試聴する

アケミという名で十八で

この曲の表示回数 32,589
歌手:

千昌夫


作詞:

西沢爽


作曲:

遠藤実


波止場でひろった 女の子
死にたいなんて 言っていた
アケミという名で 十八で
おれと暮らした 三日目に
もとの男へ行っちゃった
蹴とばせ 波止場のドラムカン
やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ

ごめんなさいって 走り書き
女の匂いが 残るだけ
一間のオンボロ アパートを
どんなつもりか 知らないが
花を飾って消えちゃった
蹴とばせ 波止場のドラムカン
やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ

夜霧の波止場にゃ 影もない
遠くで霧笛がむせぶだけ
アケミという名の 変な娘が
もしもどこかで 泣いてたら
待っているぜと 言ってくれ
蹴とばせ 波止場のドラムカン
やけで唄った 浪花節 あゝさびしいぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アケミという名で十八で 歌手:千昌夫

千昌夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-10-07
商品番号:TKCA-73472
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP