歌詞を

ヘルプ

さくらちさと作詞の歌詞一覧リスト

67 曲中 1-67 曲を表示
2019年9月16日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
TOKYO迷子藤井香愛さくらちさと伊藤薫夜のしじまをすり抜けて
東京マスカレード藤井香愛さくらちさと伊藤薫傷ついて泣かされて
紅の橋平田京子さくらちさと星川裕二かたく結んだ帯紐を
天草恋唄平田京子さくらちさと星川裕二風のうわさを鴎に聞いて
夕照の道瀬口侑希さくらちさと蔦将包瀬田の唐橋ひとりで行けば
灼熱の恋の物語 ~KUMAGAYA Fall in love~チェウニ&ジョニ男さくらちさと田尾将実追いかけて追いかけて
羽田発・最終便チェウニ&ジョニ男さくらちさと田尾将実ひとり旅なんてうそだろう
人生思い出橋小林旭さくらちさと鈴木キサブロー川は流れる雲を浮かべ
波止場のれん瀬口侑希さくらちさと宮下健治波止場が夕陽に染まるころ
渋谷通り雨三善英史さくらちさと四方章人道玄坂を上がるたび
秋・恋ほたる三善英史さくらちさと四方章人めぐり逢ってはいけないひとを
女の花舞台石原詢子さくらちさと四方章人涙拭くたび艶が増す
モナリザの微笑キム・ヨンジャさくらちさと水森英夫モナリザモナリザモナリザの
あなたがいれば内藤やす子さくらちさと前田克樹きらめきながらふりそそぐ
私の夏は来ぬ走裕介さくらちさと蔦将包暮れそで暮れない夕暮れに
時の旅人小林旭さくらちさと鈴木キサブロー華やかに色あせず泣いたり
思い出たずねびと小林旭さくらちさと鈴木キサブロー愛だけでむすばれた
風の守唄小林旭さくらちさと浜圭介鴎も飛べない海風に
夢の切符小林旭さくらちさと浜圭介おまえの寝顔を今夜は
風流・江戸の月新川めぐみさくらちさとジパング水に映ったあの月を欲しがる
からくり芝居新川めぐみさくらちさとジパング恋はからくり芝居だね
粉雪のエピローグチェウニさくらちさとキム・ジンコンいいの何も言わずドアを閉めて
ミッドナイト・アワー ~Yokohama Fall in love~ デュエットバージョンチェウニ&ジョニ男+アルファさくらちさとジパング夜の吐息が風になる
道頓堀リバーサイドブルースすぎもとまさとさくらちさと杉本眞人ため息もなみだも呑みこんで
ひとり冬景色キム・ヨンジャさくらちさと徳久広司涙さえ千切れ飛ぶこの胸が
アリベデルチ・ヨコハマチェウニさくらちさとジパング旅立つひとでにぎわうデッキ
ミッドナイト・アワー ~Yokohama Fall in love~チェウニさくらちさとジパング夜の吐息が風になる
ひとりの女に小林旭さくらちさと徳久広司ひとりの女に心底惚れて
シリアスにロマンスをなつこさくらちさと若草恵火傷しそうな恋をした
夜祭り囃子あさみちゆきさくらちさと鈴木キサブロー祭りは火の色笛太鼓
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
冬の花びらあさみちゆきさくらちさと鈴木キサブロー咲かない恋の行く末を
サンゴ草の詩あさみちゆきさくらちさと杉本眞人北の最果て能取湖の短い秋を
愛染桜あさみちゆきさくらちさと鈴木キサブロー愛を染める桜と書いて愛染桜
なぐさめ・ナイトみゆき&舞さくらちさと四方章人らしくもないじゃないさみしい
再会・トワイライトあさみちゆき&網倉一也さくらちさと網倉一也ガラス越しの街が光る
青春の忘れもの~デュエットバージョン~あさみちゆき&網倉一也さくらちさと網倉一也坂道の喫茶店サイフォンの音と
おんな無情草笛四郎さくらちさと船村徹伊豆はおぼろ夜十三夜
せつない唇チェウニさくらちさと杉本眞人テキーラみたいあなたの
雨の夜想曲チェウニさくらちさと杉本眞人窓をつたう雫指で数えてみる
ほほ笑み月夜平田京子さくらちさと若草恵苦労したぶん深くなる
りんどうの宿平田京子さくらちさと若草恵そえぬ運命をなげくより
カノコユリの詩稼木美優さくらちさと美野春樹幾千年の昔から青い海原
御堂筋線で…北沢麻衣さくらちさと杉本眞人御堂筋線でミナミへ向かえば
道頓堀リバーサイドブルース北沢麻衣さくらちさと杉本眞人ため息もなみだも呑みこんで
愛のせせらぎ岩本公水さくらちさと田尾将実涙の粒を集めたらあなたへと
淡島通り半田浩二さくらちさと網倉一也右に曲がれば三軒茶屋駅
氷の焔なつこさくらちさと若草恵ねえ指先はああ熱いのに
故郷がいちばんえひめ憲一さくらちさと船村徹何にもないと出て行った
おいでんか松山へえひめ憲一さくらちさと三宅広一ひとに見せない涙の跡を
こまくさ帰行岩本公水さくらちさと田尾将実あなた宛ての手紙駅で書いて
姫鏡台岩本公水さくらちさと田尾将実しあわせでしたかお母さん
追いかけて知里さくらちさと三島大輔だって理由も言わず
ひとりじゃないから知里さくらちさと三島大輔ひとりじゃないひとりじゃない
夕刊あさみちゆきさくらちさと網倉一也十四の春に教室で机を並べた
ふるさと自慢天草二郎さくらちさと蔦将包酔うと故郷の自慢ねと
涙の数岩本公水さくらちさと田尾将実鳥のように羽があれば
ふるさとの木の下で…あさみちゆきさくらちさと鈴木キサブロー風に吹かれ花びらは
硝子の季節ややさくらちさと若草恵帰り支度すませた部屋
横濱・ハイカラ酒場半田浩二さくらちさと四方章人みなとヨコハマハイカラ酒場
お茶の水暮色あさみちゆきさくらちさと網倉一也聖橋に灯がともりニコライの鐘が
青春の忘れものあさみちゆきさくらちさと網倉一也坂道の喫茶店サイフォンの音と
萬年橋から清洲橋あさみちゆきさくらちさと網倉一也浴衣の柄の赤とんぼどこへ
これからですね瀬川瑛子さくらちさと中村典正ほんとにお疲れさまでした
年々歳々瀬川瑛子さくらちさと中村典正あんなに大酒呑んでたひとが
どこまでも青空新妻聖子さくらちさと大島ミチルはじめの一歩踏み出すときの
夢の翼新妻聖子さくらちさと大島ミチルあなたのその背中に見えない
夕焼けブランコあさみちゆきさくらちさと網倉一也さみしくなるとふと来てしまう