないぞ あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を 涙の谷間に 太陽を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
親星子星西崎緑・田端義夫西崎緑・田端義夫西沢爽遠藤実空の星さえ 親星子星 母のない子は つらかろに ねんねん あたいの寝顔に涙 泣いているのね 泣いているのね ……お父ちゃん  お父ちゃん あの星が母ちゃん星なの? うん そうなんだよ いつになったら あの星から 母ちゃんが帰ってきて お祭りに つれてってくれるのかなあ あの頃はたのしかったね もう一度お母ちゃんを呼んでみよう… お母ちゃんーお母ちゃんー 遠いお空に いる母ちゃんと 星をひろって 遊びたい ねんねん この子に よい夢おくれ 母ちゃんに抱かれて 母ちゃんに抱かれて ……ねる夢を 無事で育って 花嫁御寮 父のねがいは それひとつ ねんねん うたって親子で暮らす 春よ来い来い 春よ来い来い ……早く来い
ひばりの観音経美空ひばり美空ひばり西沢爽狛林正一風まかせ 風まかせ 流れ旅空 風まかせ まっぴら御免と 渡り鳥 こんな気ままな おいらでも ほんにこの世で たゞ一人 あの娘ばかりにゃ 惚れやした エーコラ サテマタ あの娘ばかりにゃ 惚れやした 惚れやした  西東 西東 きょうも街道 西東 おひかえなさんせ 三度笠 宿場雀は メじゃないが 思いだします ふるさとの 可愛いあの娘の 初島田 エーコラ サテマタ 可愛いあの娘の 初島田 初島田  吹きさらし 吹きさらし 知らぬ他国は 吹きさらし せつのうござんす 旅合羽 銀の長脇差 すっぱりと すてて戻ろか 帰ろうか なんであの娘が 忘らりょか エーコラ サテマタ なんであの娘が 忘らりょか 忘らりょか
さすらい鳥羽一郎鳥羽一郎西沢爽狛林正一夜がまた来る 思い出つれて おれを泣かせに 足音もなく なにをいまさら つらくはないが 旅の灯りが 遠く遠くうるむよ  知らぬ他国を 流れながれて 過ぎてゆくのさ 夜風のように 恋に生きたら 楽しかろうが どうせ死ぬまで ひとりひとりぼっちさ  あとをふりむきゃ こころ細いよ それでなくとも 遙かな旅路 いつになったら この淋しさが 消える日があろ 今日も今日も旅ゆく
亜矢子の唄北島三郎北島三郎西沢爽船村徹おもいでの街 さまよいながら 夜霧に叫ぶ 男のこゝろ 亜矢子 亜矢子 ほんとの 僕は 亜矢子 亜矢子 君がほしかった  別れるために 恋するものか わかっておくれ 男の涙 亜矢子 亜矢子 ほんとの 僕は 亜矢子 亜矢子 君がほしかった  おもかげ遠い 夜霧のかなた いまなお炎える 男のいのち 亜矢子 亜矢子 ほんとの 僕は 亜矢子 亜矢子 君がほしかった
ひばりの佐渡情話田川寿美田川寿美西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいと いうて泣いた  波に追われる 鴎さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人と いうて泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりと いうて泣いた
小犬の神様瀬川瑛子瀬川瑛子西沢爽船村徹蔦将包冷たい雨に 濡れながら 飢えた子犬が いたんだよ パンのかけらを 分け合って 抱いた男が いたんだよ  子犬がなめる 髭面に 銀の涙が 光ってた どんな情でも うれしいか 罪に追われる 人間は  (セリフ)子犬は、男に抱かれて三日三晩… たったそれだけの思い出を忘れませんでした。 「おいらは、悪い奴だよ。だけど心を入れかえて、 きっと、おまえを迎えに来る日がある。 それまで達者で、生きていてくれるよなあ…」  あいつはやがて 捕まって 行ってしまうさ 監獄へ だけど子犬は 忘れない たったひとりの 神様を 神様を… 
明るい雨近江俊郎近江俊郎西沢爽万城目正誰かに似たひと 傘さして 駅の時計を 眺めてた 旅にゆく朝 ほろほろと 雨の広場で 鳩が鳴く 赤い屋根 青い屋根 新緑の並木 ああ明るい雨 明るい雨  吐息にけむる ガラス窓 ランチタイムの ビルの窓 書いてまた消す 白い指 どんな思いを つづるやら 赤い屋根 青い屋根 水色の空よ ああ明るい雨 明るい雨  いつか二人で 来た丘を バスにゆられて 越えてゆく 森も林も やわらかに 濡れて日暮れは まだ遠い 赤い屋根 青い屋根 銀色の道よ ああ明るい雨 明るい雨
みぞれ雨笹みどり笹みどり西沢爽叶弦大ジャズと 演歌と 新内と 女のなみだで 夜が更ける わかりますとも 裏町みぞれ雨 会って別れて 人の世は あすを夢みて 生きるだけ  涙かさねて 酔ったのは ひとりで寝るのが こわいから 肌にひえびえ 裏町みぞれ雨 右にまがれば 思い出通り 見られたくない 涙顔  切れた花緒の 下駄さげて 女はうつろに 誰を追う ネオンにじませ 裏町みぞれ雨 ばかよ ばかねと 叫んでみても 男ごころが どうになろ  
明日は咲こう花咲こう吉永小百合・三田明吉永小百合・三田明西沢爽吉田正可愛い蕾(つぼみ)が花になる 花は散っても実はのこる その実がこぼれて花が咲く はじめひとつの花の実が いつかは大きな花園に 暮しの中に根をはろう あなたもわたしもみんなみな 明日は咲こう花咲こう  根っ子は抱いてる太陽を いつも日射しをためている 小さな双葉の根っ子でも 雨の恵を貯えて 花咲く幸福(しあわせ)夢みてる 暮しの中に根をはろう あなたもわたしもみんなみな 明日は咲こう花咲こう  はじめひとつの花の実が いつかは大きな花園に 暮しの中に根をはろう あなたもわたしもみんなみな 明日は咲こう花咲こう 明日は咲こう花咲こう
初恋の人さようなら島倉千代子島倉千代子西沢爽古賀政男青い月夜の 白砂に ひとりさみしく 呼びかける さようなら さようなら 初恋の あなたがくれた お別れの お手紙埋めて 泣いたのよ  忘れないよと 花の蔭 涙をふいて くれた人 さようなら さようなら なにもかも かなしい嘘ね 夢なのね 椿は咲いても 散るさだめ  いつかふたりで 来た浜辺 今宵せつなく うたう波 さようなら さようなら いつまでも あなたを待って 居りますと つたえておくれよ 南風
女の爪あと水原弘水原弘西沢爽猪俣公章おれのこの手の 小さな傷は おまえがつけた 爪のあと 夜風がしみる いたみより 別れないでと 泣く声が おれの背中に おれの背中に つきささる  すがるお前を 抱きしめながら 涙が胸に ふきあげる おまえがほしい 幸福の かけらも一つ 残せない おれは死ぬほど おれは死ぬほど つらかった  ひとり爪あと 唇あてゝ 男がいまは むせび泣く おまえの細い 指さきに こめた女の 悲しみが おれの心に おれの心に 痛むから
いろは若衆美空ひばり美空ひばり西沢爽万城目正やるか帰るか 二つに一つ 喧嘩祭にゃ 待ったなし さくら吹雪に 乱れた髪も お江戸そだちの 勇み肌 おおさ 男ぶりなら エエ 見てくんな  派手に帰ろか 啖呵(たんか)を切ろか 祭り囃しを 合の手に 見かけだおしの お兄(あにい)さんへ 天下御免の 花道だ おおさ ずいと通るが エエ なぜ悪い  いろは四十八 小粋な唄を 風に吹かれて ちらし書き 竹を割るよな 気っぷの良さに 江戸の雀が またさわぐ おおさ 男ぶりなら エエ 見てくんな
あの日の船はもう来ない美空ひばり美空ひばり西沢爽上原げんとあの日の船は もう来ない 帰るあてない ひとなんか 待って波止場に 来たんじゃないさ むかし馴染の 鴎があたしの ともだちなのさ  岬に消えた 船の影 泣いたあたしは うぶだった そんなむかしの 思い出のこる ひとりぼっちの 波止場がかなしい ふるさとなのさ  テープをどんなに つないでも 切れた縁(えにし)を なんとしょう みんな夢だと あきらめながら 風の便りを そっと鴎に きいてるだけさ
わたしゃ糸屋の器量よし美空ひばり美空ひばり西沢爽古賀政男わたしゃ糸屋の 器量よし 朝から晩まで たすきがけ くるりくるくる くるりくるくる 糸車 十七娘は 春じゃもの ソレ お好きな殿御も エー エー いるわいな アーラ お嫁にゃ まだ早い ハイ まだ早い  むこう横丁の 若旦那 丁稚に小僧に 番頭さん くるりくるくる くるりくるくる やってくる 箱入り娘にゃ 婿八人 ソレ 色目にながし目 エー エー 袖を引く アーラ なんだか はずかしい ハイ はずかしい  糸のもつれは すぐとける 心のもつれは どうしましょう くるりくるくる くるりくるくる 物思い あの人ひとりに ただ夢中 ソレ 糸が切れても エー エー うわの空 アーラ 母さんに 叱られた ハイ 叱られた
ひばりの渡り鳥だよ美空ひばり美空ひばり西沢爽狛林正一じれったいほど あの娘のことが 泣けてきやんす ちょいと三度笠 逢うに逢えぬと 思うほど 逢いたさつのる 旅の空 ほんになんとしょ 渡り鳥だよ  投げて占なや あの娘のもとに 飛んで帰れと ちょいと賽のかず 惚れた弱味の うらの裏 賽の目までが お見通し ほんになんとしょ 渡り鳥だよ  雪の佐渡から 青葉の江戸へ 恋を振り分け ちょいと旅合羽 意地と喧嘩にゃ 負けないが あの娘が おれの泣きどころ ほんになんとしょ 渡り鳥だよ
男と女の涙酒瀬川瑛子瀬川瑛子西沢爽叶弦大前田俊明別れグラスに 肩よせ合った 夜の酒場の 片隅は 気がつく人など いないけど 今はうらみも ありません こんな私を ありがとう 男と女の涙酒  好きになっては いけない人に 惚れた運命の 泣きぼくろ 酔って死んでも いいけれど 生きていりゃこそ いつまでも あなたは私の 夢にいる 男と女の涙酒  強く生きろと あなたは言うが 指は未練に すがりつく 酒場のとびらを 背であけて これでほんとに さよならね せめても一度 ふりむいて 男と女の涙酒
哀愁海峡扇ひろ子扇ひろ子西沢爽遠藤実瞼とじても あなたが見える 思い切れない その顔が… 赤い夕陽の 哀愁海峡 波を見つめて アア ゆく私  私ひとりが 身を引くことが しょせんあなたの ためならば… 鴎泣け泣け 哀愁海峡 女ごころの アア かなしさを  せめてあなたも 忘れずいてね こんなはかない 夢だけど… 未練だきしめ 哀愁海峡 越える私を アア いつまでも
おんな町美川憲一美川憲一西沢爽米山正夫愛のさだめのはかなさを 知って いながら愛されて 花が花が散るよに 別れたけれど 私の涙は あなたのものよ あなたが泣かす おんな町  逢ったあの夜の ことでさえ 夢の 影絵の 影法師 今日も今日もあなたの くちずけほしい 私はいまでも あなたのものよ あなたに燃える おんな町  遠い女と あなたには 言われたくない いつまでも 思い思いつづけて 生きてる限り 私の命は あなたのものよ あなたにあげた おんな町
おんなの朝美川憲一美川憲一西沢爽米山正夫朝が来たのね さよならね 街へ出たなら べつべつね ゆうべあんなに 燃えながら 今朝は知らない 顔をして ああ あなたは別れて 別れて しまうのね   朝が来たのね さよならね そんなはかない 仲なのね こんどいつ逢う あてもなく 冷えた紅茶を ひとり飲む ああ さみしい私に 私に もどるのね  朝が来たのね さよならね 思いだしたら 誘ってね 憎いあなたに 泣きながら 夢の名残りを 抱いてゆく ああ 女の涙を 涙を わかってね 涙を わかってね
ひばりの佐渡情話伍代夏子伍代夏子西沢爽船村徹佐渡の荒磯(ありそ)の 岩かげに 咲くは鹿(か)の子の 百合の花 花を摘みつみ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 恋はつらいというて 泣いた  波に追われる 鴎(かもめ)さえ 恋をすりゃこそ 二羽で飛ぶ 沖をながめて なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた 逢えぬお人というて 泣いた  佐渡は四十九里 荒海に ひとりしょんぼり 離れ島 袂(たもと)だきしめ なじょして泣いた 島の娘は なじょして泣いた わしもひとりというて 泣いた
ほれぼれ音頭赤坂小梅赤坂小梅西沢爽遠藤実ハァー (ア ヨイショ) 好きと言うには 言葉はいらぬ 踊る手ぶりで 文字を書く (ア ソレ) トント 手拍子 トント ふむ足 見かわす目と目 (ア ドッコイ) そろう踊りも (ア ヨイショ) ほれぼれと  ハァー (ア ヨイショ) 派手なゆかたに 二度惚れなおす 踊る女房の 女ぶり (ア ソレ) トント 手拍子 トント ふむ足 見かわす目と目 (ア ドッコイ) そろう踊りも (ア ヨイショ) ほれぼれと  ハァー (ア ヨイショ) 知らぬ顔して 踊りましょうと 離ればなれの 惚れた仲 トント 手拍子 トント ふむ足 見かわす目と目 (ア ドッコイ) そろう踊りも (ア ヨイショ) ほれぼれと  ハァー (ア ヨイショ) たったひとりに 会いたいばかり 踊るあの娘も いるのやら (ア ソレ) トント 手拍子 トント ふむ足 見かわす目と目 (ア ドッコイ) そろう踊りも (ア ヨイショ) ほれぼれと  ハァー (ア ヨイショ) 踊りぬけ出りゃ 素肌に夜風 あなた次第の よい月夜 (ア ソレ) トント 手拍子 トント ふむ足 見かわす目と目 (ア ドッコイ) そろう踊りも (ア ヨイショ) ほれぼれと
ツキツキ節畠山みどり畠山みどり西沢爽遠藤実ツキツキ ツキツキ  ツキツキ ツキツキ およそ恋には ナニがつく ツキツキ節で 申そうならば 二人で見ている 空の月 甘いデイトは キッスつき 恋のためいき そっとつき ついたためいき 運のつき エーいまじゃ 女房で鼻につき それでも商売大繁盛  ツキツキ ツキツキ およそ酒には ナニがつく ツキツキ節で 申そうならば 街にゃネオンが パッとつき あの娘目につき 思いつき 逢いたかったと かじりつき 酔ってふらつき 尻をつき エーあわれ帰りにゃ 馬がつき それでも商売大繁盛 ツキツキ ツキツキ  ツキツキ ツキツキ さあて皆さん ナニがつく ツキツキ節で 申そうならば どなたもだんだん 元気つき 調子手拍子 ハヤシつき 一緒にうたえば 知恵がつき エーこれでどうやら タネがつき それでも商売大繁盛 ツキツキ ツキツキ
想い出のからたち日記島倉千代子島倉千代子西沢爽遠藤実池多孝春こころで好きと 叫んでも 口では言えず ただあの人と 小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の小径に 白い仄かな からたちの花  くちづけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ 単衣の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の小径に 泣いて散る散る からたちの花  からたちの実が みのっても 別れた人は もう帰らない 乙女の胸の 奥ふかく ああ 過ぎゆく風 風の小径に いまは遥かな からたちの花
おもいで日記島倉千代子島倉千代子西沢爽遠藤実佐伯亮・牧野昭一指がつめたい人は 心が燃えてるんだって ほんとかしら でも、あれほど誓った指きりも 今は遠い想い出になってしまったの  忘れな草の 青い花 さみしく風に こぼれる道で わたしは今日も 泣いている ああ あの人は あの人は ここでさよなら いったっけ  心変わりを うらむより きれいな恋の 想い出だけを いついつまでも 抱きしめて ああ あの人に あの人に ここでさよなら いったっけ  誰にもおぼえが あるのでしょ 夢より淡い おもいで日記 涙のペンで 書いた日を ああ あの人と あの人と ここでさよなら いったっけ
はるかなる山舟木一夫舟木一夫西沢爽遠藤実さみしいときは 憧れた はるかなる はるかなる 山を 越えてゆこう 流れる雲よ ひとりでいても ぼくの 涙は 見せないぞ  こゝろの怒り 思いきり 叫べば 叫べば かえる あのこだま いつでも ぼくを 待っててくれる 山は 父母 山は友  哀しみ多い 青春は はるかなる はるかなる 山を 越えてゆこう 小さなことは 忘れていろと 山は だまって 立ってるぞ
おんなの朝美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫朝が来たのね さよならね 街へ出たなら べつべつね ゆうべあんなに 燃えながら 今朝は知らない 顔をして ああ あなたは 別れて 別れて しまうのね  朝が来たのね さよならね そんなはかない 仲なのね こんどいつ逢う あてもなく 冷えた紅茶を ひとり飲む ああ さみしい 私に 私に もどるのね  朝が来たのね さよならね 思いだしたら 誘ってね 憎いあなたに 泣きながら 夢の名残りを 抱いてゆく ああ 女の涙を 涙を わかってね 涙を わかってね
絵日傘剣法美空ひばり美空ひばり西沢爽遠藤実山路進一花の絵日傘 くるりと廻しゃ またも白刃が はじけ飛ぶ 江戸の狼ゃ こわくはないが 娘ざかりは 髪のみだれが ささ え 気になる  人を斬るなと 教えた父を うらみますぞえ しみじみと ほんにせつなや 絵日傘剣法 恋のつらさを 思い切る手が ささ え なぜにない  紅の振袖 鹿の子の帯も よその娘と なに変ろ すねて甘えて 絵日傘日傘 愛し殿御と 添えるその日を ささ え 夢に見る
祭り花笠喧嘩旅美空ひばり美空ひばり西沢爽米山正夫福田正祭り花笠 牡丹の花が 散って散ってみてえと 泣いてらあ 喧嘩売るなら すっぱり買うぜ おおさ お聞きよ 囃す太鼓も なだれ打ち  花車(だし)は通すが 通せぬものは 堅気堅気泣かせの 横車 風をくらって とっとと失(う)せろ おおさ 祭りにゃ 野暮なやくざの 用はない  ちょうどお江戸も 祭りの頃か あだなあだな手古舞 恋しいぜ 背(せな)の花笠 修羅場に投げりゃ おおさ 血のよな 雲が飛ぶとぶ 旅の空
ふたりだけの太陽島倉千代子島倉千代子西沢爽市川昭介悲しみなんか まけないで 手をとって どこまでも 駈けて ゆきましょう 野をこえて 丘をこえて 湖こえて あなたと一緒に 探しましょう 遠くできっと 待っている ふたりだけの 太陽を  思い出だけに すがらずに 手をとって まっすぐに 駈けて ゆきましょう 泣かないで 嘆かないで ふりむかないで 明日の来るのを 見つめましょう バラ色雲に つつまれた ふたりだけの 太陽を  嵐のあとは 青い空 手をとって 今日もまた 駈けて ゆきましょう 愛しあい たすけあって ほほえみあって 心と 心を 信じましょう ふたりの胸に 燃えあがる ふたりだけの 太陽を
おれとおまえ川中美幸川中美幸西沢爽叶弦大おれとお前は 惚れたってことよ 白いお前の 襟にふる 雪をはらった あの夜は 死んでいいわと すがってくれた 思いだすなぁ… 酒にひとつぶ あゝ涙つぶ  苦労三年 しがない暮らし 泣きもしただろ 心では だけど笑顔で いてくれた やつれさせたと お前の髪を 撫でてこらえる… おれの気持ちも あゝつらかった  たったひとこと 言わせておくれ おれにゃすぎるぜ 恋女房 すこし酔うわと 盃に ほろり紅さす お前の目もと 惚れて 惚れぬく… 酒がうれしい あゝさしむかい
新目黒音頭区歌区歌西沢爽和田香苗ハア あの娘 可愛いや お不動さんに 恋の願いか いそいそと 袂(たもと)かえして 手拍子ひとつ 目黒音頭の ヨイトサノセ 振りのよに 振りのよに  ハア 桜ちるちる あの目黒川 流れ色ます 花筏(いかだ) 目黒囃子か 夜空にひびく 江戸の名残りの ヨイトサノセ 笛太鼓 笛太鼓  ハア 揺れるボートに みかわす瞳(ひとみ) 花の碑文谷 春の風 更(ふ)けて若やぐ 自由が丘にゃ ネオン色した ヨイトサノセ 月も出る 月も出る  ハア 目黒うれしや 東横線が はこぶ笑顔の 人の波 街は栄える 踊りははずむ 手と手つないだ ヨイトサノセ 輪がまるい 輪がまるい
女のきずぴんから兄弟ぴんから兄弟西沢爽和田香苗離したくない すがりたい 私のあなたに してみたい いいえやっばり あきらめましょう ひどいひどい 世間に 泣いてきた 女の…過去が…またうずく  忘れたいのよ 胸の傷 なんであなたは ふれたがる せめて小さな しあわせだけを 息を息を ころして祈ってる 女の…夢を…知らないで  家じゃどなたが 待つのやら うしろ姿に 涙ぐむ そっとあなたを 見送る夜は 更けて更けて 消えてく 花ネオン 女に…ばかり…つらい町 
おまえぴんから兄弟ぴんから兄弟西沢爽宮坂実わたしが居なけりゃ 駄目ねと笑う つらい苦労も 泣かないで そうさ おまえは こころ妻 こんどこの世に 生まれても おれはおまえに おれはおまえに 惚れるだろ  お風邪をひくわと 羽織をかける 酔ってうたた寝 するおれに 指輪 ひとつも 欲しがらぬ 荒れたおまえの 指さきが おれの涙の おれの涙の 目に痛い  おまえと夜店で 鉢植買って 帰る小さな 窓あかり 待てば ふたりに 春が来る どんな花より 幸福な 花をおまえと 花をおまえと 咲かそうぜ 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. KICK BACK
  3. first death
  4. 錠剤
  5. すずめ feat.十明

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. ギターと孤独と蒼い惑星
  3. 好きじゃないよ
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照