哀愁の木曽路

この曲の表示回数 5,526
歌手:

津吹みゆ


作詞:

たかたかし


作曲:

四方章人


木曽の山峡(やまあい) 日暮れは駆け足
風が板戸を カタカタゆする
泣きに来ました 女がひとり
切れぬ未練(おもい)を ひきずりながら
秋に追われる 赤とんぼ

軒の行灯(あんどん) ポツリと点れば
闇の深さに 心は細る
泣きに来ました 女がひとり
黄楊(つげ)の小櫛(おぐし)で 髪梳(す)く指に
からむ吐息が やるせない

萩のさみしさ 桔梗のはかなさ
咲いて短い 一秋(ひとあき)の花
泣きに来ました 女がひとり
飛び立つ鳥に 瞳をぬらす
木曽の七谷 霧がふる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀愁の木曽路 歌手:津吹みゆ

津吹みゆの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-07
商品番号:CRCN-8118
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP