父・娘(おやこ)

この曲の表示回数 10,565
歌手:

門脇陸男


作詞:

たきのえいじ


作曲:

中村典正


言葉少なに 目と目で話す
明日は嫁いで ゆくおまえ
なべを囲んで 水いらず
幼ない頃が 目に浮かぶ
たとえ苗字は 変っても
ここがおまえの ふるさとだ

ふすま越しから荷造りの音
聞けば目頭 熱くなる
心づくしの 結納が
嫁いだ後の 置き土産
変わりないよと一文字の
たまに便りが あればいい

芯の強さは 母さんゆずり
涙もろさは 父ゆずり
春夏秋冬 数えれば
二十才と幾つ 過ぎたやら
娘ざかりの晴れ姿
背中見送る 年になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:父・娘(おやこ) 歌手:門脇陸男

門脇陸男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-06-21
商品番号:CRCN-40679
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP