歌詞を

ヘルプ

北川裕二の歌詞一覧リスト

38 曲中 1-38 曲を表示
2019年10月14日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
みなかみの宿新曲北川裕二かず翼弦哲也谷川岳から吹く風よりも心に
相馬の辰五郎新曲北川裕二つつみりゅうじ弦哲也燃える太陽相馬の浜に響く陣螺
天城越え北川裕二吉岡治弦哲也隠しきれない移り香が
伊豆しぐれ北川裕二下地亜記子弦哲也胸の中まで瀬音を立てて
潮来雨情北川裕二木下龍太郎弦哲也後を引くのは判っていても
一円玉の旅がらす北川裕二荒木とよひさ弦哲也一円玉の旅がらす
命まるごと北川裕二下地亜記子弦哲也肩の薄さようなじの細さ
裏窓北川裕二たかたかし弦哲也誰もいない誰もいない
おしどり北川裕二石坂まさを弦哲也夢でかくした心の寒さ
おとこの船歌北川裕二野辺山翔弦哲也男が船を出航す時は
男のまごころ北川裕二たかたかし弦哲也つらい涙を背中にかくし
音無川北川裕二小金井一正弦哲也桜の蕾が淡雪とかし
おゆき北川裕二関根浩子弦哲也持って生まれた運命まで
おれの道づれ北川裕二仁井谷俊也弦哲也咲かずじまいの男の夢を
女のしぐれ北川裕二たかたかし弦哲也雨が降るから泣けるのか
女のみれん北川裕二下地亜記子弦哲也あなたのそばで暮らせたら
風花の宿北川裕二つつみりゅうじ弦哲也雪の降る町が似合う女でいて
茅葺きの駅北川裕二つつみりゅうじ弦哲也会津鉄道揺られて着いた
北放浪北川裕二つつみりゅうじ弦哲也沈む夕陽に哭く木枯らしは
北の旅人北川裕二山口洋子弦哲也たどりついたら岬のはずれ
恋雨みれん北川裕二下地亜記子弦哲也命あずけた恋でした惚れて
佐渡の恋唄北川裕二たかたかし弦哲也佐渡へ佐渡へと流れる雲に
人生かくれんぼ北川裕二たかたかし弦哲也惚れていたんだおまえにだけは
千年の古都北川裕二吉岡治弦哲也約束もなく日が昏れて
ついておいでよ北川裕二さわだすずこ弦哲也歌も歌えぬお酒も呑めぬ
溺愛北川裕二小金井一正弦哲也何の約束も口にしないで
泣いて大阪北川裕二下地亜記子弦哲也女泣かせの通り雨やむ気
泣いて長崎北川裕二仁井谷俊也弦哲也忘れないでと叫んだ声も
なみだ百年北川裕二下地亜記子弦哲也あなた忘れて生きるには
浜酒場北川裕二つつみりゅうじ弦哲也北のはずれの小さな港
ひとり北国北川裕二つつみりゅうじ弦哲也北の北の名もない岬のはずれ
北川裕二たかたかし弦哲也はぐれ蛍がよりそって
北川裕二つつみりゅうじ弦哲也津軽海峡真冬の沖も
港哀歌北川裕二つつみりゅうじ弦哲也風が哭く恋に哭く雪が舞う
やめとくれ!!北川裕二かず翼弦哲也やめとくれ別れ間際の
夢ふたり北川裕二つつみりゅうじ弦哲也愛を重ねて手を取りながら
酔風ごころ北川裕二伊藤美和弦哲也あなたが悪いわけじゃない
宵待草の女北川裕二さわだすずこ弦哲也かすかな音をたてて咲く