歌詞を

ヘルプ

新條カオル作詞の歌詞一覧リスト

91 曲中 1-91 曲を表示
2020年10月25日(日)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
高麗の月三条摩耶新條カオル岸本健介幾星霜の世紀を越えて
北の漁場氷川きよし新條カオル櫻田誠一いのち温めて酔いながら
北の漁場大江裕新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
大阪の灯石塚ひろし新條カオル四方章人そぞろ歩きの心斎橋でいとしい
新内流し渡辺要新條カオルすがあきら三味の音本手に上調子
男の夢囃子渡辺要新條カオルすがあきら桜吹雪が舞い踊ぶ門出
凍れ船細川たかし新條カオル岡千秋波のしぶきに銀鱗が咲いて
出世男道谷島明世新條カオル聖川湧夜明けの前が一番寒い
故郷こころ唄谷島明世新條カオル聖川湧私の生まれたこの町が
荒くれ度胸船小田代直子新條カオル聖川湧船のデッキを雪空から叩く
ふるさとさんありがとう小田代直子新條カオル聖川湧朝日が海面にきらめいて
ソウルの恋三条摩耶新條カオル岸本健介アリランアリランアラリヨ
いい加減な女の流れ唄石井夕起子新條カオルすがあきら人の値打ちはまごころですと
夕日は親父すがあきら新條カオルすがあきらポロロンポロロン
望郷夢ごよみ天龍まゆみ新條カオルすがあきら生まれながらに父ちゃんの
ふるさと演歌「花舞台」七海はるか新條カオルすがあきら灘の生一本誉れの酒が
女の風雪内野凜子新條カオルすがあきら人目忍んで泪をこぼす
夫婦だるま忍&すがあきら新條カオルすがあきら振り向きゃ人生がまん坂
女・昭和川新條カオルすがあきら月に凩荒む夜は誰を忍ぶか
大漁錦船兵頭たかお新條カオルすがあきら波のナ――波のてっぺん
情けのこぼれ灯山本愛新條カオルすがあきら薄い情けのこぼれ灯が
おんな三味線ながれ節竹村こずえ新條カオル西つよし三味線を叩けば唸り上げる
母は今でもこころの港渡辺要新條カオルすがあきらおふくろ一人が見送ってくれた
火の国 男節渡辺要新條カオル橋田充哲つらかばってんぐいと涙は
北の漁場中西りえ新條カオル櫻田誠一いのち温めて酔いながら
女の夢ごよみ漆原栄美子新條カオル川端マモルこの世でいちばん尊い涙
北海無法松細川たかし新條カオル岡千秋生まれ北海荒波育ち
男一番船小田代直子新條カオル聖川湧怒涛の拳でヨー殴られながら
みちのく大漁旗小田代直子新條カオル聖川湧海海海の飛沫をかぶリアの夢
凛子黒川英二新條カオルすがあきら夢にはぐれた男の前に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
そして…旅詩川崎修二新條カオルすがあきらおまえの純なやさしさに
ソウルの雨三条摩耶新條カオル岸本健介はじめて会っても懐かしく
縁歌の旅路桐山純一新條カオル川端マモル苦労かけると肩抱き寄せりゃ
「人生」ものがたり桐山純一新條カオル川端マモル振り向きゃ聞こえる青春時代
男の旅情水木良新條カオルすがあきらお前を好きだと言えないままに
とまり木情話井上実香新條カオル川端マモル憂き世の柵忘れるお酒
あじさい雨情井上実香新條カオル川端マモルこの世で一番切ないものは
野崎情話~お光~濱田陽子新條カオルすがあきら死ぬほど好きな久松さんの
能登穴水湾大場久美子、三輪一雄新條カオル斎藤覚瞼をとじれば見えるんだ
人情街道真山一郎新條カオル川端マモルいつの時代も人助け見れば目頭
母はふるさと嶋三喜夫新條カオルすがあきら病に臥せった母の寝顔に
北の漁場福田こうへい新條カオル櫻田誠一いのち温めて酔いながら
露地裏のれん渡辺要新條カオルすがあきら酸いも甘いも知り尽くし
さいはて港宿平浜ひろし新條カオル四方章人海峡に秋が来て人を恋う
人生街道・ゆめ舞台平浜ひろし新條カオル四方章人泣いてくよくよ暮らすより
ふるさとが聞こえる嶋三喜夫新條カオルすがあきら夕焼け横丁コップ酒
人生に乾杯川崎修二新條カオルすがあきら人生を振り向けばなつかしき
浪花の恋女房渡辺要新條カオルすがあきら雨の露地裏水かけ不動
男 しぐれ酒嶋三喜夫新條カオルすがあきら俺のかわりに風が哭く
人情酒場渡辺要新條カオルすがあきら所詮男の人生なんて七転八起
ふるさと一献鎌田英一新條カオル榊薫人ヤレサー夕焼け小焼けの
男 銀平しぐれ旅川崎修二新條カオルすがあきらやくざ渡世の出入りには
小浜旅情前田卓司新條カオルすがあきら遥かな時代の美しさ
越前 雪酒場松志穂美新條カオルすがあきらおちょこを重ねりゃ睫毛が
おんなの潮路松志穂美新條カオルすがあきら海峡に北の漁り火見え隠れ
うらまち川渡辺要新條カオルすがあきら誰の涙を運ぶのか
じょんがら度胸船小田司朗新條カオルすがあきら怒涛逆巻く荒らぶる海へ
酒の川小田司朗新條カオルすがあきら酒の川を流されながら
初雪草の花川崎修二新條カオルすがあきら夏の季節に咲く花なのに
北…紀行川崎修二新條カオルすがあきら北の灯りが優しくて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
北の漁場GOLD LYLIC北島三郎新條カオル櫻田誠一いのち温めて酔いながら
旅路の花五条哲也新條カオル徳久広司北を流れてはぐれ酒
北の絶唱立樹みか新條カオル西つよし風が唸れば津軽が揺れて
やん衆挽歌北島三郎新條カオル原譲二海の碧さに惚れ込みながら
旅…あかり川崎修二新條カオルすがあきら俺の生まれたふるさとにゃ
津軽おなご節松川未樹新條カオル岡千秋祭りばやしと惚の字の人が
旅…さすらい川崎修二新條カオルすがあきら走る夜汽車の哭き笛は
北の漁場島津亜矢新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
人生酒語り黒川英二新條カオルすがあきら男どうしで酌み交わす酒は
こころの宇宙田岡満新條カオル岡千秋人はどこから来てどこへ帰るのですか
旅…みれん川崎修二新條カオルすがあきら風の寒さに振り向く旅は
龍王岬黒川英二新條カオル橋田充哲大海原を旅した波が吼えて
東京で一緒に暮そうよ和田青児新條カオル内山公男潮の匂いのはまなす便り
朱鷺の宿西村亜希子新條カオル深野義和秋が傾き…こぼれる雪に
夢街道佐々木新一新條カオル桜田誠一何が何して何んとやら
男 度胸舟前田卓司新條カオル岡千秋怒濤をかぶってヨー度胸を磨く
北の海唄立樹みか新條カオル櫻田誠一おなごはヤマセに
雪よ飾れ瀬口侑希新條カオル桜田誠一別れも恋だと知りました
山路よう子新條カオル岡千秋母の歩いたいばらの道が
宿無しかもめ立樹みか新條カオル弦哲也風の便りもないけれど
おんなの情歌立樹みか新條カオル桜田誠一あなたがいるからこの世川…
恋火立樹みか新條カオル桜田誠一どこまでどこまで落とされようと
北の浜唄原田有望新條カオル桜田誠一雪に祠が埋もれて
愛の海峡明日香ゆう子新條カオル桜田誠一惚れているから出直せる
港節立樹みか新條カオル弦哲也あらくれ漁師の背中には
北の恋歌瀬川瑛子新條カオル安形和巳ダンチョネの流れる港町で
北の漁場細川たかし新條カオル桜田誠一いのち温めて酔いながら
皿鉢一代黒川英二新條カオル橋田充哲親父ゆずりの土佐っこ魂
母の人生采川純子新條カオル聖川湧私を大きく育てた歳月
望郷祭唄さかえ里美新條カオル桜田誠一盆が来るから呑みに来る
東京旅鴉さかえ里美新條カオル桜田誠一暖簾をくぐれば故郷が見える