越後海道

この曲の表示回数 12,612
歌手:

長保有紀


作詞:

木下龍太郎


作曲:

中村典正


こころ残して 身を引く恋は
いつの日消える なみだ跡
越後海道…
寄せる荒波 日本海
袖に舞い散る 飛沫(しぶき)を逃げて
ひとり荒磯(ありそ)を 急ぎ足

もしも幸せ 望んだならば
誰かがきっと 陰で泣く
女なりゃこそ…
判る女の 哀しさが
風に切れ切れ 門付け三昧の
音が罪ある 胸を打つ

違う生き方 見付けるための
女の旅は いつ終る
越後海道…
前は荒海 日本海
思い切れずに 振り向くたびに
弱さ叱るか 潮鳴りも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:越後海道 歌手:長保有紀

長保有紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/11/02
商品番号:CRCN-40943
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP