岩出和也の歌詞一覧リスト  48曲中 1-48曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
48曲中 1-48曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛が下手なジゴロ愛と遊ぶ男は 愛が怖いのね 傷ついた過去が きっとそうさせる  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 弱いひと ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は さみしいの  口説き文句は 上手いくせして あなた 愛が下手なのね  夢を見ない男は 夢が怖いのね 目覚めればいつも 消えてしまうから  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は やさしいの ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 哀しいの  女心を くすぐる指で あなた 愛をさがしてる  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 弱いひと ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は さみしいの  口説き文句は 上手いくせして あなた 愛が下手なのね岩出和也田久保真見弦哲也南郷達也愛と遊ぶ男は 愛が怖いのね 傷ついた過去が きっとそうさせる  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 弱いひと ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は さみしいの  口説き文句は 上手いくせして あなた 愛が下手なのね  夢を見ない男は 夢が怖いのね 目覚めればいつも 消えてしまうから  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は やさしいの ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 哀しいの  女心を くすぐる指で あなた 愛をさがしてる  ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は 弱いひと ジゴロ 裏腹なジゴロ 本当は さみしいの  口説き文句は 上手いくせして あなた 愛が下手なのね
哀愁のリラいくつ季節が 流れても 花の香りは そのままに… 北国の 夏は短くて 愛は 愛はつかのま ふたり駆け抜けた 許されるなら 今すぐに 逢いたいよ もう一度 もう一度 リラの咲く街で  指をからめた 恋人が 若いあの日を 呼び戻す… なにもない 狭いアパートで 夢を 夢を頼りに 明日を信じてた 淋しくひとり いるのなら 逢いたいよ むらさきの むらさきの リラの咲く街で  もしも時間を 戻せたら 逢える気がする 時計台… 北国は 冬が長いから じっと じっと待つのと きみは微笑んだ 昔の言葉 胸に抱き 逢いたいよ もう一度 もう一度 リラの咲く街で岩出和也石原信一弦哲也南郷達也いくつ季節が 流れても 花の香りは そのままに… 北国の 夏は短くて 愛は 愛はつかのま ふたり駆け抜けた 許されるなら 今すぐに 逢いたいよ もう一度 もう一度 リラの咲く街で  指をからめた 恋人が 若いあの日を 呼び戻す… なにもない 狭いアパートで 夢を 夢を頼りに 明日を信じてた 淋しくひとり いるのなら 逢いたいよ むらさきの むらさきの リラの咲く街で  もしも時間を 戻せたら 逢える気がする 時計台… 北国は 冬が長いから じっと じっと待つのと きみは微笑んだ 昔の言葉 胸に抱き 逢いたいよ もう一度 もう一度 リラの咲く街で
愛のソーシャルダンス踊れよ踊れ 鼓動のリズム 今宵二人で 時を翔(か)けたい ミラーボールの 星のように ずっとときめき 輝いていたい 切ない気持ちを 心に閉じ込め あなたに憧れ 抱(いだ)いた 踊れば胸がとろけて ユラユラ… リズムに躰あずけて 酔いしれる 時計の針は 見ないで朝まで 踊りましょうね ソーシャルダンス  回れよ回れ 魔法のドレス 息を弾ませ 夜を超えたい ダンスホールに 虹がかかる そっと妖しく 揺らめているわ 届かぬ願いと 心であきらめ あなたに想いを 寄せてた 踊れば夢がはじけて キラキラ… リズムにこの身焦がして 微笑んで 夜明けの鳥が 羽ばたく時まで 踊りましょうね ソーシャルダンス  踊れば胸がとろけて ユラユラ… リズムに躰あずけて 酔いしれる 時計の針は 見ないで朝まで 踊りましょうね ソーシャルダンス岩出和也ひうら一帆・城岡れいひうら一帆松井忠重踊れよ踊れ 鼓動のリズム 今宵二人で 時を翔(か)けたい ミラーボールの 星のように ずっとときめき 輝いていたい 切ない気持ちを 心に閉じ込め あなたに憧れ 抱(いだ)いた 踊れば胸がとろけて ユラユラ… リズムに躰あずけて 酔いしれる 時計の針は 見ないで朝まで 踊りましょうね ソーシャルダンス  回れよ回れ 魔法のドレス 息を弾ませ 夜を超えたい ダンスホールに 虹がかかる そっと妖しく 揺らめているわ 届かぬ願いと 心であきらめ あなたに想いを 寄せてた 踊れば夢がはじけて キラキラ… リズムにこの身焦がして 微笑んで 夜明けの鳥が 羽ばたく時まで 踊りましょうね ソーシャルダンス  踊れば胸がとろけて ユラユラ… リズムに躰あずけて 酔いしれる 時計の針は 見ないで朝まで 踊りましょうね ソーシャルダンス
愛を消さないでGOLD LYLIC夢をひととき 見させたあとで 背中冷たく 向けるひと もしも私に いけない性格(ところ) あるなら直すわ ひとつずつ 行かないで 行かないで あなた… あなた… 行かないで 涙でお別れ するよりも 愛する苦しみ 知りたいの  他人(ひと)に言えない むかしの傷を みんな許して くれたひと おんなひとりの こころの窓に ようやく点(とも)した 恋あかり 消さないで 消さないで あなた… あなた… 消さないで このままこの愛 失くしたら 生きてはゆけない 私なの  捨てないで 捨てないで あなた… あなた… 捨てないで 頼れる人さえ ない町で あなたが最後の 男(ひと)だからGOLD LYLIC岩出和也仁井谷俊也徳久広司南郷達也夢をひととき 見させたあとで 背中冷たく 向けるひと もしも私に いけない性格(ところ) あるなら直すわ ひとつずつ 行かないで 行かないで あなた… あなた… 行かないで 涙でお別れ するよりも 愛する苦しみ 知りたいの  他人(ひと)に言えない むかしの傷を みんな許して くれたひと おんなひとりの こころの窓に ようやく点(とも)した 恋あかり 消さないで 消さないで あなた… あなた… 消さないで このままこの愛 失くしたら 生きてはゆけない 私なの  捨てないで 捨てないで あなた… あなた… 捨てないで 頼れる人さえ ない町で あなたが最後の 男(ひと)だから
赤いハマナスひと冬遅れの 噂を聞いて 指のこよりの 重さを知った いまもこの俺を 待つと言う 北の港は 夜霧にぬれる 赤いハマナス あゝたずね花  探せばゆく道 まだありながら おまえ一人を 行かせたあの日 つくり笑顔の 片えくぼ 遠い灯りに ゆがんでゆれる 赤いハマナス あゝ影ばかり  夜更けのホームで 見かけた女 うすい背中に かさなるおまえ めぐり逢えたなら 今度こそ 抱いてやりたい 想いのかぎり 赤いハマナス あゝどこに咲く 岩出和也建石一徳久広司南郷達也ひと冬遅れの 噂を聞いて 指のこよりの 重さを知った いまもこの俺を 待つと言う 北の港は 夜霧にぬれる 赤いハマナス あゝたずね花  探せばゆく道 まだありながら おまえ一人を 行かせたあの日 つくり笑顔の 片えくぼ 遠い灯りに ゆがんでゆれる 赤いハマナス あゝ影ばかり  夜更けのホームで 見かけた女 うすい背中に かさなるおまえ めぐり逢えたなら 今度こそ 抱いてやりたい 想いのかぎり 赤いハマナス あゝどこに咲く 
遊び上手きれいな指した 男はいつも 女の心を くすぐり消える そうよ 短い恋と 知っていたけど あなたがとても 欲しかった いいの 遊び上手の あなたのことを 愛してない 恋してない ふりをして 他人同士のふたり 信じるなんて かなしい 綺麗ごと  季節がいつしか 移ろうように 男の心は 変わってゆくわ そうよ 止められないと 知っていたけど あなたの背中 追いかけた いいの 一夜の夢と 思えばいいの 愛してない 恋してない ふりをして みんな独りぼっちで 生きてるなんて さみしい ひとりごと  いいの 遊び上手の あなたのことを 愛してない 恋してない ふりをして 他人同士のふたり 信じるなんて かなしい 綺麗ごと岩出和也田久保真見樋口義高伊戸のりおきれいな指した 男はいつも 女の心を くすぐり消える そうよ 短い恋と 知っていたけど あなたがとても 欲しかった いいの 遊び上手の あなたのことを 愛してない 恋してない ふりをして 他人同士のふたり 信じるなんて かなしい 綺麗ごと  季節がいつしか 移ろうように 男の心は 変わってゆくわ そうよ 止められないと 知っていたけど あなたの背中 追いかけた いいの 一夜の夢と 思えばいいの 愛してない 恋してない ふりをして みんな独りぼっちで 生きてるなんて さみしい ひとりごと  いいの 遊び上手の あなたのことを 愛してない 恋してない ふりをして 他人同士のふたり 信じるなんて かなしい 綺麗ごと
あなたがそばにいた風に吹かれて 振り向けば いつもあなたが そばにいた 旅に出る日は 父母の 僕を励ます 声がした 夢にはぐれて 膝を抱き 雨に打たれた 日もあった 涙と笑顔の くりかえし あの日あの人 なつかしく これからも これからも あなたの愛を この胸に  風の向こうに 続く道 明日を信じて 歩き出す 恋をした日の 想い出は 胸にひそかに あたためて 心疲れて 眠る夜は あなた思って 眼を閉じる 出逢いと別れの くりかえし あの日あの時 いとおしく いつまでも いつまでも あなたの愛を 抱きしめて  涙と笑顔の くりかえし あの日あの人 なつかしく これからも これからも あなたの愛を この胸に岩出和也石原信一弦哲也南郷達也風に吹かれて 振り向けば いつもあなたが そばにいた 旅に出る日は 父母の 僕を励ます 声がした 夢にはぐれて 膝を抱き 雨に打たれた 日もあった 涙と笑顔の くりかえし あの日あの人 なつかしく これからも これからも あなたの愛を この胸に  風の向こうに 続く道 明日を信じて 歩き出す 恋をした日の 想い出は 胸にひそかに あたためて 心疲れて 眠る夜は あなた思って 眼を閉じる 出逢いと別れの くりかえし あの日あの時 いとおしく いつまでも いつまでも あなたの愛を 抱きしめて  涙と笑顔の くりかえし あの日あの人 なつかしく これからも これからも あなたの愛を この胸に
雨よ降れ酔って倒した グラスの酒が 女心に しみ通る 二度と泣かぬと 決めたのに ひとすじこぼれる なみだ雨… 忘れることが こんなにつらい あなたの胸にも 雨よ降れ  理由(わけ)も言わずに 夜ふけの町に 消えたあなたの うしろ影 意地を張らずに 追いかけて 止めれば良かった あの時に… ひとりの夜は こんなに長い あなたの胸にも 雨よ降れ  いいのあなたを 怨みはしない 悪いところは 私にも 寒い心を もう一度 あなたにあずけて 眠りたい… 忘れることが こんなにつらい あなたの胸にも 雨よ降れ岩出和也麻こよみ叶弦大前田俊明酔って倒した グラスの酒が 女心に しみ通る 二度と泣かぬと 決めたのに ひとすじこぼれる なみだ雨… 忘れることが こんなにつらい あなたの胸にも 雨よ降れ  理由(わけ)も言わずに 夜ふけの町に 消えたあなたの うしろ影 意地を張らずに 追いかけて 止めれば良かった あの時に… ひとりの夜は こんなに長い あなたの胸にも 雨よ降れ  いいのあなたを 怨みはしない 悪いところは 私にも 寒い心を もう一度 あなたにあずけて 眠りたい… 忘れることが こんなにつらい あなたの胸にも 雨よ降れ
小樽にて雪が舞い散る 街に一人 君を探せば 心の雪が 涙に変わる たった一度の あやまちが 今もこの胸 締め付ける もしもあの日に 戻れたら 戻れるならば 小樽の運河で 君に詫びたくて  ガラス細工の 指輪はめて はしゃぐ無邪気な 笑顔が不意に 瞼に浮かぶ 愛もいつしか 錆びついて 今じゃ壊れた オルゴール 泣いていないか 幸せか 幸せだろか 小樽の夜風に そっと尋ねたい  たった一度の あやまちが 今もこの胸 締め付ける もしもあの日に 戻れたら 戻れるならば 小樽の運河で 君に詫びたくて岩出和也伊藤美和徳久広司南郷達也雪が舞い散る 街に一人 君を探せば 心の雪が 涙に変わる たった一度の あやまちが 今もこの胸 締め付ける もしもあの日に 戻れたら 戻れるならば 小樽の運河で 君に詫びたくて  ガラス細工の 指輪はめて はしゃぐ無邪気な 笑顔が不意に 瞼に浮かぶ 愛もいつしか 錆びついて 今じゃ壊れた オルゴール 泣いていないか 幸せか 幸せだろか 小樽の夜風に そっと尋ねたい  たった一度の あやまちが 今もこの胸 締め付ける もしもあの日に 戻れたら 戻れるならば 小樽の運河で 君に詫びたくて
男の大祭り ~だんじり雨も小降りに 夜が明けるころ 無事を祈って 宮参り 男若い衆 晴れ舞台 雫したたる 曳き綱握り 男だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 命燃やして 命燃やして 大祭り  ねじりハチマキ キリリと締めりゃ 見てるあの娘(こ)が 瞳(め)に浮かぶ 男花形 大工方 風になびくよ 大屋根さばき 命だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 燃える男の 燃える男の 汗が舞う  掛け声(こえ)を合わせりゃ 地鳴りがひびく ここが観(み)せ場だ! カンカン場 男勝負の やりまわし 度胸一番 血潮がたぎる 男だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 命燃やして 命燃やして 大祭り岩出和也岩出和也岩出和也雨も小降りに 夜が明けるころ 無事を祈って 宮参り 男若い衆 晴れ舞台 雫したたる 曳き綱握り 男だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 命燃やして 命燃やして 大祭り  ねじりハチマキ キリリと締めりゃ 見てるあの娘(こ)が 瞳(め)に浮かぶ 男花形 大工方 風になびくよ 大屋根さばき 命だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 燃える男の 燃える男の 汗が舞う  掛け声(こえ)を合わせりゃ 地鳴りがひびく ここが観(み)せ場だ! カンカン場 男勝負の やりまわし 度胸一番 血潮がたぎる 男だんじり だんじり ソーリャ ソーリャ だんじり祭り 命燃やして 命燃やして 大祭り
おまえに雨宿りみつめないでと 鏡の前で そっと笑って 素顔をかくす そんな女の 無邪気さに  俺は小さな やすらぎ見たよ 幸せはぐれの 旅の町 おまえの胸で 雨宿り  泊まるつもりは なかったけれど 酔ったおまえが 気がかりだった 話疲れて 眠る頬 故郷へ帰れと この手で撫でる 似た者同士か 俺達は 止まり木ひとつ 夢の中  雨がやむまで その約束が 別れ間ぎわに 背中で泣いた きっとおまえも 探してた 肩を寄せ合う 心の傘を 夢ならさめるな 旅の夜 おまえと俺の 雨宿り岩出和也建石一徳久広司南郷達也みつめないでと 鏡の前で そっと笑って 素顔をかくす そんな女の 無邪気さに  俺は小さな やすらぎ見たよ 幸せはぐれの 旅の町 おまえの胸で 雨宿り  泊まるつもりは なかったけれど 酔ったおまえが 気がかりだった 話疲れて 眠る頬 故郷へ帰れと この手で撫でる 似た者同士か 俺達は 止まり木ひとつ 夢の中  雨がやむまで その約束が 別れ間ぎわに 背中で泣いた きっとおまえも 探してた 肩を寄せ合う 心の傘を 夢ならさめるな 旅の夜 おまえと俺の 雨宿り
おまえにやすらぎを幸せこぼれる 指先みつめて おまえはひとりが 好きだと泣いた 強がりも 昔も捨てて 俺の両手に 飛び込めよ 胸にほのかな 灯りをともす おまえにあげたい やすらぎを  やさしくされたら 明日がこわいと おまえはためらい 背中を向ける 古傷が まだ痛むのか 寒い心の ままなのか 子供みたいな 寝顔がみたい おまえに静かな やすらぎを  愛からはぐれて 都会の片隅 おまえの道草 なぜだかわかる うまくない 生き方ばかり どこか似ている 俺たちは 小指からめる 夜明けが欲しい おまえとふたりの やすらぎを岩出和也石原信一弦哲也南郷達也幸せこぼれる 指先みつめて おまえはひとりが 好きだと泣いた 強がりも 昔も捨てて 俺の両手に 飛び込めよ 胸にほのかな 灯りをともす おまえにあげたい やすらぎを  やさしくされたら 明日がこわいと おまえはためらい 背中を向ける 古傷が まだ痛むのか 寒い心の ままなのか 子供みたいな 寝顔がみたい おまえに静かな やすらぎを  愛からはぐれて 都会の片隅 おまえの道草 なぜだかわかる うまくない 生き方ばかり どこか似ている 俺たちは 小指からめる 夜明けが欲しい おまえとふたりの やすらぎを
俺とお前の数え唄一つ ひとりじゃ 風さえ寒い 二つ ふたりで 生きれば楽し 三つ 見えない 明日のことは 明日のことは 風のあたらぬ 世間の隅で 俺とお前で 暮らそうな  四つ 寄りそう 相手がいれば 五つ いつでも やり直せるさ 六つ 昔に 忘れた夢を 忘れた夢を 酒の向こうに 漕ぎだす舟で 俺とお前で 探そうな  七つ 斜目に 降りだす雨も 八つ 止まない 空などないさ 九つ 苦労は 男が背負う 男が背負う 春の陽だまり 咲く花でいい 俺とお前の 数え唄岩出和也里村龍一岡千秋一つ ひとりじゃ 風さえ寒い 二つ ふたりで 生きれば楽し 三つ 見えない 明日のことは 明日のことは 風のあたらぬ 世間の隅で 俺とお前で 暮らそうな  四つ 寄りそう 相手がいれば 五つ いつでも やり直せるさ 六つ 昔に 忘れた夢を 忘れた夢を 酒の向こうに 漕ぎだす舟で 俺とお前で 探そうな  七つ 斜目に 降りだす雨も 八つ 止まない 空などないさ 九つ 苦労は 男が背負う 男が背負う 春の陽だまり 咲く花でいい 俺とお前の 数え唄
女のけじめ男がひとり 女がふたり どちらが 泣くのでしょう 三角波ですね さようなら さようなら あなたお世話に なりました 駄目と駄目と駄目と知りつつ ついてゆく 恋は私に出来ません これ以上  辛くはないと 言うのは嘘よ お酒よ お前だけ しばらく 仲良しね すがりたい すがりたい それが私の 本音です 他人(ひと)が他人が他人が聞いたら 笑うけど 憎み合うより身をひくわ わたしから  あなたに賭けた おんなの夢が 舞い散る 雨の街 傘さす 人もない 逢いたくて 逢いたくて 馬鹿な私を 恨みます せめてせめてせめてきれいに 別れたい それが女のけじめです 追わないで岩出和也里村龍一岡千秋石倉重信男がひとり 女がふたり どちらが 泣くのでしょう 三角波ですね さようなら さようなら あなたお世話に なりました 駄目と駄目と駄目と知りつつ ついてゆく 恋は私に出来ません これ以上  辛くはないと 言うのは嘘よ お酒よ お前だけ しばらく 仲良しね すがりたい すがりたい それが私の 本音です 他人(ひと)が他人が他人が聞いたら 笑うけど 憎み合うより身をひくわ わたしから  あなたに賭けた おんなの夢が 舞い散る 雨の街 傘さす 人もない 逢いたくて 逢いたくて 馬鹿な私を 恨みます せめてせめてせめてきれいに 別れたい それが女のけじめです 追わないで
風の街沈む夕陽の 真紅に 心の真ん中 熱くなる 帰れない 帰れない 何があっても 帰れない 夢の破片を もう一度 つなぎ合わせる ビルの影 風の街 風の街 夢を落とした 風の街  待っててくれる あの女の 面影浮かべて 詫びる夜 帰らない 帰らない 夢も半端じゃ 帰らない ひとり飲み干す 缶ビール 胸にしみ込む ほろにがさ 風の街 風の街 今は逢えない 風の街  からだ気づかう おふくろの 留守電 何度も 聞き返す 帰れない 帰れない 泣いてこのまま 帰れない ひとり 夜空を 見上げれば 雲の切れ間に 星ひとつ 風の街 風の街 明日を夢見る 風の街 岩出和也麻こよみ吉幾三南郷達也沈む夕陽の 真紅に 心の真ん中 熱くなる 帰れない 帰れない 何があっても 帰れない 夢の破片を もう一度 つなぎ合わせる ビルの影 風の街 風の街 夢を落とした 風の街  待っててくれる あの女の 面影浮かべて 詫びる夜 帰らない 帰らない 夢も半端じゃ 帰らない ひとり飲み干す 缶ビール 胸にしみ込む ほろにがさ 風の街 風の街 今は逢えない 風の街  からだ気づかう おふくろの 留守電 何度も 聞き返す 帰れない 帰れない 泣いてこのまま 帰れない ひとり 夜空を 見上げれば 雲の切れ間に 星ひとつ 風の街 風の街 明日を夢見る 風の街 
悲しき瞳星くずが ひとつ流れて 想い出す 遠い恋よ やさしさの 意味も知らず 愛をこわした あの季節 あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳  愛だけを 君はほしがり 夢ばかり 僕はもとめ すれちがう 時の中で ふたり いつしか離れてた あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳  若すぎて まよう季節を 青春と 人は呼ぶよ 今ならば 強く抱いて 二度と 離しはしないのに あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳岩出和也田久保真見Steve Mirkin伊戸のりお星くずが ひとつ流れて 想い出す 遠い恋よ やさしさの 意味も知らず 愛をこわした あの季節 あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳  愛だけを 君はほしがり 夢ばかり 僕はもとめ すれちがう 時の中で ふたり いつしか離れてた あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳  若すぎて まよう季節を 青春と 人は呼ぶよ 今ならば 強く抱いて 二度と 離しはしないのに あいたい 君のまぼろしと 今夜おどろうか あいたい ずっと わすれない 君の悲しき あの瞳
絆雪しばれるはずの 雪なのに おまえがいれば あたたかい 春まだ浅い 北国の しあわせ探す 道の駅 連れて来たのさ 俺のふるさとへ 二人にはらはら 絆雪  もたれて眠る 細い肩 子供に戻り おやすみよ 都会の傷を せせらぎが 洗ってくれる 清らかに こころ裸で 俺に飛び込めよ 涙を拭えと 絆雪  はるかに続く 白い道 明日に向かい 歩き出す 大事な愛を 急がずに 育ててゆくよ この町で やがて花咲く 俺のふるさとも 空からさだめの 絆雪岩出和也石原信一岡千秋伊戸のりおしばれるはずの 雪なのに おまえがいれば あたたかい 春まだ浅い 北国の しあわせ探す 道の駅 連れて来たのさ 俺のふるさとへ 二人にはらはら 絆雪  もたれて眠る 細い肩 子供に戻り おやすみよ 都会の傷を せせらぎが 洗ってくれる 清らかに こころ裸で 俺に飛び込めよ 涙を拭えと 絆雪  はるかに続く 白い道 明日に向かい 歩き出す 大事な愛を 急がずに 育ててゆくよ この町で やがて花咲く 俺のふるさとも 空からさだめの 絆雪
北ターミナル夜間飛行に 決めたのは 闇が涙を 隠すから 翼行き交う 滑走路 どこへ哀しみ 運ぶのか この愛ひとすじ つらぬけば あなたをきっと 苦しめる さよなら さよなら 恋人よ 夢がちぎれる 雪にちぎれる 北のターミナル  女ひとりの 旅立ちは 軽い荷物が せつなくて 胸のすきまを 吹きぬける 風の痛みに 耐えるだけ 別れの言葉が 言えなくて あなたをだまし 行くけれど さよなら さよなら 恋人よ 春が逃げてく 明日(あす)が逃げてく 北のターミナル  夜空を越えても この愛は あなたの影を 追うけれど さよなら さよなら 恋人よ 灯り遠のく 白く遠のく 北のターミナル岩出和也石原信一徳久広司夜間飛行に 決めたのは 闇が涙を 隠すから 翼行き交う 滑走路 どこへ哀しみ 運ぶのか この愛ひとすじ つらぬけば あなたをきっと 苦しめる さよなら さよなら 恋人よ 夢がちぎれる 雪にちぎれる 北のターミナル  女ひとりの 旅立ちは 軽い荷物が せつなくて 胸のすきまを 吹きぬける 風の痛みに 耐えるだけ 別れの言葉が 言えなくて あなたをだまし 行くけれど さよなら さよなら 恋人よ 春が逃げてく 明日(あす)が逃げてく 北のターミナル  夜空を越えても この愛は あなたの影を 追うけれど さよなら さよなら 恋人よ 灯り遠のく 白く遠のく 北のターミナル
北のとまり木とまり木づたいに 女は来たという ボストンバッグに 過去(むかし)を詰めこんで 冬の終わりの 港町 薄いコートじゃ 寒かろに どこか寂しい 横顔みせて あおる火の酒 北のとまり木  おんなじ匂いの 似た者同士だと 慣れない手つきで チロリの酒を酌(つ)ぐ 泣いているよな すきま風 不幸つづきの 細い肩 そっと隠した 指環のあとが やけにせつない 北のとまり木  凍てつくガラスの 窓には暗い海 轟(とどろ)く海鳴り 夢さえ遠ざかる 桜舞い散る 季節まで ここにいたいと 微笑(わら)う女(ひと) 俺のこころに ランプのように 揺れる恋灯(ともしび) 北のとまり木岩出和也仁井谷俊也徳久広司南郷達也とまり木づたいに 女は来たという ボストンバッグに 過去(むかし)を詰めこんで 冬の終わりの 港町 薄いコートじゃ 寒かろに どこか寂しい 横顔みせて あおる火の酒 北のとまり木  おんなじ匂いの 似た者同士だと 慣れない手つきで チロリの酒を酌(つ)ぐ 泣いているよな すきま風 不幸つづきの 細い肩 そっと隠した 指環のあとが やけにせつない 北のとまり木  凍てつくガラスの 窓には暗い海 轟(とどろ)く海鳴り 夢さえ遠ざかる 桜舞い散る 季節まで ここにいたいと 微笑(わら)う女(ひと) 俺のこころに ランプのように 揺れる恋灯(ともしび) 北のとまり木
北フェリー白い波間に 指輪を投げて 過去(むかし)をすてたと ふるえる人よ 傷ついた 都会の暮らし 俺が忘れさせてやる 北行きフェリー おまえを抱けば ああ 海峡越しに 陽が沈む  なぶる潮風 コートでかばい 生きてく望みの くちづけ交わす 振り向けば 今日までふたり 長いまわり道だった 北行きフェリー 涙の霧か ああ 海猫鳴いて 恋が行く  たどり着く町 夢見て眠れ 静かな港が 迎えてくれる 今度こそ 幸せ探す 明日がきっとあるだろう 北行きフェリー 悲しみ越えて ああ 海峡の果て 陽が昇る 岩出和也石原信一徳久広司伊戸のりお白い波間に 指輪を投げて 過去(むかし)をすてたと ふるえる人よ 傷ついた 都会の暮らし 俺が忘れさせてやる 北行きフェリー おまえを抱けば ああ 海峡越しに 陽が沈む  なぶる潮風 コートでかばい 生きてく望みの くちづけ交わす 振り向けば 今日までふたり 長いまわり道だった 北行きフェリー 涙の霧か ああ 海猫鳴いて 恋が行く  たどり着く町 夢見て眠れ 静かな港が 迎えてくれる 今度こそ 幸せ探す 明日がきっとあるだろう 北行きフェリー 悲しみ越えて ああ 海峡の果て 陽が昇る 
君恋酒君恋酒を 飲む夜は 胸がせつない心が…心が痛い 好きで別れた 女ゆえに 遠くなるほど 逢いたくて… 愛し…愛し…愛し君の名 今宵また呼ぶ  君恋酒に ほろほろと 酔って爪弾くみれんの…みれんのギター 恋のさだめか はかなきは 花のいのちか 短きは… 夢の…夢の…夢の無情が そぞろ身にしむ  君恋酒よ 火の酒よ 夢で逢うのもこの世の…この世の罪か 紅きくちびる 忘られず 男泣きする 影法師 ひとり…ひとり…ひとり明日は 旅に出ようか 岩出和也水木れいじ水森英夫前田俊明君恋酒を 飲む夜は 胸がせつない心が…心が痛い 好きで別れた 女ゆえに 遠くなるほど 逢いたくて… 愛し…愛し…愛し君の名 今宵また呼ぶ  君恋酒に ほろほろと 酔って爪弾くみれんの…みれんのギター 恋のさだめか はかなきは 花のいのちか 短きは… 夢の…夢の…夢の無情が そぞろ身にしむ  君恋酒よ 火の酒よ 夢で逢うのもこの世の…この世の罪か 紅きくちびる 忘られず 男泣きする 影法師 ひとり…ひとり…ひとり明日は 旅に出ようか 
くすり指女ひとりで 生きてきた 荒れた指さき 引き寄せる こころに同じ 淋しさを 抱いて出逢った さむい夜 しあわせなんて しあわせなんて 忘れた言葉 思いだす  春に溶けだす 雪のよに 消えてゆくのか 哀しみも お前と眠る ぬくもりに なぜか涙が ふと落ちる 人間なんて 所詮一人と ひねくれ者の 俺だった  いつかお前の くすり指 愛を飾って やりたいよ ころがり落ちた 坂道を そっとふたりで のぼりたい しあわせなんて しあわせなんて 信じてみたい もう一度岩出和也田久保真見樋口義高伊戸のりお女ひとりで 生きてきた 荒れた指さき 引き寄せる こころに同じ 淋しさを 抱いて出逢った さむい夜 しあわせなんて しあわせなんて 忘れた言葉 思いだす  春に溶けだす 雪のよに 消えてゆくのか 哀しみも お前と眠る ぬくもりに なぜか涙が ふと落ちる 人間なんて 所詮一人と ひねくれ者の 俺だった  いつかお前の くすり指 愛を飾って やりたいよ ころがり落ちた 坂道を そっとふたりで のぼりたい しあわせなんて しあわせなんて 信じてみたい もう一度
恋灯り左手指輪の 白い跡 どこではぐれた 幸せに 咲いて哀しい こぼれ花 無理に…無理に微笑む いじらしさ 酒にほろ酔う 恋灯り  過去(むかし)のことなど 忘れたと 潤(うる)む睫毛(まつげ)が せつなくて 夜が静かに 過ぎて行く 帰し…帰したくない 帰さない 店の灯りが また揺れる  好きだとひと言 言えなくて そっと寄り添う 肩の先 匂い優しい ほつれ髪 抱いて…抱いてやりたい 心ごと 夢にほろ酔う 恋灯り岩出和也麻こよみ弦哲也南郷達也左手指輪の 白い跡 どこではぐれた 幸せに 咲いて哀しい こぼれ花 無理に…無理に微笑む いじらしさ 酒にほろ酔う 恋灯り  過去(むかし)のことなど 忘れたと 潤(うる)む睫毛(まつげ)が せつなくて 夜が静かに 過ぎて行く 帰し…帰したくない 帰さない 店の灯りが また揺れる  好きだとひと言 言えなくて そっと寄り添う 肩の先 匂い優しい ほつれ髪 抱いて…抱いてやりたい 心ごと 夢にほろ酔う 恋灯り
神戸の女雨の神戸で 女がひとり 濡れて凍える トレンチコート 誘う男に この身あずけて あなた忘れて しまいたい 淋(さび)しくて 淋(さび)しくて 誰か…分かって 泣いてるような 港町あかり  あの日はぐれた あなたに似てる そんな背中を さがしてしまう 今も私は ふたり暮らした 街であなたを 待っている 哀しくて 哀しくて どうか…助けて 波止場に一羽 白い冬カモメ  雨の神戸で 窓辺にもたれ 床に落とした トレンチコート あつい素肌に ひとみ閉じれば それが誰でも あなたなの 逢いたくて 逢いたくて 夢で…いいから 吐息の海で 部屋は船になる岩出和也田久保真見弦哲也南郷達也雨の神戸で 女がひとり 濡れて凍える トレンチコート 誘う男に この身あずけて あなた忘れて しまいたい 淋(さび)しくて 淋(さび)しくて 誰か…分かって 泣いてるような 港町あかり  あの日はぐれた あなたに似てる そんな背中を さがしてしまう 今も私は ふたり暮らした 街であなたを 待っている 哀しくて 哀しくて どうか…助けて 波止場に一羽 白い冬カモメ  雨の神戸で 窓辺にもたれ 床に落とした トレンチコート あつい素肌に ひとみ閉じれば それが誰でも あなたなの 逢いたくて 逢いたくて 夢で…いいから 吐息の海で 部屋は船になる
木洩れ陽冬の木洩れ陽 おまえにそそぐ 俺の胸にも 降りそそぐ 振り向けば 夢の跡 寒がり同士の めぐり逢い わずかな陽射しが あればいい 小さな幸せ おまえと おまえと おまえとふたり  すぐに泣き顔 涙の癖を 早く笑顔に させたくて 誰にでも 過去がある 震える肩先 抱き寄せた わずかな陽射しの あたたかさ 探していたんだ おまえと おまえと おまえとふたり  冬の木洩れ陽 ぬくもり分けて 春の訪れ 待ちながら 約束の 指輪より やすらぐ心が あればいい わずかな陽射しに 包まれて みつけた幸せ おまえと おまえと おまえとふたり岩出和也石原信一弦哲也南郷達也冬の木洩れ陽 おまえにそそぐ 俺の胸にも 降りそそぐ 振り向けば 夢の跡 寒がり同士の めぐり逢い わずかな陽射しが あればいい 小さな幸せ おまえと おまえと おまえとふたり  すぐに泣き顔 涙の癖を 早く笑顔に させたくて 誰にでも 過去がある 震える肩先 抱き寄せた わずかな陽射しの あたたかさ 探していたんだ おまえと おまえと おまえとふたり  冬の木洩れ陽 ぬくもり分けて 春の訪れ 待ちながら 約束の 指輪より やすらぐ心が あればいい わずかな陽射しに 包まれて みつけた幸せ おまえと おまえと おまえとふたり
五月のバラ五月 この僕が帰るまばゆい五月 赤いバラは 想い出のバラは 君の庭に 咲くだろうか 水を花びらにあげて 涙の水を 恋のバラに 悲しみのバラに 君の白い ほほよせて  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために  五月 花ひらきめぐる二人の五月 赤いバラを 美しいバラを 僕のもとに とどけておくれ 花にくちびるをよせて 二人の花に 恋の夢を 消え去らぬ夢を 追い求める 一人泣いて  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために 別れる君と 僕のために岩出和也なかにし礼川口真若草恵五月 この僕が帰るまばゆい五月 赤いバラは 想い出のバラは 君の庭に 咲くだろうか 水を花びらにあげて 涙の水を 恋のバラに 悲しみのバラに 君の白い ほほよせて  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために  五月 花ひらきめぐる二人の五月 赤いバラを 美しいバラを 僕のもとに とどけておくれ 花にくちびるをよせて 二人の花に 恋の夢を 消え去らぬ夢を 追い求める 一人泣いて  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために  忘れないで 忘れないで 時は流れすぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と 僕のために 別れる君と 僕のために
ごめんよ風が冷たく 落ち葉を揺らし 男の心を せつなくさせる ばかな男さ 幸せを 捨ててしまった あの時 ごめんよ 別れの 言葉も言わず ごめんよ おまえに 背中向けた夜  俺の心の 傷跡さえも いつでも笑顔で 包んでくれた ばかな男の 身勝手を 今も悔んで いるのさ ごめんよ おまえに 甘えてばかり ごめんよ せつなく しみる街灯り  俺のことなど 忘れただろか 誰かと幸せ みつけただろか ばかな男さ 目を閉じて そっと浮かべる 面影 ごめんよ も一度 会えたらきっと ごめんよ おまえを 二度と離さない  ごめんよ も一度 会えたらきっと ごめんよ おまえを 二度と離さない岩出和也麻こよみ桧原さとし前田俊明風が冷たく 落ち葉を揺らし 男の心を せつなくさせる ばかな男さ 幸せを 捨ててしまった あの時 ごめんよ 別れの 言葉も言わず ごめんよ おまえに 背中向けた夜  俺の心の 傷跡さえも いつでも笑顔で 包んでくれた ばかな男の 身勝手を 今も悔んで いるのさ ごめんよ おまえに 甘えてばかり ごめんよ せつなく しみる街灯り  俺のことなど 忘れただろか 誰かと幸せ みつけただろか ばかな男さ 目を閉じて そっと浮かべる 面影 ごめんよ も一度 会えたらきっと ごめんよ おまえを 二度と離さない  ごめんよ も一度 会えたらきっと ごめんよ おまえを 二度と離さない
咲いてみないかもう一度久しぶりだね お前の笑顔 こころ揺さぶる 再会の街 泣いて別れた あの日から 少し大人に なれたよ俺も あれも夢なら これも夢 咲いてみないか もう一度 この俺に  グラス二杯で ほんのり紅い まるで桜の 花びらのよう 照れて恥じらう その仕草 涙知らない 昔のままさ 離したくない 愛してる 賭けてみないか もう一度 この恋に  そっと重ねる 手のぬくもりは 二度と切れない 二人の契り つらい思いの 年月は きっと今日から 取りかえそうね やっと出会えた 遅い春 咲いてみないか もう一度 この俺に岩出和也原文彦徳久広司南郷達也久しぶりだね お前の笑顔 こころ揺さぶる 再会の街 泣いて別れた あの日から 少し大人に なれたよ俺も あれも夢なら これも夢 咲いてみないか もう一度 この俺に  グラス二杯で ほんのり紅い まるで桜の 花びらのよう 照れて恥じらう その仕草 涙知らない 昔のままさ 離したくない 愛してる 賭けてみないか もう一度 この恋に  そっと重ねる 手のぬくもりは 二度と切れない 二人の契り つらい思いの 年月は きっと今日から 取りかえそうね やっと出会えた 遅い春 咲いてみないか もう一度 この俺に
さくらの頃に寒空夜空の 星くずなのか お前も俺も あの頃も ふたりで旅する はずだった 笑顔でとなりに いるはずだった さくらさくら 桜の頃へ帰りたい 今では遠い 夢だけど  果たさず仕舞の 約束がある 返さぬままの 借りもある いつでも自分を あとまわし 苦労をかくして 癒してくれた さくらさくら 桜の頃は想い出す お前の涙 散るようで  こころの真ン中 風吹くあたり お前が今も いるようだ あの頃無理でも 今ならば 幸せ一輪 咲かせてやれる さくらさくら 桜の頃は淋し気に お前がいない 春が来る岩出和也里村龍一徳久広司南郷達也寒空夜空の 星くずなのか お前も俺も あの頃も ふたりで旅する はずだった 笑顔でとなりに いるはずだった さくらさくら 桜の頃へ帰りたい 今では遠い 夢だけど  果たさず仕舞の 約束がある 返さぬままの 借りもある いつでも自分を あとまわし 苦労をかくして 癒してくれた さくらさくら 桜の頃は想い出す お前の涙 散るようで  こころの真ン中 風吹くあたり お前が今も いるようだ あの頃無理でも 今ならば 幸せ一輪 咲かせてやれる さくらさくら 桜の頃は淋し気に お前がいない 春が来る
さすらい譜男は初めて 愛した女(ひと)を かくしているのさ ポケットに 地図さえ持たずに 旅をして 最後は故郷に 似ている町か ひとり ひとり 誰かがひとりいればいい 孤独な夢の 道づれに  斜めに暮れゆく 都会の日暮れ 夕陽が身にしむ 風の街 探しているのは 面影の 優しいあの娘に 似ている女(ひと)か 遠い 遠い 今では遠いふる里よ 旅路の駅で しのぶ町  失くして気がつく 愛もある 振り向きゃ切ない 想い出ばかり 風に 風に 散らした夢は幾つある 明日(あした)も旅は まだ続く岩出和也里村龍一徳久広司南郷達也男は初めて 愛した女(ひと)を かくしているのさ ポケットに 地図さえ持たずに 旅をして 最後は故郷に 似ている町か ひとり ひとり 誰かがひとりいればいい 孤独な夢の 道づれに  斜めに暮れゆく 都会の日暮れ 夕陽が身にしむ 風の街 探しているのは 面影の 優しいあの娘に 似ている女(ひと)か 遠い 遠い 今では遠いふる里よ 旅路の駅で しのぶ町  失くして気がつく 愛もある 振り向きゃ切ない 想い出ばかり 風に 風に 散らした夢は幾つある 明日(あした)も旅は まだ続く
錆びた合鍵左に時計 まわしても 昨日に人は 帰れない 西日の小部屋 鉢植えの花 おまえの手料理 ひとつのベッド なにげない 幸せを 若さで逆らい 傷つけた あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 捨てられなくて 見上げる三日月 胸を刺す  まぶたの奥に 憶えてる ふたりの名前 書いたドア 誕生日には ワインを買った おまえは紅く その頬そめた なにげない 幸せを 若さで逆らい 手放した あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 心でわびて 想い出訪ねる 夢の中  なにげない 幸せを 若さで逆らい 傷つけた あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 おまえは誰と 暮らしているのか 幸せか岩出和也石原信一徳久広司左に時計 まわしても 昨日に人は 帰れない 西日の小部屋 鉢植えの花 おまえの手料理 ひとつのベッド なにげない 幸せを 若さで逆らい 傷つけた あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 捨てられなくて 見上げる三日月 胸を刺す  まぶたの奥に 憶えてる ふたりの名前 書いたドア 誕生日には ワインを買った おまえは紅く その頬そめた なにげない 幸せを 若さで逆らい 手放した あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 心でわびて 想い出訪ねる 夢の中  なにげない 幸せを 若さで逆らい 傷つけた あれから あれから あれから… 錆びた合鍵 おまえは誰と 暮らしているのか 幸せか
幸せ二人で別れたあの日から 何年過ぎても 変わっちゃいないね お前の片えくぼ ふたり愛した 遠いあの日のことは 胸の中から 消えたりはしない 悲しみは忘れて… 幸せ二人で  哀しい運命(さだめ)から 守ってやれずに 苦労だけさせたね 許しておくれ やっと逢えたね いつも心に浮かべ 決してお前を 棄てたわけじゃない 今ならば言えるよ… 幸せ二人で  流したその涙 明日(あした)の笑顔に この俺が変えると 約束してあげる 細い襟足 そっと唇よせて 今もお前は 俺の宝物 大切にするから… 幸せ二人で岩出和也藤竜之介藤竜之介南郷達也別れたあの日から 何年過ぎても 変わっちゃいないね お前の片えくぼ ふたり愛した 遠いあの日のことは 胸の中から 消えたりはしない 悲しみは忘れて… 幸せ二人で  哀しい運命(さだめ)から 守ってやれずに 苦労だけさせたね 許しておくれ やっと逢えたね いつも心に浮かべ 決してお前を 棄てたわけじゃない 今ならば言えるよ… 幸せ二人で  流したその涙 明日(あした)の笑顔に この俺が変えると 約束してあげる 細い襟足 そっと唇よせて 今もお前は 俺の宝物 大切にするから… 幸せ二人で
人生人を愛して そむかれて それでも私は 生きつづける 雨に打たれ 風に打たれ 命果てるまで 愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい  明日(あす)は夜明けの 日が昇る 私は信じた 道を行くだけ 熱い涙 つきることなく 燃えるこの胸は 愛する人が いる限り 私は 歌いつづけたい  雨に打たれ 風に打たれ 命果てるまで 愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい  愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい岩出和也四方章人四方章人杉山ユカリ人を愛して そむかれて それでも私は 生きつづける 雨に打たれ 風に打たれ 命果てるまで 愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい  明日(あす)は夜明けの 日が昇る 私は信じた 道を行くだけ 熱い涙 つきることなく 燃えるこの胸は 愛する人が いる限り 私は 歌いつづけたい  雨に打たれ 風に打たれ 命果てるまで 愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい  愛する歌が ある限り 私は 歌いつづけたい
黄昏に愛を…醒(さ)めない 夢でいい 明日を 見たくないわ いとしい刻(とき)よ このままで あなたの胸に 寄り添いたくて あゝ揺れて揺れて 燃えてゆく 消える心 知りながら とまどい隠した 暮れゆく街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…  幸せ 掴(つか)めない 昨日が 逃げてゆくわ さよなら告げる その前に 煌(きら)めく日々の 記憶がよぎる あゝ泣いて泣いて 焦がれゆく 募(つの)る想い 溢(あふ)れては 哀しみ漂う 風立つ街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…  あゝ揺れて揺れて 燃えてゆく 消える心 知りながら とまどい隠した 暮れゆく街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…岩出和也城岡れいひうら一帆松井忠重醒(さ)めない 夢でいい 明日を 見たくないわ いとしい刻(とき)よ このままで あなたの胸に 寄り添いたくて あゝ揺れて揺れて 燃えてゆく 消える心 知りながら とまどい隠した 暮れゆく街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…  幸せ 掴(つか)めない 昨日が 逃げてゆくわ さよなら告げる その前に 煌(きら)めく日々の 記憶がよぎる あゝ泣いて泣いて 焦がれゆく 募(つの)る想い 溢(あふ)れては 哀しみ漂う 風立つ街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…  あゝ揺れて揺れて 燃えてゆく 消える心 知りながら とまどい隠した 暮れゆく街角 呼んでる 黄昏(たそがれ)に愛を…
つばめが帰る頃あかね雲行く 空の道 鳥は覚えて いるという 若い季節は 夢ばかり 愛がわからず 旅に出た ああ つばめが 帰って来る頃さ ほのかなやすらぎ おまえにみつけたよ  ふたり暮らした あの部屋の 鍵は失くさず あるという そんなおまえの いじらしさ 胸にやさしく 灯をともす ああ つばめが ひな鳥かばうよに 小さな幸せ おまえを守りたい  つらい思いを させたのに なにも言わずに 許すのか 寒い都会を 飛びまわり 戻るふるさと 知らされた ああ つばめが 帰って来る頃さ この手に抱きしめ おまえを離さない岩出和也石原信一弦哲也南郷達也あかね雲行く 空の道 鳥は覚えて いるという 若い季節は 夢ばかり 愛がわからず 旅に出た ああ つばめが 帰って来る頃さ ほのかなやすらぎ おまえにみつけたよ  ふたり暮らした あの部屋の 鍵は失くさず あるという そんなおまえの いじらしさ 胸にやさしく 灯をともす ああ つばめが ひな鳥かばうよに 小さな幸せ おまえを守りたい  つらい思いを させたのに なにも言わずに 許すのか 寒い都会を 飛びまわり 戻るふるさと 知らされた ああ つばめが 帰って来る頃さ この手に抱きしめ おまえを離さない
東京陽炎ビルの谷間に 塵(ちり)が舞い 街はつかの間 蜃気楼(しんきろう) 愛にはぐれた 鳥の様に 帰る寝床(ねどこ)も 今はない 東京陽炎 面影ゆらり 東京陽炎 悲しみが立ち昇る こんな‥都会の片隅で あなたの残り香 探してる  指の間を すり抜ける 砂に似ている 幸せよ こころ素直に 抱き合って どこであなたを 傷つけた 東京陽炎 幻(まぼろし)きらり 東京陽炎 優しさが逃げてゆく こんな‥都会の真ん中で あなたに逢える日 夢みてる  東京陽炎 面影ゆらり 東京陽炎 悲しみが立ち昇る こんな‥都会の片隅で あなたの残り香 探してる岩出和也城岡れい杉本眞人矢野立美ビルの谷間に 塵(ちり)が舞い 街はつかの間 蜃気楼(しんきろう) 愛にはぐれた 鳥の様に 帰る寝床(ねどこ)も 今はない 東京陽炎 面影ゆらり 東京陽炎 悲しみが立ち昇る こんな‥都会の片隅で あなたの残り香 探してる  指の間を すり抜ける 砂に似ている 幸せよ こころ素直に 抱き合って どこであなたを 傷つけた 東京陽炎 幻(まぼろし)きらり 東京陽炎 優しさが逃げてゆく こんな‥都会の真ん中で あなたに逢える日 夢みてる  東京陽炎 面影ゆらり 東京陽炎 悲しみが立ち昇る こんな‥都会の片隅で あなたの残り香 探してる
トウキョウみなと愛に別れた 男がひとり 愛をほしがる 女がひとり ネオンの波間に うみほたる もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと 恋は寝たふり 褪めたふり さみしがりやの トウキョウみなと  過去を捨てたい 男がひとり 過去に生きてる 女がひとり 似たものどうしは 貝になる もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと とべぬカモメが 寄り添えば 仮りの温もり トウキョウみなと  夢に疲れた 男がひとり 夢を夢みる 女がひとり グラスに夜明けの 海がある もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと 青いまつ毛の 岸辺から 涙ひとすじ トウキョウみなと岩出和也高畠じゅん子岡千秋石倉重信愛に別れた 男がひとり 愛をほしがる 女がひとり ネオンの波間に うみほたる もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと 恋は寝たふり 褪めたふり さみしがりやの トウキョウみなと  過去を捨てたい 男がひとり 過去に生きてる 女がひとり 似たものどうしは 貝になる もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと とべぬカモメが 寄り添えば 仮りの温もり トウキョウみなと  夢に疲れた 男がひとり 夢を夢みる 女がひとり グラスに夜明けの 海がある もぅいいかい まだだよ トウキョウみなと 青いまつ毛の 岸辺から 涙ひとすじ トウキョウみなと
都会の迷子夕陽が街角 染める頃 今日も人ごみに 姿捜してる ふたりが別れた 理由(わけ)さえも 何故か 思い出せなくて 帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子  忘れた振りして いるけれど 今日も街灯り いつかにじんでる あなたを想えば 長い夜 淋しさ 今も馴れなくて… 愛して愛された 月日は確かに そうよ二人に あったはずなのに いつの間にこの手から こぼれた幸せ わたし都会の 迷子  帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子岩出和也かず翼田尾将実矢野立美夕陽が街角 染める頃 今日も人ごみに 姿捜してる ふたりが別れた 理由(わけ)さえも 何故か 思い出せなくて 帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子  忘れた振りして いるけれど 今日も街灯り いつかにじんでる あなたを想えば 長い夜 淋しさ 今も馴れなくて… 愛して愛された 月日は確かに そうよ二人に あったはずなのに いつの間にこの手から こぼれた幸せ わたし都会の 迷子  帰れない届かない あなたの胸には せめても一度 抱いて欲しいのに この恋が終われずに 心は彷徨(さまよ)う わたし都会の 迷子
なかせ船しばし別れの 淋しさ辛さ 鳴いてくれるな かもめ鳥 出船のドラが 心をせかす 名残り惜しいは どちらも同じ 汽笛が身に沁む なかせ船  なまじ一日 伸ばしてみても 未練ごころが ままならぬ 潮路ははるか 入江はかすむ またの逢う日を 波間に書けば 波さえわびしい なかせ船  月よ照らすな 男の心 募る思いの やるせなさ しぶきを浴びて 灯影もぬれる 暗いデッキで まぶたを閉じりゃ 夜風が冷たい なかせ船岩出和也たきのえいじ四方章人石倉重信しばし別れの 淋しさ辛さ 鳴いてくれるな かもめ鳥 出船のドラが 心をせかす 名残り惜しいは どちらも同じ 汽笛が身に沁む なかせ船  なまじ一日 伸ばしてみても 未練ごころが ままならぬ 潮路ははるか 入江はかすむ またの逢う日を 波間に書けば 波さえわびしい なかせ船  月よ照らすな 男の心 募る思いの やるせなさ しぶきを浴びて 灯影もぬれる 暗いデッキで まぶたを閉じりゃ 夜風が冷たい なかせ船
なごり酒(女性バージョン)呑んでは駄目よと 叱って欲しい あなたお願い そばにきて 雨がそぼ降る こんな夜は お酒が呼ぶのよ 酔わせてくれるのよ 指が淋しい なごり酒  冷たい仕打ちに 泣かされました だめね それでも憎めない すがりつきたい 忘れない 尽して捧げた 女のまごころに 沁みて切ない なごり酒  あなたに私は 重荷でしょうか ばかね 未練ね 泣き虫ね 呑めば呑む程 逢いたくて 今でもうずくの 心の傷あとが ひとり女の なごり酒岩出和也たきのえいじ四方章人石倉重信呑んでは駄目よと 叱って欲しい あなたお願い そばにきて 雨がそぼ降る こんな夜は お酒が呼ぶのよ 酔わせてくれるのよ 指が淋しい なごり酒  冷たい仕打ちに 泣かされました だめね それでも憎めない すがりつきたい 忘れない 尽して捧げた 女のまごころに 沁みて切ない なごり酒  あなたに私は 重荷でしょうか ばかね 未練ね 泣き虫ね 呑めば呑む程 逢いたくて 今でもうずくの 心の傷あとが ひとり女の なごり酒
春待ち川幸せに なりたいな ほんの少しだけ 言ったおまえの 横顔に泣けたよ 冬の日ばかりが あるんじゃないよと 抱いてやりたい ちいさな肩を 春よ来い 春よ来い 春待ち川に来い  悲しみを 数えたら きりがないわねと 涙まじりの 溜息がいとしい おまえの過去など 欲しくはないから 心温(ぬく)める お酒をついで 春よ来い 春よ来い 花びら飛んで来い  ひとつでも 願い事 もしも叶うなら 連れて行きたい ふるさとにおまえを ひなびた田舎は なんにもないけど 笑顔ぐらいは あげられるから 春よ来い 春よ来い 春待ち川に来い岩出和也石原信一弦哲也南郷達也幸せに なりたいな ほんの少しだけ 言ったおまえの 横顔に泣けたよ 冬の日ばかりが あるんじゃないよと 抱いてやりたい ちいさな肩を 春よ来い 春よ来い 春待ち川に来い  悲しみを 数えたら きりがないわねと 涙まじりの 溜息がいとしい おまえの過去など 欲しくはないから 心温(ぬく)める お酒をついで 春よ来い 春よ来い 花びら飛んで来い  ひとつでも 願い事 もしも叶うなら 連れて行きたい ふるさとにおまえを ひなびた田舎は なんにもないけど 笑顔ぐらいは あげられるから 春よ来い 春よ来い 春待ち川に来い
陽だまりの花どんな夢より 幸せよりも おまえがそばに いればいい 傷つくだけの この街で か細い指が 心に触れた 俺の痛みを わかるかい 泣けてくるのさ おまえがいればいい  まるでふるさと 帰ったような おまえの隣 眠りたい 雪解け水の せせらぎが 体を寄せて 聞こえてくるよ 俺の寒さが 消えてゆく なにもいらない おまえがいればいい  指輪なんかは 欲しくはないと おまえは瞳 うるませる わずかな冬の 陽だまりを 探してやっと みつけた花さ 俺を信じて くれるかい たった一人の おまえがいればいい岩出和也石原信一弦哲也南郷達也どんな夢より 幸せよりも おまえがそばに いればいい 傷つくだけの この街で か細い指が 心に触れた 俺の痛みを わかるかい 泣けてくるのさ おまえがいればいい  まるでふるさと 帰ったような おまえの隣 眠りたい 雪解け水の せせらぎが 体を寄せて 聞こえてくるよ 俺の寒さが 消えてゆく なにもいらない おまえがいればいい  指輪なんかは 欲しくはないと おまえは瞳 うるませる わずかな冬の 陽だまりを 探してやっと みつけた花さ 俺を信じて くれるかい たった一人の おまえがいればいい
港町ものがたり港町花まつり 灯りがゆれて どこかで誰かが 誘ってる 赤色ワインは 口説きのお酒 ひとくち飲んだら 決まりとか ヨコハマ ヨコハマ ちょっとゆらめく 恋の町  港町雪明り 汽笛のかげで 身をやく女が ひとりいる 一度は切れても また結ばれる 黒ユリ伝説 待ちわびる ハコダテ ハコダテ ちょっと泣かせる なみだ歌  港町流れ星 願いをかける 男と女の しのび逢い ふたりでいるのが 不思議と言えば 今夜は抱いてと 影法師 ナガサキ ナガサキ ちょっとせつない 恋の町 岩出和也建石一徳久広司港町花まつり 灯りがゆれて どこかで誰かが 誘ってる 赤色ワインは 口説きのお酒 ひとくち飲んだら 決まりとか ヨコハマ ヨコハマ ちょっとゆらめく 恋の町  港町雪明り 汽笛のかげで 身をやく女が ひとりいる 一度は切れても また結ばれる 黒ユリ伝説 待ちわびる ハコダテ ハコダテ ちょっと泣かせる なみだ歌  港町流れ星 願いをかける 男と女の しのび逢い ふたりでいるのが 不思議と言えば 今夜は抱いてと 影法師 ナガサキ ナガサキ ちょっとせつない 恋の町 
むらさき夜曲黄昏を包むように 降り出した雨が 小窓にこぼれて 紫(むらさき)けむる ひそかな隠(かく)れ家(が) レトロな倶楽部(くらぶ) 激しいギターに 骨までしびれてる 君と踊ろう今夜 ときめくままに 指先からめて 薔薇より鮮やかに 誘い誘われ恋心 ゆれてゆられて夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥しのび愛 むらさき夜曲(セレナーデ)  襟足を撫でるように ため息でそっと 最後のためらい 崩してみたい いつもの隠(かく)れ家(が) 大人の倶楽部(くらぶ) 真紅のワインに 哀しみしずめたら 君が欲しいよ今夜 求めるままに 男と女が 夜半(しじま)に溶けてゆく 誘い誘われ恋心 酔って酔わせて夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かさね愛 むらさき夜曲(セレナーデ)  君をさらって今夜 どこかへ逃げる はかない妄想(まぼろし) 夜明けが消してゆく 誘い誘われ恋心 燃えて燃やして夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かくれ愛 むらさき夜曲(セレナーデ)岩出和也城岡れい杉本眞人矢野立美黄昏を包むように 降り出した雨が 小窓にこぼれて 紫(むらさき)けむる ひそかな隠(かく)れ家(が) レトロな倶楽部(くらぶ) 激しいギターに 骨までしびれてる 君と踊ろう今夜 ときめくままに 指先からめて 薔薇より鮮やかに 誘い誘われ恋心 ゆれてゆられて夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥しのび愛 むらさき夜曲(セレナーデ)  襟足を撫でるように ため息でそっと 最後のためらい 崩してみたい いつもの隠(かく)れ家(が) 大人の倶楽部(くらぶ) 真紅のワインに 哀しみしずめたら 君が欲しいよ今夜 求めるままに 男と女が 夜半(しじま)に溶けてゆく 誘い誘われ恋心 酔って酔わせて夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かさね愛 むらさき夜曲(セレナーデ)  君をさらって今夜 どこかへ逃げる はかない妄想(まぼろし) 夜明けが消してゆく 誘い誘われ恋心 燃えて燃やして夢心 Ah(ああ)・Ah(ああ)‥かくれ愛 むらさき夜曲(セレナーデ)
やすらぎの酒場夜更けの 店の灯りの寂しさに 男心が つらくなる そっと揺らした グラスには 夢の破片(かけら)だけ 今夜は なぜか帰りたくない 冷たい部屋に 酒を静かに 注ぐ女(ひと)の 微笑(ほほえみ)が沁みるよ やすらぎの酒場  まぶたに 過ぎた月日を浮かべれば むせぶ煙草の ほろにがさ 人を傷つけ 傷ついて 悔やむことばかり 今夜は なぜか帰りたくない こぼれる吐息 むかし愛した あの女(ひと)に 横顔が似ている やすらぎの酒場  今夜は なぜか帰りたくない 冷たい部屋に 酒を静かに 注ぐ女(ひと)の 微笑(ほほえみ)が沁みるよ やすらぎの酒場岩出和也麻こよみ叶弦大前田俊明夜更けの 店の灯りの寂しさに 男心が つらくなる そっと揺らした グラスには 夢の破片(かけら)だけ 今夜は なぜか帰りたくない 冷たい部屋に 酒を静かに 注ぐ女(ひと)の 微笑(ほほえみ)が沁みるよ やすらぎの酒場  まぶたに 過ぎた月日を浮かべれば むせぶ煙草の ほろにがさ 人を傷つけ 傷ついて 悔やむことばかり 今夜は なぜか帰りたくない こぼれる吐息 むかし愛した あの女(ひと)に 横顔が似ている やすらぎの酒場  今夜は なぜか帰りたくない 冷たい部屋に 酒を静かに 注ぐ女(ひと)の 微笑(ほほえみ)が沁みるよ やすらぎの酒場
夜明けの酒場俺でいいなら 胸で泣きなよ 無理にお酒で 逃げないで 恋に破れた 傷跡は 時のしずくが 想い出にする 兄貴ぶるよな 柄じゃないけど 昔愛した 女(ひと)に似ている  遠慮するなよ ここでお休み 白いうなじを 横たえて つらい別れの 理由(わけ)なんて 鍵をかけたら 言わなくていい 俺の心が 急にうずくよ 痩せた肩先 触れてみたくて  どんな夜でも 朝は来るのさ 今は寒くて つらくても めぐる季節に 微笑みが いつか必ず 訪れるから 誰も悲しみ 抱いて生きてる 俺と夜明けの 旅に出ないか岩出和也石原信一岡千秋伊戸のりお俺でいいなら 胸で泣きなよ 無理にお酒で 逃げないで 恋に破れた 傷跡は 時のしずくが 想い出にする 兄貴ぶるよな 柄じゃないけど 昔愛した 女(ひと)に似ている  遠慮するなよ ここでお休み 白いうなじを 横たえて つらい別れの 理由(わけ)なんて 鍵をかけたら 言わなくていい 俺の心が 急にうずくよ 痩せた肩先 触れてみたくて  どんな夜でも 朝は来るのさ 今は寒くて つらくても めぐる季節に 微笑みが いつか必ず 訪れるから 誰も悲しみ 抱いて生きてる 俺と夜明けの 旅に出ないか
夜雨子夜降る雨は 私の涙 淋しく微笑(わら)った その名も夜雨子 出逢うのが 出逢うのが 遅すぎた 恋だから 雨にぬれた 細い肩 黙って哀しく 抱きしめる  あなたのそばに いられるならば すべてを捨てると 泣いてた夜雨子 つらいけど つらいけど 明日のない 恋だから 背中向けた この俺を うらんでくれたら それでいい  最終メトロ 改札口で 別れにも一度 振り向く夜雨子 涙だけ 涙だけ 置いてった 恋だから 言えなかった さよならが 夜霧にむせんで 俺を呼ぶ岩出和也かず翼田尾将実夜降る雨は 私の涙 淋しく微笑(わら)った その名も夜雨子 出逢うのが 出逢うのが 遅すぎた 恋だから 雨にぬれた 細い肩 黙って哀しく 抱きしめる  あなたのそばに いられるならば すべてを捨てると 泣いてた夜雨子 つらいけど つらいけど 明日のない 恋だから 背中向けた この俺を うらんでくれたら それでいい  最終メトロ 改札口で 別れにも一度 振り向く夜雨子 涙だけ 涙だけ 置いてった 恋だから 言えなかった さよならが 夜霧にむせんで 俺を呼ぶ
横浜暮色港灯りが 映しだす 恋にはぐれた この街を 指輪をながめた 帰り道 あの日おまえを 抱きしめた 帰っておいでよ 今もひとりなら 夢を揺らした 愛の横浜に  海を見下ろす ベンチには 風が枯葉を 運ぶだけ 悔やんでいるのさ わがままを 痩せたおまえを 泣かせたね 帰っておいでよ 涙そのままに ふたり暮らした 愛の横浜に  古い十字架 白い影 胸に面影 こみあげる 時間が昔に 戻るなら 二度とおまえを 離さない 帰っておいでよ 潮が満ちる頃 めぐり逢う街 愛の横浜に岩出和也石原信一徳久広司港灯りが 映しだす 恋にはぐれた この街を 指輪をながめた 帰り道 あの日おまえを 抱きしめた 帰っておいでよ 今もひとりなら 夢を揺らした 愛の横浜に  海を見下ろす ベンチには 風が枯葉を 運ぶだけ 悔やんでいるのさ わがままを 痩せたおまえを 泣かせたね 帰っておいでよ 涙そのままに ふたり暮らした 愛の横浜に  古い十字架 白い影 胸に面影 こみあげる 時間が昔に 戻るなら 二度とおまえを 離さない 帰っておいでよ 潮が満ちる頃 めぐり逢う街 愛の横浜に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Set Sail
  3. うれしいひなまつり
  4. オレンジ
  5. 怨み節

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×