歌詞を

ヘルプ

四方章人作曲の歌詞一覧リスト

320 曲中 1-200 曲を表示
2019年7月19日(金)更新
並び順:
全2ページ中 1ページを表示 [前の200曲|次の200曲]
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
こんな私でいいのなら新曲岡田しのぶ悠木圭子四方章人雨に打たれて流されて
別れの連絡船新曲岡田しのぶ美貴裕子四方章人別れの辛さを連絡船が
銀次郎旅がらす新曲彩青高田ひろお四方章人津軽海峡ヨイショと越えりゃ
からっ風道中新曲彩青高田ひろお四方章人やけに風が風が吹きつける
みちのく恋桜津吹みゆ万城たかし四方章人八重の桜は私の胸に
すみれの恋津吹みゆ万城たかし四方章人雨降り止んだあぜみち小道
ハイヤが聞こえる港町なでしこ姉妹麻こよみ四方章人三ケ月たったら帰るよと
おんなの情い氷川きよしさいとう大三四方章人あなたと二人で生きて
島津亜矢久仁京介四方章人しんどいくらいでちょうどいい
晩夏島津亜矢久仁京介四方章人朝に真白き花をつけ
散らず花西方裕之坂口照幸四方章人やさしい男に女は惚れて
北放浪西方裕之坂口照幸四方章人旅は男を無口にさせる
望郷さんさ津吹みゆ万城たかし四方章人さんさ時雨る傘のなか
お江戸のさのさ氷川きよし久仁京介四方章人江戸の夜風に吹かれて恋の
霧雨川千葉一夫麻こよみ四方章人哀しい噂を逃れてふたり
花ちゃん丸丘みどり松井由利夫四方章人山背荒波ざんぶり越えりゃ
おとこ人生夢芝居おおい大輔たきのえいじ四方章人酒の力じゃ役には立たぬ
夢追いかるたおおい大輔たきのえいじ四方章人浅き夢みしどろんこ道に
いのち預けて岡田しのぶ悠木圭子四方章人どしゃ降り雨に濡れながら
鈴鹿峠成世昌平久仁京介四方章人どうぞ忘れてくださいと
ふるさと銭太鼓成世昌平久仁京介四方章人花の匂いと風わたるふるさと
郷愁月夜氷川きよしかず翼四方章人母は達者でおりますか
勝負の花道~音頭氷川きよし朝倉翔四方章人走り出したら愚痴など言うな
よされ恋唄なでしこ姉妹万城たかし四方章人風の鳴き笛三味の音
悲しみよここへおいでなでしこ姉妹荒木とよひさ四方章人悲しみよここへおいで
天竜流し福田こうへい万城たかし四方章人雨のしずくが川になり
宵待ち灯り伍代夏子麻こよみ四方章人酔ってうたた寝あなたの頬に
袖しぐれ伍代夏子麻こよみ四方章人あふれる涙を蛇の目の傘に
哀愁の木曽路津吹みゆたかたかし四方章人木曽の山峡日暮れは駆け足
風泣き港津吹みゆたかたかし四方章人みぞれまじりの雪が降る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
勝負の花道氷川きよし朝倉翔四方章人走り出したら愚痴など言うな
俺ら江戸っ子 浅太郎氷川きよし原文彦四方章人今朝も早よから一番鶏が
浪花節だよ人生はエドアルド藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
おれでよければ宍戸マサル四方章人四方章人風のたよりに噂きいたよ
紅いサルビア桐山純一峰崎林二郎四方章人じっとしてろと叱っても
俺らしく桐山純一峰崎林二郎四方章人さくらはさくらの花がいい
渋谷通り雨三善英史さくらちさと四方章人道玄坂を上がるたび
秋・恋ほたる三善英史さくらちさと四方章人めぐり逢ってはいけないひとを
道ひとすじ福田こうへい仁井谷俊也四方章人人は天から生命を授い
おとこ傘福田こうへい仁井谷俊也四方章人噂の雨か通り雨肩に背中に
男の冬唄石塚ひろし峰崎林二郎四方章人竜飛下北白神岩木
放浪舟石塚ひろし峰崎林二郎四方章人旅の居酒屋グラスを漕げば
尾道海道杜このみ坂口照幸四方章人雪の降りつむ小道のように
江差だより成世昌平もず唱平四方章人江差追分聴きながら
露の花長保有紀はずき四方章人私も好きよあなたも好きと
昭和流行歌長保有紀はずき四方章人酒に浮かれる男です
夕花火津吹みゆかず翼四方章人酔って忘れる恋ではないが
飛鳥川永井裕子仁井谷俊也四方章人あなたを愛する思慕の糸は
酒場ワルツ永井裕子仁井谷俊也四方章人路地の小さな赤ちょうちんが
女の花舞台石原詢子さくらちさと四方章人涙拭くたび艶が増す
春航路石原詢子幸田りえ四方章人凪ぎてやさしい青い海
想い出酒場山口瑠美麻こよみ四方章人窓辺に揺れる折り鶴さえも
おんなの花山口瑠美麻こよみ四方章人向かい風でも嵐でも
雨のむこうの故郷津吹みゆ原文彦四方章人寂しくなったら帰ってこいと
あした咲く花津吹みゆ原文彦四方章人一年で咲く花がある
北の女の演歌節叶やよい杜未来人四方章人弱い女で生きるより
小樽 待つ女叶やよい杜美樹人四方章人これが運命と命をかけて
妻恋しぐれ山崎洋子本橋夏蘭四方章人あなた想えば小糠雨
しあわせ暦北条きよ美仁井谷俊也四方章人いい事ずくめの人生ならば
大阪泣かせ雨男石宜隆仁井谷俊也四方章人こんなに好きにさせといて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
おんな宿男石宜隆仁井谷俊也四方章人これが最後のはずでした
待ったなしだよ人生は森山愛子多野亮四方章人弱音はいたら勝ち目はないさ
北の出世船福田こうへい仁井谷俊也四方章人霧がヨー霧がほどけた
私の恋森進一坂口照幸・蘭世四方章人初めて抱かれたあの日から幸せ
風の噂森進一坂口照幸四方章人一度つまずきゃ男でさえも浮世
南部風鈴成世昌平久仁京介四方章人故郷おもえば店先の
お忍・恋やつれ成世昌平久仁京介四方章人惚れたあたしがわるいのか
浪花節だよ人生は三山ひろし藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
浪花節だよ人生は津吹みゆ藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
酒場すずめ津吹みゆ山田孝雄四方章人涙という木に止まった鳥は人の
島津亜矢久仁京介四方章人陽射しを浴びて雨を吸い
大内宿で…水森かおり円香乃四方章人桜前線追いかけて
二人静の雨水森かおり菅麻貴子四方章人あの日の夢が寄り添うように
夕顔の坂山口瑠美麻こよみ四方章人淋しいですかと聞かれたら
行合橋山口瑠美麻こよみ四方章人日暮れて賑わう橋の上
望郷恋歌津吹みゆ原文彦四方章人冷たい北風耐えてきた
ふるさと母さん津吹みゆ原文彦四方章人まっ赤な夕陽もお山の向こう
音信川永井裕子仁井谷俊也四方章人日暮れ山の端月の影
越前泣き岬永井裕子万城たかし四方章人冬の越前海風よりも
越冬の酒石塚ひろし峰崎林二郎四方章人海鳴り漁火浜酒場別れのつらさ
祝い餅石塚ひろし峰崎林二郎四方章人門出めでたいこの良き日
女の残り火大江裕麻こよみ四方章人未練の残り火消せるでしょうか
昭和ノスタルジー氷川きよし仁井谷俊也四方章人過ぎた昭和を振り向けば
南部蝉しぐれ最上川司久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
北国夜行氷川きよし麻こよみ四方章人ひと駅ごとに逢いたさ募る
天草五橋水森かおり麻こよみ四方章人恋にはぐれた女の胸に
ねずみ小僧蒼彦太久仁京介四方章人ひょいと小走り黒頭巾
天まであがれ蒼彦太久仁京介四方章人馬鹿をやるときゃ馬鹿になれ
グラスの海たけうち信広仁井谷俊也四方章人酔えば琥珀のその酒に
夢多き人生に…たけうち信広仁井谷俊也四方章人ひとつの生命を道連れに
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
浪花節だよ人生は花見桜こうき藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
ナツユキソウ氷川きよしたかたかし四方章人倖せになるための涙であったら
女の残り火山口ひろみ麻こよみ四方章人未練の残り火消せるでしょうか
霧の港町山口ひろみ麻こよみ四方章人手紙ひとつであなたと別れ
港ひとり石原詢子下地亜記子四方章人港坂道カラコロと下駄を鳴らして
おんな雨石原詢子下地亜記子四方章人傘もささずに追いかけた
会津・山の神津吹みゆ原文彦四方章人どんとそびえるあの山のよに
わたしの門前仲町津吹みゆ四方章人四方章人黒船橋から川面を見れば
雪國ひとり永井裕子万城たかし四方章人こころ乱れる泣き顔だけは
雨夜譚~渋沢伝~永井裕子万城たかし四方章人人の世は志し杉の如く
いのちの春天童よしみ水木れいじ四方章人あなたがそばにいればこそ
女の岬若山かずささいとう大三四方章人ここまで来たら帰れない
浪花節だよ人生は永井裕子藤田まさと四方章人飲めといわれて素直に飲んだ
十六夜化粧山本あき田久保真見四方章人来ない男だと知りながら
浜の恋女房さくらまや原文彦四方章人命ぎらぎらしぶきを蹴って
ええじゃないかさくらまや原文彦四方章人空に浮き雲大地にさくら
しまなみ海道水森かおり旦野いづみ四方章人愛の終わりを知ってるように
八重洲の酒場蒼彦太久仁京介四方章人行く奴も来る奴もここは心の
いわし雲蒼彦太久仁京介四方章人死ぬほど逢いたい逢いたい
郡上八幡おんな町永井裕子彩ちかこ四方章人母を泣かせて故郷すてる
祭り女の渡り鳥永井裕子岡みゆき四方章人ねじり鉢巻三社の神輿
上諏訪の女天野涼久仁京介四方章人あずさ号ドアが開く
一緒に暮らそう天野涼丘まり子四方章人ごめんよ今夜もひとりに
おれでよければ北川大介四方章人四方章人風のたよりに噂きいたよ
雨の錦帯橋山口瑠美麻こよみ四方章人人目があります橋の上目と目で
花の夜山口瑠美麻こよみ四方章人心が安らぐ人がいる窓に飾った
三ノ輪橋半田浩二宇山清太郎四方章人おまえ黙って鶴を折る
溜恋半田浩二星野哲郎四方章人忍び雨ふる港の町を
峠越えGOLD LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人先へ出すぎりゃ世間が叩く
南部のふるさと福田こうへい久仁京介四方章人よく来てくれたな南部の故郷へ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
南部蝉しぐれ清水博正久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
海峡吹雪井上由美子青山幸司四方章人雪雪雪の白い海夜のしじまに
暖め鳥井上由美子保岡直樹四方章人ひなはやさしい母鳥の羽の
人生舞台北条きよ美仁井谷俊也四方章人たったひとつのこの生命
人生舟柾木祐二仁井谷俊也四方章人ふたりでこの世の大海原に
情熱のボレロ柾木祐二山本宣清・補作詞:山上セイ四方章人黒い瞳におぼれたあの瞬間
なぐさめ・ナイトみゆき&舞さくらちさと四方章人らしくもないじゃないさみしい
はつ恋みゆき&舞伊藤美和四方章人長い坂道陽炎揺れて
春ふたつ山本あき坂口照幸四方章人私の肩に手を置いてこれまで
しのぶ酒山本あき坂口照幸四方章人好きじゃないのに飲むんじゃ
さいはて港宿平浜ひろし新條カオル四方章人海峡に秋が来て人を恋う
人生街道・ゆめ舞台平浜ひろし新條カオル四方章人泣いてくよくよ暮らすより
幸せ一歩山口瑠美麻こよみ四方章人人に踏まれて道端に咲いてる
北しぐれ山口瑠美麻こよみ四方章人糸より細いあなたの噂
すみれ草永井みゆき仁井谷俊也四方章人今日から俺のおまえだと
恋路ヶ浜永井みゆき仁井谷俊也四方章人風がひゅるひゅるこの胸
春一夜大石まどかさいとう大三四方章人春の夜に花が散る
ちいさな酒場大石まどかさいとう大三四方章人雨が静かに降る夜は
せつない夜明け岬光司太田伸一四方章人路地の灯りが消えたころ
おっと人生演歌だよ朝倉由美子水木れいじ四方章人人の情を恩にきりゃなりは
花の酒植松しのぶ麻こよみ四方章人桜の花びらグラスに浮かべ
つゆくさの宿秋岡秀治たきのえいじ四方章人逢えば別れのこの運命
隼―はやぶさ―秋岡秀治たきのえいじ四方章人風にあおられへし折れず
浪花節だよ人生は島津亜矢藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
儚な酒清水たま希坂口照幸四方章人何がしあわせ不しあわせ
こぼれ灯清水たま希坂口照幸四方章人ついて来るかとあなたが
南部蝉しぐれPLATINA LYLIC福田こうへい久仁京介四方章人南部盛岡雫石思えば遠い
酒人情真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人おまえの一生預りながら
ふたりの縁歌真咲よう子・秋岡秀治水木れいじ四方章人酒に酔うなら手酌より
昭和・男道小林旭宇山清太郎四方章人くやしまぎれの冷や酒二合
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
恋暦小林旭さくらちさと・星川裕二四方章人いろいろお世話になりました
名残り月山口瑠美麻こよみ四方章人夜通し鳴いてる虫の声
母便り山口瑠美麻こよみ四方章人夜ふけにひとり膝を抱き
灯り谷本知美杉紀彦四方章人人恋しさに秋が哭く
どんと来い!岩手パートII清&絢子秋本絢子四方章人北に名物数々あれど
迷い月藤原浩田久保真見四方章人痩せた三日月お前のようで
やっと出逢えたふたり藤原浩田久保真見四方章人優しくしないでこわくなるから
浪花節だよ人生はこまどり姉妹藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
恩返し西川ひとみ結城忍四方章人人の情けや涙粒数えりゃ両手の
安房の女房西川ひとみ峰崎林二郎四方章人やさしいことばも掛けずに別れ
ひとすじの恋立樹みか麻こよみ四方章人泣かずに見送る約束を
流れ女の酒場唄立樹みか塚口けんじ四方章人流れ女はヨーお酒が友だちさ
浪花節だよ人生は歌恋藤田まさと四方章人飲めと言われて素直に飲んだ
おさらばかもめさん香田晋たかたかし四方章人あばよバイバイおさらばさらば
白川郷香田晋たかたかし四方章人天生峠あの人越えて
紅しょうがの詩田端義夫野本高平四方章人その日ぐらしの母と子が
花湯の契り大樹ゆたか山田孝雄四方章人抱いて下さい朧ろな月が
うす紅桜大樹ゆたか井上源太四方章人惚れて尽くして愛されるたび
蛍火の宿岩本公水喜多條忠四方章人我が身焦がして闇に舞う
泣きむし橋岩本公水喜多條忠四方章人生まれた時から決まってた
かすみ草咲く頃に半田浩二相川光正四方章人おれのこの胸こぶしで叩き
俺のヨコハマ半田浩二宇山清太郎四方章人霧を真赤に染めている
あんじょうやれたら えやないの天童よしみ水木れいじ四方章人着たきり雀と極楽トンボ
おまえが一番天童よしみ水木れいじ四方章人遠い浮雲追いかけ背のびして
酒契り真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人俺でいいのかなぁおまえ
よいしょ真咲よう子・秋岡秀治たきのえいじ四方章人波乱万丈人生は山も峠も
修善寺しぐれ香田晋仁井谷俊也四方章人ひとりで倖せ掴んでくれと
さすらいの旅路香田晋仁井谷俊也四方章人おまえの面影こころに抱いて
なきうさぎ和田青児山田孝雄四方章人何処まで行っても岩山ばかり
道途中(みちなかば)桜川けんたきのえいじ四方章人しあわせだったか悔んでないか
北国、海岸線丘みどり坂口照幸四方章人流水岬に立たずめば吹雪に
いのちの華丘みどり坂口照幸四方章人石橋叩いて渡っていたら
惚れて振られてまた惚れて藤野とし恵麻こよみ四方章人苦労したなと抱き寄せられて
幸せ一輪 夢の花藤野とし恵麻こよみ四方章人胸に隠した面影を
横濱・ハイカラ酒場半田浩二さくらちさと四方章人みなとヨコハマハイカラ酒場
「ただいま」と…半田浩二相川光正四方章人動き出す電車の窓の外
宝来船祭り鳥羽一郎山田孝雄四方章人御船屋吉兵衛音頭取り
夜泣酒永井裕子万城たかし四方章人夜よおまえをみちづれに
はぐれ雲永井裕子水木れいじ四方章人あんな野暮天おさらばと
夢しずく岡ゆう子坂口照幸四方章人汐どきですかとおんなが訊けば
あなた川岡ゆう子愛香乃介四方章人風が散らした落葉のように
明日の風小金沢昇司麻こよみ四方章人一度や二度なら誰にもあるさ
明日に咲け永井裕子木下龍太郎四方章人先に咲いたら散るのも早い
みれん橋もどり川藤田まこと・天童よしみ水木れいじ四方章人ひと花咲かせにあんたとふたり
十六夜月大川栄策麻ことみ四方章人そっとうなじに手をやれば
晶子絶唱天童よしみ池田充男四方章人衿あしのほつれ毛そっと
人生みちづれ天童よしみ水木れいじ四方章人うれし涙もこの世にあると
酒場すずめ和田青児山田孝雄四方章人涙という木に止まった鳥は
桟橋石原詢子たきのえいじ四方章人風にもつれて海猫鳴けば
遠い灯り三善英史山口洋子四方章人さよならねさよならと別れ道
12>