鴛鴦鴉

この曲の表示回数 5,748
歌手:

門脇陸男


作詞:

藤田まさと


作曲:

四方章人


言葉だけなら 売るほどるが
人のこころは 言葉じゃ買えぬ
買えぬ道理を 承知の上で
義理と情けの 別れ路
俺も人の子 俺も人の子 心が欲しい

昨日はじめて あいつに逢って
今日は眩しい 鴛鴦がらす
永い道だと 思っていたが
好いた惚れたに 時はない
連れの笑顔で 連れの笑顔で 草鞋も軽い

一つ山越え また越えて
山の数ほど 重ねた不孝
故郷じゃ待つだろ お袋さまへ
土産がわりの 恋女房
見せに帰ろう 見せに帰ろう 来春こそは
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鴛鴦鴉 歌手:門脇陸男

門脇陸男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-21
商品番号:CRDN-5089
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP