歌詞を

ヘルプ

西沢爽作詞の歌詞一覧リスト

117 曲中 1-117 曲を表示
2019年10月20日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
星空に両手を小沢あきこ・妻吹俊哉西沢爽神津善行星空に両手をあげて
からたち日記市川由紀乃西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
ひばりの佐渡情話嶺陽子西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
ひばりの佐渡情話天童よしみ西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
からたち日記羽山みずき西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
ひばりの佐渡情話氷川きよし西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
アケミという名で十八で黒川真一朗西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
涙の谷間に太陽を伊藤咲子西沢爽和田香苗ながれる涙あるかぎり
港は別れてゆくところ美空ひばり西沢爽船村徹白いお船が着くたびに
母さんギター美空ひばり西沢爽船村徹娘ざかりをお前だけ
別れ町千昌夫西沢爽遠藤実愛しても愛しても愛し足りない
港と女と子守唄千昌夫西沢爽遠藤実捨てた女を誰かゞひろう
おんな歌千昌夫西沢爽遠藤実別れなければいけないと
おさらば故郷さん杜このみ西沢爽和田香苗花の都でせつないときは
ひばりの佐渡情話杜このみ西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
哀愁のからまつ林岩本公水西沢爽船村徹涙あふれてはり裂けそうな
からたち日記クミコ西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
女優笹みどり西沢爽米山正夫薔薇を一輪唇に恋に身を灼く
十円ぽっちでごめんなさい都はるみ西沢爽遠藤実イヤよすぐ来てすぐ
札幌にリラは薫れど能沢佳子西沢爽船村徹夢みただけでしあわせと
相惚れ道中花村菊江西沢爽古賀政男俺とお前は振分け荷物
恋づかれ花村菊江西沢爽相内定道あなたのあなたのあなたの
木更津くずし美空ひばり西沢爽やまだ寿夫木更津照るともお江戸は曇れ
天竜母恋い笠美空ひばり西沢爽遠藤実おさらばヨー泣かずにおくれよ
串本ぞめき美空ひばり西沢爽古関裕面ヤンレーナー海は荒海男は度胸
祖谷のむすめ美空ひばり西沢爽浜圭介山の娘が別れに泣いたよ
有田音頭 (チロリン節)美空ひばり西沢爽古賀政男ハア有田皿山ヨイショ
花風の港美空ひばり西沢爽猪俣公章赤い珊瑚の波散る島を
ひばりの佐渡情話美空ひばり西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
未練ごころこまどり姉妹西沢爽遠藤実死ねといわれりゃ死にもしょう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
ひばりの佐渡情話島津亜矢西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
松の木小唄三島敏夫西沢爽不詳お山の松の木ゃなにをまつ
こんな別れが一つある小金沢昇司西沢爽原譲二男は唇かんだまますがる目を
青春の城下町氷川きよし西沢爽遠藤実流れる雲よ城山にのぼれば
絵草紙若衆勝新太郎西沢爽古賀政男娘ざかりがあれあのように
春を待つ少女安達明西沢爽遠藤実雪割草にくちづけてはるかな
おさらば故郷さん島津亜矢西沢爽和田香苗花の都でせつないときは
おさらば故郷さん西尾夕紀西沢爽和田香苗花の都でせつないときは
あゝ青春の胸の血は舟木一夫西沢爽遠藤実あふれる若さあればこそ
女の爪あと藤田まこと西沢爽猪俣公章おれのこの手の小さな傷は
東京ワルツ井上ひろし西沢爽服部レイモンド燃える夜空のネオンは移り気
青い落葉の街神戸一郎西沢爽船村徹青い青い落葉が散ったのは
瀬戸の恋唄神戸一郎西沢爽船村徹キャビンの窓をすぎてゆく夜風
リンゴちゃん神戸一郎西沢爽狛林正一リンゴちゃんって言うのはネ
蓼科エレジー神戸一郎・青山和子西沢爽遠藤実離れられない二人なら一緒に
ずいずいずっころばし北原謙二西沢爽船村徹街に灯りがつく頃はいまでも
ひとりぼっちのガキ大将北原謙二西沢爽遠藤実こども時代はガキ大将
霧のわかれ石川さゆり西沢爽浜圭介別れのしるしに
ひばりの渡り鳥だよ岡林信康西沢爽狛林正一じれったいほどあの娘のことが
アケミという名で十八で西方裕之西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
青春の城下町梶光夫西沢爽遠藤実流れる雲よ城山にのぼれば
みれん町美川憲一西沢爽米山正夫命までもと思ったひとは遠い他人
恋しているんだもん島倉千代子西沢爽市川昭介小指と小指からませて
からたち日記島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
星空に両手を島倉千代子・守屋浩西沢爽神津善行星空に両手をあげて
初恋マドロス美空ひばり西沢爽遠藤実霧のむこうの桟橋でやがて
アケミという名で十八で千昌夫西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
女の爪あと矢吹健西沢爽猪俣公章おれのこの手の小さな傷は
仲間たち舟木一夫西沢爽遠藤実歌をうたっていたあいつ下駄を
アキラのズンドコ節小林旭西沢爽不詳・補作曲:遠藤実街のみんながふりかえる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
アキラのダンチョネ節小林旭西沢爽遠藤実逢いはせなんだか小島の鴎
ギターを持った渡り鳥小林旭西沢爽狛林正一赤い夕陽よ燃えおちて
おさらば故郷さん氷川きよし西沢爽和田香苗花の都でせつないときは
おさらば故郷さん加賀城みゆき西沢爽和田香苗花の都でせつないときは
ウソツキ鴎小林幸子西沢爽古賀政男嘘つき鴎にきょうもまた
ひばりの佐渡情話五木ひろし西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
波止場だよ、お父つぁん美空ひばり西沢爽船村徹古い錨が捨てられてホラ
さすらい小林旭西沢爽補作曲:狛林正一夜がまた来る思い出つれて
波止場通りなみだ町森昌子西沢爽遠藤実女は頬杖ついていた
黒髪梶光夫西沢爽狛林正一逢えなくなったあのひとと
この街を出てゆこう高木たかし西沢爽狛林正一この街をでてゆこうでてゆこう
困るのことヨ都はるみ西沢爽遠藤実甘い言葉と知りながら
初恋りんごっこ都はるみ西沢爽市川昭介逢いにお出でよ津軽の山にヨ
レモン月夜の散歩道都はるみ西沢爽市川昭介レモン月夜の散歩道ゆらゆら
ちあきの夢は夜ひらくちあきなおみ西沢爽曾根幸明恋の遊びの夜が明けて
慕情の桟橋美空ひばり西沢爽船村徹白い船が灯りを消して
やさしい愛の歌美空ひばり西沢爽佐伯亮灯りを消しましょ星があるもの
雨の隅田河岸美空ひばり西沢爽米山正夫傘をかしげてふとすれちがう
悲しい事は忘れましょう美空ひばり西沢爽原六朗青い夜霧に手をふって
哀愁のからまつ林島倉千代子西沢爽船村徹涙あふれてはり裂けそうな胸を
アキラのソーラン節小林旭西沢爽不詳・補作曲:遠藤実ヤーレン泣くのはおよしよ
焼けぼっくいに火がついた千昌夫西沢爽遠藤実おれが故郷を捨てたとき
ほんとのアケミを知らないか千昌夫西沢爽遠藤実函館生れと聞いたから
ゆうべの女によろしくな千昌夫西沢爽遠藤実女が寝返り打ったとき
つばなの小径美空ひばり西沢爽古賀政男ハア涙ぬぐってあとふりむけば
宴のあと石原裕次郎西沢爽北原じゅん帰るのねこんな夜更けに
涙の谷間に太陽を島倉千代子西沢爽和田香苗ながれる涙あるかぎり
親星子星西崎緑・田端義夫西沢爽遠藤実空の星さえ親星子星
ひばりの観音経美空ひばり西沢爽狛林正一風まかせ風まかせ流れ旅空
さすらい鳥羽一郎西沢爽狛林正一夜がまた来る思い出つれて
亜矢子の唄北島三郎西沢爽船村徹おもいでの街さまよいながら
小犬の神様瀬川瑛子西沢爽船村徹冷たい雨に濡れながら
明るい雨近江俊郎西沢爽万城目正誰かに似たひと傘さして
みぞれ雨笹みどり西沢爽叶弦大ジャズと演歌と新内と
明日は咲こう花咲こう吉永小百合・三田明西沢爽吉田正可愛い蕾が花になる
初恋の人さようなら島倉千代子西沢爽古賀政男青い月夜の白砂にひとり
女の爪あと水原弘西沢爽猪俣公章おれのこの手の小さな傷は
いろは若衆美空ひばり西沢爽万城目正やるか帰るか二つに一つ
あの日の船はもう来ない美空ひばり西沢爽上原げんとあの日の船はもう来ない
わたしゃ糸屋の器量よし美空ひばり西沢爽古賀政男わたしゃ糸屋の器量よし
ひばりの渡り鳥だよ美空ひばり西沢爽狛林正一じれったいほどあの娘のことが
男と女の涙酒瀬川瑛子西沢爽叶弦大別れグラスに肩よせ合った
哀愁海峡扇ひろ子西沢爽遠藤実瞼とじてもあなたが見える
おんな町美川憲一西沢爽米山正夫愛のさだめのはかなさを
おんなの朝美川憲一西沢爽米山正夫朝が来たのねさよならね
ひばりの佐渡情話伍代夏子西沢爽船村徹佐渡の荒磯の岩かげに
ツキツキ節畠山みどり西沢爽遠藤実ツキツキツキツキツキツキツキツキ
想い出のからたち日記島倉千代子西沢爽遠藤実こころで好きと叫んでも
おもいで日記島倉千代子西沢爽遠藤実指がつめたい人は心が燃えてる
おんなの朝美空ひばり西沢爽米山正夫朝が来たのねさよならね
絵日傘剣法美空ひばり西沢爽遠藤実花の絵日傘くるりと廻しゃ
祭り花笠喧嘩旅美空ひばり西沢爽米山正夫祭り花笠牡丹の花が
ふたりだけの太陽島倉千代子西沢爽市川昭介悲しみなんかまけないで
おれとおまえ川中美幸西沢爽叶弦大おれとお前は惚れたって
新目黒音頭区歌西沢爽和田香苗ハアあの娘可愛いや
女のきずぴんから兄弟西沢爽和田香苗離したくない すがりたい
おまえぴんから兄弟西沢爽宮坂実わたしが居なけりゃ駄目ね