佐伯亮編曲の歌詞一覧リスト  210曲中 1-210曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
210曲中 1-210曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
最上川舟唄細川たかし細川たかし山形県民謡山形県民謡佐伯亮(ヨーイサノマカショ エンヤコラマーカセ エエヤエーエヤエーエ エーエヤエード ヨーイサノマカショ エンヤコラマーカセ)  酒田さ行ぐさげ 達者(まめ)でろちゃ ヨイト コラサノセー 流行(はやり)風邪など ひかねよに  (エエヤエーエヤエーエ エーエヤエード ヨーイサノマカショ エンヤコラマーカセ)  股大根(まっかんだいこ)の 塩汁煮(しょっちるに) 塩しょぱくて くらわんねちゃ  (エエヤエーエ エーエヤエード ヨーイサノマカショ エンヤコラマーカセ)
さつきの歌藤山一郎藤山一郎藤浦洸藤山一郎佐伯亮思いがけない 友だちが あの丘の あの道を たずねてくるよな さつきの陽ざし 青葉の道は なつかしい思い出の 夢の小道よ  歌う心は 愛の心よ あの歌を この歌を みんなで歌おうよ さつきの空に 若葉の森に こだまする 愛の歌 夢のメロディー  細いリボンの そよ風は 森をぬけ 野をこえて 心もおどるよ さつきの薫り あしなみかるく よろこびを あすの日に つなぐ今日の日
津軽山唄細川たかし細川たかし青森県民謡青森県民謡佐伯亮イヤー イディアー 津軽 津軽富士 ヤエー   冬は 真白く 春 春青く ヤエー   夏は すみ染め 秋 秋錦 ヤエー   衣替えする あざ あざやかさ ヤエー
ひとり寝の宿金田たつえ金田たつえ仁井谷俊也池田八声佐伯亮濡れて乱れた おくれ髪(げ)を 指で撫でれば 寂しさつのる あなた忘れる ひとり寝の宿 ひとつ余った 浴衣にも 涙ひとすじ 頬つたう  みんな私が 悪いのと 悔いてみたって 今では遅い あなた忘れる ひとり寝の宿 膝を崩して 飲む酒が 思いださせる やさしさを  二度と逢えない 人だもの 明日は捨てたい 女のみれん あなた忘れる ひとり寝の宿 川のせせらぎ 聴きながら 枕だいてる 夜明け前
芸道一代嶺陽子嶺陽子西条八十山本丈晴佐伯亮いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか やるだけやるさ 女黒髪 きりりとかんで 仰ぐおぼろの 仰ぐおぼろの 月の色 月の色  女一人で 生きぬくからは ふまれけられは 覚悟の前よ 姿見せずに 泣くほととぎす 女心を 女心を 誰が知ろ 誰が知ろ  小粒ながらも ひばりの鳥は 泣いて元気で 青空のぼる 麦の畑の 小さな巣には わたし見ている わたし見ている 母がいる 母がいる
悲しい酒嶺陽子嶺陽子石本美由起古賀政男佐伯亮ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  「ああ 別れた あとの心残りよ 未練なのね あの人の面影 淋しさを忘れるために 飲んでいるのに 酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よどうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの」  酒よこゝろが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける
人生一路嶺陽子嶺陽子石本美由起かとう哲也佐伯亮一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道 泣くな迷うな 苦しみ抜いて 人は望みを はたすのさ  雪の深さに 埋もれて耐えて 麦は芽を出す 春を待つ 生きる試練に 身をさらすとも 意地をつらぬく 人になれ  胸に根性の 炎を抱いて 決めたこの道 まっしぐら 明日にかけよう 人生一路 花は苦労の 風に咲け
江差追分(前唄)細川たかし細川たかし北海道民謡北海道民謡佐伯亮松前江差の 津花の浜で ヤンサノエー  好いた同志の 泣き別れ  連れて行く気は 山々なれどね 女通さぬ場所がある
棘あざみ朱鷺あかり朱鷺あかりかすが光深谷昭佐伯亮許し合えない あなたと私 愛し合うには もう遅い バカな女と 責めないで どこかにている 紅柴の 花も哀しい 棘あざみ  愛のかたちを たしかめながら 夢を重ねた 夜もある 無理にのんでる このお酒 わかれ涙の ため息ばかり 泣かせないでよ 棘あざみ  愛が足りない 心が寒い そんな女の ひとり部屋 可愛い女に なりたいと 思い悩んで 紅柴の 花に涙の 棘あざみ
越後草紙伍代夏子伍代夏子たきのえいじ八木架寿人佐伯亮胸にからんだ 未練の糸を 何故にさばけぬ 経ち切れぬ 越後 みちゆき 親不知(おやしらず) ひと冬越しても冷めやせぬ あなた恋しと この体 雪に晒(さら)して 命をしぼる  逢うは別れの 運命(さだめ)が辛い 薄いえにしの 身が辛い 越後 海鳴り 日本海 ちぎれて舞い散る波の花 思い切れよと 吹く風が 愚図(ぐず)る私の 心を叱る  肌もふれずに どうして耐える 夢の名残りの 憎らしさ 越後 矢絣(やがすり) 単帯(ひとえおび) ほどけば涙がからみつく 抱いてください もう一度 声を殺して あなたを忍ぶ
みだれ髪大江裕大江裕星野哲郎船村徹佐伯亮髪のみだれに 手をやれば 赤い蹴出(けだ)しが 風に舞う 憎や 恋しや 塩屋の岬 投げて届かぬ 想いの糸が 胸にからんで 涙をしぼる  すてたお方の しあわせを 祈る女の 性(さが)かなし 辛(つ)らや 重たや わが恋ながら 沖の瀬をゆく 底曳(そこび)き網(あみ)の 舟にのせたい この片情(かたなさ)け  春は二重(ふたえ)に 巻いた帯 三重(みえ)に巻いても 余(あま)る秋 暗(くら)や 涯てなや 塩屋の岬 見えぬ心を 照らしておくれ ひとりぼっちに しないでおくれ
東京ブギウギ伊藤咲子伊藤咲子鈴木勝服部良一佐伯亮東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 海を渡り響くは 東京ブギウギ ブギの踊りは 世界の踊り 二人の夢の あのうた 口笛吹こう 恋とブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ 今宵も月の下で 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世紀のうた心のうた 東京ブギウギ ヘイー  さあさブギウギ たいこたゝいて 派手に踊ろよ 歌およ 君も僕も 愉快な東京ブギウギ ブギを踊れば 世界は一つ 同じリズムとメロディよ 手拍子取って うたおうブギのメロディ 燃ゆる心のうた 甘い恋の歌声に 君と踊ろよ今宵も 星をあびて 東京ブギウギ リズムウキウキ 心ズキズキ ワクワク 世界のうた楽しいうた 東京ブギウギ ブギウギ陽気なうた 東京ブギウギ ブギウギ世紀のうた 歌え踊れよ ブギウギ ヘイー
私は街の子伊藤咲子伊藤咲子藤浦洸上原げんと佐伯亮わたしは街の子 巷の子 窓に灯が ともる頃 いつもの道を 歩きます 赤い小粒の 芥子の花 あの街角で ひらきます  わたしは街の子 巷の子 なんで灯が 恋しやら いつもの歌を 歌います 柳落葉が ひらひらと 赤いリボンに つもります  わたしは街の子 巷の子 ついた灯が また消えりゃ いつもの人に 出逢います 今は恋しい 母様に うしろ姿も そっくりな
涙の谷間に太陽を伊藤咲子伊藤咲子西沢爽和田香苗佐伯亮ながれる涙 あるかぎり まだ悲しみに 耐えられる あなたよ 心に燃えている 若いいのちを 信じよう 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  こがらしの道 つらくても ひとりじゃないぞ 負けないぞ あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を  あなたよ 明日の幸福は 結ぶこの手に 花ひらく 呼ぼうよ 呼ぼうよ 太陽を 涙の谷間に 太陽を
時は流れて源丈文源丈文源丈文寺田ひさし佐伯亮孤独なこの世に 時は流れて 君と夢みた 二人の世界 今では遠い 愛の幻(まぼろし) 一人生きてく 一人生きてく  愛して傷つき 時は流れて 命をかけた 一つの恋も 流れる星に はかなく消えた 二度と帰らぬ 二度と帰らぬ  喜び悲しみ 時は流れて 愛した人も 別れた人も 小さな幸せ 求めて生きる 涙かくして 涙かくして
矢切の渡し美空ひばり美空ひばり石本美由起船村徹佐伯亮「つれて逃げてよ……」 「ついておいでよ……」 夕ぐれの雨が降る 矢切りの渡し 親のこころに そむいてまでも 恋に生きたい 二人です  「見すてないでね……」 「捨てはしないよ……」 北風が泣いて吹く 矢切りの渡し 噂かなしい 柴又すてて 舟にまかせる さだめです  「どこへ行くのよ……」 「知らぬ土地だよ……」 揺れながら艪が咽ぶ 矢切りの渡し 息を殺して 身を寄せながら 明日へ漕ぎだす 別れです
別れの一本杉美空ひばり美空ひばり高野公男船村徹佐伯亮泣けた 泣けた こらえきれずに 泣けたっけ あの娘と別れた 哀しさに 山のかけすも 鳴いていた 一本杉の 石の地蔵さんのよ 村はずれ  遠い 遠い 想い出しても 遠い空 必ず東京へ ついたなら 便りおくれと 言った娘(ひと) りんごの様な 赤い頬っぺたのよ あの泪  呼んで 呼んで そっと月夜にゃ 呼んでみた 嫁にもゆかずに この俺の 帰りひたすら 待っている あの娘はいくつ とうに二十はよ 過ぎたろに
津軽慕情~浪曲入り山本謙司山本謙司平山忠夫遠藤実佐伯亮北へ流れる あの雲が 津軽野(の)づらで 雪になる 俺の分まで 働き終えて 親父いまごろ 囲炉裏酒(いろりざけ) ああ 帰りたい 帰れない 酔えば恋しい イヤーイー ふる里が  背中まるめて おふくろが 榾火(ほたび)もやして 夜業(よなべ)する 俺の野良着(のらぎ)を また縫いながら 待っているとの 夢便り ああ 帰りたい 帰れない 唄でしのぼか イヤーイー ふる里を  手豆(てまめ)こらえた 山仕事 遠い町から 思い出す わたし津軽で 暮らすと言った 幼馴染(おさななじみ)は どうしてる ああ 帰りたい 帰れない 想い届けよ イヤーイー ふる里へ
影を慕いて細川たかし細川たかし古賀政男古賀政男佐伯亮まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つつめば燃ゆる 胸の火に 身は焦がれつつ しのび泣く  わびしさよ せめて傷心(いたみ)の なぐさめに ギターをとりて 爪びけば どこまで時雨(しぐれ) ゆく秋ぞ トレモロさびし 身は悲し  君故に 永き人生(ひとよ)を 霜枯れて 永遠に春見ぬ 我がさだめ 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚なき影よ 我が恋よ
目ン無い千鳥細川たかし細川たかしサトウハチロー古賀政男佐伯亮目ン無い千鳥の 高島田 見えぬ鏡に いたわしや 曇る今宵の 金屏風 誰のとがやら 罪じゃやら  千々に乱れる 思い出は すぎし月日の 糸車 回す心の 盃に 紅はさしても 晴れぬ胸  雨の夜更けに 弾く琴が 白い小指に しみてゆく 花がちるちる 春が逝く 胸の扉が また濡れる  目ン無い千鳥の さみしさは 切れてはかない 琴の糸 青春(はる)の盛りの 若い葉に むせび泣くよな こぬか雨
男の純情細川たかし細川たかし佐藤惣之助古賀政男佐伯亮男いのちの 純情は 燃えてかがやく 金の星 夜の都の 大空に 曇る涙を 誰が知ろ  影はやくざに やつれても 訊いてくれるな この胸を 所詮 男のゆく道は なんで女が 知るものか  暗い夜空が 明けたなら 若いみどりの 朝風に 金もいらなきゃ 名もいらぬ 愛の古巣へ 帰ろうよ
悲しい酒細川たかし細川たかし石本美由起古賀政男佐伯亮ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする 飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ  酒よこころが あるならば 胸の悩みを 消してくれ 酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため  一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く 好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける
サーカスの唄細川たかし細川たかし西條八十古賀政男佐伯亮旅のつばくろ さびしかないか おれもさびしい サーカスぐらし とんぼがえりで 今年もくれて 知らぬ他国の 花を見た  きのう市場で ちょいと見た娘 色は色白 すんなりごしよ 鞭の振りよで 獅子さえなびく 可愛あの娘は うす情  朝は朝霧 夕べは夜霧 泣いちゃいけない クラリオネット ながれながれる 浮藻の花は 明日も咲きましょう あの町で
人生劇場細川たかし細川たかし佐藤惣之助古賀政男佐伯亮やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂(たましい)じゃないか 義理がすたれば この世はやみだ なまじとめるな 夜の雨  あんな女に 未練はないが なぜか涙が 流れてならぬ 男ごころは 男でなけりゃ わかるものかと あきらめた  時世時節(ときよじせつ)は 変ろとままよ 吉良(きら)の仁吉は 男じゃないか おれも生きたや 仁吉のように 義理と人情の この世界
新妻鏡細川たかし細川たかし佐藤惣之助古賀政男佐伯亮僕がこころの 良人(おっと)なら 君はこころの 花の妻 遠くさびしく 離れても 泣くなさがみの かもめ鳥  たとえこの眼は 見えずとも 清いあなたの おもかげは きっと見えます 見えました 愛のこころの 青空に  むかし乙女の はつ島田 泣いて踊るも 生計(くらし)なら 清い二人の 人生を 熱い泪で うたおうよ
さいはて女工節金田たつえ金田たつえ不詳・補作詞:杉紀彦不詳佐伯亮誰が知るやら 知らぬやら 遠い昔の 忘れ唄 海は何にも 語らぬが あら風が吹きゃ きこえる女工節  ……あなた様、流氷をご存知でございますか。 あの海の彼方の島々に、昔はどっさりと、 かんづめ工場があったそうでございます。 そうして、寒い海渡って働きに行った女たちが、 淋しさも、つらさも、この歌ひとつに託して 女工節唄うと、私のような女の胸にも、 流氷の音が、 きこえて来るのでございますよ……。  故郷はなれて 来ておれば 文の来るのを 待つばかり たった一度の 便り船 あら今日もまた 来るやら来ないやら  かんづめ工場に 二度来る者は 親のない子か 片親育ち 親は草場の 陰で泣く あら私しゃ工場の すみで泣く
津軽慕情GOLD LYLIC福田こうへいGOLD LYLIC福田こうへい平山忠夫遠藤実佐伯亮北へ流れる あの雲が 津軽野(の)づらで 雪になる 俺の分まで 働き終えて 親父(おやじ)いまごろ 囲炉裏酒(いろりざけ) ああ 帰りたい 帰れない 酔えば恋しい イヤーイー ふる里が  背中まるめて おふくろが 榾火(ほたひ)もやして 夜業(よなべ)する 俺の野良着(のらぎ)を また縫(ぬ)いながら 待っているとの 夢便り ああ 帰りたい 帰れない 唄でしのぼか イヤーイー ふる里を  手豆(てまめ)こらえた 山仕事 遠い町から 思い出す わたし津軽で 暮らすと言った 幼馴染(おさななじみ)は どうしてる ああ 帰りたい 帰れない 想い届けよ イヤーイー ふる里へ
夢ごこち多岐川舞子多岐川舞子坂口照幸市川昭介佐伯亮いいからお前も 飲めなんて どういう風の 吹きまわし 片目つむって 盃返す 私も一口 夢ごこち 自分ばっかり もったいぶって あなたいいわね こう云うお酒  止してよほろりと くるじゃない いずまい正す 「ありがとう」 夢を追う人 いちばん偉い 投げずにいたから 陽が当たる 出世酒とは いかないまでも あなたいいわね こう云うお酒  憎まれ口やら へらず口 今日までゴメン いたらずに 背伸びしないで いたわり合えば ちいさな春も 見えてくる 夫婦酒って 柄でもないが あなたいいわね こう云うお酒
夫婦盃金田たつえ金田たつえ木未野奈伊藤雪彦佐伯亮お酒のにおいが しみこんだ 座蒲団がわりの いすならべ 三々九度の まねごとを すればふたりに しあわせの 泪がこぼれるね ああ 泪がこぼれるね 夫婦盃  何にもお祝い ないけれど 二人にゃ小さな この子らの 笑顔を包んだ のし袋 胸にいつでも しまってる 苦労をのりこえた ああ 苦労をのりこえた 夫婦盃  一緒になってと いったのは 私のほうです ねえあなた 貧乏ぐらしの ふたりでも ちから合わせりゃ 今度こそ 冬にも春がくる ああ 冬にも春がくる 夫婦盃
なみだの操花村菊江花村菊江千家和也彩木雅夫佐伯亮あなたのために 守り通した 女の操 今さら他人に ささげられないわ あなたの決して お邪魔はしないから おそばに 置いてほしいのよ お別れするより 死にたいわ 女だから  あなたの匂い 肌に沁みつく 女の操 すてられたあと 暮らして行けない 私に悪いところが あるのなら 教えて きっと直すから 恨みはしません この恋を 女だから  あなたにだけは 分るはずなの 女の操 汚れを知らぬ 乙女になれたら 誰にも 心変わりはあるけれど あなたを 疑いたくない 泣かずに待ちます いつまでも 女だから
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大阪ブルース金田たつえ金田たつえ三浦康照石中仁人佐伯亮うらむ気持よりも 幸せでした たとえ短い 月日でも 愛し合えたわ ふたりして ああ 大阪を 忘れない あなたがいるから いつまでも  いつか雨にぬれて 心斎橋を 歩く私の 肩抱いて 寒くないかと なぐさめた ああ あのときの やさしさが 心の底まで しみました  あなたいるかしらと 儚い夢を 抱いてさまよう 北新地 だけど逢えない 空しさに ああ 大阪の 街の灯が こらえる涙に にじむのよ
百年坂三門忠司三門忠司坂口照幸宮下健治佐伯亮早いものだよ 一緒になって ことし節目の 二十と五年 式も挙げずに 負い目な俺に いつも笑顔で ついて来た 行く坂 この道 百年坂へ 俺とおまえの 夢が咲く  こんな出不精 無口なやつと どこが良くって 相方さんに みんなおまえに 任(まか)せていれば ことが運んだ いい方に 行く坂 この道 百年坂へ 酒もひとしお 胸に沁む  花の見方も 年ごと変わる 咲けよ匂えよ 精一杯に 楽に生きれぬ 似たもの同志 今日のしあわせ 噛みしめて 行く先 この道 百年坂へ おまえ一生 みちづれに
おしどり酒金田たつえ金田たつえ仁井谷俊也保田幸司郎佐伯亮思い通りに ならないと 自棄(やけ)をおこしちゃ 駄目ですよ あなたの背中が 疲れてみえる たまには息ぬき して欲しい 今夜はふたり 久し振り お酒飲みましょう おしどり酒を  口惜しまぎれの その拳 ぶってください このわたし 泣きたいくらいの 苦しさ辛さ わかっております 女房です 今夜は涙 わけあって お酒飲みましょう おしどり酒を  いつか世にでる 人なのよ 我慢するのも 修行です わたしのこの瞳(め)に くるいはないわ あなたは男に きっとなる 今夜はふたり 水入らず お酒飲みましょう おしどり酒を
兄弟仁義美空ひばり美空ひばり星野哲郎北原じゅん佐伯亮親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎりの 義兄弟 こんな小さな 盃だけど 男いのちを かけてのむ  義理だ恩だと 並べてみたら 恋の出てくる すきがない あとはたのむと かけ出す露路に ふるはあの娘の なみだ雨  俺の目をみろ 何んにもゆうな 男同志の 腹のうち ひとりぐらいは こういう馬鹿が 居なきゃ世間の 目はさめぬ
兄弟船美空ひばり美空ひばり星野哲郎船村徹佐伯亮波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は 親父のかたみ 型は古いが しけにはつよい おれと兄貴のヨ 夢の揺り籠さ  陸(おか)に上がって 酒のむときは いつもはりあう 恋仇 けれども沖の 漁場に着けば やけに気の合う 兄弟鴎 力合わせてヨ 網を捲きあがる  たったひとりの おふくろさんに 楽な暮らしを させたくて 兄弟船は 真冬の海へ 雪の簾(すだれ)を くぐって進む 熱いこの血はヨ おやじゆずりだぜ
津軽じょんがら節細川たかし細川たかし青森県民謡青森県民謡佐伯亮ハアー お国自慢の じょんがら節よー 若衆唄えば 主人(あるじ)の囃子 娘おどれば 稲穂も踊る  ハアー 津軽よいとこ りんごで飾る 娘十八 お化粧で飾る 岩木お山は 男で飾る  ハアー 岩木お山を こずえにながめ つづくりんごの みどりの中を 右も左も じょんがら節よー
望郷の駅はまだ遠い冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介佐伯亮渡り鳥さえ ねぐらへ帰る 帰るあてない さすらい暮し 男になれと おふくろの 声がかなしく あと追いかける ああ望郷の 駅はまだ遠い  つれていってと 別れの駅で 泣いてすがった 可愛いお前 夜汽車の隅で この俺も そっと涙を かくれて拭いた ああ望郷の 町が遠ざかる  死んだ積りで 出直す俺に 続く果てない 吹雪の曠野 お前の顔が おふくろが 夢にでてくる 旅路の夜よ ああ望郷の 駅はまだ遠い
明治一代女美空ひばり美空ひばり藤田まさと大村能章佐伯亮浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の はずかしや 人目しのんで 小舟を出せば すねた夜風が 邪魔をする  怨みますまい この世の事は 仕掛け花火に 似た命 もえて散る間に 舞台が変わる まして女は なおさらに  意地も人情も 浮世にゃ勝てぬ みんなはかない 水の泡沫(あわ) 泣いちゃならぬと 言いつつ泣いて 月にくずれる 影法師
とちぎ水郷蔵の街岡ゆう子岡ゆう子杜龍門君塚昭次佐伯亮これが別れの 旅ですね あなたの仕草で わかります とちぎ水郷 二人で訪ねた 蔵の街 よろこび悲しみ うずまく愛を 流す運命(さだめ)の 巴波川(うずまがわ)  いつかあなたの 心には 私に内緒の 人が住む とちぎ水郷 夕映え鐘の音(ね) 蔵の街 寄り添う影さえ 寂しくゆれて 風も泣いてる 遊歩道  誰がうたうか 白壁の むこうにきこえる 恋の歌 とちぎ水郷 やさしさ漂う 蔵の街 あの日の約束 だきしめながら 生きて行きます 明日(あした)から
女の真実岡ゆう子岡ゆう子三浦康照君塚昭次佐伯亮ひとつふたつと こころの傷を 泣いて数えて 辛さに耐えて 生きて来ました 夢追いながら みんな過去(むかし)の はかない恋ね 命を賭けるわ 女の真実(まこと) 抱いて明日も 生きてゆく  あなた残した みれんに酔えば ついて来るのよ 涙をつれて 遠い霧笛を ひとりで聞いて 胸のさみしさ 噛(か)みしめながら 叶(かな)えてほしいの 女の真実(まこと) ここはさい果て 港町  女ですもの 愛されながら 泣いて甘える あなたがほしい こんな私を 袷ってくれる 強い男に 逢えるでしょうか 芯(しん)から尽(つく)すわ 女の真実(まこと) 強く明日も 生きてゆく
おんなの夜風西川ひとみ西川ひとみ結城忍伊藤雪彦佐伯亮浜の夜風は あなたの匂い 破れた心に からみつく お酒ください お兄さん 見てはいけない 夢をみた ばかなおんなの あなた 迷い酒  ドラが泣くから くちびる噛んで こらえた涙が ついぽろり 酔っていいでしょ お兄さん 最終出船の 桟橋は 恋を見送る あなた 人ばかり  私ひとりの あなたでいてと 叶わぬ願いが 波に散る お酒おかわり お兄さん しょせん結べぬ 絆でも いのち燃やした あなた おんなです
寄り添い花西川ひとみ西川ひとみたかたかし伊藤雪彦佐伯亮おまえがすきだと 雨の夜 抱かれて泣いた 女の涙 こんなわたしで わたしでいいなら あなたのおそばに おいて おいて おいてほしいのよ 寄り添い花は 愛の花  あなたに逢えると 信じてた 傷つきながら それでも夢を 決してわがまま わがまま言わずに あなたの行く道 ついて ついて ついていきたいの 寄り添い花は 女花  一度でいいから 泣かないで きれいな恋を 咲かせてみたい こんな女で 女でいいなら 命のかぎりに あなた あなた あなた尽くします 寄り添い花は 愛の花
男の時計三門忠司三門忠司仁井谷俊也宮下健治佐伯亮人が生きると 云うことは 重荷を背負い 歩く旅 時代おくれの 不器用ものが 我慢に耐えた 幾月日 いのちの時間(とき)を 刻んでた 過去を振り向く… 男の時計  たとえ一秒 一分も 一緒にいたい 女(ひと)だった いつか運命(さだめ)に 裂かれたけれど 今でも胸の 歯車が おまえに廻る 針をさす 恋に未練な… 男の時計  永い一生 雨風に こころが錆(さ)びる こともある 夢の振り子は 死ぬまで止(と)めぬ も一度ネジを 巻き直し あしたに挑(いど)む 立ち向かう それも人生… 男の時計
ウソツキ鴎小林幸子小林幸子西沢爽古賀政男佐伯亮嘘つき鴎に きょうもまた お船が来たよと だまされた お船は来たけど よその船 しょんぼり波止場に 背をむけて 私はホロリと…ホロリと 泣いちゃった  嘘つき鴎と よく似てる 小粋なジャケツの マドロスさん 花束かゝえて 手をふって 急いで帰ると それっきり 手紙もくれずに…くれずに もう三月  嘘つき鴎は 旅の鳥 まあるい地球を ひと廻り どこかであの人 見かけたら 私が毎日 泣いてると ほんとの話を…話を しておくれ
新地のおんな森進一森進一のまたくま・補作詞:麻こよみ森進一佐伯亮あなたおとこで わたしはおんな 理屈なんかは いらないわ 獣(けもの)みたいな 激しさで 強く愛して ほしいのよ いのちいのちを 愛してほしい ああ ああ 新地のおんな  恋に何度も 泣かされ泣いて 胸に隠した 傷の跡 なにが大事か ほんとかを 少し知ってる つもりです おんなおんなの まごころあげる ああ ああ 新地のおんな  うそはいらない まことがほしい 熱いくちづけ 信じたい おとこ心の 裏表 肌で知ってる わたしです ひとりひとりじゃ 生きられないの ああ ああ 新地のおんな
夢路坂扇ひろ子扇ひろ子高橋直人安藤実親佐伯亮肩を寄せあう えにしの傘で 浮世しぐれの しずくを避(よ)ける 人の情けに 手を引かれ 風雪(ふうせつ)峠も 越えられた まだまだこれから 先がある 愛もほころぶ 夢路坂  旅は道連れ このまま二人 永遠(とわ)に離れず 人生行路(こうろ) あつい思いを 三重(みえ)に巻き 結んだ帯には 花ひとつ わたしも幸せ 咲かせます 辿(たど)る陽溜(ひだま)り 夢路坂  寒さ凌(しの)ぎの 重ね着よりも 交(かわ)す笑顔で ぬくもる心 冬の暦を めくったら やさしく迎える 春の風 まだまだこれから 先がある 明日へひとすじ 夢路坂
冬旅路三船和子三船和子三正和実大山高輝佐伯亮吹雪けさぎり 涙雪つぶて 未練ひきずり 北のはて 逢いたいよ 恋しいよ いとしくて ねぇ貴方(あなた) くるいそう はりさける この胸も おんな冬旅路  荒れる海鳴り 軋(きし)む岩肌に はぐれカモメも 首すくめ 誰ひとり 影もない 私だけ ねぇ貴方(あなた) 立ちすくみ ほつれ髪 手櫛(てぐし)とく おんな冬旅路  愛はうたかた 波に流しましょう 思い切るには 辛いけど 春風よ 早く吹け 木枯(こがら)しを ねぇ貴方(あなた) 追い帰せ 花ごよみ 連れて来て おんな冬旅路
紅葉雪西方裕之西方裕之松井由利夫山田年秋佐伯亮積るそばから はかなく消える 季節はずれの みぞれ雪 哀しい夢の 移り香抱いて 今日も佇む 出会い橋 色づく秋を ……涙で染める 紅葉雪  世間知らずが 身も世もかけて 恋を紡いだ 花の糸 結んだ小指 噛みしめながら 右と左へ 別れ橋 おもかげにじむ ……想い出揺れる 紅葉雪  男ごころと 割り切れたのに 背伸びしてみる 遠灯り 流れる川は 女のさだめ 胸にきかせて 戻り橋 幸福なんて ……表と裏の 紅葉雪
女ひといろ西方裕之西方裕之松井由利夫山田年秋佐伯亮あなたひとりを 命ときめて かけて尽くして 夢追うわたし 逢うも 切ない 別れもつらい つりしのぶ 風の吹くまま さだめのままに 女ひといろ どこまでも  生きる寒さに 躓(つまず)きながら なみだ道草 女の弱さ そんな わたしを やさしく濡らす 小糠雨(こぬかあめ) いいの明日が 見えなくたって ついて行きます どこまでも  一度結んだ 心の帯は 熱い情けを 二重に三重に 苦労 坂道 覚悟の上の 向い風 強いあなたに 背中を押され 女ひといろ どこまでも
空蝉しぐれ真咲よう子真咲よう子池田充男西條キロク佐伯亮好きになったら 思いのまゝに 愛したいのが おんなです 情け一途は 罪ですか 人の噂は 身勝手だから あなた この道 ゆきましょう 降りみ降らずみ 空蝉しぐれ  恋の迷いは 脱ぎすてました 顔のやつれを いたわって 紅も艶よく かえました これでいゝのよ 振りむかないわ みんな 昨日の わるい夢 秋のしずくか 空蝉しぐれ  足を滑らせ あなたにすがる こゝは鎌倉 化粧坂(けわいざか) いゝえ弱音は はきません 誰も気にせず 落葉に抱かれ ひとつ 咲いてる りんどうの 花を泣かすな 空蝉しぐれ
しあわせ港小野由紀子小野由紀子円理子大谷明裕佐伯亮ここは しあわせ しあわせ港 波が踊れば カモメも踊る カモメ踊れば 若い衆も踊る 可愛いあの娘と 眼と眼が合えば 心ウキウキ 心ウキウキ 浮かれ船 (チョチョンと チョチョンと しあわせに)  ここは しあわせ しあわせ港 出船 入船 一番船だ カモメ唄えば 大漁旗に 可愛いあの娘が 手を振る今朝(けさ)は 日本晴れだよ 日本晴れだよ 笑顔船 (チョチョンと チョチョンと しあわせに)  ここは しあわせ しあわせ港 男女波(めおとなみ)だよ 寄せ来る波は カモメ百まで わしゃ九十九(くじゅうく)まで 可愛いあの娘と 人生航路 孫の代まで 孫の代まで 祝い船 (チョチョンと チョチョンと しあわせに)
雨のタンゴ小野由紀子小野由紀子円理子大谷明裕佐伯亮うしろ姿を 眼で追いかけた 傘もささずに 去り行く君(ひと)よ くちなしの花が 匂う 路地裏通り 君・今・何処(いずこ)… 帰り来る日を 待ちわびて 忍び泣きする 忍び泣きする あー 小糠雨(こぬかあめ)  にわか雨なら すぐ晴れるのに いつも心は 哀しみ模様 風鈴が 雨風(かぜ)に騒ぐ 泪に咽(むせ)ぶ 君・今・何処(いずこ)… 熱いくちづけ もう一度 夢は儚(はかな)く 夢は儚く あー 遠い虹  君・今・何処(いずこ)… 雨よ 帰して あの君(ひと)の 胸に再び 胸に再び あー 雨宿り
しぐれ傘鏡五郎鏡五郎もず唱平山崎剛昭佐伯亮今夜で終りの恋ですか 運命(さだめ)に泣いてる しぐれ傘 秋の深さにひきづられ 切るに切れない 縁(えにし)の深さ 抱いて下さい もう一度  夜汽車の汽笛に叱られて 我が身を責めてる しぐれ傘 逢瀬重ねた隠れ宿 知っているのか 別れのつらさ 拗(す)ねて泣いてる 遠灯り  育てちゃいけない愛ゆえに 人目を憚(はばか)る しぐれ傘 どうせ添えぬと知りながら 誰が逢わせた あなたと私 罪な二人の 夜が更ける
花ふたつ真木ことみ真木ことみ仁井谷俊也叶弦大佐伯亮荒野(あれの)に咲いてる 花もある 路地に咲いてる 花もある あなたの心に 住んでるひとは あのひとでしょうか わたしでしょうか 信じているから つらいのよ どちらかひとりに 決めてくださいな…あなた  あきらめきれない 恋もある 忘れきれない 恋もある 幸せ色した 蕾(つぼ)みの花を 育ててゆきたい あなたとふたり 遠くへ離れて 行かないで 一緒に来いよと 言ってくださいな…あなた  真冬にほころぶ 花もある 春にほほえむ 花もある 宿命(さだめ)にゆれてる ふたつの花が どちらか散るのは 悲しいけれど おんなの生命(いのち)を 賭けたから 私の行(ゆ)く道 決めてくださいな…あなた
貴船川三代沙也可三代沙也可池田充男伊藤雪彦佐伯亮あなた ほら あなた 蛍です 儚(はかな)くて 美しい ゆめの世界を 見るようですね 恋に身を灼(や)く この私 待って 待って 死ぬほど待って くずれるような 夜だから 蛍になりたい 貴船川(きぶねがわ)  あなた ほら あなた あの蛍 追いかけて 結ばれて ゆるい川面を 流れてゆくわ おなじ運命で かまわない いのち いのち 女のいのち 男にあげて 悔(く)いはない 蛍になりたい 貴船川  憎さ 愛(いと)しさ 胸に秘め 待って 待って 一年待って 思いを遂(と)げる 夜だから 蛍になりたい 貴船川
みちのく平泉大沢桃子大沢桃子なかむら椿なかむら椿佐伯亮北国に咲いた 美(うるわ)し都 桜舞い散る 東(あずま)下(くだ)りのめぐり会い 何故に 別れは 来るのでしょうか 咲いて儚い この命 嘆く涙の 花が舞う 祈り捧げる…みちのく平泉  月見坂行けば 逢えるでしょうか 生きる悲しさ 癒やす旅路の光堂(ひかりどう) 燃える篝火 延年の舞 辿る思い出 恋しさに 心彷徨う 杉木立 月も潤んだ…みちのく平泉  涙雪積もる 山門くぐる 胸の根雪も 溶けて流れて北上川(きたかみ)へ 叶うものなら この世の次も 赤い運命(さだめ)を たぐり寄せ めぐり逢いたい あの人と 愛は消えない…みちのく平泉
阿波の恋唄金田たつえ金田たつえ木下龍太郎池田八声佐伯亮エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイ ヨイヨイ  浮いて浮かれる よしこの節の 節が哀しい 私には 祭りが済めば 元の他人の二人なら 振りは陽気に 踊っていても 音が泣いてる 利休下駄 エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイ ヨイヨイ 祖谷のかずら橋ゃ ゆらゆらゆれど 主と手を引きゃ こわくない  千々(ちぢ)に乱れた 桃色蹴出し 燃えて過ごした 夢一夜 眠れぬままに 窓を開ければ波の音 女ごころと 鳴門の潮は 止めて止まらぬ 渦になる エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイ ヨイヨイ  つのる未練を 鳥追い笠に そっと隠して 袖を振る 忘れはしない いのち重ねた恋だもの 胸で貴方に 別れを告げりゃ 三味がひと泣き 阿波踊り エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイ ヨイヨイ
篠笛の里北山たけし北山たけしたかたかし遠藤実佐伯亮誰が吹くのか 篠笛の 音色かなしい 野辺の秋 明日は遠くへ 嫁ぎゆく 君をおもえば せつなくて  白い野菊の 花を摘み 君にかざろう はなむけに 想いひそかに かよわせた 過ぎた季節の 思い出に  人のさだめを 嘆くよな ふしもわびしい 篠笛よ 光る夜空の あの星に 君のしあわせ 祈ってる
女房気質坂本冬美坂本冬美木下龍太郎花笠薫佐伯亮夢を担いだ 天秤棒を 酔って今夜も 杖がわり 酒に勝てない あなたの弱さ 今日は愛想が 尽きました 実家(さと)へ明日は 暇(いとま)を取ると 女房なりゃこそ 嘘をつく  心にもない 憎まれ口を 女房利(き)かずに アァ 誰が利(き)く  薬効いたか 金比羅さまに 酒を断つとの 願い事 持って生まれた 商売(あきない)上手 日毎増えてく 得意先 夜明け前から 精出す背中(せな)に 女房なりゃこそ 手を合わす  苦労三年 店まで持てた 今日は納めの 大晦日 祝い酒よと 一本付けりゃ あなた懲(こ)りたと 苦笑い みんなお前の お陰の声に 女房なりゃこそ うれし泣き
酒場のすずめ五月みどり五月みどり遠藤実遠藤実佐伯亮甘いと思った 恋の実は 涙が出るほど 苦かった あれから流れて 裏町の 私は酒場の チュンチュクすずめ  一緒になろうと 言う人も 好きだと言った あの人も お酒が言わせる 嘘かしら 情けに弱いの チュンチュクすずめ  ふるさとなまりが 懐かしく おしゃくをする手が ふるえちゃう 母さんごめんね 許してね 今夜は泣かせて チュンチュクすずめ  お熱いところを 注ぎましょうか それとも手拍子 そえましょうか 浮世の暗い 笹やぶで 明日も待ちましょ チュンチュクすずめ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
屋台酒大地誠大地誠木下龍太郎聖川湧佐伯亮女は後(うしろ)を 向かないが 男は何度も 振り返る 路地に浮かんだ 三日月が まるでお前の 眉のよで 酔うほどまぶしい 屋台酒  いまごろ読めても もう遅い 女のこころの 裏表 惚れていながら あきらめた 若いあの日の おろかさを 悔やめばむせ込む 屋台酒  女は大人に なれるけど 男は死ぬまで 甘えん坊 離れ離れの 歳月を 埋める手立ては ないものを お前に逢いたい 屋台酒
男の地図三門忠司三門忠司仁井谷俊也山口ひろし佐伯亮男の胸の 古い地図 ひとり覗(のぞ)けば また浮かぶ 遠い故郷(ふるさと) あの笑顔 いつも何かに 挫折(つまず)くたびに いのち支えて 生きてきた…  こころに消えぬ あの女 過去に帰れる 汽車はない 今は誰かに 嫁いだか 惚れていりゃこそ 口にはだせぬ 恋もあるのさ 男には…  曲がった川も いつの日か 青い海原(うみ)へと 流れこむ 俺の人生 道なかば 急(せ)かずあせらず 甘えず媚(こ)びず きっと咲かすさ 夢ひとつ…
風港大川栄策大川栄策松井由利夫伊藤雪彦佐伯亮とぎれとぎれに 汽笛が咽ぶ 夜風 潮風 別れ風 濃い目の化粧で 隠しても 潤んで見える おまえの睫毛 今夜ばかりは… 今夜ばかりは 酔うに酔えない わかれ酒  口に出したら 言葉にしたら ほろり本音が こぼれそう 浮草 水藻の かくれ花 倖せなんて ぬくもりなんて これでいいのさ… これでいいのさ そっと吹き消す 夢灯り  港 路地裏 ここから先は 恋も涙も 行き止まり 冷たく背中を 向けたけど 背中で詫びて 心で泣いて 今度逢えたら… 今度逢えたら ましな男で また逢おう
終着駅から金田たつえ金田たつえ池田充男伊藤雪彦佐伯亮終着駅から 届いた手紙 胸にたゝんで 旅支度 愛の激しさ 吹雪も晴れて しあわせきそうな 北の空 あなた あなた あなたに逢いたい こゝろが先にゆく  人生春秋(はるあき) みちづれほしい 力づよさが にじむ文字 よめば思わず あふれる涙 片道切符が 添えてある あなた あなた あなたの横顔 ガラスに映ります  運命(さだめ)をたくした 鞄を膝に 化粧なおせば ときめいて 遠い旅路の 終わりも近い 海峡列車は 夜明け前 あなた あなた あなたに誓うわ 死ぬまで離れない
比叡の雪上野さゆり上野さゆり秋浩二聖川湧佐伯亮紅葉(もみじ)の匂いを嗅(か)ぎつけて 木枯らしが吠えながら 比良(ひら)から駆けてくる 恋に背(そむ)かれ夢を裂(さ)かれて さ迷う比叡のひとり旅 山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと からんころんと 雪が降る  指輪の傷跡いたわれば なぜ涙止まらない 大原三千院 帰る場所(ところ)も陽だまりもない さすらう比叡のひとり旅 山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと からんころんと 雪が降る  彩(いろど)る横川(よかわ)の夕暮れに 琵琶湖越(びわご)えの北風(かぜ)が吹き 煙雨(えんざめ)凍らせる こんなわたしは忘れていいわ さ迷う比叡のひとり旅 山が泣いたら雲が泣いたら 女が泣いたら からんころんと からんころんと 雪が降る
おもいで橋真木ことみ真木ことみ池田充男叶弦大佐伯亮夜の川面に ぽつり あおい月 星が降るよな おもいで橋を わたれば あなたに 逢えるでしょうか いまさら恋路に 迷うなと 風が笑うの 叱るのよ 袖(そで)をだきしめ また涙 また涙  胸も こころも そして 黒髪も 艶(つや)のある娘(こ)に なりきれなくて あの夜 泣き泣き わかれた私 あなたが名づけた 橋のうえ 熱いみれんに 身を焦(こが)す いまも死ぬほど すきなのよ すきなのよ  帯をほどいて そっと 投げるから たぐり寄せてね おもいで橋で ひとつになりたい ふたりの命 春から夏への 岸辺には もつれあいあい とぶ蛍 あなた ください しあわせを しあわせを
稲妻大川栄策大川栄策たかたかし杉本眞人佐伯亮雨が来そうと 窓にもたれて つぶやく女の 背中の薄さ 夢をおまえに 話せても 何もやれずに 泣かせてばかり ごめんごめんね 苦労をかけるね  どこで暮らそうと あなたがいれば わたしはいいのと 体をよせる 好きで一緒に なったのに 花も飾れず つらいだろうね ばかな男を 許しておくれよ  夜の障子に 光る稲妻 怯えた目をして おまえがすがる 外はどしゃ降り 白い闇 抱いてみたって 淋しいけれど 明日を信じて 信じていようね
宿かり西方裕之西方裕之たかたかし岡千秋佐伯亮世の中いつでも お世話様 人間ひとりじゃ 生きられぬ 雨風波風 人の一生(みち) たすけられたり たすけたり 俺もおまえも 相身互いの 宿かりさ  いいことばかりじゃ おさまらぬ 生きてりゃ涙も 流すだろ 満潮引潮 人の一生(みち) ささえられたり ささえたり 俺もおまえも 相身互いの 宿かりさ  感謝の心は ありがとう 五文字で通わす 人の縁 出会いも別れも 人の一生(みち) 泣いて笑って また明日 俺もおまえも 相身互いの 宿かりさ
波止場うた上杉香緒里上杉香緒里城岡れい徳久広司佐伯亮恋に命は 賭けられないと 言えばさみしい 女よね 死ぬほど惚れた ひとがいた 死なずに生きた その理由(わけ)は… 灯ともして 笑顔ともして 波に聴かせる 波止場うた  愛に生きたら 幸せだけど 背負うしがらみ どうするの 流れて逢えぬ ひとがいる 流れのカモメ どの辺り… 灯おとして 化粧おとして 涙そぼ降る 波止場うた  陸(おか)で暮らすか 奈落(ならく)の海か ここは女の 道の果て 忘れたはずの ひとがいる 忘れていない あの夢は… 灯さがして 明日(あす)をさがして 情け日暮れる 波止場うた
遊侠街道美空ひばり美空ひばり西條八十古賀政男佐伯亮敷居三寸 男が跨ぎゃ そとは白刃の くらやみ街道 喰ってやろうか 喰われてやろうか 勝負 勝負勝負の 火花のこの世  花はくれない 柳はみどり どうせ咲いても 短い生命(いのち) 勝つは生き甲斐 勝て勝て明日も 花も 花も嵐も どんと踏み越えて  胸をたたいて ゆくぞときめて 仰ぐ夜空は 十六夜(いざよい)月夜 女房可愛や 門出の祝い にっこり にっこり抱えた こも冠り
娘船頭さん美空ひばり美空ひばり西條八十古賀政男佐伯亮娘十八 口紅させど わたしゃ淋しい 船頭むすめ 燕来るのに 便りも無くて 見るはあやめの ヨウ花ばかり  想いそめたは 鹿島のまつり おまえゆかたで わたしは島田 祭太鼓に 櫓拍子あわせ 漕いだあの夜の ヨウ天の川  鐘が鳴ります 潮来の空で 月に墨絵の 十二の橋を 漕いで戻れど 別れたひとと 水のながれは ヨウ返りゃせぬ
ゴンドラの唄ちあきなおみちあきなおみ吉井勇中山晋平佐伯亮いのち短し 恋せよ乙女 紅き唇 あせぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日の明日は 無いものを  いのち短し 恋せよ乙女 いざ手をとりて かの船に いざ燃ゆる頬を 君が頬に ここには誰も 来ぬものを  いのち短し 恋せよ乙女 黒髪の色 あせぬ間に 心の炎 消えぬ間に 今日はふたたび 来ぬものを
愛につつまれて松前ひろ子松前ひろ子池田充男山口ひろし佐伯亮たとえば私は 炎の鳥かもしれない 姿 気高い 女神の手から 歌の翼を 授かったのよ さあ 唄いなさいと 涙はしあわせの 裏返し 天国・地獄を 見てきたわ 愛につつまれて 私はここにいる 愛につつまれて 皆様ありがとう たのしいひととき すごせましたか また逢えますよね きっと逢いましょう  うまれて私は歌うさだめですから より美しく 自分を飾り 眉をひらいて 舞台に立つわ さあ 見てくださいと 照明(ライト)は あしたへの道しるべ 生きてる証(あかし)を 探すのよ 愛につつまれて 私はここにいる 愛につつまれて 皆様ありがとう たのしいひととき すごせましたか また逢えますよね きっと逢いましょう  らららららら 炎の鳥は飛ぶのよ 赤い翼ひろげて 炎の鳥は歌うのよ 命つきるまで
再会大川栄策大川栄策たかたかし市川昭介佐伯亮風にふるえる 赤提灯で 思いがけずに 出会ったおまえ 夢という名の 男の身勝手で 泣かせた昔の ああ…女 別れ傷あと 冬酒場  きっと苦労を しているんだね 細い襟足 後れ毛ひとつ 問わず語りも 飲むほどしんみりと 昔のふたりに ああ…もどる 未練おもいで 夜の路地  駅の灯りが ポツリと見える 風に小雪が いつしかからむ 過去という名の 時間はもどせない 黙って見送る ああ…女 心残して 冬酒場
露営の歌美空ひばり美空ひばり藪内喜一郎古関裕而佐伯亮勝って来るぞと 勇ましく ちかって故郷を 出たからは 手柄たてずに 死なれよか 進軍ラッパ 聴くたびに まぶたに浮かぶ 旗の波  土も草木も 火と燃ゆる 果てなき荒野 踏みわけて 進む日の丸 鉄かぶと 馬のたてがみ なでながら 明日の命を 誰が知る  弾丸もタンクも 銃剣も しばし露営の 草まくら 夢に出て来た 父上に 死んで還れと 励まされ さめて睨むは 敵の空  思えば今日の 戦闘に 朱に染まって にっこりと 笑って死んだ 戦友が 天皇陛下 万歳と 残した声が 忘らりょか  戦争する身は かねてから 捨てる覚悟で いるものを 鳴いてくれるな 草の虫 東洋平和の ためならば なんで命が 惜しかろう
軍国の母美空ひばり美空ひばり島田磬也古賀政男佐伯亮こころおきなく祖国のため 名誉の戦死頼むぞと 涙も見せず励まして 我が子を送る朝の駅  散れよ若木のさくら花 男と生まれ戦場に 銃剣執るも大君のため 日本男児の本懐ぞ  生きて還ると思うなよ 白木の柩が届いたら 出かした我が子あっぱれと お前の母は褒めてやる  強く雄々しく軍国の 銃後を護る母じゃもの 女の身とて伝統の 忠義の二字に変わりゃせぬ
九段の母美空ひばり美空ひばり石松秋二能代八郎佐伯亮上野駅から 九段まで 勝手知らない じれったさ 杖をたよりに 一日がかり せがれきたぞや 逢いにきた  空をつくよな 大鳥居 こんな立派な おやしろに 神とまつられ もったいなさよ 母は泣けます うれしさに  とびがたかの子 生んだよで 今じゃかほうが 身にあまる 金鵄勲章が みせたいばかり 逢いにきたぞや 九段坂
暁に祈る美空ひばり美空ひばり野村俊夫古関裕而佐伯亮ああ あの顔で あの声で 手柄たのむと 妻や子が ちぎれる程に 振った旗 遠い雲間に また浮かぶ  ああ 堂々の 輸送船 さらば祖国よ 栄えあれ 遥かに拝む 宮城の 空に誓った この決意  ああ 傷ついた この馬と 飲まず食わずの 日も三日 捧げた生命 これまでと 月の光で 走り書  ああ あの山も この川も 赤い 忠義の血がにじむ 故郷までとどけ 暁に あげる興亜の この凱歌
異国の丘美空ひばり美空ひばり増田幸治・補作詞:佐伯孝夫吉田正佐伯亮今日も暮れゆく 異国の丘に 友よ辛かろ 切なかろ 我慢だ待ってろ 嵐が過ぎりゃ 帰る日も来る 春が来る  今日も更けゆく 異国の丘に 夢も寒かろ 冷たかろ 泣いて笑ろて 歌って耐えりゃ 望む日が来る 朝が来る  今日も昨日も 異国の丘に おもい雪空 陽が薄い 倒れちゃならない 祖国の土に 辿りつくまで その日まで
雪国紅葉長保有紀長保有紀木下龍太郎中村典正佐伯亮残る未練を 捨てるため 女ひとりの 旅の宿 冬がひと足 早いから もう散り急ぐ 雪国紅葉 二人の恋を 見るようで 片頬濡らす ひとしずく  心変わりを 責めるより 尽くし足りなさ 悔やみたい 湯冷めしそうな 洗い髪 たたずむ窓に 雪国紅葉 憎んだはずの あの人の 面影胸に また浮かぶ  何度 寝返り 打ったやら 眠れないまま 宿の朝 昨夜(ゆうべ)降ったか 淡雪が 紅の葉隠(か)くす 雪国紅葉 想い出埋めて 明日から 出直すつもり 辛くても
ふり向かないで美空ひばり美空ひばり石川潭月古賀政男佐伯亮ふり向かないで 向いちゃ いやいや 悲しかないのに 涙がいっぱい 溢れているの…… 日ぐれの坂道の 向うへ消えた あゝ あの人の 姿……  ふり向かないで 向いちゃ いやいや 悲しかないのに 涙がいっぱい 流れてくるの…… 並木の黄昏に すぼめた肩が あゝ いつまでも 残る……  ふり向かないで 向いちゃ いやいや 悲しかないのに 涙がいっぱい 溢れているの…… ネオンのかゞやきが 夜霧の中に あゝ いつまでも 映る……
やさしい愛の歌美空ひばり美空ひばり西沢爽佐伯亮佐伯亮灯りを消しましょ 星があるもの きかせて‥‥やさしい 愛の歌  今夜はあなたと 二人だけ 素敵なギターに 目をとじて 夢見る小鳩に なりたい私  私はあなたの 歌が大好き きかせて‥‥やさしい 愛の歌  どんなに私が 可愛いの ふたりがはじめて 逢ったとき どっちが夢中に なったのかしら  涙がでるのよ 甘い涙が きかせて‥‥やさしい 愛の歌  この世に終りが 来るときも あなたはうたって くれるわね その手で私を 抱きしめながら
真実一路美空ひばり美空ひばり佐藤惣之助古賀政男佐伯亮あゝ 大空も 大空も 真実一路の 旅なれど なぜにやつれる なぜくもる 月も一人か 月も一人か 寂しいか  あゝ あきらめて あきらめて 真実一路の 旅なれど 切れば血の出る 母と子が 一生他人で 一生他人で いられよか  あゝ 夢の世は 夢の世は 真実一路の 旅なれど 愛の光りが 消えたなら 泣いて別れよ 泣いて別れよ 街の空  あゝ 切なさよ 切なさよ 真実一路の 旅なれど 遠い涙の 思い出は 月にちります 月にちります ほろほろり
もどり舟真木ことみ真木ことみ仁井谷俊也叶弦大佐伯亮せせらぎに舞い落ちる 枯れ葉のように この手から消えてゆく いのちの恋よ いいの…いいのよ… わたしなら ひとりの暮らしが 似合っているの あなたさようなら わたし…もどり舟  あなたには明日(あす)がある 大きな夢が 泣かないで身をひくわ 悲しいけれど いいの…いいのよ… なぐさめは 運命(さだめ)と思えば つらくはないの 逢えてよかったわ わたし…もどり舟  故郷(ふるさと)のあの川が わたしを呼ぶの 懐かしい母の笑顔(かお) 瞼にうかぶ いいの…いいのよ… あしたから 想い出抱きしめ 生きてくつもり あなた幸せに わたし…もどり舟
人生将棋美空ひばり美空ひばり石本美由起かとう哲也佐伯亮指であやつる 将棋の駒も 一手違いで 負けになる 油断すまいぞ この世の中は 辛い勝負の 辛い勝負の くり返し  意地をひと筋 貫くときは なにも恐れぬ 王手飛車 敵にぐるりと 囲まれようと ここで死ぬほど ここで死ぬほど 野暮じゃない  角をとられりゃ 金 銀 桂馬 俺の力は 落ちはせぬ どんな苦労も みなはね返し いまに先手を いまに先手を とってやる  どんな時でも 弱気になるな 強気強気で 押して行け 出世駒だよ 人生将棋 勝って明日へ 勝って明日へ 進むのさ
放浪歌香西かおり香西かおり里村龍一聖川湧佐伯亮螢おまえは しあわせか 生きて七日の 一生で 私もおなじよ この世の隅で 翔ぶに翔べない 籠の花 涙かさねる 放浪歌  どうせ嘘ねと 背を向けて もしかしたらと 振り返える 季節が変われば 花なら咲ける 恋に生きたい もう一度 夢ひとひらの 放浪歌  みんな夢です ひとときの 過ぎてしまった あれやこれ 涙の数より いい想い出が あれば女は しあわせよ ひとり人生路の 放浪歌
無法松の一生GOLD LYLIC村田英雄GOLD LYLIC村田英雄吉野夫二郎古賀政男佐伯亮小倉生まれで 玄海育ち □も荒いが 気も荒い 無法一代 涙を捨てて 度胸千両で 生きる身の 男一代 無法松  今宵冷たい 片割れ月に 見せた涙は 嘘じゃない 女嫌いの 男の胸に 秘める面影 誰が知る 男松五郎 何を泣く  泣くな嘆くな 男じゃないか どうせ実らぬ 恋じゃもの 愚痴や未練は 玄海灘に 捨てて太鼓の 乱れ打ち 夢も通えよ 女男(みょうと)波
一剣氷川きよし氷川きよし松井由利夫水森英夫佐伯亮川の水面(みなも)に 揺れる月 一刀両断(いっとうりょうだん) 影を斬る 心騒がず 波立てず 躱(かわ)す 突(つ)く 撃(う)つ 払(はら)う 剣に男は… 剣にひとすじ 夢を追う  “心正しからざれば、剣また正しからず…”  敵は己(おのれ)の 内(うち)にあり 柳暗花明(りゅうあんかめい)の 現世(うつしよ)も 春に背(そむ)いて 野に伏(ふ)して 押せば引け 引けば押せ 剣に男は… 剣に命の 華を見る  風の涙と 草の露 行雲流水(こううんりゅうすい) 成るがまま 襟(えり)を正して 瞼(め)を閉じて 間髪(かんぱつ)の この気合 剣に男は… 剣に明日(あした)の 道を知る
浪花のおんな秋岡秀治秋岡秀治水木れいじ市川昭介佐伯亮とかくこの世は 癪(しゃく)の種 にわか芝居か 気まぐれ男 あんな奴なら もう縁切って 天満橋から 捨てたのに… なんで泣く泣く 堂島すずめ 泣いたら渡れぬ 浪花のおんな川  咲かずじまいの 夢ほどに みれんあと引く 片恋ごころ なさけ難波と 呼ばれる町で ひとり手酌の ふられ酒… 酔えば散る散る 道頓堀(とんぼり)ネオン いまさら誰待つ 浪花の裏通り  あとは言わぬが 花ならば 水に流して このまま帰ろ 十日戎(とうかえびす)の 福笹抱いて 逢いに北浜 雨が降る… なんで泣く泣く 曽根崎あかり 泣いたら渡れぬ 浪花のおんな川
望郷千里松前ひろ子松前ひろ子池田充男山口ひろし佐伯亮吹雪 舞う朝 マントをはおり 港に走って 来た父を わたしは涙で 振りきった あれから幾歳(いくと)せ― 逢いたくなったら ゆめに乗り帰るのよ 津軽海峡 望郷千里  八重の桜に かこまれながら 卆寿(そつじゅ)を祝った あの母に もいちど見せたい 晴れ姿 ふるさと恋しや― 都の空から 函館の山あたり 星がながれる 望郷千里  歌うわたしの 人生暦(ごよみ) ひらけば頁(ページ)の まんなかに あります大きな 華(はな)舞台 あなたとみちづれ― 旅路で戴(いただ)く しあわせを抱きしめて 愛の絶唱 望郷千里
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
他人宿八汐亜矢子八汐亜矢子遠藤実遠藤実佐伯亮お酒の ちからで 別れ話は もうやめて つらさ増します 他人宿 今夜かぎりね… あなたが捨てる 私など 悪い女に なっていいのでしょ ああ かなしい… 雨が降る  涙が こぼれる そっと押えて その指で 未練化粧の 他人宿 さがさないでね… あなたの愛の 片隅に こんな私も 置いて欲しかった ああ かなしい… 雨が降る  あなたと 呼ぶひと 私これから いないでしょ 長い廊下の 他人宿 送らないでね… ひとりの旅の はじまりは もっとつめたく 情かけないで ああ かなしい… 雨が降る
父娘船森山愛子森山愛子松井由利夫水森英夫佐伯亮潮のしぶきが 沁みとおる ゴムの合羽の 七分袖 父さん舵取り たのんだよ 船の仕切りは まかせておきな 母さん形見の お守り抱いて ヨイショと漕ぎ出す 父娘船  花もはじらう 年頃を 紅もひかずに 束ね髪 極楽トンボの 兄ちゃんが 島へ帰って くるその日まで 父さん二人で 力を合わせ ヨイショと乗り切る 父娘船  海の青さが むらさきに 変わる潮目が 勝負だよ 父さんゆずりの 肝っ玉 嫁のはなし縁談にゃ 片眼をつぶり 舳先で群れ飛ぶ 鴎の唄で ヨイショと網引く 父娘船
浪花なさけ橋金田たつえ金田たつえ一ツ橋雪池田八声佐伯亮着物には きりりと帯を締めるよに 浪花の川には 恋情(なさけ)行き交う 橋があります  “何や弱みそ”と 泣き泣き詰(なじ)り びんた一打ち あんたの頬に 励ますつもりやったと 詫び切れず 想い出たどる 堂島川は 枯葉浮かべて 秋から冬へ 今も逢いたい 浪花の ああ 人恋天満橋  “末は いっしょに”と 嬉しさ抱いて 中之島から 水晶橋へ 互いにお初天神 手を合わす 嘘などないわ あの日のあんた 酔えば淋しい 曽根崎新地 未練捨てても 浪花の ああ 夢追う大江橋  “早う帰りや”と 鳴る澪標(みおつくし) いつも馴染んだ 鐘の音沁みる 可愛女性(ええひと)見付けあんたも 気張ってや 小雪がちらり 土佐堀川に うちも負けへん 涙で誓う 鳩がむれ遊(と)ぶ 浪花の ああ 春待つ淀屋橋
遠野しぐれ上杉香緒里上杉香緒里城岡れい徳久広司佐伯亮変わる季節を すすきが揺らし 風が生まれる 遠野駅 はぐれて添えない 恋を抱き 明日をさがしに 来た旅路 遠野しぐれて 暮れる里 忘れてあげれば… 楽ですか  酔ってあの人 聞かせてくれた 南部語りの なつかしさ うつむく心を 酒に染め ぬらす枕で 聞く音は 遠野しぐれて なみだ宿 雨音つづきの… 女です  止まる水車を 未練でまわす 夜明けまじかの わかれ水 ついては行けない 道の先 惚れた男の 夢がある 遠野しぐれて 走る霧 届かぬ背中を 押して行く
おんな酒上杉香緒里上杉香緒里城岡れい徳久広司佐伯亮泣いて乱れる 恋よりも 惚れた弱みで 別れた辛さ あんたなんかにゃ わかるまい あんただけには 見せたくないの 笑顔支えた 頬づえに 苦い雨降る おんな酒  追って背中に 甘えたい 惚れていりゃこそ 解いたこの手 あんたなんかにゃ わかるまい あんたひとりに 命をあげて 夜の重さに 耐え切れず 胸は火の川 おんな酒  こころ二つを 持つひとは どちら向いても 淋しいはずよ わたしほんとは わかってた 迷う男の 優しさ深さ 夢と氷を 砕いては 明日を飲み干す おんな酒
大阪夜雨三門忠司三門忠司坂口照幸宮下健治佐伯亮こんなご縁は はなから無理と 先にあきらめ 立つものを そっと願掛け 法善寺 好きなお方を 慕う身は にごり水でも りんと咲く 雨も知ってる 大阪夜雨  ネオン浮かべる 淀んだ川も 同じ流れは そこにない 過去を忘れて もう一度 生きてゆこうと 決めた日の 夢の架け橋 繋ぎ橋 思い出します 大阪夜雨  分からないわね この世のことは どこで転がる 冬と春 不幸つづきの 女でも 添えるこの日が 来ようとは 雨も祝って 道に咲く 水の花火よ 大阪夜雨
お駒雪化粧笹みどり笹みどり水木れいじ安藤実親佐伯亮蝶よ花よと もてはやされた そんな昔が 懐かしい 器量ばかりで 実らぬ花か お駒うす紅 黄泉路(よみじ)の旅化粧  恋とのれんの 両天秤じゃ しょせん渡れぬ 憂き世川 人目忍んだ 閨(ねや)の灯(ひ)も 浮いた浮いたの 夢も消え 今日は罪の瀬 おぼれ舟  才三(さいざ)ひとりと こころに決めて 解いた十九の 初島田 誰の筋書(すじ)やら からくり芝居 お駒なみだで 爪びく 三味の弦(いと)  (セリフ) もう想い残すことなんて あるもんか みれんも無い… 怨みも無い… この世のことは 水に流して むこう岸 あの人が…あの人が…きっと私を 待っているからね  誰に見せましょ 女の意地を わかれ絵すがた 黄八丈 これが この世の見おさめ橋に… お駒いのちか ひとひら春の雪
ひと汽車おくれて俺も逝く古都清乃古都清乃宮川ひろし宮川ひろし佐伯亮俺が愛した 黒百合の花 咲いて散りゆく 病葉(わくらば)いとし これから何を 心のささえ 四十路中途で 逝(ゆ)くなんて 神は無情か 生命灯(いのちび)消えて ひと汽車おくれて 俺も逝(ゆ)く  寒くなるわと 手編みのセーター 糸のほつれが 涙をさそう 北国海峡 連絡船で 生まれ故郷(ふるさと) 帰りたい 写真見つめて 落した涙 ひと汽車おくれて 俺も逝(ゆ)く  窓に小雪が ちらつく夜は 人肌恋しい 手酌の酒になる おまえの好きな アカシアの花 鴎群れとぶ 丘の上 俺の名前も ほりこんで ひと汽車おくれて 俺も逝(ゆ)く
大川栄策大川栄策たかたかし市川昭介佐伯亮つれて行けない 別れのつらさ 駅灯(あかり)に背を向け ひとり泣く女 赤いコートに 降る雪の 雪の白さが目にしみる プラットホーム 汽車がくる 汽車がくる 雪国の駅  出来るものなら 切符を捨てて この手で涙を 拭いてやりたいよ 君と一緒に いるだけで おれは優しくなれたのに いつまた逢える さよならの さよならの 雪国の駅  伝えきれない 想いをのこし 汽笛がひと声 空に凍りつく 青いシグナル 舞う雪に 君の姿が消えてゆく 夜汽車の窓よ 遠くなる 遠くなる 雪国の駅
男 追分三五郎一文字辰也一文字辰也木下龍太郎伊藤雪彦佐伯亮同じ親持つ 血よりも重い 兄弟分の 盃は 馬鹿な奴だが 気のいい石松(いし)の 仇は 仇はこの身に 代えてでも 喧嘩支度の 男 追分三五郎  「おしろ、夫婦の約束はなかったことにしてくれ! 石松の仇、都鳥一家との 今度の出入り、 生きちゃあ帰れめえ。 黙ってその手 離してくれ、なあ、おしろ!」  元は備前の 武士(さむらい)くずれ 裃脱いで 男伊達 二十八人 数ある中の 清水 清水一家の 勇み肌 腕じゃ負けぬが 情 三文字にゃ貰い泣き  石松(いし)の恨みを 晴らさずいたら あの世で合わす 顔がない 意地と義理ゆえ 色恋沙汰は 捨てて 捨てて覚悟の 襷掛け 富士も惚れ込む 男 追分三五郎
くれない仁義佐野文香佐野文香水木れいじ宮下健治佐伯亮恋に咲いても いのちはいのち 義理に散っても 花は花 おひかえなすって この道 開けてもらいましょうか… 女だてらに 仁義きる 肌はくれない 鉄火肌  変る時節を 嘆きはせぬが 浮名ばかりの たつみ風 おひかえなすって けじめをつけに 参りましょうか… 肩で泣いてる 緋ざくらも 燃えて血染めの 修羅の坂  あおぐ夜空を 染めては消える 雪か花火か 人生は おひかえなすって 盃うけて 別れましょうか… 忍の一文字 抱いてゆく それが渡世の おんな道
能登の火祭り金田たつえ金田たつえ横山賢−花笠薫佐伯亮能登の火祭り 月夜の浜に キリコの若衆 渦を巻く わたしもあなたに 口説かれたなら 身を灼く女に 変わりそう 飲んでもいいわ 御陣乗太鼓の 浮かれ酒  まるで大漁の 巻網起こし お神輿火の中 水の中 つがいの鴎が 飛び立つように ふたりになりたい 夢見頃 さらっていいわ いのちの祭りに 悔いはない  能登の火祭り かがり火よりも ぶつかる人波 なお熱い あなたと寄り添い 宇出津(うしつ)の宿へ 向かえばやさしく 海が鳴る 抱いてもいいわ しあわせ呼ぶよな 腕のなか
故郷はわが胸に氷川きよし氷川きよし仁井谷俊也大谷明裕佐伯亮郷里(くに)を発(た)つ日の 峠みち 夕陽がこころに 熱かった あれから三年 もう五年 つらい時には 思いだす 夢を語った あの友よ あゝ故郷は わが胸に…  花の浴衣が 似合ってた あの娘は誰かに 嫁いだか 互いに恋とは 気づかずに 遠く離れた 二十歳(はたち)まえ せめて祈るよ 倖せを あゝ故郷は わが胸に…  雨が小窓を 濡らす夜は ひとりの寒さが 身に沁みる 草笛・柿の木 水車小屋 今日は帰ろう 夢ん中 父は達者か おふくろは あゝ故郷は わが胸に…
いたわり坂松前ひろ子松前ひろ子池田充男山口ひろし佐伯亮嵐のあとが 雨になり 晴れると思えば 風が吹き 笑ったつもりが 泣いていた ねえあなたー ずいぶん歩いて 来ましたね 息を とゝのえ ふり返る 石ころだらけの いたわり坂よ  痛かろ指に 血がにじむ わたしは平気よ それよりも あなたが倒れちゃ 嫌ですよ ねえあなたー 縁とは不思議な ものですね 頑固男と 意地っ張り おんなが寄り添う いたわり坂よ  千尋(せんじん)下の 深い谷 万丈(ばんじょう)はるかな 岩の山 ふたつを織り成す 白い雲 ねえあなたー 人生墨絵の ようですね 登りつめましょ 百までも これが夫婦の いたわり坂よ
シナの夜美空ひばり美空ひばり西條八十竹岡信幸佐伯亮シナの夜 シナの夜よ 港の灯 紫の夜に 上るジャンクの 夢の船 ああ ああ忘られぬ 胡弓の音 シナの夜 夢の夜  シナの夜 シナの夜よ 柳の窓に ランタンゆれて 赤い鳥かご シナ娘 ああ ああやるせない 愛の歌 シナの夜 夢の夜  シナの夜 シナの夜よ 君待つ宵は 欄干(おばしま)の雨に 花も散る散る 紅も散る ああ ああ別れても 忘らりょか シナの夜 夢の夜
城ヶ島雨情長保有紀長保有紀木下龍太郎中村典正佐伯亮好きで別れた 人ゆえに いまも消せない 面影を 利久(りきゅう)ねずみの 雨は女の なみだ雨 愛に引かれて 想い出を ひとり訪ねる 城ヶ島  たとえ再び 逢えたとて 過ぎた月日は 戻らない 蛇の目持つ手の 指輪重たい くすり指 女ごころの 切なさを 知るや相模の 浜千鳥  傘をさしても 心まで 濡らす三崎の 磯しぐれ 辛いけれども 雨で消したい 未練火を 舟が出て行く 通り矢の はなも日暮れる 城ヶ島  
王将美空ひばり美空ひばり西條八十船村徹佐伯亮吹けば飛ぶよな 将棋の駒に 賭けた命を 笑わば笑え うまれ浪花の 八百八橋 月も知ってる 俺らの意気地  あの手この手の 思案を胸に やぶれ長屋で 今年も暮れた 愚痴も言わずに 女房の小春 つくる笑顔が いじらしい  明日は東京に 出て行くからは なにがなんでも 勝たねばならぬ 空に灯がつく 通天閣に おれの闘志が また燃える
命の灯り米倉ますみ米倉ますみ宮川ひろし宮川ひろし佐伯亮播州相生 羅漢の里を すてて幾年 すぎたやら 惚れてしまえば 女のこころ 死ぬも生きるも 一緒です 今では貴方が 故郷みなと  どんな試練の 嵐が来ても 信じる人生を ひたすらに ついて行きます 三吉さんに 貧乏道づれ 明日がある 命かさねて 貴方と共に  たとえ世間に 背かれようと 小春が貴方の たてになる 日の丸弁当 両手にかかえ ひとり夜汽車で 東京へ 明日は男の 人生勝負
浪花の王将米倉ますみ米倉ますみ宮川ひろし宮川ひろし佐伯亮「貧乏がなんじゃい 世間のうわさがなんぼのもんじゃい あんたら坂田三吉 なめたらあかんで」  将棋一筋 男の道を ばかや あほうやと 嘲笑(わら)われながら 苦労しがらみ 笑顔にかくし 男値打ちを 信じてくれる 小春許せよ 浪花育ちの 男の意地を…  「勝てば官軍 負ければ賊軍 今度の王将戦は わいにとっては 一世一代の大勝負なんや… 小春 堪忍やで」  西の坂田か 東の関根 歩には歩なりの 人生(みち)がある 香車(やり)を使えば 日本一と あれが浪花の 三吉さんと 背なで指さす そんな日もくる 浪花の春が…  「神様たのむわ…あと三日 いや二日でええ わいの命 ちぢめてもかまへん 小春を助けてぇな 小春待っててや 死んだら 死んだらあかんで」  明日は東京へ 旅だつ俺に こころ残りは 小春の身体 見せてやりたい 男の舞台 夫婦さかずき たもとに入れて 小春死ぬなよ 坂田三吉 人生勝負…
京しぐれ三代沙也可三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦佐伯亮嵯峨野霧雨(さがのきりさめ) 夕まぐれ 指にこぼれる 京しぐれ 濡れてはらはら 散る竹の葉に 影は泣いても 戻れはしない この命かけました 恋の道  口とこころは うらはらに 情け重ね着 京鹿(きょうか)の子 涙絵染(えぞ)めの 西陣しめて たとえ世間に 背(そむ)かれようと この人によりそうと 決めた道  髪のみだれに 鐘(かね)の音(ね)が 沁みて切ない 京しぐれ 匂い袋の小さな鈴を 胸にしのばせ こらえてたえて この恋に生きてゆく おんな道
ふたりの愛染橋金田たつえ金田たつえ池田充男伊藤雪彦佐伯亮熱い男の まなざしで ついて来るかと 聞くあなた ここから戻れば また不幸せ 目には見えない 赤い糸 結ぶ縁(えにし)の 橋ならば あなたと渡りたい 愛染橋(あいぜんばし)を  紅を濃いめに よそゆきの 顔で笑って 生きてきた わたしの幸せ 泣きたいときに なみだ分けあう ひとがいる それがあなたよ 連れてって ふたりで渡りたい 愛染橋を  夢をうかべて ゆく川の 水にうつした 影法師 あなたの支えに なれるでしょうか 世間知らずの このわたし 三歩離れず 寄り添って 明日へ渡りたい 愛染橋を
おんな渡り鳥川野夏美川野夏美志賀大介原譲二佐伯亮風が吹くまま 花びら散れば ジンと泣けます 三度笠 生まれ故郷を 離れて五年 待ってて欲しい あんたに悪い もうすぐ帰るよ 渡り鳥  つらいなみだを 斜めに隠す 男まさりの 三度笠 力ずくでは 折れない枝も 情けの風に 吹かれりゃ折れる 弱いものです 渡り鳥  赤い夕日の 峠を越えて 戻りゃ寂しい 里灯り わざと強がり 言ってはみたが 明日も背中 木枯らし寒い 辛ろうござんす 渡り鳥
旅路川真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯亮女の旅路は 冬空を 哭きながら あぁ流れゆく 夜汽車に似てる 地図さえ持たず この先を どんな夢見て 何処へゆく 教えてあなた こころ寒すぎる 旅路川  汽笛に振り向く なみだぐせ だめなこと あぁ知りながら もしやと思い 歩いてきたわ 果てしなく たどり着きたい このひとと 倖せ探す 道が遠すぎる 旅路川  小指ではじけば 消えそうな 夢ひとつ あぁ叶わずに 泣かされどうし この世の中で 信じてる あなたひとりじゃ 死なせない 愛しています 命ある限り 旅路川
もしもこの世がお芝居ならば美空ひばり美空ひばり古賀政男古賀政男佐伯亮もしもこの世が御芝居ならば いつも私は振られ役 泣いて笑って筋書通り こんな男を誰が知ろ  若い身じゃもの血潮はたぎる 俺も人の子人なみに 熱い情にあこがれて 燃えて切ない恋もした  それが義理ならあきらめ捨てて 遠く別れて行けばとて 清いあの娘の純情に 泣いて夜霧の旅がらす
美空ひばり美空ひばり藤田まさと猪俣公章佐伯亮男こごろは うそばかり うそに女は 泣くばかり すがる 甘える だまし合う 女が泣く時ゃ 鏡もくもる そんな鏡を くもる鏡を 誰がふく  生きるささえが 恋ならば 恋はいのちを 閉じるまで 咲いてしぼんで 散って行く 花より私は 幸せなのよ それを鏡に 今日も鏡に 言いきかす  うつす鏡の 奥深く 数えきれない 夢がある 泣いた笑った 生き抜いた あの夢 この夢 私の人生 それが鏡に うつす鏡に よみがえる
GOLD LYLIC美空ひばりGOLD LYLIC美空ひばり関沢新一古賀政男佐伯亮勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる 柔の夢が 一生一度を 一生一度を 待っている  人は人なり のぞみもあるが 捨てゝ立つ瀬を 越えもする せめて今宵は 人間らしく 恋の涙を 恋の涙を 噛みしめる  口で言うより 手の方が早い 馬鹿を相手の 時じゃない 行くも住(とま)るも 坐(すわ)るも臥(ふ)すも 柔一すじ 柔一すじ 夜が明ける
哀愁航路神園さやか神園さやかたきのえいじ遠藤実佐伯亮汽笛残して行く船の 波が 未練の 帯になる 運命(さだめ)悲しい 運命悲しい 哀愁航路 あなた忍んで 立ち尽くす  船よ情けが あるならば 何故に私を 置いてゆく 夜風冷たい 夜風冷たい 哀愁航路 涙あとひく ことばかり  遠くなる程 近くなる 好きなあなたの おもかげが 灯り淋しい 灯り淋しい 哀愁航路 声をしぼって 袖をふる
花道多岐川舞子多岐川舞子里村龍一市川昭介佐伯亮いのち いのち男が 賭ける時 惚れて女は 花になる 望み一筋つらぬく道を 花で飾るも 女のつとめ 夢の土俵さ 東京は 命捨て身で ついてゆく  海で 海で育った 荒くれが 頭さげつつ 磨く牙 そばで見ている 私にゃわかる 奥歯かんでるでっかいあんた 情け涙の 東京で 苦労かさねて つかむ夢  故里を故里を出るとき 抱いてきた 意地があるから 明日がある 我慢二文字(がまんふたもじ)たすきにかけて 裏目つづきの世間を飛ばす 夢の土俵さ 東京は 風も吹くけど 花も咲く 
男灘多岐川舞子多岐川舞子星野哲郎市川昭介佐伯亮波に頭を どやされて 船は何をッと ホイサト 立ち上がる おれも負けずに 掛け声かけて こんな時化などなんちゃらほい なんちゃらほいさと 網を刺す 海はオホーツク 男灘(おとこなだ)  船にまかせた この命 重い軽いも ホイサト 漁次第 花と咲こうか 花咲蟹(はなさきがに)で 鱒でマスマス なんちゃらほい なんちゃらほいさと 積み込んで めでためでたの 宝船  浜で待ってる あの女は こころ美人の ホイサト 苦労人 大漁重ねて 結納ためて 今年こそはの なんちゃらほい なんちゃらほいさで 嫁とりの 夢も重なる 男灘 
花筏長保有紀長保有紀木下龍太郎中村典正佐伯亮川に舞い散る 桜の花が 寄り添いながら 流れてく あなたとこのまま 乗って逃げたい 花筏(はないかだ) 叶わぬ願いと 承知のはずが 無理を言いたい 女なら  愛し合っても 世間の風は 二人にゃつらい 向かい風 もしやに賭けてた 女ごころの 渡し舟 人目の届かぬ はるかな岸へ なんで渡さぬ 花の舟  七日(なぬか)桜と 呼ばれるけれど 春来るたびに また開く あなたと見るのは 今年かぎりの 花筏 この手に触れても 掴めぬ夢を 載せて見送る 別れ橋
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
母ありき二葉百合子二葉百合子荒木とよひさ岡千秋佐伯亮母ありき 野菊の人よ 帰らない 帰らない 心の人よ 夕やけ小径(こみち)を 歩いたね 一緒に童謡(うた)を 歌ったね 「おかあさん おかあさん…」 そっと呼んでも あゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる  母ありき 涙の人よ 会いたくて 会いたくて 悲しい人よ ふたりで東京へ 行ったよね 一緒に汽車に 乗ったよね 「おかあさん おかあさん…」 そっと呼んでも あゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる  母ありき 瞼の人よ いつまでも いつまでも 優しい人よ 苦労いっぱい したんだね 一緒に涙 こぼしたね 「おかあさん おかあさん…」 そっと呼んでも あゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる あゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる
悲しい意地宮史郎宮史郎石本美由記西條キロク佐伯亮女の愛は いのちでも 男の愛は 出来ごころ 惚れて捧げて 尽くして燃えて 後は切なさ 残るだけ 意地でこらえる この悔しさも 浮気ネオンにゃ わかるまい  捨てたら嫌と すがりつく その手を払う 罪な奴 嘘か真実(まこと)か こころの彩(いろ)に 見分けられない 恋でした 意地でこらえる 涙の裏に にじむ悲しさ 情けなさ  唇 寒い 秋が来て 私の青春(はる)は 返らない 命ぎりぎり 運命(さだめ)を預け 愛に溺れた お馬鹿さん 意地でこらえる 溜息さえも 胸に隠した 傷にしむ
津軽慕情山本謙司山本謙司平山忠夫遠藤実佐伯亮北へ流れる あの雲が 津軽野づらで 雪になる 俺の分まで 働き終えて 親父いまごろ 囲炉裏酒 ああ 帰りたい 帰れない 酔えば恋しい イャーイー ふる里が  背中まるめて おふくろが 榾火もやして 夜業する 俺の野良着を また縫いながら 待っているとの 夢便り ああ 帰りたい 帰れない 唄でしのぼか イャーイー ふる里を  手豆こらえた 山仕事 遠い町から 思い出す わたし津軽で 暮らすと言った 幼馴染は どうしてる ああ 帰りたい 帰れない 想い届けよ イャーイー ふる里へ
想い酒岡ゆう子岡ゆう子麻こよみ深谷昭佐伯亮そぼ降る小雨に 濡れながら あなた見送った 夜の駅 今頃あなた どうしてますか 私のことなど 忘れたかしら あの日と同じ 雨音きいて ひとりしみじみ 想い酒  あのまま別れに なるのなら 行かせなかった あの時に あれからあなた どうしてますか いい女みつけて 暮らしてますか 酔うほどこぼれる 女の未練 ひとりしみじみ 想い酒  女の涙も 悲しみも いつか月日が 消して行く 今頃あなた どうしてますか 私のことなど 忘れたかしら 今ならあなたと 笑って飲める ひとりしみじみ 想い酒 
いで湯の宿鏡五郎鏡五郎木下龍太郎久保進一佐伯亮湯舟に浮かぶ 三日月を 手桶で掬(すく)い 湯を浴びる きれいな肌で 抱かれたい 最後なら… もう戻れない 元の二人に いで湯の宿  障子の陰の 虫の音(ね)は 私の胸の しのび泣き 浴衣の袖を 押し当てて 乱れたら… もう見られない 夢の続きは いで湯の宿  別れの朝は 明けたのに 袂(たもと)に隠す 時刻表 汽笛はここで 聴くつもり 辛いから… もう戻れない 元の二人に いで湯の宿
あなたさがして三代沙也可三代沙也可松井由利夫伊藤雪彦佐伯亮あなたとはじめて 出逢った夜は 函館リラいろ 深い霧 街はずれ北酒場 止り木ふたつ 遠灯り 見つめあうそれだけで 倖せでした 鴎が鳴く港町 汽笛がしみる  また逢う夢さえ 約束さえも 残してくれずに 消えた人 金沢の消し印が 押されたはがき手ががりに 探がしてはみたけれど 逢えないあなた どこにいるの教えてよ 灯台あかり  あなたを追いかけ ここまで来たの 時雨の天草 石ただみ もう一度逢いたいの 確めたい未練なの このこころマリア様 わかってほしい 出て行く船 帰る船 あなたはどこに… 
ニコライの鐘藤山一郎藤山一郎門田ゆたか古関裕而佐伯亮青い空さえ 小さな谷間 日暮れはこぼれる 涙の夕陽 姿変れど 変わらぬ夢を 今日も歌うか 都の空に ああニコライの 鐘がなる  きのう花咲き 今日散る落葉 河面(かわも)に映して 流れる月日 思い出しても かえらぬ人の 胸もゆするか 雁啼く空に ああニコライの 鐘がなる  誰が読んだか 悲しい詩集 頁をひらけば 出て来た手紙 恋に破れた 乙女は今宵 何を祈るか 暮れゆく空に ああニコライの 鐘がなる
東京ラプソディGOLD LYLIC藤山一郎GOLD LYLIC藤山一郎門田ゆたか古賀政男佐伯亮花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で 待つは君ひとり 君ひとり 逢えば行く 喫茶店(ティルーム) 楽し都 恋の都 夢の楽園(パラダイス)よ 花の東京  現に夢見る君の 神田は想い出の街 今もこの胸に この胸に ニコライの 鐘も鳴る 楽し都 恋の都 夢の楽園(パラダイス)よ 花の東京  明けても暮れても歌う ジャズの浅草行けば 恋の踊り子の 踊り子の ほくろさえ 忘られぬ 楽し都 恋の都 夢の楽園(パラダイス)よ 花の東京  夜更けにひととき寄せて なまめく新宿駅の あの娘はダンサーか ダンサーか 気にかかる あの指輪 楽し都 恋の都 夢の楽園(パラダイス)よ 花の東京
青い背広で藤山一郎藤山一郎佐藤惣之助古賀政男佐伯亮青い背広で 心も軽く 街へあの娘と 行こうじゃないか 紅い椿で ひとみも濡れる 若い僕らの 生命の春よ  お茶を飲んでも ニュースを見ても 純なあの娘は 仏蘭西(フランス)人形 夢を見るよな 泣きたいような 長いまつげの 可愛い乙女  今夜言おうか 打ち明けようか いっそこのまま 諦めましょか 甘い夜風が とろりと吹いて 月も青春 泣きたい心  駅で別れて ひとりになって あとは僕らの 自由な天地 涙ぐみつつ 朗らに歌う 愛と恋との ひとよの哀歌
青春日記藤山一郎藤山一郎佐藤惣之助古賀政男佐伯亮初恋の 涙にしぼむ 花びらを 水に流して 泣きくらす あわれ十九の 春の夢  今日もまた 瞳に燃ゆる 夕映に 思い乱れて むらさきの ペンのインクも にじみがち  明日から 二度と泣くまい 恋すまい いくら泣いても 笑うても 胸の痛手は 癒りゃせぬ
男の純情藤山一郎藤山一郎佐藤惣之助古賀政男佐伯亮男いのちの 純情は 燃えてかがやく 金の星 夜の都の 大空に 曇る涙を 誰が知ろ  影はやくざに やつれても 訊いてくれるな この胸を 所詮 男のゆく道は なんで女が 知るものか  暗い夜空が 明けたなら 若いみどりの 朝風に 金もいらなきゃ 名もいらぬ 愛の古巣へ 帰ろうよ
影を慕いてGOLD LYLIC藤山一郎GOLD LYLIC藤山一郎古賀政男古賀政男佐伯亮まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ わが想い つつめば燃ゆる 胸の火に 身は焦がれつつ しのびなく  わびしさよ せめて痛みの なぐさめに ギターをとりて 爪弾けば どこまで時雨 ゆく秋ぞ 振音(トレモロ)さびし 身は悲し  君故に 永き人世(ひとよ)を 霜枯れて 永遠に春見ぬ わが運命(さだめ) 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚き影よ わが恋よ
酒は涙か溜息かGOLD LYLIC藤山一郎GOLD LYLIC藤山一郎高橋掬太郎古賀政男佐伯亮酒は涙か 溜息か こころのうさの 捨てどころ  とおいえにしの かの人に 夜毎の夢の 切なさよ  酒は涙か 溜息か かなしい恋の 捨てどころ  忘れた筈の かの人に のこる心を なんとしょう
なつかしの歌声藤山一郎・二葉あき子藤山一郎・二葉あき子西条八十古賀政男佐伯亮銀座の街 きょうも暮れて 赤き灯燃ゆ 恋し東京 恋し東京 あの窓 あの小道 やさしの柳 あこがれは悲しき乙女の涙 風よ はこべよ いとしの君へ  歎きの途 ひとりゆけば みどりの樹に 鳥はうたう 鳥はうたう やさしく寄り添いし姿よ いずこ おもい出の窓辺に わすれなぐさが 風に泣いてる 昨日も今日も  夕焼空 君とながめ うたいし歌 たのしメロディー たのしメロディー うたえば涙ぐみ こころはむせぶ 落葉ちる朝に 雪ふる宵に 呼ぶよ この歌 返らぬ涙
歌姫越え天童よしみ天童よしみ山田孝雄山田年秋佐伯亮山が恋しと 歌うのは こだまを探す 恋ごころ ふたりでは 辿れぬ道が 今ここで 途切れたら そめい吉野の 胡蝶の舞いに あなた尋ねて 歩きます  小石並べる 明日香川 想いは届く あの人に うわべなら 流されましょう 好きだから 渡らせて 赤や黄色の 小波曳いて 舟になれなれ にしき鯉  もしもわたしが 泣いたなら 涙をふいて くれますか ありがとう こころをこめて 変わらない この愛は 明日を信じて 歌姫越えの 野辺に咲くのね 思い草
築地明石町小野由紀子小野由紀子円理子四方章人佐伯亮川風がもつれさせたか 糸柳 義理が絡んだ 柵を 切ってあなたと暮らしたい ああ 夢が流れる 築地川  暮れ六つの 鐘に身体が 急ぎ足 逢瀬重ねた 舟宿に 嘆いてくれたは 都鳥  ああ 明日は我が身か 捨て小舟  ガス燈の 灯り咽ぶか 影法師 浮世芝居の 幕引きを 知っているのは お月さま ああ 夜が流れる 明石町
誰か故郷を想わざる島倉千代子島倉千代子西条八十古賀政男佐伯亮花摘む野辺に日は落ちて みんなで肩を くみながら 唄をうたった帰りみち 幼馴染のあの友 この友 ああ 誰か故郷を想わざる  ひとりの姉が嫁ぐ夜に 小川の岸で さみしさに 泣いた涙のなつかしさ 幼馴染のあの山 この山 ああ 誰か故郷を想わざる  都に雨のふる夜は 涙に胸も しめりがち とおく呼ぶのは誰の声 幼馴染のあの夢 この夢 ああ 誰か故郷を想わざる
酒は涙か溜息か島倉千代子島倉千代子高橋掬太郎古賀政男佐伯亮酒は涙か ためいきか こゝろのうさの 捨てどころ  とおいえにしの かの人に 夜毎のゆめの 切なさよ  酒は涙か ためいきか かなしい恋の 捨てどころ  忘れた筈の かの人に のこる心を なんとしょう
湯の町エレジー島倉千代子島倉千代子野村俊夫古賀政男佐伯亮伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり あゝ 初恋の 君をたずねて 今宵また ギター爪びく 旅の鳥  風のたよりに 聞く君は 温泉の町の 人の妻 あゝ 相見ても 晴れて語れぬ この思い せめて届けよ 流し唄  あわい湯の香も 路地裏も 君住む故に なつかしや あゝ 忘られぬ 夢を慕いて 散る涙 今宵ギターも むせびなく
影を慕いて島倉千代子島倉千代子古賀政男古賀政男佐伯亮まぼろしの 影を慕いて雨に日に 月にやるせぬ 我が想い つゝめば燃ゆる 胸の火に 身は焦れつゝ しのびなく……  わびしさよ せめて痛みのなぐさめに ギターをとりて 爪弾けば どこまで時雨 ゆく秋ぞ 振音(トレモロ)寂し 身は悲し……  君故に 永き人世を霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ わが運命 永ろうべきか 空蝉(うつせみ)の 儚き影よ わが恋よ……
お手を拝借!米倉ますみ米倉ますみいとう彩三原聡佐伯亮どこを斬っても この身体 歌が 歌が命と 出て参ります 景気付けなら にぎやかに 小節千両の 演歌節 今日という日も 何かの御縁 どうぞ どうぞ宜しく 願います  「お手を拝借、ヨーッ!」  蟻も地獄を 這い上がる 意地と 意地と根性 負けられません 恋を捨てても 悔いはない 風も哭かせる 演歌節 今日という日も 何かの御縁 これで これで貴方を 酔わせます  「お手を拝借、ヨーッ!」  たったいちどの 人生を 歌に 歌に懸けます 夢咲かせます 花も嵐も 乗り越えて 道は一筋 演歌節 今日という日も 何かの御縁 どうぞ どうぞ宜しく 願います
新妻鏡大川栄策大川栄策佐藤惣之介古賀政男佐伯亮僕がこころの 良人なら 君はこころの 花の妻 遠くさみしく はなれても なくな相模の かもめ鳥  たとえこの眼は 見えずとも 清いあなたの おもかげは きっと見えます 見えました 愛の心の 青空に  強くなろうよ 強くなれ 母となる身は 幼児の 愛のゆりかご 花のかご なんで嵐に あてらりょうか
男の純情大川栄策大川栄策佐藤惣之介古賀政男佐伯亮男いのちの 純情は 燃えてかがやく 金の星 夜の都の 大空に 曇る涙を 誰が知ろ  影はやくざに やつれても きいてくれるな この胸を 所詮男の ゆく道は なんで女が 知るものか  暗い夜空が 明けたなら 若いみどりの 朝風に 金もいらなきゃ 名もいらぬ 愛の古巣へ 帰ろうよ
南青山三丁目山内惠介山内惠介仁井谷俊也水森英夫佐伯亮忘れないでと 涙を拭いて 雨の鋪道に 消えた女(ひと) マロニエ並木を さまよい行けば どこか空似の 片えくぼ ちょっとせつない… 南青山三丁目  七つ年上 その事ばかり 逢えばいつでも 気にしてた ふたりで歩いた 外苑通り なんで別れた 奪えずに ちょっとせつない… 南青山三丁目  ヘッドライトの 灯りの渦に 今もうかぶよ あの笑顔 愛して添えない この恋ならば せめて祈るよ 倖せを ちょっとせつない… 南青山三丁目
でたとこ勝負さ人生は川野夏美川野夏美仁井谷俊也中村典正佐伯亮なくて七癖 あるように 人にはそれぞれ 味がある あれこれ能書き 云う前に 一歩踏みだせ 男なら でたとこ勝負さ 人生は  酒とおんなが なかったら 生きてるこの世は 闇になる 好きなら裸で ぶつかって 散ってゆくなら それもいい でたとこ勝負さ 人生は  他人(ひと)に頼るな 甘えるな 自分で汗かけ 恥をかけ 我慢という名の 夢の種 いつか芽をだす 花が咲く でたとこ勝負さ 人生は
恋女房鏡五郎鏡五郎仁井谷俊也影山時則佐伯亮昔かたぎの 気ままな俺に 愚痴もこぼさず 尽くしてくれた そんな女は お前だけ お前がひとり… 今は眸と眸で こころがわかる 俺の大事な 恋女房  出世なんかは 二の次ですと いつも笑顔で ささえてくれた そんな女は お前だけ お前がひとり… きっと返すぜ 苦労の借りは 俺にゃ過ぎてる 恋女房  夢があるから 倖せですと 傍に寄り添い 酌してくれる そんな女は お前だけ お前がひとり… ふたり歩こう これから先も 俺にゃ自慢の 恋女房
雪の駅冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大佐伯亮みぞれをさけて 寒さをこらえ 体よせ合う 待合室よ 白くかすんだ 線路の果てに 夢を托した ふたりじゃないか 離すものかよ… 雪の駅  汽笛が呼ぶよ もうこの先は 氷ただよう さい果ての海 裸電気が 凍れる風に ゆれるホームで 夜汽車を待てば 炎えるふたりの… 雪灯り  ふたりの愛の 終着駅は 俺とお前の こころの旅路 都忘れの 野花のように 人に知られず どこかの町で 春を待とうよ… 雪の駅
行くぞ大洋三鷹淳とチャッピーズ三鷹淳とチャッピーズ能丸武三鷹淳佐伯亮行くぞ大洋 行くぞ大洋 勝負の世界 Go Go Go Go! 行くぞ大洋 行くぞ大洋 鍛えた技で Go Go Go Go! 泥にまみれて すべり込む 燃える闘志は 我らの誇り 光輝ある歴史 大洋ホエールズ  行くぞ大洋 行くぞ大洋 男の世界 Go Go Go Go! 行くぞ大洋 行くぞ大洋 磨いた腕で Go Go Go Go! 打って走って 現在を勝つ うなる男と 力を合わせ 勝利を掴む 大洋ホエールズ  行くぞ大洋 行くぞ大洋 勝負の世界 Go Go Go Go! 行くぞ大洋 行くぞ大洋 勝利をめざし Go Go Go Go! 流す涙は 男の血潮 誓うナインで がっちり掴む 勝利の星は 大洋ホエールズ
泣き酒音羽しのぶ音羽しのぶ松井由利夫水森英夫佐伯亮女の垣根は 男の風で 強くもなれるし もろくもなるの 恋疲れ 夢疲れ 泣き疲れ あんたを見てると 昔の頃の わたしが浮かぶの グラスの底に …今夜は泣き酒 ひとり酒  誰にもあるのよ お酒におぼれ 自分で自分を いじめるときが 恋疲れ 夢疲れ 泣き疲れ 化粧を直して 笑くぼを見せて お酒のしずくで 区切りをつけて …今夜は泣き酒 ひとり酒  十日も泣いたら 涙も乾く 人生変わるわ 出逢いもあるわ 恋疲れ 夢疲れ 泣き疲れ なにかを捨てなきゃ 拾えはしない 指輪をはずして すっきりさせて …今夜は泣き酒 ひとり酒
ふるさとの親父細川志乃細川志乃関根章次岩上峰山佐伯亮故郷を出る時 親父が言った 浮世の風は 冷たいけれど 石の上にも 三年三月 耐えて忍んで 男を磨き 辛い時には 涙を噛んで 夢を捨てずに 夢を捨てずに 生きて行け  永い旅路の 人生だから 一度や二度の 失敗だけで 弱音吐いたら お前の敗けだ 人の情けに 溺れちゃならぬ 道はどんなに 険しかろうと 意地と根性で 意地と根性で 勝ち名乗り  受けた情けは 石に刻み 与えた恩は 忘れたままに 他人に優しく 情けに厚く 命燃やして 真実を尽くし 決めた心に 嘘など無いと 誓う男の 誓う男の 心意気
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
いのち川真木ことみ真木ことみ里村龍一叶弦大佐伯亮広いこの世で あなたの胸が つらい心の よりどころ 泣かせないでね これ以上 何もいらない あなただけ 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる  好いた惚れたは 初めのうちで 今は情けで 結ぶひと 川は流れて 海へ着く わたし流れて 何処へ行く 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる  夢のほそ道 小さな灯り ともし続けて 生きてゆく あなたあっての めおと道 ついてゆきます 何処だって 愛を下さい 愛を下さい 命をあげる
寒椿大川栄策大川栄策たかたかし市川昭佐伯亮越後湯の里 山間の 川の瀬音に 目を濡らす 人を恋して いちずに燃える 女ごころの せつなさを 知るやいで湯の 寒椿  暮れてさみしい 湯の町に 燈す一夜の 夢あかり あなたひとりと 心にきめて 命かさねる 恋だから 紅もふるえる 寒椿  秘めてかなしい 湯のかおり 逢えばなおさら つらいのよ 時の流れの 無常の淵に 咲いた情けの この恋を 知るやいで湯の 寒椿
時の舟藤野とし恵藤野とし恵池田充男岡千秋佐伯亮おんなという名の あぶない舟を ひとりで操り ここまで来たわ 私いくつに なったのか 生きる素顔の 愛しさよ 浮世ゆらゆら 右に左に 人情片手の 時の舟  世帯をもつかと 口説いた男(ひと)も いまから思えば いいひとでした あれは三十路の なかのころ 川の早瀬も 知らないで 浮世ゆらゆら 夢を追いかけ 流れにまかせた 時の舟  落葉をちらした あの木枯が 春にはきれいな さくらを咲かす 紅をひくたび 唇に うたがでるのよ 恋歌が 浮世ゆらゆら きっと明日は 幸福(しあわせ)のせます 時の舟
刑事大川栄策大川栄策篠田武雄古賀政男佐伯亮人間ドラマの東京に 刑事と呼ばれて今日もまた 事件の現場に飛んでいく 都民の平和願いつつ 誇りは高しわれらは刑事  聞込み張込み証拠をそろえ 犯人を追うて西東 靴もすりへる夜も更ける カレーライスで元気を出して 今日も終電午前様  夜中の電話で事件を知れば 明日の日曜の約束も 反古に破って地取りの捜査 きっとみつける犯人の顔 都民に誓う心意気  犯人も人の子調べてみれば 事情に泣かされることもある 苦しかろうが世の中は 正しい道しかないのだと 裁きへ送る日涙あり
お母さん金田たつえ金田たつえ関口義明花笠薫佐伯亮どなたですかと 他人のように わたしを見上げて きく母の 笑顔は昔と 変わらぬものを いいのよ いいのよ お母さん やせた手をとり うなずきながら あふれる涙が 止まらない  苦労親坂 女手ひとつ なりふりかまわず 五十年 働き続けて くれたんだもの いいのよ いいのよ お母さん 淡い陽射しの 硝子戸越しに 今年も咲いてる 花すすき  母の背中で ねんねの歌を きかせてもらった あの道を 今度はわたしが おぶってあげる いいのよ いいのよ お母さん 心やさしい みんなの中で いのちを灯して また明日も
酒しぐれ鏡五郎鏡五郎関口義明宮下健治佐伯亮いくら惚れても 尽くしても 所詮結べぬ えにし糸 酔えば未練が なおさらつのる 女ひとりの 夜ふけごろ 指にこぼれる ああ 酒しぐれ  男ごころの 嘘・まこと 知らぬうぶでは ないけれど 風の音にも かすかに痛む 夢の数かず 思い出を なんで濡らすか ああ 酒しぐれ  吐息まじりの こぼれ灯が 路地に咲いてる 花暖簾 忘れきれない 面影ばかり 浮かぶお猪口を 何としょう 胸にそぼ降る ああ 酒しぐれ
武蔵流転美空ひばり美空ひばり青山五平伊藤雪彦佐伯亮吾れにニ天の 剣あり 一天不変の 運命あり 行くも亦よし 退くもよし 生ある限り 試練に耐えて それからも あゝ それからも 武蔵は生きる  愛の証に 花は咲く 情をかけるは 易けれど 秘めて一途の 剣の舞い 有為転変の 流れの中に それからも あゝ それからも 武蔵は生きる  道を極むは 無限なり 至れば剣禅 これ一つ この身大地に 還るとも 五輪に託す 命は消えず それからも あゝ それからも 武蔵は生きる
母の祈り米倉ますみ米倉ますみ亀田康男宮下健治佐伯亮行方知れない 我が子を探し 祈り重ねる しぐれの岬 今日も立ちます 寒さに耐えて 老いたこの身で カモメにすがる 波も凍てつく ああ 日本海  お前の姿が見えなくなって どれだけ月日が流れたことか 何処にいるの… 何処にいるの… 風よ波よ どうかお願い 早くあの子に 逢わせておくれ…  風のうわさは 異国に生きる 無事な我が子を 知らせる岬 聞けば溢れる 涙の粒が 胸に零れて ふるえる身体 届け雄叫び ああ 日本海  海が鳴く度 心も疼く 影を慕いて 背伸びの波止場 踊る波間の 灯台明かり せめてあの子に 灯しておくれ 燃やす篝火 ああ 日本海
夢うぐいす天童よしみ天童よしみ建石一徳久広司佐伯亮酔ったあなたに 背中を貸した それが二人の 始まりでした 夢だけ見ている 男に惚れて まわり道した 幸せさがし 今日の苦労は 明日の励み 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い  負けず嫌いは おたがい様と 意地を張るよな 喧嘩もしたわ 昔のことなど 言いっこなしね 今があるのは あなたのおかげ 頼みましたよ これから先も 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い  雨の上がった 夕焼け空に そっと寄りそう 浮き雲ふたつ 本当に良かった あなたと生きて 花と涙の 人生芝居  幕を引くまで 一緒と決めた 夫婦うぐいす あぁ泣き笑い
島唄川島一成川島一成星野哲郎影山時則佐伯亮はぐれ鴎が 一声ないた あの娘恋しと かすれ声 はなれ小島の 磯うつ波の 荒れたしぶきが つらいのか しのぶ しのぶと 海を呼ぶ  島で生まれて 島しきゃ知らぬ うぶな娘は まだ十九 旅のお方の 口説きに負けて 幼ななじみに そむいたと 噂ばなしが 身を責める  誰が建てたか 渚の岩に 赤い鳥居と 石仏 はぐれ鴎が しぶきにぬれて 今日も一羽で ないている しのぶ しのぶと 幾声も
おもかげ情話宮路オサム宮路オサム和泉友大宮路オサム佐伯亮おもいで注ぎ足し 呑む酒は 別れたあいつの 味がする 雨に濡れたら 風邪ひくと 傘を片手に 待っていた やさしさが いとしさが 雨の酒になる  生活(くら)して一年 しあわせが 二つのこころに 色あせた 花に水やる 横顔に 愛の疲れを かんじてた さみしさが かなしさが ひとり酒になる  気持ちがはなれて いくまえに 他人になるわと 泣いたやつ 秋の風吹く 屋台酒 丁度あの日と 同じ場所 あいたさが つのるほど 今日も酒になる
むらさき海峡上杉香緒里上杉香緒里池田充男水森英夫佐伯亮別れてきたのと 涙をふけば 沖でゆれてる 漁り火よ こんな悲しい 連絡船に わたしは のらない はずでした 運命(さだめ)うらんで 帰ります 北の日暮れの むらさき海峡  死ぬほど本気で くちびる噛んで 恋を捨てたは 誰のため かもめ おまえにゃ わかりはしない 明日(あした)のしあわせ 不しあわせ どうか私を 呼ばないで あなたさよなら むらさき海峡  乱れてまつわる この黒髪よ なんで あの男(ひと) 恋しがる 抱いてやりましょ こゝろの傷を 両手で愛(いと)しく あたゝめて 見てはいけない 東京の 星がまたたく むらさき海峡
じょっぱり川野夏美川野夏美仁井谷俊也北原じゅん佐伯亮ねぶた祭りが 終わってヨー 林檎が真っ紅に 色づきゃヨー もうすぐ凍(しば)れる 冬が来る アーアア風が吹く 風が吹く 山背の風がヨー あぁ東京のあの人に 逢いたくて・・・逢いたくて・・・ 帰るその日を指折り数えりゃ 恋しくて・・・恋しくて・・・ じょっぱり涙に 泣けるんだヨ 泣けるんだヨー  雪がしんしん 積もってヨー 夜汽車の警笛(きてき)が 哭くたびヨー 遠いあの日が 瞼(め)に浮かぶ アーアア風が吹く 風が吹く 山背の風がヨー あぁあの人のじょんがらが 聴きたくて・・・聴きたくて・・・ 夢で今夜も逢いに行きたい 淋しくて・・・淋しくて・・・ 岩木のお山と 待ってるヨ 待ってるヨー  あぁ東京のあの人に 逢いたくて・・・逢いたくて・・・ 帰るその日を指折り数えりゃ 恋しくて・・・恋しくて・・・ じょっぱり涙に 泣けるんだヨ 泣けるんだヨー
ふるさとで暮らそうよ中村美律子中村美律子里村龍一桜田誠一佐伯亮あんた涙でョー 飲む酒ならば 温めてやりたい この肌で 離ればなれで ひと冬越える 辛い暮らしは いつ終わる 雪の花が咲く ふるさとで暮らそうよ ふたりしてナー  逢いに行きたや あの山こえて  今朝のニュースじゃョー 東京も雪だ 暦は春でも 夢遠い みんな他人の 都会の隅で あんた晩めし 済んだろか 囲炉裏あたたかい ふるさとで暮らそうよ 肩寄せてナー  銭がない分ョー 私も稼ぐ この世で一度の 夫婦だろ 寝酒がわりの この一杯で 火照る体が せつないよ 汽車がよんでいる ふるさとで暮らそうよ これからはナー
おしどり春秋瀬川瑛子瀬川瑛子たきのえいじ八木架壽人佐伯亮煤の付きようで 年季が判る 路地の酒場も 人の世も 俄づくりじゃ 身につかないわ しあわせ 寄り道 まわり道 苦労積荷を 肩先に ふたり寄り添う おしどり春秋  涙もろさは あなたも同じ 我慢強さも また同じ せめて注がせて この私にも お酒をはさんで 水入らず 持ちつ持たれつ いつまでも ついて行きます おしどり春秋  命ふたつを ひとつに束ね 三十路四十路を 越えてきた 耐えて始めて 花実を結ぶ 明日が見えます この先に 一期一会の この縁 ふたり夢追う おしどり春秋
花水川竹花陽子竹花陽子松井由利夫やまぐちしげる佐伯亮七夕まつり遠花火 ねがいをこめた星月夜 花水川のせせらぎに 想い出ゆれて身にしみて 涙…涙… 涙ぐんでるわたしです  出逢いと別れ人の世は 儚さだけが残ります 花水川の水鏡 笹舟浮かべむらさきの 風に…風に… 風にあなたをしのびます  竹にも花が咲くのです こぼれて白くひそやかに 花水川にたたずめば あなたの夢のささやきが 今も…今も… 今も心にひびきます
おんなのカン!三船和子三船和子下北沢哲伊藤雪彦佐伯亮身体を気遣い 呑んでるあなた お酒の好みが 変わったみたい 女のカンで わかるのよ 他にいいひと できたのね 責めるつもりは ないけれど 離れたこころは もどらない 帰ってあげて 休まる部屋に  男と女の 関係よりも 友達みたいな 暮らしに慣れた 女のカンで わかるのよ 他にいいひと できたのね 夢の灯りを つけたまま 月日がふたりを 変えたのね 追いかけないわ あなたのあとは  呑み屋の女将と ふらりのお客 傷持つどうしが 近くにさせた 女のカンで わかるのよ 他にいいひと できたのね 燃えた数より 泣いた数 指折り数えりゃ きりがない 帰ってあげて おんなの部屋に 
女の旅路宮史郎宮史郎宮史郎宮坂実佐伯亮貴男一人を 死なせはしない 何もとりえの ない私 せめて死ぬときゃ 貴男といっしょ そっとつぶやく 南の空で 今日は九州 博多の町よ  たずねたずねて 町から町へ 探し疲れて 屋台酒 飲めば飲むほど 逢いたくなって そっと貴男の 名前を呼んだ 今日は播州 姫路の町よ  遠い昔と あきらめはしない 小さな部屋の 片すみで 姫鏡台に 口紅で きっと二人は 逢えると書いた 今日は北の果て 釧路の町よ
浪花ふたり道宮史郎宮史郎原こうじ加藤将貫佐伯亮優しい笑顔に ほだされて ほろり「ほ」の字の 心が揺れる 酔った振りして 甘えてすねる 浪花おんなの いちずな思い あんたと咲きたい…ふたり道  誰にもあるのよ 辛い傷 あんたいいのよ 聞かさんといて まわり道した 似た者同志 どんな小さな 夢でもいいの あんたと分けあう…ふたり道  道頓堀(とんぼり)流れる 水面には ネオン花咲く 明日もあるわ きばる新地の 灯りを拾い 強く結んだ 縁(えにし)の糸で あんたと肩寄せ…ふたり道
酒情話米倉ますみ米倉ますみ木下龍太郎木村考志佐伯亮胸の傷など 月日が消すと 誰が言ったか うそっ八 酒場 とまり木 泣き雀 思い切る気で 呑んでる酒が 酔えば恋しい 人にする  「心がわりをした人を いまでも恋しいな んて。思い切るために呑んでるはずなのに あの人のいいことばっかりを想い出させて しまう。お酒って お酒ってさあ…。」  いくら私が つとめてみても 直せなかった 浮気ぐせ おんな とまり木 酔い語り 愛想づかしで 別れたくせに 憎い人ほど 後を引く  ひとりこのまま 夜通し呑んで 旅に出ようか 夜明けには 酒場 とまり木 酔い雀 昨日ばかりを 向いてたならば 明日にはばたく 空はない
いつも港は雨ばかり天童よしみ天童よしみ松井由利夫水森英夫佐伯亮潮の匂いが しみついた 暖簾(のれん)取りこみ 火を落とす 来るか来るかの ため息に 今日もしとしと 走り雨 浮標(ブイ)の灯りに あなたが揺れる いつも港は エー 雨ばかり  五(いつ)つ並んだ 止まり木が 三(みっ)つふさがりゃ おんの字の こんな小さな 店なのに 離れられずに 夢つなぎ もしやもしやで また秋がきた いつも港は エー 雨ばかり  女いのちと つくしても 恋は男の 雨やどり 嘘か誠実(まこと)か 気まぐれか きけばおさまる 胸の内 別れ潮どき とびたつ鴎 いつも港は エー 雨ばかり
二代船弘月英太朗弘月英太朗池口恵顴安藤実親佐伯亮陸へ上がった おやじの後を 継いで乗り出す 二代船だよ 漁師稼業の きびしさつらさ 何んの怖かろ 恐れはしない 揺れる舳先に 揺れる舳先に 陽がおどる  目指すゆくえは 嵐か時化か 度胸まかせの 木の葉船だよ 伊達にゃ染めない 赤銅色だ 燃やす斗魂 汐路の果てに 海の男の 海の男の 夢がとぶ  二百海里に いのちをかける おやじゆずりの 二代船だよ 風にはためく 大漁旗を 待つは港の 妻子の笑顔 胸に抱きしめ 胸に抱きしめ 波を蹴る
披露宴中村美律子中村美律子藤間哲郎富田梓仁佐伯亮祝いごとなら 数々あれど めおと結びの 上はない 今日は二人で 招かれた 披露宴 ハアめでためでたや めでためでたや 思い出すのは あの日のおまえ  若い門出に やさしい笑みを 贈るおまえは きれいだよ 俺にあわせて 控えめな いい女房 ハアめでためでたや めでためでたや 上げる盃 祝いのお酒  こんどこの世に 生まれて来ても 私を貰って くれますか 広い背中に 身をあずけ 甘えたい ハアめでためでたや めでためでたや あなたそろそろ 手〆(てじめ)の支度
めおと恋中村美律子中村美律子藤間哲郎富田梓仁佐伯亮オーイと呼ばれて 万事が一耳 わかる女房に 少しはなれた 昔恋しい 相合傘が 今も なぜかしら あなたの 机の横に 表は冬でも しあわせな めおと恋  苦労するたび 私が笑う みょうなやつよと あなたが笑う 世帯やつれも できない侭の バカを ありがとう やさしい 大黒ばしら あなたがいるから しあわせな めおと恋  こんど行こうか 想い出旅行 言葉だけでも うれしく泣ける 何も要らない だいじな男に 会えて めぐまれた 女は 私がひとり 死ぬまでふたりで しあわせな めおと恋 
おんな春秋北野まち子北野まち子坂口照幸岡千秋佐伯亮しあわせに なれるのね 私でも もう一度 大寒小寒の 浮世川 この日を信じて 越えて来た おんな春秋 ねぇあなた 一緒に歩いて くれますか くれますか  浮草の 根に宿る こぼれ陽の 暖かさ 気後れする癖 なみだ癖 泣いたら叱って 下さいね おんな春秋 ねぇあなた 無駄ではなかった 足踏みも 足踏みも  こんなにも 違うのね 生きている 匂いまで あなたが運んで くれた春 私のみちづれ このひとと おんな春秋 ねぇあなた ついてくだけです どこまでも どこまでも
風のふるさと北野まち子北野まち子鈴川信也岡千秋佐伯亮都会ぐらしの 明け暮れに 届いた小包 故郷の匂い 頑張れよ 頑張れよ 母ちゃんの声が 風に流れてくるよ 頑張るよ 頑張るよ ねじり八巻 汗がとぶ  田んぼあぜ道 茜雲 別れを惜しんだ 可愛いあの娘 逢いたいよ 逢いたいよ つぶらな瞳 星に浮かんでくるよ 逢えないよ 逢えないよ 名前呼ぶのさ この空に  桜便りよ 北へ行け 母ちゃん待ってる あの故郷へ 頑張れよ 頑張れよ 母ちゃんの好きな 春はもうすぐそこだ 頑張るよ 頑張るよ 俺も錦を 飾るから
みちのく炎歌金田たつえ金田たつえ石本美由起聖川湧佐伯亮今夜だけでも 愛されたいと 想う心が わかるやら 湯上がりのあなたに 羽織 着せかけて 夫婦きどりの 夢に酔う 女 女 みちのく いで湯妻  明日のことなら わかっているの 駅の別れが 待つばかり 粉雪の寒さを 避ける 夜の部屋 命朝まで あずけたい お酒 お酒 みちのく いで湯妻  嘘になっても 怨みはしない いつか 逢えると 誓ってね その腕に抱かれて燃えて 知りました 恋のみれんを 切なさを 涙 涙 みちのく いで湯妻
京の雪小町雪乃小町雪乃小橋美絵桜田誠一佐伯亮京の加茂川 ちらちら小雪 濡れたこころは淋しんぼ ついて行きたい…行けない人の 恋に沈んだ いのちの花は… 咲いてはかない 寒椿  風の嵐山 はらはら涙 夢もこごえて 淋しんぼ 瞼とじれば… 瞼の裏で 燃えて消えない おもいで幾つ あなた忘れて よう生きん  冬の清水 ほろほろ小鳩 鐘の音さえ 淋しんぼ 今も逢いたい…逢えない人の 面影が揺れている 紅殻格子 未練こぼれる 石畳
霧の湯布院宮史郎宮史郎仁井谷俊也影山時則佐伯亮阿蘇のやまなみ涙でみつめ ひとりで来ました山の宿 日暮れ湯布院湯のかおり 対の浴衣に眼をやれば 別れの決心がまた鈍る  膝を崩して淋しく酔って ふたりの想い出指で折る いで湯湯布院星月夜 今は添えない男だけど 倖せだったわあの頃は  浅い眠りに寝がえりうてば あなたが夜明けの夢にでる 旅の湯布院朝霧の海 胸の迷いが晴れたなら も一度あなたに帰りたい
あなたのみなと ~いい夫婦~松前ひろ子松前ひろ子池田充男山口ひろし佐伯亮呑みたいあなたの 悔しさ辛さ 連れそう私にゃ わかります いいじゃないのよ 酔いどれ舟で 男ごころが 晴れるなら おんなという名の ちいさなみなと きょうも命の 灯をともす  私が惚れてる あなたの良さは 背すじを曲げない 意地っぱり かげでささえて 舵とりながら こえてきました 浮世波 おんなという名の ちいさなみなと 傷を癒して 夢をみる  たとえば清水の 次郎長さんに 可愛いお蝶が いたという くらべものには ならないけれど せめてなりたい いい夫婦 おんなという名の ちいさなみなと なにも無いけど 愛がある
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
雨の空港森進一森進一木下龍太郎西條キロク佐伯亮ドアに挟んだ 別れのメモを 読んでいるはず いま頃は ごめんなさいね あなた こんな別れ方しか 出来なくて ひとり身を引く 女の旅は 空も泣いてる 雨の空港  いまは小いさな 年の差だけど いつか重荷に なるはずよ 初めて知ったの あなた 長さだけじゃないのね しあわせは 愛の残りと 想い出詰めた こころ重たい 雨の空港  遠く消えてく 灯火の中に ふたり暮した 部屋がある 捜しなさいね あなた 同じ夢を見られる いい女を 空に飛び立つ 翼の窓を 濡らす未練の 雨の空港 
涙つづり石川さゆり石川さゆり池田充男水森英夫佐伯亮だまされましたと 私が言えば 似た者どうしと あなたが笑う 借りもの世帯が 始まりで くの字 登りの 坂ばかり がんばって 越えてきた 涙つづりの 夫婦(ふたり)の道よ  いまさら帰れる 故郷はなくて 瞼にうかべた 夜汽車の灯り 書いてもたりない 詫びごとを 書いてどれほど すてたやら その先は 話せない 涙つづりの 夫婦の愛よ  苦労のかずだけ 蕾をつけて 今年は咲きます しあわせざくら 人生ここから 折り返し のこり半分 あるけれど きょうだけは 泣かせてね 涙つづりの 夫婦の春よ
寒つばめ伍代夏子伍代夏子たきのえいじ八木架寿人佐伯亮忘れてしまえと 風が啼く 鳥も凍えて 身を削る ここは終着 北どまり あなた浮かべて涙ぐむ… 肌が淋しい 連れて行って 何も言わず 寒つばめ  離れて行く程 近くなる 好きなあなたの 面影が まるで私を 責めるよに 波が乱れて打ち寄せる… ついて行きたい ほどかないで 恋の絆 寒つばめ  うず巻く岬に なぜ通う 通うつばめの 性悲し 思い切れない 今もなお 募るみれんが 邪魔をする… 抱いてください せめて明日の夢が欲しい 寒つばめ
流転舟藤野とし恵藤野とし恵池田充男伊藤雪彦佐伯亮どこへ行くのと 風がきく  どこへ流れて ゆくのでしょうか  親が許さぬ 恋をして  運命(さだめ)という名の あぶない川に  木の葉みたいな 舟を出す  わたしとあなたは 流転舟   紅と小さな 夢ひとつ  詰めてきました 荷物の中に  啼いてくれるな いそしぎよ  ひきとめられても いまさら二人  もどれないのよ この恋は  わたしとあなたは 流転舟   俺のそばから 離れるな  叱るあなたの やさしさ強さ  月を背にして ゆれながら  こゝろでつぶやく 覚悟はひとつ  生きてみせます しあわせに  わたしとあなたは 流転舟  
連理の枝瀬川瑛子瀬川瑛子野村耕三新井利昌佐伯亮それが運命(さだめ)の 糸とは知らず 引いて惹(ひ)かれて 結ばれて 歩く春秋(はるあき) 夫婦(めおと)みち 照る日曇る日 雨の日さえも 連理の枝は そうよ… 連理の枝は 花を待つ  何があっても ふたりは一緒 汗も涙も 喜こびも ともに白髪(しらが)の その日まで そんな想いで あなたといれば 温もり色の そうね… 温もり色の いのち火も  明日という日は 見えないけれど 夢を紡いで 暮らしたら きっと見えるわ 虹の色 こころ二つが ひとつになって 連理の枝に そうよ… 連理の枝に 花も咲く
汐騒天童よしみ天童よしみもず唱平西條キロク佐伯亮飛ぶことに 疲れたと云う鳥の 羽根を休める とまり木か 好いて好かれた お前とオレの 夢待ち酒場 あれが馴れ染め 寒い日で 外じゃ汐騒 泣いていた  故郷に児がいると 俯いて やっと切り出す 辛い過去 今日も十八番の “枯葉”を聴かす 夢待ち酒場 別れ話しが 肴では 歌も悲しく なるばかり  サイコロを転がして決めようか 船に乗る番 先か後 背中向けたら 二度とは逢えぬ 夢待ち酒場 せめて手を振れ 最後まで 涙見せるな いい女
千夜一夜天童よしみ天童よしみ麻こよみ西條キロク佐伯亮女の胸の 真ん中に 涙の涙の 河がある 頬杖とまり木 降り出すこぬか雨 果実酒に酔うより 優しさに… 酔って泣きたい こんな夜  女の胸の 裏側に 思い出浮かべる 海がある 面影ぬくもり 別れたあの人よ 膝で甘えた 幸せを… ひとり吐息に 揺らす夜  女の胸の 片隅に 明日に続く 道がある 裏窓雨だれ かすかな店灯り 茉莉花の香りに 包まれて… 夢を心に 越える夜
清水湊の女長保有紀長保有紀鈴木紀代宮下健治佐伯亮男が一人に 女が二人 うまく行くはず ありません 恋むらさきに 咲くりんどうが 彩をなくして 散ってゆく 想い断ち切る ひとり旅 清水湊に 清水湊に 雪が降る  はぐれて行きたや 未練な恋と 浮かれ鴎に 割り台詞 当てもないまま 街道行けば 風の間に間に 茶の香り うしろ髪ひく 鎌ヶ崎 波のしぶきが 波のしぶきが 又ゆれる  淋しさまぎらす 灯台あかり 出船入船 夜が明ける 朝霧かすむ 三保松原は 泣いた涙の 吹きだまり 忘れられない 名を呼べば 清水湊に 清水湊に 雪が降る  
海峡酒場大川栄策大川栄策星野哲郎筑紫竜平佐伯亮過去を指さす 時計の針が 凍りついてる 壁肌に 別れた女の 似顔を画いて ひとりしみじみ 飲む酒は 骨までしみるぜ 海峡酒場  海の匂いが 夜霧にまじる こんな場末の 止り木も 二人の心の 桟橋だった 俺の命は おまえだと 別れて知ったぜ 海峡酒場  故郷へ帰った おまえを追って 俺は夜明けの 船を待つ こんど死ぬまで 離しはしない 決めた心を 火の酒に もやして身をやく 海峡酒場 
風の宿大川栄策大川栄策たきのえいじ水森英夫佐伯亮火の粉散らして 舞いあがる 篝火切ない 薪能 あなた思えば 涙が走る 未練ごころに からみつく 日暮れむらさき 風の宿  秋の扇に はらはらと こぼれてはかない 萩の花 月は満ちても 心は今も 恋路にはぐれて 闇のなか 夢も泡沫 風の宿  襟の乱れに 手をあてて 忍んで佇む 段かずら 抱いてください 寒がる肌を あなた今すぐ そばにきて 帯が悲しい 風の宿 
酒春秋宮史郎宮史郎仁井谷俊也宮下健治佐伯亮男がひとりで 呑む時は 古びた暖簾の 店がいい 夢をお猪口に 注ぐも良し 想い出肴に 酔うも良し  こころに風吹く そんな日は 誰かに電話を すればいい 友と語らう 酒もあり あの娘と酔いたい 酒もある  ふる里想って 呑む夜は 地酒と干物が あればいい さかな焼いてる 煙にも 故郷の匂いが しのばれる  春にはぬる燗 夏は冷や 秋には人肌 冬は熱燗 美酒に酔いしれ それぞれに 人生楽しみゃ それでいい 
おもかげ遠歌新沼謙治新沼謙治石本美由起市川昭介佐伯亮とじた瞼のヨー 向うに浮かぶヨー 遅い春くる 桑畑  面影村は 山の里サ 俺のつれなさ 恨んで泣いて 嫁いだ女(ひと)が いまも住む いまも住む…  汽車に乗ったらヨー 明日は着くがヨー 帰りたくても 帰れない 面影村は 別れ里サ 愛にそむいた この身になれば いまさら会わす 顔もない 顔もない…  夏はつかの間ヨー 秋から冬へヨー 夢も凍るか 夜の寒さ 面影村は 雪の里サ いまじゃ誰かの 母親だろう 幸せ祈る 俺なのさ 俺なのさ…
夢のゆめ ~近松恋物語り~細川たかし細川たかしたかたかし弦哲也佐伯亮夫がいます 子がいます それでもわたしは 女でいたい ゆるしてください 恋ゆえに 切れぬ縁の この人と 捨てる命を 捨てる命を 愛する罪を  凍てつく空に 月冴えて 夜露にはかなく 散る花びらよ 女に目覚めた よろこびを 咲かす場所とて ないわたし 明日はいらない 明日はいらない あなたがほしい  非難は覚悟 しています 離れて生きては ゆけないふたり しあわせ結べる 運命なら 流す涙も うれしかろ 抱いてください 抱いてください この世は夢のゆめ 
ギター月夜大川栄策大川栄策西條八十古賀政男佐伯亮山に咲く花 色悲し 海で鳴く鳥 歌悲し 町にいてさえ 寂しいものを なんではるばる 旅を行く  忘れられない 胸の傷 忘れようとて 旅行けば 雨の港の 日暮れの駅も 泣いて別れる 人ばかり  空の鳥には 巣があれど 若き愁いの 宿もなく ひとり爪弾く ギターの歌に 遠いこだまが 涙ぐむ
夢を下さい青山和子青山和子赤堀英夫桜田誠一佐伯亮赤いネオンで 火傷した うぶな昔が なつかしい がんじがらめの見えない糸に 今じゃ 飛べない夜の蝶 夜が 夜が夜が背中で 嘲笑ってる  ぐちを並べたカウンター 赤いグラスが聞くだけさ 負けちゃ駄目だと誰かに言った 今じゃ 私が 聞く台詞 なんで なんでなんで女は 弱いのよ  消したつもりがまた燃えて ジンの強さで 消す未練 嘘とまことのその裏側に 生きる すき間があるならば 夢を 夢を夢を下さい 私にも
今日の我に明日は勝つ美空ひばり美空ひばり保富康午猪俣公章佐伯亮富士の高嶺の きびしさは たった一人の 青い空 一度かぎりの 人生ならば ひとにかまうな 勝負はひとつ 今日のわれに 明日は勝つ  花は桜の やさしさは 誰の肩にも 散りかかる 燃える命の 人生ならば みれん残すな きのうの花に 今日のわれに 明日は勝つ  生きりゃ女の 哀しさが 生きりゃ男の 苦しさが のがれられない 人生ならば 涙笑うな 思いはひとつ 今日のわれに 明日は勝つ
北国にひとり舟木一夫舟木一夫水木京子水木京子佐伯亮北国を遠く 訪ねて来たのに あなたはもう 私を忘れていたの 変らぬ心で 愛していたのよ 嘘でもいい 私を抱いてほしかった さよなら あなた 別れて 行くわ あなたの 倖せを 祈って いつまでも 北国の空に 太陽がゆれる 見上げていなければ 涙が落ちる  悲しい心が あなたを呼んでる 嘘でもいい あなたの言葉をかえして さよなら あなた 別れて 行くわ あなたの 思い出を 雪に うずめて 北国を遠く 離れて行く時 並んだ山だけが 私を見てた 並んだ山だけが 私を見てた
酔町川林るり子林るり子石本美由起四方章人佐伯亮いくらあなたにつくしても 傷つくだけの 恋でした 忘れる時は 死ぬときなのね 夜の流れに 身を沈め 酒におぼれる 酔町川よ  愛の炎に つつまれて ひとつに燃える 夜はない 忘れる時は 死ぬときなのね 肌で女は 恋をして 肌に切なさ 抱きしめるのよ  泳ぎきれない 人の世の 流れにまかす 浮き沈み 忘れる時は 死ぬときなのね 添えぬさだめに 泣かされて みれんひと雨 酔町川よ
冬の宿細川たかし細川たかしたかたかし弦哲也佐伯亮わたしひとりの あなたにしたい それはやっぱり むりですね 逢えば指の先までも こんなに こんなに 好きなのに 恋に泣けます おんなの冬の宿  躰ぬいたら 目を覚ますから 痛さこらえて たえる闇 どんな夢を見ているの わたしの わたしの 夢ですか なぜに添えない おんなのしのび宿  つらい想いを させるといって あなたやさしく 背を撫でる 曇る窓を手でふけば しんしん しんしん 雪が降る 明日が見えない おんな冬の宿
女のしぐれ細川たかし細川たかしたかたかし弦哲也佐伯亮雨が降るから 泣けるのか 恋の重さに 泣けるのか 逢えば死ぬほど愛されて とけて乱れる黒髪の 夜の湯の町 女のしぐれ  かくれいで湯の 湯の花は 一夜あければ 紙の花 想い残さぬはずなのに 女一色染められて 今朝は他人の 別れがつらい  浮いて流れる 恋もある 切れば血が出る 恋もある 今度いつとも聞かないで 傘をあなたにさしかける 雨の湯の町 女のしぐれ
女の坂みち宮史郎宮史郎原こうじ岡千秋佐伯亮泣きはしないと 強がる裏で 泣いた私が ばかでした 捨てる恋なら 夢ならば なぜに傷跡 残してゆくの 女の坂みち あゝ戻り道  隠しきれない 女の涙 雨よ流して くれますか たとえ他人に なろうとも 肌があの人 忘れはしない 女の坂みち あゝまよい道  あいつひとりが 男じゃないと こころ騙すも 生きるため 追いはしません 辛いけど 弱い女と 言われたくない 女の坂みち あゝひとり道
悲しき竹笛近江俊郎近江俊郎西條八十古賀政男佐伯亮ひとり都の たそがれに 想い哀しく 笛を吹く ああ細くはかなき 竹笛なれど こめし願いを 君知るや  そぞろ歩きの たわむれに 購いてわかちし 想い出よ ああ花の笑顔も やさしく浮かび われを泣かせる 歌のふし  雲は流れて 還れども 鳥は塒に 急げども ああ誰にあかさん 唇燃ゆる 今宵男の 純情を
緑の地平線近江俊郎近江俊郎佐藤惣之助古賀政男佐伯亮なぜか忘れぬ 人故に 涙かくして 踊る夜は ぬれし瞳に すすり泣く リラの花さえ なつかしや  わざと気強く ふりすてて 無理に注がして 飲む酒も 霧の都の 夜は更けて 夢もはかなく 散りてゆく  山のけむりを 慕いつつ いとし小鳩の 声聞けば 遠き前途に ほのぼのと 緑うれしや 地平線
月夜船近江俊郎近江俊郎藤浦洸古賀政男佐伯亮おおい そこゆくのぼり船 今夜は月夜だ どこゆきだ え 船底いっぱい 荷をつんで 釜石行きだよ 追風だよ 追風だよ  おおい 入り船くだり船 今夜は月夜だ お泊りか え 積荷をしっかり 上げたらば 笛吹く間もなく ひき返し ひき返し  帆づなともづな 心づな 月がよいとて ゆるめなよ え 船は木造り 木の柱 腕はくろがね 気は勇む 気は勇む
さすらいのギター近江俊郎近江俊郎西條八十万城目正佐伯亮たかだ一人の 女のために 寝てはまぼろし 起きてはうつつ ああ みだれる絃よ 我胸よ ながれながれる 身の果ては どうせ野ざらし 雨ざらし  月の色さえ 淋しい秋を ギター抱えて 街から街へ ああ 流れる雲よ 初恋よ 旅の燕も 帰るのに 恋し故郷にゃ いつ帰る  声も姿も うらぶれ果てて うたう街角 酒場のあたり ああ 見果てぬ夢よ 若い日よ なぜに忘れた おもかげが 旅の日ぐれにゃ 見えて来る
忘れないよ近江俊郎近江俊郎沼真佐夫長瀬貞夫佐伯亮なみだぐみ さよなら言ったね 形見にと マフラーくれたね いくたびか花が咲き 花が散り 時は流れて 行ったけど 君のこと 僕は今でも 忘れないよ  お別れの 運命に泣いたね 悲しさに 頬もぬれたね 思い出の夢は消え 夢は去り もえる若さも 捨てたけど 君のこと 僕は今でも 忘れないよ  束の間の しあわせだったね 結ばれぬ 二人だったね 人の世にただ一人 ただ生きて 胸の灯りも 消えたけど 君のこと 僕は今でも 忘れないよ
男涙よなぜ熱い近江俊郎近江俊郎近江俊郎近江俊郎佐伯亮ああ故郷の 灯よ ひとりしのべば しみじみと 思い出悲し 夢恋し 泣くな夜空の 名無島 男涙よ なぜ熱い  ああ故郷の 山よ川 幼き夢の ゆりかごよ 呼べどかえらぬ その人は 空の彼方の 涯に咲く 乙女涙の 白牡丹  ああ故郷よ その姿 今も昔も 変らねど いとしき人の 影はなし たれに語らん この心 男涙よ なぜ熱い
花と炎美空ひばり美空ひばり川内康範猪俣公章佐伯亮花は散るのが 運命だけれど どうせ咲くなら 恋の花 紅のいのちの舞扇 あなたを愛して 炎のように 燃えて散らない 花になりたい  夢をかくして 咲くのを待って 自分なくした 涙花 だけど女はかくせない あなたを愛して 炎のように 永却(とわ)に消えない 花になりたい  花は花でも 真実一路 どうせ咲くなら 曼陀羅華(いのちばな) 星に想いをつなぎとめ あなたを愛して 炎のように 燃えて死なない 花になりたい
愁い酒美空ひばり美空ひばり石本美由起古賀政男佐伯亮口にふくんだ 冷たい酒に 酔って 甘える 酔ごころ  広いこの世に 信じるものは 自分 ひとりと 知ったのよ  死んで逝くよな 淋しさ抱いて ひとり 今夜も 爪をかむ  今日は酔っても 明日の風に 生きる のぞみを 唄うのさ
六甲おろしGOLD LYLIC唐渡吉則GOLD LYLIC唐渡吉則佐藤惣之助古関裕而佐伯亮六甲颪(おろし)に颯爽と 蒼天翔ける 日輪の 青春の覇気 美(うるわ)しく 輝く我が名ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ  闘志溌剌(はつらつ)起つや今 熱血既に 敵を衝く 獣王の意気 高らかに 無敵の我等ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ  鉄腕強打 幾千度(いくちたび) 鍛えてここに 甲子園 勝利に燃ゆる 栄冠は 輝く我等ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. Boom Boom Back
  3. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  4. KICK BACK
  5. アイラブユー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 女のはじまり
  2. New Day
  3. 恋
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. Judgement

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照