歌詞を

ヘルプ

仁井谷俊也作詞の歌詞一覧リスト

568 曲中 1-200 曲を表示
2019年11月22日(金)更新
並び順:
全3ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
笛吹峠氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花の東京が呼んでると
酒は天下の廻りもの島津悦子仁井谷俊也徳久広司今日も一日日が暮れて町には
人恋橋藍ようこ仁井谷俊也宮下健治忘れられない恋だけど忘れ
北海度胸船 ~2019バージョン~椎名佐千子仁井谷俊也鈴木淳いのち黒髪プッツリ切って
仁吉の女房中村美律子仁井谷俊也岡千秋よしておくれよ藪から棒に
おれの道づれ北川裕二仁井谷俊也弦哲也咲かずじまいの男の夢を
酒場の噂三山ひろし仁井谷俊也中村典正今もひとりと聞いたんだよ
他人傘小桜舞子仁井谷俊也岡千秋雨に濡れると抱き寄せた
螢火の恋小桜舞子仁井谷俊也岡千秋忍ぶ恋ほどこころは炎える
荒川線川野夏美仁井谷俊也弦哲也線路の向こうに陽炎ゆれて
湯河原湯情島津悦子仁井谷俊也徳久広司湯ざめするわとあなたの肩に
雪の花哀歌岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋春というのに牡丹雪
男の路地裏三山ひろし仁井谷俊也中村典正男の胸にいつからか
栄光のゴール氷川きよし仁井谷俊也平義隆あれは幼い頃そうさ知らぬまに
貴方とともに椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋人は誰もひとりではそうよ生きて
天の川恋歌野中さおり仁井谷俊也徳久広司恋に焦がれて鳴く蝉の
いなせだね…野中さおり仁井谷俊也徳久広司ちゃきちゃき江戸っ子あのひとは
萩の雨杜このみ仁井谷俊也弦哲也しだれ柳にそぼ降る雨が
雨情の宿三山ひろし仁井谷俊也中村典正しのび泣くよな小夜しぐれ
夢追い人山内惠介仁井谷俊也水森英夫夢追い人さ男は誰でも
月影のルンバ川野夏美仁井谷俊也弦哲也久し振りだわ偶然のめぐり逢い
恋次郎旅姿氷川きよし仁井谷俊也宮下健治まっぴらご免と故郷捨てて
望郷貝がら節岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋親は我が子の幸せねがう
くちなし雨情杜このみ仁井谷俊也弦哲也あなたに逢わなきゃ
函館夜景杜このみ仁井谷俊也弦哲也港あかりに照らされて
かげろうの恋三山ひろし仁井谷俊也中村典正うたかたの微睡の中
海峡みなと島津悦子仁井谷俊也徳久広司古びた背広の男がひとり
人生は夢のように島津悦子仁井谷俊也島津悦子人が生きると云うことは
よされ三味線小桜舞子仁井谷俊也岡千秋岩木おろしがヨー
くれない水仙小桜舞子仁井谷俊也岡千秋愛だけに生きてゆけたら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
川中島回想氷川きよし仁井谷俊也宮下健治千曲川の流れ見おろせば
火の螢丘みどり仁井谷俊也弦哲也夜空を仰げば天の川
流川ぶるーす谷龍介仁井谷俊也岡千秋捨てちゃいやだと
行かないで…谷龍介仁井谷俊也岡千秋誘い上手遊び上手
酔町しぐれ藍ようこ仁井谷俊也宮下健治あなたといても寒いのに
道ひとすじ福田こうへい仁井谷俊也四方章人人は天から生命を授い
おとこ傘福田こうへい仁井谷俊也四方章人噂の雨か通り雨肩に背中に
アカシアの街で北山たけし仁井谷俊也徳久広司想い出の札幌訪ねてみれば
神戸で逢えたら…北山たけし仁井谷俊也徳久広司小雨に霞んだ港の夜景
盛り場たずねびと浜博也仁井谷俊也岡千秋噂の糸をたぐりよせ
飛騨川しぐれ浜博也仁井谷俊也岡千秋一夜かぎりの旅の情けと
千鳥の舞鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭瀬戸は引き潮夕浪しぐれ
織田信長鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭国は乱れし戦国に
ひとり寝の宿金田たつえ仁井谷俊也池田八声濡れて乱れたおくれ髪を
宗谷海峡野中さおり仁井谷俊也徳久広司鴎が啼いて日暮れになって
愛してブギウギ野中さおり仁井谷俊也徳久広司たかが女と云うけれど
泣かせて大阪山口かおる仁井谷俊也徳久広司夢と玩具があったなら
檜舞台大江裕仁井谷俊也岡千秋大志一途に貫いて頂上めざす
蜩-ひぐらし-ハン・ジナ仁井谷俊也徳久広司生命を燃やす季節は短い
人生夢将棋細川たかし仁井谷俊也岡千秋浮くも沈むも小さな駒に
恋の瀬戸内氷川きよし仁井谷俊也桧原さとしひと目出逢ってふた目で好きに
女の合鍵氷川きよし仁井谷俊也宮下健治倖せ望みはしないけど
しあわせのサンバ岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋淋しいひとは寄っといで
人生まわり舞台岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋運がいいとか悪いとか
婿どの大泉逸郎仁井谷俊也大泉逸郎惚れたこころを実らせた
望郷さんさ時雨大泉逸郎仁井谷俊也大泉逸郎祭り囃子がヨー聞こえる頃は
あ~ら、ヤッチャッタ島悦子仁井谷俊也影山時則あ~ら又またヤッチャッタ
二十歳の祝い酒藤原浩仁井谷俊也徳久広司生まれる前から男だと
酒みれん増位山太志郎仁井谷俊也叶弦大こころも躰も惚れさせて
人魚のように川上大輔仁井谷俊也徳久広司右の手でわたしを愛し
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
夢千里北島三郎仁井谷俊也原譲二泥によごれた雑草も
男華北島三郎仁井谷俊也原譲二汗水ながして頑張って
飛鳥川永井裕子仁井谷俊也四方章人あなたを愛する思慕の糸は
酒場ワルツ永井裕子仁井谷俊也四方章人路地の小さな赤ちょうちんが
北斗の町へはやぶさ仁井谷俊也鶴岡雅義ひと眼逢いたい北の町
オホーツク海岸川野夏美仁井谷俊也弦哲也悲しみを捨てるなら
歌手~Singer~川野夏美仁井谷俊也弦哲也あなたはクラブのピアノ弾き
ソーラン鴎唄椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋おまえは俺の恋港
海峡エレジー椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋港日昏れて鴎が啼いて
みちのくランプの宿佐々木新一仁井谷俊也宮下健治吊り橋わたって泊まる宿
佐渡の夕笛丘みどり仁井谷俊也弦哲也荒海にあのひとの船が消えて
おまえの涙鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭まわり道してつまずく路地で
俺は浪花の暴れん坊鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭水の都で産声あげた
愛は永遠に…三代沙也可仁井谷俊也伊藤雪彦愛わたしの愛はあなたの胸の中
デカンショ港氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ヨーイヨーイデッカンショ
迷い舟瀬口侑希仁井谷俊也大谷明裕華やかで楽しげで
しあわせ暦北条きよ美仁井谷俊也四方章人いい事ずくめの人生ならば
あやまらないで…北条きよ美仁井谷俊也樋口義高口唇の冷たさで心がわりを
霧笛の酒場北山たけし仁井谷俊也徳久広司夜霧にうるむ港のあかり
野菊の君だから北山たけし仁井谷俊也徳久広司路地にひっそり咲いてる花に
流星のロマンスはやぶさ仁井谷俊也桧原さとし流星のロマンス見上げる空の
赤城恋しや大江裕仁井谷俊也原譲二義理と人情をたすきに掛けて
チョン・テフ仁井谷俊也徳久広司生命を燃やす季節は短い
春の暦原田悠里仁井谷俊也岡千秋女の胸の残り雪やさしく
大阪泣かせ雨男石宜隆仁井谷俊也四方章人こんなに好きにさせといて
おんな宿男石宜隆仁井谷俊也四方章人これが最後のはずでした
くれない紅葉岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋こころを焔が染めるよに紅く
北陸旅情岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋風に揺れてる水仙に涙が
大阪波止場山口かおる仁井谷俊也樋口義高恋の恋の恋の錨を巻きあげて
北の出世船福田こうへい仁井谷俊也四方章人霧がヨー霧がほどけた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雪舞いの宿藤原浩仁井谷俊也徳久広司船に乗らなきゃ来れない宿に
裏町ひとり酒藤原浩仁井谷俊也徳久広司男は誰でも終わった恋を
哀愁の酒キム・ヨンジャ仁井谷俊也水森英夫恋がおんなのともし灯ならば
別れの桟橋野中さおり仁井谷俊也徳久広司あのひとのあの船を
野暮天さん野中さおり仁井谷俊也徳久広司うわさ雨降るあなたと私
つれそい花真咲よう子仁井谷俊也君塚昭次苦労ばかりですまないと
大糸線水森かおり仁井谷俊也弦哲也寒いホームで背中を丸め
霧の川丘みどり仁井谷俊也弦哲也白い朝霧流れてゆれて
修善寺夜雨三門忠司仁井谷俊也宮下健治傘にかくれて人眼をさけて
男の街道三門忠司仁井谷俊也宮下健治人には選んだ道がある
宇奈月の雨鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭深山しぐれか川霧か
奥入瀬旅情氷川きよし仁井谷俊也樋口義高雪解けの水ぬるむ奥入瀬に
きよしのへっちゃらマンボ氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ふられちゃってマンボ
バヤルラー~ありがとう~島津悦子仁井谷俊也弦哲也この世に生まれてよかったわ
この地球に生まれて島津悦子仁井谷俊也弦哲也さぁ翔び立とう大事な人よ
泣かせ酒新川二朗仁井谷俊也水森英夫いのち一途に尽くしてみても
なつみの数え唄水城なつみ仁井谷俊也松川秀幸一つ小さな身体でも
九官鳥川野夏美仁井谷俊也弦哲也ふたりの愛の鳥籠から突然
ひまわりとタンポポ川野夏美仁井谷俊也弦哲也運命という名のめぐり逢い
惠介のええじゃないか山内惠介仁井谷俊也水森英夫朝晩コンビニ通うのは
あきらめ上手五条哲也仁井谷俊也岡千秋愛したことに嘘はないけれど
待子は神戸で泣いてます五条哲也仁井谷俊也岡千秋世間知らずの泣き虫に
出船桟橋椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋あなたには海がある夢がある
君津・木更津・君去らず椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋潮の香せつない見染めの松で
流転の波止場山内惠介仁井谷俊也水森英夫恨みつらみはさらさらないが
野菊いちりん…西川ひとみ仁井谷俊也水森英夫冷たい世間の片隅で
竜虎伝和田青児仁井谷俊也水森英夫虎は千里の道をゆく
きよしの数え唄氷川きよし仁井谷俊也宮下健治ハァーサァサみんなでお手拍子
夢見坂北野まち子仁井谷俊也徳久広司頼る人さえなくした街で
寿 祝い節北野まち子仁井谷俊也徳久広司夢を咲かせた華燭の宴
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
花つむぎ伍代夏子仁井谷俊也徳久広司雪の中からひと彩紅く
淡雪牡丹伍代夏子仁井谷俊也徳久広司はらはら舞い降る雪の中
湯島天神おんな坂岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋風もないのに散り急ぐ
音信川永井裕子仁井谷俊也四方章人日暮れ山の端月の影
吾妻橋で待つ女美川憲一仁井谷俊也水森英夫好いた惚れたで結ばれる
昭和ノスタルジー氷川きよし仁井谷俊也四方章人過ぎた昭和を振り向けば
戻り雨氷川きよし仁井谷俊也桧原さとし花を濡らして降る雨に
貴男がすべて…氷川きよし仁井谷俊也宮下健治あなた愛して傷ついた
越前つばき藤原浩仁井谷俊也徳久広司紅色にいのちを染めて
北の酒場町藤原浩仁井谷俊也徳久広司笑顔美人の女ほど心に涙を
女とお酒のぶるーす梓夕子仁井谷俊也宮下健治お酒に逃げなきゃ耐えられ
祖谷のかずら橋佐々木新一仁井谷俊也宮下健治剣山おろしが谷間に吹けば
あの娘の船はいつ帰る氷川きよし仁井谷俊也宮下健治岬燈台群れ飛ぶカモメ
波止場のおんな氷川きよし仁井谷俊也桧原さとし波のしぶきがおまえの涙で
佐渡航路水森かおり仁井谷俊也水森英夫あなたを忘れるあきらめる
冬の月川野夏美仁井谷俊也弦哲也愛してはいけないひとと
お茶の水川野夏美仁井谷俊也弦哲也神田川の上を電車が横切り
月あかりのタンゴはやぶさ仁井谷俊也鶴岡雅義月の綺麗な夜だから
素敵なあなたはやぶさ仁井谷俊也鶴岡雅義夕暮れ間近の青山通り
グラスの海たけうち信広仁井谷俊也四方章人酔えば琥珀のその酒に
夢多き人生に…たけうち信広仁井谷俊也四方章人ひとつの生命を道連れに
港やど西方裕之仁井谷俊也水森英夫これが最後と我がまま言って
おまえと道づれ西方裕之仁井谷俊也水森英夫咲かずじまいの男の夢を
九州恋慕情氷川きよし仁井谷俊也大谷明裕阿蘇の山なみ遠くにみつめ
おんなネオン舟池田輝郎仁井谷俊也水森英夫一度は愛したあのひとだから
哀愁…日本海椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋群れからはぐれた海鳥が
女は度胸椎名佐千子仁井谷俊也岡千秋蝶よ花よの昔もあった今は一途
忘れ雪野中さおり仁井谷俊也徳久広司寄り添うふたりの肩に舞う
籠の鳥野中さおり仁井谷俊也徳久広司十年一緒に暮らしても
アジアより愛をこめて山内惠介仁井谷俊也水森英夫ジャカルタの街は椰子の葉
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
鶯 ~うぐいす~島津悦子仁井谷俊也宮下健治男ごころは浮気なものよ
花のお江戸の艶次郎島津悦子仁井谷俊也宮下健治丙生まれのおきゃんなあの娘
ひえつき望郷歌岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋盆に帰ろかそれとも
玄海おんな船岡ゆう子仁井谷俊也岡千秋波の花咲く博多の湾で
大和路の恋GOLD LYLIC水森かおり仁井谷俊也弦哲也涙で綴った別れの手紙
骨まで凍える女です藤原浩仁井谷俊也樋口義高愛を囁くその口唇で
星空のパラダイス藤原浩仁井谷俊也樋口義高星が綺麗だねロマンティック
港町しぐれ池田輝郎仁井谷俊也水森英夫博多始発の列車に乗って
ひとりにしないで池田輝郎仁井谷俊也水森英夫今日からふたりは他人だと
さすらい慕情氷川きよし仁井谷俊也宮下健治霧にかすんだ関門海峡
大阪・あんたの街やから西山ひとみ仁井谷俊也徳久広司あんたとあたしは十五のあの夏
棚田桜三山ひろし仁井谷俊也中村典正上りの列車をホームで見送った
鏡川鏡五郎仁井谷俊也山崎剛昭流れる水は逆らわず
泣かせて大阪徳久広司仁井谷俊也徳久広司夢と玩具があったなら
花板秋岡秀治仁井谷俊也影山時則庖丁ひとつに生命を賭けて
人生春秋秋岡秀治仁井谷俊也影山時則虎の威をかる狐には
見返り小町出光仁美仁井谷俊也水森英夫火のない所に煙が立って
熱愛のブルース山内惠介仁井谷俊也水森英夫ひと眼みて惚れたのさ
蒼い海峡浅田あつこ仁井谷俊也円広志あなたを待つのか身をひくか
雲母坂~きららざか~川野夏美仁井谷俊也弦哲也ふたりが出逢って愛した街を
恋文草川野夏美仁井谷俊也弦哲也恋する泪がこころに落ちて
じょんから姉妹なでしこ姉妹仁井谷俊也宮下健治雪にヨー雪にヨー雪に埋もれて
遊びごころなでしこ姉妹仁井谷俊也桧原さとしそうよ初めて出逢ったあの日
城崎夢情井上由美子仁井谷俊也岡千秋川面に映したふたりの影が
なみだ橋井上由美子仁井谷俊也岡千秋あなたと結んだ情けの糸の
惚れたのさ島津悦子仁井谷俊也徳久広司こんな倖せ初めてなのと
かがやきパラダイス島津悦子仁井谷俊也徳久広司春は桜の浅野川友禅流しの
矢車草 ~やぐるまそう~伍代夏子仁井谷俊也徳久広司あなたに出逢ってあなたを
ちょいときまぐれ渡り鳥氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花のお江戸の風来坊が
ちょいときまぐれ渡り鳥(セリフ入り)氷川きよし仁井谷俊也宮下健治花のお江戸の風来坊が
この世は女で廻るのよ中村美律子仁井谷俊也岡千秋この世は女で廻るのよ
夢見る恋人たち山内惠介仁井谷俊也水森英夫外苑前で地下鉄を降りて
なみだ月鏡五郎仁井谷俊也宮下健治こころの寒さに熱燗注げば
兄妹峠本城みのる仁井谷俊也聖川湧母の手ひとつで育てられ
隠岐旅情水森かおり仁井谷俊也弦哲也おんなの胸の小さな迷い
あなたに雨やどり岡ゆう子仁井谷俊也弦哲也街の灯りがやさしく揺れる
海峡酒場山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司世話になったと他人の顔で
女の夜雨山口ひろみ仁井谷俊也徳久広司あなたに傘を差しかけられて
酒場うぐいす成世昌平&長保有紀仁井谷俊也弦哲也梅の小枝に蕾みが咲いて
噂のふたり成世昌平&長保有紀仁井谷俊也弦哲也火のない所に煙がたって
ネオン舟池田輝郎仁井谷俊也水森英夫男は誰も重たい荷物背中に
霧島慕情池田輝郎仁井谷俊也水森英夫暮れてわびしいいで湯の町を
東京・難破船黒木姉妹仁井谷俊也徳久広司この東京に憧れて故郷を
ふるさとは日向黒木姉妹仁井谷俊也徳久広司風が暖簾をハタハタ叩く
忍野八海かくれ里真咲よう子仁井谷俊也岡千秋初めての旅だからとても
みちづれの花藤原浩仁井谷俊也徳久広司あなたに逢えて幸せですと
とりあえずビール藤原浩仁井谷俊也徳久広司何をイライラ川端やなぎ腹の
あいつ ~男の友情~秋岡秀治仁井谷俊也影山時則あいつと呑んでたこの酒場で
平成水滸伝秋岡秀治仁井谷俊也影山時則勝てば恨みを背中に背負い
砂の橋山本あき仁井谷俊也徳久広司恋をなくした女にとって
123>