歌詞を

ヘルプ

城岡れい作詞の歌詞一覧リスト

41 曲中 1-41 曲を表示
2020年2月26日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
月夜川上杉香緒里城岡れい徳久広司水面ではじける篝火赤く
不滅の愛北岡ひろし城岡れい弦哲也希望にふくらむ銀の猫ヤナギ
紅の蝶北岡ひろし城岡れい弦哲也好きなお方に会える日は
暗夜の恋上杉香緒里城岡れい徳久広司お猪口を濡らした酒しずく
風の酒上杉香緒里城岡れい徳久広司見えぬ相手に横風受けて
嘘の積木沢井明城岡れい田尾将実あなたがいつわり重ねるたびに
流れ路のブルース沢井明城岡れい田尾将実雨の降る夜は心にも
鬼灯上杉香緒里城岡れい徳久広司夏の終わりの故郷の道で
白い着物上杉香緒里城岡れい徳久広司女は生まれて死ぬまでに
冬燕若山かずさ城岡れい水森英夫ぷつりと千切れた絆の糸の
石に咲く花北見恭子城岡れい岡千秋雨の小さなひとしずく
地図のない道北岡ひろし城岡れい弦哲也何もない手の平に夢だけ握り
東京陽炎岩出和也城岡れい杉本眞人ビルの谷間に塵が舞い
むらさき夜曲岩出和也城岡れい杉本眞人黄昏を包むように
花まる女節北野まち子城岡れい岡千秋寒さにたえぬき咲いた桜
竹林の庵沖田真早美城岡れい桧原さとし別れの言葉にさからう様に
風の午後北原ミレイ城岡れい田尾将実木枯らし窓辺を打ち舗道が
マゼンダの黄昏に北原ミレイ城岡れい弦哲也まるで命があふれるような
伊集の花咲く頃三田りょう城岡れい弦哲也ため息ひとつ増えるたび
よりそい酒 Part2島津悦子&弦哲也城岡れい弦哲也あなたの抱える凍えた夢も
永遠の花島津悦子城岡れい弦哲也憂き世の長雨無情に耐えて
よりそい酒島津悦子城岡れい弦哲也愚痴さえ言わずに凍えた夢を
おんな傘上杉香緒里城岡れい影山時則なんてあんたの背中はさ
紅蓮の花上杉香緒里城岡れい影山時則咲けば夜風に散らされる
旅愁酒三田りょう城岡れい弦哲也あいつの情けで染まった様な
心のみちづれ三田りょう城岡れい弦哲也さがしていたんだよ
鴎(かもめ)のブルース島津悦子城岡れい弦哲也添い寝する間に逃げてゆく
彩花(あやばな)島津悦子城岡れい弦哲也女には心底惚れてる人のため
可愛い女島津悦子城岡れい弦哲也恋の初めは誰だって
泣いたらいいさ山本譲二城岡れい弦哲也すこし痩せたのか雨のせいなのか
チェビ −燕−チャン・ウンスク城岡れい樋口義高愛したことさえ忘れてしまう
堂島しぐれ上杉香緒里城岡れい徳久広司八百八橋もある街で
波止場うた上杉香緒里城岡れい徳久広司恋に命は賭けられないと
津軽の母上杉香緒里城岡れい徳久広司雪の重さをはじいて生きる
新宿の月山本譲二城岡れい弦哲也新宿で見る月に白いウサギは
めぐりあいチャン・ウンスク城岡れい樋口義高うつむきながら歩いていたわ胸に涙
遠野しぐれ上杉香緒里城岡れい徳久広司変わる季節をすすきが揺らし
おんな酒上杉香緒里城岡れい徳久広司泣いて乱れる恋よりも
昼顔チャン・ウンスク城岡れい樋口義高ビルの空き地を熱い風が通る
めぐり雨山本譲二城岡れい弦哲也逢いたかったよ身を切る
名もない花に乾杯を山本譲二城岡れい弦哲也おまえの涙が雨になり