花まる女節

この曲の表示回数 7,734
歌手:

北野まち子


作詞:

城岡れい


作曲:

岡千秋


寒さにたえぬき 咲いた桜(はな)
あわれ夜風が 散らしてく
惚れて尽くして 泣かされた
恋はこの世の 廻りもの
パッと咲いたら いいじゃないか
パッと散るのも いいじゃないか
粋(いき)で支える 花まる女節
そうよ過去(きのう)はふり向かぬ ふり向かぬ

故郷(ふるさと)はなれて さまよえば
浮世情けが 身にしみる
他人(ひと)の言葉に さとされた
夢は一つで 終わらない
パッと飲んだら いいじゃないか
パッと泣いても いいじゃないか
何をくよくよ 花まる女節
そうよ笑顔で春を呼ぶ 春を呼ぶ

こちらと思えば まわれ右
なぜか人生 遠まわり
いつも満点 望めない
自分らしさが 宝もの
パッと生きたら いいじゃないか
パッと翔(と)ぶのも いいじゃないか
元気前向き 花まる女節
そうよ明日(あした)はいいことが いいことが
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花まる女節 歌手:北野まち子

北野まち子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-10-26
商品番号:KICM-30759
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP