逢いたや津軽

この曲の表示回数 6,639
歌手:

吉川精一


作詞:

たきのえいじ


作曲:

たきのえいじ


津軽思えばヨ 心が時化る
ましてしばれる こんな夜は
おどう達者か 風邪などひくな
そろそろ雪が 舞う頃か
酒を呑む度 でてくる唄は
よされじょんから 逢いたや津軽

こんな都会にヨ 耕やす土地は
土地はなくても 夢がある
そんなつもりで はいつく張って
お岩木浮かべ 冬を越す
いつになるやら 手土産さげて
帰るその日は 逢いたや津軽

雪の重さでヨ 雨戸がきしむ
寝ても寒さが へばりつく
遠く離れりゃ 近くにみえる
おかあの顔が ふるさとが
せめて聞きたい じょんから節の
うなる太棹 逢いたや津軽
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:逢いたや津軽 歌手:吉川精一

吉川精一の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-07-24
商品番号:TKDA-72561
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP