歌詞を

ヘルプ

中村典正作曲の歌詞一覧リスト

184 曲中 1-184 曲を表示
2019年9月23日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
宝もの三山ひろし千葉幸雄中村典正一行書いてはまた消して
杉の大杉三山ひろし原文彦中村典正生まれたからには人の世の
恋の川中村仁美原文彦中村典正死ぬ気で生きた本気で生きた
しあわせ酒中村仁美原文彦中村典正辛いばかりがあるわけじゃない
祝い船はやぶさ千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
女一代 演歌船松前ひろ子結木瞳中村典正しゃくな浮世の荒海に
北の岬松前ひろ子結木瞳中村典正離れていたって親子です
望郷山河三山ひろし喜多條忠中村典正見上げる山にくらべれば
酒場の噂三山ひろし仁井谷俊也中村典正今もひとりと聞いたんだよ
ひろしの故郷自慢ぜよ三山ひろし小野彩中村典正はぁ~あぁ~土佐の高知は
男の路地裏三山ひろし仁井谷俊也中村典正男の胸にいつからか
あなたは灯台三山ひろし久仁京介中村典正あなたに会えたあの時は
祝い船津吹みゆ千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
雨情の宿三山ひろし仁井谷俊也中村典正しのび泣くよな小夜しぐれ
人生勝負松前ひろ子原文彦中村典正顔を真っ赤に泣き腫らし
人生一途松前ひろ子原文彦中村典正苦労のくの字も曲がりよで
いごっそ魂三山ひろし久仁京介中村典正夢じゃ夢じゃと笑わば笑え
立山連峰三山ひろし久仁京介中村典正剱岳尊き峰の風をうけ
かげろうの恋三山ひろし仁井谷俊也中村典正うたかたの微睡の中
祝い船福田こうへい千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
雪に散る三山ひろし志賀大介中村典正人生なんてひと幕物の
祝い船氷川きよし千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
男の流儀GOLD LYLIC三山ひろし石原信一中村典正酒は手酌の日暮れ酒
純愛三山ひろし石原信一中村典正どうか許してひとりの旅を
おんな泣かせ三山ひろし石原信一中村典正おんな泣かせに降る雨は
渡り鳥三山ひろし千葉幸雄中村典正渡り鳥北国を見てきたろ
因幡なさけ唄水沢明美水木れいじ中村典正生きるに下手なこの人と
北のほたる酒三山ひろし千葉幸雄中村典正甘い水だとだまされたのか
挽歌の岬松前ひろ子池田充男中村典正あなたうばうほど強く
うきぐさ姉弟松前ひろ子&三山ひろし池田充男中村典正なにをしてきたのおでこの傷は
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
四万十川GOLD LYLIC三山ひろし千葉幸雄中村典正いまは大河の四万十川だけど
春恋のれん三山ひろし千葉幸雄中村典正花も遅咲き北国だから
波止場という名の酒場三山ひろし千葉幸雄中村典正港に帰る船よりも
お岩木山松前ひろ子千葉幸雄中村典正山よ山よお岩木山よ
さんさ恋しや水沢明美水木れいじ中村典正夢を追いかけ故郷捨てた
祝い川松前ひろ子&三山ひろし千葉幸雄中村典正二つの川が一つになって
銀座小路松前ひろ子もず唱平中村典正軒は低いが小粋な店が
バラに雨降る松前ひろ子もず唱平中村典正ふるさと遠くバラに雨降る
お岩木山GOLD LYLIC三山ひろし千葉幸雄中村典正山よ山よお岩木山よ
棚田しぐれ三山ひろし千葉幸雄中村典正夢を積み上げ苦労を重ね
棚田桜三山ひろし仁井谷俊也中村典正上りの列車をホームで見送った
お宝女房青戸健坂口照幸中村典正空気みたいと軽くは云うが
祝い船清水博正千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
知床情話松前ひろ子池田充男中村典正流氷吹雪がひと冬荒れて
松前ひろ子千葉幸雄中村典正人は誰でも一生一度花も嵐も
あやめ雨情GOLD LYLIC三山ひろし仁井谷俊也中村典正夢で逢いたい抱かれたい
雪子三山ひろし仁井谷俊也中村典正雪から生まれてきたのよと
お前、ありがとう門脇陸男塚口けんじ中村典正小言いったり喧嘩もしたが
泉州恋しぐれ長保有紀鈴木紀代中村典正惚れた私にゃ気のないあんた
遠州恋しぐれ長保有紀鈴木紀代中村典正富士は赤富士太田の川に
男の契り酒北山たけし志賀大介中村典正久しぶりだなあれ以来
人恋酒場松前ひろ子仁井谷俊也中村典正逢いたいあなたに逢えない
祝い船松前ひろ子千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
男の港松前ひろ子穂積淳・結城忍中村典正板戸一枚生命をはった
城ヶ島雨情松前ひろ子木下龍太郎中村典正好きで別れた人ゆえに
これから峠松前ひろ子星野哲郎中村典正伜に嫁きて娘も嫁った
仁義三山ひろし星野哲郎中村典正お控えなすって手前生国と
男の港三山ひろし穂積淳・結城忍中村典正板子一枚生命をはった
これから峠三山ひろし星野哲郎中村典正伜に嫁きて娘も嫁った
帰港節三山ひろし鈴木宗敏・補作詞:星野哲郎中村典正闘い終えた男らが暗い波間を
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
母の海三山ひろし仁井谷俊也中村典正海という字を指で書きゃ
かあさんの詩三山ひろし宮下康仁中村典正雨降る夜はかあさんの
貴方にありがとう三山ひろし仁井谷俊也中村典正夢をこの手に握りしめ
日向灘鳥羽一郎山田孝雄中村典正ひむかの朝日が熱く燃えて
おふくろの浜唄鳥羽一郎山田孝雄中村典正あかぎれ指先痛かろな
春の坂道水沢明美森田圭悟中村典正あの坂この坂ふりむけば
北のおんな物語松前ひろ子池田充男中村典正うつむきかげんに咲いてる
夫婦ばなし松前ひろ子池田充男中村典正夫婦って愛ですねあなた仲が
男のうそGOLD LYLIC三山ひろし仁井谷俊也中村典正愛するあなたのそばにいて
忠治三山ひろし仁井谷俊也中村典正赤城の山も今宵を限り
みちのくしぐれ青児と夏美丹古晴己中村典正貴男ひとりよお前ひとりさ
おんなの坂道水沢明美森田圭悟中村典正人並みの暮らしより
口笛吹けば水沢明美森田圭悟中村典正あの道この道肩組めば
箱根 おんな宿真咲よう子たかたかし中村典正一夜かぎりの恋なんて
春暦松前ひろ子麻こよみ中村典正あなたの瞳のぬくもりが
夫婦歩き松前ひろ子麻こよみ中村典正苦労するならこの人と
うわさ雨長保有紀鈴木紀代中村典正夜雨小雨の降る街で
雪つばめ長保有紀鈴木紀代中村典正冬の木枯らし恋枯らし
女に生まれて三山ひろし仁井谷俊也中村典正女に生まれて女で生きて
おまえの故郷三山ひろし仁井谷俊也中村典正便りがないのは元気というが
火縁長保有紀峰崎林二郎中村典正あなたとわたしの縁をひねり
谷瀬の吊り橋長保有紀鈴木紀代中村典正すがりついてもこの橋を
ダンチョネ港町三山ひろし仁井谷俊也中村典正夜霧にまぎれて訪ねて来たよ
北の一本釣り三山ひろし仁井谷俊也中村典正潮の流れと海の色
萩みれん松前ひろ子麻こよみ中村典正支えを失くしたこの胸に
湯の町ふたり旅松前ひろ子麻こよみ中村典正涙分け合い生きて来た
祖谷の里唄北山たけし志賀大介中村典正恋し恋しと千里の谷で
龍飛崎長保有紀鈴木紀代中村典正私の心に棲みついた
花言葉長保有紀鈴木紀代中村典正淋しくなんかもうないわ
雨降る波止場三門忠司仁井谷俊也中村典正倖せひとつおまえにやれず
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雨の居酒屋三門忠司仁井谷俊也中村典正あんなに愛したふたりじゃないか
こころ川小桜舞子仁井谷俊也中村典正なみだ雨降る世間の川は
追分みなと小桜舞子仁井谷俊也中村典正春は来たけどヨー
霧雨海峡川野夏美仁井谷俊也中村典正雨の出船はおんなを泣かす
むすめ道中記川野夏美仁井谷俊也中村典正赤城おろしかからっ風
男の港鳥羽一郎穂積淳・結城忍中村典正板子一枚生命をはった
さすらい港町三山ひろし仁井谷俊也中村典正霧笛がせつないため息ならば
酔待ち酒場三山ひろし仁井谷俊也中村典正あなたに逢えない淋しさに
祝い船三山ひろし千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
まさか松前ひろ子鳥井実中村典正登り坂下り坂そしてもひとつ
私やっぱり女です長保有紀鈴木紀代中村典正恋もしました泣きもした
木曽路の雨長保有紀鈴木紀代中村典正話し上手で聞き上手
まぐろ船鳥羽一郎万城たかし中村典正秋を蹴散らし冬がやって来た
人恋酒場GOLD LYLIC三山ひろし仁井谷俊也中村典正逢いたいあなたに逢えない夜は
望郷列車三山ひろし仁井谷俊也中村典正いつでも帰れる故郷があるから
月夜舟瀬川瑛子水木れいじ中村典正神さまが逢わせてくれたこの人と
また逢えそうなブルース瀬川瑛子水木れいじ中村典正いやだやだやだもう恋なんか
男岬 ~海の三代目~鳥羽一郎星野哲郎中村典正とめるおふくろの気持ちは
泪のワルツ瀬川瑛子水木れいじ中村典正ボトルに一輪むらさきの
おしどり酒瀬川瑛子水木れいじ中村典正うき世しぐれに吹きよせられて
玄界情話長保有紀木下龍太郎中村典正酒と度胸じゃ負けない人も
お色直し長保有紀木下龍太郎中村典正涙でかすむこの目にもひと際
風待港長保有紀木下龍太郎中村典正船は千来る万来る中で
酒匂川長保有紀木下龍太郎中村典正あなた見送る東海道の旅は
これからですね瀬川瑛子さくらちさと中村典正ほんとにお疲れさまでした
年々歳々瀬川瑛子さくらちさと中村典正あんなに大酒呑んでたひとが
浪漫ちっく東京鳥羽一郎万城たかし中村典正ふるさとよあばよおさらばこれっきり
恋一輪立樹みか中谷純平中村典正袖ふれ合うのも縁
夏美の三度笠川野夏美吉岡治中村典正金で心が買えるだなんて
港町恋唄川野夏美吉岡治中村典正海は朝焼け飛沫をあげて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雪国紅葉長保有紀木下龍太郎中村典正残る未練を捨てるため
祝い船二葉百合子千葉幸雄・補作詞:野村耕三中村典正結婚おめでとう本当に
北の港のみれん船村上幸子丹古晴己中村典正北の港の桟橋にあなたが
祝い船門脇陸男千葉幸雄中村典正晴れの門出のはなむけに
越後海道長保有紀木下龍太郎中村典正こころ残して身を引く恋は
更衣(ころもがえ)長保有紀木下龍太郎中村典正終わった愛の破れ着は
城ヶ島雨情長保有紀木下龍太郎中村典正好きで別れた人ゆえに
だんじり鳥羽一郎南澤純三中村典正冷酒を一ぱい一気に干して
帰港節鳥羽一郎鈴木宗敏中村典正闘い終えた男らが暗い波間を
花筏長保有紀木下龍太郎中村典正川に舞い散る桜の花が
浪花なごり月成世昌平南沢純三中村典正老舗の味は若旦那さんの
親子船鳥羽一郎星野哲郎中村典正親父が船長で伜のおれが
俺はみちのく色男門脇陸男仁井谷俊也中村典正年を取ったと老けこむよりも
男の裏町秋岡秀治仁井谷俊也中村典正俄かの雨に濡れようか
出世太鼓川野夏美仁井谷俊也中村典正生まれ玄海黒潮育ち
人生七転び八起き川野夏美仁井谷俊也中村典正いくらじたばたあわててみても
おしどり船唄水沢明美水木れいじ中村典正この舟でもひとつ荒波を越えた
孫娘門脇陸男愛川公笙・中谷純平中村典正孫のめんこい笑顔をみれば
父・娘(おやこ)門脇陸男たきのえいじ中村典正言葉少なに目と目で話す
白いフェリーの船長さん川野夏美吉岡治中村典正アータッタタラップ
博多っ娘純情川野夏美吉岡治中村典正海は海は玄海筑前博多
上り酒門脇陸男佐久間常夫・大倉久朋中村典正天にとどけと産声あげた
瀬戸のかもめ水沢明美水木れいじ中村典正瀬戸のかもめが日暮れに啼けば
あばれ海峡川野夏美吉岡治中村典正凪がつづけばいつかは時化る
雪酒場立樹みかたかたかし中村典正酒場の窓をふるわせて海が荒れ
夫婦だんじり立樹みか南澤純三中村典正仕立ておろしの 法被を着せて
佐渡の舞い扇鳥羽一郎星野哲郎中村典正波の小鼓また大鼓かっこかっこと
人生度胸船立樹みか志賀大介中村典正怒涛逆巻く大海原に
春雨海峡真咲よう子たかたかし中村典正カモメになれたらあなたの許へ
急がばまわれの人生だ川野夏美仁井谷俊也中村典正道を他人に譲るのも
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
玄界一代水沢明美水木れいじ中村典正あぶく銭より天下を取ると
女房殿 亭主殿門脇陸男・水沢明美中谷純平中村典正いろいろあった…そうね亭主殿
ゆうすげの花真咲よう子たかたかし中村典正あなたの胸に抱かれた夜も
琴音川真咲よう子水木れいじ中村典正うす紅の似合う女でいてくれと
はぐれ海峡立樹みか中谷純平中村典正ひとり手酌でさいはて港
夫婦松瀬川瑛子里村龍一中村典正雪をかぶった松の木は
居酒屋 『藤乃』瀬川瑛子里村龍一中村典正お客さんお一人なんですか
好きだよ佐賀関鳥羽一郎佐藤善孝・星野哲郎中村典正男の全てを一本釣りに賭けて
人生なかば鳥羽一郎坂口照幸中村典正祭りさわぎの浮き世のうらは
周防灘恋唄鳥羽一郎渡辺桂・星野哲郎中村典正はなれてはじめて気づくことも
徐福夢男 ~虹のかけ橋~鳥羽一郎星野哲郎中村典正まぼろしのまぼろしの
ねぶた恋歌鳥羽一郎志賀大介中村典正俺が死め程ョ好きだと泣いた
人生折り返し門脇陸男木下龍太郎中村典正娘夫婦に初孫出来た
これから峠門脇陸男星野哲郎中村典正伜に嫁ぎて
夢見酒真咲よう子水木れいじ中村典正あなたのお荷物にならないように
宝船水沢明美水木れいじ中村典正そこどけそこどけ荒波しぶき
湯の町ながれ花水沢明美水木れいじ中村典正小雪舞い散る海峡を
玄海おんな節天の川未央水木れいじ中村典正さても皆さまおおそれながら
夜叉の海立樹みか中谷純平中村典正酔えば漕ぎだす一夜船
人生夢さぐり里見浩太朗中谷純平中村典正寝酒三合呑みほして
夫婦絶唱北島三郎関沢新一中村典正おれがお前に会った時
深仲酒水沢明美水木れいじ中村典正夢の一文字心の傘に
出船恋唄渡辺博美里村龍一中村典正俺が船なら おまえが港
いじわる海峡渡辺博美関沢新一中村典正汽笛鳴らせば貴方に届く
北島三郎関沢新一中村典正運のない奴ァどこまでも
二度惚れ酒水沢明美水木れいじ中村典正肩が濡れてる冷たかないか
豊後の一心太助鳥羽一郎結城忍中村典正日向灘から白波立てば
晴れ姿門脇陸男斉藤英子中村典正萩の花咲く野面を渡る
藤勝歌鳥羽一郎星野哲郎中村典正花咲く蔭に散るもよし
みちのくしぐれ村上幸子・鳥羽一郎丹古晴己中村典正貴男ひとりよお前ひとりさ
海は男の恋女房門脇陸男里村龍一中村典正沖はしぐれてヨー岬に雪がふる
こころ情島(なさけじま)北海まさる中野勝吉中村典正本州と四国を結ぶ情島
人情のれん島こうじ千葉幸雄中村典正酒という字に雨風が
娘へ若山彰坂口照幸中村典正旅にでも出ようかと娘を誘えば