女一代 演歌船

この曲の表示回数 7,951
歌手:

松前ひろ子


作詞:

結木瞳


作曲:

中村典正


しゃくな浮世の 荒海に
夢の網打ち 勝負する
稼ぎ一分(いちぶ)で 苦労九分(くろうくぶ)
凌いで咲かせる 歌の花
舞い散る飛沫 波を越え
女一代 演歌船

時化(しけ)の時代に 意地を抱き
目指す漁場に 立ち向かう
命ひとつの 腕ひとつ
惜しまず磨いて また歌う
舳先(へさき)を叩く 風を切り
女一代 演歌船

潮の流れと 時の運
汗と度胸で 掴(つか)み獲る
晴れの姿の 大舞台
湧(わ)かせてみせます この歌で
大漁旗に 誓い立て
女一代 演歌船
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女一代 演歌船 歌手:松前ひろ子

松前ひろ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:TKCA-91147
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP