斉藤恒夫編曲の歌詞一覧リスト  48曲中 1-48曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
48曲中 1-48曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
おせん村上幸子村上幸子星野哲郎鈴木淳斉藤恒夫誰が女を 弱いと言うの いいえ 私は 負けません 坊や しっかり つかまっててね うしろ指さす 世の中を 涙みせずに 歩くから  好きなあなたを 亡くしたときに 川で拾った この坊や なんで私に 捨てられましょう 恋は捨てても 人の道 捨てちゃ渡れぬ 柳橋  人は何かを 信じて生きる そうよ 私も あなただけ 岸の柳に 偲んで呼べば おせん泣くなと 言問(こととい)の 空で鳴る鳴る 暮れの鐘
宵待草村上幸子村上幸子竹久夢二多忠亮斉藤恒夫待てど暮らせど 来ぬひとを 宵待草の やるせなさ こよいは月も 出ぬそうな  こよいは月も 出ぬそうな
出船村上幸子村上幸子藤田香月杉山長谷夫斉藤恒夫今宵出船か お名残り惜しや 暗い波間に 雪が散る 船は見えねど 別れの小唄に 沖じゃ千鳥も 泣くぞいな  今鳴る汽笛は 出船の合図 無事で着いたら 便りをくれりゃ 暗いさみしい 灯影(ほかげ)の下(もと)で 涙ながらに 読もうもの
兄弟仁義福田こうへい福田こうへい星野哲郎北原じゅん斉藤恒夫親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎりの 義兄弟 こんな小さな 盃だけど 男いのちを かけてのむ  義理だ恩だと 並べてみたら 恋の出てくる すきがない あとはたのむと かけ出す露路に ふるはあの娘の なみだ雨  俺の目をみろ 何んにもゆうな 男同志の 腹のうち ひとりぐらいは こういう馬鹿が 居なきゃ世間の 目はさめぬ
北の漁場大江裕大江裕新條カオル桜田誠一斉藤恒夫いのち温(ぬく)めて 酔いながら 酒をまわし飲む 明日の稼ぎを 夢に見て 腹に晒(さら)し巻く 海の男にゃヨ 凍る波しぶき 北の漁場はヨ 男の仕事場サ  沖は魔物だ 吠えながら 牙をむいてくる 風にさらした 右腕の 傷は守り札 海の男にゃヨ 雪が巻いて飛ぶ 北の漁場はヨ 男の遊び場サ  銭のおもさを 数えても 帰るあてはない 二百浬(カイリ)を ぎりぎりに 網をかけてゆく 海の男にゃヨ 怒濤(なみ)が華になる 北の漁場はヨ 男の死に場所サ
春待ち便り川中美幸川中美幸荒木とよひさ岸本健介斉藤恒夫苦労を苦労と 思わない かあさんゆずりの 女のまごころ あの人本当は 弱虫だから 惚れたぶんだけ 惚れたぶんだけ 優しくなれる かあさん かあさん 心配しないでね きっと春には 春には帰るから  くちびる噛むより 笑いましょう しあわせいつでも 心にあるはず あの人ひとりじゃ 気がかりだから 尽くすだけでも 尽くすだけでも 後悔しない かあさん かあさん 遠くで見ていてね きっと春には 春には帰るから  手紙に泣きごと 書いたのは 心のどこかで 甘えていました あの人お酒も ぷっつりやめて 生まれ変わって 生まれ変わって 仕事もしてる かあさん かあさん も少し待っててね きっと春には 春には帰るから
おふくろさん福田こうへい福田こうへい川内康範猪俣公章斉藤恒夫おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨の降る日は 傘になり お前もいつかは 世の中の 傘になれよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 花を見つめりゃ 花にある 花のいのちは 短いが 花のこころの 潔(いさ)ぎよさ 強く生きよと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない  おふくろさんよ おふくろさん 山を見上げりゃ 山にある 雪が降る日は ぬくもりを お前もいつかは 世の中に 愛をともせと 教えてくれた あなたの あなたの真実 忘れはしない
明日があるテレサ・テンテレサ・テン藤田まさと遠藤実斉藤恒夫花咲く春を 信じよう 明日という日を 信じよう どんなに道は 遠くとも 信じて歩く この一歩 やがて希望の 朝がくる  つらいといえば みなつらい それが男の 人生だ 涙の中に 夢は住む つらさをじっと かみしめて 明日をこの手で つかもうよ  なくしたものは 戻らない それでいいのだ それでいい きのうをすてて 明日ばかり ふりむかないで 行くだけだ 若いいのちに 過去はない
おまえに惚れた嶺陽子嶺陽子たかたかし徳久広司斉藤恒夫俺にきめろよ まよわずに 言って振り向きゃ ついてくる 惚れた (惚れた) 惚れたよ おまえに惚れた 肩を抱きよせ 眸(め)をのぞきゃ 頬に紅さす おまえに惚れた  あなた躰(からだ)に 悪いわと 水でお酒を 割ってだす 惚れた (惚れた) 惚れたよ おまえに惚れた 言葉づかいも 女房を きどる今夜の おまえに惚れた  金じゃ幸せ 買えないと 俺を泣かせる 憎いやつ 惚れた (惚れた) 惚れたよ おまえに惚れた 空を見上げりゃ 星ひとつ そっと指さす おまえに惚れた
別れ雨浜桂子浜桂子松居宏荒井英一斉藤恒夫隅田夜風(すみだよかぜ)に 灯りがともりゃ 忍ぶ恋路の はかなさを 知っているように 柳が揺れる 逢えば別れが こんなにも 辛い浮き世の 涙橋  消えてゆくのね 蛍のように 燃えて哀しい 恋ひとつ せめても一度 逢わせてほしい あの日結んだ おみくじが 夢に崩れて 泣いている  一人たたずむ 夜更けの橋は 未練ごころを 知るように 泣いているような さびしい水も そっとさよなら つぶやけば 涙まじりの 別れ雨
チョットだけよ浜桂子浜桂子関口義明荒井英一斉藤恒夫やさしい言葉で この身をしばり 着物の帯だけ 上手にほどく あなたはいじわる 憎い人 義理でちょっと来て チョット飲んで いいわけされても チョットだけよ 気分は今いち チョットだけよ  わたしに隠れて 浮気をしても 世間が見てます お天道様も あなたはつんつん 罪つくり 涙ちょっとため チョット甘え 許したふりして チョットだけよ 燃えてるようでも チョットだけよ  あの店この店 はしごで飲んで お流れちょうだい 仕上げはこちら あなたはとことん いい男 だからちょっと好き チョットすねて いい夢あげます チョットだけよ も一つおまけに チョットだけよ
嘆きのボス千昌夫千昌夫なかにし礼遠藤実斉藤恒夫惚れていりゃこそ 可愛さあまって ポカンとひとつ なぐったら あいつは 家を出ていった ちょっぴり 淋しいが こう見えたって 俺は俺はボスだよ 町一番の よい男 泣けば夜風が あざわらう  夜もねないで 荷物をまとめて 夜明けが来たら あっさりと あいつは 俺を棄ててった ふざけた 女だぜ こう見えたって 俺は俺はボスだよ 女はみんな 俺のもの 恋は鼻唄 風まかせ  ごめんなさいの 手紙は来たけど 両手をついて 土下座して あやまるまでは 許さない 弱味は 見せないぜ こう見えたって 俺は俺はボスだよ 意地と度胸に 生きてゆく 月よ見てくれ この笑顔
おんな歌千昌夫千昌夫西沢爽遠藤実斉藤恒夫別れなければ いけないと 知ってなおさら 燃えるのよ バカな私と 裏町小路 一分刻みの 未練にまけて 酒につぶやく おんな歌  人を泣かせて 添うたとて いつか私が 泣かされる そんな運命が 悲しい夜は 夫婦揃いの 湯呑を買って あなたいるよに お茶をつぐ  花をさまよう 蝶のよに 泣いてはかない 女でも 虹をおとして 素顔のままで 惚れて惚れたい 男がひとり それが死ぬほど つらいのよ
帰り花千昌夫千昌夫なかにし礼遠藤実斉藤恒夫何処にも行き場の ないままに お前は帰って 来たんだね 雨にぬれると 毒だから とにかくお入り 帰り花 あゝ帰り花  はなれて暮した 年月の 苦労の余韻が 目に残る 俺にすがると 決めたなら 泪をおふきよ 帰り花 あゝ帰り花  お前の背中の ぬくもりは 昔とすこしも かわらない 口に出せねど この俺も 待っていたのさ 帰り花 あゝ帰り花  泣き虫弱虫 さみしがり 似たもの同士の 二人なら やってみようよ もう一度 はなしはしないぜ 帰り花 あゝ帰り花
長編歌謡浪曲 長谷川伸原作「瞼の母」より 瞼の母三波春夫三波春夫北村桃児北村桃児斉藤恒夫母の面影 瞼の裏に 描きつゞけて 旅から旅へ 昨日は東と 訊いたけど 今日は西だと 風便り 縞の合羽が 泪に濡れて 母恋い番場の 忠太郎  母は俺らを どうして捨てた 恨む心と 恋しい想い 宿無し鴉の 見る夢は 覚めて悲しい 幕切れさ 生れ在所(こきょう)も 遥かに遠い 母恋い番場の 忠太郎  「おかみさん、当って砕けろの心持で 失礼な事をお尋ね申しますでござんすが おかみさん、若しやあっしぐらいの男の子を持った憶えはござんせんか あっ!憶えがあるんだ 顔に出たその愕きが、 ところは江州坂田の郡醒ヶ井村から南へ一里、 磨針峠の山の宿場で番場という処がござんす、 おきなか屋忠兵ヱという、六代続いた旅館へ嫁に行き 男の子をひとり生みなすった。 そしてその子が五つの時に家を出た。 罪は父親にあったと訊きました。 おっ母さん、あっしが伜の忠太郎でござんす」  春秋数へて 二十年 想い焦がれて 逢いに来た  たった一人の 母だもの どんなお方で あろうかと 寝ても覚めても その事ばかり 無事でいたなら よいけれど 暮らしに困って いる時は 助けにゃならぬと 百両を 肌身離さず 抱いていた  若しや若しやと 逢う人毎(ごと)に 尋ね尋ねて 日が昏れりゃ 夕餉(ゆうげ)の煙りが 切なくて 窓に灯りが ともる頃 人の軒場に 佇ずんで 忍び泣きした こともある 此処はお江戸の柳橋 人に知られた 水熊よ 母を尋ねて くるなれば 何故に堅気で 来なかった とがめるお浜の 目に涙 じっと見返す 忠太郎は そいつぁ無理だぜ おかみさん 親に放れた 小僧ッ子が グレて堕ちたは 誰の罪 何んの今更 どうなろう よしや堅気に なったとて 喜ぶ人は ござんせん 侭よ 浮世を三度笠 六十余州の 空の下 股旅草鞋(わらじ)を 穿くだけよ 逢いたくなったら 目をつぶろ 俺が探した おふくろは 夢に出て来た 瞼の母は こんな冷たい 女(ひと)じゃない 逢わぬ昔が 懐しい。  望みも断たれて悄然と 座敷を出る時、 すれ違った妹のお登世これがそうかと肉身の情に魅かれつゝ、 荒川堤をゆく、旅人姿の忠太郎 この時二丁の早籠が母と妹を乗せて馳けてくる。 母は吾子を妹は兄の名を呼び乍。 「誰が、誰が逢ってやるもんか、 それでいい逢いたくなったら、俺ァ瞼をつぶろうよ あゝまだおっ母さん あんなに俺を呼んでいる、 妹もあんなに一生懸命呼んでいる、 おっ母さん!忠太郎は此処だよ、おっ母さん!」  母は子を呼び 子は母を呼ぶ 朝の光りも 東を染める 荒川堤を 駆けてゆく 笠も合羽も 投げ捨てゝ 嬉しかろうぜ 親子じゃないか 泣いて瞼の 母を抱け
女の一生大川栄策大川栄策韓山島・日本語詞:三佳令二白映湖斉藤恒夫なにもいらない あなたがいれば 死ぬまで一緒に あなたと生きる つめたい世間の うわさなど いいえ辛いと 思わない ああ夢は いつひらく 涙あふれる 女の一生  淋しい時も 悲しい時も いつでも分け合う あなたがいるわ 苦しいこの胸 いつの日か きっと晴れるわ 笑えるわ ああ信じて いるけれど 涙あふれる 女の一生  忘れることも できない私 あなたにすべてを 賭けたのだもの どんなに悲しみ 背負っても ひとり運命にゃ 耐えて行く ああ幸福 遠い空 涙あふれる 女の一生
昭和流れうた森進一森進一いではく遠藤実斉藤恒夫昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして どうして 忘れさせない 苦しむだけね わたしの愛は 今度は男に生れてきたい  昭和流れうた 女の涙 恋の苦しみ 死ぬよりつらい なんども なんども あなたの胸に 抱かれた夢で 枕がぬれる 今度は男に 生れてきたい  昭和流れうた どなたが唄う あなた恋しい 流しのギター どんなに どんなに うらんでみても いとしさすぐに こみあげ泣ける 今度は男に 生れてきたい
みちのく一人旅藤圭子藤圭子市場馨三島大輔斉藤恒夫ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの なぐさめ云って みちのく ひとり旅 うしろ髪ひく かなしい声を 背(せな)でたちきる 道しるべ 生きていたなら いつかは逢える 夢でも逢えるだろう  時の流れに 逆らいながら ひとりゆく身の 胸のうち 俺は男と つぶやきながら みちのくひとり旅 月の松島 しぐれの白河 昨日と明日は ちがうけど 遠くなるほど いとしさつのる みれんがつのるだけ  たとえどんなに 恨んでいても たとえどんなに 灯りがほしくても お前が俺には 最後の女 俺にはお前が 最後の女 たとえどんなに つめたく別れても お前が俺には 最後の女 たとえどんなに 流れていても お前が俺には 最後の女
北国の春藤圭子藤圭子いではく遠藤実斉藤恒夫白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の あゝ北国の春 季節が都会ではわからないだろうと 届いたおふくろの 小さな包み あの故郷(ふるさと)へ 帰ろかな 帰ろかな  雪どけ せせらぎ 丸木橋 落葉松の芽がふく 北国の あゝ北国の春 好きだとおたがいに言い出せないまま 別れてもう五年 あのこはどうしてる あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな  山吹き 朝霧 水車小屋 わらべ唄聞こえる 北国の あゝ北国の春 あにきもおやじ似で無口なふたりが たまには酒でも 飲んでるだろうか あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな
旅の終りに藤圭子藤圭子立原岬菊池俊輔斉藤恒夫流れ流れて さすらう旅は きょうは函館 あしたは釧路 希望も恋も 忘れた俺の 肩につめたい 夜の雨  春にそむいて 世間にすねて ひとり行くのも 男のこころ 誰にわかって ほしくはないが なぜかさみしい 秋もある  旅の終りに みつけた夢は 北の港の ちいさな酒場 暗い灯影に 肩寄せあって 歌う故郷の 子守唄
春の雨神野美伽神野美伽たかたかし市川昭介斉藤恒夫あなたの重荷に なるからと 路地(ろじ)を小走(こばし)り 傘で泣く女 春の雨 降りしきる あきらめばかり 先にたつ そんなおまえの 襟(えり)ぼくろ なにも言わずに 黙(だま)ってついて来い  踏(ふ)まれてきたのか 人の世(よ)に 肩の薄さに 匂(にお)う沈丁花(ちんちょうげ) 抱きよせりゃ ぬらす雨 おまえの過去は 俺の過去 かけてみないか もう一度 俺の明日(あした)に 女のしあわせを  ほんとに 私で いいですね 俺を見つめて すがる細い指 ばかだなぁ もうよせよ おまえの他に 誰がいる 遅(おそ)い春でも 春は春 生きてゆこうよ ふたりの人生を
瀬戸内情歌神野美伽神野美伽たきのえいじ桜田誠一斉藤恒夫南 火の国よ 北 雪の国 ここは瀬戸内 海ばかり 待ってください 背を向けないで 娘ざかりの 身がつらい 春は名ばかり 姫小島  出船 入船よ 漁火あかり 恋の絵巻きの 薄化粧 染めてください 爪の先まで 涙しずくが雨になる 春は名ばかり 水無瀬島  命 海鳴りよ 鳴くかもめどり 誰に想いを 告げて鳴く 抱いてください 燃え尽きるまで 夢であなたに逢えますか 春は名ばかり 大三島
越後情話北島三郎北島三郎星野哲郎原譲二斉藤恒夫角巻(かくまき)の 雪を払いながら 熱燗(あつかん)にしてと 女は声をかける おちょぼ唇(ぐち)してさ 少しやけっぱち へいへいと 愛想よく 七輪(かんてき)の 火を煽(あお)ぐ おやじの息も白い あゝ 越後六日町  男って みんな嫌いなのさ 独白(ひとりごと)言って 涙をかくすたび せまい屋台がさ やけに華(はな)やぐね なじめない お座敷を 逃げだして きたのかい 乱れた裾にのぞく あゝ 仇(あだ)な緋(ひ)ぢりめん  こんな妓を 泣かすやつの気持 わからないねぇと 男が差す酒を どうもありがとう なんて言っちゃって 受けとめる 色っぽい まなざしが 可愛いくて 心の雪もとける あゝ 越後六日町
虞美人草五木ひろし五木ひろしなかにし礼木村好夫斉藤恒夫泣くな いとしの わが妻よ 世間を棄てた 晴れの日に この花 悲しみ 忘れ花 虞美人草を つみながら 行こう 二人の 遠い道  触れちゃいけない 兄嫁と 手をとり 越えた国境い おぼろな月夜に見た君は 虞美人草の 美しさ 罪が二人を 強くする  たった一度の 人生を 生きよう せめて正直に 重たい荷物を背負いつつ 虞美人草よ わが妻よ 行こう 二人の 坂道を
ふたりの春川中美幸川中美幸いではく遠藤実斉藤恒夫なにもいらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね… 夜更けの街を 裸足で駆けて 旅立つわたしに 雨が降る あなた強く強く 抱いてくれますか  夜が明ければ かけおちしたと きっと噂に なるでしょう あなたとふたり 暮らせるならば いばらの道さえ 歩きます あなた強く強く 抱いてくれますか  悪い女と 呼ばれていいの 耐えてゆきます この愛で… 貧しさなんて 泣いたりしない 心が変わる日 怖いだけ あなた強く強く 抱いてくれますか
瀬戸の恋歌川中美幸川中美幸星野哲郎岡千秋斉藤恒夫しあわせしている 影絵を見ても みれんの捨て場は ないのです さようなら さようなら 逢わずに帰ります 雨の弓削島(ゆげしま) あとにして うしろ髪ひく 燧灘(ひうちなだ)  翡翠(ひすい)の波敷(し)く 瀬戸内海の 小島は女の 千社札 忘れたい 忘れたい 心に泣かされて 涙ぬぐった その指が 添えぬ宿命の 夢を貼る  女の意地より 大事なものを 離れて知ったの おばかさん 遅いのよ 遅いのよ あなたはよその人 私みたいな いさり火が 雨に砕ける 鞆(とも)の浦
あなたひとすじ川中美幸川中美幸たかたかし弦哲也斉藤恒夫あなたのそばで 暮らせるならば なにもいらない 欲しくない 抱いてください おんなの夢を 寒い北風 吹く道を 愛を探して 歩いて来たの  涙でやけを おこしもしたわ 飲めぬお酒も おぼえたわ 抱いてください おんなの夢を そっといたわる 仕草にも とけてゆきます こゝろの傷が  あなたが胸に ともした灯り 生きるのぞみを くれました 抱いてください おんなの夢を なんのとりえも ないけれど あなたひとすじ つくしてゆくわ
十三の夜藤田まこと藤田まこと藤田まこと藤田まこと斉藤恒夫梅田離れて なかつを過ぎりゃ 想い出捨てた 十三よ 女一人で 生きて行く 娘ちゃん 娘ちゃん 十三の娘ちゃん 涙をお拭きよ 化粧くずれが 気にかかる  庄内離れて みくにを過ぎりゃ ネオンうずまく 十三よ やけに淋しい夜もある 娘ちゃん 娘ちゃん 十三の娘ちゃん くじけちゃいけない 星に願いを かけるのさ  そのだ離れて かんざき過ぎりゃ 恋の花咲く 十三よ やがていつかは結ばれる 娘ちゃん 娘ちゃん 十三の娘ちゃん もすりん橋を 今日は二人で 渡ろうよ
GOLD LYLIC北島三郎GOLD LYLIC北島三郎星野哲郎原譲二斉藤恒夫流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の 野良着をまとい 生きる師匠(おやじ)の 横顔に おれは男の 山をみた おれもなりたい 山をみた  けわしい山に 登ってみたい 自分の道を 極めたい それは男の 見果てぬ夢か 山に登れば その山の 山の向こうに 待っている 山の深さを 知るばかり  目先のことに うろちょろするな 昨日(きのう)と同じ 今日はない それが師匠(おやじ)の 口癖だった たった一度の 人生を 花にするのも がまんなら 山にするのも またがまん
やがて港は朝村上幸子村上幸子丹古晴己鈴木淳斉藤恒夫海が荒れる 女が痩せる 船も来なくなる 恋が逃げる 涙がのこる 酒場の片隅 逢いたい 逢いたい 死ぬほど逢いたい タバコにむせた ふりをして 別れまぎわに 涙をかくしたあなた 思いでけむる 暖炉も消えて やがて……やがて港は朝  お酒がしみる グラスが割れる 夢も見なくなる 過去がぬれる 未練がつのる つめたい小窓に もえたい もえたい もいちどもえたい 言葉はいつも 強いのに 酔ってすねても やさしくゆるしたあなた 悲しみだけを 今夜も置いて やがて……やがて港は朝  逢いたい 逢いたい 死ぬほど逢いたい かわいていたむ 唇に 愛の帰る日 信じているのよあなた はかない希望(のぞみ) カモメに賭けて やがて……やがて港は朝
虞美人草村上幸子村上幸子星野哲郎桜田誠一斉藤恒夫この世はひとり あなただけ 貴方が死ねば 私も終る さまよう蝶々を 迷わせて ルラルララ ルラ 赤い炎(ほのお)で 焼きつくす 虞美人草は 業(ごう)の花  静かな雨に ぬれながら それでも花は 妖しく匂う 虞(ぐ)や虞(ぐ)や 汝(なんじ)を如何(いか)にせん ルラルララ ルラ 遠い昔の ため息を いま呼び返す 艶の花  藤紫(ふじむらさき)の 稲妻(いなづま)が 光れば落ちる 哀れの雄花(おばな) すてられながらも しがみつく ルラルララ ルラ 恋の下僕(しもべ)を 見て嘲(わら)う 虞美人草は 崖の花
昭和金色夜叉村上幸子村上幸子星野哲郎桜田誠一斉藤恒夫胸にひとりの 魔女が住み 女は愛に 背(そむ)くのね 過ぎて思えば あなたが命 いまさら知った 己(おの)が罪(つみ) 悔み足りない お宮の松に 金色夜叉の 月が出る  わかりますとも 女なら お宮の踏んだ 迷よい道 見栄を飾れば 誠が逃げて 闇路を照らす 夢もなく ダイヤモンドも 錦(にしき)の綾(あや)も 癒せぬ傷が 身をえぐる  こんどあなたに 逢えたなら 死んでもそばを 離れない どうぞ私の 肉ひきさいて 怨みに代えて 下さいと 乱れてさまよう 熱海の海に 金色夜叉の 雨が降る
ふたりの灯大月みやこ大月みやこたかたかし市川昭介斉藤恒夫そんな弱気でどうするの あなたお願いお酒はもうやめて 男だったら二度三度 つまずくこともあるでしよう 自棄をおこしちゃあなたの負けですよ  (セリフ)「たかがお金ですむことやないの。 あんた、うちも働くわ。 二人で力あわせたら、なんとかなるやろう。 な、もう一遍やり直そうな。」  重い荷物をわけあえば 越えてゆけます明日が暗くとも あなた今さら水くさい 別れてくれと言うなんて 苦労かくごであなたについてゆく  (セリフ)「うちは、あんたの気のやさしい所に惚れたんや ええやないの。人を騙すより、騙される方が なんぼ気が楽か… あんた、元気だしなはれ。」  浪花小路の灯の影で 肩を並べりゃ夜空の流れ星 なにがあろうとこの指を 離しちゃだめよいやですよ あなたいるから私は生きられる 
夢街道大木綾子大木綾子吉田旺徳久広司斉藤恒夫涙もしばれる 海峡こえて 花の都に 来たからにゃ 負けてなるかよ どさんこ鴎 吹雪はらって 抱いてきた 男のぞみを 咲かすまで ゆくぞ!! ゆくぞ!! ゆくぞこの道 夢街道  芸道ひとすじ 選んだからは 親の死に目に 逢えるとは 決して思うな 思っちゃならぬ 故郷の親父の くちぐせが やけに身にしむ 昨日今日 ゆくぞ!! ゆくぞ!! ゆくぞこの道 夢街道  行く先は雨風 嵐であろと 檜舞台を 踏むまでは にげてたまるか どさんこ鴎 たとえ翼は 破れても 弱音奥歯で かみ殺し ゆくぞ!! ゆくぞ!! ゆくぞこの道 夢街道
雨やどり長保有紀長保有紀浅倉玲市川昭介斉藤恒夫泣いて別れる 人ならもっと 馬鹿ね尽くせば よかったわ 夜の大阪 想いで濡らす 想いで濡らす 雨にあの日を たずねても アー 夢が 散るばかり  指で数えりゃ 小指も折れる 恋の傷跡 また一つ 夜の大阪 わがままばかり わがままばかり 悪いおんなは この私 アー 今日も 一人傘  噂ひろえば 心が痛む 酔ったあなたの ことばかり 夜の大阪 あなたの胸で あなたの胸で 今夜だけでも 雨やどり アー させて もう一度
あの人の船行っちゃった森昌子森昌子山口あかり遠藤実斉藤恒夫船が出る出る 船が出る あなたを乗せた 船が出る リンゴの花咲く 道駆けて 手を振るわたしに 涙雨 恋しいな 恋しいな 海鳴りさんよ 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった  夢が散る散る 夢が散る 淡い光の 灯台に 雨に打たれた 人形が 泣いているよな 影ひとつ 恋しいな 恋しいな かもめの親子 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった  船が行く行く 船が行く 幾度も手紙 よみました いつかはわたしの この胸に 錨を降ろすと かいてある 恋しいな 恋しいな 北風さんよ 唄ってね わたしのあの人 行っちゃった
長州の男山本譲二山本譲二星野哲郎原譲二斉藤恒夫男なら 迷うな恋に 男なら 逃げたら追うな 萩の港を 吹く松風に 洗い清めた その胸に 人生維新(いしん)の 夢を抱け  女なら 男を燃やせ 女なら つくして終れ 西の京都と 言われた町の 水に育った 花ならば 一生一度の 恋に咲け  男なら 怨むな風を 男なら 嵐の海に 浮かぶ青海(おうみ)の 十六羅漢(じゅうろくらかん) 虹のしぶきを 受けて立つ 岩の心を 忘れるな
女鬼龍院米倉ますみ米倉ますみはぞのなな首藤正毅斉藤恒夫花の袂を ぷっつり切って 度胸二文字 さらしに巻いた 女だてらと 笑わば笑え こうと決めたら どこまでも 異名も 女鬼龍院  土佐の高知の あばれ者 夢は浦戸の水鏡 春に背けば 花も散る 義理のたて縞 男帯 野暮は承知の たて結び 命きざんだ 金看板は 泣く子も黙る 鬼龍院  変る世間に 背かれようと 曲げちゃならない この道だけは 月も片割れ 室戸の風に 捨てる涙を 誰が知ろ 異名も 女鬼龍院
俺の出番はきっと来る米倉ますみ米倉ますみはぞのなな斉藤正毅斉藤恒夫花の舞台の幕が開く  筋は一本 根性だけは どこの誰にも 負けないが やる木 咲かす木 男の花は 生命(いのち)いろどる 夢の花 俺の出番は 俺の出番はきっと来る  好きと好きなら 噛み合う縁談(はなし) 下駄を預けりゃ いいものを いじらしいほどに 素直なあの娘 辛抱してくれ もう少し 俺の出番は 俺の出番はきっと来る  一つ苦労を 二人でわけりゃ 軽くなるだろう 肩の荷も 意地と情の 天びん棒で 明日という日を 持ちあげる 俺の出番は 俺の出番はきっと来る
函館慕情松前ひろ子松前ひろ子星野哲郎岡千秋斉藤恒夫結ばれて 別れた日から 降りつもる 未練の 未練の雪に 心埋(う)もれて 桟橋通(が)よい こんなわたしに 初めて逢った 港函館(みなとはこだて) なつかし憎し  この胸に 錨を入れて 動けなく したのは したのはどなた 蘭(らん)の花咲く 函館山の 青い灯影(ほかげ)で あなたを呼べば 見えるはずない マストが見える  賑(にぎ)やかな 祭りのあとの 淋しさを 教えた 教えたあなた 早くきてねと 書く片便(かただよ)り 流しましょうか ボトルにつめて 風もあなたを 立待岬
待つ女伍代夏子伍代夏子吉岡治市川昭介斉藤恒夫別ればなしが いつ出ても 不思議じゃないのと 目を伏せる 救けてと云われても 雨の居酒屋 飲むしかないわ 泣きたい女は世の中に 星の数ほど いるけれど……お泣き 泣きたけりゃ 涙かれはてるまで うしろ指 薄い胸で わたしも 待つ女  勝手気ままな 鳥だって いつかはねぐらに 舞い戻る 取り合えずふらふらと 雨の居酒屋 酔うしかないわ 演歌がじんわり 利いてくる 酒は似合いの鬼ごろし……お泣き 泣きたけりゃ 熱いあの夜のように うしろ影 夢の中で わたしも 待つ女  救けてと云われても 雨の居酒屋 飲むしかないわ 泣きたい女は世の中に 星の数ほど いるけれど……お泣き 泣きたけりゃ 涙かれはてるまで うしろ指 薄い胸で わたしも 待つ女
みちづれGOLD LYLIC牧村三枝子GOLD LYLIC牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫水にただよう 浮草に おなじさだめと 指をさす 言葉少なに 目をうるませて 俺をみつめて うなづくおまえ きめた きめた おまえとみちづれに  花の咲かない 浮草に いつか 実のなる ときをまつ 寒い夜更けは お酒を買って たまのおごりと はしゃぐ姿に きめた きめた おまえとみちづれに  根なし明日なし 浮草に 月のしずくの やどるころ 夢の中でも この手をもとめ さぐりあてれば 小さな寝息 きめた きめた おまえとみちづれに
友禅流し牧村三枝子牧村三枝子水木かおる乙田修三斉藤恒夫雪はまだ 河原に白く 指を切る 水のつめたさ 加賀の金沢 浅野・犀の流れ 明日をさがして さまよう恋に いのち華やぐ 夢染めて 春を呼ぶ 春を呼ぶ 友禅流し  露草で 描いた恋の 行くすえは 水に流れる これがさだめか 紅殻格子[べにからごうし] 慕う女の こころのように ゆれて揉まれる 絵模様の かなしくも 美しい 友禅流し  城下町 肩先さむく ひとり行く 水のたそがれ かすむ白山 夕山ざくら 夢も望みも ぼかした恋に せめて小さな 幸福の 春を呼ぶ 春を呼ぶ 友禅流し
夫婦きどり牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫抱けばそのまま 腕の中 とけて消えそな あゝおまえ 夫婦みたいに 暮らしたい せめて三日でもねえという おまえに うそはつけない  爪をかむくせ その癖も いつか忘れた あゝおまえ 買った揃いの お茶わんに 夢がさめなけりゃねえという おまえの 顔がまぶしい  肩で甘えて ついてくる 白いうなじの あゝおまえ 襟をあわせて 寂しそに 雨になるかしらねえという おまえの 声が泣いていた 
樹氷の宿牧村三枝子牧村三枝子水木かおる相原旭斉藤恒夫明日の別れを 知りながら 命のかぎり 燃える女 ほのかに香る 湯あがりの 肌の白さに 匂う月 ああ みちのく 樹氷の宿  酒のぬくみも 凍てついた さだめの雪は とかせない ほろりと酔えば 死にたいと 弱い女に また返り ああ 君泣く 樹氷の宿  無理に微笑って 朝の日に そむけた顔の いじらしさ 女のそんな まごころに 何も酬いて やれぬ身が ああ せつない 樹氷の宿
夾竹桃牧村三枝子牧村三枝子水木かおる遠藤実斉藤恒夫風邪にたおれた おまえの寝顔 夢で泣いたか ひとすじ涙 外で男は 勝手なくらし ふり向くことも なかったか 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ  ほんの初めは 雨やどりでも いつかつれそう 路地裏住い 俺がもすこし 器用に生きりゃ 苦労もせずに すんだろが 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ  熱があるのに また起きあがる 俺のためにと 夕げの支度 無理をするなと しかって抱いた 背中のうすさ 細い肩 馬鹿な男に 夾竹桃の 花がしみるよ
夢よもういちど渥美二郎渥美二郎たかたかし遠藤実斉藤恒夫雨にうたれて 散る花は 涙かくして 春を待つ 夢よ 夢よ 夢よ もういちど ネオンやけした この肌に あなたがもどる その日はいつ来るの  もしも私が 男なら 女ごころを ぶたないわ 夢よ 夢よ 夢よ もういちど 夜の化粧で 飾っても あなたのいない 淋しさかくせない  夜にこぼれて 恋に泣き なんど死のうと 思ったか 夢よ 夢よ 夢よ もういちど 酒をわすれて 朝のある 暮らしがほしい あなたにつくしたい
愛しのヒヤ羅勲児羅勲児沖田宗丸羅勲児斉藤恒夫何も…言うなよ 聞けばつらくなる そうさ 昔のことは 捨てようじゃないか MEMORY 夢があふれる街は 涙…忘れろよ サラン ハヌン ヒヤ!  もしも…二人が 逢えぬ運命なら 夢のかけらを 今も 探していたさ 失くした 季節に 愛しさつのる そっと…抱きよせる サラン ハヌン ヒヤ!  きっと…いつかは めぐり逢うだろう 愛を信じたことが 二人のきずな ごらんよ夜明けの 明かりが見える 二度と…離さない サラン ハヌン ヒヤ!
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照