花街一代

この曲の表示回数 22,004

器量がいゝから 芸者になれと
あけて十五の 旅だちでした
浮世いろはの 花街で
芸をみっちり しこまれて
いつかなじんだ 夜の水
あゝ神楽坂 おんなの灯(ひ)がゆれる

わたしが知ってる お方はみんな
出世しました 自慢じゃないが
あれが縁なら これも縁
義理と情けに はさまれて
いっそ死にたい 悲しさに
あゝ神楽坂 ながした恋もある

花街うけつぐ 若い妓(こ)ひとり
育つ日までは にくまれながら
きょうも切り火で 送りだす
おんな 一代 舞扇
どうぞ幸福(しあわせ)くるように
あゝ神楽坂 愛していきるのよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花街一代 歌手:松前ひろ子

松前ひろ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/08/21
商品番号:SRDL-4659
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP