歌詞を

ヘルプ

岩出和也の歌詞一覧リスト

38 曲中 1-38 曲を表示
2018年6月19日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
愛を消さないで岩出和也仁井谷俊也徳久広司夢をひととき見させたあとで
赤いハマナス岩出和也建石一徳久広司ひと冬遅れの噂を聞いて
遊び上手岩出和也田久保真見樋口義高きれいな指した男はいつも
あなたがそばにいた岩出和也石原信一弦哲也風に吹かれて振り向けばいつも
雨よ降れ岩出和也麻こよみ叶弦大酔って倒したグラスの酒が
小樽にて岩出和也伊藤美和徳久広司雪が舞い散る街に一人
男の大祭り ~だんじり岩出和也岩出和也岩出和也雨も小降りに夜が明けるころ
おまえに雨宿り岩出和也建石一徳久広司みつめないでと鏡の前で
おまえにやすらぎを岩出和也石原信一弦哲也幸せこぼれる指先みつめて
俺とお前の数え唄岩出和也里村龍一岡千秋一つひとりじゃ風さえ寒い
女のけじめ岩出和也里村龍一岡千秋男がひとり女がふたりどちらが
風の街岩出和也麻こよみ吉幾三沈む夕陽の真紅に
悲しき瞳岩出和也田久保真見Steve Mirkin星くずがひとつ流れて
絆雪岩出和也石原信一岡千秋しばれるはずの雪なのに
北ターミナル岩出和也石原信一徳久広司夜間飛行に決めたのは
北のとまり木岩出和也仁井谷俊也徳久広司とまり木づたいに女は来たと
北フェリー岩出和也石原信一徳久広司白い波間に指輪を投げて
君恋酒岩出和也水木れいじ水森英夫君恋酒を飲む夜は
くすり指岩出和也田久保真見樋口義高女ひとりで生きてきた荒れた
五月のバラ岩出和也なかにし礼川口真五月この僕が帰るまばゆい五月
ごめんよ岩出和也麻こよみ桧原さとし風が冷たく落ち葉を揺らし
咲いてみないかもう一度岩出和也原文彦徳久広司久しぶりだねお前の笑顔
さくらの頃に岩出和也里村龍一徳久広司寒空夜空の星くずなのかお前も
さすらい譜岩出和也里村龍一徳久広司男は初めて愛した女をかくして
錆びた合鍵岩出和也石原信一徳久広司左に時計まわしても昨日に人は
幸せ二人で岩出和也藤竜之介藤竜之介別れたあの日から
つばめが帰る頃岩出和也石原信一弦哲也あかね雲行く空の道鳥は
東京陽炎岩出和也城岡れい杉本眞人ビルの谷間に塵が舞い
トウキョウみなと岩出和也高畠じゅん子岡千秋愛に別れた男がひとり
なかせ船岩出和也たきのえいじ四方章人しばし別れの淋しさ辛さ
なごり酒(女性バージョン)岩出和也たきのえいじ四方章人呑んでは駄目よと叱って欲しい
春待ち川岩出和也石原信一弦哲也幸せになりたいな
陽だまりの花岩出和也石原信一弦哲也どんな夢より幸せよりも
港町ものがたり岩出和也建石一徳久広司港町花まつり
むらさき夜曲岩出和也城岡れい杉本眞人黄昏を包むように
やすらぎの酒場岩出和也麻こよみ叶弦大夜更けの店の灯りの寂しさに
夜明けの酒場岩出和也石原信一岡千秋俺でいいなら胸で泣きなよ
横浜暮色岩出和也石原信一徳久広司港灯りが映しだす恋に

岩出和也(いわでかずや、1971年6月12日 - )は岸和田市出身の演歌歌手である。1997年ソニー・ミュージックレコーズよりデビュー。2005年キングレコードに移籍。 wikipedia