たずね鳥

この曲の表示回数 674
歌手:

吉村明紘


作詞:

城岡れい


作曲:

樋口義高


女の愛の 青空に
男はいつか 飛び飽きる
傘も持たずに この部屋に
ぬけがら背広を 置いたまま
どこ どこに行ったの 貴方
私 迷い子 たずね鳥

私の胸の 止まり木は
貴方にとって 狭すぎた
薄い水割り 飲みながら
甘えた想い出 離れない
どこ どこに消えたの 恋は
私 面影 たずね鳥

一つの愛に 帰るため
男は旅を するという
雨が止まない この都会(まち)で
心の朝焼け 待ちながら
どこ どこにあるのよ 夢は
私 幸せ たずね鳥
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たずね鳥 歌手:吉村明紘

吉村明紘の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/08/26
商品番号:TKCA-91293
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP