歌詞を

ヘルプ

高橋掬太郎作詞の歌詞一覧リスト

132 曲中 1-132 曲を表示
2019年10月21日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
雨に咲く花瀬口侑希高橋掬太郎池田不二男およばぬこととあきらめました
一本刀土俵入り福田こうへい高橋掬太郎細川潤一角力名乗りをやくざに代えて
炭坑節氷川きよし高橋掬太郎石倉重信月が出た出た月が出た
江差恋しや福田こうへい高橋掬太郎飯田三郎江差恋しや別れて三月
酒は涙か溜息か秋元順子高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
ああ田原坂福田こうへい高橋掬太郎山口俊郎雨は降る降る人馬は進む
酒は涙か溜息か氷川きよし高橋掬太郎古賀政男酒は涙かためいきかこゝろの
ここに幸あり市川由紀乃高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
雨に咲く花高橋真梨子高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
ここに幸あり比嘉栄昇高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
酒は涙か溜息か細川たかし高橋掬太郎古賀政男酒は涙かためいきかこころの
古城清水博正高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上古城よ独り
古城福田こうへい高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上古城よ独り
ここに幸あり真奈尚子高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
ここに幸ありASKA高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る
木遣くずし北岡ひろし高橋掬太郎俗曲格子づくりに御神燈さげて
かりそめの恋大月みやこ高橋掬太郎飯田三郎夜の銀座は七いろネオン
船頭可愛や花村菊江高橋掬太郎古関裕面夢もぬれましょ汐風夜風
下田夜曲花村菊江高橋掬太郎竹岡信幸千鳥なぜ啼く下田の沖でヨー
雪の桜田門真山一郎高橋掬太郎細川潤一葵の旗に風荒れて春三月に
残菊物語真山一郎高橋掬太郎西脇功役者育ちも芝居じゃ惚れぬ
婦系図真山一郎高橋掬太郎佐伯としを恋に生きればこの世は狭い
曽我兄弟真山一郎高橋掬太郎細川潤一兄者あれ見よ空とぶ雁も
酒は涙か溜息か天童よしみ高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
啼くな小鳩よ天童よしみ高橋掬太郎飯田三郎啼くな小鳩よ心の妻よ
七里ケ浜高田稔高橋掬太郎池田不二男沖の白帆の影遠く
並木の雨井上ひろし高橋掬太郎池田不二男並木の路に雨が降る
小判鮫の唄三門忠司高橋掬太郎大村能章かけた情がいつわりならば
今池音頭ザ・ピーナッツ高橋掬太郎飯田三郎ハア名古屋ネ名古屋よいとこ
雨に咲く花石原裕次郎高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
酒は涙か溜息か石原裕次郎高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
啼くな小鳩よ石原裕次郎高橋掬太郎飯田三郎啼くな小鳩よ心の妻よなまじ
並木の雨石原裕次郎高橋掬太郎原野為二並木の路に雨が降る
高原の宿林伊佐緒高橋掬太郎林伊佐緒都思えば日暮れの星も
博多夜船三善英史高橋掬太郎大村能章逢いに来たかよ松原越しにヨー
別れの燈台春日八郎高橋掬太郎吉田矢健治別れ別れ辛さに
船頭可愛いや音丸高橋掬太郎古関裕而夢もぬれましょ潮風夜風
ここに幸あり天童よしみ高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
無法松の一生(度胸千両入り)大川栄策高橋掬太郎古賀政男小倉生まれで玄海育ち
ここに幸あり氷川きよし高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
足摺岬春日八郎高橋掬太郎吉田矢健治つらい別れも男であれば
あゝ田原坂三橋美智也高橋掬太郎山口俊郎雨は降る降る人馬は進む
啼くな小鳩よ橋幸夫高橋掬太郎飯田信夫啼くな小鳩よ心の妻よ
雨に咲く花橋幸夫高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
一本刀土俵入り五木ひろし高橋掬太郎細川潤一角力名乗りをやくざに代えて
古城五木ひろし高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上
瓢箪ブギ春日八郎高橋掬太郎江口夜詩飲めや歌えや世の中は酒だ
東京悲歌(エレジー)三条町子高橋掬太郎飯田三郎まぶたとじれば
雨に咲く花関種子高橋掬太郎池田不二男およばぬこととあきらめました
君恋いさのさ大津美子高橋掬太郎吉田矢健治ただひとり故里をはなれて
男の涙岡晴夫高橋掬太郎上原げんと夜の裏町流して更けて
船は港にいつ帰る岡晴夫高橋掬太郎細川潤一風の便りも二月三月絶えて
啼くな小鳩よ岡晴夫高橋掬太郎飯田三郎啼くな小鳩よ心の妻よ
おしどり笠小畑実高橋掬太郎大村能章かえる燕かまた来る雁か
連絡船の女小畑実高橋掬太郎上原げんと涙抑えて桟橋行けばひびく
遊侠の群れ小畑実高橋掬太郎利根一郎男素肌に大利根川の風が物いう
平次八百八町の唄小畑実高橋掬太郎利根一郎好きも嫌いも胸三寸にうかと
旅姿勘太郎小畑実高橋掬太郎細川潤一風の吹きよで塒が変わる
長崎悲歌小畑実高橋掬太郎飯田三郎青い波散る長崎の
花散る城下町佐々木新一高橋掬太郎江口浩司風に誘われ花が散る灯ともし
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
東京ざくら佐々木新一高橋掬太郎中野忠晴桜咲け咲け東京ざくら山手
恋の火の鳥三条町子高橋掬太郎飯田三郎なぜに燃えるか女のこころ
君よいづこ三条町子高橋掬太郎飯田三郎何故か消えないまぼろしの
涙呼ぶブルース三条町子高橋掬太郎林伊佐緒夜の街角流れて消える
君よその手を三条町子高橋掬太郎飯田三郎忘りょとすればなおさら恋し
ヨコハマ・ブルース三条町子高橋掬太郎飯田三郎港の風が涙の胸に
夢よ惜しみなく三条町子高橋掬太郎利根一郎諦めましょか捨てましょか
涙の日暮れ星三条町子高橋掬太郎山口俊郎振り向けば振りかえる
港の丘の赤い屋根三条町子高橋掬太郎飯田三郎青い海には白い船港の丘には
かりそめの恋三条町子高橋掬太郎飯田三郎夜の銀座は七いろネオン
紅椿の唄津村謙高橋掬太郎飯田三郎燃えて咲いても紅椿散るが
母三人の歌津村謙高橋掬太郎利根一郎街の夕風つめたい夜風女心に
赤いマフラー津村謙高橋掬太郎江口夜詩馬車は揺れるし心は重し
恋の365日二宮ゆき子高橋掬太郎佐藤元彦小雨降る夜は思い出の夜
流れの花びら三門順子高橋掬太郎大村能章飽かれも飽きもせぬものを
お七かんざし三門順子高橋掬太郎光永翰史なびきゃ極楽すねれば地獄
残菊物語三門順子高橋掬太郎大村能章義理と情の両花道で迷う心の
一本刀土俵入り水城一狼高橋掬太郎細川潤一あの姐さんお蔦さんと
傷心の夜三船浩高橋掬太郎林伊佐緒ひとり生きれば都もさびし
嘘じゃないんだ三船浩高橋掬太郎鎌多俊与うそじゃないんだ男のこころ
あゝ谷川岳三船浩高橋掬太郎林伊佐緒君の名を呼び仰げば悲し
夜更けの酒場三船浩高橋掬太郎山口俊郎夜の都に降る雨は恋の涙か
千曲川の恋三船浩高橋掬太郎小町昭流れの岸の白百合も
恋の藤十郎若原一郎高橋掬太郎飯田三郎役者頭巾の濃むらさきに
つばくろ笠若原一郎高橋掬太郎飯田三郎男わらじを涙ではけばまたも
ながれ雲若原一郎高橋掬太郎飯田三郎赤く咲いても涙の花は
丘にのぼりて若原一郎高橋掬太郎飯田三郎丘にのぼりて黄昏の
ここに幸あり美空ひばり高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
酒は涙か溜息かディック・ミネ高橋掬太郎古賀政男酒は涙かためいきかこころの
涙の小花岡晴夫高橋掬太郎上原げんと雨の降る夜の紅花黄花
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
寒流春日八郎高橋掬太郎吉田矢健治海の暗さが侘びしゅうてならぬ
石狩川悲歌三橋美智也高橋掬太郎江口浩司君と歩いた石狩の
雨に咲く花GOLD LYLIC井上ひろし高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
小判鮫の唄小畑実高橋掬太郎大村能章かけた情がいつわりならば
かりそめの恋美輪明宏高橋掬太郎飯田三郎夜の銀座は七いろネオン
男涙の子守唄三橋美智也高橋掬太郎細川潤一木枯し寒く夜は更けて月は
ここに幸あり江利チエミ高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る女の道よ
街の燈台春日八郎高橋掬太郎吉田矢健治夜の巷の小ぬか雨なぜに
博多流し春日八郎高橋掬太郎江口夜詩逢いに来たとて逢われぬ宵は
旅の燈台春日八郎高橋掬太郎吉田矢健治どうせ波間の渡り鳥啼き啼き
ここに幸あり倍賞千恵子高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る
かりそめの恋倍賞千恵子高橋掬太郎飯田三郎夜の銀座は七いろネオン
小判鮫の唄二葉百合子高橋掬太郎大村能章かけた情がいつわりならば
江差恋しや三橋美智也高橋掬太郎飯田三郎江差恋しや別れて三月
古城氷川きよし高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上
酒は涙か溜息か藤山一郎高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
酒は涙か溜息か島倉千代子高橋掬太郎古賀政男酒は涙かためいきかこゝろの
八木節江利チエミ高橋掬太郎群馬県民謡アーちょいと出ました
木遣くずし江利チエミ高橋掬太郎俗曲格子づくりに御神燈さげげて
酒は涙か溜息か大川栄策高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
酒は涙か溜息か松原のぶえ高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころのうさの
ここに幸ありGOLD LYLIC大津美子高橋掬太郎飯田三郎嵐も吹けば雨も降る
酒は涙か溜息か五木ひろし高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
並木の雨ミス・コロムビア高橋掬太郎池田不二男並木の路に雨が降る
雨に咲く花氷川きよし高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
一本刀土俵入り氷川きよし高橋掬太郎細川潤一角力名乗りをやくざに代えて
青い小径淡谷のり子高橋掬太郎原野為二月白く丘にのぼりて
別れ来て伊藤久男高橋掬太郎池田不二男別れと云えば君泣きぬ
さらば鴎よ高田稔高橋掬太郎池田不二男ゆうべ別れに泣いた鴎
片瀬波松山時夫高橋掬太郎池上敏夫思い寄せても届かぬ恋は
船頭可愛や多岐川舞子高橋掬太郎古関裕而夢もぬれましょ汐風夜風
啼くな小鳩よ都はるみ高橋掬太郎飯田三郎啼くな小鳩よ心の妻よ
山蔭の道若原一郎高橋掬太郎飯田三郎白樺そよぐ山かげの
残り灯のブルース大津美子高橋掬太郎鎌多俊与熱い思いを心に秘めて
一本刀土俵入り三橋美智也高橋掬太郎細川潤一角力名のりをやくざに代えて
古城GOLD LYLIC三橋美智也高橋掬太郎細川潤一松風騒ぐ丘の上
能登の海鳥二葉百合子高橋掬太郎桜田誠一かわいがられた思い出だけを
人妻椿松平晃高橋掬太郎竹岡信幸愛しの妻よ泣くじゃない
雨に咲く花青江三奈高橋掬太郎池田不二男およばぬことと諦めました
酒は涙か溜息か美空ひばり高橋掬太郎古賀政男酒は涙か溜息かこころの
並木の雨美空ひばり高橋掬太郎池田不二男並木の路に雨が降るどこの人
雨に咲く花美空ひばり高橋掬太郎池田不二夫およばぬことと諦めました