さわだすずこ作詞の歌詞一覧リスト  39曲中 1-39曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
39曲中 1-39曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
北の果て…大月みやこ大月みやこさわだすずこ岡千秋暖めて… 胸の芯まで 凍えた身体(からだ) ここは最果て 港町 宗谷岬の 海鳥が 泣くだけ泣けと 諭(さと)すように 逢えるはずない あなた あなた あなたを追って ひとり来ました 北の果て…  彷徨(さまよ)って… 叩く寒さに 頬震わせて ここは最果て 稚内 想い断ち切る 旅でした 忘れるはずの 旅なのに 瞼(まぶた)閉じれば あなた あなた あなたの顔が 闇に浮かんで 離れない  どこへゆく… 寄せる流氷 はぐれた心 ここは最果て オホーツク 宗谷岬の 灯台が 沖ゆく船を 守るように 明日の灯(あか)りを あなた あなた あなた灯(とも)して 女ひとりの 北の果て…
淡雪大月みやこ大月みやこさわだすずこ岡千秋淡雪(あわゆき)が舞う デッキの上で 近づく桟橋(さんばし) 見つめてた 夜景(あかり)が揺れる 黄昏(たそがれ)みなと あなたは優しく 抱き寄せた 仕舞(しま)っておいた 恋ごころ あなたがそっと 開けたのよ 溶(と)けてゆく この心 淡雪(あわゆき)の恋よ  春まだ浅い レンガ通りに 季節を忘れた 雪が降る 信じていいの あなたの愛を 絡(から)めた指先 温もりを あなたがくれた 優しさが 私をそっと 溶かすから 消えないで この恋よ 淡雪のように  仕舞っておいた 恋ごころ あなたがそっと 開けたのよ 溶けてゆく この心 淡雪の恋よ
居酒屋「ての字」山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也我慢我慢の 世間の風に よくぞ耐えたぜ 春・夏・冬と 風にゆらゆら 提灯(ちょうちん)揺れて 今夜は早い 店じまい 暖簾(のれん)下ろして 手酌で飲めば やけに やけに 沁(し)みるぜ 苦い酒  こんな店でも 俺には城さ 古い品書き 値段も変えず 男ひとりで 切り盛りすれば 窓から月が 覗(のぞ)いてる 紺の作務衣(さむえ)に 前掛け締めて 作る 作る お通し 母の味  愚痴を肴(さかな)に 呑む奴(やつ)いれば なぜか泣き出す 困った奴(やつ)も みんな気のいい 面子(めんつ)が揃い 想い出話 花が咲く 暖簾(のれん)一代 居酒屋「ての字」 明日(あす)も 明日(あす)も 飲もうぜ 夢見酒(ゆめみざけ)
伊勢街道まつり唄山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也日永追分(ひながおいわけ)来てみれば お伊勢さままで十八里 まつり太鼓に誘われて ひょいと見上げた大入道(おおにゅうどう) 世の中は(ソレ!)おかげさま(ア、ヨイショ!) 老いも若きも 手を取って(ヨイサーヨイサー) 東西南北 福来(ふくきた)る まつり唄なら 伊勢街道  鳴子(なるこ)振る手も熱くなる 安濃津(あのつ)よさこい恋囃子(こいばやし) 祭りのあとの寂しさに お神酒(みき)ひっかけ膝枕(ひざまくら) 御縁(ごえん)とは(ソレ!)おつなもの(ア、ヨイショ!) 結んだ糸なら ほどけない(ヨイサーヨイサー) 一足お先に 春が来(く)る まつり唄なら 伊勢街道  夜の帳(とばり)がおりるころ 祇園提灯(ぎおんちょうちん) 灯(ひ)がともる 時代(とき)は元禄(げんろく) 松阪(まつさか)の 先祖由来の心意気 人の世は(ソレ!)ささえあい(ア、ヨイショ!) 神輿(みこし)もひとりじゃ 担(かつ)げない(ヨイサーヨイサー) 揃いの半纏(はんてん) 男衆(おとこしゅう) まつり唄なら 伊勢街道  伊勢はお国のど真ん中 神代(かみよ)の昔たてまつる ふたつ柏手(かしわで)高らかに メジロ飛び立つ五十鈴川(いすずがわ) 天地(あめつち)よ(ソレ!)ありがとう(ア、ヨイショ!) 海にも山にも 宝あり(ヨイサーヨイサー) 天下泰平 日本晴れ まつり唄なら 伊勢街道
幸せの足音三沢あけみ三沢あけみさわだすずこ徳久広司雪をかきわけ 顔を出す 黄色い小さな 福寿草 春なのね もう 春なのね しゃがんで触れた 指先に 幸せ近づく 音がする  雨の 雫(しずく)に 色変えて 梅雨間(つゆま)に咲いてる 紫陽花(あじさい)が 泣かないの もう 泣かないの あなたの明日(あす)を 葉陰(はかげ)から そぉっと見守る 人がいる  空に重なる 虹の橋 見上げた青空 雨上がり しあわせが ほら しあわせが 涙を拭いて 手を出せば あなたが近づく 音がする
酔わせて候山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也酔って乾杯 酔わせて返杯(へんぱい) 暖簾(のれん)下(おろ)して 酔わせて候(そうろう)  船が港に近づけば 心急ぐぜ一本道さ 女盛りを束(たば)ねた髪で 博多の帯に袂(たもと)をはさむ 女将(おかみ)のエクボに気が走る  海を切り裂く波しぶき 鰹漁(かつおりょう)なら任せてくれと 親父譲りの一本釣りさ 黒潮なびく大漁旗(たいりょうばた)よ 波止場で灯(あか)りが待っている  一升瓶から焼酎(さけ)注(つ)いで きゅっと飲んでは笑って返杯(かえす) 負けてなるかと三杯(ばい)五杯(はい) グラスの先に常連(いつも)の顔が 何故(なん)だか二重(にじゅう)に揺れてるぜ  酔って乾杯酔わせて返杯 暖簾(のれん)下(おろ)して酔わせて候(そうろう)
さよならバンクーバー山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也船が港を 離れていくわ 三本マストの 白い船 壁にもたれて 目を閉じて 私 ここで 見送るわ さよなら あなた ひと夏の恋 素直に好きと 言えなくて 真っ赤なブイが 揺れている さよなら さよなら バンクーバー  夏の高原 出会ったあの日 見渡すかぎりの ラバーナム 黄金色(こがねいろ)した 並木道 私 きっと 忘れない さよなら あなた ひと夏の恋 トンネル抜けて 振り返り 夕日と共に 消えていく さよなら さよなら バンクーバー  さよなら あなた ひと夏の恋 涙を拭いて 微笑(ほほえ)んで 真っ赤な口紅(べに)に 塗り替えて さよなら さよなら バンクーバー さよなら さよなら バンクーバー
母ちゃんの浜唄市川由紀乃市川由紀乃さわだすずこ弦哲也夜がしらじら 明ける頃 姉(あね)さんかぶりで 浜仕事 投げ捨てられた イワシを拾い 背中丸めて 指で割(さ)く 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 夢で 母ちゃんの 声が聞こえるよ  色足袋脱いで 横座り 手拭いはずした 母ちゃんの 汗びっしょりの 横顔見つめ チクリ痛んだ 胸の奥 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 今も 母ちゃんの 声が聞こえるよ  今じゃ俺(おい)らも いっぱしの 魚河岸(いちば)の仲卸人(おろし)さ 魚売り 真水(まみず)で洗った イワシを並べ 思い出すのさ あの唄を 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 俺の母ちゃんの 浜唄(うた)が聞こえるよ
雨の記憶水田竜子水田竜子さわだすずこ弦哲也雨の音で目覚めた 一人ぼっちの朝 貴方がいない部屋で 一人飲むコーヒー 手を延ばせば届いた 小さな幸せも 連れていってしまった 雨、雨、雨… 教えて貴方二人の暮しに 嘘はなかったはずよ。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠るわ  愛し合ったあの夜も なぜか突然雨 唇ふれただけで 信じ合えた幸せ 窓の外はもうすぐ 秋も終わる気配 枯葉さえも泣いてる 雨、雨、雨… 教えて貴方一人の生き方 どうか教えてほしい。 雨の匂いに抱かれて もう少し眠かせて  教えて貴方雨はいじわる 愛の記憶を消すの。 なぜかそれでも私は この雨が好きです
深谷宿ひとり旅弦哲也弦哲也さわだすずこ弦哲也赤城おろしが のれんを揺らし 酒場(みせ)に灯りが ともります 旅のつかれを 癒してくれる 女将(おかみ)の笑顔に 誘われて 深谷宿 情け町 一夜泊りが 又 延びる  清く流れる 大利根川は 故郷(くに)とつながる きずな川 春になったら 城跡あたり 桜もきれいに 咲くだろう 深谷宿 縁(えにし)町 夢の途中か 影法師  昭和時代の 面影写す 古い町並み 恋シネマ 造り酒屋の 煙突見上げ 雨の気配か 鉛雲 深谷宿 名残り町 明日は越後か 信濃路か
別れのボレロ山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也朝日が昇る その前に 鍵は置いてね いつもの場所(ところ) この恋は 危険だと 知っていたのに 逃(のが)れられない 私が悪い 守れぬ約束を した貴方(あなた) 信じたふりを した私 罪はどちらも 同じでしょうか 涙にくちづけ それでサヨナラ あゝ 別れのボレロ  別れることは マニキュアを 落とすことより 簡単(らく)だと泣いた この愛は 行(ゆ)き止まり 知っていたのに 戻りきれない 私が悪い お前が命だと 言う貴方(あなた) 信じたふりを した私 罪はどちらも 同じでしょうか くちびる噛みしめ それでサヨナラ あゝ 別れのボレロ  涙にくちづけ それでサヨナラ あゝ 別れのボレロ…
騙されて山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也今日も口から 出まかせの 嘘を平気で ついている 言葉の端(はし)の ほころびも 気付かぬふりで 微笑(ほほえ)んで なぜか 憎めぬ あんたの嘘に 騙(だま)されて… 酔って二人で はしご酒  あの日出会った 居酒屋で 「横に座って いいですか?」 断るスキも 与えずに 仔犬のような なつっこさ 知ったかぶりの あんたの嘘に 騙(だま)されて… 酔って朝まで 添い寝する  夢の話の その続き 頬(ほお)づえついて 聞いている 広げたままの 風呂敷の 帳尻どこで つけるやら 話し続ける あんたの嘘に 騙(だま)されて… 大晦日(くれ)も一緒に 除夜の鐘  大晦日(くれ)も一緒に 除夜の鐘
浜防風山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也海が荒れる 日本海 この身投げ出し 気が付けば 海からも 捨てられて 孤独の波が 押し寄せる やってられないよ この寂しさに 砂地に根を張る 浜防風(はまぼうふう)よ お前の強さが 俺にも俺にも俺にも欲しい  外が雨で 泣けるのか 俺の未練が 泣かすのか 「捨てといて ほっといて」 涙の顔が 離れない やってられないよ この哀しさに 雨風(あめかぜ)耐えぬく 浜防風(はまぼうふう)よ お前に背中を 叩いて叩いて叩いて欲しい  やってられないよ この寂しさに 砂地に根を張る 浜防風(はまぼうふう)よ お前の強さが 俺にも俺にも俺にも欲しい
幻の小夜曲山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也思わせぶりに 僕をみつめて 恋に落ちたと 君がささやく 星の降る 夜の浜辺は 恋の恋のステージ 裸足で踊る 君を追いかけて 抱きしめる すり抜ける 気が付けば 愛はかげろう 誰もいない誰もいない ひとぼっちの夜  あなたの愛が 生きるすべてと 濡れた瞳で 君がみつめる 星が消え 暗い夜空に 赤い赤い三日月 両手を広げ 君をうけとめて 抱きしめる すり抜ける 振り向けば 愛はかげろう 君のいない君のいない 息もできない夜  裸足で踊る 君を追いかけて 抱きしめる すり抜ける 気が付けば 愛はかげろう 誰もいない誰もいない ひとりぼっちの夜
夢の橋山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也夢を追いかけて 全て投げ捨てて 夢をつかめずに 一人泣いた夜 雲の切れ間から 光る星ひとつ ずっと ずっとついてくる それはやさしい母の顔  暗い夜の海 波が岩を噛む 荒れて暮らしてた 俺を笑うのか 波はどこからか 遥(はる)か打ち寄せて 一人 一人漂えば いつか心はさざ波に  冬の寂しさに 雪も友を待つ 去年(こぞ)の雪さえも じっと耐えるのか 一人立ち止まり 空を見上げれば やがて やがて来る春に きっと架(か)かるよ 夢の橋
人情山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也情けもらって 情けを返す 昔ながらの 人の世が いつから寒く なったのか 人情・愛情・友情と 情けにもいろいろ あるけれど 薄情さえも 情けのうち 情けは人の 為ならず  一度枝から 離れた花は 二度と咲かない 戻らない それじゃあ ここで もう一度 咲かせて みせよう 男花 一度は散りゆく 花でさえ 命を懸けりゃ よみがえる 死んで花実(はなみ)が 咲くものか  人情・愛情・友情と 人生は捨てた ものじゃない 男の一生(たび)は綱渡り 情け刃向う 刃(やいば)なし
母ちゃんの浜唄福田こうへい福田こうへいさわだすずこ弦哲也夜がしらじら 明ける頃 姉(あね)さんかぶりで 浜仕事 投げ捨てられた イワシを拾い 背中丸めて 指で割(さ)く 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 夢で母ちゃんの 声が聞こえるよ  色足袋脱いで 横座り 手拭いはずした 母ちゃんの 汗びっしょりの 横顔見つめ チクリ痛んだ 胸の奥 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 今も母ちゃんの 声が聞こえるよ  今じゃ俺(おい)らも いっぱしの 魚河岸(いちば)の仲卸人(おろし)さ 魚売り 真水(まみず)で洗った イワシを並べ 思い出すのさ あの唄を 『小イワシは いらんかね 七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』 俺の母ちゃんの 浜唄(うた)が聞こえるよ
父子鷹福田こうへい福田こうへいさわだすずこ弦哲也竜(りゅう)は雲呼ぶ 虎は風逆巻(ま)く 俺と親父(おやじ)は 竜(りゅう)と虎(とら) 屏風(びょうぶ)に描(か)いた 絵のように 睨(にら)む眼と眼が 火花を散らし 喧嘩しながら 離れない いつも仇(かたき)の 父子(おやこ)鷹(だか)  百里千里も 先(ま)ずは一歩さ 己(おのれ)選んだ 道だから 時には嵐 吹こうとも 後(うし)ろ向いたら 負けたも同じ 明日を信じて 生きてゆけ 声が聞こえる 冬の夜  花を咲かそう 大きな花を 俺と親父(おやじ)の 運命(さだめ)花(ばな) 故郷(こきょう)の山の 岩手富士 歌うこの声 届いているか 親父(おやじ)ゆずりの この節(ふし)が 空で煌(きらめ)く 二つ星(ぼし)
ついておいでよ北川裕二北川裕二さわだすずこ弦哲也歌も歌えぬ お酒も呑(の)めぬ つまらぬ男(おとこ)と 笑った女(ひと)が 今は隣(となり)で 眠ってる 枕はずして 寝返りうって 指をからめて 夢の中 ついておいでよ この俺に  辛(つら)い暮(く)らしを していたんだね 小さな幸せ はしゃいだ後に 嬉し涙か 泣き笑い 名前呼んだら 背中をむけて 恥ずかしそうに うつむいた ついておいでよ この俺に  過ぎた事など 口にするなよ お前のおかげで 笑顔になれる 折った折紙 だまし舟 知っていながら 知らない素振(そぶ)り 薄目(うすめ)開(あ)けてる 愛(いと)おしさ ついておいでよ この俺に
宵待草の女北川裕二北川裕二さわだすずこ弦哲也かすかな音を たてて咲く 宵待草は 哀愁の花 せめて せめて 百日 愛せたならば 命捨てるよ この恋に  別れ話に うなづいて 眠った頬(ほほ)に 涙のあとが せめて せめて 百日 抱きしめたまま 忍び泣きする この恋に  お前の好きな 腕まくら しびれた右手 そおっと外(はず)し せめて せめて 百日 早くに逢えたら ふたりぼっちの この恋に
男のひとり言山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也夢の中で 詫びていた お前は笑って うなずいた 俺を見上げて 甘える癖が 瞼(まぶた)とじても 離れない 上り坂 下り坂 まさかの坂に 転げても 黙って付いて 来てくれた 心の中で ひとり言 俺はお前を 俺はお前を 離さない  夢の中で 泣く俺の 背中をずっと さすってた いつも一緒と お前の声が 夜の沈黙(しじま)に 聞こえるよ 上り坂 下り坂 まさかの坂に 転げても 涙も見せず いてくれた 心の中で ひとり言 俺はお前を 俺はお前を 離さない  上り坂 下り坂 まさかの坂に 転げても 笑って付いて 来てくれた 心の中で ひとり言 俺はお前を 俺はお前を 離さない
哀愁ストリート山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也銀杏(いちょう)並木に 吹く風の 落ち葉が足に からみつく ここは青山 外苑通り あの日二人で 歩いた道よ 腕をからめて 甘える君の 髪の匂いが 懐かしい  ほんの小さな 諍(いさか)いが 誤解のままで 右左 ここは赤坂 一ツ木通り あの日気まずく 別れた場所さ たった一言 意地など捨てて 言えば良かった 好きだよと  冬の足音 駆け足で コートの衿を 立てて行く ここは白金 プラチナ通り あの日黙って 渡そうとした 君のイニシャル 刻んだ指輪 今度会ったら 渡したい
夜汽車山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也最終列車の レールの音が 俺の心に 問いかける お前の生き方 いいのかこれで 夜空に浮かぶ 親父の顔が にっこり笑って 答えてくれた やり直そうか 故郷(ふるさと)で 故郷(ふるさと)で  やること なすこと はずれてばかり あせる気持ちが 裏目(うら)にでる 都会の片隅 小さな酒場 グラスの底に 涙の顔が 寂しく笑って 見送(おく)ってくれた やり直そうか 故郷で 故郷で  トンネル抜けたら 夜明けの海よ 星が消えてく 陽(ひ)が昇る 何度も夢見た あの日の景色 潮の匂いが 想い出つれて やさしく笑って 迎えてくれた やり直そうか 故郷で 故郷で
こんな女と暮らしたい山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也腿(もも)に「の」の字を 書きながら 次の約束 せがむ女(やつ) 口にゃ出せない 男の本音 あぁ こんな女と こんな女と 暮らしたい  酔ったおでこに 手を当てて そばで返盃(へんばい) ねだる女(やつ) 酒も呑めない 女もいいが あぁ こんな女と こんな女と 暮らしたい  神でこよりを 縒(よ)りながら ここに寝てよと 膝を出す 面倒くさいと 恰好つけて あぁ こんな女と こんな女と 暮らしたい  夢か現(うつつ)か 幻か あなた起きてと 揺すられて その手引き寄せ また夢の中 あぁ こんな女と こんな女と 暮らしたい こんな女と 暮らしたい
金毘羅一段長山洋子長山洋子さわだすずこ武市昌久丸に赤色 金の字は 金毘羅(こんぴら)さんの 旗印(はたじるし) 願い 心に 石段を 登れば見える 讃岐富士(さぬきふじ) 人生 一段 一段ごとに 思いを踏みしめ 歩いて行こう 長いようでも 人の世は あっという間の 紙芝居 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 追手(おいて)に帆(ほ)掛(か)けて 人情の木に 花が咲く  四国名物 阿波踊り 踊る阿呆(あほう)に 見る阿呆(あほう) 同じ阿呆(あほう)なら ソレソレと 袖(そで)を引っ張る 温ったかさ 泣いて暮すも 一生ならば 笑って暮そよ いい事あるさ 親の意見と 茄子(なす)の花 先人(せんじん)たちの 心意気 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) 三味線片手に 衿(えり)を正して 春を待つ  長い石段 登(のぼ)るには なくてはならぬ 杖(つえ)ひとつ おかげさまだと 気付く時 海の神様 微笑んだ つまずき 転んで 又立ち上がる いくつになっても 遅くはないさ 旅は道連れ 世は情け お天道(てんとう)さまは 付いてくる 金毘羅(こんぴら)船々(ふねふね) にっこり誰かに 笑ってごらん 福が来る
いくじなし山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也初心(うぶ)な男(あなた)に 死ぬ気で惚れて 夏の夜空に 遠花火(とおはなび) 背中が痒(かゆ)いと 浴衣の衿(えり)に その手借りても 気付かない ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は 唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし  「君の為なら 捨てるよ夢も」 甘い言葉に ほだされて 優しいだけでは 生きてはゆけぬ 全て無くした この私 ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は 唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし  酔ったふりして 甘えて焦(じ)れた 冬の夜道に 残る雪 滑った足元 支えてくれて 送り届ける 野暮(やぼ)ったさ ほんに貴男(あなた)は ほんに貴男(あなた)は 唐変木(とうへんぼく)の いくじなし いくじなし
弦の月山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也俺のつま弾(ひ)く ギターに合わせ 酔って替え歌 歌ったあの日 男ふたりで 笑い転げて 涙流した 夜の海 暗い夜空で 瞬(またた)く星に 釣(つ)られて笑うか 弦(いと)の月  「流れ星なら 私の涙…」 キザな女に 振り回された 俺とお前で 意地張り合って 今じゃ笑って 話せるよ 胸の痛みも 心の傷も いやしてくれそな 弦(いと)の月  夜の砂浜 男がひとり 朽(く)ちた小舟に 背中を預け 一人ぼっちで つま弾(び)く曲は あの日別れた 友の唄 俺が泣いてて 何か悪いか 見上げる空には 弦(いと)の月
帰っておいで山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也茜空(あかねぞら) ぼんやり見上げ 会えなくなった お前を想う 大事に 大事に 育てた子でも ある日 ボタンの 掛け違い 傷口に塩を塗るような 言葉を吐いて さぞかし悔(く)やんで いるだろう 寂しくなったら 帰っておいで この頃すっかり 忘れっぽくて 母ちゃん 何にも 覚えてないよ  軒下の 洗濯物が 雨に降られて 雫(しずく)が落ちた 今頃どうして いるんだろうか 涙堪(こら)えて 生きてるか 元気かと 突然かけてきた お前の電話 無理して明るく おどけてた 会いたくなったら 帰っておいで タロウの犬小屋 壊れたままで 母ちゃん 一人で 困っているよ  会いたくなったら 帰っておいで 庭のほおずき 赤い実ついて 泣いてる ようだよ ただ逢いたくて
昭和男唄山崎ていじ山崎ていじさわだすずこ弦哲也口は重いし 愛想も無いし 思いどおりの 言葉さえ 見つけることも 出来ない俺さ こんな自分に 苦笑い 素直になれず 悔やんでいるよ やだね やだね なぜかつっぱる 昭和生まれの 男唄  出会った時には 惚れてもいたさ それでも何故だか 午前様 明日は呑まぬと 決めてはいても 夜が誘って はしご酒 分かっているさ お前の涙 呑んで 呑んで 呑んで寂しい 昭和生まれの 男唄  今日こそほめて やれたらいいと 言葉探して いるうちに 季節はめぐって 言えないままに お前 はるかな 雲の上 ありがとうだけ 言わせてくれよ バカな バカな バカな涙は 昭和生まれの 男唄
道の駅岩本公水岩本公水さわだすずこ船村徹窓にひとすじ 涙の雨が バスに揺られて 流れゆく 過ぎたあの日が 忘れられずに 一人訪ねた 山間(やまあい)の町 川を渡れば 見慣れた景色 あなた 追いかけ 道の駅  十六夜(いざよい)の月 見上げてごらん 欠けているから いいんだよ 夜空指さす 横顔見つめ 肩で甘えて 指からませた 二人を包む やさしい風が あの日 吹いてた 道の駅  樹々の香りを 胸いっぱいに 誘い込むよな 秋の風 好きになるほど 苦しくなって 遠回りした あなたへの愛 橋を渡れば ほら 故郷(ふるさと)が きっと 待ってる 道の駅
秋桜だより岩本公水岩本公水さわだすずこ蔦将包茜(あかね)の空に 飛行機雲が 白く流れて 消えてゆく 失くしてはじめて 気づいたの あなたの優しさ あなたの笑顔 窓の外には コスモスゆれて 幸せが 幸せが 待っていそうな 道の駅  人の欲しがる 幸せなんて きっと形が 消えてゆくのね 生きてくだけでも 辛いこと あなたの背中に つかまりながら 通り過ぎゆく 風の向こうに 幸せが 幸せが 待っていそうな 道の駅  失くしてはじめて 気づいたの あなたの優しさ あなたの笑顔 窓の外には コスモスゆれて 幸せが 幸せが 待っていそうな 道の駅
はぐれどり森昌子森昌子さわだすずこ浜圭介海に浮かべた 笹舟さえも 水に背を向け 戻るのに 帰るあてない あなたを待って 諦めきれない 恋に泣く 拳(こぶし)で胸を 叩いても この愛消せない 消えてくれない 北へ帰る 鳥の群れに ついていきたい あぁ あぁ 私 はぐれ鳥  濡れた砂浜 人影も無く 鳥の足跡 目で追って 指でなぞった あなたの名前 寄せ来る さざ波 消していく 許せないこと 数えても この愛消せない 消えてくれない 震える肩 冷たい風 降り積もる雪 あぁ あぁ 私 はぐれ鳥  拳で胸を 叩いても この愛消せない 消えてくれない 北へ帰る 鳥の群れに ついていきたい あぁ あぁ 私 はぐれ鳥
君を離さない三田明三田明さわだすずこ福家菊雄雨上がり 突然の虹 はしゃぐ君の 無邪気な笑顔 髪のしずくが キラキラ光る そんな 夏の日の午後  君だけに そっと伝えたい いつも いつも 愛してる たとえ 生まれ変わっても 君を離さない  ふり注ぐ 君の愛は まるで 太陽 みたいだよね あの日出会えた 偶然さえも きっと僕らの 未来  移りゆく 季節を君と 指をからめ 歩いてきた 流れる雲も まぶしい光も そうさ ふたりのために  君だけに そっと伝えたい いつも いつも 愛してる たとえ 嵐が来ようとも 君を離さない  ふりむいて 探してごらん 僕は 両手 広げているよ 時には支え 時には甘え 見つめあって 生きよう  あの日出会えた 偶然さえも きっと僕らの 未来
蓬莱橋山本譲二山本譲二さわだすずこ弦哲也橋の長さに とまどいながら ひとり来ました 蓬莱橋に あなたと暮らした この町を 死ぬ気で捨てた 過去がある 人の幸せ 欲しがったから 罰を受けたと 恥じてます 忘れたい 忘れられない 忘れたい 声に出しても いいですか あなた あなたに逢いたい  橋のもろさと 同んなじように 壊れかけては また立て直す いつかは訣(わか)れが 待ってると 覚悟の上の 恋でした 募る思いを ねじ伏せながら 別れを告げた はずなのに 忘れたい 忘れられない 忘れたい 声に出しても いいですか あなた あなたに逢いたい  橋を渡れば あなたに逢える 越すに 越されぬ 大井川 忘れたい 忘れられない 忘れたい 声に出しても いいですか あなた あなたに逢いたい
親友よ山本譲二山本譲二さわだすずこ弦哲也季節外れの 椿の花が 日暮れ待たずに ポトリと落ちた 「胸さわぎって あるんだなぁ」 静かに眠る 眠る横顔が 遅いじゃないかと 笑っていたね  思い出すだろ 昔のことを 将来(あす)を語った 一杯呑み屋 「こころの声って あるんだなぁ」 しばらく逢って 逢っていなくても 片手を合わせリャ いつもの二人  幼(おさ)な馴(な)じみで 似た者どうし 肩を並べて 大人になった 「夢の知らせって あるんだなぁ」 頼むよお前 お前置いてくな ゆくなら故郷で 待っててくれよ
母ちゃんのひとり言小林幸子小林幸子さわだすずこ小六禮次郎冬の山形 雪深い 日田(にった)  悪い事を するんじゃないよ きっと誰かが 見てるんだよ 天井も 壁も 柱もな 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  水あめのつぼに 指を入れて なめたら指が なくなるぞ いたずら笑顔の 母ちゃんに逢いたい  冬の山形 クリスマスの夜  こんな田舎に サンタは来ねぇな ほんとに来ると 思うなら 靴下つっとけ でっかいの 夜なべしながら 母ちゃんのひとり言  朝の日差しに 太った靴下 値札の付いた 駄菓子がいっぱい 綿入れ半纏(ばんてん) 母ちゃんに逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て 悔やむこと 思い出す ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい  春が来て 夏が来て 母ちゃんと訣(わか)れた 秋が来て そっと写真 なでてみる ごめんね 母ちゃん もう一度 逢いたい
男と女のタンゴ小林幸子小林幸子さわだすずこたかしまあきひこあなた 覚えて いますか 初めて 逢った あの日のことを  よーく 覚えているよ 君は まっ赤なコート着て 黒い ブーツを 履いていた  いいえ あの日は 夏よ 白い ブラウスを 着てたわ 何を 勘違い してるの おかしいわ  いや あの その…  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  それじゃ 機嫌を直して ちょっと一杯 行きますか  そうね 許して あげる あなたの 好きな 赤ワイン 久しぶりに 飲みたいわ  ちょっと 待ってよ 赤ワインだと? 俺の好みは 白ワインだぜ 何を 何を 勘違い しているの おかしいぜ  えー いや あの その アラ…  いいよ 俺のことなんて きっと 誰かと 勘違い  泣かないで 泣かないで 男と女の タンゴ  いいわ 私のことなんて きっと 誰かと 勘違い  いつまでも そばに居て 男と女の タンゴ
この地球に生まれて小林幸子小林幸子さわだすずこ小六禮次郎この地球(ほし)に 生まれた奇跡 この時代(とき)に 生まれた運命(さだめ) その偶然が 重なりあって あなたに めぐり逢えた  人って悲しいね つまらない事で 喧嘩(けんか)して 愛を信じ 人を信じて 素直な心 伝えてみよう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  倖せを 探せずにいた 人の倖せ よろこべなかった 心がいつか 固まりすぎて いつでも ひとりぽっち  人って 弱いよね 悲しくて 涙かくしても 明日(あす)を信じ 勇気をもって 笑顔忘れず 歩いて行こう  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから  この地球(ほし)に 生まれたことを 明日はきっと きっと 倖せに 倖せに 思うから
楼蘭小林幸子 with 女子十二楽坊小林幸子 with 女子十二楽坊さわだすずこ小六禮次郎逢いたくて せつなくて ただ 逢いたくて  道なき道の 砂漠の中で 人は何を求め 歩くのか あてなき旅路 時は流れて 見果てぬ 幻(まぼろし) 探す  華やかな 水の都 楼蘭 今はもう 砂の中 麗しき 愛の都 楼蘭 あなたの他に 何もいらない  ああ 逢いたくて せつなくて ただ 逢いたくて  忘れ去られた 砂漠の中で 今も探せない 道標(みちしるべ) 地平の彼方 時は流れて あなたの面影 探す  華やかな 水の都 楼蘭 今はもう 夢の中 麗しき 愛の都 楼蘭 恋する心 届くでしょうか  ああ 逢いたくて せつなくて ただ 逢いたくて  麗しき 愛の都 楼蘭 あなたの他に 何もいらない  ああ 逢いたくて せつなくて ただ 逢いたくて  この愛 誰にも 消せはしない
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. ベルベットの詩
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. ベルベットの詩
  4. Beautiful
  5. Be Free

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照