歌詞を

ヘルプ

弦哲也の歌詞一覧リスト

26 曲中 1-26 曲を表示
2019年4月26日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
安芸の宮島弦哲也仁井谷俊也弦哲也ひとりで旅するおんなの背中
天城越え弦哲也吉岡治弦哲也隠しきれない移り香が
暗夜航路弦哲也吉岡治弦哲也生きてゆくのが下手だから
潮来雨情弦哲也木下龍太郎弦哲也後を引くのは判っていても
犬吠埼~おれの故郷~弦哲也弦哲也五木ひろし荒波が打ち寄せる岬に
裏窓弦哲也たかたかし弦哲也誰もいない誰もいない裏窓
折り鶴の宿弦哲也喜多條忠弦哲也ついてゆきますあなたが夢を
帰り花弦哲也喜多條忠弦哲也季節はずれて淋しげに
金沢望郷歌弦哲也五木寛之弦哲也桜橋から大橋みれば川の岸辺に
北の噂弦哲也横井弘弦哲也風の噂を尋ねて歩く
北の旅人弦哲也山口洋子弦哲也たどりついたら岬のはずれ
郡上夢うた弦哲也吉岡治弦哲也襖一枚へだてても
桜、散る海弦哲也たかたかし弦哲也桜花びら幾千も瞳をうずめて
千年の古都弦哲也吉岡治弦哲也約束もなく日が昏れて
滝桜…千年の恋弦哲也麻こよみ弦哲也ため息ひとつつくたびに
月の砂漠弦哲也湯川れい子弦哲也あなたの瞳はなんの色月の
友よ、弦哲也池高志弦哲也友よ一番列車はもう着いたか
橋場の渡し弦哲也喜多條忠弦哲也蝉は三日で蛍は二十日
花も嵐も弦哲也たかたかし弦哲也泣いちゃいけない涙をおふき
ふたり酒弦哲也たかたかし弦哲也生きてゆくのがつらい日は
弦哲也たかたかし弦哲也はぐれ蛍がよりそってしあわせ
みちのく挽歌弦哲也つつみりゅうじ弦哲也吹雪まじりに汽笛が鳴いて
やんちゃ酒弦哲也荒木とよひさ弦哲也お酒飲まなきゃいい人だけど
雪の傘弦哲也荒木とよひさ弦哲也涙の雨より悲しいことはあなた
ゆめかぜ弦哲也石坂まさを弦哲也髪を押さえる小指の白さ
我、未だ旅の途中弦哲也田村武也弦哲也人も疎らな駅前の小さな灯を

弦 哲也(げん てつや、本名:田村正稔(たむら まさとし)、1947年9月25日 - )は、日本の作曲家である。作曲した作品数は2000曲を超える。日本作曲家協会常務理事。千葉県銚子市出身。 wikipedia