桜庭伸幸編曲の歌詞一覧リスト  165曲中 1-165曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
165曲中 1-165曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
銀河心中藤あや子藤あや子岡田冨美子弦哲也桜庭伸幸うしろから あなたの背中に 炎と書いて愛と読んだら 涙が 涙が チリヂリ燃えた 抱かれりゃ命が走ります からだが銀河を下ります 夜空の果てで溺れたら あなた 私を助けてくれますか  月あかり 素肌を流れて 悲しみだけを消していくから 静かに 静かに くちずけをした かなわぬ願いを預けます ぬくもり信じて眠ります 闇夜に二人はぐれても あなた 私を捜してくれますね  抱かれりゃ命が走ります からだが銀河を下ります 夜空の果てで溺れたら あなた 私を助けてくれますか
やん衆挽歌北山たけし北山たけし新條カオル原譲二桜庭伸幸海の碧(あお)さに 惚れ込みながら さびれ番屋で 風を待つ 吼(ほ)える山背の うねりも消えて 沖は朝焼け ゴメが舞う 酒も男も 清め酒 北の船唄 やん衆挽歌  口紅(べに)も引かずに 働く女房 もんぺ姿で 網を刺す 腕の古傷(いたみ)を こらえて耐えて せめていい夢 見せたいものと 右へ左へ 舵をとる 北の船唄 やん衆挽歌  潮で揉(も)まれた しわがれ顔が 海の男に よく似合う みぞれ混(まじ)りか 雲足はやい 地獄廻りの 船が出る ぐいと飲み干す 命酒 北の船唄 やん衆挽歌
接吻~くちづけ~安倍里葎子安倍里葎子荒木とよひさ鈴木淳桜庭伸幸心の鍵を あなたがひとつ 愛の暮らしが 終わらぬように 心の窓を 君にもひとつ あしたがいつも 見えてるように 瞳に あなただけ 隣に 君だけさ 時よ永遠の 約束をしておくれ 夢なら恋人のまま このままそっと 抱きしめて 交わす 接吻(くちづけ) 愛が逃げないように  涙の振り子 あなたが止める いまがどこへも 行かないように 涙の中の 想い出よりも この手がいつも ふれてるように あしたも あなただけ 未来も 君だけさ 時よ悲しみを 連れてこないでおくれ 夢なら恋人のまま このままそっと 抱きしめて 交わす 接吻(くちづけ) 愛が逃げないように  瞳に あなただけ 隣に 君だけさ 時よ永遠の 約束をしておくれ 夢なら恋人のまま このままそっと 抱きしめて 交わす接吻(くちづけ) 愛が逃げないように
みちのく挽歌水城なつみ水城なつみ鼓龍次弦哲也桜庭伸幸吹雪まじりに 汽笛が鳴いて ふっとあんたの 面影が くもりガラスの 窓に映って 長い冬です 寒い肌 ハアー 夢でも 逢いたいよ ハアー 夢でも 抱いとくれ 恋しさつのって ひとり泣く  山の根雪が 溶け出す頃は 花も咲かせる 風も吹く 鳴瀬(なるせ)の川に あんたの名前 呼んでみました 淋しくて ハアー 幼児(こども)のしぐさもよ ハアー あんたに似てくるよ 季節の変りを 何度見る  ハアー 夢でも 逢いたいよ ハアー 夢でも 抱いとくれ 涙のみちのく 冬挽歌
あなたと一人旅橋本由美橋本由美星桂三星桂三桜庭伸幸ね~あなた~ 淋しいわ~ 私を見守って~  いつもならいつもの旅なら 隣にあなたが居るはずなのに 今はあなたの影もない そっと寄り添う肩もない どうすれば埋(うず)められるの心の風穴(かざあな) 幸せだったあの頃二人で 旅をした思い出のあの場所に あなた~あなた~ あなた~心に一人旅  あの日から魂(こころ)は抜け殻(がら) 涙が恋人水色景色 寝ても覚めても感じるの きっとあなたはここにいる どうすれば埋(うず)められるの涙の湖 幸せだったあの頃二人で 訪れた懐かしい旅の宿 せめて~せめて~ せめて~今宵は夢の中
おうむアドアドかず翼鈴木淳桜庭伸幸あのひとの口癖なんか 真似しないでよ おうむ 化粧する手が止まるわ 涙をふくために 私より愛されたから 妬いていたのよ おうむ 捨てられたのよ お前だって 哀しくないの  可愛い女に なろうとしたわ つくしてみたけど 待ってみたけど…  ララバイ ララバイ 忘れさせて 他の女を選んだひとを いつまでも振り返る  あのひとの出てゆく姿 見てただけなの おうむ おしゃべりなくせに どうして引き止めなかったの 夜が更けて私の名前 呼ぶのはやめて おうむ 夢からさめて思い知るわ ひとりぼっちを  男はいつでも 面倒くさがり おいしいとこだけ 欲しがるものよ  ララバイ ララバイ 忘れさせて 月を取ってと泣く子のように あのひとが恋しいの  可愛い女に なろうとしたわ つくしてみたけど 待ってみたけど…  ララバイ ララバイ 忘れさせて 聞き分けのない この恋心 あのひとに 逢いたくて
高瀬川有情出雲光一出雲光一あかぎてるや弦哲也桜庭伸幸君と出逢った 一の谷 春爛漫の 花吹雪 憂いを秘めた うなじのあたり 花よりもなお 美しく ああ高瀬川 面影を想い浮かべて  そぞろ歩いた 稲佐浜(いなさはま) 夏夕暮れの 漁火よ ぬくもりひとつ 抱く影ふたつ 誰よりもなお しあわせに ああ高瀬川 街の灯を今日も写して  募る海鳴り 日御碕(ひのみさき) 渡る雁がね 鳶ヶ巣城(とびがすじょう) ふたりの胸に ふくらむ夢は 愛よりもなお 藍染めて ああ高瀬川 吹く風も明日に向かいて
聞き分け上手一条聖矢一条聖矢たきのえいじ朝月廣臣桜庭伸幸男はいつも ないものねだり 女はいつも 淋しがり 悲しい位 好きだから あなたどこにも 行かないで 可愛い女に なるよりも 聞き分け上手に なるから どうか私を 抱きしめて 背中で別れ 告げないで  あなたに全て あずけた私 心も肌も くちびるも 今更誰も 愛せない だから今夜は そばにいて あなたの重荷に なるよりも 聞き分け上手に なるから 帰したくない 帰さない あなたの胸で 眠らせて  可愛い女に なるよりも 聞き分け上手に なるから どうか私を 抱きしめて 背中で別れ 告げないで
夜叉真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也桜庭伸幸燃やす嫉妬(しっと)の 二文字(ふたもじ)を 書けば哀しい 女へん 梳(と)かす黒髪 炎となって 帰る男を 焼きつくせ あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる こがれる こがれる想い 恋ゆえに  強く抱かれりゃ 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 嘘をつかれりゃ 鬼あざみ 熱き涙よ 蛍となって 胸に忍(しの)んで ついて行け あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる せつなく せつなく耐える 恋ゆえに  あなたのためなら 華にもなれる あなたのためなら 夜叉(やしゃ)にもなれる 命を 命をかけた 恋ゆえに
はっぴーサンバ真木柚布子真木柚布子下地亜記子弦哲也桜庭伸幸オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  雨の日風の日 嵐の日 人生いろいろ あるけれど 泣いてクヨクヨ 生きるより 涙をふいて 歩きましょう 私が歌えば はっぴーはっぴー あなたが笑えば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  明るい笑顔が ある限り 輝(かがや)く明日(あした)が やって来る 空に七色 虹も出る 夜明けが来れば 陽は昇る 私が歌えば はっぴーはっぴー みんなで踊れば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…  私が歌えば はっぴーはっぴー あなたが笑えば はっぴーはっぴーはっぴー オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に 太陽を…
ごめんネYuji深谷次郎深谷次郎星野哲郎美樹克彦桜庭伸幸ごめんネYuji もう私 あと戻りは できないの 軽い女とでも 笑ってよ 待ってる人が いるのよ ごめんねYuji 許してね あなたとのことも 知ってて 愛してくれるの 私の全てを やさしいだけの人よ 私もそろそろ 落ちつきたいのよ 未練をすてて 約束したのよ 今夜の船で そっちへ行くと ごめんネ もう私 戻れない  ごめんネYuji もう私 あと戻りは できないの 甘いまなざしにも 迷よわずに あいつの元へ 行けるわ ごめんネYuji わかってね 宝石の冷えた 肌より ガラスの温もり 求めて行くの やさしいだけの人よ 私もそろそろ 落ちつきたいのよ 女としての ほんとの幸せ みつけてやると あいつが言うの ごめんネ もう私 戻れない  楽しいことだけ 心に残して 支えにするわ あなたの幸せ 祈ってそっと 離れてゆくわ ごめんネ もう私 戻れない
想い出のサンフランシスコ五木ひろし五木ひろしDouglass Cross・日本語詞:湯川れい子George C.Cory Jr.桜庭伸幸“華やぐパリも 素敵だけれど 秋のローマは 淋しすぎて 見知らぬ顔した 大都会 マンハッタン 心は いつでも 君へ” 想いは そう サンフランシスコ 呼んでる 霧の街 肩寄せた ケーブル・カー 恋を 乗せて 星まで 届くよ だから  想いは そう サンフランシスコ きらめく 青い海 夢に見るのは サンフランシスコ 君が住む ふるさと  想いは そう サンフランシスコ 微笑(ほほえ)む 太陽 帰り行くのは サンフランシスコ 君が待つ ふるさと
フィーリング五木ひろし五木ひろしMorris Albert・日本語詞:佐藤学Louis Gaste桜庭伸幸フィーリング 人は誰も ときめく時 美しくて  フィーリング 夢みること 悲しむこと 忘れないわ  フィーリング 愛がすべてなの 広い世界中 独りじゃない  フィーリング Wo Wo Wo フィーリング Wo Wo Wo フィーリング 迷わないわ  いま ふれ合う心が 熱いものなら それがすべて  フィーリング 愛がすべてなの 広い世界中 独りじゃない  いま ふれ合う心が 熱いものなら それがすべて  フィーリング Wo Wo Wo フィーリング Wo Wo Wo フィーリング 独りじゃない  フィーリング Wo Wo Wo フィーリング Wo Wo Wo フィーリング 迷わないわ
砂に書いたラブ・レター五木ひろし五木ひろしCharles F Kenny・Nick A kenny ・日本語詞:佐藤学J Fred Coots桜庭伸幸月のあかり 星降る海 過ぎし日の 夜に 君はやさしく 微笑みかけ 永遠(とわ)の愛 誓う 変わらぬ 愛信じ 抱き合ったのは 遠い夢 波が寄せる 僕の胸に 君は今 何処(どこ)に  波が寄せる 僕の胸に 君は今 何処に
ラスト・ワルツ五木ひろし五木ひろしLes Reed・Barry Mason・日本語詞:有川正沙子Les Reed・Barry Mason桜庭伸幸今夜限り ふたりは また 離れて ゆくけれど 見つめ合えば あの夏の日 胸を横切る せつなく  今は 踊ろう 想い出のワルツで 愛し合えた ふたりに戻って  大人同志 笑って 許すことも 哀しくて あなたの涙は 素敵さ いつまでも 忘れない  今は 踊ろう 想い出のワルツで 時間(とき)を止めて あの頃のように  誰よりも 愛してた あなた しあわせ祈る  ラララ…… 今は 踊ろう 想い出のワルツで 愛し合えた ふたりに戻って ラララ……
愛の夢五木ひろし五木ひろしArmando Manzanero Canche ・日本語詞:湯川れい子Armando Manzanero Canche桜庭伸幸無理なこと 落ちてく夕陽をとがめても 無理なこと むずかる赤児(あかご)を叱っても 無理なこと 移ろうあなたを抱きしめて あの時の誓いを耳にささやいても 打ち寄せる波の気まぐれをなだめても めぐりゆく季節にゆくなと命じても 無理なこと 愛を失くして独りきり生きてゆくことなど どれも 出来はしないことばかり  今すぐに世界を敵に回しても 十年の命を海に流してでも 無理なこと 去り行くあなた引き止めて 傷つけ合ってみたところで 愛は二度と戻らない  打ち寄せる波のきまぐれをなだめても めぐりゆく季節にゆくなと命じても 無理なこと 愛を失くして独りきり生きてゆくことなど どれも 出来はしないことばかり  ひとりで生きることなど 出来ない
ある愛の詩五木ひろし五木ひろしFrancis Albert Lai・日本語詞:湯川れい子Francis Albert Lai桜庭伸幸しなやかに 私の心 染めてゆく あなたの熱い まなざしは 愛と云う名の 宝石の輝き  手さぐりで 歩いた私の人生 そして あなたに めぐり逢い 同じ未来を見渡して たたずむ  心の翼広げ あなたの胸の中で 私は はばたく 青く広い空よりも あなたの 優しさに 包まれて いたいの  着飾った 愛の台詞(セリフ)の 数よりも そこに あなたが いるだけで 私の胸は あざやかに 満ちてく  目の前に どんな嵐が 起ころうと 二人の愛は 壊(こわ)せない 信じて 生きる いつまでも あなたと
慕情五木ひろし五木ひろしPaul Francis Webster・日本語詞:湯川れい子Sammy Fain桜庭伸幸LOVE, 愛は今でも 咲き誇る 四月のバラに似て 想い出の中で ゆれる くちづけ ぬれてた 君の瞳  ああ、丘に登れば 風の中 想い出す あの 日々を 海よりも蒼(あお)く きらめく胸に 燃えてた 若い恋よ  切なさに いつか あふれる涙 変わらぬ 我が 慕情よ
イエスタディ・ワンス・モア五木ひろし五木ひろしRichard Lynn Carpenter・John Bettis・日本語詞:有川正沙子Richard Lynn Carpenter・John Bettis桜庭伸幸ラジオから流れはじめた 懐かしい歌 ふたり出逢った 若い日々 けんかしたり 傷つけたり 季節はめぐり 恋は愛に 変わってゆく ふと振りむけば  この想いを 伝えたくて いま いとおしい程 言えなくなる 胸  君のために 愛のメロディー 歌い続ける いつまでも ありがとう  運命は不思議なものさ つぶやく僕に わかっていたと 微笑(わら)う君 手をのばして ソファーの上 抱きよせた時 春の風が 君の髪に たわむれてゆく  この想いが 伝わるなら いま すべてを賭けて 守りたくて ただ  君がいれば 愛のメロディー 終わらないから もう一度 ありがとう  この想いを 伝えたくて いま いとおしい程 言えなくなる 胸  この想いが 伝わるなら いま すべてを賭けて 守りたくて ただ
愛の花咲く時五木ひろし五木ひろしPeter Callander・Cyril Ornadel・日本語詞:有川正沙子Peter Callander・Cyril Ornadel桜庭伸幸君のことを 想い出す 愛に満ちた あの月日を 同じ夢を わけ合って 君の瞳に 明日(あす)を見てた  時間(とき)の流れは 残酷さ 君のこころも 変えた  今はひとり 君のすべて 忘れられなくて 次の恋も できずにいる 寂しい男 きっと二度と 帰らないと わかっているけど 君のいない 人生なんて 虚しい リフレイン  苦いコーヒー 飲みほせば 今日という日が また始まる せめて電話を くれないか 元気でいれば いいさ  ずっとひとり 君のすべて 忘れられなくて 何もかもが 遅すぎたね 愚かな男 胸の中を 過ぎる風に えりを立てても 君のいない 人生なんて 虚しい リフレイン
さよなら五木ひろし五木ひろしJean Michel Franck Rivat・Franck Thomas・日本語詞:有川正沙子Jacques Revaux桜庭伸幸次の冬も ここにいたら きっと 別れが 死ぬより辛い  肩寄せれば 言葉もなく カモメたち 夜明けを告げる  さよなら 旅立つ時が来た 許してくれ 我がままな俺を  心残り 鞄につめて ドアを 開ければ 雲が流れる  俺のことは 忘れていい せかすように 響いた汽笛  さよなら おまえを好きだった どこにいても 想い出は消えない  さよなら 旅立つ時がきた さよなら 明日(あす)からまた孤独(ひとり)
ムーン・リバー五木ひろし五木ひろしJohn Mercer・日本語詞:たきのえいじHenry Mancini桜庭伸幸どんな言葉より 見つめ合えば愛 星くずたちさえ 何も言わず 輝くわ 夢の見取図を ふたりでかくのよ しあわせに続く ステージが 待っていると 信じてる  見知らぬ町でも ついて行くわ 離れずに 長い人生で めぐり逢えた人 大切な人は ただひとり 世界中で あなただけ
愛の讃歌五木ひろし五木ひろしEdith Piaf・日本語詞:たきのえいじMargueritte Monnot桜庭伸幸1万光年の 宇宙の広さより あなたと暮らせる この部屋が好き 贅沢に愛して あなたの思うまま 激しく 私を 抱きしめて 欲しいの ワインの様な 甘いくちびる ときめく心 悲しい位 あなたが好きよ 他の誰より 乾いた素肌 そのくちびるで 包んで欲しい 私の命 あなたの為に 燃え続けるの  優しいその腕に 体を投げだして 私の全てを あずけていたい 1度の人生を ふたりで 重ねるの そうよ 私には あなたしか 見えない  肩を寄せたまま 歩き続けてゆく
マイ・ウェイ五木ひろし五木ひろしGilles Thibaut・日本語詞:たきのえいじClaude Francois・Jacques Revaux桜庭伸幸目を閉じれば あの日が よみがえる 音も たてずに めくれる 季節達 愛と ロマンの シナリオ 書き留めて いつも 明日(あした)を 描(えが)いていた  秒刻みの 都会の 片隅で そっと 手の平 重ねてくれたのは 今も 私の 隣にいる あなた 夢を与えてくれた あなた  優しさを ありがとう ぬくもりを ありがとう これから始まる 私の人生 あなたの心を 始発駅に  昇る朝陽(あさひ)に 背中を向けながら ひとり 旅立つ あなたに 見送られ 迷うことなく 歩いてゆけるから 何も 心配しないでいて  ほほえみを ありがとう ともしびを ありがとう これから 始まる 私の人生 あなたの心を 始発駅に
花魁森昌子森昌子阿木燿子宇崎竜童桜庭伸幸心は主(ぬし)さん一人のものと 誓った瞬間(とき)から ここも極楽  珊瑚(さんご)のかんざし 重たくて 会釈を返すも ままならぬ 主さん来ぬ日は 鴉(からす)でさえも 好かんと鳴いて ご機嫌斜め 花魁道中(おいらんどうちゅう) 吉原外八文字(よしわらそとはちもんじ) 禿(かむろ)の髪にもはらはら 花びらが舞う 男に二言はないと言った 言葉を信じて あかりが灯る 「裏切りっこ無しでありんす」  夜更けに紅(べに)差す 生業(なりわい)も 不幸せだとは 思わない 主さんに会えた そのことだけを 後生(ごしょう)大事に 抱きしめて寝る 後朝(きぬぎぬ)の別れ どんなにやるせなくても 交わした契りの深さで 生きてもゆける 心は主さん一人のものと 誓った瞬間(とき)から ここも極楽 「恨みっこ無しでありんす」
冬の蝉中条きよし中条きよし久仁京介結城丈桜庭伸幸肩をならべて 別れの契り あしたおまえは 北へ行く おまえは少し お酒に酔いすぎて 俺はなぜだか 酔いそびれてた 春でさえ夏でさえ 季節はいつでも冬模様 愛を棄てて ゆけるのか 戻る道は 知ってるか さすらう蝉が さすらう蝉が やすらぎつかむ日は あるのかい  言葉がわりに 煙草をだして 俺にすすめる 目に涙 強がっていても 俺との一年が あとをひくわと 笑ってみせる 春がゆき夏が過ぎ 季節は凍(しば)れる冬最中(さなか) 夢がなくて 嘆くのか 夢をさがしに 歩くのか 飛び立つ蝉が 想い出ばかりの ぬけがらひとかかえ 置土産  春でさえ夏でさえ 季節はいつでも冬模様 愛を棄てて ゆけるのか 戻る道は 知ってるか さすらう蝉が さすらう蝉が やすらぎつかむ日は あるのかい
長編歌謡浪曲 信長三波春夫三波春夫三波春夫三波春夫桜庭伸幸尾張のお国はわが日乃本の 要なりゃこそよく解る 乱れ乱れた世の相(すがた) 正して呉れよう信長は 時期(とき)こそ今かいざや 征くぞ嵐の桶狭間  「者共、陣触れじゃ、 藤吉郎、猿よ、馬を引け!」  永禄三年六月の 朝霧ようやく晴れる頃 熱田の宮に祈りを籠めて 乾坤一擲(けんこんいってき)信長は 鳴海街道ひた走る 敵将今川義元は 率いる軍勢四万余騎 京の都を目指しつつ 駒を進めた勝ち戦さ 折しも丁度お昼どき 酒や肴でもてなされ 悠々くつろぐ田楽狭間 この時突如轟然と 天の味方か嵐が起こる その只中を信長軍は 怒濤の如く斬り込んで 遂にあげたる勝名乗り 織田の勝鬨天下に響く。  楽市楽座の賑わいぶりよ 夢を興(おこ)した岐阜の街 広い世界を目に入れて 日本を動かす信長も 今宵は少時それよ 鵜飼楽しむ長良川 関所は要らぬぞ誰でも通れ 旧い暦は捨てるのだ 戦さするのも新しい 時代を創る信長ぞ 天下の民がそれよ 活きる姿を観る為よ  「蘭丸、光秀が謀反(むほん)とな。彼の兵力は確か一万参千、 この寺を囲んだか。先の見えぬ大白痴(たわけ)。 己が此の御国の舵取りをどの様に進めていけるのだ。 蘭丸、余はそれが無念ぞ。うふふふ、うははは、人間とは愚かな者よ」  下天(けてん)は夢かや幻なるか 所詮人間五十年 燃えて崩れる本能寺 炎の中に信長は 男の最后それよ 何んの言葉も要るものか 噫(あ)々嵐呼ぶよな朝が来る
白夜野中さおり野中さおり小金井一正弦哲也桜庭伸幸忘れてください わたしのことは 風の噂も 追わないで ひとりの旅の いで湯の宿が 今は哀しい かくれ場所 あぁ 立待月が みつめるばかり  そんなにわたしを 苦しめないで 酔えば意地(こころ)が 乱れます あなたと暮す いゝ夢ばかり 壊れそうです 女です あぁ 眠れぬまゝに しらじら朝が  歩いてゆきます 今日からひとり 強く生きます あの町で 紅葉(もみじ)に染(そ)まる おんなの宿に 今朝(けさ)は蜩(ひぐらし) 泣くばかり あぁ 相々傘も これからひとり
祈り歌~あなたへ~加納ひろし加納ひろし星桂三星桂三桜庭伸幸いつか逢おうね みんな笑顔で それまで夢の中  目をつぶれば いつでもあなたに逢えます だから…頑張れます ありがとう  山に登れば若き心 鮮やかによみがえり めくるめく青春の日々 懐かしく思い出される あゝあの人今頃 何処でどうしているかしら あゝ叶うならばもう一度 あなたに逢いたい 笑顔のような雲ひとつ 風に流されて 祈るしかない 今はそれだけ 私もまたはぐれ雲  海に遊べば寄せる波に 洗われて桜貝 砂浜に宝石のごと 輝けば思い出される あゝあの人今頃 何処でどうしているかしら あゝ叶うならばもう一度 あなたに逢いたい 沖ゆく小舟白き帆は 誰が舵を操(と)る 祈るしかない 今はそれだけ 私もまた木の葉舟
コッキーサンバ佐田鏡五一郎佐田鏡五一郎杉紀彦水森英夫桜庭伸幸ひとめ惚れはいつも 俺(おい)らの癖なのさ 陽気にさわいで 歌おう お富さん エル・クンバンチェロ パヤ ティアモ・ボニータ パヤ どこにもないよな 恋する二人さ どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキ サンバ コキコキ サンバ コッキー サンバ  明日(あす)が来ればきっと 二人はしあわせに 抱きしめ頬(ほほ)よせ 踊ろう 東京アンナ エル・クンバンチェロ パヤ ティアモ・ボニータ パヤ 日暮れが待てない 愛する二人は どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキ サンバ コキコキ サンバ コッキー サンバ  世界が終わろうと 死んでも離さない 星降るこの夜 肩よせ リンゴ村から エル・クンバンチェロ パヤ ティアモ・ボニータ パヤ 心も身体(からだ)も いとしい二人さ どこまでも エル・コラソン コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキ サンバ コキコキ サンバ コッキー サンバ  コキコキコキコキ サンバ コキコキコキコキ サンバ コキコキ サンバ コキコキ サンバ コッキー サンバ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
晶子の恋歌岡田旬子岡田旬子星桂三星桂三桜庭伸幸乱れ髪 結い直し 幸せな朝 移り香の 消えぬ間に 頬を再(ま)た染め 歌に留(とど)めん 君も罪の子 我も罪の子 あなたの胸に 涙をこぼすのは あなたが運命(さだめ)の 人だから 狂おしく しがみつき 嬉しい…嬉しい…あ~ Stay with me~  いつまでも 冷めやらぬ 灼熱の恋 地の涯(はて)も 追いかけて なおも色濃く 歌うひなげし 君もコクリコ 我もコクリコ 一途な愛を 激しくつらぬいて この身も心も 歌さえも 恋焦がれ 炎(も)えつきる あなたと…あなたと…あ~ Forever with me~  あなたの胸に 涙をこぼすのは あなたが運命の 人だから 狂おしく しがみつき 溺れる…溺れる…あ~ Please kill me~
ひとめ惚れ牧伸二・岡田旬子牧伸二・岡田旬子星桂三星桂三桜庭伸幸ひとめ惚れ ひとめ惚れ 二人仲良く ひとめ惚れ  なぜか魅かれる お前にひとめ惚れ そうなの私もあなたに ひとめ惚れ あ~胸さわぎ あ~夢ごこち 運命(さだめ)結んだ赤い糸 愛と信じていいかしら うれしくて 心配で 今夜は眠れない  「あ~ 生まれてきて よかった~」 「あ~ いやんなっちゃったって 言わないでね」  言葉いらない 笑顔があればいい 話して下さい あなたを知りたいの あ~泣かせるね あ~笑わせて こんな男でよかったら こんな私でよかったら 側にいて 寄り添って 幸せ紡ぎ合い  あ~これからは あ~手をつなぎ 何があっても離さない あなた信じてついてゆく いつまでも いついつまでも 二人はひとめ惚れ
無情の夢北岡ひろし北岡ひろし荒木とよひさ弦哲也桜庭伸幸我が恋は 千尋(ちひろ)の海の 波間に漂う 捨て小舟 愛しては 愛しては ならぬ人 慕(おも)い届かぬ 闇の果て いっそこの身を 海に投げ  もし生まれ 替(か)われるならば 運命(さだめ)も知らない 白い貝 縋っては 縋っては ならぬ人 いつか藻屑に なるならば いっそこの乳房(むね) 三日月で  辿り着く 岸辺があれば この世のむこうの そのむこう 恨んでは 恨んでは ならぬ人 無情(ゆめ)に生まれて 夢のまま いっそこの愛 死なせたら
昭和名残り唄青戸健青戸健永井龍雲永井龍雲桜庭伸幸ふと湧き出づる 哀しみは 演歌流しの 弾くギター 諦めきれずに 消え残る 昭和時代の 名残り唄 傘を開いて 待っていた 改札口で 雨ん中  薬缶(やかん)沸かして 啜(すす)り合う インスタントの 粉珈琲 都会の片隅 忘られた 六畳一間の 鳥籠で 夢を黙って 聞いていた 炬燵布団(こたつぶとん)に 包(くる)まって  ふと込み上げる 切なさは プラットホームの 解(ほつ)れ髪 心が潰れる 済まなさに 故郷(ふるさと)列車の ベルの音 窓を開いて 手を振った 涙笑顔で いつまでも
紫のマンボ真木柚布子真木柚布子田久保真見花岡優平桜庭伸幸眠れないから 踊りましょう 夜明けが来れば お別れなの こわれた夢の かけら集め つなぎ合わせれば ステンドグラス 女の吐息は 赤 燃え尽きるまで 燃えて 男の吐息は 青 淋しさに 染まる 交われば 紫ね ああ 最後のくちづけ  胸を合わせて 踊りましょう 抱き合うことば 祈りに似て ほほえみという 仮面つけて 哀しみ飲み干す シャンパングラス 女の涙は 赤 血を流すほど 泣いて 男の涙は 青 海よりも 深い 交われば 紫ね ああ あなたにさよなら  女の涙は 赤 血を流すほど 泣いて 男の涙は 青 海よりも 深い 交われば 紫ね ああ あなたにさよなら
情熱のバラキム・ヨンジャキム・ヨンジャ湯川れい子水森英夫桜庭伸幸この胸の 扉 開いたら 血の色の バラが見えるでしょ じれったい 臆病な人ね 独りじゃ ダンスは踊れない  想い出すだけで 熱くなるのよ 許されない 秘密の 幸せ 幸せだから  会えないぶんだけ 抱きしめてね  目をつむり 耳をふさいでも お喋りな 夜風が囁く 可哀想ね あんた待ち呆け 独りじゃ ダンスは踊れない  魅力的なほど 敵は多いわ 悔むよりも 大事な 恋人 恋人だから  この愛 誰にも 譲れないの  人生は そうよ 謝肉祭(カーニバル) 傷ついて 夢の花吹雪 思い切り 派手でいいですか 独りじゃ ダンスは踊れない  ベッドに 倒れ込み むせび泣くけど サヨナラより 触れたい くちびる くちびるだから  こぼれる 涙に キッスしてよね
雪挽歌松原のぶえ松原のぶえ下地亜記子弦哲也桜庭伸幸こらえきれずに しのび泣く 胸の寒さよ せつなさよ 恋にそむかれ ただ独(ひと)り 何を頼りに 生きればいいの 外は粉雪(こなゆき) 心は吹雪(ふぶき) 冬の海峡 女哀しく 爪を噛む  闇(やみ)に尾を引く 灯台よ 夢をともして この胸に たとえ嘘でも 気やすめの 手紙ください 優しさ添えて 外は粉雪 心は吹雪 夜の海峡 吐息まじりの ひとり言  指に素肌に 黒髪に 逢えぬつらさが からみつく あなた教えて 未練火を どこで消したら いいのでしょうか 外は粉雪 心は吹雪 冬の海峡 女震えて 眠れない
浮き名かぞえ唄中村美律子中村美律子池田充男叶弦大桜庭伸幸一つひと夜で 浮き名をたてて たてたあげくがね 花も実もない 恋になる 二つふか酒 からだに毒よ とめたわたしがね いまはあなたを 焦(こが)れ酒  しょんがいな しょんがいな しょんがいな  三つ身も世も 霜枯れ柳 苦労する気でね かけたいのちの 不甲斐なさ 四つ五つと 数える指が ほそくやつれてね ツンとくいこむ 三味の糸  しょんがいな しょんがいな しょんがいな  六つ無理やり わたしを口説き ゆめを見させてね あとは白波 帆かけ舟 七つなみだの 丸窓座敷 泣いているのはね ひとりぼっちの 舞扇  しょんがいな しょんがいな しょんがいな  八つ九つ 今夜は来るか 迎え出ましょかね 青い蛇の目の 傘さして 十でとうとう 諦めました みんなみんな みんなね 浮いたあぶくの 恋でした  しょんがいな しょんがいな しょんがいな
あかね空真木柚布子真木柚布子たきのえいじ叶弦大桜庭伸幸まぶた閉じれば ふるさとが おもいで連れて 見えてくる 春は桜の 花ふぶき 夏は七夕 蝉しぐれ 帰ろうか 帰ろうか 呼んでいるよな あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で ふるさとへ  川の流れに 映るのは やさしく笑う 母の顔 秋はコスモス 赤とんぼ 冬は木枯らし 寒つばき 帰ろうか 帰ろうか 染みるまっ赤な あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で あの頃に  帰ろうか 帰ろうか 呼んでいるよな あかね空 帰ろうか 帰ろうか 今夜は夢で ふるさとへ
サヨナラはくちづけのあとでハン・ジナハン・ジナ高畠じゅん子弦哲也桜庭伸幸優しさに くるまれていても あしたに続く 道はないから 酔いしれて 首飾りちぎり 溶かした真珠 飲みほすの サヨナラはくちづけのあとで 一途に愛した 胸が泣き止むまで 私だけの ひとに したくても 天の国は それを 許さないでしょう  居るだけで ぬくもりを感じ ほほえみあえば 何もいらない この体 差し出した夜は 弓矢のような 流れ星 サヨナラはくちづけのあとで 夢しか逢えない ひとになるのだから 愛し合った ことの 半分は 持っていてね いつも 捨てないでいてね  サヨナラはくちづけのあとで あなたに出逢えて とてもしあわせなの 勇気出して 歩き だすことね 泣いた涙 きっと 無駄じゃないでしょう
哀愁のキエンセラハン・ジナハン・ジナ高畠じゅん子弦哲也桜庭伸幸私の腰に 手をまわし 首すじに キスをする あなたは ずるいひとなのね 憎めない 憎めない こばめない キエンセラ キエンセラ 真夜中のパーティー キエンセラ キエンセラ おもいきり 酔いましょう 笑いながら 泣いて 泣いて 抱かれながら ひとりぽっち Ah 恋は 恋は…恋は シャボン玉  目覚めてみれば 絨緞(じゅうたん)で ふたり共 寝ていたの 夜明けが 窓にさしこめば 消えてゆく 消えてゆく 蜃気楼 キエンセラ キエンセラ あたたかなため息 キエンセラ キエンセラ くちびるが かわいてく はしゃぎながら 醒(さ)めて 醒めて おぼれながら まといつく Ah 恋は 恋は…恋は シャボン玉  キエンセラ キエンセラ 真夜中のパーティー キエンセラ キエンセラ おもいきり 酔いましょう 笑いながら 泣いて 泣いて 抱かれながら ひとりぽっち Ah 恋は 恋は…恋は シャボン玉
女の華祭り椎名佐千子椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳桜庭伸幸恋した女は 口紅の 色彩(いろ)にもこころが 迷います 綺麗になったと あなたから 言われてみたいの 耳許(みみもと)で 春咲く花なら すみれ草 うつむき加減(かげん)に 揺れてます 夏咲く花なら 夾竹桃 あなたの隣で 薫ります 幸せに なりたいの 恋はおんなの 華祭り  夢から醒(さ)めろと 云われても ときめく想いは 隠せない 抱かれて不幸に なるのなら 堕(お)ちてもいいのよ 何処までも 秋咲く花なら 鳳仙花 おんなの果実(いのち)が はじけます 冬咲く花なら 寒椿 あなたをひとすじ 慕います やさしさが 欲しいのよ 恋はせつない 華祭り  幸せに なりたいの 恋はおんなの 華祭り
阿修羅海峡松原のぶえ松原のぶえ喜多條忠弦哲也桜庭伸幸灯ともし頃の 海峡を 哀しみ積んだ 船がゆく 涙の数ほど 町あかり 海の向こうに ぽつぽつり 別れ 別れ 別れられない あの人の 声がきこえる 阿修羅海峡  あやまちならば つぐなえる さだめとならば あきらめる この世の恋なら この世しか かなえられぬと 思うから 好きで 好きで 好きでたまらぬ あの人を 離したくない 阿修羅海峡  微笑むような 阿修羅像 ほんとは泣いて いるのです 出逢いと別れの 切なさに 両手合わせて 泣くのです 忘れ 忘れ 忘れられない あの人を 風がさえぎる 阿修羅海峡
天城越えキム・ヨンジャキム・ヨンジャ吉岡治弦哲也桜庭伸幸隠しきれない移り香が いつしかあなたにしみついた 誰かにとられるくらいなら あなたを殺していいですか 寝乱れて 隠れ宿 九十九(つづら)折り 浄蓮(じょうれん)の滝 舞い上がり 揺れおちる 肩のむこうに あなた… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える火をくぐり あなたと越えたい天城越え  口を開けば別れると 刺さったまんまの割れ硝子 ふたりで居たって寒いけど 嘘でも抱かれりゃあたたかい わさび沢 隠れ径 小夜時雨(さよしぐれ) 寒天橋(かんてんばし) 恨んでも 恨んでも 躯(からだ)うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える地を這(は)って あなたと越えたい天城越え  走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道(あまぎずいどう) 恨んでも 恨んでも 躯うらはら あなた… 山が燃える 戻れなくても もういいの くらくら燃える地を這って あなたと越えたい天城越え
じゃじゃ馬ならし三原じゅん子三原じゅん子及川恒平芹澤廣明桜庭伸幸哀れな 眼差(まなざ)しは とっくにもう見飽きたよ 優しいふりしてる セリフも聴き飽きたよ ほんとに欲しいのは おまえの裸の心 おくゆかしさじゃない 女らしさでもない ぶつかって来い 今すぐ まだ間にあう じゃじゃ馬ならしを 俺はのぞんでいる Ah… いかりを忘れてる女は俺は嫌いさ 上目使いに見るおまえの其の目がいい  ロマンに酔いしれて 涙ぐむのはよしなよ 男の言うことを 丸のみこみするのも ほんとに欲しかった ものだけ求めればいい 言いたいことを言え やりたいことだけやれ ぶつかって来い 今すぐ まだ間にあう じゃじゃ馬ならしを 俺はのぞんでいる Ah… 不幸に気付かない女はあわれなものさ ぎらぎら輝いたおまえの其の目がいい  ぶつかって来い 今すぐ まだ間にあう じゃじゃ馬ならしを 俺はのぞんでいる Ah… 不幸に気付かない女はあわれなものさ ぎらぎら輝いたおまえの其の目がいい
雪海岸小村美貴小村美貴坂口照幸水森英夫桜庭伸幸終着駅には ほど遠い 窓から拡がる あの海に 旅には似合わぬ 姿して 魅(ひ)かれて降り立つ 北の駅  今更みれんと 分かっても あなたの裏切り 「どうして…よ」 追ってもくれない 男より 真冬の海が 暖かい 雪海岸  自分の名前で 生きられて 自分の名前で 死んでゆく ネオンの花には 根もつかず それさえ叶わぬ こともある  サヨナラあなたと 波止場から 叫んで指輪を 投げるとき 音まで呑み込む この海の 逆巻く波に 救われる 雪海岸  サヨナラあなたと 波止場から 叫んで指輪を 投げるとき 音まで呑み込む この海の 逆巻く波に 救われる 雪海岸
おんなみれん節小村美貴小村美貴坂口照幸水森英夫桜庭伸幸あんな男と 世間の噂 あんな男が 忘られぬ 流転てんてん ネオン川 いっそ沈めば 楽なのに 沈み切れない 命 ぎりぎり おんなみれん節  思いたくない 自分のことを そうよ哀しい 身の上と 流転てんてん ネオン川 酔えばすぐ泣く 不幸ぐせ 罪な嘘まで もって行ってよ おんなみれん節  私 あなたの 最後の女 惚れて溺れて なぜ悪い 流転てんてん ネオン川 風の吹く日も 雨の日も ついて行きたい 命 ぎりぎり おんなみれん節
泣かんとよ黒木姉妹黒木姉妹滝川夏加藤将貫桜庭伸幸風 吹けばいい (風 吹けばいい) 風 打つがいい(風 打つがいい) 巡る岬に 風が舞う 風 風 風 惚れた男 燃えた心 みんな流しに 旅に出た 博多 唐津よ 波戸岬 玄界灘の 海よ哭け 九州 オナゴは 泣かんとよ  雨 降ればいい (雨 降ればいい) 雨 濡れていい(雨 濡れていい) 巡る岬に 雨が降る 雨 雨 雨 憎い男 つけた傷を 流せ長崎 火の国へ 果ては 南端 佐多岬 断崖はるか 灯台よ 明日は ともすよ 夢ともす  花 咲けばいい (花 咲けばいい)花 咲くがいい (花 咲くがいい) 巡る岬は 花が呼ぶ 花 花 花 咲くが女 ひらけ夢よ 桜 臼杵は 花吹雪 日向 浜木綿 都井岬 あたしゃあたしの 花咲かす 九州 オナゴは 泣かんとよ
花太鼓黒木姉妹黒木姉妹みうら・うらら加藤将貫桜庭伸幸山車が走れば 浮世も忘れ 撥がはじけて蝶になり 汗が飛び散り風になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 団扇かざした晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  縞のはちまき きりりと締めて 男・いなせな若衆の 太鼓囃子が波になる… 祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ ぐんと踏んばる晴れ姿 やんちゃなあんたについほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 遥か夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓  祭りだよ… 祭りだよ… 揃いの浴衣でよ 日本一の晴れ姿 あんたの背中についほろり 祭りだよ… 祭りだよ… 高く夜空に とどけ天まで舞い上がれ 響け花太鼓 響け花太鼓
紅吹雪真木柚布子真木柚布子下地亜記子樋口義高桜庭伸幸たとえば阿修羅の 明日でも たとえば離れて 生きようと あなたは私の 光です この愛死ぬまで 忘れない 恋しい人の 倖せを 心ひとすじ 祈りたい 燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ  たとえば地の果て 海の底 たとえば血を吐き 泣こうとも 涙の鎖を ひきずって 蛇身(じゃしん)となっても 愛し抜く 簪(かんざし)よりも 着物より 熱い想い出 あればいい 燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 女咲け咲け 命めらめら 染めて咲け  燃えて…燃えて…燃えて 吹雪 地吹雪 紅吹雪… 雪よ降れ降れ 命しんしん 雪よ降れ
ふられ上手真木柚布子真木柚布子下地亜記子樋口義高桜庭伸幸壊れたヒール ぶらさげて 追いかけるよな がらじゃない 本気にさせて まいらせといて いつも男は 消えてゆく 逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…哀しいね 私 意地っ張り ふられ ふられ上手だね  今度はマジに 惚れていた 信じて夢を 見ていたよ かけひきなしで 愛してみても 男心は シャボン玉 逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…バカだよね 私 お人好し ふられ ふられ上手だね  逢いたい…逢えない… 泣きたい…ほんのちょっぴり 飲みたい…酔いたい…カッコ悪いかな あぁ…哀しいね 私 意地っ張り ふられ ふられ上手だね
夜叉海峡坂本冬美坂本冬美荒木とよひさ弦哲也桜庭伸幸乳房の夜叉を 隠してみても この血が 激しく 暴れます あなたがそちらで 倖せならば 殺したいほど 憎みます 心だけでは いや 抱かれるだけでは いや 吹雪の岬 身を投げて 死んでくれると いうのなら あゝ…あなた あなた 夜叉海峡  緑の黒髪(かみ)を 根もとで切れば 憐れむ 尼女(おんな)に なれますか 地獄へ堕ちても 奪えるならば この身裂かれて かまわない この世だけでは いや 哀しいだけでは いや 素肌のままで 抱きあって 死んでくれると いうのなら あゝ…あなた あなた 夜叉海峡  心だけでは いや 抱かれるだけでは いや 吹雪の岬 身を投げて 死んでくれると いうのなら あゝ…あなた あなた 夜叉海峡
ヨコハマ・ワルツ錦野旦錦野旦高村圭山崎一稔桜庭伸幸思い出ひとつじゃ 生きられないわ あなたが選んだ 赤い靴 波止場に消えた 少女のように 切なく呼ぶ 汽笛に 身を任せるの 甘いあなたの 嘘つき唄に 踊ったあたしが バカでした 揺れる 心 海に捨てた ヨコハマ・ワルツ  咲かない花なら 枯れてもいいわ あなたの匂いの 白いシャツ 灯りを消した 港のホテル 通り過ぎた恋唄 かぞえてみるの 醒めて夢見て 夢見て醒める お酒と涙の くりかえし 恋の かけら 夜に溶けた ヨコハマ・ワルツ  波止場に消えた 少女のように 切なく呼ぶ 汽笛に 身を任せるの そうよあなたは 嘘つきカモメ 夢見たあたしが バカでした 揺れる 心 海に捨てた ヨコハマ・ワルツ
月の庭錦野旦錦野旦高須晶子馬飼野康二桜庭伸幸おまえの膝まくら スカートの裾 指で探れば 今夜のあなたは 少し変だ…と笑う あぁ いくつもの 夜が通りすぎ ふたり 年かさね 可愛いかった 細い指さえ 時の流れの中で…  だけど Fallin' Love 昔のように ときめく事はなくなったけれど だけど Fallin' Love 側にいて欲しい 女(ひと)はおまえだけ  おまえの名前を 月の光に つぶやいてみる 突然どうしたと 照れた声が弾む あぁ 振り向けばいつもそこにある 綺麗な笑顔に 背中押され 嵐の夜も 迷う事なく 歩けた…  だけど Fallin' Love 昔のように ときめく事はなくなったけれど だけど Fallin' Love 側にいて欲しい 女(ひと)はおまえだけ
日本人だね演歌だね水前寺清子水前寺清子荒木とよひさ弦哲也桜庭伸幸日本人だね 演歌だね ごはんとみそ汁 梅干しあれば 日本人だね 演歌だね いただきますって いい言葉 しあわせは 両手を合わせ しあわせは 感謝の気持ち 日本人だね 演歌だね お天道様(てんとうさま)に ありがとう  日本人だね 演歌だね じいちゃんばあちゃん 長生きしてね 日本人だね 演歌だね ご先祖様って いい言葉 しあわせは お風呂の中で しあわせは シャボン玉 日本人だね 演歌だね お天道様に ありがとう  しあわせは 両手を合わせ しあわせは 感謝の気持ち 日本人だね 演歌だね お天道様に ありがとう
砂の城真木柚布子真木柚布子田久保真見樋口義高桜庭伸幸夜明けの蒼さに 染められて こころは淋しい 海の色 ふたりは他人に もどるのね でもでもでも でも 波のように ゆらりゆれて 抱かれた日々 胸をしめつける さよなら 何も言わないで なみだを 海に帰しましょう あなたさよなら 愛ははかなくて 崩れて消える 砂の城  ふたりでかもめに なれたらと つぶやく背中が 悲しいの 泣いたらあなたが 困るのに でもでもでも でも 夢のなかで ゆらりゆれて 溺れた日々 胸にこみあげる さよなら すこし微笑んで なみだを 海に帰しましょう あなたさよなら 風にさらわれて 崩れて消える 砂の城  波のように ゆらりゆれて 抱かれた日々 胸をしめつける さよなら 何も言わないで なみだを 海に帰しましょう あなたさよなら 愛ははかなくて 崩れて消える 砂の城
悲しきカルメン山口かおる山口かおるかず翼徳久広司桜庭伸幸思い出の街で あなた探してる さよならも言わずに 消えた人なのに 届かない愛ほど 欲しいものはない 自分の心に 嘘はつけない ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 運命(さだめ)のままに ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 生きては来たけれど この愛だけは あなただけは あきらめきれないの 黄昏のアンダルシア 悲しきカルメン  教会の影が 落ちる石だたみ ひざまずき思わず わたし祈ってた 穏やかな生活(くらし)に 未練なんてない 命が輝く 瞬間(とき)を下さい ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 自由が今は ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ なぜか淋しくなる 不幸になると 知っていても このまま終われない 面影のバルセロナ 悲しきカルメン  ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 真っ赤なバラは ケ・セラ・セラ ケ・セラ・セラ 今が見頃のはず この愛だけは あなただけは あきらめきれないの 幻想(まぼろし)のアルハンブラ 悲しきカルメン
ホーリー・ナイト山口かおる山口かおるかず翼徳久広司桜庭伸幸雨音が いつしか消えて 音もなく 雪が降る 今夜は ホーリー・ナイト 恋を 解きはなつ夜 尽くしただけの 日々じゃなかった 私も貰った 大切なもの… あなたのその顔 そのくちぴる この手がこの目が この心が いつまでも忘れない いついつまでも  街角の 思い出たちよ その場所で 輝いて 今夜は ホーリー・ナイト 恋を 見送った夜 出逢ったことを 悔やんでいない こんなに誰かを 愛せたなんて… あなたのその声 そのぬくもり この耳この髪 この体が いつまでも忘れない いついつまでも  尽くしただけの 日々じゃなかった 私も貰った 大切なもの… あなたのその夢 そのやさしさ 一緒に過ごした この月日を いつまでも忘れない いついつまでも
おんな通せんぼ小村美貴小村美貴坂口照幸水森英夫桜庭伸幸北の都を ふり出しに 流れ流れて 夜の花 風子十九の 仇(あだ)の花 あゝ おんな通せんぼ まこと尽くして 燃えた恋 意地が残って 泣いた恋 いつも裏目に なる私 あゝ おんな通せんぼ  どこで逸(そ)れたか てん・手毬 追ってあなたが 戻るのか 雨も爪弾く 別れ歌 あゝ おんな通せんぼ 耳に涙の ひとり寝は 今もみれんを 越せぬまま 何を好んで 寒枕(かんまくら) あゝ おんな通せんぼ  私 浮草 水の花 辿りつく日も きっと来る 風子二十九の 純の春 あゝ おんな通せんぼ あゝ おんな通せんぼ
哀しみのプラットホーム小村美貴小村美貴坂口照幸水森英夫桜庭伸幸いつも待ったわ あなたの言葉 一緒になろうの 一言を 今は無理でも 叶うのならば もっと先でも 良かった私 小雪に沈む この駅灯り 汽車が来るまで あと五分 別れが近くなる 哀しみの 哀しみのプラットホーム  どうぞ行ってね ドアーが閉まるわ 哀しい私の 泣き笑い 追えぬ女の みれんに変えて 頬に残した 口紅のあと 行くひと来るひと 人それぞれに 旅をかかえる 北国の ここからもう他人 哀しみの 哀しみのプラットホーム  小雪に沈む この駅灯り 汽車が来るまで あと五分 別れが近くなる 哀しみの 哀しみのプラットホーム
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
最後のことばこゆりこゆり和田ひろお和田ひろお桜庭伸幸夕暮れの街角に ひとりたたずめば 季節はずれの雪が 肩に降りかかる 最終の汽車に乗り この町を出ます 指先の冷たさは 寒さのせいですね あの時に言えなかった 最後のことばを 今ここで伝えます 聞いてください 「ありがとう 幸せでした」 ビルの窓辺に 灯りがともる 私を見送るように  遠ざかる街の灯に そっと手を振れば ガラスに映る髪が 雪でふるえてる 三年の年月に さよならをします 早すぎる時の流れ 夜汽車のようですね あの時に言えなかった 心の誓いを 今ならば話せます 聞いてください 「ひとりで生きていきます」 窓の向こうに昨日が浮ぶ 私を見送るように  私を見送るように
愛は瞳の中に山口かおる山口かおるかず翼徳久広司桜庭伸幸理由(わけ)もなく独りきり 泣きたい夜がある ベッドを抜け出して テラスで月を見る あなたがいつしか 寄り添って 抱きしめてくれたの 何も聞かずに あぁ幸せは 日ごと紡いだ 時間の かけらたち 言葉などいらないの ただ見つめ合う それだけで分かるの 愛は瞳の中に  少しだけ疲れてた 平和な毎日に 夢さえ輝きを 失くしてしまいそう あなたにもたれて 目を閉じる 気づかせてくれたの 胸の切なさ あぁ幸せは 指にからめた 小さな ときめきね 畏れずに明日(あした)へと また歩き出す 振り向けば見つかる 愛は瞳の中に  あぁ幸せは 日ごと紡いだ 時間の かけらたち 終わらないラブソング いま捧げるわ ありがとういつでも 愛は瞳の中に 愛は瞳の中に
哀愁フラメンコ山口かおる山口かおるかず翼徳久広司桜庭伸幸私から言えずに さよならが言えずに あなたに捨てられる その日待つなんて 恋の終わりを 知りながら 気づかぬ振りした 罪ですか ララバイ ララバイ 溜息のギターラ ララバイ ララバイ 忘れさせてよ 聞き分けのない 未練が胸で 愛をかき鳴らす 哀愁フラメンコ  泣かないと決めてた 追わないと決めてた 愚かなプライドと 分かっているけど 恋の終わりは 出逢いから ひそかに始まる ものなのね ララバイ ララバイ 想い出のフィエスタ ララバイ ララバイ 迷子のように 陽ざかりの街 めまいの中で あなた見失う 哀愁フラメンコ  ララバイ ララバイ 悲しみのシエスタ ララバイ ララバイ 眠りたいのに 聞き分けのない 未練が胸で 愛をかき鳴らす 哀愁フラメンコ
横笛物語市川由紀乃市川由紀乃木下龍太郎弦哲也桜庭伸幸なんで逢っては 呉れぬのですか 一目だけでも いいものを 男ごころの 気まぐれですか 袂(たもと)に入れた 恋文は 京都 北嵯峨 滝口寺(たきぐちでら) 開けてください 柴(しば)の戸を あなた 恋の闇路に あれから迷い やつれて痩せた この横笛の 募る想いが 届いたら  死ねと私に 言うのでしょうか 二度とこの世で 逢えぬなら 愛を終わりに する気でしょうか 女を袖に したままで 京都 北嵯峨 笹時雨 卑怯者です あまりにも あなた 髪を落として 仏の門に 入るのならば この横笛に どうぞひと言 その理由(わけ)を  京都 北嵯峨 滝口寺(たきぐちでら) 女捨てます 今日かぎり あなた 生きて浮世で 添えぬのならば 迷わず後を この横笛も 明日は着ましょう 墨衣
をんな川北野まち子北野まち子吉田旺岡千秋桜庭伸幸涕(な)きすがる 母を振りきり 郷里(ふるさと)を のがれ幾年 ただ一途 恋に走った 十八歳(じゅうはち)の 春のあとさき をんな川 水面よぎるよ  をんな川 流れ漂い 散り果てた 夢の数々 にくしみも 未練ごころも 行きすぎる 時の間(ま)に間(ま)に 風の中 みんな一色(ひといろ)  にごり絵の 巷(まち)の明け暮れ むなしさに 目蓋(まぶた)とじれば ふり向かず 生きてお行きと 背(せな)を押す 亡き母の声 をんな川 明日は何処(いずこ)へ 明日は何処へ
佐渡海峡北野まち子北野まち子吉田旺岡千秋桜庭伸幸吹雪簾(すだれ)の そのむこう あなた あなたの 船が行く 二冬(ふたふゆ)待って 待っててくれと 見せた泪を 信じたい 遣(や)らずの雪よ 雪よ哭(な)け哭け …佐渡海峡  赤い角巻 かき寄せりゃ 耐えた思いが 眸(め)をぬらす わかれの寒さ 埋(うず)めるように 素肌かさねた なごり宿 あなたを信じ 待って待ちます …小木港  霧笛一声(ひとこえ) 咽(むせ)ぶたび 女ごころを ゆするたび ふたたび生きて 逢えない予感 むりに打ち消す 波止場道 遣らずの雪よ 雪よ哭け哭け …佐渡海峡
酒とバラ真木柚布子真木柚布子上田紅葉花岡優平桜庭伸幸赤いルージュを 吐息で濡らし ひとり飲む酒 苦い酒 来ない誰かを 待ち侘びるより 水に流して さよなら… 涙の粒 飛んでけ 噂の種 飛んでけ 生まれ変われ バラのように… あなたのすべて 想い出さえも グラスの中 指で回せば… 恋はまぼろし 酒とバラ  掛けた電話を 迷って止める 淋しがり屋の 悪い癖 憎み切れない そんな人でも ケジメつけます 今夜で… 幸せまた 来るから 出逢いもまた あるから 翼広げ 鳥のように… 止まり木変えて 好みを変えて ダブルにして 笑い飛ばせば… 夢の名残りも 空ボトル 涙の粒 飛んでけ 噂の種 飛んでけ 生まれ変われ バラのように… あなたのすべて 想い出さえも グラスの中 指で回せば… 恋はまぼろし 酒とバラ
冬薔薇(ふゆそうび)キム・ヨンジャキム・ヨンジャ吉岡治弦哲也桜庭伸幸心の闇に花が咲く 咲いてはいけない 冬薔薇 抑えても 抑えても 想いあふれて 咲く花を 咲く花を 叱れない 褒(ほ)めて下さい あなた 美しいと 愛(め)でて下さい あなた 花片を 抱いて抱いて下さい あなた 強く 強く 強く 強く それでなくとも 限りある よしなき恋です  短い花の季節です ほろほろ散りゆく 冬薔薇 躰ごと 躰ごと 想いこがれて 泣く人を 泣く人を 叱れない 褒(ほ)めて下さい あなた 美しいと 愛(め)でて下さい あなた もう一度 抱いて抱いて下さい あなた 強く 強く 強く 強く 愚か心を ひとすじに 倫(みち)なき恋です  抱いて抱いて下さい あなた 強く 強く 強く 強く 愚か心を ひとすじに 倫(みち)なき恋です
バラの咲く頃に…秋山涼子秋山涼子木下龍太郎松井義久桜庭伸幸さよならは こころの中で 花が聴いたら 悲しむでしょう それぞれ誰かと 恋をして 愛せぬことに 気付いたら また 逢いましょう 再びバラの咲く頃に 二人の愛こそ 本物だから…。  数々の 言い争いに 花はこころを 痛めたでしょう わがまま同士で 意地っぱり 傷付け合って いたみたい また逢いましょう 世界のバラの咲く丘で やさしい二人に 変われたならば…。  さよならは こころの中で 花が聴いたら 悲しむでしょう 離れて暮らして 人の世の 寒さに胸が 凍えたら また逢いましょう 再びバラの咲く頃に ぬくもり分け合い 生きてくために…。
かもめ桂銀淑桂銀淑吉岡治浜圭介桜庭伸幸海にお酒を こぼしてやると かもめが啼いて 寄ってきた かもめ かもめ 煙草も一本 吸いますか あなたの好きな 短い希望の ああ 煙草です  心細さも あなたのことも いずれは時が 消すという かもめ かもめ 何年ぶりかで 泣きました 口紅ついた 盃みてたら ああ たまらずに  何処にいたって 躰の底で 吠えてるような オホーツク かもめ かもめ そろそろ私も 店じまい 最後の花を 咲かせてみますか ああ 故郷(ふるさと)で  かもめ かもめ そろそろ私も 店じまい きれいなうちに 咲かせてみせます ああ 彼岸花
波止場のボレロMAYUMIMAYUMIもず唱平杉本眞人桜庭伸幸これで終りにしましょうね 最後のダンスはやっぱりボレロ 波止場の酒場で誘われて はじめて踊った曲だった 越せないものが何なのか あなたはその訳 語りもせずに ひとりで旅立つ つもりなの 「じゃあね またね」「じゃあね」 波止場のボレロ  これで本当によかったの 宿命(さだめ)を占うラヴェルのボレロ 波止場の鴎が気にかけて 涙をお拭きと啼いて飛ぶ 張り裂けそうよ この胸が あなたを憎んでサヨナラ出来りゃ 少しは気分も楽なのに 「じゃあね またね」「じゃあね」 波止場のボレロ  これからどこへ行くのです あなたは心のさすらい人(びと)で あたしは行き場のない女 「じゃあね またね」「じゃあね」 波止場のボレロ 波止場のボレロ
泪橋みやま健二みやま健二美樹克彦美樹克彦桜庭伸幸行きと帰りの 泪と涙 ちがうことなど 誰が知る 命を賭けた この盃が 男の道をつらぬく証し ふみしめて ふみしめて 渡る泪橋  帰りたくても 見上げる空にゃ 雀が3羽 見えるだけ 何年過ぎた 罪ほろぼしは 拳をにぎって 歯をくいしばる 渡るんだ 渡るんだ 晴れて泪橋  裁きつとめて 旅立つ俺を 待っててくれた 女(ひと)がいる 残りの人生 お前がいれば はずす路など あるはずもない ゆっくりと ゆっくりと 渡る泪橋
歌麿香西かおり香西かおりたかたかし岡千秋桜庭伸幸洗い髪 肩すくめて 腕でかくす乳房(むね) あなたの描く一筆で わたしは女になってゆく きれいだと あなたから 言われるいまが うれしくて ひたすらに 美しく いのちいのち華やかに 咲いてゆれて ひらく わたし 歌麿  雨に濡れ 匂う花びら それはわたしです あなたがすくう一色で わたしはみだらになってゆく しあわせに 生きるのも かなしい愛に 生きるのも ひたすらに 女なら 恋に恋に身をやいて 朝も昼も 夜も わたし 歌麿  人生(ゆめ)ならば 女なら いのちの花が枯れるまで ひたすらに 艶やかに 恋に恋にかがやいて 咲いてゆれて ひらく わたし 歌麿
京都から博多まで坂本冬美坂本冬美阿久悠猪俣公章桜庭伸幸肩につめたい 小雨が重い 思いきれない 未練(みれん)が重い 鐘(かね)が鳴る鳴る 憐(あわ)れむように 馬鹿な女と 云うように 京都から博多(はかた)まで あなたを追って 西へ流れて 行(ゆ)く女  二度も三度も 恋したあげく やはりあなたと 心にきめた 汽車が行(ゆ)く行く 瀬戸内ぞいに 沈む気持を ふり捨てて 京都から博多まで あなたを追って 恋をたずねて 行く女  京都育ちが 博多になれて 可愛(かわ)いなまりも いつしか消えた ひとりしみじみ 不幸を感じ ついてないわと 云いながら 京都から博多まで あなたを追って 今日も逢(あ)えずに 泣く女
舟唄永井裕子永井裕子阿久悠浜圭介桜庭伸幸お酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい 女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり ともりゃいい しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる 涙がポロリと こぼれたら 歌いだすのさ 舟唄を  沖の鴎(かもめ)に 深酒させてヨ いとしあの娘とヨ 朝寝する ダンチョネ  店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい はやりの歌など なくていい ときどき霧笛(むてき)が 鳴ればいい ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている あの頃あの娘(こ)を 思ったら 歌いだすのさ 舟唄を  ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと 未練が胸に 舞い戻る 夜更(よふ)けてさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を  ルルル ルルル ………
千すじの黒髪坂本冬美坂本冬美ちあき哲也徳久広司桜庭伸幸行ってしまった……  書きかけの原稿を 投げつけるほど 女の一途は うるさいですか…  愛することは 燃えること 食卓(テェブル)を転げ落ちて ひび割れた 薩摩切子(きりこ)の紅玉(ルビィ)の色に…  あなたの心が 桜なら ちらりほらり 誰にでも 散ればいい  千すじの 黒髪が 夜道を追いかけ 夜叉(やしゃ)になり 褥(しとね)を邪魔する 幻惑(ゆめ)を見る あなたは私の ものだから  二三日すればまた 悪びれもせず 猫なで声させ 帰れる人よ…  愛することは 許すこと へ理屈も癇(かん)に障(さわ)る おまえだと 銀の洋杖(ステッキ) ぶったらいいわ…  あなたを選んだ 罰なのか 泣いてみても 様になる 年じゃない  千すじの 黒髪の 一すじ 一すじ くちづけて 詠(うた)えば今夜も 耐えられる あなたの気配の ない家も 千すじの 黒髪は 紅蓮(ぐれん)に身悶え 待つでしょう 不甲斐がなくても 仕方ない あなたが宿命(さだめ)の 男なら
暖簾GOLD LYLIC五木ひろしGOLD LYLIC五木ひろし永井龍雲永井龍雲桜庭伸幸心にポツンと 寂しさの明かりが灯(とも)る やさしい人に逢いたい こんな夜には 温(あた)たかな言葉に ふれたい  暖簾を 潜(くぐ)って 立ち上(のぼ)る湯気(けむり)の行方(ゆくえ)にも ささやかな人生 謳(うた)うものがある 明日を信じて 生きたい  馬鹿な 生き方しか どうせ できないけれど お前らしくていいさと 今夜も 酒が笑う  死ぬほど 本気で 惚れて 惚れて 惚れて 惚れ貫いた あの女(ひと)に逢いたい こんな夜には 気取った夢など いらない  酔って 男が涙 流せば 見苦しいね すべて 胸にしまえと 今夜も 酒が叱る  馬鹿な 生き方しか どうせ できないけれど お前らしくていいさと 今夜も 酒が笑う
十三湖の雪うたキム・ヨンジャキム・ヨンジャ吉岡治弦哲也桜庭伸幸十三(とさ)の砂山 荒潮風(あらしおかぜ)に 蜆掻(しじみか)く手の 血が凍る  鴉(からす)とぶなよ 十三鴉(じゅうさんがらす) おまえ帰れば 雪ばかり 倭武多(ねぶた)恋しい 鈴の音あふれて 夏の日盛(ひざか)り 夜もなく  競馬ポマード 髪塗(かみぬ)りかため 何処(どこ)へ去(い)ったか あの人は  十三(とさ)の砂山ナ ヤェ 米ならよかろナ 西の弁財衆(べんざいしゅう)にゃエ 只積(ただつ)みましょ 只積みましょ  雪よなぶるな 雄(お)たけび喚(あ)げて 雪よ走るな 荒(あら)ぶれて 十三(とさ)の砂山 津軽の雪を 日がな一冬(ひとふゆ) 浜に撒(ま)く
夢待ち酒場大門三郎大門三郎高田ゆきお・音羽良栄野澤英之桜庭伸幸泣いた恋でも ないよりましさ グチはよしなよ 身体にわるい 淋しくなったら いつでもおいて 遠慮するなよ おねえさん 元気出しなよ きっと逢えるさ 夢待ち酒場  故郷(くに)のなまりが 残っているね 俺と今夜は 飲もうじゃないか 目もとがうるんで 色気が出たよ それでいいのさ おねえさん 元気出しなよ いつか逢えるさ 夢待ち酒場  失恋(きず)も涙も うしろにすてて ヤケ酒なんかは 飲むんじゃないよ やさしい男は 他にもいるさ 夢をお持ちよ おねえさん 元気出しなよ きっと逢えるさ 夢待ち酒場
大阪ミナミの女ですキム・ランヒキム・ランヒちとせ金蘭姫桜庭伸幸小雨にけむる御堂筋 銀杏並木も色づいた 宗右衛門町のはずれ 雑居ビルの小さなお店 いつものように お店を開け 今日も来てほしい もうすぐ来るでしょ やがて雨も上がり 愛しい人が顔をだす あなたが来るまで 置かれた荷物 心やさしく純情な 大阪ミナミの 小さなお店の女です  水掛け不動 今日もまた 叶わぬ恋に願掛けて 相合橋を北へ ビルの谷間 小さなお店 同伴なんて久しぶり 何もいわずに 二人でいるだけで ドアに張られた紙 今日は貸し切り おことわり 小さな幸せ たまにはええでしょ 見かけによらず臆病な 大阪ミナミの 小さなお店の女です  やがて雨も上がり 愛しい人が顔をだす うぶじゃないけど 恋する女 ちょっぴり美人で かわいいの 大阪ミナミの 小さなお店の女です 女です
むかしの男三船和子三船和子瑳川温子徳久広司桜庭伸幸恋をするよろこび 恋のなみだ あの人のためなら 死んでもいいと 八分咲きの君が 綺麗だよと わたしを抱きしめた むかしの男 甘い誘いに 惑わされ 悲しいことばに 傷ついた あの日があって 今がある 乾杯 色とりどりの むかしの男 忘れない花よ  幸せはいつでも 突然終る 愛の形見さえも 残さないまま 涙から人生 教えられて やさしさ身に着けた 女よわたし 逢ってみたいの もう一度 逢ってはいけない もう二度と グラスを揺らす 想い出に 乾杯 過ぎ去りし日の むかしの男 忘れない夢よ  逢ってみたいの もう一度 逢ってはいけない もう二度と グラスを揺らす 想い出に 乾杯 過ぎ去りし日の むかしの男 忘れない夢よ
白い駅舎(えき)野中さおり野中さおり麻こよみ弦哲也桜庭伸幸私も泣いて あなたも泣いて 見送る夜明けの 冬の駅舎 世間を捨てて すべてを捨てて ついて行きたい ひとなのに… 涙 涙 涙凍えて 雪になれ  いつかはつらい 別れが来ると わかっていました はじめから あなたがくれた 思い出抱いて 生きて行きます この町で… 夢も 夢も 夢も散り散り 雪が舞う  忘れて欲しい 私のことは 雪に埋める 恋ひとつ 二人の心 引き裂くように 汽笛ひと声 汽車が出る… 涙 涙 涙隠して 雪よ降れ
恋路野中さおり野中さおり麻こよみ弦哲也桜庭伸幸砕ける波の ざわめきは あなたの吐息か 囁きか ただ待つだけの つらい恋 無理に断ち切り 来たものを あ‥あなた 女の迷い火 チロチロ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  書いては破く 別れ文 こぼれる未練の 涙文字 震える指が この肌が あなた欲しがる 岬宿 あ‥わたし 女の残り火 ユラユラ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度  眠れぬままに 開ける窓 闇また闇の 北の海 愛したぶんの 深さだけ 胸の痛みが また疼く あ‥あなた 女の命火 チリチリ燃えて この恋 この恋 踏んでみようか もう一度
男女の川竜小太郎竜小太郎高畠じゅん子中川博之桜庭伸幸咲かせてください 胸の緋牡丹 ふれたら散りそう 花の舞 さらさらさら 何処へ流れる さらさらさら 葦の浮舟 さらさらさら 男と女 あぁ男女(みな)の川(がわ) 弓張月も むら雲の中 闇にまぎれて 逢瀬をかさねます  百年一緒に 生きていたいの 定めの恋です あなたとは さらさらさら 泣かぬほたるよ さらさらさら 渦を描いて さらさらさら 男と女 あぁ男女の川 一寸先きは 奈落の底か それも幸せ 肌身に感じます    ひとりにしないで 連れて逃げてね 涙であなたを しばりたい さらさらさら 波にまかせて さらさらさら 夢の道行き さらさらさら 男と女 あぁ男女の川 ここまできたら 戻れやしない 女冥利に 尽きます愛されて
春の花北野まち子北野まち子坂口照幸岡千秋桜庭伸幸先に来てても 今、来たふりを あなたらしいわ ふと目がうるむ めぐり来た春 遅い春 同じ傷もつ この人と 契りうれしい 縁酒場 雨に咲く花 雨に咲く花 春の花  いつもあなたの 笑顔を見れば 陰の苦労を 見落としそうよ 頬のほてりの 気がかりは お酒ばかりじゃ ないのです 肩を並べて 寄り添って 雨に咲く花 雨に咲く花 春の花  傘はいらない あなたとならば 濡れてみたいわ この雨だもの まわり道でも いいじゃない 運命預けて この人と きっとしあわせ 掴みたい 雨に咲く花 雨に咲く花 春の花
望郷ひとり旅北野まち子北野まち子坂口照幸岡千秋桜庭伸幸あれは三味線(しゃみ)の音(ね) 吹雪を突(つ)いて 聞こえて来るのよ 幻の 生まれ故郷の 懐(ふところ)に 抱かれたくってサァ アイヤー アイヤー ここで降り立つ 五所川原 あなた忘れる 望郷ひとり旅    好きにしなさい 頑張りなさい そう云う父母 空の上 恋に破れて つらくても もっと気高(けだか)くサァ アイヤー アイヤー 岩木お山に なり申せ 雪も励ます 望郷ひとり旅  雪の匂いで しっかり分る 寒さの中にも 春の音 入は誰かに 思われて 生まれ変われるサァ アイヤー アイヤー 北の大地の あったかさ 明日が見えます 望郷ひとり旅  
渚のビギン真木柚布子真木柚布子上田紅葉西條キロク桜庭伸幸恋は…二人だけのものだから 心の…時計外して今は 渚に身を寄せ 椰の木陰甘く ときめき感じるままに 風のウクレレ 魅惑のリズム 素肌も酔わせる恋よ どうぞ 何も言わずにいてね 踊りたいのよ あなたとこのまま…  空に…燃える太陽はひとつ 真っ赤な…恋の命もひとつ 引き潮みたいに いつか覚める夢も 今夜の二人はひとつ 熟(う)れたパパイヤ 南国の夜 涙もとけゆく恋よ いいの 明日(あす)のことなど今は 忘れたいのよ 悲しい別れも…  風のウクレレ 魅惑のリズム 素肌も酔わせる恋よ どうぞ 何も言わずにいてね 踊りたいのよ あなたとこのまま…  
やっぱり大阪小村美貴小村美貴荒木とよひさ水森英夫桜庭伸幸やっぱり大阪 ええなぁこの街は 涙がこぼれりゃ 傘の花が咲く 女の心を 蹴飛ばすような あんな男は あんな男は あばよで放(ほ)かそか 雨ん中 あゝ 雨ん中  やっぱり大阪 ええなぁこの街は 涙が溜まれば 流す川がある 女の未練に 舌だすような あんな男は あんな男は くしゃみで放(ほ)かそか 傘ん中 あゝ 傘ん中  やっぱり大阪 ええなぁこの街は 涙が渇けば 夢が肩たたく 女を秤(はかり)に 掛けてるような あんな男は あんな男は 綺麗に放(ほ)かそか 虹ん中 あゝ 虹ん中
素顔で乾杯三船和子三船和子大津あきら佐々木与志桜庭伸幸くよくよしないで 振られたぐらいで 落ち込むなんて あんたらしくないよ 馴染みのこの店 今夜は貸し切り あんたのためよ 女同志 ふたり  泣くだけ 泣いたら 素顔で乾杯 男と女は ケ・セラ・セラよ 涙をふいたら 素顔で乾杯 明日は明日の 風が吹くからさ  酔うほどあいつが 恋しくなっても 飲むだけ飲んで 朝が来たらバイバイ 世の中男は ごまんといるのよ あっさりしなよ 女同志 今夜  泣くだけ 泣いたら 素顔で乾杯 飾りを脱ぎ捨て ケ・セラ・セラよ 涙をふいたら 素顔で乾杯 あんたは飛びきり いい女だから  泣くだけ 泣いたら 素顔で乾杯 男と女は ケ・セラ・セラよ 涙をふいたら 素顔で乾杯 明日は明日の 風が吹くからさ
花かがやいて三船和子三船和子三正和美大山高輝桜庭伸幸一度きり二度とない 人生は 夢は見るより 叶えるものよ 今からよひと花も これからよふた花も 咲いて舞う かがやいて きらめいて ときめいて 命の限りを萌えながら それがおんなです  音もなく忍び寄り 駆け抜けた 年齢(とき)の流れを 鏡と語る とく髪の指先が たまらなく愛しくて 紅を引く かがやいて きらめいて ときめいて 命の限りを薫るのが それがおんなです  満ち潮が引き潮が 呼び戻す 忘れかけてた こころの青春(はる)を 迷い道振り返り このままじゃ終れない 咲いて咲く かがやいて きらめいて ときめいて 命の限りを凛として それがおんなです
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いつまでも都はるみ都はるみ坂口照幸HANA桜庭伸幸いつまでも いつまでも 今日の日を いつまでも  いつまでも いつまでも 変わらずに いつまでも  忘れない 熱いひとみ そっと暖めて くれた人  いつまでも いつまでも 今日の日を いつまでも  いつまでも いつまでも 変わらずに いつまでも  どこまでも どこまでも この道を どこまでも  どこまでも どこまでも 果てしなく どこまでも  遠い日の 冬の轍 めぐりくる春を踏みしめて  どこまでも どこまでも この道を どこまでも  どこまでも どこまでも 果てしなく どこまでも  青い空 光る海 星のまたたきよ いつまでも  いつまでも いつまでも いつまでも いつまでも  いつまでも いつまでも いつまでも いつまでも
命ゆきどまり都はるみ&岡千秋都はるみ&岡千秋たかたかし岡千秋桜庭伸幸川面を渡る 身を切る風に 骨をきしませ 漂う舟よ 日がな一日 この川を 上り下りの 時代(むかし)もあった  他人(ひと)に踏まれて おまえと哭いた 夜に追われて あなたと泣いた ここがふたりの ゆきどまり 月は冴えても そぼ降るしぐれ  忘れ去られた舟よ もの言わぬ舟よ 在りし日の歌でも 風に聴いているのか  命枯れても 未練はないさ ついてゆきます 夕陽の果ても ここがふたりの ゆきどまり 哀れさみしき かえらぬ夢よ  川は流れる人の 人の世の闇を いとおしきおまえと 明日はどこへ流れる いとおしいあなたと 明日はどこへ流れる
かなこの祭だワッショイ南かなこ南かなこ下地亜記子弦哲也桜庭伸幸あばれ神輿の お通りだ 練り合え 揉み合え 担ぎ出せ 笛だ太鼓だ 踊りだ唄だ 夢を背負って まっしぐら 日本列島 北から南 祭だワッショイ  祭だワッショイ  祭は日本の魂だよ  (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)  笑顔千両 薄化粧 晒しに隠した 白い肌 紅のはち巻き そろいの法被 命ときめく はじけ飛ぶ  日本列島 四季折々に 祭だワッショイ 祭だワッショイ 祭は明日への祷りだよ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)  花火 かがり火 松明だ 真っ赤に燃えてる 胸の火よ 情熱だ根性だ 度胸だ意地だ 負けず嫌いの 血潮が騒ぐ 日本列島 西から東 祭だワッショイ 祭だワッショイ 祭は心の故郷だ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ) ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ (ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ)
猫のファド~あしたも生きるあさっても~リンダ・コラソンリンダ・コラソン阿久悠浜圭介桜庭伸幸迷(ま)い子の子猫を 片手で拾い上げて 私の部屋へ 連れてきたのは 三年も 暮らしてた 男に去られた夜でした 形のくずれた 帽子の中へ入れて あいつの匂い ついているけど しばらくは がまんして ベッドにしてねと 言いきかす  さびしい同士だね 都会にありがちの 哀しい瞳(め)の色に たがいをうつしましょう だから いいわね いいわね あしたも生きる あさっても  小皿のミルクを ピチャピチャ舐めて飲んで 私のことを じっと見るのは もしかして 母親と 思っているからなんでしょか 気まぐれついでに しばらく猫と暮らす 不実な男 思いきるには 愛情を 空っぽに するしかないわと 苦笑い  おかしい二人だね よくあるコンビだね 手枕 膝枕 ゆっくり眠りましょう だから いいわね いいわね あしたも生きる あさっても  さびしい同士だね 都会にありがちの 哀しい瞳(め)の色に たがいをうつしましょう だから いいわね いいわね あしたも生きる あさっても あしたも生きる あさっても
みちのく挽歌綾世一美綾世一美鼓龍次弦哲也桜庭伸幸吹雪まじりに 汽笛が鳴いて ふっとあんたの 面影が くもりガラスの 窓に映って 長い冬です 寒い肌 ハアー 夢でも 逢いたいよ ハアー 夢でも 抱いとくれ 恋しさつのって ひとり泣く  山の根雪が 溶け出す頃は 花も咲かせる 風も吹く 鳴瀬の川に あんたの名前 呼んでみました 淋しくて ハアー 幼児のしぐさもよ ハアー あんたに似てくるよ 季節の変りを 何度見る  ハアー 夢でも 逢いたいよ ハアー 夢でも 抱いとくれ 涙のみちのく 冬挽歌
男と女の飲む酒は…角川博角川博永井龍雲永井龍雲桜庭伸幸男が酒を飲む夜は 世間の辛さが身に沁みる 叱って 叱って 叱りつけ 自分の心の弱さを 運の悪さを恨んでは 人の想いを踏みにじる 男は孤独の友がいる 今日で止めよう 恨むのは 明日があるさ 明日があるさ 今がどんなに辛くても 明日があるさ 明日があるさ 信じて生きてりゃ きっといいことあるさ  女が酒を飲む夜は 別れた男を思い出す 拭(ぬぐ)えど 拭えど 留処なく 涙が溢れて零(こぼ)れる 好きで拗ねて強がって 人の優しさ傷つけた 女は抱かれて夢を見る 今日で止めよう強がりは  明日があるさ 明日があるさ 今は一人が辛くても 明日があるさ 明日があるさ 信じて生きてりゃ きっといいことあるさ  明日があるさ 明日があるさ 今がどんなに辛くても 明日があるさ 明日があるさ 信じて生きてりゃ きっといいことあるさ
ネオン舟香田晋香田晋喜多條忠叶弦大桜庭伸幸荷物まとめて ヒールを下げて あいそつかして 別れてきたが 時にはあなたの 無邪気な寝顔が じんとしみるよ なつかしい 東京へ 大阪へ 函館へ 妻という名の港から 遠くはぐれた ネオン舟  星の数より 涙の数が 多い世間に つめたくされりゃ 「戻って来いよ」と やさしいあなたの 声が聞こえる 夜もある 酔いどれの 嘘つきの ろくでなし 浮かれカモメにひきずられ 花の盛りを ネオン舟  十九、はたちの 若い子たちが 「男ぎらい」と あだ名をつける 淋しい恋なら ひとりでいるほが いっそ気楽と 笑うけど アイちゃんも ヒロちゃんも ケイちゃんも 女ごころのはかなさに 話合わせる ネオン舟
雪荒野藤あや子藤あや子下地亜紀子浜圭介桜庭伸幸卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口(みやつくち)から 忍び込む 追って行きたい 行かれない 恋も通わぬ 三国(みくに)の峠  風が呼ぶ 山が泣く 夜が震え 心が凍(こお)る あなた信じて いいですか あなた待っても いいですか  春まだ遠い 越後路(えちごじ)に 機(はた)おり唄が すすり泣く  雪に埋もれてヨー 今夜も一人 あなた恋しやヨー トンカラリ トンカラリ  白い荒野の 満月が 頬の涙を 照らします 逢いに行きたい 行かれない 指にくいこむ 運命の麻糸(いと)よ  信濃川 雪さらし 小千谷(おじや)ちぢみ 命がやせる 少し泣いても いいですか 少し恨んで いいですか 夢まだ遠い 越後路で 想い出抱いて 眠ります  風が呼ぶ 山が泣く 夜が震え 心が凍(こお)る あなた信じて いいですか あなた待っても いいですか  雪解けまぢか 越後路に 桜の花は いつ開く
浅草パラダイス渡辺ひろ美渡辺ひろ美下地亜記子東天晴桜庭伸幸花が咲き 花に酔う お江戸の名残りの 仲見世は ホラ 今宵も更けゆく 提灯(あかし)に揺れて ウキウキと カラコロと 駒下駄鳴らして 石畳 アァ 今宵も あなたに逢いにゆく どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  雷門 浅草寺 馬道 千束 花川戸  あぁ 浅草パラパラ パラダイス  ほおずきに 朝顔に 年の瀬 羽子板 酉の市 ホラ 二人でひとつの 願かけましょか 夢を見て 恋をして ときめく命が ほとばしる アァ 倖せ さがして花やしき どうせこの世は 夢ん中 泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  てやんでえ べらんめえ 人情が自慢の 江戸っ子だい あぁ 浅草パラパラ パラダイス  パッと咲き パッと散る 玉屋と鍵屋の 大花火 ホラ 夜空が燃えるよ 心も躍る 寄りそって ささやいて 言問橋(ことといばし)から柳橋 アァ 夜風に 吹かれて六区まで どうせこの世は 夢ん中  泣いちゃダメダメ 浮かれて踊れ あ…あ…あ…  紙吹雪 汗しぶき 神輿にサンバに 人の波 あぁ 浅草パラパラ パラダイス あぁ 浅草パラパラ パラダイス
やっぱりあなた三船和子三船和子志賀大介大山高輝桜庭伸幸この亭主ともう一度 生きてみようかな あの時は別れよと 決めたけど 悪い人じゃない 真はいい人よ 一から出直して 本音で泣きます笑います あなたひとすじあなた やっぱりあなた  じゃまなのよ居るだけで 顔もみたくない わがままな八つ当たり 許してね 先が見えなくて 淋しかったのよ 一から出直して 可愛い女房に戻ります あなたひとすじあなた やっぱりあなた  一言もせめないで そばに居てくれた 気付かずにいた私 ばかでした 甘えすぎていた 胸が痛みます 一から出直して 迷わず離れず歩きます あなたひとすじあなた やっぱりあなた
冬の嘘つき日野美歌日野美歌華盛開浜圭介桜庭伸幸うつむいているのは あなたの心が見えないから 震えているのは あなたが恐い顔をするから 冷たいこの手は あなたが包んでくれないから 泣いているのは 愛が私を裸にするから  春に出会って 夏に恋して 秋で抱かれて 冬に嘘をつく アー  鏡が曇るのは 私が化粧をしてないから 黙っているのは あなたが私を見てないから 愛しているのに こんなに あなたを愛してるのに 旅に出たのは 私が私をなぐさめるためなの  春に出会って 夏に恋して 秋で抱かれて 冬に嘘をつく アー  春に出会って 夏に恋して 秋で抱かれて 冬に嘘をつく アー
花の下にて杉良太郎杉良太郎小椋佳小椋佳桜庭伸幸人は誰でも 一人で生まれ 揺れ惑いして うごめくままに いずれ一人で 土へと還る  願はくば 花の下(もと)にて 春死なん その如月(きさらぎ)の 望月の頃  いくばくなりと 夢を果たして なお見続ける 夢の途上で 終わる命を 善しとしようか  旅に病んで 夢は枯野をかけめぐる 孤独の旅の 終幕なれば  人は誰でも 欲深いもの 最期の欲を 許されるなら 君の両手に 抱かれながら  願はくば  花の下にて 春死なん その如月の 望月の頃
チョッチョイ子守唄田端義夫田端義夫そけいとき普久原恒勇桜庭伸幸福木(ふくぎ)の中で 鳴いてるチョッチョイ 恩納(うんな)岳のあっちいって 鳴いてくれ 我ったうんじょぐゎむ 泣ちゅしがチョッチョイ ヘイヨー ヘイヨー 大きくなれ 大きくなったら なんになる 学校あるいて 医者になるよ おまえ木の枝ぐらし 淋しかろう  くわの実つついて 鳴いてるチョッチョイ 慶良間(けらま)のあっちいって 鳴いてくれ 我ったうんじょぐゎむ 泣ちゅしがチョッチョイ ヘイヨー ヘイヨー 大きくなれ 年頃なったら 嫁もらおう チョッチョイお嫁さん きてもない おまえ木の枝ぐらし 淋しかろう おまえ木の枝ぐらし 淋しかろう
気がかり泉昇太泉昇太さいとう大三泉盛望桜庭伸幸倖せひとつも やれない俺と あの夜私を 抱いた人 背中丸めて 眠ったあなた 雨が淋しく 降っていた そんなあなたが そんなあなたが 私 今でも気がかりよ ねぇ もう一度 ここに戻ってよ  いいことなんかは そんなにないわ 小さな倖せ あればいい 淋しがりやと 泣き虫女 きっと二人は お似合いよ どこにあなたは どこにあなたは 私 今夜も気がかりよ ねぇ もう一度 ここで眠ってよ  夢が流れる 雨降る都会に 後ろ姿が 目に浮かぶ どこにあなたは どこにあなたは 私 今夜も気がかりよ ねぇ もう一度 ここに戻ってよ
巾着田の詩~百万本の曼珠沙華~加納ひろし加納ひろし星桂三星桂三桜庭伸幸朝もや残る高麗川の 河原の小径そぞろ行けば 枯葉の声に秋ぞ身に沁む 清き流れの丸曲がり 囲むは花の巾着田  御空の花を星と呼び 我が世の星を花と呼びし 晩翠、賢治、知るや知らずや 百万本の曼珠沙華 咲き乱れるは巾着田  見渡すかぎり秋桜の 花々花よ花の海よ かよわき花よ されど気高く 凛とそよ咲くその姿  心も清し巾着田  歴史の郷の静林  そこにかしこに 燃ゆる花よ 命の花に想い溢れて 橋の畔に佇めば 茜の空よ巾着田
迷子の男たち中条きよし中条きよし秋浩二秋浩二桜庭伸幸誰もこの世に 生まれたからには いつでも幸せ 求めて生きてる 変わりつづける 時代(とき)の中で 未来(あす)をさがして 男たちが ふらりふらふら夜の街 とろりとろとろ酒を飲む 過去(むかし)は良かったと 思い出を語る 迷子の迷子の男たち  そうさ前なら 人の心には やさしくいたわる 言葉があったよ 甘い時代を 引きずって 蜜を探して 男たちが ふらりふらふら夜の街 ほろりほろほろ酒を飲む 泣いて笑って 寂(さび)しさ分け合う 迷子の迷子の男たち  変わりつづける 時代(とき)の中で 未来(あす)をさがして 男たちが ふらりふらふら夜の街 とろりとろとろ酒を飲む 見果てぬ夢を こよなく信じる 迷子の迷子の男たち
泡盛の島田端義夫田端義夫そけいとき普久原恒勇桜庭伸幸泡盛のうまれたくにを 知ってるかい ウチナーとも うるま島とも言うんだよ ホラ・ルルル・ホラ サンゴ花咲く あの島だよ 銀色の渚に太陽 ふりそそぎ 恋するには もってこいの島だよ  三絃(さんしん)と歌のくにを 知ってるかい うるま島 琉球島とも言うんだよ ホラ・ルルル・ホラ デイゴの木のなる あの島だよ 常夏につらなる山々 空青く うさ晴らしに もってこいの島だよ  紅型(びんがた)とおどりのくにを 知ってるかい 琉球とも 守礼の邦(くに)とも言うんだよ ホラ・ルルル・ホラ カンプー乙女の あの島だよ こまやかな情におぼれて 帰れない 屍(ほね)うめるに もってこいの島だよ
花巻の女長山洋子長山洋子小田めぐみ武市昌久桜庭伸幸旅立つひとに 背を向けて くちづけなんて できません ああ 汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で  東京のどこに 夢がある 東京のどこに 愛がある ああ ことばもなくし たそがれに 打たれるだけの 修羅の浜 みだれ尽きるか みだれ尽きるか この花巻で  =わたしゃ外山(そとやま)の 日陰のわらび 誰も折らぬで ほだとなる  汽笛が山を つらぬいて 聞き分けなくす 狼森(おいのもり) 焦がれ果てるか 焦がれ果てるか この花巻で
龍虎~武王伝説のテーマ~鳥羽一郎鳥羽一郎吉岡 治N.T.Toyotec桜庭伸幸天を衝く龍のよう 地を駆ける猛虎のよう 男はサムライ戦う武将 この世は戦場 愛は挽歌じゃなくて 求め合い息づく 一瀉千里(いっしゃせんり)の恋歌唄うよ たとえ明日は傷つき 閉ざされた前途(みち)でも 命のかぎり 荒野を目指して まなじり上げ 我が道往く 君に届け 熱くたぎる想いよ 動かざる山となり 静けさは林のよう 魔神もかくやと炎になって 疾風砕け散る  過ぎてから気づく 君とともに失った子守唄 やさしさに満ちみちたやすらぎの一刻(ひととき) 夢なら醒めるな 君が眩しい あゝ逢いたい あゝ逢いたい
SANOSANOSA(さのさのさ)渡辺ひろ美渡辺ひろ美木下龍太郎岩上峰山桜庭伸幸稽古帰りの 柳橋 出会い頭の 鉢合わせ いろは「に組」の 粋な哥兄さん 小頭で纏持ち SANOSANOSA SANOSANOSA 惚れたホの字の 流行風邪 手櫛でまとめる ほつれ髪 恋の大川 しぐれひと降り じれったい ええ 憎い人  木遣りくずしに 爪弾きで 合わす三味の音 屋形舟 謎をかけても 野暮な哥兄さん とんちきの石頭  SANOSANOSA SANOSANOSA 消しておくれよ 胸の火を 袖摺り稲荷に 宵まいり 自前芸者に 恥をかかせて じれったい ええ 罪な人  意地が身上の 左褄 とんとこの頃 意気地なし いろは「に組」の 粋な哥兄さん 付け文は読んだやら SANOSANOSA SANOSANOSA まるでお座敷 上の空 溜息まじりの 茶碗酒 恋の大川 しぐれひと降り じれったい ええ 悪い人
逢いたや津軽吉川精一吉川精一たきのえいじたきのえいじ桜庭伸幸津軽思えばヨ 心が時化る ましてしばれる こんな夜は おどう達者か 風邪などひくな そろそろ雪が 舞う頃か 酒を呑む度 でてくる唄は よされじょんから 逢いたや津軽  こんな都会にヨ 耕やす土地は 土地はなくても 夢がある そんなつもりで はいつく張って お岩木浮かべ 冬を越す いつになるやら 手土産さげて 帰るその日は 逢いたや津軽  雪の重さでヨ 雨戸がきしむ 寝ても寒さが へばりつく 遠く離れりゃ 近くにみえる おかあの顔が ふるさとが せめて聞きたい じょんから節の うなる太棹 逢いたや津軽
島の恋唄日高正人日高正人峰崎林二郎岡千秋桜庭伸幸エンヤホー エンヤホー  晴れた海には トビウオ飛んで 入り江の春に 虹が立つヨ 島の暮らしは エエ 男をためす 波が鍛えて かわいがる 浜じゃ 女がヨ エンヤホー エンヤホー ほら胸こがす  あいつのフェリーが 水平線から 都会の便り 積んで来るヨ かわいあの娘も エエ 素顔に戻り 浴衣姿の 里帰り 年に一度のヨ エンヤホー エンヤホー ほら夏祭り  あれは灯台 岬のはずれ しあわせ色の 月も出たヨ 山が父なら エエ おっかん海で 若い二人は 同い年 切れぬ縁だヨ エンヤホー エンヤホー ほら島育ち
心が風邪をひいたようで海援隊海援隊武田鉄也中牟田俊男桜庭伸幸心が風邪をひいたようで 誰と話しても 寒くてなりません どうしてなんだろう 人はひとりだと 寒い言葉が吹き込んでくるのは 窓の向うに やけに寂しい 男がいるなと 僕が僕を見た こんな悲しい 顔して生きてたのか 自分の寂しさに 自分で驚いて 眼をそらしても しかたないじゃないか 心が風邪をひいたようで 貴方に会えたらとしみじみ思います  心が風邪をひいたようで どこまで歩いても 寒くてなりません いつからなんだろう 吹き過ぎる風が 人の言葉に聞こえてしまうのは 冬の夜道で 誰かの声がする いい人だから いい事あるよって 暖かい声は 別れた君の声 忘れた人を 忘れずにいたのか やっと気付いても しかたないじゃないか 心が風邪をひいたようで 貴方に会えたらとしみじみ思います  街はすっかり春だというのに 日ざしの中ゆく私の影は 寒そに背中をまるめて 歩いてる 心の冬に なすすべもなく 佇んでいても しかたないじゃないか 心が風邪をひいたようです でも明日はきっと 微笑んでみせます
パラオ ゼロファイター海援隊海援隊武田鉄矢千葉和臣桜庭伸幸こんなところで翼をひろげ 眠っているのか 緑のゼロファイター 南の魚たちが 翼の上を過ぎる 透き通った海に 緑のゼロファイター 空を飛ぶ為に 生まれてきたんだろう それがどうして 海の底にいるのか 戦さは とうの昔 敗れて終ったのだ 守るべき人達も お前を忘れたのだ 一筋の煙 空にひいて落ち 珊瑚を枕に 眠るゼロファイター  折れた翼に 波は白く打ち 空の夢をみるか 緑のゼロファイター お前を操り 空を翔けた人は どこへ消えたか 緑のゼロファイター 空からその人と ここへ落ちて来たんだろう それでその人は 死んだのですか 戦さとはいえ 長閑な この海では 死ぬきもせぬのに 眼を閉じたのだ 白い飛沫をあげて 海へ落ちて沈み 珊瑚を枕に 眠るゼロファイター  海の底を 空だと夢見るのか 珊瑚は雲なのか 緑のゼロファイター
貴方の命都はるみ都はるみ小椋桂小椋桂桜庭伸幸命重くて 闇に包まれ 生きてる意味を 見失ったり 死んでもいいと 沈み込んだり そんなことって 誰にでもあるわ ああ メゲナイデ ショゲナイデ 貴方の目指す明日へ 貴方らしく さあ 瞳を上げて  長い道程 無駄に思えて 自分が妙に 軽くなったり 自分の影が 薄く見えたり そんなことって 時折はあるわ ああ メゲナイデ ショゲナイデ 貴方の目指す地平へ 貴方らしく さあ 大地を蹴って  雑魚という名の 魚はいない 雑草という 草はない かけがえもなく 貴方は一人 二つとはない 貴方の命  遠い船旅 凪に飽きては 空騒ぎして はしゃぎ過ぎたり 喋りすぎては 悔いを抱いたり そんなことって 幾度でもあるわ ああ メゲナイデ ショゲナイデ 貴方の目指す世界へ 貴方らしく さあ 錨を上げて  雑魚という名の 魚はいない 雑草という 草はない かけがえもなく 貴方は一人 二つとはない 貴方の命
艶姿…恋絵巻藤あや子藤あや子小野彩小野彩桜庭伸幸宵に揺れてる 屋形船 あなた待つ身の 恥ずかしさ 桜色にほんのりと 頬染めながら 交わす盃 手と手が触れて  花のお江戸は 恋盛り あ~夢盛り  ねぇ…このままずっと あのお月さん眺めていたいわ  空に輝く 恋花火 燃えて焦がれて 咲きみだれ 赤い花緒 カラコロと肩寄せ合って そぞろ歩けば 柳もそよぐ  花のお江戸は 恋盛り あ~夢盛り  しぐれ冷たい 雪化粧 差してあげよか 蛇の目傘 細いうなじ ほつれ髪かざす椿の その艶姿 ときめくお方  花のお江戸は 恋盛り あ~夢盛り
流氷恋唄藤あや子藤あや子小野彩小野彩桜庭伸幸最果ての色褪せた空も凍る街 ここは網走 最後の波止場 あなた二度と 追いかけないで これが運命と 諦めて 沖のはぐれ鳥 北へ北へ北へ行く 流氷恋唄  恋しさに泣き濡れた遠い北の街 風も散切れる 能取岬 あなたもっと 私を抱いて 熱い唇 重ねても 明日は流れ鳥 何処へ何処へ何処へ行く 流氷恋唄  あなた二度と戻れはしない なさけ断ち切る 紋別港 春を告げる鳥 飛んで飛んで飛んで来い 流氷恋唄
岩木山みち乃く兄弟みち乃く兄弟野村耕三桜田誠一桜庭伸幸お山だョー 岩木だョー 津軽の秋はョー 風と一緒に 稲穂がさわぐ バーダラ バーダラ バーダラョ コラ 爺っちゃも婆っちゃも 腰のばせ バーダラ バーダラ バーダラョ コラ いい山かけたか 若い衆 過ぎた苦労は 忘れろと 笛が鳴る おどってョー  祭だョー 岩木だョー 津軽の秋はョー リンゴ手にした 娘が歌う バーダラ バーダラ バーダラョ コラ 爺っちゃも婆っちゃも 腰のばせ バーダラ バーダラ バーダラョ コラ いい山かけたか 若い衆 おらも年頃 食べ頃と 胸が鳴る はずんでョー  叫びだョー 岩木だョー 津軽の秋はョー 夢を担いで 六根懺悔 バーダラ バーダラ バーダラョ コラ 爺っちゃも婆っちゃも 腰のばせ バーダラ バーダラ バーダラョ コラ いい山かけたか 若い衆 明日はでっかく 飛びだせと 笛が鳴る おどってョー
海峡野中さおり野中さおり星野哲郎弦哲也桜庭伸幸死ぬか生きるか 沈むか浮くか 崖を背にした 女がひとり 渦で占う 人生は 北へ進めと しぶきも叫ぶ  来いと言われた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる  泣くか笑うか 祈るか待つか 暗い波間に 女はひとり なげたコインに しあわせを 賭けて求めて 海峡わたる  汽笛ならして 行き交う船に 乗せた運命を 悔みはしない 結ぶすべなく すれちがう 愛も涙に 咲く花だから  来いと呼ばれた わけでもないが 潮の香りは 男の匂い 胸に切ない 海峡の 風は女を また吸い寄せる 
ミスター・ロンリーキム・ランヒキム・ランヒ小田めぐみ杉本真人桜庭伸幸笑っちゃうでしょ 笑っちゃうでしょ あなた あれほどの別れ 演じたのに 受話器からの声 かすれたささやきに 心をもう 止められないなんて  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは夢 それともうつつ マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは罠 それとも涙 暮れかかる渚で うす絹もためらいも 脱ぎ捨てた胸のいたみにくちづけて  本気だったわ 本気だったわ わたし 思い出をすべて ぬり替えても 堕ちてゆきながら たぐりよせた孤独は かなしみより わたしを酔わすから  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー なぜ会ったの なぜ求めたの マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー なぜ触れたの なぜ愛したの 抱かれても答えに 届かぬと知りながら  ためいきが砂のようにこぼれおちる  マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは夢 それともうつつ マイ・ミスター・ロンリー おおロンリー あなたは罠 それとも涙 暮れかかる渚で うす絹もためらいも 脱ぎ捨てた胸のいたみにくちづけて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アモーレ・アモーレキム・ランヒキム・ランヒ小田めぐみ杉本真人桜庭伸幸星のカケラをかきあつめ この部屋に灯しましょう いつものように暗闇でくちびるが せつなさをかなしみをけしかけるから  アモーレアモーレ・ミオ これきりと言い聞かせても アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ こぼれおちるこのときめき いらだちながらくずれてしまう 今日でこの世が終わればいいのに  強い瞳につらぬかれ 堕ちたまま動けなくなる 青い火花が素肌をかすめていく 一瞬のためにいま生きているのよ  アモーレアモーレ・ミオ 苦しみをもてあそんでも アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ 見えない明日またさがして ためらいながらこわれてゆくわ 悪い夢でも醒めずにこのまま  アモーレアモーレ・ミオ これきりと言い聞かせても アモーレ アモーレ アモーレ・アモーレ・ミオ こぼれおちるこのときめき いらだちながらくずれてしまう 今日でこの世が終わればいいのに
達磨(だるま)日高正人日高正人永井龍雲永井龍雲桜庭伸幸名前知れない 花なれど 愚痴らず誇らず 咲いている 横殴る風にも耐え 春に生命を 尽くすよう まして 人間ならば 倒れても 起き上がれ 達磨人生は いつか必ず 墨が入り 花開く  流れ険しき 川なれど 魚は休まず 溯る 岩肌に 傷付いても 明日に生命を 継ぐため まして 人間ならば 辛くても 夢を持て 忍人生は 心の刃  叩かれ 強くなる  肩に優しき 雨なれど 滴は石をも 穴穿つ ちっぽけな 水たまりも いつか大きな 海になる まして 男なら 揺るぎない 意志を持て 棘人生は ひと山越えて 情の 実をつける
かげろう藤あや子藤あや子下地亜記子円広志桜庭伸幸夜もすがら 泣き明かし 髪までも 痩せてゆく 不憫だと 思うなら 今すぐに 逢いに来て ただ戯れに 愛した訳じゃないの 寒さしのぎに 抱かれた訳じゃないのに  なぜなぜ なぜなぜ はかないの あれも夢 それも夢 教えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻  淋しきは 宴のあと 酔いざめの ほろ苦さ 哀しきは 恋のあと 爪あとが 身を責める 愛しさ憎さ 体の中を走って 瞳そらした あなたを追えば虚しい  なぜなぜ なぜなぜ 切ないの ちらちらと ちらちらと 答えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻  なぜなぜ なぜなぜ はかないの あれも夢 それも夢 教えてあなた 恋はかげろう つかの間の幻
I Love Youテレサ・テンテレサ・テン小椋佳小椋佳桜庭伸幸この世に一つは 見守るだけの 恋があってもいい wow…  羽を気遣う 僕は時のままに 君はいとも軽く踊れ  巡る舞台の奈落に 君が落ちないように 僕の手を広げよう Because I LOVE YOU  星屑ひとつが 瞬くほどの 愛であってもいい wow…  僕の小さな 歴史と 君の探す未来 結び合えるならば  移る時代の魔法が 夢を消さないように 星明り手にとろう Because I LOVE YOU  出来れば一度は 目覚める事ない 夢を知ってみたい wow…  数えきれない夜の 謎のそばで 君は心解いて 眠れ  過ぎる季節の狭間に 転がりそうな願い 抱き止めて支えよう Because I LOVE YOU  君だけに言い詰める I believe I LOVE YOU
キ・ラ・ラ角川博・島津悦子角川博・島津悦子岡田冨美子杉本真人桜庭伸幸夜更けにからだを 寄せ合えば 不思議なちからが 湧いてくる 確かめたいのよ わかるでしょう 情熱がこの胸に あることを 秘密の時間が 二人を結ぶの  抱きあって 流されて 永遠みつけましょう… 愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 願いが叶うまで  女の心は揺れやすい 男の心は飽きやすい 信じているのに疑って 愛情が深くなることがある 泣かせてごめんね 涙がうれしい  夢の中さまよって 行き着くところまで… 愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 命を光らせて  愛がキララ キララ 今夜もいい感じ もっとキララ キララ 願いが叶うまで
散華都はるみ都はるみ吉田旺徳久広司桜庭伸幸櫻 れんぎょう 藤の花 芙蓉 睡蓮 夾竹桃 野菊 りんどう 金木犀 桔梗 侘助 寒牡丹  女雛 矢車 村祭り 螢 水無月 野辺送り  父よ 恩師よ ともがきよ 母よ 山河よ わだつみよ  あの人を 悼むように 咲き匂う めぐる季節の花々 燃えたぎる命 いのち懸けてまで 掴もうとした 未来よいずこ…いずこへ せめて空に舞え 見果てぬ想いのせて あゝ海に降れ 散華の花弁  せめて虹になれ 還らぬ青春を染めて あゝ風に乗れ 散華の恋歌  せめて空に舞え 見果てぬ想いのせて あゝ海に降れ 散華の花弁
夢蛍小峰あずさ小峰あずさ高城のぼる山田年秋桜庭伸幸川辺のせゝらぎ 初夏風そよぎ… 幻しく光る蛍が乱舞ってます あれから一年過ちました 儚い運命の愛ならば  生命を焦がせばよかったわ  死ぬほど抱いて欲しかった 橋を渡れば逢えるよな 涙まぼろし夢蛍  川面を幻しく 照らして揺れる… 真赤なはぐれ蛍が舞ってます あれから心も痩せました 短かい宿命の愛ならば  骨まで焦がせばよかったわ 恋慕の傷が疼く夜 川を下だれば逢えるよな 日暮れまぼろし夢蛍  生命を焦がせばよかったわ 炎の胸が渦まいて 未練手繰ればあえるよな 夜明けまぼろし夢蛍
博多っ娘純情川野夏美川野夏美吉岡治中村典正桜庭伸幸海は 海は玄海 筑前博多 山笠は追山 男のまつり 白いしめこみ 凛としめ (オッショイ)  どんとどどっとどんと どんとどどっとどんと  命まるごと 転がるように あんたの山笠が 走ってく  山んごと好きだよ 海んごと好きだよ 博多純情 追いかけりゃ 熱い 風が吹く  口は 口は荒いが 根はやさしくて 酒もつよいが 人情も厚い 九州男児の 心意気 (オッショイ)  どんとどどっとどんと どんとどどっとどんと  勝負終って 一番のりは あんたの胸に 決まってる  山んごと好きだよ 海んごと好きだよ 博多純情 寄り添えば 熱い 夜が明ける  山んごと好きだよ 海んごと好きだよ 博多純情 手を振れば 熱い 風が吹く
愛炎大川栄策大川栄策秋浩二筑紫竜平桜庭伸幸辛い別れに 泣いたって わたしは あなたを 小指の先まで 愛してる 霧笛が哀しい夜の波止場に 灯りが点りゃ 熱い身体 胸が高鳴って 激しく 炎えあがる  夢によく見る あの頃のふたりの幸せ 人目を忍んだ 恋灯り お願い もう一度 逢いにあなたは来てくれますか 叫ぶ踊る 胸が高鳴って 激しく 炎えあがる  もしも空飛ぶ 鳥にでも なれたら わたしは あなたに寄り添い甘えたい 港を離れて 船が波間へさよなら告げりゃ 熱い身体 胸が高鳴って 激しく 炎えあがる
友よ一献杉良太郎杉良太郎井堀茂男大沢みずほ桜庭伸幸男の酒はほろ酔いが、 花は七分に咲くがいい ままにならぬが世の中さ そりゃ、やるしかないぜ! 君、盃をあげたまえ いざ、わが友よ 君、盃をあげたまえ まず、一献  裏と表を見せて散る 人の生命のはかなさを 耐えて、夢中で、生きぬいて そりゃ、やるしかないぜ! 君、盃をあげたまえ いざ、わが友よ 君、盃をあげたまえ まず、一献  嵐の中で、時はたつ 人は道草、曲り道 遠くへ、夢を駈けてみる そりゃ、やるしかないぜ! 君、盃をあげたまえ いざ、わが友よ 君、盃をかわそう、わが友よ まず、一献
哀愁よ杉良太郎杉良太郎岡田冨美子浜圭介桜庭伸幸酔えば夜風に昔が見える 忘れられないおまえが見える 男は女に夢を見て 女に夢を破られる…… ああ哀愁よ 哀愁よ今夜も 俺はひとりで生きている  過ぎた月日を一日でいい 取り戻せたらおまえと過ごす 若さがつくった思い出は 若さを抱いたままなのに…… ああ哀愁よ 哀愁よどうして 俺はおまえに帰れない  男は女に夢を見て 女に夢を破られる…… ああ哀愁よ 哀愁よ今夜も 俺はひとりで生きている
すっぴん坂本冬美坂本冬美麻こよみ佐瀬寿一桜庭伸幸おんな盛りさ 化粧はしても 嘘も騙しも あるもんか 心はすっぴん まっさらさらよ 涙もろさが たまに傷 ぐっと冷酒 飲みほせば 目元ほんのり さくら色 切った啖呵は だてじゃない  姿・形にゃ なびかぬけれど 熱い情にゃ 身をまかす 心はすっぴん まっさらさらよ 惚れっぽいのが たまに傷 こんな女の 心意気 わかる人なら 惚れてやる ちょいと自慢の この笑顔  心はすっぴん まっさらさらよ 負けず嫌いが たまに傷 媚は売らない 愚痴らない 下手ないい訳 野暮なだけ 生気のいいのが 売りもんさ
過ぎた日々に一条聖矢一条聖矢さいとう大三泉盛望桜庭伸幸二人で 幸せになろう いつまでも二人 見つめていたね 涙にぬれて 小雨にぬれて みんな みんな 忘れたかい  酒に酔う夜は 何故か あの日を思い出すのさ 遠い 遠い 過ぎた事なのに  悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが愛しくて 悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが恋しくて  昨日の事のようなのさ あの頃の二人 愛した日々が 真夏の海を 雪降る夜を  みんな みんな 忘れたかい この胸の中に 残る 思いは今も同じさ そっと そっと 抱いて離さない  悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが愛しくて 悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが恋しくて  酒に酔う夜は 何故か あの日を思い出すのさ 遠い 遠い 過ぎた事なのに  悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが愛しくて 悲しい程に 切ない程に今 おまえのすべて すべてが恋しくて
めぐり逢いよこはま一条聖矢一条聖矢さいとう大三泉盛望桜庭伸幸逢えてよかった 変わってないね いつかは逢えると 思ってた 青い夜景に 包まれて このままあの日に 戻ろうか あぁ 良いとこも 悪いところも みんな みんな 知ってる ふたり 恋ふたたび 愛ふたたび めぐり逢い よこはま  夢のようだね 今夜の二人 あの日のつづきが ここにある 船をグラスに 浮かべたら 流れた月日が 舞い戻る あぁ 別れても 離れていても こころ こころ 切れない ふたり 恋ふたたび 愛ふたたび めぐり逢い よこはま  あぁ もう一度 幸せになろう 夢を 夢を さがそう ふたり 恋ふたたび 愛ふたたび めぐり逢い よこはま
善し悪しの彼岸杉良太郎杉良太郎小椋佳小椋佳桜庭伸幸あれは善(よ)い これは悪いと 迷いもなしに 人は言う 何故と問われて 答えも知らず 底なし沼の 丸木船 胸突き上げる 想いの限り この身に宿る 力の限り 生きる証と 漕いでみようか 善し悪しの彼岸(かなた)の 光見定めて 存分の花 咲かせに行こう  愛は善し 恋は悪しと わけ知り顔の 人が言う 誰れ彼れなしに ひとつの命 道標なき 荒野原 出逢いの不思議 宝と抱いて 夢の誘(いざな)い たいまつにして 草踏み分けて 道拓こうか 善し悪しの彼岸の 光見定めて 存分の花 咲かせに行こう  友の善さ 敵の悪さに 和(なご)み争い 人惑う 運のよしあし まゝならぬもの 道理不条理 乱れ道 嵐 むら雲 覚悟を決めて 寄り添うものの 絆深めて 挑み心を 抱いて行こうか 善し悪しの彼岸の 光見定めて 存分の花 咲かせに行こう
大原絶唱都はるみ都はるみ坂口照幸弦哲也桜庭伸幸かがり行燈 衣越しに 匂いこぼれる 白い肌 膝をすすめて 恋い問うひとに 罪を承知の 隠れ茶屋 高野川 瀬鳴りの音に 花橘を慕って 郭公が鳴く 生きて甲斐ある 命なら 夜叉も覚悟よ ねえあなた 夢のまた夢 そのまた夢を 夢と信じて 夢を見た 京都 大原 うつせみの恋  月の出ぬ間の 螢火か 浮世流行も また恋も 夜のすき間を 五月雨乱れ からだ反るほど 息も翔ぶ おんな道 踏むほど深し 哀れ知るやら 寂光院 明日に別れが 来ようとも 抱いてください もういちど 夢のまた夢 そのまた夢を 夢と信じて 夢を見た 京都 大原 うつせみの恋  夢のまた夢 そのまた夢を 夢と信じて 夢を見た 京都 大原 うつせみの恋
足摺岬鳥羽一郎鳥羽一郎星野哲郎岡千秋桜庭伸幸海が裂ける 岩が吠える 足摺の 荒ぶる 岬に立てば 小い世間は 吹っとぶぞ 俺も行きたや 万次郎さんの 花と嵐の 人生を 波に浮かべて わだつみの涯て  思い叶う 夢も千尋 倖せを 愛する 家族のために 船にいっぱい 積みこむぞ 巨い希望を 延縄船に 乗せて地球をひとめぐり 俺の住処は 七つの海だ  虹をつかみ 雲に乗って 足摺の 波立つ 岬を廻りゃ 若い竜馬の 声がする 命惜しんじゃ 何も出来ん 捨てて勝つ気が 明日を呼ぶ 海に貰うた 度胸が宝
寒い国から来た女桂銀淑桂銀淑水木れいじ浜圭介桜庭伸幸あなた情がない つくす甲斐がない 知っているくせに 別れる意地もない ヒュルヒュル 小窓に つむじ風 泣くのは今夜で いくどめか 大寒む 小寒む 心が寒い 寒い国から来た女  逢えぬ淋しさに 強い酒を飲む 暗い部屋の隅 名前を呼んでみる しんしん夜更けて しのび雨 面影抱いても 眠れない 大寒む 小寒む 背中が寒い 寒い国から来た女  明日は始発で 帰ろうか 死ぬほどあなたに惚れていた 大寒む 小寒む 命が寒い 寒い国から来た女
北空港PLATINA LYLIC桂銀淑&浜圭介PLATINA LYLIC桂銀淑&浜圭介やしろよう浜圭介桜庭伸幸夜の札幌 あなたに逢えて 凍てつく心に 灯りがともる これからは二人だよ もう泣かないで ついておいでよ 涙を捨てて 過去さえ捨てて 愛が飛び立つ 北空港  夜の札幌 おまえに惚れて さすらう旅路に 明日が見える 信じてもいいですね もうあなただけ 命尽くすわ 涙を捨てて 過去さえ捨てて 愛が飛び立つ 北空港  夜の札幌 舞い散る雪も 二人の夜空で 咲く花になる どこまでも一緒だよ もう離れずに 夢を探そう 涙を捨てて 過去さえ捨てて 愛が飛び立つ 北空港
開運!招き猫音頭細川たかし細川たかし鶴光軍団弦哲也桜庭伸幸ニャニャンがニャン アソレ ニャニャンがニャン アソレ ゴロゴロニャンときて ニャニャンがニャン  笑う門には 福が来る 平成不況の 世の中に 猫が呼ぶ呼ぶ 幸せを 右手上げれば 景気回復 左手上げれば えびす顔 リストラ倒産 吹き飛ばせ 商売繁盛 白い招き猫  雪が解ければ 春が来る ご不満だらけの 世の中に 猫が呼ぶ呼ぶ 幸せを 右手上げれば ストーカー撃退 左手上げれば いじめ退治 厄除け魔除けの 大魔人 家内安全 黒い招き猫  ニャニャンがニャン アソレ ニャニャンがニャン アソレ ゴロゴロニャンときて ニャニャンがニャン  雨が止んだら 虹が出る ストレスたまる 世の中に 猫が呼ぶ呼ぶ 幸せを 右手上げれば 家庭円満 左手上げれば 若返り 丈夫な身体に まず感謝 無病息災 赤い招き猫  夜が明ければ 朝が来る 世紀末の 世の中に 猫が呼ぶ呼ぶ 幸せを 右手上げれば 宝船だよ 左手上げれば 大当たり 皆で御利益 金儲け 金運満足 金の招き猫  ニャニャンがニャン アソレ ニャニャンがニャン アソレ ゴロゴロニャンときて ニャニャンがニャン  別れがあるから 巡り逢う 暗い話題の 世の中に 猫が呼ぶ呼ぶ 幸せを 右手上げれば 縁結び 左手上げれば 玉の輿 必ず見つかる 赤い糸 恋愛成就 銀の招き猫 
ふたりの夫婦星都はるみ都はるみたかたかし岡千秋桜庭伸幸小石につまずき 足を挫けば 黙って背中を 差しだすあなた ふりむけば いつも いつも あなたが そばに そばに いてくれた 花に嵐の 九十九坂 見交わす眸と眸に ふたりの夫婦星  つまらぬことにも 意地をとおして あなたを困らせ わがままでした 女なら 紅く 紅く きれいに 咲いて 咲いて いたいから 甘えさせてね ゆるしてね あなたはわたしの 大事な宝物  真冬の寒さも 夏の陽射しも 夜道の暗さも 涙の夢も ありがとう あなた あなた この世に いのち いのち ある限り 空を仰げば 星空に 輝くふたりの ふたりの夫婦星
急がばまわれの人生だ川野夏美川野夏美仁井谷俊也中村典正桜庭伸幸道を他人に 譲るのも そうさ男の 勇気だぜ 急くなアーアー騒ぐな あわてるな 今が勝負の 時期(とき)じゃない 急がばまわれの 人生だ  運がいいとか 悪いとか そんな言葉は 負け惜しみ 耐えてアーアー実力(ちから)を 蓄(たくわ)えりゃ 運は勝手に やって来る 急がばまわれの 人生だ  どうせあいつは 負け犬と 嘲笑(わら)う奴には 嘲笑(わら)わせろ いつかアーアー世間の 真ン中に でかい花火を 打ち上げる 急がばまわれの 人生だ
深夜劇場都はるみ都はるみ田口俊佐瀬寿一桜庭伸幸きりのない夢に そっと幕をおろし この席 立ちましょう もうすぐ 深夜劇場の明かりが消える  さよなら 素敵な恋 そう 誰より素敵な人 最初にすがって泣くのは女 私らしくない 最後にすがって泣くのは男 あなたらしくない ふたり きりのない夢に そっと幕をおろし もうすぐ 深夜劇場の明かりが消える  さよなら 優しかった そう ほんとにうれしかった めぐり逢う時が遅すぎただけ 仕方ないじゃない めぐり逢う前に戻ってゆくの それでいいじゃない ふたり かなわない夢に そっと背を向ければ 靴音にまぎれて 静かに 深夜劇場の明かりが消える  モノクロの夢が 誰かの胸の中 今夜も色づいて どこかで 深夜劇場の明かりが消える
三日月物語大川栄策大川栄策秋浩二筑紫竜平桜庭伸幸男と女のちぎりは 三日夜通いが定めやら 白い朝露消えたって 愛はどこまでどこまで消えない あー恋の名残りに舞い散る桜 風にはらはら風にはらはら 夜空にふりしきる  こころの刹那さこらえて 誰を呼ぶのか春告鳥(うぐいす)よ 癒(き)えず忘れず捨てられず 夜ごと縛って縛って乱れる あー満ちた月ならいつかは欠ける 銀の雫で銀の雫で 夜空を染めながら  あー炎えてメラメラ躰に絡む 蜘蛛(くも)の生糸(シルク)が蜘蛛の生糸が 夜空にふりしきる
百年の愛田端義夫田端義夫東海林良田端義夫桜庭伸幸咲いて名もない花がある 散って名を成す花もある ああ この世には 咲いて一生 散らぬ花もある それが兄 それが兄 百年の兄 永遠に微笑め 百年の兄  海を飛べない 鳥がいる 川を飛べない 鳥もいる ああ この空に 何処の空も 翔べる鳥がいる それが兄 それが兄 百年の兄 永遠に翔け 百年の兄  空に真っ赤な 十字星 愛と希望と やすらぎを ああ あの人は 生命絶えても 人に幸福を そして愛 そして愛 百年の愛 生命灯せよ 百年の愛
写真(あるばむ)天童よしみ天童よしみ松井由利夫杉本眞人桜庭伸幸木枯らしが 春吹き寄せる しょっぱい涙が 花になるのね 山の吊り橋で 妹たちが 泣いて手を振った 幼い瞳 便りもしないが がんばってるよ …あれから何年 過ぎたでしょうか  夕焼けが 目がしら染める 石けり草笛 はずむ想い出 森の細い道 仲良し小良し 変りないだろか 子供の頃の ちいさな野いちご やさしいえくぼ …あれから何年 過ぎたでしょうか  “幸福は ひとつでいいの 目移りするから 見失しなうのよ” 夢のふきだまり 別れの駅で 汽車の窓越しに 母さんがぽつり あの日の言葉が お守り袋  …あれから何年 過ぎたでしょうか
ZANZA鳥羽一郎鳥羽一郎能吉利人桜井順桜庭伸幸ZANZA ZANZAと男船 あばよ 出ていく恋港 どうせ陸では 暮らせぬカモメ あの娘 あきらめな オヨメに行きなよ…ZANZA!  ZANZA ZANZAと波しぶき 海の勝負は命がけ 那刹那に泡だつ地獄 腕が折れるまで  男の意地だよ ZANZA!  ZANZA ZANZAと浴びるほど 呑んでつぶれて 知らぬ街 ここは外国 世界の果てさ ほろり想い出す 逢いたい 抱きたい ZANZA!  ZANZA ZANZAと宝船 男だらけの 不精ヒゲ 港見えたぜ 半年ぶりの あの娘 居るだろか 気になる 気になる ZANZA!
はまなす藤あや子藤あや子石本美由起弦哲也桜庭伸幸別れることが 運命なら 人の出逢いは 罪のもと はまなすの花 紅い花 一途な愛の くれないを 泣いて 濡らすか 北国しぐれ  いまでも好きと 掌に 指で書く名の なつかしさ はまなすの花 情け花 あなたと生きた 束の間の 過ぎた月日が 私のすべて  浜辺に寄せる さざ波は 誰の愁いを 唄うやら はまなすの花 なみだ花 この世の旅の 迷い舟 明日の幸せ 探しておくれ
夢の旅人さとう宗幸さとう宗幸坂口照幸桜庭伸幸桜庭伸幸これまで何を 探していたのか これから何を 探すのか 風の迷い子 幼いころの 夕焼け 追うばかり きっと人生は 答えのない旅 生きてゆくことが その答え 君は今でも 愛してくれるかい 遠き夢みし 旅人を  どこまで行けば 岸辺はあるのか いつの日辿り つけるのか 黙して語らぬ 旅路の果てに しずかな光あれ きっと人生は 寄る辺のない川 流れ流されて その途中 君はそれでも 待っててくれるかい 遠き夢みし 旅人を  きっと人生は 答えのない旅 生きてゆくことが その答え 君は今でも 愛してくれるかい 遠き夢みし 旅人を
まつむしそうさとう宗幸さとう宗幸手塚宗求さとう宗幸桜庭伸幸うすむらさきの 花をたずねて はるばると来た 霧ヶ峰 まつむしそう 思い出に咲く 母と来た路 今も変わらず  行けどもつきぬ 花に酔いしれ 登りつめても 尚はるか まつむしそう 咲き続く山 母と来た路 ただなつかしく  幸福(しあわせ)だった 花にうもれて 母を背負いし 信濃路の まつむしそう すだく虫の音(ね) 母と来た路 風立ちぬ秋  山小屋の窓 淡きともしび 花のうつり香(が) 囲炉裏(いろり)ばた まつむしそう 夕霧にぬれ 母と来た路 小夜(さよ)更(ふ)けてゆく
息子よ、娘よ、わが妻よさとう宗幸さとう宗幸無知要佐倉木優桜庭伸幸息子よ、おまえに 逢ったのは 雪降る 二月の 産院で 母の 乳房を しっかり握り 乳を 強く 吸う姿  娘よ おまえが 泣いたのは 霜月 神社の 境内で 着慣れぬ 晴れ着に つまづいて 綿菓子 落とした 三つの祝い  妻よ おまえに 惚れたのは 強く やさしく 清らかに 子供を 立派に 育て上げ 黙って 俺に ついて来た事  息子よ 娘よ わが妻よ 生きるつらさも 喜びも 君らと共に 分かち合い あ~あ 限りある人生を 今歩く  息子よ 娘よ わが妻よ 生きるつらさも 喜びも ゆく歳月も 分かち合い あ~あ 運命(さだめ)ある人生を 今生きる
ひとりしずかの唄さとう宗幸さとう宗幸佐藤いのち桜庭伸幸桜庭伸幸手折(たお)りし花は 都(みやこ)忘れ 都をすてて 幾年(いくとせ)か ああ 惜春(せきしゅん)の 月おぼろ ひとりしずかに 酒を酌(く)む 恋せし女(ほと)よ 今いずこ  情けにおぼれ 夢におぼれ 風に追われて 何処(どこ)へゆく ああ 陽炎(かげろう)を 握(にぎ)りしめ ひとりしずかに 春を待つ 想い出たちよ 今いずこ  日毎(ひごと)に老(い)いし 母を想い 訪ねし故郷(くに)は 昔日(かげ)もなし ああ荒漠(こうばく)と 月冴えて ひとりしずかに 涙する 過ぎにし夢よ 今いずこ
過去と未来の約束さとう宗幸さとう宗幸伊藤アキラ小林亜星桜庭伸幸時を染める 夕焼け空に 君は何を 約束したの シャツの袖で 涙を拭いて 今日は何を みつけてきたの  少年よ どこへ急ぐ 僕の声にも 振り向かず 駆けてゆく 遠く 遠く 丘の向こうに 星が出る  それは確か 心の景色 今の君は あの日の自分 鳥に 雲に 野に咲く花に 僕は何を 歌っただろう  少年よ どこへ急ぐ 君の背中に 日が暮れる もう一度 ここで 会おう 君がおとなに なる前に  少年よ どこへ急ぐ 夢をその手に にぎりしめ 駆けてゆく 遠く 遠く 君を呼んでも 届かない 届かない 届かない
Dreaming On My Life都はるみ都はるみ田口俊佐瀬寿一桜庭伸幸Dream あの頃は 夢はまだ小さくて Smile 胸に秘め ひとり空を見てた  あぁ 雨はいつか あぁ 虹に変わる そんなことさえ知らずにいたけど あなたのそばで 育てよう ずっと Dreaming On My life  Dream 人生は 近道じゃなくていい Smile ひとりずつ そこに夢があれば  あぁ あきらめても あぁ 信じてても 時は変わらず 流れてゆくから 遠い願いを かなえよう ずっと Dreaming On My life  あぁ 今はわかる あぁ 雲は流れ やがて 陽射しに 光りだす夢を あなたのために 育てよう ずっと Dreaming On My life 
波止場町シネマ石川さゆり石川さゆり吉岡治弦哲也桜庭伸幸小雨が小雪に 変る夜は 忘れた誰かを 思い出す 迷い鳥よと それだけ言って あとは黙って 飲んでいた メトロの匂いが あんた ふっとした それだけの話なの 古い映画を 見るような セピア色した 波止場町シネマ  店なら今日でも 閉められる 無口な笑顔に 逢えるなら 躰ひとつで 身寄りもないし いつも出来てる 夢仕度 抱かれた熱さが あんた 残るよな それだけの話なの 海が時化れば おんなは痩せる 時代おくれの 波止場町シネマ  時代おくれの 波止場町シネマ
漁火情話伍代夏子伍代夏子たきのえいじ桜庭伸幸桜庭伸幸三味(しゃみ)の音(ね)みたいな 木枯らしが 窓のガラスに つきささる 夜がくる度 女です 燃える心を さとしても 肌があなたを 忘れない 灯(とも)る漁火(いさりび) 片瀬波  三年先でも いいのです せめてあなたと 暮らせたら 紅を引く度 女です 腕をまくらに ゆりかごに 夢をみさせて 一夜でも 沖の漁火 誰を待つ  小雨がみぞれに 変わる頃 北の港は 雪の中 爪の先まで 女です いくら 私を泣かせたら あなた 心が済みますか ゆれる漁火 夜明け前
漁火のふるさと山本譲二山本譲二松本礼児加藤将貫桜庭伸幸窓を打つ雨が斜めに走る 夜をひたすら北へ行く汽車の中 季節の移ろいは無口だけれど ふるさとはいつでもやさしいね 傷ついたこころを癒(いや)してくれる  ため息をつけば幸せ逃げる そんなおまえのつぶやきが聞こえるよ 別れたわけじゃないやり直せるさ ふるさとの訛(なまり)が迎えてる これからはおまえを泣かせはしない  愛があればこそいとしさ募る 熱い気持を手土産に帰るから 漁火ゆれる海沿いの町 ふるさとの匂いが懐かしい もう二度とおまえを離しはしない
望郷はぐれ歌中島祐希子中島祐希子津城ひかる弦哲也桜庭伸幸夢にはぐれた 酒場の隅で 飲めば弱気の 虫がなく 駄目と思えば また駄目になる くよくよするな 人間さまよ ハァヨーイヤサー ヨーイヤサー 酔うほどに 想い出すのは故郷の 遠い空  惚れたはれたが 狐に化けて 恋の季節を 煙にまく だますつもりじゃ まただまされる めそめそするな 人間さまよ ハァヨーイヤサー ヨーイヤサー 泣くほどに 母の歌った子守歌 くちずさむ  欲が渦巻く 巷の風が 吹けば散る花 枯れる花 損か得かで 夜も日も明けぬ おたおたするな 人間さまよ ハァヨーイヤサー ヨーイヤサー 切なさに 昔なじみの顔と顔 目に浮かぶ  
棒の哀しみ山本譲二山本譲二藤波研介大野弘也桜庭伸幸目覚めた時は深夜だった 雨が小窓を うっていた 吐いた煙草も 寒々と 溜息まじりの輪をえがく ああおまえがいなけりゃこの俺は 何んにもできない 何んにもできない でくの坊  空のボトルを 指先で はじくその癖 その笑顔 冷たいベッドの手ざわりに ゆうべはここにいたおまえ ああ 独りで雨音聴きながら 今日からいつもの 今日からいつもの でくの坊  愛する時の しあわせと 同じ深さの この傷み 酒がいわせた一言を 酒に頼って 詫びている ああ おまえがいなけりゃ この俺は 何んにもできない 何んにもできない でくの坊 
親父坂本九坂本九坂本九坂本九桜庭伸幸15の時に酔っぱらい 親父にゲンコでなぐられた かせぎもねえのに 飲むんじゃねぇ 飲みたきゃかせいで 自分の金で飲め 17の時にかせいで飲んだ 親父のゲンコでなぐられた かせいだ全部を飲むんじゃねぇ 少しは残して おふくろ喜ばせ  今日の為に飲むんじゃない 明日の為に飲むもんだ  19の時におふくろと飲んだ 親父にゲンコでなぐられた 母ちゃんなんで 泣かすんだ 親孝行のマネして飲むんじゃねぇ 20才になって親父と飲んだ 親父にまたゲンコでなぐられた 親より先に酔っぱらいやがって それでも 手前は男か だらしがねぇ  男は酒に飲まれるんじゃない 明日に生きる為に飲む  今夜の酒は親父の酒だ あなたも もうゲンコでなぐれまい あなたの写真に黒いリボン 初めて あなたの笑顔の前で飲む  今夜は酒に飲まれてしまいたい もう一度 あなたになぐって欲しいから  男は酒に飲まれるんじゃない 明日に生きる為に飲む…
牡丹雪藤あや子藤あや子荒木とよひさ三木たかし桜庭伸幸もしも浮世が 夢路(ゆめ)だとしたら あなたふたりが 可哀想 哀しい都会の 女と男 ひとつの毛布に くるまって 涙の迷子に ならない様に  牡丹雪降る 夜更けの窓に あなた過去(きのう)を 積らせて 故郷忘れた 女と男 心の焚火に 寄り添って 涙で希望が 濡れない様に  春がそこまで 足音たてて あなた明日は 晴れますか 倖せ知らない 女と男 想い出継ぎ足す この酒に 涙のしずくが 落ちない様に
高瀬舟藤あや子藤あや子荒木とよひさ三木たかし桜庭伸幸生木を引き裂く 情恋(こい)だから 運命よふたりを 見逃して 乳飲み子みたいに あなたを抱いて この世のどこかへ 堕ちましょう 古都に流れる 明日(あす)無し川に あなた浮かべて 高瀬舟  一生おんなで 生きるなら 涙よあしたを 連れてきて 今度は蛍に 生まれてきても あなたに逢えると 信じてる 墨絵ぼかしの 浮世絵川に 夢をゆらして 高瀬舟  幸福それとも 不幸(ふしあわせ) 心よ答えを 出さないで 悲しくなるほど あなたの胸で この身がひとつに 溶けてゆく 祇園しぐれの 涙の川を 何処へ流れる 高瀬舟
北の海明けキム・ヨンジャキム・ヨンジャ里村龍一杉本真人桜庭伸幸一升徳利呑(いっしょうとっくりの)みほして あんたは私の 膝まくら 碧い海を 抱いて眠るよ 悲しいね女は せつないね別れは あんたの背中で 泣くばかり  窓に港の 灯りが揺れる 明日は 出船だね エンヤラコラセ 鴎よ哭くな 北のおんなのヨ お祭りだ  ひと荒れきそうな 空の色 にらんで私を 抱き寄せる 北の港 明日は海明けだ 気をつけてあんたは むこうみずだからよ 海はやんちゃで 気まぐれだ  まわし呑みした どんぶりだけが 愛の 形見たね エンヤラコラセ 別れがつらい 鴎おまえもヨ 酔っぱらえ  波は船より でっかいけれど あんた 負けるなよ エンヤラコラセ 鴎よ唄え 北の女のヨ お祭りだ 
夢・想・人 ~MUSOUJIN~山本譲二山本譲二北川文化武野良桜庭伸幸別れたやつだとつよがりいって こころじゃ好きだと分かっているのさ ひとめ逢える夢みて飲む酒を だれが名づけたまくら酒 他に女は花の数ほど どこにもいるけど 俺の命がさがしてる女はひとり  さだめの嵐か涙のしずく ふたりで暮らせるあしたがほしいと 俺の胸に甘えた雨の夜 夢にみるのさまくら酒 髪はいまでも俺の好みか 死ぬほど恋しくて あつい命が追いかける心はひとり  つめたい男とうらんでいるのか すねてた唇ぬらしたこの俺 抱けば細い身体が泣いていた それが最後のまくら酒 どこで生きても夢はすてるな いつかはめぐり逢う 俺の命がほれている女はひとり
新地の雨桂三枝・藤圭子桂三枝・藤圭子桂三枝美波有桜庭伸幸新地通りに にわか雨 ついてない日や 傘がない 金もないけど 安そな店に 入ってやむまで 雨宿り 新地通りに にわか雨 ついてない日や 客がない 早じまいして お部屋に帰り レンタルビデオでも見ようかな 君は似てるね大原麗子 あなた似てるわ 高倉健 恋は二人の 北新地  ど演歌唄う 渋い声 カラオケ代はいらへんわ 商売忘れて一緒に飲んで あたしも一曲歌うから 逢ったその日に気がおおて 世の中捨てたもんやない カウンター越しに 口づけをして 今夜はぐっと盛り上がる  雨が教えたお店があるわ 雨が教えた夢がある 恋は二人の 北新地  雨が教えたお店があるわ 雨が教えた夢がある 恋は二人の 北新地
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. 女のはじまり
  2. New Day
  3. 恋
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. Judgement

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照